したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

仮投下スレ

1 偽ひろゆき★ :2012/09/25(火) 02:28:45 ID:???0
仮投下スレです
ちょっと不安……とか冒険しました! なSSは一度ここに通しておくといいかもしれません。

2 ◆m8iVFhkTec :2012/09/25(火) 07:44:28 ID:7YtTKxoY0
ギコ猫、一条三位を仮投下します

3 ◆m8iVFhkTec :2012/09/25(火) 07:44:59 ID:7YtTKxoY0
   ____∧∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 〜' ____(,,゚Д゚)< ハッ…ここは…?
   UU    U U   \________

森林公園の草陰で、一匹の黒猫が目を覚ました
いかにも災いを運んできそうな、何か不吉な印象を受ける真っ黒な毛並みを持つ猫、名前を「ギコ」と言う
彼は自慢の鍵尻尾をピンと立てて伸びをし、眠気を振り払おうと努めた
そしてぼんやりとした頭を奮い起こし、自らの状況を確認する

確か、気がつけば妙な場所にいて、突然ひろゆきが「殺し合いをしろ」とかふざけたことを抜かして、それでまた意識を失って…
ということはだ、今俺がいる場所はその「殺し合い会場」っつーわけか

ギコ猫は大きくため息をついて愚痴をこぼす

もうね、アフォかと、バナナかと…
なんだってそんな物騒なお祭りになんぞに参加しないといけない訳ですか
今の俺の心境は「ひろゆき、逝ってよし!」の一言だな…

面倒に巻き込まれたことに心底うんざりしながらも、とりあえず付近を見回した
デイバックが落ちている…例のこれが支給品とか言うやつだろう

中を適当に探ってみる
サバイバルナイフにクマのぬいぐるみ、あとこれが忍法帳とかいうやつだな…


と、ここまで確認したところで気配を感じたので顔をあげる
そこには真っ白な顔面にきらびやかな着物を纏った、派手な格好の男の姿があった
あいつは…zipを求めるのに必死乙な江戸の貴族…
確か磨呂とか言ったか

磨呂こと一条三位はギコ猫の姿を確認すると、突如目をカッと見開き声を張り上げた

「お主!麿のために今ここで死ぬのじゃ!」
「ハァ…?」

いきなり不条理なことを言われ、思わずポカーンとした表情を浮かべる

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧  | 何言ってんのお前…
   (,,゚Д゚)< ひろゆきの妄言に乗るとか
   ⊂  ⊃ | 正気かよゴルァ!
  〜|  |  \_____
 ,,  し`J

        ___|二ニー-、、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
        /rヽ三三三三三─‐-- 、;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
        ',i ,-三三三三三、   _,.ニ、ー-、!;: -‐二 ̄彡′
        ',、、ヾ三三'" ̄ ̄   `ー‐"    ヾ-'"  .〉′
        ヽ ヽヾ三,'    :::.. _,,.,,_:.:.:.:..  _j_ .:.:.:.、,'
         `ー',ミミ     : ',ィでiンミ、:.:.、__, -,ィも=、',′  「黙りゃ!!!」
         /:l lミミ     ´ ̄`゙`ラ .:. 三 f"´ ̄`','    
      ,.-‐フ:::::| |,ミ     `二ニノ ,、 jl ',` ―''"
     /r‐'":::::::::| |ヾ       ,ィ'"     ト、    /
 _,. -‐"i .|::::::::::::::::::',.',.        / `^ヽ,_ノi    /ヽ,_
"    l ヽ:::::::::::::::::ヽヽ.    /  _,,...,_,,..,、l  /l |
     ',\\:::::::::::::::ヽ  /  ,ィiTTTTTト, ,} /::| |
     \\\;::::::::::::\ {  ,/⌒'ー'‐'‐'‐',リ /::::::::l |
       ヽ \`ー-、::::::ヽ l  {,ゝ、‐r‐'ン-i/ ,/::::::::::ノ ./
          `ー-二'‐丶 ヾ                ̄` ` ` ‐ -- ‐'"" ̄      /


磨呂は大声で一括し、ギコ猫を横っ腹を蹴飛ばす

4 ◆m8iVFhkTec :2012/09/25(火) 07:47:15 ID:7YtTKxoY0
「ガハッ…てめぇ…」

「麿は!恐れ多くも帝より三位の位を賜り、中納言を務めた身じゃ!
そのような麿の望みは、お主ら平民風情が望むようなたった一枚の画像では収まらぬ!
zipの画像、それすなわち麿の望み!それが速やかに貼られるようなスレこそが(ry」

「つまり何が言いたいんだよ!三行でまとめろ!」
長々と説明する磨呂に、ギコ猫は改めて問いかけた

「この戦で麿が優勝し、
常に迅速にzipの貼られる、
より良い掲示板を作るのでおじゃる!!」

あぁ、コイツという奴は…
まともな神経の奴なら、例えば死にたくないだとかでそういう理由で乗っちまうかもしれん
だがコイツはそんなのじゃなくて、純粋に性よk…野望のために殺し合いに乗るつもりでいやがる…
これだから人間って言うのは信用出来ねぇんだ

ナイフはバックの中だし、とりあえず今は逃げるとする
掴みかかってくる磨呂の腕からひらりと身をかわし、一目散に逃げ出した

「おのれ、待てーい!」
待つわけ無いだろ、悪いが俺は死にたくないんだ

森林公園を飛び出し、深夜に大通りを黒猫は走る
闇に溶け込む彼の姿は、前述した通り見る者に不吉な印象を抱かせる
ゆえに、彼はこれまで常に人間達に忌み嫌われていた

今まで何人もの人に追い回され、石を投げられ、そのたびに何度も修羅場を潜り抜けてきた
今さらエロ貴族ごときに捕まる俺じゃない

よく考えたら「殺し合い」と銘打たれているが、俺にとっちゃなんら普段と変わらないじゃないか
俺には仲間なんて煩わしいモンはいないし、命の危機なんざ日常茶飯事だ
むしろ武器がある分、ここの方が幾分かマシかもしれない

ひろゆきに従って殺し合いに乗るのは癪だが、俺はこんなところで大人しく野垂れ死ぬつもりはない
せいぜい、本能に従って足掻かせて貰うぜ

自らの方針をまとめ終わった頃には、麻呂の姿はとうに見えなくなっていた


【C-2 森林公園/1日目・深夜】

【ギコ猫@AA(フラッシュ「K」)】
[状態]:打撲(小)
[装備]:サバイバルナイフ@現実
[道具]:基本支給品一式、忍法帳、コロちゃん@家族が増えるよやったねたえちゃん、ランダム支給品0〜1
[思考・状況]
基本:生存優先
1:本能に従って生き残る
2:仲間なんて煩わしいので作るつもりはない
3:磨呂を警戒
4:ひろゆきはマジで逝ってよし

※どこへ移動したかは次の書き手の方にお任せします

【一条三位@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、ランダム支給品1〜3
[思考・状況]
基本:優勝して、zipが安定して貼られる掲示板を作る
1:おのれ、逃げおって…
2:支給品を確認する
3:zipが欲しい


【支給品紹介】
コロちゃん@家族が増えるよやったねたえちゃん
               , r::':::::::::::::..ヽ 、
             /::::::::::::::::.:::::..::::::::ヽ、
                /:::イ::N、..iv、..:..:..:.:.::::::::vr−、
/⌒ヽr−、  _    /i::;;;:/十ヾN-、Ni:::i!:::::/    i
たや i! ::.'´ / ・ヽ  ' Y:::i ⌒ , ⌒`}::N)::i ふ家 .!
え っ i!     ,, `●,/N:::!.'' r-v, '' ,}rrノ::| え.族 |
ち.た i!  r−、 ーrイ:/ .i!N;;>`ニ イ/ト;;;< る.が |
.ゃね > ヽ :::、==´=}   _,.r'r'| ,./ ` >! .よ  .|
ん  i!ヽr=>   `ヘ>V⌒)|| ,iト、_,/  ノ/、 !!  /
! ./  |'/,フ7   /⌒i:/ト、ト` ヾ三テイ'  .iー'
`ー'   、' ' レi     ノ'::i`ーi  ヽ´ ./.:   |
上記のAAの左のぬいぐるみの名前
原作のように言葉を話すかもしれない

5 ◆m8iVFhkTec :2012/09/25(火) 07:51:12 ID:7YtTKxoY0
以上で仮投下終了です
見た感じAAは大丈夫そうだ

ちなみにタイトルはどんな感じにつければよいでしょうか?
やっぱり、パロディ系ですかね

6 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/09/25(火) 18:54:50 ID:l/JEWUnsC
乙です
AAは問題ないと思いますが、状態表からPDAが抜けてます
気になったのはそこだけですね
タイトルは何でもいいと思いますよ

7 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:11:15 ID:eZQbASKA0
クラウドさん、レベル男、MSKK、モララーを仮投下致します
仮タイトルは「MSKK「不遇キャラってレベルじゃねぇぞ!」」です

8 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:12:03 ID:eZQbASKA0

           レベル男
          ___
         /  _ノ  \
       / ,、 (●) ヽヽ       MSKK
      /  ^  ,    (●)      ____
     /       >ー 、_) /     /ヽ       \
     /      /r┬ノ  /     (<)        \
   /      廴/  /     (_) ゚        ヽ
   /            ノ       ^,/       ;u   i
   i     n^^^.i   `ヽ    (⌒´           ノ
   |    l   !   ノ     ヽ    ,) ∠    ,。    ,/
   ヽ  ヽ/  /   /ヽ  \/ (⌒ヽミ ⌒ヽ  _/
   / \     /  /  \    ./\ '\l   |   ヽ
  /   \_ノ  /    ヽ__/   /\  ,ノ     }
  /          /         /   ̄~     /
「おい!アンタ大手ゲーム会社なんだろ!なんとかしろよ!」
「し、知らないお…ていうかそれ、SCEに聞くべきだお…」

近鉄百貨店近くの路地にて、レベル男ことベルジャネーゾ氏はMSKKと名乗る男に掴みかかっていた
何故ベルジャネーゾはこれほどまで憤慨しているのか?それはこの殺し合いが始まる前に遡る…


ベルジャネーゾ氏は新発売のゲーム機「プレイステーション3」を買いに、早朝のビックカメラの行列に並んでた
…だが、そこでは同じようにプレステを求める大量の人々が押しかけたため、その場は混乱の渦に飲み込まれていた
ゲーマーたちによる行列はもはやカオス極まりない状況、「行列なんて関係ねーよ!」という怒号や女性の喘ぎ声まで聞こえてくる始末
たまたまテレビカメラの近くにいたベルジャネーゾは、そんな暴動寸前の状況に思わずこう叫んだ

「もう、物売るっていうレベルじゃねぇぞ!オイ!」

その直後、彼の意識は遠のき、気がつけば殺し合いに巻き込まれていたのであった


「徹夜して待ってたのに、全部無駄になったじゃねぇか!仕事しろよMSKK!」
「えー、じゃあXーBOXでも買って我慢すればいいお」

ベルジャネーゾの八つ当たりに対してなげやりに答えるMSKK

「なんでそうなるんだよ!ていうか、もう一つ納得できないことがあんだよ!」
そう言って彼はMSKKから手を離し、デイバックから取っ手のついた四角い機械を取り出した
それは任天堂から発売されたハード「ゲームキューブ」である

「なんで任天堂とマイクロソフトがあるのに、SCEだけ無いんだよ!不条理ってレベルじゃねぇぞ!」

常識的に考えて、不条理なのはMSKKの方である
そんな訳でMSKKも適当に返事を返す

「それも面白いからいいじゃん、ボクも仕事の時間をスマブラに費やした結果5日で全キャラ揃えました(キリッ」
「仕事しろよ!!」

と、二人のゲーマーが小競り合いをしている中、金髪をなびかせた変な生物が駆け寄ってきた

「みんな〜」

なごみボイスを上げながら、ポカンとしてる二人のそばへ行き、おもむろに自己紹介を始めた

「大丈夫だった?ボクはクラウドと言いま…」
「今取り込み中なんだよオイ!邪魔するんじゃねぇ!」
「勘弁して欲しいお。我が社に一切の責任はありません」
「うるせー!」

MSKKの対応にキレたベルジャネーゾは、ゲームキューブの取っ手を掴み、ブンブンと宙で振り回した

「コレ危ない!危ないよコレ!」
「確かに危ないお!暴力反対だお!」
「なら保証してくれよMSKKー!!!プレステ3をよーーー!!!!」

9 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:12:29 ID:eZQbASKA0

  |ヽ∧_
  ゝ __\
  ||´・ω・`| > やめなよ
  /  ̄ ̄  、ヽ
 └二⊃  |∪
  ヽ⊃ー/ノ

興奮するベルジャネーゾに対し、冷静な声が投げ掛けられる
そのままクラウドさんは静かな口調で続けた

「MSKKさんのが正論だよ。普通にひろゆきのせいだし、SCEじゃなくてむしろビックカメラさんの不手際だよね」
「うっ…」

クラウドさんに諭すような口調で言われ、ベルジャネーゾは我に返る

「そうだお!うちにクレーム付けるなんてめちゃくちゃだお!」
「す、すまなかった…怒りのあまり、自分を見失っていた…」
「まぁ、いきなりこんな場所に飛ばされたわけだし、混乱するのも仕方ないよ
 とりあえず落ち着いて、三人で協力してこの殺し合いから脱出する方法を考えようよ」




クラウドさんの冷静な対応によってその場は丸く収められた
彼らはお互いに自己紹介をし、そしてそれぞれの支給品を確認することにした

「みんな何が入っていたお?」
「ボクのには、エルメスのティーカップに牛丼の大盛りねぎだくギョク、あと…」

そこでクラウドさんはデイバックから鉄の棒を取り出した
先端が赤く塗られており、なおかつフック状になっている

「何て言うんだろう?このバールのようなもの」
「他二つが正式名称言えるのに、それだけわからないのか…」
「なんだよ、武器らしいものが入ってるじゃねぇか!俺の支給品なんて、殺し合いしろってレベルじぇねぇぞ!」

そう言って彼がバックから取り出したのは先ほどのゲームキューブとお守りだった

「ゲームキューブの時点で武器ってレベルじゃねぇし、お守りとか気休めレベルじゃねぇか!」

またしても憤慨するベルジャネーゾに対し、MSKKは沈んだ表情をしていた

「二人ともまだマシだお…ボクなんて、きゅうりと『イオナズン』の巻物だったお…」


そう言ってデイバックをひっくり返すと、バラバラと10本ほどのきゅうり、
そして達筆で『いおなずん』と書かれた紙が出てきた

「こ、これでどうやって戦えばいいんだお…」

MSKKはorzの体勢でシクシクと涙を流す
その様子を見たベルジャネーゾはため息一つついて、デイバックに手を突っ込んだ

「…ほら、こんなのしかないがよければ使えよ」

ベルジャネーゾはゲームキューブの取っ手を掴み、MSKKに差し出した

「さっきは本当にすまなかった、これで許してくれないか」
「えっ…で、でも…」
「気にするな、俺が欲しいのはプレステ3だけだ」
「いや、ていうか個人的にライバル社の製品は使いたくないお」
「わがままってレベルじゃねぇぞ!!」

またしてもしょうもない小競り合いが起きようとしていた
しかし、残念ながら彼らのアホらしい争いは二度と繰り返されることは無かった

           ____  ・
       /:::::::::●∴∴∴
      /::::::─三三─\・
    /:::::::: ( ○)三(○)\    ターン…
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ 
  /:::::::::::::::::::::
 |:::::::::::::::::  MSKK



乾いた音が建物の壁に反射して響きわたり、次の瞬間MSKKの額には、大きな風穴が開いた

10 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:13:06 ID:eZQbASKA0

「MSKK!!」

ベルジャネーゾは崩れ落ちるMSKKを抱き抱えて叫ぶ
MSKKは頭は銃弾が貫通しており、ダクダクと血を流したままピクリとも動かない
脳を貫かれており、即死していた
クラウドさんは即座に銃弾の飛んできた方を確認する
自分たちがいる路地から少し離れた場所に、着ぐるみサイズの猫が狙撃銃を構えていた

「不意打ちはあまり好きじゃないが、呑気に油断してるおまいらが甘いんだからな」

猫、もといモララーはそう言って狙撃銃をしまうと、今度は右手を軽く開いて前に突き出した
彼の手から赤い光が伸びて、そこには真っ赤に輝く刃が握られていた

「よ、よくも…!」

ベルジャネーゾが怒りを込めてモララーを睨み付ける
だが次の瞬間、モララーは刃を振り上げ、目にも止まらぬ速さでベルジャネーゾへ向かって駆け出す

―――ガギィ…ン!!


鉄同士がぶつかり合う鋭い音が響き、クラウドさんのバールのようなものと、赤い刃が交わった

「ベルジャネーゾさん、早く逃げなよ」

そう言うとクラウドさんはバールのようなものの先端のフックを引っかけ、赤い刃を弾き飛ばした

「路地からでたほうがいいよ」

クラウドさんに促され、ベルジャネーゾは二人分のデイバックを抱えて逃げ出していった


その様子を見てモララーは不敵な笑みを浮かべる

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧ |へぇ、紳士的なもんだな
 ( ・∀・)< 弱い者は守ってやるってか?
 (    )|どっちにしろ、一人しか生き残れないというのに
 | | |  \__________
 (__)_)

「もうやめなよ、こんなの無駄な争いだよ」

モララーは嘲るかの如く笑うと、飛び退いてクラウドさんから距離を取る

「無駄なものか、優勝すればどんな願いでも叶えてもらえるんだからな!
…でもまあ、こんな初っ端から君みたいな実力者を相手にするのもキツいしな。ここは降りさせてもらうよ」

そう言うとモララーは路地裏の闇へと姿を消していった


その場に静寂が戻り、取り残されたクラウドさんはMSKKの亡骸を背負いあげる

「まずはベルジャネーゾさんと合流しよう、そのあと彼を埋めてあげられる場所を探さないと…」

そう呟いて彼は月明かりの照らす路地をテクテクと走っていったのであった



【MSKK@ゲームハード 死亡】

11 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:13:22 ID:eZQbASKA0
【B-4/1日目・深夜】

【レベル男@ゲームサロン】
[状態]:健康、悲しみ
[装備]:ゲームキューブ@現実
[道具]:基本支給品一式、忍法帳、PDA、お守り@寺生まれのTさん、きゅうり×10@なんJ、イオナズンの巻物@FLASH「イオナズン」
[思考・状況]
基本:生き残る
1:猫(モララー)から逃げる
2:MSKK…

【クラウドさん@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:バールのような物@現実
[道具]:基本支給品一式、忍法帳、PDA、エルメスのティーカップ@電車男、大盛りねぎだくギョク@吉野家コピペ
[思考・状況]
基本:みんなと協力して、殺し合いから脱出する
1:レベル男と合流する
2:MSKKを埋葬する
3:猫(モララー)を警戒

【モララー@AA(FLASH「Nightmare City」)】
[状態]:健康
[装備]:モシン・ナガンM28(4/5)@現実
[道具]:基本支給品一式、忍法帳(Lv01)、PDA、ランダム支給品0〜2
[思考・状況]
基本:優勝狙い
1:殺し合いに乗る、強者はなるべく後回し
【備考】
※出典元により、自在に赤い刃を作り出す能力を持っています


【支給品紹介】
【ゲームキューブ@現実】
ゲーム機の中でも、最も強力な武器になると言われているハード
持ち手を掴んで振り回せばカドも相まって高威力の鈍器になる
また、耐久面も抜群に高く、階段から落とそうが余裕で機能するぞ!

【バールのようなもの@現実】
殺人犯が凶器として使用することがある、頑丈な鉄の棒
蓋とかをこじ開ける工具のバールに近い形状だが、バールかどうかは断定出来ない

【エルメスのティーカップ@電車男】
電車内で酔っ払いに絡まれている女性を助けたところ、お礼として送られてきた品

【大盛りねぎだくギョク@吉野家コピペ】
吉野家通の中で最近流行している牛丼の頼み方
ねぎだくというのはタマネギが多めに入ってる、そん代わり肉が少なめ
そんで大盛りギョク(玉子)、これ最強
なお、これを注文すると次から店員にマークされる諸刃の剣であるため、素人にはおすすめできない

【お守り@寺生まれのTさん】
夜、金縛り状態でノコギリを持った男が現れるという悪夢に苛まれている人が、Tさんから渡された手製のお守り
枕元に置いて寝たところ、悪夢から身を守ってくれた。寺生まれはスゴイ

【きゅうり@なんJ】
なんでも実況Jの原住民によって信仰されていた野菜

【イオナズンの巻物@FLASH「イオナズン」】
これを読めば誰でもイオナズンを習得できる画期的な支給品
イオナズンは敵全体に100ヒットポイント以上のダメージを与えられる魔法
履歴書の特技欄に書いても恥じないレベルである

一応説明書がデイバックに入っているが、MSKKは気づかなかった
現在、クラウドさんとレベル男が習得している

【モシン・ナガンM28@現実】
フィンランド軍が生んだ最強のスナイパー、白い悪魔ことシモ・ヘイヘが愛用していた狙撃銃
…というと聞こえはいいが、単にソビエト軍の主力武器として使用されていた普通の狙撃銃
装弾数は五発


【出典詳細】
FLASH「Nightmare City」
第三回紅白フラッシュ合戦にてMVPを獲得した、み〜や氏のFLASH作品
2chAAたちが戦うアニメーションで、モララーは敵役として登場する

12 ◆m8iVFhkTec :2012/10/06(土) 12:15:13 ID:eZQbASKA0
以上です
誤字脱字、ご意見、問題点などがありましたらご指摘お願いします

13 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:47:16 ID:Ca37adFg0
日本鬼子、鬼女を仮投下いたします

14 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:48:25 ID:Ca37adFg0
鬼女は激怒した
必ずや、かの邪智暴虐のひろゆきを社会的に抹殺せねばならないと決意した
彼女は家庭においてはごく一般的な可愛い奥様である
だが、インターネットの世界では、未成年犯罪者や不正行為で私腹を肥やす企業などを社会的に抹殺する組織『鬼女』の一人である
たった一枚の写真から住所を割り出し、またたく間に個人情報を暴いてネットに公開する…
そんな彼女たちの情報収集能力は、CIAにも匹敵するとも言われている

もちろん暇つぶしで行うこともあるだろうが、彼女たちの原動力はそれだけではない
『正義感』
既に3人の命を奪い、そして多くの人間に殺し合いを強要したひろゆきの所業は許されるべきではない
絶対に吊るし上げられなければならない!決して逃がしたりはしない!

「待ってなさいひろゆき…アタシから平和な日常を奪った罪、必ず後悔させてやるわ!」

一人で行動しても勝ち目はない、まずはコネクションを作らなくてはいけないだろう
多数派の力こそが、相手を追い詰めるのに最も容易で、何よりも強大なのだから

近くに落ちているデイバックを拾い上げたところで、彼女はすぐ近くに神社があるのに気がついた
こんな道の真ん中で中身を確認するのも良くないし、とりあえず神社内へ行こう
石段を登り、鳥居をくぐったところで、彼女は神社の前に人影があるのに気がついた


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「う、うぅ〜ん…」
日本鬼子(ひのもとおにこ)は小さくうめき声を上げながら目を覚ました

ここは一体どこなのでしょうか?
変な男に突然「殺し合いをしてもらいます」などととんでもないことを言われましたが…

先ほどの変な空間ではないみたいです
ひんやりとした空気から、おそらく室外だとは思いますが…

鬼子は目をこすり、周囲の様子を確認する
やけに眩しく感じていたが、どうやら電灯の光の下にいるようである
木製の床、目の前には木箱…というより賽銭箱が置かれており、天井には大きな鈴とそこから垂れる紅白が織り込まれた紐…
そう、おそらく自分は今、神社の屋敷の扉の前にいるのだ

鬼子は着物の裾をはたきながら立ち上がる
なんとなく賽銭箱の前に立ち、鈴を鳴らしてみた
深夜の静まった世界に、ガシャンガシャンと頼りない音が響く、ついでに手を二回ほど叩いて祈っておく
とりあえず無事に帰れるようにと願っておいた。賽銭が無いのが残念である
目を開けて下を見ると、足元にデイバックが転がっていることに気づいた

あの男、確か名前を「ひろゆき」と言っておりました
罪のない女性と、勇気ある男性、そしてアザラシのような生き物を殺めた非道な人物
まともな人間の所業では無い、おそらく彼は心を『鬼』に取り憑かれた被害者なのではないでしょうか?
もしもそうであれば、彼の心に住まう鬼を退治するのは私の役目です
このデイバックの中には、その「殺し合い」をさせるための武器などが入っているのでしょう
どうか、これ以上被害者を増やさないためにも、私の力になってくれる道具が入っていますように…

願いも虚しく、日本鬼子は困惑せざるを得なかった
デイバックの中に入っていたのはトゲトゲした変な剣、なんか変な雑草、そして画面ばかりでボタンの無い変な機械が出てきた
付属されている説明書に目を通すも
『グラットンソード:高い攻撃力を誇る片手剣。全ステータスが-1されるが、VITが+7される』
『これね、ミキプルーンの苗木』と、意味不明の一言
機械の方に至っては説明書が付いていなかった
剣はともかく、他の二つはどうやって扱えばいいのかさっぱりわからない…

と、その時、石段を歩く足音が響き、一人の女性がこちらに近寄ってきた
鬼子は反射的に剣を女性に向けて、質問をぶつけた

「…貴女は殺し合いには乗っていますか?」
「いいえ安心して、私は殺し合いには反対派よ。アナタのような若い女の子まで巻き込まれてるのに、怒りを感じるほどよ」

女性は柔和な顔でそう言う
そして、自分に向けられている剣をチラリと見て、なだめるような口調で話した

「だから、その物騒な剣を降ろしてもらえるかしら?」
「いいえ、まだ信用には足りませんわ。油断させて闇討ちすることも考えられますもの」

依然として警戒を解かない鬼子に対し、鬼女は大きく息を吐くと静かな口調でこう言った

「…そう、それじゃあ、アタシの思いを聞いてもらえれば信用してくれるかしら」
「ええ、話してみてください」

15 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:49:51 ID:Ca37adFg0
鬼子が了承した直後、女性の顔から柔らかな笑顔が消えた
目をカッと見開いて、歯をむき出しにし、叩きつけるような口調で早口で語りだした

「アタシはね、他人の命を軽々しく奪って平気な顔をするゴミクズみたいな人間が死ぬほど嫌いなのよ!
 アナタ知ってる? 最近のいじめは、『ある一人の子をいじめて、その子が何日で自殺するか』だなんてゲーム感覚で行うところもあるらしいのよ?
 しかも未成年を理由に、犯罪を犯してもテレビでは名前も顔も明かされない!少年院に入っても数年後にはケロリとした顔で出てくる!
 こんなバカみたいな話ほかにあると思う? いじめられて苦しんで、悩んで、そして自殺した子供は未来を奪われたのに、
 ゲーム感覚で『人殺し』をしたクズは、大したペナルティを受けずにのうのうと生きていけるのよ?
 アタシはこんな事絶対許させるべきじゃないと思うの! だからこそ、アタシたちがそいつらを社会的に抹殺しないといけないの!
 この殺し合いだってそうよ! 罪のない人同士で命を奪い合わせて、その様子を見てほくそ笑む奴らがいるってことよね?
 アタシたちはそんな悪党を野放しにしてはいけないの! 必ず報いを与えなくてはいけないの! だから私はこんなふざけた殺し合いには乗らない!!
 絶対に、ひろゆきを縛り上げるの! 絶対にあの野郎の思い通りにさせてはダメなの!! わかった!?」

話している間の彼女は、出会い頭の印象は完全に消え去っていた
その姿はまさに『鬼のような形相』というのに相応しい表情だろう

「…とまぁ、アタシの思いはこんな感じね」

力説が終わったところで、女性の顔は一瞬で元の柔らかな笑顔に戻っていた
何故だか自分が怒られているような感覚に陥っていた鬼子は、思わず安堵の息を漏らした
若干泣いていたかもしれない

「す、スミマセンでした…ご、誤解しておりましたわ…貴女はとても信頼出来るお人柄のようです…」
「わかればいいんですわ」

はぁ…正直この方にも鬼が宿ってるのかと思いましたわ…
でもどうやら悪いお人では無いみたいです、ギャップが恐ろしすぎますけれども…

「おっと、申し遅れましたわ、私の名は日本鬼子と言います。」
「あら、変わった名前ね!えーっとアタシは…」

と、女性は名乗ろうとしたところで何故か言葉を止めてしまった
その様子に不思議そうな顔をする鬼子

「どうかなさったのですか」
「おかしいわ…自分の名前が思い出せないなんて…」

それはまるで、記憶にフィルターが掛かっているかのように思い出すことができなかった

氏名を記入してる時、誰かに名前を呼ばれた時
どれを思い出しても、そこだけぼんやりと掠れていた

「…これもひろゆきの仕業に違いないわ! アタシの日常だけでなく、記憶まで奪い取るなんて…万死に値する!」

彼女は大いに憤慨し、ひどく物騒な単語まで飛び出してきた
またしても顔が恐ろしいことになって来たので、鬼子は慌てて話を逸らそうとする

「そ、そうですわ! 私、この支給品がよくわからないんですの!機械が滅法苦手なもので…」

そう言って鬼子はデイバックを開き、先ほどの変な機械を取り出して見せた

「あら、それがひろゆきの言っていたPDAよ」
「ぴーでぃーえー…ですか。よろしければ私に使い方を指南して頂けませんか?」
「いいわよ、こう見えても昔はSEやっていたから、機械には詳しいのよ」

しすてむえんじにあ…? と呟く鬼子を尻目に、女性は自らのデイバックからPDAを取り出す

ちょうど手のひらに収まるサイズで、電源ボタンのみが側面についている
表側全体が液晶に、裏側にはタッチペンを収納する穴と、カメラのレンズが付いていた

女性は電源を付け、しばらく一人で機能の把握に努めた

「ふーん…」だの「ハァ!?」だの呟きつつも数分後、「OK、簡潔に説明するわ」と口を開いた

「まず、主な使える機能は、カメラ、手書きメモ、ボイスレコーダー、GPSマップ…つまり現在地のわかる地図
 あと2ch、そして忍法帖プログラムね」

16 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:51:11 ID:Ca37adFg0

女性はおもむろにレンズを鬼子に向けて、画面をタッチする

「今写真を撮ってみたんだけど、こんな風にシャッター音が鳴らないみたい
 つまり、盗撮するのには打ってつけだわね」

口調こそ皮肉が込められているものの、表情はニヤニヤとしていた
この機能はもちろん、盗撮よりもスパイ目的に使用するのに非常に都合が良い
そうして、画面左下の『戻る』ボタンで最初のメニューへ飛ぶ

「カメラで撮った写真とか、メモとかはこのデータフォルダに保存されるわ
 あと、肝心のインターネット機能なんだけど、どうも2ch以外のページにジャンプしても、『404エラー』が発生するわ」
「えっ?えーと…、じゃんぷ…? よんぜろよん…?」
「つまり、2ch掲示板しか見れないのよね」
「はあ、なるほど…」
「2chのスレッドは全て閲覧可能だけれど、キーボードやボタンが無いから書き込みが出来ないわね
あと、ひろゆきが言ってた特設板ってのが、この『バトルロワイヤル板』って言うスレね」

鬼子が画面を見ると、以下のように書き込まれていた

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1 名前:ひろゆき:20XX/09/01 00:00:00 ID:??????
  この板では6時間毎に脱落者、禁止エリア、殺害者の実名をこちらに掲示します。
  それ以外にも諸君に伝えたい情報があるときは随時ここでお知らせするので、時々見ていただければと思います。
  なお忍法帖プログラムは『オーナー情報』から行えるので、恩恵を利用したい人はそちらからどうぞ。

  ちなみに開始前に脱落した不運な参加者は
   S県月宮
   荒巻スカルチノフ
   室伏広治
  の三名です。

  それでは、皆様がご活躍出来ることを期待しております。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「禁止エリアとやらがあるので少なくとも六時間毎…
 しかし、いつ緊急連絡が入るかわからないので、時々は確認する必要があるのですね…」

女性はそこでインターネットを閉じて、『オーナー情報』を開く

「忍法帖プログラムなんだけど、ここで自分のレベルの確認と、レベルに応じた恩恵のオーダーが出来るみたいね」

無論、今表示されているレベルは0
誰かを殺すことでレベルが上がり、表示が更新されるのだろう

「…おや、こちらに書かれているのは貴女のお名前では無いのですか?」

オーナー情報の画面上部には『鬼女』の二文字が書かれていた
それを見て、女性は小さくため息をついた

「いいえ、『鬼女』って言うのはアタシがよく利用している既婚女性板の住民の通称よ
 だからこれはアタシの本名じゃないわ…

確かにアタシは鬼女だけれど、これじゃまるで、私自身の存在を否定されてる気分じゃない」
「………」

『鬼女』さんはPDAの電源を切り、寂しそうな顔をして深くため息をついた
なにか慰めの言葉をかけるべきなのでしょうが、私にはなんと言えば良いのか思い付きません
名前を奪われることの辛さは、私には想像することが出来ませんでした

しばらく沈黙が続いたところで、鬼女は気持ちを切り替えたかのように声をあげた

「さぁ、こんなことは後回しよ!早く他の味方を探さないと!」

その時、鬼子はピーンと思い付いた顔をして、そして鬼女の言葉にこう答えた

「わかりました、これからお互いに頑張りましょう! 『おにめ』さん」
「えっ…? おにめ…さん?」

唐突に呼ばれた名前に、鬼女は驚いた表情を浮かべる

「ほら、『鬼女』と言う文字は『おにめ』とも読むことが出来ますわ!
 ですので本名を取り戻すまでは、代わりにこちらを使用して頂くというのはいかがでしょうか?」

17 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:51:33 ID:Ca37adFg0

と、ここまで説明したところで、鬼子は不意に恥ずかしくなってきた

「…あぁ、私としたことが…やはりこれでは安直過ぎますし、お気に召していただけませんわ…」

すると、顔を紅潮させる鬼子に対し、鬼女は微笑んでこう答えた

「ううん、そんなことないわ!素敵な名前を付けてくれて、とっても嬉しいわよ
 それに、鬼子ちゃんとお揃いみたいで、いいじゃない!」
「本当ですか! そう言って頂ければ、私も嬉しいです」

電灯の光だけが照らす、薄暗い神社の中で二人はお互いに微笑み合った
そしてこの二人の鬼は殺し合いを打破するために手を取り合ったのである
これから彼女たちに何が待ち受けるのか…それはまだ誰にもわからない

【A-3 神社境内/一日目・深夜】

【日本鬼子@創作発表】
[状態]:健康
[装備]:グラットンソード@FF11
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ミキプルーンの苗木@ミキプルーンコピペ
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼女と協力する
2:早くPDAを使えるようにしなくてはいけませんね…

【鬼女@既婚女性】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜3
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼子を信頼、協力する
2:殺し合い打倒派の協力者を集める
※自分の本名がわからないため、仮名として『鬼女(おにめ)』と名乗ることにしました

《支給品解説》

【グラットンソード@FF11】
ナイトの武器の中で最高峰と言われる剣
片手剣だが、大振りになるところを見ると、そこそこの重さだと思われる
VIT+7とは、簡単に言えば被ダメージを大幅に軽減出来ると言う効果を意味する
出典元では装備可能レベルが存在するが、本ロワにおいては誰でも装備可能
ただ、他人へ譲渡することが出来ない仕様となっている

【ミキプルーンの苗木@ミキプルーンコピペ】
説明書には苗木と称されているものの、実際は校庭に生えている雑草

18 ◆m8iVFhkTec :2012/10/19(金) 16:52:47 ID:Ca37adFg0
以上です
修正点や問題点などがありましたらご指摘お願いします

19 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/10/20(土) 17:34:24 ID:KmCWF9ds0
乙です
拝見いたしましたが、特に問題点や修正点は無いかと思われます

20 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:17:39 ID:3CceV7DI0
やきうのお兄ちゃん、一等自営業を仮投下します
仮タイトルは『自営業「では、教育してやるか」彡(゚)(゚)「えっ」』です

21 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:18:01 ID:3CceV7DI0
J( 'ー`)し「あなたが壁殴り代行さんね」


J( 'ー`)し「私の息子の胃腸壁を殴って欲しいんだけど…」
代行「かしこまりました」

#aa(){{{
          (゚)(゚)ミ
  (  ´・ω)  ノ   ミ 
 γ/  γ⌒ヽ  つ  (  ウッ…
 / |   、  イ(⌒    ⌒ヽ
.l |    l   } )ヽ 、_、_, \ \
{  |    l、 ´⌒ヽ-'巛(  / /
.\ |    T ''' ――‐‐'^ (、_ノ
        |    |   / //  /
}}}




「ファッキューマッマ!!!」

やきうのお兄ちゃんは怒りの言葉を吐きながら飛び起きた

彡(゚)(゚)「な、なんや…夢か…」

今の母親の畜生発言が現実でないことを知り、胸を撫で下ろした
ここ最近、マッマが自分に対して尋常ではないほど辛辣であることを思い出す
以前は、「ご近所に住んでた○○君、課長に昇進したらしいわよ、一方アンタは…」だとか、
「○○さん、もうすぐ二人目が産まれるそうよ。…まぁ、うちは孫の顔は見れなさそうね」とか、
心に突き刺さる嫌みをネチネチと言ってくる程度だった
しかし、今年に入ってからは、食事中に「おい、嫌なやつがメシ食ってるぞ!」とか罵ってきたり、
「母監督は息子選手に戦力外通告しましたwwwwww」とか言って家から追い出そうとしたりと日に日に過激さが増している

まあ、マッマも自分に働いて欲しいからそういう散々な事をやってるだけであって、
まさか、今の悪夢のように本気で息子を殺しに来たりはしないだろう…多分

それにしても悪夢なんて久しぶりに見たものだ
おそらく自分のストレスもマッハなのかもしれないな…まだ働きたくはないが
せっかくだし、スレでも立ててこれをネタとして消費しようかな…と思い、パソコンに向かおうと起き上がった

「…ん? ていうかワイ、なんで外にいるんや」

そこはいつもの自分の部屋ではなく、深夜の草むらの真ん中であった
一瞬、寝てる間に母親に外へ放り出されたかと思った
いや待て、悪夢を見たせいで忘れていたが、よく考えれば何か変なことに巻き込まれてなかったか?
確か自分は変な広い場所にいて、ひろゆきがヘラヘラと現れて、そして…

―――皆さんには最後の一人になるまで殺し合いをしてもらいます。

そうだった…!今自分はひろゆきが言う『殺し合い』に巻き込まれたのだ!
…といきなりそんな事言われても、あまり実感が湧かなかった
もしかすると、何かの冗談かもしれない
…いやでも、現にひろゆきは何人かを目の前で爆殺していたが…では本当なのか?
…寝起きのせいか頭が働かない…ていうか、普段からあんまり頭を働かせて無かっ…



「お前は殺し合いに乗るつもりはあるか?」



突然耳元で聞こえたドスの効いた低い声と共に、やきう兄の思考は停止した
続けて首を腕で押さえ込まれ、カチリと自分の頭に重い鉄のような物を当てられた、

22 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:18:44 ID:3CceV7DI0
寝起きでぼんやりとしたやきう兄の頭は一瞬で覚醒せざるを得なかった
そう、ぼーっとしている間に、背後から軍人か誰かに押さえられて銃を向けられているのだ
自分の命が相手に握られている…その状況は『殺し合い』の場であることを痛感するのに充分だった

「乗るつもりかと聞いている!? さっさと答えろ!!」
「ま、待て! 殺さんといてくれ! ワイは乗るつもりないで!」
「この状態なら誰でも同じことを言う、信用出来ん!」
「ホンマ、ホンマや!ワイはただのしがないニートやからホンマ!助けてくれ!」

やきう兄は必死に命乞いをする
相手に有害だと判断されればそこでジ・エンド、絶体絶命の危機なのだ
自分は無害で、ついでに無学で…といったいらないことまで言う
やがて、やきう兄の必死の思いが通じたのだろう
チャキッと音がして銃が下ろされ、拘束も解かれた

「いいだろう、信用しよう」

恐怖で激しくなった動悸を押さえながら、自分を拘束した相手の姿を見る
そこにいたのは軍人ではなく、ごく普通の初老の男性だった

「いやぁ、驚かせてすみません。でも貴方が殺し合いに乗っているか確かめたかったものでね」

先ほどの威圧感を微塵も感じさせない、人の良さそうな声
おそらくさっきのは声色を作っていたのだろう

「なんや…ひどいやっちゃなぁ…」
「ははは、こう見えても私はミリタリー系には詳しいものでね、稚拙ながら軍人の真似事をさせていただきました
 普段は軍事系漫画を書いてるんですよ。私のことは、一等自営業と呼んでください
貴方は妙な容姿ですが、話を聞く限り信用出来そうでなによりですよ」

そう言って手際よく拳銃の安全装置を付け、ズボンのポケットに納める
慣れた手つきだ。おそらく、普段からモデルガンなどで練習していたに違いない
それにしてもこの男、どうしてそんな拳銃を持っているのだろうか?

「なぁ一等自営業さん、あんたのその拳銃はモデルガンちゃうよな?どこで手にしたんや?」
「おや、貴方にも鞄が支給されてるはずですよ。ほら、そこにあるじゃないですか」

一等自営業が指差す方を見ると、確かにそこには鞄が転がっていた
よく見たら、さっき自分が枕にして寝ていたものだった
これは灯台もと暗しってやつだろうな、うん。いや、断じて自分が抜けているわけではない

やきう兄はデイバックを拾い上げるとそのままひっくり返し、中身をドサドサと全て取り出した
携帯食糧や地図、PDAなどの他に、きのこの山、たけのこの山、PSPが入っていた

「えっ…、ワイのには武器入っとらんぞ…」
「んー…? 説明書にはこのゲーム機が武器だって書かれてますね」
『PSP:私はこのPSPのおかげで、女の子を襲う三人のチンピラを撃退しました
四つの血だるまを見て思う、持っててよかったPSP』

「なんやこの説明! 人をバカにしてるやろ!」
「どうやらハズレ引いちゃったようですね
まぁ、私が拳銃持ってますし、これから協力して生きて帰りましょうよ」

気さくに慰める一等自営業だが、やきう兄は内心穏やかではなかった
(なんでこんなおっちゃんが立派な拳銃を手に入れて、ワイがおもちゃなんや…
欲しいわぁ拳銃…自分の身を自分で守れんのがこんなに不安だとはな…)
この殺し合いに呼ばれた者はみんな凶器を持っているに違いない
そんな中で、自分が丸腰なのは耐えられない
拳銃が欲しい…、こいつが持つ拳銃がどうしても欲しい…
やきう兄は羨ましそうに、一等自営業の拳銃を見ていた




「なぁ一等自営業さん、せっかくやし、ワイにその拳銃の使い方とか伝授してくれへんか?」

23 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:19:45 ID:3CceV7DI0
黄色い変なニート君はそう言ってきた
その言葉に僕は思わず心踊っていた
自分の軍事知識を披露できるとなれば、誰でもウキウキするだろう

「よく聞いてくれましたねぇ、それじゃあ説明しましょう! この拳銃はH&K USPって言って、ドイツ軍によって開発されたハンドガンでね…」

この拳銃にまつわる話や、使い方を説明する
ニート君はとても興味深そうな目をして僕の話を聞いてくれた
生きて帰れたら、ぜひとも僕の漫画も読んで欲しいものだ
きっと彼にも兵器のカッコよさや魅力を知って貰えるだろう

安全装置のかけ方、弾の込め方、そして拳銃の正しい構え方…一通りの説明が終わった
結構詳しく話したし、これでいざという時は彼にも扱えるだろう

「いやーホンマに勉強になるわー。拳銃ってやっぱり、男のロマンやな」
「おお、貴方にもこのカッコよさをわかって貰えましたか!」
「せやな、ワイもその方面にハマりそうやで。 …そんなわけで一度ワイにそれ貸してくれんか? やっぱり実際に手で持って練習してみたいわ」
「もちろんいいとも! モデルガンじゃなく、いきなり本物に触れられるとは、貴方は幸せもんですよ!」
「ホンマか、ほな試してみるわ」

拳銃を渡すと、彼は僕が教えた通りに弾倉に弾を込めていった
その手付きはなかなかのものだった
これは僕の教え方が良かったようだ

「ほんで、こうやって安全装置を外して、こう構えるんやな」
「そうそう、いやぁ覚えが良くて素晴らしいですね
他にも知りたいことがあれば何でもお話ししますよ!」
「いや、もうその必要はないわ」
「えっ、どういう意味で…」

呆気に取られた直後、彼はクルリと銃口をこちらに向けてきた

引き金が引かれ、強烈な破裂音と共に腹部に強い衝撃、そして激しい激痛が走る…

血反吐を吐き、一等自営業は膝をついてそのまま倒れ込んだ

「なっ…何を…?」
「いやーホンマ助かるで。正しい武器の使い方を学んだし、強力な武器も手に入ったしなー」
「そんな…最初からこのために僕の話を聞いていたのか?
僕は軍事系の素晴らしさを君に伝えようと思ったというのに…」
「正直使い方だけでよかったわ
ワイは野球以外にはそれほど興味ないんでね
まぁ、これで生き残れる可能性もぐんと上がったんやし、感謝しとるわ(ニッコリ」
「僕は…君を信用していたというのに…最低なやつだよ!お前は!」

僕の意識が遠ざかっていく
許せない…許せない野郎だ…ふざけるな…!

「ち…ちくしょう!!いつか殺してやる!!!」
「畜生やて? ハハ、よう言われますわ」

僕は黄色い化け物野郎のニヤニヤした憎らしい顔を睨み付けた
しかし、徐々にその腹立たしい顔もぼやけていった…

ふざけやがって…チクショウ……畜生…………







彡(^)(^)「やったぜ」

そう呟いて、手際よく拳銃に安全装置をかける
撃つときはだいぶ緊張と恐怖があったが、終わってしまえばスカッとしたものだ
そう、自分が生きるためには誰かが犠牲にならなくてはいけないのだ、だから仕方ないのだ

24 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:20:08 ID:3CceV7DI0
そうして、一等自営業のデイバックを拾い上げ、ひっくり返す
拳銃以外にも何か役立つ物が入っていればいいのだが…
中から出てきたのは木製のバット、そしてキラキラと輝く粉だった
言わずもがなやきう好きの彼は、思いがけない品に喜んだ
そして粉の方は『ひかりのこな』と書かれていた
説明によると『一定の確率で、相手の攻撃を回避出来る』そうだ
原理はよくわからないが、持っているだけで生き残れる可能性が上がるのは確実だろう

さぁ、さっさとここから離れてしまおう
地図によればこの付近に野球場があるらしい
他の目処も立ってないし、とりあえずそこへ向かうことにした


【F-1/一日目・深夜】

【やきうのお兄ちゃん@なんJ】
[状態]:健康
[装備]:H&K P8@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、きのこの山@現実、たけのこの山@現実、PSP@現実、木製のバット@現実、ひかりのこな@ポケットモンスター
[思考・状況]
基本:生き残り最優先
1:やったぜ
2:野球場へ向かう
3:マッマは流石におらんよな…?









やきう兄が立ち去ってから数分後、小さなうめき声が聞こえた
一等自営業は腹部を撃ち抜かれたものの、すぐには息絶えていなかった
しかし依然として出血は止まっていないため、このままでは力尽きるのは明らかだ
苦痛に耐えながらも一等自営業は、アスファルトに血文字で「黄色 化け物」と書き記す

このまま死んでたまるものか…!絶対にあのクソッタレ野郎に報いを与えてやる…!
僕は甘かったんだ…この場で簡単に人を信用するなんて愚かな行為だったようだ…
あぁ、僕の命が続いているあいだに、誰か『お人好し』が通りがかって助けてくれればいいのだが…
もし一命を取り留めることが出来たならば、必ず…必ず復讐してやる…!

今彼に出来ることは誰かに助けを求めることだけであった
だが、信用することを愚かだと判断した彼の思考は、少しだけ歪み出したと言える




【一等自営業@軍事】
[状態]:瀕死、怒り、精神不安定
[装備]:
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)
[思考・状況]
基本:殺し合いから生きて帰る
1:誰かの救いに期待する
2:黄色い化け物(やきうのお兄ちゃん)を殺す
※数時間このままだと力尽きます
※死んだ時のためにダイイングメッセージを書き記しました
 「黄色 化け物」

25 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:20:20 ID:3CceV7DI0
《支給品紹介》

【H&K USP@現実】
ドイツの銃器メーカー、ヘッケラーアンドコッホ社によって作られたセミオートハンドガン
汎用性が高く、ドイツ連邦軍や、日本警察のSATで採用している

【きのこの山@現実、たけのこの山@現実】
きのこ厨とたけのこ厨によって日々行われている戦争
この戦争によって数多くのきのこたけのこが犠牲になってきたという…
なお、両者の争点は「どちらが美味しいか」である

【PSP@PSPコピペ】
日々の生活に潤いをもたらしてくれる、と言う内容のコピペが主だが、
特に有名なのが「女の子に絡むチンピラを倒す」ネタだろう
PSPキックやPSP裏拳、PSPエルボーにPSPチョップ…どれもPSP要らないし、一人余分に殺ってしまっている

【木製のバット@現実】
やきうで使うバット。一般的にはスポーツで使うが、こういう場ではやっぱり手頃な鈍器に

【ひかりのこな@ポケットモンスター】
持たせると敵の攻撃の命中率を0.9倍にするアイテム
ポケモンでは様々な対戦理論があるが、一部では「光の粉を持たせて攻撃を全部回避すれば絶対勝てるwwwwwwササッwww」と言う、
回避論理が提唱されているとかいないとか

26 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 08:22:13 ID:3CceV7DI0
以上です
どうにもシリアス系が苦手です

27 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/10/26(金) 22:50:34 ID:myjPB5LE0
仮投下乙です
本文中や支給品説明ではUSPになってますがやきうのお兄ちゃんの状態表ではP8になっていますね
それ以外は、特に問題無いかと思われます

28 ◆m8iVFhkTec :2012/10/26(金) 23:16:04 ID:3CceV7DI0
指摘ありがとうございます
修正して投下いたしました

今回、武器名は「バイオハザード 銃」で検索して、目に付いたのを採用してます

29 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:00:10 ID:oC4wYm7A0
川越達也、オエー、マウンテンバイク仮投下します
仮タイトルは「川越シェフがバトルロワイアル中に料理してる画像ください」

30 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:00:29 ID:oC4wYm7A0


 はい、それではですね、殺し合いの最中ですが、ちょっとしたお料理を作ろうかと思います。
 せっかく、良い"お肉"が手に入ったので、つい我慢できなくなりまして。
 さて、さっそく調理にかかりましょう。
 血抜きと内臓の処理は既に行っていますから、その点は心配ありません。
 なにしろ、始まってすぐに作業に取りかかったので。

「さて、まずやることは……下ごしらえです。臭みが少々あるようなので、香辛料で臭みを消します」

 誰もいない厨房。
 木霊するのは、僕の声だけ。
 傍らに転がるのは、切り落とした鳥のような生き物の頭。
 ――――そう、僕が一番最初に出会った生き物だ。
 名前は分からなかったが、なんとなく鳥っぽかった。
 そう思った瞬間だった。僕が、「いい料理になりそうだ」と思ったのは。
 それから先は、あまり語る必要はないでしょう。

(全く見た事のない生き物だっただけに、肉質や臭みがあるかどうか分からなかったけれど……
 予想以上に、いいお肉でしたね。これは、いい料理になりますよ!)

 僕も、料理人の端くれだ。
 いい料理、美味しい料理が作れると言うのは、素直に嬉しい。
 例え、こんな状況でも。
 だから、僕はここで料理を作る。
 このお肉で、美味しい料理を作る。
 そして、殺し合いに乗ってしまった人達に、食べて貰う。

(僕は、殺し合いなんてしたくない。でも、もしかしたら僕の知らない誰かは、殺し合う気があるかも。
 でも、そんな人だって、美味しい料理を食べれば、気が変わるはずだ!)

 僕が、一番最初に辿り着いたのが、レストランだったのも、幸運だった。
 色んな材料や道具が揃っていたおかげで、こうやって料理ができるんだから……。
 ……おっといけない、そろそろ野菜の用意をしないと。

「……どんな料理になるか、楽しみだなぁ!」

31 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:00:54 ID:oC4wYm7A0











「一体、何でこんなことに……?」

 当てもない、目的もない、何でこんな事になってるのか分からない。
 でも、じっとしていてもどうしようもない。
 だから……僕は、とりあえず街中を見て回ってみることにした。
 ――――そう思って、歩き出してから少し経った。
 未だに、誰かに会った訳でも無ければ、何かを見つけた訳でも無かった。

(まさか、ここにいるのは僕だけ、なんてことはない……よね?)

 いくら何でも、それはない……と、否定したいところだけど。
 そう言い切れないのが、辛い。
 むしろ、1人の方が危なくないんじゃないか?
 1人なら、襲われる事も、殺されそうになることもない……。
 …………。
 駄目だ駄目だ。
 こんなこと考えてると、すぐに気が滅入ってしまう。

「……せめて、誰かと遭遇すればなぁ」

 街灯が、ぽつぽつと人気の無い道を照らす。
 それが、何だか不安と恐怖を駆り立てるようで、何だか気味が悪い。
 人のいない街が、こんなにも寒々とした物だったなんて、知らなかった。
 この街もきっと、いつもは人の行き交う賑やかな街なのかもしれないのに。
 ……駄目だ。
 やっぱり、1人じゃ心細くて、仕方が無い…………そう思っていた時。
 僕の鼻を、何だかいい匂いがくすぐる。

32 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:01:07 ID:oC4wYm7A0

(え? まさか、こんな状況なのに、料理をしてる人がいるの?)

 まさか、そんな訳がない。
 だって、今はいつ襲われるか分からない殺し合いの場なのに。
 匂いは今も、僕をしきりに、一軒のレストランに誘っている。
 一体、誰がこんなことを?どうしても、気になる。
 ……それに、何だかお腹が空いて仕方がない。この美味しそうな匂いのせいだろうか?

(とにかく行ってみよう。行ってみなきゃ、始まらない)

 小走りでレストランまで向かい、扉を開く。
 カラン……と扉に取り付けられていた鈴が、小さな音を立てる。
 そして、またまた僕の鼻は匂いに包まれ、少しの幸福感を僕に与えてくれる。
 ……一瞬、ここが殺し合いの場であることを忘れる程、心地いい。
 本当、これが殺し合いじゃなかったら……。
 普通に、食事して行きたいのに。

「誰かいらっしゃるんですか……?」

 少し控え目に、小声で呼びかける
 ……返事はない。

「誰か、いらっしゃるんですかー?」





「いらっしゃいませ。気付けなくてすいません。何しろ僕しかいないので。お席へどうぞ」

 今度は、僕の声が聞こえたようだ。
 厨房があるであろう場所から出て来たのは、白い服を着た、一目でシェフと分かるような人だった。
 ……本当にシェフなのかは分からないけど。

「えっ、あ、いや、そうじゃなくて」
「あら、食べに来たんじゃなかったんですか?」
「いや、そうじゃなくて……その気持ちも、無かった訳じゃないけど……って、それより。
 何で、こんな時に料理をしてるんです? 危ない人に見つかりでもしたら……」
「大丈夫です。そんな人達にも、僕の料理を振舞うつもりなので!」

 …………。
 何て言えばいいんだろう。
 今の状況を理解してないのか、それとも、理解した上で言っているのか。

「本気で言ってるんですか? それ……」
「こんな状況で、ふざける訳ないでしょう! 僕は、至って真面目ですよ」

 少なくとも、本人は至って真面目に考えているようだ。

33 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:01:34 ID:oC4wYm7A0
「おっと、フライパンを火にかけてる最中なのを忘れてました。……お好きな席で、お待ち下さい。
 もう少しで、出来ますから!」
「……はい」

 とりあえず、近くの席に、適当に腰かける。
 机の上には、既にナイフやフォークが並べられていた。
 そして、それらをおぼろげな光で写し出す、燭台の上の蝋燭。
 いつの間に、こんな物を。そう言えば、店内の明かりが、厨房以外全て消されている。
 不意に、辺りに静寂が戻る。
 聞こえてくる音は、厨房から聞こえてくる調理の音だけ。

 ……さっきは、あの人のペースに飲まれたおかげで、あまり思考が纏まらなかったけど。
 ふと1人になると、やっぱり「気になる事」が現れて来た。
 僕の知り合いは、ここにいるのか?
 ここは、いったい何処なのか。
 何で、僕がここにいるのか。

(どの疑問も、答えの出しようがないじゃないか……)

 さっきまで、何となく浮ついていた気持ちが、急に沈んでしまった。

(……気分転換……って訳でもないけど……鞄、調べてみようかな)

 流石に、さっきまで床に置いていた物を、机の上に上げるのは気が引ける。
 とりあえず、鞄自体は横の椅子に置く事にした。
 まず、「基本支給品一式」だ。
 地図にコンパス、筆記用具に時計。ランタンに、水と食料。
 そして、PDA。
 説明通り、ちゃんと2ちゃんねるにアクセス出来た。
 ……ひろゆきが言っていた通り、出来るのはスレを読む事だけだけど。
 どんなに書き込もうとしても、上手く行かない。
 どこのスレでもいい。もし、書き込む事が出来れば。この事を、書き込めれば。
 この殺し合いを、何とか出来るかもしれない。
 ……書き込んだ所で、殺し合いなんて荒唐無稽な話を、信じてくれる人がいるか、分からないけど。

「……どうしました?」
「うわあっ!!」

34 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:01:47 ID:oC4wYm7A0

 突然、声をかけられた。
 本当に突然だったお陰で、飛び上がりそうな程驚いてしまった。

「ああ、びっくりした……」
「それはこっちの台詞ですよ。どうしたんです?」
「いえ、料理が出来たので持ってきたんですよ」
「あ……どうも」











「どうも、ご馳走様でした……随分と美味しいお肉でしたね。どこからこれを?」
「たまたま、手に入ったんですよ」

 たまたま?
 たまたま、この店の冷蔵庫にでも、入ってたのかな。
 しかし、答えは僕が想像していた物とは違っていた。

「丁度、大きな鳥と出会ったんですよ。それで僕はピンと来たんです。これはいい料理になる、って」
「へぇ……」

 大きな鳥……一体、どんな感じだったのだろう?
 そして、そんな鳥を捕まえて、さばいてしまうこの人は、一体。
 もしかして、結構強い?その「大きい鳥」が、どんな物だったのか分からないけど。
 何だか、急にこの人が頼もしく見えて来た気がする。
 そんな事を考えていた時だった。突然、

「そう言えば、まだ名前を聞いていませんでしたね。聞かせてもらえませんか」

 と、僕の名前を聞いてきた。
 僕の名前……。名前……?
 あれ?

35 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:02:09 ID:oC4wYm7A0





 僕の名前、何て言うんだっけ?





「ぼ、僕は……マウンテンバイク……」

 つい、ハンドルネームが口から漏れる。
 でも、僕の「名前」として記憶に残っているのは、これだ。
 じゃあ、これが僕の本名?いや、そんなことはない!
 じゃあ、何で……何で、思い出せないんだ?
 まるで、僕の記憶に、靄がかかっているような。
 誰かが、僕の記憶を隠しているような。
 そんな、奇妙な感覚だ。

「マウンテンバイク?」
「ごめんなさい。どうしても、僕の本名が、思い出せないんです……!」
「……そうなんですか……」
「やっぱり、怪しいですよね。こんな、変な名前」

 がっくりと項垂れる。
 どうしても、本名が思い出せない。
 でも、こんな名前では……怪しい、と思われても仕方が無い。
 そう思っていると……僕の想像していた答えとは、違う答えが返ってきた。

「…………呼びやすいように、"バイク君"でいいですか?」
「えっ?」
「よろしく、バイク君! 僕は、川越達也」
「よ、よろしくお願いします……川越さん」

36 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:02:22 ID:oC4wYm7A0

 特に何か聞かれる事無く、会話は終わった。
 ……一体、何故?

「あの……どうして、僕の名前の事、聞かないんですか」
「思い出せないんじゃ、聞いてもどうしようも無いじゃないですか。思い出したら。教えて下さい」
「え、あ、はい……」

 僕には、この人が、よく分からない。
 でも、悪い人ではないのは……確か、みたい。



【D-3・レストラン/1日目・深夜】
【川越達也@ニュー速VIP】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品×0〜3
[思考・状況]
基本:僕の料理の力で、殺し合いを止める
1:もっと、沢山作った方がよさそうだなぁ……
2:バイク君と行動しようかな?本人が良ければしたい


【マウンテンバイク@オカルト】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品×0〜3
[思考・状況]
基本:殺し合う気はない
1:川越さん……
2:川越さんと行動しようかな?

37 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:02:50 ID:oC4wYm7A0






 誰もいない厨房の、片隅にあるゴミ箱。
 その中に、それはあった。
 「大きい鳥」の頭――――参加者の1人であった、オエーの頭だ。
 参加者である以上、首には、当然首輪が装着されている。
 なら、なぜ川越達也はそれに気が付かなかったのか?
 気が付いていれば、間違い無くオエーを屠ることはなかっただろう。
 なのに、何故気が付かなかったのか。
 答えは単純である。
 ――――首輪に気が付く前に、良い食材を見つけた、と言う喜びの方が、大きかったのだろう。
 結果、川越達也は首輪に気付く事もなく、オエーを殺害、その肉を調理したのだ。
 それを、本人が知ったら。
 その肉を食べた、マウンテンバイクがそれを知ったら。
 果たして、どうなるだろうか。




【オエー@AA 死亡】
※オエーの頭部はゴミ箱に、肉は冷蔵庫に入っています
※オエーのデイパックは、レストランの厨房に放置されています

38 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 01:03:34 ID:oC4wYm7A0
仮投下終了です
指摘点などあったらよろしくお願いします

39 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/10/28(日) 10:14:07 ID:dgvSbB5s0
仮投下乙です
修正点としては・・・川越さんの忍法帖レベルのアップと、
オエーを調理した道具(包丁?)を持ち物に追加、でしょうか
内容は大丈夫だと思います

40 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/28(日) 19:42:38 ID:oC4wYm7A0
ご指摘ありがとうございました
修正して、投下いたしました

41 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:29:39 ID:NFilQ/tU0
ゆっくりしていってね、八頭身、タケシ仮投下します

42 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:29:51 ID:NFilQ/tU0



「はぁ……」

 真っ暗な部屋。照らすのは、窓から入る月明かり。
 その光は、室内の古びた椅子やら何やらを、柔らかく照らす。
 埃っぽいベッドに腰かけ、壊れた窓から空を見上げる。

「一体、俺が何したって言うんだ……。殺し合いに巻き込まれる程、悪い事はしてねえぞ……」

 がっくりと項垂れると同時に、深い溜息が勝手に出て来てしまう。
 ……本当、何で俺がこんな目に。
 いつものように一日を過ごし、いつものように眠った、はずだったのに。
 何で、俺が。
 訳分かんねえよ。

「はぁ……」

 ここに来てから、ずっと落ち込んでる気がする。
 いや、ここに来る前から、そうだったのかもしれないな。
 一人、闇の中で苦笑いを浮かべる。

(このカバンも……大した物、入ってなかったし……俺に、死ねってか?)

 俺がここに来てからまずしたのは、鞄の確認。
 誰かに襲われた時に身を守れるような物があるはずだ、と思ったからだ。
 だって、「殺し合い」なんだろ?
 素手で、こんな所に放り出すとは思えないじゃないか。でも……。

「何で、よりによって麦茶だけなんだよ……。麦茶って……」

 思い出して、軽く落ち込む。
 ……思い出すんじゃなかったよ、こんなこと……。
 だが、いつまでも落ち込んでられない。
 これからどうするか、考えなきゃな。
 まず、殺し合う気はない(そりゃそうだ)。人殺しなんて、怖くてできたもんじゃない。
 じゃあ、何をするか?……そもそも、こんな非常事態に、俺に出来る事があるのか?
 とにかく、死なないように、生きるしかない。

「…………この建物がなんなのか、見て回ってみようかな」

 何か、役に立つ物……そうだな、強い武器とか。
 武器じゃなくても、何か今の状況に対して、役に立つ物。そんなのが見つかればいいんだが。
 そんな事を考えていた時。……部屋の扉が急に開き、誰かが入って来る。
 一体誰だ、と思っておそるおそる顔を向けると……。

43 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:30:12 ID:NFilQ/tU0










#aa(){{{
   _,,....,,_  _人人人人人人人人人人人人人人人_
-''":::::::::::::`''>   ゆっくりしていってね!!!   <
ヽ::::::::::::::::::::: ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
 |::::::;ノ´ ̄\:::::::::::\_,. -‐ァ     __   _____   ______
 |::::ノ   ヽ、ヽr-r'"´  (.__    ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
_,.!イ_  _,.ヘーァ'二ハ二ヽ、へ,_7   'r ´          ヽ、ン、
::::::rー''7コ-‐'"´    ;  ', `ヽ/`7 ,'==─-      -─==', i
r-'ァ'"´/  /! ハ  ハ  !  iヾ_ノ i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
!イ´ ,' | /__,.!/ V 、!__ハ  ,' ,ゝ レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ).| .|、i .||
`!  !/レi' (ヒ_]     ヒ_ン レ'i ノ   !Y!""  ,___,   "" 「 !ノ i |
,'  ノ   !'"    ,___,  "' i .レ'    L.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
 (  ,ハ    ヽ _ン   人!      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
,.ヘ,)、  )>,、 _____, ,.イ  ハ    レ ル` ー--─ ´ルレ レ´
}}}








「       !       ?       」

44 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:30:32 ID:NFilQ/tU0










 あまりにも唐突すぎた。
 唐突に現れた、でかい饅頭みたいな奴。
 そいつは出会い頭に「ゆっくりしていってね!!!」と言った後、黙ってしまった。
 ……表情から察するに、俺の返事を待っているようだが……。
 何て答えればいいんだよ。

(こいつら、2ちゃんで見かけた事があるような……)

 何だったかな、どっかのスレで見たような。
 答えが、喉元まで来ているのに。

「ゆっくり? ……何言ってるんだ、ゆっくりしてられる状況じゃないだろ」
「どんなときでも、ゆっくりする心は忘れちゃいけないんだよ?」
「はぁ……」

 何故か諭された。何で、俺が諭されなきゃならないんだよ。
 ……って、違う。こいつらは、一体何なんだ。
 えーっと、こいつらは…………確か…………。

「そうだ!!」

 俺の突然の大声に驚いたのか、2人(体?)がビクッとする。
 まぁ、そんなことはどうでもいい。
 こいつらの名前を、思い出した。

「そっちのリボンの奴が『ゆっくり霊夢』、帽子の奴が『ゆっくり魔理沙』……のはずだ」

 そうだ、そうだった。
 こいつら、あのAAの奴らなのか。
 まさか、現実に現れるなんて、信じられねえ。
 こいつらは、ただのAAじゃなかったのか。

45 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:30:57 ID:NFilQ/tU0

「どうだ、合ってるだろ!!」
「な、なんでゆっくり達の名前を……?」
「そりゃ、結構AAを見かけるからな。名前も、入って来るってもんだ」

 俺の発言に、ゆっくり達は首を傾げている。首があるのか知らないが。
 ……何だ、こいつらは自分がAAだと思ってないのか?
 AAでないなら、何なんだ。
 まさか、本当に生命を持って現実に飛び出してきたってのか?
 そんな馬鹿な話があるか……と否定したいが、こいつらが存在している時点で、否定出来なくなった。

(一体どうなってるんだよ、これは)

 ……。
 訳が分からない。
 俺の、理解の範疇を超えてるんじゃないのか、これ。
 ――――とりあえず、こいつの鞄の中身、見てみるか。
 何か、武器があるかもしれない。
 もしあったとしたら、俺が使わせてもらうか。
 ……ふと思ったが、こいつらに武器が使えるのか?
 手が無いんだから、持てないだろ。

「ゆっ! お兄さん、かってに人のものをあさっちゃいけないんだよ!」
「固い事言うなよ。つーか、頭だけなのによくここまで鞄を持って来れたな」

 未だに、ゆっくり達は俺の周りをぽいんぽいんと跳ね回って抗議している。
 うぜぇ……。
 できるだけ、気にしないようにしながら中身を取り出す。
 ――――どうやら、こいつらはウザいだけじゃなかったようだ。
 だって、俺にこんな幸運を運んでくれたんだから……。

46 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:31:23 ID:NFilQ/tU0

(おいおい、銃って…………本物かな、これ)

 ひんやりとした、鉄の感触。
 間違い無い。
 これは、本物の銃だ。
 ……しかも、結構デカい。

「……!! こ、こっちにむけないでね!!」
「心配しなくても向けねえよ。ちょっと黙っててくれ」

 他にも何か入ってるみたいだが、まあいいや。
 とりあえず、この銃があれば何とかなる。
 こんなもん、ゆっくりに持たせとくのは勿体無さすぎる。
 さっきも言ったが、こいつら銃とか使えないだろ。
 ……まあ、俺も銃なんか持つの初めてなんだが。

「それはわたしたちのかばんに入ってたものだよ! ゆっくり返してね!」
「これは俺が借りる! お前ら、これ使えるのか? 使えない物持ってても意味ねえよ」
「そんなことないよ! やってみないと分からないよ!」
「やる前から答えは明確だろうが……」

 ……全く。
 何で、俺がこんな目に遭わなきゃならないんだ。
 俺は、2回目の深い溜息を付いた。






47 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:31:45 ID:NFilQ/tU0




 暗い屋内。
 僕が持つランタンだけが、辺りを照らしている。
 確か、殺し合いだったっけ?
 ……そんなことよりも、大事なことがある。

(1さん…………君は、何処にいるんだい? 君の事が心配で心配で、僕は…………)

 1さん……。
 僕の、大切な人……。
 君が、死んでしまったら、僕は……。
 一体、どうすればいいんだい?

「ハァハァ、待っててね1さん。僕が、絶対君を護るからね!」

 とは言うものの、ここは一体どこなんだろう?
 何だか廃屋みたいだけど、誰かいるのかな。
 沢山部屋があるおかげで、誰かいても簡単には分からないや。
 1つ1つ回っていくなんてできそうにないし、そんな時間もない。
 特に何かあるわけでも無さそうだし、早くここを出て……。




「…………分からないよ!」
「…………明確だろうが……」



 どこかから声が聞こえた。
 1さんの声じゃなかったけど、誰かいるのかな?
 ちょっと、会って話を聞いてみようかな。
 ……いや、ダメだ。
 そんなこと、してる暇なんてない。
 僕は、1さんを護らなきゃならないんだ。
 その為にも、無駄な時間は過ごせないんだ。
 一体誰がいるのか気になりはするけど、調べてる暇なんかない。
 僕は、1さんを護る。
 その為には、行動あるのみだ。

(よし……行こう)

 本当なら、この階段だって駆け降りて行きたい。
 でも、こんな暗い状況じゃそんなこと出来そうにない。
 下手に転んで動けなくなったら、それこそ……。
 駄目だ、そんなこと考えちゃいけない。
 とにかく、ここを出てしまおう。

「…………」

48 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:31:58 ID:NFilQ/tU0

 階段をゆっくり降りながら、考える。
 そう言えば、いつの間にこんな場所に僕は連れてこられたんだろうか。
 確か、いつものように1さんに会いにいったはず、だったんだ。
 1さんの家の近くまで来た、のは覚えてる。
 そこで、何故か僕は気が遠くなって……。
 気が付いたら、あそこにいた。
 そして、2回目の気絶から目が覚めたのが……ここだった。

「…………」

 ……こんなこと、考えても仕方が無い。
 僕がやるべきことは、殺し合いに乗るような危ない輩から、1さんを護ることなんだから。
 例え、他の誰かを殺めようとも……。
 僕はどうなってもいい。1さんさえ無事なら、それでいいんだ。









「…………」

 下へ続く階段が無くなった。
 と言う事は、ここが1階か。
 今までと同様に、ロビーへ続く道であろう場所も、ボロボロだ。
 下手に転んだら、体が汚れちゃいそうだ。

「うーん、出口は……あ、あそこだ」

 ガラスは割れ、中途半端に隙間が開いている自動ドア。
 自動ドアも壊れちゃったら、普通のドアより開けるのが面倒だなあ。
 よいしょ、と力を込めてドアを開ける。
 …………とりあえず、自分が通る分だけ隙間を広げればいいや。

「よいしょっと……。さて、ここはどこなのかな」

 鞄から地図を取り出して、眺めてみる。
 ……ここが何処の辺りなのか分からないと、地図があっても駄目だね……。
 どこかに、ここがどこか書いてないかな……。

49 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:32:15 ID:NFilQ/tU0

「ううん、ここはどこだろう?」

 とりあえず辺りを見てみても、良く分からない。
 ……暗くて、遠くまで見通せないんだ。
 月明かりが、あるにはあるけれど。
 太陽の光には、及ばない。

(よく分からないな……何か、役に立ちそうな物があれば……)

 そう言えば、僕、まだ持ち物をよく調べてなかった。
 ランタンを取り出した時や、地図を出した時に、チラッと見ただけだ。
 何があるのか、まだ良く分かってない。
 こう言うのは、はっきりさせておかないとね。
 ……それに、1さんを護ることのできる武器も欲しいしね。
 一応、見つかりにくいであろう植え込みの影に身を隠して、っと。
 これで良し。

(何があるのかな……)

 強い武器があればいいのにな……。
 武器でなくとも、役に立つ物なら大歓迎だけど。

「拳銃……!ずいぶん、ずっしりした拳銃だなぁ」

 こんなしっかりした武器が、最初から手に入るなんて。これは、十分役に立ちそうだ。
 残りも見てはみたけど、両方とも武器じゃなかったから、鞄に仕舞っておくことにした。
 他にも、食料や水、筆記用具なんかもあったけど、今は特にいらないや。
 それ以外で役に立ちそうなのは……と言うか、これに関しては説明があったなぁ。
 PDA……2ちゃんねるが見れるらしいけど、それは別にいいや。
 それより、気になるのはオーナー情報。この「オーナー」って、僕のことだよね。
 とりあえず、開いてみると……。

(忍法帳……確か誰かを殺すと、レベルが上がるんだったかな?)

 今の所、レベルは0。
 それ以外は、特に変わったボタンは……ん?
 下の方に、「現在地:A-6」と書いてある。
 ……これってもしかして、僕の現在地を指してるのかな?

50 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:32:33 ID:NFilQ/tU0

(と言う事は、僕が今いるのは「A-6」……ずいぶん、隅っこなんだなあ……)

 ……改めて、地図を眺める。さっきも言ったけど、ずいぶん端っこだ。
 さて、改めて。何処を目指そうか?1さんが行きそうな場所って、どこだろう?
 とりあえず、人の集まる場所に行けば、出会えるかな?
 ……その、「人の集まる場所」がどこか、具体的には分からないけど。
 とにかく、行動あるのみだ。この間にも、1さんの命は危険に晒されているんだ。
 急がないと……。

「1さーん! 君は僕が絶対に護るよぉぉぉぉぉ!!」

 僕は、月明かりの元走り出した。
 ――――1さんを、何としてでも護るために。



【A-6・廃ホテル前/1日目・深夜】
【八頭身@AA】
[状態]:健康
[装備]:デザートイーグル(7/7)@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)不明支給品×0〜2(武器は無し)
[思考・状況]
基本:1さんを護る。邪魔する奴には、容赦しない。
1:とにかく、「人の集まる場所」を目指そう。待っててね、1さん!!
※八頭身の叫びが辺りに響きました。

51 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:32:46 ID:NFilQ/tU0





 相変わらず、ゆっくり達はぽいんぽいんと跳ねて俺の後ろを付いて来ている。
 全く、変な奴だ……だけど、流石に武器を取った上にあそこに放置して行くほど、俺は鬼じゃない。
 ……だが、今考えてみれば。
 やっぱ、あそこに放置して行けば良かったかな、と思い初めていた。
 想像してみろよ、自分の周りを跳ね回りながら「ゆっくり(ry」と何度も言われる姿を。

「ゆっくりしていってね!!!」

 だから、ゆっくりしててもどうしようもないだろ。
 と言うか、ゆっくりしてる余裕なんて無えよ。
 ……こいつら、今の状況分かってんのか?

(今がどんな時か、理解してるのか? よく、呑気でいられるもんだな)

 俺だったら、とてもこんな風に呑気にいられない。
 ……今だって、内心ビビってる。
 こんな暗い中じゃ、誰が何処に隠れてたっておかしくはない……。
 いきなり飛びかかられちゃ、銃を持っていても勝てるかどうか。
 ――――そもそも、そんな状況で俺が冷静でいられるかどうかすら、怪しいけどさ。

「……はぁ」
「どうしたの? ゆっくり元気だしてね!」
「お前らのせいで落ち込んでるんだろうが……」
「?」

 うぜぇ。
 本気で、ここらに放置して行こうかな。
 そんな事を考えていた時、



「1さーん! 君は僕が絶対に護るよぉぉぉぉぉ!!」
「「!?」」

52 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:33:09 ID:NFilQ/tU0



 ……何か、大声が聞こえたような。
 いや、「ような」じゃない。はっきり聞こえた。

(1さんって…………おいおい、またAAキャラか。 あんな事言う奴、1人しか思い付かないぞ)

 ――――八頭身モナーか。もしかして、アイツはここにいたのか?
 ……そう考えると、俺って結構危ない事してたんじゃ。大声上げてたし。

(1さんへの愛は尋常じゃないからな……1さんのために、殺し合いに乗ってもおかしくねえ)

 まぁ、実際の所はどうだったのか、俺には分からない。
 それを、確かめる術もない。
 追いかけようにも、何処に行ったかなんて分からないし。

「…………あいつの事は忘れよう」

 そうそう。
 変な奴には、関わらない方が身の為だ。
 ――――ゆっくりとか言う、妙な奴に出会ってはいるが。
 こいつだって、十分「変な奴」だ。

(どうなんのかな、俺)

 ふと、脳裏にカーチャンの顔が浮かぶ。
 ……カーチャン、何してんのかな。
 いきなりいなくなったんだから、俺の事、心配してんのかな。

(…………お、俺は別に心配なんかしてねえけどな)

53 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:33:19 ID:NFilQ/tU0


【A-6・廃ホテル内/1日目・深夜】
【タケシ@ニュー速VIP】
[状態]:健康、不安
[装備]:イングラムM10(32/32)@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、麦茶@ニュー速VIP
[思考・状況]
基本:殺し合う気は無い。死にたくもない
1:死にたくはないが、どうすりゃいいんだろうな……
2:カーチャン……べ、別に心配なんか……
※2chに関する記憶があるようですが、あまりはっきりしていないようです


【ゆっくりしていってね!!@AA】
[状態]:健康、ゆっくり
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品×0〜2
[思考・状況]
共通:ゆっくりしていってね!!!
1:とにかく、ゆっくりしていってね!!!
※ゆっくり霊夢とゆっくり魔理沙、2体で1人扱いのようです
※片方が死亡したらどうなるかは、後続の書き手さんにお任せします



≪支給品紹介≫
【麦茶@ニュー速VIP】
麦茶ばあちゃんが量産している物。夏が来た。
たっぷり用意してあるので、多人数で飲める。

【デザートイーグル@現実】
装弾数7発。使用弾薬は.50AE弾。
数ある銃の中で、結構な知名度を誇るのではないだろうか。
それ故、色々な作品で攻撃力の高い銃として登場したりしている。

【イングラムM10@現実】
装弾数32発。使用弾薬は9mm×19弾。
もはやお馴染みの短機関銃。

54 ◆i7XcZU0oTM :2012/10/31(水) 23:33:45 ID:NFilQ/tU0
仮投下終了です
指摘点などあったらよろしくお願いします

55 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 02:11:14 ID:DCPVKg820
乙です

1さんは参加してないんだけど、それには気付いていないということでしょうか?
一条三位を強引に1さんって愛称にすれば…それはそれで面白そうな気がしますけれども

56 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 02:13:21 ID:DCPVKg820
乙です

1さんは参加してないんだけど、それには気付いていないということでしょうか?
一条三位を強引に1さんって愛称にすれば…それはそれで面白そうな気がしますけれども

57 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 02:13:57 ID:DCPVKg820
連投失礼しました

58 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 09:36:19 ID:BLIV56lkO
仮投下乙です
特に問題はないので大丈夫です


一条三位…た、たしかに一三だ!!
いや、でもそれは流石にカオス過ぎだろ…

59 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 18:52:56 ID:tzmmkxT.C
投下乙です

このゆっくりは喋るのかw

特に問題点はないと思います

60 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/01(木) 22:17:57 ID:N3zd9RZU0
ご意見ありがとうございました。本スレに投下いたしました。

>>56
流石にそれはちょっと厳しいですね…ww

61 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:22:01 ID:N9amVri.0
電車男、イズン様、グンマーを仮投下します
タイトルは「ヤバイ。最近の若者ヤバイ。マジでヤバイよ。」です

62 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:23:09 ID:N9amVri.0
気がつくと俺は小さな橋の上で横になっていた。
深夜で街灯の明かりでしかわからなかったけど、少なくとも周りの景色に見覚えがなかった。

ああ…なんで俺がこんなことに巻き込まれたんだろう…?
というか、何故あのひろゆきが殺し合いだなんて突然言い出したんだろう…?
もしかしてこれは何かの悪い夢なんじゃないか?俺はそう信じたかった
頬をつねる、痛い…、しかも首にはしっかり3人もの人を殺した首輪が嵌められている

徐々に不安が俺の頭を支配してきた…。嫌だ、殺されたくない…死にたくない…

例えばマシンガンを構えた屈強な軍人と対面したとして、俺に少しでも勝機があるだろうか?
もしくは、かつて何十人もをナイフで斬り殺してきた殺人鬼が襲ってきたら、俺はそれを対処できるのか?
無理です、絶対無理です。叶うわけがないじゃないか…_| ̄|○

昨日までは2ちゃんの住民に応援されながら、エルメスさんとメールしたりデートしたりと幸せな日々を送っていたのにな…
多分、次に会った時が最終決戦。もうお互いの気持ちを確認する時だっただろう…

でもこんなことになった…もう、彼女に二度と会えないかもしれない…

俺は自分の現状に絶望した
不安と恐怖がピークになり、思わず俺は空に向かって叫んだ

「誰か助けてくれ!!!!」




その時、突然すぐ後ろから声がした
「お、落ち着くのです!人間の青年よ」
「ヘアッ!?」

俺は驚いて飛び上がって、しかも変な悲鳴を上げてしまった…

10代くらいの女の子だろう。美しい金髪と派手な格好が、なんとなく神々しい印象を受けた。
俺はてっきり、厳つい男たちばかりが参加してるものだと思っていたんだけど…
まさかこんな幼気な少女にまで殺し合いを強要しているなんて、あまりにも残酷過ぎると思った。

トリアーエズ、その女の子を少しでも安心させてあげるのは、大人である俺の義務だろう。

まずは俺が危険な人物じゃないってことを伝えなければならないだろう。
先ほどの情けない悲鳴も取り繕わないとダメだろう。そんなわけで俺は
「だだ、大丈夫ディスカ?君も殺し合いに巻けこvんmqあsft…」
と盛大に噛んでしまった。もうこれ取り繕えませんよね…_| ̄|○

すると女の子の方はかなり落ち着いた感じで
「安心してください、私も殺し合いに乗っていませんよ」
と、微笑みながら言った。
おそらく、俺が悪い人物じゃないことを見透かしてくれたのかもしれない。

気を取り直してお互いの情報を交換することに

「俺は電車男と言います」
「私はイズン、若さを司る女神です」
「ポカーン」
女神? この子は何を言ってるんだろう?
詳しく話を聞くと、彼女はこれまでの顛末を話し出した

どうもイズン様はアスガルドという所の神々の一人で、
そこにある城が巨神の放った死霊達によって落とされたそうだ
イズン様も死霊に囲まれて、まさに殺されようとした直後に意識を失い、ひろゆきの前に飛ばされたらしい
そして、彼女は最後にこう付け足した
「おそらく、この殺し合いは巨神によって催された娯楽なのだと思います
私達が苦しむ様を見物し、鮭の肴にするつもりなのです!」

普通ならこんな突飛な話なんて、子供の妄想だと言って笑い飛ばすかもしれない
だが、彼女は年齢以上に大人びているというか、威厳のようなものが感じられたし、
なによりも彼女の話し方には、なにか強い説得力があった
なんとなく、彼女の言葉は信じるだけの価値があるように感じたんだ


俺も身の上を語った。
つい最近までただのアキバ系だったこと、エルメスさんとの出会い、
そして、その動向をひろゆきが管理する掲示板「2ちゃんねる」に書き込んでいたことを

63 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:23:50 ID:N9amVri.0
俺が話を終えたあと、イズン様は予想もしなかったことを言った。
「あくまで私の予感なのですが…。そのエルメスという女性も、この殺し合いに呼ばれていると思います」
「えっ…?嘘でしょ?な、なんでエルメスさんが…?」
「この手の死亡遊戯は、なるべく関係の深い者同士を殺し合わせた方が、より波乱や感情といった修羅場を見ることが出来るのです。
貴方にそれだけ関係の深い人物であるのなら、それは呼ばれるだけの条件となり得るのです」

そんな…、もしそれが本当なら、俺のせいで彼女が危険にさらされるということか…?
そう考えた途端に、俺の心に強い罪悪感が溢れてきた
俺が弱音を吐く前にイズン様は
「勇気を出すのです! ここで怖じ気づいては誰も救えませんよ」
と励ました
「私には戦う力は全くありませんが、豊富な知識があります
この知識で、出来る限り貴方に協力します。これから共に頑張りましょう」
神々しい微笑みでそう言ってくれた

そうだ、俺がこんなところで諦めてどうするんだ…
彼女は言ってくれた

「電車さんとなら、安心して電車に乗れますね」

今頃彼女はさっきの俺みたいに、不安と恐怖に襲われているに違いない
だから、少しでも安心させてあげたい。俺なんかじゃ、頼りないと思うけど、それでもだ


「そこにデイバックが落ちています。きっと貴方の力となるものが入っているでしょう」
イズン様に言われて、初めてすぐ近くにデイバックが落ちていることに気がついた

俺はデイバックを拾い上げ、中に手を入れた
確かな武器の感触があった…
どうか彼女を救えるだけの力でありますように…!





剣の柄の部分だけが出てきた。何コレ?

【アクアブレイカー:水の力を宿した剣。その刀身は然るべき時に姿を現す】

「イズン様、然るべき時っていつですか?」
「…わかりません、見たことのない武器です」

なんか拍子抜けした気分です…
これでどうやって戦えばいいんだ…?

他にも何か無いか、デイバックの中を漁る。
すると出てきたのは赤と白のボールカプセルだった
「電車男、気を付けて!その中から魔物の気配がします…!」
「いや、これはきっと大丈夫だと思います」
俺はこのボールに見覚えがあった
間違いない、これは「モンスターボール」だ。
ポケモンというアニメに出てくる道具…いわばフィクション
でも女神がいるくらいだし、あってもおかしくはないだろう、と気軽に考えることにした

投げてみると、ポン!と言う音と共に、カプセルが開いて中から何かが飛び出してきた
みずみずしい魚のような頭に、男らしくふんどしを締めた脚部を持つポケモンがいまーす。そーれーはー?(チラッ

#aa(){{{
                 /!
             ______,イ//_____________イi                , 
        _, r '' " "      _,._,._,._,._,._,_,._, ~`''ー-.、          //
     _,r''""◎  ヽ     _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._~`''ー-.、    / /
      ゙ヾ,,      |   _,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,..  ~`''=´  |
     ∠´___     ノ_,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,._,.  _..-‐'''"  \  ヽ
          ~`''ー-.、_______________________________,,...-‐'''"        \ ヽ
                        !    ,_    _ ',
                 ,;-‐'′    `Y´  i
                   /         i   ,!、
               /        _,,,ノ、  ; ヽ、
                ,/       ,;-‐''′`ヽ、    ゙;、
              i'  /_,,;-‐''′     ゙:、    ゙i
              i   `i           ゙:、   ;゙ヽ、
}}}


最近のポケモンは見てないからよく知らないけど、なんだろうこのコレジャナイ感は…
「これはアジです。ポッポと呼ばれるポケモンが突然変異を起こして進化した姿です」
「よくご存じですねイズン様…」
「あ、いいえ、説明書を読み上げただけですよ」
イズン様はそう言って俺に一枚の神を渡した。

どれどれ…と目を通してみる

『わざ
・たいあたり
・すなかけ
・かぜおこし
・アジジェット』

アジジェットもさることながら、コイツはどうやってかぜおこしするのだろう?
なにより、アジの体長は、俺の腰の辺りまでしか無かった。頼りない…_| ̄|○

64 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:24:42 ID:N9amVri.0
「イズン様、支給品が微妙に力になってくれなさそうです…」
俺がそう愚痴ると、イズン様は
「そうですね…、私のバックにはこんな盾が入ってましたが、良ければ差し上げましょう」
彼女が取り出したのは、よく警察隊が持っているような透明な盾
確かライオットシールドって名前だったかな。
「あー、弱音吐いてすいません…。その盾はイズン様が持っていてください
あなたがなるべく安全な方が、俺も安心していられますのでw」

そう答えたが、イズン様は申し訳なさそうな顔をしていた。
俺は話を変えることにした

「そういえばさっきアジのボールを見て魔物の気配が、と言ってましたが、
何かそういう能力があるのですか?」
「ええ、近くにいる者の気配を感じることが出来るのですよ」

なるほど、これは強力な特技だと思った。
つまり、身を隠している相手に闇討ちされる危険性を減らせると言うこと

試しに俺は
「この近くに、他の誰かはいますか?」
と聞いてみた。
彼女は即答
「いませんよ」
その言葉に俺が安堵した直後だった

「ウェェェェェェイ!!!」
掛け声らしきものが響き、こちらに接近してくる軍人らしき姿が見えた。

「いるじゃないか!」
((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル

まさに想像していた殺し合いの参加者象そのものだった
迷彩柄の軍服を身にまとい、巨大なハンマーを振り回す黒人男性
逃げるまもなく軍人は俺の目の前へと迫る
そして身の丈もあろうハンマーを振り上げ、俺に向かって振り下ろす

こ、殺される…!

ほんの一瞬が、俺にはまるで永遠のように感じられた。


そして








――――ピコッ!




ハンマーが俺の頭部に叩きつけられる
一撃だけでは飽き足らず、何度も、何度も、何度も叩きつけられた


ピコピコピコピコピコピコピコッ…

「ぎゃあああぁぁぁ!!!」
悲鳴をあげる俺の耳にイズン様の助言が届く。
「落ち着くのです!アジを使いなさい!」
そこで我に帰った俺は、その言葉の通りアジに命令を下す
「アジ!アジジェットだっ!!」

俺の声に反応し、アジは水を噴出しながら軍服男に強烈な突進をかました。
相手が倒れ込んだところへ、さらに俺はすなかけを命じた。

顔にモロに砂(どこから持ってきた?)をかけられた軍服男は「メガァァァ!メガァァァ!」と叫んでいた。
すぐさま俺はアジをボールに戻して、イズン様を手を引いて走り出した

「逃げてしまうのですか!? 今がチャンスではないですか!」
「無理無理無理無理!! 今は逃げるんだああぁぁ!」

ハンマーを叩きつけられた瞬間、俺は「死に対する恐怖」を心から痛感した。
今回は何故かピコハンマーだったため無傷だったものの、もしも本物の武器だったら…そう思うと体が震え出しそうだ

「電車男…逃げていてはいけません。私は非力なのです。あなたがもし諦めてしまったら、
私はおそらく何も出来ずに脱落してしまいます…おそらく、エルメスさんもです…勇気を出してください」

イズン様は不安そうな声で呟いた
わかっている、俺がここで怖気づいてはいけないのはわかっている
でも、俺はもう少しだけ心の準備をする時間が欲しいです…
この先生きのこる自信がまだ湧いてこないんですよ…_| ̄|.............○))

65 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:24:57 ID:N9amVri.0

【場所時間】

【電車男@独身男性】
[状態]:健康
[装備]:アジ@おや、ポッポの様子が…
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、アクアブレイカー@Nightmare City
[思考・状況]
基本:生きて帰りたい
1:軍服男(グンマー)から逃げる
2:エルメスがいれば保護する
3:イズン様…信用していいんですかね?

【イズン様@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:ライオットシールド@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2
[思考・状況]
基本:殺し合いから生還し、アスガルドへ戻る
1:勇気を出してください…
2:電車男に助言しつつ、脱出策を探す

※バトルロワイヤルを巨神たちによる娯楽だと予想
※原作では遠方の物と対話する力を持っているため、制限がなければ使用できるかもしれない



「メガアアァァ!メガアアァァ!(目が!目が!)」
さて、ここで電車男を襲撃した男について説明しよう
彼は未開の地グンマーの、とある集落で生まれ育った一人の青年である
名前はグンマー。彼らの大地の名にあやかって付けられている
彼の家族も、友人も同じグンマーと呼ばれる。彼らは互いに強い絆で結ばれているため、固有の名前などなくとも意思疎通をとることが出来るのである

彼らの慣習の一つに「成人式」がある
族長によって与えられた試練…それを乗り越えて初めて「一人の男」として認められ村を守る戦士となるのだ
奇しくもグンマーは、その成人式を明日に備えていたところだった
そう、彼はこの殺し合いを「成人の儀」だと思い込んでいるのである

なお、彼が来ている服は「熱光学迷彩服」。熱を発散させないため相手に気配を探られにくい軍服である
それをスーツだと思って彼は着ていたのだが、電車男を襲撃する際、さらに気配を消して接近していたのだ
つまり、イズン様が「いませんよ」と言ったのは、決して彼女がいい加減なのではなく、完全に気配を遮断されていたゆえなのである。

目に入った砂を落とした後、グンマーはハンマーを投げ捨てた

「クッソ、ナンナンスカコノハンマー! マジツカエネージャネーカ!(あぁ、この武器は外れだったようだ)
イミワカンネェシ! ザッケンジャネーヨマジデ!(不覚だった、俺はツイてないな…)」

ゴールデンハンマー…本来であれば見た目に恥じない破壊力と、空中浮遊ができる特殊効果がある強力な武器である
しかし、時おり混じる不良品「ゴールデンピコピコハンマー」は完全なる見掛け倒し、武器というよりもパーティグッズに分類するハズレ品であった

「シャーナイ、モウスデデイクワ…アーマジデセイジンシキトカダルイワー…シネヨゾクチョウ」
(仕方ない、今後は素手で行くしかないな…、村を守る戦士になるためだ、必ず生き残ってみせる!)」

決意を改めたグンマーは、デイバックを担ぎ上げて次の獲物を探して歩き出した



【グンマー@まちBBS】
[状態]:目が充血
[装備]:熱光学迷彩服@攻殻機動隊
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1
[思考・状況]
基本:優勝して、村を守る戦士になる
1:使えそうな武器を下がる
2:武器が見つかるまでは弱そうな参加者のみを仕留める

※ゴールデンピコピコハンマー@大乱闘スマッシュブラザーズXが橋の真ん中に捨てられています



《支給品紹介》

【アクアブレイカー@Nightmare City】
FLASH「Nightmare City」で、ギコが使用していた武器の名称
公式設定ではないようだが、二次創作において共通している唯一の設定
現在は持ち手だけなため武器として使い物にならないが、何かしらのきっかけで刃が現れるそうな

【アジ@おや、ポッポの様子が…】
VIPにて発見された新種のポケモン。アジから人間の足が生えた奇怪な姿をしている。
得意技はアジジェット。どうやらポッポの進化形。さらに進化すると「アジョット」になる。

【ライオットシールド@現実】
警察や軍隊などで採用されている軽量の盾。ポリカーボネートという透明な素材で作られている
多少の防弾性能があるが、それほど優れていない。どちらかというと鈍器などに対して有効。重さは5キロ程度

【ゴールデンピコピコハンマー@大乱闘スマッシュブラザーズX】
強力なふっ飛ばし性能を持つ巨大ハンマー、のハズレバージョン
見た目も重量も本物にそっくりだが、どういうわけかピコッと音がするだけ
ハズレといっても、振り回している最中に空中浮遊が出来る効果を持つ

66 ◆m8iVFhkTec :2012/11/01(木) 22:33:07 ID:N9amVri.0
以上です
電車男本家の文章をイメージしたのですが、あんまり再現できた気がしない…
あと、グンマーのキャラはこちらで自由に決めたのですが、これで大丈夫でしょうか?

書き忘れましたが、場所時間は【B-3 橋付近/一日目・深夜】です
その他問題点、修正箇所などがあれば指摘お願いします

67 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 22:55:51 ID:DCPVKg820
乙です
そういえば電車男は緊張すると噛むんだっけかw 懐かしいw

誤字の訂正をひとつ
>>62のイズン様の最後のセリフの鮭の肴は「酒」の肴の誤りだと思います

68 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/01(木) 23:09:45 ID:N3zd9RZU0
仮投下乙です

>>63
>イズン様はそう言って俺に一枚の神を渡した。

とありますが、神ではなく「紙」の誤りですね
あとは特に問題はないと思われます

69 ◆m8iVFhkTec :2012/11/02(金) 07:45:02 ID:EKDUmhVA0
ご指摘ありがとうございます
修正して投下いたします

70 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:20:33 ID:izItCrm20
加賀、やらない夫仮投下します

71 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:21:03 ID:izItCrm20


 真っ暗で何も見えない。
 感じるのは、さっきからゴウゴウ唸っている風だけだ。
 この風は何なんだ?
 何で俺はここにいるんだ?
 俺は、どうなってしまうんだ?
 こんな、何処かも分からねぇような場所で、死ぬのか?
 ……いいや、そう言う訳にはいかないだろ――――常識的に考えて。
 俺は、死ぬ訳にはいかねえ……。
 だが、自分から進んで、人殺しになる気も、ない……。

「――――ない夫、どうしたんだお? 顔色が悪いお」
「え?」
「もしかして風邪かお? ない夫が風邪引くなんて、珍しいこともあるもんだおwww」
「わ、笑ってんじゃねえよ!」

 おいおい、何で急にこいつが出てくるんだよ。
 こいつも近くにいたのか?
 ――――風は、今も強く吹いている。
 俺を、吹き飛ばしてしまえ……そんな、意思が宿っているかの様に。
 一体、この風は何なんだよ。

「ない夫…………お前は、どうするつもりなんだお…………」
「おい、何言ってるんだ」

 風に吹き飛ばされる塵のように、やる夫の体が消えて行く。
 おい、勝手に行くなよ……!行かないでくれよ!!

「ま、待て、やる夫! 待ってくれ――――っ!!」





「うああぁぁぁっ!?」

72 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:21:16 ID:izItCrm20

 急に、意識が現実に引き戻される。
 地面が、揺れた。そのお陰で、俺は現実に引き戻されたようだ。
 と言う事は……あれは、夢だったのか。
 夢で、良かった。
 心底、ホッとする。
 ホッとしたのもつかの間、ここはどこなんだ、と言う真っ当な疑問が浮かぶ。
 ……陸地のような気もするが、何だかおかしい。
 波の音が、聞こえてくる。
 と言う事は、ここは海の近くなのか。
 だったら、何で地面は鉄で出来てるんだ。
 砂か、あってもコンクリだろ。常識的に考えて……。

「こうも暗くちゃどうしようもねぇな。確か、支給品とやらがあったはずだ……」

 目を凝らしながら、鞄からランタンを取り出す。これで、明るくなった。
 しかし、明るくなったところで、結局ここがどこなのか良く分から……。




(ちょっと……)




 ――――。何だ、今のは。
 声が、聞こえた?
 いや、聞こえたと言うより、頭の中に直接……。

「誰だ!?」
(何で、あなた……私の上に、勝手に乗ってるんですか!!)
「は?」

 上に乗ってる?
 どういう意味か、さっぱり分からん。
 一応足元を見てみたが、誰もいない。
 だが、あの声は間違い無く、俺の頭の中に響いてきた。
 気のせいとかじゃない、はずだ。

73 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:21:44 ID:izItCrm20

「お、お前は何処にいるんだ!」
(だから、あなたの下ですよ……別に、痛いとかそう言う訳じゃないんですけど……)
「下って言っても、俺の足元には地面しかないぞ」
(わたしは航空母艦・加賀です。あなた今、わたしの飛行甲板部分にいるんですよ)
「……??」

 良く分からん。
 航空母艦?飛行甲板?……お前は何を言っているんだ。母艦の知識なんて、俺には無い。
 そんな事いきなり言われても、分かる訳ないだろ……常識的に考えて。
 ……そもそも、こいつは何で喋る事が出来るんだ。
 まさか、人工知能搭載のハイテク母艦!?……な訳ないか。ゲームや漫画の世界じゃあるまいし。

「お前、何で喋れるんだ……?」
(そんなの、わたしが聞きたいくらいです……。気が付いたら喋れるようになってましたからね。
 ――――と言っても、あなたのように言葉を発することはできないようですが)
「……どうなってんだ」

 しょっぱなから、常識とかけ離れてやがる……。
 いや、そもそも殺し合いなんて時点で、常識はぶっ壊れてたのか?
 ……まあ、それを今考えてもどうしようも無い。

(どうなってるのか、わたしも知りたいですよ。何か、知っている事があれば、教えていただけませんか……?
 ……えっと、お名前は?)
「俺か。俺は……まあ、やらない夫とでも呼んでくれ」
(そうですか。よろしくお願いしますね、やらない夫さん。……さて、知っていることを教えて下さい)
「いや、そう言ってもな。ここに来て、最初に出会ったのがお前だったからな。特に何もないぞ。
 まぁ……俺の友達のことなら、話せるが」
(お友達、ですか?)
「あぁ……やる夫って言ってな……多分、あいつもここに連れてこられてる、と思う」
(……どうしてです)

「…………まぁ、まだいるって決まった訳じゃ無いが。とりあえず、あいつはアレだ。馬鹿だ。
 馬鹿だけど、命に関わるような馬鹿はしないはずだ。……この殺し合いに、乗るとかな。
 もしくは、こんな異常事態の中で、ふざけ回るとか……。流石に常識はあると、俺は信じてるよ」

74 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:22:04 ID:izItCrm20

 何で、俺はこうも熱く語ってんだ?
 ま、あいつの事が心配じゃない訳じゃないが。
 ……流石に、まだ殺されちゃいないよな?

(そうですか。話を聞く限り、かなり親しい仲のようですね)
「親友だしな」
(……他にも、何か?)
「他は……特にないな……さっきも言ったが、最初に会ったのがお前なんだ。他の奴の事は知らない」
(どうも、ありがとうございました……お返しに、わたしも情報を話したい所ですが……わたしも、特に
 何か知っている訳じゃないんで、申し訳ないですが……)

 ま、俺も大した事を話した訳じゃないから、別にいか。
 ……しかし、改めて辺りを見回してみると、マジで広いな。
 母艦ってのは、こんなに大きいのか。
 ……待てよ?こいつがいれば、ひろゆきを倒すのなんて、簡単じゃないか?
 これだけ大きけりゃ、流石に武装してるだろう。

「おい、この船には、武装はあるのか?」
(ええ。20cm単装砲、12.7cm連装高角砲、25mm連装機銃がある……にはあるんですが……。
 何故か、全て弾切れしてるんです。確かに、装填されていたはずなんですが……。それと、
 12.7cm連装高角砲が、使えないようです)
「本当か?」
(ええ。わたしの体の事ですから、分かります。何なら、全部チェックしますか)
「いいや、やめておこう。……使えないってのは、どういう意味でなんだ」
(どうやら、何者かの手によって外されているようです)









 さっきのやり取りから数分。
 俺は、その間に鞄を調べておいた。
 ……加賀に、鞄の事を聞いてみたが、よくわからないらしい。
 もしかしたら船内のどこかにあるかも、とか言っていたが……この広さじゃ、探す気になれない。

75 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:22:23 ID:izItCrm20

(そう言えば、あなたは武装しなくていいんですか)
「今の所は必要ない。お前に乗っている間はな……」
(それはどういう意味です?)
「変な意味じゃない。これ、見てみろ」

 PDAの『オーナー情報』を開く。
 俺の忍法帳レベル――――当然の事だが、0だ。
 そして、隅に記載されている現在地。

「D-6……これが、俺達のいる場所だろう。地図と合わせて見れば……完全に、海の上じゃないか。
 ……とにかく、陸地に行かないとダメだ。こんな海の上じゃ、誰も来ないだろ」
(じゃあ、陸地に向かいましょうか)
「単純に向かうってだけじゃダメだ……。何処に向かうか、はっきりしないとな」

 一体、何処に向かうのがいいか?
 常識的に考えるなら……俺が、陸地に降りる事の出来る様な場所。
 船着場か何かに行きたいが……。
 もし向かったとして、加賀のこの巨体が入るかどうか。
 ……最悪、ギリギリまで近づいて、俺が海に飛び降りる、って事も……出来る訳ねえだろ。
 こんなとこから飛び降りたら、下が海とは言え無事じゃ済まない。
 船から飛び降りて、打ち所が悪くて死ぬ……なんて事態は、絶対に避けたいからな。

「……不安要素はあるが、船着場に向かおう」
(どうやら、船着場は3箇所あるようですよ? どこに向かいます?)
「そうだな……」

 船着場の場所は、B-5、C-6、そしてF-6。
 ……C-6はないな。大して、何かある訳でもなさそうだしな。
 余裕があるなら、行ってもいいが……そんな余裕があるかどうか。
 次は、F-6だ。
 近くに、温泉があるようだが……。
 それ以外は、特に何もない。まあ、ここも余裕があれば行く事にしよう。
 残りは、B-5だ。
 ……前の2つが「保留」なら、必然的にここしかないじゃないか。
 だが、ここは悪くないぞ。ここに行けば、陸地の大部分に向かえるじゃないか。
 ……向かうとなれば、加賀を置いて行く事になるが。
 いくら喋れるとはいえ、陸を進む事はできないだろ?

「……よし、加賀。B-5に向かってくれ。どれくらいかかるか、分かるか?」
(ちょっと時間がかかりますね……何だか、航行スピードも落ちてるようなんです)
「そうか……まあ、辿り着けるならいいさ」

 これからどうなるのか。俺は、どうなるのか。その答えは、果たして見つかるのか。
 まだ、何も分からない……。
 だが、いつかは……辿り着ける、かもしれない。

76 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 19:22:41 ID:izItCrm20


【D-6/1日目・深夜】
【やらない夫@ニュー速VIP】
[状態]:健康、常識的
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(確認済み)×0〜3
[思考・状況]
基本:殺し合う気なんてないだろ、常識的に考えて……
1:とりあえず、加賀に乗って今はB-5の船着場へ
2:やる夫が心配

【加賀@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料満タン
[装備]:20cm単射砲(0/1)×10、25mm連装機銃(0/15)×10
[道具]:なし
[思考・状況]
基本:殺し合いに乗る気はないけれど……
1:やらない夫さんと共に、B-5に向かう
2:どこかで弾薬を補給できれば……
※制限により、全ての弾薬と12.7cm連装高角砲が没収され、航行速度が低下しています
※他にも制限があるかは不明です


≪支給品紹介≫
【20cm単射砲@現実】
加賀のメイン装備。
射程約30000mと言うとんでも無い射程を誇る。

【25mm連装機銃@現実】
加賀のサブ装備。
こちらも射程が広い(約5500m)。

---
仮投下終了です

77 ◆M8nvkr9BM6 :2012/11/03(土) 19:26:28 ID:pwxf97WMO
仮投下します

78 ◆M8nvkr9BM6 :2012/11/03(土) 19:28:34 ID:pwxf97WMO
( ^ω^)「どうなってるんだお……」

内藤ホライゾンこと通称ブーンは、思わず呟く。

SSの収録中、突然目眩に襲われた彼は、気が付いたら2ちゃんねるの管理人ひろゆきが主催する殺し合いに参加させられて居たのだ!!

( ^ω^)(マジの殺し合いに参加させられるとかwwwwww)

静かに夜空を見上げ、ブーンは自嘲気味に臭い溜め息をついた。

( ^ω^)「…ブヒュー、とりあえず荷物の確認でも−−−!?」

しよう。としたその時。何処かから助けを求める女性の叫び声が聞こえた。

(;^ω^)「な、なんだお!?」

その悲鳴は次第に大きくなり、声の主がこの場に近付いて来てるのだと、ブーンは解った。

そして予想通り一人の女性が、直ぐにブーンの前に現れた。

彼女は、息を切らしており 本来美しい筈の顔は、涙と汗と鼻水で汚れていた。

「た…助けて…。助け―−−−ッ!」

だがそんな顔をブーンが、網膜に焼き付けるより早く
その顔はブーンの視界から離れ 鮮血と共に宙を舞っていた

   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | クマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

79 ◆M8nvkr9BM6 :2012/11/03(土) 19:29:51 ID:pwxf97WMO

突如現れたの巨大なクマ(推定2.5メートルの筋肉モリモリのマッチョベア)。
そいつは女の首を軽く撥ね飛ばし、あろうことか、その亡骸を食い始めたのだ。

(;゚ω゚)「ファッ!?」

ブーンは、目の前で繰り広げられる野生の営み。弱肉強食の実演に恐怖し、手に持っていた荷物を地面に落としてしまう。

(;゚ω゚)「ふざけんなおーーーッ!?通るか!!こんな無茶苦茶ーーーーーッ!!!?」

力の限り叫び 背を向け 全力で逃走を開始した。

         /⌒ヽ
  ⊂二二二(;゚ω゚)二⊃
        |    /  
         ( ヽノ
         ノ>ノ 
     三  レレ



【D-1路上/一日目・深夜】

【内藤ホライゾン@AA】
[状態]:健康、クマーに対する強い恐怖、全力で逃走中
[装備]:無し
[道具]:無し
[思考・状況]
基本:とりあえず目の前の熊から逃げる
1:(;゚ω゚)「逃げるんだおォ!」
※数多くのSSに参加した経験が有ります
※荷物を全て落としました
※どの方角逃げたか次の書き手さんにお任せします


【クマー@AA】
[状態]:健康、エルメス捕食中
[装備]:鍛えぬかれた肉体
[道具]:無し
[思考・状況]
基本:野生の本能に従うクマー
1:ク
2:マ
3:|

※クマーとエルメスの荷物はD-はの何処かに落ちて居ます

【エルメス@独身男性 死亡】

80 ◆M8nvkr9BM6 :2012/11/03(土) 19:38:48 ID:pwxf97WMO
短いですが以上で仮投下を終わります

問題が無いようでしたら何方か代理投下をお願いします。何故か投下出来ないので……

タイトルは、( ^ω^)と嵐を呼ぶクマーのようです

81 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/03(土) 20:13:28 ID:z3vX3D6E0
お二人共、仮投下乙です
…あれ、エルメスさん?えっえっ…えーっ…!?勿体無…

いえ、特に問題はないと思います

82 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/03(土) 21:29:19 ID:izItCrm20
どうもありがとうございました
投下いたしました

83 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:29:26 ID:bmfHlM2Q0
夜神月、ダディクール、A-10神を仮投下します
仮タイトルは「バカとノートと機関銃」です

84 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:30:18 ID:bmfHlM2Q0
  "Everything that can possibly go wrong will go wrong."
「不都合を生じる可能性があるものは、いずれ必ず不都合を生じる」

1990年代前半に広く流行した経験則「マーフィーの法則」における表現の一つである
物事がうまくいかなくなる可能性は常にあり、それは重要なタイミングに限って起きやすいものだという事
簡潔な例を挙げれば、
「高価なカーペットを敷いてる時に限って、トーストを落とした時にバターが塗った面が下に落ちる」
と言えば理解していただけるはずだ
もっとも、これはただ単にそのような不運に見舞われた印象が強く残るだけであり、実際の確率に左右される訳ではないのだけれども

だが、正直今の僕の状況はまさにその法則に当てはまってしまったようだ
かつて僕は、これほどまでに計画倒れしたことがあっただろうか?
いいや、ここまでひどい結果になる事はなかった。しかも最悪のタイミングで…
では、ここまでの僕の経緯を順を追って説明しようか




僕の名前は夜神月…、数年前に死神のノートと出会い、
この力を使い、「キラ」として善良な心を持つ人々だけが住む世界を創ろうとしていた
かつて幾多の危機に陥ったが、自身の知力と計算を駆使して乗り越えてきた
そしてついに、僕の考えを悪と決めつけ、反逆を行った探偵「L」を葬った
そう、敵を殲滅させた今、これから本当の新世界を創り上げるという、まさに『これからがいい所』だった


そんな時に僕は、どこぞのキチガイによって「殺し合い」に巻き込まれてしまった


「…リューク、いないのか?」

死神の名前を呼ぶが、返事がない。デスノートも持っていない。主催者に奪われたのだろう
言わば今の僕は普通の一般人と同じ状態。他の人間と全く対等な条件にされているようだ

無論、僕の信念はこの程度の不都合で挫折する程脆くはない
このような自体になった時、自身がどうすべきなのかは既にわかっている

―――この『殺し合いからの脱出を図る』。これに尽きるだろう

まず、僕のような一般人がまともに人を殺して回ったとしても、戦闘のプロと鉢合わせたらそこで敗北するのは必然
単体で負けるのならば数を集めればいい。同じ考えを持つ者同士で固まれば、少数派にならざるを得ない殺人鬼相手に優位に立てるのだ
ではそのチームの目的は何か? 主催者打倒? いいや、首輪がかけられている以上、そのような余計な反抗心は自らの命を縮めるだけだ
それを踏まえ、並外れた知力、そしてカリスマ性のある僕が「脱出」の目的を掲げ、それに賛同する参加者を味方につければ安全性を確保することが出来る
中には無理やり主催者に立ち向かおうとする無謀物や、低脳がゆえで足を引っ張る役立たずも出てくるだろう
そういう輩を排除し、同じ考えを持ち尚且つ有能なメンバーのみで構成すればチームの生存率は飛躍的に上昇する
そして脱出に関してだが、主催者とて完璧な人間ではない、これだけ大がかりな舞台を使うからには必ずどこかに穴が生じるはずだ
僕ならばそれを探しだし、網の目を抜けることも不可能ではないだろう…、いいや、可能にしてみせる!


ここは病室、いくつものカーテンで仕切られたベッド、シックな間取り、窓の景色からせいぜい3階程度だろう
まずは自分に支給された武器を確認することにした
拳銃や鈍器など、経験のない僕でも扱えるような武器が入っているのならば申し分ない
仮に扱えないような武器―――例えば技術が必要なライフル銃、重量がある鉄球など―――は、他の参加者と交換すればよい
どのような複雑な武器であろうと使い道はあるし、持ってて困るような事は無いだろう
そして僕はデイバックの中身を探った









「なるほど、僕に支給された道具は、ファービー、バカに付ける薬、そしてPDAに収録されているzip画像ファイルか…」
僕はそう呟くとデイバックの口を閉めた


―――クソッ!!やられた!!


武器の使い道がどうのこうのとか、それ以前の問題だ!
こんなジョークグッズなんか、交換取引すらお断りなレベルじゃないか!

「ボクネムーイ、オナカスイター、アーアーアーーーー」

デイバックの中からファービーの声がする。…コイツ電源は切れないのか…?
隠れていてもこいつに騒がれたら敵に位置がばれる。持ってるだけで不都合だ。最悪

85 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:30:36 ID:bmfHlM2Q0
月が頭を抱えていると、コツコツと廊下の方から歩く音が聞こえてきた
丸腰のため相手が殺し合いに乗っていたらアウト。だがファービーがいるためおちおち身を潜める事もかなわない
不注意なことに病室の扉も全開。もはや接触以外に選択肢は残されていなかった。慎重さが足りなかったか…

「あの、すみません…あなたもこんな殺し合いに巻き込まれたんですよね?」
「ナデナデシテー」

相手を刺激しないよう、声量を絞り、なおかついかにも善良そうな口調で話しかける
僕の存在に気づいた相手は足を止め、ゆっくりと振り向いてきた
妙に腹の立つすまし顔に、猫耳の生えた変な人型生物だった

「オー、エクスキューズミー、クールボーイ」

全身から「クールなアメリカ人」みたいな雰囲気を醸しつつ、英語で答えてきた
悪いが発音が完全に日本語だ。日本語使え

「あの、普通に話していただいて大丈夫ですよ」
「ワーオ、リアリ?」
「ナデナデシテー、ナデナデシロヨー」

なんだコイツ…まともに会話する気が無いのか?
いい加減な態度に苛立った月は、自分も英語で答えてみた
「Participant too? I am against killing. If you are not willing,please help me. I'm nervous because I have not a self-defense tool.
(訳:あんたも参加者?僕は殺し合い反対派ね。あんたも乗ってないんならちょっと助けてくんない?護身武器がないから不安なんだわさ。)」
「…見栄張ってごめん、英語出来ないんだ」
「でしょうね…」
「でも、クールだったでしょう?」
「いえ別に…」
「そう…」

月は深くため息をついた。コイツ、こういう状況だと言うのにあまりにも緊張感が無い…
こういうモチベーションの違う相手と会話するとなると少々面倒だな…


彼はダディクールという名前だそうだ。お父さんなのか?
はたしてそれが本当に名前なのかは不明だが、面倒なのでそれで納得することにした

自己紹介が済んだところで、月は本題を切り出す

「支給品が全てハズレだったので、良ければ何か武器になるものを分けていただけませんか?」

ダディクールはうなずくと、デイバックからスタンガンを取り出した
月は礼を言いながら手を伸ばそうとすると、その手を制し首を横に振った
どうやら、何かと交換することが条件のようだ。そんな雰囲気を醸している

「しかし、僕の支給品はこんなのしかありませんが…」
「オロシテ!オロシテ!オロ…オオゥ、オケー」

ファービーとバカに付ける薬を取り出して並べる
zipファイルに関しては譲渡が不可能なので伏せておいた

しばし、ダディクールは二つの支給品を見つめていたが、やがて彼の右手がスッと薬を指差した

86 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:30:47 ID:bmfHlM2Q0
#aa(){{{
                                  /\___/ヽ
    (.`ヽ(`> 、                      /''''''    '''''':::::\
     `'<`ゝr'フ\.                 +  |(●),   、(●)、.:| +
  ⊂コ二Lフ^´  ノ, /⌒)                 |  ,,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|   「バカにつける薬をいただこうか」
  ⊂l二L7_ / -ゝ-')´                .+ |   `-=ニ=- ' .:::::::| + .
       \_  、__,.イ\           +     \   `ニニ´  .:::/    +
        (T__ノ   Tヽ        , -r'⌒! ̄ `":::7ヽ.`- 、   ./|  .
         ヽ¬.   / ノ`ー-、ヘ<ー1´|  ヽ | :::::::::::::ト、 \ (  ./ヽ


                 _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
                /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
               //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
              〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
              i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
              l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
              li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
              !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   「どうぞ」
              ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
                 Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
                iN \.  ` ニ′/}'
                 礀   丶、  /
              ノ ̄´"''‐ 、   `¨´釗
           _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
     /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
     |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
    ‖ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ‖
}}}

87 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:31:15 ID:bmfHlM2Q0
こうして、互いに満足の行く取引がここに成立したのであった
なんというか、思ったよりもちょろかった
ダディクールはさっそく、バカに付ける薬を飲み始めた。手遅れだろうな

さて…と



―――僕もさっそくスタンガンを使って、このバカに眠っててもらおうかな―――



役に立ちそうもないバカは足を引っ張るだけ
つまり、他の有能な生き残れる可能性を減らす原因になる
コイツの他の支給品も、僕の方がまともに使えるだろうしね

僕はスタンガンを構え、ダディクールの隙を伺った



だがその時、廊下側の方の窓から突然荒々しい怒号が響いた

(あの女みてぇな唇のクソッタレ野郎め!!オカマ野郎のF-16の20㍉にでもファックされちまえ!!)

吐き捨てるように、聞き捨てならないような悪態がぶちまけられている
流石に無視できないため、月はスタンガンをしまい、声する方を覗いてみた

なんと、そこには一台の戦闘機が駐車場のスペースいっぱいにドンと置かれていた
あろうことかその怒号は、戦闘機から響いていた
中で誰かが大声で叫んでいるのか? いや、だとしたら外にこれほど明瞭に聞こえるはずがないのだが…
まるで脳内に直接響いているような感覚…骨伝導のようなそれに近いものだった…

戦闘機は声だけに留まらず、舌打ちをしたり、前輪を地面に叩き付けたりしていた
まるでそれは、戦闘機が意志を持って言葉を話し、地を蹴りつけているかのようだった

月が呆気に取られていると、外に出ていたファービーがあろうことか「ファッキューファッキュー!ウェハハハハ!」と鳴き出した

(あぁん! 貴様、それは俺に対して言っているのか!?)
「ばっ…このフクロウがっ!」

僕は咄嗟に3階の窓からファービーをぶん投げた
ファービーは落下中に「ドゥーウェーイ!ターノシ…ウオオォォォォ!?」などと悲鳴が聞こえた

(誰に対してファッキューと言ったんだと聞いてるんだ! 答えろこのもやし野郎!)
「ご、誤解です!それは今僕が投げたおもちゃの鳴き声で…」
「Oh!miss spell」

そこへ突然、ダディクールが割り込んできた
何がミススペルなのかわからないが、発音が流暢になっている
バカに付ける薬が効いたのだろうか…?
ダディクールは窓から顔を出して、小さく深呼吸をした
そして真っ直ぐな瞳で戦闘機を見つめ、ただ一言

「Fuck you」

それは実に完璧な発音だったといえよう
彼はファービーと戦闘機の間違った発音に対して、クールにお手本を示したのだ

直後、バラララララッと音と共に戦闘機から機銃が放たれ、ダディクールに襲いかかった
ダディークールはすかさず両手を前に伸ばし、飛んでくる銃弾を見極める…ッ!そして…

#aa(){{{
 __l__  /\ l |    /   ─‐┬‐┐ ___ __
 ┌┴┐  ‐┬‐ | |  ┌┴─┐  、 |  |  |_| ヽ /  l   |
  |三三|  | ̄| ̄|  |  |____.|   ×  |  |_|  X   |   |
 ───   ̄| ̄   |  |    |  ./  ` | __|_|  / ヽ  ヽ  |
 /  \ /\ ヽ、l  └──┘    ヽノ    l ´   `   、ノ


       /\___/ヽ        _.,.,_      
 ・    /::::::''''''   ''''''\      ///;ト,
  ∴∵・|:.,(●), ● 、(●)|     ////゙l゙l
 ・   |:::::.  ,,ノ( ,_,)ヽ、,,, |     l   .i .! |
     |:::::::. `-=ニ=- '  |     |    | .| 
     \:::.  `ニニ´  /     {   .,).,) 
      |ヽ    、 -´/7:::゛`  ̄!/   / |
     /゙i.  ) / ,.イ::::::::::::: | /   人  \
}}}

彼の無謀な健闘も虚しく、銃弾の一発が彼の眉間に命中した

(ははっ、ざまぁみやがれ!!)

戦闘機はそう言って機体を揺らして喜びを表現していた

88 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:31:38 ID:bmfHlM2Q0



何がなんだかわからない…









「…という訳で、この全部このおもちゃの仕業だったんですよ」
「\フヒヒ、クスグッタイヨ!/」
(そうだったのか。ならば先程俺を怒らせた処遇については不問に処そう)

こちらを狙撃しておいてよくもここまで上から目線で言えたもんだな
だがなんとか誤解が解けた。友好的な態度で自己紹介をする
どうやたこの戦闘機は「A-10神」と呼ばれているそうだ。アメリカ空軍の信仰対象らしい
何故乗り物が言葉をしゃべるのかがよくわからない、最先端のAIでも搭載されているのかもしれない

軍人気質な性で荒っぽいが、戦闘機が味方についてくれればこれほど心強いことはないだろう
無差別に誰かを殺すという気は無いみたいだし、僕は交渉をすることにした

「単刀直入に言います。僕と協力して、この殺し合いから共に脱出しようとは思いませんか?」
(ふん…そいつは名案だな。脱出手段はあるに越したことはなかろう。だがな貧弱もやし、俺はあのクソッタレにケツを向けて逃げる気なんざねぇ!
あのクソッタレタラコめ…この俺から兵装を全て奪い取りやがった! ゴミどもを吹っ飛ばす術を奪い取って、何が殺し合いだ!
兵装のねぇ戦闘機など鉄クズだ! つまりこれは恥辱であり、俺に対する宣戦布告なのだ! 決して生かしておかん!)
「はぁ…。え、でもさっきダディクールを殺した機銃はあなたの装備ではないんですか?」
(舐めてんじゃねぇ! 俺の本来の装備なら、間違いなくさっきの男は首ごと持ってかれてるはずだぜ?
あれは俺に支給されたマシンガンだ!こんな玩具同然の武器じゃ、虫も殺せねぇ!)

そう言って窓際にいる月に座席が見えるように車体を傾けた
なるほど、そこにはマシンガンが設置されていた。出来ればどうやって撃ったのか、原理も説明してもらえないだろうか
それにしても…もしコイツが兵器を積んでたら、躊躇いなく全参加者をなぎ払ってただろう…ある意味、制限に感謝すべきだったかもしれない

(そんなわけで俺はクソ主催者を跡形もなく吹っ飛ばすつもりだ!)
「でも、そんな事企てたら主催者に首吹っ飛ばされるんじゃ…」
(一にも二にもクソ度胸だ!そんなのにビビって戦ってられるか!
一応貴様に聞いておこう。あの主催の野郎をぶっ飛ばすのに協力するよな?)

そう言ってマシンガンをこちらに向けてきた。おい待て、最初に協力するかの話を持ちかけたのは僕じゃなかったか?
だがスタンガン一丁の僕に、異を唱えるという選択肢はもはや存在しなかった

「わかりました…共に主催者を倒しましょう…」
(いい返事だぞ貧弱もやし!まずは俺の兵装となり得る道具を探してくるんだ。アヴェンジャーならなおよし
道が狭く、滑走路もない…つまり俺は身動きが取れない。だから貴様ら二人の活躍に期待している!)
「え、二人って…僕以外に誰が…?」

振り向くとそこには元気にビシッと親指を立てるダディクールの姿が!
額には絆創膏が貼られている、どこからか調達してきたのだろう

「馬鹿なっ!? さっきA-10神に撃たれて死んだはずじゃ…!」
「ギリギリ急所を外していたため、なんとか一命を取り留めました」

そうクールに言い放った。待て、眉間って急所に入らないのか?
いったいどういう生命力をしているんだ…イラっとする笑顔がなんか得体の知れないものにも見えてくる

(はははっ、流石にあんなヘボい銃弾一発でくたばる程ヤワじゃねぇようだな!気に入ったぜ!クールガイ!)

いや、普通の人はあんたらみたいに銃弾食らって平気でいられませんから
あとダディクール、褒められて嬉しそうな顔してこっち見んな、腹立つ



そんなわけで、僕が理想としていた状況とは全く正反対の立場に立つ羽目になってしまった
リーダーはA-10神…荒っぽい強引な指揮しか取れないんじゃないか?
そして主催者打倒派、この考えで賛同してくれる参加者は限られるだろう。まず僕自身が賛同できないんだが
さらに切り捨てるべき役立たずは生命力が異常に高く、排除することが非常に困難…

89 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:31:53 ID:bmfHlM2Q0
なんでこういう時に限って、ここまで不都合な展開になるのだろうか
このままコイツの言うとおりに突き進んでも、少なくとも僕は生き残れる自信はない
幸い、コイツから離れて行動出来るのは救いだった。他の参加者に助けを求め、願わくば邪魔なA-10を破壊してもらえれば楽になるだろう
きっとダディークールも、僕の考えに賛同してくれるは…ず…?

「頑張ろうな」
「フォオオォォォ!フォオオォォ!」

ダディークールは僕の肩をポンと叩いて、いい笑顔でそう言った
乗り気かコイツ。しかも厄介なことにファービーを拾って来てた、お前何も考えてないだろ


…あぁ、今日の僕はどこまでもツイていないようだ。運悪く死なければいいんだがね…



【C-3 病院付近/一日目・深夜】

【夜神月@AA(DEATH NOTE)】
[状態]:健康、A-10神のパシリ
[装備]:スタンガン@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、zip画像ファイル@画像も張らずにスレ立てとな
[思考・状況]
基本:殺し合いからの脱出
1:脱出目的を持つ参加者orA-10神を倒せる善良な参加者を探す
2:一応、ダディクールと共にA-10神が使える兵器を探す
3:出来ればダディクールを排除したい

【ダディクール@AA】
[状態]:眉間に銃痕(絆創膏で処置)、A-10神のパシリ
[装備]:
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2、ファービー@現実
[思考・状況]
基本:クールに行くぜ
1:A-10神が装備できる兵器を探す
2:常にクールなダディでいく

※バカに付ける薬@コピペを消費しました
※何故か生命力が異常
※二人は工場方面に向かいました


【C-3 病院 駐車場/一日目・深夜】

【A-10神@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料満タン、
[装備]:マシンガン188/200@現実、アヴェンジャー0/1350@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2
[思考・状況]
基本:「敵」は全て殲滅する
1:月、ダディに兵器を探させる間、病院駐車場で待機する
2:兵装を奪った主催者は殺す
3:兵器が手に入ったら、存分に暴れる




【ファービー@現実】
みなさんご存知おしゃべりな鳥のおもちゃ。本ロワでは何故か割と自由に喋り、無駄に頑丈のようだ
かわいいペットロボットだが、2chにおいては、時おりキモがられて処刑される(チョップされる、レンジでチンされる、頭から落とされるなど)
無茶な遊び方をしなくても、勝手にイカれる時もある(自分のまつげを目の裏に巻き込む、奇声を無限ループするなど)
イカれてなくても、夜中に突然「ア゛ーーーーーー!!!」と騒いだりするためタチが悪い

【バカにつける薬@コピペ】
バカにつける薬を買ってきたwwwwwwというスレにおいて、すでに3本も飲んだという発言に対し「つける薬なのに、飲んじゃったのかよ…」と返された
どのような効果があるのかは説明書にも記載されていない。ダディクールがクール過ぎるあまり、効果が出てるのか出てないのか、どんな効果なのかよくわからない

【zip画像ファイル@画像も張らずにスレ立てとな】
麻呂だけでなく、男なら誰でも求めるロマンが詰まっている画像ファイル
PDAのデータフォルダに収録されている。データの受け渡しは出来ないようだ

【スタンガン@現実】
携帯型護身具。高電圧を与えて相手の動きを一時的に不能にする
気絶させたり、感電死させる効果は持っていないが、ショックによる心肺停止とかはある

【アヴェンジャー@現実】
A-10サンダーボルトの固定武装。30mmガトリングガンの威力は、T-72神すらをも蜂の巣にする程
射程は6500m、命中精度的には1000m〜2000mか。8秒間の射撃につき、1分間の風速冷却が必要。装弾数は1350発。

【マシンガン@現実】
装弾数200発の自動小銃。A-10神の座席あたりに取り付けて装備しており、フロントガラスをすり抜けて発射される
A-10神がどうやってそこに装備したのか、どうやって引き金を引いているのか? その辺の原理についてはお察しください

90 ◆m8iVFhkTec :2012/11/04(日) 11:38:59 ID:bmfHlM2Q0
以上です
設定がいつも以上にブッ飛んでます
修正点、問題点があればご意見お願いします

91 ◆M8nvkr9BM6 :2012/11/04(日) 19:22:17 ID:Yp7FJTvQO
代理投下ありがとうございます

92 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/04(日) 22:45:34 ID:vHJ7ifRkC
仮投下乙です

細かいですが銃火器の残数に括弧を付けた方が良いかと
それ以外は問題ないと思います

93 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:35:53 ID:sEJRlJBU0
カーチャン仮投下します

94 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:36:10 ID:sEJRlJBU0


「…………」

 重い足取りで、路上を歩く。
 …………今でも、あの感触が、手に生々しく残っている。
 肉を貫く感触。
 骨を砕く感触。
 皮膚を切り裂く感触。
 全て、残っている。
 一生消えないんじゃないかと思える程、生々しく。
 ――――全て、夢だったなら。
 こんな殺し合いも、私があの人を殺したことも、全て夢なら。
 どれだけ、良かっただろうか。
 だけど、これは現実……。間違い無く、現実……。

(……母ちゃん、間違ってるのかな)

 いいや、そんな事はない。
 子を持つ親なら、誰だって思うだろう。
 ――――何が何でも、自分の子供を守りたい。
 こんな、いつ、誰に襲われるか分からないような状況なら、なおさら……。

「…………」

 どちらにしろ、もう、後には引けない。
 ……殺す気でやったんじゃないけれど……1人、殺してしまったのだから。

「…………あら」

 突然の風が、鼻を刺激する。
 ……潮風だ。
 どうやら、近くに海があるらしい。……そこから少し歩くと、開けた場所に出た。
 暗くてはっきりとは分からないものの、船がいろいろ停めてある。

(港……かしら)

95 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:36:23 ID:sEJRlJBU0

 近くに、誰か、いるんだろうか。
 そう思って、少し辺りを見回した時だった。
 ……煌々と光を放つその一点に、私の目は引き付けられた。
 船だ。
 明かりが煌々と灯る船が、港に停泊している。
 その近くに、文字の書かれたパネルが立ててある。
 それには……。



『渡し船乗り場はこちら →
 利用は自由です。運賃はいりません。定期的に出発し、定期的に帰ってきます。
 大体30分もあれば、次の船着場に着くでしょう。
 中にある物は、自由に使っても構いません。
 詳細は、船内に置いてあるマニュアルを参照してください。
 それでは、よい船旅を。          ひろゆき

 運航ルート:F-6(イマココ) → C-6 → B-5 ┬→ C-5
                   └→ F-6

 B-5でのみ、C-5へ向かう船とF-6へ向かう船の2つが出ます。望む場所に向かう船に、お乗換下さい。
 地名等は、各自に支給された地図を参照してください。』



 と、書いてあった。

「渡し船……」

 どうやら、ここは……F-6らしい。
 慌てて地図を取り出し、確認してみると。
 ……随分、端にいるようだ。しかも、かなり狭い。
 このままじゃいけない……。でも、丁度良かった。
 これに乗れば、ここから出られる。
 この地図の大部分を占める陸地は、海を渡った向こう側にある……。

「……行かなきゃ。これを逃したら、タイムロスになっちゃう……」







96 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:36:38 ID:sEJRlJBU0





 少しして、船は出港した。
 船は、小さなフェリーのような感じで、船内には大部屋が1つと、ソファーの並ぶホールがあった。
 船外にも、椅子が多く備え付けられているお陰で、ゆっくりくつろげる。
 船内には小さな売店が、船外には、2つ自動販売機が備え付けられていた。
 ……一応、中を見て回ってみたものの、誰もいなかった。

「……あまり、ゆっくりしてはいられないね」

 売店から、オレンジジュースを失敬する。
 ……さっきから、少し喉が乾いていたから、丁度良かった。
 ただ飲むだけなら、水があったけれど……あまり、飲みたくはなかった。
 このバッグには……あの人の、支給品も入っている。
 それと一緒に入っている水。あまり、良い気分はしない……。
 そんな事を考えながら、グイッと一気にジュースをあおった。

(……そう言えば、私の支給品、まだ確認してなかったわ……)

 もっと、強い武器が欲しい。
 殺し合いに乗った人を倒すためにも。
 もっと、強い武器が……。
 でも、あの人の支給品に、この刃物以外に、武器は無かった。
 なら、他に武器があるとすれば、私の支給品だけ……。

(……やっぱり、こういうのは見てみないと分からないわよね)

 意を決して、私の支給品を取り出す。


 ……。
 …………。
 ………………。

97 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:36:58 ID:sEJRlJBU0


「銃に、服に……チラシ?」

 銃……名前は、「ベレッタM92」と言う名前らしい。
 どんな名前であれ、銃があればやりやすい。
 こっちの服は……「防弾ベスト」と言うらしい。
 着ると、銃弾を防ぐことが出来る、そんな感じの優れものだ。
 これは……タケシに、着せてあげよう。これがあれば、銃から身を守れるはずだから。
 こっちのチラシは……何だか、変だ。
 一応、文面に目を通すと……。



#aa(){{{
★壁殴り代行始めました★
ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い、壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!
壁殴りで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!
モチロン壁を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくります!
1時間\1200〜 24時間営業 年中無休!
                ,.. --‐'"ヽ、
         ,.∠´,,.. -‐/ヾ_\
      ,,..-'"  _,,..===,`'  ,-、゙ヽ.
     /,   ,.. -‐<__,{  ,(´  `ヽ、
    (´ォi ゙r-‐''"´ ̄ { ,/´' ,   ', ゙i
    'ミーぅ∪'      ∨   ヽ. リ  リ
    `ー'′       人、,.-、..ヽ,∧_∧   壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています
                / ,'   { r,( ´・ω・)   筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?
             /'     !∨/:`ニニ´/ ̄ヽ  壁を殴るだけの簡単なお仕事です!
               i ゙i       /`ヽ、_,,. `ヽ´ ヽ
           .ハヽ   ノ__,.-、  `Y´ `ヽ   ',
               !. {  `,r-{´、 ,..ーヽ ヽ{. ,,..- 、:_   リ
             /!ゝ、  ゝ_ヘ‐'_,..-'"ヽ、._/´_,,. _ ゙ヽ_,ハ
            / ハ.(`},、   `ヽ.-‐''',.ハ _ ̄ 、.  ヽ、,リ
          /', ヽ、゙i、ヽ.   },`=彡ヾ、 、.  、  ∨
       / ヽヽ、 } ヽ}゙¨`)ヒニ彡>、   `` 、.ヽィノ
      /:  ヽ.  ヽ. イ /´'''7´  \.ヽ `ヽ、_ノ
}}}



 ……チラシには、筋肉モリモリの人が、堂々と写っていた。

98 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:37:18 ID:sEJRlJBU0
「……これは、役に立ちそうにないわね」

 とりあえず、今必要無い物……防弾ベストとチラシを仕舞う。
 ……これで、準備は整った。
 後は、やるだけ。
 でも、私はもしかしたら。
 ――――取り返しのつかないことを、しようとしているのかもしれない。
 でも、今更後悔した所で、時間は戻らない。私は、もう決心したのだから。

(タケシ……)

 何処にいるのかも分からない。
 でも、探さなければならない。
 ……タケシを、何としてでも守るために。
 その為にも、一刻も早く、向こうに渡ってしまわなくては……。
 私は、船が到着するのを……ただ、待った。


【F-5・海上・渡し船船内/1日目・深夜】
【カーチャン@ニュー速VIP】
[状態]:健康
[装備]:アロハ調館内着@現地調達、匕首@現実、ベレッタM92(15/15)@現実
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=01】)、不明支給品(武器無し)×1〜2、防弾ベスト@現実、壁殴り代行のチラシ@ニュー速VIP
[思考・状況]
基本:タケシを生き残らせる
1:海を渡って、タケシを探す
2:タケシの害になりそうな参加者を排除する
3:2の為なら自分の命も厭わない


≪支給品紹介≫
【ベレッタM92@現実】
装弾数15+1発、使用弾薬9mm×19弾。
信頼度、知名度共に高い拳銃らしい。

【防弾ベスト@現実】
身に付けることで、身に付けた部分を銃弾から守ることができる。
ただし、銃弾の衝撃までは防ぎ切れず、また重いために行動が阻害される可能性もある。
後、全ての銃弾を防げる訳ではないので、過信は禁物。

【壁殴り代行のチラシ@ニュー速VIP】
内容は本文を参照。
その名の通り、壁殴り代行のサービス内容が書かれているチラシ。数十枚単位で入っていた。
何の役に立つかは、よく分からない。

99 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 20:37:33 ID:sEJRlJBU0
仮投下終了です
指摘点や問題等があったらご意見をお願いいたします

100 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/08(木) 21:05:35 ID:lp.6QH/60
仮投下乙です
内容は問題ないと思いますよ

あ、でも運行ルートの図がもしかするとズレているかもしれません

101 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/08(木) 21:31:40 ID:sEJRlJBU0
指摘ありがとうございます
確かにズレていました…ズレを修正して投下いたしました

102 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:54:05 ID:3DDzZOLo0
マウンテンバイク、川越達也、キバヤシを仮投下します
タイトルは「かなりヤバイ資料見つけました」です

103 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:54:19 ID:3DDzZOLo0
レストランには依然として、香ばしい匂いが漂っていた
皿洗いを済ませたマウンテンバイクは席について一息をついた
ふと窓の外に目をやると、ラーメン屋二郎の看板が目に入る

…そういえば、まだこの辺りの地理を把握していなかったなぁ
確か支給品に地図があったはずだ、少し周囲を確認してみるか…

紙の地図を取り出して「レストラン」の文字を探してみるが…見当たらない
百貨店や工場など、大規模なもの以外はほとんど明記されていないようだ

「川越さん、ちょっとこの辺りを探索しませんか?周辺の状況を知っておいた方が、いざという時のためになりますし…」

「まぁ、それもそうだね。それじゃ、少し待ってて」

ちょうど食物の後始末を済ませた川越は、自分のデイバックから紙とペンを取り出した
そうして、紙にさらさらと何かを書くと、それを店の前に張り付けておいたのだった

「これなら僕がいないときに人が来ても、ここで待っててもらえるはずさ」

『ただ今、シェフは場を離れております
  料理をお求めの参加者の方は、どうぞお席についてお待ちください
                       TATSUYA KAWAGOE』
と書かれていた

「…これは危険ではありませんか?僕達がここに戻る事を悟られて、待ち伏せされて襲撃されるかもしれませんよ?」
「はは、大丈夫さ。君をそうそう危険な目に合わせたりしないからさ」

僕が不安そうに尋ねると、川越さんは包丁を手の中でくるりと一回転させた
やたら楽天的だけど、それだけ自信があるのかなぁ? それとも何か策を用意してるのか…
多少不安は残るけど、ここは川越さんを信用することにした

そうして僕達はレストランを後にする
この辺りの地域は下町の商店街といった感じだった
先ほどは恐怖と不安のせいか不気味としかいなかったが、落ち着いて眺めてみるとノスタルジックな感じだった
ラーメン屋以外には文房具店や電気屋、パチンコ店、そして小規模なスーパーなどが並んでいる
店内の明かりは全て点いておらず、街灯だけが照らしていた
ただ、どの店も寂れており、例え電気が点いていても活気が無さそうな、そんな町並みだった
でも僕は、個人的にこういう哀愁が漂った雰囲気は結構好きだ
確かにデパート一つあれば全て事足りるけど、こんな風にどこか懐かしさを感じる場所は他には無いだろう
こういう旧市街の景色というのは残しておくべきだな
そんなことを考えながら数分ほど歩いていた

ふと、街角に建てられたこじんまりとした図書館が目に留まった
大抵の図書館には、その地域に関する資料が纏められている事が多い
もしかすると、バトルロワイヤルの会場であるこの街についての情報が得られるかもしれない
それは上手くいけば殺し合いからの脱出する方法を見つけることにも繋がるはずだ
川越さんにその意を伝えて、僕たちは図書館を調べることにした






館内の明かりは点いておらず、真っ暗で何も見えない
ランタンを取り出して、おぼろ気な光を頼りに奥へと入っていった
地域に関する事柄は、『郷土史』の棚に纏められている…はずだが…
棚の様子を見てバイクはがっかりした
そこに置かれているのは漫画本の束であった
『黒騎士物語』『ジョジョの奇妙な冒険』『デスノート』『ロケットでつきぬけろ!』
どれも名作揃いだが、残念ながらこの場所についてのヒントは得られそうにない

「参加者に余計な詮索をされないように、主催者が全てすり替えたのかな…」
「川越さんもそう思いますか?…ということは、ここには資料が無いんでしょうかね…」

と、僕がため息混じりに呟いた時だった

「資料ならここにある」

突然第三者の声が館内に響き、司書室の方から眼鏡をかけた凛々しい男が姿を現した

「君たちの様子は隠れて伺わせてもらったが、どうやらこの殺し合いについて調べに来たのだろう?」
「そうなんですけれども…あなたは?」
「申し遅れた。私は週刊少年マガジン編集部兼MMRのメンバー、キバヤシと言う者です。もちろん殺し合いには乗っていない」
「僕は…本名を思い出せないのですが、マウンテンバイクと呼んでください。僕も殺し合い反対です」
「僕は料理をやらせていただいてます、川越達也と申します。この殺し合いを、僕の料理で止めて見せるつもりです」
「へぇ、料理で殺し合いを止める、と…」
「そうです。後でレストランに来てください。あなたにも美味しい料理を振る舞いますよ」

川越さんは独特な笑みを浮かべてそう言った
だが、キバヤシさんは首を横に振り、一言「いえ、俺は結構です」と答えた
川越さんの顔からスッと一瞬で笑顔が消えた

104 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:54:41 ID:3DDzZOLo0
「何故です?きっとあなたのお口に合うものを作れると思いますが」
「いいえ、味の話ではありません。この状況に置いて他人の作った料理を軽々しく口にするのが危険だと思ってるからですよ」
「…なんですか?僕が料理に毒でも入れると思ってるんですか?」
「あぁ、申し訳ないが、その可能性も疑うほど慎重に行くのが俺のスタンスなものでね…」
「ふーん………あぁそう」

二人の間に険悪な空気が流れる
キバヤシさんの言い分はもっともだろう
この状況において、よほどの信用の足りない相手に対し慎重になるのは正解と言える
だが、彼の言葉は川越さんのプライドに傷を付けるようなものだった
このままでは仲違いしてしまうかもしれない
僕は話を逸らそうと、キバヤシさんに問いかけた

「…さ、さっき言っていた、資料について詳しく聞かせてくれませんか?」
「ん?あぁ、そうだった…」

キバヤシさんは睨みを効かせている川越さんを気にも止めず、デイバックから真新しいクリアファイルを取り出した
『鮫島事件』と書かれた紙が何枚か入っている

「これは司書室で見つけた資料だ。君は『鮫島事件』について知っているか?」
「一応、2ちゃんねるで有名なネタですからね…。存在しない事件を、みんなしてタブーのように話して、初見の人を釣るって感じの…」
「あぁ、一般的にはそういう認知だろう。だが、その事件の内容についての諸説はおそらく知らないな?」
「いいえ…、内容に触れようとすると『おっと、誰か来たようだ』ですからね…」
「実は、この資料にその諸説が詳しく書かれているんだ。読んでみて欲しい」

まさか鮫島事件に内容が存在しているとは思わなかった
それほど信用があるとは思えないが興味はある
そうして、僕はキバヤシさんから紙を受け取り、開いてみた

#aa(){{{
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『鮫島事件』

2000年(平成12年)11月、5人の青年たちが鹿児島県沖鮫島において死亡しているのが発見された事件である

彼らは2000年5月、インターネット掲示板「2ちゃんねる」において知り合い、共に鮫島へ遊びに来ていた
だが、ある時5人とも忽然と行方を晦まし、不審に思った家族の方によって通報された
すぐさま鮫島周辺を調査するも、結局彼ら5人の姿はどこにも発見できなかったという

それから半年が経過した2000年11月、ついに5人のうち4人の白骨死体が発見されたのである
死因は不明。そして最後の一人(公安関係者の身内)の死体だけは見つからなかった
しかし、4人の遺骨がそれぞれの遺族のもとに届けられた翌日、2ちゃんねるにおいてある書き込みがなされた

『俺は今、鮫島にいる』

おそらく最後の一人による書き込みだと思われていたが、当時2ちゃんねるには投稿者のIPを記録するシステムが
実装されておらず、本人による書き込みかどうかを判断することができなかった

そしてそれから数日後、改めて鮫島を調査したところ、新たな遺体が発見された
死体の損傷は非常に激しく、動物により食い荒らされていたが、おそらく最後の一人だと思われる
司法解剖による調査によると、中には人間のものと思われる歯型や、頸部を圧迫したような痕跡が残されていたという

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
}}}

読み終わって、僕は一息をついた
妙にリアリティーのある書き方だが、なんと言うか、普通の猟奇事件とも思える
あれだけ語ってはいけない流れがあるわりには、拍子抜けする内容だと思った

「この事件とバトルロワイヤルが何の関係があるんですか?」

川越さんはそう疑問の声をあげた。それについては僕も感じていた
するとキバヤシさんは真に迫った表情で言う

「まだ気が付かないのか…!?似ているとは思わないのか?この殺し合いと…」

そう言って彼は語りだした

「鮫島事件とバトルロワイヤルの相似点を挙げていこう
まず、どちらも『社会と断絶された空間』で起きている…もちろん、鮫島事件の方は彼ら自身で赴いているという違いがあるが…
次に『一人だけが生き残っている』。おそらく5人で殺し合い、最後に生き残った一人が書き込みをしたのだろう
そして書き込みをしたことによって情報が漏れるのを恐れた誰かに殺された…そう考えられないか?
そして『2ちゃんねるとの関係が深い』。奇遇なことにバトルロワイヤルの主催者は管理人ひろゆきじゃないか…!

―――俺の仮説が正しければ、おそろしい事実が浮かび上がることになる…!それは…」

105 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:55:38 ID:3DDzZOLo0
#aa(){{{

    ,ィィr--  ..__、j
   ル! {       `ヽ,       ∧
  N { l `    ,、   i _|\/ ∨ ∨
  ゝヽ   _,,ィjjハ、   | \鮫島事件とは
  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ   >バトルロワイヤルの
     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ∠前段階として行われた
    '、 `,-_-ュ  u /|   ∠ものだったんだよ!!!
      ヽ`┴ ' //l\  |/\∧  /
--─‐ァ'| `ニ--‐'´ /  |`ー ..__   `´
    く__レ1;';';';>、  / __ |  ,=、 ___
   「 ∧ 7;';';'| ヽ/ _,|‐、|」 |L..! {L..l ))
   |  |::.V;';';';'| /.:.|トl`´.! l _,,,l | _,,|  , -,
    ! |:.:.:l;;';';';'|/.:.:.:||=|=; | |   | | .l / 〃 ))
    l |:.:.:.:l;';';'/.:.:.:.:| ! ヽ \!‐=:l/ `:lj  7
    | |:.:.:.:.l;'/.:.:.:.:.:.! ヽ:::\::  ::::|  ::l /
}}}

「「な、なんだってーーーー!!!!!」」

106 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:55:52 ID:3DDzZOLo0
全く関係のないと思われていた事柄が、見事に一つに繋がってしまった
もしもこの仮説が正しいものであるとすれば、国によって隠蔽されているのも頷ける
こんな狂った殺し合いが国ぐるみで行われていることが暴かれたら大変なことになる
鮫島事件で生き残り、書き込みをした人は口封じに殺された…そう考えられる
現状は絶望的…勝っても負けても未来が残されていない…

僕の頭の中は混乱状態だっただろう
キバヤシさんも絶望的な表情を浮かべていた
その時、川越さんが冷静な声でキバヤシさんに言った

「それで、この会場から脱出する術は見つかってるんですか」
「…いや、まだ調査中だ…。だがもう何もかも遅すぎたんだ…俺たちは…」
「…そう…それでは僕はレストランに戻ります」
「何を言っているんだ!こうなったからにはわずか48時間以内に全参加者は死亡する…もう無駄なんだ!!」
「だったら、そうやって腐っていればいいですよ。あくまで仮説程度でそんなになるなら、動かない方がマシでしょうね
 あなたが何と言おうと僕は止めませんよ。僕は決めたんです、料理で殺し合いを止めるって。
 僕は僕に出来ることをするだけです。…バイク君、先に行ってるよ」

そう言って川越はデイバックを背負い、図書館から出て行った
その言葉は辛口だったが、希望を捨てておらず、彼の熱い気持ちが込められていたものであった
キバヤシは目が覚めたような表情を浮かべて立ち上がる

「俺は何を弱気になっていたんだろう…あきらめない!!それがオレたちに出来る唯一の闘い方なんだ!!」

マウンテンバイクも我に返った。あくまで仮説じゃないか…勢いに押されて真に受けてしまった
この人、ナチュラルに不安を煽ってしまうタイプなのかもしれない…もっと冷静になるべきだったな

「君はバイク、と言ったか? 俺はもっと調査(リサーチ)を続ける。君も手伝ってくれないか?」
「えっ、でもレストランで川越さんが待ってるんですが…」
「ならば一度戻って彼に伝えてくればいい。この図書館には真相が隠されているはずだ!」

キバヤシさんは両手で僕の肩をそう言ってきた
川越さんの手伝って他の参加者に呼びかけをするか、キバヤシさんを手伝って情報を探すか…

さてどうしよう…僕に出来ることは一体なんだろう…? 少しだけ考えたほうがよさそうだ…


【D-3 図書館/一日目 深夜】

【マウンテンバイク@オカルト】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品×1〜3
[思考・状況]
基本:殺し合う気はない
1:どちらの手伝いをしよう?僕に出来ることは…
2:鮫島事件との関係は…あくまで仮説だよね?

【キバヤシ@AA(MMR マガジンミステリー調査班)】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3
[思考・状況]
基本:バトルロワイヤルの謎を解明する
1:調査再開だ!!
2:バイクにも手伝ってほしい
3:バトロワは鮫島事件と何か関係があるはず…

【D-3 商店街道中/一日目 深夜】

【川越達也@ニュー速VIP】
[状態]:健康
[装備]:包丁@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、不明支給品×1〜3
[思考・状況]
基本:僕の料理の力で、殺し合いを止める
1:レストランへ戻り、もっと料理を作る
2:キバヤシはあまり気に食わない


≪解説≫
【鮫島事件】
2ch界最大のタブー。映画「2ちゃんねるの呪い」の題材にもなったので、多分バトロワで持ち上げたくらいでは消されない…と思う…
事件について尋ねると誰もが「それを言ったら消される…!」と口を揃えて言う
一般的にはそういうネタだと知られているが、実際に証拠が抹消されている可能性も否めない
「歴史の節目において情報操作は必ず行われているんだよ!!」byキバヤシ
概要についても諸説が多く存在し、「鮫島」という人物が殺される内容や、今回のように鮫島で起きた事件という内容など様々

107 ◆m8iVFhkTec :2012/11/10(土) 10:58:12 ID:3DDzZOLo0
以上です
問題点、修正点などがあれば指摘お願いします
D-3を商店街設定にしました

108 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/10(土) 21:43:34 ID:1VvEynM.0
仮投下乙です
特に問題はないと思われます

109 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 10:56:19 ID:9/kA3fW.0
髪の子ファヌソ、竹安佐和記を仮投下します
仮タイトル「【髪は】バトロワでした悪行を懺悔する絵師【言っている】」

110 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 10:56:55 ID:9/kA3fW.0
月明かりだけが照らす近鉄百貨店の屋上、一人の男が立ちつくしていた
名前は竹安佐和記。株式会社crimの代表取締役として活躍するイラストレイターだ
彼は今、あまりにも唐突に、そして突飛な状況に放り込まれ茫然自失となっていた

…殺し合い? 何故、俺がそんな不可解な事を強いられているんだ…?
どうして一市民でしかない俺が、こんな理不尽な目にあってるんだ…?
世界に何億、何十億と人間がいる。その中で、何故俺が選ばれたのか…?

そりゃあ誰だって事故に巻き込まれる可能性はある
飛行機事故とか、拉致とか、それで運悪く被害に遭う人は必ずいるだろう

でも、自分がそんな不運な事故に遭う確率なんて1%もないじゃないか…!
まさか、自分がそれに巻き込まれるなんて思いもしない
今までそんなの、ニュースの中だけの出来事だと思っていたんだから…
こんなの何かの間違いだ…自分がこんな理不尽に巻き込まれるなんて有り得ない…!

彼は現実を受け止められなかった。突然拐われてお前ら殺し合え、だなんてフィクションの世界の事だと思っていたからだ
何よりも、先刻に彼が見た惨状が、現実ということを拒否していたのだ
脳裏に浮かび上がるのは自分の目の前で、首を跳ね飛ばされた少女の姿…
なすすべもなく、一瞬で、あっけなく一つの命が吹き飛んだのだ
血飛沫が飛び散り、首を失った胴体がドタリと倒れる様…
唖然としてその無残な姿から目を背ける。すると男の罵声が聞こえ、またしてもパァンと言う破裂音
無謀にも主催に歯向かい、首と泣き別れをする男の胴体、足元へ転がってきた黒く焦げた男の頭部…

信じられるわけがない。こんな無茶苦茶な惨殺が現実に、ましてや俺の目の前で起きるなんて信じられるわけがないだろ…!


―――夢だ、俺は悪夢を見ているだけなんだ……


ごく普通の一般人の俺が、こんな非現実的な悲劇に遭うわけがないじゃないか
もう嫌だ!早く目を覚ませ!いつもの仕事尽くしの日常に帰してくれ…!

腕をつねったり、頭を殴ったりする…残念ながら、相応の痛みを感じる…
徐々に恐怖と不安が佐和記を支配していった
自分もあんな風に無残に殺されるのか?訳のわからない世界で、何も分からずに殺されるのか?

ターン…

少し離れたところから銃声が響く
続けて必死に名前を呼びかける悲痛な叫び声…


殺し合いが始まっている?
たった今、新たに誰かが死んだ?
次に殺されるのは………


その瞬間、彼の中で何かが弾けた

…こんなの、現実で起きるわけがないじゃないか
これはちょっとリアルな夢なんだ。そうに違いない
さっさと目覚めたい。こんな悪夢、もうまっぴらだ!
…そうだ、この屋上から跳んでみれば流石に目が覚めるんじゃないか?
地面に激突するその瞬間に、いつものベッドから飛び起きるはずだ

佐和記は屋上の柵を飛び越え、淵際に立つ
恐怖から逃れたい一心で、最悪の手段を選択した

冷たい風が吹き付け、新たに恐怖が湧き上がる
もし、これが現実だったらどうする?この高さなら確実に…

―――いや……

…これは僕が見ている悪夢なんだ…こっから一歩足を踏み出せばそれで目が覚めるんだ…
そう、目が覚めるだけなんだ…大丈夫だ、問題無い…

我を見失っていた彼は、自分に言い聞かせる…これは現実ではないと…
それは『自己暗示』の領域に達していた
さもなくては気が狂ってしまいそうだ
こんな残酷な現実を受け入れるくらいなら…



そして彼は




―――足元に広がる闇の中へ体を投げ出した

111 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 10:57:36 ID:9/kA3fW.0




☆彡 ☆ミ ☆彡 ☆ミ ☆彡 ☆ミ ☆彡




白い法衣をまとった神々しい男の姿があった
彼の名前は髪の子ファヌソ
ゲーム内で罪を犯した哀れな子羊たちに裁きを与える神々の一人である
その神々しく穏やかな顔付きとは裏腹に、内心穏やかではなかった

「ひろゆきめ…
 よくもこのようなくだらぬ遊戯に、この私を強制参加させましたね…
 許しません、地獄へ落ちなさい。
 もとい落ちてしまえばいいのに!」

普段ならば直接手を下すところだが、今の彼にはそれが出来ないのだ
それこそ、数分前の彼は
「子羊たちの殺し合いなんて、神である私が無双して終わりじゃないですか。
 GTAでチートコードフルに使って暴れるようなものです。」
などと余裕を吐いていたものの、いざ神通力を使ったところで、自身の異変に気づいたのだった


原因は首輪にあった。彼の首に嵌められた首輪は彼の力を大幅に制限していたのだ
ひろゆきの目の前に直接降臨することや、首輪の制限を解くことを封じられていたのだ

つまりこれがある限り、私は哀れなタラコ羊の手の内で遊ばれることを余儀なくされるわけだ。
子羊にもて遊ばれるなど、神としての尊厳に関わる話だ。殺意が沸いてきた。

「ふん、まぁいいでしょう。
 幸いな事にその他の神通力ならばだいたい使うことはできるようです。
 少し位はいわゆる『最悪の椅子取りゲーム』で遊んで見るのも悪くないかもしれません。」

不本意ではあるが、現状をそうやって飲み込むことにした
それに多少歯応えがある方がオタゲーマーの血が騒ぐものだ
まずはデイバックを開いて中を確認する
パサッと支給品説明書が出てきた。表紙に「ドラえもんシリーズ」と書いてある

『お医者さんカバン:患者を診断して、それに合ったクスリを出してくれる。五回使えます。』
『ヘリコプター:大空を自由に飛びたい、そんなあなたに』
『WASABI:あっそ、踏んじゃえ!』

ヘリコプター…どうやってこのデイバックに入っているんですか? 質量保存の法則を知っていますか
というか、ドラえもんほとんど関係ないじゃないですか。支給品準備した人は○×問題のテストで0点を取ってしまいなさい
…それはともかく、わさびを除けば支給品としてはかなり有効ではあるだろう
肝心の武器になるものが入っていないが、ファヌソにとってはそれほど問題ではない
自身の神通力を行使すれば、相手を地獄へ堕とすのは容易いことであるからだ

支給品の確認が済んだので、とりあえず路地を適当に歩き出す
頭の中ではひろゆきにどんな制裁を与えるかを考えていた
ピコハンマー一丁でモンスターハウスの真ん中に飛ばすのはどうだろう?
それとも神話の住民や歴史上の英雄と聖杯を巡って戦わせ…

とその時、少し離れたところから銃声が聞こえてきた
何か起きてるんですかね。こっそり行ってみることにしますか…




★彡 ★彡 ★ミ ★彡 ★ミ ★彡 ★ミ




全く痛くない。地面に叩きつけられたのに何も感じない
なんだ。ほら、やっぱり夢だったじゃないか

ただ、ちょっと嘔吐感があるし、体に違和感を感じる…
いや、これはきっと風邪気味なだけだろうな、だから大したことはない…

これは 夢の 世界なんだ…



…目が… 覚め ればき… っと……

112 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 10:58:09 ID:9/kA3fW.0





彼の意識が消える、最後の瞬間
脳内に、誰かが語りかける声が聞こえた
はっきりとしたその声は、どこか聞き覚えのあるものだった
そう、自分が手掛けた、あのゲームに、そんな言葉が…








―――神は言っている ここで死ぬ運命ではない と…―――








佐和記は飛び起きた
全身に嫌な汗がべっとりと服に張り付いている…息が切れてるし、動悸も激しい…でも…

…ほ、ほら、やっぱりさっきのは夢だったのさ…!
飛び降り自殺を図ったのに、体に何の異変も無い…
殺し合いなんて意味不明な事は存在しない…いつもの日常…
そうだ、今日は仕事が溜まってるんだ、早く片付けないと…

「目覚めたようですね、迷える子羊よ。」
「え…?」

俺の目の前には真っ白な服に銀髪をなびかせた、神々しい若い男の姿があった

「汝、自らの罪をここに懺悔しなさい。
 罪を償わずに自殺するのは違反ですよ。違反切符を切られます。」

そこで、自分が路上に横たわっていることに初めて気がついた
そして汗だと思っていたのは…血だ
大量の血がワイシャツを真っ赤に染めている
でも、外傷はどこにも見当たらなかった
となると自分は…いったい…?

頭がショートしそうだった
何が起きてるのか、目の前の男は何なのか…全くわからない…

周りをキョロキョロしながら茫然とする様子を見つつも、髪の子ファヌソは言葉を続けた

「あなたの事は知っていますよ、竹安佐和記さん。
 汝の描くイラストには、トレースの疑いがかけられていますね。
 では、あなた自身、それについての弁論はありますか?」

ファヌソは穏やかな声で問いかける
だが今の佐和記の頭には、ファヌソの言葉は入ってこなかった
彼の頭の中では、ただただ自身に何が起きているのか、という懸念しかなかった

そのため、しばしの沈黙が続いた
やがて、佐和記が答えない様子を見てファヌソは不敵な笑みを浮かべながら口を開いた

「沈黙ということは、罪を認めるというのですね。
 ならば汝には私から直々に裁きを与えてあげます。」
「へっ!?いや、待って!今裁きって…?」
「もう遅いです。観念して罰を受け入れなさい…!」

突如飛び出した「裁き」の言葉に、ハッとする佐和記
後ずさりしようとする佐和記を捕まえ、ファヌソは神通力を行使する
目も開けられないほどの眩い閃光が走った…

やがて、ファヌソの声が聞こえる

「自らが手がけたゲームの主人公のマネをしなさい。
 神は言っている、『全てを救えと』。そしてそのまま長い旅を始めるのです。
 セリフやドヤ顔なんかもトレースすれば尚良し。
 クリア出来たら無罪、敗北したら地獄行きです。」
「えっ?えっ…?」

佐和記が目を開くと、自身の服が真っ白な鎧に変化していることに気づいた
それは、佐和記が手がけたゲーム「エルシャダイ」のイーノックそのものだった
なんで? さっきまで俺が着ていたワイシャツはどこへ…?

「そんな装備で大丈夫か?」
「えっ? えーっ…、だ、大丈夫だ…問題…」
「大丈夫ならよろしい。それでは私はもう行きます。」
「は…?」

113 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 10:58:41 ID:9/kA3fW.0
ファヌソがバックをひっくり返すと、中からズドォ…ンと音を立ててヘリコプターが出てきた
彼は中に乗り込み、説明書を片手に適当に弄ると、プロペラが回転し、そのまま浮き上がった

「それではせいぜい頑張るように。またね。」

それだけを言うとそのまま、暗闇の中へさっさと飛び去っていった
結局最後まで何がなんだかわからなかった

数分間唖然としたまま佐和記は立ち尽くしていた
やがて我に返り、彼の中で結論が出た

「あぁ、ここはまだ夢の中なんだな…ハハ…」





☆彡 ★ミ ☆彡 ★ミ ☆彡 ★ミ ☆彡






「…フッ…クク…あっははははははは!!
 いやぁ、やっぱり裁きを与えるのは何よりも快感です。」

闇空の中を飛びながら、ファヌソは先刻の転末を思い出して吹き出した
銃声が響いたと思い、そこへ向かう最中にちょうど飛び降りの現場に出くわしたのだ
形容し難いほど悲惨な状態になった男、ファヌソはその顔に見覚えがあった
エルシャダイのインタビュー動画か何かで見た…確か竹安佐和記氏と言ったか
まさかこんな人までバトルロワイヤルに参加させられているとは意外なものだ

ご冥福をお祈り…と思ったところで、彼はうめき声を漏らした。まだかろうじて息があるようだった
ならば、とファヌソはお医者さんカバンを早速試してみることにしたのだ
ゲーム界の逸材をここで死なすのは勿体無いし、何よりもカバンの効果がどれほどかも把握しておきたかったのだ
聴診器を当てるとカバンの中からクスリが飛び出す。それをバシャッと適当に振りかけてみた
…効果は抜群。どうみても助からないような負傷が一瞬のうちに塞がった
さっすが僕らのドラえもん、と感心せざるを得ない

さて、せっかくの機会だ。なにか裁きを与えてやりたい
しばし考える。やはりエルシャダイ関係がいいか? ではどのようにするか…

「そうだ、この男に無理やり、対主催を命じてみましょう。」

どうせ私が助けなければここで朽ち果てていた命…ならばせめて有効活用してもらおうではないか
憎きひろゆきに一矢報いて貰えれば、参加者みんな気味がいいし、ひろゆきへの嫌がらせにもなる
これは一石二鳥です。さすが私です

そうして佐和記が目覚めたあと、あのように神様オーラ全開で無茶ぶりをしたのだ
なんとなく、村の若者を「勇者」と呼んで、無理やり魔王退治に行かせる王様の心境になった
正直、佐和記氏がこの後どうなるかはファヌソにはどうでもよかった

「バトルロワイヤルでも、いつも通り好き勝手やらしてもらいましょう。
 哀れな子羊の懺悔を聞き、片っ端から裁いてやるのです。
 普通のシリアスな殺し合いが台無しになるでしょう。
 ひろゆきは、私をこんな面倒事に巻き込んだことを後悔するが良い。」

もはや彼は『椅子取りゲーム』を通常プレイで楽しむつもりはなかった
ひろゆきの創り出した箱庭を、ごちゃごちゃに引っ掻き回すつもりだった
嫌がらせ? いいえ、これは私なりの裁きの一環ですよ

このままお空を飛んでいても仕方ない。ファヌソは適当なスペースを見つけ地上に降りたつ
そうしてヘリコプターにデイバックをかぶせると見事に中に吸い込まれていった
バックを背負い、神々しいゲームの神はコツコツと薄暗い路地を歩き出した
どんな迷える子羊に出会うのか、そしてどんな裁きを下せるのか、期待を抱きながら…




【B-4/路上/一日目・深夜】

【髪の子ファヌソ@ゲームサロン】
[状態]:健康
[装備]:
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、お医者さんカバン(4/5)@ドラえもん、ヘリコプター@現実、わさび@オラサイト
[思考・状況]
基本:気まぐれに行動する
1:子羊から懺悔を聞き、裁きを与える
2:ひろゆきも地獄へ落とします
※神通力が制限されています。さじ加減はそれぞれの書き手の方にお任せします



【B-4/近鉄百貨店前/一日目・深夜】

【竹安佐和記@ゲームサロン】
[状態]:健康、混乱
[装備]:一番いい装備@エルシャダイ
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品(1〜3)
[思考・状況]
基本:???
1:これは悪夢なんだよな…
2:どうすればいいのか分からない
3:さっきの男はいったい…?

114 ◆m8iVFhkTec :2012/11/18(日) 11:00:07 ID:9/kA3fW.0
《支給品紹介》
【お医者さんカバン@ドラえもん】
患者に聴診器のような端末を当てると、症状に見合ったクスリが出てくる道具
現代医学では到底治せないような重症でもたちどころに回復する。かがくのちからってすげー!

【ヘリコプター@現実】
空を自由に飛びたいという願いを叶える乗り物
免許がなくても、説明書があれば運転できるようだ

【わさび@オラサイト】
ごく普通のワサビ。鼻にツンとくる辛さが特徴の調味料
出典元はFLASH「おびたとわさび」のび太くんみたいな少年が「わさびー」と叫ぶシュールなフラッシュ
元ネタはバドワイザーのCMのパロディ。ちなみに現在のドラえもんの声優さんも、わさびさんである

【一番いい装備@エルシャダイ】
ゲーム「エルシャダイ」において、主人公イーノックが装備していた鎧
佐和記のワイシャツを神通力で変化させた。攻撃を受けると砕ける



――――――――――――――――――――――――
以上です
問題点、修正点、ご意見がありましたらご指摘お願いします

115 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/18(日) 16:00:41 ID:9fDeQzhsC
仮投下乙です
問題ないと思いますよ

116 ◆m8iVFhkTec :2012/11/23(金) 23:23:41 ID:1TD2r2ww0
ミルコ・クロコップ、ウラーを仮投下します

117 ◆m8iVFhkTec :2012/11/23(金) 23:24:25 ID:1TD2r2ww0
「…さっきの奴はもう追ってきていないようだな…」

ミルコクロコップは振り向き、化け猫の姿が無いのを確認し、足を止めた
…まったく、こんな殺し合いに本気で乗る奴がいるとはな…
そういう連中は願いを叶えるために、本当に何十人と殺す覚悟が出来ているのだろうか?
あぁ、他人の考えなんてわかったもんじゃないな…

ミルコは側のガードレールに寄り掛かり、背負っていたデイバックを下ろした
アイツに接触する前に中身は確認していたんだが、あまり当たりとは言えない
赤いスニーカーにロープ、そしてダンボール箱…
運の悪いことに、武器と呼べるものは何一つ入っていなかった
拳銃の一つでも入っていればアイツは死なずに済んだかもしれなかったというのに…
そう思いながら、ミルコは夜空を見上げてため息をついた

不意に後ろから、ガサッと言う音と共に、パタパタと足音が聞こえた
振り向くとそこには、でかい剣を振り上げた猫男が目の前に迫っていた

「ウラーーーーー!!!」

思いきり振り下ろされる大剣
ミルコはほとんど反射的に身をそらしてかわした

ガンッと、強烈な音が響き、ガードレールが大きくへこんだ
…チッ、またしても化け猫か…!
しかもコイツも殺し合いに乗ってやがる…!?

猫男は大剣を持ち上げると、柄を両手で掴み遠心力をかけて振り回した
ミルコは冷静にバックステップで距離を取る
大剣のリーチは長いが、一度離れてしまえばそんなもの当たらない

…すると今度は、あろうことか大剣を持つ手を離しハンマー投げの要領で投げてきたではないか

しかし、素人がハンマー投げをしたところで狙ったところに飛ぶはずがない
勢いのつけられた大剣は明後日の方向へ飛び、付近の塀にひびを入れた

丸腰となった今、大きな隙が出来ている。今がチャンスだ!
すかさずミルコは猫男の眼前へと距離をつめる
そして猫男が反応するより早く、左足を高く上げてハイキックを放つ…!

「ウラッ!?」

一撃必殺! 加減こそしていたものの、側頭部にクリーンヒットしたハイキックによって猫男はそのまま倒れた
ミルコはデイバックからロープを取りだすと、猫男の両腕を縛り上げた

「…ったく、危険な奴だ…」


○ ● ○ ● ○ ● ○ ●


「放せええぇぇ!!放せウラーーーッ!!死にたくないウラー!!」
「落ち着け、話を聞くだけだ。落ち着け!」

縛られたウラーはさっきから泣きながら暴れていた
パニックになってるな…仕方ない、若干手荒だが頭を冷やしてもらおう…
ミルコはデイバックから水を取りだし、ウラーの顔にパシャッとかけた
ウラーは驚き、喚き声が途切れた

「落ち着け。俺は殺し合うつもりはないし、お前を殺すつもりもない。
 だからまず、お前の話を聞かせてくれ」

ミルコの言葉がやっと耳に届いたのか、ウラーは大人しくなった

「まず、お前は殺し合いに乗ってるのか」
「…何を言うウラ、乗るしかないじゃないかウラ!」
「何故だ? 多くの人を殺してまで叶えたい願いがあるのか?
 本当にそんな覚悟があるのか?俺にはわからないな…」
「…そんなこと言うのは自殺発言ウラ! 死んでも知らないウラ!」
「自殺発言? …お前は何を言ってるん? 殺し合いに乗らないことが自殺と何の関係が…」
「アンタも聞いたらだろウラ! 殺し合いに不都合な事をしたら首輪を爆破するって!
 だから、乗らないとひろゆきに殺されるウラ! だからもう、嫌でも殺し合うしかないんだウラー!」

そう叫んでウラーはまた涙を溢した

…そうか、俺は少し考えが浅かったようだ…
殺し合いに乗る奴は皆、賞品に目が眩んでるもんだと思っていた
だが、最初の怯えていたアイツと同じように、ただ死にたくないと怯える奴がいる
そんな奴が死の恐怖のあまりに、殺し合いに乗る可能性があるということか…
まったく、本当にクソッタレなシステムだ…

ミルコはウラーを縛っていたロープをほどいた
ウラーは脳震盪を起こしたのか、やけにフラフラとしながら立ち上がり、大剣を拾いに行った

「俺はこれから、首輪を外す方法を探すつもりだ。よければお前もついてこないか?
 確かに首輪を爆破されるリスクは高いが、どちらにせよ俺は殺し合いには乗らないと決めている。
 …お前はどうする? 少なくとも、単独行動よりは危険も減るはずだが」

逃げようとしたウラーはピタリと足を止めた
…どうしよう…、このままこの男についていけば、ひろゆきに殺されるかもしれない…
でも、ただでさえ体が不調なのに、またこの男みたいな強い参加者に会ったら間違いなく負ける…

118 ◆m8iVFhkTec :2012/11/23(金) 23:25:31 ID:1TD2r2ww0
「俺は…いったいどうすれば…」
「お前もそんなこと言うのか…。他人に選択肢を委ねて、それを貫けるのか?
 自分がどう行動するか、それはお前自身が決めることだ」

しばしの沈黙が続く
ウラーは悩みに悩んだ
死にたくない、ただそれだけの願いなのに…
どちらの選択もその願いを叶えてくれそうにない…!
何故こんなに、葛藤に悩まされなくてはいけないんだ…

数分後、沈黙が破られる
ウラーは涙をこぼしながら口を開いた
#aa(){{{
A_A    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( TAT)つ  < ついて行くウラ…!だから…だから…
(つ  )    | 俺を、俺を生きて帰らせてくれウラァ…!
と_)_)    \_________
}}}

「わかった。保証は出来ないが、お互いベストを尽くそう
 …俺の名前はミルコ・クロコップだ」

ミルコはあっさりとそう言って手をさしのべた

…出来ることなら、アイツのような犠牲者はもう出したくない
なるべく多くの弱き者を救ってやりたい
それが元警察官であり、格闘家としての責務だからだ

誇りを胸に宿した彼は決意を新たに、目の前の猫男と握手を交わしたのであった


【ミルコ・クロコップ@AA】
[状態]:健康、後悔
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、キック力増強シューズ@名探偵コナン、ロープ@現実、工具セット@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いに乗らない
1:首輪を外す術を探す
2:ウラーと行動する
3:化け猫(お断りします)を警戒
4:‥‥‥すまなかった



表向きでは和解しているものの、ウラーはまだ死に対して強い恐怖感を抱いている
そしてショボーンと違い、自分が生きるために「誰かを殺す」という選択肢を選ぶことが出来るタイプである
そんな、ある意味では危険な人物と呼べるような相手と同行することになったミルコ・クロコップ
これは彼の慢心によるものだが…はたして、この安易な判断が今後どのような結果へとつながるのだろうか…



【ウラー@AA】
[状態]:死に対する恐怖、脳震盪(軽度)
[装備]:バスタードソード@FF7
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品(0〜2)
[思考・状況]
基本:生存最優先
1:ミルコ・クロコップについて行く
2:とにかく死にたくない…

119 ◆m8iVFhkTec :2012/11/23(金) 23:28:29 ID:1TD2r2ww0
以上です。今回は短めです
修正店などがあればご指摘お願いします

120 ◆m8iVFhkTec :2012/11/24(土) 10:25:42 ID:QEkkNHNg0
位置情報と支給品情報も追加で


【B-1/路地/一日目・深夜】


《支給品紹介》
【キック力増強シューズ@少年漫画(名探偵コナン)】
コナン君がいつも履いてる赤いスニーカー。側面のスイッチを入れるとキック力が高まる
原作ではサッカーボールを蹴り上げ、犯人にぶつけて気絶させたりする等に使われる
VIP では時おり蘭のケツを蹴り上げ、「しんいちーッ」の悲鳴を聞くために使われる

【ロープ@現実】
ごく普通のロープ。数十メートルくらいのが束ねられている
高いところから降りる時や敵を縛り上げる時、首を吊る時などに便利

【工具セット@現実】
ペンチやスパナ、ドライバーなど、様々な工具が入っている
車板では、こだわりの工具について語られている

【バスタードソード@FF&ドラクエ(FF7)】
FF7の主人公クラウド・ストライフの愛用武器
かなり巨大なサイズの大剣だが、クラウドは軽々と振り回している
クラウドさんの私物だと思われる

121 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/24(土) 20:21:08 ID:gVHJHdVs0
仮投下乙です
特に問題は無いと思われます

122 ◆6LQfwU/9.M :2012/11/24(土) 21:27:22 ID:gVHJHdVs0
日本鬼子、鬼女、モララー仮投下します

123 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:27:38 ID:gVHJHdVs0
トリップ間違えました…

124 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:28:15 ID:gVHJHdVs0



 あの妙な奴らを襲った後。
 路地裏を少し走って退いた後、物陰に隠れて奴らが追いかけて来てないかを確認してみた。
 だが、奴らは追いかけてこなかった。……正直、有難かった。
 流石に、初っ端からあんなのとやりあっていたら、まず危険な目に遭っていただろう。
 その点では、追いかけられなかったのは幸運だった、かもしれない。
 どちらにしろ、奴らはもう近くにはいないだろう。
 あの中年はどこかへ逃げて行ったし、変な髪形をした奴も、どこかへ行った。
 その後、路地裏を抜け表通りに出た俺は、近くのビルに入る事にした。
 ……近鉄百貨店。確か、そんな名前だった。
 ――――幸い、中を調査する時間は、たっぷりあった。
 中に、何か役に立つ物があるのか。誰か、潜んでいるのか。
 それらを調べる時間は、俺にはたっぷりあった。
 ビル横の駐車場、地下1階の店舗プラス地下駐車場、1階から4階、全ての店舗……。
 時間はある。ゆっくり行こうじゃないか……。
 
 
 
 
 
 
 
 ――――結論から言えば、特に大した収穫は無かった。
 何処にも人は潜んでいなかったし、俺の興味を引く物も、特になかった。
 一応屋上も調べようとは思ったが……扉は施錠されており、いじられた痕跡も無かったので放置しておいた。
 ……これだけの事を調べるのに、1時間近くもかかるとは。
 まあ、いろいろ調べたから、これくらいかかっても仕方無いか。
 そうして、今俺はここ……3階のベンチの1つに、俺は腰かけていた。

125 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:28:35 ID:gVHJHdVs0

「……時間のムダだったからな!」

 ふてくされて、ベンチに寝転がり、ジーッと天井を見つめる。

「……だーれも来やしない……」

 これだけの時間をもてあますくらいなら、何か有意義な事に使えればいいのだが。
 ……いろいろ、考えてみるのもいいな。そう――――さっきの、妙な音についてとか。
 そう、丁度2階辺りを調べてた時だったかな。
 ドサッ、と言った感じの音に、何か、ヘリコプターのような大きな音が聞こえた。
 見つからないように外を伺ってみたら、ヘリコプターが、音を立ててどこかへ向かっていた。
 暗さのせいで、誰が乗っているのか良く分からなかったが。
 結局、特に気にする事もなく、探索を続行したのだった。

「…………」

 喋る事なんて何もない。ここには1人しかしないんだし。
 相手もいないのに、話す事などない。
 わざわざ口に出さずとも、頭の中で考えれば事足りる。

(…………)

 偉そうにそう考えちゃあいるが、別段考えなきゃいけないこともなかった。
 ……はぁ。拍子抜けだなあ。
 そろそろここを出ようかな?






126 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:29:00 ID:gVHJHdVs0




「……随分大きな建物ですね」
「どうやら、近鉄百貨店のようね。……ああ、百貨店って言うのは、まあ、色んな物がある場所ね。
 ……もしかしたら、その物資目当てに誰かがいるかもしれないわね。調べてみましょう」
「はい、分かりました! ……って、あそこにあるのって……」

 鬼子ちゃんの指差す方向を見ると……何かが、月明かりに照らされている。
 それは、地面にべったりと広がって、赤い色をしていて……。
 この真っ赤な液体は、もしかして?

「血……!?」

 思わず、息を呑む。
 急に、寒気と恐ろしさが、私に襲い掛かってくる。
 ……ここで、誰かが襲われたのだろうか?そして……殺されたのだろうか?
 でも、ここに残っているのは、この大量の血の痕だけ。
 ――――遺体は、どこにもない。

「どうして、こんなところに?」
「……私にも、分からないです」

 2人とも、ここに来てからほんの少ししか経っていない。
 そんな状態なのに、分かる訳ない。

「……とりあえず、これは後から調べませんか? 先に、中の方を調べましょう」

 コクリ、と小さく頷いて答える。
 入り口に歩を進めると、小さな音を立てて自動ドアが開く。
 ……中は真っ暗なくせに、こんなところには電気が通ってるんだね。
 ここに電気通すんなら、ついでに中の明かりもつけてくれればいいのに。
 最悪の店ね…………って、今はそんなこと言ってる場合じゃなかった。
 とにかく、店内は真っ暗だった。
 明かりと言えば、ショーケースの中の明かりと、非常口の緑の光くらいのものだ。
 足元くらいは照らせるが、あくまでその程度しか照らせない。
 結局、主な明かりは自分たちの持つランタンくらいだ。

(……無気味なくらい静かね)

127 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:29:27 ID:gVHJHdVs0

 辺りに響くのは、私たちの足音だけ。
 それ以外は……まるっきり静かだ。シーン、と静まり返っている。
 そんな静寂を、鬼子ちゃんの声が打ち破った。

「鬼女さんは、何も持たなくても大丈夫なんですか? 確か、鞄の中に……」
「……大丈夫よ。必要な時に出すわ」
「でも、もし急に襲い掛かられでもしたら……!」
「――――大丈夫。きっと、ね」

 根拠なんてない。
 でも、そう信じていないとやってられない。
 少しでも、後ろ向きに物事を考えてしまうと、それに思考が引きずられそうで、怖くて。
 私、この状況を、まだ現実じゃないと、心の中で、思ってたのかもしれない。
 今まで、誰かに襲われることもなかったし、命の危機に晒された事もなかった。
 そんな状況じゃ、やっぱりぼんやりとした「現実」しか見る事はできない。
 そんな所に、さっきの血の痕だ。それで、私は一気に現実まで引きずられた。
 いや、ようやく目が覚めたと言った方がいいのかな……。

「まあ、何があるか分からないから……一応、持っておくわ。心配してくれてありがとう」
「どういたしまして……」

 道端に鞄を置き、片膝立ちで鞄を開ける。
 そして、中から……細長い円筒状の物体を取り出す。私の鞄を調べた時に見つけた、唯一の武器。
 ――――閃光手榴弾。

(いくら殺傷力がないからって……いざ持って見れば、あまりいい気分じゃないわね……)

 とりあえず、1つポケットに仕舞っておこう……。

「……待たせちゃったわね。さあ、行きましょう」

 探索に戻る……とはいえ、特に変わった事なんてない。
 依然として静かだし、誰かの足音が聞こえてくる訳でもない。

(……この辺りは贈呈品ばかりね。のりだったり、ハムだったり……変わり映えしないものばかりね)

 ふと、ある疑問が浮かぶ。
 ……ひろゆきは、一体どうやって「ここ」を用意したんだろうか?
 こんな建物1つ用意するだけでも、かなりの額のお金が必要だろうに。
 どこから、そんなお金を用意したのだろうか。
 ……と言うか、こんなことをお金だけでできるのだろうか?
 「禁止エリア」なる場所に入ると爆発する首輪。鞄に入っている武器。この街や、建物。
 どれも、ただお金を用意したからと言って、出来る事じゃない。
 技術力、科学力……その他もろもろの力がないと、こんなこと……。
 そもそも、「記憶を消す」って時点でとんでもないじゃない。
 そんな権力を、ひろゆきは持ってるって言うの?
 ……私が思ってる以上に、敵は強大だ。だけど、これくらいで挫ける私じゃない。

128 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:29:38 ID:gVHJHdVs0

(相手が強大であればあるほど、晒し上げた時にダメージが大きい……! 今からワクワクして来ちゃうわ!!)

 ……しかし、それをするためにはまだまだ準備が足りない。今は、もっと仲間を集めないと。
 細かい作戦を立てるのは、仲間を集めてから……。
 そうでないと、ダメだ。

「…………どうか、しましたか?」
「えっ?」
「いえ、随分悩んでいたようなので……」
「あ、ああ……ごめんなさい。少し、考え事……」

 どうやら、顔に出ていたようだ。
 ……いけないいけない。
 こんな所で、熟考は良くない。

「……少し休みましょう。歩き通しで、少し疲れたわ。……鬼子ちゃんは大丈夫?」
「私は大丈夫です」
「そう。体力あるのね……羨ましいわ」

 確かに、鬼子ちゃんの顔には疲労は見られない。
 多分、私の顔は散々な事になってるんだろうな。
 元々、そこまで綺麗って訳でもないけれど。というか、自分を綺麗と言うほど自惚れてはない。
 ……そんなこと、どうでもいい。
 こうやってゆっくり座っているんだから、さっきの続きでも……。



「ふうん、こんな所に人がいたんだ」






129 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:30:01 ID:gVHJHdVs0




「ふうん、こんな所に人がいたんだ」

 壁に寄り掛かりながら喋る。

「さっきはいなかったはずなのに……」

 スッ、と刃を呼びだす。
 2人との間合いは、まだまだ離れている。
 この距離では駄目だ。

「何よ、あの剣……一体、どこから……!」

 片方の女……結構歳食ってるみたいだ。どうでもいいけどね。
 とにかく、そいつは俺のを見て驚いている。
 そりゃそうだ、何も無い所から突然現れれば、誰だって驚くだろうよ。
 ……でも、もう片方の奴……和服の女か。
 そいつは、特に驚いた様子はない。

「鬼女さんは、安全な場所に隠れていて下さい」
「え、でも……」
「大丈夫です、私も後で行きますから」

 ふうん、俺を倒す自信があるのかな。
 あんな剣を軽々と持っているくらいだ、結構な使い手かもね。

「……へえ、一人で戦うつもり?」
「貴方なんて1人で十分です。それに、鬼女さんを危ない目に遭わせる訳にもいかない……っ!」
「その自信……すぐに、へし折ってやるからな!!」

 地面を蹴り、一気に間合いを詰める!
 その勢いのまま、脳天目掛けて刃を振り下ろす!
 …………が、相手も黙って受ける様なバカじゃなかった。
 手に持つ剣で、しっかりと俺の攻撃を受け止めている。

「……一撃で死ななかった事を後悔させてやるからな」
「そちらこそ、こんな殺し合いに乗ってしまったことを後悔させてあげます!」

130 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:30:20 ID:gVHJHdVs0

 お互い一度距離を取り、再度ぶつかり合う。
 ――――辺りに響く金属音。触れあう刃。一瞬も、気が抜けない。
 何度も何度も、不規則な金属音が響く。
 どの斬撃も、有効な一撃を入れるには至らない。
 巧みに防御し、手痛い一撃を食らわないように、攻撃を凌いでいる。
 お互い、一歩も引かない。いや、引いてしまえば、その隙に付けこまれる……!
 ……この勝負、長くは続かないだろうな。あれほどの剣を振るっているんだ、普通ならかなり体力を消耗する。
 しかし、それはこちらも同じ事。早く、決着をつけないとマズい。
 ――――その焦りが、俺の心に一瞬のスキを産んでしまったようだ。
 一瞬力の緩んだ手から、剣が弾き飛ばされる。

「くっ……!」

 吹き飛ばされた剣は回転した後、天井に突き刺さって消えた。
 グズグズしてる暇はない。
 すかさず、もう一度剣を呼びだす。

「……まだ負ける訳にはいかないんだからな!」

 さっきは上から。なら、今度は下から攻める!
 大きく踏みこみ、一気に振り上げる!
 しかし、これもまた防御される。
 さっきと違って、今度は、静かに鍔迫り合い……。

「……」

 ギリギリと、刃同士が擦れあい、音を立てる。
 汗が額から頬を伝い、地面へ落ちて行く。
 いつまでこれが続くだろうか……そう思っていた時だった。
 ――――何かが、こっちに飛んでくる。

「鬼子ちゃん、こっちへ!」

 その声に応えるように、相手は俺の剣を押し返し、一歩引く。
 ――――撤退するつもりか?
 そうはさせない、逃げれば背中ががら空きになるじゃないか!
 ……しかし、追撃は出来なかった。

131 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:30:31 ID:gVHJHdVs0

「――――!!」

 目の前が真っ白になるほどの、眩い光。
 これには流石の俺も、怯むしかない。
 ……視界は真っ白、何も見えない。
 それと同時に、奴らの足音が遠ざかっていく。

(……追いかけようにも、見えないんじゃどうしようもないからな)

 それから少し経って。
 視力が元に戻り、普通に見えるようになったころには、もう奴らはいなかった。
 ……くそっ。
 もう少しやりあっていれば、もしかしたら、殺せたかもしれないってのに。

「……ちぇっ」

 ……足跡も何も残っちゃいない。
 こんな状態じゃ、追いかけられやしない。

(……今度会った時は、ただじゃおかないからな!)

 ビシッ、と誰もいない方向にポーズをとった。
 ……はぁ。前途多難だなぁ。




【B-4・近鉄百貨店1階/1日目・黎明】
【モララー@AA(FLASH「Nightmare City」)】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、ランダム支給品0〜2、モシン・ナガンM28(4/5)@現実
[思考・状況]
基本:優勝狙い
1:今度会ったら、タダじゃおかないからな!
2:殺し合いに乗る、強者はなるべく後回し
【備考】
※出典元により、自在に赤い刃を作り出す能力を持っています
※日本鬼子、鬼女の姿のみ覚えました。

132 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:31:00 ID:gVHJHdVs0




 久しぶりの全力疾走だった。
 いきなり走ったもんだから、心臓はバクバク、息は上がり過ぎてふらつくくらいだ。
 ……やっぱり、体力ないわね、私。

「あ、ありがとうございました。あのままじゃ、私……確実に押し負けてました」
「いいのよ、別に……鬼子ちゃんが助かってよかったわ」

 ブロック塀に手をつき、深呼吸。
 ……うん、少し落ち着いてきた。
 心臓の鼓動も、だんだん落ち着いてくる。
 ――――本当に、助かってよかった。
 もし、あそこで鬼子ちゃんが殺されでもしたら、私……。

「――――ああっ、鬼女さん、涙が……」

 気がつけば、涙がこぼれていた。
 もしかしてうれし涙?鬼子ちゃんの命が、助かったから、つい涙を。
 ……グイッと、掌で涙を拭う。

「行きましょう。もしかしたら、アイツが追いかけてくるかもしれないし」
「そうですね……さっきは鬼女さんのお陰で助かりましたが、今度は……」
「……そうね。さっきは偶然上手く決まったけど、今度は分からない……」

 そう。
 次は、上手く行くか分からない。
 今回は、たまたま上手く行っただけで、今度こんなことがあったら、どうなるか。

(とにかく……今は動くしかない。動いて、協力者を集めなきゃ……)

 闇の中を、手探りで進むような気分で、私たちは歩き出した。

133 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/24(土) 21:31:17 ID:gVHJHdVs0



【B-4・近鉄百貨店付近/1日目・黎明】
【日本鬼子@創作発表】
[状態]:健康、疲労(中)
[装備]:グラットンソード@FF11
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ミキプルーンの苗木@ミキプルーンコピペ
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼女さんと協力する
2:とりあえず、ここから離れる

【鬼女@既婚女性】
[状態]:健康、疲労(中)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2、閃光手榴弾@現実×3
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼子を信頼、協力する。……とりあえず、ここから離れないとね
2:殺し合い打倒派の協力者を集める
※自分の本名がわからないため、仮名として『鬼女(おにめ)』と名乗ることにしました


≪支給品紹介≫
【閃光手榴弾@現実】
ピンを抜いてから5秒ほどで爆発し、目が眩むような閃光を出す。
それを利用して敵から逃れることも、相手にスキを作ることも可能。


---
仮投下終了です

134 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/11/24(土) 23:40:52 ID:OiVRwK1UO
仮投下お疲れさまです
特に問題点などはないと思います

135 ◆i7XcZU0oTM :2012/11/25(日) 21:30:02 ID:iXtDNj8w0
投下いたしました。
どうも、ありがとうございました

136 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:03:10 ID:DTB9iB7E0
T-72神、ドクオ、801の姐さん、照英、麦茶ばあちゃんを仮投下します

137 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:03:59 ID:DTB9iB7E0
(あれは確か、イスラエルがレバノンへ進行してきた時だったか…、我々はその時シリア軍の下で戦っていて…)
「ちなみにさー、ドク君は受けの方が好み?」
「まだ言うかお前!…というか、なんだそのドク君って…」
(愚かなる敵軍のショット戦車たちを次から次へと撃ち抜き、結果奴らは撤退していってだな…)
「えっ、んじゃあ話を変えるよ…。えーっと、どっちかと言うと攻める方が…」
「話変わってねぇじゃねぇか!」

夜の集合住宅街を騒ぎながら歩く、二人と一台の姿があった
一人は不健康そうな色白の肌、ダルさと眠さの両立したような表情の独身ヒキニート、ドクオ
もう一人はルーズな服装にキツめの度が入ったメガネをかけた腐女子、801の姐さん
そして最後の一台は、黒光りする装甲と輝く砲身、カリスマ全開のソビエト軍主力戦車の神、T-72神
この統一感の欠片もない3人組(2人と1台)は、「ひろゆきを粛清する」という崇高な目的を掲げる、勇ましいグループ なのだ!!



……まぁ、俺は正直それほど乗り気じゃないんだがね…

さっきはT-72神の威厳と凄みに押されて力強く賛同したものの、時間が経つにつれて冷めてきた。正直マンドクセー…
一応は表向きではそんな目標で行動するものの、結局はT-72神が一人で引っ張ってる感じだ
姐さんはさっきから俺の臀部に向けて野獣の如き眼光を注いでくる。あきらめてねぇだろコイツ
おかげで俺は警戒態勢を続けざるを得ない。つまり、このグループは全く統制が取れてない
こんなグダグダなグループで大丈夫なのか? いいや、ダメな予感しかしない…

(時に諸君、君たちは既に自身の支給品は確認しておいたか?)

先程から一人で武勇伝を語っていたT-72神が、ふと思いついたように問いかけてきた

「もちろん。ここに来た時点で真っ先に確認したよ」
「あー…俺はまだだ」
「遅いよー。さっさと中身見とかなきゃダメだよ」
「ハァ? おめーが追っかけてこなきゃ、とっくに確認してたわ!!」
(801の姐さんの言う通りだ。いつ襲われるかわからない、故に武器は迅速に確認すべきだ。もっと注意せよ)

クソー、おまいら言いたい放題言いやがって…
不服こそあるが、まぁ確認するに越したことは無い。どうせ正論ですよ
しぶしぶと足を止めてデイバックを開く。俺にも拳銃とかが入っていれば心強いのだが…



…アイスピックとうまい棒が入っていた。ふざけんなチクショウ
百歩譲ってアイスピックはまだ許そう。姐さんの拳銃に比べて圧倒的に心細いが、凶器には成りうる
うまい棒? 何を考えてうまい棒が? しかもめんたい味。こんなん支給するな
他に何か無いのか…? 他に何か…

………無かった

ほかは食料、水、地図、ランタン、PDAしか入っていない
流石に落ち込まざるを得ない。なんでこう俺にはいつも不平等が回ってくるんだ

「ドク君元気だしなよ。ほら、うまい棒にも穴はあるじゃん。ね!」
「うるせぇよなんだその悲しい慰め方は! 拳銃持ってる奴に言われたくねぇ」
(そう気を落とすことはありません。わたしも弾を全部奪われているので丸腰ですよ)
「アンタの場合、キャタピラーで踏んづけるだけで十分やれるじゃねえかぁ!」

ダメだもうやってられん…余計に気分が沈んだ…
せっかくPDAがあるし、もう2ちゃんでも見るとするか…

ドクオはPDAの電源を入れ、インターネットに接続しようとした
だが、801の姐さんは画面を見て横槍を入れてきた

「ちょい待って、今メニュー画面になんか無かった?」
「お前平然と横から画面覗いてんじゃねー!」
「いやだから、あたしの方には無かったアプリがあったんだってば」

言われるがままにメニューに戻ると、『参加者位置探知機能』なるアプリケーションがあった
試しに起動させてみると、中央にマーカーらしきものが3つ置かれた簡易な地図が表示された
名前の通りだとすれば、他の参加者の位置を見ることができる機能なのだろう
おそらく、この3つ分は俺らを表している

「それがメインの支給品なんだよ、きっと。いいのを当てたじゃん〜」
(なるほど…敵が近づいてきたら隠れて様子を伺うことが出来ますね…)

いや、アンタのサイズじゃ隠れられねぇだろ…
内心でそう思いながらも、面倒なのであえて口には出さないでおいた
画面に目を戻して機能を見てみると、画面下の縮尺バーをいじることで範囲を広げられることがわかった
縮尺を半径500メートルに広げたところで、2つのマーカーが目に付いた

138 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:04:18 ID:DTB9iB7E0
「おい、さっそく少し離れたところに二人ほどいるようだぞ」
(ほう、でしたら積極的に接触しましょう)

…たった今、様子を伺うって言わなかったっけ? いや、別に構わないけれども…





団地区域の路地を歩く二つの人影が見えてきた
ドクオと801の姐さんは息を潜めて様子を見た
なお、T-72神は少し離れた場所で待機している
曰く(いきなりわたしが行くと、相手を刺激する恐れがある)だそうだ

やがてはっきりと姿が見えてきた
一人は体格のいい男性、もう一人はごく普通のお婆さんと言った感じだ
長年引きニートやってたせいでコミュ力はあまり無いが、どちらも善良そうに見てるし大丈夫だろう…

「ねぇドク君…あれ、照英さんだよね?タレントの」
「何!?…本当だ。まさか芸能人まで巻き込まれてるとは…」
「照英さんって、結婚してたよね?既婚男性だったよね?」
「あぁ、確かな…ってお前何を考えて…」

と言ったところでドクオはゾクリと異様な殺気を感じた
殺気の発生源はもちろん801の姐さんだった
照英とドクオの姿を交互に見ると、目をギラリと光らせた

「喪男オンリーもいいけど、こっちもより『禁断の恋』って感じしない?」
「は…?いや、あの、こっちって何ですかねぇ…はは…まさかお前…」

ドクオの想像通り、801の姐さんの脳内ではカップリングのシナリオが完成していた


【毒男攻め×気団受け】

照英『や、やめるんだドクオ君!僕には妻と二人の子供がいるんだ!あぁっ!』
ドクオ『フッ、口ではそんなこと言っても、体は正直なようだな…』
照英『うあっ、そっ、そこだけは…』
ドクオ『ほらほら、俺のようなヒキニートに襲われる気持ちはどうだ?ん?どうなんだ?』



―――テ ラ モ エ ス !!―――



「ちょっ…てめぇ止め(ry ふげぇっ!?」
801の姐さんはドクオを掴み、ダンッ!と地を蹴って、照英へと飛び掛かった
照英と老婆が気付いて振り替える頃にはもう既に目の前に…!
そのまま、逃げようもがくドクオを照英へとぶん投げた
「うぐっ!?」
「ぐええぇぇ!!」

重なりあう体…まさに、既婚男性と独身男性の衝撃的な出逢い…
今、二人の顔はほんの数センチの距離…それはまるで互いの息遣いすらが聞こえるような…

「さぁ!このまま勢いでガッチュンするのだ!さぁ!」
興奮しながら嬉々として叫ぶ801の姐さん
もちろん男性陣二人は抗議の声をあげる

「ゴルァこの変態女!いきなりなんてことすんだ!!」
「い、いったいなんなんだ君らは!?」
「シチュエーション的に照英さんは受けね!よしドク君攻めるんだ!せーのっ!」

ダメだこいつ…まったく耳に入ってねぇ…
こんなときに暴走しやがって、最悪な接触になっちまった…

今度は飛んできた何かがカツーンと頭に当たった
な、なんだ…?と飛んでくる方を見ると、照英と一緒にいた婆さんが麻雀牌を俺と姐さんに投げつけてきた

「こ…これ! 照英殿から離れるのじゃ!」

痛い。地味に痛い。早く誤解を解かないとこじれる一方だ
そこで、そんなごった返した状況を沈める一喝が響いた


(落ち着きなさい!人の子たちよ!!)

139 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:04:41 ID:DTB9iB7E0

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\


(さぁ、出会い頭に暴走したことを恥じて、彼らに許しを請いなさい)
「はぁい、すみませんでした」
(私の同志が非礼を行い、申し訳ありません)

騒ぎを聞きつけてかけつけたT-72神のおかげで、その場はなんとか収まることができた
流石神だ、頼りになる。こいつになら掘られても…いや、姐さんの前でそんな冗談考えるのは止めよう…

「あっ、僕は別に大丈夫ですよ。悪気があった訳では無いようですし」

照英は親しみのある笑顔で許した。…まぁ、悪気は無くはないとは思うがな…姐さんは…
お婆さんの方は仏頂面しているが…やはりさっきのは心臓にも悪いだろうしな…
一段落着いたところで、T-72神はオホンと咳払いをして話しだした

(本題に入る。照英、そしてご婦人よ。私と共に憎きひろゆきを粛清しに行かないだろうか?
 このようなふざけた殺し合いは破壊しなくてはいけない! 共に戦おうではないか!)

威厳全開で頼もしさに溢れた口調でそう言った
だが照英はT-72神の言葉に即答はせず、少し考えてから口を開いた

「えっと、僕も君たちと一緒に行動したい。…でも、僕にはひろゆきを粛清するのは無理だと思うんだ
 ただのモデルである自分が武器を持って闘うなんて…やっていける自信が無いんだ
 腕力はそれなりにあるけど、兵隊のような訓練はしてないし…何よりも、正直戦うのが怖いんだ…」

ため息をつきながら彼はポツリと自らの心情を明かした
T-72神はそれに対し、丁寧に、慈愛のこもった言葉で返す

(構わない。わたしは戦いを望まない者に、戦いを強制するような事はしない。
 来て下さい。わたしは進んで斥候に立ち、平和を望むもの達のために戦うのだから)
「ありがとう。僕なんかが役に立つかはわからないけど…出来る限り力になりたい
 …あっ、お婆さんの意見を聞いてなかったけど…大丈夫ですか?」
「…異論はない。多くの人で集まっいた方がより安全じゃからな」

照英と婆ちゃんは賛同し、彼らも粛正組の3人と共に行動をすることとなった
T-72神は、まるで同志たちの姿を見回すかのように砲身を動かすと、力強く宣言した

(決まりだ。諸君、改めてよろしく頼む。わたしたちは協力し、この殺し合いを打破して見せるのだ!)


【A-3・B-3との狭間付近の公団住宅街/1日目・黎明】


【T-72神@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料満タン、カリスマ全開
[装備]:125ミリ2A46M滑空砲(0/45)、12.7ミリNSVT重機関銃(0/50)
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1〜3)
[思考・状況]
基本:人民の敵たるひろゆきを粛清し、殺し合いを粉砕する
1:801の姐さん、ドクオ、照英、麦茶ばあちゃんと共に行動。照英と婆ちゃんは保護の対象
2:弾が欲しい…。

※制限により、主砲の威力と装甲の防御力が通常のT-72と同レベルにまで下がっています。
※制限により、砲弾及び銃弾は没収されました。


【照英@ニュー速VIP】
[状態]:健康、不安
[装備]:金属バット@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、冷蔵庫とスク水@ニュー速VIP、サーフボード@寺生まれのTさん
[思考・状況]
基本:殺し合う気は無い。皆で生きて帰る
1:T-72神達について行く
2:いざ闘うとなると、やっていける自信がない…
3:きっと、誰も死なないで済むんだ……


【麦茶ばあちゃん@ニュー速VIP】
[状態]:健康、不安
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、麻雀牌@現実、不明支給品0〜1
[思考・状況]
基本:殺し合う気なんぞ無い
1:T-72神達について行く。
2:全く、脅かしおって…

140 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:04:57 ID:DTB9iB7E0
「…何よりも、正直戦うのが怖いんだ…」


照英が自分たちに打ち明けた弱音…それがドクオの心に突き刺さっていた
………安易に「俺も闘う!」なんて言ってた俺がバカみたいじゃねえか………
照英さんも、婆さんも、さっきまでの俺らみたいなテンションとは全く違っていた
こいつらは「殺し合い」を悲しい事態として真摯に考えて、受け止めてる感じだ
…俺は深く考えることから逃げていた。自分に直面している「死」について考えることを避けていた
照英さんは違う。体格がよく、家族に恵まれた立派な男は、恐怖と向き合って答えを出しているんだ

なんか、人間としての格の違いを見せられた様な気がした
自分は彼に比べて、なんていい加減な人間なんだと痛感した

あぁ…マンドクセー…マンドクセーマンドクセーマンドクセー…
立派な人間を見ると、自分の惨めさが浮き彫りになる気がして、気分が沈む

「ドク君、せっかくいい感じの人が来たのに顔が暗くない? 気分でも悪いの?」
「うるせぇな。ほっておいてくれよ」
「あ、でもなんかその目、レイプ目みたいでそそるね…イイヨイイヨ」

うぜぇ…ホントこいつ人生楽しそうだな…
ドクオはニヤニヤする801の姐さんを冷めた目で一瞥して、ため息をついた


【ドクオ@AA】
[状態]:軽いウツ状態
[装備]:アイスピック@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】、参加者位置探知機能搭載)、うまい棒@現実、
[思考・状況]
基本:死にたくない。童貞と処女は死守する
1:T-72神、801の姐さんたちと行動する。
2:俺なんてどうせ…
3:801の姐さんを警戒。(貞操的な意味で)


【801の姐さん@801】
[状態]:健康
[装備]:グロック17(16/17)
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(0〜2)
[思考・状況]
基本:生き残って同人誌を描く
1:T-72神、ドクオたちと行動。
2:機会があればドクオにホモセッ○スさせる(ドクオ×照英なんて良さそう)

141 ◆m8iVFhkTec :2012/12/03(月) 08:14:49 ID:DTB9iB7E0
以上です
仮タイトルは「8→0→1 完成でスーパー戦隊のブルーとピンクタイム」
長いかな

修正点、問題点などがあればご指摘お願いします

142 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/12/04(火) 20:30:50 ID:tQtiBz/AC
仮投下乙です
問題ないと思います

143 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:26:03 ID:2kPLYxN60
やる夫、エルメェス、原住民を仮投下します

144 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:26:22 ID:2kPLYxN60
#aa(){{{
      / ̄ ̄ ̄\
    / _, 、_ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /さっぱりおんにゃのこに会わないお…どうなってるんだお…
}}}

やる夫はトボトボと歩いていた
先ほどの長身の女性を見かけて以降、おんにゃのこどころか人っ子一人見かけなかった
やがて歩いているうちに彼のメタボ気味なボディーを支える足に疲労が溜まってきた

「もう疲れたお…一歩も歩けないお…」

やる夫はだらしなく道端でへたりこむ
水でも飲むかとデイバックを開けようとした、…その時視界にあるものが映った
………ハイヒールだ!
少し先に電灯に照らされている片足のハイヒールを発見した

―――おんにゃのこの予感…!

足の疲れなど即座に吹き飛んだ
彼は立ち上がってハイヒールへ全力疾走、ビーチフラッグの要領で飛び付く
そして、顔の前に構えると鼻で思いきり深呼吸、その魅惑の香りを堪能した
なんともご満悦な表情。非常に見苦しい。親が見たら泣かざるを得ないだろう

「きっと近くに持ち主がいるはずだお!」

ハイヒールを片手に走り出す
まだ見ぬおんにゃのことの出会いを求めて

殺し合いに一人放り出されて恐怖にうち震える女の子
そこへ通りかかったやる夫は荒々しく獣のように襲いかかる…
最初は嫌ぁ嫌ぁと抵抗するものの、やる夫☆テクニックによって徐々に快楽に呑まれ…

妄想は止まらない、心臓は期待と興奮で大きく高鳴っている…!

もう片方のハイヒールを発見!近い、近いぞ!
やる夫は走った。風のように走った
しばらくは特に曲がり角もなく、ひたすら真っ直ぐな道が続いていた
やがて突き当たりの角を曲がった所で、何かにつまずいて転んだ

「うわっ!」

ちょうど倒れた位置は、そのハイヒールの持ち主の胸の上だった
なんとも言えぬ温かく、柔らかな感触…
おんにゃのこに会えたよ、やったねやるちゃん!





さて、ここで問題です
このハイヒールの持ち主の女性はいったい誰でしょうか?
(ヒント:『エルメ』から始まる)

























正解は………エルメスでした!

145 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:28:04 ID:2kPLYxN60
「ぐちゃっ…」とした妙に柔らかな感触を感じ、なんだろう?と体を起こして周りを見回した
道路から周囲の外壁にかけて大量の血液がぶちまけられており、強烈な血の臭いが嗅覚を刺激した
肉体は無惨に食い千切られており、臓器の黒やピンク、砕かれた骨の白が血の赤とマッチして毒々しい色合いを見せている
そして、自分がさっきつまずいた原因は、側にゴロンと転がっている彼女の半分潰れた頭部
もはや生前の美しかった時の原型をとどめておらず、それでもなお恐怖に歪んだ表情だけはひと目で伺うことが出来た

#aa(){{{
       ____
   /::::::─三三─\
 /:::::::: (   )三(  )\
 |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
 |:::::::::::::::::::::: |ililililil|:::::  |
  \:::::::::   |r┬-|  ,/
  ノ::::::::   `ー'´  \
}}}

「ンギャアアアアアアア!!!」

彼の悲鳴は町中にこだました



¶¶¶¶¶¶



「なんだ…?今悲鳴のようなモンが…?
 おい、誰かいるのかーッ!」

エルメェス・コステロの脳内は大混乱していた
普通の混乱ではなく、大混乱

彼女は先刻、グリーン・ドルフィン・ストリート重警備刑務所の中で目が覚めた
そして突如手に表れたシールの効果に気付き、訳がわからないと言った様子で収容所を出た直後だった
本来ならそこには廊下が広がっているはず…
しかし自分は何故か大部屋にいて、妙な東洋人に『殺し合いをしろ』と言われたのだった

普通ならこんな現象有り得ない…頭でも打って記憶が飛んでるのか…?
1492年、新大陸発見、コロンブス…
#著作権の関係で削除# の誕生日は11月18日…間違いないはずだ…

シール以外にもう一つ、ここへ飛ばされてから自身の身に異変を感じていた
先ほどから髪の中から何かがボロボロと落ちているのだ
と言っても、別に髪の毛が抜け落ちているわけではない
毛の量は一向に減らないし、何より形状が¶と実に奇妙なものになっている

#aa(){{{
    △△△△△△△
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
¶¶¶¶¶¶¶""""""¶¶¶¶¶¶¶¶""
000◯◯0 _,,,,, ▼,,,≡0◯
¶¶¶¶ ¶ ¶ 〃 _\ /≡≡|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|¶ ¶
¶¶¶¶ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|¶ ¶    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
¶¶¶¶ ¶ ¶≡ / ... |||≡≡|¶ ¶   <いったいあたしの身に何が起こっているんだ…?
¶¶¶¶ ¶ ¶ 《    .ヽ 〉 ≡|¶ ¶     \___________________
¶¶¶¶ ¶ ¶  ゛ γ⌒〜≡¶ ¶|
¶¶¶¶ ¶ ¶    ..L_」≡/¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ |   .┗━┛ ¶ ¶
 ¶¶¶ ¶ \   ┃≡/ ¶ ¶
 ¶¶ ¶   ̄ ̄ ̄ ̄
}}}

手からはシール、頭からは¶が出てきて、挙げ句バトルロワイヤルだなんて、冷静で居られる訳がない

とにかく、近くで悲鳴が聞こえた
何はともあれ、誰かに会って話をしないといけない
ましてや悲鳴が聞こえるんだ、行くだけの価値はあるだろう
その方角へ向けて、エルメェスは駆け出した
彼女の通った道にはまるでエノキのように大量の¶が生えていた



¶¶¶¶¶¶¶¶¶

146 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:28:20 ID:2kPLYxN60
目の前の惨状は完全にトラウマものである
やる夫は目を白黒させながら恐怖にうち震えた
転んだはずみで閉め忘れていたデイバックから何かがカンカララと落ちたようだが、そんなことには気が回らなかった

「は、早くここから離れるお」

とにかく赤黒い光景を視界から追いやりたかった
腰を抜かしており、うまく立ち上がれず、四つん這いで惨状に背を向ける
そのまま立ち去ろうとしたのもつかの間、先ほどの死体の感触を思いだして嘔吐してしまう
オォエーッ…
吐き気を抑えようと深呼吸する。血の臭いがひどいので、なるべくハーハーと口だけで呼吸する
#aa(){{{
__
_/___ヽ
(´・ω・`)
(     )
`u-u'
}}}

ふと、顔を上げると誰かの足が視界に入った
そこにいたのは、なんとも哀愁を漂わせた表情の小柄な少年だった
少年はやる夫の姿とエルメスの亡骸を見て、表情を変えぬまま尋ねた

「これ、君がやったの?」
「ち、違うお!知らないお!」
「でも、君の体は血だらけだし、凶器のチェーンソーも落ちてるし…」
「えっ、チェーンソーって、何の…?」

転んで接触したせいでやる夫の体には血がべったりと付いていた
さらに少年が死体のそばを指差す
恐る恐る振り返ると(なるべく死体をまともに見ないように)デイバックから落ちた支給品チェーンソーが、
ちょうど真っ赤な水溜まりに転がり、刃の箇所を絶妙な具合に染めていた
やる夫は生々しい凶器にぎょっとした。というか今まで確認していなかった。間抜けにもほどがある
少年はやる夫がやたらきょとんとしていることに違和感を覚えたが、まさか支給品を未確認だとは夢にも思わない

「ここまでやる必要は無かったんじゃない?ぐう畜だなぁ…」
「違うお! やる夫はただ通りかかっただけで…」
「じゃあそれまで何をしていたんだい?」
「そりゃあ、死ぬ前にどうせならレイプしようと…」

パニックのあまり、本音を漏らしてしまう。しかもこの表現では誤解は免れない
あわてて口を押さえたが、相手の目は既に完全に疑いから確信へと変わっていた

「そうかそうか、つまり君はそんな奴なんだな」

表情を変えずに淡々と言われたこの言葉には、明らかに軽蔑や侮蔑の感情が込められていた
それはかつて、2chで言われたどんな暴言よりも、深々とやる夫の心に傷を付けた
怖い、怖い、見るな、…そんな目で俺を見ないでくれっ!!

「ウワアアアァァァン!」

やる夫は無理やり立ち上がり、少年にぶつかり突き飛ばして逃走した
#aa(){{{
        ____
      /      \
  o ○ o´  _ノ  ヽ、_ `o ○ o
.。゚   / o゚/⌒)  ((<))゚o\   ゚ 。なんなんだお!みんな怖い人ばっかりだお!
    | 0 / /(__人__)'  0 |    やる夫はただ、死ぬ前におんにゃのことウフフアハハしたいだけなのに!
    \ / /  `― '     /
}}}

被害者面をして、泣きながら路地を走っていった

147 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:28:34 ID:2kPLYxN60

¶¶¶¶¶¶¶



「まったく、危険な人もいるもんだ…」

なんでも実況Jの原住民は落ち着きを保ったまま、パッパッと体を払った
さっきの奴にぶつかった時に、べたりと血を付けられた。迷惑だなぁ
原住民は悲惨な死体を見ても、殺人鬼を見ても、一切恐いとは思わなかった
何故なら以前に、もっと恐ろしい光景を見たことがあったから

数年前のなんJ大虐殺…
多くの仲間達が、侵略者たちによって虐殺されてしまった
バットで殴られ、踏み潰され、縛り上げられサンドバッグにされ、ファックされ、火で焼かれ、ロードローラーで引き潰され…
…みんなみんな、いなくなった…

今はやきうを教えてくれたりして、お兄ちゃんたちとも上手くやっているけれど…
…だけど、彼らがやったことは僕は一生忘れない
いつか必ず僕たちの秘密基地を取り返すんだ…

原住民はとりあえずチェーンソーを拾い上げた
これも一応使わせてもらおうかな
積極的に誰かを殺す訳じゃないけど、身を守る武器にはなるし…

その時、ザッと言う音がした。誰か来たのだ
顔を上げるとそこにはラテン系の女性が立っていた

「…これ、お前がやったのか?」

女性は驚愕した表情で訪ねてくる

「違うよ。さっきここにいた変な男がやったんだ」
「嘘だ! だったらお前が手に持ってるソイツはなんだ!?」

そう、今自分は血の付いた服に、チェーンソーを持って死体のそばに立っている「明らかに怪しいヤツ」だった


…あぁ、面倒なことになったなぁ…



【D-1 /1日目・黎明】

【やる夫@ニュー速VIP】
[状態]:中傷、陰部丸出し、血が付着
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2(未確認)、ハイヒール一足@現実
[思考・状況]
基本:性欲のまま行動する
1:おまいら怖いお!
2:おんにゃのこを探す
※やる夫の悲鳴が周囲に響きました
※チェーンソーを落としました


【エルメェス@少年漫画】
[状態]:健康、エルメェス菌散布
[装備]:なし、スタンド『シール』
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3(確認済み)
[思考・状況]
基本:まずは誰かと接触
1:目の前の少年を問い詰める
※エルメェス菌が髪の毛から散布しています。触れると感染します
※エルメェス菌の感染症状などについては次の書き手の方にお任せします


【原住民@なんでも実況J】
[状態]:健康、血が付着
[装備]:チェーンソー@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3(確認済み)
[思考・状況]
基本:????
1:誤解を解かないと…なんかダメそうな気がする…
2:やる夫(名前未確認)を警戒

148 ◆m8iVFhkTec :2012/12/09(日) 08:29:04 ID:2kPLYxN60
以上です
問題点、修正点などがあればご指摘お願いします

149 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/12/10(月) 18:08:02 ID:xDoJoCEwC
乙です
特に問題ないかと

150 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:47:47 ID:2ToxNb.60
夜神月、ダディクール仮投下します

151 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:48:06 ID:2ToxNb.60



(はぁ……どうして、こんなことに……)

 ……まさか、あんな奴の言いなりにならなければならないなんて。
 屈辱ではあるが、あれ――――A-10神を破壊する術が現時点では何も無い以上、どうしようもなかった。
 あれを破壊しうる力を持つ武器……対戦車砲でもあれば、グダグダ言われる前に破壊していただろう。
 でも、そんな物はなかった。結局、従うしかない。
 こんな物で立ち向かっても、ダディクールみたいに頭を撃たれて死ぬだけだ(こいつは死ななかったが)。
 どっちにしろ、今は……表面上だけ、A-10神に従っておこう。
 そう思い、僕は病院を離れたのだが……。

「工場はこっちの道で合っているのだろうか? 標識も何も出てないが……」
「ええ、そうですね……」

 離れたら離れたで、今度はこいつがついてくる事になった。
 僕の少し前を、テクテクと歩いている奴……ダディクール。
 妙にイラッと来る笑顔と、何とも言えない空気感のおかげで、ただ歩くだけより、余計に疲れる。
 邪魔な奴だ……。全く、どうにかできないものか……。
 ――――待てよ。
 さっきは、たまたま妨害が入ったから上手く行かなかったけれど、今ならいいんじゃないか?
 丁度いい事に、辺りには誰もいない。
 ここならうまく行く……。そう思った時。

「そうだ、ライト君だったか? ちょっと、これを見てくれないか」

 急に振り返り、地図を指差し何やら僕に尋ねて来た。
 ……チッ、もう少しだったのに。
 まあ、当の本人は僕の行動に全く気が点いていないようだったが。

「……どっちがいいと思う?」
「何がです」
「工場に行くと決めたはいいが、工場は2つあるようなんだ。どちらに行こうか迷ってしまってね」

 確かに、地図には工場が2つ載っている。
 ……砂糖工場と、ただ「工場」と記されているだけの工場。
 何故、こんな所に砂糖工場が……。

「……武装を探すのなら、こっちの……E-4の工場に行くべきですね」
「そうか。……だが、こちらの砂糖工場も調べてみないかい」
「どうしてです? 砂糖工場なんか調べても……」
「もしかしたら、役に立つ物があるかもしれないだろう? 地図によれば、砂糖工場の方が近いし。
 念の為に、行ってみようじゃないか」
「…………分かりました。一応、行くだけ行ってみましょう」

152 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:48:23 ID:2ToxNb.60

 まあ、もしかしたら、この状況を打開出来る何かがあるかもしれない……。
 それを考えると、調べるのも悪くはない。……A-10神を倒すほどの物が、ないとは言い切れないし。
 それに、あまりA-10神の武装になるものを、早く見つけられても、それはそれで困る。
 武装を見つければ、間違い無くダディクールがA-10神に持って行こうとするだろうし。
 ……とにかく、今は行ってみることにするか。









「よいしょ……っと……」

 門を乗り越え、砂糖工場の敷地内に侵入する。
 最初は、門が施錠されていたせいで、何らかの警備システムがあるのではないかと疑っていたが……。
 ダディクールが全く警戒せずに門を乗り越えて、何も無かった事から、特に何かある訳では無いと悟った。
 ……地味に、始めてこいつが役に立った瞬間だった。

「どうした、もう疲れたのかい? 若いのに体力無いんだな」

 悪いが、僕はお前と違って慎重なんだよ。
 考えも無しに突っ込むほど、愚かじゃない。

「さあ行こう。工場内を調べるんだ」

 ……いつからお前が主導権を。
 まあいいさ……今は、従っておこう――――演じるんだ。従順な男を。
 有能なメンバーを、集めるまでは。

「どうした、行かないのかい」
「……今行きますよ」

 そう言って、僕らは工場の入り口へ近づく。
 ……しかし、ダディクールは扉を開けようとしない。何故だ。
 そう思っていると、奴は僕に、何かを期待するような目で見て来た。
 まさか、僕が代わりに開けろって言いたいのか?何で僕がそんなことを。
 こうやって見ただけでは分からないが、もしかしたら……殺し合う気のある奴が、いるかもしれない。
 そのリスクがあるのに、碌に武器もないこの状況で、僕にやれと言いたいのか。
 ……眉間を撃たれても死なないような、お前が行けばいいんじゃないのか?

「…………僕が開けるんですか?」
「そういう訳じゃない。ただ、俺が開けるってのが、ちょっと躊躇われるだけさ」

153 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:49:04 ID:2ToxNb.60

 それって、結局の所「やりたくない」って事じゃないか……。

「だから、頼むよ」
「……」

 どうしようもないな、こいつは。

「分かりました、僕が開けますよ……」
「助かるよ」

 くそっ……。
 出来る事なら、舌打ちでもしたいくらいの、最悪な気分だ。
 しかし、言ってしまったものはどうしようもない。
 スタンガンを手に、できるだけ警戒してドアノブを捻り、ドアを押し開ける。

「…………」

 ……中はひんやりとした空気で満たされている。
 誰も、いないのか?いや、それはまだ分からない。
 どうやら、ここは倉庫だったようだ。
 コンテナやら何やらが大量に置かれている。

「……誰もいないようです。ダディクールさん、先に行って下さい」
「ああ、分かった」

 何者かに襲い掛かられてもいいように、ダディクールを先に行かせる。
 ……何で、こういうのは普通にやるんだ。
 ただ扉を開けるより、こっちの方が危険なはずだろう。
 ……まあ、こいつならちょっとやそっとじゃ死ななそうだが。
 そうこうしている内に、バタバタとダディクールは中に入っていく。
 少しは警戒しろよ……。

「…………誰もいないな」

 そんなこと分かってる。
 お前みたいにバタバタと入っていけば、そうなるだろう。
 命を狙う誰かがいたなら、その時点で襲われるだろうし。
 とにかく、今の所人はいないようだ。……また、こいつが役に立ったな。
 それでも、一応身構えて倉庫に入る。
 入った後に、後ろ手で扉を閉めて、ついでに施錠しておく。
 建物はこれだけじゃない。他にも入り口はありそうだが、とりあえずはこれでここからの侵入を阻止出来る。
 もちろん、力ずくで壊されてはどうしようも無いが。
 この扉は鉄製のようだし、そう簡単には破られはしないだろうけれど。
 ……A-10神みたいな化け物が来なければの話だが。

「さて、ここからは二手に分かれてここを調べよう」
「えっ、二手に別れる? ……それは、同意しかねますね」

154 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:49:29 ID:2ToxNb.60

 流石に、これには異を唱える。
 こんな状況で、単独行動なんて出来るはずがない。
 特に、ろくな武器も持たない現段階では。

「どうしてだい。二手に分かれて調べた方が、早く調べられるだろう」
「何でって……こんな状況で、1人で行動するなんて危険すぎるでしょう」
「大丈夫だ。この分だと、ここに人はいなさそうだしな」

 そう言って、グッと親指を立てる。
 こいつのこの自信はどこから沸いてくるんだ。

「そんなこと、まだ分からないじゃないですか」
「…………仕方無いな。そこまで言うなら、一緒に調べよう」
「……」

 これじゃ、まるで僕が駄々をこねてるみたいじゃないか。
 僕は間違ってないって言うのに。
 ……全く、何なんだ、こいつは。

#aa(){{{
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +  <さあ行こう。時間は有効に使いたいからね。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
}}}
「……はい」

 ……。
 我慢だ、我慢しろ。
 ――――でも、そろそろどうにかしないとな。

155 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/18(火) 20:50:28 ID:2ToxNb.60


【D-4・砂糖工場・倉庫/一日目・黎明】
【夜神月@AA(DEATH NOTE)】
[状態]:健康、ダディクールにイライラ
[装備]:スタンガン@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、zip画像ファイル@画像も張らずにスレ立てとな
[思考・状況]
基本:殺し合いからの脱出
1:出来ればダディクールを排除したい……早い内に
2:脱出目的を持つ参加者か、A-10神を倒せる善良な参加者を探す
3:一応、ダディクールと共にA-10神が使える兵器を探す

【ダディクール@AA】
[状態]:眉間に銃痕(絆創膏で処置)、クール
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2、ファービー@現実
[思考・状況]
基本:クールに行くぜ
1:砂糖工場を探して、A-10神が装備できる兵器を見つける
2:常にクールなダディを貫く
※バカに付ける薬@コピペを消費しました
※何故か生命力が異常に高いです。決して不死身ではありません

---
仮投下終了です
問題点等あれば、ご指摘お願いします

156 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/12/18(火) 21:30:19 ID:iGt5N90c0
仮投下乙です
特に問題ないと思います

157 ◆i7XcZU0oTM :2012/12/19(水) 23:07:51 ID:Q1ncQvuw0
投下いたしました

158 ◆m8iVFhkTec :2012/12/27(木) 12:24:07 ID:YW3ObjZ60
やらない夫、加賀を投下します

159 ◆m8iVFhkTec :2012/12/27(木) 12:26:12 ID:YW3ObjZ60
ぼーっと甲板で横になり、夜空を見上げる
漆黒の空間に星々が強く輝き、月が冷たく照らしている
都会で見えるような、紫がかった空とは大違いだな…

って、俺はなんだ? ポエマー気取りかよ
やらない夫はため息をつく
まぁ…不安な時に限って妙に冷静になるものだし…

やる夫…あいつはどうしてるんだろうな…
まさか気が触れた奴に襲われて、早々にあぼーんなんてことは無いだろうな?
あいつのことだ、こういう事態じゃ、怯えて隠れてるに違いないだろうな、常識的に考えて…

勿論やらない夫はこの時、やる夫がハイヒール片手に妄想しながら走り回ってるとは知る由もない

何度目かのため息を着いたところで、加賀の声が聞こえた

(目的地が見えてきましたよ)
「何っ、もう着くのか?」
(これでも普通よりもだいぶ遅いですよ、3ノット程度ですかね)
「…すまん、そういう単位とか詳しくないからわからないな…」
(1ノットは1時間で1海里進む早さ…1852mですね。わかりやすく言えば3ノットは時速5.5kmくらいです)
「なるほど、把握した。1時間もあれば流石に着くわけだな」
(距離的には1時間かかりませんけどね。方向を変えるのが大変なんですよ、船は)

やらない夫は身を起こして、陸地を眺めた
街頭の白い明かりが水面に反射してキラキラと光っている
だが、建物等の灯りは点いていないようで何が建っているのかはよく見えない
さっさと夜明けが来ないだろうか…こう暗いと物騒で仕方がない

ようやくたどり着く…と思った時だった
ンガガガガガッ!!!と鋭い音が響き、船が大きく揺れた

「な、なんだ…!? 今の…」
(………座礁してしまいました…これでは動けません…)
「マジかよ! どうにかならないのか?」
(私自身の力ではどうにも…あぁ、パラオ港以来ですよ、座礁なんて…)

緊急事態じゃないか…これでは陸地にたどり着けないぞ…
海に飛び降りるとしても、結構な高さだぞこれ…
飛び込みなんてやったことないし、長い間泳ぎなんてしてないし…どうするよ

「この船にボートとか付いてたり…」
(してませんね…空母ですから本来ならば航空機なんかも置かれているんですが…
 完全に空っぽです。スカスカ過ぎて淋しいくらいです)

マズイな…このままじゃ二人共動けねぇぞ…
なにか打開する策はないのか…?ロープか何かあれば…

…そうだ、支給品! 支給品をうまく使えば…

やらない夫はデイバックの中身を思い出す…
薙刀、「ZUNビール」と書かれたビール瓶、プレイステーション3だったかな…

「…ってダメだわ…使えそうなものがない…」
(わたしのデイバックには何か入ってませんかね)
「…探さないとダメだよな…」
(そうですね。船内は閑散としてるので、すぐ見つかるんじゃないでしょうか)

まぁ…な。と思いつつもやらない夫は周囲を見渡してげんなりする
やれやれ、結局このだだっ広い船を探索することになるのか…
全長は200mくらい…階数は未知数…こいつは相当骨が折れるな…

「よし、さっさと探してくる」

そう言ってやらない夫はランニングで船内へと向かっていった

160 ◆m8iVFhkTec :2012/12/27(木) 12:26:38 ID:YW3ObjZ60
#aa(){{{
    ―― [] []
   | l ̄ | |     / ̄ ̄\
   |_| 匚. |   /   _ノ  \
      | |   |    ( ●)(●)
       |_|   |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ
 [] [] ,-,     |         }
   //     ヽ        }
 匚/    / ̄ヽヽ     ノ      ,.r-、
       /           ⌒\  P{三)
      /ヽ/^y       /\  \/\ノ
     (、、J /       /  ヽ /  /
        /      /    \___/
从从    (       /
Σ  ヽ、 __へ     \
Σ  /  ̄   \    \
Σ_ノ \、__ / \    ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ
}}}

―――30分後…
#aa(){{{

          /  ̄ ̄ ヽ
          /  _ノ:::::::ヽ\
          l  ( ○) (○)l
            l li|il::(__人__)::i
            l :::::u /   /:::::i
           i     `⌒´   }
         /⌒ヽ      ノ
       /      \ ー‐ / `i
    /    , ⌒ヽ ヽ  / /
   r´    /    \ ヽ /
   {    < :       (__ノノ
  .;i  /\ ヽ ;      | |
 ;/ /;  \ i :.    | |
  (_ )   (_ヽ.     | |
}}}

「ハァ…ハァ…見つけてきた…」
(だいぶ時間かかりましたね)
「かかりました…広すぎる…ハァ…」

やらない夫は加賀のデイバックからヒョイと支給品を取り出す
一つはいわゆる手榴弾が3つ程、もう一つは錨を模したペンダントだった

【手榴弾】
 お馴染みの手投げ用の爆弾です。ピンを抜いてぶん投げましょう。
 コンカッションですので、中規模の爆発で攻撃します。
 

【擬人化アンカー】
 人外の物が身につけることで人が他の姿に変身できます。
 変身後は外すことで元の姿に戻ることができます。

「クソッ、爆弾とアクセサリーじゃどうしようもないな…」
(えっ!? いや、そのペンダントで変身ができるんじゃないですか?)
「変身? そんな摩訶不思議なことあるわけないだろ常識的に考えて…」
(やってみなきゃわかりませんよ。大体、わたしが話せること自体常識はずれですし…)

それじゃあ…と、やらない夫は擬人化アンカーを甲板の上に置いた
流石に本当に効果があるわけ無…おや?
置いた瞬間、どこからか煙がモクモクと噴き出したではないか
#aa(){{{

        γ ⌒ ⌒ `ヘ
        イ ""  ⌒  ヾ ヾ
      / (   ⌒    ヽ  )ヽ
      (      、 ,     ヾ )
      ゞ (.    .  ノ. .ノ .ノ
        ゝ、、ゝ   ノ  ノソ
          ゝ、、ゝノ ,, ノ
        _          _
        | ∟,¨ __ └┘/7
        |_厂  | 匚] |  <ノ
}}}

161 ◆m8iVFhkTec :2012/12/27(木) 12:26:54 ID:YW3ObjZ60
やけに拍子抜けする音がして、やらない夫は気がつけば海に放り出されていた
生ぬるい水へバシャンと落ちた。頭がくらくらする
まさか本当に効果があるとは驚きだな…ついでに無事に着水が出来た…だが…

「でも…もう体力がねえよ…」

30分にも及ぶランニングによってやらない夫の体力は限界だ
ここから近くの陸地まで泳ぐのは酷だ…オワタ、ここで溺れ死ぬ…

「大成功ですよ、やらない夫さん。」

加賀の声が聞こえた。先ほどのように脳内に直接ではない、鼓膜を通してはっきりと聞こえる
目の前にいるのは軍服を着た少女だった

「良かったな…だが俺はここまでのようだ…」
「…疲れで投げやりにならないでください。陸まで送りましょう」

そう言うと加賀少女はやらない夫とデイバック二つを背負って泳ぎだした
さすが元が船だけあって、華奢な体に似合わず、その泳ぐ速度は相当なものだった
距離にして100m程度、波打つ海面をものの数分足らずでたどり着いた
テトラポッドを登って海辺へと上がる

「ハァ…ハァ…助かったよ…」
「この程度でくたびれていたら、戦争は生き残れませんよ
 回復したら、次に向かう場所や行動方針などを決めていきますよ」
「わかった…」

やらない夫は息を付きながら地面に倒れこんだ
とりあえず、陸地でも加賀と行動出来ることになったのは心強い事だ
数々の戦争を乗り越えてきた戦艦だし、俺よりもこういう事態には強いはずだ

ふと、うす明るくなってきた空に親友の姿が思い描かれた
…やる夫、お前は大丈夫か? どうにか生き延びていてくれよ…
普段は蹴飛ばしたりしてるが、こういう事態だとやっぱ気になって仕方ないな…

―――ない夫! なんでやる夫を差し置いておにゃのこと行動してるんだお!! ひどいお!

想像上のやる夫が突然怒ってそんなこと言ってきた
知るか。というかそんな呑気なこと言ってる場合か。常識的に考えて…

女…ねぇ…。なんとなく加賀の姿をじっと見てみる
船体のカラーである灰色と赤がモチーフの軍服、細い体にあどけない顔…女学生にしか見えん

「って、そういやお前女性に変身してるが、もともと女だったって事か?」
「さぁ…? 空母ですから正直わかりません」
「…まぁ、そういうものか…」

…ん、なんだこの感情は…
おい待て、俺は一体何を残念がっているんだよ…!?
別に女性じゃなくても関係ないだろ、今の状況でそんなこと考えてる場合じゃ…(ry



【B-5 船着場/1日目・黎明】

【やらない夫@ニュー速VIP】
[状態]:健康、常識的
[装備]:薙刀@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ZUNビール@現実、PS3@ゲームハード
[思考・状況]
基本:殺し合う気なんてないだろ、常識的に考えて……
1:休憩したら行動方針を決める
2:やる夫が心配

【加賀@軍事】
[状態]:擬人化、健康
[装備]:20cm単射砲(0/1)×10、25mm連装機銃(0/15)×10 擬人化アンカー@安価スレ
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、手榴弾(3/3)@軍事
[思考・状況]
基本:殺し合いに乗る気はないけれど……
1:やらない夫さんが回復したら今後の方針を決める
2:すごい支給品ですね
3:どこかで弾薬を補給できれば……
※制限により、全ての弾薬と12.7cm連装高角砲が没収され、航行速度が低下しています
※他にも制限があるかは不明です
※身長1.6m程の軍服少女へ擬人化しました。装甲がなくなりますが、陸上でも機動可能。


《支給品紹介》
【薙刀@現実】
長い柄の先に刃がついた武器。日本鬼子の得意武器でもある

【ZUNビール@現実】
ニコニコ超会議というイベント時に、ZUNがプロデュースしたビール
原料にみかんが使われているため、香りが爽やか
ビール瓶に入ってるため、勿体無いが鈍器として使用するのもアリ

【PS3@ゲームハード】
レベル男が買い求めた夢のハード。物売るってレベルじゃない
かなりの重量感がある。これで殴ったらシャレにならない

【手榴弾@軍事】
手投げ爆弾。爆発による破片を飛散させるのをフラグ、爆風で直接攻撃するのをコンカッションと呼ぶそうだ
これはコンカッションです。筆者は詳しくないのでこれ以上は語りません

【擬人化アンカー@安価スレ】
いかり(アンカー)を模したペンダントの付いたネックレス。安価とアンカーを掛けたネーミング
身につけることで人の姿になれる画期的な支給品。首から外れると元の姿に戻る

162 ◆m8iVFhkTec :2012/12/27(木) 12:28:09 ID:YW3ObjZ60
以上で仮投下終了です
修正点、ご意見などがありましたらご指摘お願いします

163 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2012/12/27(木) 20:35:07 ID:Oj43sKvUC
仮投下乙です
問題ないと思います

164 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/01/13(日) 21:50:30 ID:mDpuemQE0
ギコ猫、しぃ、いわっち、クタタンを仮投下いたします

165 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:51:03 ID:mDpuemQE0
しぃはいわっちに抱き抱えられながら夜道を移動していた
夜の風は少し冷たいけど、いわっちの腕の中は暖かくて安心出来る

ふと、しぃの頭の中で疑問が浮かんだ

「いわっちサン、テレビ局ってこっちナノ?」
「いいえ。まずは協力者を探す必要がありますので、寄り道をするところですよ」
「そっか」

しぃはすぐに納得した

横断歩道に差し掛かる。ちょうど信号は青になっていた
車が一台も通らない道路で、淡々と仕事をこなす信号機の姿は何とも虚しいものだ

「寄り道…いい言葉だと思いませんか? わくわくしますよね」

いわっちは呟く
しぃはその言葉について少し考え、すぐに首をかしげる

「うーん…チョットわからない」
「はは。まぁ、しぃさんはお若いですから、そういうものかもしれません
 私にとって、少年時代はだいぶ昔の話なんですよね。だからこそ、あの頃を連想する言葉に魅力を感じてしまうんです」

そう話すいわっちの目は輝いていた
子供の頃に楽しいと感じたこと、それを今でも鮮やかに想像出来る
だからこそ、多くの人を虜にするゲームを作れるのかもしれない

相変わらず暗い空の下、街灯に照らされる街道を歩いていると、ふと目につく看板が見えた

『森林公園』

柵で囲われた敷地沿いの真ん中辺り、柵の無いところ、すなわち入り口

「せっかくです、中に入ってみましょうか」
「ウン」

静まり返った世界に、コツコツとした足音だけが聞こえている





夜の公園には、ひんやりとした空気が漂っていた
昼間の太陽の光をたっぷりと浴びた広葉樹たちは、夜は静かに風になびかれて身を休めている
中央に設置されている噴水は街灯の光を乱反射して白い輝きで瞬いている
舗装された散歩道は幾人もの靴を受け入れた結果、土でまぶされて、周りの自然と一体化しているようだ
その落ち着いた雰囲気は人々の悩みや沈んだ気持ちを受け入れてくれることだろう


「また森林公園に来ちまったのか…俺ってやつは…」

ギコ猫は目の前の光景を見て沈んだ気持ちになった
この光景は二回目である。数時間前に彼が目が覚めた場所、まさにここであった
散々逃げ回ったあげく、道に迷い、ふりだしに戻るとは…そろそろ方向音痴の称号が貰えるかもしれない

不名誉だな…と思いながら、ギコは近くの茂みへ潜り込んだ
開始早々からずっと走りっぱなしだった。いくら俊敏な猫と言えどもそろそろ限界である
肉食動物って基本的に持久力が無いからな。人間と違ってな
今後生き残るためにも、なるべく体力を温存しなくては…



そうしてギコが一息つこうとしたのも束の間、一人の男が歩いてきた
質の良さそうなスーツを見にまとった初老の男
彼は道の端に備え付けられたベンチに腰をかけて一息をついた
偶然にもギコがいる茂みのすぐそば

ギコはイライラした

「(なんでよりによってコイツは…)」

休息しようと思ったらこれだよ、面倒なことになった
どうせこいつも俺を見つけたら、問答無用で襲いかかるに違いない
そろそろいい加減にして欲しい。今はガチで疲れているんだ
とりあえず、見つからないうちにここから離れてしまおう
無視して休んでいて、うっかりクシャミでもしたらアウトだしな

166 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:51:41 ID:mDpuemQE0
男はデイバックから水を取りだして口に含んでいる
全く気付いていないな…、この隙にずらかるしかあるまい

茂み…腰の高さ程の葉がもっさりと生い茂った小さい木、俺はその下に隠れている
地面には音を立てるような落ち葉は無い、そして頭部と胴体を一切触れずに抜け出す隙間有り…これなら無音で行ける!
イライラ棒の如く、慎重に茂みの小枝の間から頭を出す…

―――ガサッ…

バカ。ご自慢の鍵尻尾の存在を忘れていた。葉を掠めて小さな物音を立ててしまった

いや、大丈夫だ、まだ気がついてないようだ。まだ巻き返せる
さすがに、この程度の物音では警戒されることは無かったようだ

尻尾を引っ込め、頭に続いて胴体、そして後ろ足ゆっくりと出す…
これでよし!あとは歩いて離れれば
ギコは勝利(?)を確信し、物音を立てないようにこっそりと茂みから
「ちくわ大明神」
離れようとする
よし、落ち着け…息を潜めて、一歩ずつ進…

「ちくわ…?」

誰だ今の。なんか意味不明な言葉が聞こえ…


…しまったああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!


流石に男にも聞かれてしまったようで、即座に反応し立ち上がって身構えた

「…これはこれは…そこに誰か居たようですね…」

ひどい、今のは反則だろ! とりあえず、走って逃げれば…

「おっと、驚かないで結構です。それより少しだけ私の話相手をしませんか?」

どうする…?
ギコ猫は思考する

男は何か野球ボール程度の大きさの球体を取り出して手の中で弄っている
あれは爆弾だろうか…? だとしたら下手に逃げると刺激しかねん…
流石に体力のない状態では『華麗に回避』なんて出来ない気がする
相手が話を持ちかけている間は少なくとも攻撃はしないとは思うが…

まぁ、まだこの男が殺し合いに乗ったやつとは限らないが…
摩呂、お断り野郎、そしてモッピー…俺が出会った参加者はいずれも好戦的なやつだった
すなわちこの男も乗っていてもおかしくない、むしろ乗ってる可能性の方が高いんじゃないか?

「ちくわ大明神」

またしても変な声が聞こえる
全く、いったい誰が言っているんだ?
俺以外には男しかいないようだが…こいつじゃないみたいだ…

目の前のスーツの男は、一口だけ水を口にすると話を始めた

「私たちは突然拐われて、ひろゆきと名乗る男に殺し合いを強いられました
 そして訳がわからないままこの街中に飛ばされた…本当に理不尽な話です」

凛とした口調で語る

「ここに飛ばされた直後、私はまず落ち着くことが大事だと思いました
 まずは支給品を調べて、そして自分はこれからどうするべきか、それを考えました
 行動指針も何も考えずにただ『優勝したい』、『死にたくない』、
 または『脱出したい』、だなんて曖昧な思考では生き残るのは難しいでしょう」
「(うっ…俺のことじゃねえかそれ…)」

予想外に痛いところを突かれ、ギコ猫は苦い顔をした
本能的に生きていたい、それは最も自然な思考であり、思考していないことと同じ
…別にいいじゃないか、とは思うが

167 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:52:21 ID:mDpuemQE0
「我々が、この殺し合いに参加する意義について考えました」

さらに続きを語る

「自分が生き残りたいがため、または自分の『願いを叶える』報酬を得るため…
 そんなくだらないことで唯一無二の大切な命を奪い合うなんて間違っている…
 あなたもそうは思いませんか?」
「ま、まぁな…」

ギコは小声で答える

「私利私欲のために何人も人を殺して、願いを叶えてもらう…バカバカしい事だ
 私たちは協力するべきなのです。ひろゆきから与えられた支給品の力を有効に活用せねばならない」
「…それはつまり、参加者で一致団結して、ひろゆきをぶっ殺そうぜ!ってことか」

   √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 / ̄          |
/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|
|   / ',. へ 二二,.へ |
|  /  ,.-=\ / =-、 |
| /  、__,,,ノ( 、_, )。、_,|
(6    |l`'ー=ニ=-イ|  |
|     ヾr‐-r‐-、ソ  :|
|       `ニニ´    |
| _\____//
´ ̄\ ̄\ ◇、/ ̄|\

男はそれを聞き、はっはっは、と乾いた声で笑った
水をまた一口飲む。それをデイバックに仕舞い、今度は白っぽい棒のようなものを取り出した

「それはステレオタイプの考え方です。まずはこれを見てくださいよ、私に支給されたちくわを。
 材質、形状、中身、何を取っても完璧にちくわです。…しかし」
「ちくわ大明神」
「言葉を語るんです。なんの変鉄もない食材が、我々の日常に『驚き』と『笑い』というファクターを投げ入れる…
 これはある意味では、エンターテイメントを突き詰めた究極のカタチ、技術の結晶だとは思いませんか?」

ギコ猫はこの時、「何言ってるんだ」と思った
というか、さっきの変な声の正体はそれか
そりゃあ、ちくわに言葉を喋らせる技術はすごいかもしれないが、それが今の話と何の関係があるのか?

すると男は手に持っていたボールを後ろに放り投げた

「そして…」

ポンッ!っと子気味のよい音を立てて球体…もといカプセルが口を開いた


「グオオオオォォォォン!!」


赤い光と共に黒い影が飛び出し、その力強い咆哮が公園の中に響き渡る

「この禍々しい生き物の姿を見てください。最も洗練された、美しい姿だとは思いませんか? でもこれ、実は造られた生き物なんだよね
 ひろゆきにはこんな『力の結晶』と呼べる生き物を作り出し、それをコンパクトに持ち運ぶ技術を持っているのです」

徐々に男の口調に熱がこもっていた
ギコ猫はおそるおそる、茂みの葉と葉の隙間からその生き物の姿を見る

街灯の光をバックに見えるその生き物は、ただの獣ではなく、『悪魔』…そう形容するのがふさわしい姿をしていた
虚無を思わせるような漆黒の体毛は、ソレが日の当たる世界から来たものではないと一目で理解出来るだろう
鼻先から闇空へと真っ直ぐに伸びるツノは血のように赤く、闇に溶け込む体から一際目立っていた
鋭く、鈍く輝くキバと強靭なアゴはまさに『捕食者』と冠するのに恥じないものだった
これを『洗練された美しい姿』だと? おかしい。この男の言ってることはさっきからおかしい…!

「ひろゆきには世界を動かすだけの技術を持っている。そして彼は言った。『我々の願いを叶える』と
 ならば私はその力を使って、世界をより美しいものへ創り上げて見せましょう!
 あなたも私の考えに賛同するのであれば、私にその命を預けなさい!!」
「…それは要は、てめぇの優勝のために死ねと言っているのか!?」

168 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:52:59 ID:mDpuemQE0
ギコは語調を強めて問い返した

「私がやらなくては、誰がやるというのでしょう?この願いは私利私欲ではない
 ゲームを楽しむユーザーたち、SCEを叩く2ちゃんねるの人達、全ての人々をより高みへと進化させるためのものだ!
 これは世界を動かす最も大きな『仕事』、そして『ゲーム』なのです! 私が作りたかったプレイステーションの世界が目の前にあるのです!」

男は―――もといクタタンは、酔いしれたような表情を浮かべてそう叫んだ

逃げられない…!とギコは直感した
あの獣から放たれる威圧感、そして殺意…
その目が俺という獲物を捉えたら最後、確実に逃さないことを予感させた

「ネメア、アイアンヘッド」

クタタンは指先を茂みに向けて、彼の『武器』へと指示を下した
命令に反応し、ネメアは大地を蹴り、そのツノを茂みへと叩き付けた

打撃音が響き、土埃を巻き上げ、植木が宙を舞う













          トv'Z -‐z__ノ!_
        . ,.'ニ.V _,-─ ,==、、く`
      ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
    rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
    、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
      ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
    r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;. ←コロちゃん
       _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
       ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
       ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
       ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
          _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "

「…人形…?」

ネメアの攻撃で出来た小さなクレーター、そこにあったのは無残にも綿が飛び出し、首が千切れたクマのぬいぐるみ『コロちゃん』
ギコの姿はいなかった
はたして、それが意味するのは…



―――ギコねこに かわって みがわりが こうげきを うけた!
「逝ってよし!!」

ギコ猫はサバイバルナイフを構え、クタタンの首筋へ迫る
キラリと光る両刃のナイフは、その柔い肉を容易く切り裂いた…!

「ぐっ…!!」

だが、間一髪で気付いたクタタンは腕で防御をした
深々と肉をえぐり、彼の右腕から血がほとばしる

「クソッ!」
「ネメア、悪の波動!」

ネメアが咆哮する
禍々しい肉体からブラックライトのような色の『波動』をギコ猫に向けて放つ

ギコ猫は困惑した。彼はこんな攻撃の挙動を、かつて一度も見たことがなかったからだ
例えば、生まれて始めて「自分に飛んでくるボール」を目の当たりにした時、それを反射的に避けることが可能だろうか?
ほとんどの場合それは不可能である。何故ならばどう対処するかを思考する必要があるからだ

かくして、悪の波動はギコ猫に命中する

「グハアッ!!」

衝撃で吹っ飛ばされ、地面に叩き付けられた
腹部の皮膚がただれ、血がにじみ出ている
倒れているギコ猫にクタタンは歩み寄る

169 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:53:17 ID:mDpuemQE0
「もっと大人しく協力してくれれば良かったのです」

そう言ってクタタンはギコ猫の頭を鷲掴みにする
ネメアは掴まれたギコ猫を見て、息を荒くしていた
まるで、飼い主から餌を与えられるのを待つ動物のようだった

「は、放せっ…!やめ…ろ…!」
「弱肉強食。君ならそれはよくわかっているでしょ。黒猫君?」

嘘だろ…? …心が絶望に染まり、ギコの意識は遠くへ落ちていった…

そしてクタタンは、ボロボロの黒猫をそのままネメアへと放り投げる














「待ちなさい!!」

公園内に響く第三者の声
ギコ猫を投げようとした腕がピタリと止まった

その声の主を、クタタンはよく知っている
彼と同じ、ゲームを作る同業者であり、最大の競合者…

「おや、これはどうも、いわっちさんじゃないですか。あなたも殺し合いに巻き込まれていたとは…」
「ええ、クタタンさん。本当に奇遇なものです…。それよりまず、その猫を放しなさい」

いわっちの手には街灯の光を反射し、黒光りする大きな銃が握られていた
その銃口はクタタンの方へ向けられている

「その猫はこちらのしぃさんのお友達です。ここであなたに殺させるわけにはいきません
 もし、放さないのであればこの散弾銃の引き金を引かせていただきます」
「わたしはあくまでゲームのルールに乗っ取っているだけです
 あなたにわたしを止める権利はありませんよ?」
「放しなさい」

いわっちは静かに、それでいて突き付けるように言った

今、クタタンの命は握られている状態だ
散弾銃…いくらいわっちが素人といえども、約15mの距離から散開発射される銃弾を外すことはないだろう
ネメアに命令を下す時間もない。いわっちの指示に従わなければ、ヘタをすればここでゲームオーバー
フッ、と鼻で笑い、クタタンはギコ猫を持つ手を緩め、地面に置く

「ネメアをボールに戻してください。そうすればあなたを見逃します」

クタタンは無表情でその指示に従った
散弾銃は向けられたままだ
クタタンは両手を挙げた状態で、いわっちに言った

「…いわっちさん、わたしと手を組む気はありませんか?
 あなたが協力してくれれば、きっと全てうまくいくと思うんですがね」
「お断りします」

いわっちは言い切った

「…どうせ、そう答えると思ってましたよ」

やれやれ、という調子でため息をつくと、クタタンはそのまま立ち去った

170 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:53:33 ID:mDpuemQE0





しぃは震えていた
いわっちと共に森林公園に入ると、そこにはコワイ怪物に襲われてるギコ君がいたから
ギコ君はお腹を怪我してる。ひどい怪我、きっとスゴク痛い、死んじゃうかもしれない…

―――大好きなギコ君が、死んじゃうかもしれない

「あ…あ………」

怖くて、怖くて、うまく声が出ない
ただ、いわっちの足にしがみついて、カタカタと震えるだけだった


いわっちはクタタンが去ったあと、深々と安堵の息をついた
彼に支給された散弾銃、それはただのモデルガンだった
殺傷能力は無し、まさに脅しや駆け引きにしか使えない
つまり、相手が何かしらの防御策があったり、逆上されたらそのままやられていただろう
危険な橋を渡るような行為…クタタンのような慎重な相手だからこそ成功したと言える

それにしても…といわっちは先ほどのクタタンの様子を思い出した

『これは世界を動かす最も大きな『仕事』、そして『ゲーム』なのです! 私が作りたかったプレイステーションの世界が目の前にあるのです!』

…あれは本当にクタタンだったのだろうか?
自分の知っている彼は、ひろゆきの「願いを叶える力」なんかに頼ったりせず、自らの力で切り開き、望みを叶えていく男だ
彼は、私が知っているクタタンでは無かった
この世界に来て、彼の何かが歪んでしまったのだろうか?

…いくら考えていても答えは出ない。今やるべきことは…

「ギコさんの傷の手当をしないといけませんね」

自分の影に隠れて震えているしぃの頭を撫で、かがみ込んでギコの様子を見る
脇腹の辺りが焼け爛れたような痛々しい傷になっている
そして、死に直面したショックで気を失っているようだ。しばらく目覚めないかもしれない
…まずは手当をしなくてはならない。基本支給品から消毒液、そして包帯を取り出す
そして、ぐったりとしたギコの傷口に消毒液をかけた

\人_人,_从人人,_从,人/
  )  アピャーッ!?   (
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒ヘ
 ∩∧ ∧
 ヽ( ゚Д゚)
   \⊂\
    O-、 )〜
      ∪

予期せぬ痛みにギコ猫は飛び起きた



【ギコ猫@AA(FLASH「K」)】
[状態]:打撲(小)脇腹のダメージ(大)、疲労(大)
[装備]:サバイバルナイフ@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1
[思考・状況]
基本:生存優先
0:何が起きた!? 誰だお前!?
1:本能に従って生き残る…のを否定されたので少し考えるか…
2:仲間なんて煩わしいので作るつもりはない
3:磨呂、お断りします(名前未確認)、モッピー(名前未確認?)クタタン(名前未確認)を警戒
4:ひろゆきはマジで逝ってよし

※何故か迷子らしいです(PDAを見ると言う案が出てない模様)
※コロちゃん@家族が増えるよやったねたえちゃん が破損しました。壊れたまま森林公園に落ちています

171 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:53:48 ID:mDpuemQE0

【しぃ@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1〜3)
[思考・状況]
基本:皆死んじゃうのはイヤ
1.ギコ君…大丈夫…?
2.カイブツ(ネメア)がコワイ…


【いわっち@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モデルガン@サバゲ、不明支給品(0〜2・本人確認済み)
[思考・状況]
基本:殺し合いをやめさせる
1.ギコ猫と話をする
2.色々な人に情報を訊きたい
3.反抗の手はずが整ったらテレビ局からダイレクトを行う





             ポケットモンスター
クタタンに支給されていた『生物兵器』

ホウエン地方と呼ばれる土地に、巨大な隕石が墜落した
その時、大地を震わせた地響きは、世界で最も深い谷底で眠る邪悪の化身を目覚めさせてしまった

―――その名はネメア

人間の心を操り、その者が持つ野心をより強大なものへと変貌させてしまう

しかし、元々人並み外れた野心を持つクタタンの場合は、それを大きく歪ませてしまった
多くの人の笑顔、そして最も美しい形を追い求めた結果が、
殺し合いに呼ばれた少数の人々を切り捨てた上で、全世界の人々を幸福にすると言う願いだった

「いわっち…次に会うときはお互いフェアな状態で『ゲーム』を楽しもうではありませんか
 私は世界を背負っている。決して負けません。世界を動かすのは、この私です」

…彼のその思想がはたして「私利私欲のため」ではないと言い切れるかは定かではない



【クタタン@ゲームハード】
[状態]:右腕に切り傷(中)、健康
[装備]:ネメア@ポケットモンスターアルタイル・シリウス
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ちくわ大明神@コピペ、不明支給品(0〜1)
[思考・状況]
基本:優勝し、世界を美しいモノへ創り上げる
1:ネメアを使い、他の参加者に「協力」を呼びかける。
2:いわっちには自分の思想を理解してもらいたい。

【ネメア@ポケットモンスターアルタイル・シリウス】
[状態]:支給品、健康
[思考・状況]
基本:クタタンの指示に従う


《支給品紹介》
【ネメア@ポケットモンスターアルタイル・シリウス】
2ちゃんねるの住民によって造られた改造ポケモン「ポケットモンスターアルタイル・シリウス」に登場するオリジナルポケモン
ここに登場する悪の組織「B・H団」「W・H団」のリーダーのダイゴとミクリは、このネメアに洗脳されている
本ロワでは所有者の精神に影響し、強い悪の思想へと変えてしまう
アイアンヘッド、悪の波動以外の技は、次の書き手の方にお任せします

【ちくわ大明神@コピペ】
見た目も材質も中身も完全にちくわ
だが不定期に「ちくわ大明神」と呟く
なお、元ネタでは別にちくわが喋っているわけではない模様
食料として使える

【モデルガン@現実】
銃身50センチ程度の狩猟銃…と見せかけて、ただのモデルガン
実際に銃弾を発射することは不可能
一応脅しに使える。なんなら直接ぶん殴っても良い

172 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 21:56:28 ID:mDpuemQE0
以上で投下終了です
修正点、問題点、ご意見などがあればご指摘お願いします

ちなみに、支給品紹介でのモデルガンの出典が間違えてました
サバイバルゲーム板です。修正しておきます

173 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/01/13(日) 22:33:09 ID:HW8lxEaU0
仮投下乙
特に内容に問題ないとは思う

ただ一つだけ、癖なんだと思うけど(過去作も見たけどそうだったし)文末の句点(「。」)がついてないのが凄く気になる
こういう掲示板でのレスならともかく、創作としての文章には無いとなんだか不自然に感じちゃうのでね…

174 ◆m8iVFhkTec :2013/01/13(日) 22:47:06 ID:mDpuemQE0
実際、掲示板レスを意識して付けてませんでしたが…、
確かに、読む側に違和感を与えてしまうのでは本末転倒ですね。
それでは、これを機に句読点を付けます。
ご意見ありがとうございます。

175 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:20:05 ID:diTZsHK20
ZUN、壁殴り代行、八頭身を仮投下します

176 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:20:33 ID:diTZsHK20
「あの……もしかして怒ってますか……?」
「いえ、そんなこと無いですよ」

壁殴り代行はオドオドとした様子をしていた。
そりゃあ、新婚と聞いただけで突然壁を破壊したら、脅かしてしまうのはわかりきっている。
頭では理解していた。だが、不意打ちで言われたために思わず反射的に手が動いてしまったのだ。

……歩き出してからと言うもの、ZUNの口数は先ほどよりも少なくなっている。
もしかして不信感を持たれてしまったのかもしれない……
どうしよう、このまま友好関係を築くことができなくなったら……
あぁ、バカなことをした。自分を殴りたいくらいだ。
このままでは良くない……もう一度誠意を込めて謝らなくては。

「その……さっきは本当に申し訳ありませんでした!」
「い、いやいや、そんなに謝らなくてもいいですよ」
「とは言いましても……先程からあんまり話さなくなってるもので…」
「うん、そのことだけどさ……う〜ん…まぁ、もう言っちゃってるし、いいか」

ZUNは少し考えるような仕草をしながらそう呟くと、デイバックを開いた。
そしておもむろにPDAを取り出して、『手書きメモ』の画面に。
彼はタッチペンでさらさらと何かを書きながら、口を開く。

「えーっと…壁殴りさん、私たちは首輪を外すために、まずどこへ向かうべきかわかります?」

そう言いながら、ZUNはPDAの画面を見せた。
『首輪に盗聴器あるかも』
えっ! とした表情を壁殴り代行は浮かべた。

「本当でs…じゃなくて、どこへ向かうべきか……えー…
 先ほどの地図を見た感じ、"ちかてつ"百貨店とかどうでしょうか?
 工具の類とか調達できれば、首輪を外すのに役に立つと思いますし」
「ンフフ、"きんてつ"百貨店と読みます。そうです、その通りです。
 まずはそこへ向かいましょう。ただ、近鉄百貨店周辺は繁華街のようです。だからたぶん死角が多いんですよね。
 だから闇討ちされないように、その辺りに近づいてきたらなるべく身を隠しながら移動しましょう。
 出来れば明るくなる前に着きたいところですが…ちょっと遠いので難しいかもしれません」

『首輪の機能・・・バクハツ GPS 多分+αで盗聴器』
『首輪解除について←発言済み とうちょう?←ナイショでよろ』

「ふむふむ……わかりました」
「まぁ、もっとも、壁殴りさんの体格だと隠れるのに一苦労かもしれません」
「あははは、いやはや…その通りですなぁ」

ZUNの口数が少ない理由は、どうやらこれだったようだ。
うかつな発言をひろゆきに聞かれるとそこで首輪が爆発してしまうかもしれないからだ。

ZUNの考えはこうだ。
支給されたPDAにはGPS機能がついている。
この機能によって自分の現在位置がわかる…が、その情報は主催者にも共有されているとは考えられないだろうか?
いや、むしろそう考えるのは当然だろう。参加者が目の届く場所にいるかどうか、監視する必要があるからだ。
では、GPSの電波はどこから発生しているだろうか? PDA本体から? ……いいや、そうとは考えづらい。
なぜならPDAを破棄、紛失、破壊、そのいずれかによって情報を受け取れなくなるから。
すると、捨てることが困難であり、破壊される事態になっても問題のない『首輪』に搭載するのは有効であるのだ。
少なくとも、首輪には爆発以外にいくつかの機能が取り付けられているのだ。

位置情報の他に受け取れる情報があるとすれば、それは音声。
反乱を企てる参加者たちの会話を把握することによって、ひろゆきが事前に対策が出来るからだ。
他に考えられるのは脈拍や、嘘発見器のような思考を読み取る機能だが、それらに関しては何の対策もできない。
映像に関しては、首輪にカメラを仕込んでいる様子がないため考えづらい。
もしかすると会場のあちこちに監視カメラが仕込まれているかもしれないが……。

そんなわけで、重要な事項はなるべく筆談を行うことでリスクを減らす必要がある。
ZUNは会話がひと段落ついたところで筆談に集中する。
『あくまでも仮説 でもとうちょうきの話題はなるべく出さないように
 ついでにひろゆきにバレないように、とーちょーに気付いていないフリを』
"盗聴"って画数多いから書くの面倒なんだよね。

壁殴り代行はそれを読むと、自身もPDAを取り出し、メモを書き始める。
そして真剣な顔をしてその文章をZUNに見せた。

(`・ω・´)『りょうかい』

もう少しで吹き出すところだった。


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

177 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:20:57 ID:diTZsHK20

              ‐=≡   ∧ ∧
             ‐=≡   ( ´Д`) ハァハァ
           ‐=≡_____/ /_
         ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
        ‐=≡  / /  /    /\ \//
       ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
         ‐=≡    /    /
          ‐=≡   |  _|__
           ‐=≡  \__ \
             ‐=≡ / / /
``)          ‐=≡  // /
`)⌒`)       ‐=≡ / | /
 ;;;⌒`)      ‐=≡ / /レ
   ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私は、1さんを探さねばならない。
いまはただその一事だ、走れ! 八頭身!
八頭身は走った。黒い風のように走った……

と、一人で盛り上がりながら疾走していた八頭身の目が、二つの人影を捉えた。
一人は筋肉ムキムキの巨漢、もう一人は目立つ帽子をかけたメガネさんだ。

「おーーーーい!」

八頭身は彼らのそばへ行くと、1さんについて尋ねた。


              ∧_∧   从从
              (  ´Д`)   ビシッ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         D  _/  ⌒ヽ  (⌒)   < 1さんを知りませんか?
          ⊂二 /    へ  ノ ~.レ-r┐  \_________
          D  /    /  ヽノ__ | .| ト、
         _ _レ   /〈 ̄   `-Lλ_レ
       /   __ノ   ̄`ー‐---‐′
       ヽ <  | |
        \ \ | ⌒―⌒)
         ノ  )  ̄ ̄ ヽ (
        (_/     ⊂ノ


        ∧_∧ 
         (´・ω・`) _、_,,_,,,     
     /´`''" '"´``Y'""``'j   ヽ   
    { ,ノ' i| ,. ,、 ,,|,,. 、_/´ ,-,,.;;l 「知らないですねぇ」
    '、 ヾ ,`''-‐‐'''" ̄_{ ,ノi,、;;;ノ
     ヽ、,  ,.- ,.,'/`''`,,_ ,,/
      `''ゞ-‐'" `'ヽ、,,、,、,,r'   
        ,ノ  ヾ  ,, ''";l 


          . ∧_∧:::       /
       (⌒=- (´Д`  ):::     <  チッ・・・・・・・。
   ⊂⌒ヾ  ./⌒   ⌒i::::/⌒つ  \______
      \\/ /i    i レ / ̄
       \_/ i    .L__/:::
            )     |:::
            /    .|:::
         / ,. フ /:::
        / / / /:::
       (  く / /:::
         \ ( (:::
          \|  iヽ:::
           | /(:::
           | .|し:::
      .___ノ i________
         (_ノ

初対面でこの態度である。激怒されても仕方がないレベルである。
が、ZUNと壁殴り代行は別段気にする様子はなかった。
名簿によればこの男『八頭身』は、『1さん』という人物に首ったけだという。
この態度から察するに、1さん以外のことに関してはどうでもいいと考えてる人なのだろう、と即座に悟ったのだった。

178 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:21:14 ID:diTZsHK20
「その1さんっていう方も、殺し合いに巻き込まれているんですか?」
「ええ、いるに違いありません。僕の勘が告げているんです」

八頭身は自信を持ってはっきりとそう答えた。
……ただ、参加者名簿には彼の言う『1さん』と思わしき人物が見当たらなかった。
考えられることは、『1さん』は殺し合いに参加していないか、登録されている名前とは違うのか、名簿が間違っているか…このどれかであろう。
とりあえずは彼に『1さん』についての情報を聞いてみよう。

「ンフフフ…なるほど、勘ですか…。ちなみに、『1さん』という名前はかなり珍しいですが、本名でしょうか」
「なんでそんなこと聞くんですか?」
「え……いや、なんでって……」

突っぱねるかのように質問が返ってきて、思わずたじろいでしまう。
それを聞かれることが不都合なようにも思える。

「いや、もし1さん以外の呼び方があったら、情報を聞いたときにわかるかと思いまして」

適当な理由を挙げた。
『名簿に載ってないから』なんて言っては、面倒なことになる。

「1さんは1さんですよ。それ以外にありません。」
「はぁ……
 あ、ではでしたら外見的特徴などを教えてくださればいいのですが」
「1さんは、笑顔が爽やかで、クールで、優しさにあふれていて、
 それでいて多少の厳しさも備えていて、普段はカッコよくて、
 たまに抱きしめたくなるようなかわいい一面もあって……

⊂二 ̄⌒\               ノ)    あぁ、愛しの1さん!!
     )\   ( ∧_∧  +     / \     僕は君の全てが欲しい!」
   /__   ) ´Д`)    _ / /^\)
  //// /       ⌒ ̄_/
 / / / // ̄\      | ̄    +
/ / / (/     \    \
+           \    〉
        +    .| y   'j
             i  (  く
    +         |  i \ \
             |  |   \ \  +
             |  |     \ \
             |  |      \ ヽ
           (⌒__ノ        i .j
                      `‐'

感極まって叫びだす八頭身に引きながら、ZUNは改めて問いかける。

「…………あの、外見的特徴といったはずですが……例えば貴族っぽい服装だとか、そういうのを……」
「イカしたヘアースタイル! そして凛々しい顔立ち! これに限るね!」
「…………はぁ、なるほど……」

ZUNは首を傾げた。
先ほどから『1さん』という人物像が一向に掴めない。
八頭身は頬を桜色に染めて、その『1さん』の姿を妄想しているようだが……
彼の話す『1さん』の情報には、どれも明確な特徴と呼べるものがなかった。
服装だの、背丈だの、挙げられるものは他にいくらでもあるはずなのに、彼はそれを語らない。
男性なのか、女性なのか、それすらも明確ではないのだ。

顔立ちが整っていて、素晴らしい性格…わかることはそれだけ。
人物としての個性が何一つないのだ。言うなれば『人格者なマネキン』みたいなものだ。

「ウッフフフ……いかがです、君も1さんの魅力を理解していただけたかな?」
「う〜ん…いやぁ、私にはちょっとねぇ……」

179 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:21:35 ID:diTZsHK20
                  ∧_∧:::
                 ( ´Д`):::::
                / 丶'  ヽ::::: 「これだけ語ったのに1さんの魅力が理解できないとか、
               / ヽ    / /::::   ダメだなアンタ。ダメ。考えられないね。うん」
              / /へ ヘ/ /:::::
              / \ ヾミ  /|:::
             (__/| \___ノ/::::::
                /    /::::::::
                / y   ):::
               / /  /:::
             /  /::::
            /  /:::::
          (  く::::::::
           |\  ヽ:::::
            |  .|\ \ :::::
      \    .|  .i::: \ ⌒i::
       \   | /::::   ヽ 〈::
          \ | i::::::   (__ノ:
         __ノ  ):::::
         (_,,/\



           ∧_∧
          ( ´・ω・)
         /´,mn Y ` ヽ  制裁入りますね
         〈 (_n ̄)ィ ヽ 〉
         ヽ_(y';、,!,/ノ ノ
     メキメキメキ   |ヽ、__/〈
          /|  !,  ヽヽ
         〈 |   |`ヽ、ヽ`i,
          ヽ/   ノ   i  ,〉
          ノ  ,./ヽ   |/  |
     /^ヽ_/  ヽ、 )   i  ,!
     し/´ ∧_∧/⌒'i (  ヽ、
      ゝ (.;´Д`),ノi ノ ←八頭身
      /  ノ  ,r-っ (ノヽ,,>
     〈_ ̄ ̄ メ  ))
        ̄ ̄`ヽ`つ て バンバン
          )/V Vヽ(


流石に口が過ぎた。

 ◇ ◆ ◇ ◆

一通り謝罪をした八頭身は、太ももをさすりながら言う。

「痛たたた……もういいです。僕はさっさと1さんを探さなくてはいけないので、この辺で……」
「これからどこか向かう先はあるんですか?」
「……そうだった、まだ正確な目的地を決めていなかった!
 とりあえず、人が集まる場所へ行きたいんだけど、どのあたりかなぁ」

目的地も決めずにひたすら走るとは……
呆れつつも、ZUNは地図を広げて考察をした。

「そうですね……会場の真ん中であり、怪我人なども集まる『病院』ですかね。
 ただ、その分危険人物も集まりそうですが……大丈夫なんでしょうか」
「危険でも構わない! 少しでも1さんがいる可能性が高いなら僕は行くつもりだ!」
「ふむ……でしたら気を付けてください。どれだけの人が殺し合いに乗っているかわかりませんので」
「わかりました……。あ、お礼と言ってはなんですが、僕の支給品をお分けします。…ハズレのですけれども…」

八頭身はそう言うとデイバックから二枚の紙、そして時計を取り出した。
二枚の紙…それは野球観戦のチケットだった。時計は趣味の悪そうな金ピカのもの。
少なくとも殺し合いの場においては不要だと思われる品である。

「いえ、それでは不公平です。それでしたら、私たちが使わない支給品を……
 壁殴りさん、あれを差しあげても大丈夫でしょうか?」
「ええ、僕は構いませんよ」

ZUNに促され、壁殴り代行はトンファーを取り出すと八頭身に差し出した。

「そんなっ、こちらは使えない品を渡しただけなのに悪いですよ」
「とはいえ、我々にはトンファーは使えませんからね。1さんを見つけるために、少しでも足しになれば」
「どうもありがとう。君たちも無事でいられることを祈ってるよ!
 …あ、ついでに、もしも1さん見つけたら保護してあげてください。お願いします。……それじゃあまた!」

そう言うや否や、八頭身はトンファー片手に疾風のごとく駆け出した。
湧き上がってくる使命感と母性本能、そして不安……。
それらのエネルギーが脳内からあふれるパワーとなり、その足を更に速めた。
(だいぶ時間を取っちゃったなぁ……あぁ、1さん、今君はどこに……?
 早く見つけないと……あぁ、早く護ってあげないと……)

不安が焦りに変わっていく。どれだけ速く走っても足りないほどに……

(あぁ、1さん、早く見つけなくちゃ、早く1さんを、早く1さんを、早く、はやくはやくはやくはやく……)

明け方の空の下、彼の足音が騒がしく街の中をこだましていた。

180 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:22:05 ID:diTZsHK20
足音が遠ざかっていくにつれて、次第にはっきりとした静けさが戻ってきた。
完全に静まったところで、壁殴り代行が口を開いた。

「彼に伝えなくていいんですか? 1さんという名前の参加者がいないって」
「うん。彼には悪いけど、教えても逆効果だと思ったんだよね」
「逆効果? どうしてですか?」
「こう言うと失礼だと思うけど……『1さん』って彼の"理想の恋人"であって、実在しない人物な気がするんだよね」
「ほう、それは意外ですね……! そう判断出来る材料はあったんですか?」
「僕の勘が告げているんです」
「それ、八頭身さんのマネですか」
「ンフフ、そうですよ」

ZUNは忍び笑いを浮かべる。
壁殴り代行は「なんだ…」という素振りをしつつも、気がつけば内心でかなり信用していた。
もしかすると、口に出さないだけで何かしら明確な理由を持っているんじゃないか? と思っていた。
きっと、そう思わせるだけのカリスマがZUNにはあるのだろう。

―――ZUNが"逆効果"だと語った理由。
それは、八頭身のあの異常な愛情が、ある時突然狂気に変わってしまうような、そんな気がしたからだ。
口と態度はひどく悪いものの、八頭身は本質的になんだかんだで温厚な性格であった。
別れ際の穏やかな会話は嘘ではない。

ただ、どうしても『1さん』の存在が引っかかるのだ。
仮に『1さん』が存在せず、彼の妄想の産物だった。などと言う事実が明らかになったとしたら、彼はどうなるだろう?
あれだけ全身から溢れ出ていた愛情を向ける先がなくなったとき……
きっと、彼は正気を保てずに、狂うだろう……そう思ったのだ。

だからこそ、ZUNはあえて彼と行動を共にしない選択をしたのだ。
自分たちが近鉄百貨店に向かうことを伝えなかったのは、病院までの道のりと被るからである。
少なくとも、このバトルロワイヤルと言う極限状態で、様子のおかしな彼と深く関わるのはリスクが高すぎると思ったからだ。

しかし、ZUNは決してドライな性格ではなかった。そのことに多少の罪悪感を感じていた。
出来ることなら、彼の探す1さんが見つかればいいのだが…。
そう願わずにはいられなかった。

「ZUNさん、百貨店まではあとどのくらいかわかりますか?」
「そうだねぇ…この距離だと、1時間くらいかな。ついたらまず地下へ行きますよ」
「地下? なるほど、地下に何か眠ってるんですね……」
「はい、デパ地下には酒があります」
「えっ」


【A-4・住宅街/1日目・黎明】


【壁殴り代行@ニュー速VIP】
[状態]:左拳が少し痛い
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】、詳細名簿インストール版)、金ピカの腕時計@泣けるコピペ
[思考・状況]
基本:首輪を外して室伏の仇を取りに行く
1:ZUNの護衛をしつつ、首輪解除の手段を探る
2:ZUNさんって、スゴイ

※壁を殴りすぎると拳が破壊される可能性があります
※トンファーを八頭身に譲渡しました

【ZUN@ゲームサロン】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【LV=00】)、瓶入りオリーブオイル 、プロ野球観戦の優待券×2@泣けるコピペ
[思考・状況]
基本:首輪を外してこの場から脱出する
1:壁殴りさんに守ってもらいながら首輪解除の手段を探る
2:まずは近鉄百貨店へ向かう
3:酒が飲みたい。百貨店で調達したい
4:『1さん』の実態が気になる。八頭身も心配

※主催・ひろゆきの真意を疑っています。黒幕の存在もあり得ると考えています。



【A-4・住宅街の外れ/1日目・黎明】

【八頭身@AA】
[状態]:健康、焦り
[装備]:デザートイーグル(7/7)@現実、トンファー@トンファーキックのガイドライン
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)
[思考・状況]
基本:1さんを護る。邪魔する奴には、容赦しない。
1:人の集まりそうな場所『病院』を目指す。待っててね、1さん!!
2:1さん…どこにいるんだい…?
3:さっきの二人…ありがとう!
4:他の参加者に話を聞いて、より人が集まりそうな場所があればそこへ行く
※ZUN、壁殴り代行の名前を聞いていません
※不明支給品は『プロ野球観戦の優待券』『金ピカの腕時計』。ZUN、壁殴り代行に譲渡しました。

181 ◆m8iVFhkTec :2013/02/07(木) 21:23:02 ID:diTZsHK20
《支給品紹介》

【プロ野球観戦の優待券@泣けるコピペ】
タケシのカーチャンが勤め先からもらったチケット。2枚セット。
『招待券』ではなかったため、お金が足りずに結局野球観戦が出来なかった。切ない思い出の品。

【金ピカの腕時計@泣けるコピペ】
オメガのシーマスター。とある男性の父親が「金に・・困ったら・・・質にでも入れろや・・・!」と形見に残した品。
メッキがところどころ剥げているものの、しっかりと時を刻んでいる。


―――――――――――――――――

以上で仮投下終了です
修正点、問題点、意見などがあればご指摘お願いします

182 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/02/07(木) 21:31:35 ID:No0j934Q0
仮投下乙です
特に問題はないかと思われます

183 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:53:58 ID:QUuUB0ls0
やる夫、チハ、畜生マッマ、グンマー仮投下します

184 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:54:40 ID:QUuUB0ls0
やきうのお兄ちゃんが起こした惨状を目の当たりにしたやる夫は、振り返ることもせずにひたすら逃げ続けていた。
しかし、元々疲弊していた身体についに限界が来てしまう。
やる夫は息を切らせながらその場に座り込んだ。

「おにゃのこはいないし、怖い人ばっかりだし、もう散々だお…」

何はともあれ、まずは疲れた身体を回復させるために水分を補給しようと思い直した。
数刻前にもしたように、デイバックからボトルを取り出す。
キャップを開け、口を付けたままボトルをひっくり返して中の水を一気飲みした。

          ,-‐-、
          | 天 |  ング
   ング     | 然 |
          | 水 |
      / ̄⌒)  (⌒ ̄\ング
    / ,. ^‐'_ヽ /__ー^ 、 \
  / // ̄ ` ⌒ ´ ̄\\ \
 (  </            \ノ   )
  \ \           / /
 ング \ \       / /
                   ング

そうしていると、やる夫の耳がある物音を捉えた。

「ム、ムガモゴ・・・?(ん、何だお・・・?)」

口に水を含みながらやる夫が音のするほうに目を向けると





一台の戦車がこちらに向かってきていた。



         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。


予想外の事態に思わず水を吹き出してしまうやる夫。

185 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:55:22 ID:QUuUB0ls0
「なな、なんだおアレ!?あんなもん反則だろうがお!!!
 おおおお落ち着け、そそそそ素数を数えて落ち着くんだおおおおお、1,3,5,7,9…」

やる夫が焦りを募らせている間にも、戦車はやる夫に近づいてきている。
とっさに逃げようとしたやる夫だが、足をつんのめらせてその場で転んでしまった。

(あばばばばばばばもう無理、オワタ、やる夫の冒険はここで終わってしまうんだお…)

やる夫は頭を抑え、震えながら死を覚悟した。



(あれ?参加者がいるよ。なんかすごく怯えてる…それに怪我もしてるみたいだ。たぶん殺し合いには乗ってないんじゃないかな)

道端に座り込んでいるやる夫を発見したチハはやる夫に近づいた。
次第に怯え始めたやる夫に何度か声をかけたが成果はなく、背を向けて丸くなっているやる夫の前でただ佇むしかなかった。

(うーんどうしよう…お姉さん、ちょっと出てきて代わりに対応してよ)



…………お姉さん?

チハの発した言葉にやる夫は反応する。
会話の内容から察するに目の前の戦車の乗員は二人以上、一人は声の感じからしておそらく少年だろうか。
そしてその声の主が残りのうち一人の乗員を「お姉さん」と呼んでいる。


つまり


戦車の中にいるのは


「お…お…お…」



゚ | ・  | .+o   ____* o。 |。|   *。 |
゚ |i    | +   /_ノ ' ヽ_\   | |!    |
o。!    |! ゚o /(≡)   (≡)\   | * ゚ |
  。*゚  l ・/::::::⌒(__人__)⌒:::::\ |o  ゚。・    
 *o゚ |! |     |r┬-|     |  + *|
| ・    o \      `ー'´     / *゚・ +||    
 |o   |・゚  >         |  *。*   |    
* ゚  l|  /           |    | +|
 |l + ゚o  /           | *゚・ ||  ・ |o
 o○ |   | 丶    ヽ  /  | *o|  *。
・| + ゚ o /| /     | /   |  O *。|
 O。 | ( ∪  / ̄\∪  ノ。* 。   |
 o+ |!* \  /     |  ノ   |  *o|
 |・   | ゚・  )ノ     \ | o○ |!


「おにゃのこおおおおおおおおおお!!!!!」

186 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:56:11 ID:QUuUB0ls0
やる夫の中から疲労も恐怖も何もかもが消し飛んだ。
「戦車の中でお姉さんとキャッキャウフフしたい」という思い一心で、
未だ丸出しの息子を滾らせながら戦車へと駆け出す。

その間に戦車のハッチが開き、中から乗員が姿を現した。





J( 'ー`)し



       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\
  //// (__人__) ///\
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

       ____
     /_ノ  ヽ_\
   /(○)   (○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

       ____
     /-‐  ‐-\
   /(●)   (●) \
  /    (__人__)    \
  |      `ー '     |
  \              /


      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



「いやいくら死ぬ前にセクロスしたいとは言っても、羊水の腐ったBBAとなんてごめんだお。
 やる夫にだって選ぶ権利ぐらいあるお。ていうかマジ萎えたんだけどやべえどうしよう」

期待はずれの結果にやる夫のテンションは大幅ダウン。
頂点を向いていた息子も次第に地面へと頭を垂らし、平常時のように収縮し始めた。
今のやる夫の心情は、例えるなら自慰行為中にうっかり母親の顔を思い出してしまった際の物と同じだった。

(な、なんだろう…急に元気になったと思ったら、また静かになって何か言い出したけど…)
「あなた参加者でしょ?私達は殺し合いには乗ってないよ。あなた名前は?」

やる夫のテンションの高低の激しさにオロオロしている同行者を尻目に、
戦車の中から現れた中年の女性がやる夫に話しかける。
それにやる夫は表情も変えず冷徹に返した。

187 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:56:52 ID:QUuUB0ls0
「人に名前を尋ねるときはまず自分から名乗るもんじゃないかお?
 そもそもやる夫にはBBAに名乗る名前なんてないお。
 教えてほしければ年頃のメスの一人や二人ぐらい連れてこいお。それじゃやる夫はこれで」





J( 'ー`)し



     ↓マッマ
     ,,,,, ,,,,,,_
   ,,;;;彡-ヽ;;;;;;;                      /ヽ_,-
  {;;彡;;;;;;;;;;-"`;}                  ヽー-'
  {彡< //、_,-'_ヽ       ↓やる夫      /
   >;/ ,---, l三|)      ,-、         ゝ~     が
  ヾ=、. '^"`.ヽ,. |/^ヾ-、__/'_ ヽ        <
   ,-ヽ.  _'=-'、/ こ\\/: :-/`-、     ノ     あ
. _,-ー/|::|ヽ、' ~./-,、__~ヽ 〉'|ヽ/: : : : : :\   \
': : : : ヽ|: ヽ `>< |.  `;;-///: : : : : : : : ヽ  ノ     あ
ヽ: : : : |: :/、 /ミミ/'|  ;;. |<: : : : : : : : : / \ `)
: :ヽ: : :'-/: .ヽ /,:ヽ.|  ; |、ヽ。。o-::/     ヽ<     あ
-、: :ヽ: :<: : ヽ/ヽ;>ヽ l .|_/-、:_/>----ー--、\ヽ_
~ー-::<: :ヽ: :/;/|/  〉  )-,、 ,_/    ̄ ̄`-、  ヽ, )>、 あ
: : : : : :|:/: :.>;;(/, , }`---' > / ,-、      \ \  ヽ
: : : : : : ): : :|ー( }ヽ.ヽ.ヽ-、_,/   /~          ヽ<./
: : ://`/~:~:~: :ヽ^>-' ;;ヽヽ:l:ヽ-'/           ヽ|


      __          __
     _l\ \―――― _'\_ `,,_
     `ヽ l´ ̄、、 `lヘ,rl´、,, _,,゙l‐'-/ヽ
    /ヽ、\ ヾll ,/゙ト 、`,,_ ‐'' _,,'ソ
     l  l;;ヽ、ヽ,,/\ l ` ‐ ̄ r_―_,、'l' \       それ以上いけない
    ヽ ' ,. 、,,!、,\ \、,,_ ll_(,ヽ、llノ ―' \
      ヾ,l |;l、、ヽ \ \,,_  ̄_ヽo_`_‐ ,,ヽ
      ヾ,'l |;l、、,,!、,\/,_ ` '' ‐.‐_‐:"l (( 、) i_',、
        ヾ,'l |;l、、ヽ、,\゙' ‐、'ー‐'"  ̄ `' 、 \
         ヾ,'l |;l 、、,,!、,ヽ、、\  _ 'O,_ \ ヽ
           ヾ,'l |;l、、,,ヾ‐ ` ''l        ̄ヽ ´=ヽ
            ヾ,'l |;l| |;;三;;l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /,l l;;三;;l
              ヾ,'_,,、ノ爰;;/‐' ̄ ̄ ̄ ̄ヾ,‐',ノ爰;;/
                  ̄´            ̄´




188 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:57:26 ID:QUuUB0ls0
中年の女性、畜生マッマと同行する戦車、チハはやる夫と名乗った怪我人を保護してチハの中で情報交換を始めた。
まず戦車チハが参加者の一人であることを伝え、やる夫からこれまでの経緯を聞きだす。
しかしやる夫の説明を聞いている途中から、すでにマッマのやる夫に対する印象は最悪だった。

「ええと、やる夫はまずおにゃのこをレイ…じゃなくて、おにゃのこを助けてお礼にセクロ…でもなくて」

要するにこの男、ただの暴漢である。
ああだこうだと誤魔化そうとしてはいるが、ところどころに本音が見え隠れ。
その身に負った怪我も付着した血も、全て自業自得だった。

「…どうやらあんたを助けたのは間違いだったみたいだね…」
「そ…そんな言い方酷いお!た、確かにやる夫もちょっとどうかしてたとは思うお…
 でももうむやみやたらに襲ったりなんかしないお。
 それよりも、やる夫が逃げてきた方には行かないほうがいいお。
 二人も参加者を殺した黄色い化け物がいるんだお」

やる夫の弁明を半ば聞き流していたマッマだが、思わぬ情報に驚きを見せる。

「ちょっと待った!黄色い化け物が二人も殺したって…?」
「そ、そうだお…それを見てやる夫は逃げてきたんだお」
(黄色い化け物って…お姉さん…)

「黄色い化け物」。数刻前に看取った一等自営業が、仇と言って憎んでいた参加者。そして…
もし二人の殺人者が同一人物だとするならば、その犯人は野球場の方面へ向かっている事になる。
マッマは少し考え込み、やる夫に向き直った。

「ちょっとその現場まで案内してもらえないかしら」
「は、はあ!?あんた何言ってんだお!?話聞いてたかお!?
 やる夫はもうあんな殺人鬼のいるところに戻りたくないお!!」

それを聞いて今度はやる夫が驚く番だった。
たった今その現場から逃げてきたというのに、再び戻されるというのがやる夫は不満だった。

「ゴチャゴチャ言ってんじゃないの、粗末なモノ付けてても男でしょ。もっとシャキッとする!」
「ふざけんじゃねえお!もうあんた達には付き合ってられないお!やる夫は降ろしてもらうお!」

やる夫がハッチから体を乗り出し外に出ようとしたところで、マッマに引っ張られ再びハッチの中に引き摺り込まれた。

「ちょ、何するんだお!離せお!」
「うるさいね、私だってあんたみたいなダメ男どっかに捨て置きたいところだけど、仕方なく嫌々連れ添ってるのよ。
 わかったらさっさと案内する、ホラ!早くしないとこいつであんたの愚息を叩き潰すよ!」
(ちょっと二人とも、僕の中で暴れないでよ…)

苛立ちを高まらせたマッマは、支給品のハンマーを取り出しやる夫の前にちらつかせる。
そうして泣き叫ぶやる夫を強引に殺人現場まで案内させた。
複雑に逃げ回っていたわけでもなかったので、やる夫も漠然とではあるが道順を覚えていた。

「ううう…やっぱりここの参加者みんな怖いお…あ、そこの角を左だお」
(でもしょうがないよやる夫君…僕だって怖いけど、隠れてたって何にもならないし。
 それに、ついさっき出会った人が僕らに遺言を残して亡くなったんだ。
 『黄色い化け物を殺して仇を討ってくれ』って。
 殺すかどうかはともかく、 あの人の想いを無視するなんてできないよ)
「そんなこと言ってるけど、チハだってこのおb…お姉さんが怖くて従ってるだけだお?」
(い、いや…そんなことは…痛っ!お姉さん、床を叩かないでよ…!)

やる夫の証言の中にも出てきた「黄色い化け物」。
マッマがそのフレーズに過敏に反応を示しているのにチハは気づいていた。
もしかして、何か心当たりがあるのではないか…?
それはまさかよく文句と共に口にする、彼女の息子の事ではないかとも思ったが、
一等自営業ややる夫の証言からイメージされるそれと現在自身に乗ってる女性が、血縁ましてや親子関係だとはとても思えなかった。

とにもかくにもマッマはその黄色い化け物なる人物の正体を確認したがっていると推測し、
消極的ながらも捜索を手伝おうと思っていた。
加えて一等自営業から想いを託されたという使命感もまた、少しばかり彼の恐怖心を抑える手伝いをしていた。

189 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:58:34 ID:QUuUB0ls0
「はあ…やたら説教してくるところとか、暴力的なところとか、なんだかやらない夫にそっくりだお…あ、そっち右だお」
「あんたの友達かい?そんな友達がいるなんてむしろ運がいいじゃない。その子もあんたのためを思ってやってるんでしょうよ」
「そんなはずないお。ここでもやる夫のこの綺麗な顔を思い切り蹴ってきたんだお。親にも蹴られたことないのに…」

呟きながらやる夫は自分の頬をさする。
傷に隠れているが、よく見ると確かに軽い痣ができていた。

「"ここ"って…その友達も参加させられてるのかい?」
「お、おお…たぶんそうだお。最初に集められた会場でやる夫のすぐ近くにいたんだお」
「じゃああんたその友達が心配じゃないの!?」
「だ、だって…生き残った一人しか帰れないんだお?やらない夫の心配なんてしても無意味じゃ…」

やる夫の返答を聞いたマッマは、顔を抑え大きく溜息をついた。

「うちの息子にも引けをとらないぐらいのろくでなしだね、あんたは…
 こんな状況下で友達ほっぽっといて、やってることは女漁り?
 そのやらない夫って子に同情すら湧いてくるよ」
「う、うるさいお!やる夫だって大変だったんだお…攻撃されたり疑われたり…
 おばさんにどうこう言われる筋合いはないお…!」
「用が済んだら私達の弾除けにでもなってもらおうかね…」

度重なるマッマの言葉責めがやる夫の心を刺したが、それが次第にやる夫の心に現実感を与えていた。

(でもよくよく考えてみると、この状況って結構チャンスなんじゃないかお?
 ちょっと狭いけどこの戦車の中にいれば安全だし、あいつの持っていた拳銃なんてちっとも怖くないお。
 ただ問題はこのおばさんと一緒にいると、おにゃのこを見つけてもセクロスできそうにないという点だお。
 というかこのおばさんと一緒にいるだけで性欲なんてちっとも湧かないお…)

先程までの衝動が嘘であるかのように、やる夫の心は冷静さを取り戻していた。
どんなに逃げ回ったところで、首輪を嵌められ殺し合いの最中にいる限り安全地帯など存在しない。
同行者に不満はあるものの、戦車と行動を共にしている現在のやる夫の状況はまさに不幸中の幸いなのだ。
戦車から降りて彼らと離別しようとした自分のなんと間抜けなことか。自身の行動を反省し、やる夫は考えを続ける。

(そもそもやる夫は本当におにゃのことセクロスできればそれでよかったのかお?
 やらない夫が誰かに殺されても?やらない夫はたぶん殺し合いには乗ってないお。
 殺し合いから脱出する方法や、もしかしたらやる夫を必死に探してるのかもしれないお。
 それなのに…やる夫はこれでいいのかお?)

性欲喪失による無気力感のためか、とりあえず身の安全が確保できたためか。
やる夫は、共に巻き込まれている親友や殺し合いについて思考を巡らせることができていた。

やる夫の暴走は本当に彼の性欲のみに起因するものだったのか。
ひょっとすると今の苦境から彼の心を守るために働いた、一種の防衛本能だったのではないだろうか。
ともかくこの一連の出会いや出来事はやる夫に幾ばくかの変化をもたらしていた。
その変化がただ一時のものであるかどうかはまだわからない。

「そこずっと真っ直ぐ・・・あ、何か飲み物ないかお?」
「コーラならあるよ(ニッコリ」



          ,-‐-、
          | 醤 |  ング
   ング     | 油 |
          |   |
      / ̄⌒)  (⌒ ̄\ング
    / ,. ^‐'_ヽ /__ー^ 、 \
  / // ̄ ` ⌒ ´ ̄\\ \
 (  </            \ノ   )
  \ \           / /
 ング \ \       / /
                   ング


         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。




(うわっ、汚っ!)

190 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:59:29 ID:QUuUB0ls0
【E-1 /1日目・早朝】

【やる夫@ニュー速VIP】
[状態]:負傷(中程度)、血が付着、テンションsage、擬似賢者モード
[装備]:無し
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2(確認済み)、しょうゆ一㍑(1/4消費)@現実
[思考・状況]
基本:性欲喪失。とりあえず今は生き延びる
1:オエーッ!
2:畜生マッマを殺人現場に案内する
3:でも戻りたくない
4:畜生マッマから離れたい
5:でもチハからは離れたくない
6:やらない夫がちょっと心配
7:でもやっぱりおにゃのこには会いたい
※やきうのお兄ちゃんを危険人物だと認識しました(名前は把握していません)
※擬似賢者モードによりテンションが下がり、冷静になってます。性欲が回復すれば再び暴走するかもしれません。



【畜生マッマ@なんでも実況J】
[状態]:健康、やる夫にイライラ
[装備]:ぬるぽハンマー@AA
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1(治療に使えそうなものは無いようです)、ハイヒール一足@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いを止める
1:やる夫が目撃した殺人現場へ案内させる
2:野球場方面へと向かう
3:やる夫をどっかに捨てたいが、野放しにするのもまずい気がする
4:もしバカ息子がいたら……どうする?
5:やる夫の友達のやらない夫に親近感



【チハ@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料残り92%、内部が少し醤油臭い
[装備]:一式四十七耗戦車砲(残弾無し)、九七式車載重機関銃(7.7mm口径)×2(0/20)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3(治療に使えそうなものは無いようです)
[思考・状況]
基本:死にたくない
1:やる夫の案内どおりに進む
2:殺しに乗った人に遭ったら……どうしよう
3:お姉さんは黄色い化け物に心当たりがあるのかな?
※チハは大戦中に改良が施された、所謂「新砲塔チハ」での参戦です。
※チハは自分の武器の弾薬が無い事にまだ気づいていません。


<<支給品紹介>>


【ぬるぽハンマー@AA】

ぬるぽとレスされたらガッとレスし返す2chではお約束の流れ。
その際に用いられるAA↓で使用されているハンマー。

  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /
  ↑これ



【しょうゆ一㍑@現実】

キッコーマン印。飲みすぎると死ぬ。

191 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 01:59:50 ID:QUuUB0ls0
「オイオイ…センシャトカマジネーワ…(うーむ…戦車は流石に厳しいな…)」

グンマーは田代から逃げ果せたあと、北へとキャタピラを走らせる一台の戦車を発見していた。
現在の武装で戦車を相手取るのは流石に部が悪いと判断したグンマーは、
相手が戦車から降りたところを襲って戦車を奪おうと、陰に隠れながら後を追っていた。

スピードをあまり出してはいないうえに、
入り組んだ街中では戦車の機動が鈍くなることも相まって、
グンマーにとって尾行するのは容易かった。

しばらく尾行を続けていると突然戦車のハッチが開き、中から小太りの男が顔を出した。

「ヤベッ!バレタカ!?(しまった!勘付かれたか!?)」

咄嗟に身を隠すグンマー。
だが男はすぐにまた戦車の中に身を引っ込め、操縦を続けた。

「ビビラセヤガッテ…キノセイカ…(驚いたな…きのせいか…)」

気づかれずにすみほっと胸をなでおろす。同時に彼はある一つの確信を得ていた。

(あいつも試練を受けている新成人だな…)

軍事技術が発達している彼の故郷では、兵器の扱い方も子供のうちからある程度教えている。
グンマー出身者ならたとえ未成年でも戦車を操縦するなど容易なことである。
当然彼も簡単な戦車なら乗りこなすことができた。
故に彼は戦車に乗っている男を自分と同じグンマー出身の新成人だと思っていた。

男がすぐに身を引っ込めたのも、自身の気配を察知したからではないかとグンマーは推測していた。
もし男がそのまま戦車を降りていたら、グンマーは咄嗟に駆け寄って出てきた男を殺していただろう。
その危機を回避した事からも、戦車の操縦者は只者ではないと思い込んでいた。

自分同様に誇り高い戦士を目指す者を殺すのは心苦しいが、席が一つと限られている以上、心を鬼にしなければいけない。
戦場では時に仲間の命を踏み越える勇気も必要なのだ。
グンマーはより警戒を強くしながら再び尾行を始めた。


【E-1 /1日目・早朝】

【グンマー@まちBBS】
[状態]:健康、首筋に血を吸われた痕、首元から出血(微量)
[装備]:熱光学迷彩服(所々破れている)@攻殻機動隊
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1
[思考・状況]
基本:優勝して、村を守る戦士になる
1:戦車(チハ)を尾行し、隙を見て奪い取る
2:使えそうな武器を探したい
3:武器が見つかるまでは弱そうな参加者のみを仕留める
※チハを支給品だと思っています。また、畜生マッマが乗っていることに気づいてません
※やる夫を自分と同様に成人の儀を受けているグンマー出身者だと思っています

192 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 02:00:34 ID:QUuUB0ls0
投下終了です。

193 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/03/03(日) 08:21:30 ID:v0nbD/vM0
仮投下乙 内容は問題ないと思う あとはタイトルが足りないくらいですかね
醤油といえばブームくんを思い出すなぁ

194 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/03/03(日) 17:27:45 ID:S9sIsx2Q0
仮投下お疲れ様です
問題ないと思いますよー

195 ◆1WOpAbkgRc :2013/03/03(日) 23:22:17 ID:yEFc7cqQ0
全鯖規制により2chに書き込めないので、どなたか代理投下お願いします。
タイトルは「おっぱいなんて、ただの脂肪の塊だろ」で

196 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:51:56 ID:Y9OHWRk60
近所のネカフェからの投下を試みましたが、proxy規制がかかっておりました
こちらに投下いたしますので、どなたか代理投下していただければ幸いです

197 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:52:31 ID:Y9OHWRk60
――夢を見た。



随分と昔のことのように思えた。
なにせ、俺が道を行けばその不吉な体に罵詈雑言を浴びせられていた頃だ。
罵詈雑言だけならまだよかった、ガキどもが悪魔退治ごっこでもしているかのように石を投げつける時だってあった。

俺の身体は生まれつきこんな真っ黒なものだった。
まだガキだった頃は、どうして俺がこんな目に遭わなきゃいけないのかが分からなかったな。
俺は成長するにつれて、俺をこんな目に遭わせた人間どもを、俺をこんな体に生んだ親を、境遇を呪ったりもした。
だが、呪っていたところで状況はまるで変わりゃしなかった。
矛先を向ける先を見失った俺は、次第に何もかもがどうでもよく思えるようになった。

俺の一生は、生きとし生けるもの全てに疎まれ、憎まれ、蔑まれ……そう定められているのだと、諦めた。
孤独なその環境こそが俺にとっての楽園であり、その方が気楽なんだ、そう思っていた。
自分以外の誰かのことを思いやることなんて、面倒で仕方が無かったし、考えたことさえなかったかもしれない。



夢の中で一本の手が差し伸べられた。
この手は……忘れるものか。
街の片隅で傷ついていた俺を抱き寄せようとする、その男の腕を。
俺に石を投げつけた奴らと比べると、妙に頭身が大きなその男の腕を。

アイツは売れない絵描きだった。
誰にも相手にされず、それでもなお自分の描きたいものを一心に描き続けた男だ。
僕らは似た者同士だな、そんなことも言っていたっけな。

冗談じゃなかった。
アイツの境遇がどうだか知った事じゃないが、俺の楽園にずかずかと足を踏み入れてきた侵略者、最初はそう思っていた。
だから、俺を抱きかかえようとするをアイツの腕の中で暴れ、その手を跳ね除け、爪を立てたりもした。
今にして思えば、アイツの商売道具に傷をつけたわけなんだよな……ちょっと悪いことしたな、と思う。

そんな俺の抵抗などお構いなしに、アイツは何度も何度も俺の前に現れては懲りずにその手を差し伸べて来た。
いったい何を考えていやがる、ってのが率直な印象だった。
俺の皮でも剥いで三味線でも作る気か、あるいは保健所から送り込まれた刺客なのか。
はたまた魔除けのグッズにでもして商標登録でも取るつもりか、そういう穿った見方しか出来なかった。

最後はもう根負けだったのかもしれない。
俺を抱き寄せて頬ずりしてくるアイツのことを正直キモいとは思いながらも、観念したんだ。
もう煮るなり焼くなり好きにしてくれ、って感じだった。
優しさだとか温もりだとか、そんなものの存在を信じられなかった俺が、初めてそれらを身に受けた瞬間だった。



人々が忌み嫌う俺の黒い毛並みを、アイツはこよなく愛してくれた。
「ホーリーナイト」なんて大層な名前まで俺によこしてくれた。
意味はなんだと聞いたら「黒き幸」だってよ、不吉だと蔑まれた俺に随分と皮肉めいた名前じゃないか、気に入ったぜ。

アイツは俺のことを何度も何度もキャンバスに描き続けた。
それ自体は悪い気分じゃなかったが、元々大して売れてもいないアイツの絵はますます世間に相手にされなくなっていった。
その日暮らしという言葉がまさにピッタリだったが、まぁそんなことは俺にとっちゃ慣れっこだったんだけどな。
でも、ただでさえデカい図体のアイツの身体は見るも無残にやせ細っていった。
食っていくためには別の絵を描くことだって出来たはずだった……が、アイツはそれをしなかった。

アイツが今わの際に俺に託してくれたことがある。
故郷でアイツの帰りを待つ恋人に手紙を届けてくれないか、と。
冷たくなって、二度とその目を開けなくなったのを看取ってから、俺は飛び出したんだ。



そして――





 *      *      *




「アピャーッ!?」

腹を貫くような激しい痛みに襲われて俺は飛び起きた。
また痛みで意識が飛んでしまいそうになるのを何とかこらえる。

「ぐっ……俺は……いったい……?」

首を動かすのも億劫な状態だったが、今の状況を確認しなきゃならない。
視界に入ったのはメガネをかけたオッサンと、その後ろでなんだか所在なさげにボンヤリとしている猫だった。

198 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:53:04 ID:Y9OHWRk60
「おや、気が付きましたか。今、手当てをしますからね」

そう言うとオッサンは「マキ○ン」と書かれた容器を俺に押し当てる。
中身は消毒液なんだろう、またさっきと同じ突き抜けるような痛みが俺の腹を走り抜けた。

「ぎゃおおおん!?」

思わず情けない叫び声をあげてしまった。
耐え切れない痛みに、思わずジタバタと身をよじろうとする俺を、オッサンががっちりと押さえつける。

「動かないでください、ちゃんとした手当てが出来ませんから」

そう言いながらまた「マ○ロン」を持った手を俺の方に伸ばして来る。
ふざけるな、誰がそんなこと頼んだって言うんだ……と口にする前に三度痛みが走る。

「ぶるぅぅあぁっ!?」

もういっそこのまま殺してくれ、と思うほどの痛みだ。
恐る恐る腹の方に視線を向けてみると、何をどうやったらこんな風な傷が出来るのかと思うほどに俺の腹はただれていた。
切り傷でも、刺し傷でもない、じわじわと広範囲にわたって感じる痛みの下からは、ジワジワと血が染み出してきている。

「君を見つけたのが襲われてすぐで良かった。少しでも遅れてたら危なかったかもしれませんよ」

オッサンがそう言うのを聞き、俺はようやく何があったのかを思い出すことが出来た。
スーツを着込んだ、目の前のオッサンとは別の男に出会ったことを。
殺し合いに勝ち抜いて世界を美しくするという願いを叶えるんだという世迷言を聞かされたことを。
そして、そいつが妙なバケモノを繰り出してきて、抵抗空しく変な攻撃を受けたことを。

(クソッ、つーことは、俺はあのバケモノにやられた、ってわけか……!)

痛みに耐えるのも兼ねながら、俺はギリッと歯ぎしりする。
それでもなお俺が生きてる、ってことは……殺されそうになったところにこいつらがやって来た、ってことか……?

「心配いりませんよ、あの生き物を操っていた男はもうここにはいませんから」

俺の心を読んだかのように、オッサンが話す。
そして、口を動かしながらも、手にしたガーゼで俺の腹を丁寧に処置し、最後にクルクルと包帯を巻きつけていった。

「これでよし……と。これで命の心配をすることは無くなったと見ていいでしょう」

ふぅっ、とオッサンが自分の額の汗を拭った。
為すがままにならざるを得なかった俺の身体にはその黒い毛の中にいっそう目立つ白い帯が巻かれていた。
これじゃ、闇夜に溶け込むことも出来ない、目立って仕方ないじゃないか、と俺は内心毒づいた。

「……ホントに? ホントにもう大丈夫ナノ?」
「ええ。しっかり消毒もしましたから、破傷風にかかることもないでしょう」

今までずっと黙りこくっていた猫が、不安そうにオッサンに問いかけた。
声のトーンからすると、コイツは雌猫か。
そんな不安を鎮めるかのように、オッサンは優しく返した。

「……ヨカッタ、ヨカッタよぉ!」
「ぬぅおわっ!?」

次の瞬間、雌猫が駆け寄って俺に抱きついてきた。
衝撃でまた腹に痛みが走るが、そんなのはお構いなしと言わんばかりにギュウギュウと俺を抱きしめてきやがる。

「ヒドイ……こんな黒コゲになっちゃって……」

俺にしがみつきながら雌猫は涙を流し続ける。
……ってちょっと待てゴルァ、誰の身体が黒コゲだっつーんだよ!
こちとら、この黒い毛並みを少なからず誇りに思っているっつーの!

「まったくです。これほどの大ヤケドを負って命があること自体が奇跡と思っていいでしょう」

うおーい!! オッサンもかゴルァ!!
大ヤケドだと思ってんなら、全身に包帯巻きつけてみろってんだよ!!
だいたい、全身真っ黒コゲになって生きている生き物がいるわけないだろ、常識的に考えて!
チクショウ、こいつら俺の毛並みをバカにしてやがるのか……?

199 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:53:37 ID:Y9OHWRk60
「ワタシ……ワタシ……ギコ君が死んじゃうかと……」

そんな俺の心中など知る由もなく、雌猫がおいおいと泣き続ける。
……ん? なんでコイツは俺の種族を知っていやがるんだ……?
そう思った瞬間に雌猫がまた俺にしがみつく手にギュッと力を籠めたらしく、俺の身体に何度目か分からない激痛が走る。

「はっ、離せゴルァ!!」

痛みに耐えかねて、というのもあったし、知らない奴に抱きつかれて訳が分からない、というのもあった。
俺は痛む体をおして、その雌猫を思いっきりドン、と突き飛ばした。
キャッ、と小さな悲鳴を上げてその雌猫が地面を転がった。

「ゴ、ゴメンね……? その……い、痛かった……ヨネ?」

その瞳を涙で潤ませながら、雌猫が上目づかいで俺を見つめる。
雌猫の一点の澱みもないその目と俺の目が合い、思わず俺は舌打ち交じりに視線を逸らしてしまった。

「気持ちは分かりますが、ダメですよ、しぃさん。あんまり傷に障るようなことをしては」
「……ウン」

オッサンが雌猫を宥めるように語りかけた。
……ん? しぃ……? どっかで聞いたような……うっ、頭が……

「……なんなんだよ、アンタらは」
「おっと、これは失礼。申し遅れてしまいました、ギコさん」

このオッサンもか。
何だって俺の種族を知ってやがるんだ? それも、さも俺の名前であるかのように扱いやがって……

世の中にゃ、俺以外にも山ほどギコ猫ってやつがいるらしい。
それらに共通しているのは、口が悪いことと、反骨精神を持ち合わせているということ。
とりわけ、黒く生まれちまった俺は、周りの環境も手伝ってか人一倍反骨精神が強いという自負はあるんだがな。

「私はいわっちと申します……まぁ、しがないゲーム屋でして」

俺が向ける警戒の視線などどこ吹く風、いわっちと名乗るオッサンがしぃを抱きかかえながら自己紹介する。
……ゲーム屋? そういやさっき俺を襲った奴もゲームがどうとか言ってやがったな……

「こちらはしぃさん、君のお知り合いでしょ……」
「……オイ」

いわっちとやらの話を遮るように俺は凄んで見せた。
警戒、というよりももう敵意を籠めた視線をぶつけてやったが、オッサンは怯む様子もない。
抱きかかえられたしぃって雌猫が、意外な物を見るような目で俺のことを見つめていやがる。

「ゲーム屋、っつったな……もしかしてオッサン、アンタは俺をこんな風にした奴の知り合いじゃねえのか? え?」
「それは……」

図星だったのか、いわっちの顔が少しばかり歪む。
……だけど、それも一瞬のことだった。
すぐに平静さを取り戻したのか、さっきまでと変わらない落ち着いた口調に俺に話す。

「確かに、あの男は知らない仲ではありません」
「いわっちサン……」
「えぇ、大丈夫ですよ、しぃさんが心配するようなことではありませんから」

不安げな表情で見上げるしぃの頭を、いわっちがそっと撫でるのを俺は冷ややかな目で見ていた。

「彼との関係は……なんと言えばいいでしょうかね。
 まぁ、一番シンプルに表現するとしたら……そう、ライバル、とでも呼ぶのが近いでしょうか」
「ライバル……ねぇ」
「そうです。時に切磋琢磨し、時に手を取り合い、互いを高め合ってそれを世に還元する……それが私と彼の関係です」
「するとアンタもアレか、あいつと同じように世界を美しくするために俺に死ね、ってか」

俺がピシャリと言い放つが、いわっちは首を軽く横に振るだけだった。

「……いえ、そんなことは。どうやら彼とは道を違えてしまったようですし」
「……へっ、どうだか。口じゃいくらでも言えるからな」
「そんな……ギコ君……!」

まただ。
しぃって奴があたかも俺とは旧知の仲であるかのように話しかけてきやがる。
反発するかのように俺がキッと睨んでやったら、すぐにしぃは視線を逸らして俯いた。

200 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:54:06 ID:Y9OHWRk60
「……言葉だけじゃ信じてもらえるか分かりませんが……
 少なくとも、私たちがそのまま放っておいたら君の命は危なかったでしょう。それは分かりますね?」
「それはまぁ……そうだけどよ」

確かにこのオッサンが居合わせていなかったら、俺は今頃惨めにのたれ死んでいたかもしれないわけだ。
それを思えば、少なくともこのいわっちとやらがさっきの奴と違って殺し合いには乗っていないのかもしれない。

……だけど、それを額面通りに信じていいのか?
俺をしつこく追い回して保護してきたアイツ以外の奴は、皆が皆俺を忌み嫌っていたんだぞ?
そんな俺にアイツと同じような優しさだとか温もりだとかをくれるやつなんてそうそういるわけないじゃねえか。
それこそ、今後は体のいい駒として使われる可能性だって無くは無いんだからな。

「……ともかくギコさん。私たちは殺し合いに乗るつもりはありません。
 むしろ、彼のような者たちに対抗し、殺し合いを停めたいと願っているのです。
 その為に仲間を集め、時期が来たら……」
「お断りだゴルァ」

俺の言葉に、いわっちがキョトンと目を丸くした。

「大体、さっきから人のことギコだギコだ、ってなぁ……
 間違っちゃいねえが、俺にはちゃんとホーリーナイトって名前が……」
「ギ、ギコ君……? なに言ってるノ……?」
「うるせえっ! ちゃんと名前で呼びやがれ!!」

……ったく、一体なんなんだよ。
なんで俺はアイツにギコって呼ばれるだけでこんなにイラついてんだ……?
俺の言葉を受けて、またさめざめと泣くその姿がさらに俺の苛立ちを増していきやがる。

ダメだダメだ、助けてもらったのはありがたいが、このままコイツらといても精神的に保たねえ。
俺はスッと立ち上がって、まだ痛む腹に手を当てながらゆっくりと二人に背を向けて歩き出した。

「待っテ! そんな……そんなケガしているのに歩き回ったら……ギコ君、死んじゃうヨ!?」
「だからそうやって呼ぶなっつってるだろーが!!」

振り向いて俺が怒鳴ると、もう雌猫の口から言葉が発せられることは無かった。
呆然自失、といった具合の表情を見せている。

「……俺だって殺し合いなんてさらさらゴメンだ。
 だけどな、俺にゃやらなきゃいけねえことがあるんだよ……だから邪魔するんじゃねえ」

口から出まかせだった。
俺としては独りでいる方がよっぽど楽なんだ、今までそうだったし、これからもそのつもりだ。
だけど、それをそのまま口に出しても、はいそうですか、と納得する連中には見えなかった。
アイツならまだしも、それ以外の奴にあれこれと付き纏われるなんて想像したくもねえ。
だから、適当にやらなきゃいけないこと、なんてことをデッチ上げてみた。

いわっちって奴が、俺の決意がもう揺るがない、ということを悟ったような、そんな表情に変わった。
もうこれで俺に構ってくることもねえだろう、そう思い、もう一度奴らに背を向けて歩き出す。

「……助けてくれたのには感謝するぜ。だけど、もう俺には構うな……分かったな?」

そこまで吐き捨てて、一歩二歩と足を進め始めたその時だった。



「……ギコさん!」

背後からいわっちの声が聞こえる。
もう振り向いて怒鳴るのも面倒になってきたぞ、チクショウ。
一瞬足を止めてしまった俺だが、その声を無視して再び歩き始めようとした。

「……君の言うことは分かりました。
 君が何を為さねばならないのか、それを聞くのは無粋というものでしょう」

分かってるじゃねえか。だったら、さっさと行かせてくれや。

201 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:54:32 ID:Y9OHWRk60
          ホーリーナイト
「ですが、君が『聖なる騎士』の名に違わぬ気骨を持っているのでしたらこれだけは聞いてください!」

俺は動かそうとした足を再び止めた。

「私たちは12時までにテレビを使ってこの殺し合いを停めるよう呼びかけるつもりです!
 その際に力を結集する為にここ、森林公園に時間を決めて集うことも併せて呼びかけます!」

そこまで言われれば、その後に何が続くかぐらいは俺でも読めた。

「君のやらなければならないことが済んでからでも構いません……!
 その力をどうか私たちにも貸してほしいのです!」





   ∧∧
   /⌒ヽ)  「……勝手にしやがれ」
  i三 ∪
 ¬三 |
  (/~∪
  三三
 三三





そう吐き捨て、俺は森林公園を後にした。





 *      *      *





再びいわっちに抱きかかえられたしぃは、しばらくの間泣き続けた。
大好きなギコが助かったのは嬉しかった……が、その後に自分を拒絶するかのような言葉を浴びせられたことがこの上ないショックだったのだ。

「ドウシテ、ドウシテ……?」

泣きじゃくるしぃを抱え、いわっちはただ優しくその頭をポン、ポンと撫で続けていた。

「……しぃさん」
「……ナァニ?」

依然としてしゃくりあげながら、しぃがいわっちを見上げる。

「……パラレル・ワールドという言葉をご存知ですか?」
「……」

知らない、という言葉の代わりに、しぃはただ黙って首を横に振った。
そうですか、と一つ呟いたいわっちが言葉を並べる。

「簡単に言ってしまえば、色んな世界が同時に存在している、ということでしょうか。
 たとえば、恐竜という動物はこの世から滅んでしまいましたが、どこかに恐竜が今でも覇権を握っている世界があるかもしれない。
 あるいは、私のような人間ではなく、別の生物がこうして文明を築き上げている世界があるかもしれない。
 もっと単純に言えば、私が今ここでコインを投げたとして表が出た時の世界と、裏が出た時の世界が別々に存在するかもしれない、ということです」
「……どういうこと?」

少しばかり落ち着いたしぃが、いわっちに尋ねる。

202 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:55:06 ID:Y9OHWRk60
「……ギコさんは、もしかするとしぃさんの知っているギコさんとは別の世界から来たギコさんかもしれない、ということです」
「……エ?」
「そうでなければ、あそこまで彼がしぃさんに対してあのような応対をするとは思えないのです。
 しぃさんから聞いたギコさんは、口は悪いですけれども貴女に対してはあのように邪険に扱うようなことは無かったはず」

そこまで言ってから一呼吸置き、さらにいわっちが続ける。

「……もっとも、しぃさん。恐らくは貴女も私とは別の世界の住人ではないでしょうか?」
「……しぃが?」
「ええ。少なくとも、私の身の回りには貴女のように言葉を話す猫というものは存在しませんから。
 ですが、どこかに猫が言葉を使い、文明を築き上げている世界があるとして、そこからしぃさんがやって来たとすれば理屈は合います」

想像だにしなかったことを聞かされ、しぃは思わず黙りこくってしまう。

「それに、クタタンが使役していたあのような生物も……私の住む世界には存在はしていませんでした。
 支給品の一つなのでしょうが、それも様々な世界から集められたのだとすれば合点がいきます」
「じゃ、じゃあ……あのギコ君の世界にはしぃが存在していないかもしれない……ってコト?」
「その可能性はあります。見ず知らずの娘にいきなり抱きつかれればああいう反応も無理なからぬことかもしれませんねえ」

しぃは寂しさに囚われていた。
黒コゲになってしまったけれども、あのギコ猫が自分の知るギコ猫とは全く別の存在であること。
そして、あのギコ猫には自分にまつわる思い出などそもそもが存在しないということ。
見た目は同じなのに、そんなことが本当にあるのだろうかという思いを抱いていた。
いわっちの言うことも推測でしかないが……さっき見かけた怪物もしぃは見たことが無かったのだ。
とするならば、やはりさまざまな世界から参加者のみならず武器が集められているということを意味する、しぃはそう思った。
それはつまり、パラレルワールドの存在を認めることでもあり、あのギコ猫が自分とは何の繋がりもない赤の他人であることも認めざるを得ないことだった。

(デモ……)

しぃは心優しい。
たとえ自分のことを知らなくても、たとえ先刻のような扱いを受けたとしても。
黒いことを除けば自分のよく知るギコ猫を放っておくことが出来なかった。
出来ることならば、いわっちを置いてでもギコ猫の下へと駆け寄りたかった。
そこでどんなに邪険に扱われようとも、連れ添って歩いていきたかったのだ。
だが、それは自分をここまで守ってくれたいわっちとの決別を意味しかねないことをしぃは承知していた。
その選択を取れないのもまた、しぃが心優しい所以である。

「……大丈夫ですよ、しぃさん。ギコさんを信じましょう」

しぃの心中を知ってか知らずか、いわっちがしぃを励ますように声をかける。

「ギコさんには私たちの方針もお教えしました、テレビを使って停戦を呼びかけることもです。
 それならば、私たちがすべきことはなんでしょうか?」
「……それまでに仲間と情報を集めて……テレビ局に行くコト?」
「その通りです。ギコさんにやらなきゃいけないことがあるのと同じように、私たちもやらなきゃいけないことが多いのですから」

そう言ったいわっちが辺りを見回す。
漆黒の闇に包まれた森林公園の空に、ほんの僅かであるが光が射してくるのをいわっちは感じ取った。

「朝も近いですね。今しばらく仲間と情報を集め、テレビ局へと向かうことにしましょう。
 随分寄り道も長くなってしまいましたしね」
「ウン、分かったヨ」

203 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:55:41 ID:Y9OHWRk60
小さな手でしぃが涙を拭う。
そして、ギコ猫が向かった方角にもう一度視線を向け、その後で今出来る精いっぱいの笑顔を作っていわっちに向ける。
いわっちもまた、それに応えるように笑顔を作る。
それから二人はギコ猫とは逆の方向へと足を進め始めたのだった。



【C-2/森林公園/早朝/一日目】

【しぃ@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1〜3)
[思考・状況]
基本:皆死んじゃうのはイヤ
1.ギコ君が心配だけど頑張らないと……
2.カイブツ(ネメア)がコワイ……
3.パラレルワールドってなんだろう?


【いわっち@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モデルガン@サバゲ、不明支給品(0〜2・本人確認済み)
[思考・状況]
基本:殺し合いをやめさせる
1.色々な人に情報を訊きたい
2.反抗の手はずが整ったらテレビ局からダイレクトを行う(遅くとも12時までに)
3.様々な異世界から人や物が集められているのでは……?

※12時までにテレビ局で仲間集めを行うことをギコ猫に宣言しました。その際の集合場所は森林公園になります。





 *      *      *





俺は森林公園を出た。
これといって行く宛てはない。
今は闇夜を駆けるだけの体力も残っていない。
ただトボトボと彷徨うことしか出来なかった。

204 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:56:08 ID:Y9OHWRk60
俺は不器用だ。
優しさだとか温もりを与えられても、それを素直に受け取ることが出来ない。
自分の考えを力でねじ伏せられたとしても、それであっさりと生き方を変えることだって出来ない。



(そんなケガしているのに歩き回ったら……ギコ君、死んじゃうヨ!?)



脳裏にさっきの雌猫の声がリフレインする。
あのしぃって奴はなんだって俺にこうまで構おうとするんだ……?



……俺は何か大事なことを忘れているような気がする。
そもそも、俺はどうして最初に会った麻呂のような奴を知っていたんだ……?
次に出会ったお断り野郎は……どんな名前だったっけか……?
そして、あのしぃって雌猫は……?

頭が痛くなってきた。
殺し合い以外にも、今の俺には訳の分からないことだらけだ。



「勘弁してくれよ……休ませてくれ……」

今は頭も、身体もどこかでゆっくりと一人で休めたかった。
昔のように、誰にも邪魔されない寝場所を求め、少しだけ明るくなった街を俺は歩き続けた。



【C-2/森林公園付近/早朝/一日目】

【ギコ猫@AA(FLASH「K」)】
[状態]:打撲(小)脇腹のダメージ(中、治療済)、疲労(大)
[装備]:サバイバルナイフ@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1
[思考・状況]
基本:生存優先
1:とりあえず休ませろ
2:本能に従って生き残る…のを否定されたがどうしろってんだよ……
3:仲間なんて煩わしいので作るつもりはない……が、いわっちの言うことは一応覚えといてやるか
4:しぃ……? うっ、頭が……
5:磨呂、お断りします(名前未確認)、モッピー(名前未確認?)クタタン(名前未確認)を警戒
6:ひろゆきはマジで逝ってよし


※ギコ猫と特に関係が深いAAの記憶(とりわけ「K」に出演していないAA)が抜け落ちています。
  しぃ以外の記憶については次以降の書き手の方にお任せします。
※いわっちがテレビを使って停戦の意思を呼びかけることを知りました。集合場所が森林公園になることも把握しました。

※コロちゃん@家族が増えるよやったねたえちゃん が破損しました。壊れたまま森林公園に落ちています

205 ◆shCEdpbZWw :2013/03/11(月) 10:57:09 ID:Y9OHWRk60
投下は以上です
この度は多大なご迷惑をおかけいたしました 改めてお詫びいたします

206 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:27:39 ID:5fphdqVU0
忍法帖のルールに関わる話なので、一度仮投下致します

207 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:28:07 ID:5fphdqVU0
「遅い……!」

読み終えた本をパタンと閉じて、キバヤシは呟いた。
あれから結構な時間が経った。バイク君はまだ帰ってこないのか。
話に聞く限り、レストランがある場所はそこまで遠くはないはずだが。

「川越に呼び止められて説得されてるのだろうか?……まぁいい、それならそれで俺だけで調査するまでだ」
「キバヤシー、ボクハー?」
「あぁ、ジサクジエン君。君にも手伝ってもらう。頼りにしているよ」
「オー!!」

この生物はジサクジエン、僕に支給された謎の生物だ。
UMAの類なのは間違いない。コイツは頭だけで動き、さらに人語を話す。
とても興味をそそられる存在だが、意思疎通をする内に『UMA』と言う観念が『相方』に変わってしまった。
そして気が付けば、ジサクジエンの調査は後回しでいい、先に鮫島事件を……と考えていた。
もはや「それがコイツの能力だろうか?」と疑いたくなるほど、コイツの存在は俺の中にスルリと馴染んでいた。
どうにもジサクジエンの方を調査する気が起きないため、結局鮫島の方を再開することにした。優先順位的に間違ってないため、構わないだろう。

ジサクジエンに手伝ってもらい、図書館中から集めてきたいくつもの資料や本。
机の上に山積み……というほど多くはないが、それらのうち、一つを手に取って読み始める。




……先程からいくつもの資料に目を通しているが、一向に情報がまとまらない……。
鮫島事件関連と思われる資料を抜粋し、メモを取ってまとめているものの、どれも内容に統一性が無い。
ある資料では「鮫島と言うコテハンの男がリンチされた事件」と書かれている。
またある資料には「鮫島代議士絡み」の話が語られた。
先ほどの資料じゃ「呪いが関係する」と記されており、この本には「2002年に自殺者、行方不明者が増えた理由に鮫島が……」と明言されている。

「きっとデマが……デマが多すぎるせいだ……。完全に隠蔽されてしまっている……」

そう、諸説を数多く流すことにより、どれが正しい情報かを判別出来ないようにする隠蔽工作……。
それがこの鮫島事件において行なわれている可能性が非常に高い。
この手法は有名なもので挙げれば『都市伝説』なんかに使用されている。

都市伝説のほとんどは、個人の範疇では真相が確認出来ない程の突拍子もない陰謀論やウワサが語られている。
そのどれもが妄想や夢物語のような内容であるものの、確実にウソだとは言い切れないようなものばかり。
―――悪魔の証明。"100%無い"と断定するのは不可能、そんな話が集められているのが都市伝説である。
そこが魅力であり、話のタネとして広がる要因なのだ。ただし、口では「本当にあるかもよ?」と語りつつも、多くの人々は内心では信じていない。

では、その突拍子のないウソが詰められた箱の中に、たった一つだけ突拍子のない『事実』を混ぜてみたらどうだろう?
それを真実だと見抜ける者がどれだけいるだろうか? 仮に見抜いたとしても、それを公表したところで人々は信じるだろうか?
……これがいわゆる隠蔽工作の一つ。木を隠すなら森の中とはよく言ったものである。
もはや真相と言う名の木は、とてつもなく広大な森の中に埋もれてしまっていた。


俺は荒々しく本を閉じると、机の上へと放り出した。
検証出来る術が無い状況で諸説ばかりを集めたところで、もはやどうにもならないだろう。

「調査が完全に行き詰まってしまったな……」

このバトルロワイヤルの真相へたどり着くまでの道のりは果てしなく長い。
そして、それまでに俺が生き残っていられるかどうかの保証は無い……。
あぁ、なんてやるせない思いなんだろうか。何も分からないまま、死んでいくのだと思うと悔しくてならない。
机に突っ伏したまま、感情に任せて拳を机に叩きつける。
ドンッ、と激しい音が薄明かるくなった図書館に響き渡り、やがてすぐに静寂が戻ってきた。

……音? そういえばこれは何の物音だ?

キバヤシが図書館内の『音』に注意を傾けた時、初めて先程からガサゴソといった物音がしていることに気が付いた。

「ジエン君、何をしているんだ?」
「ピーディーエーダヨ」

何かと思えば、退屈していたであろうジサクジエンが、キバヤシのデイパックを漁っていたようだ。
ジサクジエンはPDAを取り出して床に置いて、上に乗ったりして遊んでいた。

208 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:28:55 ID:5fphdqVU0
「……PDAか。ひろゆきは2ちゃんねるが閲覧出来ると言っていたが……」

キバヤシはジサクジエンからPDAを取り上げて、じっくりと観察をする。

「な、なんだこの凄まじい性能は……! 大型のコンピュータ並の機能性! さらに高画質!
 そしてこんなにもコンパクト……携帯電話のように折り畳む必要すら無いだなんて……!」

何を驚いているのかと思うかもしれないが、彼が活躍していたMMRは1990年代後半の話である。
その頃の携帯電話は、ここ最近画面がカラーになり、折り畳み携帯が普及してきた時代。
一方、PDAはモノクロ画面が主であり、パソコンというより電子手帳としての役割が大きかった。
インターネットはダイヤルアップ接続で出来たが、性能はデスクトップPCに大きく劣る。
携帯の方はiモードが実装されていたが、サイトが少なく、何よりコストがかかるため利用者はそれほど多くなかった。
だが、それが最新式だと言われていた当時の世界から、この世界に来てPDAを見たら驚くのも無理はない。

……90年代の人がどうして2ちゃんねるを知ってるかって? ほら、多分本編終了直後の2000年代から来たんじゃないだろうか。

「ミセテミセテ!」
「あぁ、いいだろう。……こんなことなら、真っ先にコレの機能を把握しておくべきだったな」

前述した通り彼は若干ステレオタイプの時代の人であるため、情報収集と言えばコンピュータよりも図書館を優先してしまう。
というか、彼にとって携帯はただの通信機器と言う見解が根付いているため、主催者から配信を受け取る
だから、支給されたPDAについては盲点だった。主催者からの配信を受け取るためだけの機器だと考えていた。

彼にとっては未来の世界の道具であるPDA、それをタッチペンを巧みに使いこなして操作する。
キバヤシのIQは170とも言われ、ほぼ初見である道具をものの数分で把握していくだけの知力はあった。
カメラにボイスレコーダー、現在位置がわかる地図に手書きメモ帳と、彼の想像を超えた万能さにまたしても驚いた。

「現在の地球の技術ではここまで画期的な物は無いだろう……主催者は相当な技術力を持っているに違いない……!」
「ソウカナー?」
「おそらく、裏社会のスパイなどがこう言った機器を使っているのかもしれない。
 それを一般市民であるこの俺が手にする日が来るとはな……あぁ、実に興味深い機械だ……」

まさかこのレベルの機械を一般人が、それも学生に至るまでほぼ全員が所持するような世の中になるとは、彼は想像もしなかっただろう。

「キバヤシー、コノ『ニンポーチョー』ッテナニ?」
「忍法帖……何のことかと思っていたが、どうもこのPDAに搭載されたシステムのことらしい」

そういえばひろゆきが最初に言っていた。
『一人殺す毎に忍法帖のレベルが1つ上がります。現時点での皆さんの忍法帖レベルは0ですね。
 レベルが上がると様々な恩恵が得られますが、レベルが1以上の方はバトルロワイアル板にて殺害した人物の名前と実名が公表されます。』
……殺害を行なうことのメリットを生み出すシステム、それが忍法帖。
キバヤシは規定の操作でヘルプメニューを開き、その内容に目を通していく。

「……なるほど、上手く出来たシステムだな、これは……」
「キバヤシー、ニンポウチョウニツイテオシエテー!」

209 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:29:12 ID:5fphdqVU0

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ
         ,l_/           l l  / /!   ヽ
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}  「OK、わかった。説明していこう」
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ        ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!        l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉



(・∀・)「ワーイワーイ」


図書館内の自販機から拝借した缶コーヒーを一口啜り、説明を始めた。


      〜キバヤシで学ぶバトルロワイヤルの忍法帖システム〜


 
  NヽN`              `゙、
.、Nヾミ                i
 ヾミミ、       _,.ィイ八、     !
  ー-=ニ _,..、_'"'ノ,."-'ニ'ヾ、._ l_  「まず、一般的な"忍法帖"と言うのは本家の2ちゃんねる掲示板で使われている機能から来ている。
     {F|! '、辷゙iニ{´'_辷,゙ ゙!r'-r,^、i  かつて、荒らし対策としてプロバイダーごとに一括規制してきていたんだ。だが、その方法では同プロバイダの一般人を巻き添えにしてしまう。
      l;j゙、_   ノ ヽ)、  ノ'  ゝ:'/  そのために多くの顰蹙を買っていた……。そんな中、改善策として導入されたのがこのシステムだ。
      `!  ̄ヽ '   ̄~´  ,'.,ィ'    利用者のCookieごとにレベルを設けて、利用者がそのレベルを上げていくことで投稿間隔、容量などの利用制限を解いていくシステムだ」
       i.   --一 、   ,' |
        ヽ、 `二ニ´  ./  ト、
       ,..-i;:ヽ、   ,. '´  / ヽ、_
    _,.イ´  j   ̄ ̄   /   ,i、゙ト-、



  ?
(・∀・)「ドユコト?」

210 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:29:24 ID:5fphdqVU0

    ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |  「簡単に言えば"信用度"とでも言おうか。信用の低い最初こそ少し不便になるが、これまでのような余計な規制に巻き込まれなくなる。
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   そして荒らしなどの迷惑行為を行なわず、普通に使用していれば信用され、そのうちに元通り快適に使用出来るようになるのさ」
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン
      l     r─‐-、   /:|
       ト、  `二¨´  ,.イ |
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /


   !
(・∀・)「ナルホドー」



なんとなく教養番組のようなノリになっている。
というのも、ジサクジエンの反応が良いから、そういう雰囲気になってるのだろう。
キバヤシは普段のプレゼンとさほど変わらない説明を行なっている。

「では前置きはこの辺にして、次はこのバトルロワイヤルにおける忍法帖について説明していこう」
「ハーイ!!」

解説は続く。


     |丶 \ ̄ ̄~Y〜、
     |  \_    /    \
    | \   /  /  ヽ   |
    \__ ̄   //\     ;!
      ,ゞi ̄ ̄l‐! ̄ ̄|- 、! 「いわゆる"忍法帖プログラム"は、殺害を行なうごとにレベルが上がり、そのレベルを消費することで恩恵が得られるシステムだ。
       i `ー‐"||"---' |b |'  レベルが高い恩恵ほど、より強力な恩恵が得られるため、殺し合いに積極的である者は、より大きなアドバンテージを得られるのだ」
        |    /     | /
        \  ー--   イ/
         ヽ   _,/ト\



( ・∀・)「ヘェー…ドンナノガアルノー?」

211 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:29:35 ID:5fphdqVU0

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.   「これが忍法帖で得られる恩恵の一覧表だ!」
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }                           ,-v-、
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |                          / _ノ_ノ:^)
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |                           / _ノ_ノ_ノ /)
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ                        / ノ ノノ//
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./                      ____/  ______ ノ
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'                      _.. r("  `ー" 、 ノ
       l   `___,.、     u ./│                _. -‐ '"´  l l-、    ゙ ノ
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,   __       . -‐ ' "´        l ヽ`ー''"ー'"
       | :ヽ、`ー-- '  ./ヽ  / ' "´/`゙ ーァ' "´  ‐'"´         ヽ、`ー /ノ
       ヽ  `ー--‐ _´  '//    /    /                __.. -'-'"
        |  | \   / /     l   /            . -‐ '"´
        \ |___>< / ヽ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【Lv1】
・プロキシ
  次の定時カキコの際に、使用者の"殺害者の実名"が公表されなくなる。

例:
 MSKK(モララー)
 オエー(川越達也)
 ショボーン(お断りします)
  ・
  ・
  ・

  ↓ 川越達也がボーナスを使用した場合

 MSKK(モララー)
 オエー(****)
 ショボーン(お断りします)
  ・
  ・
  ・    ……と表示されるようになる


・代理書き込み
  バトルロワイヤル板に1レスだけ書き込みができる。その際には使用者の名前が表示される。
  なお、最初の定時カキコ以降(6時以降)に使用可能となる。


【Lv3】
・P2
  3時間の間、禁止エリアに自由に出入りすることが出来るようになる。
  時間切れ15分前になるとアラームで知らせてくれる親切設計。
  

【Lv4】
・専用ブラウザ
  地図上に他の参加者の位置がマーカーで表示されるアプリをインストールする。

・キャップ発行
  全参加者の名前、顔写真、そしてリアルタイムの現在位置座標を表示するアプリをインストールする。
  専用ブラウザと合わせて使用することが出来れば、誰がどこにいるのかが手に取るようにわかる。


【Lv6】
・水遁の術
  全参加者の『忍法帖を未使用のPDA』の忍法帖レベルを強制的に0にする。
  

【Lv8】
・あぼーん
  使用者から半径100m以内にいる任意の参加者一人の首輪を爆破出来る。
  発動すると、該当する首輪から40秒のカウントが流れ、その後爆発。
  なお、その間に使用者が死亡した場合はキャンセルされる。


【Lv12】
・規制解除
  恩恵を使用したPDAの"オーナー"の首輪が外れる。
  ただし、バトルロワイヤル板に使用者の名前と現在位置が表示されてしまう。


これ以外に、恩恵を使用するとオマケとして『!omikuji』が表示される。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

212 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:30:10 ID:5fphdqVU0
 .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、 「ただし、これらには使用限度がある。まず、『一つのPDAにつき、一つの恩恵しか使えない』と言う点だ。
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }.  複数の恩恵を利用するためには、殺した相手のPDAをしっかり奪っておく必要があるということだな。
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //  どうやらワイヤレス機能でレベルの譲渡が出来るらしい。つまり、稼いだレベルの一部を移し、使用するのが基本だろう。
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./   そして最も高い恩恵である"規制解除"……これに限り使用対象を『PDAのオーナー』に限定している。
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/    俺の予想が正しければ、この恩恵のために誰もが自分のPDAを最後まで取っておく傾向があると思う」
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l


    ?
( ・∀・)「フムフム…デモ、ナンデコンナシステムヲ、ツクッタンダロウネ?」



         N /i/´ ゙ ̄ ̄``ヾ)_
        Nヾ ゙        ゙ヽ
       N゙、            ゙i
       N゙ゞ            .!
       ゞミミ、  ノ,彡イハヾ、  i
       ー-r-==、'リノ_ノ_,.ヾミ,.ィ,ニi  「それはもちろん、参加者たちの殺し合いを促進させるためだ。恩恵はどれも数人殺すだけで生存出来る確率がぐっと上昇するものばかりだ。
.        {i `゙';l={゙´石ゞ}='´゙'r_/   ゆえに、自分の死を恐れている参加者に他者の殺害を、一歩踏み出させるのに一役買っているということだ。
.        ` iー'/ ヾ、__,.ノ  /i´    さらに一度『一人殺す』と言うハードルを乗り越えさせてしまえば、次からは殺しに対する躊躇が大幅に減る。
          !  ゙ニ-=、  u / ,ト,    やがて参加者たちは進んで殺害を行なうようになる……つまり、殺し合いがスムーズに進展していくというわけだ!」
           ヽ、i'、_丿 /// ヽ
        _,.ィヘヽ二 ィ'_/ /  ゙i\
  -‐ '''" ' ̄/ i ヽ_./´   ./    .| `\ 
      /  /ィ´ ゙̄i   /   ir=、  l'i"ヽ、
     ∠__,,..-イ i   /\_,イ,=-、 i 、,.ゞ、 | ゙'"ヽ \
!     .i-'´  ,i | ./`゙'i'   /i_.!._,..ヽ<!  ゙i、゙i.  =゙!  \
!    |   .,i゙::|/  .|  ,/::/-i   ゙i ゙i 三゙i ゙i   | /⌒
i/   .|   ,i゙:::i'    | ,/ ::/= .|三. ゙i/.|   .| .|  .ij:.
.l〉   |   ,i゙ :::|   .!' ::::i゙'i  ト.  ゙i | _,.. V =,!
 !   |  ,i゙ ::::|   / ::::::| l= ヾ!.._ ヽ」 "´;i  :.:i ./
. |   .|  .,i ::::::|  ,/::::::::::|  ヾ:.:. ヾ::" ゙     //
│   |  ,i::::::::| ,/ .::::::::: |   ゙i.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,ィ'"´
.|     |  i::::::::,イ::::::::::::::::|   /ト、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::,ノi|Y

213 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:30:21 ID:5fphdqVU0
(; ・∀・)「ナ、ナンテコッタ! オソロシイハナシダ…」



ワキワキ              ワキ
    ., --、   i´!⌒!l  r:,=i
   .|l⌒l l   | ゙ー=':| |. L._」 ))
  .i´|.ー‐' |   |    |. !   l     ワキワキ
  |"'|.   l  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;  「そう、俺たちは初めからひろゆきの手の内で踊らされているんだ……!
  i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //    籠の中の鳥……いったい、俺たちに何が出来ると言うのか……!?」
  │ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
  |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
  \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
    /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../  ワキ   



キバヤシはそこまで話したところで一息をついた。
犯罪心理学の領域まで考慮された上でのこのシステム、全く本当によく出来ている。
こうも計算され尽くしては、殺し合いに乗る者を止める方法はおそらく存在しないだろう。
自分の命が狙われるのが先か、それともこの殺し合いに隠された謎を解き明かすのが先か……。
この殺し合いの目的について、会場について、ひろゆきの技術力について、そしてジサクジエンなどの謎の生物について……。

調べなくてはいけない課題は山ほどある。
それを『籠の中』で行なわなくてはいけない。
手がかりや痕跡を全て消されていたらアウト、それでもやるしかないんだ。

「あきらめない……。それがオレたちに出来る唯一の闘い方なんだ」

そう呟くと彼は図書館の奥の方……外からは発見されず、隠れられる程度の場所に向かい、そこに横になった。
少し頭を休ませたほうがいい。あまりに一気に動かしすぎるとオーバーヒートしてしまう。
時計の針は5時半を指し示す。定時更新まで30分程度あるが、今はそれほど早急に確認することも無さそうだろう。

「ジエン君、僕は仮眠を取るから見張りを頼む。1時間くらいしたら……あと誰かが来たと思ったら起こしてくれ」
「ワカッター!」
「そうだな……バイク君以外に協力者が、それも戦い慣れているような人物が現れてくれたら、図書館から出て調査したいところだな……。
 出来る事なら学校、病院、テレビ局辺りが望ましいんだが……。どこへ向かうにしろ、地図に名前が出てる時点で危険だろうな……」

そう呟いたところで、しばしの静寂が訪れた。
徐々に彼は睡魔に誘われて行き、やがて意識は闇の中に落ちていった。



【D-3・図書館/一日目・早朝】

【キバヤシ@AA】
[状態]:健康、睡眠中
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、Vやねん!タイガース×36@なんでも実況J
[思考・状況]
基本:バトルロワイヤルの謎を解明する
1:…………
2:目覚めたらバトルロワイヤル板の確認を行ない、調査を再開する
3:バイク君が帰ってきたら手伝って貰う
4:出来れば図書館以外の場所も調査したい
5:バトロワは鮫島事件と何か関係がある……? だが、諸説が多すぎて現時点ではどうしようもない

【ジサクジエン@AA】
[状態]:(・∀・)イイ!
[思考・状況]
基本:キバヤシに従う
1:ミハルゾー!
2:1ジカンゴ、キバヤシヲオコス
3:ニンポーチョーニ、クワシクナッタヨ

214 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 18:31:35 ID:5fphdqVU0
以上です
ご意見、問題点、修正点などがあればご指摘お願いします

215 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/04/19(金) 20:43:52 ID:iVkwqqZM0
仮投下乙です。
内容は、おそらく問題ないかと思われます。忍法帳の説明も、問題ないでしょう。

216 ◆m8iVFhkTec :2013/04/19(金) 22:24:04 ID:5fphdqVU0
ありがとうございます
それではこれより、本投下して参ります

217 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:00:14 ID:gVjzmJeM0
定時更新案の仮投下を致します。

218 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:00:29 ID:gVjzmJeM0


2 名前: ひろゆき :20XX/09/01(月) 06:00:00 ID:???

 こんにちわ、ひろゆきです。

 ゲームスタートから6時間が経過しました。
 皆さんいかがお過ごしですか?
 ちゃんと、この書き込みを確認していますか?
 してないと、後で困りますよ。


 以下が、残念ながら死んでしまった方の名前です。


 MSKK
 ショボーン
 オエー
 ウララー
 エルメス
 寺生まれのTさん
 一等自営業
 モッピー
 レベル男
 エルメェス
 原住民
 ドクオ
 麦茶ばあちゃん
 壁殴り代行
 ゆうすけ


 ……以上が、今までに死亡した方です。
 次に、とても重要な禁止エリアのお話です。

219 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:00:50 ID:gVjzmJeM0


 禁止エリアは、
 A-6
 F-3
 C-1
 B-2
 D-1
 E-2

 以上の6エリアが、一時間ごとに、上から順に禁止エリアになります。

 とても重要ですから、忘れないで下さいね。
 禁止エリアで死んでも、面白くないですから。
 次レスに、FOX君からのお知らせもあるので、そちらも見逃さないで下さいね。



 嘘を嘘と見抜ける人でないと(バトルロワイアルを生き残るのは)難しい。
 それでは、また6時間後……12時の定時カキコで会いましょう。


3 名前: FOX★ :20XX/09/01(月) 06:00:30 ID:???

 どうも。
 "プロキシ"を確認するために、殺害者の名前の公表は後から行います。
 こちらからの通知などは一切致しませんので、自分で確認してください。
 それでは。

220 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:01:00 ID:gVjzmJeM0










 何処かも分からない場所で、パソコンの前に座り作業を行うFOXと……ひろゆき。
 グイーン……と小さな稼働音を立てる鯖を背に、2人はモニターに向かっていた。

「……まあ、こんな物でしょうね」
「ええ」

 短い会話は、すぐに終わった。
 ……喋る事など、何もない。今はただ、粛々と進行するのみだ。



【不明/一日目・朝】
【ひろゆき】
[状態]:健康、血塗れ
[思考]
基本:バトルロワイアルを完遂する。

【FOX】
[状態]:健康
[思考]
基本:ひろゆきの補佐、書き込みの管理

221 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:01:12 ID:gVjzmJeM0
仮投下終了です。

222 ◆i7XcZU0oTM :2013/04/23(火) 00:02:22 ID:gVjzmJeM0
あ、ひろゆきの状態表から「血塗れ」の表記を削除します

223 ◆m8iVFhkTec :2013/04/24(水) 01:12:40 ID:SPi6doXU0
私も定時更新案を仮投下致します。

224 ◆m8iVFhkTec :2013/04/24(水) 01:13:33 ID:SPi6doXU0
2 名前: ひろゆき :20XX/09/01(月) 06:00:00 ID:??????
 生存者のみなさん、おはようございます。
 第一回定時更新の時間となりました。
 まずはこの6時間での脱落者の発表です。
  MSKK
  ショボーン
  オエー
  ウララー
  エルメス
  寺生まれのTさん
  一頭自営業
  モッピー
  レベル男
  エルメェス
  原住民
  ドクオ
  麦茶ばあちゃん
  壁殴り代行
  ゆうすけ
 以上の16名です。知り合いが亡くなった方はご愁傷様です。
 優勝さえすれば彼らを生き返らせる事も出来ますので、バンバン殺し合いに参加しちゃってください。

 そして殺害者と、Lv:01以上の忍法帖のオーナー名を発表します。

  殺害者名・・・被害者、被害者etc...
 【Lv=03】 
  やきうのお兄ちゃん・・・一頭自営業、エルメェス、原住民
  モララー・・・モララー MSKK、レベル男、ゆうすけ

 【Lv=02】
  クマー・・・エルメス、寺生まれのTさん
  クタタン・・・ドクオ、麦茶ばあちゃん
  お断りします・・・ショボーン、壁殴り代行

 【Lv=01】
  川越達也・・・オエー
  カーチャン・・・ウララー
  一条三位・・・モッピー

 ちなみに忍法帖のプロキシを使うことで、
 この殺害者名を隠すことが出来ますので、ご利用ください。


3 名前: ひろゆき :20XX/09/01(月) 06:00:07 ID:??????
 そして最後に禁止エリアの発表です。
  7時  D-1
  8時  F-1
  9時  D-5
  10時 E-6
  11時 F-4
  12時 D-6

 時間になってもエリアにずっと留まっていると、首輪が爆発してそのまま脱落となります。
 なお、海上にも禁止エリアが設けられますが、
 一応渡し船の上にさえいればセーフです。その辺りはご安心ください。

 あと、今から忍法帖の「書き込み代行」が解禁になりますよ。
 何かの告知などに使っていただければいいと思います。
 なお、「書き込み代行」を使用して質問されても、おいらから一切返信はしませんのでご了承ください。

 とりあえず、伝えるべき事は以上ですー。
 それでは、皆さんのご活躍に期待しております。。。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

225 ◆m8iVFhkTec :2013/04/24(水) 01:13:44 ID:SPi6doXU0

「……よし、書き込み完了」
「はい、お疲れ様です、ひろゆきさん」

椅子の背もたれにひろゆきは思いきりもたれ掛かった。
その隣でモニターをじっと見つめる中年の男が一人、労りの言葉をかける。
男の名はFOX。2ちゃんねるの鯖を管理人する存在。彼もバトルロワイヤルに関わっていた。

「いやぁ、お疲れ様はFOXさんの方ですよ。僕ギリギリまで寝てましたからね。
 ……それで、夜のうちに面白い参加者いました?」
「そうだねぇ、個人的にはいわっちが気になりますね。どうやら我々に『停戦』を持ちかけようとしてますね」
「へぇ、停戦……。直接は殺し合いを止めるんじゃなくて、停戦ですか。ほー……」

ひろゆきは興味深そうに、仕切りに頷く。
停戦……言わば『一時的な中断』であり、完全な和解ではない。
故に考えられる目的は『時間稼ぎ』。彼は一時的にでも猶予を求めているという事。
では、我々がその時間を与えたとして、いわっちは何をしようと言うのだろうか。
FOXもひろゆきも、その点については注目に値すると考えた。

「今後彼が実際に我々に交渉を持ち掛けてきたら、ひろゆきさんは乗ります?」
「うーん……いやぁ、どうかな」

FOXの問いに、含ませたような曖昧な返答で返した。

「それは置いといて、他だと、何か面白い参加者っています?」
「そうですねぇ……ZUNがとんでもなく勘が鋭いですね。推測だけで盗聴器に気付きましたから。
 あとはやきうのお兄ちゃん。開始早々暴れた挙句、エルメェス菌に感染しました」
「うっわぁ……」

これまた優秀なのからカオスなのまで色々居るもんですねぇ、とひろゆきは苦笑した。
やはりメンツがメンツだ、これから想定外の出来事も起こりうる可能性は高い。

「うん、じゃあ今から僕も監視の方に入るんで、FOXさん忍法帖担当なんで、そちらメインでお願いしますね」
「わかってますよ。そろそろ使用者が増えてくる時間だと思いますし、忙しくなりそうです」
「そうですかねぇ? 案外みんな慎重になりそうですけどね」
「それなら私も監視に回りますよ。ひろゆきさんだと絶対監視先が偏ると思うので」
「あ、はい。じゃあその時はその時で」

その言葉を最後に会話が途切れた。
二人はそれぞれヘッドホンを付け、コンピュータのモニターに視線を向けた。



……こうして、バトルロワイヤルの第二幕が開始される―――

226 ◆m8iVFhkTec :2013/04/24(水) 01:20:49 ID:SPi6doXU0
以上です。
私の場合、定時更新前にプロキシが使用されている事前提になってます。

一応案は二つ目になりますが、いいとこ取りとかでもいいと思います。
あと、意見などがあれば言ってくだされば修正します。

227 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:03:06 ID:izeT9O/s0
予約分を仮投下します

228 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:03:22 ID:izeT9O/s0


 やる夫とやきうのお兄ちゃんの2人で、気絶したままのグンマーを、民家の中に運ぶ。
 それを尻目に、ダイニングの机に腰掛け、PDAをチェックするマッマ。
 何故このような事をしているのか?答えは、案外単純である。
 そろそろ定時更新の時間だと言う事で、安全な場所でPDAをチェックしようと、マッマが提案したのだ。
 その為に、手頃な民家に入り、万が一のために、見張りとしてチハを外に置いておくと言う算段だ。
 最初は渋っていたチハだったが、マッマの説得で、渋々見張り役を引き受けたのだ。

「……」

 神妙な面持ちのまま、ジッとPDAを見つめる。
 ……やがて、その表情が悲しげな物へと変化して行く。

(6時間の間に、15人も殺されてるなんて……信じられない)

 だが……これは、紛れも無い事実。
 先程見かけた、3体の遺体同様に、どこかで、誰かが殺されている……。
 その事実が、マッマの胸を締め付ける。

「ちょ、ちょっと見せてほしいお……」
「しょうがないね…………ほら、アンタの名前、ここに載ってるわ」
「ホンマや」

 まさか本当に載るとは、と言った感じで、やきうのお兄ちゃんが驚く。

「ホンマや、じゃないわよ。これがどういうことか、アンタ分かってんの? 他に名前が出てる奴と共に、
 "危険人物"と、まあ十中八九思われるでしょうね」
「ふーん」
「もしかしたら、アンタが殺した人の知り合いが……アンタに復讐しに来るかもね」
「……ま、まあ誰が来ても返り討ちに……ぐえっ!?」

 その言葉を言い終わる前に……。
 マッマの鉄拳が、やきうのお兄ちゃんの腹に叩き込まれた。

「アンタはつくづく救いようのない馬鹿だね。これ以上罪を重ねるつもりかい?」
「そんなん言うても……ワイに復讐しようとする奴が相手でも、殺したらアカンとでも言うんか?
 そんなんワイは絶対に御免や。そもそも、れっきとした正当防衛になるやろ!」
「さっきも言ったけど、アンタに選択権なんて無いの。無駄口すら叩けなくしてあげようか?」
「くっ……」

229 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:03:37 ID:izeT9O/s0

 いくら身体的に勝ろうと、精神的に負けていてはどうしようも無い。
 口では強がっていても、やはりやきうのお兄ちゃんにとってマッマは恐ろしいのだ。
 マッマの畜生発言を見れば、恐れる気持ちも良く理解できるであろう。
 まあ、大抵の畜生発言が放たれる原因は、やきうのお兄ちゃんの方にあるのだが。

「…………全く、無駄な時間を使っちゃったよ。ほら、この禁止エリアを覚えておくんだよ」
「分かってるお。流石に、そんなので死にたくないお」
「この近くで禁止エリアになるんは……D-1か。まあ、あんま関係ないわ。ここは、D-1ちゃうしな」
「……」


 2人が反応を示す中、マッマは一人考えていた。


 ……人がいなさそうな場所から禁止エリアになっている。
 と言う事は、徐々に逃げ場をなくして、嫌が応でも戦わせようと言う意図だろう。
 だとしたら、ひろゆきは随分と酷い事をするものだ……。
 ここに連れてこられている者全てが、戦えるほど強い訳ではないのに。
 もしくは、深い理由なぞなく、適当に選んだだけなのか。


 それと同時に、これからの事もぼんやりと考えていた。


 殺し合いに乗っている奴の名前が出た。即ち、全員が警戒心を強める事に繋がる。
 ……出会う相手が、名前が出ていた殺人者ではないか。それとも、そうじゃないのか。
 これを見た誰もが、そう思うかもしれない。だが、この情報は……参加者全員が閲覧できる。
 つまり、名前の出ている殺人者自身も、これを見れるのだ。
 当然、自身がこれから警戒されることも、十分なほど分かるだろう。
 となると……やはり、そうそう姿を現さなくなるかもしれない。
 だとすると、危なくておちおち外も歩けない。だからって、別に諦めはしないけど。


「マッマ、どうしたんや。さっきからずっと黙っとるけど」
「アンタと違って、私はいろいろ考えてるのよ。とりあえず……アンタ達、ちょっとこの家調べてきなさい」




〜〜〜〜

230 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:03:58 ID:izeT9O/s0




「……15もの命が奪われていたなんて……」
「……」

 PDAを見ながら、悲しげな表情を浮かべるいわっち。
 だが、それ以上に悲しげで、かつ恐れた目でPDAを覗くしぃ。

「それなのに、私と来たら……情けないものです」

 肩を竦め、溜息を突く。
 いわっちの言う通り、あれから……ギコ猫と別れてから、誰にも出会えていない。
 時折、何処かから銃声のようなものも聞こえて気はしたが、それ以外は、何も無い。
 ただ、人がいないかどうか確かめながら、ここまで歩いてきたが、結果はこの有様であった。
 誰にも出会う事はなく、ただここまで辿り着いたのみ。
 だがこれは、同時に危険人物にも出会わなかったと言う事にもなる。
 その点では、ある意味幸運だったのかもしれない。
 しかし、情報を訊きたいと思っているいわっちにとっては、あまり好ましいことではなかった。

(…………それに)

 "異世界"の可能性……。
 本当に異世界から人が招かれていたり、自身の知らぬ世界から物が持って来られているのか。
 ……それを感じさせる事象に何度も遭遇はしているが、未だ半信半疑な状態だ。
 それを完全に裏付け出来る程の"何か"が、現時点では欠けている……。
 "停戦"を持ちかける前に、できればそれもはっきりさせたい……。
 そんな考えが、いわっちの頭の中に変わらず有った。

「……?」

 どうしたのだろう、と言った目線で、いわっちの顔を見るしぃ。

「あっ、いいえ、何でもありませんよ。少々、考え事をしていただけですよ」

 ……こんなところで、思い悩んでも仕方が無い。
 今は、立てた目標目指して、進むしか無いのだ。
 緩みかけた意思を再度引き締め、いわっちは歩き出した。

(……)

231 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:04:14 ID:izeT9O/s0

 辺りも明るくなるころだと言うのに、いわっちの心には、重苦しい暗雲が居座っていた。
 ……人である以上、恐怖からは逃れられない。
 未知の事態への、自身の死への、自身の計画の成否への、恐怖。
 それが、じわりといわっちの心に影響を及ぼして行く。
 微小なウイルスが、徐々に人の体を蝕むように。静かだが、確実に……。



「あッ」

 不意に、しぃが声を上げる。

「どうしました?」
「あれ……もしかしテ……」
「ん……!?」

 少々離れた民家の前の道路。そこには……戦車らしき物が、停まっている。
 ――――何故戦車がこんな所に。まさか、誰かの支給品?
 何となく危険な気がしたので、いわっちはしぃを抱えて物陰から様子を窺う。

(あれって絶対……戦車、だよネ?)
(間違い無く、戦車です…………)

 小声で、会話を交わす。
 それと同時に、いわっちの頭脳が、急に回転しだす。

 何故こんな所に?と言うか、そもそも何故戦車があるのだろうか。
 こんな状況自体が普通じゃないが……あえて普通に考えるならば、誰かに支給された物だろう。
 そして、支給された戦車に乗ってここまで来た、と言った所だろうか。
 だが……今の所、戦車に人が乗っているような気配はない。なら、どこにいるのか?
 流石に、戦車を乗り捨ててはいないだろう。壊れてもいない戦車を、捨てて行く理由はない。
 なら……近くにいる、と考えるのが自然だろう。

(私の考えが正しいならば、戦車に乗っていた人物は近くにいるはずです)
(どうして分かるノ?)

232 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:04:35 ID:izeT9O/s0

 先程の考えと結論を、しぃに小声で伝えるいわっち。
 説得力があるような結論に、ただただしぃは感心するばかりだった。

(そこで……少々危険ですが、近づいて調べてみようかと思います)
(ええッ!?)
(勿論、しぃさんを危険な目に遭わせたりはしません。私の後ろに隠れていれば、大丈夫ですよ)

 そう言って、つかつかと停まっている戦車まで歩いて行こうとすると……!

(あっ! ……お姉さーん! 誰か来たよー!)








「で、あなたがいわっち、そっちの子がしぃ、ね……」
「そうです」
「渾名みたいな名前ね……まぁ、私も人の事は言えないけど」

 民家の中。
 いわっちとしぃ、それとマッマは、ダイニングで向かいあって座っていた。
 簡単に自己紹介を済ませ、2人は一息ついていた。
 ……やきうのお兄ちゃんとやる夫には、別室で未だ気絶したままのグンマーと共に待機させている。
 あの2人がいると、話がややこしくなると考えたマッマの措置だ。

「あなた、目標はあるの?」

 マッマがそう言うと、いわっちは地図を取り出し、森林公園を指差しながら言った。

「まず……一緒に来ていただける方を、この公園に集めるつもりです。その後……」
「それで?」

 ススッと指先をテレビ局の所まで持って行き、話を続ける。

「できれば12時までには、テレビ局にて、停戦の意思を伝えるつもりです」
「停戦?」

 その単語に、マッマは怪訝そうな顔をする。

233 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:04:47 ID:izeT9O/s0

「ええ。ひろゆきに、テレビ局を通じて停戦の意思を伝えます」
「それ…………問題ありまくりよ」
「な、何故ですか!?」

 一呼吸置いた後、マッマは話しだした。

「まず、幾ら停戦しようと訴えた所で、相手が乗らなきゃ意味が無いじゃない。私たちをこんな所に連れてきて、
 なおかつ殺し合いさせるような奴が、そんな誘いに乗ると思う? まず、無視されるか突っぱねられるでしょ」
「……」
「第一、テレビ局からあいつらに何か言う事って出来るの?」
「おそらく、出来るのではないかと。テレビ局から映像を流せば、あちらの目にも停まるでしょうし」
「まあ、その可能性はあるでしょうけど。あっちだって、私たちが逃げ出さないように見張ってるだろうしね。
 でも、その問題を乗り越えても、まだ大きな問題が残ってるわ」

 ふう、と一息つき、なおも喋り続けるマッマ。
 その声には、幾分かいわっちに対する呆れと怒りが籠っていたかもしれない。

「もし停戦が受け入れられたとして、その後はどうするのよ?」
「……その後?」
「そうよ、その後よ。停戦が運良く受け入れられたとして、その後はどうすんの?」
「その後は……」

 さっきとは打って変って、黙りこんでしまったいわっち。
 そこを突くように、マッマはさらに踏み込んでいく。

「それも考えずに、今までやってたの? ……私としては、その案を実行に移すのはやめた方が良いと思うけど」
「……で、ですが」
「言いたい事は良く分かるし、あなたを責めるつもりもないわ。でも、考えてみてよ。さっきも言ったけど、
 こんな所に無理矢理連れて来てるような奴が、こっちの言う事なんてまともに取りあう訳がないわ」

 ……何とも言えない、気まずい空気が、部屋を包んでいる。

「……ごめんなさいね、しぃちゃん。さっきから私が喋ってばかりで。怖かったでしょう」

 そう言いつつ、今までにない優しい目線を、しぃに向ける。

「大丈夫……。怖く、なかったヨ」
「ならよかったわ」

 ほんの少しだけ、空気が変わった時だった。

234 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:05:06 ID:izeT9O/s0





「うわあああああぁぁぁっ!?」





 ――――叫び声が、その空気を打ち破った。





〜〜〜〜





 マッマといわっち達が、別室で会話していた頃。
 やきうのお兄ちゃんとやる夫は、別の部屋でグンマーと共に待機していた。

「くそ、何でこんな仕打ち受けなアカンのや……」
「全くだお……」

 ハァ、と2人が同時に溜息をつく。
 殺し合いの最中だと言うのに、何故かここだけ妙にダラけた雰囲気に包まれていた。
 それもそのはず、畳敷きの床に寝転がり、ダラダラと過ごしていたのだから……。

「この家を調べた結果も、つまらん結果に終わっただけやしなあ」

 そう言ってボヤくやきうのお兄ちゃんに、やる夫が話を振る。

「そう言えば、少し気になってたことがあるお。さっき、何でお前はこいつの言う事が分かったんだお?」

 ……少し頭を捻ったあと、やきうのお兄ちゃんは言った。

「なんでやろな? 何か、何となく言うてることが分かったんや。不思議な事にな。何でやろな?」
「そんなの知らないお。あいつに聞けお」

 それで、会話は終わった。……また、何とも言えない倦怠感を含んだ空気が、部屋を包む。
 ……お互い、会話はほぼない。
 話すこともないし、特に話題が噛みあうようなことも無い以上、仕方の無い事である。

(何で、やる夫がこんな目に遭わなきゃならないんだお……)

235 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:05:26 ID:izeT9O/s0

 一人、心の中でグチグチと文句ばかり垂れるやる夫。

(思えば、ここに来て良い事なんて1つも無かったお! 初っ端から痛い目に遭わされたりしたし、
 滅茶苦茶グロい光景を見てしまったし、今だって、こんな訳の分からない奴の弾除けにされてるし。
 お先真っ暗だお……)

 いっそのこと、こっそり抜け出してしまおうか。

(トイレに行くフリして、こっそり外に出れば……でも、荷物持ってトイレに行くのは怪しまれるお。
 でも、何も持たずに外に出るのはどう考えても自殺行為だお…………一体、どうすればいいんだお)
「……ちょっとトイレ行ってくるわ。その間、お前あいつ見張っとけや」

 思い悩んでいるやる夫に、やきうのお兄ちゃんが唐突に声をかけた。

「えっ!? ちょ……」

 有無を言わさず、サッと部屋を出るやきうのお兄ちゃん。
 そんな態度に、一人やる夫は愚痴をこぼす。

「何なんだお」

 あまりの苛立ちに、不貞寝でもしてやろうかと思った、その時だった。
 ……ある物が、やる夫の目に入った。

(あいつ……鞄を置いて行ってるお! まあ、おかしくはないお。トイレに持って行っても……)

 そう……やきうのお兄ちゃんの鞄である。

(……そう言えば、あいつ鞄の中にいいモノ入れてたお! そいつをやる夫が手に入れれば……!)

236 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:05:48 ID:izeT9O/s0




『ああっ、"それ"ってワイのやないか!』
『油断してたお前が悪いんだお! これからは、お前がやる夫の弾除けになるんだお!!』
『ぐうっ……流石に"それ"相手やったら勝てへんわ……』
『やる夫を馬鹿にしてたからこうなるんだお……!』




 やる夫の脳内に、都合のいい妄想世界が広がる。

「ヒヒヒ……それじゃあ、早速頂くお!」

 こういう時だけは、行動力が高いのがやる夫である。
 素早く鞄を引き寄せ、手早く必要なモノを取り出す! ……はずだった。
 あの"良いもの"が、なかなか出てこない。どうでもいい物は、すぐ出るのに。
 そんな物たちより、あの"良いもの"を。

(早くしないと、あいつが帰って来るお……!)

 ……やきうのお兄ちゃんの、下品な足音が近づいてくる。
 それに同調するように、やる夫の鼓動も早まっていく!

(何でこいつ、鞄の中身片づけてないんだお……!)

 やきうのお兄ちゃんの手が、襖にかかったのと同時に。
 やる夫の手が、"良いもの"を掴んだ……!

「……!」
「へへへ……これで、やる夫の勝ちだお」

 勝ち誇った様に笑うやる夫と、対象的に静かに怒るやきうのお兄ちゃん。
 ……やきうのお兄ちゃんは恐れていた。"ええの"が、やる夫の手に渡ったのだから。

237 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:06:01 ID:izeT9O/s0

「ワイのモン盗りやがって……お前、死ぬ覚悟はできとるんやろな……?」
「それはこっちの台詞だお。拳銃で、ショットガンに勝てると思ってるのかお?」


 やる夫の持つ銃であり、かつてやきうのお兄ちゃんの"ええの"であった物。
 それは――――立派な、散弾銃だった。


「やる夫の言いなりになるなら、殺しはしないお。とっととその銃も捨てて、やる夫の言いなりになれお!」
「フン、調子乗ってると痛い目に遭うで?」
「それはこっちの台詞だおwwwwwwこの状況で何言ってるおwwwwww」

 この状態……広くない部屋で、お互い銃を向けあっている状態。
 普通ならば、まずやる夫の方が有利であろう。
 だが、1つだけやきうのお兄ちゃんが勝っている部分がある。それは……人を殺した経験だ。
 どれだけいい武器で威嚇しようが、そこから先に進むのは、また別の事だ。
 その点では……既に3人手にかけているやきうのお兄ちゃんの方が、上だった。
 しかし、それでも拳銃と散弾銃の差は大きい。

「……撃たへんのか?」
「そっちこそ、とっとと降伏した方がいいお……」

 お互いがお互いに狙いを定めたまま、じわじわと時が流れて行く。
 それを、打ち破ったのは。




「ザケンナ、コラ――――ッ!!」
「なっ、うわあああああぁぁぁっ!?」

238 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:06:17 ID:izeT9O/s0

 3人目の男――――グンマーだった。
 全く警戒していなかった相手からの攻撃で、やる夫はなす術もなく殴り飛ばされる。

「チイッ……目覚めとったんか!?」

 少し呆然としていたやきうのお兄ちゃんもハッと我に帰り、拳銃をぶっ放す。
 ……だが、大して狙わずに撃ったせいで、グンマーにはかすりもせずに、空中を貫くばかり。

「……お……ぐ……」

 腹部を思いっきり殴られ、ピクリとも動かずに気絶するやる夫。
 その手から、散弾銃がもぎ取られる。

「コイツハイマカラオレノモンダ。ヨビノタマトカネェノカ?(この武器は俺が頂く。予備の弾はないのか)」
「……」

 グンマーの問いかけに答えず、拳銃を構えたまま動かないやきうのお兄ちゃん。
 ……この騒ぎを聞きつけて、マッマ達も来た。

「死にたないなら、こっち来いひん方がええで」

 散弾銃の銃口をやきうのお兄ちゃんから逸らさずに、近くの鞄を探るグンマー。
 ……そこから弾倉のような物を取り出し、懐に仕舞う。

 (お前、他にも仲間がいただろう? だとすると、相手するには多勢に無勢だな)
「オマエ、ホカニモナカマイタダロ? アイテスルニャチトオオスギルゼ!」

 相手するには数が多すぎると判断したグンマーは、踵を返し、全速力で……。

「コンドアッタラ、ブッコロスカラナ!(次に出会った時は……容赦しない!)」

 窓を突き破り、外へと飛び出して行った。

239 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:06:33 ID:izeT9O/s0



 ……壊れた窓と、ぐちゃぐちゃに乱れた部屋の中を交互に見ながら、マッマは

「一体何があったのか、教えてもらおうじゃない」
「……教える事なんかあらへんわ。これ見れば十分やろ」

 明らかに苛立った口調で、やきうのお兄ちゃんが返す。

「アンタねぇ……!」
「ちょうどええタイミングやし……ワイはワイのやりたいようにやらせて貰うわ」

 そう言って、自分の鞄を拾い上げ、家を出ようとするやきうのお兄ちゃん。
 だが、その肩を掴み止めるのは……マッマだ。

「どこ行くのよ!」

 その答えの代わりに……やきうのお兄ちゃんはマッマの額に拳銃を突き付けた。

「……ッ」
「ワイはアンタの持ち物やない。……これからはワイの好きにやらせてもらうで」

 そう言って、やきうのお兄ちゃんも出ていった。




〜〜〜〜




「大丈夫かお?」
「私は大丈夫よ。そういうあんたはどうなのよ。気絶してたじゃない」
「……少々記憶が飛んでるけど、まあ大丈夫だお……」

 あの後。
 気絶していたやる夫を叩き起こし、全員で何とかチハに乗り込んでいた。

「……あいつの事は、もういいのかお」
「ええ。本人も言ってる通り、もうアイツとは"赤の他人"よ。でも、人殺しを放っておく訳にはいかないから、
 チハに乗ってあいつを追いかける。……向かった方向は確かに見たのよね?」
(うん……北東に向かってたみたいだよ)

 どれだけ畜生な発言をしていても、親は親。やはり、子供は大事なのだ。
 ……とは言え、さっきの事でその気持ちは80%程無くなってしまったのだが。

240 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:06:58 ID:izeT9O/s0

(あの2人は、放っておいて良かったんですか?)
「……ま、あれだけ言っておけば、作戦を良く考えるいい機会になるでしょ」

 ――――とにかく、"停戦"を持ちかける前に、それが本当に有効か考えてみて。
 家の前で別れる際に、マッマはしつこい程にいわっちに念を押しておいた。
 ……とは言え、最終的にどうなるかはいわっち次第なのだが。

「とにかく……できるだけ急いでよ。取り返しが付かなくなる前に、あの馬鹿をとっつかまえないとね」
(……とりあえず、無理のない程度で速度出すよ)



【D-2/一日目・朝】
【やる夫@ニュー速VIP】
[状態]:負傷(中程度)、血が付着、テンションsage、擬似賢者モード
[装備]:無し
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2(確認済み)、しょうゆ一㍑(1/4消費)@現実
[思考・状況]
基本:性欲喪失。とりあえず今は生き延びる
1:アイツ(やきうのお兄ちゃん)は怖いけど……でもマッマの言う通りにする
2:チハからは離れたくないけど、畜生マッマから離れたい。今のとこ出来そうにないけど
3:やらない夫がちょっと心配。でもやっぱりおにゃのこには会いたい
※擬似賢者モードによりテンションが下がり、冷静になってます。性欲が回復すれば再び暴走するかもしれません。

【畜生マッマ@なんでも実況J】
[状態]:健康
[装備]:ぬるぽハンマー@AA
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1(治療に使えそうなものは無いようです)、ハイヒール一足@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いを止める
1:あのバカを追いかける。
2:とりあえず、やる夫を戦闘要員兼弾除けにする
3:グンマーはどうしようか。行方が分かれば……
4:やる夫の友達のやらない夫に親近感

【チハ@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料残り83%、内部が少し醤油臭い
[装備]:一式四十七耗戦車砲(残弾無し)、九七式車載重機関銃(7.7mm口径)×2(0/20)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3(治療に使えそうなものは無いようです)
[思考・状況]
基本:死にたくない
1:マッマの言う通りにする
2:殺し合いに乗った人には会いたくない
3:やきう兄に強い警戒。グンマーは……
※チハは大戦中に改良が施された、所謂「新砲塔チハ」での参戦です。
※チハは自分の武器の弾薬が無い事にまだ気づいていません。

※D-2の民家の中に、窓の大破した民家があります。どの辺りにあるかは不明

241 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:07:11 ID:izeT9O/s0




〜〜〜〜




「……」

 誰もいなくなったリビングで、ただ考えるいわっち。

(確かに、私は無条件にテレビ局から停戦を持ちかけられると思っていた……それに、その後の事も、
 具体的な事までは考えていなかった……ですが……)
「落ち込まないデ、いわっちサン……」
「大丈夫です、落ち込んでなどいませんよ……早い段階で欠点に気付けたのは、幸運でしたしね」

 ……そう。ここで、計画の欠点を知れたのだから、無駄ではない。
 あくまでも前向きに、いわっちはそう考えることにしたのだ。

「……テレビ局に、向かいましょう」
「? どうしテ?」
「やはり気になるのです。テレビ局を使えば、本当に停戦を持ちかけられるのかが。ですから、
 先にテレビ局を調べようかと思います。幸い、ここからだとそう遠くはありませんし」
「……デモ、途中で怖い人たちに出会ったラ……」
「……私がついていますから、大丈夫ですよ」

 誰が見ても強がりだと分かるその発言。
 だが、それでも。
 しぃの心を幾らか安心させる事はできる。

(……できれば、身を護れる何かがあればいいのですが……)

 一抹の不安を抱え、2人はテレビ局を目指して歩き出した。

242 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:07:23 ID:izeT9O/s0


【D-2・民家/一日目・朝】
【しぃ@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1〜3)
[思考・状況]
基本:皆死んじゃうのはイヤ
1:ギコ君、大丈夫カナ……?
2:いわっちサンと一緒にテレビ局に行く
3:カイブツ(ネメア)がコワイ……できればもう遭いたくない

【いわっち@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モデルガン@サバゲ、救急箱@現実、不明支給品(0〜1・本人確認済み)
[思考・状況]
基本:殺し合いをやめさせる
1:本当にテレビ局からダイレクトができるか確かめに行く
2:情報や人を集めたい。"異世界"の事も調べたい……
3:手はずが整い次第、停戦を持ちかけたいが……




〜〜〜〜




(よし……)

 チハに乗って走っていくマッマ達を尻目に、やきうのお兄ちゃんは路地を歩いて行く。

(拳銃の弾、あんま残っとらんなぁ……弾切れしたら、どないしよ……)

 野球場で荷物を検めた時には、拳銃の予備弾のような物は見当たらなかった。
 つまり、装填されている弾を撃ち切ってしまえば、それまでなのだ。
 ……武器になる物は他にもあるが、拳銃程の利便さはない。
 銃と言う物は、この場において大きな力となるのだ。

(一応武器になるモンはあるけど……正直、銃の方がええわ。こんな状況じゃ贅沢言ってられへんけど)

 そう考えると、やはりあの銃を奪われたのは残念なことだった。

(探し出して奪い返そうにも……武装したアイツには、勝てるかどうか分からへんしなあ。というか、
 どこにおるんかも分からへんしなぁ……)

 はぁ、と大きな溜息をついて、トボトボと歩き続ける。

243 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:07:51 ID:izeT9O/s0





(そういやさっきから、少し頭痛いんやが……何でやろか……?)

 ――――自身を蝕むモノに、気付かないまま。



【D-2/一日目・朝】
【やきうのお兄ちゃん@なんJ】
[状態]:健康、エルメェス菌浸食中(程度不明)
[装備]:H&K USP@現実(6/16)
[道具]:基本支給品一式×3、PDA(忍法帖【Lv=03】)、PSP@現実、木製のバット@現実、釘バット@現実、
    ひかりのこな@ポケットモンスター、台風コロッケ(残り11個)@現実、不明支給品×1〜3(確認済み)
[思考・状況]
基本:生き残る
1:何とかして、銃を手に入れたい
2:もうマッマに会う気はない。次に出会ったら……
※エルメェス菌に感染しました。どのような影響があるのかは不明です
※やきうのお兄ちゃんがどこに向かったのかは、後続の書き手さんにお任せします




〜〜〜〜




「ヘヘッ、コレガアリャアイッキニラクニナルワ(これで、戦いが楽になる……)」

 少々足は痛むが、まだ戦える。……完全ではないが、足の傷も少し治った。
 一層、優勝への欲望を増して、路地裏を駆け抜けるグンマー。

「ダケド……サスガニ、コノアシデバンバンタタカウノハキツイワ(だが……この足では、戦いに支障が出てしまう)」

 自分には、村を護る使命がある。
 だからこそ、ここでやられるわけには行かないのだ。
 そのためにも、体調を整えねばならない。

244 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:08:05 ID:izeT9O/s0

「ドッカニカクレテ、ナオルノマツカ……? イヤ……(どこかに隠れて、傷の回復を待つか? だが……)」

 幸いにも、ここは住宅街。
 隠れる場所は、幾らでもある。

「……ベツニ、ビビッテニゲテルワケジャネエシ……(……これは、敵前逃亡などではない……)」

 長々と、考えている余裕などない。
 戦場では、その隙が命取りになるのだから。
 グンマーは……それを、言葉では無く心で知っていた。
 だからこそ、素早い決断を下した。

「シャーネー、シバラクカクレッカ。ダガ、コッカラハナレタホウガイイワ」
(仕方無い、暫く身を隠そう。だが……ここからは離れた方がよさそうだ)

 そう呟いて、グンマーは走るスピードを上げた。



【グンマー@まちBBS】
[状態]:健康、首筋に血を吸われた痕、足負傷(中程度・回復中)
[装備]:熱光学迷彩服(所々破れている)@攻殻機動隊、サイガ12(8/8)@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、洗顔クリーム、予備マガジン
[思考・状況]
基本:優勝して、村を守る戦士になる
1:今は何処かに隠れて傷の回復を待つ。
2:頃合いを見て、戦場に赴く
※チハが喋ることを半信半疑に思っています
※やる夫を自分と同様に成人の儀を受けているグンマー出身者だと思っています


≪支給品紹介≫
【サイガ12@現実】
90年代に開発された、セミオート式散弾銃。装弾数8発。
ある程度の連射も効くので使いこなせば恐ろしい武器になる。

245 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 21:08:28 ID:izeT9O/s0
仮投下終了です。
指摘点などあったら、よろしくお願いします

246 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/05/05(日) 21:40:20 ID:B/2Ya2Zg0
仮投下お疲れ様です
問題無いと思いますよ

247 ◆i7XcZU0oTM :2013/05/05(日) 22:05:21 ID:izeT9O/s0
意見ありがとうございました。
本スレに投下いたしました

248 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:18:38 ID:eKluyms.0
規制がかかっていたのでこちらに投下します
どなたか代理投下をよろしくお願いいたします

タイトル「涙の中にかすかな灯りがともったら」

249 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:19:04 ID:eKluyms.0
嗚咽が、噛み殺したような鳴き声が、うらぶれた雑居ビルの間に響き渡った。
吹き抜けるそよ風は、錆びついた鉄の匂いを帯びており、空虚な雰囲気に拍車をかける。
そんな錆びついた非常階段には三つの人影が並んでいた。
二人の女に見下ろされるような格好で、二頭身の黒服男――クラウドさんがむせび泣いている。

「……くっ……うぅっ……」

涙はこぼすまいと努めるも、そんな理性を上回るほどにクラウドさんの心中は無念さに支配されていた。
それをオロオロと見つめるばかりの日本鬼子に、少しばかりの苛立ち交じりに見つめるのは鬼女だ。

三人が出会ってものの数十分。
その間に転機となるべき定時カキコが行われた。
進入禁止となるエリアの発表に加え、行われたのがここ六時間での死者の発表だった。

既にその目の前でMSKKの死を見届けたクラウドさんが、最もその生命を案じていた男。
レベル男の名を、居並ぶ死者の中に見つけたその瞬間、クラウドさんは膝からガクッと崩れ落ちた。
そのまま鉄サビなど意に介することもなく突っ伏して、声を殺して泣き続けた。

ほんの僅かの間とはいえ、生死を共にした男の死。
それはクラウドさんに言いようのない悲しみと、自信に対する慙愧の念を同時にぶつけてきた。
「例え悪い結果だとしても気を落とさないこと」、これは先刻鬼女が発した言葉だ。
それはクラウドさんとて重々承知はしている……しているが、事実として自分が護れなかったことはそんな言葉も吹き飛ばしてしまった。



「あ、あの……クラウ……」

見るに見かねた鬼子が言葉を絞り出そうとしたその時だった。

「いつまでクヨクヨしてんのよっ!!」

怒号を叩きつけながら、鬼女が首根っこを掴むようにしてクラウドさんを引き起こす。
クラウドさんのその小さな体に合わせるように、片膝を突いて鬼女が真っ直ぐクラウドさんを見据えた。
対するクラウドさんは、涙を浮かべながらも決してその視線を外そうとはしなかった。

「私言ったわよね!? 殺されちゃった時はもうどうしようもないって!
 卑屈になるのは間違いだって!! 悪いのは全部……全部殺した人なんだって!!!」

一つ言葉を並べるごとに、鬼女はその語調を強めていく。
決してそれはクラウドさんにだけ叩きつけられたものではない。
この忌むべき殺し合いに乗った連中に向けてぶつけられたようなものだった。
それは目の前のクラウドさんも、そして傍らの鬼子も分かっていた……だからこそ、二人とも言葉を挟むことは出来なかった。

「アンタは……アンタはどうせこう思ってるんでしょ……!
 『ボクが護れなかったから、あの人は殺されちゃったんだ』、って……!」

クラウドさんがコクリと小さく頷く。
事実、鬼女の言葉は図星であったからだ。

「正義の味方気取ってるけど、所詮一人だけの力でやれることなんて限られてるのよ!
 アンタがどれだけ力を持っていたとしても、一人だけで全員を護れるだなんてのは思い上がりもいいとこよ!」
「そんなの……そんなの分かってるよ!」

ついにクラウドさんもせき止めていた感情を爆発させるかのように口を開いた。

250 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:19:22 ID:eKluyms.0
「だけど、自分の力で出来るだけのことをやろうと思うことの何が悪いっていうの!?
 ボクは、ボクの力で出来るだけの人を護りたかった……それが出来なかった自分を責めることぐらい……」
「それが現実だって言うのよ!」
「現実……?」

鬼女も一歩も引かない。
ここでクラウドさんの精神が崩壊するようでは、戦闘能力に乏しい自分たちの危機をも意味するからだ。

(冗談じゃないわよ……! 荒療治かもしれないけど、この子にはシャンとしてもらわないと困るのよ……!)

もし、自分の言葉に打ちのめされてしまうようならば、それまでの人間だった……鬼女はそう割り切ろうとしていた。

「そう、アンタ一人じゃ、全員を護りきれっこない……それが現実よ……
 そして、それをアンタは受け入れなきゃいけないのよ!」
「だからって……! それを認めちゃったら、ボクがボクである存在意義が……!」
「人の話は最後まで聞きなさいよ!!」

クラウドさんの言葉を遮って、鬼女がもう一度ジッと見つめた。
まるで吸い込まれそうな瞳に、思わずクラウドさんも言葉を詰まらせた。

「どうして一人でなんでもかんでも抱え込もうとするのよ! そんなに私や鬼子ちゃんが信用できないの!?」
「だ、だって……」
「そりゃ、私たちはアンタみたいにあの猫妖怪を正面から撃退できるだけの力は無いわよ……
 でも、それが出来るアンタだって、結局殺しまくってるクズたちの前じゃ私たちと五十歩百歩よ!
 何も出来ていないってことにかけては、アンタと私たちに大した違いは無いわよ!」
「そんな……」

自分のアイデンティティを真っ向から否定されたクラウドさんは、もう心が折れそうになっていた。
ただでさえ痛感していた自分の無力さを、ここまで容赦なく突きつけられることなど、今までに経験していなかったのだ。
レベル男を喪った悔しさから流した涙と、別の種類の涙がうっすらとその瞳に浮かび始めた。

「……だからさ」

それを押し留めたのは、先ほどまで忌憚ない言葉を浴びせていた鬼女だった。

「一人じゃどうにもならないんだったら……みんなでなんとかするしかないでしょ!?」
「みんな……で?」
「そうよ……"みんなで"、よ」

自分が皆を護るという意識の強いクラウドさんからすれば、皆で手を取り合って立ち向かうという発想はすっぽりと抜け落ちていた。
浮かびかけた涙もすぅっと引いて、キョトンとした目で鬼女を見据えた。

一方で、鬼女からすればそれこそが当然の思考であった。
所詮は一介の市民に過ぎない鬼女は、それ単体の力だけを見れば大したことは無い。
だが、時として皆を戦慄させる"鬼女ネットワーク"を駆使し、彼女たちなりに巨悪へと日々立ち向かっているのだ。
時にそれが行き過ぎになるきらいこそあるものの、一人一人ではとても出来ないことを皆で手を取り合えば出来ることを鬼女は誰よりも知っている。

「……いい? 誰かに頼るなんてことは別に恥ずかしいことじゃないのよ?
 人には誰にだって得手不得手ってものがあるんだから……自分一人でなんでも出来るなんてのはただの思い上がりよ」
「思い上がり……か」
「誰かを支えて、そして誰かに支えられて生きている……それが社会の理ってもんなのよ。
 猫野郎みたいな殺し合いに乗ったクズはそんな簡単な事さえ忘れちゃってる奴なの。
 そんなクズに鉄槌を下すならね……そんな社会の道理ってもんを叩きつけてやりゃいいのよ!」

クラウドさんにとって、このバトルロワイアルは今までの自分というものを粉々に粉砕するだけのイベントだった。
自分は誰かを護れるほどじゃないという現実を突き付けられ、それに思い悩んだりもした。
だが、ここにきて新たな考えを示してくれるようなそんな人物との邂逅を果たすことが出来た。
それは、今までなら単に護る対象でしかなかったような、そんな人物。

251 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:19:56 ID:eKluyms.0
「ボクにも……出来るのかな?」
「アンタ一人じゃ無理よ……だからこう考えなさい」

そこまで言った鬼女が、初めてその口元にうっすらと微笑を浮かべた。

「"みんなで"やれば、何でも出来るって」

すると、鬼女の勢いに乗せられたかのように、今度はこれまで沈黙を守っていた鬼子が一歩前に進み出た。

「クラウドさん……もう忘れちゃったかもしれませんがもう一度言わせてくださいね」

そして自分の手をそっとクラウドさんの手と重ねた。

「私も協力出来ることがあれば協力します……だから、一緒に頑張りましょう……ね?」

そう言って重ねた手をギュッと握りしめた。
クラウドさんは思わず赤面すると同時に、コクリと頷くことしか出来なかった。
そんな二人の様子を見て、やれやれと言わんばかりに鬼女は小さくため息をついた。

「ありがとね、鬼子ちゃん……途中で止められたらどうしよう、って思ってたわよ」
「私も鬼女さんの文字通り鬼気迫る態度にはビックリしちゃいましたけど……」

すると、鬼子は鬼女に顔を向けて柔和な笑顔を見せた。

「別に鬼女さんはクラウドさんのことをただ単に責めてたわけじゃないってことは……なんとなく分かりましたから」
「……へぇ」

思わず鬼女が感心したような表情を見せる。

「鬼女さんと会ってからまだそんなに経ってませんけど……そんなことする人じゃないってことはなんとなく分かります。
 人の心に棲む鬼と対峙してきた私には、それがなんとなく分かるんです」
「さっきは、鬼気迫るって言ってたじゃない」
「人は時に、心を鬼にしてでも事を為さねばなりませんから……それが今だった、というだけのことですよ」
「鬼子ちゃんには敵わないや」

そう言って二人は思わず笑い合った。
つられるようにして、クラウドさんもまた涙の跡の残る顔にうっすらと笑顔を浮かべたのだった。
未だに涙で滲むその瞳に、新しい光が微かに灯った、そんな瞬間だった。





 *      *      *





「……それにしても本当にふざけてるわね」

PDAを手に鬼女が吐き捨てた。
画面には定時カキコの情報が映し出されている。
この六時間で脱落……即ち命を落とした参加者十五人の名前が煌々と映し出されている。
だが、その名前のどれもが凡そ人の名前とは思えないものばかりだったのだから。

252 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:20:16 ID:eKluyms.0
「ゆうすけ、ってのはまだギリギリ分かるわよ……でも他の連中はどれもこれもそうとは思えないじゃない」
「……ということは、鬼女さんみたいに自分の名前を忘れさせられてるということですか?」
「その可能性はあるわね……」

そこまで思考を巡らせ、鬼女はチラリとクラウドさんへと視線を向けた。
クラウドさんは鬼子に抱きかかえられるようにして、鬼女のPDAを覗き込んでいた。
時々鬼子が顔をほころばせながら「……もふもふ」と呟いては、それを「やめなよ」と窘める様子が見られた。
段々鬼女としても止めるのが面倒になって来たので、もうそれをそのままにしてある。

だが、よくよく考えてみれば、二足歩行とはいえこんな大きさで動き回って人間と意思疎通をする動物を鬼女は見たことがない。
それはクラウドさんだけじゃなく、鬼子に関してもそうであったのだがひとまずそのことは思考の片隅に留めておくことにした。
鬼女がここまで出会ってきたのは鬼子にモララーというクズ猫(名前はPDAで把握した)、そしてこのクラウドさんの三人。
その全員が自分のような人間――ホモ・サピエンスとはまるで姿形の異なる生き物なのだ。

しかし、鬼女は見ている。
あのひろゆきがこのバトル・ロワイヤルの開幕を高らかに告げた会場には自分以外にももっと多くの人間がいたはずだと。
そんな人間と、未知なる生物をごった煮にして殺し合わせるのはどういうことだろう……鬼女はそう考えていた。

「……ねぇ」
「何?」

たまらず鬼女はクラウドさんに問いかけた。

「さっきあなたが言ってたモノウルッテレ……なんだっけ、まぁいいわ。
 それってここに載ってるレベル男、って人の事でいいのかしら?」
「多分……そうだと思うよ」

レベル男はMSKKと同じようにモララーの手にかかっていたことが読み取れた。
あの時自分が相手を無力化しておけば、とクラウドさんはまた自分を責めそうになるのをグッとこらえた。

「その人は……その人間だったの? 私みたいな」
「……え? そうだったけど」
「じゃあ、最初に殺されちゃった、っていうMSKKって人は……」
「う〜ん……身長はお姉さんの半分くらいかな。お饅頭に胴体と手足が付いて歩いてるようなそんな感じの人だったよ」
「何よそれ……」

思わず鬼女は呆れ顔に変わる。
目の前の鬼子が「お饅頭……」と目を輝かせるその暢気さもまた呆れを加速させた。
何はともあれ、この殺し合いに招かれた者たちの姿形はまるで統一感のないものであることを鬼女は痛感したのだった。

「……なんにせよ、あのクズ猫みたいなのが他にもいるわけだからね……
 たとえ相手が人間に見えなくたって、注意するに越したことは無いわね」
「そうですね、どうやらクラウドさんのおっしゃってたお二人以外にも、あのモララーという猫は別に一人手にかけたようですし」

クラウドさんを弄る手を止めずに、それでいて真剣な表情で鬼子も鬼女に続いて発言した。
定時カキコではここまでの殺害者も公開されていた。
十五人の命を奪った参加者の数はしめて八人。
鬼女たちからすれば、それは当面注意しなければならない者たちの名前でもある。

「でも、裏を返せばこの八人さえなんとかしちゃえば当分は安心かしらね」
「……そうだといいんだけどなぁ」
「どういうことよ」

思わずポツリと呟くクラウドさんの言葉に鬼女がすかさず反応する。

「だって、あの猫みたいに自分から仕掛けてくるようなのばかりとは限らないじゃない。
 もしかしたら、ある程度人数が減るまでは力を温存するために殺し合いに反対するフリをしている人だって……」
「待ちなさいよ、もしかして私たちがそうなんじゃないか、って言いたいの?」
「いや、二人がそういう人じゃないだろう、ってのは分かるけど……」
「……でも」

鬼女が噛みつくところを割って入ったのは鬼子の言葉だった。

「クラウドさんの言うことも分かるんです……
 心に巣食う鬼を巧みに言葉や態度で包み隠しながら、その牙を研いでいるような人がこの世には確かにいるのです。
 ましてや、今は状況が状況です……そんな人がいるかもしれないと心に留めておくだけでも危険はかなり回避できるのではないでしょうか」
「鬼子ちゃんの言うことも一理あるんだろうけどさ……そんなの注意しようがないじゃない」
「そのあたりは私にお任せくだされば」
「……鬼子ちゃんなら、そんな奴を見破れるってこと?」
「……たぶん」

縋るにはずいぶんとか細すぎる蜘蛛の糸を前にし、鬼女は再びため息をつく。
それでも、ここでいつまでも立ち止まっているわけにはいかなかった。
立ち上がって、尻のあたりを軽く叩きながら、二人を鼓舞するように鬼女は言う。

253 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:20:34 ID:eKluyms.0
「……とにかく私たちがあの猫野郎のようなクズに立ち向かうにはもっと仲間が必要よ。
 きっと三人でもまだ手に余ると思うもの」
「では、誰と接触するかは私にお任せできますか?」
「そうね……そこまで言うなら鬼子ちゃんに任せてもいいかもね。
 そこから相手の本音を探るのは私の役目かしら」

クラウドさんとの接触を決めたのも(半ば可愛さに目が眩んだとはいえ)鬼子の意思によるものが大きかったということもある。
それ故に、結局は鬼女も鬼子の進言を容れることとなった。
その相手の真意を見極めるのは、物怖じせずに言葉をやり取りできる鬼女自身が手を挙げた。

「それじゃあ、ボクは何か危ないことがあったら真っ先に立ち向かう役目、かな?」
「……でも、捨て石になろうだなんて考えないでちょうだいよ?
 死んじゃったらどうにもならないの、最悪の場合は逃げの一手を選んだって誰も責めやしないわよ」
「……分かってるよ」

そして、結局護衛役には一番腕の立つクラウドさんがなし崩し的に収まることとなった。
護ることに強いこだわりを持つクラウドさんに、鬼女は一抹の不安を感じてはいた。
だが、それ以外の役目をこれといって思いつかなかったばかりに、これも受け容れざるを得なかった。


「とにかく、モララー以外の七人のクズの情報を集めるためにも、人を選んでどんどん接触しないとね」
「そうですね……きっと私たち以外にも同じように集団で行動を共にする人もいるはずです」
「そんな人たちに会えたらいいのかな」

思い思いの考えを口にしながら、三人が短くも濃密な時間を過ごした雑居ビルを出たその時だった。





――見るも無残な左手をした、直垂に袴姿、烏帽子を被った男が倒れているのを見つけたのは。





 *      *      *





ズルズルと、足を引きずるようにして一条三位は夜明けの街中を彷徨い歩いていた。
彼からすれば、見るもの全てが新鮮なこの街を楽しみながらも、ただ無為にふらついているわけではなかった。

「……ひとまずはあの高い塔のようなものを目指すとするかの」

視線の先にあったのは、周囲のビル群より一際存在感を放っていた建物――近鉄百貨店であった。
彼の住まう都では決して存在し得なかったほどの高さで聳え立つ建物に、一条三位はとりわけ心魅かれていた。

「あれだけ大きい建物ならば……籠城できる場所などごまんとあるはずでおじゃる」

実際、その内部は幾度かの抗争により滅茶苦茶になっていることを、一条三位が知る由もない。
ただただ、まるで火に吸い寄せられる夏の虫の如く、一心不乱に一条三位は近鉄百貨店を目指した。

……だが、レベル男とモッピーとの戦いで一条三位が受けたダメージは甚大なものであった。
とりわけ、イオナズンによるダメージは急所こそ外れていたとはいえ、本来ならば行動不能に陥ってもおかしくないものだ。
それでも、勝利への意志……即ち生還しzipの桃源郷を創るという強い意志と、見ず知らずの街並みに対する強い憧憬。
その強い精神力で今の一条三位はどうにか体を動かすことが出来るという状態だった。
必然的にその歩みはのっそりとした重苦しいものへとなっていく。

254 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:20:55 ID:eKluyms.0

愛用の日本刀を杖代わりにしてゆっくり、ゆっくりとその歩を一条三位は進める。
ゲームキューブを切りつけ、モッピーを突き刺した日本刀は確実にその切れ味を失っていた。
さらに、イオナズンの爆破の衝撃で、左腰に挿していた鞘はその用を成さぬほどにボロボロになってしまっていた。
その結果、抜身の刀を知らずとはいえアスファルトに突き立てながら歩くものだから、刃こぼれはさらに加速する。
目指す近鉄百貨店が徐々にその姿を大きくする頃にはすっかり日本刀はなまくらと化してしまった。
しかし、一条三位はそのことに気付かない。

気付かない、といえばもう一つ。
一条三位は時刻が六時を過ぎたにもかかわらず、未だに定時カキコを見ていなかった。
zip蒐集を生業とする彼がPDAの扱いを知らぬというわけはない。
ただ単純に、時間も忘れて近鉄百貨店を目指していたばかりに、大事な情報が流れているのにも気づいていなかった。
これが、後からでも見返すことのできる"定時カキコ"というスタイルであることが一条三位にとっては幸いしてはいる。
が、自らの所業が晒されているということには、今の一条三位は完全に無自覚であった。

「ま、まだでおじゃるか……?」

当の一条三位は、いつまで足を動かしても近鉄百貨店に辿りつけないことに苛立ちを感じつつあった。
確かに見る景色に心を奪われたりすることはあったものの、寄り道の出来るような身体ではない。
一直線に近鉄百貨店を目指していたはずだが、一向に目的地に近づいているような感覚が無かった。
それはつまり、本人の想像を超えて体力が失われていることの証左でもあるのだが。

「まったく……麿が何故に歩かねばならぬでおじゃるか……
 普段ならば従者に牛車でも引かせて雅に動くところで……」

少しずつ愚痴も漏れ始めたその時だった。



「……でクヨクヨしてんのよっ!!」
「!?」

ビル街に響き渡る女の怒声に、思わず一条三位は辺りを見回した。
声の発信源は遠くない……むしろすぐ近くであるように思えた。

「……むふふ、場も弁えずに大声を張り上げる間抜けがおるようじゃな……
 ちょうどよい、この刀の錆にしてくれようか……それとも先程手にしたあの南蛮風の槍で……」

屍を築き続けることが、zipの桃源郷を創る最短ルートと信じて疑わない一条三位は、思わぬ獲物の出現に顔を醜く歪ませた。
ひとまずは声のする方へそろり、そろりと忍び寄ろうとして……



そこで体力の限界が訪れた。



裏路地にその体を滑り込ませたその時に、何でもない段差に一条三位が躓く。

「うおっ!?」

膝から崩れ落ちるように地面を舐めた一条三位は、すぐさま体を起こそうとする。
……が、身体に力が入らない。

「ど……どういうことで……おじゃるか……?」

左手の一部を吹き飛ばされただけではない。
イオナズンの爆発による衝撃は身体全体にもダメージを与えていた。
そんな身体で、アスファルトを歩くにはお世辞にも適したとは言えない靴で数時間も歩き続けたのだ。
最早、精神力で肉体をカバーするには足りないほどに、一条三位は消耗しきってしまっていた。

「こ……こんなところで……!」

最後の気力を振り絞って数m這いずるが、それが精一杯だった。
目標とする雑居ビルを目の前にしたところで……一度一条三位はその意識を手放したのだった。





 *      *      *





「ちょ、ちょっとどういうこと!?」
「だ、大丈夫ですか!?」

変わり果てた姿で倒れる男を目の前にし、思わず鬼女と鬼子が驚きの声を上げる。
鬼子に至ってはすぐさま駆け寄って助け起こそうとしたその時だった。

255 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:21:22 ID:eKluyms.0

「……ちょっと待って!」

二人に出会ってから、一番大きな声を張り上げて制したのはクラウドさんだった。
地に伏せる一条三位に駆け寄っていた鬼子もピタリとその足を止めて振り返った。
勿論、鬼女も同様に傍らのクラウドさんを見下ろすような格好で視線を向ける。

「待って、って一体なんのつもりよ……」
「そうですよ、早く手当をすればまだなんとかなるかも……」

鬼子が焦りの色を濃くする。
先刻、この雑居ビルに入る時にこの男は倒れていなかった。
とすれば、ここ数十分の間にこの男はここに現れてそして倒れたのだということは容易に推測できた。
つまり、今ならまだ手を尽くせば助かるかもしれない、そう鬼子は考えていた。

「よく見てよ……その人が持ってる刀」

クラウドさんが指さす先には、一条三位が杖代わりに握っていた日本刀があった。
すっかりモッピーの血は乾いており、まるで赤錆のように刀身にまとわりついている。
それを見て鬼女は思わず目を丸くし、鬼子は小さくひっ、と悲鳴を上げた。

「な、なによ……じゃあこいつも人殺しのクズってこと……?」
「分からないよ……?
 モララーって猫妖怪みたいな人と会って、交戦せざるを得なくなったけど大ダメージを追って逃げてきたのかもしれないし」
「で、ですがこのまま放っておくわけには……」

思わずオロオロとする鬼子に対し、鬼女は意を決したかのようによし、と呟く。

「それじゃあ、そいつのPDAを見させてもらいましょ。
 確か、本人の名前が出るはずよね……それでそいつの名前があの八人の中にあればクロ、ってことじゃない」
「それはそうですが……もしクロだとしたらその時はどうするんですか……?」
「決まってるじゃない、その時は……」

鬼女が口を開こうとしたその時だった。



『ひろゆき討伐PT募集Lv70以上@5まず後衛優先、とるあえず近鉄百貨店集合、詳細きぼうhさ、参加希望者はテルしてくあさい』



「「「!?」」」

突如として響き渡る男の声に、三人は思わず辺りをキョロキョロと見回す。
気絶した一条三位はそれでもなお、目を覚ます気配さえなかった。

「ちょ、ちょっと何!?」
「ぼ、ボクに聞かれても……」
「な、何か拡声器のようなものでも使っているんでしょうか?」

三人の狼狽えなど知る由もなく、声の主はさらに三度同じ言葉を発した。
合計で四度その声を聞けば、さすがに発信源はある程度特定することが出来た。
雑居ビルからほど近いところに聳え立つ近鉄百貨店……その屋上だ。

「な、何を言ってんだか半分くらいよく分からなかったけど……」

屋上の声の主の独特の言語センスに加え、やれレベルだの後衛だのという言葉を並べられては鬼女には成す術もない。
それはまた鬼子も同じ事であった。

256 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:21:50 ID:eKluyms.0

「と、とりあえず『ひろゆき討伐』とか言ってたよね……?」
「はい……ということはこの人は味方、でしょうか?」

クラウドさんと鬼子が顔を見合わせながら呟くが、鬼女はそれを一蹴した。

「バッカじゃない!? あんなの罠に決まってるじゃない、罠よ!」
「わ、罠……ですか?」
「そうよ! あんなことしたら確かに人は集まってくるかもしれないわよ……
 でも、それで集まってくるのは私たちみたいにひろゆきを何とかしようって人たちだけとは限らないのよ!?
 モララーみたいなハイエナが獲物が集まってくるところを狙ってくるかもしれないのよ!?」
「それは分かりますが……」

思わず表情を曇らせる鬼子などお構いなしに、鬼女はさらに言葉を並べる。
わざわざ裏路地を選んでまで慎重な仲間を集めようとしただけあって、鬼女は警戒心を緩めない。

「仮にアレが言ってるひろゆき討伐が本当の事だとしてもよ……?
 私はそんな後先考えられないバカと行動するなんて真っ平御免よ!」
「う〜ん……何だかあの声の人に、ボクと似たような匂いを感じるんだけどなぁ……」
「だとしたらなおのことよ……」

クラウドさんの嗅覚までも一顧だにせずに、鬼女はいそいそと荷物をまとめ始めた。

「ホラ、二人とも急いで! さっさとこんな危ないとこ離れるわよ!」
「え……それじゃああの人はどうなっちゃうの?」
「だから言ってるでしょ! なんでもかんでも護れる、ってわけじゃないのよ!
 自分でバカやってる奴なんて自己責任よ! そんな奴護るくらいなら、もっと別のまともな人護るのに力使いなさい!!」
「あ、あの鬼女さん……」
「何よっ!?」

焦りからついつい鬼女は語気を荒げてしまう。

「この人はどうしましょうか……」

鬼子の指さす先には、倒れたまま目覚める様子のない男がいて、思わず鬼女も言葉を詰まらせた。
そもそも、まだ生きているかどうかさえ確認出来ていないその男は、殺人の禁忌を犯したかもしれないわけで、鬼女にとってはお荷物でしかない。
だが、目の前で倒れている男をそのまま捨ておくことは流石の鬼女とて出来なかった。
もし何かあったとしても、相手は傷だらけだし、こちらには腕の立つクラウドさんがいるということも鬼女の判断を変えさせた。

「……仕方ないわね、そいつは私とクラウドさんが交代で担いでいくわよ。
 鬼子ちゃんは、そいつの荷物を持ってて。もしコイツが人殺しのクズだとしても、こんなボロボロで武器も奪われたら何も出来ないでしょ」
「分かりました」
「あなたも、それでいいわね?」
「分かったよ」

まず鬼子が、続いてクラウドさんが小さく頷く。

そこからの行動は迅速だった。
鬼子が、一条三位の傍らに転がったデイパックを拾い上げ、周りに零れた基本支給品をかき集めた。
鬼女とクラウドさんは倒れた一条三位がまだ生きていることを確認すると、二人で協力して鬼女の背中へと担ぎ上げた。

257 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:22:10 ID:eKluyms.0

「準備はいいわね? 一刻も早くここから離れるわよ。
 もし途中でこっちに向かってくるような善良な参加者がいれば、なんとかして止めるんだからね」
「うん」
「分かりました」

互いに頷きあって、三人は傷だらけの男を抱えて足早に雑居ビルを後にした。
その男の正体が白日の下に晒された時、果たして三人はどういった道を選ぶのだろうか。



【B-4・雑居ビル周辺/1日目・朝】

【鬼女@既婚女性】
[状態]:健康、疲労(中)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2、閃光手榴弾@現実×3
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼子とクラウドさんを信頼、協力する。
2:クラウドさんのやたら責任を抱え込む性格をなんとかしたい
3:殺し合い打倒派の協力者を集める(バカは願い下げ)
4:殺し合いに乗ったクズに会ったらその時は……
5:屋上の男から一刻も早く離れる
※自分の本名がわからないため、仮名として『鬼女(おにめ)』と名乗ることにしました


【日本鬼子@創作発表】
[状態]:健康、疲労(中)
[装備]:グラットンソード@FF11
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ミキプルーンの苗木@ミキプルーンコピペ、一条三位のデイパック
[思考・状況]
基本:殺し合いを打破する
1:鬼女さん、クラウドさんと協力する
2:クラウドさん可愛い
3:倒れていた男(一条三位)が心配


【クラウドさん@ゲームハード】
[状態]:健康、疲労(小)、悲しみ
[装備]:バールのような物@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、エルメスのティーカップ@電車男、大盛りねぎだくギョク@吉野家コピペ
[思考・状況]
基本:みんなと協力して、殺し合いから脱出する
1:鬼女と鬼子と行動。助け合いながら二人を護る
2:誰にも死んで欲しくない
3:モララーと男(一条三位)を警戒
4:屋上の男が気になる


【一条三位@AA】
[状態]:気絶、全身にダメージ(大)、左腕機能停止、ススだらけ
[装備]:なし
[道具]:なし
[思考・状況]
基本:優勝して、全てのzipが手に入る桃源郷を創る
1:ある程度回復するまでどこかに身を隠す
2:見た事のないこの町に興味
3:やっぱりzipが欲しい
【備考】
※イオナズンを習得しました


※一条三位の持ち物(日本刀@現実、基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、グングニル@FLASH「グングニル」、きゅうり×10@なんJ、イオナズンの巻物@FLASH「イオナズン」 、ライター@現実、不明支給品×0〜2)は日本鬼子が回収しました。
 中身の分配に関しては次の書き手の方にお任せします。
※一条三位がモッピーとレベル男のPDAを回収したかどうかも次の書き手の方にお任せします。
※一条三位の持っていた日本刀@現実は鞘がイオナズンで破壊され、刀身もボロボロのなまくらになりました。

※鬼女、日本鬼子、クラウドさんはブロントさんの呼びかけを聞きました。
※一条三位はまだ定時カキコを見ていません。

258 ◆shCEdpbZWw :2013/05/21(火) 11:22:33 ID:eKluyms.0
仮投下は以上です それではまた

259 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:08:29 ID:UCoTApuQ0
仮投下します

260 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:08:40 ID:UCoTApuQ0



 静かな街中を、たった一人で歩き続ける。
 夜の闇は既に消えて、辺りを朝の光が包んでいる。
 レストランから離れて、そんなに経ってはないはずだけど。
 何故だか、長い時間が経過しているように感じる。

「……もう、6時過ぎなのか……」

 もうそんなに経っているのか、とも思う反面。
 まだそれだけしか経っていないのか、とも思ってしまう。
 これまで、いつもの生活じゃ有り得ないような事ばかりだったけれど。
 それでもまだ、僕は生きている。でも……別の場所では、誰かが殺されているんだ。
 さっき確認した、定時更新に、殺された人の名前が載っていたから……。
 そして、誰かを殺めた人のリストの中には、やっぱり川越さんの名前が……。

(……)

 悶々とした気持ちのまま、僕は図書館に辿り着いた。重い足取りで、図書館へ入る。
 ひんやりとした空気と、図書館特有の本の匂いが、僕を迎えた。

「……確か、キバヤシさんのいた所はこっちだったはずだけど」

 朝だと言うのに、どことなく薄暗い通路を通り、キバヤシさんのいる所……資料室に向かう。
 資料室の扉を開き、キバヤシさんの姿を確認した時。

「ただいま戻り……って、えぇ!?」
「アッ、ナンダオマエ! オイキバヤシ、ヒトガキタゾ!」

 何だか小っちゃい生命体(?)がぽよんぽよんと跳ねながらキバヤシさんに向かっていく。

「む……ああ、バイク君。戻ってきたのか。随分と時間がかかったようだが……?」
「え、ああ、ちょっと」
「?」

261 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:08:56 ID:UCoTApuQ0

 どうやらキバヤシさんは、まだ定時更新を見ていないようだ……。
 ここで僕が、川越さんのことを黙っていても、頭の良いキバヤシさんなら、じきに気づく。
 なら、ここで話してしまったほうがいい……。

「……実は……」



〜〜〜



「まさか、そんな事があったとはな」
「ええ……」
「まあ……話を聞く限り、川越は料理を貶されでもしない限り自分から人に攻撃することはないようだな。
 どうしたものか……」

 そう言うと、キバヤシさんは腕を組みつつ考える。

「ソンナアブナイヤツ、ホットケバイイダロ?」
「そうは言うが……」

 ……確かに、川越さんをこのまま放置しておいていいのかどうか、分からない。
 もしあのレストランに誰も来なかったなら、何も起こらずに済むだろう。
 だが、誰かが来たら?
 そして、さっきのような事態になってしまったら?
 今度は、どうなるか分からない。

「……説得を試みるか? いや……だが……」

 なにやらブツブツと呟きながら、思案を巡らせるキバヤシさん。
 ……正直、僕にもどうすればいいのか分からない。
 常識的に考えるならば、まかりなりにも参加者を殺した人を放置しておくのは考えられない事だ。
 だが、川越さんが人まで手にかけてしまう、とは言い切れない。
 キバヤシさんも言ったが、料理を貶されでもしなければ、自分からは仕掛けないはずだ。
 なら放っておいても、あまり問題は無いのではないか……?
 だけど、何かあってから行動を起こすのでは……。

(どうすれば……どうすればいいんだろう……?)

 僕では、正しい判断が下せそうにない。
 困ってキバヤシさんの方を見ると、キバヤシさんもまた悩んでいた。

「……」

 お互い黙ったまま、ただ、時が流れた。

262 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:09:07 ID:UCoTApuQ0









 (…………)

 6時は、もうとっくに過ぎている。
 ……結局、私は。名前を定時更新で晒す事になってしまった。
 PDAを探ろうにも、イーノックの視線があった故に、行動が起こせなかった。
 そのせいで――――結局、名前が隠せなかった。

「ここをこうして……ほら、こうですよ」
「ありがとう……」

 そして、今。
 イーノックの方から、PDAを見ようと提案された所だ。
 ……断るのもおかしいし、結局応じるしかなかった。
 ひと足先に、内容に目を通す。

(…………やっぱり……載ってる)

 私の、今の名前が、しっかりと、載っている。

「……16人も殺されて……ここに載ってる奴には、気を付けないと……あなたも、気を付けて下さい。
 これに載ってる奴らがどこにいるか……!? あ、ちょ、ちょっと停めてくれ!」
「アイヨー」

 そう言うと、ゆっくりと速度を落として、路肩に寄ったままタクシーは停まった。
 一体、どうしたのだろうか。やはり、私の素性がバレてしまった!?
 喉元へ、スウッと刃物が突き付けられたかのような、恐怖が心にのしかかる。

 もしバレてしまったのならば、次に起こるのは……私への追求と非難。
 ……止めさせないと。その事実を――――言わせちゃいけない。
 言われてしまえば、私の今までやって来た事が、無駄になってしまいそうだから……。
 でも、放たれた言葉は、私の想像していたものとは全く違う物だった。

「ちょっと通り過ぎちゃいましたけど……図書館がありましたよね」
「え? ……いえ、よく見てませんでした……」
「ああ……ほら、あそこ」

263 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:09:26 ID:UCoTApuQ0

 そう言ってイーノックが指差す先には、確かに図書館があった。
 ……別に大した事じゃなかった。何だが、グッと寿命が縮んだ気がする。
 額に浮かぶ汗を手の甲で拭い、安堵の息をこぼす。
 でも。何故、私を責めないの?気付いたはずなのに……私が、人を殺した者だと言う事に。
 さっきとはまた違う恐怖が、私の心にのしかかる。
 ――――まさか、気付いた上で何も言わないの?もしそうなら、何のために?
 そんな事をする理由なんて、在る訳がない。

「図書館か。誰かいるんなら、接触を……いや、そもそも誰かいるんだろうか?」

 私が心底動揺しているのに、まるで気がついていないようだ。
 ああ、何だか全てが私を疑っている様な気さえして来た。
 いつから、私はこうなってしまったのだろうか?
 タケシを護ると決めた時から?それとも、初めて人を手にかけてしまった時?
 もしかしたら……ここに来た時点で、どこかおかしくなっていたのかもしれないけど。

「……行ってみない事には始まらないな。よし、Uターンして図書館の前に停めてくれ」
「アイヨー」





 ――――これから出会うであろう4人(と1体?)。
 果たして、それがどのような結果をもたらすのか……?

264 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:09:37 ID:UCoTApuQ0

【D-3・図書館/一日目・朝】
【マウンテンバイク@オカルト】
[状態]:健康、精神疲労(小)、川越への恐れ、苦悩
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品×1〜3、治療用具一式@現実
[思考・状況]
基本:殺し合う気はない
1:川越さんを……どうすればいいんだろう?
2:レストランには、あまり戻りたくない……
3:"スタンド使い"って何だろうか?

【キバヤシ@AA】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、Vやねん!タイガース×36@なんでも実況J
[思考・状況]
基本:バトルロワイヤルの謎を解明する
1:川越をどうするべきか……
2:図書館以外の場所も調査したいが、今は……
3:バトロワは鮫島事件と何か関係がある……? だが、諸説が多すぎて現時点ではどうしようもない

【ジサクジエン@AA】
[状態]:(・∀・)イイ!
[思考・状況]
基本:キバヤシに従う
1:……ドースンダ?
2:ニンポーチョーニ、クワシクナッタヨ

265 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:09:48 ID:UCoTApuQ0


【D-3・図書館付近/一日目・朝】
【カーチャン@ニュー速VIP】
[状態]:健康、強いストレス、精神疲労(大)
[装備]:アロハ調館内着@現地調達
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=01】)、不明支給品(武器無し)×1〜2、防弾ベスト@現実、
    壁殴り代行のチラシ@ニュー速VIP、匕首@現実、ベレッタM92(15/15)@現実
[思考・状況]
基本:必ずタケシを生き残らせる
1:……何が何だか分からなくなりそう
2:イーノックが使えるかどうか見極める。ダメなら……
3:タケシの害になりそうな参加者を、命を賭けて排除する
※竹安佐和記の名前をイーノックだと思っています
※タクシー@AAに乗っています

【竹安佐和記@ゲームサロン】
[状態]:健康、現実逃避、疲労(小)
[装備]:一番いい装備@エルシャダイ、ナックルダスター@現実
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、不明支給品(1〜2)
[思考・状況]
基本:"イーノック"として生き、全てを救う
1:図書館を調べてみよう……
2:A-10神を倒す方法が見つかり次第、A-10神を倒す
3:――――現実は見たくないけど、いつかは……
※自身をイーノックと思いこむ事で、運動能力が向上するようです。それを疑うと力が無くなります。
 ファヌソの力による物かは不明。
※タクシー@AAに乗っています

266 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:10:08 ID:UCoTApuQ0
仮投下終了です
指摘点などあればよろしくお願いします

267 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/06/15(土) 21:16:19 ID:WiEj7ZLk0
投下お疲れ様です
問題は特にありませんよー

268 ◆i7XcZU0oTM :2013/06/15(土) 21:17:42 ID:UCoTApuQ0
ありがとうございます
それでは本投下して参ります

269 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 22:45:55 ID:3NVYLIzY0
規制で投下が出来なかったので、こちらに仮投下したいと思います
ちょっと回線が不調なので時間かかると思いますが、よろしくお願いします

タイトル 「神々の戦い」

270 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 22:47:34 ID:3NVYLIzY0
ゴトン、と音がして牛乳瓶が滑り落ちてきた。
しゃがみ込んで取り出し口に手を伸ばし、慣れた手つきで蓋を取る。
そして、腰に左手を当てると、右手で瓶を握りしめて中身を一気に喉へと流し込んだ。
ごく、ごく、と数回喉が鳴る。

「……ぷはぁっ! やっぱり銭湯には牛乳に限りますねぇっ!」

朝から陽気に髪の子ファヌソが呟く。
今の今まで朝風呂を満喫していた彼が、火照った体を冷やすかのように牛乳を一気飲みする。
うっすらと白くなった口角を左手で拭うと、チラリと脱衣所にかかる大時計に目を遣った。
長針が間もなく天辺へと達し、短針は文字盤の「6」を指そうとしていた。

「ふむ……そろそろ時間のようですね。
 哀れな仔羊の命など私には興味などありませんが、情報として把握しておくに越したことはないでしょう」

万全の状態であれば、自分以外全員の命を小一時間もあれば奪うことなど容易い……それだけファヌソは自分の力に自信があった。
首に巻かれた忌々しい枷と、それが原因と見られる力の不調を除けば、自分を縛るものは何もない……ファヌソはそう考えている。
高みの見物としゃれ込み、時に場をかき回ししつつも最後はひろゆきも含めて神の力を見せつける、その方針に揺らぎはない。
それでも、本来ならば一顧だにしない他の参加者の生死の情報をファヌソが得ようとしたのには訳があった。

「十五人、ですか……決して悪くないペースでしょうかね。
 そして、殺しに乗ったのはしめて八人……この八人はまだ全員生存しているようで」

ファヌソはPDAを弄りながらしみじみと呟いた。
少なくとも、この八人ならしばらくは放っておいても場をかき乱してくれるだろう、ファヌソはそう考える。
勿論、自分に火の粉がかかるようならばその時は……とファヌソは気を緩めない。

「そして……フッ、やはりまだ生きているようですね、竹安佐和記よ」

ファヌソが最もその安否を知りたかった男、数刻前に自らの力(といっても支給品の力だが)で殺し合いの舞台に無理やり引き戻した男。
その竹安佐和記の生存を確認したところで、ファヌソはニヤリ、と口元に笑みを浮かべた。

「さすがにこれだけではあの男がどう立ち回ったのかは分かりませんが……まぁ、生さえあれば何かしらのことはするでしょう。
 命あっての物種、という言葉もあることですし……フフッ」

全てを救え、そう命じた男がとりあえずはその手を血に汚していないことが定時カキコからは読み取れた。
ここまでは全てが自分の思惑通り、この殺戮の舞台でさえ自分の手のひらの中の事であることを改めてファヌソは確信する。

271 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 22:50:36 ID:3NVYLIzY0
「それにしても……」

ただし、そんなファヌソでもままならぬことがある。
死者と下手人の発表に続いて発表された禁止エリアがそれだ。

「渡し船とやらにいれば無効化はされるようですが……恐らくは私のヘリは対象外でしょうねぇ。
 折角の機動力も今後行動範囲を歪に狭められれば使いづらくなることは間違いないでしょうし……」

ファヌソは先だって台場を調べておいた自分の判断を正しいものだったと再確認する。
台場を取り囲むようにして三つものエリアが禁止エリアに指定されていたからだ。
決して小回りが利くとは言えないヘリコプターでは、風向きの具合一つで禁止エリアに抵触する可能性は否めない。
かと言って、定時カキコで存在が示唆された渡し船が台場に泊まるという保障はどこにもなかった。
少なくとも、台場を探索した時に船を横付けできるような場所は見かけなかったはず、とファヌソは改めて思い返した。

「……さて、あまりグズグズしているのもいけません。そろそろ行かねば……
 何せ、私の力にひれ伏した仔羊はまだ竹安一人だけ……彼一人では八人もの殺人者から全てを救うのは荷が重すぎるというもの。
 なれば、また仔羊を探し出して私が導いてやらねばなりませんしねぇ」

手のかかる子供を相手にしているかのような苦笑をファヌソが見せた。
そして、自らに気合を入れるかのように自分の尻をバチィン、と一発引っ叩いた。
生まれたままの姿で定時カキコを確認していたファヌソが、悠然と白衣を着込む。
そして、颯爽と外に飛び出すと、銭湯に横付けしてあったヘリコプターへと優雅に乗り込む。
けたたましくプロペラが風切り音を立て、神の子が空へと飛び立った。
哀れな仔羊を探し求めて。





 *      *      *





「クソッ……クソッ……クソがぁっ……!!」

思い通りにいかない。
そんな苛立ちがA-10神を支配していた。

先刻はパシリに出来そうな輩をみすみす逃がしてしまった。
苛立ちからぶっ放した貴重な弾薬も使い切ってしまい、イライラを発散できない。
おまけに、自分の武器を探すよう命じた二人のパシリも戻ってくる気配が無い。
いつしか、太陽はずいぶんと昇っており、A-10のその胴体をジリジリと照らしつける。
空はまさに日本晴れ、そんな中を雄大に飛び回ることが出来れば、その苛立ちも少しは抑えられたかもしれない……が。

272 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 22:54:45 ID:3NVYLIzY0

「大体が、こんな狭っ苦しいところに俺を押し込めやがって……これじゃ、飛ぶにも飛べねえじゃねえか!!」

病院の駐車場は、ビル群に囲まれた周囲からすれば多少は開けた場所だ。
とはいえ、その程度のスペースでは軍用機たるA-10神が飛び立つにはまだまだ足りないというのが実情である。
武器もぶっ放せない、かといって自分でどこかに行こうにも飛ぶのは厳しく、走るにも狭いのでスピードを出し切れない。
夜神月とダディクールが収穫を得て帰って来ない限りは、八方塞りであった。

「奴らは何をしてやがる……! たかが武器探しに何時間かけてると思ってんだ!!」

怒りの矛先は未だ帰らぬ二人へと向けられた。
だが、矛先を向けたところでその場にいないわけだから如何ともし難い。
これがイーノック(こと竹安佐和記)やひろゆきをはじめとする主催者連中へと順々に矛先を向けるが結局は同じ事。
それがまた月とダディへと向けられ……A-10神の中では怒りが無限ループに陥っていたのだった。

A-10神も直情的ではあるが決して脳筋の愚か者ではない。
冷静になってこの閉塞感に満ちた状況を打破する方法を色々と模索するが……結局はそれも見つけられない。
彼が人の姿を取っていたのならば、まず間違いなく地団駄を踏んでいたであろう。
憤懣やるかたない、そんな思いをA-10神が抱いたその時だった。

「……ん?」

ふと、A-10神が何かの気配を感じ取った。
澄み渡った青空、その向こうから豆粒のような影がこちらへと近づいてくる。
それとともに、少しずつプロペラ音も辺りに轟き始めた。

「……チッ、なんなんだいったい……奴らが武器でも見つけて帰って来たんならいいんだがな」

僅かばかりの期待を込めて、A-10神は徐々に近づいてくるヘリコプターを認識する。
何の迷いもなくこちらに一直線に向かってくるあたり、間違いなく自分の存在を把握しているであろうことをA-10神は理解した。

「あのヘリは間違いなく俺に用があるんだろう……だが臭うな」

戦場を駆け巡ったA-10神の勘が、ついさっき抱いた期待を否定する。
傍から見ればただの戦闘機にしか見えない自分だ、その躰目当てに近づいてくる者だろう、A-10神はそう推測する。
そいつを体のいいパシリにでも出来ればいいが、先程から出会う連中の事を思えば素直な輩の方が少ないだろうと考えた。

273 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 22:59:13 ID:3NVYLIzY0

「……ちょうどいい、俺のイライラの捌け口にでもさせてもらうとするか」

溜まりに溜まった鬱憤を晴らすための餌がホイホイやって来たとA-10神は考えることにした。
ヘリコプターが駐車場に降り立つのをA-10神はただジッと待ち構える。
まるで感情を爆発させるために、グッと溜めを作るかのように。





 *      *      *





夜の空中散歩も趣があるが、東から昇る朝日を背に受けてのフライトもまた趣があるものだ。
ファヌソはそんなことを一人ごちながら、ヘリコプターを一路自らのスタート地点の方角へと向けていた。
遥か眼下に広がる街並みを見下ろすと、改めて自分が神であるという自覚をファヌソに持たせた。
耳をつんざくプロペラ音がいささか邪魔ではあったが、その程度で心を乱すほどファヌソは狭量な心の持ち主ではなかった。

ヘリコプターは海を渡り、工場地帯を横切る。
ファヌソがふと横を見れば、竹安と出会い、その命を強制的に引き戻した近鉄百貨店が聳え立っていた。
あの哀れな男は今どこで何をしているのやら、と他人事のようにファヌソは呟く。
そして、視線をちらと下に落としたその時、思わずファヌソは目を丸くした。

「ほぉ、戦闘機……ですかね」

周囲の建物からはぽっかりと空いた空間は恐らく駐車場であろうとファヌソは当たりをつけた。
そこに横たわる飛行機はあまりにも無骨な外観を露わにしていた。
少なくとも旅客機の類でないことはファヌソにも容易に想像がついたのである。

274 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:02:05 ID:3NVYLIzY0

「誰の支給品か知りませんが持て余してしまったんでしょうかね……ちょうどいい、アレも私が貰っていくとしましょう」

ファヌソがここまで出会ったのは、人間・竹安佐和記と死体となって見つかったウララーだけ。
故に、眼下に停まっているA-10神が参加者であるなどとは夢にも思っていなかった。
ウララーの造形自体が既にヒトのものではないが、それでも少なくともウララーは生物のような形態をとっていた。
まさか無生物である飛行機が参加者ではないだろうという考え、そしてヘリコプターという大型の支給品が割り当てられたという事実。
その二点がファヌソの判断を誤らせた。



開けた場所とはいえ、ヘリコプターを周囲の建物に接触させないように着陸させるのには神経を使う。
万一の事があろうと、自分が助かる自信があるファヌソではあるが、貴重な移動手段が奪われる可能性は否めない。
慎重に慎重を期してゆっくりとヘリコプターを駐車場へと着陸させた。
プロペラがゆっくりとその回る速度を落としていく。
キュゥン、とエンジンが沈黙する音を確認してから、ファヌソは白衣をなびかせて駐車場に降り立つ。
……次の瞬間、耳に響き渡る声にファヌソは思わず目を丸くした。



「……なんだァ? そのふざけた格好は!?」

不意に敵意をぶつけられるような格好となり、ファヌソは思わず辺りをキョロキョロと見回す。
どこから誰かが自分を見下ろして言葉を放ったのだと考えたが、誰かの気配を感じることは出来ない。

「なにをキョロキョロしてやがる! テメエだよ! そこの白衣着込んだテメエだ!!」
「……まさか」

ファヌソが声のする方に目を向けると、そこには自分が鹵獲しようと目をつけていた戦闘機――A-10神が鎮座していた。
理解の早いファヌソは、この戦闘機もまた参加者の一人(ヒトであるかどうかは置いておくとして)であることを受け入れる。

「いつまでも帰って来ないもやし野郎や猫耳野郎といい、さっきの妙な格好した野郎といい……ここにはロクな奴がいやしねえ!!」
「ぎゃんぎゃん五月蝿いですねぇ、子供じゃあるまいし」
「んだとぉ!?」

自分の力に絶大な自信があるファヌソは、たとえ泣く子も黙るA-10神に凄まれようと怯まない。
そして自らの力に絶大な自信があるのはA-10神もまた同じである。
自分が元いた世界で自分に忠実だった部下はもちろんのこと、ここに来てからも自分に対してここまで不遜な態度に出る者はいなかったのだ。

275 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:06:16 ID:3NVYLIzY0
「キサマ、初対面の相手……それも目上の相手に対する口の聞き方も分からんようだな」
「あなたこそ、初対面の相手にずいぶんな物言いでは? 一度鏡でもご覧になればよろしいのでは?」

A-10神が凄んでみても暖簾に腕押し、ファヌソはどこ吹く風である。
自らの怒りをさらりと受け流すかのようなファヌソの態度に、A-10神も我慢の限界を迎えようとしていた。
……だが、怒りに身を任せてみたところで、今のA-10神には何も出来なかった。
自慢のアヴェンジャーはひろゆきによって弾を奪われている。
本当なら使いたくもないチンケな(あくまでA-10神の基準である)MINIMIも先刻イーノックこと竹安佐和記を巡るいざこざで打ち尽くしてしまった。
いくら戦場で数々の輝かしい功績を打ち立てたA-10神と言えど、弾薬なしではただの飛行機である。
燃料があるだけ、まだマシであるとも言えるのだが。

「……フン、見た目によらず度胸だけはいいようだな」
「それはどうも」

忸怩たる思いでA-10神は矛を収めようとした。
下手に出るつもりなど毛頭無いが、それでもこの目の前の白衣男もパシリにして弾薬を捜させねば未来は無いことをA-10神は自覚している。

「口の聞き方についてはこれから叩き込まねばならんが、そのぐらい気骨のあるやつでないと俺の命令にはついてこれんだろうな」
「はぁ……命令?」
「そうだ、俺はあのたらこ唇のクソッタレをブチ殺してやるつもりでいる」
「それはそれは」

話半分にファヌソは聞き流す。
それはA-10神も悟っていることではあるが、構わずに持論を並べ立てる。

「それに向けて、今は忠実な下僕二人に奴を跡形も無く吹っ飛ばせるような武器を探させている」
「武器って……あなた、自分の立派な武器をお持ちではないので?」
「ケッ! 兵装は全部剥ぎ取られてんだ! 兵装の無い戦闘機なんて最早戦闘機じゃねえ!」

兵装が無い。
その言葉を耳にしてファヌソが少しばかり口角を上げ、にんまりとした笑みを浮かべる。

「戦闘機のプライドをズタズタにされてんだよ……これは最早宣戦布告以外の何物でも……おい、何だその笑顔は」
「あぁ、いえ、すみませんすみません。あまりにもあなたと私が似すぎていまして」
「はぁ?」

ファヌソは余裕綽々と言わんばかりに両の手を広げてみせる。

「実は私もちょっとした力を持っていましてね……それがあのひろゆきによって些か封じられてしまいまして」
「力だぁ? 言っとくが、俺はオカルトだのファンタジーだの、そんなのは信じねえからな」
「あなたが信じるかどうかはともかく、とにかく私もあの男には宣戦布告されたようなものだと思っていましてね。
 一泡吹かせる……いや、それでは足りませんね、奴を地獄に叩き落してやろうと考えてはいるのです」
「ほぉ、そいつはいい心がけだ」
「そこで、です」

276 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:09:31 ID:3NVYLIzY0
そこまで言って、ファヌソがずい、と一歩前に踏み出る。
ファヌソとA-10神の距離、およそ十数メートル。

「あなたがお探しの、ひろゆきを跡形も無く吹っ飛ばせるような武器……心当たりがありましてね」
「なにぃ!?」

もし、A-10神に表情というものがあるのならば、まさしく目を丸くしていただろう。
概ね想像通りの反応が返ってきたことで、ファヌソはますますその笑みを濃くしていく。

「よーし、キサマの話は分かった。それではさっさとその武器とやらを……」
「おっと、その前に」

身を乗り出すようにわずかに車輪を前に進ませたA-10神をファヌソが手で制する。
そして、次に放った言葉が二人が決して手と手を取り合うような関係でないことを浮き彫りにした。



「誰かに物を頼む態度というものを示していただけませんかねぇ?」



ファヌソとしてはA-10神の軍門に下る気などさらさらない。
むしろ、A-10神を自分が乗り回して、この下らぬ催しにさっさとピリオドを打ってしまってもいいと思っていた。
しかし、神の子としてのプライドにかけて軍門に下るどころか、対等な関係すらも拒絶する。
ファヌソからしてみれば、自分以外の参加者はすべからく自分の意のままに動くものと考えている。

神の子ファヌソとA-10神。
互いに神の名を冠する者同士は、似た者同士である故に激しく反発しあう。
まるで磁石の同じ極を近づけた時のように。



「……ふざけるなよ」

A-10神はその怒りの限界をついに突破した。

「この俺に頭を下げろだと? 俺がいなければ戦場で戦えない人間風情が!? 舐めるなッッ!!」
「この私を人間風情と同列に扱うとは、戦闘機風情が大した度胸ですね。
 所詮弾薬の尽きたあなたは鉄屑に片足突っ込んでるようなものだというのに……」
「鉄屑……!? キサマ、許さんぞ……上官命令に背いたものに命があるとでも思ったか!!」
「自分の立場もわきまえずに命令などと……しかるべき罰を加えてやる必要がありそうですねえ」

277 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:12:51 ID:3NVYLIzY0
前哨戦となる舌戦が幕を閉じる。
最初に動いたのは……兵装の無いA-10神だった。

「ミンチにしてやらあっ!!」

その巨躯を以って、一直線にファヌソへと突っ込んでいく。
アヴェンジャーもMINIMIも使えないA-10神に唯一残されたのは己が体だけである。

「おぉ、危ない危ない」

しかし、決して小回りが効くとは言えない。
おまけにほぼ停止した状態からの発進である。
ファヌソがこれを易々とかわしたのも当然の帰結であった。

「ちっ、どいつもこいつもちょこまかと……!!」

怒りに身を任せるA-10神はすぐさま方向転換を仕掛ける。
その速度は、ファヌソが想定していたよりもずっと速いものであった。
再び突っ込んでくるA-10神の前に、ファヌソの顔から余裕の色が若干失われた。
今度は機敏な動きで横に飛んでその突進を避ける……が、それをA-10神は織り込み済みだった。

「この俺から逃げられるとでも思ったか!!」

ファヌソが避けたかどうかというタイミングで、既にA-10神は方向転換の動作に入っていた。
180度回転をかける拍子に、その胴体も大きな弧を描いてファヌソに追撃をかける。

「おぉっと!」

素早く屈んでファヌソがこの攻撃もかわす。
しかし、立ち上がる前にA-10神が次の攻撃態勢に入る。

「しゃらくせえっ!!」

三度、突進を仕掛けるA-10神に対し、ファヌソの取った行動は……

「はっ!!」
「んだとぉ!?」

まっすぐ後方にジャンプして距離を取る事であった。
普通に考えれば無理な体勢であるが、神通力を使えば造作も無いこと。
風の流れを作り出し、それに身を任せる形でA-10神から離れる。

278 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:17:13 ID:3NVYLIzY0

「ケッ、そんなことをしたところで、キサマの死ぬのがちょっとだけ延びただけだ!!」

それでもA-10神は怯まない、止まらない。
ますます速度を上げ、ファヌソに迫る。
そのファヌソはというと、病院の壁を背負うような格好であった。

「死ねやぁっ!!」

これまでの最高速に達したA-10神の巨躯。
それをファヌソはギリギリまで引き付け……そして再び風の流れに乗って横へと飛び去った。
さながら、猛牛を相手にする闘牛士のごとく、猛るA-10神をあしらってみせる。

もうA-10神は止まらない。
そのまま一直線に病院の壁へと突っ込み……



ドカーン!



轟音を上げて病院の壁の一部が崩れた。
コンクリートの破片が、ガラスの破片も交えて辺りに飛び散る。
それを冷静にファヌソは避けていった。

「やれやれ、まったくたいしたじゃじゃ馬です。これで少しは大人しくなってくれれば……」

呆れた笑いを浮かべながら、ファヌソがゆっくりとA-10神へと歩み寄ろうとしたその時だった。

「逃がさねえぞ、このオカマ野郎がっ!!!」

声とともに沈黙したはずのA-10神の機体が動き始める。
周りの壁が崩れるのもお構いなしに、その期待をぐるん、と一回転させて再びファヌソと正対する。

「!?」

さすがのファヌソも驚愕の表情へと変わる。
なにせ、目の前のA-10神の機体は、ぶつけた所の塗装があちこち剥がれていたり、少し凹んでいるとはいえ、普通に動いているのだ。
どうしてか意思の疎通が図れるとはいえ、ここまで目の前の戦闘機をただの戦闘機としてしか見ていなかったからだ。
コンクリートの壁に突っ込みさえすれば機能を停止させる、そこで神通力をもってして自らの忠実な僕へと変える。
その手はずだったところで、わずかに計画に狂いが生じる……そこでファヌソの顔に一筋の汗が伝う。

「テメエも、さっきのクソ野郎もそうだ!! ちょこまかと逃げることだけは出来るようだがな……」
「さっきのクソ野郎?」

ファヌソが聞き返すと、A-10神は矢継ぎ早に言葉を返す。

279 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:19:54 ID:3NVYLIzY0
ファヌソが聞き返すと、A-10神は矢継ぎ早に言葉を返す。

「白い服にジーパンを着込んだ妙な野郎だ! 奴も口だけは回る奴だが、俺をどうこうすることは出来なかったがな!!」

A-10神が忌々しそうに先刻の出来事を思い出す。
……だが、それを聞いてファヌソの顔に再び笑みが戻った。
そのまま腹を抱えて笑い転げそうになる。

「……おい、キサマ何のつもりだ」

いきなり目の前で笑い出したファヌソを前に、さすがのA-10神も気味悪さを感じずにはいられなかった。
一方、ファヌソは愉快で愉快で仕方ない。
白い服にジーパンを着込んだ……こんな妙ちくりんな格好をした男はそう何人もいるわけではない。

(そうですか、そうですか、竹安佐和記……お前もコイツと出会っていたのですね!!)

全てを救えと命じた男が、この猛々しい戦闘機と出会っていた。
そればかりか、激昂させるような行動を取っていたという。
恐らくは、竹安もまた安易にこの戦闘機の軍門には下らなかったのだろう、ファヌソはそう推測する。

(全てを救うには強大な覚悟が必要、少なくともこのような野卑な戦闘機の言うことなど聞いている時間などありません!)

竹安が自分の意のままに動いているということを、この戦闘機を通じて知ることが出来た。
それがファヌソには愉快で愉快で仕方なかったのだ。

一方で、その反応からA-10神も目の前の優男と先刻の男に何らかの繋がりがあるであろうことを察した。

「キサマ……まさかさっきのクソ野郎の知り合いじゃねえだろうなぁ!?」
「そうだ、と言ったらどうします?」
「知れたこと!!」

結果として、日に油を注ぐような格好となった。
車輪から土埃を巻き上げ、A-10神が再び突進を仕掛ける。
鬼ごっこ第2ラウンドの開幕である。

しかし、戦況は変わらない。
追いかけるA-10神をヒラリヒラリとかわし続けるファヌソであるが、ファヌソにもまた攻め手は無い。

(しかし弱りましたね……私の神通力も少なからず封じられています。
 下手な攻撃ではあの戦闘機に傷を負わすことは出来ないでしょう……むしろその際の隙を突かれかねません)

ファヌソの手元にあるのはお医者さんカバンと、幾ばくかの弾薬だけ。
その弾薬も、仔羊に与えてやるためのもので、ファヌソ自身にそれを打ち出す手段は無い。
神通力もあるにはあるが、戦闘機に通じるとは考えづらかった。

(かと言って、ここでそのまま逃げるのは私のプライドが許しません……なにより)

それまでの柔らかな表情に、一瞬だけファヌソは真剣味を込めた。

280 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:24:27 ID:3NVYLIzY0
(哀れな仔羊が頑張っているのならば、少しだけ手を差し伸べてやろうではありませんか)

ファヌソは、A-10神を手なずけることを諦めた。
それならば、後々の憂いをここで絶ってしまおうと決めたのだ。
相手が見た目は無生物であるということも、ファヌソにその道を選ばせる一因となった。
……もっとも、この遊びに飽きたらファヌソも全員を手にかけるだけの意思はあったのだが。



ファヌソが再び風の流れに乗って距離を取る。
それを舌打ち混じりにA-10神が見据える……が、様子がおかしい。

「……何のつもりだ?」

目の前のファヌソは何やらロープのようなものを手にしていた。
これまで避けることだけしかしていなかったファヌソが初めて見せた行動である。

「そんなチンケな縄なんかで俺が止められるかよっ!!!」

構わずに突っ込むA-10神。
それを避けながら、ファヌソがロープの一端をA-10神に投げつける。
が、それは胴体にかすることも無かった。

「ハッ! このヘタクソが! 西部のカウボーイの方がもっとマシな……」

一笑に付そうとして、A-10神は違和感を覚えた。
その脚部に僅かに重さを感じたのだった。

「まさか……」

UターンしたA-10神の目に映ったのは、自分の脚からロープが一直線にファヌソへと伸びていたことだった。
だが、A-10神は怯まない。

「それがどうした!! その程度で俺が止められるとでも……」

再び前進しようとしたその瞬間だった。
ファヌソが再び風に乗ってまっすぐ後方へと飛ぶ。
もう何度も見てきた光景だった。

「馬鹿の一つ覚えみたいにそれしか出来ねえのかよっ!!」

突進ひとつしか出来ない自分を棚に上げ、A-10神が再び攻撃態勢に移ろうとする。
その瞬間、ファヌソの手にしたロープが、ピン、と張り詰めた。

281 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:26:29 ID:3NVYLIzY0





次の瞬間だった。





ブーッ! ブーッ! ブーッ!



「!?」

けたたましいアラーム音が鳴り響く。
それも、A-10神の足元からだった。
前を見ると、してやったり、といった表情でファヌソがこちらを見ていた。

「き、キサマ何をしやがった!!」

種明かし、とばかりにファヌソが口を開く。

「何、って分かりませんかねぇ、首輪ですよ、く・び・わ。
 もっとも、あなたの場合は首……機首ではなく脚の付け根にかかっているようですがね」

その一言でA-10神は何が起こったのか、そして何が起ころうとしているのかを察する。

「私が神通力で生み出したこのロープの先端には強力な磁石を付けています。
 本当なら首輪にロープを巻きつけて引っ張れればよかったんですけどねぇ、そんな隙間はありませんでしたし」

何度も何度も自分のすぐ近くを通り過ぎるA-10神の機体。
その脚に付けられていた首輪に、ファヌソは目を付けたのだった。

「確か、無理やり外そうとすれば爆発するんでしたっけ?
 いくらあなたの機体が頑丈でも……」

ファヌソの演説が続く。
だが、A-10神の耳には決して届かない。

(この俺が……爆破だとぉ? ハッ、そんなこと出来るわきゃねえだろ!!)

こんなちっぽけな首輪ひとつで自分を破壊できるなど露とも感じていない。
それは、神の名を冠するが故の驕りだったのかもしれない。

282 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:28:55 ID:3NVYLIzY0
けたたましくアラームが鳴り響くが、それがどうしたと言わんばかりに、悠然とA-10神は佇む。
それは、ファヌソの浅知恵などその体で打ち砕いてみせようという意思の表れ。



……だが。
バトルロワイアルの鉄則は、たとえ神が相手でも容赦なく牙を向く。



三十秒間にわたり、アラームが鳴り響いたその果てに、一つの轟音が駐車場に轟いた。
その爆発は、A-10神を呆気なく飲み込むほどの強さであった。



【A-10神 死亡】
【残り 47人】



 *      *      *





轟音とともに爆風が駐車場を包む。
もっとも、それそのものはファヌソにとって決して脅威ではない。
A-10神の攻撃をあしらうために何度も風の流れを作り出したのと同じ。
自分の周囲には決して累が及ばないように神通力を使ったのだ。

……だが。
ファヌソは肩を押さえ、息を荒げていた。
爆風の衝撃も、熱風も、飛び散ったA-10神の残骸さえも受けていないのに、どうして?

「……どういうことです?」

ファヌソは怪訝そうな表情で、自分の手を見つめる。
その手のひらからは自分の生み出したロープが伸びている。
そして、すぐ数メートル先で焼け落ちて跡形もなくなっていた。

「……まさか」

一つの仮説をファヌソは立てた。
そして、再び神通力で新たな物体を生み出す。



それは小さな小さなシャボン玉。
吹けばすぐに飛んで行ってしまいそうな小さなシャボン玉を、ファヌソはおもむろに指で突いてみる。
パチン、と音を立ててシャボン玉が割れたその瞬間だった。
ファヌソはなにか引っぱたかれるような感触を覚えた。

「……おのれひろゆき」

これまで余裕の表情だったファヌソが憤怒の表情へと変わる。
制限されているとはいえ、苦も無く使えると思っていた自らの神通力。
当然、何を生み出しても問題なく使えるだろうと考えていた……それもまた、神の名を冠するが故の驕りであった。
神の力を制限できている時点で、もう少しファヌソはひろゆきを警戒すべきであった。
他の参加者と同じく、ひろゆきを過小評価していたツケが回ってきたのである。

283 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:30:41 ID:3NVYLIzY0
神通力にも制限がかけられていた。
それは強力な力の行使が出来ないというだけのことではなかった。
先刻、竹安に行ったような装備の製作が可能であれば、無尽蔵に兵器を生み出すということに等しい行いである。

しかし、A-10神との戦い、そして今の実験。
これを通じてファヌソは悟る。



"神通力で生み出したものが損傷を受けると、生み出した自分もまたダメージを受ける"



ファヌソの背中を冷や汗が伝う。
なにせ、ロープと磁石が吹き飛んだだけで肩に痛みを覚えるほどだ。
そこでファヌソは嫌な予感を感じ取る。



「……もし、竹安の身に何かあったならばどうなります?
 身を覆う装備の全てが崩されたその時……私の命に保障はあるのでしょうか?」

ここにきて六時間あまり。
ファヌソが初めて焦りの色を前面に見せる。
目の前で燃え上がるA-10神の機体が、その焦りを加速させる。
明日はわが身、これを目の前で見せられているのだ。

「こうしてはいられません……!」

痛む肩を押さえてファヌソが駆け出す。
こうなった以上目的はただ一つ。



「竹安を早く見つけて保護せねば……! 最悪、装備にかけた神通力だけでも解き放ってしまえば私に怖いものなど……!」

並の参加者が自分に襲い掛かってもどうにかできるだけの自身がファヌソにはある。
だが、竹安ならどうかと問われた時に、全幅の信頼を置けるほどではなかった。
今や、ファヌソと竹安は一蓮托生、そんな存在へと自分が誘ってしまったのである。

284 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:32:21 ID:3NVYLIzY0
ファヌソはヘリコプターをすぐさまデイパックへと仕舞い込んだ。
空からはA-10神のような存在は見つけられても、人一人を見つけ出すのは困難である。



朝焼けに染まる街をファヌソが駆け出す。
全てを救え、そう命じた男を自分が救わねばならない。
そんな皮肉な運命を自らに課すような形で。



【C-3 病院・駐車場/1日目・朝】

【髪の子ファヌソ@ゲームサロン】
[状態]:肩に痛み、疲労感(小)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、お医者さんカバン(4/5)@ドラえもん、ヘリコプター@現実
    12.7mm弾×25、25mm弾×5
[思考・状況]
基本:気まぐれに行動する
1:竹安を探し出して保護する
2:ひろゆきをゆくゆくは地獄に落とす
3:手に入れた弾薬は、相応しい仔羊に与える
4:『裏ワザ』(死体やヘリをデイパックに収納できること)を誰かにひけらかしたい

※神通力が制限されています。自分が生み出したものが損傷を受けると、ファヌソにもダメージが及びます。
 竹安の装備が損傷を受けた際のダメージの程度については次以降の書き手の方にお任せします。

※ファヌソが立ち寄った小さな公園の中に、弾薬箱とわさび@オラサイトが放置されています。
 ファヌソが入手した物以外にも弾薬はあるようですが、種類と量は不明です。
※デイパックに参加者の亡骸を入れて持ち運べることを知りました。生者にそれが適応するかは次の書き手の方にお任せします。

※C-3の病院を発信源とする爆音が響き渡りました。

285 ◆shCEdpbZWw :2013/06/17(月) 23:34:07 ID:3NVYLIzY0
仮投下は以上となります
どなたか代理投下をいただければ幸いです

しばらくは参加できないかと思いますが、そのうち必ず戻ってきますので では

286 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/06/18(火) 00:20:07 ID:tkjzUYCk0
仮投下お疲れ様です
問題は無いと思います
それでは代理投下を承ります

287 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:31:31 ID:Lxg7rqi60
予約分を仮投下します

288 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:31:48 ID:Lxg7rqi60

(……"私に任せろ"と孔明は言ったが、さて、どのような手を用いるのか……)

 表情一つ変えずに良策を練る孔明を、スターリンは黙ったまま観察していた。
 孔明は――――使える男なのかどうか。それとも、役に立たぬ者であるのか。
 それを見極めんと、目の前の獣……サバンナを如何にして配下に加えるかを観察していた。
 しかし孔明は、時折むむむと唸るだけで、今の所、行動を起こしてはいなかった。
 だが、そんな孔明に対して、スターリンは何も言わずに、ただ見ているだけであった。

(しかし……つくづく不可解な事ばかリだ……)

 自身の知らぬ物ばかりに触れて来たせいか、スターリンの思考対象が孔明から少し離れる。
 ……今まで、見たこともないような街並みに、建造物群。
 本来ならば、こんな所にいるはずでも、いるべきでもない猛獣。
 改めて考えてみれば、奇妙なものだ。

(ライオンはまだ分からなくもない。動物園からでも連れてくれば良いだけのこと。だが……この建物はどうだ?
 これほどの物を建築するにはかなりの時間と労働力、それと相当な量の金を要するだろう。
 果たして、それらはどこから調達してきたのか? 見る限り、あの男にそれらを調達する力は無さそうだが……)

 しかし、それらの事よりも、不可解な事がスターリンにはあった。

(――――とうの昔に死んでいるはずの孔明が、何故生きている? あの本の記述が正しいのならば、
 孔明は1500年以上前の人物と言う事になる……。そのような人間が、現代まで生きているはずもない。
 ならば、奴は"孔明"の名を騙る偽物か?)

 もしそうならば、スターリンは迷わずトカレフの引き金を引くだろう。
 だが……それをやるにはいささか早いとも思っていた。
 目の前にいる孔明が偽物なのか本物なのか、判別できない以上は……。

「……まだ掛かりそうなのか」
「もう少しお待ち下さい」

 表情を崩す事なく、孔明は返した。

289 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:32:07 ID:Lxg7rqi60

「……ならば、その身に付けている奇怪な物を少々私に貸してみろ。暇を潰すのには役に立ちそうだからな」
「分かりました」

 孔明からiPodと説明書を受け取り、説明書通りに操作してみる。
 曲のタイトルに1つづつ目を通してみるが、どれもスターリンの記憶にはない曲であった。
 それもそうだ、入っている曲はどれもスターリンの生きていた時代にはなかった曲なのだから……。
 だが、そんな中でも、少しだけスターリンの興味を引いたタイトルがあった。
 それは……。

(……"巫女みこナース・愛のテーマ"?)

 音楽である以上、聴いてみなければどんな物かは分からない。
 誘われるように、スターリンの指が、再生ボタンを押した。
 それと同時に、曲が再生されて……。




 "皆さーん、元気ですかー!?それではさっそく行ってみよー!"




「――――!? これはッ……!?」





 今まで聴いたことのないようなメロディーが、スターリンの耳を、そして心を刺激する。
 誰なのかも分からぬ声で歌われる、そこはかとないいやらしさも感じさせる歌詞。
 何もかもが初体験の中、スターリンは暫し呆然としながらもその曲を聴いていた。


(ズキズキ恋煩い……きっと変われる素敵な私……愛のリハビリ……セクシャルバイオレット……)


 気がつけば、心の中でいくつかのフレーズを、スターリンはくり返していた。
 何故なのかは、本人にしか分からない。
 だが、気がついた時にはそうしていた。
 もしかしたら、存外この曲を気に入ったのかもしれない。
 それとも、ただ単に珍しい歌詞を反復しているだけなのか。
 そこの所は、やはり本人にしか分からないのだ。

(…………ふむ、なかなか悪くない曲だ……他には何があるのか……)

290 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:32:24 ID:Lxg7rqi60

 適当にリスト内に目を通すスターリン。
 幾つものタイトルが流れて行く中、スターリンの目に留まったのは。

("Southern Cross"……南十字星か。何故このタイトルなのか分からないが、聴いてみるとしよう)

 ――――再生ボタンを押すと、先程の曲とはうってかわって力強い曲調が、スターリンの耳に。
 早口故に、先程の曲と違い歌詞をはっきり聞き取れなかったが……。
 (別段何かを恐れているわけではないが)スターリンの心に"勇ましさ"を注入してくれた。

(たまには、音楽に耳を傾けるのも悪くはない……さて、そろそろ準備も出来た頃であろう)
「孔明、用意は出来たか」
「ええ」

 少し緩んでいたスターリンの目元が、一瞬の内に鋭くなる。
 ――――孔明の力量を……いや、本人なのかどうか、見極めようとしているのだ。

「やる前に、内容を聴かせて貰おうか」
「分かりました。それでは、説明いたします」


 孔明の計画は、こうだ。
 ……まず、眠っているライオンに近づく。もちろん、警戒を怠らずに。
 そして、先程手に入れた"黒の教科書に掲載されている毒物"を使う……。


「……その、"黒の教科書に記載されている毒物"とやらは一体何だ」
「仔細は不明ですが、おそらくこれは、嗅いだ者を気絶させるような効能を持つのではないかと思われます
 ……それで、この薬を用いてライオンを気絶させるのです」
「ふむ……それで、どうする」
「ここに、紐があります。スターリン殿が音楽を聴いている間に、あそこの机より拝借しました。
 これで……手足を縛るのです。目覚めた時には……自分の置かれている状況を見て、
 "力"の差を理解するでしょう」



 ……少しの沈黙の後、スターリンが口を開いた。

291 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:32:45 ID:Lxg7rqi60
「なるほどな。"支配する者"と"される者"を教えてやろうと言うのか……悪くない。ところで、縄はどこだ?
 見た所、持っているようには見えないが」
「私の鞄の中に入っております……それでは、さっそく」
「ああ……」



(さて、これからが本番だ……。お前の力を見せてみろ、"孔明"よ……)

 瓶を片手に、足音を立てずに。
 依然小さないびきをたてて、眠ったままのライオンに近づく孔明。
 ……もちろん、いつ目覚めても良いように、もう片方の手には、武器が握られている。
 外から入るおぼろげな光が、その刀身を光らせる。

「……」

 瓶の口を、ライオンの鼻の近くまで近づける孔明。
 そして……一気に、鼻のすぐ下まで近づける!
 丁度鼻から息を吸う時であったライオンは……グーッと一気に、空気ごと吸い込んで。






「……エンッ!!」






〜〜〜〜

292 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:33:24 ID:Lxg7rqi60




「うが……」

 ……俺が目を覚ました時には、手足がひものようなもので縛られていた。
 おい、これじゃ動けねえじゃねえか。

「しかし、まさかこのライオンにまでこの首輪が嵌められているとは、驚きでしたな」
「うむ。……もしや、このライオンも"参加者"の一人かも知れぬな」

 誰だ、こいつら。人間が2人か。
 何か俺の方を見て、ベラベラ喋ってるな。

「……スターリン殿、ここに鞄がありますが……」
「ああ、おそらくこやつの物だろう。……役に立つ物があるかもしれんな。調べてみるか」

 クソッ、そいつの中にはあの旨そうな肉が入ってるんだ。
 勝手に他人の鞄の中身を検めるなんて、非常識だぜ!

「他人の鞄、勝手に開けるとかマジないわー」

 ……俺がそう言った途端、2人の人間は鳩が豆鉄砲食らったような顔して、急に黙ってしまった。

「お前ら常識ってもんがねぇのかよ……これだから人間は駄目だわー」
「喋るライオンか……孔明、聴いたことはあるか?」
「まさか」

 だが、人間2人はすぐに落ち着きを取り戻した。
 ……案外、肝が据わってるわ、こいつら。

「言葉が話せるのか、ならば知能も……よし」

 そう言うと、ちょびヒゲの男は、何かを取り出した。
 黒光りするそれは……間違いねえ、拳銃だ。
 それが、俺の頭に……ゆっくりと、迷う事無く突き付けられた。

293 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:33:40 ID:Lxg7rqi60

「――――私に従うか、ここで斃れるか。話せる程の知能があるならば、"正しい"判断が下せるはずだな」
「……ッ!!」

 やべーわ。
 ……手足が縛られてなけりゃ……いや、縛られてなくても、この状況じゃキツいわ。
 先にこの銃をもった奴を仕留めるにしても、その隙にもう片方の奴にやられるかもしれねえし。逆も然り。
 ……流石に、まだまだ死ぬ気はないぜ。
 易々と頭下げるのは、俺のプライドが許さねえが……。
 手段を選んでちゃ、サバンナじゃ生き延びられねえからな!

「……滅茶苦茶気に食わねーけど、従ってやるよ」
「ならば良し。孔明、こやつの鞄の中身をそこの机の上に出せ」
「かしこまりました」

 結局、こいつらに俺の荷物は取られるのか。
 まあ、まだ信用しきっていない相手に、武器になりそうな物を持たせるはずもないよな。

「……それは銃か? ライオンには過ぎた物だ」
「この生肉はいかがいたしましょうか」
「おそらく、こやつの食糧か何かだろう。持っていけ。あと、その銃は私が使う……こまごました物は捨てて構わん」




〜〜〜〜




(思いもよらぬ収穫だったな。新しい武器も手に入ったしな)

 先頭にサバンナを立たせ、校舎を出る一行。
 ……サバンナの背には、スターリンの持つUZIの銃口が向いている。
 もしサバンナが妙な行動を起こそうとすれば、その瞬間に……。
 それが分かっているからこそ、サバンナも下手な行動を取れずにいたのだ。
 もっとも、未だに腕は縛られたままなので、普通の行動すら取りにくくなっているのだが。

(……そう言えば、孔明の力量を上手く図り損ねてしまったな。惜しい事をした)

 だが、少なくともただの凡人では無い事だけは分かった。
 ……いつ目覚めるかも分からぬライオンに近づいた度胸は、確認できたのだから。

294 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:33:52 ID:Lxg7rqi60

「孔明、今は何時か分かるか?」

 不意に、スターリンが孔明に声をかける。
 その声に反応するように、手早く鞄からPDAを取り出し、時間を確認する孔明。

「丁度、6時でございます」

 その返事に、分かったとだけ返事をし、黙ってしまったスターリン。
 打倒ファシストを目指すスターリン、それに付き沿う孔明。
 そして、嫌々ながらも生きる為に従わされているサバンナ……。



 何とも言い難い組み合わせの一行が、何処に向かうのかは……分からない。



【A-1・学校/一日目・朝】
【孔明@三国志・戦国】
[状態]:健康
[装備]:脇差@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、黒の教科書の毒物@コピペ(現地調達)、ビニール紐@現地調達
    ぞぬの肉@AA
[思考・状況]
基本:蜀に帰る
1:スターリンに従い、対主催の策を練る。
※共産主義の素晴らしさを刷り込まれつつあります。

【スターリン@軍事】
[状態]:健康
[装備]:UZI@現実(32/32)、iPod@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜2、トカレフTT-33(7/8)、UZIの予備マガジン
[思考・状況]
基本:ファシストを倒す集団のトップに立つ
1:疑わしきものは粛清する。
2:喋るライオンか……暫くは警戒を解かないようにせねばな
3:孔明が本物なのかを見極めたい
※1942年初めあたりの参戦です。日本人はファシストとみなされる可能性があります。
※図書室で三国志@現実を読みました。孔明の出自をある程度把握しましたが、誇張もあるかもしれないと考えています。
※死んだはずの人間が生きている事に疑念を抱いているようです。

295 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:34:04 ID:Lxg7rqi60

【サバンナ@AA】
[状態]:健康、屈辱感、手を縛られている
[装備]:なし
[道具]:なし
基本:生き残る
1:悔しいが、今は従うしか無いわ
2:とっととこいつらから逃げ出したいけど……今は無理だわー


※サバンナの鞄(基本支給品、サバンナのPDA)が、学校の給食室に放置されています



≪支給品・現地調達品紹介≫
【脇差@現実】
特に変哲のない、ただの脇差。
切れ味はまあまあある。
少なくとも、多少乱暴に扱っても壊れない程の強度はある。

【ビニール紐@現地調達】
普通のビニール紐。
キツく縛れば、解くのは容易な事ではない。

296 ◆i7XcZU0oTM :2013/07/09(火) 22:34:30 ID:Lxg7rqi60
仮投下終了です
指摘点などあったら指摘お願いいたします

297 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/07/09(火) 22:52:31 ID:1ZHX164k0
仮投下お疲れ様です
特に問題点などは無いと思います

298 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:50:23 ID:7kSsahpA0
仮投下致します

299 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:50:39 ID:7kSsahpA0
あぁ……マッマの元を飛び出してからしばらく経ったんやけど、どうも頭がズキズキと痛むわぁ。
痛い。割とホンマに痛い。頭痛ってレベルじゃないでホンマ。矢でも刺さってるような感じやで。
いや、実際に刺さったこと無いからわからへんけど多分このくらい痛いと思う。痛い。

謎の痛みに頭を抑えながらヨロヨロとやきうのお兄ちゃんは歩いていた。
もう冗談抜きで痛い。頭痛が痛い。本気で矢が刺さってるようなアレ。
いや、本当には矢なんて刺さってないよ。さっききのこが乗っかってただけ。それも既に抜いた。
仮に刺さってたら触れば気付くから。そこまでアホじゃないよ。
心当たりはあるか。ある。
チハであの軍人を懲らしめた時にマッマがハンマーでガッと殴ってきた。
もしかしてその反動で脳に異常が起きたのかもしれない。ファッキューマッマ。

「血ィ出てる様子も無いけど、怪我してるかもしれへん……。
 鏡かなんかで見たほうがええな……うぅ……」




           ¶¶¶¶¶
         (。)(。) ¶¶¶
        ノ    ) ¶¶
       <__   l¶¶¶
        ___)  l¶¶
       <__ノ  /¶
「うわあああぁぁぁぁなんやこれええぇぇぇぇ」

鏡に映る自分の姿を見て思わず悲鳴を上げた。
後頭部にフサフサと生えていたはずの髪(?)は全て、さっき抜いたはずのエノキのような気持ち悪いものでビッシリ覆われていたのだから。
やきう兄はクッソ気持ち悪い毛を掴み、思い切り引っこ抜く。
しかし、どうしたことか抜いても抜いてもキリがない。次から次へと¶が生えてくる。

「ひいいぃぃぃぃ」

¶を引き抜いた手の平にも、¶が次々と根付き、瞬く間に腕を¶に侵食されていく。
足からも、腹部からも、背中からも、¶¶¶¶で埋め尽くされる。
やがて¶きう¶お兄¶¶んの目の前が¶¶¶¶¶¶¶¶¶に……。

「ンアーッ!!!」






―――数分後、そこにあったのは¶の塊だった。


    ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
   ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
   ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶   ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶  ¶¶

   ¶¶   ¶ ¶¶ ¶   ¶



 ◆

「すっかり夜も明けちまったなァ…。夜通しで歩いたり走ったり、流石にクタクタだぜ」

300 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:50:51 ID:7kSsahpA0
ぼやきながらも足を止めず、オフィス街を歩くポルナレフ。
レストランを飛び出してから2時間、誰かしら他の参加者に会えないか期待して片っ端から探索をしていた。
他者にもスタンド使いにもスタンドが見えるかどうか知りたかったのと、承太郎たちの誰かを見つけたかったのがその理由だ。
しかし結局、路地裏やコンビニ、果ては公衆トイレに至るまで回っても、誰かがいる様子は無かった。

「チッ… 太陽が出る前に誰かに会えりゃ良かったんだがな…。
 まぁ仕方あるまい。おれ一人でも吸血鬼の相手くらいなら何とかなるだろう」

吸血鬼のいるであろう工場へと戻るべきかと考えた。
しかし、その前に少し気になっている施設に立ち寄っておきたかった。

「これがテレビ局か…。この目立つ外観、地図に書いてあるだけのことはあるな」

鏡のように磨かれたガラス張り、近未来的な形状、屋上から空へ伸びる電波塔。
他のオフィスビルとは一線を画くような巨大な建造物。
あれだけのデカさなら、きっと誰かしらいるに違いない。
彼は数秒ほど悩んだ末に、先にそこへ向かうことにした。



ぐるりと囲まれたフェンスに沿って歩き、空いている入口があったのでそこから敷地内に入る。
さらにそこから階段を上り、正面玄関から中へと入る。

ロビー。
受付があり、革製のソファと小さなガラステーブルが並び、観葉植物が置かれている。
壁には番組の宣伝ポスターがいくつも掛けられており、いくつかのテレビモニターが設置されてるところにテレビ局らしさを感じる。
モニターには番組が放送されておらず、誰もいないニューススタジオのみが映っていた。
電灯は全て消えており、何故か周囲全てのカーテンが閉められているため非常に薄暗い。
テレビや非常灯は点いているため、おそらく電気は通っているだろう。
ポルナレフはキョロキョロと周囲を見回し、歩きつつ声を張り上げる。

「おい、誰かいないのか!?」

案の定返答はどこからも来ない。声は虚しく響き渡るだけ。
よく見ればガラスが粉々に割れている箇所がある。
誰かいるのは間違いない。どこかに潜んでいるのだ。

「フン! ま、これだけの広さだ。地道に探っていくしかねぇ…」

そう言って1階をうろうろと歩き回る。
受付の裏側……パソコンや書類が積まれている事務所のようなもの。誰もいない。
社員食堂……木製の座席が多数。調理場の冷蔵庫には食料が保管されている。
そして窓ガラスが一枚、破壊されていた。少なくとも闘争があったことが裏付けられる。
守衛室……彼は扉に手をかけた。

するとその瞬間、バンッと勢いよく扉が開いた。

「うおぉっ!?」

吸血鬼田代は素早い身のこなしで逃走を図る。
一瞬呆気に取られたポルナレフだが吸血鬼の姿を見るやいなや、すぐさま追いかける。

「てめー、待ちやがれッ!!」

田代は吹き抜けとなっているロビーの2階まで飛び上がる。
あいにくポルナレフにそこまでの身体能力は無く、エスカレーターを駆け上がるしかなかった。

「逃げやがって! チクショー」

舌打ちをする。
テレビ局ならおそらく誰かいるとは思ったが、まさかあの吸血鬼が逃げ込んでいたとはな。
建物内のカーテンが片っ端から閉められているのはコイツの仕業だろう。
ならば、吸血鬼を倒す術は決まっている。

『シルバー……』

銀の鎧を纏いし騎士が姿を現す。
騎士は風を切り裂くかの如くレイピアを振り回し。

『チャリオッツ!!』

カーテンを次々と貫いていく!
紙のように容易き引きちぎられ、朝の日差しが差し込んでいく。
これで吸血鬼は1階ロビーに立ち入ることは出来ない。
そう、このままじわじわと追い詰めてやればいい!!

301 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:51:01 ID:7kSsahpA0
「さぁどうした? かかってこい吸血鬼!
 逃げれば逃げるほど、てめーを殺す聖域は広がっていくぜ」

吸血鬼を追い、2階の廊下へと走る。
一部屋ずつしらみ潰しに立ち入り、窓を開けてやる!
ポルナレフは撮影スタジオへの扉を開けた。



           、、、、
            | | | |
           _|_|_|_|
          〈〈〈〈 ヽ
          〈⊃  }
   ∩___∩  |   |
   |        ヽ/   ! クマアアアアァァァァ!!!
  /  ○   ○ |  /
  |    ( _●_)  ミ/
 彡、   |∪|  /
/ __  ヽノ /
(___)   /

                ムヾ 川 /////〃〃/// /
              タ´`ヾリ////〃〃// .彡 /
             タ   `"""´´´`ミ ニ 彡彡/
            /   〃    J ミ ニ彡彡/
            { __{(( .._   ミ ニ 彡 /
            }どo ゞ‐`ヱo~ゞ ヾミ彳う)   うわあああぁぁぁぁぁぁ
            ,'   /   ```     りノ    嘘だろ!? 何故ここにクマがッ!?
            !  ({ 、       ├タ<
         /|  ィニ‐-、      /〃リ
        r'´}! }   __ ',      / r'")
      ,r==、Zノ| レ三‐ -フ   / <ノ
    /  ハ {      ̄  /    |リ
  _../ ヲ /_ ノ) \ -‐-       リ
/´/ 〉ー "/ー‐ ヽ |`==‐ '"     ト、


そりゃビックリするよ。突然グリズリー並のデカさの熊が目の前にいたんだから。
身の丈2.5メートル程、それも敵意むき出し。これが恐れずにいられるか!?
クマは直立状態から、体重のこもったテレフォンパンチを叩き込んできた。
間一髪、横に転がって回避する。
ドガンッ、という音と共にコンクリートの壁にヒビが入る。

「な、なんて…怪力なヤローだ…」

302 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:51:16 ID:7kSsahpA0
コンクリにヒビは流石に怪力過ぎるのでは? と思う方もいるかもしれない。
しかし、体重93kgのヘビー級ボクサーの平均的パンチ力は約454kgと言われている。(ソース:yahoo!知恵袋)
さらにごく一般的なヘビィゲーマーがパンチングマシンで測っても、100とか普通に出すのだ。(ソース:ネ実板)
クマーの体重は推定300kg! それだけの体重を持ち、かつ鍛え抜かれた筋肉から放たれる威力はどれほどのものか。
もはや諸君の想像に難くないだろう。エルメスの首がパンチ一発でぶち抜かれるのも頷ける。

「たかだか森のクマさん如きに負けるかよ! 軽く突き殺してやる!」

レイピアを振るい、クマーの肉体に突き刺すッ!
腹部、胸部、腕、物体を切り裂く手応えを感じる……だが……。

「クマアアアァァァァァッッ!!!」
「なっ…ほとんど効いていないだとッーっ!?」

コンクリートを殴っても腕が破壊されない程の筋力、そして骨格ッ!!
殺し合いにおいて能力制限が掛かってないのが明らかにおかしいレベル!
逆に制限の掛けられたチャリオッツのパワーとスピードでは、簡単には致命傷に持ち込めない!

クマーは床を蹴り、甲胄の騎士へと飛びかかる。
すぐさま回避行動を取るも、スピードが少しだけ足りない……!
チャリオッツの足を思いきり掴まれ、強靭な顎、そして牙により噛み付かれる。

「うわあああああ!!」

ポルナレフの右足に穴が空き、噴水のように血が吹き出す。
続いて『ゴキッ』という鈍い音が走る。骨を砕かれたのだ。

「ぐああああああああーーーッ!!」

痛みのあまりにポルナレフは絶叫、その場に転倒した。
クマーには一切の容赦無い。倒れ込んだポルナレフに飛びかかり、重傷を負った右足に食らいつく。
左手でしっかりとポルナレフを押さえることで、身をよじって逃げることも許さない。
そのままバリバリ、グチャグチャと音を立ててポルナレフのふくらはぎを咀嚼する。

(ぐっ…マズイ、マズイ…!!)

そこで問題だ!このえぐられた足でどうやって打開するか?
3択―ひとつだけ選びなさい
答え①ハンサムのポルナレフはチャリオッツで反撃を図る。
答え②仲間がきて助けてくれる。
答え③打開出来ない。現実は非情である。

(やはり答えは……………①しかねぇようだ!)

レイピアを構え、クマーの尻に思いっきり突き刺すッ!!
体勢上正確な位置はつかめないが、その卓越した技術は見事尻を捉える!

「グマアァァァァッ!!?」

悲鳴をあげるクマー、そして放たれるカウンター!
 ___
(     ヽ∩___∩
  ̄ ̄\ | #\   /ヽ
      /  ○   ○ |
      |    ( _●_)  ミ
     彡、   |∪|  、` ‐- _
     /    .ヽノ   .)  \ \
    /      /   /  \|   |
   /     /    /   ヽ|   |
  /    _/     |    |  / |
    ∠//:::/::::::|:::l:i    /  / |
      |/;;;;/;;;;;;;/;;;|,,|   /  /  |
      //|/::::/|//  / /|  /|
    ./  // /    // / / .|
      /      /  // | /
                /  /
「うっ…うああああああああ!!」

チャリオッツが思いきり吹き飛ばされ、壁に叩きつけられる。
ポルナレフの肉体にも衝撃が走る!

(肋骨が…………折られた……!! ダメだ、歯が立たねぇッ……クソッ)

303 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:51:32 ID:7kSsahpA0



―――答え:③
            _
【ポルナレフ@AA タヒ亡】























―――それが望んだ結末なのか―――

【ポルナレフ@AA 生存確認】

彼の主観的目線により、本当に死んだと錯覚した。
しかし、それは現実とは異なっていたのだ。

プシュウウウウウゥゥゥゥ!!! という音と共に視界が白い煙に包まれる。

「ゲホッ、ゲホッ、な、なんだこりゃあ……!」
「クッマアアァァァァ!!」

クマーは顔を手で覆い、のたうち回っている。
この隙ならどうにか抜け出せる……!

「こちらです! さぁ早く逃げましょう!」

眼鏡をかけた初老の男性が現れ、ポルナレフに肩を貸した。
そばに転がっているのは栓の抜かれた消火器。
おそらくこの男性が消火器をクマの顔に発射して助太刀をしてくれたのだろう。
抉られた右足を引きずりながら、どうにかその場を逃れる。
エレベーター前に猫が一匹待機しており、あらかじめ2階に来ていたため、すぐさま階を移動することが出来た。

「すまない、助かった…!」
「いえ、当然の事をしたまでですよ。……やはりあの熊を野放しにしてはいけませんね……」


 ◆


――5階。比較的広めの撮影用スタジオへと入った。

「俺の名はジャン・ピエール・ポルナレフだ」
「申し遅れました。私は、いわっちと申します」
「そのあんたの後ろに隠れている子猫は、あんたのペットか?
 さっきエレベーター止めておいてくれてたみたいだが、随分と賢いんだな…」
「いいえ、彼女も参加者です。名前をしぃさんと言います」
「コ、コンニチハ……」
「こいつ…喋れるのかッ!?」
「ええ、彼女は普通の猫とは違うみたいです、そして彼女以外にも言葉を話す猫がこの殺し合いに参加しています。
 ……ところで、先ほど鎧を着た方がいたと思うんですが、あなたのお連れでしょうか?」
「鎧を着た方………こいつのことか?」

そういってポルナレフは、自分の背後にシルバーチャリオッツの姿を現した。
いわっち、そしてしぃはそれを見て驚いていた。
(やはり"スタンド使い"以外にもチャリオッツの姿が見えているようだ…………)
ポルナレフは確信した。この驚き方は演技とは思えない。
念のためスタンドについて知っているか尋ねてみた。
案の定、答えはNOだった。

304 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:52:12 ID:7kSsahpA0
ポルナレフはスタンドについての知識をいわっちに説明する。
意外にもいわっちはその話に驚くことなく、すんなりと信じ、理解した。
突飛なことへの適応力が高いのか、人を疑わない性格なのか……おそらく前者だと推測する。

「剣が使える……それもかなりの実力を伴っているというのは非常に心強く思います。
 お願いがあります、あの熊を押さえ込むのに協力していただけないでしょうか?」
「助けてくれた礼だ、俺に出来ることなら力を貸すぜ。……だが一つだけ理解出来ねぇな。
 何故いわっちサンはそうまでして、テレビ局に居座りたいんだ?
 そりゃ外には殺し合いに乗ってるヤツがいるかもしれねぇが、ここにいるよりはマシじゃねーの?」
「ええ、それについては今から説明します。簡単に言えば、主催者との交渉を、そしてバトルロワイヤルの停戦を持ちかけるつもりなのです」
「バトルロワイヤルの停戦…!? ど、どうやってやるつもりなんだ?」

いわっちはひと呼吸置き、ポルナレフの質問に対し丁寧に解説を始めた。

「1階ロビーのテレビモニターは目にしていただいたと思います。
 あの映像はこのテレビ局のどこかのスタジオ……おそらく報道フロアの隣、ニューススタジオじゃないかと予測しています。
 あそこから映像を発信することで不特定多数の参加者、そして主催者にメッセージを送れるんです。
 私は殺し合いの停止を呼びかけると同時に、主催者と対話を試みるつもりです。
 このバトルロワイヤルの目的、思惑、それらを知る事が出来れば我々から解決の糸口を提示することも出来るかもしれません」
「な、なるほど……。でもよ、主催者が対話に応じなかったとしたらどうするんだ?
 俺はDIOってやつとの戦闘中に連れてこられた、つまり主催者が持つ能力は生半可なもんじゃねぇ…
 そういう大物…少なくとも自分を大物と思っているヤツが、あんたのような一般人の話に耳を傾けるかと言われれば……」
「ええ、決して一筋縄ではいかない、それは勿論わかっています。
 しかし、このテレビ放送は参加者たちにも殺し合いを止めるよう訴える事も目的としています。
 少しでも被害を縮小するきっかけになれば、決して無駄な行為では無い、私はそう考えています」

いわっちはそこまで話すとひと呼吸を置いてから、ポルナレフに尋ねた。

「この案にはきっと、まだ改善の余地があるのは否めません。
 しかし、私にこの作戦の指揮を任せて欲しい。協力してくれますか?」
「…………俺はよ、ここに飛ばされてからゴタゴタ続きで、何もわからないまま闇雲に進んできた。
 目の前の敵をどうするか、そして主催者に必ず報いをくれてやる、考えていたのはただそれだけ…。
 だが、あんたのおかげである程度、この現状に対する理解がついた。
 そう、俺はきめたぜ。このバトルロワイヤルの間、あんたに協力しよう。
 この殺し合いのを停戦、そして……不本意だが和解を目指す。
 それが俺の倒すべき真の相手、DIOにたどり着けるのであれば、その道を選ぶッ!」
「……ありがとうございます。共に力を合わせましょう」

いわっちとポルナレフは握手をかわす。
彼らの同盟関係がここに結ばれたのだ。

「さて、まずは熊の始末か……自然に出て行ってくれりゃあいいんだがな」
「いいえ、贅沢な事ではありますが、あの熊を外へ出してしまえば、犠牲者の数が増える一方です。
 だから私としてはどこかに隔離してやりたいのですが……この際殺すのもやむを得ないかもしれません」
「あぁ、殺す方が楽だ。………だが、この殺し合いに来てからどうにもスタンドが全力を発揮出来ないんだ。
 おかげであんな野生の熊ですら、倒せやしない。いっそ猟銃でもぶっぱなした方がいいと思うんだが……」
「そうですか……。しかし、私の持ち物にもしぃさんの持ち物にも、武器と言えるようなものはありませんでした」

しぃの支給品は『トランシーバー』『https://www.hellowork.go.jp/』である。
トランシーバーは通信可能なように二つセット。ハローワークの方はなんなのか不明だが、とりあえず叩きつけやすい形状だった。

「チッ…確かにこれで熊をどうにか出来るとは思えねーな……。
 さっきみたいに消火器とかで目潰しをして、その間に猛攻撃を繰り出すのがいいんじゃねーの?」
「フン……あの背丈の熊の目を狙って攻撃か? そう簡単にはうまくいかんだろうよ」

その時、上の方から低い声がした。
天井からぶら下がる照明、そこに掴まっていたのは吸血鬼、田代まさし。

305 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:52:27 ID:7kSsahpA0
「なッ……てめー! 出やがったな吸血鬼! 降りてこいッ!」

ポルナレフはすぐさまシルバーチャリオッツを出現させ、戦闘態勢に移る。
しかし田代は両手を上げ、敵意を持っていないことを示した。
彼の右腕は、肘より先のあたりでブッツリと切り落とされていた。

「待ってくれ、降参だ。私はあの熊に右腕をやられた。お前と戦っても勝ち目は無い。
 それに日が差している間は外へ逃げることも出来ない。言わば私の詰み状態だ」
「あぁ、ロビーに落ちていた右腕はあなたのものでしたか……」
「生き残るためだ、しばらくの間お前たちに協力させてくれないか? あの熊をどうにかしたいんだろう?」
「協力だァ? おれたちに吸血鬼を信用しろってのかよ」
「吸血鬼は本能的な行動がより強く出るからな……自分が生き残るためであればお前らを裏切るようなマネはせんよ。
 まずは熊だ、熊を処理さえ出来れば、あとは私に戦いを挑むなりなんなりするのは自由、どうだ?」

冷静な口調で田代はそう語った。
ポルナレフは苛立ちを露わにする。

「わかりました。でしたら、私の指示に従ってください」
「おい、いわっちさん!」
「日光のある場所にさえいれば彼は手を出せません。それに熊を捕まえる、または倒すことが今優先されるべきです」
「クッ…わかったよ」
「話がわかる者がいて助かるな」
「あ?」

揉め事が勃発する寸前にいわっちが間に入る。

「それでは私から行動指針を提示致します。まず熊を3階にあるプールまでおびき寄せます。
 プールは閉鎖空間であり、壁も分厚いコンクリートで覆われているため、閉じ込めるのに有効です。
 お二人は3階の入口で待ち構えていただくため、熊をそこまで誘導する役割は私が担います。
 プールまで誘導する戦い方はこちらから口出ししません。プールも3階から4階にかけて吹き抜けとなっております。
 私は4階の見物席からはしごを下ろしますので、プールの入口を塞いで閉じ込めたらはしごから離脱を図ってください。
 これで熊を封印することが出来ると思います。これでいいでしょうか」

二人は了承する。
すぐにいわっちの作戦は実行に移される。

306 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:52:39 ID:7kSsahpA0



     \ピシッ……/
    ¶¶¶¶¶¶   ¶¶¶¶¶
   ¶¶¶¶¶¶¶¶ ¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶ ¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
  ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
   ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
 ¶   ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶  ¶¶

   ¶¶   ¶ ¶¶ ¶   ¶




―――ピシピシッ、ピシッ……




                    パカッ!!
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
            .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
          , .;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
    ,. ; ,+X'∴゙.':;:;::;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.x ;、 、
   +:'、+     .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   +、', 、
  ゙,∵,、      .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.   , +,∵
   ` ∴',+:; . , .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.    , +: ∵
      `'∵',+'∴; ,:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:, . , ;  + ;∵ '゙
         ` ' ∵',"+',x' ;,'∵,'∴,'+,ヽ;'∴,'+,ヽ;','+';,'∵,'∴, ∵ "
            .:;:;:;:;:;:;:.`^ ゙..゙  ^ ".:.: ^ ".:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
               ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
                 . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
                   .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....




            △△△△△△△       
          ¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶¶
         ¶¶¶¶¶¶¶""""""¶¶¶¶¶¶¶¶""            
         000◯◯0 _,,,,, ▼,,,≡0◯
         ¶¶¶¶ ¶ ¶ 〃 _\ /≡≡|
         ¶¶¶¶ ¶ ¶   〈 (・)》 ((・)〉|     
         ¶¶¶¶ ¶ ¶  "" ̄≡|≡≡|     「いったいあたしの身に何が起こっているんだ!?」
         ¶¶¶¶ ¶ ¶≡ / ... |||≡≡|  
         ¶¶¶¶ ¶ ¶ 《    .ヽ 〉 ≡| 
         ¶¶¶¶ ¶ ¶  ゛ γ⌒〜≡/
         ¶¶¶¶ ¶ ¶    ..L_」≡/
          ¶¶¶ ¶ |   .┗━┛ |
          ¶¶¶ ¶ \   _≡/ 
              ¶¶ノ    ー、¶
              /   ¶¶人 `i
             ¶ ,ソ.   / ) |
            ¶ / |¶¶  / (メ
 ___    ¶¶/  / ⌒ 、ヽ¶
(___二二二)ミリ ( <   ¶¶ヾ )
           ⊂_)  ⊂_)

おめでとう! やきうのおにいちゃん は エルメェス に しんかした!

307 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:52:53 ID:7kSsahpA0
エルメェスは大混乱していた。
普通の混乱ではなく大混乱。

記憶が正しければグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所でシールの効果に気がついて……。
収容所を出たら廊下じゃなくてひろゆきの前で……。

あと殺された。黄色い化物に銃で闇討ちされて、脳天をバキューンとやられた。
そう、彼女の記憶はそこからだった。

(ゆ、夢なのか…? いや、確かに私は殺され…た……いったいどうなって…………)

腹部からとめどなく流れる赤黒い鮮血、向けられた銃口、化物の歪んだ笑み、そして……。
エルメェスは全身に汗をかいていた。殺された恐怖が鮮明に蘇る。
そして、己の手のひらを見て彼女は愕然とした。

「あの、化物の……」

毒々しい黄色い肌、それが指の先、腕、胴体、足、肉体がそっくりそのままやきうのお兄ちゃんになっていた。

「うわぁあああああああああああああ!!!」

誰か…誰かどうなっているのか説明してくれ……!!

エルメェスは闇雲に走る。誰でもいい、誰かにあって自分の身に何があったのか聞きたい。
目の前にたちそびえる巨大な建物、彼女はその中へ駆けていく。

【やきうのお兄ちゃん@なんでも実況J 転生】
【エルメェス@エルメェス菌 降臨】




いわっちは2階降り、1階ロビーを見下ろして驚愕した。
何故なら異様に頭のでかいスパゲッティヘアーの女性が熊と戦っていたのだから。

「ふざけるな! ふざけるなぁあああああああ!! 意味不明な事ばかり起きやがってよォ〜〜〜〜!!
 この熊ヤローがァ!! こんなとこでおまえに食われて終わってたまるかよクソッタレが―――ッ!!!!」

女は何故かわからないが、ものすごい勢いでキレているようだった。
キレているというより、自暴自棄になっているのかもしれない。

「これも! これも! これも! これも! これも! これも! これも! これも!
 これも! これも! これも! これも! これも! これも! これも! これも!
 全部理不尽への八つ当たりだァアアアアアアアアア!!!」

その凄惨な運命に対する悲しみが、苦痛が、怒りが、熊の腹にパンチを叩き込む。
熊が押しつぶそうと倒れこむのをかわして、オラァッ! と言う掛け声と共に蹴り上げた。

『キッス!!』

手のひらを広げ、クマーを叩くと同時にシールを貼り付けた。

        ∩__  _∩
        | ノ    | |  ヽ
       /  ●  | |  ● |
        |    ( _| |●_)  ミ
       彡、    | | ||  、`\
      / __ ヽ| |ノ /´>  )
      (___) | | / (_/
       |□    | | /
   ペタッ |  /\| | \
       | /     )  )
       ∪    (  \
              \_)

     !?                !?
   ∩___∩三 ー_        ∩___∩
   |ノ      三-二     ー二三 ノ      ヽ
  /  (゚)   (゚)三二-  ̄   - 三   (゚)   (゚) |
  |    ( _●_)  ミ三二 - ー二三    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、` ̄ ̄三- 三  彡、   |∪|  ミ
/ __  ヽノ   Y ̄) 三 三   (/'    ヽノ_  |
(___) ∩___∩_ノ    ヽ/     (___)


クマーの肉体が二つに分裂ッ!!
さらに戸惑うクマーに飛び蹴りをぶつける。
なんなんだこの怒涛の攻撃は。
いわっちはその光景に唖然としていたが、やがて我に返った。

308 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:53:16 ID:7kSsahpA0
「やめなさい! 武器も一つも無しに危険です! こっちへ逃げてください!!」

先ほどからのエルメェスの徒手空拳は、ダメージとしては皆無に近かった。
クマーとの体格差の時点で既に人間の腕力では絶望的、それに加えて毛皮と筋肉の鎧を纏っているのだ。
そう、生身の人間に勝ち目なんて無い。

「武器ィ? 武器ってのは……」

混乱するクマーに張り付けられたシールを……。

「これの事かぁあああああああ!!!」

思いきり剥がすッ!!
こだまする衝撃音!! 二つのクマーの肉体が結合する!
そしてその結合は同時に、破壊を伴う……ッ!!

「グマアアアァァァァァッ!!」

胸部の皮膚が裂け、鮮血がはじけ飛んだ。

「ハァ…ハァ………って人ッ! 人いるじゃねーか!! な、なぁアンタ、一体ここは……」
「まだ! まだ死んでない!」
「ハッ!?」

シールによる一撃は、一瞬だけ怯ませただけに過ぎない。
すぐさま飛びかかるクマーに、エルメェスは押し倒される。
いわっちは咄嗟にリュックの中から『http://www.hellowork.go.jp/』を取り出し、クマーに投げつけた。
ベキッ、と音を立ててクマーの頭に直撃! 頭を抑えた隙にエルメェスはクマーから抜け出す。

「クソッ……これじゃ倒せねぇか……ッ!」
「その熊を地下駐車場へ誘導してください! 今援軍を呼んできます!」

エルメェスが無事なのを確認するといわっちはそう言って階段を駆け上がっていく。

「行っちまいやがった……ホントに来るのかよ援軍なんてよぉ!?」

あのメガネのおっさんがいなければ自分はやられてたに違いない。
しかし、どう見ても非力な見た目。援軍と言われて簡単に安心出来るはずもない。
何よりどうして地下なのだろうか、援軍がいるなら上に逃げて合流するという手もあるはずなのに。

「クマアアアァァァァァァァッッッッ!!!」

自分が熊から離れるためにアタシに地下へ誘導させようとしている可能性もある。
……あぁ、もう考えている時間は無い……!

エルメェスは地下へと階段を降りた。



「クッ……流石に疲れが……」

前半で死力を尽くしたエルメェスの体力に限界が訪れる。
熊の一撃をかいくぐって、シールを貼り付けて剥がす、そこまで出来る体力は無い。
故に彼女は柱を盾にぐるぐると逃げ回っていた。

「い、いつまでこれをやってれば……」

エルメェスがそうぼやいた時に、エレベーターの扉が開く。
天高くそびえ立つ銀髪の男、そして黒縁眼鏡の髭親父がそこにあった。

「やっと来たか……! って、なんだこの変な奴らはッ!!」
「このやろー……助太刀しに来たおれらになんてこと言いやがる!」

ポルナレフは怒鳴りながらもシルバーチャリオッツの姿を現した。

「WRYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!」

先陣を切って飛び出したのは田代。

「血管針攻撃!!」

309 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:53:30 ID:7kSsahpA0
クマーによって切り落とされた右腕の切断面を向ける。
そこから無数に発射される血管針ッ!
毛皮を突き抜け、皮膚に突き刺さり、そして血液を吸収する……!

しかし本来よりも弱体化された針は、クマーが暴れることで引き千切られる。

『チャリオッツッ!!』

ヒュンッ……と音を立ててレイピアは風を切り裂く。
その鍛え抜かれたスタンドの技術、高速の乱れ突きがクマーの肉体を次々に穴を穿つッ!
怪物のように強靭な力を携えて振り払われる腕、甲胄の騎士へと放たれる。

刹那―――シルバーチャリオッツの鎧が四散、その重量から解き放たれる。
羽の如く軽やかな動作で、その腕をスレスレで回避していくッ!

「目に焼き付けるがいい、吸血鬼の優れた肉体を、人間だった時のそれとは違うパワーをッ!!」

田代まさしの両腕、両足に切れ込みが入る。
人差し指と中指の間から、肩口に至るまで2つに割れる。

『奥義・細き八本足(ミニにタコ)ッ!!』

四肢が全て枝分かれすることにより、両腕、両足の手数を100%上昇させる技。
右腕が切り落とされた田代は、この能力により従来と同じ二つの道具を持つことが可能となる!
彼の手に握られるのはポルナレフのデイパックに入っていた支給品『トールの剛弓』、いわっちの支給品『モデルガン』。
"片腕"に二つの武器をそれぞれ握り……

それを思いきり叩きつけるッ―――!!

「クマァッ……!」

四本の足による踏み込みは、その一撃の重さをより強固なものとする……!
矢が無ければ無用の長物となるはずの弓も、吸血鬼の力をもってすれば武器へと変わるのだ。

クマーの鍛え抜かれた拳が振るわれ、田代へと叩きつけられようとする。
だが、インパクトの瞬間、クマーの視界がブレたッ!

「HEY!! シールにはこんな使い方もあるんだぜェェェェ!!」

貼り付けられたキッスのシールにより、クマーの肉体が分裂、そのため振り降ろされた位置は大幅にずれることとなる。
二度目と言えども不意を突かれたクマーには、状況を把握するための隙が生まれる。
そしてその瞬間を逃さぬチャリオッツによる連続攻撃ッ!!
甲胄の重量から開放されたその速度は、先ほどとは比にならぬほど上昇しているッ!
もう一つ、突きの威力はスピードと比例する。
つまり、上昇した速度から放たれるレイピアが、貧弱なものであるだろうか? いや、無いッ!

ここで攻撃はまだ止まない。エルメェスの手により、シールが剥がされる。

―――肉体の結合 それすなわち 肉体の損害

アンダーグラウンドの世界に、血の雨が降り注ぐ。

「グッ……マアアァァァァアアアァァァッ!!!」

クマーの咆哮が地下駐車場に響き渡る。
続けてその巨体が地面に倒れる音。
力の権化が、野生の災害が、今ここに倒れ伏したのだ……!

310 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:53:41 ID:7kSsahpA0


「……や、やったのか……ついに、倒したんだな……!」
「あぁ、そうだ。勝ったんだぜ俺たちはよ…!」
「アハハハハハッ…………勝利ィ――――ッッ!!!!!!」




ぐちゃり

「は…………?」

エルメェスの後頭部は、強靭な握力によりトマトのように潰される。
そうして彼女は力なく倒れる。

「お、おい………………あ、あんた………」

ポルナレフは突然倒れたエルメェスの名を呼ぼうとして、まだ名前を知らないことに気がつく。
そして呆然とした表情はすぐさま、エルメェスを殺した者への怒りに変わる。

「田代……てめぇ…………!」
「ククク、さっき言った通り、戦いと洒落こもうか? ポルナレフ君」

田代は血管針をエルメェスの頭に突き刺し、その血液を食す。

「あぁ、若い女の血だ……いい、いいぞ。素晴らしい!
 酒なんかよりもよっぽど美味だ! 力が溢れるようだ、気分が上昇していく!」
「絶対に、絶対に許さねぇ! やはりてめーは裏切るって最初からわかってたんだ」
「元々熊を倒すまでの話だ! それに私は初めから"若い女の血"を飲みたいと考えていたのだ!
 そのチャンスをここでおちおち逃すのはあまりにも勿体無い。
 ここには日光は差し込まん、さぁ正々堂々と戦おうじゃないか! ハハハハハh」

田代は笑い声を止めた。
己の肉体に異変を感じたのだ。
体の奥底を、何かに侵食されているような……。



        ¶


「な、なんだこれは!?」
     ¶   ¶
田代の体からエルメェスの髪の毛を構成していた『エルメェス菌』が生え始めた。
そう、血液を吸った時に彼女の体内にある菌をも取り込んでしまったのである。

「な………なんだ……? こいつ」
「くそおおぉぉ、ハメられたのか!? 何故私がこんな不可解な事にいいぃぃぃ!!」

¶¶¶¶¶を強引にむしり取る。しかし、その数は一向に減る様子が無い。
しかし、次の瞬間に二人のどちらも予測していなかった事が起きた。

「クマアアアアアアアアアアアアァァァァァァァァァ!!!」

311 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:54:09 ID:7kSsahpA0
悪魔が目を覚ましたのだ。
雄叫びとほぼ同時に、田代の首を軽く撥ね飛ばす。

「くそ……情けねぇ最後だ……これが人間をやめた者の末路か……畜生」

クマーは生首に齧り付き、肉を貪る。
滴り落ちる唾液、己の血と獲物の血で酷く赤黒く染まる毛。
ポルナレフはその様子を見て、底知れぬ恐怖を感じた。

階段を駆け下りる音、只ならぬ異変を聞き付け、1階で待機していたいわっちが顔を出す。

「いったいこれは……!? ポルナレフさん、田代さんとあの女性は……」
「死んだ……おい、もはやどうしたらアイツを殺せるんだ……?」
「に、逃げましょう……!」

いわっちは足を負傷したポルナレフに肩を貸し、逃げようとする。
しかし、そのあまりにも遅く、クマーによって容易く追いつかれてしまう。
クマーは目を光らせ、じわじわといわっちたちに距離を詰める。
そしてその鋭い爪で、無慈悲に二人を引き裂く……。


  エイチティーティーピーレーザー!!
      ∧∧
     (,,゚ー゚)//
   〜(__つhttps://llllllll.llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
        \

階段からしぃが青い光線を放ち、それはクマーの目に直撃した。

「クマアァッ!?」

クマーは視界を奪われたこと、予期せぬ痛みを受けたことにより驚いて撤退をする。
地上へとつながる駐車場の出口へと一目散に向かっていく。
逃げようとする怪物を止める術は、いわっちたちには無かった。



クマーの頭にぶつかったことで『https://www.hellowork.go.jp/』は割れてしまった。
しぃはその文字列『https://』を見て、かつて自分の仲間が行っていた技を思いついたのだった。

「……結局、二人も味方を殺してしまい、熊にも逃げられてしまいましたね……」
「いわっちサン……」
「あぁ……情けない限りです……」
「……いわっちサンよ、味方だったのは一人だけだぜ?
 それにあの熊はどっちにしろ簡単には殺せやしない。
 準備も不十分な俺らじゃどうしようもなかったんだよ」
「ポルナレフさん……」
「さぁ、どうする? 熊がいなくなってテレビ局に平穏が取り戻されたんだぞ?
 ここからがあんたの仕事だろ。さぁ、言ってくれよ。どうすればいいかを」

312 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:54:21 ID:7kSsahpA0
「……E-3エリアに市役所があります。そこで街全体に町内放送をかけるのです。
 今から2時間後、テレビを見るように、と」
「なぁ、そのまま町内放送では交渉出来ないのか?」
「あなたは得体のしれない声だけが『殺し合うな』と言われて信用出来ますか?」
「…………」
「姿を晒すことはリスクを伴います。 しかし私の姿をテレビ越しにダイレクトに見てもらうこと……。
 それは私の一挙一動、雰囲気、それら声だけではわかりえない私の情報をお届けすることが出来るのです。
 ですから、私はそこにこだわりたい。参加者にもひろゆきにも、私の全霊を"直 接"伝えることに意味があるのですから」

言わば、それは彼の誠意の現れである。
例えば拡声器を使って殺し合いの停止を呼びかけたところで、主催者は見向きもしないだろう。
なんの考えもない短絡的な、平和主義の訴え。そんなのは愚かなことに過ぎない。
テレビを使うことは違う。それも、本来であれば町内放送の機械で済むものを、あえて映像にこだわる事は、拡声器とは大きく違うのだ。
誠意を、こだわりを、意思の強さを、訴えかけなければきっと主催者は振り向かない。参加者も振り向かない。

それが、今この場で指揮を執るいわっちの持論である。
そして彼を信じるしぃも、ポルナレフも、その考えに対して反対をしない。

「し、しかしよ…おれは足が負傷しているぜ。誰が市役所へ向かうんだ?」
「そうですね……やはりここは私が走って……」
「いわっちサン、……ソノ……ワタシが行くヨ?」

少し不安げな顔を隠しきれていないが、しぃはそう言った。
思いがけぬ発言にいわっちは驚いた。

「い、いいのでしょうか? 外を単独で行動するのはかなり危険ですよ……?」
「ワタシ、いわっちサンに助けられてばかりデ、まだ何も出来てない……。
 だから、少しでも手伝いたいノ。怖いケド、なんとか上手くやるカラ……」
「しぃさん……」

常に戦いに怯えていわっちに守られていて、いわっちを慰めるくらいしか出来なかった。
そんなしぃの手伝いたいという想い、それを無下にするのは憚られた。
いわっちはしぃに片方のトランシーバーを手渡す。

「それで私といつでも通信が出来るます。いざという時はそれで私にいつでも知らせてください。
 クマーもまだ近くにいるかもしれません。なるべく隠れながら、襲われないようにしながら向かってください。いいですか?」
「ウン」
「泣かせるじゃねぇか子猫ちゃんよ……。足さえやられてなければ一緒に行ってやれたんだが……」
「イイノ。それじゃあ、行ってクル」

しぃはそう言って朝の柔らかな日差しが溢れる、戦場へと向かっていった。
先ほどのしぃよりも不安そうな顔を浮かべながら、いわっちはそれを見送る。

「私たちも行動しましょう。まずは救急箱でポルナレフさんの怪我の応急処置を、そうした報道フロアで機材の調整、放送の準備をしましょう」
「あぁ、わかった」

エレベーターに向かおうとした彼らの耳に、第三者の声が聞こえた。

「う、う〜ん……な、なんやもう……」

潰れたエルメェスの頭の中に、やきうのお兄ちゃんの頭がそっくりそのまま残っていた。
エルメェスの頭は気がつけば造形を失い、まるで¶¶¶で構成された被り物と化していた。

313 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:54:38 ID:7kSsahpA0
「なんで先ほどの息子さんがここに……」
「…とりあえず、こいつも上に運ぶしかねぇな……」
「背負うのは私しかいないのですが……」
「…あぁ、おれに肩を貸しながら背負うのは重労働だよな…置いていくか…」
「いえ、連れて行きましょうか……」


【エルメェス@エルメェス菌 死亡】
【田代まさし@ニュー速VIP 死亡】

【やきうのお兄ちゃん@なんでも実況J 復帰】


【E-2 テレビ局・地下駐車場/1日目・午前】

【いわっち@ゲームハード】
[状態]:健康
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モデルガン@サバゲ、救急箱@現実、不明支給品(0〜1・本人確認済み)
[思考・状況]
基本:殺し合いをやめさせる
1:ポルナレフの応急処置
2:準備を整えて2時間後にテレビから"直接"停戦の意思を主張する
3:情報や人を集めたい。"異世界"の事も調べたい……


【ポルナレフ@AA】
[状態]:疲労(大)、首元に血を吸われた跡、足を重傷(骨折&噛みちぎられた肉)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品(0〜2・打撃武器は無し)、トールの剛弓@斬撃のレギンレイヴ
[思考・状況]
1:いわっちに協力する
2:承太郎たちがいれば合流を目指す


【やきうのお兄ちゃん@なんJ】
[状態]:健康、気絶
[装備]:
[道具]:
[思考・状況]
基本:生き残る
1:……
2:もうマッマに会う気はない。次に出会ったら……
※H&K USP@現実(6/16)、基本支給品一式×3、PDA(忍法帖【Lv=03】)、PSP@現実、木製のバット@現実、釘バット@現実、
 ひかりのこな@ポケットモンスター、台風コロッケ(残り11個)@現実、不明支給品×1〜3(確認済み)
エルメェス化して混乱していたため、これらの支給品をデイパックごと置き忘れました。


【E-2 テレビ局周辺/1日目・午前】

【しぃ@AA】
[状態]:健康
[装備]:httpレーザー@AA
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、トランシーバー@現実
[思考・状況]
基本:皆死んじゃうのはイヤ
1:E-3にある市役所の町内放送で、テレビを見るように呼びかける
2:ギコ君、大丈夫カナ……?
3:カイブツ(ネメア)がコワイ……できればもう遭いたくない


【クマー@AA】
[状態]:右腕骨折 、全身にダメージ(極大)、左目喪失
[装備]:鍛えぬかれた肉体
[道具]:無し
[思考・状況]
基本:野生の本能に従うクマー
1:ク
2:マ
3:|
4:!
※重傷を負ったので体を休めます。

314 ◆m8iVFhkTec :2013/08/05(月) 10:55:00 ID:7kSsahpA0
仮投下は以上です
問題点、修正点、意見などがあればご指摘お願いします

315 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/08/05(月) 19:50:51 ID:oP4AepL20
仮投下乙です。
内容等は問題無いと思います。

316 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/08/07(水) 23:20:52 ID:b9ZinuNc0
仮投下から4日くらい経つのですが、大丈夫ですか?

317 ◆m8iVFhkTec :2013/08/07(水) 23:39:59 ID:r/lwWYic0
遅れてすみません。只今投下致しました。

318 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:47:04 ID:NNuiU0tQ0
予約分の仮投下を致します

319 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:47:18 ID:NNuiU0tQ0


 碌に辺りも見ずに、歩き続けたせいだろうか。
 気がつけば、月はあの忌わしい砂糖工場から、かなり離れていた。
 道中、微かに声が聞こえて来たが、声の発信源から離れ過ぎていたためか、上手く聞き取れなかった。
 あれは一体何だったのか……普段ならば、いくつも候補が出てくるようなこの問題。
 だが、今の月の精神状況では、とても普段の頭脳を生かすことができそうにない。
 何かを考えようとするたびに、チラチラと頭の中に浮かぶものが、月の思考を妨げる。

(……いつまで、お前は僕の頭の中に居座るつもりなんだッ……!)

 ダディクールを、自分の手で、殺した瞬間の光景。
 自分の手で、直接手を下した時の、手に伝わってきた感覚。
 あの瞬間の全てが、月の脳裏に、消える事なくくっきりと残っている。

 どれほど、振り払おうとしても。どれだけ、忘れようとしても。
 やればやるほど、それはより強く脳裏に刻まれてゆく。
 それこそが、他人の命を奪った、否定しようのない事実であり、証拠だ。
 今までも、デスノートで命を奪いはしたが、あくまで間接的でしかないのだ。

「…………!」


 どれだけ逃げ続けたとしても、罪からは逃げられない。
 目を逸らそうが、逃げ出そうが、罪はどこまでも追いかけてくる。
 いつかは、逃げ切れなくなる時が来る。
 逃げ切れなくなった結果、どうなるかは……分からない。

320 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:47:37 ID:NNuiU0tQ0




「ここは……地図で言うと、どの辺りになるんだ……?」

 PDAと地図を取り出し、簡単に現在位置を把握する月。

(C-4……結構な距離を歩いたようだ……)

 自分のいる場所。
 何でもない情報ではあるが、それを改めて確認したお陰なのか、月の心は今の所平穏を保てている。
 これが続くならば、冷静に物事を考えられる筈。
 月自身も、そう考えていた。






「……へぇ、何だか変わった奴が来たね」

 ここで生き延びる為には、できれば遭遇しない方が良い相手。
 そいつに、出会いさえしなければ。




〜〜〜〜




(やっぱり、誰もいないなぁ……人っ子一人いないや)

 閑散とした街中を闊歩するモララー。
 一見、スキだらけの行動だが実際はそうではない。
 傍目からはそうとは見えないが、常に周囲を警戒しつつ進んでいるのだ。
 並大抵の相手であれば、襲い掛かった所で返り討ちにされるのがオチだろう。

「声のした所に行くと、百貨店に戻る事になるなぁ。まあ、得られるかもしれない成果に比べたら、小さいものだけどね」

 どう行動するにしろ、考え無しに動く訳にはいかない……。
 百貨店を"襲撃"するならば、その時が来るまでに用意をせねばならない。
 どのような手段を用いるのか、どこから攻めるのか、どの武器を使うのか。
 どれかが不完全であれば、そこから崩れてゆく。

321 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:47:51 ID:NNuiU0tQ0

(方向はこっちでいいよね、多分)

 だが、襲撃を実行に移すのであれば、当然百貨店へと行かなければならない。
 モララーのいるこの街からでも、百貨店は少し見える。
 そこを目指して進めば、到着までそう時間は掛からないだろう。
 だが、この場では何が起こるか分からない。
 ……もしかしたら、何者かに襲われる可能性も十分ある。
 百貨店で起こるであろう戦いの前に、負傷等は避けたい……。
 そんな考えが、モララーの頭の中にあった。

(場所や大きさによっては……動けなくなる可能性も十分にある以上、極力負傷は避けたいな)

 もちろん、相手によってはそんな事も言ってられないのだが。
 ……多少の負傷を覚悟で、全力で殺しにいかねばならない相手。
 そんな相手が、いないとも限らない。
 今の所、そんな相手にはモララーは遭遇していないが……。今後、遭遇する可能性はある。
 その想像を、モララーは首を横に振って振り払う。

「とにかく、今やるべきことに集中した方がいいや」

 それほど強大な相手なら――――出遭った時に、確実に殺せばいいだけのこと。
 この場にいないのであれば、被害を受ける事などないのだから。
 それより、今やらなければならない事に集中した方がいいに決まっている……。

322 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:48:18 ID:NNuiU0tQ0





「大きい十字路だなぁ」

 またスタスタと歩き続けていると、普通の十字路に差し掛かった。
 確か、あの街にもこんな感じの交差点が……沢山あったような。
 それほど古い記憶ではないのに、ぼんやりとしたビジョンしか頭に浮かばない。
 あまり、重要と言う訳ではない記憶だからなのかもしれない。
 その証拠、になるかは分からないが、自身の行った戦闘の記憶は、しっかりと頭に残っている。

(……何やってるんだろう。こんな所で、油売ってる場合じゃないや)

 そう思って、百貨店目指して、足を進めようとした時。
 別の道から誰かが歩いてくるのを、モララーは確認した。
 作業着のような物を着て、肩に鞄をかけている。

「……へぇ。何だか変わった奴が来たね」

 モララーの発した声に反応して、男――――夜神月は、垂れていた頭を上げた。
 頭を上げ、視界にモララーの全身が映った瞬間。
 月の表情が、一瞬で凍り付く。

「……な……」
「何をそんなに驚いてるの? ずいぶんと失礼な人だなぁ。ただ、出遭っただけじゃないか。
 自己紹介でもしようか、僕はモララー。アンタの名前は?」

 月の脳裏に、PDAを確認した時の光景が蘇る。
 ……殺人者の中に、"モララー"と言う名前は……あった。それも、一番目立つ上の方に。

「う……嘘だろう……? こんな所で……こんな奴に、遭遇するなんて……ッ」
「嘘な訳ないじゃん。僕は実際にここにいるし。アンタもそうだろ?」

 危機を察知したのか、月の頭脳が急加速する。
 ……こいつに対抗できる何かはないのか?
 月の持っている武器は、牛刀にスタンガン。鞄の中に、ブラックジャックにガスバーナー。
 弾切れの56式自動歩槍に、(使い方を理解していないが)毒霧の杖。
 一方、モララーの武器は突撃銃一丁に狙撃銃一丁。
 月は今の所知る由もないが、これに加えて赤い刃も持ち合わせている。
 その上、元々の身体能力でも、月はモララーに引け目を取っている。

323 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:48:43 ID:NNuiU0tQ0

(どうすればいい……!? どうすれば、この緊急事態を乗り越えられる……!?)

 どれだけ考えた所で、1つの答えに収束するだけだ。
 ――――戦うしかない。戦い、倒すしかない。こいつは、"善良"とは程遠い存在だ。

(……でも、どうすれば?)

 戦った所で、勝ち目がないのは分かり切っている。
 牛刀で切りかかっても、辿り着く前に蜂の巣になるのが関の山。
 ならば、手持ちの武器を投げてみるか?それも、おそらく無駄な抵抗になるだろう。
 モララーと月の距離は4メートルほど。投げれば届くだろうが、あくまでそれだけだ。
 ……傷をつけ、命を奪くまでには到底行かないだろう。
 万事休すか、八方ふさがりか。どちらの言葉も、今の月の状況を現すには丁度良い言葉だ。

「ずいぶん驚いてるね。まあ、こんな姿の奴に出会えば別段おかしい反応でもないからな」

 右肩に巻かれた、白い……いや、白と赤のツートンカラーに塗られた布。
 体の所々に付着する、赤黒い斑点。右手に持つ突撃銃……。
 確かに、モララーの言う事にも一理ある。

「それより……こうやって出遭った以上、アンタを生かしておく訳にはいかないからな」

 チャキッ、と小さな音を立てて、突撃銃が構えられる。
 ……標的は、もちろん月。

「あ……」
「それじゃ……これでお別れだからな!」

 引き金が引かれる寸前。
 何もかもを捨てて、走り出す月。
 ……何をどうする、これをああする、そんな考えよりも、本能が勝った。

324 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:49:06 ID:NNuiU0tQ0
















 ――――死にたくない 生きていたい

(……僕は、まだ死ぬ訳にはいかな――――)














 静かな街に、銃撃音が木霊した。




〜〜〜〜〜

325 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:49:27 ID:NNuiU0tQ0




「ちょっと時間と銃弾を浪費しすぎたかな……?」

 何食わぬ顔で、百貨店を目指し歩を進めるモララー。

(時間も弾も、有限。無くなってしまったら、終わりだからな!)

 来たるべき"時"が来るまでは、なるべく無駄ははぶいていきたい。
 だが、今回の様に、誰かに遭遇した時は、そうも言っていられない状況になる可能性も、大いにある。
 そのためにも、先程仕留めた男から、有用な武器が手に入れば良かったのだが……。

(微妙なモノしか持ってなかったな。あれくらいの武器じゃ……ちょっと頼りないね。銃もあったけど、
 弾が切れてちゃ役立たずだよ)

 結局、収穫は忍法帳のポイントが入ったPDAのみだった。
 それでも、1人仕留めただけで2も忍法帳のレベルが増えるのだから、大きい収穫だ。

(でも……レベルが上がってたってことは、アイツも誰かを一人殺してたってことだよね。まあ、別段興味もないけど)

 とにかく、今は百貨店を目指そう。
 辿り着いて、準備を整え次第に……行動する。

(肩の傷もあるし、直接交戦するのは避けたかったけど……このチャンスをフイにする訳にはいかないからな)



【C-2・北西付近/1日目・朝】
【モララー@AA(FLASH「Nightmare City」)】
[状態]:右肩に銃創、赤い刃使用可能(残量小)
[装備]:H&K G36(10/30)@現実、根性ハチマキ@現実(肩に巻いてます)
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=04】)、夜神月のPDA(忍法帳【Lv=01】)ランダム支給品0〜2、
    モシン・ナガンM28(4/5)@現実、H&Kの予備マガジン
[思考・状況]
基本:優勝狙い
1:百貨店を襲う。そのためにも、まずは百貨店へ
2:傷が癒えるまでは直接的な戦闘を避けたいけど……チャンスを逃したくはない
3:殺し合いに乗る、強者はなるべく後回し
※出典元により、自在に赤い刃を作り出す能力を持っていますが、連続して使用するとしばらく使えなくなります
※日本鬼子、鬼女の姿のみ覚えました。一条三位に関しては正確な姿を覚えられませんでした
※八頭身、モナー、ギコ、しぃ等を、ナイトメアシティに関係する者だと思っています

326 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:50:25 ID:NNuiU0tQ0



〜〜〜〜〜





 モララーも鞄の物色を終え、この場を立ち去ったあと。


(…………嫌だ…………死にたく、ない…………)


 足に、肩に、背中に銃弾を受け、もはや生きているのが精一杯な状態で、月は倒れていた。
 ……もう助かる見込みなどない状態で、ただ何も出来ずに終わりの時を待つ。
 それが、月にとってどれほどの屈辱なのかは、計り知れぬほど。

「…………誰か…………助、け…………」

 残った力を振り絞り、精一杯絞り出した言葉を、聴く者は誰もいない。
 何かを掴むかの様に、月は手を前に伸ばすが、手を取る者は誰もいない。
 たった一人で、孤独に飲まれながら、月は死ぬ。
 その事実を悟った瞬間、月は狂おうとした。叫ぼうともした。
 だが、もう狂う力も、叫ぶ力も、残されてはいない。













(…………新世界の、神になる、はずだった、のに…………どう、して…………)











 新世界の神を自称した青年は、おおよそ神には似つかわしくない終わり方で――――あっけなく、斃れた。


【夜神月@AA 死亡確認】

※夜神月の所持品は、夜神月のPDAが無くなった状態で遺体の傍に放置されています。

327 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 01:50:44 ID:NNuiU0tQ0
仮投下終了です。
指摘点など、あればお願いいたします

328 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/08/11(日) 17:50:17 ID:Z0.N69SUO
仮投下お疲れ様です
問題点は無いかと思います

329 ◆i7XcZU0oTM :2013/08/11(日) 22:12:39 ID:NNuiU0tQ0
ただ今本投下を行いました

330 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/12(月) 20:17:44 ID:Pd6dF.8.0
予約分の仮投下をさせていただきます

331 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/12(月) 20:18:14 ID:Pd6dF.8.0
先程死んだ二人の代わりになりそうなものは早く見つかった。
百貨店とは別方向に歩いていると、ふらふらとした足取りをした男が前方にいた。
背中には円状の物体がついており、その周りに18個の物体が浮いている。
創作の魔王と呼ばれるハルトシュラーは、その武器が何であるか瞬時に分かった。

(あれは……、エルシャダイのガーレか……使えるな)

近距離では使い物にはならないが、遠距離からなら一方的に相手を痛めつけることができる。
しかも盾としても使用することができる。威力が小さいとはいえ、ここまで魅力的な武器はない。
先程のおっさん二人と同じくらいの年齢だが、それでもあの武器があるだけあの二人のおっさんよりはマシだ。
普通に考えれば分かる弱点に気付かないデブに、愚かにも自らの命を差し出したガリ。
それに比べれば武器を持っている分マシであろう。
もっともハルトシュラーにとっては、それもほんの些細な現象に過ぎないが。
さて、ハルトシュラーは早速ガーレを持つその男を仲間にしようと近づいた。
見たところ彼はとても疲れているようだから、心配そうに声をかけよう。
いたいけな少女を装って、口調にも気をつけて。

「あ、あの……大丈
「……ッ!!」

ヒュン、とハルトシュラーの頬を何かが通り過ぎた。
目には見えなかったが、ガーレの弾を射出したのだろう。
(どうやらハズレを引き当ててしまったらしい……)
ハルトシュラーは心の中で舌打ちをする。

「く、くるなッ! お前も殺し合いに乗っているんだろう!」
「ち、違いますよ! 私が殺し合いなんて……、そんな……」
「嘘つけ! 10代の少女の振りをして、不意をついて俺を殺すつもりだな!? だがそうはいかねえ!」
「……ッ!」

(私の正体を見抜いた!? バカな……)
ハルトシュラーは虚を衝かれた顔をしたが、瞬時に持ち直した。
(いや、ありえないな。初対面だぞ? 分かるはずがあるまい)

「他の人間は騙せても、俺は騙せないぞ!! 分かったらコッチに来んじゃねぇ!! さもなくば殺す!」

332 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/12(月) 20:19:38 ID:Pd6dF.8.0

(眼が泳いでいる……しかも、声が震えているな……)
ガーレを持つ男―――キユは少女の正体には気付いてはいなかった。
疲労、恐怖、焦り、怒り、たまりにたまった精神疲労は疑心暗鬼を助長させた。
善意は悪意に見え、疑いは確信に変り、目に映るものを敵に見る。
故に彼は例えそれが純真無垢の可愛らしい少女でも、疑う。
ハルトシュラーは理解した。
(そうか、この男。疑心暗鬼に陥っているな……)
なぜそうなっているかは分からないが、この男は全てを疑ってかかっている。
そうなってくると、あながちハズレでは無さそうだ。
原因をつきとめてそれを解消すれば、仲間になってくれるだろうし、まだ話し合いの余地はあるからだ。
(もっとも、一歩間違えれば死んでしまう可能性もあるのだがな)

「はっ……はっ……来るな、来るんじゃねぇぞ……」

ガーレを持つ男はかなり疲れており、さらに興奮した様子である。
行動、言動、全てに注意をしなければガーレで瞬殺されてしまうだろう。
今の自分の状態は、10代の少女なのだ。当然体力も10代の少女並み。
さらに持っている武器が、全て近距離で使わなければならないもので、どう考えてもコチラが不利であった。
(だが、折角見つけた駒だ。何とかして手に入れたい)
この先、このような殺し合いに乗っていない人物に会えるかどうかは分からないので、ハルトシュラーは早急に駒を手に入れたかった。
まだ、自分を襲った猫がいるのかもしれないのでそれに対する守りが欲しいというのもあるが。
そうと決まれば早速、ハルトシュラーは行動に移した。

「あ、あの……何かあったんですか? そんな疲れた様子で……」
「うるせぇ! てめえには関係ねえだろ! そんなに死にたいのか!?」
「え、えっと……だって、その、困っている様子ですし。あと、凄く震えているので……」
「……!!」

言われて自分の様子に気付いたのか、男は必死に震えを抑えようとする。
しかしその震えは一向に収まることは無く、余計に震えは増していった。

「やっぱり何かあったんですか? 例えば……怖い思いをしたとか……」
「っ……ち、違う……俺は悪くないっ、俺は悪くないんだ!」

急に男が頭を抱え、ぶんぶんと振り出した。
(ふむ? いきなり確信を突いたか? どうやら何かをしでかしたようだが……)
考えうるにこの男は誰かを、ガーレで攻撃してしまったのだろうか。
だとしても、疑心暗鬼になるには薄すぎる。誰かに攻撃されたから反撃をした。その類だろうか?

「あ、あの……「あ、アイツラがっ! 銃を持っているからいけないんだ! だから俺は勘違いしたんだ! 俺は悪くない!」……あの」

男はさらに興奮した様子で、その行動に対する弁明をずっとしていた。
ぐちゃぐちゃした内容であまり分からないが、男は襲われたのではなく襲った側だということが分かった。
(嗚呼、うるさい……。だが、もう一押しかな……)
恐らく、疑心暗鬼の原因は大方これだろう。
ならそれを解消すればいい。相当混乱している様子だから、まずは静めなければ。

333 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/12(月) 20:20:20 ID:Pd6dF.8.0

「俺は悪くないんだ! なぁ、お前もそう思うだろう! な、な!?」
「えぅ……でも、その人達は別に貴方を殺そうとしたワケじゃないんですよね?」
「あ、あ……た、確かにそうだが……」
「だったら、どっちも悪くないんじゃないと思います…… その……この状況なら仕方ないと思うんです。
 その人達が殺しにきた、って勘違いしてしまうことも」
「…………あ」

(やっと静かになってくれたか。さて)
興奮も収まった、今なら冷静に物事を考えてくれているだろう。
疑心暗鬼の原因はこの非現実的な状況と、この男の勘違いによるものらしい。
ならば解決する方法は一つ。

「あの人達に謝りに行きましょう! きっと、許してくれるはずです!」
「で、でも俺は……三人を襲って……」
「でもそれは誤解だったんでしょう? それならあの三人もきっと許してくれますよ!」
「そ、そうかな……でも」
「でもじゃない! 大丈夫です! それに仲間は多いに越したことは無いでしょう? 行きましょ!」
「うわっ! ちょ、分かった! 分かったから! 引っ張らないでくれ!」
「あ、そういえば名前を聞いてませんでしたね。私はハルトシュラーです。貴方は?」
「お、俺は…………、っ」
「?」

ここにきて、男が自分の名前を言い淀んだ。
誰かに知られたくない名前なのだろうか。ならば、ここは無理に聞かないほうがいい。

「言いたくないなら別にいですよ。あとで、教える気になったら教えてくださいね?」
「……分かった」


□□□


思わぬ収穫だった。
新しい駒を手に入れたことに加えて、上手くいけば3体も駒が増えるかもしれないのだ。
しかもその内の一人は銃を持っているのだとか。
(これなら……あの猫に対抗できるな)
記憶が確かならば、あの猫が持っていた武器は薙刀と草刈り鎌とボウガン。
こちらにはガーレと銃、近距離用の警棒がある。
戦力差でいえば、ややこちらのほうが有利だろうか。
(さて、ゆっくり行こうじゃないか……)
口角がゆっくりと上がる。
キユはそのことを知る由も無い。

【A-4/1日目・朝】

【ハルトシュラー閣下@創作発表】
[状態]:健康
[装備]:警棒@現実、毒薬(青酸カリ)@名探偵コナン(?)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)
[思考・状況]
基本:10歳の少女を演じながら、ステルスマーダーに走る
1:キユと行動
2:百貨店には近づかない
※身体能力の一切が10歳の女の子並みに制限されています。召還術も、自分の設定を変えることも出来ません
※拳法の技術や、剣技は体が覚えていますが、筋力などがついていきません
※毒薬は青酸カリです。説明書は「文字を入れ替える系」ネタが使われております

【キユ@週刊少年漫画】
[状態]:健康、人間不信、疲労(中)、精神疲労(小)
[装備]:ガーレ@エルシャダイ
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、靴墨@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いには乗らない……?
1:ハルトシュラーと行動。
2:攻撃した3人と和解する。
3:俺の名前……どうしよう……
※A-5のどこかの民家一帯がボロボロになっています

334 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/12(月) 20:22:16 ID:Pd6dF.8.0
仮投下終了です。
問題点などがあれば指摘をお願いします

335 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/08/13(火) 12:47:58 ID:Q1Hue/GQ0
仮投下お疲れ様です
内容は問題ないと思いますよ

336 ◆XG.R2oT3cE :2013/08/13(火) 14:30:44 ID:IcMxgPsE0
本投下終了致しました

337 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:43:17 ID:bf5RQd8w0
ミルコ・クロコップ、モナー、ウラー、クタタン、やる夫、チハ、畜生マッマを仮投下致します

338 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:43:43 ID:bf5RQd8w0
「ここで大人しくしてるんだ、いいな」
「ええ、もちろんです。6時間後、キチンとお話致しますので……」
「どうだか……アンタの言うことは信じれるようなモンじゃない。
 そう言うなら今すぐにでも情報を提供したらどうだ?
 どうせ、もうそこから動けないことが確定しているんだ。
 さっさと殺し合いを脱出出来たほうがアンタも下手に殺されるリスクが減るぞ」
「いいえ、そういうわけには参りません。情報を話せばそのまま殺されるかもしれませんから」
「俺はアンタをお情けで生かしてやってんだぞ? それに応えようと思わないのか?」
「私は慎重なものでして。本当に私の命が保証されたと確信したらすぐにでもお話します」
「面倒くさいやつだな……」

クタタンは得体の知れない愛想笑いを浮かべる。
ミルコ・クロコップはそれを憎たらしげに睨みつけた。

ここは病院1階にあるロッカールーム。
ベンチが2台ほど並べられ、壁にずらりとロッカーが固定されている。
それ以外には何もない、窓すらもない単純な構造の部屋。
クタタンはそこに両手をロープで縛られた状態で閉じ込められた。
抉られた右腕は止血され、包帯を巻いて応急処置を施されている。

「ところでこの赤と白の球、説明書はどこにやった?」
「それがですね、付属されてなかったんですよ。不備なものですよね。
 ……あぁ、それは爆弾です。かなりの威力を持ったとなっております。
 知らずにそのボタンを押したところカウントダウンが始まったので、慌てて投げ捨てたのですが、建物が一つ壊れてしまいました」
「既に一つ使ったということは、そんなシロモノがいくつも入ってたってことか?」
「二つです。それが最後の一個となっております」
「どっちにしろ、こんなものを取っておくにはリスクが大きすぎる。後で破棄するぞ」
「フン、勿体無いですね……」
「もう一つ、この白い棒が何なのか答えろ」
「それはアーチという武器です。端を引っ張ると物体を浄化させるエネルギーが放出されます。
 私を襲ってきた老婆と男性一人には、それを使って対応したんですよ」
「そうか。もうこれ以上聞くことは無い。寝てろ」

病院に到着した時に、まずその惨状に驚愕したものだ。
表側のほうはそれほど目立った状況ではないが、駐車場側が破壊され尽くしているのだ。
黒く焼け焦げた中規模のクレーターがあり、焦げている何かの残骸が散らばり、さらにはアスファルトがひっくり返された跡も見受けられる。
ここに向かう途中、大きな爆発の音を聞いていたが、ここが発信源だったのだろう。
窓ガラスは爆風や破片によってほとんどが粉々に砕かれ、壁には銃痕が残されており、さらには低階層の壁の一部が崩落している。

ここで大規模な闘争が行われていたのには違いない。
一つ不思議なことといえば、駐車場側以外が全くと言っていいほど被害を受けていないところだろうか。
とりあえずミルコは、ウラーとモナーに病院内の探索を頼んでおいた。
構造の把握が必要なことと、そして闘争の生き残りが中にいる可能性があったからだ。
その間にミルコが、一人でクタタンの見張りを行う。

「ただいまモナ」
「一通り把握してきたウラ」
「なんかところどころで戦闘の跡が残っていたモナ……」

しばらくして、モナーとウラーが戻ってくる。
話を聞く限り、誰かが隠れている様子はなかったそうだ。


「ご苦労様。しばらくはそこの病室で休息を取ってくれ」
「了解しましたモナー」

殺し合いの開始から既に7時間が経過している。
目覚めてから現在まで、3人とも一睡もしていない。
ミルコはそれでも全く問題がない、しかし一般人である猫二人はそうはいかない。
今のところ身体的な疲労は少なくとも、後々響かないように休んでもらったほうがいいだろう。

安全を考慮して、なるべく近くの部屋に指定した。
なるべく自分の目の届く範囲に集まってもらったほうが安全だからだ。




そうして、1時間程経過しただろうか。
外から奇妙な音が響いてきた。

キュラキュラキュラキュラ……

車椅子を漕ぐような車輪の音が、徐々に大きくなってくる。

キュラキュラキュラキュラ……

ロビーの窓から外を覗き込む。
そしてその音の正体には、流石に驚きを隠せなかった。

339 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:43:58 ID:bf5RQd8w0
「戦車だと……!?」

病院の前の道を、一台の戦車と一人の男が歩いていた。
明らかに重厚な車体にそぐわないほど軽快な音を共にキャタピラが回る。
ミルコはすぐさまモナーとウラーの元へ行った。

「起きろ、今すぐそこに得体の知れない奴らが来ている」
「まさか……襲撃モナ……!?」
「わからないが、相手は戦車を所有している。仮に敵意があった場合、この建物も容易に破壊出来るだろう。
 俺が奴らの様子を見てくるからその間、ここでクタタンの見張りを頼んだ。
 あと、もし何かあった時は荷物を持って、自分たちだけでもすぐさま逃げるんだ」
「わ、わかったモナ。気をつけるモナ……」

護身用としてアーチのみを持ち、表側の方へと向かう。
防具といえるものが無い以上、身軽な方が都合がいいからだ。


 ◆


(……さん……お姉さん……)

チハの呼ぶ声が少し遠くに聞こえた。



(お姉さん、そろそろ起きてよー)
「……ついウトウトしてしまったわね。今どの辺にいるのかしら」
(もう病院の近くだよ)
「……あのさ、少し離れた場所って言わなかったっけ?」

目覚め早々、マッマの機嫌が悪くなる。
というのも、彼女はもっと慎重に行動したいと考えていたのだ。

マッマとやる夫、そしてチハは地図に書かれていた『病院』に足を運んでいた。
病院、それは先ほどの爆発が起こった場所。危険人物がいる可能性が高く、出来れば近づきたくないと考えていた場所。
しかし、爆発音を聞いてわかることはあくまで"方向"だけである。
どの程度の距離なのか、といった細かい位置情報は、高地から見ない限り特定するのは難しい。
だから爆心地である可能性を考慮し、ある程度離れた位置でこっそりと様子を伺ってから行く、という話だった。

(え、てっきり入口付近かと……。僕は中に入れないし……)
「もし中に危険な奴がいたら狙われるかもしれないじゃない! それくらいわかるでしょ!?」
(ご、ごめんなさい……)
「あーもう、私は疲れやすいトシだっていうのに、誰かさんがわがまま行って私を歩かせるから……」
「なんでやる夫に八つ当たりするお……」

度々こちらに飛び火してくるのに、やる夫はげんなりする。
完全にストレスのはけ口として扱われている気がする。正直嫌である。
でも文句は言えない。ここからあのやきう兄みたいに一人で出て行く勇気がないから。
少なくとも頭の働くマッマと、安全な戦車と行動すれば安心を得られるのだから。

「まったく、仕方ないわ……見た感じ病院に壊されてる様子とか無さそうだし、こっそりと忍び込もうか。
 本当だったらもう少し慎重に行きたかったんですけどね? はぁ……」
(面目ない……。気をつけてね)

マッマはチハの蓋を開け、外に出る。
と、その時、すぐそばから駆け寄る足音。
反応も間に合わず、突如ガタイのいい男にやる夫の体は押さえつけられる。

「ウワアアァァァ」
「あんたら、殺し合いには乗っているか?」

男は低い声で問いかけてきた。


 ◆


「……とりあえず、荷物を整理しておくウラ……」
「そうモナね。いらない物は捨てるモナ」

ミルコが持っていったアーチ以外の物を取り出す。
ロープ、普通の縄だ。クタタンを縛るのにも使用している。便利。
工具セット、知識が無い自分たちには使えないが、おそらく分解や組立に役立つだろう。。
バスタードソード、自分でも正直持て余してるが、一撃ぶつければノックダウン出来るはずだ。
赤いシューズ、キック力を増強させるというがサイズが合わない。
というのも、自分たちの足のサイズは異様にデカイ。

   A_A 
  ( ´∀`)
  (    )
  | | |
  (__)_)←このように太ももよりも足のサイズが大きい。

ツボを刺激して脚力を向上させる仕組みらしいので、改造すれば自分らに役立つ物となるかもしれない。
ちくわ大明神、小腹が空いた時に食べることで満足を得られる。
オレオ、小腹が空いた時に食べることで満足を得られる。
ポイントカード、お餅の絵が描かれている。該当する店で使えばお得だろう。

340 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:44:46 ID:bf5RQd8w0
そして、赤と白の球。クタタンの持ち物。

「おっさん、これは一体なんだウラ?」

ウラーはロッカールームの扉越しにクタタンに尋ねた。

「そのカプセルですか。フフ、それこそがですね、この殺し合いからの脱出に必要な道具なのですよ」
「モナ!? 今それを話すって、どういう風の吹き回しモナ!?」

平然と答えるクタタンに思わず驚愕の声をあげた。
本来の約束であれば、6時間後に教えてくれるという話だったはずだ。
今それを教えてしまうのは明らかに怪しい。

「ミルコさんには既に話しましたが、それは所謂、収納箱なんですよ」
「収納? こんな小さなボールに入るわけないウラ! いい加減にしろウラ!」
「これは特別なカプセルなんです。大きさとか形状とか、"普通のカプセル"というくくりでは考えてほしくないんです。
 もちろん、その中に入っている道具の使い道や、具体的にどうすればいいかの情報は黙秘させてもらいますが」
「ふむ……」

つまり、脱出のためのヒントがこの中に収められているということだ。
クタタンがやけに落ち着いた様子だが、その道具を見ただけで方法がわかるものではない、という自信があるのかもしれない。

「ミルコさんが帰ってくるのがちょっと遅いモナ……。本当に"いざ"という時が来ちゃった、なんてことはないモナよね……?」
「ええ、私もヒヤヒヤしますよ。彼のような力強い人がいないと、私も身の安全が確保出来ませんからね。
 お二人も荷物確認はさっさと済ませた方がいいかもしれませんよ」
「そうやって媚を売っても、心を許したりしないモナよ。私はなるべくミルコさんの指示に従うつもりだからモナね」
「媚を売るだなんてそんな。私はあなたがたを信用出来れば、脱出策をお教えるつもりなんですから」

二人の社長がドア越しに言い合っていた。
ウラーはそれを横目に見て、そして赤と白のカプセルを手にした。

「まぁ、ちょっと中身は気になるからなウラ。ちょっと見せてもらうウラ」
「ええ、どうぞどうぞ」
「ウラーさん、あんま勝手なことをしないで欲しいモナ!」



 ◆



病院の玄関で、ミルコとマッマたちは情報交換を行う。
脱出のために首輪を外す、そしてそのために技術力のある者を探す。
その目的にマッマはおおむね賛同し、さらにそれに対する問題点を指摘した。
少なくとも首輪の構造を把握するために、実験用の首輪が必要だと言うこと。

「流石に人の首に着いてる物を、ぶっつけ本番でいじるわけにはいかないでしょ?
 申し訳ないことだけど、既に死んだ人のから調達する必要はあると思うわ」
「あぁ、おそらくそれもやむを得ないだろう。外をある程度探索すればすぐに見つかるかもしれないな」

生きている者を救うためには、既に死んだ者には犠牲になってもらわねばならない。
そしてそれを行えるだけの覚悟は持っていた。

「……おっと、連れを待たせてしまっていた。一旦奥へ来て欲しい」
「他にもいたのね」
「モナーとウラーだ。見た目はちょっと妙だが驚かないで欲しい」
「大丈夫よ、慣れてるわ」
「それなら安心だ」

なんだこの会話、と蚊帳の外にいるやる夫は思った。

……と、その時。

「ひぃぎゃあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」

悲鳴、とてつもなく長い悲鳴。
続けて男の声。何かを語りかけるような声。
ミルコ・クロコップはすぐさま駆け出した。
あの悲鳴はウラーのものだった。そして男の声は、クタタン。
今、あの場で最悪のことが起きているのだ。



奥へと走り去るミルコの姿を見て、

「何!? 何なの!? あっちで誰か襲われているの……!?」

あまりに突然の出来事に、マッマは大きく戸惑った。
ミルコの"連れ"が何者かに襲われたのは間違いないだろう。
ではどうするべきか。自分たちも助けに向かうべきだろうか。

いや、自分たちは大した武器を持っていない。
ここで感情に任せてミルコの後を追ったところで、何が出来るというのだろう
相手がとんでもなくヤバイ奴だった場合、きっと自分の命も危機に晒されるだろう。
果たして、出会って数分の者のために、危険を冒してまで助けに出るべきか。

341 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:45:01 ID:bf5RQd8w0
「……ごめんなさい。私たちが行ったところで何も出来ないわ……」

出てきたのは謝罪の言葉。
不用意にリスクのある行動を取りたくなかった。
例え、助けたいという気持ちが本物であっても、自分の方が大切だった。

「やる夫、逃げるわよ」
「わ、わかったお……」

やる夫もまた、その意見に反対しようとはしなかった。
薄情な行為かもしれない。しかし、わざわざ死地に飛び込みたいとは思わない。

二人は黙って外へと走り出した。
すぐにチハに乗り込んで、その場を離れる。
彼の身が無事であることを祈りながら。


 ◆


廊下を全力で駆け抜け、奥のロッカールームの方へと進む。
そして、そこに広がる光景は、想像しうる中で最悪のものだった。

赤、赤、赤。
生き物という容器に目一杯詰められた、血液という液体。
その大量の液体が溢れ出て、廊下に大きな池を作っている。

ぐちゃり、ぐちゃり、ぐちゃり。
肉を貪る黒い怪物の姿あった。
内臓を引きちぎり、牙でさらに滅茶苦茶に咀嚼されていく。
怪物が食しているのは、ミルコが知っている顔。
タレ目を少しだけ引きつらせた驚愕の表情を携えたまま、ピクリとも動かない。

「ネメア、アイアンヘッド」

クタタンの声に反応し、化物はすぐさま食事を中止する。
赤く――文字通り血のように赤く、ナイフのように尖った鋭い角が、ミルコの方に向けられる。
そして突撃。
ミルコはその動きを捕捉する。そしてギリギリまで引き寄せ、左側へと抜ける。
真横の位置から、強烈なキックを叩き込む。確かな手応え、怪物の体が僅かに軋む。

急停止をした怪物はこちらへ居直ろうとする、そこへもう一撃蹴りを叩き込む。

「てっぺきだ!」

クタタンの指示、刹那、ネメアの体が水銀のような光を放つ。
顔面へと叩きつけられた蹴り、それが金属的な音を響かせた。

「―――ッ!?」

その硬さの変化に、体が予測出来なかず、己の足の骨が嫌な音を奏でる。
この鈍い痛みは、ひびが入ったに違いない。襲い来る苦痛にミルコは顔を歪ませた。

ネメアはそのまま覆いかぶさり、マウントポジションを取る。
ミルコはアーチをネメアの口内に押し付け、必死に牙を押さえつける。
その時、頭に強烈な衝撃を受けた。
巨大な鈍器で殴りつけられた。視界が大きくブレた。
そばには、バスタードソードを構えたウラーの姿があった。

その顔は恐怖に満ち溢れ、たった今自分が行なった行為にも焦りをあらわにしていた。

「ウラー、一体何を……」
「悪くない、俺は悪くない、悪くないんだ、殺さなきゃ俺が殺される、だから悪くないんだ。
 これは正当防衛なんだ、悪いことじゃないんだ、仕方ないんだ、自分の命を優先していいんだ」
「お前は、何を言っているんだ」
「あんな殺され方したくない、だから仕方ないんだ。俺が生きるためだから、悪くない。
 きんきゅ、緊急き、ひ、避難法、緊急避難法が、ついて、ついてるんだ、俺には」

もはや気が動転して、言っていることが完全に曖昧だった。
だがわかった。きっと、クタタンに恐怖を刷り込まれたのだろう。
モナーが殺される様を間近で見て、自分もこうなりたくなければミルコ・クロコップに襲いかかれと。

ネメアのアイアンクローが、ミルコの胸を思い切り貫く。
湧き上がる嘔吐感、喉から溢れ出てきた血が、口から吐き出される。

「フフフフ、いいお姿ですねぇ。自分が虐げた人物に逆襲される気分はどうですか?」
「てめぇ……どうやって抜け出しやがった……このモンスターは……」
「赤と白のカプセルに入ってたんですよ、私の従順な下僕としてね。
 ついでに言えば、ご丁寧にネメアを出してくれたのはウラーさんですよ、ありがたいですね」
「やはり、殺しておく、べきだった……か……」
「今更そんなこと言っても遅いですよ。甘かった自分をせいぜい恨みなさい」

そう嘲り、そして笑った。
あぁ、この憎らしいクソッタレに今から制裁を下せる。
散々侮辱しやがった罰を与えられる。
考えるほどに愉快な気持ちが湧き上がってくる。

「ネメア、そいつをしっかりと押さえておきなさい」

ネメアの前足が乱暴に顔面を押さえつける。
動けない様を見て、クタタンはその傍へと近寄り、思い切り蹴りつけた。
何度も、何度も、まるでサッカーボールを蹴るように放っていく。
叩かれた痛み、プライドを傷つけられた怒り、それら全てを足に込める。
頭部の形が徐々に変わっていく様を見るうちに、愉悦が溢れ出していく。

342 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:45:11 ID:bf5RQd8w0
「ははは、はははは、ははははははっ!! どうだ? 何も出来ずに一方的にやられるのは?
 痛いか? 悔しいか? 私が憎いか? ははははははははははははは!!! ざまを見ろ!!」

なんと清々しい感覚だろうか。なんと爽快なのだろうか。
一撃ごとに心に渦巻いていたストレスが発散されていく。
曇天の空に大砲をぶち込んで、風穴を開けて青空を拝むような、そんな感覚だ。

「あはははははははははは!!!」

人間の中にある残虐性、それを解き放つことはこれほど素晴らしいことなのか。
罪悪感や背徳感、報復に対する恐怖が無ければ、こんな面白いものはないだろう。
笑いが止まらない。


その時、クタタンの足の動きが止まる。
彼の足首を、ミルコの手ががっしりと掴んでいた。
そして。

「放しなさ……ぐがああああああああぁぁぁぁぁ!!!」

人間離れした握力によって、足を砕かんと強く握られる。
骨がミシミシと悲鳴を上げる。血液がみるみる鬱血していく。
痛みに顔を歪めながら、クタタンはすぐさま指示を下す。

「ネメア、こいつの腕を切り落とせ!!」

メタルクロー。
ミルコの丸太のように太い腕が容易く引きちぎられる。
噴水のように、大量の血が吹き出して、床をベッタリと染める。

「ひぃいいいぃぃぃ!!」

離れて見ていたウラーは耐え切れず悲鳴を上げる。
白い壁や床を赤黒い液体が染め上げ、鉄臭い空間が出来上がっていた。
スプラッタ映画そのもののような光景が、眼前に広がっているのだ。

ミルコは、息も絶え絶えな様子で口を開いた。

「ウラー……聞け……」

名指しで呼ばれ、ウラーは飛び上がった。
何を言われるのかという恐怖で、ガタガタと体が震えだす。

「――いいか、聞けよ!!!?」
「ひ、はいィッ!!」

突然、病院に響き渡るような力強い怒号が放たれる。


「間違ってもお前は助かっちゃいねぇ、次がお前の番だ!! 肝に銘じろ!!!」


「五月蝿いですよ。病院では静かにするものです」

クタタンは足首を掴んでいた手を引き剥がし、思い切りミルコへと投げつける。
そして平坦な声で指示を下す。

「ネメア、殺しなさい」
「グオオオオォォォォン!!」

咆哮を上げ、ミルコを首筋から噛み千切った。



 ◆



カプセルが開かれ、中から現れたのは禍々しい怪物だった。
獅子のようで悪魔のようで、とにかくおぞましい外見をしていた。
俺もモナーもその場で腰を抜かして、ただ震えていた。
その怪物が俺たちを獲物として見ている、このまま殺されてしまうと思った。

と、その時クタタンはドア越しに囁いた。

『ウラーさん、そのカプセルを私に渡してください。
 その最強の生物を使役出来るのは私だけなのですから。
 この生物、ネメアを使ってあなたを殺し合いから守り抜きます、どうですか?』

343 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:45:21 ID:bf5RQd8w0
それは悪魔の囁きだった。
そして俺は、それに応じてしまった。
『最強の生物が俺を守ってくれる』というのに期待を抱いたのもあるかもしれない。
しかし、このままでは怪物に食われるかもしれない、という恐怖が俺の背中を押したんだ。



『ウ、ウラーが裏切ったモナ……』
『すまないウラ。でも俺はどうしても死にたくないウラ……。
 生き残らせてもらいたいウラ……本当に許して欲しいウラ……!』
『……どっちにしろ同じモナ、このまま死ぬのはきっと……』
『さぁネメアさん、アイアンヘッドです』
『オマエモナー!!』

鋭い角で突き上げられ、モナーの臓器は破壊された。

『俺は……俺は……』

モナーの言葉が耳に張りついていた。
そうだ、間違えてしまった。きっと用済みな自分は、このまま殺されるんだ。
ネメアの爪によって拘束を解いたクタタンが、笑みを浮かべながらこちらに近づく。

殺される。

『ひぃぎゃあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!』
『落ち着いてください、私は約束を守ります!! あなたを殺す気はない!!』

俺は悲鳴を止め、クタタンの次の言葉を待った。

『我々が生き残るために、邪魔をするであろうミルコ・クロコップも排除します。
 チャンスを見て、思い切りミルコ・クロコップに攻撃をしなさい。
 彼を倒せば、あなたの行いを攻める者は誰もいない。それに、最強の味方を得ることが出来るんです』

クタタンの言葉を断る勇気は、俺の中にはなかった。
そして、その通りに実行した。今までの仲間を死に様をただ見ていた。


 ◆


耐え難い嘔吐感。
ウラーはその場で胃の中の物を吐き出した。
目の前の惨状が、仲間を裏切った罪悪感が、俺の中で蠢いていた。

「俺は、俺は、うわああああああぁぁぁぁぁ!!!!」

ボロボロと涙を流す。
この殺し合いから生きて返してくれると行ったミルコが、もう動かない。
まるで兄弟のように容姿が似ていたモナーが、もう動かない。
自分がどれほど取り返しのつかない行いをしたのか、それを痛感した。

「ウラーさん、あなたの判断は正しかった。
 あなたは生きるために何かを犠牲にする決断をしたのです。
 それを恥じる必要がどこにあるのでしょうか」

クタタンはそう言って俺の背中をさすった。
先ほど、ミルコを蹴りつけていた時とは全く違う、とても優しげな口調だった。

「アンタが……アンタさえ居なければ俺はこんな……」
「選択したのはあなたでしょう。安心してください、私の頭脳とネメアの力があれば、あなた一人くらい背負うのは容易ですよ。
 生き残りたいんでしょう? 生き残るのがあなたの願いですよね?」
「あぁ……」
「なら、死んだ彼らのことは忘れてしまいなさい。自分の命だけを考えればいいのです」
「…………」
「そうそう、あなたにご褒美を与えましょう。
 私たちが生き残るのに、最高に有利になるものです。
 ちょっとPDAを使わせていただきますよ」

クタタンは自身のPDAと、ウラーのPDAを同時にいじる。
何かしらの通信を行い、そしてウラーにPDAを操作していた。
これでOKです、と言って、その画面をこちらに見せる。

「私の殺害レベルをそちらに移し、忍法帖プログラムの"専用ブラウザ"をインストール致しました。
 周辺にどのくらいの参加者がいるのかを、完璧に把握出来る画期的なアプリです。
 これで不意打ちを受けることも無くなります、死のリスクがグッと減らすことが出来るのです」
「……俺はホントに、これで良かったウラか……。
 ホントにあんたは俺を助けてくれるんだろなウラ……?」
「もちろんです。私の下に着いたからには、相応の待遇を与えますとも。
 殺し合いを終わらせるためのあなたの手伝い、期待させていただきますよ」

344 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 22:45:32 ID:bf5RQd8w0
正直に言うと、クタタンは信用出来るとは思えなかった。
モナーの言葉が、ミルコの言葉が脳内にこだまする。
きっと必要があれば、コイツはさっさと俺を殺すだろう。
自分が殺される番を、次に回しただけに過ぎない。

でも、もう後には戻れない。
クタタンと共に行動する以外に、自分が生きる道は残されていないのだから。



【C-3/病院内/一日目・午前】

【クタタン@ゲームハード】
[状態]:右腕に切り傷(中)、健康、束縛状態
[装備]:ネメア@ポケットモンスターアルタイル・シリウス、PDA(忍法帖【Lv=02】、ちくわ大明神@コピペ、アーチ@エルシャダイ
[道具]:PDA(忍法帖【Lv=00】、ちくわ大明神@コピペ、アーチ@エルシャダイ、
[思考・状況]
基本:優勝し、世界を美しいモノへ創り上げる
1:相手を見極め、出来るならば他の参加者に「協力」を呼びかける
2:ウラーを利用する
3:いわっちには自分の思想を理解してもらいたい


【ネメア@ポケットモンスターアルタイル・シリウス】
[状態]:支給品、健康、ボールの中
[思考・状況]
基本:クタタンの指示に従う
※使える技は、アイアンヘッド、悪の波動、メタルクローの他にもう1つあるようです。
 何があるかは次の書き手の方にお任せします。


【ウラー@AA】
[状態]:死に対する恐怖、悲しみ、罪悪感
[装備]:バスタードソード@FF&ドラクエ(FF7)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】"専用ブラウザ"をインストール済)、オレオ@イタチコラ画像、ポイントカード@当店のポイントカードはお餅ですか
[思考・状況]
基本:生存最優先
1:クタタンに着いていく
2:とにかく死にたくない……
3:化け猫(お断りします)とライオン(サバンナ)を警戒

※忍法帖プログラム"専用ブラウザ"をインストールしたため、周囲の参加者の位置がわかるようになりました。




【C-3/病院付近/一日目・午前】

【やる夫@ニュー速VIP】
[状態]:負傷(中程度)、血が付着、テンションsage、擬似賢者モード
[装備]:無し
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜2(確認済み)、しょうゆ一㍑(1/4消費)@現実
[思考・状況]
基本:性欲喪失。とりあえず今は生き延びる
1:病院から離れる、ミルコたちに罪悪感
2:アイツ(やきうのお兄ちゃん)は怖いけど……でもマッマの言う通りにする
3:チハからは離れたくないけど、畜生マッマから離れたい。今のとこ出来そうにないけど
4:やらない夫がちょっと心配。でもやっぱりおにゃのこには会いたい
※擬似賢者モードによりテンションが下がり、冷静になってます。性欲が回復すれば再び暴走するかもしれません。

【畜生マッマ@なんでも実況J】
[状態]:健康
[装備]:ぬるぽハンマー@AA
[道具]:基本支給品一式×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品0〜1(治療に使えそうなものは無いようです)、ハイヒール一足@現実
[思考・状況]
基本:殺し合いを止める
1:病院から逃げる、ミルコたちに罪悪感
2:あのバカを追いかける。
3:とりあえず、やる夫を戦闘要員兼弾除けにする。グンマーはどうしようか……
4:やる夫の友達のやらない夫に親近感

※ミルコ・クロコップと情報を交換しました。
※爆心地が病院だと知りましたが、原因はわかりません


【チハ@軍事】
[状態]:損傷無し、燃料残り77%、内部が少し醤油臭い
[装備]:一式四十七耗戦車砲(残弾無し)、九七式車載重機関銃(7.7mm口径)×2(0/20)
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ランダム支給品1〜3(治療に使えそうなものは無いようです)
[思考・状況]
基本:死にたくない
1:マッマの言う通りにする
2:殺し合いに乗った人には会いたくない
3:やきう兄に強い警戒。グンマーは……
※チハは大戦中に改良が施された、所謂「新砲塔チハ」での参戦です。
※チハは自分の武器の弾薬が無い事にまだ気づいていません。

345 ◆m8iVFhkTec :2013/11/13(水) 23:00:59 ID:bf5RQd8w0
以上で投下終了です

あと、一部表記を挿入し忘れてしまったので、
状態表の上あたりにこれを追加してください
↓↓























【モナー@AA 死亡】
【ミルコ・クロコップ@AA 死亡】

346 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/11/13(水) 23:02:17 ID:eI.j.C8o0
仮投下乙です
内容は問題ないかと思われます
後は、投下の際に初出の支給品の説明を入れれば良いかと

347 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:15:41 ID:vgpbOQzo0
予約文を仮投下します

348 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:16:10 ID:vgpbOQzo0


「うぐ…………」

 民家のブロック塀にもたれかかるファヌソ。
 左手で胸の辺りを押さえ、青ざめた表情で脂汗を浮かべている。
 どうして、このような事態に陥っているのか?

(胸が……痛い)

 ファヌソを突然襲った、胸の痛みのせいである。

「一体なぜ……まさか」

 ファヌソの頭の中に浮かんだのは、1つの仮説。

(竹安の身に、何かあった? …………その上、あまり想像したくない出来事……)

 ……この予想は、当たっていた。
 だが、今のファヌソには、それを確かめる術はない。

(このままじゃ碌に移動もできませんね……ああ、頭がクラクラする)

 こうしている内にも、鋭い痛みが胸から頭へと伝わっている。
 油断すれば、そのまま気を失って地面へと倒れ伏してしまいそうなほどに。
 ……こんな所で倒れるなんて、危険にも程がある行為だ。
 それが分かっているからこそ、ファヌソは何とか意識を保とうと努力している。
 ……それでも、胸から迫り来る痛みが、ファヌソの意識を遠ざける。

(ああ、そうだ……お医者さんカバン、を……つかえ、ば……)





 背負っていた鞄を地面におろそうとしたところで、ファヌソの意識はプツリと途絶えた。

349 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:16:36 ID:vgpbOQzo0









「…………」
「ぽぽ……」

 街の真ん中を目指して、ただ歩き続ける内藤ホライゾン一行。
 時折八尺様が「ぽぽぽ」と呟いたり、3ゲットロボが良く分からない事を言ったり……。
 会話らしい会話は、ほぼ無いに等しかった。
 唯一の会話は、道中、爆発音らしき物が聞こえた時のものだけ。
 それでさえ、非常にさっぱりしたものだったのだが。
 それほど、内藤の気持ちは沈んでいるのかもしれない。
 ……同行者1人+1体とは、会話が成り立たないと言う理由も、あるかもしれないが。

(いつまでもこんな調子じゃ、Tさんに申し訳ないお……でも……)
「ぽぽ、ぽぽ……」

 そんな様子の内藤の肩に、まるで励ますかのように、八尺様の手が触れる。
 おおよそ恐ろしさとはかけ離れた、しなやかで美しい手が。

「……」
「ぽ、ぽぽっぽ」

 何を伝えようとしているのか、相変わらず理解できなかった。
 だけれど、何だか、少し元気が出たような気がした。
 少なくとも、悲しみを一人で抱えて歩むよりは……。


「慰めてくれた……のかはわからないけど、ありがとうだお……」
「ぽ」


 殺伐とした空気が、少しだけ緩んだ。
 まるで一陣の風のように、内藤の心にかかった雲を、少し吹き払ってくれたような気さえした。
 もちろん、Tさんの事を乗り越えることが出来た訳ではない。
 だが、この八尺様の行動が、もしかしたらその手助けになる、かもしれない。



『がしゃーん、がしゃーん』
「ど、どこにいくんだお! ……って、あれは……!」

350 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:16:54 ID:vgpbOQzo0

 突然、3ゲットロボが内藤の傍を離れ、走り出した。
 その先には……男が一人、倒れていた。
 いち早く男の存在に気づいた3ゲットロボは、内藤にその存在を教える為に行動を起こしたのだ。
 ……会話で意思疎通を図れないが故の行動である。

「こ、こんな所になんで倒れてるんだお…………?」
「ぽぽぽ……」

 恐る恐る首元に手を当ててみると。
 ……予想とは裏腹に、生命の鼓動が、伝わって来る。つまり……死んでいない!
 しかし、仰向けに倒れた男の胸の辺りは、しっとりと血のようなもので濡れている。

(ち、血が出てるお……!)

 傷を確認しようと、内藤は男の服の胸の辺りをはだけさせた。
 そこには、銃弾を受けたかのような"傷跡"が……。
 これは、一体どういうことなのか?
 どうして、この"傷跡"が胸にあるのか?
 この男は一体誰なのか?
 一瞬にして、内藤の脳内にいくつも疑問が浮かぶが、その1つ1つを考えている暇はない。
 ……どんな事情があるにしろ、この男をここに放置していくのは危険だ。

「とにかく、ここに寝かせたままじゃダメだお……! どこか、安全な場所に運んだほうがいいお!」
「ぽぽっぽ」

 自身より大きい男の体をなんとか抱え、フラフラと近くの民家に入っていく内藤だった……。






351 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:17:11 ID:vgpbOQzo0




 ……目を開く。
 見えるのは、見慣れない天井だけ。

(ここは……?)

 首を動かさず、目だけをキョロキョロと動かして辺りを見る。
 どうやら、何処とも知らぬ民家の一室のようだ。
 上半身を起こして辺りを窺う……今まで、私はベッドの上に横たわっていたようだ。
 ……おかしい。私は、不覚にも道端で気を失ってしまったはず。
 なのに、どうしてこんなところにいるのだろうか……?

「……そうだっ、胸は!?」

 ガバッと、自分の服をはだけさせて胸を見てみるが……。

(……何ともない……妙な痕があるだけで、おかしいところは何も無いですね……)

 一体、何がどうなっているのだろうか?
 不可解な事ばかりで、流石の私でも少々混乱してしまいました。
 ……とにかく、もう何とも無いのならば、引き続き竹安を探しに行かなければならない。
 こんなところで時間を食って、竹安に何かあれば、私にも何かあるかもしれない……。
 ならば、こんな所で寝ていられない。今すぐにでも出発しないと。
 そう思ってベッドから降りようとした時……。
 閉まっていた部屋の扉が開いて、何者かが入ってきた。

「目が覚めたかお?」

 入ってきたのは、何とも言えぬ体型の青年(?)だった。
 私を、心底安心している目で見つめている。

「道端で倒れてた所を、僕がここまで運んでベッドに寝かせたんだお……」
「なるほど。だから私はここに」
「ついでに……怪我もしてたから、きちんと手当てしておいたお」

 ……怪我?
 少なくとも、気絶するほどの怪我は負っていないはず。
 状況がいまいち飲み込めずに少々困惑する私の事などお構い無しに、青年は話を続ける。

「それで……その、手当てする時に、お兄さんの荷物にあった道具を、使わせて貰ったお……」
「道具……」
「お兄さんの物を勝手に使って申し訳ないお! でも、手当てしなきゃどうなってたか……」

 そう言うと、青年は深々と私に頭を下げた。
 ……確かに、勝手に私の持ち物を探られてなおかつ無断使用されたのは少々気になりますが。
 ですが、そのお陰で私が助かった……。

352 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:17:27 ID:vgpbOQzo0




「…………私を助けてくれて……」




 ポツリと、柄にもない一言を呟いて、私は、足早に部屋を出た。









「……あの人、すぐに出てっちゃったお」
「ぽぽ」

 リビングの椅子に腰掛け、八尺様に話しかける内藤。
 ……特に礼を言うでも無く、出ていってしまった男。
 一体、あれは誰だったのだろうか。
 今の内藤や八尺様に、それを知る術はない。

(でも……不思議と、悪い人とは思えなかったお……)

 出て行く前に見せた、あの和やかな笑顔。
 そして、ぽつりと呟いたあの一言。

「……また、どこかで会えたら……」
「ぽっぽ、ぽぽ」

 ほんの少し、気分の晴れた内藤だった。

353 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:17:42 ID:vgpbOQzo0


【C-3とC-2の境目付近/一日目・朝】
【内藤ホライゾン@AA】
[状態]:健康、絶望感、クマーに対する強い恐怖と敵対心、少しばかりの希望
[装備]:木刀@現実
[道具]:Tさんの基本支給品一式、注射器@現実、ハロゲンヒーター@AA、ドーピングコンソメスープ@魔人探偵脳噛ネウロ
[思考・状況]
基本:生き残り、Tさんの父に謝る
1:クマーは必ず倒す
2:少し休憩したら、街の真ん中の方へ向かう
3:ドーピングコンソメスープを使う……?
※彼自身のデイパックは依然どこかに放置されています。

【八尺様@オカルト】
[状態]:健康、深い悲しみと後悔
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、エルメスの基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、モナーの銅像@FLASHゲーム「密室船」、釣り竿@現実、3ゲットロボ@AA
[思考・状況]
基本: ぽっぽぽ……
1:“悲しみ”を少しでも減らす

【3ゲットロボ@AA】
[状態]:支給品、異常無し
[思考・状況]
基本:持ち主の命令に従う。内藤ホライゾン、八尺様に同行。









(あんな事を言うとは、私らしくもない……)

 歩きながら、私は先程の事に考えを巡らせる。




『私を助けてくれて、ありがとう』




(こんなセリフを言おうとは……まあ、感謝はしていましたがね)

 それを言葉にして出すとは、私も随分と変わったことをするものだ。
 だけれど、たまにはこういうのも良いでしょう。

(さて……竹安はどこにいるのか……)

 まだまだ、私は死なない。
 まだ、死ぬには早い。



【C-3とC-2の境目/1日目・朝】
【髪の子ファヌソ@ゲームサロン】
[状態]:肩に痛み、疲労感(小)
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、お医者さんカバン(3/5)@ドラえもん、ヘリコプター@現実
    12.7mm弾×25、25mm弾×5
[思考・状況]
基本:気まぐれに行動する
1:竹安を探し出して保護する
2:ひろゆきをゆくゆくは地獄に落とす
3:手に入れた弾薬は、相応しい仔羊に与える
4:『裏ワザ』(死体やヘリをデイパックに収納できること)を誰かにひけらかしたい

※神通力が制限されています。自分が生み出したものが損傷を受けると、ファヌソにもダメージが及びます。
 竹安の装備が損傷を受けた際のダメージの程度については次以降の書き手の方にお任せします。

※ファヌソが立ち寄った小さな公園の中に、弾薬箱とわさび@オラサイトが放置されています。
 ファヌソが入手した物以外にも弾薬はあるようですが、種類と量は不明です。
※デイパックに参加者の亡骸を入れて持ち運べることを知りました。生者にそれが適応するかは次の書き手の方にお任せします。

354 ◆i7XcZU0oTM :2013/11/20(水) 23:18:15 ID:vgpbOQzo0
仮投下終了です
指摘点などあれば指摘お願い致します

355 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/11/20(水) 23:40:15 ID:hPZZd9GA0
仮投下お疲れ様です! 問題無いと思いますよ〜

356 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:26:12 ID:cKg5QjWc0
予約分を仮投下いたします

357 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:26:43 ID:cKg5QjWc0


 太陽は、既に天高く上っている。
 だが、照英一行の雰囲気は、まるでそこだけ影の中に入っているが如く暗い。
 ……数時間前の出来事の時点で、少なからず心に影は差していた。
 それに追い討ちをかけてしまったのが、定時更新だった。
 そこに名前が載っている事実が、そんな心に追い討ちをかける形となってしまったのだ。
 ……だが、それと同じように気まずい空気が漂っているところもあった。

(やっぱり、まだまだこの2人の間には、わだかまりが……)

 そう、T-72神と801の姐さんの間に……。
 幾度と無く、照英が間をとりなそうとしたのだが、どうにも上手く行かず。
 結果、今の時間までこの微妙な空気が続いているのだ。

(……いつまでも、このままじゃいけない。でも、どうすれば)

 焦れば焦る程、思考は絡まってしまう。
 それでは駄目だ、落ちついて1つづつ解いて行けば、必ず答えは出る。
 ……そう、分かっていても。
 不安が焦りを生んで、育ててしまうのだ。

(時が、解決してくれる……のを、待つ訳にもいかない)

 これが日常の一幕であったなら、その選択をするのも1つの手。
 だが、その手は…………使えない。
 いつ襲われ、いつ命を落とすかわからないこの状況で、"時が解決する"のを待つ事は、できない。

(僕が……どうにか……)

 そんな照英の悩みをよそに、801の姐さん達は道を進んで行く。
 ……どちらも、もしかしたら。
 一歩踏み出すだけで、元に戻れるのかもしれない。
 だけれど、その一歩は。果てしなく、大きい。

「……照英さん、PDAに反応が……」

 黙っていた801の姐さんが、唐突に口を開き、PDAを指差す。
 ……確かに、参加者の存在を現す光点が、前方に1つある。
 今の探知機の走査範囲は……約50メートルほど。
 光点は……少し離れた位置にある。実際の距離にすれば、30メートル程度。

「他の道を通ってるんだ」
「今も動いてる。このまま進んでいくと、僕らに遭遇しますよ」
(……一応私の後ろへ……)
「いや、予想以上に早いです! もうすぐそこに――――」

358 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:27:05 ID:cKg5QjWc0





「……あ、照英さんじゃないですか。奇遇ですねぇ」





 出て来たのは――――禁断の味に、魅せられてしまった男だった。










 数分程度、時は戻る。


「アシハモウダイタイイイカンジダロ……デモナァ……(足の怪我ももう随分と良くなったな……だが、まだ……)」

 素早く、存在を気取られないように。
 グンマーは、市街地を進む。
 ……1時間ほどの休養を挟んだ後に、グンマーはとりあえず東に向かっていた。
 負傷していた足の具合も、先程までに比べれば十分なほど回復していた。
 だが、それでも万全な状態からは程遠かった。
 現に、現在のグンマーの走行速度は、普段の半分も無い。

「トットトナオレッテノ……ジャネェト、マジデヤレナイダロ……」
(もう少し早く傷が治ってくれれば……でなければ、全力を出せない……)

 依然走り続けながら、グンマーは一人愚痴をこぼす。

「カンガエテミリャア、オレッテイママデダレモタオシテネェシ。イイトコマデイッタコトハアッタケドナ」
(考えてみれば、今まで誰も倒していないな。あと一歩の所まで行った事はあったが)

 そう呟いて、グンマーは今まで遭遇した相手を思い出す。

359 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:27:20 ID:cKg5QjWc0


 ――――最初に遭遇した2人組。
 ――――建物で不意打ちしてきた奴。
 ――――自身をとっ捕まえた集団。


 ……どれもこれも、本気でいけば、倒せたかもしれない相手たち。
 だが、そのチャンスを、ことごとく逃してしまった。

「モウチットマジメニヤレヨ、オレ……(もう少し、真剣にならないと……)」

 こんなことでは、とても村を守る戦士にはなれない。
 むしろ、このままでは守られる側になってもおかしくはない。

「……ヤッテヤル、ヤッテヤルゾォ!」









「あなたは……川越さん。まさか、あなたもここに連れてこられていたなんて……」
「ええ、散々ですよ」

 そう言って、川越さんはいつも浮かべている笑顔のまま、肩を竦める。
 ……目が、全く笑っていないように見えるのは僕の気のせいだろうか?
 恐る恐る、僕は川越さんに尋ねた。

「……お一人ですか?」
「ええ……何度か、人に出会ったのですが、同行はしてませんね。……僕の料理の素晴らしさを、
 理解してくれませんでしたから、する必要もないでしょう」

 心底残念そうに語る川越さん。
 ……どこかで、料理をしていたらしい。
 この状況では、確かに分かって貰えないかもしれない。
 ……嫌が応でも人を疑ってしまうような、ここでは……。

「その人達は、今どこに?」
「知りませんよ」

 ……言葉の後に、興味なんかない、と続いてもおかしくない口ぶり。
 僕の知る川越さんは、こんな人だっただろうか?
 それとも、この状況に長く置かれていたせいで、変わってしまったのだろうか……。

360 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:27:36 ID:cKg5QjWc0

「ねぇ、照英さん……この人、何か変じゃない……?」

 小声で、お姐さんが僕に訊いてくる。
 お姐さんも、僕と同じような事を感じていたようだ。
 ……今の川越さんは、どこかおかしいような気がする。
 コクリと小さく頷いて、お姐さんの意見に同調する。

「ところで、今は何を?」
「あぁ……今は、料理に使う食材を探していたんですよ」
「食材?」
「えぇ……とびきり美味しいものを、ね」

 ……僕は、ここであることに気がついた。
 さっきから、川越さんが僕の体をじろじろと観察している。
 一体、何のためにそんなことを?

「……なら、百貨店に向かえばいいんじゃないですか?」
「いえいえ、僕の求める味は、そんな所じゃあ手に入りませんよ」
「じゃあ、どこで……」

 僕がその言葉を言い終わるか終わらないか、その瞬間。
 ――――川越さんの目の色が、変わった。


「はあッ!」
「うわっ!?」


 シュッ、と風を切る音と共に……僕の着ていた服の胸元が、一文字に切り裂かれた。

「照英さんッ!」
『照英ッ!』

 T-72神とお姐さんの声が、ほぼ同時に聞こえてきた。
 その声など意にも介さない様子で、川越さんは僕に刃物を向ける。
 ……川越さんの握っていたものは、包丁だったようだ。
 こんな、料理人の命を武器に使うなんて!

361 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:27:55 ID:cKg5QjWc0

「……お姐さんは下がって! T-72神、お姐さんを中に入れてあげて下さい!」

 お姐さんは拳銃を持っているけれど、使い慣れないものを無理に使ったら、どうなるか分からない。
 それに……もし、戦うようなことになれば、僕が戦うと決めたんだ。
 だからこそ、とりあえずは安全だと思うT-72神の中に入るように言ったんだ。
 そうすれば、もし僕に何かあっても、お姐さん達は助かる。

(……分かりました)
「でも、照英さんはどうするの!?」
「……とにかく、川越さんをどうにかしないと! さあ、早く!!」

 横目でお姐さんが中に入るのを確認してから、僕は再び川越さんと相対する。
 ……川越さんが、どうしてこんな事をするのかは分からない。
 でも、このまま川越さんを放っておくのは、あまりにも危険すぎる!

「どうして、こんな事を!?」
「……ついさっき言ったばかりじゃないですか。僕は今、"食材"を探してるって」

 食材?それと、襲い掛かってきた事になんの関係があるのだろう。

「それとこれと、何の関係があるんです!」
「何度言わせるんですか? ――――食材探しです。調理するには、まず〆なきゃ駄目ですからね」
「……!! ま、さか」

 この川越さんの一言で、一体何を使用としているのかが、分かってしまった。
 ……まさか、まさか。




 川越さんは、人を、調理しようとしているのか?





「あの素晴らしい味、食感、舌触り……一度味わえば、やみつきですよ。あれ以上に美味しい物、存在しませんよ。
 僕の料理で殺し合いを止めるには、あの味が不可欠なんですよ。ですから……」

362 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:28:06 ID:cKg5QjWc0
「――――何を考えてるんですか、あなたは!!」

 ……気がつけば、僕の口から、怒号が飛び出していた。
 川越さんは……人として、越えてはならないラインを越えている。
 この状況でどうにかなったにしろ、そうじゃないにしろ……赦されることじゃない。
 しかも、川越さんの口ぶりから察するに、既に一度――――。

「……うぷっ……」


 不意に、酸っぱい物がこみあげてくる。
 その不快感に耐え切れず、僕はこみあげて来たものを地面へと吐き出した。


「うえ……っ」
「照英さんも随分と失礼ですね。人の話を聞いておいて吐くなんて……まあ、いいでしょう。それよりも、
 そろそろカタを付けないといけませんね。下準備の必要もありますから……」

 頭がクラクラする。
 川越さんの言っている事が、理解できない。
 ……いや、"理解したくない"と言った方が、正確かもしれない。
 とにかく、今の川越さんは、おかしい。こんな状況でさえ、いつもの笑顔を崩していない。
 だけど、目だけは違った。
 "狂気"と形容するのが正しいくらいに、ギラギラと……輝いている。

「さぁ、大人しくしてください。暴れられても――――困りますからねッ!!」
「くぅッ!!」

 キィン、と鉄同士がぶつかり合う音が辺りに響く。
 ……恐るべき速度で振るわれる包丁を、僕はただ金属バットで防ぐことしかできない。
 そんな僕の様子を嘲笑うかの様に、川越さんは攻撃を続ける。

「どうしたんです照英さん、その程度ですか?」

 じわじわと、僕の体に細かい切り傷が刻まれて行く。
 ……どうして、この期に及んで僕は、川越さんを攻撃できないんだろうか?
 川越さんを、傷つけてしまうのを、恐れているから?
 今現在、命を狙われているのに、どうして僕は……。
 僕は、守らなければならないんだ。
 自分を、お姐さんを、T-72神を……。
 その為に、僕がやらなければならない事は。
 川越さんを――――。

「……うおおぉぉぉぉッ!」

363 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:28:22 ID:cKg5QjWc0

 攻撃が少し緩んだ隙を突いて、僕は。
 手に持った金属バットを……川越さんの腕を目掛けて、思いっきり振った。
 当たった瞬間、まるで、時が止まったかのような感覚がした後に。




 言葉にしたくない感覚が、金属バットを通して、手に伝わってきた。




「――――ッッ!!」

 当たった部分を押さえ、地面をのたうち回る川越さん。
 ……攻撃の当たった右腕は、あらぬ方向に曲がっている。
 おそらく……骨が折れたか、砕けたかしているだろう。

「……今の内に、逃げましょう!!」
(分かりました!)

 とにかく、今は……逃げよう。
 無我夢中でT-72神に乗り込んで、僕達はここから逃げ出した……。









「うぐ、ぐぁ……腕、がぁ……」

 激しい眩暈で、立ち上がることもできない。
 今まで体験した事のない痛みが、川越の痛覚を休み無しに刺激する。
 その度に、気絶しそうになるのをグッと堪え、川越はなんとか意識を繋いでいた。
 ……そうしなければ、何があるか分からない。
 それは、川越も重々承知の上だった。
 だからこそ、立ち上がって安全な場所へ逃げなければならない。
 この状態では、とても"食材"を探しに行ける状況ではない。
 ――――川越が、常人であったなら。

364 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:28:37 ID:cKg5QjWc0

(この程度で……諦めて、なるものか……!)

 普通なら、当の昔に気絶していてもおかしくない。
 だが、川越は……"執念"で、意識を繋ぎ止めていた。
 全ては、自分の料理で殺し合いを止める為に。
 そのために人を殺めようとした、矛盾した意思のために。

「……ヤレヤレ、ノコッタノハイカレタヤツダケカヨ(……やれやれ、残ったのはおかしな奴だけか)」

 気がつけば、大柄の男――――グンマーが、川越の傍に来ていた。
 ついていない、と言った表情で、川越を見下ろしている。
 今の今まで乱入するタイミングを伺っていたのだが、丁度行動しようとした時に……。
 ……照英が、逃げ出したのだ。

「……今度は、ずいぶんと筋肉質ですねぇ……」
「ソノウエ、シニゾコナイトキテヤガル……マア、ラクショーダナ。ラッキー」
(その上、手負いと来ている……まあ、幸運と言う事にしておこう)

 川越へ、ゆっくりと銃口が向けられる。
 そんな状況でも、川越は動揺しない。
 むしろ、先程と同じ"目"に……。

「……ッ!!」
「ナッ……!」


 一瞬の出来事だった。
 突然起き上がった川越は、迷う事なく……。
 ――――グンマーの指に、齧りついた。
 眼をギラギラと輝かせながら、グンマーの指を――――。

365 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:28:51 ID:cKg5QjWc0





「ア゙アァァッ!?(ぐあァァッ!?)」
「少々硬いですが、まあ、下ごしらえすればなんとかなるでしょう」





 ……ぐちゃ、ぐちゃ、ぐちゃ。
 わざと、咀嚼音を立てながら、川越はグンマーの指を咀嚼する。


「……だが、他の肉には無い旨味がある! これはぜひとも――――」
「シニ、ヤガレェェェェェェェッ!!」

366 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:29:08 ID:cKg5QjWc0















 川越の台詞は、銃声によって遮られた。












【川越達也@ニュー速VIP 死亡】










367 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:29:27 ID:cKg5QjWc0





(今、銃声がしました)
「……どっちからしましたか?」
(先程まで、私達がいた方向です)

 そうですか、とそっけない返事を返して、またうつむく照英。

「照英さん……」
「……僕は……」

 あの状況ではやむを得なかった。
 自分を、同行者を守るためにはしかたなかった。
 例えそうだったとしても、照英が川越を負傷させたのは事実……。



(僕のやっていることは……正しいのだろうか……)



 襲われたから、応戦した。当然のことだ。
 だが、それでも。
 人を直接傷つけると言う事は、想像以上に恐ろしい事だ。
 ましてや、今までそんな経験のなかった人間が急に経験すれば、ショックも大きい。

(……分からない……何も)




 心にかかる影は、さらに濃くなっていく。




【D-3/1日目・午前】
【801の姐さん@801】
[状態]:健康、深い悲しみ
[装備]:グロック17(16/17)
[道具]:基本支給品×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、ドクオのPDA(参加者位置探知機能搭載)、出刃包丁@現実
     アイスピック@現実、うまい棒@現実、不明支給品×2(801の姐さん視点で役に立ちそうに無い物)
[思考・状況]
基本:生き残って同人誌を描く
1:……
2:照英さん……この気持ちは一体なんだろう? まさか恋?

【照英@ニュー速VIP】
[状態]:健康、使命感、悲しみ、上半身に複数の切り傷
[装備]:金属バット@現実
[道具]:基本支給品×2、PDA(忍法帖【Lv=00】)、首輪×2、麻雀牌@現実、出刃包丁@現実
     冷蔵庫とスク水@ニュー速VIP、サーフボード@寺生まれのTさん、不明支給品0〜1
[思考・状況]
基本:殺し合う気は無い。皆で生きて帰る
1:自分のやっている事は、正しいのだろうか……
2:801の姐さんとT-72神を仲直りさせないと……
3:いざ闘うとなると、やっていける自信がない……けど、やるしかない

【T-72神@軍事】
[状態]:装甲の一部にヘコミ、燃料消費(残り約85%)、カリスマ全開、悲しみ
[装備]:125ミリ2A46M滑空砲(0/45)、12.7ミリNSVT重機関銃(0/50)
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=00】)、煙幕弾@現実×3、親のダイヤの結婚指輪のネックレス@ネトゲ実況
[思考・状況]
基本:人民の敵たるひろゆきを粛清し、殺し合いを粉砕する
1:手に入れた首輪を解析しましょう
2:私は、保護対象を守れなかった……
3:弾が欲しい……
※制限により、主砲の威力と装甲の防御力が通常のT-72と同レベルにまで下がっています。
※制限により、砲弾及び銃弾は没収されました。

※ドクオのデイパックは801の姐さんが、麦茶ばあちゃんのデイパックは照英がそれぞれ回収しました
※スーパーの鮮魚コーナー作業所から出刃包丁を2本回収しました 801の姐さんと照英が1本ずつ持っています
※801の姐さんの恋心は現時点では一方的なものです

368 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:29:40 ID:cKg5QjWc0









「ハァ、ハァ……クソッタレガ(はぁ、はぁ……何てことだ)」

 血の滴る手を押さえ、苦悶の表情を浮かべるグンマー。
 ……噛み千切られた部分は、衣服の一部を裂いて応急処置がなされている。
 だが、それでも出血はジワジワと続いている。

「アンニャロー、ヨケイナコトシヤガッテ……(あの男、余計な事をしてくれた……)」

 肩で息をしながら、グンマーは近くの壁に寄り掛かる。
 ……例えグンマーと言えど、痛みは感じるのだ。

「アシガヨクナッタカトオモエバ、コンドハ、テカヨォ……カンベンシテクレヨ……」
(足が回復したかと思いきや、今度は手、か……これ以上は勘弁してほしいな……)

 フラフラと、グンマーはまた歩き出す。
 ……左手の傷の、まともな手当てが出来る場所を求めて。



【D-3/一日目・午前】
【グンマー@まちBBS】
[状態]:健康、首筋に血を吸われた痕、足負傷(中程度・回復中)、左手指欠損(応急処置済み)
[装備]:熱光学迷彩服(所々破れている)@攻殻機動隊、サイガ12(7/8)@現実
[道具]:基本支給品、PDA(忍法帖【Lv=01】)、洗顔クリーム、予備マガジン
[思考・状況]
基本:優勝して、村を守る戦士になる
1:指のまともな治療が出来る場所を探す
2:頃合いを見て、戦場に赴く
※チハが喋ることを半信半疑に思っています
※やる夫を自分と同様に成人の儀を受けているグンマー出身者だと思っています

369 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/02(月) 23:30:14 ID:cKg5QjWc0
仮投下終了です
指摘すべき点やおかしな点があれば指摘お願いいたします

370 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2013/12/03(火) 00:09:00 ID:jZrNmRIo0
仮投下お疲れ様です!
今回はちょっと指摘点なんですけども

>「……ヤッテヤル、ヤッテヤルゾォ!」
この部分にも翻訳文があったほうがいいと思います。
あと、照英の嘔吐する部分ですが、吐くにしては要因がちょっと弱いかなぁと。
その他は特に問題無いと思います。

371 ◆i7XcZU0oTM :2013/12/05(木) 23:13:25 ID:GLSMoPTs0
指摘点を修正して、本スレに投下いたしました。
指摘ありがとうございました。

372 ちょww和田がNANASHIに!?ww :2014/10/07(火) 23:33:35 ID:fZ/JrTGM0
はじめまして。
髪の子ファヌソ、ブロンドさんを投下します。
タイトルは「大神と3匹の子羊」です。

373 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:34:29 ID:fZ/JrTGM0
「これはまずいことになりましね…」
深刻な表情を浮かべそう言うファヌソは焦っていた。
さきほどの青年が、お医者さんカバンを使用してくれたおかげで一命は取り留めた。
しかしファヌソは自身の体の異変を感じていた。
神通力で自身をスキャンして細部まで確認した結果、ファヌソは詳細を理解した。
外傷は癒えたが全身から神通力そのものが失われていっている。
急激にではないが、常温に置かれた氷の塊がじわじわと溶け出すように、少しずつ神通力は失われていった。
おそらく竹安の装備が大きく破損するか消滅するような事態が起きたのではないかとファヌソが推理する。
それが原因で神通力そのものの根底の部分に致命的な損傷を受けた。
そして、このまま放置すれば自分は消滅する。
神族である彼にとって、神通力の源泉は魂そのものであり、それが傷付くことは生命に関わる緊急事態だった。
この状況を打開する方法が一つだけあった。
神通力ではなく、肉と血の力で生命を維持する存在になる。
つまり神格を捨てて生身の人間になることだった。

ファヌソは手強いローグ型ダンジョンRPGをプレイしているときのように頭をフル回転させて考えを巡らせていた。あまり時間はない。
今のうちに何かできることはないのだろうかと。
どうせ消えてしまう神通力だ。これを使って今後の展開を有利にするには…
「名案が浮かびました!同僚の神々の力を借りればよいではありませんか!」
そもそも自分が力を思うように使えないのは、この忌々しい首輪のせいだ。
ならば外部に助けを求めて彼らの力を借りれば良いだけの話だった。
本来であれば相手の都合などお構いなしに強制召喚して参戦させてやりたいのだが、神を召喚するには神通力がまったくと言って良いほど足りない。
そこで手紙を送ることにした。向こうからこちらに来る分には自分の神通力が不足していてもまったく問題はなかった。
神通力を使えば手紙の10通や20通、次元の壁を超えてでも発送可能だった。
さっそく手紙を送る。
返事はすぐに帰ってきた。
他の神々曰く。

元祖神「新作ゲームプレイ中。だめだめ( `・ω・´)ノシ」

紙様「事務用品A4普通紙の生産が急ピッチ。行けそうにない。ごめん」

武田徹夜神「101回目のプロポーズ リメイク版の主演俳優になった。忙しいから無理」

をーでぃん「斬鉄剣とグングニル修理中。また今度」

「…はぁ」
ファヌソはため息をつきながら返信されてきた誠意のかけらもない手紙をまとめてビリビリと破り捨てた。
「自宅のゲーム機が全部煙を吐きながら爆発してしまいなさい」
憎しみを込めてファヌソが他の神々を呪った。

374 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:35:43 ID:fZ/JrTGM0
他に頼れる者がいないか、ファヌソが思案する。
「仕方ない子羊で我慢しますか」
ファヌソは神通力で召喚の印を結び、魔法陣を空中に描く。
すると空間に亀裂が入りそこから子羊たちが1匹、2匹、3匹と召喚される。
眠いときに眺めて数えたりしたら、そのまま眠ってしまいそうな光景だった。
「ん?ここはどこ?さっきまで自宅でテレビゲームをしていたのに」
「僕、徹夜でレベル上げしてて、ちょうど寝てたのに…誰こんな朝早くから?」
「来ましたね、子羊たちよ」
ファヌソが声をかけると、彼の存在に気が付いた3匹の子羊たちがファヌソに挨拶をする。
「あ、髪様!お疲れ様です!」
「あの〜僕たち今日は何で羊の姿なのでしょうか〜?」
「神通力節約のためです」
「はあ」
ファヌソが神通力をケチって負荷の少ない方法で子羊を召喚したため、彼らは本当に雲のような羊毛に覆われた羊の姿だった。
だが人間だった頃の名残りが、全員二足歩行をしている。
彼らはファヌソが在中しているスレで、懺悔する側の子羊たちだった。
子羊たちが懺悔し神々が裁くというのが、懺悔するスレの基本的な流れだ。
「では早速懺悔しますね。ええと海外の暴力ゲームで…」
「いえ、今日は懺悔と裁きはお休みです。実は、今私は面倒なことに巻き込まれていましてね。そこで貴方たちの助力を得るために貴方たちを召喚したわけです」
「面倒なことって何ですか?」
「実はかくかくしかじかの事情で…」
ファヌソはかいつまんで、殺し合いに巻き込まれてしまい戦力増強のため子羊たちを召喚したことを彼らに簡単に説明した。
「そんなことになっていたのですか。ひろゆきって野郎、許せませんね」
「ひろゆきに髪様の裁きを下しましょう」
「それがいいと思います。殺っちゃいましょう、髪様」
「話が早くて助かります。私もそうしようと考えていたのですよ」
そしてファヌソは召喚した子羊に命令を行う。
「では、ひろゆきを地獄へ落とすために私に貴方たちの力を貸しなさい。いいですね?」
ファヌソがそう言うと、子羊たちは足をそろえビシッ!と敬礼し次々に返事を返す。
「わかりました!僕たち全身全霊、粉骨砕身の覚悟で髪様を支援いたします!」
「僕たち、いつも髪様にお世話になっている身です。今度は僕たちが髪様をお助けしてみせます!」
「僕たちを髪様の目標達成のための尖兵として使役してください!」
実はファヌソは見た目弱そうな彼らを見て内心あまり当てにはできないだろうと感じていたが、なけなしの神通力を消耗してまで召喚した子羊をタダで返すのも惜しいという思惑と、それにこれから危険な戦いが待っている、多少弱くても仲間は不可欠だと考えた。
言葉には出さないが、そういった打算もあった。
「よしよし、良い心がけです。頼りにしていますよ」
「「「はっ!おまかせください!」」」
3匹の子羊の声がはもる。
いつも面倒を見てあげた子羊たちが、ファヌソの援助要請を快く受け入れる。
まさに子羊の恩返しだ。
私の人望(神望?)をもってすればこんなものである、私の人徳(神徳?)による彼らとの絆はとても深いのだとファヌソは内心自己陶酔していた。

375 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:36:09 ID:fZ/JrTGM0
「さて、とりあえず仲間の頭数はそろいましたか…次に準備するのは…」
ファヌソの計画は神通力を失う前に、可能なかぎり次の戦いの準備をすることだった。
ゲーマーとしての経験がファヌソに告げる。今のうちに仲間、装備、消耗品をなるべく充実させておくべきだと。
どうせあと数十分で失ってしまう神通力だ。今ここで惜しまずにガンガン使ってしまうべきだと。
「武器や防具に始まり、薬草、毒消し草、聖水、あとMP回復アイテムと状態異常回復アイテムも…」
綿密な計画を立てるファヌソに対し子羊たちは呑気に雑談を始める。
「そうは言ったものの、僕たちって何をすればいいんだろう?」
「何もしなくても大丈夫なんじゃね?髪様の後ろに黙ってついて行くだけで良いよね?」
「そうそう、だって髪様がジゴスパークやアルテマ、メテオ連打して、無双すれば全部問題解決じゃん」
「もしくは核ミサイルを1ダースくらい召喚して黒幕ごと消し炭にして一掃っていうのもありだよね?」
「じゃあ次の回で最終回だよね?僕たちすぐお家に帰れるよね?」
小声のヒソヒソ話ではあったが、神の聴力を持つファヌソには丸聞こえだった。
普通の人間には聞き取れないような小さな音でも聞き逃すことはない。
「ああ、そうそう。いま私はそういった大掛かりな力は使うことができないので、期待しないでくださいね」
「え?どういうことですか?」
理不尽な殺し合いに巻き込まれたことは話したが、自分の能力の事を話し忘れたファヌソは子羊に大まかに説明することにする。
「この首輪のせいで不本意ながらフルパワーで力を使えません。しかも神通力の使い方を間違えて、神格を捨てて、さらに力をセーブする必要があるのです。これから先は強さ的には普通の人間と大して変わらなくなってしまいます。まったく参りましたよ」
「じゃあ、髪様って相当弱体化しているのですか?」
「残念ですがそうなりますね。ですから生き残るには貴方たちの力を借りなければなりません。頼みますよ」
その言葉を聞いた子羊達は互いにアイコンタクトを交わして、最後にコクリと頷くとファヌソに向かってニコリとほほ笑んで言葉を放つ。
「ざ…」
「ザ?」
”ザ”から始まる言葉でゲーム脳のファヌソの頭に真っ先に浮かんだのはジオン軍の最下級モビルスーツだったりしていた。
だが子羊らから帰った答えは
「「「ざまあああああああっ!」」」
「!」
ざまあみろと言う意味の言葉である。
もちろん誠意もクソもあったものではない。

376 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:36:48 ID:fZ/JrTGM0
「日頃の行いが悪いから、こんな目に合っているんだ!自業自得だ!ざまあ見ろ!」
「なんで僕たちが命がけで、こんなヤバいゲームに付き合わなくちゃいけないんだ!冗談じゃない!」
「お前がどうなろうが僕たちには一切関係ないね!死ぬならお前一人で死ね!」
次々と口から暴言を吐きまくる子羊たち。
さっきまであんなに忠実だったのに何故こんなことに?
ファヌソは子羊たちのパラメータを確認してみる。
もしかしたら原因がわかるかもしれない。
何らかのステータス異常ってことも考えられる。
さっそく神通力を行使し子羊たちをスキャンする。
RPGや地域制圧型シミュレーションで敵味方を問わずキャラの能力を確認するのはゲーマーの基本行動の一つだ。
すると…

HP 9
MP 1
物理攻撃力 2
魔法攻撃力 1

(−中略−)

物理防御力 3
魔法防御力 3
忠誠度 0
状態異常 なし

「…」
ファヌソはステータスのある1点を凝視する。
子羊達が突然手のひらを返した理由が、そこにすべて書かれている。

忠誠度 0

「忠誠度0って…」
多少の事では動じないファヌソであったが流石にこれには言葉が出ず、目が点にった状態で、呆けたように、ただ茫然と立ち尽くす。
私と子羊たちの絆だの、なんだのと言っていた自分が滑稽な道化のようだった。
「いつもいつも僕たちに遠まわしに死ねと言ったり無理難題を押し付けやがって!こっちこそ許さないぞ!」
「僕たちが自分でお金を出して買ったゲームソフトだぞ!そのゲーム内で僕たちが、どんな酷い事をしたって何も問題は無いだろう!」
「そうだ!そうだ!エロゲーは地雷が多いんだぞ!金返せ、馬鹿野郎!」
中にはファヌソに責任が無いような事まで因縁をつけ、さらに子羊たちは追い打ちをかけるように暴言を吐きまくる。
「小さなメダルを集めるために、土足で民家に上がり込んで住人の目の前でタンスを勝手に開けようが、壺を壊そうが文句は言わせない!何が悪いんだ!」
「盗んだ車で歩行者達を次々と轢き殺して死体から財布を奪おうが、鉄砲で武装して銀行強盗しようが怒られるいわれは無い!」
「小さい女の子を拉致監禁してレイプしようが調教しようが何をしようが僕たちの自由だ!やらせろ!」
ギャアギャア騒ぎながら子羊たちは、氷属性の剣を殺して奪ったこと、女性キャラにリョナを強要したこと、視点操作を悪用し女の子のスカートの中を覗いたこと、などなどベラベラと犯した悪事を自慢するように話し始める。
当然その姿からは反省している様子などはまったく見られない。
そして一しきり言いたいことを言い尽くした子羊たちは、ファヌソに背中をむけて反対方向に歩きはじめる。
「んじゃ僕たちテレビゲームの続きやるから帰るわ。僕たち参加者じゃないから、好きにここから退場できるしね」
「せいぜい殺し合い賛成派の危険人物にチェーンソーとかでバラバラにされないように気をつけることだな」
「じゃあな〜死んだら骨は拾ってやるからな。あばよ〜」
歩きながら首だけ後ろを向けて小馬鹿にしたように手を振りながらファヌソに別れの挨拶を告げる。

377 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:37:56 ID:fZ/JrTGM0
そんな彼らを黙って見送るファヌソではない。
表情は穏やかだが、殺意を込めてファヌソは右手に神通力を集めていく。
「地獄へ落ちなさい」
「うわーーーーっ!」
突然1匹の子羊の足元に直径2mほどの底が見えないほど深い穴が発生し、その場所に立っていた子羊は叫び声を上げながら奈落の底へと落ちていく。
「え?」
「うそ!」
仲間の一人が穴の中へ消えて行く様を見せられて子羊たちはびっくりして飛び上がる。
「あ…あの〜髪様って神通力を失ったのでは…」
先ほどまでの威勢の良さが消え、オドオドと尋ねる。
「ええ、この首輪のせいで神通力の大半が封じられています。大規模な力は行使できませんが、それでも1人でドラゴンやキメラを軽く捻るくらいの強さは十分ありますよ」
「で、でも人間と大した変わらなくなるって…」
「ああ、それはこれからなる、と言ったのです。でも今はまだ神通力はたっぷり残っていますよ。そう、貴方たち全員を地獄へ送るくらいはね」
子羊は汗だくになりながら土下座して謝りはじめる。
「ごめんなさい!許してください!さっきのは嘘です!髪様に忠誠を誓います!」
「いいえ、許しません」
ファヌソは冷たく言い放つ。
すると子羊の1匹が自分の能力について説明をはじめる。
「僕は僧侶で回復魔法が得意なんです!きっと髪様のお役に立てます!許してください!」
「ほう、本当に回復魔法が使えるのですか?」
「はい!」
ファヌソは半信半疑だったが、もし本当に回復魔法の使い手だというのならば、手放すのは惜しい。
今後の戦闘で大いに役立つだろうと考え、子羊の魔法を確認することにする。
「論より証拠です。回復魔法を使ってみなさい」
「は、はい!」
子羊は小さなチューブを取り出した。
「これはどんな傷にも効果がある、魔法の薬なのです!」
しかし、よく見ると、ただのオロナイン軟膏だった。
「それで?」
「それだけです」
ファヌソは、もう呆れて自称僧侶との交渉を強引に打ち切った。
「そんな物ここでは何の役に立ちません。地獄へ落ちなさい」
「うわーーーーっ!」
2匹目の子羊も、大きな穴に落ち、地獄へ消えていった。
銃火器や刃物を使用して、殺し合いをしているのに、オロナインって…しかも使いかけときている。
これはもう最後の子羊も、とっとと地獄へ落として武具やアイテムの準備にとりかかった方が、よほど有意義だとファヌソは判断した。
「では、貴方も地獄へ…」
「ま、待ってください!実は僕魔法使いで、攻撃魔法が使えるんです!」
ファヌソの言葉を遮り、懸命に助かる方法を模索する子羊。
「やれやれ、またですか…」
「実は僕、30歳まで童貞でした!だから魔法使いになれているはずなんです!」
「え?そうなのですか?」
そんなことで魔法が使えるなら苦労はしないのでは…?と疑問を持った。どう考えてもおかしい。
「いやいや。それってネラーどもが、おふざけで言っているだけなのでは…?」
「そんなことありません!僕ベギラマやファイラ並のそこそこ役に立つ魔法が使えます!」
「ふむ、火属性魔法ですか。では、実際に魔法を使うところを見せてください」
たぶん僧侶の子羊のときと同じ結果になる予感がしつつもファヌソは一応子羊にチャンスを与えた。
「はい!わかりました!」
子羊は懐から透明な液体の入った瓶を取り出し、入口に布きれを詰めていく。
火炎瓶だった。
−やっぱりですか。もういいです。だいたいわかりました。
「貴方のやろうとしていることは、放火魔と一緒です。地獄へ落ちなさい」
「うわーーーーっ!」
健闘虚しく3匹目の子羊も地獄へ落ち、子羊たちは全滅した。
そして騒々しい連中が一掃されたため、あたりに静寂が戻る。

378 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:38:36 ID:fZ/JrTGM0
「やれやれ、子羊どものせいで余計な力を使う羽目になりました」
そして穴の近くに落ちている自称魔法使いたちの秘密道具に目をやる。
「ふう、オロナインに火炎瓶ね…」
呆れつつも、一応子羊が残していったアイテムは回収しておいた。
何かの役に立つこともあるかもしれない。
そして、ファヌソは計画通り神通力を惜しまず使い、武具やアイテムの作成に乗り出す。
まずファヌソは武器の作成を優先した。
攻撃は最大の防御である。
これからの戦い、しっかりとした武器がないと始まらない。
ファヌソが作成した武器は裁きの杖というアイテムだった。
実はこの裁きの杖は、鈍器としての性能は低いが、道具として使用することで小さな真空攻撃ができるメリットがあった。しかも武器本体が破壊されない限り何度でも使用できる。
呪文の詠唱を必要とせず、近距離、中距離両方で活躍できる万能性をファヌソは評価した。
−それに武器名も私にぴったりではありませんか。
もっと殺傷能力が高いロケットランチャーのような武器も考えたが銃火器は弾薬がなくなると戦力が0になるのであえて使用回数に制限がない武器をチョイスした。
本当は上位の天罰の杖が欲しかったが神通力不足で、作れそうになかった。まあ仕方がない。
「やれやれ、子羊召喚なんて後回しにして、先にもっと強力な武器を作成すればよかったですよ。まったく子羊どもめ」
子羊に頼ろうとした自分が馬鹿だったと毒づきながら、次に防御力の強化をすることにした。法衣に永久持続する補助魔法をかける。ほんの少しだが法衣の強度が増した。
そしてファヌソは残りの神通力を行使し、役に立つであろう消耗アイテムを適当に作成する。
道具袋の中にはファヌソがゲーマーの知識で今後色々な局面で役立つであろうと考えるアイテムが、詰めこまれていった。
そして、アイテムをいくつか作るうちにファヌソの神格は完全に消滅したのであった。

379 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:39:24 ID:fZ/JrTGM0
人として生まれ変わったファヌソはまず作成した杖の性能を確かめることにする。
自分が所有している道具や武具がどの程度の性能を有しているかを知ることの大切さをゲーマーのファヌソは理解していた。
未知のアイテムが使えるか否か事前に入念にチェックする。
彼を知り己を知れば百戦殆からずと言うが、まさにそれだ。
裁きの杖を少し離れた位置にある樹木に向かって振りかざす。
すると小さな風の刃が発生し、それらは杖を離れビュンと唸りながら太い幹を浅く傷つけ、細い枝をいくつか地面に落とす。
けっして強力ではないものの神通力をまったく行使しなくても、杖に込められた力だけで、まずまずの結果が出せたことに満足するファヌソ。
「よし、ここからが本当の戦いです」
杖を握りしめ、決意を新たにする。
そして口では参ったと言いながらも、ファヌソは口元に笑みを浮かべていた。
今までは、神通力が制限されていたとはいえ、ファヌソの能力は他の参加者に比べてかなり高く、向かうところ敵無しの状態だったが、弱体化したことによって、もう生身でA-10神のような強敵を倒すことはできなくなった。
しかし、これで本当に歯ごたえのあるゲーム難易度になった事でファヌソは心のどこかで高揚している自分がいることに気が付いた。
「我ながら救いようがないオタゲーマーってことですか…フフッ」
こんな状況下にありながら、ファヌソは根っからのゲーマーだった。
「まずは仲間を増やす必要がありますね。今度はまともな人材希望です」
いきなり裏切った子羊たちが欠員となったことで、それは最も優先する課題だった。

【B3/1日目・午前】
【髪の子ファヌソ@ゲームサロン】
[状態]:健康(体調は完全回復しましたが神格を失いました)
[装備]:裁きの杖@ドラゴンクエスト9
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=01】)、お医者さんカバン(3/5)@ドラえもん、ヘリコプター@現実
    12.7mm弾×25、25mm弾×5、オロナイン(使いかけ)×1、火炎瓶×1、道具袋(中にファヌソが用意したアイテムがいくつか入っています)
[思考・状況]
基本:気まぐれに行動する
1:神としての高い能力は失ったがゲーム関連の知識をフル活用し生存してみせる
2:ひろゆきをゆくゆくは地獄に落とす
3:手に入れた弾薬は、相応しい参加者に与える
4:『裏ワザ』(死体やヘリをデイパックに収納できること)を誰かにひけらかしたい
5:青年(内藤ホライゾン)にはちょっと感謝
6:仲間を見つけなくては
7:くそ……子羊どもめ

※神格を失い神通力が激減しました。ホイミやメラ程度の軽い力を数回だけは使える模様。そのほかどれくらいの力が残っているかは次以降の書き手の方にお任せします。
※ファヌソが立ち寄った小さな公園の中に、弾薬箱とわさび@オラサイトが放置されています。
 ファヌソが入手した物以外にも弾薬はあるようですが、種類と量は不明です。
※デイパックに参加者の亡骸を入れて持ち運べることを知りました。生者にそれが適応するかは次の書き手の方にお任せします
※なんだかんだ言っても子羊らと仲が良い。

※B3エリアの道路のど真ん中に直径2mほどの底が見えないほど深い穴が3つ空きました。落ちたら即死します。道具や死体を投げ入れた場合、回収不可になります。

380 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:39:58 ID:fZ/JrTGM0
ブロンドさんは近鉄百貨店から、南西に向かって歩いていた。
拡声器での呼びかけが無駄に終わったので、別の場所で仲間を募る計画だった。
「なぜ誰からもテルがこない…これもきたないひろゆきの陰謀なのか?俺がさらに強くなることを、あごをガクガク言わせながら恐れているに違いない!」
幸か不幸か、ここまで誰とも会わないことに苛立ちを覚える。過疎が進んでいるネトゲでも、ここまで人がいないことなどなかった。
メンテナンス中に自分だけログインしてしまったのか?そんな錯覚さえ覚える。
「もうこの際だから忍者でも…いやダメだな、俺の誇り高きナイトのハートがそれだけはやめろと叫んでいる!」
こんな状況下であっても毛嫌いしている忍者など、絶対に仲間にはしたくなかった。
「ん?あれは?」
交差点をまがった100mほど先に人影を見つける。
少し遠いが何をしているのかもはっきり見てとることができる。
おれ視力検査で2.0とか普通に出すし。
白い法衣を纏った男が手にしている少し変わった形の杖を少し離れた位置にある樹木に向かって振りかざす。
すると小さな風の刃が発生し、それらは杖を離れビュンと唸りながら太い幹を浅く傷つけ、細い枝をいくつか地面に落とす。
ブロンドさんが見つけた男はファヌソだった。
ネットゲーマーのブロンドさんにとって、男が何らかの魔法のようなものを行使したことをすぐに見切る。
「きた!後衛っぽいキャラきた!これでひろゆきに勝つる!」
能力的にも自分の補助要員として申し分なし。そして杖装備法衣装備で、いかにも後衛が得意ですと言わんばかりのいでたち!
できれば後衛ジョブの黒魔や白魔は可愛い女の子の方が良かった。
そうすれば超カッコ良く前衛的に皆を守るナイトの俺は、ほぼ間違いなく100%モテモテだ。
だが、もうこの際贅沢を言ってはいられない。
ブロンドさんは相手が危険人物か否かの確認などもせず、問答無用で白い法衣の男にカカッと猛ダッシュをかけ、脳内で男にマウスカーソルを合わせてオンラインゲーマー的操作を行う。


  情報を見る
  ささやく
  トレードを申し込む 
→ パーティ申請をする
  フレンド申請をする
  ギルドに招待する
  メールを送信する
  遮断リストに加える
  不正行為を運営に通報する


立て続けに白チャットで大声でどなる。
「おい!そこのお前!格違いに強くて謙虚な俺の仲間に加えてやる!嬉しさのあまり沸騰してしまうくらい猛烈に感謝しろ!」
謙虚な人間は自分を強いなどと言わないし、しかも日本語がおかしいし、パーティ申請のマナーもクソもあったものではない。
なぜか道にできている大きな穴3つを軽やかなステッポで回避し、男の下へときょうきょ駆けつける。
「!」
突然背後から大声で意味不明なことを言いながらマッハな全力疾走で接近してくるブロンドさんを見て驚いたファヌソは、慌てて裁きの杖を構え先端をブロンドさんに向ける。
ステージやダンジョンなど危険な場所で猛スピードで自分に接近して来る物体は基本敵というゲーマーの習性からか体が勝手に動いた。


【B3/1日目・午前】
【ブロントさん@ネトゲ実況】
[状態]:健康、魔力消費(小)
[装備]:そんな装備@エルシャダイ
[道具]:基本支給品一式、PDA(忍法帖【Lv=00】)、拡声器@現実、手裏剣@AA(20/20)、肉まん×3、あんまん×3
[思考・状況]
基本:殺し合いを止め、ひろゆきを倒す
1:白い法衣の男を仲間に加えて、さらにあと4人募集する。リーダーは俺(後衛優先)
2:さきほどの募集に対するテルを待つ
3:汚いなひろゆきさすがきたない

※B-4の周囲のエリアにメンバー募集が掛かりました。
※パーティ上限が6人と限られていない事に気付いていません。
※近鉄百貨店内にいる他の参加者には気付いてません。
※まず、Lvが存在しない事に気付いていません。
※Tellが存在しない事にも気付いていません。
※軽率な行動のせいでブロンドさんを危険人物だと誤解したファヌソに攻撃されるかもしれません。

381 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/07(火) 23:40:22 ID:fZ/JrTGM0
場所は変わって、ここは地獄の1丁目。
夕焼けよりも、さらに赤みがかった色の空の下、子羊たちは貸し切り状態の温泉に浸かりながら疲れを癒している最中だった。
暇さえ見つけては、ゲームをしたりゲームをしたりゲームをしている彼らは、いつも疲労との戦いだった。
ゲーマーと言う名の戦士にも休息は必要だ。
神々の裁きにより何度も地獄に来ている…もとい落とされている子羊たちは、地獄の観光組合にとっては大のお得意様だった。
現金の持ち合わせが無くてもツケがきく。もう顔パスだ。
さきほども、すれ違った赤鬼や青鬼に挨拶をされた。
「ありゃ〜、あんたたち、また来たオニか〜。まあゆっくりしていくオニ」
と、こんな感じだ。

「ちくしょうめ!ひどい目にあったぞ!」
「ファヌソめ!許さないぞ!」
「すぐに蘇って仕返ししてやる!奴が弱体化している今がチャンスだ!」

湯けむりが立ち込める地獄谷温泉の上空に向かって子羊たちが吠えた。


【子羊@ゲームサロン-ゲーム内でした悪行を懺悔するスレ】
[状態]:ゲスト、健康
[思考・状況]
基本:生き返ってファヌソに仕返ししてやる!

※アイテム扱いです。倒しても忍法帳のレベルは上がりません
※ファヌソの神通力不足で本当に羊の姿で召喚された
※攻撃力は乏しく、参加者にとってはさほど脅威にならない程度
※反面、何度神々に裁かれ地獄へ落とされても、すぐに復活できるほどしぶとい。何度でも湧いてくる
※普段は真面目だが、ゲーム内では極悪人でも目を覆いたくなるような悪行三昧を繰り返している

子羊1:自称戦士。勝手に民家に上がり込んでタンスを勝手に開けたり、壺を壊すなど基本に忠実なゲーマー
子羊2:自称僧侶。聖職者のくせに暴力系残虐ゲームを好む。破戒僧。
子羊3:自称魔法使い。エロゲーを好む子羊。本人曰く30歳まで童貞だったため魔法使いになったとの事。8歳の頃から親に隠れてエロゲーをやっていた大物。

子羊が再登場するかどうかは、次以降の書き手の方にお任せします。


以上で投下終了です。

382 ◇fZ/JrTGM0. :2014/10/08(水) 20:57:07 ID:SAEj439c0
加筆修正して、2、3日後に投稿します。
もし、文章構成など、ご指導いただけるのでしたら、ご意見をお願いします。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板