したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

カズマ「GET OVER HERE!」

1 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:08:17 ID:ygnOmBPY


このすば×モータルコンバット(ちょっと)です。

ご都合主義多めです気を付けて。

2 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:09:04 ID:ygnOmBPY
エリス「…はぁおおお…」

天使「む、無理なさらないでくださいエリス様、何だか顔色が悪いですよ?」

エリス「い、いえいいのです…少しふらつくだけですので、」

天使2「エリス様、今日の所はもうやめにしますか?本日は大変な一日でしたし」

天使「そうそう、間違って送られてきてしまった地獄行きの極悪人を送り返すのに何人もの天使が総出になって取り押さえて…」

エリス「そう、ですね、それじゃあこの最後の一人を終えたら…あれ?」

天使「どうかしましたか?」

エリス「ここに置いてあったカズマさんの資料はどこにやりましたか?」

3 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:11:07 ID:ygnOmBPY
天使2「ああ、あの人のなら…あれ?ここに置いたはず、なのに…」ゴソゴソ

天使「つい数時間前まではあそこにありましたよね…?」ガサガサ

エリス「…ま、まずいですよ、あれが消えたらカズマさんがこの世界にいれなくなってしまいます」

天使「数々の魔王軍幹部を倒した実力派パーティのリーダー…は、はは速く探さなくちゃ!」

天使3「ふぅ…ようやく地獄へ転送終わりましたぁ…!」ヘトヘト

天使2「ちょ、ちょっとアンタ手伝いなさいよ!今大変な事になってるんだから!」

天使3「なによ、私だってもうヘトヘトよ、幾ら魂になってるとはいえ男を2人もこの天界からわざわざ地獄まで送り出さなくちゃいけなかったんだから」

エリス「…え?」

天使3「ど、どうしたんですかエリス様」

4 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:11:50 ID:ygnOmBPY

エリス「ふ、2人?」

天使「ま、まさか…」




カズマ「んぅ…」

?「ほら、いい加減起きろ」バキッ

カズマ「あうぅ、めぐみん、あとごふぅ!?」

?「やっと起きたか」

カズマ「テメェアクアァ!!俺が寝起き一番弱いって事知ってんだろ、ぅ…?」

?「お前何寝ぼけてんだ?」

カズマ「…ここどこ?え、なにこれ?あ、アンタは…」

5 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:12:56 ID:ygnOmBPY
悪魔「見た目で判断しろ、悪魔だよ悪魔、子どもでも分かる様にデザインされてんだけどなぁ…」

カズマ「ぇ、悪魔?じゃここって、ぇ、嘘、俺全然ついていけない」

悪魔「…はぁ…また壊れちゃった奴か…ここは地獄だ、お前は死んだんだよ、ほらさっさと前にいけ」ドカ

カズマ「…ふぇ、ちょ、まてまてまてまてッ!(昨日まで普通にベッドの上で寝てたのにこの状況はなんだ!?目を覚ましたら地獄っぽいの門の前って…アクアの性質の悪いドッキリなのか!?)」

大悪魔「…名を名乗れ」

カズマ「えぇ…佐藤カズマ、です…」

大悪魔「そうか…出身日本、アクセル、役職は冒険者、か…」

カズマ「…あ、あの、ここって本当に地獄なんですか…?俺そんな悪い事した覚えないし…そもそも死んだ覚えさえないんですけど…」

大悪魔「さしずめ寝込みでも襲われたのだろう、ここに来る様な奴はまともな死に方をしている方が少ないしな」

カズマ「そ、それに仮に死んだとしてもエリス様の所へ行くはずなんですけど!」

大悪魔「生前の行いが極端に悪いとあんな神聖な場所を経由してこないんだよ」

6 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:13:53 ID:ygnOmBPY
カズマ「…生前の行い…」

大悪魔「…ふむ、下着捕りのゴミマ、クズマ、ロリマ、か、悪魔の私がいうのも何だが人間として恥ずかしい犯罪歴の持ち主だな、」

カズマ「なっ!なんだそれ!」

大悪魔「お前が死ぬ前どんな罪を犯したかは全てここに記載されておる。ほお、女神の下着を盗むとは…これは地獄の中でも最も辛い場所に送ってやらねばな…」

カズマ「…(まだ根に持ってたんだあの人…)」

大悪魔「ふん、今一死因がはっきりしないな…まあどんな死に方をしようと結局ここに来た事に代わりはない、さっさと針山にでも…」

カズマ「…バニル」ボソ

大悪魔「…ッ!?き、貴様が何故その名を!?」

カズマ「はは、俺はあの地獄の公爵バニルとマブダチだ。アイツに商品のアイデアを売りつけ奴財政を安定させてやってるのも俺のお蔭よ」

大悪魔「そ、そういえば確かバニル様が『アクセルで大変気の合う男を見つけた、吾輩に悪感情を定期的に貢いでくれる男がいる…』とか何とかいってたような、確かその男の名は…」

7 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:15:51 ID:ygnOmBPY

カズマ「佐藤カズマ…そう正しく俺の事だ!」

大悪魔「そ、そんなバカな…ッ!」

カズマ「それに俺は本当に死んだつもりはない、平和だけが取り柄のアクセルにわざわざ俺の寝込みを襲う様な奴はいないしな」

大悪魔「…気持ちは分からなくもない、だが現にお前はここにいるのだ…例えバニル様の友人であろうとも私は私のし「失礼します!た、大変です!」

大悪魔「ん?」

悪魔「たった今天界から伝言が入りました!そこの佐藤カズマ様は現在死亡してはいないそうです!」

大悪魔「…え?」

悪魔「先程来た針山送りにした極悪人の男がここに送られてくる際に一緒にこのカズマ様まで道連れにする様に細工したみたいで…」

大悪魔「…まじで?」

悪魔「まじです」

8 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:16:43 ID:ygnOmBPY
大悪魔「…」チラリ

カズマ「…ああーー怖かった!!すっげえ怖かった!!これはもうバニルに泣きついてどっかの俺と蹴ったり罵ったりした悪魔2人と消して貰おっかなぁ!」

悪魔「お、俺もかよ!」

カズマ「当たり前だ馬鹿野郎!俺は寝起きが一番弱いんだよ!」バキ

悪魔「ぐえ!」

カズマ「さあ…どう落とし前つけてくれるのかなぁ…」

大悪魔「す、すまなかった…その、これも仕事なんだ…」

カズマ「えぇ!?人をセクハラ野郎呼ばわりするのが仕事なんですかぁ!?」

大悪魔「ク…ッ」

カズマ「そうだなぁ…俺の寿命は後500年程伸ばすとかは?」

悪魔「ばかいえッ!そんな事が出来る訳ないだろ!」

カズマ「はぁ〜、君もそういう態度取るんだ…一体どんな風に折檻してもらおっかなぁ…」カタポンポン

9 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:18:22 ID:ygnOmBPY
悪魔「く…ッ…こいつ…!」

大悪魔「…悪魔のスキルを幾つか教えてやる…それでどうだ」

悪魔「!?」

カズマ「あ?なんだそれ」

悪魔「そ、それは幾ら何でも…!」

大悪魔「…丁度コイツは最弱職だ、バニル様に消されるよりはまだマシだろう…」

カズマ「おい、その悪魔のスキルってのは何なんだ?」

悪魔「…地獄の住人に呑み許されるスキルの事だ、スキルポイントを必要としない上に使い勝手もいい、その上燃費も中々の優れもんだ」

カズマ「おお…地獄ってのは中々ホワイト企業なんだな」

大悪魔「魔法で魂を弄ってたり強化を掛けてたりする輩は少なくない…なりたての悪魔であろうと戦力になれる様に種族自体が優遇されているのだ…」

10 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:19:30 ID:ygnOmBPY
カズマ「ほぉ…ま、最近俺がリーダーのパーティなのに俺のレベルが一番低い事に少々コンプレックスを感じない事もない日々が続いていたしな…」

大悪魔「それでは決まりだな…」

悪魔「ま、待ってください!あのスキルを人間に与えればどんな事が起きるか…」

カズマ「で、そのスキルってのはどんなの何だよ」

大悪魔「…説明しよう…」


説明中…


カズマ「おお!すっげぇスキルばっかりじゃねえか!」

大悪魔「使い方も全て伝授した、元居た場所に戻れば貴様のカードにはもうスキルの名が記載されているだろう…」

悪魔「…本当によろしいのですか…?」

大悪魔「自分でも分からない…だがこの男に渡しても実際大した事が起こらない気がしてな…」

カズマ「おーう、それじゃあ俺は帰らせて貰うぜ、出口はどっちだ?」

11 ◆nCapkooylo :2018/07/07(土) 20:20:15 ID:ygnOmBPY
悪魔「…俺が案内する、ついてこい」スタスタ

大悪魔「…」

カズマ「じゃあなでっかいの、安心しろよ、バニルにはお前らがしっかり仕事してたって伝えといてやるから」スタスタ

大悪魔「…ふっ…今に後悔するぞ…」

カズマ「何か言ったか?」ヒョコ

大悪魔「何も」

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/10(火) 14:29:10 ID:u4OdgI0s
はよ!

13 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:46:00 ID:mJ0hXw4U
【朝】



カズマ「ふぁああああああッ!!」ガバッ

カズマ「…夢、か…?」

ダクネス「おーいカズマもう昼だぞーそろそろ起きろー!」

カズマ「…この声はダクネス…わかったー!」ガチャ

めぐみん「あ、カズマ、ようやく起きたのですね」

カズマ「おうおはよ…なあめぐみん」

14 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:48:41 ID:mJ0hXw4U

めぐみん「はい?」

カズマ「俺今何か変わった所ないか?」

めぐみん「へ?朝から何ですかカズマ、カズマは最初っから変な所ばっかりじゃないですか」

カズマ「…」ギリギリ

めぐみん「いだだだだッ!そ、それが最近どきまぎしている相手への仕打ちですか!?」

ダクネス「おいカズマーそれ後で私にもやってくれー」

カズマ「はぁ…地獄に行ってもやはりここは通常運行か…」

15 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:49:26 ID:mJ0hXw4U

めぐみん「ん?何か言いましたか?」

カズマ「いーや、あ、そう言えばアクアはどこ行ったんだ?」

ダクネス「ああ、アクアなら今確か面白そうなバイトをしてるとか何とかいってて朝から何処かに行ってしまったが」

カズマ「へぇ、あの駄女神がバイト…いやでもアイツ多才だしなぁ…よし、じゃあ取り敢えずクエストでも受けて試してみるか」



【森】



ダクネス「ふむ、引きこもりのお前が自らクエストを受けようとは珍しいじゃないか」

16 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:51:56 ID:mJ0hXw4U

カズマ「失礼な、俺達は最初からバリバリの実力派パーティだからな、俺は偶にこうして自らの手で動かないと身体が訛っちまうんだよ」

ダクネス「どの口がいう!いっつもお前ら私抜きで冒険者っぽい事して…この前何て私は恥ずかしい決め台詞を永遠と言わされ続けただけだったんだぞ!…というかそこまで言っておきながら何故めぐみんとアクアを呼ばないのだ?」

カズマ「…いや森で爆裂魔法何て打たれたらワンチャン山火事にでもなるし、大したクエストでもないから支援魔法は必要ないかなって思ってね…(一応悪魔から貰った力だしな、アクアがいちゃ面倒な事になるし、めぐみんには…何だか見せたくない…)」

ダクネス「ほお、お前がそこまで考えるとは思っていなかったな…確かクエスト内容は森に発生したゴブリンの討伐、だったな?」

カズマ「ああ、いざとなったらお前のデコイの出番さ」

17 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:53:47 ID:mJ0hXw4U
ダクネス「ああ…数々のゴブリンから一斉に集られ襲われるのか…ッ!」

カズマ「俺はツッコまんぞ…」


ゴブリン「きしゃああ!」

ダクネス「出たぞカズマ!ゴブリンにしては珍しく単体だ!せいやぁ!」ブンッ

ゴブリン「?」シュッ

カズマ「面白い程にお前の剣って当たらねえなぁ…」

 ダクネス「め、面目ない…あ、そっちにいったぞ!」

カズマ「よしこい…!(えっと…教えて貰ったスキルその1…!)」ボファァ

ゴブリン、ダクネス「「!!??」」

カズマ「ふん」ザシュ

ゴブリン「ぎゃああああ!!」

ダクネス「かかかカズマ!お前今一体何をしたんだ!?お前が炎になって視界から消えたと思ったら次の瞬間にはゴブリンの後ろに回ってたぞ!?」

カズマ「これが俺の実力よ…(瞬間移動して相手の背後に回るスキル、使えるな…!)」

18 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:55:39 ID:mJ0hXw4U

ゴブリン2「うしゃああああああ!」バッ

カズマ「うおおおおッ!?」バキッ!

ゴブリン2「ぐひっ!?ひぃあああああああ!?」ボファアア…

ダクネス「今度は殴った相手が燃えた!!しかもカズマの拳まで燃え盛っているではないか!」

カズマ「ふふふふふ…(スキル2、自らの拳に火をつけて相手を燃やす!自分でいうのも何だがかっこよさげ!)」

ダクネス「何だか今日のお前は凄いぞ!どこでそんなスキルを覚えたんだ!?」

カズマ「あ、敵感知スキルが反応してる…そこで隠れてるな!?GET OVER HERE!」シャラララ!

ゴブリン3「ぎゃああああああッ!!」グサ

ダクネス「あ、あれはクナイ!カズマの掌からクナイが飛んで行って草陰に隠れていたゴブリンに刺さった!何を言ったかは分からなったが物凄い勢いで引き寄せられていくぞ!」

カズマ「うらぁ!」ザシュ

ゴブリン3「ぐふっ」バタリ

19 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:57:08 ID:mJ0hXw4U

カズマ「よっしゃあ!(スキルその3、手からクナイだ!…しかし悪魔のスキルってのは名前がないんだな…一々叫んでる暇がないからか…?恰好が付かないと言うか何というか…)」

ダクネス「何なんだその新たな格好いいスキルの数々は!ふ、不覚にもめぐみんの気持ちを理解してしまったぞ!」

カズマ「ふっふっふ…お前らが呑気してる間、俺は着々と下積みを積んできたのよ!」

ダクネス「にわかには信じられない話だが信じる他あるまい…相変わらず剣士として役に立てない自分が恥ずかしい…」

ゴブリン「…うぅ…」

ダクネス「…む、このゴブリンまだ息があるな」

カズマ「あ、ほんとだ、どうする?」

20 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 03:59:17 ID:mJ0hXw4U

ダクネス「ふむ…ここまでの傷を負ったならもう悪さはしないだろう、さあまだ残党がいるかもしれない、次に向かうとするか」

カズマ「それもそうだな」

『FINISH HIM!』

カズマ「…ん?」

『FINISH HIM!』

カズマ「おいダクネス、変な声出さないでくれ」

ダクネス「む?どうした?私は何も言ってはいないぞ?」

カズマ「じゃ、じゃあ今のは…」ガシ

ゴブリン「ぎゃひっ!?」ブラン

ダクネス「お、おいカズマ、そのゴブリンをどうするつもりだ…?」

『FINISH HIM!』

カズマ「い、いや俺の意思じゃない、腕が、腕が勝手に…!?」

『デデデデンッ!』

カズマ「しゃああッッ!」ザシュンッ!

21 ◆nCapkooylo :2018/07/11(水) 04:00:11 ID:mJ0hXw4U

ゴブリン「かひゅ」

カズマ「おるぁあああああ!!」ブンッ、ザクッ、

ダクネス「ひっ」


『HAHAHA FATALITY』


カズマ「…」

ダクネス「…」

カズマ「きゃああああああああああああああ!!!!!」

ダクネス「何でお前が叫ぶんだ!!」

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/11(水) 11:48:55 ID:HzN6mIwQ
おつおつ

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/18(水) 23:50:05 ID:I3a6ZHJg
はよ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス) - 原 泰久

「秦」が中国統一を目指す物語

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa