したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【安価】ショタ勇者「ぱふぱふ!」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/22(金) 23:44:29 ID:b9/EOhxg
おねショタ、もしくはショタおねのSSです。

王の間

王様「よくぞ来た勇者父の息子勇者よ」

王様「お主の父が命を懸けてまで倒した魔王が復活を遂げてしまった」

王様「魔王が復活した今魔物達から世界を救えるのは勇者父の血を引く主だけだ」

王様「世界の為魔王を倒す旅に出てはくれぬか?」

勇者(10歳)「はい!僕必ず魔王を倒して世界を平和にしてみせます!」

王様「うむ、その言葉が聞きたかった…」

王様「(しかし…)」

王様「(勇者父の息子がまだこんな幼子だったとは…心配じゃのお…)」

勇者「?」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/22(金) 23:45:20 ID:b9/EOhxg
酒場

勇者「王様がここにくれば僕の旅について来てくれる人が見つかるって言ってたよね…」

ザワ…ザワ…

勇者「うわぁ……いっぱい人がいるなぁ……」

勇者「ううっ、話しかける怖いなぁ…」

勇者「駄目駄目!弱気になっちゃ!そんな事じゃ世界を平和になんか出来ないよ!」

勇者「よぉし!頑張って誰かに話しかけてみるぞ!」

勇者「誰にしようかな……?」

勇者「よし、あのお姉さんにしてみようかな……?」

勇者「す、すいません」

「?」

↓1
(仲間一人め職業名と特徴)

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/22(金) 23:48:43 ID:TekUYGk.
戦士
きれいなロングヘアー
胸もお尻もしっかり大きいけどバランスがとれてる

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 00:46:49 ID:U77sXY96
勇者「あ、あの…」

戦士「ん……?なんだ坊主?」ボイン

勇者「(うわ〜……少し変な格好だけどすっごい美人だな……)」

勇者「(そ、それにおっぱいも凄い大きい……)」ポー

戦士「私の顔に何か付いているのか……?」

勇者「い、いえ違います!そ、その…凄い綺麗だなって思って…///」

戦士「なっ……!///」

戦士「大人をからかうんじゃない!///ま、全く…///」

勇者「す、すいません!」

戦士「それよりお前みたいな子供がどうしてこんな場所に?」

勇者「は、はい!僕一緒に旅をしてくれる仲間を探してて…」

戦士「お前…まさか魔王退治に行く勇者か…?」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 01:01:27 ID:U77sXY96
勇者「はい!僕の事知ってるんですか?」

戦士「ああ、結構噂になってるぞ」

勇者「そ、そうなんですか…(知らなかった…)」

勇者「あ、あのそれで出来ればお姉さんに仲間になって欲しいなって思ってて…」

戦士「勿論いいぞ勇者様のお誘いを断るわけにはいかないからな」

勇者「本当ですか!ありがとうございます!!」パァ

戦士「これからよろしく頼むよあたしは戦士って言うんだ」

戦士「魔法は使えないけど剣の腕には自信あるから任せておいてくれ」

勇者「はい!よろしくお願いします!戦士さん!」

戦士「ふふっ、私は宿屋に戻って荷物をまとめてくるよ」

戦士「その間にもう一人くらいスカウトしておいてくれ二人じゃ不安だからな」

勇者「分かりました!」

戦士「頼んだよ」

戦士「(しかし…勇者とはいえ子供に魔王退治を依頼するか?普通…)」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 01:02:10 ID:U77sXY96
勇者「(やった!やった!仲間ができたぞ!)」

勇者「(しかもあんな綺麗でおっぱい大きいお姉さんと旅出来るなんて…)」

勇者「(嬉しいなぁ……)」

勇者「って喜んでる場合じゃなかった…もう一人スカウトしないと」

勇者「誰に話しかけようかな?」

勇者「よし次はあの女の人にしてみようかな?」

勇者「ちょっといいですか?」

「?」

↓1
(2人目の仲間。職業名と特徴)
仲間安価はこれで一旦終了です。

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 01:09:32 ID:HcZatGgM
僧侶
ボブカット
年齢は戦士と同程度だが外見は勇者と同世代にしか見えない

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 19:20:40 ID:U77sXY96
勇者「(あの僕と同じくらいの女の子にしてみようかな…?)」

勇者「ねぇ、君ちょっといいかな?」

僧侶「はい?どうしましたか?」

勇者「えっと、君その格好僧侶だよね?僕勇者って言うんだ」

僧侶「!」

僧侶「なるほど…貴方が王様に魔王退治に選ばれた勇者様なのですね」

僧侶「こんな小さな子供を選ぶなんて王様は一体何を…」

勇者「むっ…君だって僕と対して変わらないじゃないか!」

僧侶「勇者様…その言いづらいのですが私見た目は小さいですが…」

僧侶「年齢は22なんですよ」

勇者「えぇっ!?そ、そうなの!?」ビックリ

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 19:42:43 ID:U77sXY96
勇者「そ、そうだったんですか!ご、ごめんなさい!タメ口使って!」ペコー

僧侶「い、いえお気になさらないでください!顔を上げてください!」

僧侶「それにタメ口でも全然構いませんよ?」

勇者「あ、ありがとう…」

勇者「(笑った顔かわいいなぁ…)」

僧侶「勇者様?」

勇者「あっ、ごめんねボーとしてたよ…それで旅のお供になって欲しいんだけど」

僧侶「うふふ、勿論いいですよ回復魔法が得意なのでよろしくお願いします」

勇者「うん!実はもう一人仲間がいるんだ戻って来たら紹介するね!」

僧侶「ええ分かりましたわ」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 20:15:34 ID:U77sXY96
・・・・

ーフィールドー

僧侶「私は僧侶ですよろしくお願いします戦士さん」ペコ

戦士「お、おう。よろしく頼むよ僧侶」

勇者「えへへ、ようやく旅の始まりだね!」

僧侶「ええ、必ず魔王を倒し人々の笑顔を取り戻しましょう」

勇者「うん!」

戦士「(大丈夫なのかこのパーティ…私以外子供じゃないか)」

戦士「(はぁ…不安だな…)」

ガサッ!

戦士「むっ…!」

勇者「わわっ、早速魔物が…!」

どんな魔物?
↓1

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 20:18:26 ID:yhYvRjHo
大きなうさぎ

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/23(土) 20:18:41 ID:W.vxw/DM
コボルト

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 11:33:19 ID:Wgnl0AqM
巨大うさぎ「ギュルルルルルルッ」ギラギラ

僧侶「可愛らしい兎ですね…本当に魔物なんですか?」

戦士「いやいや、こんな巨大な兎がいるか!それに目だってギラギラしてるだろ!」

巨大うさぎ「キシャァーーッ!」

戦士「来るぞ!二人とも!」

勇者「(よぉし魔物を倒していいところを見せるぞ!)」

勇者「戦士さん、僧侶!僕からいくよ!覚悟しろ魔物!」

戦士「勇者!?」

勇者の行動
↓1

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 11:37:37 ID:QslceCFQ
ギガブレイク

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 12:31:57 ID:Wgnl0AqM
勇者「はぁああああああああ……っ!!」バチバチ

戦・僧「!?」

戦士「(なっなんだ!?剣に電気が纏って……!?)」

勇者「喰らえ!!ギガブレイク!!!」

バリバリビリビリズシャーーン!!!

巨大うさぎ「」プシュ〜

勇者「やったぁ!」

僧侶「すっ…凄いですね勇者様」

勇者「えへへ〜僕小さい頃からずっとお父さんみたいになりたくてずっと剣の練習してたからね!」

戦士「…」

戦士「(こいつは想像以上だ…!凄いぞウチの勇者様は!)」

戦士「(これなら本当に魔王を倒せるかもしれたいな…!)」

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 14:18:54 ID:Wgnl0AqM
勇者「やぁぁぁぁっ!」ズバッ

スライム「」

戦士「はっ!」ブルン

勇者「!」シュバ

ゴブリン「」ドサッ

僧侶「お、お二人とも凄いですね…私の役目がないです」

勇者「……」

戦士「勇者どうした?」

勇者「な、なんでもないよ」

勇者「(戦士さんの剣を振る度に揺れるおっぱいが気になるなんて言えないよ…)」

僧侶「それより早く次の村に行きましょう、ってあら?」

戦士「どうした?」

僧侶「あれを見てください」

勇者「あれ?」
イベント安価(宝箱を見つけた、人に出会った、魔物が現れたなど何でもいいです。)
↓1

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 14:34:06 ID:KPvFIML6
行き倒れている人を発見

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 16:11:02 ID:oAGZ08pA
僧侶「誰か倒れていますよ?」

戦士「何?」

勇者「た、大変だ!」

「………」

戦士「大丈夫だ息はある。僧侶頼む」

僧侶「はい!ヒール!」ピカァ

「………」

僧侶「はい、これで大丈夫の筈です」

勇者「なんでこの人倒れてたのかな?」

戦士「さあな、本人から話を聞かないとさっぱりだ」

「…ううっ」

勇者「目覚ました!」

↓1(倒れてた人物の名前と特徴)

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 16:24:53 ID:t8QbhAVM
やたら屈強な村人
村が魔物の軍勢に襲われそうになったが持ち前の屈強さによりたった一人でその侵攻を食い止めたnice guy

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 18:43:45 ID:mHefNnQg
ぱふぱふ要員ゲットだぜ(白目

21 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 20:07:15 ID:Wgnl0AqM
屈強の男「ううっ……」

勇者「目覚ましたよ!」

戦士「おい、大丈夫か?何があった!?」

屈強の男「む、村が魔物の軍勢に襲われて……」

僧侶「なるほど貴方は助けを呼びに行こうとした所を襲われたんですね」

屈強の男「いや、村は俺の自慢の屈強さで侵略を食い止めた……」

戦士「そ、そうか……」

勇者「(じゃ、なんでこの人ここで倒れてんの?)」

僧侶「では、貴方は何故倒れていたんですか?」

屈強の男「それは……」

なんで屈強の男が倒れていた?
↓1

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 20:12:59 ID:KPvFIML6
激闘の末空腹で

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 21:05:16 ID:Wgnl0AqM
屈強の男「実は……恥ずかしい話激闘の末空腹で倒れてしまったたんだ」

僧侶「空腹……ですか?」

屈強の男「は、はい…あまりの激しい戦いで空腹になってしまい…」

屈強の男「私はお腹を満たそうと食べ物を探しましたが食べ物が見つからず」

屈強の男「そして空腹のあまり倒れてしまいました…」

勇者「そうだったんだ可哀想に…」

戦士「………………」

勇者「どうしたの?戦士さん?」

戦士「い、いやなんでもない」

僧侶「戦士さん…」

戦士「分かってるこいつが怪しい事が…」

僧侶「空腹なら自分が守った村で食事をすればいいのに…わざわざ外に出て食べ物を探すなんて怪しいです」

屈強の男「ううっ、お願いします空腹で死んでしまいそうです助けてください…!」

戦士「(私達の考え過ぎか?魔物に奪われて村に食べ物がなかったのか?)」

屈強の男に食料をあたえる?
↓1

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/24(日) 21:08:07 ID:1r..OGwA
村へ行くことを提案する

25 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/25(月) 19:14:31 ID:soR3KC7E
戦士「よし、貴方の村に行こう」

屈強の男「え……?」

戦士「なにか問題でも?」

屈強の男「い、いえまず何か食べ物をくれませんか?」

僧侶「お食事なら貴方が守った村でご馳走して差し上げます」

僧侶「我々の代わりに魔物を退治してくれた細やかなお礼ですわ」

屈強の男「いや、あの…」

戦士「この際はっきり言うが貴様怪しいぞ?」

勇者「そうなの?」

僧侶「勇者様…村を守った人が空腹でこんな所に倒れてたらおかしいですよ」

勇者「そうかな?」

屈強の男「クックックッ…あと少しで勇者の肉が食える所だったのにな!」

屈強の男「バレたら仕方ねえ!行くぞ!」

勇者「魔物だったの!?」

屈強の男の正体は?
↓1

26 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/25(月) 19:20:46 ID:rcOMQ7Zc
人間に化ける能力を得た突然変異のホブゴブリン

27 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 17:01:42 ID:TQIA1CLU
屈強の男→ホブゴブリン「貴様らの旅はここで終わりだ!」

戦士「ホブゴブリンだと!?」

僧侶「ホブゴブリンに人間に化ける能力はないはず…」

ホブゴブリン「ブッハハハハッ!俺はエリート中のエリートホブゴブリンだからな!」

戦士「クッ!よく分からんがとにかく相手は中級モンスターだ油断するな!」

勇者「う、うん!」

ホブゴブリン「くたばれっ!勇者!!」ブンッ

戦士「させるものか!」ガキン!

ホブゴブリン「ぬぅうううっ!やるな女!」ググッ…

戦士「貴様もな…っ!」ギチギチ

戦士「そらっ!」

ホブゴブリン「やられるか!」

ガキン!ガキン!

勇者「(あわわ…早く戦士さんを助けないと…)」

勇者の行動
↓1

28 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 17:28:11 ID:OsYKB24U
戦士に補助魔法

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 20:47:41 ID:nCHfgvSA
勇者「戦士さん!お手伝いします!バイキルト!」ビビッ

戦士「おお……!流石だな勇者!補助魔法が使えるなんて!」

戦士「力が漲って来るよ……!」ギチギチ

ホブゴブリン「ぬぉおおおっ……!?な、なんだ?」

ホブゴブリン「こ、こいつ急に力が上がりやがった…!?」

戦士「はっ!!」ギンッ!

ホブゴブリン「ぬわっ!?」ドサッ!

ホブゴブリン「こ、この俺が力負けするなんて…!」

戦士「終わりだ!!」

ホブゴブリン「!?」

ズバッ!!

ホブゴブリン「ぬぉおおおおおおおおっ………!?がはっ…!」

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 20:54:30 ID:nCHfgvSA
ID変わってるけど本人です。ぱふぱふ要素はもう少しお待ちを。

勇者「やったぁ!戦士さんの勝ちだ!」

僧侶「大丈夫でしたか、戦士さん?ヒール!」ピカァ

戦士「なに、擦り傷程度だよ…それより勝てたのは勇者のお陰だ」

戦士「ありがとう勇者」ナデナデ

勇者「えへへ〜」ニコニコ

戦士「ふふっ……」

ホブゴブリン「」

僧侶「あら?このホブゴブリン何か落としましたよ?」

ホブゴブリンからドロップした物
↓1

31 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 20:55:50 ID:SNnHq21E
金貨

32 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 20:58:17 ID:l9U6YIRU
火炎草

食べると火を吹き出せる
なお、火を吹くような辛さなので注意

33 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/26(火) 21:57:07 ID:1CDxnlxE
うにょらー
とぴっろきー

34 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/27(水) 16:48:34 ID:pKjRWxXg
勇者「これG?柄が少し違うけど…」キラッ

僧侶「これは金貨ですね…Gとは少し違います。」

戦士「マニアに売ればいい値段で売れるだろうな」

勇者「へぇ、でも何で魔物が持ってたんだろ?」

戦士「他の冒険者から盗み取ったんじゃないか?」

勇者「えぇっ!?じゃ、返さなきゃ!」

僧侶「誰のか分からないから返しようがないです」

戦士「元の持ち主には悪いが私達が貰っておこう」

勇者「う、うん」

勇者「(いいのかなぁ…?)」

35 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/27(水) 16:49:10 ID:pKjRWxXg
・・・・

僧侶「もうすっかり日が暮れてしまいましたね」

戦士「今日はここで野宿だな」

僧侶「近くに川もありますしそうしましょう」

戦士「ああ、では早速汗を流すか」スルッ

僧侶「はい!」ヌギ

勇者「えぇっ!?な、なにしてるの!?///」

戦士「何って…服を脱がなきゃ水浴び出来ないだろ?」

勇者「そうだけど…!」

勇者「(もしかして僕男として見られてない?)」

僧侶「勇者様もどうですか?ご一緒に?」

勇者「え、ええっと…///」

水浴びをする?しない?
↓1

36 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/27(水) 17:18:39 ID:8VYegajE
しない

37 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/27(水) 18:58:07 ID:p8F5SciM
する

38 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/27(水) 21:47:53 ID:xuPgWmKE
>>37
…?

39 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 07:16:43 ID:cULxDt0Y
明らかに遅いのに安価に反応するやつっているよな
何が目的なんだ

40 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 15:57:10 ID:UnK9aoaA
追いついた、予想に反して面白いからペースを上げてくれると嬉しいなぁと

41 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 16:59:03 ID:vIovAxgI
勇者「ぼ、僕はいいよ!///そんなに汗かいてないし!」

戦士「そ、そうか?遠慮なんてしなくていいんだぞ?」タユン

勇者「!!!///」

勇者「ぼ、僕食べられそうな物探してくるよ!///」ピュー

戦士「あ、おい!」

僧侶「ふふっ、きっと恥ずかしいんですよ勇者様は私達のような大人の女性の裸を見るのが」

戦士「大人……?」

僧侶「?」チマッ

42 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 17:00:24 ID:vIovAxgI
ー林の中ー

勇者「ハァハァ…もう二人とも僕の事子供扱いして…」

勇者「それにしても戦士さんも僧侶も身体綺麗だったなぁ…」

勇者「……」ムラムラ

勇者「…変な事考えるな僕!二人は大事な仲間なんだぞ!」

勇者「食べ物探して気を紛らせよう…」

・・・・

43 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 17:01:03 ID:vIovAxgI
・・・・

勇者「えいっ」ザクッ

一角兎「」ポテッ

勇者「これで三匹目だ」

勇者「そろそろ戻ろうかな?」

勇者「さ、流石にもう水浴び終わってるよね?///」

勇者「よ、よし戻ろう///」

イベント安価(戻る最中の出来事でも戻った後の出来事どっちでもいいです)
↓1

44 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/28(木) 17:09:08 ID:.yISwIRE
戦士は料理が上手的な

45 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/29(金) 07:27:43 ID:mHRg1u5I
・・・・

勇者「た、ただいま〜今戻ったよ〜」

勇者「あれ…なんかいい匂いする…?」クンクン

戦士「遅かったな勇者。おっ?肉を取ってきてくれたのか助かるよ」トントン

戦士「もうすぐでスープが出来上がるから待ってろ」

勇者「(戦士さんが料理してる…)」

僧侶「戦士さんは一人旅が長かったから料理は慣れてるようです勇者様」

勇者「そうだったんだ…僧侶は手伝わないの?」

僧侶「うっ…」ギクリ

僧侶「わ、私はその家事が苦手で…も、申し訳ありません…」

勇者「あっ、そうだったんだ…意外だね…」

戦士「ほら、出来たぞみんなしっかり食べて明日に備えるぞ」

勇者「はーい!」

勇者「(僕達は戦士さんが作った野菜と兎肉のスープを食べて就寝する事にした)」

46 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/29(金) 16:50:44 ID:ll2I5Q..
・・・・

勇者「……ハァ」

戦士「……zzzz」

僧侶「……zzzz」

勇者「二人ともよく寝てるな…僕は緊張して寝れないよ…」チラッ

勇者「(僧侶は凄い可愛いし戦士さんはもう存在自体がもうエッチだし…)」

勇者「……」ムラムラ

戦士「……スゥ」

僧侶「……むにゃ」

勇者「……ごくっ」

勇者「い……今なら……!」

イベント安価(えっちぃの可)
↓1

47 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/29(金) 16:56:04 ID:PpVspvRE
自慰

48 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/29(金) 22:57:21 ID:mHRg1u5I
勇者「(ごめんなさい戦士さん、僧侶…)」

勇者「…っ」ボロン

勇者「ハァ……ハァ……」シコシコ

勇者「戦士さん…戦士さん…」シコシコ

勇者「戦士さんのおっぱい…おっぱい…っ!」シコシコシコシコ

勇者「戦士さんのエッチなおっぱい触って見たいよぉ!」シコシコシコシコ

勇者「戦士さんっ!!」

ドピュ!ビュルルッ……!

勇者「ハァハァ…やっちゃった…」

勇者「戦士さんは…?」

戦士「………」

勇者「よかった寝てた…僕も早く寝よう…」

勇者「おやすみなさい…zzzz」

戦士「……////」

49 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/29(金) 23:02:45 ID:9mglebRw
擬音からして大きめですねこれは

50 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 12:25:38 ID:YAzU4nKQ
・・・・



僧侶「ふぁ〜…よく寝ました…」ノビー

戦士「…………」ブンブン

僧侶「あら?戦士さんもう起きていらっしゃったのですね」

戦士「あ、ああ…私は毎朝この時間に素振りをしているんだ」

僧侶「まぁ……毎朝ですか?」

戦士「あ、ああ…まぁな…」

僧侶「?」

勇者「ふぁ…おはよう僧侶さん、戦士さん」ムニャムニャ

僧侶「あら、おはようございます勇者様!」

戦士「お、おはよう…勇者…///」プイ

勇者「う、うん…」

勇者「(戦士さんが目を合わせてくれない…)」

戦士「///」

51 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 12:27:00 ID:YAzU4nKQ
・・・・・

戦士「…………」

勇者「…………」

僧侶「(どうしたのでしょうか?戦士さんが勇者様と目を合わせようとしません)」

ガサガサ

戦士「!!」

戦士「魔物だ!構えろ!」チャキ

僧侶「はい!」

勇者「う、うん」

どんな魔物?
↓1

52 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 12:31:22 ID:kViEq4ds
ヒュージスパイダー

53 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 14:25:26 ID:HWq97ydw
緊縛プレイが捗るな

54 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 16:28:15 ID:9T0kDnps
なんだこれつまんね書くのやめろよ

55 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 17:44:31 ID:Tvd5daT.
>>54
自分が読むのやめたらええやん!
俺は楽しいから待ってるよ

56 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 18:46:27 ID:YAzU4nKQ


57 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 18:48:56 ID:YAzU4nKQ
>>56はちょっとしたミスきにしないで笑

ヒュージスパイダー「」カサカサカサカサ

僧侶「ヒュージスパイダーです!気をつけて!」

勇者「ヒュージスパイダー?」

僧侶「猛毒を持つ大蜘蛛です!」

戦士「猛毒か…接近戦は危険だな…」

勇者「じゃ魔法で遠距離攻撃が出来る僕と僧侶が行くよ!」

ヒュージスパイダー「」カサカサカサカサ!

勇者「ってヤバ!?接近してきた!」

ハプニング安価(ヒュージスパイダーの攻撃)
↓1

58 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 18:51:44 ID:0QfffzNk
糸でぐるぐるまき

59 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 19:00:38 ID:YAzU4nKQ
追加安価

誰が?
1勇者
2僧侶
3戦士

↓1

60 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 19:02:26 ID:t2OtiUnM
2

61 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/30(土) 19:59:07 ID:/2kM.6Xk
┃三          /::::::::ハ、\、::::::::\\::::::::::::', 
     |┃            i:::::::イ  ` ̄ー─--ミ::::::::::::|  
     |┃            {::::::::|    ::\:::/::::  \:::リ-}
 ガラッ. |┃            ',::r、:|  <●>  <●>  !> イ 
     |┃  ノ//        |:、`{  ` ̄ .::  、      __ノ 
     |┃三          |::∧ヘ  /、__r)\   |:::::|    
     |┃            |::::::`~', 〈 ,_ィェァ 〉  l::::::》     
     |┃            |:::::::::::::'、  `=='´  ,,イ::ノノ从
     |┃三         ノ从、:::::::::`i、,, ... ..,,/ |::::://:从��

出番か

62 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/01(日) 14:04:07 ID:6iuUuVlE
ヒュージスパイダー「」シュルルルッ

僧侶「きゃっ!?」グルグル

勇者「そ、僧侶!」

僧侶「うぅ〜た、助けてくださ〜い!」ギチギチ

僧侶「動けないです〜」

戦士「僧侶今助けるぞ!」

僧侶「んっ……どんどん締め付けがキツく…!」ギチギチ!

僧侶「んっ……ひゃんっ!」ギチギチギチギチ

戦士「へ、変な声を上げるんじゃない!///」

勇者「///」ドキドキ

63 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/01(日) 14:04:51 ID:6iuUuVlE
戦士「待ってろ今糸を切ってやる」

ヒュージスパイダー「」バシュバシュ

戦士「!!」ベチャ

勇者「せ、戦士さん!!」

戦士「うぐっ…わ、私は大丈夫だ…」ドロォ…

勇者「でも体に毒が…!」

僧侶「勇者様!私は毒を浄化させる魔法が使えます!早くこれを!」

勇者「うん!」

ヒュージスパイダー「」カサカサカサカサ

勇者「邪魔をするな!」

勇者の行動
↓1

64 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/01(日) 14:08:50 ID:eWARa6J6
ギガデイン

65 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/02(月) 00:03:07 ID:oDxhJ/F6
トリップ付ける事にしました。

勇者「邪魔しないで!!」

勇者「ーーギガデイン!!!」

ゴロゴロ……ビシャァーーン!!!!

ヒュージスパイダー「」ビリビリビリビリビリッ

戦士「……や、奴が消し飛んだ……」

勇者「僧侶今解いてあげるね?」

僧侶「ありがとうございます…それより勇者様い、今のは究極の電撃魔法……」

勇者「今のはお父さんが一番得意だった魔法なんだ!僕もいっぱい練習したら出来るようになったんだよ!」

戦士「(伝説の勇者である勇者父はあの魔法を習得するのに何年も掛かったと聞いたが…いとも簡単に使いこなすとは…)」

勇者「そ、そんな事より僧侶!早く戦士さんの毒を治療して!」

僧侶は「わ、わかりました」

66 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/02(月) 00:04:17 ID:oDxhJ/F6
・・・・

戦士「ふぅ、だいぶ良くなったよすまないな」

僧侶「いえ、お気になさらずに」

戦士「勇者もすまなかったな次からは油断はしないよ」

僧侶「私も以後気をつけますわ勇者様」

勇者「そんなの気にしないでよ!困った時はお互い様でしょ?仲間なんだからさ!」

戦士「勇者………ありがとう…」

僧侶「勇者様はとてもお心がお広いのですね」

勇者「そ、そうかな?普通だと思うけど?」

勇者「それよりさ早く村に行こうよ!」

戦士「ああ、そうだな」

僧侶「早く村で休憩したいですわ」

67 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/02(月) 00:05:07 ID:oDxhJ/F6
・・・・

ー東の村ー

勇者「ふぅ、やっと一息付けるね!」

戦士「ここに着くまでにだいぶ時間がかかってしまったな」

村長「おぉ…旅の人よくいらっしゃいました…」

村長「ワシがこの東の村の村長でございますじゃ…何もない所ですがゆっくりしていってくだされ…」

僧侶「お気遣い感謝いたしますわ」ペコリ

村人A「あの、村長…例の件なのですがこの人達にお願いする事は出来ませんかね?」

村長「これやめんか!その話をするのは!」

勇者「例の件?」

戦士「何かあったのか?」

村長「い、いえお気になさらずに村の事は村の者達でどうにかするので」

僧侶「?」

イベント安価(村で起こった事件は?)
↓1

68 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 00:06:31 ID:iG8tme2U
村娘がいなくなった

69 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/02(月) 00:37:21 ID:oDxhJ/F6
村長「とにかく…ゆっくりして行ってくだされ旅の者…」スタスタ…

僧侶「行ってしまいましたね…」

勇者「何があったんですか?」

村人A「実は先日村長の一人娘の村娘ちゃんが魔物に攫われてしまったんだよ」

戦士「なんだと…?」

村人A「村長はああ言ってたけどアンタら腕っ節が良さそうだし…」

村人A「村娘ちゃんを助けに行ってはくれねぇか?」

勇者「勿論です!困ってる人がいたら手を差し伸べなさいってお父さんがいつも言ってました!」

村人A「よし来た!頼んだぜ!」

・・・・

まず村でする事(装備を整える、道具を買う、他)
↓1

70 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 00:53:46 ID:gHFLv.GA
情報収集

71 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 16:44:59 ID:vZAINjTA
勇者「まずは村長さんの娘さんを攫った魔物の情報を集めよう」

戦士「無難だな」

・・・・

村人B「あの魔物は確か……>>72だったなぁ…」

・・・・

村人C「>>73に逃げ込むのを見たぜ」

・・・・

村人D「確かあの魔物>>74って噂だな」

・・・・

僧侶「だいぶ情報が集まったんじゃないですか?」

戦士「あぁ予想以上に集まったな」

勇者「一回整理してみようか」

>>72(どんな魔物か?)
>>73(魔物のアジト。洞窟とか森とか)
>>74(魔物の噂)

72 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 17:25:14 ID:AFpo.eQM
ツノの生えた動きの速い魔物

73 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 17:55:39 ID:zP9XW1u6
村長の家の裏にある公衆トイレ

74 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 18:31:49 ID:lr3Bn956
滅茶苦茶怖い話を聞かせてトラウマを植え付けて楽しんでいる

75 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/02(月) 19:37:12 ID:rer77TKc
な、なんて恐ろしい魔物なんだ……

76 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/03(火) 11:48:51 ID:/U.9cmhc
たのしそう

77 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/03(火) 16:44:49 ID:PM6wdJD.
戦士「情報を纏めるとだ…」

勇者「ツノの生えて素早くて…」

僧侶「怖い話を聞かせてトラウマにさせる趣味を持ち」

戦士「村長の家の裏にある公衆トイレに住み着いてると」

勇者「近い…村の中にいるんだ….」

僧侶「奴が話す怖い話のせいで夜中トイレに行けなくなった子供が多数いるそうです」

戦士「仕方あるまい早く魔物を退治して村の人々を安心させてやろう」

勇者「そうだね….」

1早速倒しに行く
2まだ何かする(道具屋に行くなど)
↓1

78 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/03(火) 16:50:45 ID:S7uQBngI
1

79 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/03(火) 18:15:51 ID:8jbiZ2yA
・・・・

公衆トイレ前

勇者「これが魔物の住んでる公衆トイレだね」

戦士「改めて聞くとおかしな話だな」

僧侶「村長の娘さんは無事でしょうか?」

勇者「早く助けなくちゃ…!」

勇者「行くよ!」

戦士「あぁ!」

ガチャ…

僧侶「こ、これは…!」

公衆トイレの中は?
1しっかりとしたダンジョンだった
2やっぱり普通の公衆トイレ
↓1

80 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/03(火) 18:24:00 ID:FMrSCJFc
1

81 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/03(火) 18:30:59 ID:3utXWTGo
くさそう(直球

82 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/04(水) 16:46:42 ID:CHAkLiog
ー公衆トイレー(1/3)

僧侶「こ、これは…」

戦士「な、なんだこの公衆便所の中は!?」

戦士「広い!ダンジョンになっている!」

勇者「ど、どうなってるの…?」

勇者「外側から見た時はただのトイレだったのに…」

僧侶「ううっ、私公衆トイレの匂いって苦手なんです…早く攻略しちゃいましょう」

勇者「うん、早く進もう」

戦士「…ん?あれは…?」

イベント安価(魔物が現れた、罠に引っかかったなど)
↓1

83 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 17:09:41 ID:BqMgTRcs
小便でできているスライムが現れた!

84 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 18:30:10 ID:zWwxmBXc
きったねえwww

85 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/05(木) 16:56:18 ID:6yAK0dmk
アンモニアスライム「ピキー」プルプル

勇者「なんだろ?この黄色で妙に濁ってるスライム?」

僧侶「初めて見るスライムですね…」

戦士「図鑑でも見たことが無いな新種か?」

アンモニアスライム「ピキー」プルプル

勇者「このスライム襲ってこないよ?悪い子じゃないのかも!」

僧侶「ですけど…このスライム変な匂いしませんか?」

戦士「便所…濁った黄色…こ、こいつまさか…!」

アンモニアスライム「?」プゥ〜ン

86 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/05(木) 16:57:10 ID:6yAK0dmk
戦士「こ、この匂いやっぱり間違いなさそうだな…!」

勇者「え?」

戦士「勇者!こいつは…にょ、尿で出来ているスライムだ!///」

僧侶「や、やはりそうでしたのね///」

戦士「そ、そうだ///」

勇者「た、確かにちょっと汚いけど悪い子じゃないよ?」

アンモニアスライム「ピキー」ピュー

戦士「」ビシャ

勇者「あ」

僧侶「あ」

87 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/05(木) 16:57:44 ID:6yAK0dmk
戦士「な、なにをする!!!!!」

ズバッ!!!!

アンモニアスライム「ピギィィィィィ!!!!?」

勇者「…」

僧侶「これは仕方ありませんわ」

戦士「さ、最悪だ…!お、おしっこをか、顔に…!/// 」

勇者「し、仕方ないよね….うん」

戦士「こんな最低なダンジョンは初めてだ!絶対ボスは許さん!行くぞみんな!」

勇者「う、うん」

次のエリアのイベント安価
↓1

88 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/05(木) 17:11:02 ID:Yow/439E
メタルキングを発見する

89 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/05(木) 17:11:26 ID:n.zvVh06
行方不明の村娘が拘束されて尿スライムの元となる尿を出し続けてる

90 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/05(木) 23:34:38 ID:Tu73A7PI
ボススライムの番(?)でう○こゴーレム(?)とかどうよ(最低)

91 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/06(金) 16:55:49 ID:kVLE1Pfc
・・・・

ー公衆トイレー(2/3)

戦士「むっ….あれは…」

勇者「どうしたの?….って…わぁ!?」

メタルキング「」

勇者「な、なにあの大きい銀色のスライム?」

僧侶「メタルキングですね。見た目通り防御が高くそして素早いスライムです」

戦士「もし倒す事が出来れば経験値がいつもの倍入るんだ」

勇者「本当!?よーし、頑張って倒すぞー!」

メタルキング「?」

秒数安価!
00-25秒でメタルキング撃破
それ以外だと逃げられます
↓1

92 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/06(金) 17:00:26 ID:v1n/O3cw
a

93 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/06(金) 17:07:43 ID:F35c4PBA
この板なら確実に秒狙えるのに…

94 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/06(金) 17:15:26 ID:Fy4SQy5.
まあ実質倒すかどうか安価で倒さないを選択したと思えばどうということはない
ゲームブック形式でもないし

95 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/06(金) 21:57:23 ID:ygj0jAz6
勇者「行くぞーっ!!」ブンブン

メタルキング「」ヒョイヒョイ

勇者「戦士の言ってた通り素早いなぁ……!なら……!」

勇者「ギガデイン!!」

僧侶「勇者様いけません!」

勇者「え?」

メタルキング「」ビシャァーーン!!!!

メタルキング「」ヘッチャラ〜

勇者「あ、あれ全然効いてないよ!?」

戦士「メタルスライム系は魔法は効かない体質なんだ」

勇者「そ、そうなんだ知らなかったよ…」

戦士「地道に殴るしかない…ってしまった!」

勇者「え?」

メタルキング「」ピュー

勇者「あ…ああああ!そ、そんなぁ〜!」

96 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/06(金) 22:33:46 ID:ygj0jAz6
・・・・

勇者「……逃げられちゃった……」

戦士「気にしなくてもいい次があるさ」ナデナデ

勇者「うん、ありがとう……戦士さん」

僧侶「うふふ、まるで姉弟みたいですね」

戦士「……私にはお前ら二人の方が兄妹に見えるけどな」

僧侶・勇者「?」

戦士「いや、なんでもない…」

イベント安価
↓1

97 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/06(金) 22:37:48 ID:rIRC6INo
怖い話を聞かされて怯えている魔物の子供を発見

98 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/07(土) 10:42:25 ID:R1uQpX36
公衆トイレ(3/3)

子供?「ヒックヒック…グスッ…」ガクガクブルブル

勇者「子供だ!魔物に攫われた子かな?」

戦士「君大丈夫かい……?」

子供?「え?……君達は……?」

勇者「僕は勇者だよここに居る魔物を倒しに来たんだ!」

子供?「そうだったんだ…あいついつも怖い話を僕に聞かせて怖がらせてるんだ!懲らしめてよ!」

勇者「まかせてよ!」

勇者「ところでキミ名前は?」

子供?「えっと・・・」

魔物子供の種族、特徴
↓1

99 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 11:57:02 ID:Q.EcJRzc
サキュバス
種族から早熟で体はすっかり大人だが精神はまだまだお子様

100 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 12:41:33 ID:Wylkr1O.
僕っ子尊い

101 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 16:43:46 ID:D2xMTR36
身体はすっかり大人を子供と見間違うfushiana eye

102 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 18:47:43 ID:uRLy8XTs
ワロリン

103 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 18:52:49 ID:uRLy8XTs
乳とか尻とか腰のくびれとかのスタイルは成熟した女だけど体格はちっさいとか(強引に擁護)

104 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/07(土) 20:41:53 ID:R1uQpX36
勇者「(あれ……この子よく見たら……?)」

サキュバス「ううっ…あいつの話怖かったよぉ〜…」ボンッ

戦士「(なんかおかしいぞ……?)」

サキュバス「ボク絶対あいつ許さないんだから〜!」キュッ

僧侶「(この人…………)」

サキュバス「でも、君達があいつを懲らしめてくれるんだよね!」ボン

三人「(……全く子供じゃない!?)」

サキュバス「どうしたのぉ?」ユサッ

勇者「(なんだこのおっぱい…す、凄い///)」

戦士「(身長も私よりでかいじゃないか……)」←172㎝

サキュバス「???」←180㎝

僧侶「(なぜ私達この人を一瞬でも子供と間違えたんでしょうか?)」

105 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/07(土) 21:27:08 ID:R1uQpX36
サキュバス「勇者クン!よろしくお願いね♪」ダキッ

勇者「わっ!?わわわわっ///!?」

サキュバス「勇者クンはいい匂いだね〜♪」スリスリ

ポヨン…ポヨン…

勇者「(おっぱい柔らかっ……///し、しかもいい匂い…///)」

戦士「(あまり精神年齢は高くなさそうだな)」ヒソヒソ

僧侶「(そうですね…身体だけが成長してしまったのかもしれません)」ヒソヒソ

僧侶「(サキュバスの一族は成長が早いと聞きます)」ヒソヒソ

戦士「(だとしてもアレはないだろ……)」

サキュバス「勇者かわいい〜♪」ギュッ〜

勇者「やめてよ〜!?子供扱いしないで〜!///」

106 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 22:42:07 ID:u.8NH2aA
ろくに読まないで安価だけとっちゃうとこうなるよね

107 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/07(土) 23:45:49 ID:D2xMTR36
まぁ何はなくともエロ展開に持っていきたい下心はオジサン理解しちゃうよ
溜まってたんだよな、分かる分かる

108 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 14:48:19 ID:N.Er8bOw
・・・・

ーボスの間ー

勇者「魔物!村長さんの娘さんを返せ!」

魔物「よく来たな勇者一行!奴は今から俺の怖い話を聞かせて小便をチビらせまくるんだ!」

戦士「そんな事はもうやらせん!」

僧侶「覚悟してください!魔物さん!」

魔物「ならば貴様らの首を魔王様に捧げてくれよう!」

サキュバス「勇者クン頑張って〜!」

勇者「う、うん!えへへ…」テレテレ

僧侶「鼻の下が伸びてますよ勇者様」

戦士「遊んでないで行くぞ!」

味方の行動安価(勇者、戦士、僧侶の誰でもいいです)
↓1

109 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 14:52:05 ID:J.sPJGg2
ゆうしゃは パルプンテを となえた!

110 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 14:53:10 ID:VIqXq5Y2
僧侶にデバフ呪文使わせたいけど使えるのかな
使えないようだったら安価下

111 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 18:21:10 ID:N.Er8bOw
近いうちに勇者パーティの装備と能力を載せます。

勇者「(この前覚えたばかりのあの魔法を使ってみようかな?)」

魔物「キシャーーッ!!」シュバシュバ

戦士「ぐっ!」バキッ

戦士「こいつ情報通りとんでもないスピードだ…!」

僧侶「回復は任せてください!」ピカァ

戦士「ふぅ…助かるよ…」

魔物「ちぃっ!」

勇者「僕に任せて!ーーパルプンテ!」

魔物「な、なに!?」

パルプンテでなにが起こった?
↓1

112 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 18:24:23 ID:Y8sB28rc
魔物の動きが遅くなった

113 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 18:24:54 ID:ReJFVo6w
魔物が痛風に

114 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 19:51:27 ID:N.Er8bOw
魔物「ぬぉおお………っ!?」ギコチナイ

魔物「な、なんだ…!?上手く動けねぇ…!?」

戦士「あいつの動きが鈍くなったぞ?」

僧侶「勇者様のパルプンテの影響だと思います」

魔物「お、おのれぇ!勇者〜!腹わた食らってやるわー!」ガォオオッ

僧侶「風魔法!」ゴォオオオッ

魔物「ぐぁああっ!?」ズババッ

戦士「遅くなった途端大したことないなこいつ」

魔物「な、なにぃ!?」

勇者「みんな一気に行くよ!」

魔物「さ、させるか!」

行動安価(味方、敵どっちでもいいです)
↓1

115 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 19:55:15 ID:CRJ6WS2A
魔物が勇者一行が引く程の命乞いをする

116 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 22:00:29 ID:N.Er8bOw
俺は何を書いているんだ……w

魔物「ま、待ってくれ!!許してぇ〜ん!勇者ちゃ〜ん!」

勇者「え?」

魔物「村長の娘を攫ったのはチョットした出来心だったんだよぉ〜」

魔物「もうやらないから許してぇ〜!」

魔物「勇者ちゃんの靴舐めるからお願い〜!ぺろんぺろん舐めてあげるわよ〜!」

勇者「い、いいよそんなのしなくて……許してあげるから村娘さんは何処?」

魔物「い、今案内します!」

戦士「いいのか?あんな奴許して?」

勇者「あんなに謝ってるし……なんか可哀想だよ」

僧侶「あれ謝ってるんですかね?」

117 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 22:02:53 ID:N.Er8bOw
・・・・

魔物「こ、ここに監禁してます…」

勇者「ありがとうね」

ガチャ…

魔物「おい、お前はもう帰っていいぞ」

村娘「いやぁあああああっ!もう怖い話はやめてぇぇぇっ!」

村娘「ふ、フジツボの話だけは!フジツボの話だけはぁああああっ!」

村娘「あぁぁぁ……」ガクッ

村娘「」ジョロロロロロ……

勇者「……………」

ニュルニュル……

勇者「!?」

勇者「む、村娘さんのおしっこが……!?」

アンモニアスライム「ピギーッ!」シャキーン

勇者「」

118 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/08(日) 22:12:44 ID:N.Er8bOw
・・・・

村長「勇者様娘を救ってくれてありがとうございます」

村娘「お恥ずかしいですわあんな姿を殿方に見られてしまうなんて…///」

勇者「い、いえ気にしないでください…」

戦士「無理だろ…」

僧侶「衝撃的でしたわ…まさかあのスライムが…」

戦士「やめてやれ」

勇者「あ、あはは…」

村長「そうですじゃ…娘を救って貰ったお礼をお渡ししますじゃ」

村長のお礼
↓1

119 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 22:14:06 ID:8EUCBqTw
ワシの槍(意味深)じゃよ

120 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/08(日) 22:17:02 ID:CRJ6WS2A
ジョジョ好きなの?

121 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/09(月) 16:54:07 ID:IYWvM2ME
村長「お礼はわしの槍(意味深)ですじゃ…///」

戦士「槍か…私は剣しか使えないな…勇者は?」

勇者「ううん、僕も戦士さんと同じだよ」

勇者「僧侶は?」

僧侶「私は魔法メインなので武器は使えません」

僧侶「(何故村長は顔を赤らめてるのでしょうか…)」

勇者「使えなくてもせっかくだし貰っておこうかな?」

村長「そうですか…///」

村長「では、ワシの槍を存分に堪能してくだされ!」ボロン

村長の槍「」ギンギン

勇者「」

戦士「」

僧侶「」

122 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/09(月) 16:54:45 ID:IYWvM2ME
その頃公衆トイレでは…

サキュバス「これに懲りたらもう悪い事しちゃ駄目だよ!」

魔物「わ、分かってるよ…俺はもう懲りたから魔界に帰るよ」

???「あら、勇者討伐に失敗してタダで帰れると思ってるのかしら?」

魔物「そ、その声は…!」

サキュバス「あっ、お姉ちゃんだ〜!」

サキュバス姉「ふふっ、久しぶりね?妹ちゃん?」

魔物「あ、貴方は魔王四天王の一人サキュバス姉様…」ガタガタ

サキュバス姉「うふふ…貴方みたいな役立たずはもう要らないわ死になさい」シュッ

魔/物「」ザシュ

サキュバス姉「うふふ…勇者…ただの可愛い坊やじゃないみたいね」

サキュバス妹「勇者クンは強くてカッコよかったよー!」

サキュバス姉「はぁ…帰るわよ妹ちゃん」

サキュバス妹「はーい!」

123 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/09(月) 16:55:18 ID:IYWvM2ME
・・・・

村長「」ボロボロ

戦士「そろそろこの村から出発しようか」

僧侶「そうですね…色々と酷い村でしたね」

勇者「次は何処に行けばいいのかな?」

僧侶「次は…あっ、大きな街みたいですね」

戦士「どんな街なんだ?」

どんな街?(名前と軽く特徴)
↓1

124 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/09(月) 16:58:01 ID:aDIAxNl2
海運業と商業が盛んな港町

125 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/09(月) 16:58:50 ID:aDIAxNl2
サーホルン
海運業と商業が盛んな港町

126 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/09(月) 18:25:03 ID:Fk9ZEdWc
さあ掘るん?

127 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/09(月) 23:03:35 ID:QEzpNA4c
勇者パーティの紹介

勇者(10)Lv12
伝説の勇者の息子。困った人をほっとけない優しい性格のショタっ子。ついでに巨乳フェチ
装備:銅の剣、母の手作りの服。
魔法、能力:ギガブレイク、デイン系、バイキルト、パルプンテなど

戦士(22)Lv15
長身長でサラサラヘアーのスタイル抜群の女戦士。生真面目な性格、魔法が使えない
装備:鋼の剣、鋼の盾、ビキニアーマー。
能力:剣術。

僧侶(22)Lv10
ボブカットで身長は勇者と変わらないロリっ子だが戦士と年齢は変わらない。優しく丁寧な性格
装備:僧侶の服、木の杖。
魔法:回復魔法、状態回復魔法、風魔法。

128 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/09(月) 23:21:46 ID:QEzpNA4c
ーフィールドー(1/2)

僧侶「次の目的地はサーホルンという海運業と商業が盛んでいる港町ですわ」

勇者「賑やかそうだね…」

戦士「では、出発するか」

勇者「うん、僕そろそろ装備変えたいな〜」

戦士「サーホルンで新しいのを買うか」

僧侶「きっといいのが見つかりますよ」

勇者「(戦士さんはずっとビキニアーマーのままでいて欲しいな…)」

戦士「?」

イベント安価
↓1

129 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/09(月) 23:23:27 ID:rUaD/js6
旅のサーカス一座と遭遇

130 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/09(月) 23:33:00 ID:tpe5jUv.
ぱふぱふまだー

131 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/10(火) 16:53:52 ID:alNtac4s
・・・・

団長「ふむ、困ったなぁ…」

座員A「このままでは公演に間に合いません!」

座員B「チケットも完売しています。何とかしなければ」

戦士「なんだ?あの派手な格好をして連中は…」

僧侶「しかも大荷物ですね」

勇者「どうしたんですか?」

団長「ん…?なんだこの子供…?」

勇者「子供じゃないです!僕勇者です!」

団長「ゆ、勇者だと…?」

勇者「はい!」

132 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/10(火) 16:54:26 ID:alNtac4s
僧侶「お困りの事がありましたら私達が解決いたしますわ」

団長「ま、また子供…」

バニーガール「団長?この人達に頼んでみるのもいいんじゃないかしら?」

団長「….しかしだなぁ…こんな事子供に頼むのわ…」

戦士「見た目は子供だが勇者と僧侶の実力は本物だぞ」

座員A「団長彼らにお願いしましょう!」

団長「う、うむぅ…」

バニーガール「坊やあたし達のお願い聞いてくれる?」タユン

勇者「は、はい…」

勇者「(この人も綺麗でいい匂いする…しかもおっぱい大きい///)」

133 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/10(火) 16:54:58 ID:alNtac4s
僧侶「勇者様?」

勇者「あっ、ご…ごめんなさい!」

僧侶「全く綺麗な人見るとすぐだらしなくなるんですから!」

バニーガール「ふふっ、エッチな坊やね?」

勇者「あぅ…///」

バニーガール「話を戻すわね?実は私達旅するサーカス一座なのよ」

戦士「サーカス?」

勇者「わぁ!面白そう!」

バニーガール「この先にあるサーホルンって街で公演する予定なんだけど…」

バニーガール「恥ずかしい話サーカスで使う動物達に逃げられちゃったのよ」

団長「我々は他の準備もしなてはならないんだ…だから代わりに探してきてくれないか?」

クエストを引き受ける?
↓1

134 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/10(火) 16:58:42 ID:lxUbAHgk
引き受ける

135 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/11(水) 16:45:20 ID:0C/RySQs
勇者「分かりました!任せてください!」

バニーガール「うふ…期待してるわよ?坊や?」

勇者「は、はい///お姉さんの期待に応えられるよう頑張ります///」

僧侶「逃げ出した動物というのは?どんなのでしょうか?」

戦士「像とかライオンか?」

団長「そんなそんじょそこらにいる動物なんかじゃない。」

座員B「物凄く貴重な生物です」

勇者「そ、そんなに?」

座員A「はい、そしてその動物というのは…」

逃げ出した動物は?(獣系の魔物も可)
↓1

136 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/11(水) 17:42:45 ID:csSDWSSI
鵺(発情期中)

137 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/11(水) 17:48:16 ID:nObJu2Qw
ただのトラツグミじゃないか

138 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/12(木) 16:56:50 ID:99EwqXas
・・・・

座員A「逃げられ動物その名は……!」

座員A「『鵺』だ!!」

勇者「ぬ…え?なにそれ?」キョトン

僧侶「鵺というのは大昔に存在した伝説の魔物の一種ですよ勇者様」

勇者「へぇ……え…?大昔?」

僧侶「はい、鵺は何百年も前に絶滅しました」

座員A「だけど一匹だけいたんだよな〜!あの神秘の森の奥深くに!」

戦士「神秘の森に?あそこは立ち入り禁止の筈だが?」

団長「馬鹿余計なこと言うな…」

座員A「す、すいません…」

団長「と、とにかく!鵺を見つけ次第我々に教えてくれ!サーホルンにいるから!」

戦士「……?」

139 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/12(木) 16:58:50 ID:99EwqXas
勇者「よし早速探しに行こう!」

戦士「あぁ…」

ー20分後ー

勇者「あっ!?あれじゃない!?」

鵺「ギュ、ギュルルルッ……///」ハァハァ

戦士「あの虎に似たような生き物…間違いない鵺だ」

僧侶「でも、どうしたんでしょう?様子が変ですよ?」

鵺「ギュ…ギュ…///」グチュ

勇者「うん…顔赤いし息も荒い…病気かな?」

戦士「かも…知れないな…」

勇者「君大丈夫?早く団長さんの所戻って体を診てもらおう?」

鵺「……!!」

鵺「ギュルルルルルッ!!!」バッ

勇者「え!?」

鵺が襲ってきた!
↓1(鵺の行動)

140 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/12(木) 17:42:21 ID:tuCId47g
勇者にマウンティング

141 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/13(金) 09:39:52 ID:5WfObNXs
だけどオスなら発情期はない筈だし、メスならマウンティングはしなさそう
ここから導き出される結論は一つ、つまり……

142 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/13(金) 09:53:36 ID:OCeqQLu.
アッー!

143 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/13(金) 10:25:37 ID:zkfVWtlE
犬のメスがオスみたいにするのと同じなんじゃない?(適当)

144 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/13(金) 16:48:51 ID:OzQGDMyw
鵺「ギュルルルッ!」バッ

勇者「わぁああっ!?」ドサッ

戦士「ゆ、勇者!?」

勇者「ぬ、鵺が僕お尻に乗っかって重い…!」

鵺「ギュ…ギュ…!///」カクカク

勇者「ひゃああっ!?腰を動かしてる!?」

戦士「なっ…なにぃ?」

僧侶「どうやら発情期だったようですね…」

鵺「ギュ…ギュ…ギュ…!!」カクカク

勇者「た、助けて〜!」

勇者「変な感触がするよー!」

戦士「い、今助けるぞ!」

145 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/13(金) 16:50:31 ID:OzQGDMyw
戦士「はっ!」ドカ

鵺「ギャ!?」ドサッ

勇者「戦士さんありがとうございます…助かりました…」

戦士「仲間なら当然さ、早くサーカス一座の連中に引き渡そう」

鵺「…!…ギュルルルルルッ!!!」ガォオオッ

僧侶「また襲って来ました!?」

戦士「くっ!団長には悪いが少し手荒な真似をさせて貰うか!」

鵺「ギュルルルッ!!ギュルルルッ!」ガォオオッ

勇者「(なんだろう?さっきからサーカスとか団長って言葉に反応している…)」

勇者「(もしかして戻りたくないのかな…?)」

僧侶「勇者様そっちに行きました!」

勇者「えっ!?あ、うん!」

鵺「ギュルルルッ!」

勇者の行動
↓1

146 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/13(金) 16:52:57 ID:vkNd0pEs
撫でる

147 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/13(金) 22:46:17 ID:clPxyGgg
ガイジやんけ!

148 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/15(日) 13:43:14 ID:1v0fP7Fw
勇者「……」スッ

鵺「ギュルルルルルッ!」ガブッ

勇者「うぐっ……!」

僧侶「勇者様!!」

勇者「だ、大丈夫!ここは僕に任せて…!」

鵺「ギュルルッ……!」ガジガジ

勇者「落ち着いて僕達は君の味方だよ……?」

勇者「だから怖がらないで…?君をサーカスなんかに引き渡さないよ?」ナデナデ

鵺「………ギュ、ギルルッ」パッ

勇者「よしよし、良い子だね」ナデナデ

鵺「キュ〜……」

戦士「勇者の言葉が伝わったのか…?」

149 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/15(日) 14:02:56 ID:1v0fP7Fw
・・・・

鵺「キュ〜……///」ペロペロ

勇者「あははっ…擽ったいよ〜!」

戦士「鵺の反応から見てやはりあのサーカス団怪しいな」

勇者「うん、立入禁止区域の神秘の森で捕獲したとか言ってたよね…」

僧侶「調べてみる必要がありそうですね」

勇者「じゃ、サーホルンに行ってみようか」

鵺「キュ〜……」

勇者「あっ…鵺はどうしよう……」

戦士「ここに置いて行くわけにもいかない連れて行こう」

鵺「キュ………」

勇者「大丈夫絶対渡したりしないから」ナデナデ

鵺「ギュル!」

150 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/15(日) 14:06:51 ID:1v0fP7Fw
ー港町 サーホルンー

ワイワイ………ガヤガヤ……!

勇者「僧侶の言う通り賑わった街だね!」

僧侶「えぇ、東の村とは大違いですね」

戦士「やめろ、あそこはもう思い出したくもない」

鵺「ギュルルルル……」

勇者「さて、まずは……」

1サーカスに行く
2王様に会いに行く
3その他(買い物など。なんでもいいです)
↓1

151 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/15(日) 14:09:13 ID:A/t/Ufvc
1

152 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/16(月) 12:12:46 ID:P8xzQ2ck
ーサーカスのテントー

団長「え〜い!あのガキ共は何をやっているんだ!」

座員A「このままじゃ鵺の取り引き相手が来てしまいますよ」

座員B「もしかしてガキ共に俺らがサーカス団と偽った密猟者グループだってバレたんじゃ…?」

バニーガール「アンタがあの時余計な事言うからよ…」

バニーガール「まぁ、あのガキ共頭悪そうだし大丈夫よ」

団長「だといいのだが…」

「そういう事だったのか!」バン!

団長「なに!?」

153 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/16(月) 12:13:16 ID:P8xzQ2ck
戦士「サーカス団ではなく密猟者グループだったとはな」

僧侶「そんな気はしましたわ」

勇者「他の動物達も解放しろ!!じゃないと許さないぞ!」

鵺「ギュルルルッ!」

団長「ゆ、勇者!それに鵺!?」

座員A「あ、あわわ…!」

戦士「大人しく諦めるなら憲兵に引き渡すだけで勘弁してやる」

団長「う、うるせぇ!てめぇらやっちまいな!」

座員A・B・バニーガール「オー!」

勇者「みんな構えて!」

行動安価(勇者側、密猟者側どっちでもいいです)
↓1

154 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 12:32:41 ID:F7JUEOGs
団長が突如現れたヒットマンから団員達を庇って(魔法を)撃たれて死亡

155 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 13:24:20 ID:eGm3Idw.
キボウノハナー

156 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/17(火) 16:58:25 ID:Sts/CJv2
未だにおねショタ要素がなくてタイトル詐欺になってる….w

・・・・

座員A・B・バニーガール「うぉおおーーっ!!」

勇者「喰らえ!ギガデインーー」

シュバ!

一同「!?」

「…………」シュタ!

戦士「な、何者だ!?」

僧侶「い、いつのまに!?」

団長「誰だか知らねえが邪魔すんな、やっちまえ!」

座員A「へ、へい!わかりーー」

「……死ね、闇魔法」

座員A・B・バニーガール「え?」

カッ!

157 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/17(火) 16:59:44 ID:Sts/CJv2
ドォォォォォォォ……!!!

戦士「す、凄い威力だ…!」

僧侶「あの者とんでもない実力者みたいですね…!」

勇者「あ、あいつらはどうなったの!?」

鵺「ギュル…」

モクモク……

座員A「あ、あれ?なんともない…?」

座員B「うわっ!?だ、団長!?」

団長「」

バニーガール「ま、まさかアタイらを庇ってくれたのかい…!?」

団長「に、逃げろ…て、てめぇら…こいつは只者じゃねえ…逃げて生きろ!」

座員A・B・バニーガール「だ、団長…!」

団長「……は、早く行け!」

座員A・B・バニーガール「う、うわぁああああ!!!」ダッ!

団長「て、てめぇら…と、止まるんじゃねえぞ…」

158 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/17(火) 17:00:19 ID:Sts/CJv2
団長「」

「しまった下っ端を逃してしまった…」

「追わなければ…」

勇者「ま、待って!あ、あなたは何者ですか…?」

ヒットマン「私はあの密猟者グループの抹殺を依頼されたヒットマンだ…」

ヒットマン「お前達には悪い事をしたな仕事を奪われるわけにはいかなかったのだ」

僧侶「いや、気にしてはいませんが…」

ヒットマン「そうか、では私はまだ仕事がある逃げた奴らを始末せねば」

ヒットマン「では、いつかどこかで会おう…」シュバ

勇者「行っちゃった…」

戦士「急展開過ぎるだろ…」

ヒットマンの性別と特徴
↓1

159 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/17(火) 17:23:42 ID:62KFPP0.

全身真っ黒のコート、実はその下はグラマラスな裸体でショタ勇者を見て濡れている

160 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/17(火) 18:48:43 ID:JdfWJZqw
ヘンタイダー

161 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/17(火) 20:41:26 ID:LbCYhZAg
オンゲーで知り合った女子をなんとか口説いて会ったら意外に可愛くてオレ歓喜。
見てる世界の色が変わった気がするぜ。
この方法と飯代があればお前らにも可能なんだけどな。
goo.gl/8B5Uf7

162 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/18(水) 16:57:14 ID:YhaXGeyI
・・・・

勇者「なんだか不思議な人だったね?」

僧侶「……えぇそうですね」

勇者「黒のコートがカッコよかったなぁ〜また会えるといいなぁ……」

僧侶「……」

僧侶「(私は見逃さなかったです…彼女が勇者様を見た時の妖艶な目を…)」

・・・・

バニーガール「がはっ…」ドサッ

座員A・B「」

ヒットマン「これで任務終了だな…それにしても…」

ヒットマン「テントにいた男の子可愛かったなぁ…///」

ヒットマン「もうあの子見ただけでパンツビショビショだ…///やっぱりショタは金髪に限るな…///」ビシャビシャ

ヒットマン「あの子に乳首吸われたいなぁ…///」ボヨン

ヒットマン「あっ…また濡れてきちゃった///」グチュ

163 ◆5fDzIKcvH2 :2018/07/18(水) 16:57:49 ID:YhaXGeyI
・・・・

ー宿屋ー

勇者「(その後密猟者達に捕まっていた珍しい動物や魔物達は無事保護されました)」

勇者「(鵺は僕達と離れたくなかったみたいです)」

鵺「ギュル〜」ペロペロ

勇者「あはは〜擽ったいよ〜!」

勇者「(だから僕達の魔王退治について行く事になりました)」

勇者「(この街に住んでる王様には明日挨拶する事になったので夜まで自由時間になりました)」

勇者「(このまま鵺と遊ぶのもいいけど…どうしようかな)」

1誰かと出かける(戦士、僧侶のどっちか。出かける場所指定)
2一人で出かける(出かける場所指定)
3鵺と遊んでる
4自慰する
↓1

164 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/18(水) 17:00:44 ID:D5mHqwkI
1僧侶 劇場


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa