したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

魔人「わ、私は屈しないからね!!」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:08:37 ID:HVCinCvg
剣士「行くぞぉ!! おらぁ!」ブンッ

魔人「おっと」サッ

剣士「おおおおおおお!!」ズバババババ!!

魔人「おいおい、それで本気かい? 止まって見えるよ人間」

剣士「なにぃ!?」

魔人「攻撃ってのは......こうするんだよ!!」グワッ

剣士「!? ぐあぁ!?」ドガァ!

魔人「ハ! 呆気ないねぇ?」

剣士「グ......まだ......だぁ」

魔人「へぇ、普通の人間ならこれで終わるんだが......あんたは頑丈だねぇ?」

剣士「うるさい!! おおおおお!!」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:09:18 ID:HVCinCvg
魔人「でもまぁ、終わりさ」ドゴォ!!

剣士「ッ!? ゲホォ!!」バタッ

魔人「私なんかに勝負を挑むからさ......ふーん、良い剣だねぇ? フン!!」ザンッ

剣士「.........っ!」

魔人「生殺与奪......生きるも死ぬも、勝手にしな」スタスタ

剣士「ま、まてぇ!!」

魔人「これに懲りたら魔族に手を出さないこったね? 武者修行も良いけど程々にねー」スタスタ

剣士「............く、くそぉ」

剣士「くっそおおおおおおおお!!!」

剣士「(初めて......負けた......魔族の女に......)」

剣士「だが.........次は......次は負けねぇ!! 負けねぇからなぁーーー!!!」

剣士「...............」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:10:23 ID:HVCinCvg
ーーーーーー
ーーーー
ーー

ー五年後ー


剣士「............やっと見つけたぜ魔人さんよ」

魔人「んー? お前は......へぇまたやられに来たのかい?」

剣士「覚えててくれたんだな......」

魔人「まぁねぇ、アンタみたいに正々堂々闘う人間なんて初めてだったからさ、人間は卑怯な手ばかり使うからね?」

剣士「それは悪かったな、だが安心してくれ」

剣士「俺は小細工なんてしねぇ!! 五年前の借り.........返させてもらうぜ!!」

魔人「............」

剣士「何をしている構えろ」

魔人「.........ふふ、ふふふ」

剣士「なぜ笑う!」

魔人「五年も私のこと探してたのかい?」

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:10:57 ID:HVCinCvg
剣士「負けたままじゃ俺が納得できないからな......」

魔人「へぇ......じゃあもう五年......頑張りなぁ!!」

剣士「.........」ガキン!!

魔人「な!?」

剣士「今の俺は......五年前とは違うぞ?」

魔人「へぇ、やるじゃないか?」

剣士「.........」フッ

魔人「!? きえーー」

剣士「油断しすぎだ......」ドンッ!!

魔人「ガ!?」ドサッ

剣士「これで借りは返したぞ?」

魔人「驚いたよ......こんなに強くなってたなんてさ」

剣士「.........アンタのおかげだ」

魔人「そう、かい......ぅ」パタ

剣士「.........」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:11:45 ID:HVCinCvg
ーーーーーー
ーーーー
ーー

魔人「.........ぅ、私は......」

剣士「気づいたか」

魔人「!? なぜここに!!」

剣士「俺がどうしようと勝手だろう?」

魔人「お前は私を倒した......五年前の雪辱を晴らしたんだ、ここにいる理由はないだろう?」

剣士「いや、アンタを倒せたら伝えようと思ったことがあった」

魔人「............なんだ」

剣士「五年前......人生で初めて勝負に負けた......」

魔人「.........」

剣士「正直挫折したよ、魔族といえど女に負けたんだ。でもな」

剣士「アンタに負けた悔しさを糧に、この五年間、己を鍛えられたのも事実だ......国では剣聖とまで言われるくらいにな」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:12:16 ID:HVCinCvg
魔人「だからなんだ? お礼でも言うのか人間」

剣士「俺の名前は剣士だ、アンタは?」

魔人「.........魔人だ」

剣士「じゃあまーさんだな」

魔人「おま.........変な名で呼ぶな!」

剣士「待て、まずは聞いてくれ」

剣士「俺は五年間ずっとまーさんを忘れた事はなかった。まーさんに勝ちたいと......苦しい時も辛い時も乗り越えて来た」

剣士「そして気づいた、俺は」

剣士「アンタが好きだ」

魔人「」

魔人「は?」

剣士「嫁になってくれ」

魔人「な、何を馬鹿なことを......大体お前は人間、私は......」

剣士「関係ねぇ」ギュ

魔人「なな!?/// おまえなにして!? 手を離せ!!///」

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:13:03 ID:HVCinCvg
剣士「まーさんにとっては俺はそこらへんにいる人間かもしれない......」

剣士「でも、俺はアンタに惚れたんだ......絶対幸せにする!!」ギュ!

魔人「.........本音は断りたいぞ」

剣士「.........っ!!」

魔人「だが、魔族の決まりでな勝者は絶対だ、好きにしろ.........///」

剣士「!! よっしゃぁーー!!」

魔人「こ、こらひっつくなぁ!?///」

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:13:59 ID:HVCinCvg
ーーーーーー
ーーーー
ーー

ー剣士宅ー

魔人「.........はぁ、変なことになったねぇ」

魔人「ま、そのうち愛想尽かすだろ......」

剣士「ただいま」

魔人「お帰り、今日はどう......」

剣士「やっと帰ってこれたよ」ギュウ

魔人「ひゃぁ!?/// いきなりなんだい?」

剣士「嫁を抱きしめて悪いか?」なでなで

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:14:35 ID:HVCinCvg
魔人「わ、私はお前より歳上だぞ! 子供扱いするな!!」ペチ

剣士「そんなこと言わないでくれよ......好きだからやってんだ」

魔人「/// 馬鹿かお前は......」

剣士「まーさんに言われるなら馬鹿でもいいよ?」

魔人「ぐ/// お前は変な奴だな.........」

剣士「かもな」

魔人「.........ふん///」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 02:15:07 ID:HVCinCvg
続く

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/12(月) 17:02:40 ID:F7GtSPdY
続け

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/23(金) 00:31:19 ID:SDH0S4VQ
何処でひねってくるのかと思ったらまさかのストレート嫁展開
ここからどう繋げていくのか気になるところ

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/12(木) 20:12:37 ID:Av71/OOo
続き

はよー


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) - 樫木祐人

マキナタで暮らしたい……

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa