したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

生まれて此の方

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:24:44 ID:EeZM1EpI
男は夜道をあてもなく歩いていた。
風がぬるくなったと感じた。
車が往来する大通りだった。特段何もない。
コンビニ、小さなビル、マンション、一軒家が連なる東京の大通り。
東京といっても、他人に言えばそこはどこだと聞き返されるような所だ。
一人暮らしをしているアパートからただぶらりと歩いていた。
理由は無かった。

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:31:02 ID:EeZM1EpI
夜の大通りはライトでオレンジ色に染められていた。男の吸っていたタバコの煙がオレンジ色の中に消えていった。
真夜中に歩く人影は男1人。
車のエンジン音がすれ違っては遠くに消えていく。
なんとなく心が落ち着いた。
男は歩きながら、自分の生きてきた人生を振り返った。

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:38:01 ID:EeZM1EpI
生まれて此の方、恵まれているのか恵まれていないのかわからない。
ある面では恵まれていない。だがある面では恵まれている。
家族には恵まれなかったが、友人や他人には恵まれた。
金には恵まれなかったが、心の豊かさには恵まれている。
そんな事を考えるが、最近は毎日が楽しくないと感じている。
それは自分が不幸だからか。しかし、一人暮らしでも何とか食っていけている。
それだけでも幸せなのだろうと頭では分かっている。
職場には恵まれている。
何が心を満たさないのか。それが分からない。

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:44:20 ID:EeZM1EpI
まだ学生だった頃は、過信と希望とが自分を支配していた。
未来は自分次第でいくらでも変えられる。そういう過信で明るくいられた。
だが環境は暗かった。母はなく、父も老境に入り、金の余裕は無かった。
いつからか現実の環境が自身にのしかかってきた。
それからだろうか、毎日が楽しくなくなったのは。

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:51:07 ID:EeZM1EpI
自分はもっとやれると信じられなくなったのだろうか。
もっとやれる。だが、過ごす日々は怠惰で、惰性で、自分の欲に流される。
自らが描く理想の自分とは真逆の自分を生きている。
だからだろうか。いや、分からない。
だが、夜は明ける。命がつづくかぎり、明日がまた自らにやってくる。
そんな日々を今、過ごしている。

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/05(月) 23:52:36 ID:EeZM1EpI
何が自分を満たすのか。分からない。
男は家へと足を向けた。
今日も答えは出なかった。



7 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/08(木) 15:27:21 ID:zAu0P5KQ
お前は俺か



新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

【Amazon.co.jp限定】Just Because! 第3巻<初回限定版>(全巻購入特典:「比村奇石描き下ろし全巻収納BOX」&「鴨志田一書き下ろしドラマCD」引換シリアルコード付) [Blu-ray] - 小林 敦

(´;ω;`)ブワッ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板