したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ベロニカ「鞭を上手に使いたい!!」

1 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:11:46 ID:3ffAozRI
ドラクエ11SSです

二次創作は初なので口調とか目をつむってください

主人公の名前はイレブンです

2 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:12:32 ID:.r48jS3M
ベロニカ「らせん打ち!!」

ベロニカ「もぉ〜!!なんでうまくいかないのよ!!」

シルビア「あらあら、ベロニカちゃん鞭の練習してるの?」

ベロニカ「魔法ばっかりじゃあMP無くなったとき困るから使えるようになればいいかなって・・・」

シルビア「それならみんなに協力を煽ればいいのに。こんな森の中で一人で練習しなくてもいいじゃない」

ベロニカ「だって・・・はずかしいから・・・」

ベロニカ「そ、そうだ!シルビアも鞭使えるよね!使い方教えて!」

シルビア「そぉね〜・・・それじゃあ直接は教えられないけどいい練習方法は教えてあげる」

ベロニカ「練習方法?」

3 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:13:09 ID:.r48jS3M
ベロニカ「双竜打ち!!」

カミュ「おぉ〜!いつの間に鞭スキル鍛えたんだ?」

ベロニカ「こんなの朝飯前よ」

セーニャ「さすがです、お姉様」

イレブン「・・・」

4 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:13:46 ID:.r48jS3M
セーニャ「・・・うん・・・あれ?お姉様?おトイレですか?」

セーニャ「扉が開いてる・・・あそこも・・・あれはシルビア様のお部屋・・・」

セーニャ「まさかお姉様、シルビア様と・・・」

5 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:14:51 ID:.r48jS3M
シルビア「さあ、ベロニカちゃん、今日もイレブンちゃんの中に入っている悪魔を払ってあげなさい」

ベロニカ「ね・・・ねぇ・・・こんな格好でイレブンを相手に練習する必要あるの?イレブンも目隠しして拘束されてるし」

シルビア「勿論、その特性の真っ赤なラバースーツ、それを着てるとイレブンちゃんの悪魔が興奮して外に出やすくなるのよ」

ベロニカ「こんなの・・・はずかしい・・・」

シルビア「そのうち恥ずかしさは無くなるわ」

シルビア「まずはいつも通り背中に鞭を入れてあげて」

ベロニカ「ふう・・・くっ、はっ、やぁっ!」

イレブン「ん、んん、んんん!!」

シルビア「そうそう、悪魔が出ていこうとしてイレブンちゃんが喜んでるわ」

6 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:15:47 ID:.r48jS3M
シルビア「もっともっと打ってあげなさい!」

ベロニカ「やぁ!はぁ!くぅ!!」

イレブン「んん!んんん!んんんんん〜!!!」

シルビア「ふふふ、どう?ベロニカちゃん。準備運動はできたかしら?」

ベロニカ「はぁはぁはぁはぁ・・・」

シルビア「それじゃあイレブンちゃん、反対になって」

イレブン「んん」

ベロニカ「きゃっ///」

シルビア「ベロニカちゃんなれないわね〜。イレブンちゃんの肉棒立派だものね〜」

ベロニカ「うぅ〜・・・」

シルビア「今度はおなかに鞭を入れてあげて」

ベロニカ「ん!くぅ!はぁ!」

イレブン「んんんん〜!!」

7 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:16:20 ID:.r48jS3M
シルビア「そうよ!悪魔が出たがってイレブンちゃんは喜んでるわ!」

シルビア「だんだん下の方に鞭の打ち付ける箇所を下げて行って!」

ベロニカ「はぁ!はぁ!くぅ!やぁ!」

イレブン「んん!んんん!んんんんん〜!!!」

ベロニカ「きゃぁっ!」

シルビア「イレブンちゃんの白い悪魔が出たわ。お疲れ様。今日の特訓はこれまでよ」

ベロニカ「はぁはぁはぁはぁ・・・ど、どうもありがとう・・・」

シルビア「着替えて戻った方がいいわ。あんまり長い間部屋を離れると変に思われちゃうわよ」

ベロニカ「はい・・・」



セーニャ「お、お姉様・・・そんな・・・あんなこと・・・」

セーニャ「どうしましょう・・・カミュ様に相談した方がいいのかな・・・」

8 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:17:04 ID:.r48jS3M
ベロニカ「極竜打ち!!」

カミュ「どんどん強くなるな。いったいどんな特訓してるんだ?」

ベロニカ「えへへ、内緒〜」

セーニャ「・・・」

9 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:18:21 ID:.r48jS3M
ベロニカ「きょ、今日からシルビアは立ち会わないって」

ベロニカ「あたしが・・・たっぷり可愛がってあげる・・・」

ベロニカ「ほら・・・おしりを突き出して・・・」

ベロニカ「そうそう、せい!」

イレブン「んん〜!」

ベロニカ「どう?気持ちいい?まだ悪魔は出ないから我慢してね」

ベロニカ「・・・こ、こういうのも気持ちいいの?」

イレブン「んんん〜!」

ベロニカ「お尻の穴にヒールのかかとを突っ込まれて興奮してるの?」

ベロニカ「悪魔が出たがってる?まだ我慢して。たくさん出させてあげるから」

ベロニカ「ほらほら、動かないで・・・お尻が傷ついちゃうよ」

イレブン「んん〜」

10 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:19:02 ID:.r48jS3M
ベロニカ「ほら!動かないの!」

イレブン「んん!」

ベロニカ「はぁはぁはぁはぁ・・・」

ベロニカ「今度は仰向けになりなさい・・・はやく!」

ベロニカ「ビンビンね。まだ出させないわよ、ほらほら・・・踏まれるの気持ちいいの?」

イレブン「んんん〜!」

ベロニカ「ほら!ほら!がまんして!」

イレブン「んんん!」

ベロニカ「はぁはぁはぁはぁ・・・」

ベロニカ「さぁ!出したいんでしょ!盛大に出しなさい!さぁ!」

イレブン「んんんんんん〜〜!!!」

11 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:19:46 ID:.r48jS3M
ベロニカ「・・・こんなに出しちゃって・・・あたしの足にかかっちゃったじゃない・・・」

ベロニカ「さぁ・・・舐めてくれない?大丈夫、出た瞬間に悪魔は逃げてるから・・・」

イレブン「はぁはぁ・・・んん・・・チュル・・・ジュルル・・・」

ベロニカ「はぁはぁはぁはぁ・・・きょ、今日はこれまでね・・・ちょっと待ってね・・・今ほどいてあげるから・・・」

イレブン「・・・」

ベロニカ「なんであたしの特訓に付き合ってくれるの?こんなのおかしいでしょ・・・」

イレブン「・・・」

ベロニカ「きゃっ!急に抱きしめないでよ!」

12 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:20:20 ID:.r48jS3M
ベロニカ「な、なに・・・?ちょっと・・・だめ・・・んん・・・」

ベロニカ「ばか・・・何いきなりキスするのよ・・・」

ベロニカ「ちょっと、舐めちゃダメ、くすぐったい・・・」

ベロニカ「だめ・・・そこのチャック開けないで・・・」

ベロニカ「見ないで・・・恥ずかしい・・・」

ベロニカ「ダメ!舐めちゃダメ!」

ベロニカ「うぅ〜・・・だめぇ・・・だめ!吸っちゃダメ!もうやめて!これ以上はダメ!!」

ベロニカ「お、おしっこ漏れちゃってる・・・何うれしそうに飲んでるのよ・・・」

ベロニカ「ま、またおっきくなってるの・・・」

ベロニカ「・・・仰向けに寝なさい・・・はやく!」

13 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:20:54 ID:.r48jS3M
ベロニカ「こんなに大きくさせちゃったのわ、あたしのせいだから・・・責任取って搾ってあげる」

ベロニカ「だ、大丈夫よ・・・初めてでも・・・知識はあるわ・・・」

ベロニカ「くぅ・・・いたい・・・大丈夫・・・心配しないで・・・」

ベロニカ「どう?あたしの中気持ちいい?」

ベロニカ「痛いけど気持ちいいよ・・・イレブンのオチンチン気持ちいいよ!」

ベロニカ「いいよ、出して・・・たくさん出して!くぅぅぅぅ!」

ベロニカ「こ、これからも特訓に付き合ってもらうから覚悟しなさい!」

14 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:21:28 ID:.r48jS3M
セーニャ「お、お姉様・・・」

シルビア「セーニャちゃん、覗きなんて趣味が悪いわよ」

セーニャ「し、シルビア様・・・」

シルビア「あんなもの見せられちゃったら興奮しちゃうよね。大丈夫、セーニャちゃんにもいい相手用意してあるわ」

セーニャ「あ、あの・・・」

シルビア「大丈夫、カミュちゃんは女の子の扱い方をよくわかっているから安心してね」

15 ◆gxgeF/n1Es :2018/01/28(日) 17:23:22 ID:.r48jS3M
ベロニカSS書きましたがDQ11でのNo.1ヒロインは幼馴染のエマです
次いでベロニカだと思ってます

これをプロットに誰か同人誌書いてくれないかな〜


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ(ペールゼン・ファイルズ版) - バンダイ

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa