したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

ロリババア「お主が今度の贄か」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:11:05 ID:H16CNPOY
ロリババア「そんなに怯えることはないぞ、お主はこれから儂とまぐわうのだからな」

ロリババア「お主の好きな容姿を教えてくれまいか?」

ロリババア「ん?なに、千年も生きると体を自由に操ることができるのでな」

ロリババア「どれ・・・こんなものかの」

ロリババア「子供の容姿のまま乳だけ大きくするとはお主なかなか変態じゃな」

ロリババア「さて、早速・・・」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:11:42 ID:H16CNPOY
ロリババア「兄上、朝でございますよ」

ロリババア「早く起きないとお天道様に叱られてしまいますよ」

ロリババア「お仕事に行きたくない?何をおっしゃっているのですか」

ロリババア「しっかり働かないとご飯はあげませんからね」

ロリババア「きゃっ・・・兄上、いきなり引っ張らないでください」

ロリババア「え・・・駄目ですよ・・・血は繋がっていないとはいえ兄妹なのですよ」

ロリババア「駄目です・・・あ・・・そんなところ触らないでください・・・」

ロリババア「ん・・・ち、違います・・・気持ちよくなんか・・・」

ロリババア「ひゃん!ちょ、直接触らないでください・・・」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:12:12 ID:H16CNPOY
ロリババア「あ、兄上・・・やめてください・・・」

ロリババア「だ、駄目・・・見ないで・・・」

ロリババア「駄目です!入れちゃ駄目です!」

ロリババア「んん・・・い、入れちゃ駄目って・・・言ったのに・・・」

ロリババア「あ、あ、んん、あぁ・・・え・・・出しちゃ駄目です・・・」

ロリババア「赤子が出来てしまいます!駄目です!んんん・・・」

ロリババア「あ、兄上のうつけ者・・・赤子ができたらどうするのですか・・・」

ロリババア「え・・・その時は夫婦に・・・嬉しいです・・・」

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:12:56 ID:H16CNPOY
ロリババア「ふー、どうじゃ、儂のイメクラもなかなかのもんじゃろ」

ロリババア「まだまだ足りないからな、他にはどんなのがいいんじゃ?」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:13:29 ID:H16CNPOY
ロリババア「主様、主様、起きてください」

ロリババア「いつまで寝ているんですか」

ロリババア「昨夜も遅くまで起きて本を読んでいたのですか?」

ロリババア「まったく、異国の文化もいいですけど自分の体調も考えてください」

ロリババア「こんなに散らかし・・・て・・・」

ロリババア「な、なんですかこれは!?異国の春画!!?」

ロリババア「なんて卑猥なものを読んでいるんですか!?」

ロリババア「や、ヤキモチなんて焼いてないです・・・」

ロリババア「ですが、主様の性処理はワタクシが・・・」

ロリババア「か、かわいいだなんてそんな言葉で誤魔化されませんよ!」

ロリババア「・・・そ、それじゃあ・・・しょうがないですね・・・」

ロリババア「春画なんかにうつつを抜かさない様に搾り出してあげます」

ロリババア「んん・・・チュル・・・ジュル・・・」

ロリババア「どうですか、もう出そうですか?」

ロリババア「まだ大丈夫?それじゃあもっと強く吸い上げますね」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:14:15 ID:H16CNPOY
ロリババア「ジュルル・・・ジュルルルル・・・んん!・・・ん・・・ごくん・・・」

ロリババア「いっぱい出ましたね、ご馳走様です」

ロリババア「次はこちらに出してください」

ロリババア「んん・・・動いてもいいですか?」

ロリババア「んん・・・あぁ・・・あ、あ、ああ、あん・・・ああ・・・」

ロリババア「いつでも出していいですよ・・・たくさん出してくださいね」

ロリババア「あぁああ!はぁはぁはぁはぁ・・・気持ちよかったです・・・」

ロリババア「ワタクシがいるのですから春画は没収ですからね!」

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:14:55 ID:H16CNPOY
ロリババア「ふー・・・お主、性癖に引き出しがないの・・・」

ロリババア「あまり設定に変わりがないじゃないか」

ロリババア「なに?さっきのご主人は病弱な設定?細かすぎてわからんわ」

ロリババア「今度はもっと違う設定はないのか」

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:15:37 ID:H16CNPOY
ロリババア「可愛い坊や、そんなに悲しい顔してどうしたの?」

ロリババア「・・・うん・・・そうなの・・・よく頑張ったね、よしよし」

ロリババア「そんな頑張った坊やにはご褒美あげないとね」

ロリババア「さあ、母の乳ですよ、好きなだけお飲みなさい」

ロリババア「んん・・・美味しい?よしよし」

ロリババア「あらあら、こんなに珍宝大きくしちゃってどうしたの?」

ロリババア「母の乳を飲んで興奮してしまったのかしら」

ロリババア「しょうがない坊やですね」

ロリババア「母の手でスッキリさせてあげますね」

ロリババア「どうですか?気持ちいいですか?」

ロリババア「まあまあ、こんなにたくさん出して、溜まっていたのですね」

ロリババア「いいのですよ。坊やは母のものなのですから」

ロリババア「坊やから出たこれも母のものです」

ロリババア「チュル、ジュルル・・・ペロ・・・」

ロリババア「坊やのものを舐めとったら母も興奮してしまいました」

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:16:26 ID:H16CNPOY
ロリババア「母のここが見えますか?ここからあなたが産まれてきたのですよ」

ロリババア「これからあなたは母の中に戻るのです」

ロリババア「もう一度母と一緒になりましょう」

ロリババア「んん・・・どうですか?気持ちいい?」

ロリババア「それでは動きますね・・・」

ロリババア「んん・・・あぁ・・・んん・・・母はとても気持ちいいです・・・」

ロリババア「出して、出してください!母の奥に坊やを感じさせてください!」

ロリババア「んんん!あはは・・・こんなにたくさんあなたを感じさせてくれてありがとう」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:17:04 ID:H16CNPOY
ロリババア「なんというか・・・変態じゃの・・・」

ロリババア「アメリカではマザーファッカーというのは侮辱だが日本ではほめことばになるのかの」

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:17:38 ID:H16CNPOY
ロリババア「お主も呑むか?」

ロリババア「なに、安物の酒じゃ」

ロリババア「下戸なのか?違う?飲むと性格が変わるから飲まないようにしてるのか」

ロリババア「今日はそんなこと気にせず呑め」

ロリババア「いい飲みっぷりじゃな。ほらもう一杯」

ロリババア「あ、なんじゃ・・・直接呑むとは不躾なやつじゃな」

ロリババア「まあまだあるからいいが・・・あ・・・儂の酒・・・」

ロリババア「そんなに呑みたいのか?それならもっと持ってくるから待っとれ」

ロリババア「きゃっ!なんじゃ、いきなり押し倒しよって」

ロリババア「か、顔が近いぞ・・・んん!ん・・・んん・・・」

ロリババア「い、いきなり口吸いするやつがあるか・・・」

ロリババア「ひゃっ!いきなり脱がすでない!したいならしたいと言えばいいのに・・・」

ロリババア「ちょ・・・どこ触っておるのじゃ?そこは尻穴ぞ?いじるようなところではないぞ!」

ロリババア「ん・・・指なんか・・・入れるな・・・」

ロリババア「そんな汚いところ触るでない・・・」

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:18:35 ID:H16CNPOY
ロリババア「ちょ、ちょっと待て・・・入れる気なのか?ちょっとやめ・・・いぃぃぃ!」

ロリババア「そこ入れる場所ではないと・・・言ったのに・・・」

ロリババア「う、動くな!痛い・・・んん・・・い、いた・・・いい・・・んんん・・・」

ロリババア「んんん!あ、熱い・・・尻の中が焼けるようじゃ・・・」

ロリババア「あ・・・何出しておるのだ・・・小水・・・やめ・・・んんん・・・」

ロリババア「は、腹が・・・腹が破けそうじゃ・・・」

ロリババア「ま、待て・・・まだ抜くな・・・抜いてはならん!」

ロリババア「あぁぁぁぁ!ぬ、抜くなといったのに・・・見るなぁ・・・んんん・・・で、出るぅ・・・」

ロリババア「お、抑えるな!出てしまうのじゃ!」

ロリババア「厠へ行かせろ・・・あぁぁ・・・あぁぁぁぁぁぁ!」

ロリババア「こ、こんなところで脱糞させおって・・・掃除はお主がせい・・・」

ロリババア「なに・・・まだ尻穴に入れたいのか・・・この変態め・・・」

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:19:26 ID:H16CNPOY
ロリババア「全く、この変態が!いくらわしが勧めたとはいえよって覚えてないじゃと!?」

ロリババア「お主は儂の尻穴を辱めたのだぞ?これは仕置きが必要じゃな」

ロリババア「ちょっとまっておれ・・・んん・・・こんなものかの」

ロリババア「これが何かだと?見ての通り儂の珍宝じゃ」

ロリババア「身体を変えるのを応用すればこんなともできるのじゃ」

ロリババア「さあ、尻を出せ!何嫌がっておるのじゃ!?」

ロリババア「安心しろ、無理やり入れるなんてことはせん」

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:20:03 ID:H16CNPOY
ロリババア「この軟膏を尻穴にすりこんで・・・」

ロリババア「もう柔らかくなったぞ。なかなか効く軟膏じゃな」

ロリババア「さあ、覚悟せいよ!ふん!」

ロリババア「んんん!なるほど・・・これは確かに気持ちがいい・・・」

ロリババア「なんじゃその顔?尻穴を辱められているのに感じているのか?」

ロリババア「なんじゃ!この!変態が!!そんなに気持ちいいのか!」

ロリババア「そんなとろけた顔しおって・・・もっと儂にだらしない顔を見せろ!」

ロリババア「出すぞ!当たり前だろ、射精も小水も出せるぞ!んんん!」

ロリババア「まだ出し足りないの、尻穴が擦り切れるまで使ってやるからな」

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:20:45 ID:H16CNPOY
ロリババア「何怯えているのじゃ・・・もともとはお主が悪いのだろう」

ロリババア「まったく、無理やりするのは性に合わんが、仕置のためじゃ仕方あるまい」

ロリババア「何?尻穴が閉じなくなった?それならまたいつでも使えるな、良かったじゃないか」

ロリババア「・・・まあ、儂もやりすぎた・・・すまなかった」

ロリババア「それじゃあお詫びに・・・まぐわおうか?んん?なんじゃ勃たないのか?」

ロリババア「しょうがないの、この媚薬を使って勃たせてやるから覚悟するんじゃな」

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/23(火) 21:21:24 ID:H16CNPOY
たぶん続かない

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/25(木) 16:42:20 ID:2LkiZSCM
続けるのじゃ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション - 新海誠


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa