したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

渋谷凛「藍子と草原」

1 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:26:59 ID:iS/TfXQg
                                    __
                                 > ..::::::::::::::.ヽ
                               〃.::::::::::::::::::::::::::.∨
                              {::::::::1:::::::::::::::::::::::.
                              |:::::::::ト、::::::::::::::::::::::i
                              |:::::::::l)j}:::::::::::::::::::::!
                              |:::::::::! イ!;:::::::::::::::::::.V
                              |::::::/ ー从:::::::::::::::::::.∨
                              |:::/ ,r≦ニ∨.::::::::::::::::.V
                              レ イl!レ≦!V.::::::::::::::::. V
                               /_/ニニ!ニV.::::::::::::::::.∨
                             、イニニニニ八ニ∨ヘ∧::::::::.V
                         _ ≦ニ,vj!ニニニニ∧ニニニV∧::i!
________________、≦ニニニ≦_,/!二二二二∧ニニニV.::八_____ _
三三三三三三三三三三三三三三三乂二≦'///∥!}二二二二ニ_≧_二二V/三三三三三二ヾ
三三三三三三三三三三三三三三三_L/三三三∥ノ二r≦三三二二二二ソ;三三三三三三二i!
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三∥二_(三三二二二二ニ≦三三三三三三三ニノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/jl二ニ≧二三三二ニ≦´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´
                            i{l八二二二二二ニ∨
                             `{二二二二二二ニ〈
                             八二三三三三二∧
                               ∥.::∥.::::j!::::i::::::i::::i:::Λ

前作 渋谷凛「事務所にわんこ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1514103714/

2 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:29:24 ID:iS/TfXQg
:.ヽ   _     _ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:~:::..... ノ~::::: ... ヽ  ,:::::::...) ::::::::::::::::::::::::::::::::::  ― - :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            |  :::::::::::::::::::::::::(;;,,,,, ___):::::::::
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,,,,___):::::::::::::::::::::::::
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,
.::::....  ........ .  ....::....::::........:....r'' ::: ::::::::::::: :::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::  ,,,,,, ,,/~   \,,,__
.....::::::::.....::::......y.ノ........... .......... :::::/__;;):::: :::::::: :::::::::::::: ::: ::::::::::: /
:iiiiii::;iii:i; イ........,.,:    ....::::::r''~::::::(;;;;;;___): ::::::::: ::: :::::::: ::::  /|ヽ,,
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r/  ''ヽ,,,,
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|li  /ii   ゝ,    ,,
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/....::::..ノ  ̄::::: : ::: ::::: :::: ::::::: ::::: ::::: :::::: ::::: ::::: ::: //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '
::;i;..  .::i;:ii:ii;/ ::: :::: :::: ::: ::: ::: :::: ::: :: : :::: ::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::: :,|r    /i  /⌒ |
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ノ~''' '''ヽ_    _,,,, ,,,,, ,,,_ ,,::: :: ::: :: : :: :: : :;|| ll |    ノ/   /ii
: ... ::;;;:.. |      /::ゝ'⌒~        ~/;ヽ_,,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l
;ii;:: , .::;ii;: .| ""  "/:: .            /;;;;/    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
_i;::;.ii:.; ヾii.|     /::.. . .      ,, ,,   ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii
; ; ..;ii;.::;;;il.;|      ::..                           ヽ|~ _|ll ll|
;iiii;,,;i ; ,  ;|""      ""          ,,, ,, ,,,             ⌒  ヽ,,l__
;i;;iii::iiiii;: ;;ヾ."""" ""      "
i;;ノiiiiii;i;i::..ヘ; ヽ,..""     ""                     ,, ,,, ,
"""",,""",,,,"""",,,, """ ""     ,,,, ,         ,, ,
",,,,""",,,, """""   ""

3 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:29:56 ID:iS/TfXQg

渋谷凛(職業:蒼の勇者)「おはようございまーす」ガチャッ

高森藍子(職業:散歩達人)「あ、凛ちゃんおはよう」

凛「あれ?藍子だけ?」

藍子「はい、何か事務所がとても広く感じますね」

凛「そうだね。まるで青々(蒼々)とした草原みたいだね」

藍子「戦士族・獣戦士族の攻撃力と守備力が200あがりそうです」

凛「風も気持ち良いね」ファサッ

狼(職業:狼王)「・・・」

4 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:30:30 ID:iS/TfXQg

凛「・・・」

藍子「・・・」

凛「さすがにこれは無理があるね」

藍子「そうですね」

狼「・・・!」

凛「青々としたを蒼で表現するには無理があったよ」

藍子「文字にするか凛ちゃん検定の準2級は必要ですね」

狼「・・・」

5 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:31:02 ID:iS/TfXQg

凛「とりあえず、せっかく事務所が広いしここで自主トレでもしようか」

藍子「そうですね。あ、バンテージ巻きます?」

凛「ありがと、ニーパッドあるけど使う?」マキマキ

藍子「ありがとうございます」ハメハメ

凛「前足、出して、爪手入れするから」

狼「・・・」スッ

藍子「即席ですけど、枝で道具作りました」

凛「器用だね」スッスッ

6 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:31:38 ID:iS/TfXQg

ガイコツ剣士A「・・・」

ガイコツ剣士B「・・・」

ガイコツ剣士C「・・・」

ガイコツ剣士D「・・・」


ガイコツ剣士のむれが現れた


凛「あれって愛梨のプロデューサーかな?頭が輝いてるし」

藍子「4人ってことは世界に似ている3人を見つけ出したんですね!」

7 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:32:11 ID:iS/TfXQg

ガイコツ剣士たちは一斉に襲いかかってきた

ガイコツ剣士's「!!!!」

凛と藍子はひらりとかわした 狼にはきかなかった

藍子「茜ちゃんのタックルに比べると止まって見えますね」

凛「私と藍子を狙うってことはスレンダーアイドルを淘汰することが目的か」

藍子「なるほど・・・エゴサしてもスレンダーだからいい、胸がないから好きって意見結構ありますもんね」

狼「ガウウウウウ!!!」

狼の攻撃 たいあたり ガイコツ剣士達は粉々に砕け散った

ガイコツ剣士のむれをやっつけた 780Gを手に入れた やくそうを手に入れた どうのつるぎを手に入れた

8 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:33:01 ID:iS/TfXQg

藍子「あれ、砕けちゃいましたね」

凛「ほんとだ」

藍子「もしかしてこれって」

凛「うん」

狼「・・・!」

藍子「麗奈ちゃんの悪戯ですね!」

凛「そうだね。白骨死体の模型なんてどこから持ってきたんだか」

狼「・・・」

9 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:33:56 ID:iS/TfXQg

藍子「せっかくだし骨を使って簡単なキャンプ作ってハーブティーでも作りましょうか」

凛「うん、お願い、私たちは枝とか乾燥した葉っぱとか集めよっか」

狼「・・・」コクッ

藍子「火はこの古い竹刀(どうのつるぎ)でなんとかなりそうですねー、まるで古い10円玉みたいです」カチッカチッシュボッ

凛「この骨とか竹筒代わりになるかも」スッ

藍子「あ、いい感じですね」フー フー

狼withいっかくウサギ「・・・」

凛「うわ、何その物騒なうさぎ・・・実験動物?」

10 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:34:26 ID:iS/TfXQg

藍子「こんな角あると危ないですねー。うさぎちゃんには可哀想だけど、ナムナム」

凛「ナムナム」

狼「・・・」

藍子「せっかくだし、食べてみます?」

凛「待って、文香から借りた本で読んだんだけど、狩りたての動物は血抜きが必要らしいよ」

藍子「さすがに血抜きはやったことないですね・・・」

凛「やれそうなのは幸子と七海あたりか・・・」

藍子「わんこちゃんは」 狼「・・・」フルフル 凛「だめかー」

11 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:35:15 ID:iS/TfXQg

藍子「待ってください。ここにはハーブも火も木も骨もあります」

凛「だから血抜きは・・・」

藍子「ハラワタを直接取り出せばなんとかなるんではないでしょうか!」

凛「!!!!!」





凛「これがキメラみたいなうさぎのホルモン焼きか・・・まぁ、悪くないかな」

藍子「癖は強いし匂いもまだ残ってますけど、クジラよりかは食べやすいですね!美味しいです!」

狼「・・・」ムシャムシャ

12 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:35:58 ID:iS/TfXQg

凛「でも、夜になっても誰も来ないなんて妙だね」

藍子「・・・凛ちゃんひょっとして、ひょっとしたらですよ」

狼「・・・!」

藍子「みなさんインフルエンザにかかったのではないでしょうか!」

凛「そっか、そうだよね。この時期やばいもんね」

狼「・・・」

藍子「最近忙しかったですからねぇ」

凛「忙しいのはありがたい話でもあるんだけどね」

13 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:36:29 ID:iS/TfXQg

藍子「凛ちゃん、大変です!」

凛「どうしたの藍子」

狼「・・・!」

藍子「歯ブラシがありません!」

凛「そういえばお気に入りの蒼の歯磨き粉もない!」

狼「・・・」

藍子・凛「「眠くなる前に探さないと!」」

※数時間後 無事に保護されました。 ついでに魔王を倒して世界も救いました。

14 ◆BnbM8CVpzA :2018/01/05(金) 04:38:05 ID:iS/TfXQg
                _ -‐………、ノ__
              /: : : : : : : : : : `: :¨¨`
.             /: :..:/ : ハ: : :、: : : : :.'. `
               ′:|: ': :/ '.: : :ト、: |: :八:|---、_ -――-            おしまい
              |: :i|: j{′  \{` \:..:.|:`_.   \\     ` ,
              ト、: ハ| ━    ━ | : |-- __  }  \    ’.,
           _.   }: {          |: :从 ´  `¨´   \    ’ ̄\
       r-- ¨    ノ 圦   、 )  /: 〈 _ --、. '.            }ー―\
     ∠ 〉____八: :{__> -- イ、::(7′. ̄`. '.        ノ―――‐
               ` j〉    / `¨}:)    _ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

スクールガール・コンプレックス SCHOOLGIRL COMPLEX - 青山 裕企

“ 挑発か、無防備か── ”
少年の視点で切り取られた、少女に対する戸惑いと妄想。

女子校生に対するうしろめたいような感覚、
フェティッシュな視線、思春期の原風景としての“スクールガール・コンプレックス”

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa