したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

にこ「色とり忍者やるわよ!!」2

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 08:56:47 ID:Y6qpsGwM

前回→にこ「色とり忍者やるわよ!!」http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1510254427/l50

前回の続きから始まります

前作のおまけからです

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 08:59:57 ID:Y6qpsGwM
第1回色とり後日談

穂乃果「じゃ、またねー!」

凛「ばいばいにゃー」

花陽「明日ねー」

絵里「気をつけて帰りなさいよ」

ガチャ バタン

海未「…ことり」

ことり「うん、海未ちゃん みんな、またね」

ガチャ バタン

希「ウチらも行こっか♪」

にこ「どこによ」

希「ウチの部屋♪」

にこ「しょうがないわね……///」

真姫「私もついてくわよ!」

希「にぎやかでええね♪ 来るもの拒まずやん♪」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:01:07 ID:Y6qpsGwM
ーー夜、ことり宅

海未「ことり、ごめんなさい…」

ことり「いいんだよ? 海未ちゃんは女の子からとっても人気だし、部活でもしっかりやってるから仕方ないの…」

海未「しかし…」

ことり「 たまたま見ちゃったのがたった一回なのかも知れないし、たくさんあるうちの一回だったかも知れないから…」

海未(…!)

海未「いずれにせよ、向こうの一方的な行動に過ぎません…それに…」

ことり「それに…?」

海未「私が…だっ、抱きつきたいのは……//」

海未「こ…ことり…ですから…///」

ことり(恥ずかしいはずなのに…頑張って言ってくれた…// 嬉しいよぉ…海未ちゃん…)

ことり「海未ちゃん…すきぃ…//」

海未「ことり…//」ギュゥ…

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:01:53 ID:Y6qpsGwM
ことり「海未ちゃんの髪…さらさらできれい…」

海未「ことりだって…いい匂いで…とても、落ち着き…ます…//」

ことり(海未ちゃん…海未ちゃんっ…)

ことり(キス…しちゃお…かな………いいよね…?)

ことり「海未ちゃん… 目を…閉じて?//」

海未「ことり…?」

海未「……………………。」

ことり(海未ちゃんのくちびる……)

海未「まだ…開けてはいけませんか…?」

海未「あの…こと」 チュッ

海未(〜〜っ!?!?////)

ことり「んっ……んんっ……//」

海未(は、はれんち……です…!///)

海未(です…が……//)

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:03:02 ID:Y6qpsGwM
ことり「ちゅ……ん………」

海未「こ…とり……///」

ことり「ん〜…?///」

海未「っ!/// 」

ことり「海未ちゃんは…ことりのものなのっ…♪」

海未「ことり…///」

海未(それからは、2人だけの時間を過ごして、明日また一緒に登校する約束をして、解散しました)

ことり「また明日ね 迎えに行くから♪」

海未「ええ、待っていますよ」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:03:44 ID:Y6qpsGwM
ーー同じ日の夜、希の部屋

にこ「希!それに真姫ちゃんも、なんなのよ」

希「ウチはただ、お題に答えてるだけやん?♪」

真姫「にこちゃんが可愛いのがいけないんでしょ?//」

にこ(はっきりと言ってくれるわね…//)

にこ「真姫ちゃん…」ズイッ ジーー

真姫(近い…っ!!///)

にこ「にこ、かわいい…?//」

真姫「っ!!!!!/////」

希(接近して、首までかしげてそんな事聞かれたら、落ちん女はおらんやろなぁ…♪ 自分の武器わかってて、あざとくて可愛いなぁにこっち…////)

真姫「か、かっ、可愛い!…わよ…!!!」

真姫「にこちゃんは宇宙一可愛いわ…///」

にこ「うれしい…♪」

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:04:57 ID:Y6qpsGwM
にこ「まきちゃん…♪」 チュッ

真姫「!」

にこ「ちゅ……んむ……んっ…」

希(攻めとる…今日は特に……にこっちの興奮がウチにも伝わってくるほど…///) ドキドキ

にこ「ん……まき…ぃ……ちゅ…」

希(ウチの事なんか見ずに、ただただ真姫ちゃんを必死で求めてる…まるで盛りの付いたネコやね…///)

真姫「…にこ…ちゃん……んっ…」

希(ええなぁ…ウチも混ざりたい…目の前でこんな見せられたら…)

真姫「………。」ドサッ

にこ(…!///)

希(真姫ちゃんが押し倒した…ウチのベッドの上で始まっちゃう…)

真姫「にこちゃんばっかり主導権握るのは嫌よ…!私だって…」ドキドキ

にこ(真姫ちゃん…///)

にこ「いいよ…にこのこと…好きにして?//」ニコッ

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:05:43 ID:Y6qpsGwM
真姫「いいのね…! にこちゃん…」ゴソゴソ

にこ(脱がしていいとは言ってないわっ!! あっ…///)

真姫「はぁ…はぁ…にこちゃん…」スゥゥゥ

希(肌着の匂いを直接…///その位置は…脇?//)

真姫「にこちゃんの匂い…ふふっ…//」ペロッ

にこ「ひゃんっ//// な、なによぉ…変なとこなめるんじゃないわよ…///」

真姫「にこちゃん…かわいい…」ペロペロ…

にこ「あぁ、あう…///」

希(もう限界や…! ウチも混ざる…)

希(四つん這いになってる真姫ちゃん…お尻がガラ空きやん…♪ 独り占めにはお仕置きが必要やね♪)

希「まーきちゃん♪」サワ

希「独り占めはずるいやん♪」サワサワ…

真姫「あっ…ん/// 希! なに触ってんのよ!//」

希「悪い子にはわしわしMAXや〜」ワシワシ

真姫「普段は胸でしょ!? いやっ/// あ…///」コロッ

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:06:39 ID:Y6qpsGwM
希「やっぱり真姫ちゃんは触り心地ええなぁ〜」

真姫「もう!イワナイデ!」

にこ(いいなぁ…希のわしわし…私も……い、いや!なにを考えているの、にこ! 触られたいだなんて…そんな…///)

にこ「にこにーも…悪い子なのぉ…おしおき…されないとぉ……////」

希「ん〜? よく聞こえんかったなぁ〜」ニヤニヤ

希「ほら、近くに来たから今度はよく聞こえるよ?」ドサッ

真姫(今度は希がにこちゃんに馬乗りしてる…//)

にこ「…ぉしおき…されたい…にこっ///」 ドキドキ

にこ(上に乗られて…希の身体の感触が…/// 柔らかい…//)

希「よく言えました♪」チュッ

希「んっ…///」

にこ「ん〜!///(舌…!// 入って…/// 希、の…//)」

にこ(希のくちびる…柔らかくて…キス…気持ちいい…///)

希(にこっち…/// にこっちすき////)

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:07:37 ID:Y6qpsGwM
希「……ん…」ニコッ

にこ(〜〜っ!!!//// やっぱり希には敵わないわ…///)


にこ(……その後は、3人でじゃれあったり、お風呂に入ったりして、結局泊まることになったわ)

にこ(私が寝る直前まで、2人は私を求めて来て、一番最初に寝ちゃったの)

にこ(目が覚めたら、2人の顔が目の前にあって…)

にこ「…ん…」パチッ

真姫「にこちゃん♪おはよう♪」

希「寝顔、襲いたくなるほど可愛かったやん♪」

にこ「昨日散々襲ったでしょーが!」

にこ「支度して学校、行くわよ。今日も負けないんだから!」

巻のニへ続く…

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:45:22 ID:Y6qpsGwM
にこ「色とり忍者するわよ!」

花陽「やるッ!」ガタッ!!

凛「かよちん、前回とやる気が段違いだにゃ…」

ことり(あんなお題思いついちゃったからね…)

希「みんな、予習復習やってきたんやろなぁ〜?」

絵里「バッチリよ!裏切りも準備したわ!」

穂乃果「おおっ!? やる気十分だね、絵里ちゃん!」アセアセ

海未「穂乃果、予習ぐらいはしましたよね?」グッ…

穂乃果「あ、はは もちろんだよ〜(汗)」

にこ(海未もなかなかガチになってるじゃない♪)

真姫「また私の挨拶から始まるわけ?」

にこ「当然よ! 朝のニュースキャスターばりにやるのよ!」

真姫「にこちゃんが言うなら…//」

にこ「よろしくね!」(ちょろいわねぇ)

希「早速着替えに行くやん♪」

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:46:18 ID:Y6qpsGwM
一同「おーっ♪」

ワイワイ ガヤガヤ

花陽(ぴんくなきもちぴんくなきもちぴんくなきもちぴんくなきもちぴんくなきもち…///)

花陽(そういえば、順番はどうするんだろう…前のままじゃ、海未ちゃんツボ係確定お題にしかならないよ…)

花陽(そうだ! ちょっと提案してみよう…)

花陽「あ、あの…」

にこ「ぁによ?」

花陽「答える順番って、前と一緒なのかな…?」

にこ「本家は据え置きよ? ただ、学校でやるときはその時座ってたままでやることの方が多いわね」

穂乃果「じゃあ順番変えてやろうよ!」

凛「かよちんナイスにゃ! これで希ちゃんから解放されるにゃ〜」

希「かわりに誰がウチの次になってくれるかやな〜♪」ニヤニヤ

絵里「問題はどうやって順番を決めるかね…」

花陽(どうしよう…次が海未ちゃんとかだったら最悪だよぉ…)

ことり「くじびき…かなぁ」

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:47:03 ID:Y6qpsGwM
花陽(ピャア! まずいよ… このままじゃ…運要素が強い!)

海未「誕生日順など、いかがでしょうか?」

花陽(お誕生日!? 花陽は1月、2月…はいないもんね、3月は…)

_人人人人人人_
> 園田 海未 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

花陽(ダレカタスケテー!!!!) チーン

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:47:56 ID:Y6qpsGwM
花吉

海未助

真姫兵衛

希丸

おにこ

穂乃影

こと佐衛門

絵里蔵

凛太郎

花吉で一周

真姫「うん、まぁいいんじゃないかしら?」クルクル

希「だと、ウチの次はにこっちやね♪やったやん♪」

にこ「…やばいわね…!」

真姫(希、覚悟しなさいよ…! にこちゃんは私が守るんだから!)

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:48:36 ID:Y6qpsGwM
凛(ハッ…かよちんの心肺が停止してるにゃ!ここは凛が…!)

凛「凛はくじがいいにゃー!」

花陽(凛ちゃん…!!!!)

にこ「くじよ!公正だわ!!」

花陽「私も…くじがいいかなぁ」

希「なんや、面白そうやったのになぁ」

ことり「やっぱりくじだよね♪」

ことり(このままじゃ花陽ちゃんのお題を海未ちゃんに阻止されちゃうもんね♪)

穂乃果「先に着替え終わった穂乃果と絵里ちゃんでくじ作ってくるね!」タタタ…

真姫(にこちゃんが希から離れるならまだいいわね…ここは乗っておくわ)

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:49:34 ID:Y6qpsGwM
ほのパパが仕事の合間にツボの位置を調べていた頃…

将軍家に伝わる黄金の壷が何者かに盗まれた…
壺に秘められし魔力を使い世界征服を目論む
悪の軍団の仕業である

百合展開とメンバーの確執渦巻くスクールアイドル
その名も、彩一族を呼んだ…!


真姫兵衛「おはようございまーす!!」ペコッ

おにこ「様になってるわね!」

真姫兵衛「キャラじゃないわよ…///」

穂乃影「くじが出来てるよー!」

ことにこぱなりんまき (ドキドキ…)

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:50:28 ID:Y6qpsGwM
ババッ

真姫兵衛「1番」

希丸「8番やね」

おにこ「ぬぁんでよ!!」

希丸「おにこ…?もしかして…」プププ

おにこ「9番よ…さっきと変わらないじゃない…」

穂乃影「穂乃影は2番だよ!」

海未助「5番です」

凛太郎「3番だにゃ」

こと佐衛門「7番♪」

絵里蔵「4番ね」

花吉「6番…ですっ!」

花吉(やったぁ!これで…!!)

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:51:02 ID:Y6qpsGwM
真姫兵衛

穂乃影

凛太郎

絵里蔵

海未助

花吉

こと佐衛門

希丸

おにこ

真姫兵衛で一周

花吉(海未ちゃんに止められない〜♪)

こと佐衛門(またあのお題が出せるね♪)

海未助「順番が決まりましたね、負けませんよ…!」

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:51:44 ID:Y6qpsGwM
みんなでシュッシュッ シュッシュシュ♪
色とり忍者〜♪


巻の二 花吉のごはん

潜∧入
<○>
其∨一


真姫兵衛「二回目になったけど、手は抜かないわよ?」ダイジョーブ♪

真姫兵衛「特に希丸は手練れよ、大丈夫よね?」ダイジョーブ♪

おにこ(口調がなってないけど、キャラが立ってるわ。それにしてもノリノリね…♪)

真姫兵衛「いくわ! せーのっ」

シュッシュッシュシュシュ!!!!!!!!!

真姫兵衛「赤い野菜!」シュッシュッ

穂乃影「トマト♪」シュッシュッ
   「オレンジの果物!」シュッシュッ

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:53:12 ID:Y6qpsGwM
凛太郎「みかん!」シュッシュッ
   「紫の果物!」シュッシュッ

絵里蔵「ぶどう!」シュッシュッ
   「紫の果物!」シュッシュッ

海未助「ぶどう!」シュッシュッ
   「紫の景色!!」シュッシュッ

花吉「ら、ラベンダー畑!」
   お み ご とシュッシュッ
  「ぴんくなきもち!」シュッシュッ

一同(!?)

こと佐衛門「海未ちゃんのうなじ!」シュッシュッ
海未助(ことり…!)
     「ぴんくなきもち!」シュッシュッ

希丸「にこっちの寝顔!」シュッシュッ
おにこ(…っ!!/// 今朝のっ…!!!///)
  「ぴんくなきもち♪」シュッシュッ

おにこ「希のくちびる!」シュッシュッ
希丸(言ってくれるやん♪)
    「ぴんくなきもち!」シュッシュッ

真姫兵衛「にこちゃんのわき!」シュッシュッ
おにこ(真姫まで…!//)
    「ぴんくなきもち」シュッシュッ

21 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:55:54 ID:Y6qpsGwM
穂乃影「三年生のおっぱい!」シュッシュッ
のぞえりにこ(言い切った…///)
    「ぴんくなきもち!」シュッシュッ

凛太郎「かよちんのおなか!」シュッシュッ
花吉(ええっ///)
   「ぴんくなきもち!」シュッシュッ

絵里蔵「海未のふともも!」シュッシュッ
海未助(絵里…!?// ど、どこ見てるんですか!!!// )
   「ピンクの食べ物!」シュッシュッ

海未助(くっ…!裏切り!)
   「ソーセージ!!!」シュッシュッ

おにこ(ぴんくな展開から「ソーセージ」、どの口が破廉恥って言うのよww)

希丸(頭の中ピンク色やなぁ♪)

絵里蔵(海未…思春期かしら)

こと佐衛門(海未ちゃん…流石にそれは///)

海未助「白い車!」シュッシュッ

花吉「海未ちゃんwwwwwソーセージってwwwwwwww」

凛太郎(かよちん、めっちゃウケてるにゃ…)

真姫兵衛(色んな意味でソーセージはピンクね)

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:56:38 ID:Y6qpsGwM
穂乃影(…?みんなどうしたのかな? 笑いをこらえてる…?)


ブーッ

ブォォォォーッ

ツボオシー!!! ツボオシー!!!


花吉「ピャアアア!ヤッチャッタヨォ!」 ダダダダダ

海未助「破廉恥なお題に天罰です♪」

絵里蔵(あら…破廉恥なのは自分なのに…自覚が無い様ね)

ザザザッ

ガシィ ドタァ

ほのパパ「…………。」グググゥウゥゥゥゥゥゥ!!

ほのパパ「…………。」

花吉「イヤァァァァァァ!!!!」


ビタァン ドドドド…

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:57:37 ID:Y6qpsGwM
凛太郎「初回の花吉は恒例かにゃ(笑)?」

真姫兵衛「ツボ押されてるとき、何か言われてなかった?」

花吉「『破廉恥はお前だろって言ってやれ』って言われたよ…w」

おにこ「一体誰のことでしょうねぇ〜」ニヤニヤ

海未助「そのお題は封印ですっ!///花吉、真面目にやりなさい!」

花吉「ひっ…ゴメンナサイ…」(どうしよう…みんなノリノリだったのに空気読んでくれないよぉ…)

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:58:38 ID:Y6qpsGwM
潜∧入
<○>
其∨二

花吉「ぴんくなきもちは封印されたでござる!大丈夫でござるか!?」ダイジョーブ

花吉「はっ、破廉恥は海未助でござる!大丈夫でござるか!?」ダイジョーブww

花吉「いくでござる!せーのっ!」

シュッシュッシュッシュシュ!!!!!!!!!

花吉「緑の野菜!」シュッシュッ

こと佐衛門「ほうれんそう!」シュッシュッ
     「ゴールドのお寿司!」シュッシュッ

希丸「数の子♪」シュッシュッ
  「ゴールドの扇子♪」シュッシュッ

おにこ「Angelic Angel!」シュッシュッ
希丸(なかなかやるやん♪)
    「ももいろのμ's!」シュッシュッ

真姫兵衛「にこちゃん!!!!!!!!!」シュッシュッ
    「ももいろのμ's!」シュッシュッ

穂乃影「にこちゃん!」シュッシュッ
    「ももいろのμ's!」シュッシュッ

25 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:59:09 ID:Y6qpsGwM
凛太郎「にこちゃん!」シュッシュッ
「ももいろのμ's!」シュッシュッ

おにこ(自分でやっといて恥ずかしいわね…///)

絵里蔵「にこ!」シュッシュッ
「ももいろのμ's!」シュッシュッ

海未助「にこ!」シュッシュッ
「白い飲み物!」シュッシュッ

花吉「牛乳っ!」シュッシュッ
「青いリボン!」シュッシュッ

こと佐衛門「二年生♪」シュッシュッ
「青いロボット!」シュッシュッ

希丸「ドラえもん♪」シュッシュッ
「紫の飲み物!」シュッシュッ

おにこ「むらっ…!? 」
ブーッ

おにこ「のぞみぃぃぃぃ!!!」
希丸「ぶどうジュース、でええやん?」

ブォォォォーッ

ツボオシー!!! ツボオシー!!!

26 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 09:59:51 ID:Y6qpsGwM
ザザザッ

おにこ(明らかにママがいるわね…) ダダダダダ

ほのパパ「……」ガシッ
おにこ「うっ!」

にこママ「…………。」グリィィィッ ギュゥゥゥゥ…!!!

おにこ「いたっ!! ちょっとぉ!ママぁぁぁ!!!!」
希丸(あーあ、あんなに叫んじゃって…♪)
真姫兵衛(……今度呼ばせてみようかしら…)

ビッタァン!
おにこ「に゛こ゛ぉっ!!!」

ドドドド…

おにこ「あ、あう……」ピクピク

海未助「締めに一本背負いをかけるとは…」

こと佐衛門「矢澤流はスパルタなんだね…(汗)」

おにこ「希丸…覚えてなさいよ…」

27 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:00:33 ID:Y6qpsGwM
潜∧入
<○>
其∨三

凛太郎(今回はやたら場が荒れるにゃー…)

絵里蔵(KKEは未だにミスなしね…♪)

花吉(出しちゃだめかなぁ…ぴんく…)

穂乃影(みんな今日はそわそわしてない?)

真姫兵衛(あとで背中さすってあげたいわね…)

こと佐衛門(痛がるにこちゃんも悪くないなあ…///)

おにこ(背中いたいわ……裏切りには注意ね…)

希丸(にこっちテンパるとかわいいなぁ♪ ちょっと可哀想やけど♪)

海未助(絵里は普段私のそういうところを見ていたのですか…?? おかげで二潜入目は集中出来ませんでしたよ…!!)


おにこ「また宙を舞ったわ!リストバンドの時以来よ!大丈夫でござるか!」ダイジョーブww

おにこ「生まれて初めて親に一本背負いされたでござる!大丈夫でござるか!」ダイジョーブwwww

おにこ「せーのっ!!」

シュッシュッシュシュシュ!!!!!!!!!

28 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:02:01 ID:Y6qpsGwM
おにこ「緑の食べ物!」シュッシュッ

真姫兵衛「グリーンカレー」シュッシュッ
「赤い封筒」シュッシュッ

穂乃影「UR!」シュッシュッ
「黄色いお寿司!」シュッシュッ

凛太郎「たまご!」シュッシュッ
「青い食べ物!」シュッシュッ

絵里蔵「ブルーチーズ!」お み ご と シュッシュッ
(今よ!ロシア忍法!)
「Черное животное!」シュッシュッ
( 黒 い 動 物 )

一同(!?)

海未助「卑怯ですよ!!!!」


ブーッ

絵里蔵「…♪」ドヤーチカ

ブォォォォーッ

絵里蔵「海未助!行きなさい!」

海未助「どうして私が…くっ」ダダダダダ

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:02:40 ID:Y6qpsGwM
ツボオシー!!! ツボオシー!!!

ザザザッ

ほのパパ&亜里沙&雪穂「………」スルー

海未助「…はっ!」

希丸(やっぱりな♪)

絵里蔵「あ、あ……」

ガッシィ

ほのパパ「………。」グリィィィ!!

雪穂「…………♪」グリィィィィッ

亜里沙「…………♪」グリグリグリィィィィィッッ!!

絵里蔵「痛い! 痛いチカァ!!」

亜里沙「ズルはダメよ、お姉ちゃん♪」

ビタァン ドドドド…

絵里蔵「うっ、ううっ…」

真姫兵衛「自分が絵里蔵の次じゃなくて良かったわ…」

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:03:36 ID:Y6qpsGwM
花吉「絵里蔵ちゃん…ちょっと引いたよ…」

凛太郎「流石に汚いにゃ!見損なったにゃ!」

穂乃影「うん…それはダメだよ…」

こと佐衛門「別にジュースおごりはかかってないのに…」

おにこ「狡猾ね…」

希丸「えーりち♪ していいことと悪いことはあるやん?」

海未助(みんなが絵里を責めてます…。私まで便乗することは無いはず… )

海未助「絵里蔵、次は正々堂々、ですよ?」ニコッ

絵里蔵(〜〜っ!!/// 海未…優しいチカ…!!!)

こと佐衛門(すごぉい…♪ 海未ちゃん…天使みたい…)

31 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:06:34 ID:Y6qpsGwM
潜∧入
<○>
其∨四

絵里蔵「みんな、悪かったわ。真面目にやるチカ」ショボーチカ

希丸(語尾がおかしなってるやん…(笑))

穂乃影(後輩2人とも、加減知らないみたいだね…)

絵里蔵「亜里沙!お姉ちゃん頑張るチカ!」

おにこ「ちゃんとかけ声はやりなさいよ(笑)!」

絵里蔵「…。 ポンコツが直るツボを押すと言われけど…大丈夫でござるか!?」ダイジョーブw

絵里蔵「ロシア忍法は封印するでござる!大丈夫でござるか?」ダイジョーブ!

絵里蔵「せーのっ!」

シュッシュッシュシュシュ!!!!!!!!!

絵里蔵「ぴんくなきもち!!」シュッシュッ
一同(!?///)
おにこ(今日のトリックスターね…)

海未助「絵里が私のふとももを見てると気付いた時///」シュッシュッ!?
穂乃影(う、海未ちゃん!? )
花吉(あ、あれ??)
真姫兵衛(まさか…?)

32 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:07:33 ID:Y6qpsGwM
のぞえりにこことりん(…克服…!?)

海未助「ブルーな気持ち…」シュッシュッ
おにこ(乗らないっ! ハイレベルね…)

花吉「スクフェスで1GOODの時」シュッシュッ
  「ブルーな気持ち!」シュッシュッ

こと佐衛門「お母さんがことりの衣装を着ようとしてるのを見た時」シュッシュッw
     「ブルーな気持ち」シュッシュッ

希丸「This video has been deleted!」シュッシュッ…?
おにこ(なんてネタぶち込んでくるのよ…みんなポカーンじゃない………どんな動画探してたのかしら//)
  「ブルーな気持ち♪」シュッシュッ

おにこ「冷蔵庫に白滝しか無かったとき!」シュッシュッw
   「ブルーな気持ち!」シュッシュッ

真姫兵衛「試食コーナーから離れないにこちゃんを見た時」シュッシュッw
おにこ(! 見られてたのね…!)ズーン
    「ブルーな気持ち!」シュッシュッ

穂乃影「ことりちゃんが海未ちゃんの話しかしないとき!」シュッシュッ
   「ブルーな気持ち!」シュッシュッ

凛太郎「かよちんがシャリしか食べなくて残りのお魚を凛が食べる羽目になったとき…」シュッシュッww
   「ブルーな気持ち!」シュッシュッ

絵里蔵「用意した裏切りが役に立たなかった時!」シュッシュッw
   「黒い動物!!」シュッシュッw

33 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:08:18 ID:Y6qpsGwM
海未助「ゴリラ!」シュッシュッ
「白い動物!」シュッシュッ

花吉「アルパカ♪」シュッシュッ
「青い珊瑚礁!」シュッシュッ

こと佐衛門「松田聖子!」シュッシュッ
「黄色い果物!」シュッシュッ

希丸「パイナップル♪」シュッシュッ
「黒い景色!」シュッシュッ

おにこ「夜空!」シュッシュッ
「赤い建物!」シュッシュッ

真姫兵衛「東京タワー!」シュッシュッ
「黒いスイーツ!」シュッシュッ

穂乃影「え…黒…!? 」

ブーッ

ブォォォォーッ

穂乃影「お父さぁぁぁん!!」ダダダダダ

ツボオシー!!! ツボオシー!!!

ガッシィ

34 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:08:59 ID:Y6qpsGwM
ほのパパ「……………!!」グリィィィィィィッ!!!!
雪穂「…………♪」グリグリグリィ!!

穂乃影「いてててててて!!!!!」

ほのパパ「……!!」

ビタァン

ドドドド…

海未助「何か言われてましたね…」

穂乃影「うう…黒ゴマ団子や、ごまゆべしもある、答えられないでどうするって…マジトーンで怒られたよ…」

希丸「身近な所に答えがあったってことやね♪」


こと佐衛門「結局希丸ちゃん以外が穂乃影ちゃんのパパのツボ押しを体験したね…」

おにこ「洒落にならない痛さだったわ」

絵里蔵「でも、足が軽いわ!」

真姫兵衛「穂乃影のパパ、医学に基づいた施術だったわね…」

花吉「他の4人は結構好き放題やってたみたいだったけど…」

凛太郎「一本背負いまで出て来るとは思わなかったにゃ!」

35 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:09:44 ID:Y6qpsGwM
おにこ「今日もなかなか楽しめたわね!」

穂乃影「うん!最後は痛かったけど…あ、そうだ」

凛太郎「どうしたにゃ?」

穂乃影「お父さんなんだけど、ツボ押しも大変だから、今回きりにするって言ってたんだ」

こと佐衛門「そうなんだ! まぁ、大変だもんね…(苦しむみんなとか、もう少し見たかったなぁ)」

絵里蔵「もうこんな時間だし、解散にしましょ」

おにこ「そうね! 巻の二、これにて終幕よ!」

百合展開でも、ダイジョーブ!!

36 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:10:56 ID:Y6qpsGwM
絵里「海未、この後空いてるかしら?」

海未「ええ、空いてますが…」

海未(絵里からの誘い…!? ふとももの件もあります、ちょっと警戒してしまいますね…)

ことり(海未ちゃんが誘われてる! …面白いものが見れそう…♪ 帰るフリして尾行してみよう…)


凛「かよちん、ラーメン二郎行こうにゃー」

花陽「あ、いく! 今日はヤサイマシマシな気分♪ 穂乃果ちゃんも行く?」

穂乃果「初めてだけど、大丈夫かな…?」

花陽「大丈夫大丈夫! 食べれるよ!!!」ニヤニヤ

凛「凛はこっちのかよちんも好きにゃー」

37 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 10:11:57 ID:Y6qpsGwM
にこ「………。」

真姫「………。」

希「………♪」ニヤニヤ

のぞまき「にこ(っち)ちゃん」

のぞまき「!」

にこ「なによ、2人して息ぴったりね」

にこ「…にこにーとぉ、遊びたいのぉ?」ニコォ

希(やっぱり寒いけど可愛いなぁ…遊びたいのはにこっちの方やろ…?)

真姫(照れ隠ししてるにこちゃん…//)

にこ「ほら、行くわよ! 希、またお部屋借りるわね!」

つづく

38 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 11:12:04 ID:Y6qpsGwM
>>25 
青いリボンは一年生ですね… ミスです ツボ押されに行ってきます…


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

さくら荘のペットな彼女〈7〉 (電撃文庫) - 鴨志田 一

朝、目覚めた俺の眼前にはなぜか妹のパンツが。ってなんで○○がここに!?

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa