したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

海未「作曲宜しくお願いします」ペラ 真姫「任せといて」ハシ

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:50:16 ID:NbJ1LTTc
その晩

真姫「………………」

真姫「がんばらwねーばwwwねーばねばwwwwwwぎぶあぷwwwwwwwwwwww」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:50:58 ID:NbJ1LTTc
翌日

真姫「できたわ」

海未「早い」

海未試聴中


海未「……何ですかこれ」

真姫「ラブノベルズ」

海未「冒頭の………ねばねば〜ってやつは」

真姫「アレンジよ」

海未「へ、へぇ〜」

真姫「いい感じデッショー?」

海未「…………」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:53:19 ID:NbJ1LTTc
――
うみ『全然ダメです』

まき『まきちかおうちにかえる!!』ダッ

―――

海未「…………」

真姫「♪」フフン

海未「……いいと思いますよ」

真姫「デッショー!!?」フンスッ

海未(ごめんなさい……絵里、にこ)

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:54:16 ID:NbJ1LTTc
後日


絵里「よろしくね」

真姫「真姫ちゃんにおまかせよ」



その晩

真姫「…………」


真姫「……きっと知らずにいた方が良かった」〜♪

真姫「そんな痛みを抱えながら……

何にも言わず 笑うんだ毎日

忘れようと言い聞かせて

思い出を
閉じ込めた……」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:54:52 ID:NbJ1LTTc
真姫「Heart break!!」

真姫「ありふれた悲しみ ありふれた痛みと」

真姫「零れそうな涙 堪えて 見る星は」

真姫「いつもより眩しく 輝いて堕ちそうだ」

真姫「私を静かに照らすけれど………」



翌日

真姫「できたわよ〜」

絵里「さすがまきね」

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:55:41 ID:NbJ1LTTc
絵里試聴中

絵里「………………圧ッ巻……の一言ね」

真姫「えへへ」

絵里「すごいわよコレ……なんというか……すごいチカ」

真姫「もっと褒めて!」

絵里「まきちゃんかしこい!!!」

真姫「かきくけこ!!」

絵里「かしこいかわいい!!!」

真姫「まきーちか!!」

えりまき「「いえーーーー!!!」」ハイタッチ

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:56:19 ID:NbJ1LTTc
後日

ことり「じゃあ、おねがいしますっ♡」

真姫「任せなさい」


その晩

真姫「…………」

真姫「やん♡やん♡おくれそーぉですぅ〜♡♡大変♡駅まで〜♡♡だぁしゅ〜♡♡♡」


翌日

真姫「できた」

ことり「早いねぇ」

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:56:58 ID:NbJ1LTTc
ことり試聴中

ことり「すごーい!可愛い〜♡」

真姫「フフーン」

ことり「真姫ちゃんって、どんな曲調でも出来ちゃうね!」

真姫「真姫ちゃんに不可能は無いのよ」

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 00:58:28 ID:NbJ1LTTc
後日

にこ「お願いにこっ♡」

真姫「任せときなさい」


真姫「…………」

真姫「にこぷりっwwwにこにこっwwwにこぷりっ(いぇーwww)にこにこっwwwwwwにこぷりっwwwにこにこっwwwにこぷりっ(いぇーwwwwwwぷりてぃーっwがーるwwwwww)」


翌日

真姫「できた」

にこ「流石に早すぎなんじゃないの……?」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:00:13 ID:NbJ1LTTc
にこ試聴中

にこ「すっごい……まさかここまで歌詞に忠実に作曲するとは……」

真姫「恐れおののきなさ〜い」ドヤァ

にこ「ははぁ……」ドゲザァ

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:02:56 ID:NbJ1LTTc
後日

花陽「拙い歌詞だけど……お願いします」

真姫「真姫ちゃんに任せればオールオッケーよ」

花陽「ありがとう♡それでね……じつはもう一曲 歌詞出来てるの」

真姫「へぇ」

花陽「もし時間が余ったら作曲してくれると嬉しいな……」

真姫「どっちも明日までに完成させてくるわ」

花陽「む、無理しないでね!」

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:03:36 ID:NbJ1LTTc
その晩

真姫「…………」

真姫「ありがとうって 溢れだしてくる……夢が 少しづつ近づいて」ポロンポロン

〜〜〜〜20分後〜〜〜〜

真姫「とめーられないー!こどーくなへぶーん!!きづーいてといーえなーいよーー!!!!!」ジャァァァァァン


翌日
真姫「できちゃった」

花陽「デキチャッタノォ!!?」

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:04:14 ID:NbJ1LTTc
花陽試聴中

花陽「真姫ちゃんホントすごいね……一晩にこんな曲調が違う曲を作っちゃうなんて」

真姫「一晩じゃないわ」

花陽「え?」

真姫「1時間よ」

花陽「ヴェェ!?」

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:04:54 ID:NbJ1LTTc
後日

穂乃果「申し訳ございません、作詞終わりませんでした……」

真姫「しょーがないわねー」


その晩

真姫「……あ、そろそろ穂乃果の曲つくらなきゃ」


一時間後

真姫「出来た……作詞って結構難しいわね」


真姫「よし作曲!」


ポロン……ポロン……
真姫「もう〜しなーいで〜♪ひとーりで〜とじーこーもーるのは〜♪……」

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:05:37 ID:NbJ1LTTc

10分後

真姫「完成………したけどなんか穂乃果っぽくないわねー」

真姫「……………」

真姫「………ふぁいとだよっ!!」ジャカジャーン!!



20分後

真姫「もう1個できたわ!寝る!」


翌日

真姫「という訳で2つ出来たわ」


穂乃果「もう全部真姫ちゃんでいいんじゃないかな」

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:06:28 ID:NbJ1LTTc
穂乃果視聴中……

穂乃果「うわ、すっご……クールでカッコイイよ真姫ちゃん!!」

真姫「わたしが?」

穂乃果「あ、曲が」

真姫「っ………!!!」ジワ

穂乃果「ま、真姫ちゃんもクールでカッコイイから!!」

真姫「当然デッショー」フンスッ

穂乃果「ちょろ……」

真姫「え?」

穂乃果「もう一個の方も聞かせてもらうねッ!!!」

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:07:07 ID:NbJ1LTTc
穂乃果視聴中……

穂乃果「この子やばいよ……まさに穂乃果ッ!って感じの曲だし……なにより穂乃果のモノマネうますぎるよ……」

真姫「えへへ〜、そうかなぁ?」

穂乃果「こっ……!?ことりちゃんだっ!!?」

真姫「そんなに誉められると……照れちゃいます……」

穂乃果「海未ちゃんだァァァ!!!!!」

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:07:42 ID:NbJ1LTTc
後日

希「えへへ……えっとなぁ……実はうち、まだ作詞全然できてないんよ」

真姫「希も?全く……」

希「ごめんっ!明日までに作ってくるから……」

真姫「いやもう今から作っちゃいなさいよ」

希「えぇっ!?無理無理!そんなポッと出てきたら苦労しないって」

真姫「私がいるから大丈夫よ」

希「うわぁ、その言葉の安心感、ハンパないなぁ」

真姫「それじゃ私の家に行くわよ」

希「え?もう着いとるやん」

真姫「ヴぁっ!?ここは私の部屋っ!?」

希「スピリチュアルやね♡」

真姫「この人……!!」

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:08:22 ID:NbJ1LTTc
1時間後

真姫「ピアノってそんなに難しくないでしょ?」

希「いや難しいよ……」

真姫「え?一人で作曲まで終わらせといて何言ってるのよ」

希「それは多分真姫ちゃんの教え方がうますぎるんとちがうかな……」

真姫「えー?絶対才能あるのにー」

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:08:55 ID:NbJ1LTTc
後日

凛「恥ずかしいけど……おねがいしますにゃ……/////」

真姫「大丈夫よ。たとえどんなに酷い歌詞でも完璧に仕上げてみせるわ」

凛「流石に……にこちゃんのあの曲を作っただけはあるね」


その晩

真姫「ちーいさなっしーぐなる」
真姫「RIN RIN ring a bell〜♪」

真姫「………」

21 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:09:34 ID:NbJ1LTTc
翌日

真姫「できたわ」

凛「さすがにゃ」

凛試聴中

凛「すごい……り、りんの歌詞が……こんなに素敵な曲になるなんて……」

真姫「えへへー」

凛「ありがとう真姫ちゃん!」ギュー

真姫「こんなの朝飯前よ」モッギュー

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:11:07 ID:NbJ1LTTc

真姫「ところで、最初の所歌ってみて」

凛「え?」

真姫「お願い」

凛「ん、んん……恥ずかしいけど……真姫ちゃんの頼みだから頑張っちゃうにゃ♡」

真姫「可愛い」 (かわいい)【カワイイ】(確信)

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:12:04 ID:NbJ1LTTc
凛「小さなシグナル♪RINRIN ring a bell♪」

真姫「やっぱり違うッ」バァンッ

凛「に゛ゃっ」ビクゥ

真姫「凛はね……もっと舌っ足らずな感じでいいのよ」

凛「ふえぇ?」

真姫「英語はしっかり発音しなくていいのよ、むしろしない方がいいのよ」

凛「でも……わんだほーらっしゅの時すごい言われたから……」

真姫「今のよッ!!」ズイッ

凛「ふぇっ///真姫ちゃん近い……にゃ……///」ごにょごにょ

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:13:06 ID:NbJ1LTTc
真姫「わんだほーらっしゅっ!!わんだほーらっしゅっ!!!!」

凛「恥ずかしいし近いってば……////」

真姫「りんりんりんがべー!!さんはいっ!!」

凛「えぇぇ……?」

真姫「んんんんんっ!!」ズイズイズイッ

凛「やぁっ///////やめて…………くださいまし……/////」 フルフル

25 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:14:22 ID:NbJ1LTTc
真姫「…………チュッ」

凛「!!!!?!????///////」ボフッ

真姫「りんりんりんがべー!!わんすぁげん!!」

凛「えっ////真姫ちゃん今の……//////」

真姫「いや、なんか……可愛いかったからつい」

凛「ふぇぇ////」

真姫「もっとして欲しいならいくらでもしてあげるから!!もう1回歌って!!」カベドンッ

凛「い、いつの間に壁が背後にっ」

真姫「はーやーくーーー」

凛「わかった!!わかったからちょっと離れて欲しいにゃ……//////」

26 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:15:01 ID:NbJ1LTTc
凛「ちーいさなっしーぐっなーる♪りんりんりんがべー♪♪」フリフリ

真姫「よい……」

27 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:16:19 ID:NbJ1LTTc
後日



真姫「凛〜」

凛「どしたにゃ?」

真姫「凛はかわいいわね」

凛「ほっ……/////本当にどうしたの急に///////」

真姫「この前、流れでファーストキッス、貰っちゃったデッショー?」

凛「……ぅん///」 モジ…

真姫「だからね……責任、取ろうかなって」

凛「せっ!?責任っ!?」

真姫「私と結婚しない?」

凛「え………え?えっ!?えっ!?えぇっ!!???」

真姫「ね?」

凛「ぇぇぇぇ〜〜〜……/////////」 プシュー

28 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:17:33 ID:NbJ1LTTc
真姫「いや?」

凛「嫌じゃない………けどさ……/////」 モジモジ

真姫「どっちよ!ハッキリして!!」

凛「……本気……なの?」

真姫「真姫ちゃんは嘘はつかないのよ」

凛「……じゃあ……//////その……////」

真姫「?」

凛「よ、よろしくお願い いたします……わ……///////」

真姫「えへへー」ギュ

凛「ふにゃあっ/////」



このあとめちゃくちゃ結婚してなんだかんだごにょごにょして子供3人と末長く幸せに暮らした

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/15(水) 01:20:56 ID:NbJ1LTTc
なんかぁ、凛ちゃんがかわいすぎてぇ、こんなオチになっちゃいましたァ
ほんとはこんな無理やりなオチじゃなかったんすよォ

それと孤独なHEAVENとなわとびは発売時期がちがうけど
というか全面的に交錯してるけどそこはご愛敬ってことで一つ……

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/18(土) 13:43:09 ID:ldbKBhx.
最初の方の勢いのが面白かった
でも良かったよ乙


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない (アニメ版)』黒猫 (1/8スケール PVC塗装済完成品)

かわいく、しっとりの黒猫!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa