したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

犬「バターペロペロペロペロペロペロ」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/08(水) 00:20:18 ID:c5XPn2xU
男「んホオオオォォォォォ!」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/08(水) 21:52:00 ID:c5XPn2xU
犬「わんっ」

男「ハァハァ…よしよし、いい舐めっぷりだったぜ」

犬「わんっ」

男「では第二ラウンド…だっぜ…」

バター フトモモ ヌリヌリ

男「太股の内側にバターを塗った…厚さ2mmといったところかな」

ニマァ

男「さぁ犬、好きにするんだよぉ?」

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/08(水) 21:54:55 ID:c5XPn2xU
犬「くぅーん?」

男「おいおい犬…なんだいその目は…やる事は分かっている筈だ…なぁ?」

犬「くぅーん?」

男「俺が優しいうちに…従っておく方が賢明だぞ…?」

ギロリ

犬「!」

ビクーン

犬「く、くぅん…」

トコトコ ペロッ

男「んっ…そうだ…それでこそ…」

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/09(木) 01:44:23 ID:lVd/1xXg
ザラッ

男「ん゛ん゛っ!」

男「まるで紙ヤスリだな!」

ペロッ ザラッ

男「先刻までは絹のような舐め方…だがどうだ!今は!こんなにも荒々しく舐めるのか…!やるじゃないの、犬!」

犬「くぅん」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/09(木) 07:38:07 ID:F0BetRyg
あとでスタッフが美味しくいただきました

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 00:22:45 ID:fI6oJctE
ベトォ

男「ふふ、バターが人肌で程良く溶けている…さぁ犬よ、更なる快楽を!俺によこせ!」

犬「くぅん…」

ペロペロッ ペタッ
ペタッ ペタッ ペタジーーーニ!

男「んほぉ!」

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 00:37:17 ID:fI6oJctE
ペタジーーーニ! ペロ!ペロ!

男「と、止まるんじゃねぇぞ…」

犬(オルガ繋がり…分かる人には分かるネタだな)

男「んっんっんっ…ん…?」

ザラッ ベリベリベリ

男「ぎゃあ!皮膚が!」

ベリベリベリ

男「や、やめろ!舐め過ぎだバカ!」

犬(止まるんじゃねぇぞ…)

ベリベリベリ

男「ぎぃやぁぁぁぁぁ!に、肉が…神経が…骨が…あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 12:05:06 ID:fI6oJctE
ザムゥ…

男「あ、ぁ…ひでぇ…俺の足が…なくなっちまったじゃねぇかよぉ…肉も骨も…みぃんな…みぃんな!」

犬「くくっ…滑稽だな…ご主人」

男「!?」

犬「体にバターなんか塗って犬に舐めさせていたら、いつかは起こる事…そんなリスクも理解しないで…まして柔らかい太股になんて…今更すぎるぜ」

男「い、犬畜生が言う事か!」

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 19:24:43 ID:fI6oJctE
犬「ふん、いきがってもその姿では移動もできまい」

男「ぐぬぬ…」

犬「それより傷口を早く止血した方がいい…私の舌にはこの世のあらゆる災厄が封じられている…その傷口は癒える事無くいずれ腐り落ちるだろう」

男「な、なんだと…!?」

ジワァ

男「ぐぁぁっ…紫色に…こ、腰まで…うわぁぁぁぁ!?」

犬「さぁ早くその傷口を…災厄ごと焼き払うのだ…」

男「!?」

犬「かつて貴様がやったように…あの無慈悲な炎で…焼き払うがいい!」

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/10(金) 19:35:06 ID:fI6oJctE
男「犬…お前…俺が【火刑人(フレイムパニッシャー)】だと知って…ま、まさかお前は!あの時…あの村の生き残りか!」

犬「そうだ…俺のわんわん村は…貴様等火刑人に滅ぼされたんだ!唯一生き残ったのが私だ!」

男「…」

犬「さぁやれよ!火刑人の操る炎は地獄の業火!罪の有る無しに関わらず万物を焼き焦がすんだろぉぉぉ!?」

男「…」

男(因果…か…)

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/11(土) 01:39:57 ID:/37kxgQM
おうほーう

12 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/11(土) 11:27:46 ID:s3jH43sY
男(…)

男(あの時、ほんの気まぐれに……)

男(やれやれ…ガラにもない事をしたばっかりに)

男(まぁ俺らしい死に方と言えばそうかな)

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/11(土) 11:34:55 ID:s3jH43sY
ジワァ

男「ぐっ、全身が紫に…これがこの世の災厄を集めた呪いというやつかい…」

犬「そうだ…貴様に復讐するためにあらゆる技術を身に付けた…暗殺術、毒殺術、呪術、自動車免許、危険物乙種4類、お米マイスター…血反吐を吐きながら…ただ復讐の為にな!」

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/11(土) 11:41:14 ID:s3jH43sY
犬「その中で呪術が私に向いていたようでな…この体に呪いをため込むために、あらゆる穢れを食べて…食べて食べて…食べて食べて食べまくった!」

犬「もはや私は…災厄そのものさ!」

男「そうかい…そんな奴に舐められたんだ…もはや俺は…助かるまい…ぐぅっ…」

犬「そうだ助からない…苦しみながら果てろ!」

男「ぐぅっ…」

男(だ、駄目だ…もう意識が…)

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/11(土) 18:40:58 ID:x6t.WR9w
わんわん村ww

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/12(日) 01:31:27 ID:AIDrjPRo
男(くそっ…)

キリッ

男「ここが俺の墓場か…!」

犬「!!!」

キュンキュンキュン!

犬(な、何…急に凛々しい顔なんかしちゃってさ…と、ときめいちゃう…///)

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/12(日) 01:38:48 ID:AIDrjPRo
ジュンッ

犬(し、子宮が…超振動して…)

ジュンジュンジュ-----ンッ!

犬「んなほォォォォォ!」

ビクンビクン
ヴヴヴ ヴヴヴ ドロッ…

こうして犬は快楽による超振動を起こし
なんやかんやでバターになってしまった。

男「やれやれ…バター犬がバターになるとはね」

フーッ ヤレヤレ

【完】

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/12(日) 09:24:49 ID:OPkYHmKU
ホットケーキにかけよう(提案)



新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

無邪気の楽園 1 - 雨蘭

学園七不思議のプールから小学校時代にタイムスリップ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa