したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

男「ここはッ!?」博士「気づいたか」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/06(水) 16:26:47 ID:KISUZUxo
男「ここはどこだ・・・オレに何をしたッ!」

博士「君はゾルの一員として改造された。」

男「ゾル??」

博士「世界征服を目的とする組織だ。」

男「ふざけんな!オレを自由にしろッ!!」

博士「ああ、するとも。脳改造が済んだらなぁ」ニタァ

男「クソッ、動けねぇッ」ジャリ

ウィィィン

博士「フフフッ、じっくり改造してやる。」

男「クッ、もうダメか」

297 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/19(日) 19:11:58 ID:bSPrhzEY
キカイダー01「ウアアアッ!」

カッボカァーン

キカイダー02「ざけやがってえ!消え失せろぉ!!」

キカイダー「・・・」ダンッ

タタタタタタ

バシッドガァ

キカイダー02「グッ」

ジジジジバキン

キカイダー02「足が・・・」

キカイダー「どうした、この程度か」

キカイダー00「やるな・・・貴様」

ハカイダー「ああ、まったくだ・・・旧型とは思えん」

キカイダー「このボディは髭博士に作ってもらったものだ」

BLACKRX「博士が!?」

298 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/22(水) 13:42:55 ID:6gurLf/M
ハカイダー「なるほど、どおりで強いわけだ!」ガチャバキュンバキュン

キカイダー「くッ」タタタタ

キカイダー00「01、02!ガッタイダー!」

キカイダー01「オーケー」ビュン

キカイダー02「承知!」

ガッシュン

三体のキカイダーは合体!一つの人造人間へ変わる

トリプルダー「いくぞ、キカイダー!」ブンッ

バシッ

キカイダー「タアッ!」ドガァ

ガチャキュイ

トリプルダー「フル・ブラスター!」

バキュン

キカイダー「グアッ!」

ヒュードガン

299 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/22(水) 14:00:53 ID:6gurLf/M
キカイダー「く・・・」

トリプルダー「頑張ったがここまでだ」ブンッ

バシッ

BLACKRX「クウッ・・・」

キカイダー「RX!」

トリプルダー「死にぞこないがあ!」バシッ

シュウ

BLACKRX「キカイダー、おまえは希望だ
      人造人間に対抗できるのはおまえだけだ」

トリプルダー「黙れっ!」

BLACKRX「グウッ・・・こいつは俺が倒す、だからお前はハカイダーを」

キカイダー「無茶だ、今の君には勝てない!」

BLACKRX「いや、勝つさ・・・この命に代えても!」シュン

バイオライダー「トアッ」ギュインシュン

トリプルダー「!?貴様、俺の体内に!!」

300 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/22(水) 14:08:52 ID:6gurLf/M
バイオライダー「体内のメカを破壊してやる!」

トリプルダー「バカナア!・・・おまえもただでは!」

バイオライダー「先輩、キカイダー・・・あとは任せたぞ」

ミシミシバチバチ

トリプルダー「ぐわああああっ!!」ピィボカァーン!

キカイダー「RX・・・そんな」

ハカイダー「命を捨てるとはバカめ」

キカイダー「黙れ・・・おまえにあいつの覚悟がわかるものか!」

ダンッ

キカイダー「フオオオオ!」バシッドガァ

ハカイダー「グハッ!」

キカイダー「ブローアップ!」ギュイン

ガチャ

バババキュン

ハカイダー「グ・・・」ヘナヘナ

301 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 09:50:25 ID:EgDmk9NY
キカイダー「ハアッ」バチバチ

ハカイダー「なめるなあ!」

バキュン

キカイダー「ブラスト・・・エンドォ!」

バガァン

ハカイダー「グハアッ!!」

ジジジジ

ハカイダー「ウウッ・・・お、の、れ・・・」

ガクリ

RXは散った。

そして、その意志を継いだキカイダーは

打倒ゲルを誓うのであった。

髭博士「ジロー、ご苦労じゃった」

ジロー「博士・・・俺はRXを救えなかった」

髭博士「そう気を悪くするな・・・助かった命もある」

302 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 09:59:03 ID:EgDmk9NY
ジロー「ライダーたちのボディ修復はどれくらいかかりますか?」

髭博士「2週間はかかる・・・その間、君が頑張ってくれ」

ジロー「わかりました、じゃ・・・俺は喫茶店に戻ります」

ブーンブゥーン

髭博士「男・・・ウ、ウウッ・・・」

カランカラン

ジロー「ただいま」

マスター「おお、ジロー・・・傷はもう大丈夫か?」

ジロー「ええ」

女「じゃ、さっそく手伝って!」

ジロー「わかりました!」

カランカラン

少女「すいません」

マスター「おや?いらっしゃい・・・ご注文は?」

303 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 10:10:45 ID:EgDmk9NY
少女「あの・・・パパを探してほしいんです」

少女「パパが置手紙に、なにかあったらこの喫茶店を訪ねなさいって」

カランカラン

滝「お、少女ちゃんじゃないか!」

ジロー「滝さんの知り合いですか?」

滝「俺の友達の子だよ・・・あいつがどうかしたのか?」

女「行方不明なんですって!」

滝「なんだと!?それは大変だ」

女「例の科学者連続失踪事件と関係があるかも」

ジロー「ゲルの仕業か」

滝「とにかく、あいつの家へいくぞ」

ジロー「はい!」

ブロォーンブォォォーン

キキィ

ジロー「うーん・・・手掛かりはないか?」

304 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 13:00:24 ID:EgDmk9NY
滝「おい、このメール見ろ!」

ジロー「プロジェクト・アーク?それと地図が出てきた」

滝「工場みたいだが・・・?」

ジロー「いってみましょう」ブォーンキキィ

ジロー「ここか」ガチャ

滝「ガセか?誰もいねえぞ」

?「探し物かな」

ジロー「誰だ!?」

ネオアンコウ「待っていたぞ、キカイダー」

ジロー「ゲルの改造人間・・・博士はどこだ」

ネオアンコウ「フフフ・・・今、会わせてやる」

シュウ

友博士「どうかな?」

ジロー「ッ!!」

滝「友ッ!お前!」

305 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 15:54:28 ID:EgDmk9NY
友博士「素晴らしいよ、ゲルは・・・
     誰にも理解されなかった私を」

友博士「迎えてくれて、プロジェクト・アークに加えてくれたのだからなあ!」

滝「どうしてだよ、お前は人の役に立つロボットの研究を
   してたんじゃなかったのかよ!どうしてゲルに!」

友博士「腐りきった人間のための研究など無意味だと知ったからさ」

滝「なにッ!?」

友博士「選ばれた者だけが生き残る。プロジェクト・アークは
     まさに、至高の計画だ」

ジロー「理不尽な犠牲なんて、認めるものか!」

滝「ああ、そんな計画ぶっ潰してやるぜ!」

友博士「やはり、理解できないか・・・」

シュン

ネオアンコウ「邪魔者には消えてもらう!」

カッ

306 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:03:22 ID:EgDmk9NY
ジロー「ウワッ」

ネオアンコウ「ハッ!」バシッドガァ

ジロー「グッ、スイッチ・オン!」カッ

キカイダー「ハアッ!」バシッドガァ

ネオアンコウ「ムウ・・・ハッ」ガチャババキュン

キカイダー「ハアッ!」

ドガァ

ネオアンコウ「グアッ」

バチバチ

キカイダー「ブラスト・・・」

ギュイン

ネオアンコウ「ここまでか」

スッ

キカイダー「やめだ・・・あなたを殺せない
       娘さんが待ってますから」

307 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:10:18 ID:EgDmk9NY
ネオアンコウ「髭博士がお前に何か、手を加えたらしいな」

キカイダー「俺の体には良心回路がつけられている」

ネオアンコウ「愚かな・・・完璧な体に不完全な心をつけるなど」

キカイダー「なんとでも言えばいい、それが俺の良いところさ」

ネオアンコウ「私を生かしたこと後悔するぞ」ユラリ

ハカイダー「ああ、まったくだ」

ガチャバキュン

ネオアンコウ「グ・・・失敗は死か」

キカイダー「ハカイダー、貴様!」

ハカイダー「キカイダー、お前は甘すぎる
       じゃあな」

シュン

308 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:16:54 ID:EgDmk9NY
ネオアンコウ「ここまでか・・・」ガクリ

キカイダー「博士ッ!」

シュウ

友博士「キカイダー、娘を頼んだぞ」

シュンボカァーン

キカイダー「グッ・・・」ポロポロ

滝「ジロー、大丈夫か」

ジロー「はい・・・滝さん、俺・・・博士の仇を討ちます」

滝「そうだな・・・」

ゲルの恐るべき計画が進行している。

なんとしても、阻止しなければ

そして、博士の仇を討つ!

309 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:24:57 ID:EgDmk9NY
ジローは決意するのであった。

〜秘密基地〜

首領「我の新たな肉体が完成したようだな」

ジェネラルシャドウ「彼の協力のおかげです」

海東「たいしたことはない・・・それより、約束は?」

ジェネラルシャドウ「約束?なんのことだ」

海東「おや、話が違うな」

首領「貴様にキングストーンを渡す気などない
    ここで死ね!」

海東「はは・・・僕の目的はそれだけじゃないよ
    これは頂いた」スッ

ジェネラルシャドウ「オリジナルのデルタ回路!」

首領「おのれ!」

海東「あとは彼に任せる、じゃあね」バキュン

310 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:33:56 ID:EgDmk9NY
ゲンム「私が相手だあ!」

ジェネラルシャドウ「どけ!」

ザシュ

ゲンム「させるかあ!」バシッドガッ

首領「シャドウ・・・下がれ」

ジェネラルシャドウ「しかし!」

首領「新たな改造魔人の力を試すのにちょうどいい
   いけ、ヘル・カイザーよ」

ヘル・カイザー「おまかせを」

バシッドガァ

ゲンム「ウワアアッ!」

ボカァーン

ジェネラルシャドウ「なんという破壊力!」

首領「これならば、キカイダーも敵ではないわ!ハハハ!」

ポツポツ・・・

ジロー「ここは・・・どこだ?」

311 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 16:43:58 ID:EgDmk9NY
美女「あなた、ケガ・・・してるの?」ガチャバタン

ジロー「あの、ありがとうございます」

美女「いえ、てっきり・・・あの人が帰ってきたのかと思って」

ジロー「あの人?大事な人なんですか?」

美女「まあね・・・それじゃ、わたし仕事にいくから」ガチャバタン

ジロー「この写真これがあの人か・・・それにしても僕は誰なんだ?」

キィン

ジロー・・・ジロー・・・

ジロー「ッ!?誰だッ!?」

来い・・・俺のところへ・・・

ガチャバタン

ブゥーンブゥーン

ジロー「僕を呼ぶのは誰だ!!」

ネオワニ「俺だよ、ジロー・・・いや、キカイダー」

ジロー「キカイダー・・・?」

312 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 08:49:46 ID:nEZmDzzo
ネオワニ「おいおい、忘れたのか?お前はただの機械だ」バシッ

ジロー「嘘だ!僕には心がある!」

ネオワニ「それは良心回路がみせる幻に過ぎない」ドガァ

ジロー「グワッ!」

ネオワニ「その姿じゃ楽しめない・・・両肩のスイッチを押せ
       キカイダーに変われ!」

ジロー「く・・・スイッチ?これか・・・スイッチ・オン」

カッ

思い出した・・・俺は

ヘル・カイザーとの戦いで傷つき

一時的に記憶をなくしたんだ。

キカイダー「いくぞ・・・」

ネオワニ「そうこなくてはなあ!」ブンッ

バシッドガァ

313 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 08:59:55 ID:nEZmDzzo
キカイダー「ハアッ」バシッドガァ

ネオワニ「デヤッ」バシッ

キカイダー「フッ・・・ヤアッ!」

ドガァ

ネオワニ「フウワッ!」

キカイダー「ブラストエンドッ!」

ボカァーン

ネオワニ「ぐ・・・俺の負けだ」

シュン

美男「結局、あいつには会えなかったなあ」

キカイダー「あんたは・・・!どうして美女さんに会わなかったんだ」

美男「任務を以外の行動をとると爆破するシステムがゲルの改造人間には
     組み込まれている・・・あいつを巻き込むわけにはいかなかった」

314 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 09:06:48 ID:nEZmDzzo
キカイダー「く・・・」ポロポロ

美男「泣いているのか、機械であるおまえが・・・
    人間の心・・・お前はなくすなよ・・・」

ガクリ

ジロー「ああ・・・言われなくても」

ガチャバタン

美女「いない・・・そうか、帰ったのね」

ブゥーンブゥーン

ジロー「俺はゲルを許さない!」

そのころ、研究所。

海東「これをあんたにあげるよ」スッ

髭博士「これはデルタ回路!?どうして君が」

海東「それは秘密だ、それをあげるかわり協力してもらいたい」

髭博士「なんじゃね?」

海東「シャドームーンの持つキングストーンを手に入れてほしい
    キカイダーにやらせてくれ」

315 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 12:26:54 ID:nEZmDzzo
髭博士「しかし、彼は今・・・行方不明じゃぞ」

海東「なあに、すぐに戻ってくるさ。それに新しいキカイダーも作ってるんだから
     戻らなくても僕の目的は達成できる、じゃあね」シュン

髭博士「確かに・・・もう一人キカイダーはいるが」

ゴポゴポ

髭博士「完成はまだかかる、ジロー・・・おまえはいまどこに?」

ブゥーンキキィ

ジロー「ここがロボット工場」ガチャン

ネオコンドル「誰だ!?」

ジロー「ゲル!お前たちの工場はつぶす!」

ネオパンダ「機械ごときがあ!」

ダンッ

キカイダー「ハアッ!」

ボガァンバシュンドガァーン!!

316 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 12:35:26 ID:nEZmDzzo
ジロー「これで・・・3つ目、工場はすべて破壊した
      さて、帰るか・・・」

ブゥーンキキィ

猫「ニャーオ」

ジロー「捨て猫か?かわいそうだ、連れて帰ろう」

スッ

猫「ニャアッ!」

ジロー「うん?どうしt・・・」クルッ

バゴン

ジロー「ゴホゴホッ・・・おまえは」

ネオオオカミ「キカイダー、おまえを始末する」

ジロー「そうはいくか、スイッチ・オ・・・ウッ」

バチバチ

猫「かかったな、キカイダー・・・私の電撃はどうだ」

317 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 17:25:31 ID:nEZmDzzo
ネオネコ「にゃははッ!」

キカイダー「ぐ・・・」ドサッ

ネオオオカミ「さて、破壊するか」

ハカイダー「待て・・・こいつは基地へつれていく」

ネオネコ「我々の仲間にするのか?」

ハカイダー「ああ」

とらわれたキカイダー・・・どうなる?

カタカタ

髭博士「完成じゃ」

バチバチ

?「ここは・・・」

髭博士「おはよう、キカイダーゼロ」

キカイダー0「あなたは?」

髭博士「私は髭博士、君の生みの親じゃ」

318 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 17:32:47 ID:nEZmDzzo
髭博士「さっそくじゃが・・・君にやってもらいたいことg」

プルルルル

髭博士「もしもし?」

マスター「ああ、髭博士ですか?大変です
      ゲルが巨大ロボットで街を破壊してます」

髭博士「なんじゃと・・・とうとう始まったか」

キカイダー0「始まった?」

髭博士「優れた人間以外を抹殺し世界を支配する
     プロジェクト・アーク」

髭博士「頼む!向かってくれ!」

キカイダー0「わかりました」

ブゥーンキキィ

キカイダー0「ついたぞ」

ビィ

髭博士「聞こえるか、ライダーたちはすでにロボット内部へ潜入した
     君も潜入してくれ」

319 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 17:40:06 ID:nEZmDzzo
キカイダー0「わかりました」

ビョオン

そのころ、潜入したライダーたちは

V3「トオオッ!」

マシーン大元帥「やるな」パシッ

スカイライダー「トウッ!」

荒ワシ師団長「虫けらが空を飛ぶか」

ライダーマン「ヤアッ!」バシッ

ドクロ少佐「ケケッ」

アマゾン「ガウッ!」ザシュ

オオカミ長官「ホオン」

スーパー1「トアッ!」

磁石団長「シャイ」

X「タアッ!」

ヨロイ騎士「カチュア」

320 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 17:46:01 ID:nEZmDzzo
ストロンガー「トオッ!」

ヘビ女「ヒヒッ」

デルザー軍団と死闘を繰り広げていた。

キカイダー0「ここか」

ガチャ

ハカイダー「待っていたぞ、キカイダー0」

キカイダー「・・・」

キカイダー0「兄さん!?」

ハカイダー「さあ、いけキカイダー」

キカイダー「・・・」ダンッ

バシッドガァ

キカイダー0「く、やるしかないのか」バシッ

ドガァ

キカイダー0「う・・・」

ハカイダー「とどめだな」ガチャ

321 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 08:57:01 ID:QIlJcFf2
バキュン

キカイダー「・・・ハアッ!」

ドガァ

ハカイダー「き、貴様・・・なぜ!」

キカイダー「お前たちの取り付けた服従回路により
       俺は嘘をつけるようになった」

ハカイダー「おのれッ!だがこちらにはまだ」

ウィーン

ZX「グッ」

ハカイダー「人質がいるんだぞ」

キカイダー「どこに?」

バリィン

1号「ZXは解放したぞ」

2号「おまえを倒すだけだ」

ハカイダー「ダブルライダー!生きていたのか!!」

ハカイダー「ええいならば」

322 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 09:04:59 ID:QIlJcFf2
岩石男爵「フンッ」

隊長ブランク「ガアッ」

鋼鉄参謀「ハアッ」

ハカイダー「こうなれば、実力行使だ!」

キカイダー「ゼロ、お前は首領を倒せ」

キカイダー0「わかった!」

タタタタ

ウィーンガシャン

シャドームーン「待っていたぞ」

ヘル・カイザー「ここで死ね」

キカイダー0「ハッ!」

ダンッ

バシッドガァ

ヘル・カイザー「効かんな」バシッ

キカイダー0「なら、ブローアップ」ギュイン

323 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 09:12:46 ID:QIlJcFf2
シャドームーン「シャドービーム」

バゴォンバゴォン

キカイダー0「フル・ブラスター!」

バキュン

シャドームーン「シャドーキック!」

ゲシッ

キカイダー0「グハッ」

ドガン

キカイダー0「なんて強さだ」

ヘル・カイザー「終わりだ」

ザシュ

?「待て」

キカイダー0「あんたは・・・!RX!!」

BLACKRX「よく頑張ったな、さあ反撃といこうか」

ヘル・カイザー「生きていたのか、ならば来い!」

324 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 17:22:51 ID:QIlJcFf2
RX「おまえは先に行け」

タタタタ

ウィーン

キカイダー0「ここが首領の部屋か」

首領「待っていたぞ、キカイダー0」

キカイダー0「おまえが首領か」

首領「いかにも」

キカイダー0「おまえを倒し世界を守る」

首領「我と戦う前にこいつらの相手をしてもらおう」パチン

ジェネラルシャドウ「トランプフェイド」バキュン

キカイダー0「おっと」

ドクターケイト「ケイトガス」シュウッ

キカイダー0「ぐ、ボディが溶ける」ガクッ

ジェットコンドル「ギエエエッ」

バシッドガァ

325 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 17:28:22 ID:QIlJcFf2
キカイダー0「ウッ・・・」

首領「どうした?この程度か」

一方、ライダーたちは

V3「トオオッ!V3火柱キック」

ゲシッ

マシーン大元帥「ウワアッ」

ボカァーン

V3「やったか!?」

シュウ

マシーン大元帥「ハアッ」

V3「バカな!再生しただと」

マシーン大元帥「我々は不死身だ、首領様あるかぎりな」

ドゴォ

スカイライダー「どうしたらいいんだ!?」

ライダーマン「キリがないぞ!」

326 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 17:33:24 ID:QIlJcFf2
キカイダー「ブラストエンド!」

バキン

ハカイダー「ウワアッ!」

バゴォン

キカイダー「再生しないのか、やはり」

1号「そうか!」

2号「体にあるコアをはかいすれば・・・」

ZX「魔人は甦れない」

キカイダー「俺は先に行く!任せたぞ」

ダンッ

BLACKRX「ウワッ!」

ヘル・カイザー「どうした?この程度か」

BLACKRX「こうなれば!」

327 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 11:48:02 ID:MWJNbg9A
BLACKRX「フォームチェンジ」

カッ

ロボライダー「いくぞ」

ダンッ

キカイダー0「強え・・・」

ジェネラルシャドウ「機械人形は弱い」

ブンッ

キカイダー0「クッ・・・」ジジジ

ガチャバキュン

ドクターケイト「グハッ!」ボカァン

キカイダー「弟ォ、伏せろ!」

バキュンバキュン

ジェットコンドル「ギエェェ!」ボカァン

328 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 11:55:46 ID:MWJNbg9A
ジェネラルシャドウ「ホォ・・・来たかァ」

キカイダー0「兄さん・・・」がクッ

キカイダー「おいッ!おいッ!」

ジェネラルシャドウ「次は兄かな?」

キカイダー「そうか・・・繋がった」

キカイダー「0がここに来た理由は・・・」

ガシッ、ブチブチッ

キカイダー「このデルタ回路を完成させるため!」

ジェネラルシャドウ「正気か!?」

キカイダー「フンッ!」ギュインガシュン

キカイダーネオ「俺がお前を倒す!」

329 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/18(日) 16:33:27 ID:zhY0dT8U
キカイダーネオ「ハアッ!」

ドガァ

ジェネラルシャドウ「グッ・・・」

キカイダーネオ「デヤッ!(感じている、確かに!)」

バシュ

ジェネラルシャドウ「ゴアッ、ググッ」

キカイダーネオ「サアッ!(これが弟の遺した回路の力・・・)」

ドガドガッ

キカイダーネオ「これで、エンドだ」

ジジジジジ・・・

ジェネラルシャドウ「ウウッ、バカなッ」

330 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 19:33:01 ID:1oZvdl4s
ジェネラルシャドウ「ここまでの力を、何故!」

キカイダーネオ「俺、一人の力ではない・・・二人の力だからな!」

ジェネラルシャドウ「グウウッ!!」ダンッ

バシュン

ジェネラルシャドウ「貴様もろとも、自爆してやる!
            シャドウパワーッ!!」

キカイダーネオ「そうはいかない」バシュン

ジジジ

ジェネラルシャドウ「ウオオオオッ!」

キカイダーネオ「ネオ・・・」

ジェネラルシャドウ「死ねェ!」ガッ

331 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/21(水) 09:10:08 ID:cFEdJFYc
キカイダーネオ「・・・ブラスター」

カッ

ジェネラルシャドウ「何ッ!?」

ボカァーン

キカイダーネオ「次は、首領か」

バキュン

ロボライダー「トアッ!」

ガシンッ

ヘルカイザー「この力は、研究済みだあッ!」

ガンッ

ロボライダー「グウッ.....負けるか!」

ガシュン

ロボライダー「ボルティックシューター!」

バキュン

332 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/24(土) 10:50:16 ID:3Mt7uaIY
ヘル・カイザー「フンッ!」

ロボライダー「トアッ!」

キィン、ザシュ

ヘル・カイザー「グハッ!?」

ロボライダー「やっぱり、そうか」

ヘル・カイザー「何ィ?」

ロボライダー「お前は人造人間と同じデルタ回路を持っている
         そして、その回路によってお前の体は制御されている」

ロボライダー「つまり、回路を破壊すれば・・・お前の体は制御出来なくなる。」

ヘル・カイザー「バカな、デルタ回路を剥き出しにすることなど不可能だ!」

ロボライダー「キカイダー0なら、デルタ回路を保護プロテクトを外すことが可能だ。」

ヘル・カイザー「あのときか!己ェ!」

ダンッ、ギギィ

ヘル・カイザー「う、動かない」

ロボライダー「とどめだ!」

333 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/24(土) 11:03:34 ID:3Mt7uaIY
カッ

BLACKRX「リボルケイン、トアッ!」

ザシュ、ジジジ

ヘル・カイザー「ウワアアアッ!!!」

ボカァーン、一欠

BLACKRX「あれ、シャドームーンがいない?」キョロキョロ

シャドームーン「ハハハッ、見事だ・・・RX」カタンカタン

BLACKRX「何故見ていた、仲間じゃないのか?」

シャドームーン「良い質問だな、ヘル・カイザーは私がパワーアップするための
         装置に過ぎないからだ。」

BLACKRX「何ィ?」

シャドームーン「奴にはキングストーンを埋め込んでいる。
         戦えば戦うほど強くなるキングストーンを」

334 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/24(土) 11:16:06 ID:3Mt7uaIY
ガシッ

シャドームーン「そのキングストーンを取り込むことで、私は新たな姿になる。
         見よ、新たな姿を!」

カッ、キラァーン

BLACKRX「何だ、この光は!?」

ブシュン、カタンカタン

SHADOWRX「私は、SHADOWRX・・・これで対等だな、RX」

BLACKRX「どんな姿になろうが、俺は負けない!」

ダンッ

V3「マシーン大元帥、これで終わりだ!」

マシーン大元帥「何度やっても同じだあ!」

V3「トアッ!」ギュイン

クルクル

V3「V3きりもみ反転キィィックッ!!」ゲシッ

335 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/24(土) 11:59:23 ID:3Mt7uaIY
マシーン大元帥「グムッ・・・だが、俺は倒せない。」

V3「どうかな?」

マシーン大元帥「ウッ、何だと!?」

ピキン

マシーン大元帥「グハッ・・・コアが割れたのか」

V3「私たちの勝ちだ。」

マシーン大元帥「フフフッ、これで勝ったと思うなよ」

V3「負け惜しみか」

マシーン大元帥「お前たちが首領に勝てるわけがない、地獄で待ってるぜ!」

ボカァーン

336 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 10:27:15 ID:TQvERISk
V3「みんな、大丈夫か」

ライダーマン「なんとかな」

ストロンガー「いよいよ、首領とご対面だな」

1号「いくぞ!」

タタタタタ・・・

キィン

SHADOWRX「どうした?RX」

BLACKRX「クッ、何てやつだ・・・リボルケインじゃ歯がたたない」ガクッ

SHADOWRX「死ねえ!」ブゥン

ザシュ!

BLACKRX「クッ!」

ドガァン

SHADOWRX「何ィッ!?グハッ」

337 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 10:41:18 ID:TQvERISk
BLACKRX「このバイクは・・・?」

ジジジ

髭博士『RX、これはロードセクターじゃ
     人造人間を倒すために作った。』

BLACKRX「博士、ありがとう!」

ガチャギュイン、ブゥンブゥン

SHADOWRX「そんな機械で何ができる」

ダンッ、タタタ

BLACKRX「アタックシールド!」

ウィンガシュ、ブゥーンブブブゥーン

SHADOWRX「ハアアッ」

BLACKRX「スパークリングアタック!」

ギュイン、ドガァン!

SHADOWRX「ゴハッ!!」

ヒュン、ドガァ

338 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 16:56:20 ID:TQvERISk
BLACKRX「今だ!」

ダンッ、ギュイン

SHADOWRX「己ェ!!」

ダンッ、ギュイン

BLACKRX「ライダーキック!」

SHADOWRX「シャドーキック!」

キィン、ドガァン

BLACKRX「トアッ!」

SHADOWRX「ハアッ!」

ギュイン、ドガァン!ボカァーン!!

BLACKRX「グハッ!」

SHADOWRX「グフッ!」

339 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 17:19:19 ID:Yzf2lfs2
SHADOWRX「ヌゥ・・・己ェ!」ダンッ

BLACKRX「くるか!」

キィン、ピィポォン

SHADOWRX「ウ、ウウッ・・・このメロディーは」

BLACKRX「グッ!」ガクッ

SHADOWRX「邪魔をするな・・・創世王!」

創世王『シャドームーン、ブラックサン・・・私の元に来い』

キィン

キカイダーネオ「何をブツブツ喋ってる!」バシッドガァ

創世王「フフフッ、今に見ていろキカイダー」

パチン

SHADOWRX「・・・」

BLACKRX「・・・」

キカイダーネオ「RXの様子がおかしい!」

創世王「こいつらは、私の操り人形だ。
     キングストーンがある限りな!」

340 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/30(金) 15:08:00 ID:WGeMWUoE
キカイダーネオ「どういうことだ?お前は一体!?」

創世王「私の脳波で奴ら世紀王の力を操ることができるからだ。
      私は、創世王・・・この世界に転生した者。そして、ゲルの大首領」

キカイダーネオ「誰が相手でも、俺は負けない!」

ダンッ

創世王「来るか?いいだろう」

パチン、カッ

創世王の力により、二人の体内に存在しているキングストーンが吸収され、彼は進化した。

ギュイン、ムキムキッ

創世帝「天・地・海の三つのキングストーンを手に入れた私こそが、
     この地上の支配者にふさわしい!」

キカイダーネオ「ハアアアッ!!」

バシッ

創世帝「この程度か、機械人形」

バキン

キカイダーネオ「グアッ!」

341 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/30(金) 15:22:34 ID:WGeMWUoE
創世帝「次はこうか?」メキメキッ、バキン

キカイダーネオ「グハッ!!」ジジジ

キカイダーネオ「クッ、ネオブラストッ!」ピィボカァーン

創世帝「何かしたか?」

キカイダーネオ「無傷か、なら・・・」ウィーンギュイン、プシュプシュ・・・ガチャン

キカイダーネオ「ネオブラスター、ON・・・」ギュギュイイイイイ・・・

キカイダーネオ「ファイア!」

バゴォーン!

創世帝「フンッ」

奴は左手を突きだし、バリアを発生させる。

バァンキィキィン

バリアを使い、ブラスターの攻撃を全て弾く。

奴は、ジリジリと距離をつめて向かってくる。

342 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/01(日) 19:17:10 ID:BYP4eMy2
ガシッ、ギュウウ

キカイダーネオ「グウウウッ!」

創世帝「トドメだ」

バキンゴロン

キカイダーネオ「」

創世帝「フハハハッ!!」

男「ムウッ・・・ハッ、キカイダー!」

創世帝「気づいたか、南光太郎」

男(南光太郎)「お前、何故・・・俺をこの世界に転生させた?」

創世帝「お前たち二人の世紀王に恨みがあるからだ。
      今一度、私の役に立ってもらおうと思ってな。」

秋月「創世王!お前の思い通りにはさせない」

男「ああ、いくぞ」

創世帝「フンッ、バッタ怪人に何ができる!」

343 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/01(日) 19:26:13 ID:BYP4eMy2
ディエンド「それはどうかな?隠し球を持っているのは君だけじゃないよ!」

男「海東!」

創世帝「ディエンド、何しに来た?」

ディエンド「勿論、キングストーンを頂きに来ただけさ!」

バキューン

創世帝「己ェ・・・」

ディエンド「さあ、これを!」

ブゥン

男「これは?」

ディエンド「まあ使えば分かる!」

秋月「いこう、光太郎」ガチャン

男「ああ!」ガチャン

ブゥン、パシッ

男・秋月「変身ッ!!」

344 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/01(日) 19:38:26 ID:BYP4eMy2
\カメンライドzo、j/

ZO(男)「いくぞ、信彦」

J(秋月)「ああ!」

ダンッ、ドカァ

創世帝「グウウッ、この力は!?」

ディエンド「大地の力さ」

ZO「トアッ」

バシッ

J「ヤアッ」

ガゴォン

創世帝「ネオライダーの力がこれほどとは!」

ガシンガシン、ジジジジ

創世帝「ハアッ」

ドガァ

345 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/02(月) 17:23:31 ID:q1.DB2No
ZO「ハアッ」バシッドガァ

創世帝「グォッ!」

J「タアッ」ドガァ

創世帝「グハアッ!」

ZO「いくぞ、ハアッ!」ギュイン

J「タアッ!」ゲシッ

創世帝「グクク・・・またしても・・・
      忘れるな、私は必ず甦る!」

ボカァーン

男「キカイダー....」

ピクッ

キカイダーネオ「ウウッ・・・」

346 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/15(火) 20:02:34 ID:jRNWVoAQ
キカイダーネオ「勝ったのか...?」

男「ああ、勝ったぞ」

キカイダーネオ「そうか....」ジジジ

バシュン

男「おい!大丈夫か!!」

キカイダーネオ「どうやら....限界らしい
グウッ・・・!」

男「おい、しっかりしろよ!」

キカイダーネオ「もともと、俺は存在しない者・・・
          造られた実体さ、それが消えるだけ」

男「どういうことだ?」

キカイダーネオ「この世界は創世王が作った裏の地球····
         だから、奴が倒された今、俺たち造られた存在は"無に帰る"だけ」

男「そうか·····だが、俺は忘れない!お前や髭博士、信彦と共に戦ったことを!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

STEEL BALL RUN 15 ジョジョの奇妙な冒険 Part7 (集英社文庫 あ 41-71) - 荒木 飛呂彦


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa