したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

触手ちゃん「こんにちは」俺「うん」

1 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 12:37:23 ID:fzTesgkw
※前スレ
触手「こんにちは」俺「はい」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1458918933/

いつになったら終わるんですかね?

2 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 12:42:32 ID:fzTesgkw
☆とうじょうじんぶつ

・俺
ひょんなことから触手と出会ってしまったと思ったらいつの間にか見た目JCの女の子と何故か結婚して同棲しながら中出しセックスキメて孕ませてしまった人
何故か大体の登場人物とエッチしてたり触手ちゃん姉妹の処女頂いたりしてる
ちなみに変態

・触手ちゃん
元サキュバスだけど触手食べて触手になっちゃったと思ったら変な男に出会ってしまったりある日突然JCみたいな見た目になったりと忙しい日々を過ごしているうちに変な男と結婚しちゃって孕まされてしまった人
俺くん除くみんなからはサキュとか呼ばれてる
おっぱいはあんまりない(サキュバスの時はEカップだったらしい)
ちなみに変態

・魔王
触手ちゃんのお友達だけどラブホみたいな変な城に住んでたりロリでビッチだったり俺くんの童貞奪っちゃったり俺くんが結婚してから寝取ろうとして痛い目にあったりと貞操観念ガバガバな人
触手ちゃんのことが好きすぎて若干ストーカーみたいな所もある
おっぱいはぜんぜんない(かなり気にしてる)
もちろん変態

3 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 12:43:58 ID:fzTesgkw
・魔法使い
触手ちゃんのお姉ちゃんでサキュバスが嫌だったから家出して魔法使いになって色んな薬作ったりしてるけど妹がいきなり変な女子になって現れたり妹の彼氏(?)におっぱい揉まれて何故か処女奪われちゃったりお母さんにおしり叩かれてドMに目覚めたり最近はサキュバスの本性を何故か表しつつあったりする忙しい人
唯一の友達の助手ちゃんにいつもバカにされてる
おっぱいはある(Fカップらしい)
ちなみに変態

・女
俺くんと同じ会社で働いてるけど俺くんの家で何故か触手にレイプされて処女奪われたりオナニーを半分強要されたり謎の男に謎の出番もう無い宣告されたと思ったらまた家に呼ばれてエッチな目にあったりとエロい事しかされてない人
おっぱいが異常なほど敏感らしい
おっぱいはある(自称Dカップ)
ちなみに変態

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/19(日) 15:20:13 ID:NTbUkKI.
じすれありがとう乙。

まほちゃんほしい乙。

5 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 15:48:50 ID:fzTesgkw
触手ちゃん「てか何?復讐?」

触手「そう、あの時ひどいことされたから」

触手ちゃん「私もあの時されたんだけど…」

触手「だからって食うことないだろ」

触手ちゃん「あーもうめんどくさい、復讐するならさっさとして帰ってよ」

触手「その態度めちゃくちゃ腹立つ」

6 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 18:31:24 ID:fzTesgkw
触手ちゃん「どうせその触手でぐちゅぐちゅーってして私があへあへーってなる感じなんでしょ?」

触手「は?」

触手ちゃん「いいよ別に、それで帰ってくれるならさっさとやってよ」

触手「いや、ちょっと」

触手ちゃん「なに?もうちょっと雰囲気出した方がいい?」

触手ちゃん「や、やめてー、その触手で私になにするつもりなのー」

触手「ふざけてんのか!!」

触手ちゃん「うん」

7 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 22:31:10 ID:fzTesgkw
触手「その気になれば首だって絞められるし全身ズタズタにだってできるんだぞ!!」

触手ちゃん「じゃあやってみて」

触手「………えっ」

触手ちゃん「私そういうのもイケる口だし、むしろそっちのほうが復讐っぽいじゃん」

触手ちゃん「ほら?ね?殺せる?私のこと、ほら」

触手「いや、さっきのは…」

触手ちゃん「あー、口から触手突っ込まれて内蔵ぐちゃぐちゃにされるってのも…」

触手「………おえっ」

8 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/19(日) 22:36:24 ID:fzTesgkw
触手ちゃん「あれ?どうしたの?」

触手「想像したら気持ち悪かった」オエ-

触手ちゃん「なーんだ、その程度なんだ、つまんない」

触手「そこまでの復讐は目指してないから…」

触手ちゃん「やっぱりぐちょぐちょあへあへなの?」

触手「その言い方やめろ」

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/19(日) 23:01:51 ID:NTbUkKI.
元気系ボーイッシュな再生触手さんはかわいい。

俺君&触手ちゃんに媚薬をぶちまけた挙げ句、変態たちとくんずほごれつねとねととろとろになるといいよね乙。

10 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 00:21:12 ID:9DOm3aPw
触手「まあまあ、そんなのんきなこと言ってられるのも今のうちだけどね」

触手ちゃん「なにが?」

触手「触手から媚薬が出せる事ぐらい知ってるよね?」

触手「それ、ばらまいちゃったらどうなるかぐらいわかるよね?」

触手ちゃん「まあ、うん」

触手「一滴だけで身体中が火照ってエッチなことしか考えられなくなっちゃうんだよ」

触手ちゃん「それで?どうしたいの?」

触手「サキュバスちゃんをそんなふざけたこと言えなくなるぐらい快楽漬けにしちゃおうかなって」

触手ちゃん「へー、面白いじゃん」

11 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 00:40:06 ID:9DOm3aPw
触手ちゃん「できるもんならやってみてよ」

触手「あとで後悔しても遅いからな」シュルシュル

触手ちゃん「きゃっ、や…ちょっ……」

触手「口にそのまま噴射したげる」ズポッ

触手ちゃん「んぅ……!むご……」

触手「はい、ぴゅーっ」ピュ-

触手ちゃん「やっ……む……」

触手「なーんだ、あんなこと言ってた割には大した事ないじゃん」ピュ-

触手ちゃん「んぅっ……!……あぁ…」

12 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 00:53:24 ID:9DOm3aPw
触手ちゃん「……」

触手「へへっ、後悔してる?」

触手「ふざけたことばっかり言ってるからひどい目に遭うんだよ」

触手ちゃん「……」ニヤッ

触手「さーて、お楽しみはこれから……ちょっ、なに」ガシィッ

触手ちゃん「……こんなのが私に効くとでも思ってんの?」

触手「えっ」

13 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 01:31:18 ID:9DOm3aPw
触手ちゃん「こっちはね、これの数十倍どぎついやつを何十回分も1回に飲まされたりしてんの」グググ

触手ちゃん「こんなの、睡眠薬にもなんないよ」ギュウウウ

触手「い、いたいいたいいたい!!」

触手ちゃん「ふざけたことしたら、ひどい目に遭うんだよね?」ギュウウ

触手「やめて、お願いだからやめてくださいお願いします」

触手ちゃん「私、知ってるからね」

触手ちゃん「触手って自分の出した媚薬でも気持ちよくなっちゃうって」

触手「ごめんなさい!ほんとにごめんなさい!!なんでもするから許して!!!」

触手ちゃん「……ふーん、なんでもするんだ」ニコッ

触手「ひええっ…」

14 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 03:15:54 ID:9DOm3aPw
触手ちゃん「じゃあ、私の口にもう1回媚薬出してよ」

触手「………はい」ビシュ-

触手ちゃん「んー……んふふ」

触手ちゃん「この口の中の媚薬、かけたらどうなるかなー?」

触手「ちょっ…そ、それだけは…」

触手ちゃん「何でもするって言ったの誰だっけ?」ガシッ

触手「や、やめて……だめ…」

触手ちゃん「ふふっ、かわいい」テロ-ッ

触手「やっ…だ……ああああっ♥♥♥♥♥」ビクンビクン

15 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/20(月) 23:39:32 ID:9DOm3aPw
触手「あっ……だめ…♥」

触手ちゃん「なーんだ、あれだけ言ってた割には私より弱いじゃん」

触手「はぁ…♥はぁ…♥」

触手ちゃん「あー…でもさすがに媚薬2発はキツかったかなー……ちょっとぼーっとする」

触手ちゃん「……そうだ、確か私にエッチなことしたくて来たんだよね?」

触手「そ、そういうんじゃ………」

触手ちゃん「じゃあ、させてあげる」

触手「えっ……?」

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/20(月) 23:54:50 ID:FhkOS.w6
いいぞ〜

17 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 00:50:33 ID:lvsSw8Lo
触手ちゃん「いいよ、私だって最近エッチなことしてないから欲求不満気味だし」

触手「へへっ…やっぱりサキュバスちゃんもエッチなのには勝てないんだね」

触手ちゃん「(ちょっとぐらい…いいよね…?妊娠してても……)」

触手ちゃん「たーだーしー……」ギュッ

触手「ちょっ…♥いま…びんかんになってるから……」

触手ちゃん「触手は動かさなくていいよ、触手は私のおもちゃ代わりってこと」

触手ちゃん「エッチなことしに来たのに一方的に使われるだけって、なんだかかわいそう」

触手「(さっきからサキュバスちゃんドS化しててこわい……)」

18 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 21:06:22 ID:lvsSw8Lo
触手ちゃん「ふふっ、じゃあ早速……っ…」クチュックチュッ

触手「ああっ♥♥♥こすれてっ♥♥♥♥んうっ♥♥」

触手ちゃん「あっ…♥これ……いいかも……♥♥」クチュクチュ

触手「そ、そんなに…♥♥♥はげしっ…♥♥♥♥っっ♥♥」

触手ちゃん「やば…♥♥なかでっ♥うごいてる♥♥♥♥」グチュグチュ

触手「ら、らめ…♥♥♥もう…♥♥♥♥あああああっ♥♥♥♥♥♥♥」ビクビクッ

19 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 22:36:02 ID:lvsSw8Lo
触手ちゃん「ああっ♥♥♥なかでぐりゅぐりゅなってるうう♥♥♥♥」グチュグチュグチュ

触手「あっ♥ああっ♥ああっ♥♥♥♥」ビクッ

触手ちゃん「らめぇ♥♥♥わ…♥♥わたしも…♥♥♥♥♥♥もう♥♥♥んあああっ♥♥♥♥♥♥♥♥」ビクンビクン

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/21(火) 22:42:23 ID:8NsXIAmo
おっぱいのひとたちつれてきておちちのなか触手with媚薬投与でかきまわしてあげたい乙。
まほちゃんはきっとやみつきに乙。

21 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 23:03:11 ID:lvsSw8Lo
~~~

触手ちゃん「……………はっ!」

俺「あ、起きた」

触手ちゃん「……えっ」

触手ちゃん「……俺くん、ちょっとあっち向いてて」

俺「…なんで?」

触手ちゃん「いいから!あっち向いててよ」

触手ちゃん「(もしかして……さっきまでの全部…夢?)」ゴソゴソ

触手ちゃん「(なんか変だとは思ったんだけど………!?)」クチュッ

触手ちゃん「(ぬ…濡れてる……)」

22 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 23:46:35 ID:lvsSw8Lo
触手ちゃん「(うそぉ…そんなにエッチなことばっかり考えてたかな…?)」

触手ちゃん「(しかもパンツけっこう濡れてるし……うぅ…)」

俺「なにー?オナニーでもしてんの?」

触手ちゃん「ちょっ…こっち見んなって言ったじゃん!!バカ!変態!」

俺「(ありがたいお言葉)」

触手ちゃん「また褒め言葉だとかなんとかって思ってるでしょ!わかってるんだからね!」

俺「怒ってもかわいい」

触手ちゃん「もー!かわいい禁止!」

俺「かわいいのに?」

触手ちゃん「何でもかんでもかわいいって言うからだめ!」

俺「ほんとにかわいいのに…」

23 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/21(火) 23:55:35 ID:lvsSw8Lo
触手ちゃん「はあ…起きたばっかりなのにもう疲れた」

俺「あ、またうちに変なのが増えたんだけど」

触手ちゃん「変なのが増えた?」

俺「また触手が迷い込んできてた」

触手「……」Zzz

触手ちゃん「うわあああああ!?!!!??」

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/22(水) 01:12:40 ID:doDtoQj.
正夢だったな いい夢見ろよ!

25 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/22(水) 17:57:08 ID:aDCDs9bU
触手「ん………?」パチパチ

触手ちゃん「な…なんで……え……?」

俺「ん?知り合い?」

触手「あっ!!さっきはよくもひどい目に…」

触手ちゃん「ええええええ?!?!!?!??」

触手「…って、なにこれ!!私閉じ込められてるんだけど!!出せー!」

触手ちゃん「俺くん、ちょっとほっぺたつねってほしいんだけど」

俺「話が理解できない」

26 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/22(水) 18:30:52 ID:aDCDs9bU
触手ちゃん「こいつあれだよ、私が前に食べたやつ」

俺「あー、あの前言ってた」

触手ちゃん「俺くんがいない間にいきなり来て…私…こいつに……ううっ……おかされて……」グスッ

俺「お前何してんの」

触手「犯されたのはこっちだっての」

触手ちゃん「こいつが…私に媚薬飲ませてきて……おまんこぐちょぐちょって……」グスン

俺「おい」

触手「媚薬飲ませろって言ったのはそっちだし私使ってオナニーしてたじゃん!!」

俺「触手ちゃんはそんなことしない!
!」

触手「なにそれ?!」

27 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/22(水) 19:52:36 ID:aDCDs9bU
俺「うちの嫁に何手出してんだこのクソ触手」

触手「誤解だって!誤解だってば!」

触手ちゃん「でも襲ってきたのと媚薬飲ませてきたのは本当じゃん」

俺「じゃあオナニーはしたんだ」

触手ちゃん「……その…我慢できなくて……」

俺「人にあれだけエッチなことはだめとか言っといて自分はしたんだー、ふーん……我慢できない子にはおあずけが必要かなー?」

触手ちゃん「いじわるなこと言わないでよぉ……」

触手「今私は何を見せられてるんだ」

28 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/22(水) 20:04:11 ID:aDCDs9bU
俺「うるせえ犯すぞ」

触手ちゃん「あいつの触手のイボイボ結構気持ちよかったけどね」

触手「そういう情報教えなくていいから!」

俺「オナホにしてもいける感じかな?」

触手ちゃん「ちんこないからわかんないけど多分気持ちいいと思うよ」

俺「そんなに?じゃあ試してみよっかな…」ニヤリ

触手「そういうのいいから!!」

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/22(水) 21:10:20 ID:pYCu6yIs
なにこの夫婦の共同作業w

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/22(水) 21:15:50 ID:doDtoQj.
初めての共同作業ってか >>29 上手いこと言いやがって

31 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/23(木) 01:05:23 ID:LpoN9XVQ
俺「いいじゃん別に、減るもんじゃないんだし」

触手ちゃん「私みたいにかわいい女の子になれるかもしれないし」

触手「かわいい…?」

触手ちゃん「え?」ニコッ

俺「可愛くない訳無いだろ?」ニコッ

触手「か……かわいいとおもいます…」

32 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/23(木) 01:43:25 ID:LpoN9XVQ
触手ちゃん「そういや…さっき私にサキュバスちゃんって言って起こしてきたけどなんで私がサキュバスってわかったの?」

触手「いや、それは…その……」

俺「答えられないの?」

触手「いや…そういうわけでは…」

俺「これは無理やりでも吐かせないといけないなー、仕方ないなー」

触手ちゃん「そうだねー、言わないんだから多少ひどい目に遭っても仕方ないよねー」

触手「ふざけてるよね?ねえふざけてるよね!?」

33 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/23(木) 20:24:40 ID:LpoN9XVQ
触手ちゃん「んー?至って真剣に考えてるんだけどなー」

俺「そういや魔法使いちゃんからこの間の薬また貰った」

触手ちゃん「やだ!もうあれ絶対使いたくない」

俺「分量守ったらちょうどいいと思うんだけどなあ……まあ、だからこいつに…」

触手ちゃん「まあ、何事も勉強だしね、本物がどんな感じかぐらいは知っといたほうがいいと思うし」

触手ちゃん「それこそぐちゅぐちゅあへあへじゃ済まないんじゃない?」

俺「この前の触手ちゃんヤバかったもん、途中から喘ぎっぱなしだったから」

触手ちゃん「あれのせいで妊娠してるんだからね、ふたりっきりでもうちょっとはいちゃいちゃしたかったのに」

俺「もういちゃいちゃできないわけじゃないんだし、それこそ2人目だって…」

触手「あーもう!そんな話今どうでもいいだろ!!」

34 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/23(木) 21:43:05 ID:LpoN9XVQ
俺「それは早くしてほしいってこと?」

触手「もうなんでもいいからさっさと解放してよ!」

触手ちゃん「あれー?そんな態度しちゃっていいのかなー?」

俺「なんでもしていいんだよね?じゃあ焦らしてみよっかな」

触手「なんでそうなるの!?」

俺「なんだったら飼おうか、うちで」

触手ちゃん「ご飯ぐらいは出すよ」

触手「私はペットじゃないから!」

俺「なんなら奴隷でもいいけど」

触手「どっちもやだ!!」

35 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/23(木) 23:20:46 ID:LpoN9XVQ
触手ちゃん「まあいいや、どっちにしろ焦らしに焦らしてあげる」

触手ちゃん「私、人が喘いだり悶えたりするの見るの好きだし」

触手ちゃん「たーっぷり、可愛がってあげるね」ニコ

触手「ひえぇぇ…」

俺「俺も触手ちゃんに可愛がられたい」

触手ちゃん「うるさい」

俺「はいぃ…」

36 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/24(金) 04:12:38 ID:.k9fgn/o
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

37 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/24(金) 19:52:47 ID:Hiig1h6k
触手ちゃん「そうだ俺くん、俺くんのお父さんとお母さんに話ってしたっけ?」

俺「いや、全くっていうか忘れてた」

触手ちゃん「せっかくだし行く?これほっといて行ったら丁度いい感じになりそうだし」

俺「いいけど遠いよ?車で行ったら1泊は確実だし多分疲れると思う」

俺「ただ、うちのお母さんも触手ちゃんのお母さんぐらい若く見える、20代じゃないかってぐらい」

触手ちゃん「何歳ぐらいなの?」

俺「年齢知らん、っていうか教えてくれない」

触手ちゃん「マジで」

俺「正直普通にヤれるレベル」

触手ちゃん「姉妹とかならわからなくもないけどお母さんはちょっと…」

触手「(ここにいると頭悪くなりそう)」

38 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/25(土) 03:34:41 ID:InlcmGDw
俺「まあそんなことは置いといて、行くんだったら休みの間にでも…」

触手ちゃん「ってことだから、留守番しててね」

俺「ちゃんと逃げられないようにしといてあげるから安心して」

触手「何をどう安心したらいいの?」

俺「ごはんも置いとくから、わざわざ出る必要もないしね」

触手「軟禁だ、警察に言ってやる」

俺「多分触手が警察行っても相手にされないと思うよ」

39 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/25(土) 03:55:06 ID:InlcmGDw
触手「……まあいいけど、帰ってきたら解放してよ」

触手ちゃん「おとなしくしてたらね」

俺「あー、今から休みが楽しみだなー」

触手ちゃん「お父さんとお母さん、どんな人なんだろ…ちょっと緊張する」

俺「そんな怖くないから大丈夫だって」

触手ちゃん「いや…どう見てもおかしなカップルだし」

触手「頭が?」

俺「あ?」

触手「ごめんなさい」

40 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 10:49:50 ID:n/9w9Pao
期待

41 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 12:22:37 ID:OIE2dwhA
してる
乙。

42 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 13:01:12 ID:w.cvxfRE


43 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/25(土) 15:57:33 ID:PZzF/Z3E
俺「親子に見えるっていうか兄妹に見えるっていうか、とりあえず夫婦には見えない」

触手ちゃん「話めんどくさいでしょ?」

俺「いっそのこと兄妹ってことで押し通すってのもありだけど…」

触手ちゃん「ふふっ、おにーちゃーん♥」ぎゅっ

俺「あーやっぱ理性保てそうにないから無し」

触手ちゃん「おにいちゃんになら、襲われちゃってもいいんだけどなー…」ぎゅー

俺「マジでやばいからやめて」

触手ちゃん「ふふっ、かーわいい」

44 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/25(土) 16:25:57 ID:PZzF/Z3E
俺「多分理解してくれるとは思うんだけどなあ…」

触手ちゃん「中学生誘拐して実家に転がり込むみたいな」

俺「犯罪者扱いかよ」

触手ちゃん「未成年と成人がセックスするだけでも十分ヤバいし」

俺「そもそも年齢不詳だろ」

触手ちゃん「でも見た目が…」

俺「おっぱいとか?」

触手ちゃん「ころす」

俺「ごめん」

45 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/25(土) 19:40:47 ID:PZzF/Z3E
俺「いや、でも他に子供っぽいところって…」

触手ちゃん「ころす」

俺「じゃあどこが…」

触手ちゃん「ナイフでおなかさしてくるしませてからころす」

俺「…おかしくなっちゃったんだけど」

触手「自分の都合悪いタイミングでだけこっちに話振ってくんなよ!」

触手ちゃん「でも俺くんこういうのもすきなんでしょー?」

俺「まあ…嫌いじゃないけど」

触手「ここは性癖の展覧会か何か?」

46 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 19:47:56 ID:MXuYB4nM
きょうもこうしんうれしい乙。

47 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 22:59:40 ID:jZodRESY
ヤンデレってこうグッと来るものあるよね

48 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 23:13:19 ID:gFz5J08E
体形(胸)を詰られて怒るのは病みとは違うであろう

49 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/26(日) 00:59:31 ID:Y60/AX3E
俺「実行する気は全くってか絶対にないし妄想だけならいいでしょ?」

触手ちゃん「オートアサシノフィリアってやつ?いいよね」

俺「それこそ触手で首絞められてじわじわ殺されるとかお腹刺されて内蔵掻き回されちゃったりとか…」

触手「おぇぇ……」ゲロゲロ

触手ちゃん「あ、吐いた」

俺「耐性ない人は安易に想像しちゃダメだと思うの」

触手「お前ら……夫婦で同じ事しか考えてねーのな…うぇっ……」オエ-

50 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/26(日) 01:17:11 ID:grAC3Cyc
かきまわすならおっぱいにしてあげてーおなかかきまわしたらしんじゃう乙。

51 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/26(日) 01:28:45 ID:gvu4XcdM
触手が何を吐くんだ

52 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/26(日) 01:42:16 ID:Y60/AX3E
俺「てか何吐いてんだそれ」

触手ちゃん「透明ってことはもしかして…」

俺「ちょっと触ってみてよ」

触手「自分が吐いたやつなんか触りたくない」

触手ちゃん「無理やりか自分からか、どっちがいい?」

触手「はいはい…やればいいんでしょ、やれば」ピチャ

触手「…………!!?」ビクッッ

触手ちゃん「やっぱ媚薬だった」

俺「ってことは吐かせまくったら媚薬でセルフ快楽漬けに出来るんじゃ…」

触手「殺す気か!!」

53 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/26(日) 01:54:13 ID:Y60/AX3E
俺「あー、妹とかに異常なほど愛されちゃった挙句刺し殺されちゃって妹もそのまま自殺しちゃうみたいなのすき」

触手ちゃん「私もそういう感じで俺くんと接してもいいんだけど…」

触手「その話広げるのやめろよ!!!わざとだろ!!」

触手ちゃん「そもそも何の話してたっけ」

俺「触手をザックザクにする話とか?」

触手「そんな話してないから!!!」

54 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/26(日) 02:07:18 ID:Y60/AX3E
触手ちゃん「思い出した、俺くんのお母さんとお父さんに挨拶にいくんだ」

俺「まあまあ、行けばどうにかなるって」

触手ちゃん「ほんとー?不安しかないんだけど…」

俺「どうなっても俺が守るから、触手ちゃんは安心して」ぽんぽん

触手ちゃん「………そういうこと、普通に言わないでよ…//」ぎゅっ

触手「(ばーかばーかバカップルばーかばーか)」

55 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/26(日) 05:19:54 ID:BMdZfJtA
この後、触手を無茶苦茶媚薬漬けにした

56 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/26(日) 17:42:08 ID:Y60/AX3E
~
休みの日

俺「じゃ、行きますか」

触手ちゃん「泊まるんだよね?泊まるんだよね?」

俺「まあ、多分泊まることになると思うけど…」

触手ちゃん「ふたりっきりでお泊まりだってー、えへへ」

俺「俺なら相手の親の家なんか緊張してそんな楽しそうにできないんだけどなあ…」

触手ちゃん「おにーちゃんとふたりっきりで…きゃーっ♥」

俺「やめろ」

57 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/27(月) 01:12:17 ID:eb0c9xI2
触手ちゃん「ふふっ、おにいちゃん何考えてるのー?」

触手ちゃん「もしかしてー、えっちなこと……とか?」

触手ちゃん「……いいんだよ?おにーちゃんにだったら……なにされてもへーきだから…」

俺「すぐそういうこと言うのやめて」

触手「完全に手玉に取られてるね」

俺「うるさい」

触手ちゃん「ふふっ、当分はこれで遊べそう」

俺「悪魔だ」

触手ちゃん「なーにをいまさら」

58 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/27(月) 01:47:23 ID:eb0c9xI2
触手ちゃん「そうだそうだ、逃げようとかふざけたこと考えないほうがいいよ」

俺「一応ごはんは中にいれとくし、明日には帰ってくるから安心して閉じ込められといて」

触手「だから何を安心すればいいの?」

俺「別に動けなくするわけじゃないし、外出たところで行くあてとかあるの?」

触手「魔界かえる、もうやだ」

触手ちゃん「私たちが帰ってきたら出してあげる、逃げたしたりしようとかしなかったら」

触手「そんなに私が逃げると思ってるのか」

触手ちゃん「うん」

俺「あんま信用してない」

触手「ふざけんな!」

59 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/27(月) 01:53:48 ID:eb0c9xI2
俺「俺の嫁に手出した罪は重いぞ」

触手「だからあれは誤解だってば!」

俺「あぁ?触手削ぐぞ」

触手「ひっ…」

俺「そうそう、そうやっておとなしくしてればいいの」

触手ちゃん「俺くんちょっとこわい」

俺「ごめん」

60 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/27(月) 02:31:25 ID:eb0c9xI2
俺「じゃあ行くから、おとなしくしててね」

触手ちゃん「えへへ、いってきまーす」バタン

触手「……いってらっしゃい」

触手「(あーもうマジなんなの?!なんでこんなとこに閉じ込められなきゃいけないの!?)」

触手「(でもこれ…水槽の蓋ずらせば出られないかな…?)」

61 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/27(月) 02:34:07 ID:33xUo4lw
待ってた乙

62 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/27(月) 02:43:28 ID:pkz9U70.
するとそこにはそのようすをじっとみつめるふたりのすがたが乙。

63 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/27(月) 03:31:50 ID:eb0c9xI2
~

俺「よかったの?水槽の蓋ちょっと開けといたままで」

触手ちゃん「あーあれ?ふふっ、あんなの罠に決まってんじゃん」

触手ちゃん「ちょっと開けたところをお姉ちゃんから貰った媚薬で濡らしておけばそれだけで十分」

触手ちゃん「あとは、何も疑わずに触った触手が媚薬に触れちゃってびくんびくんしちゃうってわけ」

触手ちゃん「媚薬に触れてイッちゃう、気持ちよくて触手から媚薬でちゃう、またイッちゃう…って感じで永久機関のかんせーい」

触手ちゃん「水分が足りなくなったら媚薬も止まるだろうけど、それでも数時間はイキっぱなしだよ?めちゃくちゃ楽しそうじゃん」

俺「めちゃくちゃ言ってることが推理小説っぽい」

触手ちゃん「トリック解説みたいな感じの」

64 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/28(火) 03:06:43 ID:zzB2JGss
~

触手「(あそこ…ちょっとだけ蓋開いてる)」

触手「(なんで開いてんのかわかんないけど、あそこに引っ掛けたら出れるぐらいのスペースは…)」

触手「(あの2人も案外大したことないじゃん、ノロケすぎて頭バカになってるのかな?)」

触手「(さーて、こんなとこからはさっさとおさらばしよっと)」シュルシュル ペチャ

触手「〜〜〜〜〜〜〜〜〜?!!!?!?」ビクンビクン

触手「ちょっ……♥♥♥♥♥ああっ♥♥なに…っ♥♥♥♥」ビクップシュッ

触手「あああっ♥♥♥♥らめっ♥♥♥♥♥らめなのぉ♥♥♥♥♥♥♥♥ああああっ♥♥♥♥♥♥」ビクビクビクゥッ

65 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/28(火) 22:47:18 ID:zzB2JGss
触手「なにこれっ♥♥♥♥きもちぃの♥♥♥♥♥とまんない♥♥♥♥♥」プシュップシュッ

触手「ああっ♥♥♥♥♥♥やだっ♥♥♥♥♥♥んうぅっ♥♥♥♥♥」ビクップシュ-ッ

触手「あー♥♥♥♥♥♥あーーー♥♥♥♥♥♥♥」ビクンビクン

触手「はぁーーーっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥はぁーーっ♥♥♥♥♥♥」ビクッビクッ

触手「♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」ブシュッブシュッ

66 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/28(火) 23:31:13 ID:F8P5mVr.
「しょくしゅたんはえろかわいい!」×3乙。

67 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/29(水) 01:28:33 ID:hMs.RJZ2
~

俺「あーでも見たかったなー、触手がびくんびくんしてるところ」

触手ちゃん「ちゃんとカメラ仕掛けてあるし安心して」

俺「やっぱ悪魔だ」

触手ちゃん「まあ伊達に何年も悪魔やってないし」

俺「サキュバスって性格悪くない?」

触手ちゃん「獲物の弱みは握っとかなきゃ」

俺「悪魔ってか鬼だな」

触手ちゃん「ひどい」

68 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/29(水) 03:14:16 ID:WxAX/D3Y
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

69 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/29(水) 22:24:13 ID:hMs.RJZ2
俺「まあ悪魔でも鬼でもかわいいのには変わりないけど」

触手ちゃん「またすぐかわいいって言って帳消しにしようとするー」

俺「だめなの?」

触手ちゃん「ダメっていうか…そうやってすぐかわいいかわいいって言われても…」

俺「俺は本気でかわいいと思ってるんだけどなあ…」

触手ちゃん「………」

俺「なんか変な事言ったかな?」

触手ちゃん「…なんなの、もぉ……」

70 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/29(水) 22:31:44 ID:lySQvQsY
かわいいよね乙。

71 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/30(木) 02:36:02 ID:1VBGwdPo
触手ちゃん「……車降りたい」

俺「いきなり何を」

触手ちゃん「この空間から脱出したい」

俺「そりゃあ…男女ふたりっきり、密室、何も起きないはずもなく……ふふふ」

触手ちゃん「運転してる時ぐらい真剣にやってよ!」

俺「おこられた…車降りたい」

触手ちゃん「あーもうめんどくさいなあ」

72 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/31(金) 00:50:49 ID:QnWYm68w
俺「怒るほうがいけないんだよ!」

触手ちゃん「そりゃあちょっとは怒りたくはなるよ!」

俺「言ったなー、ほんとに降りるぞ、飛び降りるぞ」

触手ちゃん「いいから!ほんとにそういうのいいから!」

俺「…つらい」

触手ちゃん「なんですぐそんなに落ち込むの…」

73 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/31(金) 01:48:15 ID:QnWYm68w
~

俺「ついたけど…疲れた、帰りたい」

触手ちゃん「もー、ずっとそんなことばっかり言わないの」

俺「うー…」

触手ちゃん「子供じゃないんだからさー」

俺「不安で死にそう、ほんとにどう紹介すりゃいいんだ」

触手ちゃん「どうにかなるっていったのはそっちでしょ?」

俺「逆に聞くけど、どうにかなると思う?」

触手ちゃん「正直無理があるよね」

74 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/31(金) 01:55:22 ID:QnWYm68w
俺「やっぱさすがにキツいよなー…」

触手ちゃん「いっそのこと誘拐犯扱いでも…」

俺「なんでそうなるんだ」

触手ちゃん「ガムテとロープあるよ?なんならボールギャグも…」

俺「え、なんでそんなの持ってきてるの…?」

触手ちゃん「いや、使うかなーって」

俺「使わねえよ」

75 ◆rFVEcgcMlk :2017/03/31(金) 02:25:22 ID:QnWYm68w
触手ちゃん「なーんだ、使わないんだ…」

俺「うちで一体何をやらかすつもりだったんですかね」

触手ちゃん「まあまあそれはおいといて、早く入ろうよ」

俺「えー」

触手ちゃん「ここまで来たらもうどうしようもないでしょ?もうどうにでもなれって感じで吹っ切れたらいいと思う」

俺「…ま、触手ちゃんがそこまで言うなら……」ガチャッ

76 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 11:34:26 ID:Js5fVZpo
俺「ただいまー」

母「おかえり、久しぶりね」

触手ちゃん「お邪魔します」

母「この人は?もしかして結婚相手とかだったりするのー?」

俺「うん」

母「えっ」

触手ちゃん「えっ」

77 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/01(土) 12:13:59 ID:VNT09UAk
キャーキテター乙。

78 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 12:43:31 ID:Js5fVZpo
触手ちゃん「なんで驚かれてるの」

俺「俺はちゃんと電話で報告したんだけど…」

母「だってどう見ても中学生じゃん」

俺「ちっちゃくてかわいい子だよって言ったじゃん」

触手ちゃん「悪かったなちっちゃくて!」

母「たしかにちっちゃい」

俺「でしょ?」

触手ちゃん「みんながいじめるー」

79 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 19:37:21 ID:Js5fVZpo
母「まあまあ、とりあえず上がって」

触手ちゃん「つらい、帰りたい」

俺「そんなこと言わないでよ…」

触手ちゃん「おっぱいある人にバカにされるのがいちばん腹立つのー!」

母「あらー、嫌われちゃった」

俺「おっぱいある人にしか敵意むき出しにしないから大丈夫」

触手ちゃん「そういうわけじゃないから!」

80 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 20:08:48 ID:Js5fVZpo
俺「でも実際そうじゃん」

母「貧乳もステータスだし、希少価値だし…いいと思うけどなー」たゆんたゆん

触手ちゃん「嫁いびりだ嫁いびり、死んでやる」

母「…おこられた」

俺「当たり前だろ」

触手ちゃん「(あのバカにおっぱい与えたらこんな感じなんだろうなー…)」

81 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/01(土) 21:16:59 ID:XemKBbwM
ちっちゃかわいい触手ちゃんうにうによしよし乙。
おっぱいおおきいひとのぼにうのみたい乙。

82 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 22:16:28 ID:Js5fVZpo
父「騒がしいなー、なんだなんだ」

俺「あ、久しぶり」

父「おお…で、なんだこの子は」

母「結婚相手だって」

触手ちゃん「あっ…こんにちは」

父「えっ…どう見ても中学生にしか見えないんだけど…」

俺「お母さんと同じく年齢不詳だし」

母「えっ」

父「えっ」

触手ちゃん「あっ」

83 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 22:24:37 ID:Js5fVZpo
俺「もういいや、隠しててもそのうちバレるし」

母「隠すってなにを」

俺「改めて紹介します、俺の結婚相手の触手ちゃんです」

触手ちゃん「えっ?!…あっ、はい」

父「触手ちゃん」

母「触手ちゃん」

俺「しかも元魔物で元サキュバス」

俺「しかも妊娠してます」

母「は?」

父「へ?」

84 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/01(土) 22:41:18 ID:Js5fVZpo
母「へー、魔物なんだー」

触手ちゃん「あ、驚かないんですね」

父「いやー驚いたなあ、まさかねぇ」

母「ほんと、親子って変わんないですね」フフッ

俺「うーん…思ってたリアクションと違う」

母「じゃ、こっちも隠してたこと言おうかな」

母「実は私、元魔物なの」

俺「……へっ?」

触手ちゃん「………えっ?」

85 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 00:12:44 ID:bvjlAzmY

ですよねー

86 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 00:35:06 ID:fTy8brGs
乙お

87 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 02:05:46 ID:dYvWHekI
これはやっぱりそういうことかな乙。

88 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 21:05:14 ID:dYvWHekI
しょくしゅちゃんかむひやー乙。

89 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 21:34:23 ID:NIMi411c
俺「エイプリルフール終わってるんだけど」

母「いやほんとだってば、これはマジ」

触手ちゃん「えっどういうこと」

母「つまり、俺くんにはえっちな魔物の血が入ってるってこと」

俺「くん付けで呼ばないで、なんか気持ち悪い」

触手ちゃん「つっこむ所そこかよ」

90 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 21:58:36 ID:NIMi411c
俺「魔物ってほんとに言ってんの?」

母「本気も本気、大本気だよ」

触手ちゃん「もしかして……」

俺「ん?」

触手ちゃん「どっかいったっていう魔王ちゃんのお母さんとかじゃ……」

母「だれそれ、しらないなあ」

父「しらないなー」

俺「嘘つくの下手すぎだろ!」

91 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 22:11:42 ID:IAUzn4gc
入れ替わり近親相姦とはたまげた

92 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 22:15:29 ID:NIMi411c
触手ちゃん「えー…マジでそうなのー……?」

俺「正直キッツいよこれ」

触手ちゃん「始めて見た時からなんか性格が似てると思ってたんだよねー」

母「ふっふっふ、バレたら仕方ないか…」

触手ちゃん「あー悪い所出てる、すぐ調子乗る所とかそっくり」

父「これが平常運転だしまあ…」

俺「きっついこれほんときっつい」

93 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 22:24:30 ID:NIMi411c
母「さーて、何から話したらいい?」

俺「じゃあお父さんはもしかしなくても…」

母「元勇者ってやつ」

俺「うーーわ、うーーーーわ」

触手ちゃん「なにこの家族」

父「2人とも不自然に若いのになんで今まで気づかなかったんだよ」

俺「いや、正直普通はこんなもんかなって」

触手ちゃん「どう見ても親が20代にしか見えないのに俺くんが20代だったらおかしいでしょ」

俺「いやー…普段から性に関してはアバウトなお方なんで早いうちにヤって産んでるんだろうなーって」

母「なにそれひどい」

94 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 22:31:07 ID:NIMi411c
触手ちゃん「ってか、俺くんには魔物の血が混ざってるってことだよね?」

母「まあ、そうなるけど…」

触手ちゃん「ヤバいよ、あの二人」

俺「あっ」

父「なんだなんだ」

触手ちゃん「この人ね、いろんな魔物とえっちなことしてるから」

俺「ちょっ」

触手ちゃん「魔王ちゃんともしっぽりと……うふふ」

母「あのさぁ……」

俺「ごめんなさい」

95 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/02(日) 22:33:00 ID:.XhyOtdQ
姉?とセックスしてたってことか

96 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 22:37:35 ID:NIMi411c
触手ちゃん「あれーっ?俺くんはいったい誰のお父さんになっちゃうのかなー?」

俺「性格えぐい」

母「なにさらっと近親相姦してんの」

俺「故意じゃないからノーカンで」

母「恋じゃないから?恋してないのにかるーい感じでセックスしたんだ」

父「アンジャッシュ状態だこれ」

触手ちゃん「のんきだなあ…」

97 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/02(日) 22:57:39 ID:NIMi411c
俺「でも娘残して男と夜逃げってほうが問題でしょ」

母「うるさい!おこるよ」

触手ちゃん「なんでこんなのに惚れたの?」

母「こんなのって」

父「まあ…かわいいし」

触手ちゃん「思考が俺くんと似てる」

俺「いや…かわいいものはかわいいんだから」

触手ちゃん「ほら、そういうとこ」

98 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/03(月) 01:55:07 ID:iiqSQmL6
俺「とりあえず整理させて、要するにお母さんは元魔王でお父さんは元勇者で俺はその子供と」

触手ちゃん「で、魔物の血が混じってるからこんなことになっちゃった…ってわけね」ぽんぽん

俺「もう意味わかんねーよ!唐突すぎるだろ!」

母「でもまあ…連れてきたのがサキュバスちゃんでよかったわ、まおならどうしようかと思った」

俺「まおとは」

触手ちゃん「魔王ちゃんの名前だよ」

俺「なんて安直な」

触手ちゃん「私だってサキュバスで名前サキュじゃん!お姉ちゃんはいつの間にかまほって名前にしてるし」

俺「魔法使いちゃんも魔王ちゃんもちゃんと名前あるんだ…」

99 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/03(月) 02:52:53 ID:iiqSQmL6
俺「で?なんでまた魔王と勇者とかいうベッッタベタな超ベタな感じになってんのよ」

母「ま、いろいろあってね」

父「恥ずかしいからその話掘り下げないで」

母「あっ、じゃあくわしーく説明してあげる」

父「やめてー」

触手ちゃん「……昔からこんな感じなの?」

俺「そうだよ、ってかうちのほうがこれよりひどいよ」

触手ちゃん「人のふり見てなんとやら…か」

100 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/03(月) 06:15:28 ID:CN4paKns
おかーさんのおっぱいやわやわさすさすしながらくわしくはなしききたい乙。

たくさんこうしんきてうれしすぎ触手ちゃんかわいい乙。

101 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/03(月) 06:40:55 ID:pfn2lMj.
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/?of=y

102 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/04(火) 02:59:32 ID:/iS6rr1g
母「ま、全部話してると長くなるしまとめて話すわ」

母「勇者と魔王が会うだけのよくわかんない儀式があって、それのあとにこの人がおっぱい揉ませてほしいって言うから揉ませてあげたら成り行きでエッチしちゃって今に至る」

俺「どこから突っ込めばいいんだか」

触手ちゃん「思ってたよりいろいろ軽かった」

俺「てか途中の『この人がおっぱい揉ませてほしいって言うから』って…」

父「よりによってそこ触れるのかよ!!」

俺「だって一番おかしいであろう所だろ?」

103 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/04(火) 03:06:50 ID:/iS6rr1g
父「だって本当に大きいんだもん、揉みたくもなるよ」

触手ちゃん「親子で思考回路がいっしょだ」

俺「でも嫁のスペックは……」

触手ちゃん「ころす、こんどこそぜったいにころしてやる」

俺「俺は嫌いじゃないし、おっぱいのあるないで人は決まらないから」

触手ちゃん「……」

母「でもあるほうが…」

触手ちゃん「うるさい」

104 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/05(水) 02:52:33 ID:BxcwhPu6
おっぱいさんたちのおちちさすさすくちくちしながらぼにうのみたい乙。

105 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/05(水) 22:57:15 ID:8rsT3v7o
触手ちゃん「あれ?でもなんで勇者と魔王の間に子供できんの?」

母「種族関係なくてもできるときはできるよ、ねー?」

父「まあ…うん」

触手ちゃん「なにその意味深な感じは」

父「あんまり言いたくないぐらいエグいことされたから…」

俺「お母さん何やってんの」

母「いや…エッチする前に私の血を入れとけば魔物の血が流れるかなーって」

俺「入れるって飲むの…?」

母「いや、血管から直接」

触手ちゃん「うえっ」

俺「エグいっていうか完全にアウトなやつ」

106 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/06(木) 00:33:52 ID:P13acRxY
母「冗談だって、魔力使って人間になっただけ」

触手ちゃん「魔王ってなんでもできるんだ」

母「ただ人間になったらその後は殆ど魔力使えないんだけどね、サキュバスちゃんだってそうでしょ?」

触手ちゃん「なんとか身体の維持が出来てるぐらいで、前みたいに催淫とかやるとけっこう疲れたりする」

俺「いつ催淫されてるんだ」

触手ちゃん「えへへ、ないしょ」

俺「(あ、今されてる感ある)」

触手ちゃん「(あ、今ちょっとしちゃってるかも)」

父「(うわー…)」

母「(言ったそばから…サキュバスとしては優秀だわ)」

107 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/06(木) 00:38:10 ID:VYSQpkWI
こいつら...心の中で会話してやがる...

108 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/06(木) 00:58:09 ID:/KAvTnGU
キテタ―――――――!イヤッフ――――――――――――――!!
ゆうしゃェ…まおははさんのおちちにくをすきにしたというのか…!
…ずるい!わたしにもまほちゃんのおっぱいほしい!
くれ。乙。

109 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/06(木) 01:35:28 ID:P13acRxY
俺「……エロい」

触手ちゃん「………はっ!」

俺「今の感覚が催淫されてる感覚でしょ?よくあるよこういうこと」

母「無意識の内に催淫しまくってるとか優秀なサキュバスだなー」ニヤニヤ

父「別にいいんだけど巻き込みで催淫するのやめて」

触手ちゃん「なにー?4Pしちゃうー?」

俺「やだ」

父「うちの嫁に手は出させん」

母「あらあら」

110 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/06(木) 20:19:38 ID:iXFsTBuc
えろかわいいおにゃのことおっぱいさんがどうにもぼくのこころをまどわせる乙。

111 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/07(金) 02:57:26 ID:sftVTnto
触手ちゃん「でもたぶん普段こんな感じだからすぐ妊娠したんだとおもう」

俺「ロリセックスの背徳感やばい」

父「わかる、特に制服」

俺「あーもう最高」

父「うちにも制服あるよ、貸そうか」

俺「それってコスプレ?本物?」

父「オクで落としたマジなやつ」

俺「いいなー、ちょっと見せて」

父「部屋にあるから、とりあえず」

俺「行くよ、触手ちゃん」

触手ちゃん「久しぶりに会った親子の盛り上がる会話がそれって…」

母「なんで?特におかしくはないと思うけど…」

俺「かわいいから!触手ちゃんになら絶対似合うから!」

触手ちゃん「ほらまたすぐそういうこというー…」

112 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/07(金) 20:38:07 ID:iZJUdcSQ
このおやにして俺くんあり…かわいい乙。

きょうだいしまいいっぱいいそうできたい。乙。

113 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/08(土) 02:32:01 ID:9u0WEs3g
~

父「結構いろいろあるよ、コスプレのやつとは質感が違う」

俺「いいなー、やっぱりオクとかにも手出すべきかなー…」

父「せっかくだし好きなのあげるわ、結婚祝いに」

俺「やったーありがとう」

触手ちゃん「な…なんか、ありがとうございます」

母「こういうのはサキュバスちゃんのほうが似合うと思うし」

俺「似合う似合う!ほんとに似合うから!!めちゃくちゃ!!」

触手ちゃん「なんでそんな必死なの」

114 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/08(土) 17:29:28 ID:yr132Si.
俺「だって本当にかわいいんだもん!!ほら、これとかリボンついててかわいいよ!」

触手ちゃん「えー着るのー?」

父「別に今じゃなくていいよ、帰るまでに決めてくれたら」

母「泊まるんでしょ?」

俺「まあ…日帰りはキツいし」

母「じゃあ……まあ、うふふ」

父「まあ、夜にでもじっくり考えたらいいんじゃないかなー」

俺「そうだなー、夜にじっくり考えよっかなー」ニヤニヤ

触手ちゃん「この家には変態しかいないの?!」

115 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/08(土) 18:28:51 ID:NdvUzbyw
かわいいへんたい(複数)とかさいこうじゃないですか乙。

おかあさんのおっぱいと触手ちゃんのちっぱい おおあばれきたい乙。

116 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/09(日) 00:54:07 ID:9TEzq93o
俺「なにをいまさら」

母「サキュバスちゃんだってじゅーぶん変態なのにねー」

俺「触手ちゃんだって『おにーちゃーん♥』とか言ってたくせに」

父「兄妹プレイとかいいじゃん」

触手ちゃん「ちょっ、それ…」

俺「『お兄ちゃんになら襲われてもいいのになー』みたいな」

母「あらまあ」

父「いいなあ、仲良さそうで」

触手ちゃん「…しにたい」

117 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/09(日) 06:34:16 ID:BhwpQvVw
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

118 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/10(月) 03:44:00 ID:aTpzd5LU
母「まあまあ、それはあとで考えるとして…どうする?もうそろそろお風呂入る?」

俺「来たのが遅かったからなあ…まあじっっっっくり後で選ぼうかな、ね?触手ちゃん」

触手ちゃん「もうなんでもいいや」

俺「あーたのしみだなー、ふたりで部屋で制服ファッションショーたのしみー」

触手ちゃん「どうせそれだけじゃ済まないくせに…」

俺「お?何されると思った?もしかしてえっちなこと考えたりした?」

触手ちゃん「そ、そんなことは考えてないからっ」

俺「なーんだ、えっちなこと考えてたんだったらしてもいいかなーとか思ったのに」

触手ちゃん「ちょっ、えっ違うってそういうわけじゃ…」

俺「やっぱり考えてたんじゃん」

触手ちゃん「うぅ…へんたい…」

119 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/10(月) 18:23:20 ID:qvVcYlro
まほさんまおさんのらんにゅうでくっちゃくちゃのかぞくだんらんきぼう乙。

120 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/11(火) 22:28:32 ID:3dn5U27Y
~

母「お風呂沸いたよー」

俺「せっかくだし男同士女同士で入る?」

父「まあ…別にいいけど」

触手ちゃん「おふろー」

俺「じゃあ先入るわ」

父「おお」

母「じゃあサキュバスちゃんにはご飯つくるの手伝ってもらおうかなー」

触手ちゃん「はーい」

俺「(なんか兄妹みたいだなぁ…)」

121 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/11(火) 22:51:53 ID:y9pCv0sk
まってた乙。
すなおいもうと触手ちゃんかわいい乙。

122 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/12(水) 01:29:58 ID:9nqh5r6A
流石に父親は守備範囲に入らんよなあ

123 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/12(水) 01:41:19 ID:pGRoQHcU
…見た目ほぼ同年代で、俺くんには女装性癖がある。

…あとは…わか/中

124 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/12(水) 02:04:44 ID:NoQ0CrsA
癖どころか致した経験もあったような

125 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/12(水) 03:42:19 ID:BWeiuwFk
~

俺「あのさあ」

父「ん?」

俺「元勇者ってマジ?」

父「まあ特にやることなかったけど…」

俺「こう、勇者だったら魔王討伐とかそういう感じの」

父「ないよ、仲良かったもん」

父「そもそもそんなことやってたら嫁になんてできないって」

俺「なんかイメージと全然違う」

126 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/13(木) 05:41:24 ID:UwV6bL26
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/blog/

127 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/13(木) 22:11:22 ID:YurfYzfw
ゆうしゃとは まおうのだにくをせいばいするもののこと

まおうとは ゆうしゃをだにくでおしおきするもののこと

そのこどもたちは このせかいにえろかわいいをもたらすものたち乙。

128 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/14(金) 01:02:16 ID:HMrH3Tpc
父「てかほんとにお母さんエッロくない?あのおっぱいといいお姉さんっぽい感じといい最高なんだけど」

俺「わかる、ああいう人に搾精プレイされたい」

父「今日連れてきた触手ちゃんって子もなかなか」

俺「完全にロリだからほんとあれはやばい、歯止め効かない感じある」

父「いいなあ…」

129 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/14(金) 02:10:34 ID:HMrH3Tpc
俺「あ、手出すの禁止ね」

父「息子の嫁に手出すほどクズじゃないから、でもそっちこそお母さんには…」

俺「さすがに親はちょっと…でも逆に襲ってきそうな感じはある、あれ半分サキュバスみたいなもんだし」

父「あー、なんかこんな話してたらもうそんな気分にしかなんないじゃん」

俺「こっちはこっちで楽しくやるからそっちもやればいいじゃん」

父「そうしよっかなー…」

俺「ってか何の話だこれ」

父「どう考えてもやばい話しかしてない」

俺「…上がろうか」

父「…うん」

130 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/15(土) 12:32:29 ID:7QCIbhB6
かわいやらしいよるのゆうしゃたちまってる乙。

131 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/15(土) 21:18:54 ID:DKG680Zw
~

触手ちゃん「はぁー…あったか…」

母「ねえねえ、サキュバスちゃん?」

触手ちゃん「なんですか?」

母「俺くんに変なこととかされてない?」

触手ちゃん「やっぱ俺くんって呼んでるんだ」

母「なんかそのほうがかわいい感じするでしょー?」

触手ちゃん「可愛いっていうか…あー…」

母「それにしても…サキュバスちゃんすごいね、これ」ふにふに

触手ちゃん「ちょっ…やめてっ……」

132 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/15(土) 22:00:58 ID:DKG680Zw
母「つるつるぺったんこ」

触手ちゃん「いくら俺くんのお母さんでも………怒りますよ私」

母「かわいそ…」

触手ちゃん「……」カチッ

触手ちゃん「あーもう!なんなの?!いいよね魔王ちゃんのお母さんはおっぱいあって?!!そんなこと言えて!?!」

俺「どうした」ガラガラ

触手ちゃん「わーっ?!ちょっ…!なんでまだ裸なの?!!?」

母「あらあら」

133 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/15(土) 22:27:21 ID:DKG680Zw
俺「いや、お母さんと触手ちゃんがいちゃいちゃぐちょぐちょしそうで楽しそうだったからつい…」

触手ちゃん「何考えてんの?!」

母「しばらく見ない間に大きくなって…」

俺「どこ見て言ってんだ」

触手ちゃん「この変態親子!ばーか!」

俺「罵られるのいいっすねー」

触手ちゃん「うぅ…なんなの…」

134 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/15(土) 22:43:25 ID:X42LQfoc
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

135 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/15(土) 22:59:16 ID:DKG680Zw
触手ちゃん「…って!いいから早く出ろ!このばか!」

俺「仕方ないなあ…じゃあ、また夜にでも…ふふっ」ガラガラ

触手ちゃん「……なんなの」

母「若いっていいなあ」

触手ちゃん「あんなのとよく毎日生活できてるなってつくづく思う」

母「でもやることはちゃんとやってるくせにー」

触手ちゃん「それとこれとは別だと思ってるから…」

136 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/16(日) 01:10:12 ID:6treAsBQ
母「なんだかんだでサキュバスちゃんみたいなロリっ子もいいなあ…」

触手ちゃん「おっぱいちっちゃいけどね」

母「いいなあ…若くなりたい」

触手ちゃん「これ以上若さ求めなくてもいいんじゃ」

母「サキュバスちゃんみたいになれば俺くんと…ふふっ」

触手ちゃん「何考えてるの?」

137 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/16(日) 01:16:05 ID:6treAsBQ
母「いや…さっきの裸見てなんか私……こう、あそこがキュッってなった」

触手ちゃん「息子に欲情するとかもう末期では」

俺『さっきのお母さんの裸見たらなんかヤれそう感あるし俺は大丈夫だよ!!』

触手ちゃん「うるせえ!てかまだそこいたの?!!」

母「今夜…俺くん借りてもいい?」

触手ちゃん「ばーか!このド変態ばか親子ばーか!」

138 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/16(日) 22:42:31 ID:6treAsBQ
ちなみに…

~

俺「(エッロ触手ちゃん超エッロいやばい触手ちゃんやばい)」

俺「(調子乗って風呂突入したのはいいけど…なにあれクッッッッッソエロいんだけど)」

俺「(…勃起収まんねぇ)」ギンギン

俺「(最近シコってないしえっちなこともしてないし…余計エロくみえる)」

俺「(……めっっちゃ抜きたいけど我慢しなきゃ…)」

139 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/16(日) 23:02:07 ID:YkR3DYp6
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

140 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 00:20:38 ID:5g.uwoKU
たわわもちっぱいもまとめてげっとですよ乙。

それにしてもこうこくうっとうしい乙。

141 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/17(月) 00:25:42 ID:.yre/C3Q
~

触手ちゃん「ふぅ…気持ちよかった…」

俺「(濡れた髪ツヤッツヤでめっちゃエロいやばい)」

触手ちゃん「ん?どうしたの?」

俺「触手ちゃん…」ぎゅうっ

触手ちゃん「うわわ…なになにいきなり……」

母「あらあら」

父「いいなあ」

俺「考える前に先に手が…ごめんごめん」ぎゅー

触手ちゃん「ちょっ……あれ、当たってるんだけど…」

俺「我慢してんだけどなあ…」

触手ちゃん「…へんたい」

142 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/17(月) 00:47:08 ID:.yre/C3Q
母「ほらほら、いちゃいちゃするのもそれぐらいにして」

父「いーなー…」

俺「ごはん?」

母「ごはん」

触手ちゃん「ごはんー!」

俺「かわいい触手ちゃんマジ妹」

触手ちゃん「ふふふっ、妹って言ったら何されるかわかってるよねー」

俺「ん?」

触手ちゃん「おにーちゃんだーいすき!えへへっ」ぎゅうう

俺「あっ…ちょっ、今はマジでダメだから…あれが…」

触手ちゃん「んふふーっ、妹に欲情するなんてお兄ちゃんは変態だねー」ぎゅーー

母「楽しそうだなー」

父「若いっていいなぁ…」

143 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 22:40:41 ID:5g.uwoKU
くはあ ゆるふわいもおと触手ちゃんかわええ乙。
かいぐりかいぐりしたい乙。

144 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/17(月) 23:13:26 ID:.yre/C3Q
俺「だれかとめて」

母「いいじゃん楽しそうだし」

俺「いや、そういう問題じゃなくて…」

触手ちゃん「まあまあこれぐらいにしといたげる、またあとで…ね?」

俺「ほらまた、躊躇なく催淫してくんのやめて」

触手ちゃん「えへへ、ばれたか」

俺「(こっちは勃起収まんねーんだよ、やばい)」

父「(バレるも何もバレバレだっての!!)」

母「(恐るべし、サキュバスちゃん)」

触手ちゃん「(…こっちももう理性持たないってば)」

145 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/17(月) 23:31:37 ID:.yre/C3Q
~

触手ちゃん「ごちそうさまでしたー」

俺「久しぶりにお母さんのごはん食べたなあ」

母「久しぶりに頑張った甲斐があったわ」

父「普段頑張ってないみたいな言い方」

母「手は抜いてないからいーの」

触手ちゃん「私なんか普段手抜きがちだしいいと思うけど…」

俺「手抜きでもなんでもおいしいからいい」

父「まあ、おいしいし別にとやかく言うつもりもないけど…」

146 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/18(火) 00:05:34 ID:KLEM8t0Q
俺「それより、まだ夜食もあることだし…ねー?」

触手ちゃん「まーたすぐそんなこと言うー」

母「…いいよね、たまには…?」

父「なんでこのタイミングなんだよ…」

母「いーじゃん最近してないんだしさー、エッチぐらい毎日したいのにー」

俺「最近してないの?」

母「だってここ3日ぐらいしてないんだもん…」

父「ほんとしてないのここ3日ぐらいだけであとはずっとしてるから正直持たない」

俺「なーにがたまにだよ、なーにが最近してないだよ、やりすぎだよ」

147 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/18(火) 10:12:57 ID:H1iohM3U
おいしいごはんにえろかわでやわらかいいきもの…これはごくらく乙。

148 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/20(木) 01:32:04 ID:qsSG3qfM
触手ちゃん「わ、わたしはそんなにえっちなことばっかりしないから!」

俺「嘘つけ」

父「魔物ってみんな変態だしまあ仕方ないっちゃあ仕方ない」

母「へ、変態まではいってないよ!」

触手ちゃん「私はサキュバスなだけだから!仕方ないんだもん!」

俺「今は違うじゃん」

触手ちゃん「そういうのはいいから!仕方なくえっちしてあげてるだけだから!」

俺「じゃあ今日は制服決めたら寝るわ、疲れたし」

触手ちゃん「えっ?あっ…ちょっとごめん…そういう意味じゃない…」

俺「じゃあやっぱ触手ちゃんはエッチしたいんだ」

触手ちゃん「……いじわる」

149 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/20(木) 23:52:28 ID:qsSG3qfM
父「いいなあ、俺もこんなかわいい嫁欲しかったなあ」

母「あら、私じゃ不満?」

父「そんなことないよ、魔王さんには魔王さんの威厳があっていいから」

母「そんなに怖いかなぁ…」

父「夜なんかは特に」

触手ちゃん「それただ単にえっちなだけでは」

俺「媚薬飲ませた触手ちゃんよりやばそう」

150 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/21(金) 00:10:32 ID:QjkYZX/Y
おっぱいこわい。まってた乙。

151 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/21(金) 02:44:28 ID:4KxQowz.
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

152 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/21(金) 05:53:36 ID:PKCvQ.y2
おつ

153 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/21(金) 21:34:09 ID:m3L7ZuTw
母「だって好きなんだもん…それぐらいしたくなっちゃう」

俺「じゃあうちもそれぐらいなら…」

触手ちゃん「するかどうかは私がきめるから!」

俺「いいじゃん俺もいちゃいちゃしたいー」ぎゅー

触手ちゃん「ちょっ……べたべたしないでよぉ…」

俺「触手ちゃんいいにおい…」スンスン

触手ちゃん「もー…」

154 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/21(金) 21:49:53 ID:m3L7ZuTw
母「いいなー仲いいしかわいいし」

父「魔王さんもかわいいよ」

母「…なによいきなり」

父「そういうえっちな所とか、すぐ照れちゃうとことか」

母「……」

父「ほんと、大好き」

母「……お酒とってくる、みんなも飲むでしょ」

父「かわいいなぁ…」

155 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/22(土) 00:38:48 ID:k4O8GTh2
~

母「サキュバスちゃんはなんかジュースでいい?」

触手ちゃん「飲んだらやばいもの以外だったらなんでもいいです」

俺「あー、そうか飲めないのか」

触手ちゃん「多分飲めるし!飲まないけど」

俺「飲まないんならみんな酔っ払った時はどうにかしてね」

触手ちゃん「はいはい…」

156 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/22(土) 11:48:33 ID:SVS5gQqw
【人妻出会い】女性の浮気率は男性よりもはるかに上回ります。
【人妻出会い】浮気,不倫掲示板。人妻出会い系の性事情!
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻【人妻セフレ掲示板】
【人妻出会い】スピード人妻探し! 人妻と一刻も早くセックスする
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
無料で主婦と不倫できるサイト!!【人妻セフレ掲示板】 http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
【人妻出会い】出会いを求めている人妻は年々数を増しております。
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
【人妻出会い】セックスパートナーを探しているエッチな人妻
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻はヤリやすいので割り切りエッチがほとんど
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
【人妻出会い】出会い確実!人妻専門無料出会い系サイト
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/
人妻セフレ掲示板。人妻をセフレにしたい人にオススメ!不倫願望にあふれる人妻掲示板

【人妻出会い】出会い系で”人妻”いうのは最もセックスしやすい http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove06/05/
人妻,熟女,若妻,新妻,浮気,不倫【人妻出会い】
【人妻出会い】旦那じゃ満足できない人妻との情事。
人妻・主婦・奥様・ママの投稿掲示板です【人妻出会い】
【人妻出会い】熟女人妻とセフレ・割り切り出会い

157 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/22(土) 17:23:00 ID:.uIMqW1U
人妻出てくるけど熟女じゃないのでやめろ

158 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/22(土) 17:52:23 ID:yU4/JH2s
お小遣い稼ぎに色んな所に貼りまくってるキチガイだから期にしないほうがいいよ

159 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/22(土) 20:05:23 ID:4F9F2wfU
みんなのいちゃらぶぬちょっくすらいふをめちゃくちゃまってる乙。

160 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/22(土) 20:36:11 ID:.uIMqW1U
俺「今日1日だけで色んな発見があった」

母「今まで黙っててごめんねー、いつかは言おうと思ってたんだけど」

父「こっちもこっちでいきなり結婚するとかなんとかってびっくりした」

触手ちゃん「できちゃったからねー、仕方ないねー」

俺「やっぱ責任は取らないとダメかなーって、ねー?」

触手ちゃん「ねー」

父「もう酔っ払ってんのか」

触手ちゃん「酔っ払ってないよぉー」

俺「なんで飲んでないのに一番酔っ払ってる感じなんだよ」

161 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/23(日) 02:56:31 ID:L78y0Py6
触手ちゃん「いいじゃん別に、甘えたい年頃なのー」

俺「なんだよそれ」

父「いいなあ」

母「今日ずっといいなあしか言ってなくない?」

父「いや…なんかみてて幸せだなあって」

母「なによ、私じゃ不満なのー?」

父「そんなことないよ」

母「じゃあー、今ここでちゅーして」

父「へ?」

俺「(あっ)」

触手ちゃん「(ああ…)」

162 人妻 :2017/04/23(日) 20:39:33 ID:ouVzLCSs
【人妻出会い】女性の浮気率は男性よりもはるかに上回ります。
【人妻出会い】浮気,不倫掲示板。人妻出会い系の性事情!
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻【人妻セフレ掲示板】
【人妻出会い】スピード人妻探し! 人妻と一刻も早くセックスする
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
無料で主婦と不倫できるサイト!!【人妻セフレ掲示板】 http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
【人妻出会い】出会いを求めている人妻は年々数を増しております。
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
【人妻出会い】セックスパートナーを探しているエッチな人妻
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻はヤリやすいので割り切りエッチがほとんど
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
【人妻出会い】出会い確実!人妻専門無料出会い系サイト

163 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/23(日) 21:24:02 ID:iTxFK132
しばらく上げない方がいいのかもしれない

164 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/23(日) 21:56:39 ID:MCPf63fw
urlをNGして放置でいいのよ
専ブラ使ってない場合は知らん

165 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/23(日) 23:30:09 ID:0NfTsM3I
もう触手ちゃん(妹)と魔王さん(母親)まとめてげっとじゃぜ乙。

166 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/24(月) 00:35:28 ID:v1wZb9Ig
触手ちゃん「完全に酔っ払ってんね」

父「やめなよ子供の前で」

母「もう子供なんて歳じゃないじゃん…ね?ほらぁー…」

父「もう寝る?寝たほうがいいと思うけど」

母「やーだー、きょうはゆーしゃとせっくすするのー」

俺「普段から酒飲ますとこれなの?」

父「酒飲んだらどうも誘惑したくなるらしい」

母「ねーねーいーでしょー?もうここでもいいからさー」

父「うるさいなーもー、ちょっと待っててよ」

俺「触手ちゃんにお酒飲ませたらあへあへ言いそう」

触手ちゃん「いきなり何を言うかと思えば」

167 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/24(月) 02:10:31 ID:v1wZb9Ig
俺「いや…お酒飲めなさそうだし」

触手ちゃん「見た目的にはそうだけど、でもあへあへは言わない」

母「ねー、脱ぐよ私」

父「ちょっと待ってってば…とりあえず先にベッド行っといてよ」

母「はーい……はやくきてよ…?」

触手ちゃん「あんな人にはならないよう努力する」

俺「触手ちゃんにお酒飲ませてみたいなあ…絶対エッチになりそう」

父「飲む?」

触手ちゃん「飲まない!」

168 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/24(月) 07:28:36 ID:1rAOu0Tg
【人妻出会い】女性の浮気率は男性よりもはるかに上回ります。
【人妻出会い】浮気,不倫掲示板。人妻出会い系の性事情!
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻【人妻セフレ掲示板】
【人妻出会い】スピード人妻探し! 人妻と一刻も早くセックスする
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
無料で主婦と不倫できるサイト!!【人妻セフレ掲示板】 http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
【人妻出会い】出会いを求めている人妻は年々数を増しております。
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
【人妻出会い】セックスパートナーを探しているエッチな人妻
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻はヤリやすいので割り切りエッチがほとんど
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
【人妻出会い】出会い確実!人妻専門無料出会い系サイト

人妻セフレ掲示板。人妻をセフレにしたい人にオススメ!不倫願望にあふれる人妻掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/

169 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/25(火) 01:19:54 ID:dHXMVJsk
父「ははは…その感じじゃあ酔っ払わなさそうだな」

俺「お母さんエロかったなあ…」

父「普段からあんな感じだしもう慣れた、エロいことはエロいけど」

触手ちゃん「それより大丈夫なの?あんな酔っ払ってて」

父「うーん、そろそろ行ってあげたほうがいいかな…」

父「ま、お二人とも若いとはいえほどほどにね」

触手ちゃん「あっ、おやすみなさい」

俺「まあ当分寝れないとは思うけど」

170 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/25(火) 02:08:06 ID:dHXMVJsk
触手ちゃん「…ふたりっきりになったね」

俺「うん」

触手ちゃん「…」

俺「……部屋、いこっか」

触手ちゃん「…うん」

俺「…」

触手ちゃん「…」

俺「(何この空気)」

触手ちゃん「(空気が初Hのそれなんだけど)」

171 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/25(火) 23:33:45 ID:dHXMVJsk
~

俺「制服かっわいい超かわいい」

触手ちゃん「やっぱ本物は違うね」

俺「このちっちゃいリボンかっわいい」

俺「てかほんとめっちゃかわいいかっわかわ」

触手ちゃん「私も自分で着てて制服かわいいと思う」

俺「だってほんとにかわいいもん…」

172 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/26(水) 00:04:32 ID:XD3o7gB2
俺「触手ちゃん…んっ……」チュ-ッ

触手ちゃん「俺くん……っ…」チュックチュッ

俺「ふぅ……んっ…」ジュルッチュパッ

触手ちゃん「んっ……はあっ…」

触手ちゃん「ふふっ、おさけの味がする」

173 人妻 :2017/04/26(水) 10:10:33 ID:9k8sAJ72
エッチに興味深々な女性達と欲望のままにセックスできます。
【人妻出会い】】愛人・セフレ希望のアダルトな関係希望の人妻
【人妻出会い】人妻セフレ出会い【不倫したい人妻掲示板】
人妻出会い系サイト :人妻出会い掲示板
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
不倫出会い http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
高齢熟女・おばさんの掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
募集掲示板
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
逆援助掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/
キャバ嬢掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/
地域別 掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/

174 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/26(水) 10:32:38 ID:MSTqkEyo
ふたりのしたとしたがえろかわちゅくちゅく乙。
おかあさんたいじょうざんねん乙。

175 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/26(水) 14:18:16 ID:Z/29f10I
よく考えたら義理の娘も実の娘も触手を食べてるのか…

176 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/26(水) 15:57:08 ID:tSH7cpYQ
実の息子も(意味深)付きで食べてる

177 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/26(水) 22:43:35 ID:XD3o7gB2
俺「触手ちゃん……いいよね?」

触手ちゃん「うん………いいよ」

俺「あっ、パンツ濡れてる…エッチなこと考えてたんでしょ」ツ-ッ

触手ちゃん「っ……仕方ないじゃん……」

俺「こんなに濡れてたらもうパンツいらないね」スルスル

触手ちゃん「ちょっ、それぐらい自分でできるってばあ…」

178 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/27(木) 03:11:02 ID:3SCjEAiU
【人妻出会い】「スマホアプリで人妻と出会う」
【人妻出会い】浮気,不倫掲示板。人妻出会い系の性事情!
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻【人妻セフレ掲示板】
熟女人妻掲示板 - 妻の痴態【人妻出会い】
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
無料で主婦と不倫できるサイト!!【人妻セフレ掲示板】 http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
人妻、主婦との浮気や不倫 | セフレ掲示板【人妻出会い】
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
多くの人妻が出会いを求めている傾向があります。【人妻出会い】
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻はヤリやすいので割り切りエッチがほとんど
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
人妻やセフレを作りたいと思って出会い系を利用する人は多くいます。
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/
人妻セフレ掲示板。人妻をセフレにしたい人にオススメ!不倫願望にあふれる人妻掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/
【人妻出会い】人妻掲示板 ライブチャット| 人妻や熟女とのデアイ
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
人妻セフレ掲示板で人妻のセフレを見つけて見ませんか?
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
人妻はセフレに最適!出会い系サイトで不倫 【人妻セフレ掲示板】 http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove05/LiveChat/
人妻・既婚者・主婦に出会える掲示板【人妻セフレ出会い】 http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/005/
人妻セフレが欲しい→【人妻セフレ出会い】 http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/003/
人妻を簡単にセフレ化する完璧な手順【人妻セフレ出会い】 http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01terehonsekkusu01/002/

179 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/28(金) 21:10:46 ID:yFBF7WqM
俺「触手ちゃんのつるつるぷにまん……きれい…」

触手ちゃん「そ、そんなじっくり見ないでよぉ…」

俺「見られるだけじゃ不満なんだー、えっちだなー」つんつん

触手ちゃん「ひゃっ…そんなこと言ってないぃ…」

俺「じゃあするのやめる」

触手ちゃん「………いじわる」

180 ◆rFVEcgcMlk :2017/04/30(日) 21:50:04 ID:bPjH5BfI
俺「してほしいなら自分で言ってよ、ほら」

触手ちゃん「んぅ…」

俺「『えっちなこと考えるだけでびちょびちょになっちゃう私のおまんこ気持ちよくしてください』って、はい」

触手ちゃん「……」

俺「あれ、いいの?」

触手ちゃん「なにそれ…」

俺「触手ちゃんにそういうこと言わせたいから」

触手ちゃん「…今日の俺くん、ほんといじわる…」

181 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/01(月) 02:11:48 ID:g/gWgej.
俺「で?してほしいの?してほしくないの?」

触手ちゃん「…言えばいいんでしょ、言えば……」

触手ちゃん「え…えっちなこと考えるだけで、びちょびちょになっちゃう…私の……おまんこ…気持ちよくしてください…」

俺「ふふっ、触手ちゃんめちゃくちゃ変態だね」

触手ちゃん「そっちが言えって言ったのに…」

俺「でも俺の言った通りに言えとは言ってないよ」

触手ちゃん「うぅー…」

182 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/02(火) 12:46:20 ID:xG3Ovu9U
まってる乙。
触手ちゃんのすじまんつぷつぷちゅっちゅく したい乙。

183 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/02(火) 23:36:10 ID:d0S1S1CM
俺「ま、ちゃんと言えたしご褒美あげないとね」クチュ

触手ちゃん「はぁっ……」

俺「どう?気持ちいい?」クチュクチュ

触手ちゃん「あっ……うん……うー…」

俺「まだ指1本しかいれてないのにそんなに感じてて大丈夫なの?」クチュクチュ

触手ちゃん「やっ……だいじょうぶじゃないっ……」ビクッ

184 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/03(水) 00:20:17 ID:BezrM5Kk
俺「ふーん、大丈夫じゃないんだー、じゃあ2本にしたげる」グチュグチュ

触手ちゃん「ちょっ…あっ、だめ……ああっ…」

俺「まあ、でもこんなもんでいいかな」

触手ちゃん「えっ、あぁ……うん…」

185 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/04(木) 01:31:39 ID:/Tb14A8Y
触手ちゃん「なんで…やめちゃうの……?」

俺「触手ちゃんばっかり気持ちよくなってるし…」

触手ちゃん「じゃあ…気持ちよくすればいいの?」

俺「気持ちよくしてくれるの?」

触手ちゃん「これでも元サキュバスだもん、すぐに気持ちよくできるよ」

俺「指1本入れられただけでぐちゅぐちゅ気持ちよくなっちゃうのに?」クチュクチュ

触手ちゃん「あっ……それとこれは別だからぁ…」

186 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/04(木) 23:36:22 ID:ei33KFXY
いよいよはげしいあいよくのよるがはじまるんですねわかるます乙。
もうにんげんよりにんげんらしい触手ちゃんかわいい乙。

187 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/06(土) 09:42:27 ID:mw8Epg12
触手ちゃん「お願いだから…焦らさないで…しんじゃう」

俺「焦らしてほしいってこと?」

触手ちゃん「そうじゃなくって…」

俺「こっちのほうがずっと焦らされてるんだけど…」

俺「別に触手ちゃんのおまんこくちゅくちゅしても興奮するけど気持ちいいわけじゃないし」

触手ちゃん「気持ちよくする、気持ちよくするからぁ…」

俺「具体的になにをどうやって?」

触手ちゃん「そ…それはその、俺くんの……」

俺「んー?聞こえないなー」

触手ちゃん「……うぅ…」

188 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/08(月) 22:48:32 ID:/BNdAFo2
じらされてしんでしまう乙。
ふたりのちゅっちゅくぬちょっくすをはげしくまってる乙。

189 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/09(火) 00:09:05 ID:XfTrdTQA
触手ちゃん「俺くんは……どっちがいいの………?」

俺「どっちって?」

触手ちゃん「口とか手か……………その……おまん………とか……」

俺「じゃあー、触手ちゃんはどうしてほしい?」

触手ちゃん「え…?」

俺「どうしてほしいか言ってみてよ」

触手ちゃん「エッチなこと言わせたいだけじゃん……」

俺「でも触手ちゃんってエッチでしょ?もうこんなびしょびしょにしちゃって」ツ-ッ

触手ちゃん「っ……へんたい………」

190 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/09(火) 01:48:43 ID:D/XlobK2
みためじぇーしーの触手ちゃん(へんたい)が俺くん(もちろんへんたい)にせまる乙。
なすすべなくちっぱいにくちづける俺くんをやさしくつつみこむ触手ちゃんかわいい乙。
そこへかけつけるえろいお母さんほかもろもろ/中略/もうそう乙。

191 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/09(火) 21:07:47 ID:XfTrdTQA
俺「自分で言える?それともまたエッチなこと吹き込まれたい?」

触手ちゃん「それぐらい…自分で言える……」

俺「じゃあ言ってみて、はい」

触手ちゃん「……わ……私の……おまんこ……おちんちんで………気持ちよくして…ください………うぅ……」

俺「ふふっ、よく言えましたー」ズチュゥ…

触手ちゃん「っ!?ああっ♥♥♥そんなぁ♥♥いきなりぃ♥♥♥♥」ビクッ

192 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/12(金) 00:19:42 ID:j4pgd2xk
俺「どう?気持ちいい?」

触手ちゃん「だめ……これ…」ビクッ

俺「入れただけでイキっぱなしとか…」

触手ちゃん「だって…ずっと我慢してたんだもん…♥」

触手ちゃん「俺くんと…えっちできるの……」

触手ちゃん「知ってるよ…?俺くん、ずっとオナニー我慢してたんだよね……?」

俺「そりゃあ…まあ…」

触手ちゃん「そんなに私としたかったんだ……なんかうれしい」

俺「当たり前じゃん、したかったに決まってる」チュ-ッ

触手ちゃん「んっ…やば……またイキそう………」キュンキュン

193 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/13(土) 01:15:19 ID:nehYxGJc
俺「いい?動いても」

触手ちゃん「今…動かれたら……やばい…」

俺「イキそうなの?」

触手ちゃん「ほんとに…ほんとにやばいから…」

俺「でも気持ちよくしてほしいんだよね?」

触手ちゃん「そ…そうだけどぉ…」

俺「じゃ、いいよね?ね?」ズチュッズチュッ

触手ちゃん「ああっ♥♥♥らめっ♥♥♥あああっ♥♥♥♥」ビクンビクン

194 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/13(土) 13:44:09 ID:nehYxGJc
俺「すごい…締め付けてくる…きつっ……」ズチュズチュ

触手ちゃん「あっ♥あっ♥きもちぃ♥♥♥だめっ♥♥」

俺「久しぶりだから…そんな持たないかも……っ」ヌチュッヌチュッ

触手ちゃん「あーっ♥♥♥はぁっ♥はあっ♥♥あっ♥♥」

俺「触手ちゃん……っ…んっ…」ンチュッジュプッ

触手ちゃん「んっ…♥♥いまはっ♥♥♥♥んむぅっ♥♥♥♥♥」チュッチュプッ

195 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/13(土) 23:38:09 ID:nehYxGJc
俺「触手ちゃん……もうイキそう…」パチュッパチュッ

触手ちゃん「わっ♥♥♥わたしも♥あっ♥♥またぁっ♥♥♥♥」ビクッ

俺「触手ちゃん……触手ちゃんっ…!」ビュッビュッ

触手ちゃん「あっ♥♥♥はあっ♥♥♥びくびくしてるっ♥♥♥♥♥」ビクンビクン

196 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/14(日) 02:27:25 ID:Bl14JHh.
俺「はあっ…はあっ…締め付け凄すぎ…どれだけ精子欲しいんだよ…」

触手ちゃん「っ……んっ……ってか…いつの間にゴムつけてたの……?」

俺「いや…一応付けといたほうがいいかなって…妊娠してるし……」

触手ちゃん「妊娠してるのわかってるんならもうちょっと優しくしてよぉ…」

俺「ごめん…次からは注意する」

触手ちゃん「次って…まだするの…?」

俺「ゴムも時間もいっぱいあるし、いいでしょ?ね?」

触手ちゃん「……えっち…」

197 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/14(日) 19:01:59 ID:Bl14JHh.
俺「人のこと言えないだろ、この変態め」

触手ちゃん「あっ、言ったなー、そっちだってじゅーぶん変態のくせにー」

俺「なに?またぐちょぐちょのあへあへにされたいの?」

触手ちゃん「私、こう見えても我慢できる時は我慢できるんだからね」

触手ちゃん「なんだったらー、また私が搾り取っちゃってもいいんだけど…?」

俺「いま薬ないよ」

触手ちゃん「ナメてもらっちゃこまるなー、私が元サキュバスだって知ってるくせにー」

俺「さっきも言ってたよねそれ」クチュッ

触手ちゃん「ひゃっ?!指……やめ……っ…」

198 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/14(日) 22:09:16 ID:Bl14JHh.
俺「ちょっと弄るだけで…かわいい」

触手ちゃん「…ばか」

俺「ごめん」

触手ちゃん「いいもん、じゃあ今度は私の番ね」はむっ

俺「ちょっ…いきなり…」

触手ちゃん「ふふっ、手ばっかりでお口じゃできなかったし…久しぶりにしてあげる」ジュプッジュプッ

俺「は…激しくない…?」

触手ちゃん「んー?こんなのふつうらよー?」チュッジュプッ

199 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/15(月) 20:51:04 ID:c9drHCt6
触手ちゃん「どーお?きもちいい?」ジュッポッジュポ

俺「やば…もう出そう……」

触手ちゃん「いーよー、くちのなかにだしてー♥」ジュルッジュポッ

俺「ああっ、出るっ…」ビュ-ッ

触手ちゃん「んーっ♥すごっ♥いっぱいでてる♥♥」

触手ちゃん「んっ……濃い…♥」ごっくん

触手ちゃん「ふふっ、飲んじゃった」

俺「(やばいめっっっちゃくちゃエロいこと普通にしてるのめちゃくちゃ興奮する)」

200 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/16(火) 11:51:14 ID:GfhB9xYk
触手ちゃん「ふふっ、その様子じゃあ…まだ出し足りない感じ?」

俺「いきなり触手ちゃんの雰囲気が変わった」

触手ちゃん「そんなことないよー、ただちょっとあれしてるだけ」

俺「まーた催淫してんのか」

触手ちゃん「だってさー反応面白いんだもん」

触手ちゃん「まだまだえっちしたくてたまらないんでしょ?お、に、い、ちゃん?」

俺「…」

201 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/16(火) 12:16:33 ID:VotCuGQI
いもうと触手ちゃんかわいい乙。
おっぱいもくわわればなおよし乙。

202 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/16(火) 16:27:54 ID:GfhB9xYk
俺「ほんと、エロい事すると人が変わるなあ…」

触手ちゃん「それがサキュバスってもんなの」

俺「さっきまで気持ちいい気持ちいいってあへあへ言ってたのに」

触手ちゃん「それは…だって気持ちよかったんだもん」

俺「強がらなくていいんだよー?ほらほら」クチュクチュ

触手ちゃん「んうっ…そ、そんなの…気持ちよくないからっ…」

203 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/16(火) 22:18:04 ID:NbC31NK6
こうしてる間も俺君の家では触手ちゃん(非サキュバス)が媚薬で悔ビクしてるんだよね

204 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/17(水) 06:53:53 ID:hCoqQ6a6
もうそろそろあのこぜつめいしてないか乙。

205 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/18(木) 00:54:01 ID:hh7oys52
俺「ほんとに気持ちよくないのー?」グチュグチュ

触手ちゃん「ああっ…♥き、きもち…よくないいっ…あっ……♥」

俺「ふーん、気持ちよくないんだ、へー」グチュグチュ

触手ちゃん「やっ♥らめっ……いっ♥いくっ♥またいっちゃう♥♥♥ああああっ♥♥♥♥♥」プシュ-ッ

俺「手マンされて気持ちよくないのに潮吹いてイッちゃうんだ、へー」グチュグチュ

触手ちゃん「ああっ♥♥らめっっ♥♥♥いってる♥♥♥♥いってるからぁぁ♥♥♥♥」ビクッビクッ

206 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/19(金) 17:33:54 ID:c2Upq./o
触手ちゃんのおちち ちゅっちゅちゅっちゅってしたい乙。
ちっぱいからきつりつしたちくびあまかみしてなかせたい乙。

207 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/19(金) 18:34:49 ID:FYS2gJEY
俺「なかなか反撃できないね」

触手ちゃん「……ぅ……うるさい……♥」

俺「でもずっとこれでも面白くないしなー…」

俺「そうだ、触手ちゃんの好きにさせてあげる」

触手ちゃん「へ…?」

俺「触手ちゃんが俺のこと好きにしていいってこと」

俺「でも1回出したら終わりね、キリないし」

触手ちゃん「いいの…?いいんだよね…?」

俺「こっちも触手ちゃんがずっとあへあへ言ってるの見てるだけじゃ気持ちよくないし」

触手ちゃん「うるせー、しかもあへあへとか一回も言ってないし」

208 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/19(金) 21:58:46 ID:FYS2gJEY
俺「まあ、俺からは基本なにもしないから…焦らしでもなんでもいいよ、かわいい触手ちゃんになら何されてもいい」

触手ちゃん「サキュバスに焦らしプレイされたいとか本気で言ってる?」

俺「たまたま出てきたのが焦らしってだけだから」

触手ちゃん「…ま、いいけど?焦らしてあげても」

触手ちゃん「そのかわりー、一切容赦はしないからね」

俺「朝までとかやめてよ」

触手ちゃん「えー、どーしよっかなー…ふふふっ」

209 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/20(土) 15:08:13 ID:5bOFTiA2
触手ちゃん「じゃー、仰向けになって足広げて」

俺「はいはい」

触手ちゃん「うーん、うまく出来るかなー…んーっ…」

俺「?…何してるの?」

触手ちゃん「ないしょ、どうせ後でわかるけど」

俺「もしかしてまた催淫してんの?」

触手ちゃん「んー、違うなぁ…それより服脱いでいい?あつい」

俺「いいよ、触手ちゃんのかわいい裸また見たいし」

触手ちゃん「またかわいいかわいいって言うー……」

210 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/20(土) 18:58:37 ID:5bOFTiA2
触手ちゃん「んー…制服ぬぎにくい…」ぬぎぬぎ

俺「かわいい」

触手ちゃん「うるさい!見るなら黙ってみてろ!」ぬぎぬぎ

俺「へへへ…写真撮って売りたいぐらいエロい、多分売れる」

触手ちゃん「児ポ的にアウトだろ」ぬぎぬぎ

俺「年齢不詳だから合法ロリってことで」

触手ちゃん「どっちみちなんで世界中に私のえっちな写真を公開されないといけないの?」

俺「えっちだから」

触手ちゃん「…」

211 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/21(日) 02:27:03 ID:t2QKyAzs
触手ちゃん「そっちからは何もしないって言ったじゃん!」

俺「喋るぐらいいいじゃん」

触手ちゃん「とにかく!変なことばっかり言うの禁止!」

俺「はいはい…」

触手ちゃん「……じゃあ、気を取り直してー…」

触手ちゃん「俺くんのこと……いじめてあげる、ふふっ」

212 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/22(月) 00:10:16 ID:9o7GLhBA
触手ちゃん「早速なんだけど…気持ちいいのと、めっちゃくちゃ気持ちいいのと、どっちがいい?」

俺「めっちゃくちゃ気持ちいいほう」

触手ちゃん「ふふっ、じゃあー…」ごそごそ

俺「何探してるの?」

触手ちゃん「いやー、お姉ちゃんにもらって来たやつが……あ、あったあった」

触手ちゃん「はいこれ、飲んで」

俺「なにこれ、もしかして入れ替わるやつじゃあ…」

触手ちゃん「違う!いいからはやくはやく」

俺「いっつもいきなりだなあ…はいはい」ゴクッ

213 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/22(月) 00:33:25 ID:9o7GLhBA
触手ちゃん「何の薬かもわかんないのにそんなすぐ飲んじゃっていいのー?」

俺「まあ…死にはしないだろうから……ふあー……ねむ……」

俺「なにこれ……睡眠薬…?」

触手ちゃん「まあ、とりあえず今日はおあずけって感じ?また明日…ね?ふふっ」

俺「Zzz…」

触手ちゃん「ま、明日も1発できるかって言われると……ふふふっ……」クスクス

触手ちゃん「あー……私も寝よ…」

触手ちゃん「つかれた……俺くんずっとえっちなことしてくるし…」

触手ちゃん「でも…なんか…きらいじゃない……」Zzz

214 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/24(水) 18:54:23 ID:Alil0BBw
~

おれ「ふあぁ…久しぶりにゆっくり寝た…」

おれ「(あー…おっぱいきもちいい……)」むにむに

おれ「おっぱい?……あれ?」むにむに

おれ「おっぱいがある」

おれ「背もちっちゃい」

おれ「てか、声も変だし……あーあー」

おれ「…ってことはもしかして……」ごそごそ

おれ「……ついてない」

215 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/24(水) 23:11:01 ID:UZwuteuI
俺君とらんすふぉーむっつーかとらんすせくしゃるでおおきなおっぱいの俺ちゃんに!?ゆめはふくらむぜー乙。
そうして触手ちゃんのまのてが俺ちゃんのぷにぷにたゆたゆぼでぃをじゅうりんするゆめをみる乙。

216 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/24(水) 23:50:00 ID:Alil0BBw
おれ「…………」

おれ「え、マジで?」むにゅむにゅ

おれ「やった、やった、神が俺の夢を叶えてくれたんだ、ありがとう女神様」むにむに

触手ちゃん「そんなわけないだろ」

おれ「え?」

触手ちゃん「昨日の薬のおかげだよ」

触手ちゃん「お姉ちゃんが、俺くんしか試せる人いないしこっそり使ってみてほしいって」

おれ「なーんだ、別にほんとに女の子になれるなら喜んで飲んだのにー」むにむに

触手ちゃん「ずっとおっぱい触るのやめろ!!」

217 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/25(木) 19:50:24 ID:NO3WOmKM
触手ちゃん居なくても自分の触れるね

218 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/25(木) 21:37:23 ID:urX1m48Y
しょっかんがちがうからしゃーない乙。

219 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/26(金) 06:57:06 ID:bGg1GvIA
おれ「あれー?もしかして怒ってるー?同じぐらいの背丈なのにこっちの方がおっぱい大きいからって怒ってるのー?」ふにふに

触手ちゃん「ち、ちがうって!!」

おれ「触手ちゃんかわいー、そんなに触りたかったら触らせてあげてもいいけど?」ぽろっ

触手ちゃん「いい!今はいいから!しまって!」

おれ「はいはい…あーなんかものすごく違和感ある、ちょっと重い気がする」

触手ちゃん「うるせーばーか」

おれ「心荒んでんね、反撃したかったのに裏目に出ちゃって」

触手ちゃん「……あとでそんなこと言えないぐらいえっちなことしてやる」

220 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/26(金) 21:44:21 ID:bGg1GvIA
母「おはよー」

触手ちゃん「おはようございます」

父「おはよう」

おれ「おはよー…」

母「誰これ」

おれ「俺です」

触手ちゃん「俺くんだよ」

父「意味わからん」

221 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/27(土) 08:46:48 ID:wUXeX4.E
TSいいよね

222 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/27(土) 14:40:30 ID:VcFGS7w6
いい…

223 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/27(土) 15:06:26 ID:3YHbJzIo
おれちゃんまぞっけもありそう乙。

ぐにぐにもぎゅもぎゅしてあげたい乙。

224 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/28(日) 14:02:34 ID:6D9U9g7E
母「なんで寝て起きるだけで女になってんの」

触手ちゃん「女体化する薬飲ませたから」

おれ「おっぱいもある」むにむに

母「へー、あっすごい…BかCはあるねこれ」もみもみ

おれ「あっ……ちょっ…人に触られるのはっ……」

母「へへへ、ついに俺くんもおっぱいの気持ちよさに気づいてしまったかー」こりこり

おれ「だめぇっ……♥…いじらないで……」

触手ちゃん「やめて」

225 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/28(日) 14:07:38 ID:6D9U9g7E
母「えー?サキュバスちゃんもしてほしいの?」

おれ「どれどれ…あっすごい、自分のと交互に触ったら明らかに大きさとか違う」

触手ちゃん「やめっ……うるさい!」

おれ「日ごろの行いが悪いからおっぱいが大きくならないんじゃない?」

触手ちゃん「あーもううるさいってばぁ!」

おれ「いいから早くどうやったら元に戻るか聞け、帰れないぞ」

触手ちゃん「お母さんに送ってもらうってのは…」

おれ「いいから聞け」

触手ちゃん「…はい」

226 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/29(月) 01:24:31 ID:IInTYjH2
魔法使い『もしもーし、なにー?』

おれ「どういう事だこれは」

魔法使い『ん?だれ?』

触手ちゃん「俺くんだよ、かわいい女の子になってるけど」

魔法使い『あ、やっぱり使ったんだ…どう?女体化願望あるって言ってたから作ってみたんだけど…』

おれ「もうちょっとおっぱいあったほうがうれしい、Dぐらい」

触手ちゃん「なに普通に受け入れてんの」

おれ「女装癖ある奴が女体化を受け入れられないとでも?」

227 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/29(月) 03:28:54 ID:evrw13QE
まほちゃんひさしぶり乙。

228 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/29(月) 22:41:32 ID:IInTYjH2
魔法使い『やっぱり胸ちっちゃかった?何分サンプルの身体が貧弱なもんで…』

助手『んー!んーー!!』ガタガタ

おれ「何かうるさいのがいるな」

魔法使い『あーごめん、実験中だったから』

触手ちゃん「実験してるとは思えないんだけど」

魔法使い『ふふっ、なんなら見せたげよっか』

触手ちゃん「助手ちゃん会ったことないし見てみたい」

おれ「今後の参考にしたい」

触手ちゃん「何のだよ」

229 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/29(月) 23:33:25 ID:IInTYjH2
魔法使い『じゃあテレビ電話にして…はい』

魔法使い「はいはーい、魔法使いちゃんですよー」

おれ「そんなキャラじゃねーだろ」

触手ちゃん「きもい」

魔法使い「うるせー、こいつがどうなってもいいのー?」

助手「んーー!んーー!!」ガタガタ

触手ちゃん「綺麗に脚開いて拘束されてる」

おれ「助手ちゃんもつるつるまんまん」

230 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/30(火) 00:42:43 ID:SWsMD7D6
やめたげてよぉ乙。(意訳:つるつるまんまんぬとぬとぴっちゃんになあれ乙。)

231 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/30(火) 02:06:00 ID:ccc8QPII
魔法使い「せっかくだし声聴かせたげよっか」ベリベリ

助手「いっ……はあっ、はあっ……これ…早く解いてよ…!」

魔法使い「それは無理だなー、でも今日は他に見物人がいるから」

助手「えっ、えっ、だめっ、やだっ、映さないで!映さないでよぉ!」

触手ちゃん「へー、結構可愛い顔してんじゃん」

おれ「顔もまんまんもきれい」

助手「うぅ……ぐすっ……」

触手ちゃん「泣いちゃった」

おれ「この格好だとなんか面白いね」

232 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/31(水) 00:29:35 ID:o.z5Jv3M
魔法使い「とりあえず実験途中まで進めちゃうね、話は一段落してからってことで」

おれ「まあ別にいいけど」

魔法使い「じゃあ、とりあえず薬注入しまーす」プチュッ

助手「っ!やだ…みないで……やだ…ぁっ……」

おれ「注射痛そう」

触手ちゃん「注射嫌いだわー」

おれ「でもあれ絶対気持ちいいやつだよ」

おれ「おまんこぐちょぐちょにされて、だらしない声出しながら何回もイッちゃう感じのやつだよ」

触手ちゃん「えっちなことばっかり言わないで」

おれ「この声でエロい事言うとめっちゃ興奮する」

233 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/31(水) 02:45:16 ID:mjBAZDiQ
まほちゃんじっけんくんもーどでいきいきしててくさはえる乙。wwwwwwwwwwww

234 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/31(水) 19:38:13 ID:o.z5Jv3M
魔法使い「はい、目隠し」

助手「ちょっ…なに…もう」

235 ◆rFVEcgcMlk :2017/05/31(水) 19:51:01 ID:o.z5Jv3M
魔法使い「じゃあ、これセットして…」ガチャガチャ

助手「やめて……もうやだよぉ…」

おれ「ピストンマシーン?」

触手ちゃん「何でそんなの持ってるんだよ」

魔法使い「べ、別に自分で使う用とかじゃないし!実験用に買っただけだから!」

おれ「わかりやすい反応」

触手ちゃん「私より変態なんじゃない?人にそんなことやらせてニヤニヤしながら見てるとか」

魔法使い「うるさいうるさーい!このど変態夫婦め、俺くん奪ったくせに」

触手ちゃん「奪ってないから!奪いにかかってるのはそっちでしょ!!」

236 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/31(水) 20:33:54 ID:QkNGU22U
ねとりたいしょうの俺くんにおっぱいとまんまんあたえてじぶんをふりにおいこむまほちゃんあほのこかわいい乙。

237 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/01(木) 21:24:17 ID:av3iv8k.
>>236
そういえばそうだなw

238 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/02(金) 02:03:13 ID:f.l8.Ndc
でもまほちゃんすきよめにしたい乙。
俺くん(おれちゃん)のてでおっぱいをぎゅうぎゅうしぼってきもちよくしてあげてほしい乙。

239 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/02(金) 19:48:50 ID:gO6TzYUU
魔法使い「ばーかばーか、そのまま女の子のまま戻らなくなればいいのにー」

おれ「おちんちん生える薬もらうから別にいーもん」

触手ちゃん「てか戻し方教えてもらうんじゃなかったの?」

魔法使い「えー、戻りたいのー?」

おれ「日常生活に支障が出るからとりあえず戻りたい、あんまり戻りたくはないけど」

触手ちゃん「どっちだよ」

おれ「とにかく触手ちゃんといちゃラブレズえっちしたい、なんならみんなとしたい」

母「えっ?」

おれ「違う!」

240 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/02(金) 21:06:58 ID:JWU/QuiU
母www

241 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/02(金) 21:18:45 ID:f.l8.Ndc
ぇえ…。

242 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/02(金) 22:39:55 ID:ATy9nIn2
http://bit.ly/2q4mPE6

243 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/03(土) 01:39:00 ID:Zz2vMZDA
触手ちゃん「…なにそれ」

おれ「触手ちゃんといっしょにくちゅくちゅし合いたい」

おれ「なんなら魔法使いちゃんとも魔王ちゃんともしたい」

触手ちゃん「何を言い出すかと思えば」

魔法使い「おれく…ちゃんといちゃラブえっち……いいなあ………」

魔法使い「ねー、今からそっち行っていい?」

触手ちゃん「来なくていいから!」

おれ「というより助手ちゃん放置しすぎでは」

244 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/03(土) 01:49:59 ID:TDHzpUuo
キャラクター名として普通に見てるけど、
よく考えたらこいつは「俺」なんだよな
つまり

245 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/03(土) 11:19:43 ID:Zz2vMZDA
魔法使い「あっ、忘れてた」

助手「ひどい…………へんたい、この性格クソビッチ、いつか殺してやる」

触手ちゃん「荒れてる」

おれ「そりゃあ毎日のようにこんなことされてたら荒れるだろ」

魔法使い「へへへ、言いたいことはそれだけ?」

助手「ばーかばーか!おっぱいしか自慢できることないくせに!友達も彼氏もいないくせにー!そんな性格だからみんなに避けられてるんじゃないのー!?」

魔法使い「……」

おれ「あ、図星だったみたい」

触手ちゃん「自分で言わせて勝手に落ち込んでる」

246 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/03(土) 11:28:23 ID:NkX9NsDI
なんならみんなとしたい乙。

あるとおもいます乙。

へこむまほちゃんも みんな かわいいなぁ乙。

247 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 14:31:39 ID:XlDCOHHs
魔法使い「う、うるさい!助手ちゃんいるからいいし!!」

助手「別にビジネスパートナーぐらいにしか思ってないんでー、お金出なくなったらやめるし」

おれ「魔法使いちゃんマジぼっち」

触手ちゃん「ヤバみでつらみ」

魔法使い「うるさい!」

助手「へへへ、味方いなくなっちゃったね」

おれ「別に味方じゃないし、性的対象にしか見てないし」

おれ「ほんと助手ちゃんめっちゃエロいし自分がめちゃくちゃ恥ずかしい格好してるの自覚したほうがいいよ、まるでおちんちん受け入れ準備できちゃってるみたいでかわいいし、てかまんまん綺麗じゃない?もしかして処女?まだ未体験?えーいいなあエッチしたいエッチしたいかわいい、おっぱいもほんのりふっくらでかわいいよかわいいほんと天使性なる天使」

魔法使い「!?」

助手「っ、んんんんっっ〜〜〜〜!!!!」

触手ちゃん「……ちょっときもちわるいと思った」

248 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 14:48:52 ID:XlDCOHHs
助手「ば、ばばば、馬鹿じゃないですか?!どこの誰だか知らないですけど!!」

おれ「どーも、そこのバカの妹の旦那でーす」

魔法使い「はあ!?」

触手ちゃん「だって馬鹿じゃん」

助手「それは同意」

魔法使い「あーーーもう!!!いい加減にしてよーーーーー!!」

おれ「あ、キレた」

触手ちゃん「馬鹿っぽい怒り方」

249 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 15:06:10 ID:XlDCOHHs
魔法使い「いいもん、もう実験するし」

魔法使い「助手ちゃんがあへあへ止まらなくなるまでたっぷりいじめていじめてぐっちょぐちょにしてあげる」

魔法使い「二人ともずっと見ててもらうからね、情けない姿見せちゃおうね」

助手「やだ………みないで………だめ…」

おれ「これ助手ちゃん演技なのでは」

触手ちゃん「触れちゃダメ」

母「まあエロいは正義だし演技でもまあ」

おれ「ちょくちょく混ざってくるのやめなよ」

250 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/04(日) 17:57:05 ID:A.an79ZY
えろいはせいぎなのでさらにたくさんあるとうれしい乙。
おっぱいがふえればなおよしちちしぼりしたい乙。

251 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 18:21:01 ID:XlDCOHHs
魔法使い「じゃ、スイッチオンと」ウィ-ン

助手「いや、ちょっとなに…なにしてるの?!なに!?」グチュッグチュッ

魔法使い「ふふっ、どう?」

助手「どうって…焦らさないではやくするならしてよぉ!」ズチュッズチュッ

魔法使い「はははっ、助手ちゃんめっちゃくちゃかわいいよ」

助手「なに……なんなの……?怖いんだけど………」ズチュッズチュッ

おれ「不感症なのかな?」

触手ちゃん「どう考えてもそれはないだろ」

252 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 18:36:15 ID:XlDCOHHs
魔法使い「薬の効果だってば」

おれ「何の薬なの?」

魔法使い「ちょっと待って、別の部屋行くから」

助手「えっ、ちょっとなに、どこいくの!?」ズチュッズチュッ

魔法使い「もうちょっとそのままにしとくから、死にはしないから安心して」

助手「ちょっ……なにされてるのかもわかんないのに……」

魔法使い「じゃ、何されてるかわかるぐらいにしてあげる」ポチッ

助手「えっ、なんなの?!全然わかんない!全然わかんないんだけど!!」ズチュズチュズチュズチュ

触手ちゃん「調教し慣れてるやつだこれ」

おれ「やっぱ変態じゃん」

魔法使い「そっちに言われたくない!」

253 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/04(日) 19:47:04 ID:aedwnGbM
http://ssks.jp/url/?id=740

254 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 22:13:11 ID:XlDCOHHs
~

おれ「で、あれはなんなの」

魔法使い「快感を蓄積する薬、だからあれだけされててもちっとも気付かないってわけ」

魔法使い「で、指をパチンって鳴らしたら一気に放出されちゃうって感じ」

おれ「すごい、ほしい、つかいたい」

触手ちゃん「私は使わないから!」

255 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 22:14:04 ID:XlDCOHHs
魔法使い「それで…その身体、元に戻りたいんだっけ?」

おれ「どうやったら戻るの?」

魔法使い「いっぱいエッチなことしたら戻ると思うよ」

触手ちゃん「なにそれ、どういうこと」

魔法使い「だって使ったことないんだもん、憶測でしか喋れない」

おれ「まあ、そういうことならいっぱいえっちしなきゃ、ね?」

触手ちゃん「……こういう時にどういう返し方したらいいのかわかんない」

おれ「おう黙って股開けや」

触手ちゃん「あーもうめちゃくちゃだよ」

256 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/04(日) 22:20:57 ID:XlDCOHHs
魔法使い「いいよ?今そこでヤっていただいても」

おれ「なんでそうなるんだよ」

魔法使い「うちの助手ちゃんのえっちなところ見せてあげるんだからさー、そっちもしてほしいなーって」

おれ「じゃあ魔法使いちゃんがさきにしてよ」

魔法使い「へ?」

おれ「こっちも2人いるんだから、2人分見せていただかないと」

触手ちゃん「ちょっと待って、見せるの前提で会話しないで」

257 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/05(月) 21:04:12 ID:J.GRK82E
おれ「だめ?」

触手ちゃん「だめ」

おれ「だそうです」

魔法使い「じゃあ俺くんだけでいいから」

おれ「じゃあ魔法使いちゃんもしてよ」

魔法使い「やだ」

おれ「じゃあやらない」

触手ちゃん「会話がループしてる」

258 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/05(月) 22:49:03 ID:dI/RNJ06
ひさびさのようなこのてんしょんたまらなくすき乙。

でもささっとえっちしーんで♡&❤らんぶしてくれてもいっこうにかまわんというかおねがいします乙。

259 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 00:13:04 ID:EwKB.lME
そのころ…

~

助手「(何してるんだろ……いくらなんでも遅すぎ……)」グチュグチュグチュ

助手「(てかなんか痛い……お腹ちょっと殴られてるみたい……)」グチュグチュグチュ

助手「(なに…?ついに私を殺しにきてるのかな…)」グチュッグチュッグチュッ

助手「(はぁーっ、これでもまほちゃんには散々尽くしてあげてたんだけどなー)」グチュッグチュッグチュッ

助手「(私…まほちゃんのこと……好きだったのに…)」グチュグチュグチュ

260 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 00:38:01 ID:EwKB.lME
助手「(友達みたいにいちゃいちゃきゃっきゃみたいなのじゃなくて………その、恋愛対象っていうか…)」グチュグチュグチュグチュ

助手「(初めて会ったとき……なんて綺麗で素敵な人なんだろうって、一目惚れして助手なんかやってるんだっけ)」グチュグチュグチュ

助手「(こんな汚れ役ばっかりだしいじわるだけど……それでもやっぱりまほちゃんがすき、だいすき、むしろまほちゃんのためならこれぐらい…)」ズチュズチュズチュズチュ

助手「(私が男だったらなあ……秒で結婚して家庭作ってるだろーなー、あー…)」グチュグチュグチュ

助手「(…そうだよね、まほちゃんが私のこと殺そうとか思うわけないよね)」ズチュズチュズチュズチュ

助手「(……これが終わったら…言ってみようかな………)」ズチュッズチュッズチュッ

261 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 00:41:33 ID:8HA5w8oM
助手ちゃんのぽんぽんをぱんぱんしてあげたいですあさなぎさんてきなふいみで!
乙。

262 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 00:46:30 ID:EwKB.lME
~

魔法使い「うーん、もうそろそろかな?」

助手「………」ズチュッズチュッズチュッ

おれ「生きてるよね?」

魔法使い「多分、まあ大丈夫でしょ…はい、おしまーい」ポチッ

助手「え……おわり?」

魔法使い「うん、じゃあ目隠し外してあげる」

助手「何もしてないのに…いいの?」

魔法使い「いいのいいの……はい、どうぞ」スルスル

263 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 00:54:25 ID:EwKB.lME
助手「んっ…えっ、なにこれ…」

魔法使い「それがー、さっきまで助手ちゃんの中でずっこんばっこんしてたの」

助手「嘘でしょ?なんにも感じなかったもん」

おれ「ふかんしょ…」

触手ちゃん「同じネタ2回は面白くないよ」

魔法使い「まあ、今は感じてないだけだけどね…今だけは」

おれ「だけが多い」

魔法使い「いちいちそんな事まで考えて話してないから!」

264 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 01:01:25 ID:EwKB.lME
魔法使い「じゃあ…そろそろいこっか」

助手「な、なにを?」

魔法使い「そっちもいい?」

おれ「やっとメインディッシュが出てきた」

触手ちゃん「別に私が特別気になるわけじゃない、気になるわけじゃないけど!とりあえず見ててあげる」

魔法使い「じゃ、いきまーすっと」ぱちん

助手「なにが………っ!?…っ、あっ…ああああああああああああっっっっ♥♥♥♥♥♥♥♥」ビクンビクンビクン

助手「なにぃっ♥♥♥♥♥♥ああっ♥♥♥♥らめぇぇっ♥♥♥♥♥♥♥♥ああああっ♥♥♥」ビクッビクッビクッビクッ

265 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 01:07:59 ID:EwKB.lME
助手「いくぅぅっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥いくのとまんないぃぃっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」プシッビクッビクッ

助手「ああああああああああっっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥ああああああっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥」プシュッビクビクビク

助手「たすけっ♥♥♥♥♥♥♥♥らめっ♥♥♥♥♥♥♥♥あらま♥♥♥♥♥♥♥♥♥こわれぇっっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」プシュ-ップシュ-ッ

助手「あああっ♥♥♥♥♥でてるぅっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥ああああっ…♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」ジョロロロ…

魔法使い「へへ、助手ちゃんまたおもらししちゃったね」

助手「うっ♥♥♥うるさいぃ♥♥♥♥♥♥♥んはあっ♥♥♥♥♥♥♥♥」チョロチョロ

266 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 07:57:07 ID:3kVrbWm.
これは…ゴクリ…

267 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/07(水) 08:28:46 ID:R.CRtlUg
助手「もう…♥もうらめ……♥♥」ビクッビクッ

おれ「すっごいエロかった」

触手ちゃん「同じく」

魔法使い「だって、良かったね助手ちゃん」

助手「はあっ……♥はあっ……♥」

おれ「いいもの見せてもらった」

触手ちゃん「戻り方も教えて貰ったし…ありがとー、またねー」

おれ「ばいばーい」

魔法使い「はいはい、またねー」

268 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 09:38:08 ID:8HA5w8oM
まほちゃんもっとくらいついて乙。

さあ!おれちゃんと触手ちゃんのたたかいはこれからだ乙。

…ごくり乙。

269 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 10:20:50 ID:8HA5w8oM
あっ そのまえに触手さんをしょけい(いみしん)しなきゃ乙。
ふたりもやることおおくてたいへん乙。

みんなみんなかわいくなって触手ちゃんと俺くんのあしたはどっちだ乙。

270 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/08(木) 03:04:21 ID:QxdQFXCA
魔法使い「ふぅ…おれくん可愛かったなあ…さて、片付け片付け…と」

助手「……まほちゃん」

魔法使い「ん、なーに?」

助手「あー、その…」

魔法使い「なになに?給料アップ以外なら相談に乗るけど」

助手「好きです、大好きです、ずっと前から好きでした」

魔法使い「…………え?」

助手「ほんとに好きで、好きで、もうどうしようもないぐらい好きなんです」

魔法使い「いやいや、ちょっと待って意味わかんない」

271 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/08(木) 06:15:20 ID:slgVIor.
がんばれ助手ちゃんまほちゃんたべちゃえ乙。

こねまわしてあまかみしてよくほぐしたのちにおいしくいただくのだがんばれ乙。

272 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/08(木) 08:03:31 ID:QxdQFXCA
助手「結婚を前提にお付き合い……というか、結婚してください!お願いします!」

魔法使い「いやいやいやいや…冗談やめてよ」

助手「女の子が女の子を好きになっちゃダメなんですか?」

魔法使い「いや、そういうわけじゃないけど…」

助手「じゃあいいですよね」

魔法使い「話勝手に進めないでよ」

助手「もしかして……まほちゃんは私のこと好きじゃないとか…?」

魔法使い「違う違う!好きじゃないことはないから!」

助手「よかった…安心しました」ちゅっ

魔法使い「っ?!」

273 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/08(木) 12:05:45 ID:86DiUgZ.
キマシタワー

274 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/08(木) 13:10:41 ID:slgVIor.
キマシタワー

275 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/08(木) 13:59:38 ID:kfyjkqCQ
魔界なんだろ?同性婚なんて魔王が許さない訳ないだろ という訳で日取りと式場決めはよ( _・ω・)_バンバン

276 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/09(金) 01:32:58 ID:fF.4/Olc
助手「ふふっ、かわいいです」

魔法使い「ファーストキス奪われた…俺くんともしなかったのに……」

助手「なんだったら………キス以上のことも…」

魔法使い「ほんと、1回ちょっと待って理解追いつかないから」

助手「??どうしてですか?私はただまほちゃんが大好きなだけですよ?」

魔法使い「だから!いきなりそんな事言われても!」

助手「……やっぱり、私じゃだめですか?」

魔法使い「……すぐそういうこと言うの卑怯だと思う」

277 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/09(金) 03:16:52 ID:fF.4/Olc
魔法使い「………まあ、私は…」

魔法使い「私なんかが……男の人と結婚できるわけないし…」

魔法使い「それより…自分のこと、好きって言ってくれたの……嬉しかった」

助手「まほちゃん……!」

魔法使い「(……そうだよね、俺くんはサキュの旦那さんだし…私が好きになっちゃダメだもんね)」ぐすん

助手「…?なんで泣いてるの?」

魔法使い「いや………なんでもないよ」

278 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/10(土) 00:36:21 ID:Dtbvm9Pg
助手「じゃあ……これで私たちも夫婦ですね」

魔法使い「ちょっと…さすがに急すぎるし当分は恋人ってことにしといてくれない?」

助手「まあ…交際期間って大切ですしね」

魔法使い「ははは、あの助手ちゃんと…まさかこんなことになるなんてね…」

助手「まあまあ、細かいことはいいじゃあないですか」ぎゅーっ

魔法使い「ちょっ、うわっ…」

助手「へへー、まほちゃんにぎゅーってずっとしたかったんだー」

魔法使い「(まあ、これはこれでわるくはないかな………?)」

279 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 00:51:50 ID:rc9YNnGk
助手ちゃんずるいわたしもぎゅーってしたい乙。

おっ

280 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/10(土) 00:53:08 ID:Dtbvm9Pg
~

おれ「……あのさあ」

触手ちゃん「……はい」

おれ「どうすんのこれ」

触手ちゃん「いっぱいエッチすれば…」

おれ「実家帰ってきてやってることがセックスばっかりってどうなのよ」

父「どうせこっちもしてるからあんまり問題はない」

母「なんなら私とも…」

おれ「うるせえ!そんなに近親相姦したいの?!」

母「もうまおとヤってるんだから大丈夫大丈夫」

おれ「どこが?!」

281 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/10(土) 07:42:49 ID:Dtbvm9Pg
母「いいじゃん子供できるわけでもないんだし」

おれ「息子に欲情するとかマジでちょっとおかしいって」

母「そう?でもかわいいから…」

おれ「お父さんもなんか言ってよ!」

父「まあ、いっつもこんな感じだし…」

おれ「なにそれ…この家に俺の味方がいないんだけど」

触手ちゃん「私はいつでも俺くんの味方だから!」

おれ「むしろ味方じゃなかったらどうしようかと」

282 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/10(土) 08:00:43 ID:Dtbvm9Pg
おれ「……まあでも、そういうことらしいからもう2、3日はいることになった」

触手ちゃん「これじゃあ帰れないもんね」

父「せっかくだし家まで送ろうか?家でふたりっきりのほうが色々と捗りそうじゃない?」

おれ「捗るってなんだよ」

母「レズセックス」

触手ちゃん「びっくりするほどの直球」

283 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 14:51:08 ID:0FSazGqU
むしろおとうさんもういろいろしんぼうたまらないのではないかな乙。

284 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 16:03:15 ID:0FSazGqU
助手ちゃんが触手さんとがったいしてまほちゃんのたわわなおちちをつよめにかわいがりするおはなしきたい乙。

285 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/11(日) 13:44:41 ID:6VLGLTdk
父「久しぶりに来てくれたんだし…まあどんなとこ住んでるかも見てみたいし」

母「あっ、私も気になるそれ」

おれ「えー、家の中入るのー…?」

父「別にそこまでは…ねえ?」

母「そう?中ぐらいは…」

おれ「中入らないなら送ってもらいたいけど…車が…」

父「2人で1台ずつ運転すればいけるでしょ」

触手ちゃん「じゃあどっちに乗せてもらうの?」

母「そりゃあ私のほうに…」

父「そりゃあこっちに…」

おれ「めんどくさいなーもー」

286 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/11(日) 16:51:30 ID:6VLGLTdk
母「1人ずつ!1人ずつ乗ればいいじゃん!」

おれ「テンションたけーな」

触手ちゃん「で、どっちがどっちに…」

母「おれくんがいい」

父「……だそうです」

母「大丈夫、なんにもしないから、なんにも」

おれ「何かしらされそう」

287 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/11(日) 19:40:09 ID:PzejFxQQ
~

父「…」

触手ちゃん「…」

父「うちの子、大丈夫?」

触手ちゃん「えっ、ああ、いやまあ…かっこいいし…かっこいいし…」

父「普段からずっと変な事ばっか考えてるから…」

触手ちゃん「まあ…一応元サキュバスなんでそこら辺は大丈夫だけど……」

父「あんまりにも変な事ばっか言ってたら遠慮なく殴っていいから」

触手ちゃん「それはちょっとマズいと思う」

288 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/11(日) 21:27:03 ID:PzejFxQQ
父「いや、だってもう妊娠してるんでしょ?ちゃんとそういうところ気配れてるか心配で…」

触手ちゃん「まあ俺くんならそういうところは大丈夫だと思う、かっこいいし」

父「…かっこいいか?」

触手ちゃん「かっこいいっていうか、頼れるっていうか、かっこいい」

触手ちゃん「なんていうか…魅力?」

父「多分そこら辺は勇者の血が流れてるんじゃない?ほら、RPGとかでもどんどん仲間増えてハーレム状態とかになるじゃん」

触手ちゃん「そういや私含め3人も女が群がってるわ」

289 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/11(日) 21:44:04 ID:Ua/QqgWk
おれくんのばあいじぶん(♀形態)もそのはーれむよういんのひとりなんだよなあ乙。

まほちゃんおよめにほしいれす乙。

290 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/13(火) 07:29:01 ID:N7XxdlTU
父「そのうち1人はまおでしょ?」

触手ちゃん「まあ俺くんの童貞卒業相手だし」

父「童貞卒業が姉とかどんなエロ同人かっての」

触手ちゃん「私もお兄ちゃんに抱かれて処女捧げちゃったりしたかったー」

父「それならこっちだって姉とか妹に好き好きっていわれていちゃラブみたいなのしたかった」

触手ちゃん「まあ相手がいないわけで」

父「姉妹を産まなかった親に文句言いたい」

291 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/13(火) 07:50:58 ID:N7XxdlTU
触手ちゃん「じゃあ私達は子供2人作った方がいいと」

父「でも親的には子供同士でエッチなことされると…」

触手ちゃん「…まあ、兄弟姉妹がいたところで必ずしもそういう展開になるわけじゃないけど」

父「あー…魔王さんとエッチしたい、あわよくば子供授かりたい」

触手ちゃん「昨日もしてたんでしょ?」

父「もう魔王さん無しでは生きていけない身体になっちゃったから、多分あっちもこんな感じだろうけど」

触手ちゃん「いいなあ、そういう関係目指したい」

父「もう充分そういう関係になってると思うよ、2人とも」

触手ちゃん「俺くんに依存してる、というか依存し合いすぎてる感じもするしやっぱ俺くん大好き」

父「それ、俺の前で言ってあげればいいのに」

触手ちゃん「恥ずかしいからいいのっ、別に言わなくてもあっちから言ってくるし」

292 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/15(木) 00:07:29 ID:Pq7jk/wM
~

母「…」

おれ「…」

母「大丈夫?服脱ぐ?」

おれ「は?」

母「いや、別に裸になってもいいよって」

おれ「ならない」

母「ほら、急にそんなのになったから身体も心配だし…」

おれ「だからって脱がなくてもいいだろ?!」

母「久しぶりにかわいい女の子の裸が見たくなったからさー、おねがーい」

おれ「自分の子供の裸見たいとか変態にも程があるって」

母「今は女の子でしょ?恥ずかしがることないって」

おれ「そういう問題じゃない!!」

293 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/16(金) 22:00:28 ID:uY5ZfV.c
おれ「お願いだからちゃんと運転してよ」

母「ちゃんと運転したら裸見せてくれる?」

おれ「いやだ!」

母「あーもう嫌になった、今すぐ車から飛び降りてやる」

おれ「行きの俺と同じ事言うのやめて」

母「え?行きの車の中でサキュバスちゃん脱がせたの?うわー、なかなか変態だなぁ」

おれ「それはしてない!」

294 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/17(土) 05:02:01 ID:XcxuxNnU
いやはやたいへんなへんたいですな乙。

295 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/17(土) 18:07:06 ID:BrAlnm2M
母「それはそうと、脱がないと飛び降りるよ」

おれ「本気で言ってる?」

母「めっちゃ本気だけど」

おれ「なんでここで脱がなきゃいけないんだよ」

母「服脱げって言ってるだけじゃん、何も難しい事言ってないし」

おれ「だからそういう問題じゃねえっての」

296 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/17(土) 18:13:10 ID:MGauzyQY
やだこのおかあさんこわい乙。

まさしくまおう(引退)であることよのう乙。

297 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/17(土) 18:20:32 ID:BrAlnm2M
母「あ、でもその服私のだから後で脱いで返してよ」

おれ「裸で家まで帰れと」

母「ダメ?マンションなんだから露出プレイ的にも最高の場所だと思うんだけど」

おれ「露出プレイもしないから」

母「なんなら私がしてもいいけど」

おれ「やめろ」

母「やだー、脱いで脱いで脱いでー!」

おれ「…」

298 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/17(土) 18:30:46 ID:MGauzyQY
たぷたぷぷにぷにのみためにじゅうだいがまんしょんでろしゅつぷれいとかなんのごほうびだ乙。

そうぐうしたらるぱんだいぶもじさないていうかするね乙。

299 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/17(土) 19:25:18 ID:wL3YFaqg
この母あっての俺くんであったか

300 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 00:44:12 ID:9guC9Ns6
~
バタン

父「はぁ…思ってたより混んでた」

触手ちゃん「行きはこんなことなかったんだけど…」

父「ちゃんと後ろ着いてきてたよな?」

触手ちゃん「たぶん……あっ、きたきた」

~

おれ「はぁ…なに?脱げばいいの?」

母「えっ?!ほんとに脱いでくれるの!?やったー!」

母「あっでももうちょっとで着くから止まってからにして、じっくり見たいし」

おれ「……はいはい…」

301 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 00:49:48 ID:9guC9Ns6
父「……」

触手ちゃん「……」

父「なにしてんだ」

触手ちゃん「なんで降りてこないの」

父「あれ?俺は?」

触手ちゃん「あれ?いない…」

~

おれ「てかこれ外から丸見えじゃん!やっぱだめ!」

母「男に二言は無いって言うけどなー」

おれ「今は男じゃないから!」

母「でもさっき、今は女の子だからって言ったら関係ないって言ったよね?」

おれ「……」

母「はい、いいからさっさと脱ぐ」

おれ「……」

302 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/18(日) 01:00:29 ID:eSF.Eewg
まるだしおれちゃんとえろいひとたちがこれから触手さんのさーびすでどえろくなるぜんちょうですね乙。
お母さんのおっぱいしぼりたい乙。

303 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 01:02:10 ID:9guC9Ns6
父「…マジでなにしてんの」

触手ちゃん「あっ、お母さんが後ろいった」

父「後ろに俺がいる感じ?」

触手ちゃん「あっ……今なんか見ちゃいけないものが見えてしまった気がする」

父「ん?なに?」

触手ちゃん「ほらあれ…あっ、カーテンとサンシェードで隠されちゃった」

父「えっマジでなにやってんの」

304 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/18(日) 01:05:36 ID:eSF.Eewg
いけーそこだーよるはこれからじゃぜー乙。

305 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 01:36:11 ID:9guC9Ns6
触手ちゃん「……っていうか色々車のなか隠せるもの乗ってるんだ、そっちの車」

父「まあ……たまに魔王さんがしたがるから…」

触手ちゃん「…もしかして」

父「……そのもしかして」

触手ちゃん「……カーセク」

父「……せいかい」

触手ちゃん「いやそれマジでちょっとなにしてんのマジで」

父「ほんとマジでなにやってんだアイツら」

306 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/18(日) 01:42:14 ID:eSF.Eewg
なにです(キリッ) さあもりあがってまいりました乙。

くるまのなかしおまみれにしてしまえ乙。

307 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 10:06:48 ID:9guC9Ns6
~

母「ふふふ、これで外からは見えないよ」

おれ「脱いでからじゃ遅いっての!ガッツリ触手ちゃんに見られたし!!」

母「サキュバスちゃんならどうせまた見るでしょ、問題なし」

おれ「……もういいや、よくなったら言って、服着るから」

母「その前に…一番後ろのシートも倒してほしいなー、ちょっと下の方にレバーあるんだけど」

おれ「なんで俺が…」ゴソゴソ

母「(うわー、おれくんがかわいいぷりぷりお尻突き出してごそごそやってるえっろまじえっろ)」

おれ「どこー?」ゴソゴソ

母「(あーちょっとぐらいならいいかなー)」むにむに

おれ「ひゃあっ?!」

母「(声めっちゃかわいい)」むにむに

おれ「ちょっ……やめてっ…あっ…」

308 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 15:56:18 ID:bum0eLPg
母「お尻つるっつるだー」むにむに

おれ「やっ……さわるなぁ…」

母「やめてほしい?」むにむに

おれ「さわっていいなんかいってないっ…」

母「ふーん、つまんないの…」

母「ま、レバーはもうちょっと上にあるんだけどね」ガチャッ

おれ「あっ、騙したなー!」

母「こうでもしないと触らせてくれないじゃん」

おれ「さわるな!!」

母「あらあら」

309 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/18(日) 16:16:27 ID:bum0eLPg
おれ「とにかく!もういいでしょ?!これだけ見れれば!」

母「いやー、まだ足んないなあ」

おれ「どこが?」

母「たとえばー…」ドサッ

おれ「いたぁっ……ちょっ、なに…」

母「あーんなところとかー…」もみ

おれ「えっ……さわるなっ……ああっ……」

母「こーんなところとかー…」つーっ

おれ「ひゃっ!?そ、そこは…だめ…」

母「要するにー…おれちゃんの恥ずかしいとこも見せてほしいなーって」

おれ「なにかんがえてんの…」

310 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/19(月) 03:28:46 ID:GOV42ev6
~

父「めっちゃ車揺れてる」

触手ちゃん「どったんばったん大騒ぎって感じ?」

父「……いい?開けても」

触手ちゃん「えっ、今キー持ってるんだ」

父「一応ね…でも開けていいかちょっと迷う」

触手ちゃん「もう中で何ヤってるか半分くらい分かってるし良いんじゃない?」

父「いい?それじゃあ…」ガチャッガラガラ

母「おれちゃんかわい……………あっ」

おれ「……とりあえずたすけて」

父「子供に何手出してんだバカ」ボコ

母「っー…いたた……」

311 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/19(月) 23:33:32 ID:GOV42ev6
おれ「こわかったよぉ……うぇぇ………」

父「うちのバカが申し訳ない、後でちゃんと言っとくから」

母「DVだDV……警察行ってやる」

父「強制わいせつ罪とか児ポで自首する?」

母「うわっ今度は脅迫?きっつ」

父「何か間違ったこと言ってるかな?」

触手ちゃん「いや、まったく」

312 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/19(月) 23:35:27 ID:GOV42ev6
おれ「しょくしゅちゃぁぁん………うわぁぁぁん……」ギュ-ッ

触手ちゃん「ちょっ、やめてよ……」

おれ「だって…こわかったんだもん…」

触手ちゃん「……はいはい」ぽんぽん

おれ「うぅー……」むにむに

触手ちゃん「どさくさに紛れて人の尻揉むな」

おれ「泣き落としで尻の一つや二つ…」

触手ちゃん「ちょっと無理があるかな」

313 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/19(月) 23:39:40 ID:GTgKGxKc
おかあさんのほんぽうさかげんがせきららにさらけだされるすれはここですか乙。

314 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/20(火) 22:04:11 ID:tUaFYo8o
おれ「ごめんね、巻き込んじゃって」

父「それにしても、なかなかいいとこ住んでるんじゃん」

母「儲かってるんならちょっとぐらい親孝行してよー」

おれ「お母さんに親孝行するとかどうせお金あるない関係ないじゃん…」

母「おっ、察しがいいねー、お金あるんならえっちなものくれてもいいんだよ?」

父「ほんとそんなことしか考えてないのな」

315 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/22(木) 02:36:09 ID:KBhx1x/w
母「いいじゃん別に、嫌じゃないでしょ?」すりすり

父「子供の前でベタベタするなよ…」

母「俺くんとサキュバスちゃんだってこんな感じだもーん」

触手ちゃん「たしかに」

おれ「そうだねー」むにむに

触手ちゃん「やめて」

316 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 10:04:18 ID:ypHNoWkw
やめないむにむにやめないさすさすやめないもみゅもみゅ乙。

じんがいゆらいのちっちゃやわらかいしょくしゅちゃんをたんのうしたい乙。

317 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 01:36:15 ID:BQDINBm.
おれ「なんで?」

触手ちゃん「…へんたい」

おれ「エッチな女の子嫌いじゃないくせにー」

母「ねー」むにむに

おれ「ひゃあっ!ちょっ…いい加減にしてよ…」

触手ちゃん「なんだ、かわいい声出るんじゃん、ほらほらー」むにむに

おれ「あっ、ちょっ…触手ちゃんまでぇ……」

父「(死んだらこういう世界に転生したいなあ…)」

318 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 07:49:11 ID:BQDINBm.
~

おれ「今日はほんとありがとう」

触手ちゃん「助かりました」

おれ「触手ちゃんのせいでこうなったのわかってるよね?後で何されても怒んないでね?」

触手ちゃん「それは謝るから!」

父「まあまあ、元気そうでよかった」

母「男の俺くんと女の子のおれちゃんと両方裸も見させてもらったし…えへへ」

おれ「マジで頭おかしいって、病院いったほうがいいって」

母「もう手遅れだしいいの、まだ理性保ってただけでも奇跡」

父「普段から理性とかほぼないくせに」

319 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 09:23:47 ID:JEEOabd6
おとうさんのてつのりせいとじせいしんにぜんおれのなみだがとまらない乙。

おかあさんのほうかいしたりせいはこのあとめちゃくちゃせっくすしてかんぷなきまでにぶちのめされるんですねわかります乙。

320 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 13:01:46 ID:BQDINBm.
母「そりゃあ勇者に対しては別に無くてもいいじゃん?他の男にはギリギリ理性働いてるし」

父「もうちょっと恥じらいとかないのかよ」

おれ「てかさっき理性保ててなかったじゃん!!」

母「ヤバイと思ったけど性欲を抑えきれなかった」

おれ「はい青少年健全育成条例違反」

触手ちゃん「青少年じゃないと思うんだけど」

おれ「でも今は青少年だし」

母「性欲にまみれた青少年なんかいないから」

おれ「性欲にまみれてるのはそっちだろ!」

321 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 14:54:30 ID:BQDINBm.
母「別にいいもん!ゆーしゃといちゃいちゃできたら他に何もいらないもん!」ちゅっ

父「ちょっ…?!」

母「じゃー帰ろっか、早く帰ってえっちしたい」

父「言ったそばから…もー……」

母「うふふ、私知ってるよ?ゆーしゃがまだ子供ほしいって思ってるの」

父「……どうしてそれを」

母「魔王さまにはなんでもお見通しなんだぞー、えへへっ」ぎゅー

触手ちゃん「甘い、とにかく甘ったるいんだけど」

おれ「こっちもそんな感じだしいいと思うよー」ぎゅーっ

触手ちゃん「きゃっ、もー…」

322 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 17:09:54 ID:BQDINBm.
~

母「じゃあ、またねー」

父「またいつでも来てくれていいよ」

母「次こそは俺くんと……」

おれ「しない!ぜったいしない!」

母「じゃあ夜這いかけてやる、家までまた来てあげるし」

おれ「来たら警察呼ぶけどそれでもいいならどうぞー」

母「つらい」

父「当たり前の反応だろ」

323 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 19:15:19 ID:BQDINBm.
おれ「早く帰ったほうがいいよ、墓穴掘りまくってるし」

父「じゃ、行きますか」

母「はーい…」

父「じゃあね、また」

母「いつでもいいから家来て!!」

おれ「はいはい、じゃあまた」

触手ちゃん「さよならー」

ブ-ン…

おれ「………よっしゃ、服脱げ」

触手ちゃん「はあ!?」

324 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 19:16:01 ID:HMEjNxjg
…なにか…ほかにもきょうだいしまいいっぱいいそうでわくわく乙。

325 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/23(金) 19:35:12 ID:BQDINBm.
触手ちゃん「お母さんに何か変な事されちゃったの?もしかして洗脳とか…」

おれ「こっちは触手ちゃんに裸見られてるんだから、こっちも触手ちゃんの裸を見る権利があると思うんだけど」

触手ちゃん「……ここじゃないとダメ?」

おれ「あ、見せてくれるんだ」

触手ちゃん「今までさんざん見てるくせに…」

おれ「ほんと触手ちゃんの身体めっちゃくちゃ綺麗だしほんとえっちだし」

触手ちゃん「……あのお母さんに会ってからだとこの変態っぷりも理解できるわ」

おれ「そっちも変態じゃん、元サキュバスが何言ってんの」

触手ちゃん「わ、私は下品な変態じゃないから!」

おれ「また訳の分からないことを」

326 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 20:56:20 ID:HMEjNxjg
こうしんいっぱいきててむねいっぱいうれしい乙。
ありがとう乙。

327 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/24(土) 12:36:39 ID:Nena.qaM
触手ちゃん「私は俺くんとは違うの!上品なの!」

おれ「『私の……おまんこ……おちんちんで………気持ちよくして…ください……』とか言っちゃうのに?」

触手ちゃん「やめて」

おれ「フェラしたあと嬉しそうに精液ごっくんしちゃうのに?」

触手ちゃん「やめてよ」

おれ「というより間違えて転がり込んだ家の男に簡単に股開いた挙句孕まされてるってどうなの」

触手ちゃん「……」

328 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 13:00:40 ID:TxkTUw.Q
それいっちゃだめなやつよおれくん乙。

329 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/24(土) 20:36:48 ID:Nena.qaM
触手ちゃん「もー!しつこい!!」ぷんぷん

おれ「ごめんごめん」

触手ちゃん「ふん、もうえっちしてあげない」

おれ「俺にずっとこのままでいろと」

触手ちゃん「いいじゃん、女の子なりたかったって言ってたし」

おれ「いや、実際入れ替わったら色々と面倒臭いから…仕事とか」

おれ「それとか…いずれ来るであろう生理とか…もし子供とかできたらどうすんのっていうか…」

触手ちゃん「いつまで戻らないつもりなのっていうか誰との子供なのそれ」

おれ「触手ちゃんにおちんちんを生やして…」

触手ちゃん「しない!どれだけ血迷ってもそれだけはないから!」

330 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/25(日) 04:32:57 ID:LJ7kl2fo
触手ちゃん「………こういう話を外でしてると誰が聞いてるかもしれないのに」

おれ「いいよ、どうせ変態カップルってバレてるし」

触手ちゃん「外出しにくくなるじゃん!」

おれ「『私、みんなに変態って思われちゃってるのかなぁ……はあはあ……』みたいな?」

触手ちゃん「なんで興奮してんの?」

おれ「いや、触手ちゃんぐらいなら露出趣味ぐらい…」

触手ちゃん「ない!!だからこういう話外でしないでってば!!家帰る!」ぷんぷん

おれ「ぷんぷんしてるのかわいい」

触手ちゃん「何でもかわいいって言うの禁止!!」

331 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/25(日) 15:21:16 ID:DNcdXGZU
かわいい

332 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/25(日) 17:40:54 ID:40BjHc3w
かわいい乙。

333 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/25(日) 17:53:23 ID:LJ7kl2fo
~

おれ「ふぅ…つかれた……触手ちゃんマジかわいい…」ガチャッ

シュルルルルルルッ!!

ガシッ

おれ「きゃあっ!?ちょっ…なにこれ…」

触手ちゃん「お、俺くん?!」

おれ「触手ちゃん……あっ、やめ…うわあああ……」シュルシュルシュル

触手ちゃん「俺くーん!!」

触手ちゃん「あれ……触手…?」

触手ちゃん「………!もしかして……」

334 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/25(日) 18:30:00 ID:40BjHc3w
触手=サンのたーん!どろー!『しょくしゅの!しょくしゅによる!しょくしゅのためのしょくしゅぜめ!』をはつどう!乙。

335 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/26(月) 14:22:21 ID:N8R/vc9A
触手「ふへへ……つかまえた」

おれ「は…はなしてよ!!」

触手ちゃん「俺くん!!ちょっと!やめてよ!!」

触手「うるさい!」ビシュッ

触手ちゃん「ぐぁ…っ!」

触手「へへっ、大人しくお腹の中のガキでも心配しとけっての」

触手ちゃん「おれくん…やばいよこいつ……」

おれ「俺の事は気にすんな!早く逃げろ!」

触手ちゃん「でも…」

おれ「いいから!!はや……んむっ!?」ゴプッ

触手「はーい、おしゃべりはそこまでー」ビシュ-ッ

おれ「んっ?!んっ…ごはっ……はぁっ
……はあっ…はぁっ……♥」

336 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/26(月) 17:18:10 ID:MoXu8yCw
変態が変態を極めた結果、変態親父になりやがった...確かこいつ、女だったよな?

337 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/27(火) 11:05:18 ID:kRELCQ2E
おれ「触手ちゃん……ああっ…」

触手ちゃん「(とりあえず……逃げなきゃ…)」

触手「おっと、逃がさないぞ」シュルシュル

おれ「やめろ……触手ちゃんには……」

触手「じゃあ取引しよう、あっちに手を出さないけど、お前がその分だけ身代わりになるってことで」

おれ「……いいよ、俺なら好きにしてくれ」

触手「ははは!強がるねぇー…良かったねサキュバスちゃん、こいつがサキュバスちゃんの分までひどい目にあいたいんだってさ」

触手ちゃん「お、俺くん…」

触手「こっちも酷いことされてるんだ、やり返したって文句はないだろ?」

触手「それにしても、こんなかわいい身体になっちゃって…ふふっ、いじめがいがあるってもんだよねっ」ビシッ

おれ「ぐ………っ?!あああっっ♥♥」

338 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/27(火) 12:23:46 ID:eZZxGEpg
もりあがってまいりました乙。

ひきつづき触手娘=サンのたーん!乙。

339 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/27(火) 13:43:30 ID:kRELCQ2E
触手「どーお?痛くされると気持ちよくなっちゃうのは?」ビシイッ

おれ「なにこれっ……んあああっ♥♥♥」

触手「痛くされるだけでこんなに感じちゃうのに、気持ちいいことされたらどうなっちゃうんだろうねー」ドスッ

おれ「うぐっ……あっ♥だめぇっ♥♥♥」

触手ちゃん「やめて…こんなの……みてられないよ……」

触手「注文の多い奴だなー……まあいいや、そろそろメインといきますか」ビリィッ

おれ「んぐっ……いたぁっ……」

340 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/28(水) 15:07:01 ID:dk1Av4Is
触手「きれいな身体してるねー、へへへっ」ニュルニュル

おれ「んうっ…♥♥やめろぉ……♥♥♥」

触手「前にサキュバスちゃんがされたことと同じこと、してあげる」シュルシュルシュル

触手「サキュバスちゃんはユルマンだったからじゅぽじゅぽできたけど…こっちはどうかなー?」ニュルニュル

おれ「やっ……♥♥めっ………♥♥んはぁっ♥♥」

341 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/28(水) 17:16:07 ID:NQoXaZJ.
しょくしゅちゃんすれはこころのえいよう乙。

342 ◆rFVEcgcMlk :2017/06/30(金) 19:16:35 ID:uMZ1eg6I
触手「あっ、それとまだ処女なんだよね?せっかくだしロストバージンぐらい体験させてあげる」ピュ-

おれ「あっ……ま…またぁ………っ…」

触手「おれちゃんのまんまん、どうなっちゃうだろうねー?」

触手「なにも出なくなるまで私のごはんになってもらうから、覚悟してね」

おれ「っ………!いたいっ………」

触手「あはは、ちょっときつく締めすぎちゃったかな?」

触手「でも、たぶん処女貫通したらその痛さの何倍も痛いと思うよ?」

触手ちゃん「愛さえあれば痛くないもん!」

触手「口だけは達者だなー、ユルマンビッチのくせに」

触手ちゃん「あぁん?」

343 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/01(土) 00:09:28 ID:OxYaBggM
おれ「触手ちゃん…?」

触手ちゃん「もっかい言ってみろこの性犯罪者、ぶち殺してやろうか」

おれ「触手ちゃん?!」

触手「へへっ、ついに頭おかしくなっちゃったみたいだね」

触手ちゃん「好き勝手やっといて言いたい放題とかもう我慢できない」

触手「あーでもこの子がどうなってもいいのかなー?最悪死んじゃうよ」

触手ちゃん「……こいつ…」

触手「ははははっ、そうやって大人しく見てればいいの」

触手「さて、今度こそ始めよっか」シュルシュルシュル

344 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/01(土) 09:48:01 ID:KD4fY4NM
がんばれ

345 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/01(土) 10:07:46 ID:3bHdxsDw
がんばれ乙。

346 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/04(火) 20:12:33 ID:kX93Pge2
しょくしゅちゃーんまほちゃーんついでにおれくーんまってるーちょーまってるー乙。

347 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/05(水) 12:19:01 ID:3IJPBnrQ
触手「ほらおれちゃん、サキュバスちゃんが見てくれてるよ」

おれ「うぅ……」

触手「愛さえあれば痛くないんでしょ?痛くなかったらいいね」

触手「じゃあ、触手おちんちん挿入ーっ」ブチブチブチッ

おれ「あ……ひぎぃ!!?っっっっっーーーーーー!!!」

おれ「い………ああっ……」

触手ちゃん「お、おれくん……」

348 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/05(水) 13:15:51 ID:uhn.odfE
だいじょうぶおれくんはじょそうまぞでいまやおんなのこだからいけるいけるー乙。

まってた乙。

349 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/05(水) 14:09:57 ID:3IJPBnrQ
触手「処女喪失おめでとー♪どおー?触手おちんちんに処女膜ぶち破られちゃった感想はー?」

おれ「いっ……いたい………やめて……」

触手「ははっ、いっぱい血でてるもんねー、ちょっと太かったかなぁ?」

おれ「おなか……ああっ……」

触手「おれちゃんだって何人も処女奪ってるんでしょ?こんな痛みぐらい大したことないよね?ね?」

おれ「ぬいて……おねがい……んぅっ…」

触手「挿れられちゃっただけでそんななのに動かしちゃってもいいんだ?絶対痛いと思うけどw」

おれ「もう…なんでもいいから……」

触手「じゃあ、お言葉に甘えてぐちょぐちょしちゃうね」グチュッグチュッ

おれ「ん、あああっ!!いっ……さける…!…おなか………がぁっ……!!」

350 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/05(水) 17:08:48 ID:3IJPBnrQ
触手「ははっ、だから痛いって言ったじゃんwバカだなーw」グチョグチョ

おれ「いたいっ……やめでっ……!!う……ぐっ…!!!」

触手ちゃん「やめて……おねがいだからやめて……」

触手「ねえサキュバスちゃん?自分の旦那さんがこんなことされちゃって今どんな気持ち?はははっw」

触手ちゃん「ううっ……私のせいで………うわぁぁぁん………」バタン

351 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/05(水) 17:14:04 ID:3IJPBnrQ
触手「あらら、サキュバスちゃん逃げちゃった」

触手「まあどれだけ強がってても今は人間だもんね、なんにもできないもんね」

おれ「触手ちゃんのこと……わるくいうな……」

触手「ははっ、さすがバカップルw人の事より自分の心配すればー?」ドチュッドチュッ

おれ「がっ…!…んうっ……ああああっ!!いたいっ、いたっ……!!!」

352 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/07(金) 03:24:38 ID:pLYiWwts
触手「なかなか血止まんないね、中で裂けてまんまん使い物にならなくなっちゃうかな?」

おれ「いたい……いたいよぉ………」

触手「そうだぁ…もう使い物になんなくなるなら、いっそのこと裂いちゃおっか」

おれ「え……?」

触手「これでも魔物だからね?ご飯の後片付けぐらい自分でしなきゃ…ねぇ?」ニコッ

おれ「どういう…こと……?」

触手「鈍いなあ…ちゃんと説明してあげようか?」

触手「おれちゃんのまんまんを子宮ごとぶち抜いて…もっとぐちょぐちょにしてあげるってこと」

おれ「あ……あぁ……」

353 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/07(金) 03:52:58 ID:jBIpju2k
にゃににこれぇッ❤すごい❤しゅごぉおい❤❤
乙。

354 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/07(金) 07:54:31 ID:pLYiWwts
触手「だってこのまま続けてもエッチなお汁出そうにないもん、こんな血でだらだらなまんまん好きじゃないし」

触手「でさ、よく『おまんここわれちゃうー』とか言うじゃん」

触手「ほんとに壊したらどうなっちゃうのかなーって、へへっ」

おれ「そ…それだけは……ころすのだけは……」

触手「えー?こっちも死にかけの身だったんだからさー?やっぱそっちにも何らか死にかけてもらわないと」

触手「どうせ魔法で性転換してるんでしょ?ちょっと内臓ぐちゃってするだけだしまあ死なない死なない」

おれ「うそだ、それぜったい死ぬやつだ」

355 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/07(金) 19:22:39 ID:pLYiWwts
触手「死んでも魔王が拾ってくれるんじゃない?良かったじゃん、仲いいんでしょ?」

おれ「そういう問題じゃない…」

触手「あー、なんか無性にムカついてきた、いいよね、人脈ハーレムとか作り上げちゃってて」

触手「その気になれば誰だって喜んで股開くような奴らばっかりなんでしょ?このクソ男」

触手「一回ぐらい、痛い目に会わないとわかんないのかなぁ?」

356 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/07(金) 19:30:48 ID:pLYiWwts
おれ「……」

触手「ほーらなんにも言わない、図星でしょ?やっぱ色んな女とヤリまくってるんでしょ?」

触手「……決めた、死刑」

触手「こんな下半身のだらしない奴、さっさと殺しちゃったほうがみんなのためだよ」

触手「はははははっ、女の子のまま死ねるんだよ?こんな嬉しいことないんじゃない?」

おれ「いや、ちょっと、まって、やめて」

357 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/07(金) 20:20:40 ID:pLYiWwts
触手「まあ、やめてもいいけど?そういう場合はもう一人の方に責任持って死んでもらおうかなって」

おれ「!!」バタバタ

触手「へへっ、やっぱ自分よりサキュバスちゃんのほうが大事なんだw」

触手「じゃ、遠慮なくおれちゃんに死んでもらおうかなー」

おれ「やだ!お願いだから!!やめて!!!!!死にたくない!!!」

触手「日頃の行いが悪いからこんな目に会うんだよ、私を殺そうとしたくせによくそんな呑気な事言ってられんな」

おれ「あれは……俺のせいじゃ………」

触手「じゃあサキュバスちゃんがやったんだ……へー……」ニタァ

おれ「……!!や、やめろ!!」

触手「ふふっ、そのバカップルみたいな考えいい加減止めれば?自分の寿命がどんどん縮んでってるよw」

358 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/07(金) 23:25:16 ID:dgvW1XwA
えぇ…

乙。

359 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/07(金) 23:50:41 ID:GiLIYcrg
なんていうか……うん……



早くその場を離れろ触手〜〜!

360 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/08(土) 22:59:45 ID:7yVYgVEk
おれ「……いいよ、殺してみなよ」

触手「へー、そんなこと言っちゃっていいんだ、サキュバスちゃん残して死んでもいいんだ」

おれ「こっちにはその人脈ハーレムがあるからね、俺を殺せばそっちもいずれ死ぬ」

おれ「いいよ、俺を殺して気が済むならそれで」

触手「ふーん……後悔しないね?」

おれ「……ああ(リョナはイケるようになったけど…自分がされるとは思わなかったなぁ……)」

361 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/08(土) 23:50:36 ID:7yVYgVEk
触手「じゃ、ショーには欠かせない観客を呼ばなくちゃね」シュルシュルシュルシュル

おれ「あっ!ちょっと!!」

触手ちゃん「きゃっ?!いやっ…やめ、離して……」

触手「さーて…役者も揃った所で始めますか、殺人ショーを」

触手ちゃん「えっ??ちょっと、なに?どういう…」

362 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 00:12:33 ID:p4shPZys
触手「えへへ、サキュバスちゃん?今からこいつがサキュバスちゃんのために死んであげるんだってー」

触手「サキュバスちゃんが殺されるぐらいなら自分がー…って、はははっwバカだよねww自分から俺が死ぬとか言っちゃうってマジで頭おかしいってwwwははははっww 」

おれ「こいつ…狂ってる……」

触手ちゃん「ちょっと、冗談だよね?ねえ?なんとか言ってよ!ねえ!!」

おれ「ごめん、触手ちゃん…」

触手ちゃん「いやだよ!なんで?なんで??おかしいよそんなの!!」

触手「ぷふっwなんにもおかしいこと無いよ、自分から殺してみろって言ってきたんだからwwばーかww」

触手ちゃん「うるさい!!」

触手「はいはいwじゃあもう早速殺しちゃおっか、ははははははっww」

363 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 13:41:56 ID:p4shPZys
触手「せっかく最期なんだしさwなんか言い残した事とかないの?」

おれ「……」

おれ「……触手ちゃん………愛してる…」

触手ちゃん「………わ、私も!」

触手「さーいごの最期までノロケまくりかよwwwめでたい頭してるなぁwwwwww」

触手「じゃあ、お別れも済んだみたいだしw準備しよっかw」ズチュゥッ…

おれ「ああああっ!!いたい……血でてるのにぃっ……」

364 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 14:06:38 ID:p4shPZys
触手「ふへへっwこの触手便利でさー、こんな鋭くもできちゃうんだー」ザシュ

おれ「ぐああっ!!」

触手ちゃん「おれくん!!!」

触手「でー、いまおれちゃんのおまんこに入ってる触手がこんなのになったらー…どうなっちゃうのかなーwwwふはははっww」

おれ「……」

触手「おーおーいいねその顔w綺麗に死ねるとでも思ってたのー?wwwwぷふふっwwwww」

365 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 14:36:55 ID:p4shPZys
触手「じゃーサキュバスちゃんにはこのおまんこに刺さってる触手を押し込んでもらおうかなー」

触手「最後に手を下すのはサキュバスちゃん、はははははっwwwwwwwさいっこーに絶望的なやつwwwwwはっはっはっはwwww笑いとまんないwwwwwwww」

触手ちゃん「そんなこと…するわけないでしょ!!!」

触手「ふふふっ、そんなこと言っちゃっていいのかなー?w下見てみなよww余計な抵抗したらサキュバスちゃんのまんまんにも触手入っちゃうよー?」

おれ「お、お前!!!」

触手「別に何もしてないよ?サキュバスちゃんが言う通りにしないと自分が酷い目に会うだけだし」

366 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 14:39:41 ID:p4shPZys
触手ちゃん「お、おれくぅん………」グスングスン

おれ「むしろ触手ちゃんに殺されるなら本望だよ」

触手ちゃん「俺くん……俺くん……」ぐすん

おれ「泣くなよ、泣いたらせっかくの可愛い顔が台無しじゃん」

触手ちゃん「う……こんなときにぃ………うわぁぁん……」

触手「あームカつく、さっさとやってもらっていい?このクソバカップル」

367 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 14:52:33 ID:p4shPZys
触手ちゃん「……ごめんね、おれくん………」

おれ「ヤンデレに殺されたと思って興奮しながら死ねるとかもう逆に幸せじゃない?ありがとうクソ触手」

おれ「ま、頑張って魔王ちゃんに拾ってもらうから…また会えるって、ね?」

触手ちゃん「………うぅ…なに呑気なこといってんのもう……」

触手「あーもう!!さっさとやれよ!!もういい!私がやるから!!!目の前で旦那が裂き殺されるのよーく見とけ!!!!」グジュッッ

おれ「がっ………あ゛あっ………」

368 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 15:12:08 ID:p4shPZys
触手「へへっww子宮ぶち抜いちゃったwwwきもちいーwwwwww」グジュグジュグジュグジュ

おれ「お゛ぅっ……あ………かはっ……ぶふっ…」ブシュッ

触手「うひゃーwww内臓ぐっちょぐちょにかき混ぜちゃってるよぉwwwwwwはぁはぁ……興奮しちゃうw」グチョグチョグチョグチョグチョ

おれ「あ……ごはっ……うぐぉっ…」ブシュッブシュッ

触手ちゃん「あ………ああ……………あ………」

触手「うひゃひゃひゃwwwwもうちょっとで子宮から口まで貫通しちゃうwwwwwwイきそうなっちゃうぐらいきもちいいよぉぉぉwwwwwww」ギチュギチュギチュ

369 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 16:31:01 ID:FeT6LDAo
おれ「…」グチャァ…

触手「はははははっwwwwww口とおまんこが繋がっちゃったwwwww二穴オナホのかんせーいwwwwwはははははははっwwwwwwww」

触手ちゃん「ああ………あ……………」

触手「ねえどう?wいまどんな気持ち?wwwおれくん血だらけになっちゃったけどwwwwww」

触手ちゃん「………………………」

触手「ははははっww絶望しちゃってるwwwその顔だいすきだよwwwww」

触手「さーて、次はサキュバスちゃんの番だよ」

触手ちゃん「……え?ちょっと!話が違うじゃん!!」

触手「だってこいつは自分から死にたいって言ったから殺してあげただけ、私が本当に恨んでるのはサキュバスちゃんのほう」

370 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 16:54:02 ID:FeT6LDAo
触手「すぐにサキュバスちゃんもおれくんみたいにしてあげるから…ね?はは…」

パ-ンッ…

371 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/09(日) 17:02:25 ID:BQWLutEY
ていうかなんで触手さんはこんなにさっきだってるの乙。

372 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/09(日) 19:10:09 ID:UyFdrNiU
エロはどこ…?ここ……?

373 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/09(日) 19:26:07 ID:2SI6kCnM
>>371
>>63-65で死にかけたんじゃないかな

374 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 19:31:14 ID:FeT6LDAo
せっかく(?)なので触手ちゃん書くのサボって書いてたSS上げておきます
面白いですよ(ニッコリ)

妹「お兄ちゃん…お兄ちゃん…」グチュグチュ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1477229667/
妹「あ、お兄ちゃん…起きた?」
http://hebi.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1487522174/

375 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/09(日) 21:50:28 ID:m4oTMYoQ
触手「……ッ?!な、なに……が…ぁはぁっ…」

魔法使い「ふぅ…間に合ったかな?」

助手「さっすがぁ!綺麗に命中!」

触手ちゃん「お姉ちゃん!!遅いよ!!!」

魔法使い「室内だから大した魔法撃てないけど…下等生物にはこれぐらいで十分だよねっ」シュパァッ

触手「や……やめ……ごはっ……」

触手ちゃん「これぐらいの痛み、大したことないんだよねぇ?ねぇ!?ほらぁ!!!」バキィッ

触手「ぐぁ……はぁっ………あああっ………」バタッ

魔法使い「…物理攻撃つよい」

助手「……愛の物理攻撃?」

376 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/09(日) 23:15:48 ID:BDGb3nf2
ううをまほちゃんきたーかつる乙。

おっぱいのちからをぞんぶんにみせつけてものごとをせいあつせよ乙。

377 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/10(月) 00:05:02 ID:5Y./uBIo
触手ちゃん「…!!それより俺くんが!!!」

魔法使い「って……うわぁ……派手にやられてるなぁ……」

助手「グロい……血の量ヤバいよこれ…」

魔法使い「ちょっとこれは……さすがに私でも………」

助手「嘘つけ、前に私八つ裂きにして治したくせに」

触手ちゃん「普段どんな実験してんの」

378 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/10(月) 09:33:03 ID:8pHoCLO2
>>377
このおはなしくわしく(げすがお)乙。

さすがごふうふ ふたりのあいだにえんりょはいりませんね乙。

379 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/10(月) 10:25:10 ID:5Y./uBIo
助手「実験とか建前だけだよ、私が酷いことされてるのオカズにしてオナニーしてるんだよきっと」

魔法使い「そ、そんなこと……ないっ!」

助手「強がっちゃってー、誰がまほちゃんの下着洗ってあげてると思ってんの?結婚相手にはなんでもお見通しなんだぞーっ」

魔法使い「そ、それなら!私も助手ちゃんが私のパンツ嗅ぎながらオナニーしてるの見たし!!このへんたい!」

助手「なっ!うそ…見られてたの…?」

触手ちゃん「そっちのおノロケはいいからこっちのおノロケもかえして」

380 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/10(月) 12:25:46 ID:8pHoCLO2
ありがとうございます…ありがとうございます…!
このやりとりだけでなんにちかげんきにすごせるよ乙。
いとしいひとのなをよびながらいしきをてばなすしゅんかんえろす乙。

381 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/11(火) 06:47:35 ID:YzQa9R9A
魔法使い「はーい、でもさすがにここまでぐちゃぐちゃにされてたらちょっと時間かかるかも…」

触手ちゃん「ありがとう、でもできるだけ早くしてね……こんなおれくん、見てらんないから……」

魔法使い「うん……正直ここまでやるとかほんとこいつ信じらんない…」

触手ちゃん「いや……私のせいだから………余計なことした私の…」ぐすん

助手「こいつ、持って帰って実験に使おっか」

魔法使い「そうしよっか、こんな危ないやつ野放しに出来ないし」

382 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/11(火) 09:40:26 ID:vJXDlF3A
じぶんのだしたびやくとあいえきとけつえきでおぼれさせてそうぜつにいきはてさせてあげて乙。

うしむすめにかいぞうしてまぞかいかんにめざめさせたあげく、にゅうぎゅうさくにゅう&にくぎゅうとさつぷれいしたげて乙。

383 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/11(火) 22:53:08 ID:YzQa9R9A
魔王「うぃー、魔法使いちゃんここにいたんだー…っ?!ちょっ…なに……うぷっ…」

触手ちゃん「魔王ちゃんタイミング悪すぎない?あと吐くならトイレね」

魔王「ご…ごめ、我慢……おぇぇ………」ゲロォ…

助手「……!?…ぅぷ……ぁ…だめ……!うぇぇぇ…」ゴポォ

魔法使い「このバカ!2人ともなにこんな所で吐いてんの!!」

触手ちゃん「後で掃除するこっちの身にもなってよ…」

384 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/11(火) 23:44:53 ID:Dk9DTyE2
命令通りに行ったら殺されかけて
復讐しに行ったら壊れるまでおもちゃにされて
追い詰められて凶行に走ったら危ないからと実験道具扱い
触手は魔王を恨んで良い

385 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/12(水) 01:06:50 ID:iBIhT4FY
魔王「な…なにこれ……死んでるの………?!」

触手ちゃん「これ……俺くんなの…」

魔王「な…なにが…?どういう……」

魔法使い「サキュが私の薬飲ませて女体化させたの」

魔王「こんなにかわいいのに…誰が…」

触手ちゃん「そこで気絶してる触手」

魔王「あっ、こいつ……全然帰ってこないと思ったらこんな所に…うぇっ」

触手ちゃん「吐くならトイレ」

魔法使い「さっきもらいゲロした助手ちゃんが行った」

魔王「うそっ……えっ、ちょっマジ無理…っぷ……」

触手ちゃん「勝手に来て吐くだけ吐いて何がしたいの」

386 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/12(水) 01:19:26 ID:iBIhT4FY
そのころおれちゃんは…

~

俺「………」パチパチ

俺「…はっ」

俺「……どこ…?…ここ……」

神様「あら、ようやく目覚めましたね」

俺「あっ、いつかの超アイドル系…」

神様「地獄落とすぞ!」

天使「……私怨で決めちゃ、ダメです」

俺「天使ちゃんもいる!」

天使「…また会えましたね」ニコッ

神様「いや、会ってしまったら不味いんだけど…」

387 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/12(水) 14:21:57 ID:iBIhT4FY
俺「あーそうか、死んだんだっけ俺」

神様「かっる!もうちょっと命の重みとかそういうのないの?!」

俺「どうせ魔法使いちゃんが軽く蘇生させてくれるとか思ってるし、まあ多少は」

神様「あのねぇ…」

388 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/12(水) 18:22:37 ID:iBIhT4FY
俺「そもそもここどこなの?」

神様「異世界への窓口です、ここから天国とか地獄とか色んな所に飛ばせるんです」

神様「ここだけの話なんですけど、あの魔法使いさんとその助手さんめっちゃ来ますよここ」

俺「助手ちゃん何回死にかけてんだ」

天使「『えへへーごめんなさい、またまほちゃんに殺されちゃって、てへ』みたいな」

俺「かっる!もうちょっと死んだ感とかないの?!」

神様「こっちのセリフだよそれは!!こんなめちゃくちゃな人しかこないの?!?」

天使「まあ、それも仕事の一環」

389 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/12(水) 20:14:01 ID:1ih2K0T2
ああ〜こころのやすらぎ〜〜乙。

おかえり触手ちゃんすれ乙。

りょなはおたがいのあいじょうとかいらくがともなわないとえすえすにゃむかないかも乙。

390 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/13(木) 03:00:14 ID:/xmJRb4w
俺「あー天使ちゃんマジ天使、死んでよかった」

天使「会いに来るために死ぬとか、そういうのはやめてくださいね」

俺「それいいなあ…死ぬたびに仲良くなれるじゃん」

神様「天使ちゃんは渡しませんよ」

天使「頂かれる予定もないけど…」

俺「でも1回でいいから天使ちゃんの身体いただいて…ごはっ……」ばきっ

天使「もう一回、死んでみますか?」ニコッ

俺「ははは……天使が見える…お迎えが……」

神様「もう迎えられてるんですけど」

391 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/13(木) 18:01:34 ID:/xmJRb4w
~

魔法使い「いやー申し訳ないです、何回も何回も」

神様「うちの仕事増やさないでくださいよ」

天使「でも…また会えて嬉しかった……」

魔法使い「まあ、長話もあれなんで早速連れて帰ります」

俺「ああ、もう帰っちゃうんだ」

神様「当たり前みたいに話してるけど普通は帰れないからね」

392 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/13(木) 18:33:14 ID:aGLPiZq2
まほちゃんあたりまえのようにこのばにいますけど おいでのさいはどのようにおなくなりになったのかじつにきょうみぶかいですよね乙。

あんなぷれいやそんなぷれいでぜっちょうぜつめいおうぎやったのかな乙。

393 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/13(木) 18:52:41 ID:/xmJRb4w
魔法使い「それじゃあ、ご迷惑おかけしました」

天使「また、会えれば……というか、会いたいです」

俺「会いたいからって殺さないでよ」

神様「はいはい…まあ、出来るだけ私達顔合わせないほうがいいので……では」

俺「ばいばーい」

天使「さよならー」

394 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/14(金) 04:02:38 ID:Rl.665No
~

俺「えへへ、天使ちゃんと着実に仲良くなってる」

魔法使い「サキュが聞いたら怒るよ」

俺「神様にもハーレムの輪が広がってゆく、マジで死んだら天使ちゃんと結婚したいエッチしたい」

魔法使い「なんなら今なら戻れるよ?みんなとは永遠にばいばいかもだけど」

俺「ちょっと天秤にかけるには重さが違いすぎる」

395 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/14(金) 10:35:05 ID:Rl.665No
俺「……てかどういう蘇生の仕方だよ、聞いたことないよ、迎えがきたと思ったらまた迎えがくるんだもん」

魔法使い「はははっ、まあめちゃくちゃだよね」

魔法使い「外傷は回復魔法で治して、霊は成仏しちゃう前にさっさとこうやって回収」

俺「じゃあ今魔法使いちゃんは死んでることになってるの?」

魔法使い「うーん、どっちかっていうと死んでるっていうか…魂が身体から抜けてるだけって感じ?だから俺くんも今は男の身体ってわけで」

俺「簡単に言うなあ」

396 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/14(金) 11:38:28 ID:Rl.665No
俺「それとあと助手ちゃんのことで気になったんだけどさ、普段なにしてんの」

魔法使い「まあ…実験だけど……えっちな」

俺「じゃあなんでしょっちゅう神様のとこ行ってんの、エッチだけじゃ死なないだろ」

魔法使い「そのー…グロい実験もするけど……なんて言うか…基本的にちょっとワケありだし……」

俺「ワケありっていうと……」

魔法使い「なんでかはわからないけど男の人が大っ嫌いみたいだし…うちで引き取った時も魔王ちゃんのお母さんに『心の底にかなり嫌な記憶が残ってる』って言ってたから…」

俺「心に何かしらの闇を抱えてるってこと?」

魔法使い「うん……最初のころはたまに何か思い出したみたいに一人で死のうとしたりとかしてたから…」

俺「いろいろ大変だったんだ……ごめんね、こんな下らないことでわざわざ…」

魔法使い「下らないことなんかじゃないよ!!こんなことで俺くんに死なれちゃ困るの!!」

397 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/14(金) 14:04:24 ID:1HE7xcq2
たのしみ乙。

たのしみ乙。

398 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 00:06:09 ID:f2PJJs4k
魔法使い「俺くんがいなくなっちゃったら、一体サキュはどうなると思ってるの!?」

俺「ご…ごめん……」

魔法使い「もう……旦那さんなんだからそういうこと言わない!」

俺「申し訳ない…」

魔法使い「……もうちょっとで目が覚めると思うから、サキュのこと…大事にしてあげてね」

俺「言われなくてもしすぎなぐらい大事にしてるよ、そこは心配しないで」

魔法使い「あっ、それと……この話は全部二人だけの秘密ってことで」

俺「なんかエッチな響きする」

魔法使い「あーもう雰囲気台無し、せっかくなんかいい感じだったのに」

俺「俺にそういうのは似合わないのっ」

399 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 00:07:23 ID:f2PJJs4k
~

触手ちゃん「……おきない……」

魔王「魔法使いちゃんも起きないけど…大丈夫なの…?」

触手ちゃん「…お姉ちゃんを信じよ、ね?」

魔王「…うん」

魔法使い「っ………けほっ、げほっ……」

おれ「…………うぅーん……」

触手ちゃん「お、おれくん!!!!」

400 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 01:38:36 ID:f2PJJs4k
おれ「しょくしゅちゃん……へへへ、ただいま」

触手ちゃん「ううぅぅわああああん………」ぎゅうううう

触手ちゃん「おれくぅぅぅん………よかったぁぁ………うわぁぁぁ………」

おれ「ごめんね、嫌な思いさせて……ごめん……」ぎゅー

触手ちゃん「お姉ちゃんも……ありがとぉ……うぇえん……」ぎゅううう

魔法使い「うわあっ、いたいいたい……ははは……」

401 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 09:57:56 ID:f2PJJs4k
魔王「あれ?助手ちゃんは?」

触手ちゃん「ずっとトイレ篭ってるけど……大丈夫かな?」ぐすん

魔法使い「……ちょっと見てくる」

おれ「…てか、なんで魔王ちゃんが……?あとなんか臭いけど…」

触手ちゃん「さっきまでここで吐き散らかしてたからこの女」

魔王「そんなこと言ったら助手ちゃんも吐いてたじゃん!」

402 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 10:10:18 ID:f2PJJs4k
触手ちゃん「助手ちゃんはすぐトイレいったからいいの」

魔王「それのせいで私2回目もここで吐いたんですけど」

俺「まあまあ、吐くだけならまだ楽だよ、こっちは血吐いて内臓えぐられて…」

魔王「……うぇっ…」

触手ちゃん「想像するな!また吐くから!」

403 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 16:56:37 ID:f2PJJs4k
そのころもう1組のカップルは…

~

魔法使い「おーい、助手ちゃーん?」

<……はぁっ………はぁっ……

魔法使い「……開けるよ?」ガチャ

助手「………ああっ…♥…まほちゃあん………♥」

魔法使い「ど、どうしたの?!また何か……」

助手「へへへっ…………もう私……吐け…ない……ああっ………」バタッ

魔法使い「ちょっ!?助手ちゃん?!?誰か!誰か来て!!」

404 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 22:36:09 ID:f2PJJs4k
触手ちゃん「今度はなにー?せっかく俺くんといちゃいちゃしてたのに」

魔法使い「助手ちゃんが…トイレで倒れて……便器みたら…ものすごい量吐いてて……」

魔王「もしかして…私のせい?」

触手ちゃん「まあ6割ぐらいはそうだろうね、だから魔王ちゃんには責任をもってぐちょぐちょあへあへ陵辱プレイを……」

魔王「なんでよ?!」

405 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/16(日) 22:42:01 ID:f2PJJs4k
おれ「まあまあ…それより、大丈夫なの?魔法とか…」

魔法使い「私、さっきので魔力すっからかんで……」

魔王「私は回復魔法あんまり使えないんだけど…」

おれ「……!じゃあ病院!!救急車!!」

魔法使い「あっ、ほんとだ!ヤバいヤバい…ちょっと感覚麻痺してる……」

おれ「救急車呼んでもいいの?!保険証とか…」

魔王「助手ちゃんならなんとかなるから!急いで!!」

おれ「なんか死ぬ前の方がのんびりしてたなあ…」

406 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/17(月) 02:09:41 ID:Uok65f3U
https://is.gd/DR5blP

407 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/17(月) 10:02:15 ID:UCoFOlV.
~

助手「…………………?」ぱちぱち

触手ちゃん「あっ、気がついた!」

魔法使い「助手ちゃーん…よかったぁ……」

助手「どこ…?」

魔法使い「病院、連れてきてもらった」

408 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/17(月) 12:42:42 ID:UCoFOlV.
助手「あ………まほちゃん………ごめん……」

魔王「こっちこそごめん、いきなり吐いたりとかして…」

助手「あっ、魔王さん……いえいえ、こっちもちょっとびっくりしただけで……」

おれ「そもそも、一体何があったの?」

助手「その……それが………」

409 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/19(水) 00:07:06 ID:F.kqAQqM
いちにちしょくしゅちゃんとおれくんのもんどうがないひはさみしくてしかたない乙。

にひきのいちゃこらはこころのびたみんどんどんしてくらはい乙。

410 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/19(水) 10:55:28 ID:lSVyhHXo
~~

助手「はあ……はあ……まさかもらいゲロしちゃうなんて……あぁっまだ出っ……」おえー

助手「……なんだろ……さっきから身体が火照ってる気がする……」

助手「も…もしかして……っえっ…」

助手「………!や、やっぱり……私、吐くたびに気持ちよくなっちゃってる………♥」クチュッ

助手「もっと………も…っと…………おぇっ………っ!?」ビクッ

411 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/19(水) 11:00:25 ID:lSVyhHXo
助手「ああっ…やばっ…♥これ……きもちぃぃ……♥」クチュクチュ

助手「私の身体、まほちゃんに完全調教されちゃったぁ…♥♥」クチュクチュ

助手「吐くだけでイッちゃうとか…♥♥やばいぃ……♥♥……うぇえっ………!!」ビクンビクン

助手「うぷぉっ……あぁあ……♥♥♥まほちゃん……まほちゃぁぁん……♥♥♥…ああああああっ♥♥♥♥♥」ビクビクビクッ

412 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/19(水) 11:20:24 ID:lSVyhHXo
~

助手「……はずかしい……ごめんなさい私のせいです、こんなことで……」

おれ「(ゲロニーとかハイレベル過ぎる)」

触手ちゃん「(今日はグロいものばっかり見たり聞いたりしてる…)」

魔王「(……参考にしよ)」

魔法使い「(想像するだけで気持ち良さそ………はっ、ダメダメ……)」

413 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/19(水) 11:37:03 ID:673zBYzs
うををななめ!ななめいいね!ちょーいーね!さいっこー乙。

…これはやはりいちさんのあらたなせいへきのかいたくでもあるのか乙。

まほちゃんからじょしゅちゃんがすいだしたぼにうをとしゃしつつくんずほごれつとかもうそうしてむやみにごはんがすすむよ乙。

414 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/19(水) 12:39:49 ID:WkKItcvA
うわぁ

415 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/19(水) 13:34:58 ID:NM5pzL/.
流石にゲロニーは少し引く

416 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/19(水) 15:36:43 ID:W5AuWRcM
>>414

わろす

>>415

ともにいこうず

乙。

417 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/19(水) 17:41:38 ID:lSVyhHXo
魔法使い「…もうちょっと自分の身体大切にしてよ、お願い」

助手「ごめんなさい……」

魔法使い「ほんとにもう………うぅ……」

助手「まほちゃん……ほんとごめんね……私がこんなばっかりに………」ぐすん

魔王「今日はやけに夫婦の絆深まってるね」

おれ「うるさい独身!」

触手ちゃん「雰囲気考えてよ雰囲気!!」

魔王「ど……どく……し……」ぐさあっ

418 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/20(木) 01:04:37 ID:CFiK8lhs
~

魔法使い「私達まだ当分ここにいなきゃだめみたい」

助手「先に帰ってもらっていいですよ」

触手ちゃん「そう?じゃあ2人っきりにしたげよっか」

魔法使い「ま、こいつはいるけどね」

触手「……………」

魔法使い「殺しはしないから、でもその分可愛がってあげないとねー…へへ」

助手「はいはい…どうせ私に使うんでしょ……」

419 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/20(木) 01:08:22 ID:CFiK8lhs
おれ「じゃ、こっちも二人でいちゃいちゃしたいから帰るね」

魔法使い「じゃあこっちもいちゃいちゃしとく」

おれ「あっ、でも助手ちゃんは身体に充分気を付けてね」

助手「は、はい!ありがとう…ございます」

魔王「わ、私はどうしたらいいの?」

魔法使い「私に用があるんじゃなかったっけ?」

魔王「いや…別に……暇だったから……」

触手ちゃん「じゃあ帰ったら?なんならここで頭診てもらってもいいんじゃない?」

魔王「ひどい!」

420 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/20(木) 07:51:21 ID:4/brwMU.
そういやまおちゃんもしょくしゅくらってちっぱいぱんのえろりぼでぃになったくちだよね乙。

まほちゃんとじょしゅちゃんのさらなるおおあばれにもきたい乙。

421 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/20(木) 08:44:17 ID:sXm0fRrg
お姉ちゃんの扱いひどいwww

422 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/21(金) 02:38:14 ID:h48Lnyxs
~

触手ちゃん「はああああ疲れたああああ」

おれ「帰ってきたと思ったら酷い目にあうし助手ちゃん倒れちゃうし」

魔王「…なんか、お疲れ様」

触手ちゃん「なんでそんな他人事なの?はらたつ」

おれ「労う気があるならちょっとここで脱いでよ、服くさいし洗うついでに」

魔王「さっきからだけど私をストレスと性欲はけ口にしないで!!」

おれ「どうせ独身なんだしいいじゃん」

魔王「うっ………でもそれとこれとは関係ないでしょ!?」ぐさぐさぁっ

423 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/21(金) 03:04:20 ID:3YofrNiY
まおちゃんのちっぱいについているおおきめちくびをたてにつらぬいてしょくしゅちゃんとおれちゃんのごはんにしてしまおう乙。

おとうとのどうていをくいちらかしたあねまんまんをていねいにおしおきしないとね乙。

424 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/21(金) 06:00:08 ID:5OWO1TFo
そろそろゲロニーとかじゃない普通のエロをですね

425 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/21(金) 12:50:19 ID:h48Lnyxs
触手ちゃん「いいじゃんべつにー、知ってる?裸ってどれだけ見せても減らないんだよー?」むにむに

魔王「ちょおっ……やめろっ…酔っ払ってんの?!」

おれ「グロとリョナはもうお腹いっぱいだからさー、女の子3人で仲良くシよ?ね?」ふにふに

魔王「やっめっ……おれくんは男…じゃん……」

おれ「今は男じゃないもんねー」もみもみ

触手ちゃん「恥ずかしいなら私達も脱いであげるからさー、ねー?」つーっ

触手ちゃん「うわー、魔王ちゃんパンツ濡れてるよ?興奮したんだ?女の子におっぱいふにふにされて興奮したんだ?」

魔王「ち、ちがぁっ……!わたしで…あそばないで……っ…」

426 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/22(土) 00:52:51 ID:rL2gJeG2
おれ「でもここまでやってハイ終わり、なんてつまんないよねー」

触手ちゃん「じゃ、お風呂いこっか」

おれ「きたない身体も綺麗にできるし、魔界にも帰れなくできるし、一石二鳥だよ」

魔王「うぅぅ……たすけて…………」

427 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/22(土) 02:36:46 ID:ELTMR3uw
さんにんでなかよくおふろにはいるときでも、らちされたまおちゃんのちっぱいぱんはひときわまぶしいかがやきをはなつなつのひるさがり乙。

おれちゃんとしょくしゅちゃんのしつようでていねいなあいぶにしおふきがとまらないまおちゃんはいきのびることができるか乙。

428 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/22(土) 21:34:04 ID:rL2gJeG2
~

触手ちゃん「ほらほら座って、背中流してあげる」

魔王「ぜったい変なことするからやだ…」

おれ「じゃあ変なことするからこっちきて?」

魔王「…………いいよ、座ればいいんでしょ」ぽす

触手ちゃん「まおちゃんえらいねー、ひとりで座れたねー」ふぅーっ

魔王「ひゃあぁあ?!みみ……みみに……」

おれ「いちいち反応が面白い」

触手ちゃん「いじわるしがいがある」

魔王「だから!私は性欲とかストレスのはけ口じゃないからぁ!」

429 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/23(日) 01:58:33 ID:bNh35BXI
触手ちゃん「じゃあ流すねー」ジャバ-ッ

魔王「はぁ……複雑なきぶん……」

おれ「あのさ、今唐突に思ったんだけど、魔王ちゃんとまおちゃんって言い換える必要なくない?」

魔王「すっごい唐突」

おれ「魔法使いちゃんとまほちゃんはわかるよ、でも魔王ちゃんとまおちゃんってなんかアレじゃない?」

魔王「アレって」

430 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/23(日) 01:59:43 ID:bNh35BXI
触手ちゃん「あれだ、知らないうちに名前呼び捨てにされてても気づかないやつだ」

魔王「でも呼び捨てにされることないし……」

おれ「なんなら男に戻ったら呼び捨てにしてあげようか」

魔王「キュン死しそう」

触手ちゃん「魔王ちゃん前科あるからあんまり俺くんと仲良くされてもこまるんだよなー」

おれ「あーあの逆レイプ未遂?正直興奮はしたけど……胸チラしまくってたし」

触手ちゃん「俺くーん?」ニコッ

おれ「あっ、はいヤってないから許して」

431 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/23(日) 11:21:20 ID:gjPQbiJo
アッハイ乙。

432 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 00:07:27 ID:m38/On8o
触手ちゃん「やだ、許さないーっ」

おれ「ほんとごめん」

触手ちゃん「…ほら、魔王ちゃんの横、魔王ちゃんも立って」

おれ「………うん」

触手ちゃん「二人ともー、だらしない下半身にはちゃんとしつけしないとねー」くちゅくちゅ

魔王「いやぁっ…ちょっ……だめっ……♥」

おれ「お……おれもかよっ……ああっ……♥」

433 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 00:09:36 ID:m38/On8o
触手ちゃん「特に俺くん、そんな気持ちじゃこまる」くちゅくちゅ

触手ちゃん「俺くん……私のこと好きって言って…?」くちゅっくちゅっ

おれ「あっ♥…あぁあっ♥♥しゅきぃ……ああっ♥だいしゅきだから……っ……♥」

魔王「んうっ…♥手マン……上手すぎぃっ……♥♥♥あっっ……」

触手ちゃん「……私も大好き、だーいすき」

触手ちゃん「怖がらないでよー?私そんなヤンデレとかじゃないしね」くちゅくちゅ

おれ「わかってる…♥わかってるからぁ……♥♥イかせてぇっ……んうぅっ♥♥」

魔王「わ…わらしもっ……♥♥もうげんかいだからぁっ♥♥」

434 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 00:12:46 ID:m38/On8o
触手ちゃん「しょうがないなあ…………でも、今はおあずけ」ちゅぷっ

おれ「な……なんでぇっ……♥」

触手ちゃん「続きは部屋でゆっくりしてあげるからさ、とりあえず今はゆっくりお風呂入ろうよ」

おれ「(こんなのでゆっくり入れるわけないじゃん……っ)」くちゅ

魔王「(イきたい……イかせてぇ…っ)」くちゅっ

触手ちゃん「はいはい、自分でくちゅくちゅしない」

おれ「……おにだ」

魔王「……ひどい…」

435 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 01:59:57 ID:m38/On8o
触手ちゃん「たまにはこうやって3人でお風呂入るのもいいなー」

おれ「ま、まあ……普段は絶対に入らないもんね」

触手ちゃん「私とお風呂入るだけで勃起しちゃうもんね、即3Pになっちゃいそう」

魔王「……」

おれ「ん?何か言いたそうにしてるけど……?」

魔王「……勃起おちんちん………」

触手ちゃん「魔王ちゃん?」

魔王「な!なんでもない!別に俺くんとエッチしたいとか考えてない!」

おれ「あのさぁ…」

436 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/24(月) 08:44:39 ID:XMt36sYQ
姉弟だろ…

437 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/24(月) 09:54:39 ID:9T74o8Kk
かんけいない

いげ。

まおちゃんなにげにはわわちからがじょうしょう乙。

438 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 23:39:19 ID:m38/On8o
魔王「だってえ……最近エッチしてないんだもん……サキュみたいに旦那さんといちゃラブ子作り子種ミルク生ハメセックスしたいよぉ………」

魔王「それでぇ……何回も子宮を濃厚白濁チンポザーメンでたぷたぷにされて妊娠確定アクメ決めちゃうのぉ……」

触手ちゃん「うーん、さっきはちょっとやりすぎたかなぁ……?」

魔王「俺くんになら陵辱されて俺くん専用のチンポケース肉便器奴隷に調教されて性処理専用おちんぽミルク中毒のメス豚にされちゃってもいいからぁ…」

おれ「どぎつい淫語垂れ流し状態なんだけど」

触手ちゃん「もしかしてのぼせてる?」

439 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 23:39:52 ID:m38/On8o
魔王「のぼせてなんかぁ……あはぁ……」

おれ「のぼせてる」

触手ちゃん「やばい、早く出して」

おれ「もーー!いい加減にしてよー!!」

440 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 23:41:28 ID:m38/On8o
~

魔王「………おちつきました」

触手ちゃん「のぼせてる時…魔王ちゃんすごかったもんね」

魔王「なにそれ!?あんまり記憶ないんだけど……」

触手ちゃん「まるで獣みたいに私のこと……きゃーっ♪」

魔王「そんなことしてたの?!」

触手ちゃん「すっごい激しくて……私何回も………ふふっ」

魔王「私…サキュにそんなこと……」

おれ「してないから、触手ちゃんも余計なこと言わないの」

441 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/24(月) 23:58:30 ID:m38/On8o
触手ちゃん「ま、今から私が獣みたいに魔王ちゃんとえっちしちゃうんだけどね」くいっ

魔王「あっ……」

触手ちゃん「でもまずはー……んちゅっ…れろっ…」

魔王「んっ……さきゅっ……んむぅ……」

触手ちゃん「んっ…んふふっ、とろっとろになってる…」くちゅくちゅ

魔王「あっ…♥…さっきのが……っ……♥♥」

触手ちゃん「お布団いこっか」

魔王「………うん………」

おれ「流れが完璧すぎる……顎クイ舌絡めキスからの手マンで速攻堕とすとか……見てるだけで濡れそう…」

442 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/25(火) 01:00:27 ID:pozQhDho
ぜんいんかわゆいおなごのこでおててでまんまんちゅくちゅくぢゅぶりでつね乙。

こういういんごのられつってさいのうだとおもうきょうこのごろ乙。

443 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/25(火) 21:00:58 ID:uspwpnt.
触手ちゃん「最初は嫌がってたのに、2人とも結局エッチしたいんだ」

おれ「あんな中途半端じゃ……切なすぎるよ…」

魔王「うぅ…………」

触手ちゃん「えへへっ、効果絶大だね」

444 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/26(水) 01:53:56 ID:dj7DlsnA
触手ちゃん「じゃあ…魔王ちゃんからはじめよっか、俺くんも一緒にやってよ?」

おれ「魔王ちゃんの身体好きにできるの?!」

触手ちゃん「二人で思う存分気持ちよくしちゃおうかって、上手にできたら俺くんもイかせてあげる」

魔王「2人に責められるとか聞いてないってば」

触手ちゃん「その方が気持ちいいでしょ?」

おれ「レズ3Pとか想像するだけで……えへへ」

魔王「むぅーっ……」

445 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/26(水) 03:21:25 ID:7UUfl.K6
かわいいまおちゃんかわいい乙。

446 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/27(木) 00:10:09 ID:8DYzdEoo
触手ちゃん「いいよ、俺くんから先にやっちゃって」

おれ「じゃあ遠慮なく……はむっ」ちゅーっ

魔王「あっ…♥おっぱいすわないで……んんぅっ…♥♥」

おれ「身体からいいにおいする……んふふっ」ちゅぱっちゅぱっ

魔王「ちくびぃ♥口の中でころころされ……っ…♥♥♥」

447 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/27(木) 00:36:13 ID:8DYzdEoo
触手ちゃん「ふふっ、がっつくねー」

おれ「らってぇ…興奮してしょうがないんだもん……ほら、魔王ちゃぁん………んちゅぅっ……はあっ…はあっ……♥」

触手ちゃん「これじゃあ魔王ちゃんより先に俺くんがイッちゃいそうだなぁ…」

触手ちゃん「じゃ、私もちょっと本気出しちゃおっかな」

おれ「じゃあ……2人でするの?なら……まんまん触りたい」

触手ちゃん「いいよ、私がおっぱいで俺くんはおまんこね」

魔王「はあーっ…♥はあっ…♥…(二人責めとか……絶対イキ狂わされちゃうやつだ……)」

448 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/27(木) 03:27:44 ID:8DYzdEoo
おれ「すっごい……ぐしょぐしょになってる…んっ…」ぺろぺろ

触手ちゃん「ちっちゃい乳首もぷくーってなってる、かわいー」もみもみ

魔王「んぅっ……♥♥はっ♥はぁっ♥はぁっ♥♥はあっ♥♥♥♥」ビクッ

おれ「ゆび…いれたらどうなるかな……?」ちゅぷちゅぷ

魔王「あっ♥♥あああっ♥♥♥♥♥らめっ♥♥♥らめなのぉっ♥♥♥♥♥♥」ビクンビクン

449 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/27(木) 03:35:35 ID:8DYzdEoo
触手ちゃん「ふふっ、気持ちよさそうにイッちゃって」きゅーっ

おれ「ゆびからしゃせいしそうなぐらい気持ちいい…魔王ちゃん……ああっ……♥はぁ…♥」ちゅぷっちゅぷっ

魔王「やらぁ♥♥♥いってる♥♥♥もういってるからぁ♥♥♥♥ああああっ♥♥♥♥♥」ビクッビクッ

触手ちゃん「イッてるけどそれがどうしたの?気持ちよくなりたいんでしょ?ほらぁ…ちゅっ……んふっ…」

魔王「んんっ♥♥♥んむぅぅ♥♥♥♥」ビクンビクン

おれ「いいなあ魔王ちゃん…気持ち良さそうで……」

450 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/27(木) 04:25:41 ID:Ygq.xj1I
いげいげずんずんがっつじゃぜ乙。

わたしにはみえる
おんなのこたちがふくれきったちくびをがじがじちゅっちゅされてぉんぉんいいながらしゃにゅうにたっするよふけ
みんなかわいいやらしい乙。

451 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/28(金) 01:48:13 ID:9ll49qIs
触手ちゃん「じゃ、次は俺くんの番だね…って言ってもすぐイッちゃいそうだけど」

おれ「だってぇ…」

魔王「はあっ……♥はあはあっ……♥♥わ……わたしも……する……♥」

魔王「おれくんにやられっぱなしなのは……やだ……でしょ……?さきゅ……んちゅっ……うむっ……」

触手ちゃん「ちょっ……魔王ちゃ……んんっ……」

452 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/28(金) 02:40:01 ID:9ll49qIs
魔王「はあはあ……おれくーん……いっぱいお汁たれてるよぉ…きれいにしてあげる……」ぺろぺろ

おれ「ああっ♥いろんなとこなめないでぇ♥♥♥んうっ…♥」

触手ちゃん「ほら俺くん、よだれ垂れてるよ…ちゅーっ……んんっ…んちゅ………ひもひいい…?」

おれ「んっ………♥♥あぁぁ……♥♥んぅぅぅ……♥♥♥♥♥♥♥」ビクビクッ

触手ちゃん「ふふふっ、もうイッちゃった……かーわいい、んちゅっ……ちゅぱぁっ…」

魔王「へへへ、チューされただけでイッちゃうんだ、おれくんってほんとへんたいだね」もみもみ

おれ「んうっ……!♥♥♥んん……んむぅうっ♥♥♥♥♥♥んーっ♥♥♥♥♥」

453 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/29(土) 00:58:56 ID:XYyQQEfM
おれ「はあっ……♥♥はあっ……♥♥やば……♥♥♥」

触手ちゃん「女の子の身体、気持ちよかった?」

おれ「きもちよかった……♥すごい……♥」

魔王「じゃ、次はサキュの番ね」

触手ちゃん「えっ、私はいいよ……」

454 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/29(土) 00:59:40 ID:XYyQQEfM
魔王「なんでよー、やられっぱなしじゃんこっちは」

おれ「いいよ……触手ちゃんは俺が気持ちよくさせたいし」

魔王「えー、そうなの?」

おれ「サキュのエッチなとこ……あんまり人にみせたくない」

触手ちゃん「…………そういうの、普通に言うのずるい」ぽーっ

おれ「もっとかっこよく言った方がよかったかな…?」

触手ちゃん「それより、俺くんにサキュって言われるの…なんか、変な感じする」

おれ「えへへ……ちょっと言ってみたんだけど、やっぱ変かな」

触手ちゃん「俺くんには、触手ちゃんって呼ばれるほうがいい、私に触手ちゃんって言うの俺くんだけだし…なんか特別みたいじゃない?」

おれ「特別かぁ……ふふふっ、触手ちゃん……」ぎゅーっ

触手ちゃん「えへへっ、俺くーん…」ぎゅーっ

魔王「(なにこれは!?!!??!結婚してない私への当て付けか何かですか??!!あーもう!!!このバカップルどもめぇぇぇぇぇぇ!!!!!)」

455 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/29(土) 13:42:22 ID:biPprM26
つるぺたでもいいふにふにかわいいまおねえちゃんかわいい乙。
しょくしゅちゃんとおれちゃんはさらなるえろすをもちいておねえちゃんをきもちよくするがいいさ乙。

456 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/30(日) 21:17:50 ID:zjJ4fUrE
魔王「いいよ、もう帰るよ」

触手ちゃん「あっごめん、もう洗濯機回しちゃった」

おれ「裸でなら帰れるみたいだけど」

魔王「私を帰らせたいのか帰らせたくないのかどっちなの」

おれ「痴女な魔王ちゃんなら裸でもはあはあ言いながら帰るかなって」

魔王「私は痴女じゃないー!!」

触手ちゃん「じゃあレイプ魔」

魔王「レイプ魔でもーー」

おれ「レイプ魔だろ!」

触手ちゃん「寝取り逆レイプ失敗してるくせに!」

魔王「……今日は風当たりがつよい…」

457 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/30(日) 21:18:23 ID:zjJ4fUrE
触手ちゃん「…まあまあ、素っ裸で帰れとは言わないから……なんならごはん食べる?」

おれ「大丈夫?おっぱい揉む?」

魔王「いいの!?やったーうれしい!」

おれ「おっぱいが?」

魔王「おっぱいはいらない!」

458 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/30(日) 21:20:47 ID:zjJ4fUrE
おれ「貧乳の魔王ちゃんにはこんなの貴重じゃない?ね?」

魔王「う、うるさい!私は貧乳じゃなくて膨らみかけなの!」

触手ちゃん「………」

おれ「あ……でも触手ちゃんは現在進行形でおっきくなってるから」

触手ちゃん「実感ない」

おれ「おかしいなあ…揉んでるんだけどなあ」

触手ちゃん「へ?最近俺くんにそんなことされた記憶ないんだけど…」

おれ「あっ」

触手ちゃん「えっ」

459 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/30(日) 21:27:34 ID:zjJ4fUrE
魔王「なになにー?俺くんもしかしてこっそりおっぱい揉んでたのー?」

触手ちゃん「どういうことか説明していただきたい」

おれ「冗談だってば、冗談…はははー」

触手ちゃん「嘘つかないで、知ってるから」

おれ「バレてた」

触手ちゃん「あ、やっぱりやってたんだ」

おれ「うわっ卑怯、ずるい」

460 ◆TiKUvGS/sQ :2017/07/30(日) 22:46:54 ID:vefIArX2
ーワァァァァァァァ!!!ー

ロゼが勝利した瞬間、会場は歓声であふれ返った

ギルドマスターを一介のハンターが倒す

それはハンターの歴史を紐解いても前例がない事であり

ロゼは恋敵を倒すのと同時にハンターの歴史に新しい一ページを作ったのだった

赤髪「ロゼちゃん......!!」

拳士「よっしゃー!!」

狼剣士「わふ! やったよロゼ!」

筋肉「おおぉぉぉ......!! 何だ感動して涙が止まらねぇぞぉ......!」

忍「よし!」

魔女「ロゼちゃーーん!! 流石よー!」

ウルフ「最後に踏ん張ったな!! 」

雪「凄い戦いでした......」

姫「(女騎士......これで良かったんですよね、きっと......)」

461 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/30(日) 23:09:29 ID:g4AX8n1g
おっと? ここは龍スレじゃないぜ?しょくしゅちゃんスレだ

462 ◆TiKUvGS/sQ :2017/07/30(日) 23:53:09 ID:kFqWCCvU
ご、ごめんなさーい!!
誤爆しましたー!!(土下座

463 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/31(月) 14:30:34 ID:zSZWKvuQ
いきなり新キャラワンサカ登場して笑う

464 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/31(月) 20:42:09 ID:zSZWKvuQ
触手ちゃん「で?なんでそんなことしたの?」

おれ「だって…触手ちゃん無防備なんだもん…」

おれ「お腹出して寝てたりするから服直してあげる、お腹に触れる、肌の温もり感じる、そのまま手が勝手に上にいっちゃう、ふにふにふにーって感じ」

触手ちゃん「勝手に手が動くわけないじゃん!」

おれ「でも触手ちゃん気持ち良さそうだったよ?息乱れてたし」

触手ちゃん「このへんたい!ばか!おっぱいだめって言ったじゃん!」

おれ「おっぱい以外も触ってたし…なんなら触らせてたし…」

触手ちゃん「はい?」

465 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/31(月) 20:53:37 ID:zSZWKvuQ
おれ「寝てる触手ちゃんの手にちんこあてがってみたりとか、ほっぺちんこでぐりぐりとか」

魔王「想像したらかわいい」

触手ちゃん「かわいいとかそういう問題じゃないー!ばか!へんたい!」

おれ「性欲が暴走してた、オナ禁してんのにこんなエロの塊みたいなのが隣で寝てたらそりゃあもう」

触手ちゃん「そういうの言ってよ!言ってくれたらなんとかしたのに…」

おれ「申し訳ない」

魔王「なんなら私が代わりに…」

触手ちゃん「あぁん?」ニコッ

魔王「あっハイ調子乗りました」

466 ◆rFVEcgcMlk :2017/07/31(月) 20:57:02 ID:zSZWKvuQ
触手ちゃん「とにかく!そういうのはちゃんと言ってよ!私だって嫌なわけじゃないんだし!」

魔王「エッチな子宣言?」

おれ「言われなくても知ってるけどね」

触手ちゃん「……ごはんつくってくる」

おれ「かわいい」

魔王「きゃわ」

467 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/01(火) 00:03:50 ID:X2ibRgAE
きゃわわ乙。

468 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/02(水) 02:37:24 ID:Hzx/CfjI
~

触手ちゃん「ふーんふふふーん♪」

おれ「魔王ちゃん、聞きたいことがあるんだけどさ」

魔王「ん?なーに?」

おれ「魔王ちゃんは結婚したいとかそういうのないの?」

魔王「」ぐさぐさぐさぐさ

おれ「あれ、固まっちゃった」

魔王「…ひどい」

469 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/02(水) 08:49:42 ID:ZLztM8MI
おれ「そんなにしたいんだ」

魔王「だってぇ!私の周りみんなしちゃったじゃん!取り残されたの私だけじゃん!」

魔王「俺くんだってサキュに取られちゃったし……うぅぅ…」

おれ「(どっちみち姉弟で結婚しちゃうのは無理では)」

触手ちゃん「(真実って残酷だなー)」

470 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/02(水) 12:25:44 ID:Hzx/CfjI
魔王「それよりそれより!最近なんか体調悪い感じするんだよねー」

おれ「風邪とか?」

魔王「いやぁ…もしかしたらもうちょっとヤバいやつかもしんない…たまに吐き気するし…今日来る前もちょっと気持ち悪かったし…」

触手ちゃん「(あっ)」

魔王「なんか身体だるいし無性にみかんとかすっぱいのが食べたくなったりとか…栄養足りてないのかなぁ……?」

おれ「(魔王ちゃん……それは………)」

471 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:34:52 ID:Kw5aFADM
おいついた

472 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 17:14:30 ID:F3vqqzIs
ましゅまーさま こっくぴっとはっちはつけてからイってください乙。

473 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 20:54:23 ID:HXoG7XUo
神様はよく近親婚してるから大丈夫じゃないの? というか、重婚しちゃえよ(白目)

474 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/02(水) 22:43:04 ID:Hzx/CfjI
触手ちゃん「(俺くん、どう責任とるつもり?)」

おれ「(これは仕方ないじゃん!どう考えてもあの時はなんにも知らなかったんだもん!しかも身体乗っ取られてるし逆レイプだし!)」

触手ちゃん「(どっちみち、修羅場は避けられないね)」

おれ「(うぅ…どうしよ……)」

魔王「すっごいテレパシーみたいに会話してるように見える」

475 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 23:07:13 ID:F3vqqzIs
おきらくまおちゃんきゃわわ乙。

ちっぱいからぼにうをぴゅっぴゅくたれながしながらおさないおなかがへちまのようにふくれてああもうなにこのあるくいんもらるかわいい乙。

…ゆーじゅうこんしちゃいなよみんなですんじゃいなよ乙。

476 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/03(木) 13:07:01 ID:IhZN.8wc
おれ「まおちゃん、唐突で悪いんだけどあっち向いて?」

魔王「…?なんかついてる?」

おれ「ごめんねまおちゃん、ちょっと…」ぐるぐる

魔王「ひゃあっ!ちょっ……かお……なに…」

触手ちゃん「ちょっと、なにやってんの」

おれ「ちょっと…トイレに…」ずるずる

魔王「トイレにじゃないーっ!外して!なんにも見えないー!!」

477 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/03(木) 15:51:56 ID:OeUnrOx2
コレは無言の腹パン堕胎チャレンジですね

478 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/03(木) 16:14:55 ID:kOOcGP2Q
やめてさしあげて乙。

すいかのようにふくら/中略/きでたおっぱいもじゅにぅじゅんびおっけーなちくびも〈ピーーーーー〉してあげたい乙。

479 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/03(木) 22:48:46 ID:IhZN.8wc
~

魔王「俺くん?!ねえ何するつもりなの!?まさか私も俺くんみたいなひどい目に…」

おれ「おしっこ」

魔王「……へ?」

おれ「おしっこして」

魔王「ちょっと何言ってるかわかんないんだけど」

480 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/03(木) 23:40:13 ID:IhZN.8wc
おれ「ほら、早くしないとパンツ汚れちゃうよ」

魔王「いやいや!足抱えられてるのにできるわけないじゃん…」

おれ「AVで見たことあるしただの背面駅弁だよ、できるできる」

魔王「そこまでして私におしっこさせたいの?!」

おれ「どうしても、嫌でも無理やり出させる」

魔王「俺くんこわいよー…」

481 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/04(金) 16:38:25 ID:ENfKaQuM
おれ「せっかくだし写真撮ってみよ」パシャ

魔王「ちょっ!なに撮ってんの!?」

おれ「うわー、マンスジくっきり写ってるすっごいエロい、Twitterに上げよっかな」

魔王「消せ!消せこのへんたい!やめろ!!」

おれ「じゃあ消すからおしっこしてくれる?座らせてあげるし」

魔王「それで消してくれるなら…うん……まぁ……」

おれ「ちょろい」

魔王「うぅぅ…」

482 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/04(金) 16:42:15 ID:ENfKaQuM
おれ「はい、出す前にはちゃんと言ってよ」

魔王「ほんと意味わかんない……」

おれ「今の俺にはどうしてもまおちゃんのおしっこが必要なの」

魔王「きもい……」

おれ「ツイッター」

魔王「ああっだめ」

483 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/05(土) 00:04:01 ID:5UhcqNPc
おれ「はやくしてよ、ごはん食べたい」

魔王「わかってるってば…あっ…出そう……」

魔王「あぁ…出る、おしっこ出ます……」チョロロロ…ジョ-

おれ「恥ずかしそうにおしっこしてるのめっちゃ興奮する」サッ

魔王「う…うるさい…っ…」チョロッ…チョロ

おれ「ありがとう、参考にさせてもらうね」

魔王「なにの?!てか目隠しはずして!!」

484 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/05(土) 16:27:52 ID:R89IISoY
妊娠チェック

485 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/05(土) 16:58:39 ID:csUwl92Y
ささ〜げて〜ささ〜げて〜〜こ〜ぶくろをささ〜げて〜〜(笑)〜♪乙。

486 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/05(土) 21:25:43 ID:5UhcqNPc
~

魔王「あー美味しかった!ごちそうさま!」

触手ちゃん「へへ、喜んでもらえたみたいでなによりだよ」

魔王「ほんと、俺くん羨ましいよー……サキュとさー、ねー…」

おれ「まおちゃんも素敵な人と出会えたらいいねー」

魔王「うん、がんばる」

おれ「あ、それと……これ、おみやげ」

魔王「ん?なにこれ」

おれ「妊娠検査薬」

魔王「????」

487 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/05(土) 21:26:53 ID:5UhcqNPc
触手ちゃん「なんで魔王ちゃんにこれを」

魔王「使う機会すらないのに」

おれ「箱、開けてみて」

魔王「ん?……あれ、袋空いてる……」

魔王「なにこれ……陽性………?」

触手ちゃん「(あー……やっぱり…)」

おれ「それね、さっきのやつ」

魔王「へ?さっきの?えっ?どういうこと?」

488 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/05(土) 21:48:38 ID:5UhcqNPc
おれ「さっきのおしっこ、これのためだったの」

触手ちゃん「あー、だからか」

魔王「えっ?じゃあなに?私できちゃってるってこと?えっ、うそ?冗談だよね?え?」

触手ちゃん「吐き気とか身体だるいのとか…全部妊娠初期によくあるやつだし……」

魔王「…そしたら……思い当たる人が1人しかいないんだけど………?」

おれ「やっぱり…?」

魔王「最後にエッチした覚えあるの……俺くんだけなんだけど…」

触手ちゃん「あららー」

489 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/05(土) 21:57:52 ID:1ss5zJI.
まお×ゆう×まお×おれ=ゆうおまおれ乙。

ゆーうんじゃいなよ!なんならそだてちゃいなよ!ろりばくにゅーにそだて!きぼお!!乙。

490 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/05(土) 22:45:59 ID:5UhcqNPc
魔王「おれくんっ……もう…!!」ぎゅー

おれ「うわっ…」

魔王「ちゃんと責任……取ってよ…?」

触手ちゃん「うわー!修羅場だ修羅場!隠し子!」

おれ「余計なこと言わなくていいから!しかもまだ確定したわけじゃないし!!隠さないし!!」

魔王「えへへ…いるんだぁ、お腹のなかに……ね、俺くん?」

触手ちゃん「あ、穏便にどうにかしてね」

おれ「こっちに丸投げかよ!」

491 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/05(土) 22:57:56 ID:1ss5zJI.
しょくしゅちゃんそのかえしはおおらかあんどひとごとすぎかわいい乙。

このあとめちゃくちゃはらぱんしたったとかなしのほうこうでよろよろ乙。

492 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/06(日) 13:26:01 ID:6LwLt8Qk
魔王「明日病院いこっか」

おれ「うん…」

触手ちゃん「でさー、ちょっと言ってみたかったんだけど…」

触手ちゃん「私と魔王ちゃん、どっちを選ぶの?」

魔王「うわー!ますます修羅場!エロゲ選択肢!」

おれ「みんながいじめるー…」

魔王「いままで散々いじめといてそれは無しでしょ」

おれ「うう……夜な夜な腹パンしてやる」

魔王「やめてよぉ!」

493 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/07(月) 12:54:21 ID:.6L1LM9U
おれ「うるせー」ぽこっ

魔王「いてっ」

触手ちゃん「腹パンだ腹パンー、俺くんご乱心ー!」

魔王「今殴ったのあたまじゃん!!!普通にDVだよ!!訴えてやるー!」

おれ「おっ、逃げる?逃げちゃう?」スッ

魔王「ちょっ、マジでダメ、ほんと」

おれ「ツイッター」

魔王「ああっ」

494 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/08(火) 10:04:56 ID:Ssq.FA..
かおはやめなよぼでぃぼでぃらめぇーそれらめぇ❤ならばおっぱいぐにぐにああらめぇないのぉ❤おっぱいないのぉ❤おしりっ❤おしりぺちぺちしてぇっ❤❤❤乙。

ぁあ…ぁぁ❤おしりたたかれてっ❤あふれちゃぅっ❤あふれちゃぅのぉ❤ぬれたおま❤こ❤たたかれてっ❤いっぱい…いっぱいいっちゃぅのぉお❤❤❤❤乙。

495 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/09(水) 18:08:02 ID:WB0aGEwk
このまま魔王腹パン陵辱虐待サンドバックENDでもいいですてか見たい

496 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/09(水) 19:41:02 ID:Sg4OFfms
やめてさしあげて乙。
まおちゃんのおなかからあかちゃんでてきたあとならはらぱんでもせっぷくでもおおいにやるがいいよ乙。

497 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/09(水) 22:14:37 ID:HDu5YhJ.
~

おれ「で、泊まるの…?」

魔王「明日早く行きたいし、体力消耗したくないし……」

おれ「えっちできない……」

触手ちゃん「まあまあ……しかたないよ…」

おれ「なかなか元に戻れない……会社休まなきゃ……」

魔王「私が相手したげよーか?」

触手ちゃん「だめ、自分の身体考えて」

魔王「もう散々してるのに…」

498 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/09(水) 22:29:41 ID:Sg4OFfms
まおちゃんのちっぱいずりふとももすりすりでからだじゅうさすさすしてほしい乙。

でもやっぱりまほちゃんのおちちをおもうさましめあげてぼにうをまきちらしながらあんあんはふはふするそのからだをかわいがり(意味深)たい乙。

499 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/10(木) 14:16:49 ID:yTFEYfEU
三人が三人とも原型を留めていないという文字通りのカオスさよ

500 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/11(金) 01:25:41 ID:NQINPu66
こうしんなくてさみしいお乙。

みんなのくちゃとろぬちょっくすをしょくしゅちゃんがらいぶちゅうけいするとかでもわたしはしあわせになれる乙。

みんなでとけちゃお乙。<意訳:大変に暑いのでスレ主&スレ住人の皆々ご自愛ください。

501 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/12(土) 01:08:50 ID:6AnV8gPU
おれ「あー、いっそのこと誰か俺も妊娠させてくれないかなー…」

魔王「素っ裸で夜中うろついてみたら?誰か襲ってくれるんじゃない?」

おれ「じゃあ今度まおちゃんに試してもらおうかな」

魔王「なんでよ?!」

触手ちゃん「自分で言ったんだから、自分でやってよ」

魔王「う、うるさい!もう寝る!」

触手ちゃん「はいはい…魔王ちゃんの分も布団敷くから…」

502 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/12(土) 01:11:07 ID:6AnV8gPU
~

魔王「むにゃむにゃ…………ああ……だめ……そっちはちがうあな……おれくん………んうぅ……」

おれ「……どんな夢見てんだ」

触手ちゃん「それよりどうするの?ほんとに」

おれ「……俺には、どっちも選べない」

おれ「なら、どっちも大事にする、幸せにする」

触手ちゃん「……そういうかっこいいことさらっと言うとこ、すき」ぎゅっ

おれ「そういうすぐいちゃつきたがるとこ、かわいいよ」ぎゅっ

触手ちゃん「ふふっ、すぐいちゃつきたがるのはそっちのくせにー」

おれ「あはは……」

503 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/12(土) 15:03:23 ID:iz.P0iz2
このままおれくんしょくしゅちゃんよるのいとなみかいしくんずほごれつ乙。

すえたにおいにさそわれてまおちゃんねたままおれちゃんとしょくしゅちゃんのまんまんちろちろくちゅくちゅ乙。

かわいやらかいみっつのふにすべらたいがおおあばれなよみものほんとうにありがとう乙。

504 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 09:49:50 ID:mnuYkXYk
おれ「でも、言ってはみたものの……どうしよう……」

触手ちゃん「普通に近親相姦だもんね…魔王ちゃんにいつお姉ちゃんだって言うの?」

おれ「一番の問題だよね……まおちゃん、知ったらどう思うかな…」

触手ちゃん「ま、いままででもなんとかなってるから大丈夫だよ……たぶん」

おれ「大丈夫かなぁ…」

触手ちゃん「俺くんなら大丈夫だよ、いままで何回も修羅場切り抜けてきてるし」

おれ「まあね…」

触手ちゃん「そんな変な顔しないでさ、今日はもう寝よ?ね?」

おれ「う…うん」

505 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 10:10:07 ID:mnuYkXYk
~

触手ちゃん「おーい、おーい」

おれ「……ん……おはよ…」

魔王「……Zzz…」

触手ちゃん「朝ごはんできたよ」

おれ「ありがと…いつもいつも……」

魔王「…ん……ぐぅ……」

触手ちゃん「……早く起きないとご飯抜きだよ」

魔王「……ぁ…それはやだ…」

506 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 12:35:09 ID:mnuYkXYk
~

魔王「さて、じゃあ早速行きますか」

おれ「待ってよ、会社に電話ぐらいかけさせて…」lll…

女『はいもしもし、俺さんですか?』

おれ「あーハイ、そうですね…一応」

女『……?間違い電話ですか?』

おれ「ごめんなさい間違ってないです…で、お聞きしたい事が」

女『…………?なんでしょう?』

おれ「育児休暇って取れますか?」

女『あっ…………へ?』

507 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 12:46:31 ID:mnuYkXYk
おれ「これでわかって貰えましたか、俺だよ俺」

女『オレオレ詐欺みたいに言わないでください、というよりどこから突っ込めばいいのか見失ってるんだけど』

おれ「じゃあこっちから簡潔に…俺女体化、2人目妊娠、イコール育児休暇」

女『あーもっと訳分からない』

508 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 12:52:20 ID:mnuYkXYk
女『とりあえず1つずつ…女体化ってどういう』

おれ「めんどくさいなー、今の俺の写真送るから見て」

女『はいはい…………ぶふっ?!な、なんですかこれは?!!』

おれ「あーもう見た?なかなかえっちに撮れてるでしょ、くぱぁしながら自撮りってなかなか大変なんだよ」

女『なんでよりにもよってこの写真なんですか??!!』

おれ「おかずに…」

女『しません!!てかパソコンに直で送らないでくださいよ!!変な目で見られたじゃないですか!!!』

509 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 18:42:28 ID:mnuYkXYk
おれ「そんな大きな声出してるからじゃないの?」

女『声出させてるのはそっちじゃないですか!!』

おれ「でも……私のえっちなとこみんなに見られてるんだ…あぁっ……♥」

女『頭おかしいんですか!?!!?』

510 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 18:48:42 ID:mnuYkXYk
女『で、次!2人目ってどういうことですか!』

おれ「あ、女体化は受け入れるんだ」

女『もうなんでもいいです!魔界とか魔物なんかよりよっぽどマシですよ!!』

おれ「感覚麻痺してんね」

女『いいから!質問に答えて!』

おれ「もう1人、別の女の子を孕ませてしまったようで」

女『はあ???!!?』

511 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 19:18:50 ID:mnuYkXYk
女『もう意味わかんない通り越して頭おかしいんじゃないですか?!気持ち悪いとかそういうの超えてますよ!?!』

おれ「嫁と子供が二人に増えただけですよ、二人とも大切に愛したいと思っているので」

女『何当たり前みたいに言ってるんですか??!もうやだこの人』

おれ「なんなら女さんも…」

女『丁重に!!お断りさせていただきます!!!!』

おれ「恥ずかしがっちゃってー、このこのー」

女『……電話じゃなかったら死ぬまでぶん殴ってますよ』

512 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/15(火) 20:59:50 ID:wFK4exkk
まさか女さんに出番があるとは思わなかった

513 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 21:03:53 ID:mnuYkXYk
おれ「とにかく、元に戻るまで会社休んでいいですか」

女『なんなら来てもらってもいいですよ?ぶん殴りたいんで』

おれ「じゃあ休みます」

女『戻ったら出てきてくださいね、最近休みすぎですよ』

おれ「一応聞いておきますけど…家来ます?」

女『勘弁してください』

514 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/15(火) 23:44:15 ID:z6JA.x0s
これはまえすれの、みんなかわいいみんなおれのものにいたりつつあるかていなのか乙。

もういっそのこといろいろかたすとろふしてかおてぃっくなぱらだいすにしてしまうがいいよ乙。

おんなさんのもものてんねんすい(いみぶか)でかんぱーい乙。

515 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/15(火) 23:57:11 ID:mnuYkXYk
おれ「そうかー…残念だなー…じゃあ、また」ガチャ

女『はい……また』ガチャ

おれ「はぁ……疲れる…」

魔王「…うれしい」

おれ「…ん?」

魔王「二人とも大切に愛したいって……その…」///

触手ちゃん「なんか…改めて言われると…なんか……照れる…」///

おれ「二人とも顔真っ赤だよ」

触手ちゃん「……うるさい」//

516 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/16(水) 02:29:01 ID:6gdcCEXM
おれ「で…まおちゃん、医者行ってくるんでしょ?行ってきなよ」

魔王「俺くんはこないの…?」

おれ「触手ちゃんのときは行ってないよ」

魔王「えー…」

おれ「ま、今は女の子だから待合室で待ってても別にいいけど…」

魔王「やったー!そもそも場所わかんなかったしちょうどよかった」

おれ「そういうの最初に言って」

517 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/16(水) 20:35:26 ID:yBrt2ywk
でもさ 会社行っても女体化しましたって言って通じるのって女だけだよね 稼ぎどうするの?

518 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/16(水) 21:05:10 ID:uuV9pJbQ
あらゆるものがユルユルガバガバなこの世界では女体化は髪型変えた程度のことでしかないのだ
きっと

519 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/17(木) 08:58:19 ID:3kCdwMP.
魔王「じゃ、行ってくるね」

おれ「いくらひとりで寂しいからってオナニーとかしたりしないでよ」

触手ちゃん「す、するわけないじゃん!へんたい!」

おれ「冗談だって、あと嫉妬は絶対禁止ね」

触手ちゃん「それもしないー!二人でお出かけずるいとか言わないから!」

魔王「言ったね」

おれ「独占欲強いなあ」

520 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/17(木) 10:18:35 ID:Es.6SWjY
かわいい乙。

521 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/18(金) 01:24:20 ID:DCTP8SgI
~

魔王「触手ちゃん、なんか寂しそうにしてたね」

おれ「誰のせいよ」

魔王「俺くんにマーキングされちゃったんだもん、私だけのせいじゃないよ?」

おれ「でもそれはー……っ?!」ちゅっ

魔王「…うふふ、かわいいなーもう」

おれ「悪魔だ、触手ちゃんなんかよりよっぽど淫魔だ」

魔王「ひどいこと言わないでよー」

おれ「マジで寝取りに来てる、チンポケース肉便器奴隷のくせに」

魔王「?!!?!?」

522 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/18(金) 03:24:28 ID:DCTP8SgI
魔王「な……なんて事言うの??!しかも外で!??!!」

おれ「昨日のぼせてたとき自分で言ってたんだよ?大丈夫、時間ならいっぱいあるから…すこーしずつ調教してあげる」

魔王「そ……そんなこと言ってたんだ………」

おれ「子宮濃厚白濁チンポザーメンでたぷたぷにされて妊娠確定アクメ決めちゃうって言ってた」

魔王「やだぁ…お嫁いけない…」

おれ「もう来てるだろ」

523 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/18(金) 06:26:38 ID:KSPNbx6M
いちごんいっくまちがいなくくちばしってたねまおちゃんかわいい乙。

ふたつのかわいやらしいちっぱいにあいされるおれくんははぜろ(直球)乙。

でもかわいいみんなかわいい乙。

524 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/19(土) 14:55:12 ID:6XJ2yFLw
~

おれ「へー、待合室ってけっこうおしゃれな感じなんだ」

魔王「私はもうちょっと落ち着くのがいいなー」

おれ「あんなへんな城に住んでてよく言うよ」

魔王「あれは私が作ったわけじゃないから別にいいの!」

おれ「……なんかいちゃいちゃするこの感じ、触手ちゃんと変わんないなあ」

魔王「えへへ」

おれ「同じような女の子二人もいらなくない……?」

魔王「そ、そんなこと言わないでよぉ!!」

おれ「冗談冗談…そんなことないよ、魔王ちゃんにしかないかわいいところいっぱいあるから…ね?」なでなで

魔王「いじわる……ばかぁ…」

525 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/20(日) 00:07:23 ID:l0yV9U2w
いちゃいちゃするふたつのかわいいいきものかわいい乙。

おっぱいがたわわなかわいいいきものがここにくわわればさらにひーとあっぷせんとすわがこころ乙。

いとしいまほちゃんがよなよなぼくのまくらもとてゆーかつーかふとんのなかにいかしょうりゃく乙。

526 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/21(月) 01:03:18 ID:.VL5.//U
~

触手ちゃん「で?散々いちゃいちゃしながら帰ってきたの?」

おれ「うん」

魔王「えへへ」

触手ちゃん「結果はどうだったの?」

魔王「疑う余地なし、できてまーす」さすさす

触手ちゃん「うーん…みんなに説明しなきゃなあ…」

おれ「それよりはやく男に戻りたい、色々と事情が変わってきたから」

触手ちゃん「それって……えっちしたいってことだよね」

おれ「触手ちゃんとは昨日してないしね……っ……ちゅっ…くちゅ…」

触手ちゃん「ちょっ……い、いきなり……んふっ…ちゅ…」

魔王「なんか取り残された感」

527 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/22(火) 02:41:25 ID:4TbzxSUk
おれ「じゃあまおちゃん、触手ちゃんの耳舐めてあげて」

魔王「み、みみ…?こう…?ぺろ…くちゅ………れろ…」

触手ちゃん「んはぁ……へん…へんなかんじぃ………♥」

おれ「耳、よわいんでしょ」

触手ちゃん「な、なんでしってるの……んっ……ぁ…♥」

おれ「嫁のことぐらいなんでも知ってる」

触手ちゃん「……へ……へんたい…っ…♥」

528 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/22(火) 02:55:10 ID:4TbzxSUk
おれ「ふふっ、いい感じに濡れてきてる」くちゅ

触手ちゃん「あっ♥だめ…」

おれ「ほら、触手ちゃんも……っ♥はぁ…っ…♥」くちゅ

触手ちゃん「やば……♥…ちからはいんない…♥♥ああっ…♥」くちゅくちゅ

おれ「あっ!…♥♥ゆびぃ♥♥きもちいいよぉ♥♥♥♥」くちゅっ

529 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/22(火) 02:56:14 ID:4TbzxSUk
触手ちゃん「おれくん……♥♥きもちいい♥♥♥んはっ…♥♥んっ♥」くちゅくちゅ

おれ「やばっ…♥もういっちゃいそう♥♥♥おまんこくちゅくちゅされてっ♥♥♥♥♥ああっ♥♥♥あっ♥♥♥♥♥」

魔王「サキュばっかりずるい……おれくん…んっ…ちゅっ…ぷちゅ……」

おれ「んむっ…♥♥まおちゃ……♥♥♥やばい♥♥くる♥♥♥ああっ♥♥んあぁあん♥♥♥♥♥」ビクビク

触手ちゃん「わたしもっ♥♥♥いくっ♥♥♥おれくんとれずえっちでいっちゃう♥♥♥♥あっ♥♥ああああっ♥♥♥♥♥」ビクビク

魔王「すごい…昨日より気持ち良さそう…♥」

530 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/22(火) 02:58:17 ID:4TbzxSUk
触手ちゃん「はあっ…♥はあっ………すごっ……♥」

おれ「マジイキきもちよすぎ…♥♥」

魔王「もっときもちいいもの…あるけど?」ニコッ

おれ「なに…?」

魔王「サキュ、俺くん押さえといて」

触手ちゃん「……?うん…」がしっ

おれ「ちょっ…なに…ぃ……」

531 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/23(水) 00:16:46 ID:nHZOV5zE
魔王「これ、覚えてるよね?」ブィ-ン

触手ちゃん「あっ、それは…」

おれ「むり!ぜっっったいに無理だからぁ!!」

魔王「穴がちっちゃいほうが気持ちいいんだよー…ぐふふ…」

おれ「触手ちゃん!!はなして!!!」

触手ちゃん「いやー…逃げられたら私が魔王ちゃんの餌食になっちゃうからさ…身代わりってことで」

おれ「このうらぎりものー!!」

532 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/23(水) 00:46:11 ID:nHZOV5zE
魔王「まさかちゃんと俺くんに復讐できるなんてねー、あの後痛くて大変だったんだから」

おれ「もう痛いのはいいからぁ……」

魔王「あの時言い出したのは俺くんだから、ね?」ニッコリ

魔王「そんな俺くんにも、同じ事してあげなきゃーって」

触手ちゃん「案外気持ちいいかもよ?魔王ちゃんの時はキツキツすぎてヤバかったけど」

おれ「男に1回も抱かれたことないまんことヤリマンコを比べないで」

魔王「私はヤリマンじゃない!!」

533 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/25(金) 00:11:29 ID:e8ffQvqE
魔王「もー怒った、ほんとに挿れてやる」

おれ「ほんと痛いのだけは…お願い…」

魔王「まだぐしょぐしょに濡れてる分ましじゃない?じゃっ、挿入ー♪」ずちゅちゅちゅ

おれ「ひぐっ!?ああっ!あああっ!なか…イったばかりなのに…!いた……えぐれっ……!!ああああっ!!」

魔王「あれー?やっぱ気持ちよくないのー?じゃあスイッチ入れてみよっ」ヴィィィィン

おれ「あっ…!あああっ♥♥♥おなかがぁっ♥♥♥♥♥ふるえっ♥♥♥♥♥また…♥♥またいっちゃうっ…♥♥♥♥んんんっ♥♥♥♥♥」ビクッビクッ

触手ちゃん「即堕ちしてる…」

534 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/25(金) 00:12:09 ID:e8ffQvqE
魔王「ぶっとい分おなかいっぱいになって気持ちいいでしょ?えへへ」ヴィィィィィ

おれ「とめ…あっあっ♥♥♥♥♥♥イってる♥♥♥♥♥♥もうイってるからぁ♥♥♥♥♥♥いくのとまんないぃぃ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」ビクビクビクビク

触手ちゃん「うわー、顔とろっとろだ…」

おれ「ああああっ♥♥♥♥♥♥♥あっあっあっあっ♥♥♥♥♥♥いくのっ♥♥♥♥♥♥いくっ♥♥♥♥♥♥♥あー♥♥♥♥♥♥ああああっ♥♥♥♥♥ああっあっあーっ♥♥♥あっああっ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」ぷしっぷしゅっぷしゅーっ

535 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/25(金) 11:36:46 ID:e8ffQvqE
魔王「潮吹いちゃったー、どう?はじめての潮吹きは?」ぬちゅうっ…

おれ「ああっ♥♥♥はあっ♥♥♥♥あっ♥♥ああっ♥♥♥」

触手ちゃん「聴こえてないみたいだよ」

魔王「ちょっといじわるしすぎちゃったかな?」

触手ちゃん「でもこの間の魔王ちゃんより感じてたよ、あんまり復讐にはなってないね」

魔王「復讐がどうであれ、俺くんのガチイキが見れただけで十分すぎるぐらいお腹いっぱいになっちゃった」

おれ「へ……♥へんたい……♥」

536 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/25(金) 14:47:35 ID:yxJGxsaw
なかいきのあとはくりいきとちちいきをくりかえしてめすいきののちめすになるんですねわかりますん乙。

じょしゅちゃんとならべてくっちゃくちゃにしたい乙。

おっぱいがものたりないのでついでにまほちゃんとおかあさんにもおちちにくをさしだしてもらいたいです乙。

537 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/27(日) 23:29:57 ID:WOa6kQKk
触手ちゃん「真っ昼間からこんなえっちなことばっかりしてるなんて、ダメな旦那さんですねー」

魔王「仕事サボって女の子とえっち三昧、社会人失格だね」

おれ「ああ……そのじんわりいじめられるのいい……」

触手ちゃん「そのうちほんとに怒るよ」

魔王「はやく元に戻ってもらわないといろいろと困るんだよね」

触手ちゃん「どうせエッチしかすることないんだから、ね?たーっぷり時間もあるし…」

おれ「ま、まだするの…?」

触手ちゃん「いっぱいえっちしなきゃ戻らないんでしょ?じゃあするしかないよねーっ」ばさあっ

おれ「ちょっ…うわあぁぁ……」

538 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/28(月) 21:48:46 ID:iGBcmOJM
~

おれ「も、もう無理です……イけません……許して……」

触手ちゃん「えーもう?……仕方ないなぁ、もうちょっとしたかったのに」

魔王「もう夜じゃん……俺くんはサキュみたいに性欲まみれじゃないんだから…」

触手ちゃん「失礼ね、何が性欲まみれだ」

おれ「もう…なにもでない………」

魔王「まだ女の子の身体慣れてないのにねー、サキュ酷いことするよねー」すりすり

おれ「まおちゃん……すべすべ…」

触手ちゃん「なにそれ、私が悪者みたいじゃん」

おれ「だって触手ちゃん……はげしすぎる……いつもはこんなのじゃないのにぃ……」

魔王「ほらー、やっぱサキュがっつきすぎだよー、俺くんが女の子になったからってやりたい放題じゃん」

触手ちゃん「……反論できない」

539 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/29(火) 23:45:40 ID:wi0qru8k
はやいとこおれちゃんに俺くんにもどってもらってよしよしぐちゃぬちゃめちゃっくすしてほしい触手ちゃんはかわいいとおもうの乙。

まおちゃんのすべすべにこころうばわれてうとりぎみなおれちゃんといれかわりたいまおちゃんかわいい乙。

でもまほちゃんふうふとおかあさんのおおきなおっぱいにもおめにかかりたい乙。

540 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/31(木) 00:10:53 ID:j2vgyCbk
おれ「まあ…触手ちゃんになら……いいけど……」ぐぅーっ

触手ちゃん「あ……もうこんな時間か…ご飯作んなきゃ」

魔王「あっ、私も手伝うー」

触手ちゃん「料理できるの?」

魔王「ちょっとだけどね」

魔王「私だって奥さんなんだから、料理の1つや2つぐらい作れないと」

おれ「(すっかりその気だなぁ…正式な奥さんにはなれないんだけど…)」

541 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/31(木) 00:13:29 ID:j2vgyCbk
~

触手ちゃん「ということで、今日はカレーです」

魔王「これなら私にでもできる」

触手ちゃん「魔王ちゃん結構センスあるよ、教えたら上手くなると思う」

魔王「へへーん」

触手ちゃん「まったく、どこかの誰かさんとは大違いだなぁ…」

~~

魔法使い「……っ!えほっ…えほっ……からっ!!なんでこんな辛いカレーにしたの!?」

助手「私のごはんがまずいって言うんですかー?ひどい嫁ですねー」

魔法使い「いや…っ…まずいわけじゃないけど……辛いよ……辛すぎ…」うえーん

助手「(そりゃあ辛口のルーにチリペッパーとか入れまくってるもん)」

助手「(こういう所でさりげなく仕返しするの楽しいなー)」

542 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/31(木) 00:29:25 ID:j2vgyCbk
~

おれ「身体、戻ったらとりあえず全員呼んで話しようか」もぐもぐ

触手ちゃん「そうだね、親とか色々みんな出てきて貰わなきゃ」もぐもぐ

魔王「(………うまい)」もぐもぐ

おれ「戻るかなー…」もぐもぐ

触手ちゃん「戻んなかったら…まあ……その時は…えへへ」もぐもぐ

魔王「(やばっ、うまっ、愛情ってやつ?俺くんへの愛情が溶け込んでる的なやつ??)」もぐもぐもぐもぐ

おれ「(よっぽどお腹すいてたのかな)」

触手ちゃん「(こどもみたいでかわいい)」

543 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/31(木) 01:34:09 ID:xyiQbmxY
ぷにすべすべのふわふわちっぱいとおっぱいがかれーをたべるゆうべはなんてしあわせなのでしょう乙。

もうみんなまとめてめでればいいじゃないかなおれくんははぜるべきかわいい乙。

544 ◆rFVEcgcMlk :2017/08/31(木) 03:48:00 ID:j2vgyCbk
魔王「おなかいっぱい…しあわせ……こんなにおなかいっぱい食べたの久しぶりだよぉ…」

おれ「普段何食べてるの?」

魔王「ラーメンとか魚焼いたりとかいろいろ作ったりして…でもそんな美味しいものばっか食べてないよ」

触手ちゃん「あ、普段から料理してるんだ」

魔王「最近始めたばっかだけど…割と楽しいしね」

触手ちゃん「ほんっと、誰かとは大違いだなあ…」

~~

魔法使い「からい……とにかくからいよ………」

助手「食べないなら私が食べるよ、でも当分カレーだけどね」もぐもぐ

魔法使い「うへぇぇ…」

助手「(まほちゃんにちょっといじわるするのほんとたのしい)」もぐもぐ

助手「(……てか、辛いかなぁ?明日はもうちょっと辛くしよ)」もぐもぐ

545 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/03(日) 07:50:28 ID:Mkqw9FdQ
おれ「あれ?でも魔王ぐらいならお城に誰かいないの?あんな趣味悪い…」

魔王「いまは特に誰もいないよ、てか趣味悪いっていうな」

触手ちゃん「あんな広いのに持て余してるんだ」

魔王「昔はいっぱいいたらしいけど…ま、平和だし」

魔王「さすがに広いから掃除はちょっとしてはもらってるよ、でもまあそんなに人いっぱいじゃなくていいしね」

おれ「趣味悪いから誰も寄り付かないんじゃない?」

魔王「ちょっと黙ってて」

546 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/04(月) 02:37:55 ID:eUog7p8Y
いらりまおちゃんかわいい乙。

ようしゃないおれくんのつきあげにあんあんいわされたあげくかれーのようにいただかれちゃうんだね乙。

まほちゃんそんなにかれーがからいなら みずからの ぼにうをいれてまろやかにすればいいのにそうするべきていうかして乙。
おちちぴるぴるでるところちょーみたい!乙。

547 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/04(月) 19:35:10 ID:GcjPZJWU
おれ「でも本当だし…」

触手ちゃん「異議なし」

魔王「二人ともまとめてソープにぶち込んでやりたい」

おれ「あ、俺はそろそろ戻るだろうから客ね」

触手ちゃん「じゃ、私受付で魔王ちゃんが嬢ね」

魔王「受付って」

548 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/04(月) 19:36:59 ID:GcjPZJWU
触手ちゃん「一番えっちなこと考えてるの魔王ちゃんだもんね、ぴったりだよ」

おれ「合法ロリとかマジしこい」

魔王「私はえっちじゃない!」

おれ「あれー?童貞卒業させたげるとか言ってヤリまくってたのってだれだっけ?」

魔王「ちがっ…それは」

おれ「ツイッター」

魔王「あはあ」

549 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/06(水) 07:38:16 ID:e4q3KOTc
触手ちゃん「ツイッターって?」

おれ「これ、ツイッターにバラまこっかなって」

触手ちゃん「うわー、ぷにすじかわいー、パンツかわいいの穿いてるよねほんとかわいー」

魔王「やめぇぇぇ」

触手ちゃん「あとでLINEで送ってよ!私もほしい」

魔王「ちょぉぉぉぉぉ」

550 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/06(水) 07:40:32 ID:e4q3KOTc
魔王「こーなったら俺くんにも同じ目にあわせてやるーっ」ぐいっ

おれ「うわっ」むにゅっ

魔王「うわあっ………おっぱいが……ああっ」どしーん

触手ちゃん「後ろから胸鷲掴みにしてなにがしたかったの」

魔王「持ち上げようと思って…」

触手ちゃん「背面駅弁でしょ?こうやるの」ぐいっ

おれ「ちょっ、うわああっ…」

551 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/06(水) 10:33:39 ID:HLyhuzec
もだえるまおちゃんのかわいさがかくじつにおれをころしにきてる乙。

かわいい乙。

552 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/07(木) 07:32:08 ID:21nJUwHU
触手ちゃん「ほら、簡単でしょ?」

おれ「触手ちゃん……腕の力……つよい…」

触手ちゃん「サキュバスって逃がさないように押さえつけて搾精すること多いからさー、そんなに力入れなくてもこんなのできるようになっちゃったって感じ?」

おれ「……とりあえずおろして」

触手ちゃん「はいよー」

おれ「まおちゃん、いま写真撮ればよかったのに」

魔王「あぁぁぁぁ…………もうねる…」

触手ちゃん「またすぐ怒るー」

魔王「怒ってないー!!」

553 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/07(木) 19:35:38 ID:21nJUwHU
魔王「あ、隣でえっちなことするの禁止ね!!」

触手ちゃん「してほしいの?」

魔王「ちがうー!」

おれ「もう今日はむり…触手ちゃんこわい……」

触手ちゃん「昼間ちょっとしただけなのに…」

おれ「全然ちょっとじゃない!5時間ぐらいやられっぱなしだったっての」

触手ちゃん「戻っちゃう前にいっぱいしたかったから…」

おれ「やりすぎだって……トイレ行ってくる」

魔王「やっぱがっつきすぎは嫌われちゃうぞー、うふふ」

触手ちゃん「うぅ…サキュバスだから加減わからん……」

魔王「そういう時だけ言い訳みたいにサキュバス使うのやめなよ」

554 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/07(木) 23:07:36 ID:21nJUwHU
~

おれ「(今日あれだけエッチしたら明日には戻っちゃうかな)」

おれ「(正直未練しかないけど…オナニーしたい)」

おれ「(よく考えたらまだ女の子の身体でオナニーしたことない)」

おれ「(……それにしても……ほんとに俺かってぐらい綺麗でエッチな身体してるなぁ…)」

おれ「(うわ……もう濡れてきた…考えるだけで濡れるとか……)」

おれ「(おっぱいやわらかっ……きもちいぃ……)っ……んっ……」もみもみ

おれ「(こっちも……っ……やばっ…!きもちいいこれ………)ん……んっ!…あっ……ああ……♥」くちゅっ

おれ「(くちゅくちゅいってるの…っ…やばぁっ……ああっ…)んっ…ふぅっ…しょくしゅちゃ……ああっ……あっ……♥」

おれ「(こえでる……でちゃうぐらいきもちいよぉ………はあっ……ああっ…)んんっ!♥ああっ♥あっああっ♥んぅっ♥♥ぅうっ♥」

おれ「(あっ……いくっ……んっ…ああっ…♥)んぁっ…♥ああっ♥♥んっ♥♥んぅっっ♥♥♥♥♥」ビクッビクッ

555 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/07(木) 23:10:58 ID:21nJUwHU
おれ「はあ…はあ……」ガチャ

触手ちゃん「おれくーん?随分楽しそうだったじゃん」

おれ「なにが?」

触手ちゃん「なにがって……」

おれ「なにもエッチなことなんかしてないよ」

触手ちゃん「ふーん……じゃあお布団いこっか、まだオナニーできるぐらい余裕あるんだし…朝までたくさん可愛がってあげる」

おれ「あーきついごめんなさい」

556 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/09(土) 22:19:46 ID:zXruRxqY
触手ちゃん「冗談だって、でも録音はしたから」ピッ

<んんっ!♥ああっ♥あっああっ♥んぅっ♥♥ぅうっ♥

触手ちゃん「俺くんも私の、持ってるんでしょ?これでおあいこだね」

触手ちゃん「しかも私の名前呼びながらとか、ふふっ」

おれ「性格悪い、やっぱ悪魔だ」

触手ちゃん「人の事言えないでしょ」

557 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/09(土) 22:28:38 ID:zXruRxqY
~

魔王「おれくん……っ……おしり…………ひろがっ………」Zzz

おれ「どんな夢見てんだ」

触手ちゃん「…明日、戻ってるといいね」

おれ「散々いろんな事されたもんなあ…戻ったら覚えとけよ」

触手ちゃん「ひえぇ」

おれ「ツケはきっちり身体で払って貰わないと……ねぇ?」

触手ちゃん「戻るな、一生戻らなくていいから」

おれ「あー、そんなこと言っちゃうんだー」こちょこちょこちょ

触手ちゃん「やあっ!ちょっ、やめ、ひゃはははっ…!」

おれ「こちょこちょされるのも弱いんだーへー」こちょこちょ

触手ちゃん「や…だ…ははっ……ちょおおっ…そこだめ…にゃ…!」

魔王「(…………めがさめた、なんだこのバカ共は)」

558 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/09(土) 22:54:34 ID:WlpNv88o
そこにはばけつさんばいぶんのさとうをはきだすまおちゃんのすがたが!乙。

いったいどうなってしまうのか!もうぜんいんかわいいこあくまでいいじゃないかなかわいい乙。

559 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/10(日) 11:42:43 ID:3poM6dis
きんししたのにとなりでいちゃこらぶまっくすがてんかいされているめざめにまおちゃんはこんわくぎみ乙。

きょうだけうちにきてうにうによしよししてぉんぉんゆわせてあげたい乙。

しかるべきのちに ちっちゃやわらかでぬくい ょ ぅじょとふとんにくるまりだらだらとしたい乙。

560 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/12(火) 09:03:40 ID:2I09f.qs
~~

触手ちゃん「おれくーん!」ぎゅーっ

俺「ん?どうしたのいきなり」

触手ちゃん「おれくん……だいすき…っ」ぎゅうう

俺「ちょっ……きつっ……」

触手ちゃん「私だけの俺くん……俺くんは私だけのもの……」

触手ちゃん「えへへ……もう一生離さないんだから……」ぎちぎちぎち

俺「いたいいたいいたいいたい!!!!折れる…骨が…っ……」

触手ちゃん「うふふふふ……あはハははハハハははハ……」バキバキバキバキ

俺「あ……がぁ………っ…………」

561 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/13(水) 01:14:31 ID:uk2C3efY
~~

俺「!」

俺「(夢か…生きてる……よかった……)」

俺「(触手ちゃんがヤンデレ化したら……こわぁぁ……)」

触手ちゃん「………すぅ………」Zzz

俺「(ああ…抱きつかれてたからか………)」

俺「(それにしても………向かい合って密着とか………近い…めっちゃ近い………)」

触手ちゃん「…………ん………?」

触手ちゃん「あ……俺くん……戻ったんだ………」

俺「え?あーあー……ホントだ、なんでわかったの?」

触手ちゃん「……………勃ってる」

俺「あ…」

562 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 00:16:23 ID:2tn.8X0c
触手ちゃん「こんなに密着してたらすぐわかるよ……なに、抜いて欲しいの?」

俺「いや、そういうわけじゃないけど…」

触手ちゃん「………ま、いいよ…そういう性処理には慣れてるから……」

触手ちゃん「魔王ちゃんに見られたらまためんどくさいでしょ?ほら、早く」

俺「ま、まあ……」

563 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 00:24:07 ID:2tn.8X0c
触手ちゃん「はあ…すぐ勃起しすぎ……童貞かよ……」しこしこ

俺「だって可愛いから…」

触手ちゃん「そういうのいいから、早く出せ変態、ロリコン、こうやって小さい女の子にエッチなことさせて興奮してるんでしょ?」しこしこ

触手ちゃん「わー、罵られておちんちんぴくぴくさせちゃってるー、ロリコンでドMとか人間として終わってるね」しこしこ

俺「触手ちゃ……どういう……」

触手ちゃん「黙れロリコン、君はただ一方的におちんちんしこしこされて情けなく無駄打ち精子垂れ流してればいいの」しこしこしこ

564 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 00:27:33 ID:2tn.8X0c
俺「何がっ……あっ……やば…」

触手ちゃん「えっ、もう出ちゃう?ロリっ子に虐められて罵られてるのに興奮して射精しちゃうんだ?人として恥ずかしいとか思わないの?」しこしこしこしこ

触手ちゃん「ほらほら、早く出しちゃえ出しちゃえ、ド変態ロリコンマゾちんぽから人間失格ザーメンどぴゅどぴゅしちゃえーっ」しこしこしこしこしこ

俺「あっ……で…出る…出ます……っ…」どぴゅーっ

触手ちゃん「あははっ、出てる出てる、こんなちっちゃい子にしこしこさせて射精しちゃうとか、変態どころか性犯罪者だね、きもちわるーい」ぺろっ

触手ちゃん「……はー、おいしー…久しぶりのせいえき……」ごくっ

565 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 00:32:33 ID:2tn.8X0c
触手ちゃん「けほん………どう?気持ちよかった?サキュバスのときのごはんみたいにしてみたんだけど……」

俺「たのむからこれ以上性癖を歪めないで」

触手ちゃん「元々歪んでるのに?」

俺「うるせーへそドリルするぞ」

触手ちゃん「ごめん、お願いだから私まで殺さないで」

566 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 00:33:32 ID:2tn.8X0c
魔王「んむ……ん………?」

魔王「精液のにおい……男の人のにおい………」

触手ちゃん「サキュバスかよ、私でもそこまで鼻よくないのに」

俺「嗅覚キモいわ」

魔王「はいはい……私は精液だいすき男だいすき変態ロリビッチですよー」

567 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/15(金) 07:48:07 ID:2tn.8X0c
魔王「てか、俺くん!戻ったんだ!よかったじゃん!!」

魔王「ねーねー、せっかく元に戻ったんだからさー、記念に1発……」

俺「もう抜いてもらった」

触手ちゃん「気持ちよさそうだったよー、ねー?」

俺「気持ちいいに決まってるじゃん……」

魔王「むむぅ……ずるい………私も俺くんのお嫁さんなのに……」

568 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/15(金) 08:49:18 ID:Xih3XDvI
ああ 触手ちゃんまじさきゅばす乙。

まおちゃんのおなかが俺くんをもとめてきゅんきゅんかわいそうかわいい乙。

569 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/16(土) 20:59:33 ID:FkFdczTk
~

俺「とりあえず、みんな呼んで話しようか」

触手ちゃん「みんなってどこまで?」

俺「とにかくみんな、関係ない人いないし」

魔王「オールキャスト総出演!みたいな?」

触手ちゃん「俺くんのお母さんとか家来たがってたし丁度いいじゃん」

俺「じゃ、みんなに電話しなきゃ」

570 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/16(土) 21:26:27 ID:/yE/.svo
きょうもこうしんまってた乙。

571 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 01:15:45 ID:BxrpLsyg
~

俺「あーもしもし、家来て」

女『いやです、てか戻ったんですね』

俺「家近いからさー、今日休みだしさー」

女『やだ』

俺「あー、来なかったらここにいる嫁二人がどうなっても知らないよ、女さんのせいで酷い目に合わされちゃうよ」

女『汚い手使いますね』

俺「来てくれるよね?」

女『悪人扱いされるのもやだし……はいはい、行けばいいんでしょ行けば』

俺「じゃあ5分以内に、来なければ…」ガチャ

女「え、あっ、ちょっ、何?!5分は無理でしょ!?」

572 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 02:07:35 ID:BxrpLsyg
~

俺「もしもし?」

母『あ、元に戻ったんだ、よかったじゃん』

俺「突然で悪いんだけどさー、家にきてほし…」

母『行く!今から速攻で準備する!!』ガチャ

触手ちゃん「声デカかったね」

俺「用事が何かも聞かなかったね」

573 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 02:13:06 ID:BxrpLsyg
~

触手ちゃん「あーもしもし?」

サキュ母「はいはい、珍しいね電話なんて」

触手ちゃん「突然ごめんね、俺くんの家で話したいことがあるんだけど……」

サキュ母「別にいいけど……場所わかんないよ」

触手ちゃん「お姉ちゃんに一緒に行くように頼んどくから」

サキュ母「お姉ちゃん?うん、わかった、それじゃまた後でね」ガチャ

サキュ母「(うふふ、またおしりぺんぺんできるかな)」

574 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 02:32:43 ID:BxrpLsyg
~

触手ちゃん「もしもーし」

魔法使い「はいはい、なに?」

触手ちゃん「今から家来て!お母さんも連れてきてね!!」

魔法使い「なんでテンション高いの」

触手ちゃん「あ、助手ちゃんも良ければ!!男の人2人はいるけど…」

魔法使い「………わかった、行くわ」

触手ちゃん「はいはい、よろしくねー」ガチャ

575 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 19:18:05 ID:W3s6WVP.
~

俺「あと…誰いたっけ」

触手ちゃん「神様とか……でもあんなの呼んでも私達とあんまり関係ないじゃん」

神様「あんなのとはなんだ」ス-ッ

俺「うわっ、出た」

神様「幽霊みたいに言わないで!」

魔王「もう来なくていいよー…」

天使「何寄り道してるんですか……って、あっ」

俺「…まあ二度あることは三度あるって言うし」

天使「なんか、運命的な何かを感じてしまいそうになりますね」

触手ちゃん「なんでおアツくなってんの」

576 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/17(日) 19:21:20 ID:BxrpLsyg
天使「私、俺さんの許嫁とかストーカーとかじゃないですよね?」

俺「そんなわけないでしょ」

天使「じゃあ、俺さんが天国に来た時には私とけっ…」

魔王「行かせねーよ」

触手ちゃん「無理矢理でも魔界に引きずり込む」

俺「ヤンデレかよ、てかこないだエッチしたいって言ったら腹パン食らったのに」

天使「そういうのは、やっぱり……手順を踏んでからでないと………」

俺「天使ちゃんの本心がわからない」

577 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/18(月) 02:02:21 ID:hPb6/gr.
天使「じ、冗談に決まってるじゃないですか、私達はみんなの神様なんですから」

天使「(危ない危ない……本音、出ちゃってた……)」

俺「みんなの肉便器?」

天使「………地獄に捨ててもいいですか?」

神様「自分で私怨はダメだって言ってたくせに!」

天使「というより、私たちあんまりいる必要ないのでは」

神様「まあ、さっきから見てたけど家族とかだけで話したほうがいいんじゃない?」

俺「のぞきだ!変態!」

触手ちゃん「さっきのあれも見られてたの…!?恥ずかしすぎて死にそう」

神様「お前らの情事なんか興味ないから!!」

578 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/19(火) 02:42:45 ID:4ZxziF7k
天使「……!それより!早く戻んないとまた他の神様に怒られる」

神様「はいはい、じゃあそういうことで」

天使「この人、一番偉いポジションなのに怒られてばっかり」

神様「余計なこと言わなくていいってばぁ!!」

俺「それじゃあまた、超美貌のアイドル系神さーん」

神様「いい加減それもやめて!!」

天使「それでは俺さん、また」ニコッ

シュ-ン…

俺「天使ちゃん……」

触手ちゃん「嫁の前でよくあんなに女の子といちゃいちゃできるわ」

魔王「性格疑う」

579 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 05:18:22 ID:hqdXAEc6
このよめたちにしてこのだんなありですねわかります乙。

あのふたりそのうちほんきでだてんしてきそうでこわいかわいい乙。

580 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/20(水) 01:53:35 ID:e2CbaLc2
俺「あ、そうだ、まおちゃんには今からお仕事をしてもらおうと思って」

魔王「なになにー?」

俺「もうちょっとで女さんが来るから…ごにょごにょ」

魔王「は…はあ!?」

俺「いいでしょー?魔王ちゃんも嫌いじゃないんだし」

魔王「なんでこんなことばっかり……へんたい………」

581 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/20(水) 23:52:53 ID:Z9CbC6zA
かわいいいきものたちがうぇるかむとぅようこそおれくんちでけだもの(せいてきな)はいてものけものはいないかわいい乙。

どったんばったんふとんのうえでおおさわぎうぅーがぉー!乙。

このふにふにとしたくうかんにだぷるんたゆんたゆんなおちちがくわわればさらなるしあわせやってくる乙。

582 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/23(土) 00:07:18 ID:2XrjCPQc
~

女「はあ……はあ………ギリギリ5分に間に合ったかな………ぜぇ…」ピンポ-ン

触手ちゃん「はーい、どちら様ですか」

女「はぁ……はぁ……女です、呼ばれたので……」

触手ちゃん「感じてるの?息めっちゃ荒いけど…」

女「……旦那が旦那なら、嫁も嫁ですね」

触手ちゃん「あ、鍵は開いてるので!」

女「じゃあ……失礼します」がちゃ

俺「あっ、女さん……こんにちは」ぱんぱん

魔王「あっ…♥ちょ……♥♥見られっ♥みられてるのにぃ…♥♥♥♥あああっ♥♥♥♥♥」ビクビクッ

女「」

583 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/23(土) 00:30:35 ID:2XrjCPQc
俺「ああ、お気になさらず……どうぞ上がってください」びゅーっ

魔王「ああっ♥♥なかで♥♥♥びゅーって♥♥♥せいしびゅーってなってる♥♥♥♥♥」

女「」

俺「やっぱゴムない方が気持ちいいなあ……」

魔王「まあ………ほんとはえっちも控えたほうがいいんだけど……」

女「……」スパァ-ン

俺「いてぇっ」

魔王「ぎゃっ」

女「……」ボコッボコッボコッ

俺「ああっやめていたいから」

魔王「やめてっ私までなぐらないでっ」

触手ちゃん「こわい……」

584 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/24(日) 17:53:45 ID:jdwZhllA
こわい こわい 乙。

こうしんないひはもっとこわい乙。

585 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/26(火) 01:09:19 ID:irliE.iQ
~

女「一体何がしたかったんですか」

俺「愛情の表現?」

女「もっといくらでも方法ありますよね?」

俺「ほら、来なかったら酷い目に合わせるよって言ったじゃないですか」

女「私が酷い目に合っただけなんだけど」

俺「女さんもど……」

女「セクハラで訴えましょうか??!?!!」

586 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/26(火) 01:34:01 ID:irliE.iQ
女「それで?!何の用事なんですか一体!」

俺「うーん、呼んでから気づいたけど……そこまで必要でもなかった」

触手ちゃん「ま、せっかく来てもらったんだしいてもらいなよ」

魔王「シャワーいってくる…いたい……」

俺「あっ俺も行きたい」

魔王「一緒に入ってもいいけど……お風呂ではナシだからね」

俺「はーい」

触手ちゃん「まあお気づかいなく……あ、お茶どうぞ」

女「あんなの見せられて気を使わないわけが無いんですが」

587 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/26(火) 01:53:23 ID:ySMxj9t2
女さん ゆーやっちゃいなよ乙。

もものてんねんすいっぽいおしるをまんまんからぶぢゅるぶぢゅふきだしてぱわーあっぷ乙。

おおきなおっぱいからぼにうがでるからだに ゆーなっちゃいなよされちゃいなよ乙。

588 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/26(火) 23:38:59 ID:n3PlIg5U
一々感想がキモい

589 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/27(水) 00:38:32 ID:bhVVrdHQ
ひらがなの時点でだいぶキモいのに中身でキモさに拍車がかかってる

590 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/27(水) 01:20:10 ID:Hh.EDCng
そんなことはみんな思ってるけど感想書いてない奴が指摘することじゃないよね

591 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/27(水) 14:57:35 ID:fjh8FHHU
こうしんがみっつもきてるやったーとおもったらなにかわるくゆわれてるきがする乙。

592 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/27(水) 22:51:57 ID:3KydaOQ6
俺は感想も楽しみにしているぞい

593 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/28(木) 00:14:53 ID:ip1M/OvQ
投下終わるって宣言無いから感想書き込むのは少し躊躇する

594 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/28(木) 00:47:05 ID:9uiyfsvY
~

魔王「うぅ……まだいたい……」さすさす

俺「女のくせに力加減わかんないのってどうなの」

魔王「俺くーん……あの人こわい…」

俺「普段はあんなのじゃないから…」なでなで

魔王「……むぅ………」

俺「(かわいー…体すべすべしてる……)」なでなでなで

魔王「ちょっ……どこ触ってんのっ………」

595 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/28(木) 01:33:56 ID:SBHzhey.
俺「やっぱちっちゃい女の子の裸ってすごくエロいと思う」

魔王「どうせまた勃起させてるんでしょ、見なくてもわかる」

俺「お願い、もう一回だけ」

魔王「……………もぉー……」

596 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/28(木) 16:34:10 ID:TuA7XfsE
かわいいょ う じょ であるところのまおちゃんをぐーでいく女さんまじきちく乙。

ひざにだっこしてちっぱいとまんまんをよしよししてしあわせにしてあげたい乙。

597 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/29(金) 07:21:33 ID:/JMz7xM6
バシャバシャ…

魔法使い「はぁ……久しぶ……あっ」

サキュ母「あっ」

俺「あっ」

魔王「あっ」

助手「きゃあああああああっ!」

598 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/29(金) 07:35:18 ID:/JMz7xM6
触手ちゃん「なにしてんの」ガラガラ

俺「タイミング悪すぎるだろ」

魔王「また見られた……」

魔法使い「(おちんちんおっきかった)」

サキュ母「どういうことなの」

助手「………こわい………おとこのひと………」ぶるぶる

魔法使い「こわかったねー、へんたいさんこわかったねー、よしよし」なでなで

俺「これが修羅場ってやつですね」

触手ちゃん「(えっちばっかり……)」

599 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/30(土) 01:16:33 ID:DKefV1kM
ピンポ-ン

母「やっほー!」

父「むりやり連れてこられた」

触手ちゃん「こんばんわ」

俺「わ」

魔王「えっ」

母「えっ」

600 ◆rFVEcgcMlk :2017/09/30(土) 01:23:57 ID:DKefV1kM
俺「修羅場どころではない」

母「ちゃんと説明して」

魔王「こどもができました」

サキュ母「ふぁっ」

母「へ?」

魔法使い「は?」

俺「知らない間に近親相姦で妊娠してました」

母「えっ」

魔王「あっ」

サキュ母「ちょっ…」

触手ちゃん「語彙力の低下が著しい」

601 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 09:17:44 ID:c8W1M4Xw
俺くんははにきぬきせぬものいいがかわいいいきものたちにばかうけのもてだんし乙。

ちまちましたかわいいいきものやたゆたゆたぷたぷなしこいいきものまでふにふにすべすべとおおあばれ!きたい乙。

602 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/02(月) 01:54:05 ID:uM9QWzco
~

魔王「ちょっと整理させて、私のお母さんと俺くんのお母さんは同じで、だから俺くんは私の弟ってこと??!」

俺「そうなるね」

魔王「なんで教えてくれなかったのー!?ばかぁぁぁぁぁ!!!」

母「ごめんね、まお…………」

魔王「ひどいよ……………お母さん……」

魔法使い「魔王さん久しぶりに見るわ」

サキュ母「わたしもー」

女「なにもりかいできないんですが」

603 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/02(月) 02:03:48 ID:uM9QWzco
魔王「なんで……なんで……わたし…いらない子なの……?」

母「そんなことないよ!!それだけは絶対にない!!!」

父「……これに関しては、完全に僕ら二人が悪いと思う」

母「私が悪いよ……子供置いてどこか行っちゃうなんて………ほんと最低な母親だよね…」

魔王「……」

母「こんなの……許されないよね………ごめん……まお……」ぎゅっ

魔王「お…お母さん………」

魔法使い「わー、感動する感じの場面展開だー」

俺「…」ぼこっ

魔法使い「ぎゃっ」

604 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/02(月) 02:04:36 ID:uM9QWzco
魔王「……いいもん、これからいくらでも会えるんでしょ?私たちの親なんだし、ね?」

俺「あぁ…まあ……」

母「それより、どうするのこの状況」

俺「いや……まとめて責任取るしかないなって」

父「一夫多妻かぁ……いいなぁ…」

母「おーい、ゆーしゃさまー?」にこにこ

父「あっ、冗談ですはい、魔王さまオンリーで愛してます」

605 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/02(月) 03:13:11 ID:uM9QWzco
俺「……」チラッ

魔王「なんで私見るの?!私そこまでヤンデレじゃないし!!」

俺「半NTRしてるくせに」

触手ちゃん「私たちがいちゃいちゃしてる所に土足で入り込んできたくせに」

母「ほんとは姉弟だって知ってたんじゃないのー?『おとうとの精子で孕まされちゃううぅ』みたいなさー」

サキュ母「半分略奪婚みたいなもんでは」

魔王「全方位から攻撃するのやめて!!」

606 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/02(月) 21:19:43 ID:uM9QWzco
魔法使い「で、どうするのこれから」

俺「触手ちゃんとは正式に結婚するよ、まおちゃんはまあ…届けは出せないけど一緒に住む感じで」

触手ちゃん「じゃああの城は?」

サキュ母「取り壊しちゃえば?趣味悪いし」

魔法使い「跡地にショッピングモールとか誘致しよ」

俺「正直デカいだけみたいなとこもあるし」

母・魔王「趣味悪いとか言うなあ!!」

607 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/02(月) 21:27:52 ID:jwN389ng
まってた乙。

これもう俺くんがあっちにいってみんなでかわいくしやわせになればいいじゃないかな乙。

608 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/04(水) 22:13:26 ID:d3LpuYS6
サキュ母「冗談だってば…なんなら誰か代わりに住んじゃったら?」

魔法使い「誰かって……もう選択肢私しかいないじゃん」

サキュ母「やっぱ嫌なの?」

魔法使い「いや…別に実験めちゃくちゃやりやすくなりそうだけどさ……」

魔王「よーし決まり!次代魔王は魔法使いちゃんね!」

母「さすがに魔王無しはつらいし…代々続いてる魔王の血は途絶えちゃうけど……」

魔法使い「いやいや、ちょっと待ってちょっと待って」

609 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/04(水) 22:13:57 ID:d3LpuYS6
魔王「私がいなくなっちゃう代わりにさー、お願い魔法使いちゃん」

母「私からもお願い!引き受けてくれたら俺くんとエッチしてもいいから!」

俺「は?!」

魔王「は!?」

触手ちゃん「はあ!???!?」

魔法使い「おれくん……それならいい…かも……」

触手ちゃん「死にたいの?死ぬ?地獄見たい?」

俺「やめて」

610 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 22:57:20 ID:fTDAzzAE
助手ちゃんがきもちよすぎていちにちなんどもしんていしするまいにちをおもいえがいてほとがあつくなるよ乙。

ついでにまほちゃんのおちちをおもうさまもみしだきながら俺くんがたねをつけてあげればぼにうもたくさんたくさんでるうえにちすじもたえないやったね乙。

つきはでているか乙。

611 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/05(木) 19:11:11 ID:Deum9crU
魔王「そもそも魔法使いちゃんには大事な結婚相手がいるでしょ!?」

俺「あっ!そうだ、助手ちゃんがいるじゃん!」

触手ちゃん「……あれ?いない」

魔王「……また吐いてるとかじゃないよね」

魔法使い「!」バタバタ…

612 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/05(木) 19:11:44 ID:Deum9crU
魔法使い「おーい、助手ちゃん!助手ちゃん!」ドンドン

助手「な……なに……?」ごろごろ

魔法使い「大丈夫!?大丈夫だよね?!」

助手「大丈夫……おなかいたいだけ………」ごろごろ

魔法使い「そう……それならいいんだけど……あ、無理して出てこなくていいからね!男の人苦手なんだし…」

助手「うん……」

助手「(さいあく……さっきのでびっくりしてちょっと出ちゃったじゃん………このパンツお気に入りだったのに……うぅ…)」

助手「(おしりひりひりする……調子乗って辛いの食べすぎたかな………)」ごろごろ

613 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/05(木) 21:11:38 ID:Deum9crU
俺「どう?」

魔法使い「下痢だってー」

助手『わざわざ言い換えなくていいから!』

俺「助手ちゃんかわいい」

助手「き、きもちわる……」

俺「かわいいって言っただけなのに…」

魔法使い「ま、早く出てきなよ」

助手「うん……」

614 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/06(金) 23:03:38 ID:Fb3lIs/g
触手ちゃんがしんせきのあつまりでおおいそがしのにいづまじょうたいなのをおもいえがいてくさがはえまする乙。

ちっぱいなのにせいさいのざをたしかなものにしてこれでかつるとごまんえつの触手ちゃんかわいい乙。

615 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 01:47:17 ID:dunwp3Bo
~

魔法使い「ちょっと安心した…」

魔王「で?考えてくれた?おれくんとー、せ、っ、く、す、する?」

魔法使い「しない!しないから!」

触手ちゃん「……血が流れなくて済みそう」

俺「怖ぇよ」

616 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 01:49:38 ID:dunwp3Bo
魔法使い「しないけど!別に……私はいいかなって」

魔王「うそ?!ほんと!?」

魔法使い「神様ともお知り合いだしね…それに、趣味悪くてもあの広さは魅力的だし、魔王なんかなりたくてなれるもんじゃないし…自分が必要とされてるならそれは……嬉しい…かな」

母「いいこと言ってくれるじゃーん」ぽんぽん

魔王「魔法使いちゃん…ありがとぉぉ……私なんかのために……」

魔法使い「大変そうだけど……まあ頑張るね」

魔王「よし、じゃあお礼に俺くんと……」

触手ちゃん「よーし、さっそく血祭りといこうか」シャキン

魔王「やめて!!目がマジだから!!ほんとごめん!!!もう言わないから!!!!」

617 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 01:50:30 ID:dunwp3Bo
母「で?俺くんの重婚発表と魔王継承以外に何か他にある?」

女「言ってることが異世界だ、足踏み入れちゃダメなやつだ」

触手ちゃん「さっきから女さん空気と化してるもんね」

俺「結婚式とか?」

触手ちゃん「するの?」

俺「え、しないの?」

魔王「せっかくだし、私はしたい」

俺「だから、いつにしようかなって」

触手ちゃん「子供産まれてからがいいなぁ…お腹おっきいときにやるのやだ……」

サキュ母「それもいいんじゃない?産んでからだと大変だと思うよ」

魔王「私もそのうちお腹大きくなるのかな」

俺「太るの?」

魔王「はあ??」

618 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 01:51:49 ID:dunwp3Bo
俺「冗談だってば、やっぱ今のうちかなあ…」

母「なんでもやっぱり早いほうがいいよ」

触手ちゃん「じゃあ……いろいろ決めなきゃだめじゃない?」

魔王「これから大変だねっ」

父「ついに結婚かぁ…なんかいいなぁ…」

母「ま、日にちが決まったら言ってね」

サキュ母「あ、私にも!」

魔法使い「わたし……にも?」

女「わたしは……いいです」

俺「いいの?!やったー!」

女「そうじゃなくて!!!」

俺「出てくれるんだー!ありがとー!」

女「……はぁ……」

619 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 01:53:58 ID:dunwp3Bo
助手「あぁ……おしりいた……」

俺「あっ、助手ちゃん!助手ちゃんも来てくれるよね?!」にぎっ

助手「きゃあっ?!!さ、さわらないでください!!」ペシッ

俺「あ……忘れてた、ごめん…」

助手「まほちゃん……こわいよ…」

魔法使い「こわかったよね、性欲丸出しだったもんね」

俺「ひどい言われよう」

助手「んぅ………ん……?…あれ、なんか……私……なにか忘れてることが……」

母「!」

620 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 18:46:29 ID:dunwp3Bo
魔法使い「忘れてること?なにかあるの?」

助手「なんか……男の人……の…記憶が……うぅ………ぁぁ……」

魔法使い「助手ちゃん!?大丈夫!?」

助手「あ…あぁあ……………男の人………あ………あああぁぁぁ……………!!!」

魔法使い「ちょっ……!!助手ちゃん!??!!」

助手「あぁぁぁ……やだ……やだやだやだやだ………思い出したくない……思い出したくないのに…………あああああぁぁっ!!!!!」

621 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 18:47:43 ID:dunwp3Bo
母「……」

魔王「やっぱ……あれだよね………」

母「助手ちゃん……ごめん………もっと完全に記憶を消しておけば……」

俺「いや……何も考えずに話しかけた俺が悪いよ……」

触手ちゃん「だ…大丈夫なの……?」

魔法使い「たぶん………ショックで気を失ってるだけだと思うけど……目が覚めた時にどうなっちゃうか……」

俺「ほんとに、ほんっとにごめん……」

魔法使い「いや……俺くんだけのせいじゃないよ………」

622 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/08(日) 19:24:46 ID:dunwp3Bo
母「どうして……なんで思い出したんだろう…」

サキュ母「そもそも、なんで記憶を思い出せないようにしたの?」

母「高校生にはあんまりにも酷な記憶だし……また心が不安定になりかねなかったから…」

俺「助手ちゃんに嫌な記憶が残ってるってのは聞いたけど……一体どんな記憶なの?」

魔法使い「それが私も知らないんだ…知ってるとしたら魔王ちゃんのお母さんだけど……」

母「………やっぱり、話さなきゃいけないか…」

魔法使い「…!やっぱり知ってるの!?」

母「うん…まだ助手ちゃんが魔界に来る前、まだ生きてた頃の記憶を……」

623 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 22:05:03 ID:sqF4J6eM
助手ちゃんこころがたいそうみだれているようすなのでまほちゃんがぼにうをあたえてあげればあんしんだとおもうの乙。

がんがれ助手ちゃん。まほちゃんほかのみなみなでじゅうぶんによしよししてあげて乙。

624 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:04:50 ID:ifSy1EOM
番外編13 Un ange

神様「ねえ、天使ちゃん」

天使「はい」

神様「何?さっきの『俺くんと結婚したいー』みたいなの」

天使「な、何かの聞き間違いじゃないですか?」

神様「天使が人間に恋しちゃダメって、知ってるよね?」

神様「ましてや、結婚なんて大問題」

天使「あの…アザゼルの話とかですよね」

神様「知ってるなら尚更、天使と人間は結ばれちゃいけないって分かってるんでしょ?」

天使「でも…でも…!」

625 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:05:23 ID:ifSy1EOM
神様「しかも俺くんにはもう二人もお嫁さんがいるんだよ?今でも十分おかしいのにこれ以上おかしくしないで」

天使「私…最初出会った時から、ほんとに、一目惚れしちゃって…それからずっと…俺さんに会うたびに、変な気持ちになるんです」

天使「何故だかわかんないけど…こう、胸が熱くなるっていうか…ほんと、私は俺さんを好きになっちゃったんです、その気持ちは変わりません」

神様「それで?天使ちゃんはどうしたいの?」

天使「私は……俺さんと…仲良く………いや、一生、俺さんと過ごしたい……」

天使「も、もちろん…お二人や俺さんがどう言うかは分からないですけど…」

626 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:05:56 ID:ifSy1EOM
神様「ふーん…天使としての自分より、女としての自分を取るんだ」

神様「それって、神様の私に背くことになるんだよ?」

天使「それは…わかってます」

神様「わかってるって……本気で言ってるの?」

天使「はい…私……このためなら、どんな罰も甘んじて受け入れます」

神様「どんな罰も……ねぇ」

627 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:06:28 ID:ifSy1EOM
神様「……天使ちゃんの気持ちは良くわかるよ、でも…」

天使「そんなこと、最初から全部分かってますよ!!」

神様「……天使…ちゃん?」

天使「天使が人間を好きになっちゃいけないとか!そんなの、そんなのわかってるよ!!」

天使「わかってる…けど……でも!なんて言われようと!私は!俺くんが好き!大好きなの!!」

天使「一目惚れだとか、天使だとか、そんなの関係なく好きなの!!どうしようもないぐらい好きになっちゃったの!!!」

628 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:07:04 ID:ifSy1EOM
神様「そうなんだ……へー…」

神様「……そんなに好きなら、人間にでもなれば?」

天使「……えっ?」

神様「堕天して人間になれば、俺くんとも結ばれるんじゃない?」

神様「そのかわり…天界からは永久追放、死んだら魔物になるか地獄行き」

神様「魂が消えるまで罰を受け続ける……それがあなたの望んでいる罰」

629 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/10(火) 03:08:00 ID:ifSy1EOM
神様「それでもまだ、私に背くつもり?」

天使「……」

神様「まあ…好きにしなよ、私はこれ以上口出ししたり引き止めたりはしないから」

神様「自分にとって何が一番大事なのか…よく考えてね」

天使「………」

天使「私は……私は………!」

番外編13おわり
次は助手ちゃんのかなりつらい過去のおはなし
最初のゆるゆるはどこへやら

630 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 22:12:42 ID:ToX4kBhA
らめぇーゆるふわなくなっちゃうのらめぇえ乙。

でもまってる乙。

631 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/15(日) 00:53:50 ID:/9RpeRbg
触手ちゃんもまほちゃんも助手ちゃんもきてくれなくてなける。

乙がいきばをなくしてぼくがとほうにくれるよふけ。

おーいっ はよこーい。

632 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:44:17 ID:SkVrnRcg
むかしむかし、あるところに女の子が住んでいました

女の子は、誰にも構われずに過ごしていました

女の子の両親は小さい頃に離婚して、お母さんと2人で暮らしていました

家にいては酒を飲み、知らないお父さんの悪口ばかりを聞かされ、家にいないと思ったらいつまでも帰ってきません

それどころか、機嫌が悪いとお母さんは女の子をよく叩きました
傷ができない程度に、痛いように叩きました

女の子は、そんなお母さんが大嫌いでした

633 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:44:50 ID:SkVrnRcg
それでも女の子は、とにかく勉強をしました
お母さんのような人にはなりたくなかったのです

そして、女の子は難関の公立高校に合格しました

お母さんとは目を合わせないようにしていました

だけど、女の子に一人暮らしができるほどのお金はありませんでした

学校生活はとても充実していました
家の環境を除いては

女の子は、家に帰るのがだんだん嫌になりました

634 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:45:26 ID:SkVrnRcg
帰りの電車、ホーム、駅からの帰り道
すべてが苦痛でした

電車に轢かれたら痛いのかな、みんなどんな顔するかな、お母さんはどんな気持ちになるかな。

女の子はそんな事ばかり考えるようになりました

家族と楽しそうにしている同じぐらいの学生を見る度、寂しい気持ちになりました

どこか、羨ましい気持ちがあったのかもしれません

635 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:46:02 ID:SkVrnRcg
この頃から、お母さんは知らない男の人とどこかでよく会うようになりました

女の子は、そんなお母さんを見て変な気持ちになりました

そして、お母さんは家にほとんど帰らなくなりました

たったふたりだった家族がバラバラになりました

今思うと、この時から女の子がおかしくなりはじめたのかもしれません

636 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:46:35 ID:SkVrnRcg
学校では笑顔をできるだけ作りました
できるだけ友達も作りました
でも、本当に作りたかったのは家族との思い出でした

帰り道は1駅手前で降りることにしていました

誰にも、自分の家を知られたくありませんでした

こんな家、なくなっちゃえばいいのに。

そう思いながら、お母さんがいないことを願いながらドアを開ける毎日でした

637 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:47:07 ID:SkVrnRcg
そんなある日、家に帰る途中のことでした

部活が長引き、辺りはすっかり暗くなっていました

いつも通り1駅前で電車を降り、家へ帰る途中に、突然後ろから誰かに口を塞がれたのです

女の子は必死で抵抗しました

しかし、女の子がいくら抵抗しても無駄でした

駅と駅の間で辺りも暗く、人通りもあまりありませんでした

そのまま女の子はすぐそばの公園のトイレに連れ去られてしまいました

638 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:47:40 ID:SkVrnRcg
女の子を連れ去ったのは、若い20代ぐらいの男でした

自分が何をされるか悟った女の子は、必死に抵抗しました
女の子は、抵抗することには慣れていました

それでも、女の力では到底男には敵いません

はあ。

もう……何しても助かりそうにないや。

女の子は、何もかも諦めることにしました
抵抗しても無駄だということにも慣れていたからです

639 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:48:11 ID:SkVrnRcg
男は女の子が抵抗しなくなると、自分のズボンを脱ぎ女の子のパンツを脱がし始めました

そして、自分のパンツを口の中にねじ込まれました

女の子は吐きそうになるぐらい気持ち悪くなりました

男は、自分のそれを女の子に押し当ててきました

ああ。

私、こんな所で知らない男の人にレイプされちゃうんだ。

彼氏もできたことないのに。好きな人ができたこともないのに。

必死で抵抗しようとしても、男にとってはただの興奮材料にしかなりませんでした

640 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:48:44 ID:SkVrnRcg
男は、女の子の中に無理やり挿入しようと力を入れて来ました

どれだけ抵抗しても、男には何の影響もありませんでした

そして、刺すような強い痛みが女の子を襲いました

女の子の純潔が奪われた瞬間でした

女の子は、泣き叫びました

でも、その声は誰にも届きませんでした

男がまるで何かに取り憑かれたかのように強く力を込めて腰を動かそうとする度に、女の子はうめき声を上げました

641 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:49:14 ID:SkVrnRcg
女の子は抵抗することも出来ず、ただ痛みに耐えながら男の気の済むまで使われ続けました

痛みと、嫌悪感だけしか感じられませんでした

そうしていると、突然下腹部に鈍い暖かさを感じました

すぐにその正体を察した女の子は、絶望と混乱で気を失ってしまいました

642 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:49:53 ID:SkVrnRcg
それからどれぐらいの時間が経ったかは分かりませんが、女の子はようやく目を覚ましました

男の姿はもう無く、残っていたのは鼻を突くような気持ち悪い臭いだけでした

下半身は薄白く汚れ、制服にも白い汚れがついていました

女の子は、何もかもがどうでもよくなったかのようにフラフラとその場を後にしました

早く家に帰りたい。

初めて、そんな事を思いました

643 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:50:26 ID:SkVrnRcg
朦朧としながら、夜中の暗い道をとぼとぼと帰りました

パンツがないせいか、とても寒く感じました

歩いていると、何かが垂れてくる感触がしました

女の子はそれが何かわかっていましたが、もうなんとも思いませんでした

644 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:50:59 ID:SkVrnRcg
警察に行ったらなんとかしてくれるかな。

…でも、何を?

警察は私をレイプした奴を捕まえるだけ。

私のこんな気持ちをどうにかしてくれるわけじゃない。

私はどうすればいいの?

ああ、このまま狂って壊れてしまいたい。

何もかも捨てて、諦めてしまいたい。

645 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:51:55 ID:SkVrnRcg
女の子がやっと家に帰ってくると、中から声がしました

家に誰かがいる。

それに気づくことすら、長い時間がかかりました

女の子は、恐る恐るリビングのドアを開けました

それは、お母さんと知らない男の人の声だと気づきました

それだけだったら別に問題はありませんでした

でも、その声は自分の部屋から聴こえてきていたのです

646 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:52:30 ID:SkVrnRcg
まさか。

女の子は瞬時に恐ろしい事を考えてしまいました

お母さんが帰ってこなくなってから、女の子は自分の部屋に誰も使っていなかったベッドを持ってきて寝ていました

それまではお母さんが布団を敷いていました

お母さんは、布団だけは綺麗にしていました

今思うと、布団を綺麗にし始めたのは知らない男の人と知り合ってからでした

647 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:53:04 ID:SkVrnRcg
それだけでも考えただけで気持ち悪いのに、もしかしたらそれ以上に気持ち悪いことが私の部屋で起こってるのかもしれない。

女の子は、自分の部屋を見たくはありませんでした

何かの間違いであってほしい。

声が聴こえたのは気のせい。家になんか誰もいない。

いつも、誰もいない。

私、やっぱりちょっとおかしくなっちゃったのかな。

あはは。

女の子は、自分に言い聞かせながら部屋のドアを開けました

中には、お母さんと知らない男の人がいました

裸で。私のベッドに。二人とも。

648 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:53:37 ID:SkVrnRcg
私がさっきされてたことを。

二人が。私のベッドで。

え?

信じられない。

ああ。

気持ち悪い。

やめて。

思い出したくない。

ああ。

自分の中で、何かが音を立てて壊れていく気がしました

女の子は、そのまま家を出ました

649 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:54:09 ID:SkVrnRcg
家を出てから、女の子は耐えきれず吐きました

まるで身体がからっぽになるぐらい、ずっと吐き続けました

つらい。

苦しい。

何もかも忘れたい。

夢であってほしい。

お願いだから、お願いだから夢であってほしい。

真っ白な制服が汚れていくにつれて、心もどんどん汚れていくようでした

女の子は、男の人が大嫌いになりました

650 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:54:42 ID:SkVrnRcg
女の子は、ふらふらと当ても無くずっと歩いていました

もうあんな家には帰りたくない。

家に帰っても、私の居場所なんかない。

本能的に、身体があの家に帰ることを拒否していました

世界から自分の居場所が奪われたようにも感じました

651 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:55:13 ID:SkVrnRcg
歩いていると、突然後ろから誰かに話しかけられました

女の子は反射的に恐怖を感じました

恐る恐る振り返ると、警官が女の子を不審そうに見ていました

女の子は、レイプされたことを話そうとしました

でも、警察に保護されたらお母さんが引き取りに来て、またあの家に戻らないといけない。

652 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:55:46 ID:SkVrnRcg
いやだ。

あの家には絶対帰りたくない。

わがままなのは分かってる。

家に帰らなくてどうするの?どこに住むの?

……………


でも………

なんか、疲れちゃった。

女の子はそう呟くと、警官から逃げるように走り出しました

警官は何か叫んでいましたが、女の子には聞こえませんでした

653 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:56:25 ID:SkVrnRcg
女の子はとにかく走りました

女の子には、行きたい場所がありました

駅の近くにある古いビルに、女の子は入っていきました

ちょっと古いせいか、屋上のカギが壊れていることを知っていたからです

654 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:56:59 ID:SkVrnRcg
屋上に出ると、冷たい風が体を通り過ぎました

女の子は、柵に手をかけました

下を見ると、5階立てのビルがとても高く感じました

もう、私の味方なんて、誰もいないんだ。

いいよね。もう、こんな思いしなくて。

こんな不幸な思いをするのは、私だけで十分だ。

655 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:57:42 ID:SkVrnRcg
あーあ。

もっと楽しい人生がよかった。

もっと家族と過ごしたかった。

もっと……

女の子は、思い返す度に涙が出ました

なぜだか、涙が止まりませんでした

悔いなんて無かったはずなのに。

死にたいって思ってたのに。

656 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:58:14 ID:SkVrnRcg
どれだけ泣いても、どれだけ悔いても、今更仕方のないことでした

まるで、気分は処刑を待つ死刑囚の様でした

女の子は、一度深く深呼吸をすると、柵を乗り越えました

あと少し。

あと少しで、楽になれる。

657 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 01:59:29 ID:SkVrnRcg
ビルの縁に立つと、女の子はそのまま体重を前にかけました

両足が離れ、女の子は宙に浮きました

女の子には、その瞬間がとても長く感じられました

658 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 02:00:46 ID:SkVrnRcg
ああ。落ちていく。

どこまでも落ちていく気がする。

さよなら。

私の世界。

そして






……………






ぐしゃっ。




地面に叩きつけられたのと同時に、意識が遠のいていきました

659 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 06:45:47 ID:NS/nUIdc
唐突なシリアスいらない

660 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 10:55:30 ID:R7Y./n1o
>>1がんばって乙。

でもつらすぎるときはそれなりでやっちゃって乙。

661 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:43:05 ID:SkVrnRcg
……

何も見えない。

何も聞こえない。

女の子は、暗闇をさ迷い歩いているような感覚でした

やがて、誰がが話しているような声が聞こえてきました

662 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:43:47 ID:SkVrnRcg
『ほーん、高校生で……ねえ……また厄介なのが来たなあ』

『でも、なんか相当な…を………みたいで……』

『どこに送ろうか……地…ってわけにもいかないし…』

『……じゃあ、うちは………』

『うちって……そっちは……が…』

『だからこそ……』

『……』

なんとなく、自分のことのように聞こえた気がしました

663 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:44:39 ID:SkVrnRcg
その後、突然目の前が明るくなりました

女の子は、そこにいた誰かに話しかけられました

『ふふふ……ずっと死にたいって思ってたんだよね?』

『でもね、あなたは天国にはいけないの』

女の子は、話を理解できないでいました

664 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:46:08 ID:SkVrnRcg
『もし、人生がやり直せたら、やり直してみたい?』

どういうことですか?

女の子が聞こうとする前に、その声は答えました

『あなたみたいな可哀想な女の子を、引き取ってくれるって神様がいるの』

『どう?異世界でもう一度、人生やり直してみない?』

665 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:48:23 ID:SkVrnRcg
異世界?人生をやり直す?なんて都合のいい話だろう。

ファンタジー小説でも今どきこんなベタな話なんかないのに。

女の子は、自分が死にきれなかったのかと思いました

そう思った瞬間、その人がまた話しかけてきました

『いいえ、あなたは確実に死んでしまったの……そこで、神様達が話し合って死後の世界を選んでいるの』

『私も神様の一人、一応神様の中では一番偉いってことになってるけどね』

『どう?要は天国も他の異世界も同じってこと、その異世界から、あなたを引き取りたいって言ってくれているの』

『あなたも誰かに必要とされている……それって、とっても素敵なことじゃない?』

女の子は、無意識のうちに頷いていました

666 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:48:57 ID:SkVrnRcg
『ふふふっ、それじゃあ決まりですね』

『あなたに、幸せがあらんことを』

その瞬間、まるで電気が消えたかのようにすっと目の前が暗くなりました

667 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:51:00 ID:SkVrnRcg
つぎに目を覚ましたのは、どこか広い部屋でした

そこには綺麗な女の人と小さい女の子がいました

女の子は、また何か話そうとする前に話しかけられました

?「こんにちは、いや、初めましてかな?」

??「私は魔王、って言っても信じられないだろうけどね」

?「私はいちおう次代魔王、お母さんには全然似てないけど…」

魔王「頭悪いもんねー、触手食べちゃったからこんなちっちゃく…」

魔王ちゃん「うるさい!」

668 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:52:00 ID:SkVrnRcg
魔王「さて、早速で悪いんだけど…あなたの体、色々いじっちゃった」

魔王「嫌なこと、いっぱいあったんだよね…出来るだけ思い出さないようにはしたんだけど……もしかしたら何かの拍子に思い出しちゃうかもしれない」

魔王ちゃん「大丈夫、私と同年代みたいだし何かあったら気軽に話せるでしょ?」

女の子「えぇ…まぁ……」

魔王ちゃん「うーん、硬いなあ」

魔王「まあまあ、いきなり色んなこと言われて混乱させちゃってるから…ごめんね」

女の子は、ただぼーっとして話を聞いていました

669 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:52:45 ID:SkVrnRcg
そんな時、ある1人の女の人が現れました

魔法使い「やっほー魔王ちゃーん、ってあれ?この子は?魔物じゃないみたいだけど……」

女の子「あ……はい……」

魔王ちゃん「可愛いでしょ、もともと人間なんだって」

魔法使い「へー!かわいいじゃん、ぷにぷにしてるー」ふにふに

女の子「ちょっ……やめてください……」

魔法使い「小動物みたいでかわいー…で、この子どうするの?」

魔王「引き取ったのはいいんだけど……あっ、ちょうどいいや!まほちゃん、この子の面倒見てあげてよ」

魔法使い「わ、私が……?」

670 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:54:20 ID:SkVrnRcg
魔王ちゃん「ちょうど助手欲しがってたじゃん、せっかくだから助手にしちゃえば?」

魔法使い「うーん……こういうのは本人に聞いてみないと………どう?」

女の子「わ、わたしは………その……あの……」

魔王「でもせっかく引き取ってもらえるんなら、ちゃんとお手伝いぐらいはしないとねー」

魔王ちゃん「はーい決まり!それじゃあ魔法使いちゃんあとはよろしくね!」

魔法使い「も、ものすごく適当なんだけどいいのこれで」

671 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:55:05 ID:SkVrnRcg
~

魔法使い「………」

女の子「………」

魔法使い「あ、あのさ、名前……聞いてもいい?」

女の子「………それが…わかんなくて……」

魔法使い「うーん……なんて呼べばいいかな…?」

女の子「………というより……実験ってなにするんですか…?」

魔法使い「うーん……えっちなこととか」

女の子「えっ」

672 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 20:55:41 ID:SkVrnRcg
魔法使い「大丈夫大丈夫!死にはしないから!」

女の子「で、でも…」

魔法使い「もー、信用してないなー?」ちゅっ

女の子「んっ?!」

魔法使い「んふふ……くちゅ……ちゅぷ…んんっ……♥」

女の子「んー!んう……ふ……むっ……」

魔法使い「っはぁ……ファーストキス、もらっちゃった」

女の子「な………なんで…」

魔法使い「……可愛いかったから」

女の子「……」

魔法使い「(あー…これでびっくりさせられたかな……?これぐらいしないと手懐けられなさそうだし……)」

女の子「(これが……キス………あまい…………)」

女の子「(わたし……なんだろ……このきもち………)」

673 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 21:10:15 ID:SkVrnRcg
魔法使い「……あっ!そうだ、名前名前!」

女の子「べつに……私はいいんですが…」

魔法使い「うーん……ま、いいか、助手ちゃんね!」

助手「えっ」

魔法使い「いいじゃん、なんでもいいっていうんだから」

助手「ちょっと安直では…」

魔法使い「でもなんだかんだで一番しっくりくるでしょ?」

助手「そう言われれば…そうですけど……」

魔法使い「じゃあ決まり!これからよろしくね、助手ちゃん!」

助手「は……はい…」

助手「(うーん……この人よくわからん……)」

助手「(けど……なんだか……気持ちがもやもやする……)」

674 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/18(水) 21:11:32 ID:SkVrnRcg
~

母「…と、聞いた話と助手ちゃんの記憶からまとめて話してみたけど…」

魔王「長いわ!!!」

俺「全然まとまってないし重いし重い」

母「もうちょっとHパート長いほうがよかったかな?」

触手ちゃん「思ってた以上に重い話だった」

女「(なんでわたし呼ばれたんだろ)」

魔法使い「そっか……助手ちゃん…」

675 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 22:30:39 ID:h.dKPjhQ
おかえりにちじょうまたきてまかい乙。

えっちぱーとはいくらながくてもかまいませんよ?そう あいさえあれば。乙。

676 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/20(金) 07:30:15 ID:n/idF93I
魔法使い「私…助手ちゃんのこと……ぜんぜん分かってなかった」

魔法使い「なのに…私…わがままで…自分のことしか考えてなくて……」

魔法使い「助手ちゃんのこと……ぜんぜん考えられてなかった……」

母「魔法使いちゃんは何も知らなかったんだし…悪いのは私たちだよ…」

触手ちゃん「そうだよ、お姉ちゃんはわるくないよ…」

サキュ母「なんで今日こんな定期的にお通夜ムードになるの?」

触手ちゃん「…」ぼこっ

サキュ母「いたぁっ」

677 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/21(土) 21:05:05 ID:NiYYIhfo
~

助手「……ん、んん…っ……」

助手「あれ…私……なにを……」

魔法使い「じょ…助手ちゃん……!!」ぎゅっっっ

助手「ちょっ…いきなりなんですか……っ…」

魔法使い「ごめんね……助手ちゃん……ほんと…いろいろ…申し訳ないよ……ごめん……うぅぅ……」

678 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/22(日) 00:53:32 ID:u5NAphao
母「わたしからも…」

魔王「ごめんね……ほんと…」

助手「…?あんまりよくわかってないけど……」

魔法使い「もう…大丈夫なの?」

助手「うん…いろんなことが一度に入ってきてびっくりしただけ…つらいのもあるけど……大丈夫だよ」

魔法使い「じょ……助手ちゃぁぁあん……」うわああん

助手「っていうか、こんなのずっと隠し続けてたお二人、ひどくないですか?」

魔王「えっ?」

母「えっ?」

679 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/23(月) 08:19:24 ID:SXYFQkU6
助手「まあ、逆になんで男の人を受け付けないのかやっとわかったんでそれはよかったんだけど…」

助手「記憶消されたってことまで思い出しちゃったし…頭混乱してる」

魔法使い「ひどいよね、やっぱひどいよね、人のこと考えてないよね」

母「本当に精神状態ヤバかったんだから!!今思い出したからよかったけどそのままにしてたら心壊れちゃうよ!!」

680 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 11:38:59 ID:Wg7zZ00o
おもいおもわれてかわいい助手ちゃんがぷにぷにすべすべくにくにくちゅくちゅまほちゃんとくんずほぐれつしてられるいまがたいせつ乙。

いっぱいかわいがって(意味深)あげて乙。

681 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/23(月) 14:40:59 ID:SXYFQkU6
助手「てか、私自分で死んでたんだ…てっきり男の人に殺されたりとかしたから怖いんだと思ってた」

魔法使い「あと、なんで私にいきなり告白してきたのかもなんとなくわかったようなわからないような……私あんなキスなんかしてたっけ……」

助手「酷いことされるのに慣れちゃってるから実験でもそこまで怖がらないのかなあ?」

俺「まあ、これでなんとか安心だねっ」ぽん

助手「きゃ、きゃああっ!!さわらないで…さわらないで……」ペシッ

魔法使い「デリカシーがない」

母「女心わかってない」

助手「わっ、ごめんなさい!つい反射的に手が…」

俺「……」

触手ちゃん「あっ、けっこうマジで落ち込んでるやつだ」

682 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/23(月) 14:55:46 ID:SXYFQkU6
俺「ま、まあこういうのは慣れって言うし…」なでなで

助手「うわっ……うわぁぁぁぁ…………」

魔法使い「俺くん!助手ちゃん嫌がってるじゃん!!」

母「やめたげなよ」

サキュ母「ひどいことしてあげないでよ」

魔王「ひどーい」

触手ちゃん「女の子が嫌がることするとかさいてー」

女「気持ち悪い」

父「さすがにそれは…うん……」

俺「まるで全方位からガトリング砲で撃たれているかのような」

683 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/23(月) 22:25:19 ID:SXYFQkU6
~

触手ちゃん「もうこれでおわり?色々多すぎて疲れた」

魔王「お母さん話長いんだもーん、もう夜じゃん」

母「まあでも、こんなことなかったらまおとも会えなかったんだよね……」

父「勝手な親でほんとすまない」

魔王「別にもう何とも思ってないよ、むしろ元気そうでよかったよ」

684 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/23(月) 22:43:13 ID:SXYFQkU6
魔法使い「てかいきなり魔王とか言われても…」

サキュ母「まほなら大丈夫だって!娘が魔王になるとか何だか夢みたい」

俺「いずれは助手ちゃんも嫁に…」

触手ちゃん「NTRとか魔法使いちゃんしんじゃう」

魔王「源氏物語みたいな事ばっか言ってないでちゃんと幸せにしてくださいよー?」

触手ちゃん「そーだそーだ」

俺「そんなのわかってるよー、今でも十分幸せでしょ?」なでなで

触手ちゃん「うー、まだたりないー…」

魔王「あー、癒されるー…」

女「あの」

俺「はい?」

685 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/24(火) 11:15:02 ID:qonxzy.o
女「私なんで呼ばれたんですか?」

俺「式の日程はまた今度送るから、よろしくね」

女「いや、それだけですか」

俺「呼んではみたものの、やっぱ居なくてもよかった感じで」

女「あんなもの見せておいてよく言いますね」

俺「あっ、悔しいの?自分にはそういう相手いないから?」

女「刃物あります?」

触手ちゃん「腹切るんなら家でやって、もうこの家で血とかゲロが流れるのいやだし」

女「まともな会話できる人この家にいないんですか」

686 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/24(火) 12:14:09 ID:qonxzy.o
魔法使い「あっ、女さんお久しぶりです」

女「今まで気づかなかったんですか」

魔法使い「そんなことないですよー、雰囲気的に話しかけにくかっただけです」

魔法使い「それより女さん、またおっぱいおっきくなってませんか?もうセックスアピールムンムンですよこれ、なんで彼氏できないんですかー?」むにむに

女「うるさ…っ…ちょっと……やめ…」

母「いいなー、私より大きいんじゃない?」

サキュ母「いやいや、魔王さんには適わないよー、でもうちのサキュもおっぱいおっきかったのにねー」

母「ねー、うちのまおだって、ねー」

触手ちゃん・魔王『うるさーい!』

687 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 13:24:52 ID:mqek2FXg
触手ちゃんもまおちゃんもろりばくにゅうになればみんなかいけつ乙。

女さんのおっぱいをおもうさまねじまわしたいいろがかわるくらいむぎゅむぎゅしたい乙。

688 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/26(木) 07:42:27 ID:7caOnC8I
俺「見た目が子供なら中身もって感じで」

父「いいなあ…ああいう子供がほしい」

俺「俺はいらないとでも」

父「いや、あの…ああいう娘ももう一人ぐらいほしかった」

母「あ、やっぱり子供ほしいんだー」

父「そりゃあ…できたら……」

母「また子作り、しない?」

父「今からまたもう一人育てるのは大変だろ」

689 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/26(木) 07:43:06 ID:7caOnC8I
母「まだ人間的には若いんだからさー、ねー?」

母「しかもこの前のえっち、だめって言ったのにさんざん膣内に出したくせに」

父「だいしゅきホールドしてきて中出しするなってのは無理があるだろ」

母「とにかく!今日もその…もうすぐ排卵日だから…」

父「なに?そろそろ帰ってエッチしたいってこと?」

俺「まあ、もう特に話すこともないしね」

魔法使い「じゃあ、魔界組はお先に失礼しますねー」

助手「ここ来るとろくなことがない…」

サキュ母「元気でねー」

触手ちゃん「みんなありがとねー」

690 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/26(木) 07:43:39 ID:7caOnC8I
母「じゃ、私たちも帰るね」

父「また魔王さんが来たくなったら来ますね」

母「無理矢理でも押しかけちゃおっかなー」

俺「警察」

母「冗談だから」

691 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/26(木) 20:21:16 ID:wJXTvZQY
ギャルコレ関西

最初の30分はまさかの無料お試し通話!

お電話下さい!

0756615985

692 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/26(木) 23:12:07 ID:7caOnC8I
母「じゃあまたね、また会いにくるから」

魔王「またねー、お母さん」

俺「ばいばーい、お母さん」

父「こうしてるとただの姉弟なんだけどなぁ…」

魔王「弟を逆レイプして孕んじゃうお姉ちゃんとかすっごくえっちじゃない?」

母「本当はふたりとも殴りたいぐらいなんだけど…こっちにも非があるし……」

父「ま、仲良くやってくれればそれが一番いいし」

触手ちゃん「でも!私が本当の奥さんだからね!!それは譲れないから!!」

魔王「私はお姉ちゃんだから!!必要以上に俺くんといちゃいちゃするの禁止!!」

触手ちゃん「なにそれ!それこそ姉なら家族なんだしもっといちゃいちゃするの禁止だからね!!」

魔王「なによーっ!」

触手ちゃん「そっちこそーっ!!」

俺「(かわいい、バックで2人とも犯してぇ)」

693 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/26(木) 23:29:13 ID:eR8cCZzs
やってしまえー乙。

やってしまえー乙。

かわいい乙。

694 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/28(土) 18:05:54 ID:MF4d2Mhw
~

俺「はぁ…休みの日なのに疲れた…」

触手ちゃん「いっぱい人来たしね、楽しかったけど」

魔王「お母さん変わってなかったなあ、やっぱ魔物って不老なのかな…?」

触手ちゃん「私は多分もう人間だからそのうち年取るのかなぁ…魔物の血が入ってたらちょっとは寿命も長くなるかな?」

俺「でも、不老ってことは成長しないってことだよね」

魔王「まあ、そうじゃない?」

俺「成長しないってことは、おっぱ」ボコボコボコ

触手ちゃん「人が気にしてることを言うなー!!」

魔王「おっぱいが正義なの!?おっぱいがあればいいの?!?!」

695 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/28(土) 19:34:54 ID:yljNdp9Y
ふにふにとすべすべにたふたふとたわわがあわさりさいつよにおもう乙。

おおきなおっぱいのちちゃいこになつかれておそわれたい乙。

ちさいおよめさんたちのそねみかわいいかわいい乙。

696 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/30(月) 01:35:30 ID:jQvpYUNk
俺「いたいいたいいたい……マジで殴らないでごめん謝るからほんと」

触手ちゃん「はあ……以後言動には充分気をつけること」

魔王「おっぱい欲しいなら魔法使いちゃんといちゃいちゃしなよ」

俺「やっぱNTRしかないと」

魔王「助手ちゃんショック死しちゃう」

触手ちゃん「俺くんに抱かれたら先にお姉ちゃんがショック死しそう」

俺「でもいつか魔法使いちゃんとは1回ヤリ直したい」

触手ちゃん「そのいつかは生きてる間にはやめてね」

魔王「なんならエッチして生きるのやめてもいいよ」

俺「言動がヤンデレのそれ以上」

697 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/30(月) 01:36:29 ID:jQvpYUNk
女「あの」

俺「なんでまだいるの」

触手ちゃん「えーなに?もしかして俺くんに抱かれたいアピール?」

魔王「何か刃物を…」

女「なんで私呼ばれたんですか?」

俺「流れ的に?」

女「その流れがわかんないんですよ」

触手ちゃん「もー、おっぱいあるのに判断力はないんだからー」つんつん

女「…俺さんの奥さんじゃなかったら多分殴ってますよ」

698 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/30(月) 01:45:01 ID:jQvpYUNk
魔王「そういや、俺くんはおっぱいを求めてるんだよね」

魔王「しかも、女さんは恋人を求めてるんだよね」

魔王「これって……」

女「ない!ぜっっっっっったいにないから!!!」

俺「えー、ないのー?」

触手ちゃん「どれだけ嫁を増やせば気が済むの」

699 ◆rFVEcgcMlk :2017/10/30(月) 01:45:43 ID:jQvpYUNk
俺「おっぱいは別腹ということで」

魔王「セフレ的な?」

俺「魔法使いちゃんもオフレだから、女さんもオフレ二人目って感じで」

触手ちゃん「あーなつかしー、久しぶりに聞いたそれ」

女「オフレ?」

俺「おっぱいフレンドの略」

魔王「あーあー、そういうことね」

俺「ほんと、胸だけでいいから、お願い!」

女「怒ってもいい?」

俺「先っちょだけ!先っちょだけだから!」

女「…」ドスッ

俺「がはっ」

700 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/01(水) 21:31:28 ID:m9PvU5Tk
俺「また…殴られた……」

女「女の子を殴るのは人としてどうかと思ったから」

魔王「さっき私殴ったじゃん!!私は女の子じゃないってこと?!」

女「うるさい、変態」

魔王「あっ、いいの?私のこと変態って認めちゃうんだ?じゃあ早速……」もみもみ

女「ひゃっ……や、やっ…だっ……あっ…♥」

701 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/01(水) 21:32:09 ID:m9PvU5Tk
魔王「ごめんね、私変態だから」もみもみ

女「だめ……っ……あっ…♥ああっ……♥♥」

魔王「ほーんと、おっぱいだけでそこまで気持ちよくなっちゃうとか、どっちが変態だかわかんないね」ふにゅふにゅ

女「あっ……♥♥やらっ…♥♥♥…っあ……♥♥♥♥」

魔王「ま、でも私はそこまでひどいことしたくないし…はい、おしまい」

女「えっ……ちょっと………」

触手ちゃん「あっ、やっぱイキそうになってたんだ」

俺「変態どころかもはや処女ビッチじゃん」

女「………せて……」

魔王「ん?どうしたの?」

女「いかせて……さいごまでして……おねがい…………」

魔王「………ふーん(ふふっ、堕ちた堕ちた)」ニヤッ

702 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/01(水) 21:32:45 ID:m9PvU5Tk
魔王「いいんだ、そんなこと言っちゃって」

女「ここまでしといて……それは……」

魔王「ほんとに、しちゃってもいいんだよね?」

魔王「どうなっても知らないよ?」

女「……」

魔王「じゃ、やっちゃうね」ギュゥッ

女「あっ♥♥あああああああっ♥♥♥♥♥♥♥」ビクッビクッ

魔王「あはっ、気持ちよさそー、ほらーまだまだー」ギュ-ッ

女「あああっ♥♥♥ああっ♥♥♥♥んああああっ♥♥♥♥♥あああああっ♥♥♥♥♥♥♥」ビクンビクンビクン

703 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/01(水) 21:40:59 ID:m9PvU5Tk
触手ちゃん「すっごい、おっぱいだけでイキまくってる」

魔王「気持ちいい?いいよねー?いーなーおっぱいがあって」

女「きもちいい…………っあ……♥♥」

俺「女さんエロいとかもはやそういう次元じゃない、ここでシコれるレベル」

女「う、うるさい………」

魔王「いいなー、おっぱいがあって」

触手ちゃん「ねー」

魔王「ねー」

俺「ちょっと貰えたりとかしないの?魔法とかでさ」

魔王「なんか負けた気がするからやだ」

触手ちゃん「そこは弁えてる」

704 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/02(木) 01:26:19 ID:ZFIuBg9c
おんなさんのおおきなおおきなおちちがぷにすべろりであるところのまおちゃんにすきなようにもみつぶしゃれてさまざまにかたちをかえるよふけ乙。

しょくしゅちゃんとまおちゃんのちっぱいもあることないことふきこまれてせいかつにこまるくらいどんどんふくらめばいいとおもいます乙。

705 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/04(土) 02:24:32 ID:.1C2eiZg
たまたま見つけてようやくい追いついたけどナニがとは言いませんが読むと疲れてなかなか読むの進まなかったですねえ
1の文章すこ

706 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/05(日) 19:52:28 ID:POVc3mwI
俺「で、どうすんのこれ」

女「あっ……………やば………………♥」

触手ちゃん「そりゃあ帰って貰わないと」

魔王「ちょっとやりすぎたかなぁ?」

俺「おっぱい丸出しでエロいからせっかくだし…」パシャ

女「ああああっ!!!!!」

707 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/05(日) 19:53:03 ID:POVc3mwI
女「なっ、なななななに撮ってるんですか!!!」

俺「元気になったみたいでなにより」

女「消して!!今すぐ消して!!!」

俺「えー?」ピッ

触手ちゃん「あっ、なんか来た」

女「おい!!!」

魔王「なにこれ、サキュ?」

俺「あっ間違えた」

魔王「うわっ、うわー、うわははは、ヤバい、エロすぎん?どうしたのこれ」

触手ちゃん「ちょっ、なにそれ、えっ」

708 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/05(日) 19:53:43 ID:POVc3mwI
俺「間違って触手ちゃんの隠し撮り動画送っちゃった」

触手ちゃん「なに隠し撮りしてんの」

俺「えへへ…」

触手ちゃん「あっ!もしかしてこないだトイレで……」

俺「えっこないだトイレでなんかしてたの?あとでカメラ確認しとこ」

触手ちゃん「ちょおおおお」

709 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/05(日) 19:56:02 ID:POVc3mwI
俺「そっちじゃなくてー、もっとえっちなやつ」

触手ちゃん「えー…もうわかんないよ……」

俺「ほらー、媚薬飲まされて完全に雌の顔してたやつ」

魔王「やばいよこれ、音消してるけど多分あーあーしか言ってない」

触手ちゃん「えっあれ撮ってたの」

俺「あれでたまにシコってる」

魔王「オカズにされてるよ、よかったねサキュ」

触手ちゃん「……」

俺「あっ、女さんでもたまに」

女「は?」

俺「そういやさっきトイレ行ってましたよね?」

女「殺してほしいんですか?」

710 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/05(日) 19:56:44 ID:POVc3mwI
俺「そもそもトイレにカメラがあることにはツッコまないんですね」

女「もうついていけない」

俺「助手ちゃんがゲロニーしてからなんかあった時用にって付けたの」

触手ちゃん「もうやだ」

魔王「変態どころかほぼ性犯罪者に近い」

俺「妻の健康状態ぐらい確認しとかないと」

魔王「やめて」

触手ちゃん「今度はスカトロプレイか何か?」

俺「全方位守備範囲なもんで、サキュバスならそういうのなんでも許容範囲内かなーって」

触手ちゃん「私でも無理なものは無理」

711 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/10(金) 00:36:55 ID:0vz801Ng
女「とにかく、1回警察に……」

俺「リベポルって知ってます?」

女「本当に犯罪ですよ」

俺「カメラは外すから、ね?」

触手ちゃん「こわいわー、おれくんせいはんざいしゃだわー」

魔王「ほんとー、じゅうこんにきんしんそうかんだけじゃあきたらずとうさつとうろくじぽいはん」

俺「そういや魔王ちゃんのも何か撮ってたようなー…」

魔王「あああああああ」

712 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/10(金) 00:55:58 ID:0vz801Ng
女「とにかく、今すぐ外してください!!でないと警察本当に呼びますよ!!」

俺「おかずが……」

魔王「おかずと命、どっちが大事?」ニコッ

俺「ひえっ」

触手ちゃん「じゃあ決まり、外しに行こっか」

俺「うぅ…」

713 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/10(金) 08:01:06 ID:0vz801Ng
魔王「女さんパンツ大丈夫……って、大丈夫じゃないか」ぴちゃっ

女「さ、さわんないでぇ…」

魔王「あれだけびくびくさせてイッちゃってたんだもん、エッチなお汁いっぱい出ちゃってるね」

女「それは………」

魔王「自分でするのより全然気持ち良かったでしょ?女さんがその気ならいつでもしてあげるから」

女「……」

魔王「あー、返事はー?」

女「……変態」

魔王「言ったなー、あんまりふざけたことばっかり言ってたらおっぱいもいじゃうからね」

女「常に武器を持ち歩くようにします」

714 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/12(日) 07:45:43 ID:ah8/4wHg
~

俺「ほら、カメラ」

触手ちゃん「ちっちゃいアクションカメラとか汚い、ほんと卑怯だわ」

俺「ちょっとの間だけだけどみんなのトイレ撮れたしよかった」

触手ちゃん「さいてー」

俺「そういう人間だって知ってるくせに」

触手ちゃん「ロリコン、ヤリチン、重婚男」

俺「もー、怒んないでよ…機嫌直して、ね?」ちゅっ

触手ちゃん「ちょっ……!?」

715 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/12(日) 07:46:24 ID:ah8/4wHg
触手ちゃん「な、なんですぐそういうことするの?!」

俺「いやー、狭いトイレに二人で密着して入ってたらさー…」

俺「しかも二人っきりなんて久しぶりじゃん、ね?1回だけでいいから」

触手ちゃん「……この、へんたい」

俺「その返事は、いいってことでいいよね?」

触手ちゃん「どうせやだって言っても無理やりするくせに」

俺「…バレてた」

触手ちゃん「さいてー」

716 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/12(日) 20:05:20 ID:IUIIhM0I
おれくんのおちんぽひとつでかわいいめすになるしょくしゅちゃんちょろきゃわ。

きゃわわ。

まおちゃんにおちちとまんまんをぐちゅぐぢゅとなぶりほぐされていくぅいいっちゃうーなおんなさんたいへんにえろす。
えろうす。

乙。あんど乙。

717 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/14(火) 00:02:38 ID:V142Ro1M
~

魔王「……………遅い!」

女「私、いつになったら帰れるんですか」

魔王「なんでカメラ取るだけでこんなに時間かかるの?」

女「あの、ちょっと」

魔王「ごめん、見てくる」

女「はあ」

718 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/14(火) 01:37:31 ID:V142Ro1M
~

魔王「おーい、サキュー、おれくーん」

触手ちゃん「な、なにぃっ……?」がたがた

魔王「ずっとトイレで何やってんの?」

触手ちゃん「ごめっ……もうちょっとでいく……っ……ぁ……いくから………っぅ…♥♥」ごとごと

魔王「…ふーん、早く出てきてよ」

触手ちゃん「わ……♥……わかっ……っ……あっ……♥…ちょっ………♥♥♥」がたっがたっ

魔王「(まーたえっちしてる)」

719 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/14(火) 02:19:50 ID:V142Ro1M
~

俺「ごめんごめん、カメラが奥で引っかかっちゃってて…」

触手ちゃん「……///」

魔王「……変態」

俺「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」ふにっ

魔王「に゛ゃあっ?!」ビクッ

俺「かわいい」

魔王「ばか!変態!」

俺「知ってるくせに」

女「��無秩序の極み��」

720 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/14(火) 02:21:05 ID:V142Ro1M
俺「なんで女さん帰らないんですか?」

女「帰らせてください」

魔王「帰りたかったんだ」

女「そりゃあもう」

触手ちゃん「帰ればよかったのに」

女「雰囲気的に帰れなかったじゃないですか!」

魔王「サキュと俺くんがパコパコしてる間に帰ればよかったのにね」

女「…」スパ-ン

俺「あ゛あ゛っ」

721 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/16(木) 01:47:29 ID:QJMJP7Jc
俺「パワハラだパワハラ、訴えてやる」

女「セクハラで訴えますよ」

俺「お、脅迫?」

女「そっちこそ」

触手ちゃん「そんなことばっかりしてるから帰れないんじゃないですか」

女「そっちが余計なこと言わなかったらいいのに!!」

722 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/16(木) 01:48:07 ID:QJMJP7Jc
女「……今度こそほんとに帰ります」

俺「暗いのでお気を付けて、なんなら…」

女「一人で帰れるのでいいです」

俺「いや、泊ま…」

女「帰るって言ってるじゃないですか」

723 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/16(木) 01:48:54 ID:QJMJP7Jc
女「すいませんほんと、何もしてないのにずっといて」

魔王「楽しかったしむしろよかった」

女「じゃあ、また」

触手ちゃん「懲りずにまたきてね」

女「もうやだ」

724 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/16(木) 02:23:26 ID:0Mj07aqE
おつ

725 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 03:07:43 ID:eT0WEwKk
触手ちゃん「はぁーーーっ、つかれたー」

魔王「長い1日だったねー」

俺「まだまだ夜はこれからなんだけどなー」

触手ちゃん「もうゴム何個あっても足んない」

魔王「妊婦さんに対する配慮も足りない」

俺「むぅ…」

726 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 03:08:24 ID:eT0WEwKk
触手ちゃん「さっきもしたじゃん…」

俺「こんなエッチな女の子に囲まれてるのにお預けとかつらすぎる」

魔王「ちょっとは我慢してよ、お願い」

俺「そっちこそもうちょっとエロく見えないように工夫して」

触手ちゃん「どのように」

俺「もはや喋ってるだけで勃起してるから」

触手ちゃん「童貞かよ」

魔王「童貞でも末期症状」

727 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 03:09:12 ID:eT0WEwKk
俺「もう同じ部屋にいるだけでも」

触手ちゃん「もういいって」

俺「同じ空気を共有してるって時点で常に繋がってると思うともう勃起止まんない」

俺「俺のちんこと二人のまんこは常にセックスしてるも同然」

魔王「過去トップクラスでヤバい」

触手ちゃん「もう手遅れな気も」

728 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/18(土) 03:50:40 ID:92mekoNE
とばしてんなーおれくん乙。

729 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 19:29:23 ID:eT0WEwKk
俺「みんなひどい」

触手ちゃん「ちょっと控えてよって言ってるだけじゃん…」

俺「うぅ…」

魔王「…ご飯にしない?お腹空いた」

俺「……女体m」

触手ちゃん「しない」

730 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/18(土) 20:07:30 ID:p6fWmKDQ
流石に俺くん妊婦に対して気遣いできなさすぎじゃない…
嫌われてもおかしくないレベル

731 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 23:53:03 ID:eT0WEwKk
~

俺「あぁ…嫁がいることの幸せさったらもうね、ごはんもいただけるし身体も…」

触手ちゃん「その結果がこれなんだけどね」ぽんぽん

魔王「近親者にまで手出すってもう変態とかそういうレベルじゃない」

俺「手出してきたのはそっちでは」

魔王「まだ知らなかったからノーカンなの」

俺「どっちかって言うと妹のほうがよかった」

魔王「なにその意味のわからない不満は」

732 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 23:53:45 ID:eT0WEwKk
俺「いや、経験豊富なお姉ちゃんに逆レイプされるのもいいけど妹とあまあまエッチしたかったっていう」

魔王「結局エッチなことしたいだけじゃん」

俺「あー、妹がほしい」

魔王「まるでねぇ、私は必要ないみたいなねぇ」

触手ちゃん「えへへー、やっぱりお兄ちゃんが好きなのは私しかいないんだよねっ?」

俺「ああー…妹プレイしたぁい…」

魔王「……」

733 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 23:54:26 ID:eT0WEwKk
触手ちゃん「ほらほらー、魔王ちゃんもー」

魔王「私はお姉ちゃんだから!」

俺「ツンデレ系?」

触手ちゃん「デレデレの間違いでは」

魔王「ツンデレじゃないし!」

俺「でも見た目的に妹だし、もう妹でいいよね」

触手ちゃん「私も別に妹でいいよね」

俺「まおー…かわいいー、めっちゃすきー」なでなで

魔王「………」くしゃくしゃ

734 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/18(土) 23:54:59 ID:eT0WEwKk
魔王「髪の毛ぼさぼさになった…」

俺「お兄ちゃんと一緒にお風呂入る?」

魔王「入らない!!」

俺「…嫌われちゃった」

触手ちゃん「まあ相当な無茶振りだし」

俺「ごめんね、お姉ちゃん」なでなで

魔王「これ以上くしゃくしゃにしないでぇ……」ぼさぼさ

735 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/19(日) 00:52:39 ID:fOmjs3H.
うをーかっとばせー!かっとばせおれくんー!!きみのむちゃぶりにかわいいかわいいふたりのいもうとがいいかんじに乙。

いもうとだけどにんげんじゃないからもんだいないよねっ乙。

736 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/21(火) 01:50:28 ID:wNV/6CHE
~

触手ちゃん「で、結局私たちだけで入るんだ」

魔王「またエッチなことするのに決まってるもん、お風呂ぐらいゆっくり入りたいよ」

触手ちゃん「でもー、エッチなことするのは俺くんだけに限らないんじゃない?」むにむに

魔王「ちょっ…サキュっ…」

触手ちゃん「お腹もふっくらしてきてるのかなぁ?私はちょっと出始めてきたけど…」ふにゅふにゅ

魔王「いろんなとこさわんないで…っ…」

触手ちゃん「なんか……ものすごくかわいい…っ……ちゅっ…じゅる…」

魔王「さ……サキュ…っ……んぅぅ………」

737 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/21(火) 01:51:08 ID:wNV/6CHE
触手ちゃん「んはぁ…ごめん……魔王ちゃん……なんかいきなり……」

魔王「どうしたの……?なんか変だよ…」

触手ちゃん「私…俺くんにどんどんえっちにされちゃってるなぁ……」

触手ちゃん「こう、性欲が自分でコントロール出来なくなっちゃってるみたいな…」

触手ちゃん「今の私、サキュバスだった頃よりもっとえっちになってるよ」

魔王「私もそのうちそんな感じになっちゃうのかな…」

触手ちゃん「えー?魔王ちゃんは今でも十分えっちだよー?」

魔王「どこが」

触手ちゃん「普通のお姉ちゃんなら弟とエッチなんかしないもんね?お、ね、え、ちゃん?」

魔王「そんな、知らなかったんだもん!」

738 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/21(火) 01:51:51 ID:wNV/6CHE
触手ちゃん「でもしたいんでしょ?弟と、いけない近親セックス」

魔王「……」

触手ちゃん「ほらー、やっぱりえっちだ」

魔王「んぅ………んむむむ……」

触手ちゃん「もっと素直になっちゃいなよ、ね?」

魔王「ん〜〜〜………」

739 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/24(金) 08:24:24 ID:GI14ZpAM
~

触手ちゃん「ふぅ…俺くんお先ー」

俺「はいはい、じゃあ俺も入ってくるわ」バタン

魔王「……」そーっ

触手ちゃん「なにしてんの」

魔王「ひゃあっ?!」

触手ちゃん「あれか、お風呂に侵入してエッチしようとしたでしょ」

魔王「……」

触手ちゃん「図星やね」

740 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/24(金) 08:25:04 ID:GI14ZpAM
魔王「だって…素直になれって」

触手ちゃん「すぐ行動に移せとかそういう意味じゃない」

魔王「じゃあどうしたら……」

触手ちゃん「すぐにそうやって魔王ちゃんからエッチしたいアピールするからダメなの」

触手ちゃん「もっとあっちからしたいって思うようなさりげないアピールしなきゃ」

魔王「俺くんってそういう回りくどいの好きなの?エッチしたいって言ったら普段はすぐ襲ってくるけど」

触手ちゃん「私が妊娠してから俺くんと前よりかはえっちしてないし……それでもまだちょっと多いけど……やっぱ俺くんも妊婦さんにはちょっと思うところあるんじゃない?」

魔王「先輩、参考になります」

触手ちゃん「それはどういう」

魔王「妊婦でも関係ないぐらいにエッチしたいエッチしたいって言えばいいんだね」

触手ちゃん「どうしてそうなった」

741 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/24(金) 08:27:38 ID:GI14ZpAM
魔王「今までは何ともないと思ってたんだけどなー、やっぱりでも姉弟って知っちゃったらちょっとためらうなー…」

触手ちゃん「まあいまさらではあるけど」

魔王「でもなー…私から言うのもなぁ……」

俺「ん?何が?」

魔王「わぁあぁ!?」

俺「ごめんごめん…タオル取りに来ただけなのに」

742 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/25(土) 00:50:17 ID:2zWZg4hE
俺「で?何か言いたいことでもあるの?」

魔王「いや、うん…」

触手ちゃん「魔王ちゃんがね、姉弟って知っちゃったからエッチしたいって言いにくいなって」

魔王「え、ちょっと」

俺「なんだー、そんなことか」がしっ

魔王「ええっ、ほんと、ちょっとまって」

俺「事実上は夫婦なんだからさー、エッチしたって別におかしくなんかないけど?」もみもみ

魔王「あっ……やだ…ちょっ………」

俺「うーん、まだ触手ちゃんみたいにおっぱい大きくなってないなー」ふにふに

魔王「へんたい……っ……はあっ……あっ……♥」

743 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/25(土) 00:57:53 ID:2zWZg4hE
俺「ちっぱいふにふにされるだけで大洪水だね、ほんとどっちが変態なんだか」くちゅくちゅ

魔王「やっ…♥……そ♥…そこ……っ……♥♥」

俺「触手ちゃん、もっと気持ちよくさせてあげて」

触手ちゃん「はいはーい、魔王ちゃん、ぎゅー」

魔王「ちょっ…♥……サキュまで……っ♥」

触手ちゃん「魔王ちゃんいいにおいしてる…発情したメスのにおい……」くちゅくちゅ

魔王「あはぁ…♥…らめぇ…♥♥これっ………♥♥」

744 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/28(火) 01:52:58 ID:dH2arOAA
触手ちゃん「ねぇねぇ、魔王ちゃん?このまま私にイかされちゃうか、弟のおちんちんでかき回されたいか、どっちがいい?」くちゅくちゅ

魔王「あっ…♥♥んうぅっ♥♥」

触手ちゃん「ほらほらー、魔王ちゃんどうなのー?」

魔王「…………おちんちん……ください……」

俺「もっと欲しそうにしてよ」

745 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/28(火) 01:53:46 ID:dH2arOAA
魔王「うぅ………俺くんの……弟の…おちんちん……私に……いれて…くださいぃ…………」

俺「いいの?近親相姦になっちゃうよ?」

魔王「もう……そんなの…いいからぁ………」

俺「じゃあいいや、挿れちゃいまーす」グチュゥ…

魔王「ああっはぁ♥♥♥おちんちん♥♥♥♥♥んぅうっ♥♥♥♥♥」ビクビクッ

746 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/28(火) 01:54:38 ID:dH2arOAA
俺「弟のちんこでよがり狂っちゃうとか本当に変態だね、おねーちゃん」ぐちゅっぐちゅっ

魔王「はぁっ♥はあっ♥いぃ♥♥♥♥きもちぃっ♥♥♥♥♥♥おれっ♥おれくんっ♥♥♥♥♥♥」ビクンビクン

触手ちゃん「弟おちんぽに完全敗北……情けないお姉ちゃんだねー」

俺「魔王ちゃんのロリまんこ……めっちゃきつい…………きもちよすぎ…」ずちゅずちゅ

魔王「やぁ♥♥♥いい♥♥♥♥きもちよすぎぃ♥♥♥♥♥♥いって♥♥♥♥いってるぅ♥♥♥♥♥♥♥」ビクンビクンビクン

俺「ああっ…やば……で……でる……っ……」びゅーっびゅーっ

魔王「ああっ♥♥♥すごっ♥♥♥♥いってる♥♥♥♥♥♥あっ♥♥♥♥♥んうぅう♥♥♥♥♥♥♥♥」ビクッビクッビクッ

747 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/29(水) 16:42:48 ID:KXIyYB2k
俺「ふぅ…今日3発目なのにめっちゃ出た…」ぬちゅう

触手ちゃん「すごい……ゴムいっぱいになってる……」

魔王「はあっ♥♥♥♥はあっ♥♥♥♥♥やばい♥♥♥やばい♥♥♥♥」

触手ちゃん「どうだった?魔王ちゃん?」

魔王「あの………♥♥おれくんのおちんちん……ぎゅううって…………♥いっぱい…♥♥」

俺「よっぽど気持ち良かったみたいで…」

魔王「あっ……ゴム……それ…ちょっと貸して……?」

俺「?別にいいけど……?」

748 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/29(水) 16:47:11 ID:KXIyYB2k
魔王「すごい……精子……いっぱい……」

魔王「うふ…いただきまーす……んっ……ちゅぅっ…」

触手ちゃん「うわっ」

魔王「じゅる……ちゅ………ごくんっ……はぁ…」

魔王「…濃くておいしい……」

魔王「えへ…俺くんに全身犯されちゃってるみたい………♥」

触手ちゃん「コンドームから飲ザー…」

俺「本当にさっきまでエッチ渋ってたとは思えない」

749 ◆rFVEcgcMlk :2017/11/29(水) 16:49:21 ID:KXIyYB2k
魔王「ねえ…もっかい……しよ?」

俺「ウッソだろおい」

触手ちゃん「理性って大事」

魔王「りせい?そんなのあるに決まってるじゃん…ね?」すりすり

触手ちゃん「ないね」

俺「うん、微塵もない」

750 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/30(木) 01:50:42 ID:yO6zbVNw
エロかわ

751 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/03(日) 00:16:20 ID:VNng796A
魔王「おねがい…………おれくん…」

俺「発情期かよ」

触手ちゃん「いい加減にしてっ」スパ-ン

魔王「ぎにゃっ?!」

俺「俺は魔王ちゃん専用のディルドじゃないからなっ」ぽこっ

魔王「ぐはあっ」

752 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/03(日) 00:17:04 ID:VNng796A
触手ちゃん「目、覚めた?」

魔王「もうバッチリ」

俺「これからはエッチは計画的に」

触手ちゃん「家族計画は無いに等しかったけどね」

魔王「このままだと毎年2人ずつ子ども増えちゃうよ」

俺「そんなに子作りエッチしたいんだ」

触手ちゃん「そ、そういうわけじゃ!」

魔王「そもそも、俺くんだって人のこと言えないじゃん」

俺「やむを得ないセックスは許されるの」

魔王「なにそれ意味わかんない」

753 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/03(日) 00:18:05 ID:VNng796A
俺「あれだから、性欲溜まりすぎたら死んじゃう系の人間だから俺は」

触手ちゃん「なにそのエロ小説にありがちな設定は」

俺「だから定期的にエッチする必要があるの」

魔王「もっと意味わからん」

俺「いいじゃん気持ちいいんだしさー」ぎゅーっ

魔王「またすぐイチャイチャして誤魔化そうとするー…」

触手ちゃん「いいじゃんいちゃいちゃー、もっといちゃいちゃしてもいいんだよー?」ぎゅーっ

魔王「うーん…」

754 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/04(月) 23:10:53 ID:LuhLOmDU
俺「何か不服でも?」

魔王「ううん…なんでもない……もうねる………」すたすた

触手ちゃん「あ、おやすみ」

俺「おやすみー」

触手ちゃん「…私たちも、そろそろ寝よっか」

俺「うん、お風呂入ってから寝る」

触手ちゃん「あっ、襲うのは禁止」

俺「先に言われてしまった」

755 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/05(火) 02:01:12 ID:iZV2nElk
番外編14 暴走のはて

触手「………ぐ……っっ………」

魔法使い「あっ、やっと目覚ました」

触手「………?ここは……」

助手「ここはね、私とまほちゃんの愛の巣だよ!」

魔法使い「ここは私の研究室…ってか城になったけど」

触手「ここ………魔王の………っ!お前!いったい何を…」

魔法使い「魔王ちゃんに譲り受けたの、あなたとは違って、平和的に」

魔法使い「あと私魔王になったので、言葉使いには気を付けてね」

触手「は、はあ??」

756 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/05(火) 02:02:15 ID:iZV2nElk
魔法使い「君が散々酷い目に合わせた俺くんと、魔王ちゃんが同棲することになったから、私が諸々を引き受けたってわけ」

助手「私もまほちゃんと結婚したし、近々ちゃんと発表するよ」

触手「ふざけんなよ!!いきなり現れたと思ったらまた閉じ込めやがって……」

魔法使い「ああん?ふざけてんのはそっちだろ!!貴様、人一人殺してんだぞ!本当ならぶち殺してぇぐらいだけど私の好意で生かせてやってんだ、もっと考えて物事言いやがれ!!!」ドンッ

触手「!」びくっ

助手「ひえっ!?……こわいよぉぉ………」うぇぇぇん

魔法使い「はっ……ご、ごめんごめん……怖かったねー、よしよし……」

触手「(怒らせたら確実に殺されるやつだ………ひぇぇぇ…………)」ブルブル

757 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/05(火) 02:03:02 ID:iZV2nElk
魔法使い「けほん……それで、そんな殺人鬼触手を更生させてあげよう!ってことで、私自らちょうきょ……あっ、指導してあげるっていう感じ」

触手「えっ、調教って、今調教って」

助手「そんなの言葉のあやだよ、いちいちそんなこと気にしないでいいからね?」

魔法使い「はぁ……俺くんは生き返ったからまだよかった物を…妹の旦那さんに酷いことしたんだから、その罪は重いよ?」

触手「それが……全然記憶がなくて………水槽に置いてかれた所までは覚えてるんだけど……」

魔法使い「ふーん…思い出せないなら仕方ないけど……思い出してもらうしかないかな」

助手「じゃあ、痛いのか気持ちいいのかどっちがいい?」

触手「そんなの…痛いのは嫌に決まってる」

魔法使い「じゃ、思い出すまでいっぱい可愛がってあげる」しこしこ

触手「ちょっ……やだっ…はなしてっ……」

758 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/05(火) 02:03:51 ID:iZV2nElk
魔法使い「触手ってこうやって扱かれると気持ちいいんでしょ?ふふっ、男の子みたい」しこしこ

助手「いっぱい擦られたらどうなっちゃうんだろうねー」しゅっしゅっ

触手「やあっ♥こんなのはじめてっ♥♥♥♥」ビクッ

魔法使い「ほんと男の子みたいでかわいいなぁ……これから調教しがいがあるってもんだよね」しこしこしこ

助手「わたしにも構ってくださいよー?」しこしこ

触手「はあっ♥♥♥はあっ♥♥♥なにっ♥♥♥しゃべっ♥♥てっ♥♥ああっ♥♥♥」ビクッビクッ

759 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/05(火) 02:05:39 ID:iZV2nElk
魔法使い「反応いいねー、すぐにでもイッちゃうかな?」しこしこしこしこ

触手「なんかっ♥♥♥♥なんかでる♥♥♥♥あっ♥♥♥♥あはあっ♥♥♥♥♥♥♥♥」ぴゅーっ

助手「うわあっ、先っぽからなんかぴゅって出たね」

魔法使い「どれどれ……ちゅぅ…………っ!♥…あっ、これ媚薬だっ…」

触手「はあっ♥♥♥……ゆ、ゆるして……♥♥♥むり…♥♥♥」

魔法使い「触手おちんちんシコシコされて媚薬出しちゃうだらしない子にはー、もっと仕付けが必要だねっ」

助手「ふふふっ、これからもたっっっぷり可愛がってあげるからねぇ…」

触手「(殺せ殺せって言う女騎士とかの気持ちって…こんなのだったんかなあ……)」

番外編14おわり
次回はあの人がいろんなことします

760 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/13(水) 16:47:25 ID:6WHqLbGs
さいきんこうしんなくてさびしさがうちょうてん乙。

おれくんのちんちんもちっちゃかわいいぷにすべくちゅぐちゅまんまんもいないこんなよのなかじゃ乙。

あっ まほちゃんのたゆたゆおちちもおおあばれきたいぼにうのみたい乙。

761 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/13(水) 20:09:28 ID:Ppx/mji6
更新来たかと思ったら気持ち悪いオールひらがなのageカス君だった時の絶望感

762 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/13(水) 23:42:23 ID:0U6cKeP6
~

魔王「Zzz…」くかー

触手ちゃん「Zzz…」ぐー

??「はぁっ……はあっ………」しゅっしゅっ

俺「……………?」

俺「(………誰かにちんこを扱かれている)」

俺「(まあ……別にいいんだけど……サキュとかまおに比べたらあんまり上手じゃない……)」

俺「(……ん?じゃあ誰が………)」ごそごそ

??「ん………?あっ、起きちゃった…」

俺「えっ…………君は……………?」

763 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/14(木) 11:54:52 ID:VDczJgc.
>>761
ごめんなさい。

こうしんきたこれまってた乙。

あたらしいきゃらがきた きぼうのあさだよるだけど乙。

764 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/14(木) 12:44:51 ID:ijJnH7Q.
天使ちゃんなんだよなぁ

765 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/16(土) 23:47:41 ID:Oji8jOxU
天使「えへへ…こんばんは、俺……さん」

俺「天使ちゃん?!いったい何を……」

天使「……奪いに、来たの」

俺「いや、いきなりそんなの言われても…」

天使「…このままじゃ、俺さんと永遠に結ばれない」

天使「なら、奪うしかない…って」

俺「だめ、だめだって…ほんと…たすけ……」

天使「騒ぐと…魂だけでも天界に連れていく」

俺「ひぇぇ…」

766 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/16(土) 23:48:15 ID:Oji8jOxU
天使「お願い俺さん……私のものになって」

俺「そんなの…出来るわけないだろ」

天使「やっぱり、そう言うと思った」

天使「なら、実力行使しかない…」

俺「実力行使って…」

天使「……天使って、純潔でないといけない…」

天使「だから、純潔じゃなくなると、羽根が取れて天使じゃなくなってしまう…」

天使「ほら…今も少し羽根が抜け出してる……」

俺「それは、つまり俺が処女を奪えば堕天して一緒になれる……ってこと?」

天使「うん…」

767 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/16(土) 23:50:24 ID:Oji8jOxU
俺「そもそも、どうして俺なの?」

天使「そ、それは…その……」

天使「初めて会った時から…一目惚れして、もう…俺さんのことしか考えられなかった」

天使「意味分からないこと言ってるっていうのは、わかってる…でも、私は、どうしても、俺さんと仲良くしたい」

天使「でも、でも!天使は恋をしちゃいけない……しかも、俺さんには奥さんがいる……」

天使「そしたら…私には、もうこれしかない……堕天するしか…もう私にはないの」

768 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:02:28 ID:rcvcN91Q
天使「お願い…だから……」

俺「…………やっぱり、そんな事はできないよ」

天使「…どうして?」

俺「こんなことしても、誰の得にもならない」

天使「そんなに……私じゃ…駄目なんですか?」ふにっ

俺「ちょっと……」

769 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:03:23 ID:rcvcN91Q
天使「俺さんがロリコンで貧乳好きな変態だってことぐらい、知ってます」パシャ

天使「ふふっ、もうこれで逃げられないですね」

天使「余計なことしたらこの写真ばら撒きますよ、お二人、どんな顔するかな」

俺「卑怯だ、卑怯」

天使「バラされたくなかったら、分かってますよね?」

俺「……」

770 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:04:13 ID:rcvcN91Q
天使「ほら、おちんちんもびんびんになってる」

天使「だめだだめだって言ってるのに、おちんちんは正直ですね」

俺「ちょっと、お願いだから1回落ち着いて…ね?」

天使「私は至って冷静ですよ、ただ俺さんと結ばれたいってだけですから」

天使「私みたいな女の子が、俺さんに処女を捧げたいって言ってるんですよ?なんで素直に受け入れてくれないんですか?」

俺「天使ちゃんは、それで幸せなの?」

俺「こんなことして、無理やり結ばれても、それでも幸せなの?」

天使「それは……」

771 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:05:41 ID:rcvcN91Q
俺「確かにね、天使ちゃんとなら無条件でヤれるよ?でもいくらなんでもデメリットが大きすぎる」

俺「神様は?触手ちゃんは?魔王ちゃんは?その他諸々、そこまで俺は犠牲にできない」

天使「でも……!私は………俺さんのことが………!!」

触手ちゃん「んー………うるさいなぁ……もぉ………」

俺「あっ」

天使「あっ」

触手ちゃん「………何してんの」

俺「夜這いをかけられている途中です」

触手ちゃん「とりあえず、二人ともそこ座ろっか、正座ね」

天使「……」

俺「…」

772 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:06:26 ID:rcvcN91Q
~

触手ちゃん「まさか本当に夜這いだったとは」

俺「最初から言ってんじゃん」

天使「……」

触手ちゃん「で?天使ちゃんはなんで喋らないし服も着ないのかな?」

天使「……俺さん……私、まだ諦めてませんから」

俺「?」

触手ちゃん「?」

天使「俺さん、私とセックスしてください」

触手ちゃん「まだ言うの?」

俺「もう勘弁してよ」

天使「ふふっ、やっぱりあれを使うしかないですね…」

773 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:07:16 ID:rcvcN91Q
天使「こんなこともあろうかと、キューピッドから矢を拝借してたんです」

俺「金の……矢?」

触手ちゃん「キューピッドというと……当たった人が恋するっていう…」

天使「ギリシャ神話って、知ってますか?」

天使「キューピッドが女の人を射ようとして、間違えて自分を傷つけてしまったんです」

天使「そうすると、キューピッドはその女の子に恋をしてしまいました」

天使「その後、様々な困難や試練を乗り越えて、最終的には二人は結ばれたんだそうです」

天使「素敵な話ですよね?まるでこれからの私たちみたい」

俺「ほんとに正気か?」

天使「ええ、もちろん」

774 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:11:13 ID:rcvcN91Q
天使「だから、これで自分を傷つければっ……ああっ!」ザシュ

俺「ちょ、天使ちゃん?!」

天使「足りない……俺くんへの愛はこんなのじゃ………っっっ!!!」ザシュッザシュッ

俺「やめろ!!」ガシッッ

天使「離してください!!止めないで………!お願いだから!!」

775 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 00:17:01 ID:rcvcN91Q
神様「いい加減にしなさい!!」バチバチバチィッ

天使「ああああっ!!!!」ドサッ

神様「はぁ……ごめんなさい、色々巻き込んでしまって」

触手ちゃん「また来た」

俺「あっ!超美貌のアイ…」

神様「なんか言いましたか?」バチバチ

俺「あっいえ何も」

776 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 22:28:37 ID:rcvcN91Q
神様「天使ちゃんがどうするかどうしても気になって見に来たんだけど……」

触手ちゃん「どうするかって?」

神様「これ話していいのかな…?あのね、天使ちゃんに俺くんが好きでどうしても結婚したいんだって物凄い剣幕で言われてね…」

触手ちゃん「なんと」

俺「はあ」

神様「で、私は天使ちゃんが堕天するって言うなら私は止めないよって言ったんだけど…まさかここまで暴走するなんて……」

俺「夜這いかけてきていきなり手コキしてきたからね、よっぽどの覚悟はあったんだと思うよ」

触手ちゃん「俺くんに対しての求愛ならえっちなことがやっぱり一番効果あるんじゃない?」

777 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 22:55:49 ID:rcvcN91Q
神様「手……てこ……………この変態、もっと厳しいお仕置きが必要かな…」

俺「あっ、手コキが何か知ってるんだ」

神様「そ、そ、そんなの、知って、あ、ああ、私はそこまで変態じゃないです!!!!」

触手ちゃん「むっつり系だったのか」

俺「知識めっちゃあるけど無知アピールってやつ?」

778 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 22:57:26 ID:rcvcN91Q
神様「う、うるさいうるさい!!とにかくごめんなさい俺さん、うちの天使がめちゃくちゃ迷惑かけて……」

俺「反省は言葉じゃなくて行動で表してほしい」

触手ちゃん「それ前も言ってた気がする」

俺「個人的ポリシーだから」

神様「じゃあ天使ちゃんにはちょっと反省してもらって、ちゃんとどうしたいか改めて訊いてみます」

神様「それでも気持ちがどうしても変わらないようなら、その時はもう、俺さんに天使ちゃんを託そうと思います」

俺「想定以上の答えが帰ってきた」

779 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 22:58:41 ID:rcvcN91Q
神様「何かご不満が?」

俺「俺はてっきり責任とって神様があんなこととかこんなことをしてくれると思ってたんだけど…」

神様「ほ…ほんとにそんなことしか考えてないんですか…?怒るの通り越してちょっと気持ち悪いです」

俺「あっ、今絶対なにかえっちなこと考えてたでしょ?何も言ってなかったのに」

神様「………!な、なんでもないです!!私はエッチじゃないです!!!」

触手ちゃん「図星なんだろうなぁー」

780 ◆rFVEcgcMlk :2017/12/17(日) 22:59:38 ID:rcvcN91Q
俺「でも、託すってのは……?」

神様「あくまでも預けるだけです、エッチなこととかは許しませんよ」

俺「えー?!なんでなんでー!?」

神様「……ほんとそんなことしか考えてないんですね」

俺「だって…天使ちゃんだってエッチなことしたがってたし……」

触手ちゃん「合意の上なら許されるんじゃない?」

俺「ほら、天使ってよく願いを叶えてくれるっていうじゃん」

神様「だ、だからって!そんなデリヘルみたいな不埒なことはだめです!!!」

俺「デリヘル」

触手ちゃん「デリヘル」

781 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/18(月) 00:20:26 ID:i8ksqv8A
ポンコツ神様でほんと草


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

俺の後輩がこんなに可愛いわけがない(1)特装版

黒猫たんが可愛くないはずないっ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa