したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ヒビキ「アニキ肌でチャンピオンを目指す」

1 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 21:42:33 ID:QFWIF.VA
ワカバタウン・裏路地
短パン小僧「た…助けて欲しいでやんすぅ…」ガクガクッ

チンピラ1「何だァ?ジョウトのガキは人にぶつかったら謝罪金も払わないんかよ?」

チンピラ2「俺等三代目カントー連合の新たな新天地の門出を穢してくれてよぉ?」

コラッタ「コラァッ!」ポンッ

チンピラ1「何だクソネズミがァッ!」ゲシッ

コラッタ「コラァッ!」ズサァッ!

短パン小僧「コラッタ!」

チンピラ2「何だジョウトはトレーナーだけだでなくポケモンもザコかぁ!」

短パン小僧「ゆ…許さんでやんす、このド外道ー!」ダッ

チンピラ1「舐めんなよ、クソガキ…!」ブンッ…

短パン小僧「くっ…!」

ガシッ

短パン小僧「………へっ?」

?「エエ根性しちょるのォ、坊主」

2 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 21:59:10 ID:QFWIF.VA
チンピラ1「な…誰だテメェは!」

?「誰だとはこっちのセリフじゃのぅ。カントーかホウエンか知らんが、おどれら誰のシマでデカいツラしちょるんじゃ?」クルクルッパシッ

短パン小僧「黄金の…十手…?」

チンピラ2「おーおー!マッ金金の十手なんぞ、ジョウトのガキは派手好きじゃのぅ!」

チンピラ1「良い機会だ!テメェもボコってその十手を貰うとするか!」ポーイッ

チンピラ2「おおっ!」ポーイッ

ズバット「ズバッ!」ポンッ

ドガース「ドガァ-」ポンッ

?「ホォー。ポケモン勝負か。いいのぅ、俺ァは拳もじゃが、コッチも十八番じゃ!カチコめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「メェー」ポンッ

短パン小僧「め…メリープ…?」

チンピラ1「………ぷっ。ギャハハハハッ!何だその如何にもザコそうなポケモンはよォ!」

チンピラ2「モコモコしててカワイイでちゅねー」

デンまる「メェ?」モコモコ

3 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 22:12:05 ID:QFWIF.VA
?「ファンシーな見た目に惑わされちょったら、痛い目みるぞ!デンまる、ほうでん!」

デンまる「メェェェェッッッ!!!」バチバチィィイッ!

ズバット「ズババババッ…!」ビリビリッ

ドガース「ドガガガ…!」ビリビリッ

チンピラ1「一発で二匹も…!」

チンピラ2「やべぇぞ…逃げ…!」ダッ

バキィッ!ボキィッ!

チンピラ1・2「「おぼぉっ…!」」ズサァッ!

?「逃がす訳ないじゃろォ…?そうじゃ、最初の質問に応えちゃるわ」クルクルッパシッ

ヒビキ「俺ァ、ヒビキ!巷で『ワカバの黄金番長』と呼ばれちょる、ワカバタウンのヒビキじゃ!」

チンピラ「」チーンッ

ヒビキ「おっ、聞こえちょらんかったか。スマンスマン!ガハハハッ!」

短パン小僧「ま…まさか死んで…?」

ヒビキ「心配すな!俺ァ、ケンカはするがどんなド阿呆でも命は奪わんのが流儀でのぅ!」

4 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 22:24:51 ID:QFWIF.VA
ヒビキ「おー、そうじゃそうじゃ」ギロッ

短パン小僧「へっ…?」ビクッ

ヒビキ「………」ザッザッ…

短パン小僧「オ…オイラ…金は…」

ヒビキ「オラよ」シュシュッ

コラッタ「コラッ…」ジワァ…

短パン小僧「へっ…」

ヒビキ「この街にゃポケセンも無いきのぅ。気休めじゃがコイツで傷治せや」

短パン小僧「あ…ありがとうでやんす…」

ヒビキ「それにしても、坊主。最初はビクついてた癖にポケモンを傷つけられた途端立ち向かうなんざ、中々の根性じゃのぅ!」ガシッ

ヒビキ「ま、じゃあのぉ!」ザッ

短パン小僧「か…カッコイイ…!」

コラッタ「コラァ…」

5 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 22:50:15 ID:QFWIF.VA
翌朝

母「ヒビキー!ちょっと下りて来なさーい!」

ヒビキ「あ゛ぁ、何でい、マミー!」タッタッタ

母「アンタ、お隣のウツギ博士って知ってるわよね」

ヒビキ「あー、あのナヨナヨした奴か…」

母「ウツギ博士がアンタを呼んでたのよ。行ってあげて」

ヒビキ「何で俺が…」

母「一応ウツギ博士やコトネちゃん家とはお歳暮を贈りってる仲なんだから、こんくらいの仁義は通せよ、クソガキ」ガシッ

ヒビキ「お…おう…」

母「それも家の流儀だろうが」

ヒビキ「………行ってきます」

母「行ってらっしゃい」ニコッ

6 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 23:25:36 ID:QFWIF.VA
ウツギ研究所

助手「本当に彼を呼んで良かったんですか、ウツギ博士。彼はこの街一の不良ですよ…?」

ウツギ「し…仕方ないでしょう!だって最近野生のポケモンも強くなってるし、頼みのコトネちゃんは一年前に旅に出て連絡なんて碌に無いし…!」ビクッ

助手「この町でコトネちゃんの次に強いトレーナーって言ったらヒビキくんだけですからね…」

ウツギ「あー、来て早々に暴れだしたらどうしよう…」ガクブルッ

ヒビキ「おーう!来たぞォナヨナヨ博士ー!」ドォンッ!

ウツギ「ひやぁあっ!いらっしゃいませぇご主人様ァッ!」ドゲザッ

助手「ビビりすぎっ!」

ヒビキ「………流石に俺も引くぞ」

ウツギ「あっ…え……コホンッ。ヒビキくん!実は君に頼み…が……!」

ヒビキ「ほぉー…」ギロォッ…

ウツギ「もし宜しかったら僕の知り合いのポケモン爺さんと言う人がポケモンのタマゴを手に入れたと言ってたので貰って来て欲しいとか、思っちゃったりして!」アセアセ

ヒビキ「で、場所は…?」ギロォ…

ウツギ「ヨシノシティの北の外れに住んでおります!失礼を重々承知の上ですが、道中の最近強くなっている野生のポケモンが増えているのでここのポケモンを一匹持ってっても構いませんので、どうか殴らないでー!」ギャー

ヒビキ「ん、ポケモンをくれるのか」キョトンッ

7 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 23:31:07 ID:QFWIF.VA
ウツギ「ハィイッ!そこの装置の三匹、チコリータ、ヒノアラシ、ワニノコ!そのどれか一匹、いや全部でも良いんで!」

ヒビキ「ホォー。じゃあコイツ…頂くきのうぅ!」ポーイッ

ヒノアラシ「ヒノォ!」ポンッ

ヒビキ「ここまでしてくれるんなら、仁義を通さん訳にはいかんのぅ!」

ヒビキ「この漢・ヒビキ!そのお使い、引き受けた!黄金の舟に乗った気でおれや!」クルクルッパシッ

ウツギ「よ…宜しくお願いしますぅぅ!」

ヒビキ「では行くぞ、アラシまる!やっぱ漢は炎タイプじゃのう!」

アラシまる「ヒノォー!」ボォォッ!

ヒビキ「ガッハッハッ!」

バタンッ!

ウツギ「こ……怖かったァァァアッ…!」ジョロロロロッ

8 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 23:42:58 ID:QFWIF.VA
―――
――
ヒビキ「しかし、ワカバの外とは久々じゃのぅ…」

短パン小僧「アニキー!」

ヒビキ「あ゛ぁ?おどれは昨晩の…」

ゴロウ「うっす!申し遅れやした!オイラは短パン小僧のゴロウ!こちらは相棒のコラッタ!」

ヒビキ「ホォー。おどれ元気になったんじゃな!やっぱポケモンは元気が一番じゃ!」

コラッタ「コラッ!」ピンピンッ

ゴロウ「アニキが此度何やらお使いを頼まれたと小耳に入れやして、昨晩の御恩として!そのお使い、このゴロウめを舎弟としてご同行させて貰いたいでやんす!」

ヒビキ「ホォー。やっぱおどりゃぁ、エエ根性しちょるなぁ…」

ゴロウ「願わくば、この若輩者にポケモンバトルのご指導を…!

ヒビキ「………っしゃあ!おんしの仁義を通さんとする心意気気に入った!付いて来たけりゃ付いて来い!」

ゴロウ「よ…宜しくおねがいしやす、アニキー!」

9 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 23:49:46 ID:QFWIF.VA
――――
――
ウツギ「あー本当に怖かったぁ…」

助手「でも引き受けてくれて良かったじゃないですか」

ウツギ「あぁ、うん…。僕だって本当は彼が困ってる人を決して見捨てない仁義の厚い子だってのは分かってるんだけど…どうもあの剣幕で迫られたら、ね…」

助手「ですよね…」

ウツギ「またあんな怖い思いしたら僕またおもらししそうだよ…」

助手「」ドサッ

ウツギ「えっ…助手く…ん…?」

チャキッ…

ウツギ「へっ…?」

ニューラ「ニュラ…」チャキッ…

?「動くな…そして喋るな…」ギロォッ…

ウツギ(イヤアァァァァァァァァァァァッッッ!!!)ジョロロロロロロロォォォ!!!

10 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/07(火) 23:53:35 ID:QFWIF.VA
ヒビキ 持ち物 メガジッテ 

手持ち二匹

ヒノアラシ  NN アラシまる

Lv5
たいあたり にらみつける


メリープ  NN デンまる
Lv 10  もちもの デンリュウナイト

たいあたり なきごえ
ほうでん わたほうし

11 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 08:05:26 ID:dUpo6Qd2
なんやこれ
こんなん期待するしかないやん


12 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 08:14:13 ID:dUpo6Qd2
申し訳ないでやんす。下げ忘れたでやんす。

13 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 22:54:55 ID:MYm./Enw
29番道路

ヒビキ「アラシまる、ひのこじゃァッ!」

アラシまる「ヒィノォッ!」ボボボッ!

オタチ「オワタァッ!」ボォォッ!

ヒビキ「何でぃ。最近野生のポケモンが強くなったって言ってもこんな物か」

ゴロウ「流石ッス、アニキ!貰ったばかりのヒノアラシをそんなに操れるなんて!」

ヒビキ「もっと張り概のある奴はおらんのかのぅ…」クルクルッパシッ

ゴロウ「………アニキのその十手って、ホンモノの黄金なんでやんすか?

ヒビキ「おう、家に代々伝わる代物でのぅ。俺も何かの抗争で死んだパピーからこの十手とメリープのデンまるを譲り受けたんじゃ」

ゴロウ「黄金の造りもエエでやんすけんど、この柄の紐の先に付いてる石も綺麗でやんすねぇ…」

ヒビキ「あぁ、それな。デンまるの尻尾にも同じ模様の石が付いちょるが、よう分からん」

ゴロウ「うむぅ…何か高価な物としか言いようがないでやんすねぇ…」

ヒビキ「ガハハッ!そんな欲しそうな目で見てもやらんぞ!」

ゴロウ「滅相でもないでやんす!ほら、そんな事よりヨシノシティに付いたでやんすよ!」

14 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 22:58:28 ID:2198EJws
きたぜ。

15 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 23:07:17 ID:MYm./Enw
ヨシノシティ

ゴロウ「ホント、何にもないでやんすよね。ヨシノシティって」

ヒビキ「オラ、そんな滅相な事言うもんでないわ。何も名物らしい物が無いのが名物って事もあるんじゃ」

ゴロウ「アニキも行ってるじゃないでやんすか…」

コロコロッ…

ヒビキ「あ゛?りんご?」

女「すいませーん!そのリンゴ、私のなんです!」タッタッ

幼女「りんごー」

ヒビキ「おう、姉ちゃんのか。気をつけや」スッ

女「ありがとうございますっ!」ペコリッ

ゴロウ「………綺麗な人でやんすねぇ」ボー

ヒビキ「よお見てみィ。エエのは顔だけじゃないで」ツンツン

女「?」タユンッ

ゴロウ「眼福でヤンス…///」ハナジー

16 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 23:14:15 ID:MYm./Enw
つんつんっ

ヒビキ「あ゛?」チラッ

幼女「みてみてー。きせるー」スッ

ゴロウ「三歳くらいの子が何てモンを持ってるんでやんすかね…」

女「あっ、ダメでしょ!人前でそんなの見せたら!」

幼女「えー」

女「すみませんっ。この子が変な事してしまって…」

ヒビキ「娘ちゃん、ちっこいのに煙管たァ、粋じゃねェか!将来が楽しみじゃのぅ!」ナデナデ

幼女「にひひー♪」キラッ

ヒビキ「………その石は」

女「もう、お兄ちゃんたちに迷惑かけちゃダメだよ?」スッ

ゴロウ「オイラ達は別に気にしてないでやんすよ」

女「ホントにすいません。じゃあ私達はこれで…」

幼女「ばいばーい」フリフリ

ヒビキ「おう、じゃーのぅ!」スッ

17 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/08(水) 23:20:00 ID:MYm./Enw
ヒビキ「仲のエエ姉妹じゃのぅ…」

ゴロウ「割と歳は離れてる姉妹でやんすね。お姉さんの方はアニキより三歳位年上でやんすかねぇ」

ヒビキ「13、14位か。良い発育しとるのぅ」

ゴロウ「アニキって結構スケベでやんすね」

ヒビキ「漢とはそう言うもんじゃろ?」

ゴロウ「違いないでヤンスね」

ヒビキ(あの煙管に付いてた石…。俺の十手に付いてるのと同じ様に見えたが…気の所為かのぅ…?)




幼女「ねえ、ママー。きょーのばんごはんなーに?」

女「ふふっ。何にしよっか」

18 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 13:10:32 ID:E.kqohJI
キーストーンが付いた煙管ってもしかしてハードボイルドのレッドの?

19 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 22:31:46 ID:eP4j9ZNU
30番道路

ヒビキ「おぉうっ!邪魔するぞ!」ガチャンッ!

ポケモン爺さん「うぉうっ!びっくりした!何者ですかな、キミ達は」

ヒビキ「俺ァ、ワカバの黄金番長、ヒビキ様じゃ!」ドォンッ!

ゴロウ「舎弟のゴロウでやんす!」

ポケモン爺さん「おおっ!ウツギ博士からお話は聞いておるぞ!キミが何時もウツギ博士を泣かしているヒビキくんだね!」

ヒビキ「本当に泣かせちゃるぞ、あのウジウジ博士」ポキッポキッ

ポケモン爺さん「ほっほっほ。噂通りの元気な子ですな、オーキド博士」

オーキド「全く、昔のアイツを思い出させてくれるのう」

ヒビキ「こっちの爺さんは誰じゃ?」

オーキド「儂の名はオーキド。自慢ではないが、ウツギ博士より高名なポケモン博士じゃよ」

ゴロウ「自分で言っちゃうでやんすね」

ヒビキ「まあ、誰でもエエがの。それより爺さんズ。何かポケモンのタマゴか何かを俺に配達して欲しかったんじゃよな?」

ポケモン爺さん「そうだったそうだった。コレはエンジュシティの知り合いから譲り受けたタマゴなんだが、何が産まれるか分からんのだよ」

オーキド「そこでポケモン爺さんの友達の儂がウツギくんに任せた方が良いと推薦したんじゃ」

20 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 22:44:28 ID:eP4j9ZNU
ポケモン爺さん「じゃあヒビキくん、キミにこのタマゴを預ける。しっかりウツギくんに届けておくれ」スッ

ヒビキ「おうさっ!あんなナヨナヨでもアラシまるを貰った借りがあるからな!仁義は通すのが俺の流儀じゃ!」

オーキド「所でヒビキくん。キミのポケモンを見せてもらえぬか?」

ヒビキ「別に構わんぞ」ポーイッ

アラシまる「ヒノォー!」ポンッ

デンまる「メェー!」ポンッ

オーキド「………成程。貰ったばかりと聞くヒノアラシもかなり懐いておる」

ヒビキ「じゃろ?」ニッ

オーキド「キミは人の家に入る時いきなりドアを蹴り飛ばす様な噂通り悪童のようだが、ポケモンに対する愛情は本物のようじゃな」

オーキド「益々似ているのぅ、アヤツに…」

ゴロウ「アヤツ、でやんすか?」

オーキド「………ヒビキくん、キミにもこれをやろう。ポケモン図鑑じゃ」スッ

ヒビキ「ポケモン図鑑?」

オーキド「ポケモンにかざすだけで、そのポケモンのタイプ、特性、生態や技も分かるハイパーテクノロジーじゃ」

ゴロウ「科学の力ってスゴイやんすねー」

21 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 22:55:01 ID:eP4j9ZNU
ヒビキ「今日はやけに貸し借りを作る日じゃのぅ。じゃが有難く受け取らせてもらうぞ!」

ゴロウ「アニキ!オイラにも触らせて下せぇよぉ!」タッタッ

ヒビキ「おうっ、後でじゃ後で」タッタッ

ポケモン爺さん「………そんなに似てるんですか、その子に」

オーキド「ヒビキくん程感情を表に出す事はなかったが、人一倍にポケモンを愛し、大人に勝るような強靭なハードボイルドな精神を持ってた奴じゃった…」

ポケモン爺さん「ハードボイルド…。彼とは少し違うな、彼はどっちかと言うとヤンキーや番長みたいな…」

オーキド「同じじゃよ。どっちも大人に対する礼儀がなっとらん」

22 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:08:31 ID:eP4j9ZNU
――――
――
ゴロウ「しかしどんなポケモンが生まれてくるんでやんすかねー」

ヒビキ「さっぱり分からん!じゃが卵焼きを何人分でも作れそうじゃ…」

ドォンッ!

ヒビキ「うおっ!」ドテッ

?「うわっ…!貴様!ちゃんと前を見ろ!」

ヒビキ「おう、すまんな。少しばかり余所見しておったわ…」

ころころっ…

ゴロウ「アニキ!タマゴが!」

ヒビキ「おっと。マズいマズい…」スッ

23 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:10:06 ID:eP4j9ZNU
?「待て!それは私のタマゴだ!」

ゴロウ「そんな訳ないでやんすよ!これはアニキのでやんす!」

?「お前の奴はその足元に落ちているだろう!」

ヒビキ「おっ。タマゴがもう一個あるのぅ」

?「貴様の近くに落ちているから、それが貴様のタマゴではないのか?」

ヒビキ「確かにそうかもしれんのぅ…」

?「全く…。人にぶつかった挙句、人のタマゴを間違えるとは失礼な奴らめ…」バサァ

ゴロウ「………アニキ。あの人、こんな所であんな恰好、恥ずかしくないんでやんすかね?」

ヒビキ「ゴロウ、人の趣味にあまりツッコむのは悪いことじゃぞ」

ヒビキ「じゃがあの姉ちゃんも大きかったのぅ、おっぱい」

ゴロウ「ピッチリスーツがエロいでやんすね」ハナジー

24 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:20:34 ID:eP4j9ZNU
ヨシノシティ

ゴロウ「もう夕方でヤンスねぇ」

ヒビキ「さっさと帰って寝たいのぅ」

ドォンッ!

ゴロウ「本日二度目!」

謎の少年「………邪魔だな」

ヒビキ「オイ、おどれァ。人にぶつかっといてそれは無いんじゃねぇのかのぅ?」ギロッ

謎の少年「あ゛?」ギロッ

ゴロウ「アニキ!?さっきの姉ちゃんとエラく態度が違くないでやんすか!?」

ヒビキ「おぉうっ!俺ァ、女にゃケンカ売らん流儀じゃが男は別じゃ!」

ゴロウ「まさかの女尊男卑!」

25 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:33:12 ID:eP4j9ZNU
ヒビキ「おんしもポケモントレーナーじゃのぅ?おい、バトルしろよ」チャキッ

謎の少年「雑魚に用は無い」

ヒビキ「雑魚…じゃと?」ピクッ

謎の少年「俺には貴様がただツッパっているだけの奴にしか見えぬ。そんな雑魚に用は無い」

ゴロウ「コイツ…!」

ヒビキ「おぉう…俺が雑魚かどうかはちゃんとバトルしてから判断せぇよ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「ヒノォー!」ポンッ

謎の少年「チッ…ニューラ!」ポーイッ

ニューラ「ニュラァ…」ポンッ

ヒビキ「やる気になってくれたか…。嬉しいのぅ…!ひのこじゃ!」

謎の少年「貴様の様な傲慢野郎に灸を添えてやるだけだ。ひっかく!」

アラシまる「ヒィノオッ!」ボボボッ!

ニューラ「ニュラッ…!」ジャキィンッ!

26 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:37:58 ID:eP4j9ZNU
ドオオォォォンッ!!!

女「えっ、何の音?」

町人「何か町の外れでトレーナー同士でバトルしてるってよ!見に行こうぜ!」

幼女「ばとる!ポケモン!みてみたーい!」キャッキャッ

女「そっか…。じゃあ見に行ってみる?危ないから近づきすぎたらダメだよ?」

幼女「わーいっ!」トテトテッ

27 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:48:32 ID:eP4j9ZNU
ニューラ「ニュラララッ!」シュタタッ!

ゴロウ「あのポケモン、素早いでやんす!」

ヒビキ「ほう…ニューラ、氷・悪タイプか…。こっちもスピード上げっぞ!でんこうせっか!」ピッピッ

アラシまる「ヒノォッ!」シュバッ!

ニューラ「ニュラァァ!」ズサァッ!

ゴロウ「アラシまるも負けてないでやんす!」

女「あの子は確か今朝の…それにあの手に持ってるのは…」

オーキド「ポケモン図鑑じゃよ」

女「オーキド博士!」

幼女「おーきどのくそじじいー!」

オーキド「………何やら街中で派手にバトルしていると聞いてみて来たら、彼だったとは。本当にケンカッ早いのぅ」

28 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/09(木) 23:56:35 ID:eP4j9ZNU
謎の少年「あのポケモン…俺のニューラと同等のスピードを…!ならばこごえるかぜだ!」

ニューラ「ニャアァァ…」ヒュウゥゥ

アラシまる「ヒノッ!」ツルッ

ヒビキ「スピードを下げる技か…!ひの…」

謎の少年「遅い!ひっかく!」

ニューラ「ニュゥーラッ!」ザシュッ!

アラシまる「ヒノォッ!」ズサァッ!

謎の少年「優れているのはスピードだけか!片腹痛いわ!」

ヒビキ「舐めんじゃねェッ!えんまくじゃ!」

アラシまる「ノォ…」モクモク…

謎の少年「煙に紛れて逃げる気か…」

ヒビキ「誰が逃げるくァッ!」

29 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:02:21 ID:T4WEHf0k
ぶほぉっ!

アラシまる「ヒノォ…!」ガシッ

ニューラ「ニュラッ…!」ググッ

謎の少年「何だと…!?」

ヒビキ「ゼロ距離で喰らえやァッ!ひのこォッ!」

アラシまる「ヒィノノノノッ!」ボボボボボボッ!!!

ニューラ「ニュラァァァッ…!」ガクッ

ゴロウ「やったでやんす!まずは一勝!」

ヒビキ「よぉやった!アラシまる!」

女「あの子の戦い方…何だか…」

オーキド「どうじゃ?誰かさんに似てると思わんか、ブルー?」

ブルー「ふふっ。ホント、良く似てますね」クスクスッ

30 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:12:13 ID:T4WEHf0k
ヒビキ「どうじゃ?雑魚にやられる気分は?」クルクルッパシッ

謎の少年「チッ…使えん奴め…」シュボンッ

ヒビキ「おい…そんな言い方…」

謎の少年「行け、ワニノコ!」ポーイッ

ワニノコ「ワニワニワーニ!」ポンッ

ヒビキ「水タイプ…じゃったらもう一度えんまく!」

アラシまる「ノォ…」モクモク

謎の少年「同じ手を何度も…!あまごい!」

ワニノコ「ワニャァ…」コォォ…

ポツッ…ポツポツポツ……ザアァァァァァァ…!

ゴロウ「雨で煙幕が!」

31 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:18:20 ID:T4WEHf0k
ヒビキ「チィッ…!でんこうせっか!」

アラシまる「ヒノォッ!」シュバッ!

ワニノコ「ワニャァッ!」ズサァッ!

謎の少年「体制を立て直してみずでっぽう!」

ワニノコ「ワァニャアァッ!」ブシャアァァァァァッ!!!

アラシまる「ヒ…Nooooooo!!!」ズサァァ!

ヒビキ「アラシまる!」

アラシまる「ヒ…ヒノォ…」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「炎に強い水の技…。しかもあまごいで水タイプの威力を底上げ、か…」ピッピッ

謎の少年「あの道具…」ジィ…

ヒビキ「よぉやったぞ、アラシまる。次じゃ!カチこめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「メェー」ポンッ

32 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:25:04 ID:T4WEHf0k
謎の少年「電気タイプ…面倒だな。みずでっぽう!」

ワニノコ「ワアニャァッ!」ブシャァァ!

ヒビキ「躱してたいあたりじゃ!」

デンまる「メェー」タッタッタッ

謎の少年「さっきの奴より遅すぎる!躱してひっか…」

ヒビキ「すれ違いざまにわたほうし!」

デンまる「メェメェ」ブホァッ!

ワニノコ「ワニャッ!?」

謎の少年「何ッ!?」

ヒビキ「喰らいやがれェい!ほうでんじゃァッ!」

デンまる「メェリィィイッ!」バチバチィッ!

ワニノコ「ワニャニャニャニャッ!」ビリビリビリッ

33 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:32:31 ID:T4WEHf0k
謎の少年「………使えんな」シュボンッ

ゴロウ「おー!アニキの勝ちでやんす!」

謎の少年「何を勘違いしている小僧?」チャキッ

ヒビキ「三体目じゃと…?」

ゴロウ「卑怯でやんす!」

オーキド「ポケモン勝負は必ずしも相手とポケモンの数が同じとは限らん。最初に互いに使用ポケモンの数を指定せんかったのが仇になったか…」

謎の少年「前の二体と同じだと思うな、踏み潰せ、イワーク!」ポーイッ

イワーク「イワアァァァァァァァッ!!!」ポンッ

ヒビキ「な…!」

ゴロウ「で…でかいでやんす…!」

ヒビキ「岩・地面タイプ………これはちとマズいのぉ…」ピッピッ

34 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:39:10 ID:T4WEHf0k
ヒビキ「たいあたり!」

デンまる「メエェェー!」トッコトッコ

ぺちっ

謎の少年「がんせきふうじ」

イワーク「イワアァァァァァッ!」ドゴォッドゴォッドゴォッ!

デンまる「メエェェェー!」ズサァァァッ!

ヒビキ「怯むなァッ!もう一発たいあたり!」

デンまる「メェェェ!」トッコトッコ

ペチッ

謎の少年「無様な…跳ね飛ばせ」

ぶおぉぉぉぉぉんっ!

デンまる「メェェェェエッ!」ズサァァァッ!

ヒビキ「デンまる!」

ゴロウ「そんな…こんな力の差が…」

35 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:45:42 ID:T4WEHf0k
謎の少年「踏み潰せ、イワーク」

イワーク「イワアァァァァァッ!」ブオォォォンッ!

ズシャアアァァァァッ!

デンまる「メエェ…!」ググッ…

ヒビキ「クソッ…!もう手が…」

謎の少年「………全く持って響かん」

ヒビキ「何じゃと…?」

謎の少年「予想外の三体目、相性の不利をも覆す事も出来ぬとは…俺の魂に全く響いて来ん」

ヒビキ「魂…じゃと…?」

謎の少年「アイツなら…これ位の不利など簡単に覆せる筈…。だから貴様は雑魚なのだ」

謎の少年「そのままくれてやれ。大地の奥義・じしん」

イワーク「イィィワアァァァァァァァッッッ!!!」

謎の少年「魂ィィイイッッッ!!!」

ドガアァァァァァァァァァァァンッッッ!!!

36 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:52:29 ID:T4WEHf0k
――――
――
謎の少年「言ったはずだ。俺はお前の様な雑魚に用は無い」

ヒビキ「………」

謎の少年「俺はある漢を探し出し、そして倒す…!」グッ…

謎の少年「………俺に三匹目を出させた褒美に名は名乗っておいてやる」

シルバー「俺の名はシルバー」

ヒビキ「………俺ァ、ヒビキじゃ」

シルバー「返事をする気力は残っていたか」

ヒビキ「またどっかで会おうや、シルバー」

シルバー「フンッ…」ザッ

37 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 00:57:38 ID:T4WEHf0k
ゴロウ「あ…アニキ………」

ヒビキ「ククッ…クハハハッ…ガーハッハッハッハッ!!!」

ゴロウ「えっ、アニキ!?」

ヒビキ「おー負けた負けた!あんな見事の負けっぷりは何時いらいじゃろうて!」

ゴロウ「それはアイツが三匹目を出したから…」

ヒビキ「そんな事は良い訳にはならん!俺が修行不足だっただけじゃ!」

ヒビキ「コイツ等にも悪い事したのォ…。悪いのォ、力を引き出せんくて…」

ゴロウ「………」グスッ…

ヒビキ「オイ、ゴロウ…」

ゴロウ「ウッス…!」

ヒビキ「世界にゃ強い奴がぎょーさんおるのォ…!」グッ…

38 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 01:00:03 ID:T4WEHf0k
ヒビキ 持ち物 メガジッテ 

手持ち三匹

ヒノアラシ  NN アラシまる

Lv13
ひのこ   でんこうせっか
にらみつける えんまく
 
メリープ  NN デンまる
Lv14  もちもの デンリュウナイト

たいあたり なきごえ
ほうでん わたほうし

タマゴ

39 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/10(金) 01:03:55 ID:T4WEHf0k
今更だけど、お久しぶりです。

前作
レッド「ハードボイルドにチャンピオンを目指す」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1411873642/

40 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/15(水) 12:47:18 ID:tsvzyUzA
ヨシノシティ・オーキド研究所

オーキド「確か…予備のポケモン図鑑は何処に置いてあったか…」ガサコソ…

幼女「はいっ、くそじじー」スッ

オーキド「おーそこにあったか。助かった…って何でここにおるんじゃ!?」

幼女「にひひー♪」

オーキド「お前さんに研究の手伝いさせたって思われたらブルーが煩いんじゃがのぅ…」

オーキド「っ!隠れるんじゃ!」

シルバー「………まさか気付かれるとはな」

オーキド「儂も伊達に年季を食ってはおらんからのぅ…。あの時ゴールドくんとバトルしていた少年じゃな」

シルバー「アレを見ていたなら話は早い。その手に持っているポケモン図鑑とやら俺に寄越せ」ポーイッ

ニューラ「ニュラ…」ポンッ

オーキド(上手く注意をこちらに引かせ、あの娘だけでも逃がさなければ…)

幼女「………」ゴクッ…

41 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/15(水) 12:55:08 ID:tsvzyUzA
オーキド「分かった…。ポケモン図鑑は渡す。じゃからそのニューラを引っ込めてはくれぬか?」

シルバー「良いだろう…」

幼女「…っ!ゲホッ…ゴホッ…カハッ…!」ガタンッ

オーキド「!こんな時にあの娘の発作が…!」

シルバー「ッ!殺れ、ニューラ!」

ニューラ「ニュラッ!」シュバッ

幼女「あっ…!」

シルバー「子供…!?」

「ピッキー!10万ボルトォッ!」

バチバチバチイィィィイイッッッ!!!

ニューラ「ニュラララララララァッ!!!」ビリビリビリィィイッ!!!

ブルー「ねえ、キミ…。人の娘に何しようとシテたのカナァ…?ケタァ♪」ケタケタ

ピッキー「ルア゛ァァイ゛…!」バチバチッ

幼女「ママー!」

オーキド「ブルーにピッキー!」

42 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/15(水) 13:06:35 ID:tsvzyUzA
ブルー「ねえ、聞いテるカナァ…?ドー見ても子供相手に向ける様な殺意ジャなかったヨネェ…?」

シルバー(この女…かなり強い…!あのライチュウもとんでもないレベルだ…!)

ブルー「ジジイはともカク…私と彼ノ…レッドくんとノ愛の結晶ヲ傷つケようナンテサァ…!ケタケタケタケタァッ♪」ポーイッポーイッ

リザードン「グオォォォォォッ!」ポンッ

フシギバナ「バナフッシャアァッ!」ポンッ

シルバー「レッド…?」ピクッ

オーキド「待つんじゃ、ブルー。無闇に血を流させるような真似はするでない。キミもポケモン図鑑はやるから、彼女を刺激するような事はするな」

オーキド「死ぬぞ?」

シルバー「ッ!」ゾクッ

オーキド「何よりブルー。この娘が怖がっているではないか」

幼女「あぅ…ママぁッ…」ガクブルッ

ブルー「あっ…」スッ…

シルバー「クッ…!」シュバッ

オーキド「帰ってくれたようじゃな…」

43 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/15(水) 13:20:03 ID:tsvzyUzA
オーキド「しかし相変わらずチャンピオンの威圧感はとんでもないのぅ」

ブルー「元・ですよ。私、もうポケモンバトルからどれくらい離れてたと思うんですか」

オーキド「ブルーよ、あの状態はあまりこの娘の前でなるものではないぞ」

ブルー「分かりました…。怖がらせてゴメンね…」ダキッ

幼女「こわいよぉ…ままがぁ…」グスッ

オーキド「………発作のサイクルが早くなっておる。やはり若年での出産、未熟児で産まれたこの娘は病気がちになりやすい」

オーキド「ブルーよ、言いづらいが…もう長くは…」

ブルー「分かってます…。だからこそどうにか『あの薬』を手に入れなきゃ…」

44 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/15(水) 13:31:22 ID:tsvzyUzA
キキョウシティ

ヒビキ「俺ァ井の中のニョロモじゃったわ。世界にゃシルバーみたいな強い奴がぎょーさんを居る事を痛感した」

ヒビキ「と言う訳で、この漢・ヒビキ!ワカバではなくジョウトの…世界の黄金番長になるべく武者修行の旅に出る事にした!」ドォンッ!

ゴロウ「おー!やってやりやしょう、アニキー!」パチパチパチ

ヒビキ「まず手始めにゴロウ!この町で一番強い奴、この町の番長は誰じゃ!そいつにカチコミじゃー!」

ゴロウ「この町の一番強い奴って言ったらジムリーダーでやんすね」

ヒビキ「ジムリーダー?何じゃそれは」

ゴロウ「この町を仕切る一番強いポケモントレーナーでやんす!ジムリーダーは各地方に八人居るらしいでやんす!」

ヒビキ「ほー。じゃあその八人のジムリーダーとか言う番長を全員ブッ潰せば、ジョウトの番長に俺はなれるんじゃな?」

ゴロウ「そうでやんす!」

ヒビキ「そうと決まれば、あのでっかい塔にカチコミじゃ!」

ゴロウ「何であの塔なんでやんすか?」

ヒビキ「強い奴は高い所におるもんじゃ!」

45 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/17(金) 12:25:44 ID:4hl23A36
マダツボミの塔

ゴロウ「何か塔の中央部分に変な柱があるでやんすね…」

ヒビキ「ユラユラ揺れて何か気持ち悪いのぅ」

坊主「ここはマダツボミの塔。ポケモントレーナーが修行するための場所です」

ヒビキ「ここにジムリーダーとか言う番長はおるのか?」

坊主「いえ、ジムリーダーはポケモンジムと呼ばれる場所にいますが、ここの最上階まで辿り着く事が出来れば、ジムリーダーにも引けは取りますまい」

ヒビキ「ここにジムリーダーは居らんのか。じゃが元々修行の為の旅じゃ!ジムリーダーとやらの前の腕馴らしに最上階に登っちゃる!」ポキッパキッ

坊主「そう簡単にいきますかな…?」ニヤリッ

46 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/17(金) 12:46:14 ID:4hl23A36
マダツボミの塔・最上階

長老「グハァッ!お…お見事…」ガクッ

ヒビキ「まあ、こんなもんじゃろ」

アラシまる「マグゥッ!」

坊主「まさか…炎タイプが手持ちに居たとは…」

ゴロウ「流石はアニキ!余裕のよっちゃんでやんすね!」

ヒビキ「いや、危なかったわ。ひのこのPPが」

ヒビキ「言うほど大したアレでは無かったが、アラシまるが進化した事じゃし、良しとするか!」

マダツボミ「つぼつぼ」ウネウネ

ヒビキ「ん、何じゃ?」

長老「こ奴はこの塔で一番強いマダツボミ。そなたの強さに惹かれ、仲間になりたそうな眼で見ております」

ゴロウ「オイラには目が点と言う事しか分からないでやんす…」

ヒビキ「いんや。こいつの小さな円らな眼には、強い反骨の魂が俺の心に響いてきよるわ!」」

ヒビキ「付いてこいや、ツボミまる!」

ツボミまる「つぼ」

47 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/17(金) 13:03:54 ID:4hl23A36
キキョウジム

ヒビキ「たのもー!俺ァ、ヒビキ!ワカバタウンのヒビキじゃ!ジムリーダーとか言うこの町の番長、出てこいやァ!」

ハヤト「番長は知らんが、ジムリーダーはこの俺、鳥使いのハヤトだ」

ヒビキ「おどれが番長じゃな?ワカバの黄金番長がカチコませてもらうぞ!」チャキッ

ハヤト「…?まあ、よく分からんが、ジム戦と言う事なら受けて立つ!使用ポケモンは三体だ!」

ゴロウ「ヤっちまって下さい、アニキー!」

ハヤト「行けッポッポ!」ポーイッ

ポッポ「ポッポー」

ヒビキ「カチコめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「マグゥー!」ポンッ

ハヤト「すゥなかけェッ!」

ポッポ「ポポー!」ジャリジャリ

48 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/17(金) 13:12:39 ID:4hl23A36
――――
――
ホーホー「ホォォッ!」ズサァッ!

ハヤト「ホーホー!」

アラシまる「マグゥ…」クシクシッ

ゴロウ「おー!アラシまる一匹で二匹も倒したでやんす!」

ヒビキ「おぉう、ジムリーダーとやらも思っちょった程ではないのぅ!」

ハヤト「………ジムリーダーを舐めたら痛い目に合うぞ、行け、ピジョン!」ポーイッ

ピジョン「ピジョー!」ポンッ

ヒビキ「勢いに乗ってブッ込むぞ、アラシまる!ひのこじゃァッ!」

アラシまる「マァッグゥッ!」ボボボッ!

ハヤト「躱してでんこうせっか!」

ピジョン「ピジョッ!ピジョオォッ!」シュバッシュバァッ!

アラシまる「マグァッ!」ズサァッ!

ヒビキ「チィ…!こっちもでんこうせっかじゃ!」

アラシまる「マァグッ!」シュバッ

49 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/17(金) 13:17:25 ID:4hl23A36
すかっ

ヒビキ「何ィ…!?」

ハヤト「………」ニヤッ

ゴロウ「アラシまるが明後日の方向に突っ込んでいったでやんす!」

ハヤト「ピジョン、ゴッドバードォ!!!」

ピジョン「ピジョォォォ………!」パァァァ…

ヒビキ「隙だらけじゃァッ!ひのこォ!」

アラシまる「マグァッ!」ボボボッ!

すかすかっ

ヒビキ「どこ狙っとるんじゃ、アラシまる!」

ハヤト「解き放て!ゴッドバァァァドォォオッ!!!」

ピジョン「ピジョオォォォォオオオッッッ!!!」ゴオオォォォッ!!!

ドオオォォォンッ!!!

ゴロウ「けほっ…けほっ…とんでもない衝撃でやんす…!」

アラシまる「マ…マグゥ…」ピクッ…ピクンッ…

50 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 13:52:58 ID:qDg.e06A
ハヤト「ゴッドバードは飛行タイプ最強の大技。父から託されたこのジムをそう易々と越えさせてなるものか!」

ヒビキ「ほー。ならば俺もパピーから託されたコイツで勝負じゃ!カチコめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「メェー」ポンッ

ゴロウ「メリープのデンまるなら相性が抜群でやんす!」

ハヤト「そう簡単にはやらせん!すゥなくァけェェッ!」

ピジョン「ピジョッ!」ジャリジャリッ

デンまる「メェー!」クシクシッ

ヒビキ「ほうでんじゃァッ!」

デンまる「メェェェェエッ!」バチバチィッ!

すかっ

ゴロウ「また外れたでやんす!」

ヒビキ「やっぱタネはあのすなかけじゃな!」

ハヤト「如何にも!ゴッドバードは飛行タイプ最強の大技だがその分発動までの隙が大きい!だからすなかけで相手の命中率を下げる事で隙を補っている!」

ハヤト「電気タイプと言えど、この大技を喰らって立っていられるか!?ゴッドバードォ!」

ピジョン「ピジョォォ…!」パァァァ…

51 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 13:55:33 ID:JpbGhaSI
みてるよ

52 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:02:34 ID:qDg.e06A
ゴロウ「また来やすよ、アニキィ!」

ヒビキ「じゃったら意地でも当てちゃる!デンまる、ほうでんの威力を抑えて拡散範囲にエネルギーを転換じゃ!」

デンまる「メエェェェェー!!!」バチバチバチイィィ!

ピジョン「ピジョォ…!」ビリィッ!

ハヤト「ド根性ォォオッ!ぶぁぁくねぇつぅっ!ゴォォッド・バァァァドォォオッ!!!」バサァッ!

ピジョン「ピジョオォォォォオオオッッッ!!!」ゴオォォッ!!!

ヒビキ「デンまる、わたほうし!」

デンまる「メェッ!」ブホァッ!

ハヤト「構わず突っ込めェッ!」

ブハァァッ!ガシィッ!

ハヤト「何ィッ!?」

デンまる「メェ…!」ググッ…

ヒビキ「よぉ、しがみ付いた!そのまま全身全霊でほうでんじゃァッ!」

デンまる「メエェェェェー!!!」バチバチバチイィィ!!!

ピジョン「ピジョォォォオッ!」ビリビリビリィイ!

53 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:13:49 ID:qDg.e06A
ハヤト「ド根性ォ!ジムの壁に突っ込めェ!」

ピジョン「ピジョッ!」キッ

ズドオオォォォォォンッ!!!

ヒビキ「デンまるゥ!」

デンまる「メ…メェ……」ピクッ…ピクンッ…

ピジョン「ジョォ…ジョォ…」ゼェ…ゼェ…

ハヤト「ふぅ…良いド根性だったぞ、ピジョン!キミのメリープもファンシーな見た目の割にかなりのド根性だな」

ヒビキ「おぉう!俺のデンまるはそんじょそこらのとは気合が違うんじゃ!」シュボンッ

ヒビキ「よぉしこれで最後じゃ!おんしの力を見せてもらうぞ!カチコめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッ

ハヤト「マダ…ツボミ…?」

ツボミまる「つぼつぼ」ウネウネ

ゴロウ「何だか不安になってきたでやんす…」

54 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:27:56 ID:qDg.e06A
ハヤト「いや、さっきのメリープのように見た目で判断してはダメだ…!すゥぬァくぁけェェッ!」

ピジョン「ピジョッ」ジャリジャリ

ツボミまる「つぼ」クシクシ

ヒビキ「ふむ…コイツの技は…」ピッピッ

ハヤト「一気に仕留めろ!ゴッドバードォ!」

ピジョン「ピジョォ…!」パァァァ…

ヒビキ「物は試しじゃ!つるぎのまい!」

ツボミまる「つぼ」シャキーンッ

ハヤト「一回舞っただけでこのゴッドバードを止められるくァ!」

ピジョン「ピジョオォォォォオオオッッッ!!!」ゴオォォッ!!!

ヒビキ「ツボミまるゥッ!」

ズドオオォォォォォンッ!!!

55 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:32:51 ID:qDg.e06A
ツボミまる「つぼぼ」シュルルルッ

ピジョン「ピジョォ…!」ギチギチィ…

ヒビキ「っしゃぁ!上手く行きよったわ!」

ハヤト「ゴッドバードが外れた!?いや、躱された!?すなかけで目が見えない筈のマダツボミが!?」

ハヤト「しかも躱しながらまきつくとは…!とんでもない反射神経のマダツボミだ!でんこうせっかで振りほどけェ!」

ピジョン「ピジョォ…!」ビリッ

ハヤト「まさか…メリープの特性せいでんきか…!」

ヒビキ「ブチ嚙ませェ!たたきつけェる!」

ツボミまる「まだ・つぼみ」ブンブンブゥゥゥウンッ!!!

ズドオオオォォォォォォォンッ!!!

ピジョン「ピ…ピジョォ…」ピクッ…ピクンッ

ハヤト「見事だ…」

ゴロウ「三体倒したって事は…アニキの勝ちでやんす!」ワーイッ

ヒビキ「おっしぃぁぁっ!おんどれァやるのォ!ツボミまる!」

ツボミまる「まだまだ」ウネウネ

56 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:35:55 ID:JpbGhaSI
マダツボミ株爆上げ

57 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:39:22 ID:qDg.e06A
ハヤト「父上…申し訳ありません…ハヤトは未熟でした…」

ヒビキ「よぉし!これで世界の番長への道に一歩進めたのォ!」

ハヤト「見事だ、ヒビキくん。すなかけゴッドバードのコンボを編み出してから俺を倒したのはキミが初めてだ。これを受け取ってくれ、ウィングバッジだ」スッ

ヒビキ「ばっじ?おんしのトコの代紋みたいなやつか!受け取らせてもらうわ!」ガシッ

ゴロウ「やりやしたね、アニキ!」

ハヤト「キミは時々意味の分からない事を言うな」

ウィングバッジを手に入れた。

58 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/18(土) 14:43:53 ID:qDg.e06A
ヒビキ 持ち物 メガジッテ 

手持ち四匹

マグマラシ ♂ NN アラシまる         タマゴ

Lv14
ひのこ   でんこうせっか
にらみつける えんまく
 
メリープ  ♂ NN デンまる
Lv14  もちもの デンリュウナイト

たいあたり なきごえ
ほうでん わたほうし

マダツボミ  ♂ NN ツボミまる
Lv19
パワーウィップ たたきつける
まきつく つるぎのまい

59 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/24(金) 23:57:45 ID:eoOmMeN2
キキョウシティ

ゴロウ「アニキ!次のジムが有る所はヒワダタウンらしいてやんす!」

ヒビキ「おっし!じゃあ次はヒワダの番長にカチコミに行くぞォ!」オー

助手「あ、あの!ヒビキくん!」

ヒビキ「おぉう!誰かと思ったらナヨナヨ博士の助手じゃねェか!どした!」

助手「じ…実は…キミが届けてくれたタマゴを…」

ヒビキ「おぉう!」ズイッ

助手「ひっ!キミにこのタマゴを孵して欲し…」

キイィィィィィィンッ!

エアームド「エアァァァッ!」パクッ

ゴロウ「あぁ!タマゴが鳥ポケモンに取られたでやんす!」

ヒビキ「何じゃァ、あのポケモンは!カッチョエエのぅ!」

助手「エアームド!この辺りにエアームドなんて…!」

ハヤト「いや、最近45番道路に生息しているエアームドが31番道路のキャタピーなどの虫ポケモンを捕食する為に南下してくる事があるんだ」

ヒビキ「おぉう!さっきぶりじゃのう!」

60 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 00:23:44 ID:2xyripP6
ゴロウ「でも取っていたのはタマゴでやんすよ」

ハヤト「たまにタマゴを食べる」

助手「た、大変だぁ!取り返しさなきゃ…!」

ヒビキ「ほぉう…。エアームドか…。あの鋼鉄の身体…エエのぅ…!」ニヤリ

ハヤト「ヒビキくん、空を飛べるポケモンは居ないだろう?俺のピジョットなら瀕死ではないが?」

ヒビキ「いぃや、俺一人で十分じゃ!ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッ

ヒビキ「パワーウィップじゃ!アイツの首を狙えやァ!」

ツボミまる「つぼ」シュルルルルゥッ!

エアームド「エアァッ!?」ガシッ

ハヤト「おぉ!」

61 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 00:25:52 ID:2xyripP6
ヒビキ「そのまま、たたきつけちまえやァ!」

ツボミまる「つぼぼ」ブオォォォンッ!

バキイイィィィィィンッ!!!

エアームド「エアァッ!」

ゴロウ「エアームドの身体が砕けちゃったでやんす!」

ヒビキ「うおっ。やりすぎちまったか?」

エアームド「エアッ!」キッ

ハヤト「気を付けろ!」

キイイイイイイィィィィインッ!!!

ヒビキ「何じゃ!?さっきより速くなっちょるぞ!」

助手「もしかして特性が『くだけるよろい』のエアームド!?何と珍しい!」

ヒビキ「成程のぉ…。重い鎧が砕けてスピードが速くなると言う訳じゃのぅ」ピッピッ

62 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 00:43:15 ID:2xyripP6
エアームド「ムドォー!」ギュルルルゥ!

ハヤト「ドリルくちばしが来るぞ!」

ヒビキ「ツボミまる!つるぎのまいじゃ!」

ツボミまる「つぼ」シャキーンッ

ハヤト「あの時と同じ戦法か…!」

ヒビキ「たたきつける!」

ツボミまる「つぼ」ブオォォォンッ!

エアームド「ムドオォッ!」ズサァッ!

ヒビキ「おっし!喰らえやァ!モンスターボール!」ポーイッ

しゅぼんっ

ヒビキ「エアームドをしょっぴいたぞー!」

ゴロウ「タマゴも無事でやんす!流石はアニキ!」

ハヤト「ジム戦といい、何なんだあのマダツボミは…」

63 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 04:58:33 ID:/ow/yvFA
https://www.girlsheaven-job.net/10/yubou_kuraya/

64 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/25(土) 07:41:20 ID:R/gBTXmg
有能マダツボミ

65 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/28(火) 17:29:56 ID:Xq5z3ugk
ヒワダタウン

ヒビキ「ようやく着いたのぅ、ヒワダタウン!」

ゴロウ「32番道路、つながりのどうぐつ、33番道路と越えてやっとでやんすからね」

ヒビキ「まあ、ゴロウもお陰で新しいポケモンもゲット出来たからエエけんどうな!」

ゴロウ「これもアニキの普段のご指導の賜物でやんす」ハハー

町人「アンタ達、旅のトレーナーかい?この町に来たならモンスターボール職人のガンテツさんを訪ねると良いよ」

ヒビキ「おぉう!モンスターボール職人たぁ、面白そうじゃのぅ」

ゴロウ「丁度モンスターボールもきれる所でやんすし、行ってみやすか?」

66 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/28(火) 17:37:25 ID:Xq5z3ugk
ドォン!

ヒビキ「おぉう!ガンテツちゅうボール職人の家かー?」

ガンテツ「おぉう!誰やおどれ」

ヒビキ「俺ァ、ヒビキ!巷じゃワカバの黄金番長言われとるトレーナーじゃ!」

ゴロウ「舎弟のゴロウでやんす!」

ガンテツ「ガンテツとは如何にも儂の事や!なんや、おどれもボールを作って欲しいんか?」

ヒビキ「おぉう!如何にもじゃ!」

ガンテツ「おぉう!やったらぼんぐりを持っとるんやろぉな?」ズイッ

ヒビキ「何じゃ、ぼんぐりって」

ガンテツ「何やぼんぐり持っとらんのか。そのぼんぐりが材料やき、無きゃボールは造れんぞ!」

ヒビキ「おぉう、この辺りにあるもんなのか?」

ガンテツ「おぉう!そこら辺に沢山生ってるで!」

ゴロウ「何かこの二人似てるでやんすねー」

67 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/03/28(火) 17:44:38 ID:Xq5z3ugk
ヒビキ「っし!じゃあ早速取りにいくかのぅ!」

ゴロウ「あ、アニキは休んでて下さいでやんす!こう言う事は舎弟であるオイラがやるでやんす!」

ヒビキ「気にせんでエエぞ。人に物頼んでるんじゃき、そー言うのは自分が動かないかんじゃろうて」

ゴロウ「偶には舎弟らしい事をさせて下さいでやんす!」

ヒビキ「そこまで言うんやったら…頼んだぞ、ゴロウ!」

ゴロウ「暫時沢山取ってきやーす!」ガチャッ

ガンテツ「良い舎弟がおるやないか!」

ヒビキ「じゃろう?」

ガンテツ「じゃあおどれにはこっちの相手をしてもらおうか」

チエ「こんにちわ!」

ヒビキ「おぉう?」

ガンテツ「孫の相手をしてくれや」

ヒビキ「おう…」

68 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/15(土) 10:09:19 ID:JOzEwSNY
あく

69 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 13:43:58 ID:fhRzk5IU
――――
――
ゴロウ「ふぅ…こんなモノでやんすかね」ドサッ

ゴロウ「これでオイラもアニキの舎弟として少しは役にたてたでやんす!」

「やどー」

「おらっ!尻尾を出せ!」

ザシュ!

ゴロウ「な…何の音でやんすか!?」コソッ

「今日も中々沢山取れましたね」

「はいランス様!」

ランス「このヤドンの尻尾を売れば大層良い金になるでしょう…」ニヤリ

ゴロウ「な…何かヤバイ奴らでやんす…」

「まだそんな商売をしていたのか」

ゴロウ「あ…アイツは…!」

ランス「これはこれはシルバー様」

シルバー「ふんっ」

70 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 13:55:11 ID:fhRzk5IU
ランス「最近ご連絡も下さらないので心配していました。お元気そうでなによりです」ペコリ

シルバー「連絡なんぞする訳ないだろう。俺は出奔したんだ」

ランス「戻られるつもりはないのですか…」

シルバー「お前の頼みでも聞けん」チラッ

ヤドン「やどー」グタァ…

シルバー「それに今のロケット団は…アイツは嫌いだ」チッ

ランス「残念です。ですが何時でも私は貴方が帰って来るのをお待ちしております、シルバー様」ペコッ

シルバー「………」ザッ

ゴロウ「話の内容は分からなかったでやんすけんど、何かヤバイでやんす…」コソッ

ばきっ

ランス「何奴!」

ゴロウ「やばっ…!」

71 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 14:12:09 ID:fhRzk5IU
――――
――
ヒビキ「ほぉーれ!たかいたかーい!そしてジャイアントスイングじゃー!」グルングルングルンッ

チエ「キャハハハッ!たのしー!」

ガンテツ「はしゃぎすぎて頭を打つんやないぞー」

町人「大変だガンテツさん!またロケット団が…!」ドォン

ガンテツ「ぬぁにぃ!またヤドンの井戸で悪さをしておるのか!?」

ヒビキ「ロケット団?何じゃそりゃ」

ガンテツ「ポケモンを利用して武器の密輸やポケモンの裏売買、裏商売をしておったポケモンマフィアじゃ!」

ガンテツ「三年前に女ジムリーダー三人娘と今のカントーのトキワシティのジムリーダー・グリーンによって壊滅状態じゃったが、最近地下活動を始めてこの町のヤドンの尻尾を密猟して売りさばいておる!」

ヒビキ「ッチ。俺も同じワルじゃがポケモンを利用してってのは気に喰わんのぉ!」

町人「そのロケット団とコラッタを使ってる短パン小僧も子がヤドンの井戸で戦ってるんだよ!」

ヒビキ「短パン小僧…まさかゴロウかァ!」ダッ

ガンテツ「待たんか、坊主!儂も行くd…」ボキッ

町人「無理すんなよ、ガンテツさん!」

ガンテツ「こ…腰がぁ…」

72 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 14:21:31 ID:fhRzk5IU
ヤドンの井戸

ゴロウ「コラッタ!頑張るでやんす!ひっさつまえば!」

コラッタ「コラー!」ガジガジ

ドガース「ドガー」

したっぱ「ぐわぁー!」

ランス「子供相手に何をしているんです!人海戦術で行きなさい!」

アーボ「アボー!」

コイル「ビビビ」

ズバット「ズバッ!」

ゴロウ「な…!だったら最近捕まえた…イシツブテ!」ポーイッ

イシツブテ「ラッシャイ!」

ゴロウ「アニキに習って全体攻撃でやんす!マグニチュード!」

イシツブテ「イラッシャーイ!」ゴゴゴゴ!

73 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 14:34:54 ID:fhRzk5IU
アーボ「アボォ!」ピクッ…ピクンッ

コイル「ビビッ…!」ピクッ…ピクンッ

ズバット「ズバァ!」ドクドクッガジッ!

イシツブテ「ラッシャァ…!」ドクドクッ

ゴロウ「イシツブテ!」

ランス「他の二匹には効きましたが、ズバットには効きませんよ!どくどくでも喰らっていなさい!」

ゴロウ「戻るでやんす!」シュボンッ

ランス「後はその前のバトルで弱ったコラッタのみ…。そして私はとっておきのポケモンが残っている…お遊びはここまでですよ」ニヤリ

ゴロウ「マズいでやんす…!でも…ヤドンにあんなヒドイ事をする奴らに負けたくないでやんすー!」

ランス「その年で良い男ぶりですが、私はロケット団一冷酷な男…。容赦はしない!」

「ひのこじゃあ!」

ボボボボ!

ヒビキ「漢ぶりが上がったのぅ、ゴロウ!よぉ頑張った!」

ゴロウ「ア…アニキー!」

74 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 16:18:20 ID:fhRzk5IU
ランス「新手ですか…!ですが邪魔はさせませんよ、ズバット!」

ズバット「ズバァッ!」

ヒビキ「雑魚は退けェ!でんこうせっかァ!」

アラシまる「マグァ!」シュバッ!

ズバット「ズバァッ!」ズサァッ

ランス「低レベルではどうにもなりませんか…だったらとっておきのゴルバット!」ポーイッ

ゴルバット「ゴルバッ!」

ヒビキ「でんこうせっかァ!」

ランス「こっちもでんこうせっか!」

アラシまる「マグッ…」

ゴルバット「バットオ!」シュバァッ!

アラシまる「マグゥ…!」ズサァァ!

ゴロウ「アラシまるより速い!」

ランス「同じでんこうせっかなら元のスピードが上の方が勝つのは必然でしょう!」

75 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 16:38:36 ID:fhRzk5IU
ランス「続けてくらいなさい!どくどく!」

ゴルバット「バットト!」ドクドクッ

アラシまる「マグゥ…」ドクドクッ

ヒビキ「戻るんじゃ、アラシまる!」シュボンッ

ランス「最速のスピードに最凶の毒攻撃に耐えられ訳はありませんよ」フフンッ

ヒビキ「そいつはどうかのォ!カチこめ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアァー!」

ランス「鋼タイプのエアームド…!これでは毒タイプの技が効きませんね…アクロバット!」

ゴルバット「ゴルバッ!」シュババッ

ランス「だがスピードならばまだこっちが上!ちまちまと攻めさせてもらいます!」

バリイィィィンッ!

ランス「何!エアームドの鎧が砕けた!?」

76 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 16:46:14 ID:fhRzk5IU
ヒビキ「ドリルくちばしじゃァ!」

ムドーまる「エアァァー!」ギュルルルゥ!

ゴルバット「バババ…!」グリグリィ…

ランス「スピードが上がった…!特性のくだけるよろいか…!ならばでんこうせっか!」

ヒビキ「フェイントォ!」

ゴルバット「ゴル…」

ムドーまる「ムドォー!」シュバシュバッ!

ゴルバット「ゴルォ…!」ドサッ…

ランス「更にでんこうせっかより優先度が高いフェイントだと…!?」

ヒビキ「おぉう!おどれら…。何かこの町で好き勝手やっとるらしいがのぅ…」

ヒビキ「今日この町の番長を倒し、これからは俺がこの町をシめる!人のシマで好き勝手はもうやらせんぞ!」ドォン!

ランス「くっ…!」

77 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 16:51:46 ID:fhRzk5IU
ばきっ

ランス「っ!ゴルバット!」

ゴルバット「ゴルバッ!」シュバッ

ガンテツ「うおっ!」

チエ「きゃあ!」

ヒビキ「爺さん!嬢ちゃん!」

ゴロウ「人質なんて卑劣でやんす!」

ランス「私はロケット団で一番冷酷な男…。人質なんてお手の物です。さあ動いたらこの二人の血を吸い尽くしてあげます」

ヒビキ「チィッ…!どうにか一瞬で奴の懐に入れこめれば…」

びくんっ

ヒビキ「!何じゃ!?」

ゴロウ「アニキ!アニキのタマゴが…!」

パキパキパッカーン!

ミニリュウ「りゅー」

78 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/17(月) 17:06:50 ID:fhRzk5IU
ゴロウ「タマゴからミニリュウが産まれたでやんす!」

ヒビキ「コイツが…。ほぉ…エエ技覚えとるのぅ…」ピッピッ

ランス「何をゴチャゴチャやってるんです!本当にきゅうけつを使っちゃいますよ!?」

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!

ランス「えっ?」

ゴルバット「ゴルバァ!」ズサァッ!

ミニリュウ「りゅー」

ゴロウ「み…見えなかったでやんす…!」

ランス「これで私は手持ちゼロ…。さあ、殺しなさい」

ヒビキ「………俺は例えどーしようもないド阿呆でも人殺しは絶対にせん流儀なんじゃ。どっか行けや」

ランス「………同じ少年でも三年前我々を壊滅させた少年とは全く正反対の事を言いますね。彼は邪魔する者は全て皆殺しにしてきた」

ヒビキ「俺はおどれらを壊滅させた奴の事なんぞ知らん。じゃが言えるのは俺の流儀とそいつの流儀とは絶対かみ合わんじゃろうのぉ」クルクルッパシッ

79 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/22(土) 11:54:17 ID:SVS5gQqw
人妻
http://galscom.eek.jp/zds06/00/

人妻とヤレる
http://galscom.eek.jp/zds06/000/

おばさん
http://galscom.eek.jp/zds07/0001/

地域別|
http://galscom.eek.jp/zds05/0001/


http://galscom.eek.jp/zds11/00/

逆サポ
http://galscom.eek.jp/zds12/00/


http://galscom.eek.jp/zds15/00/

書き込み一覧
http://galscom.eek.jp/zds17/00/

80 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/28(金) 17:48:50 ID:rfr.0m9I
――――
――
ガンテツ「これはくろぼんぐりやな…。これなら良いボールが作れるで!」

ヒビキ「おぉう、ゴロウ!よぉ見つけたもんじゃ!」

ゴロウ「アニキに褒めて貰えて、オイラも嬉しいでやんす!」

ヒビキ「さっきの連中相手といい、俺が見込んだ通りの度胸じゃのぅ!」

ゴロウ「あっ…さっきの連中と言ったらアニキ…」

ヒビキ「ん?」

ゴロウ「いや、やっぱり何でもないでやんす!」

ヒビキ「そうか?」

ガンテツ「ボールが出来るには少し時間がかかるからのぉう!どっかで時間でも潰しておけや!」カーンッカーンッ

ヒビキ「そうか!ボールが出来る間にさっそくこの町の番長にカチコミに行くぞ!」

ゴロウ(正直仲も悪そうだったし、あのシルバーの事はアニキに言わない方がいいでやんすよね…)

81 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/28(金) 18:26:37 ID:rfr.0m9I
ヒワダジム

ドオォンッ!

ヒビキ「たのもー!俺ァ、ヒビキ!ワカバタウンのヒビキじゃ!ジム番長、出てこいやァ!」

ツクシ「僕ツクシ!虫ポケモンの事なら誰にも負けないよ!」

ヒビキ「女ぁ!?まさかのスケバンかぁ!?困ったのぉ、俺ァ女とは戦いづらいのぉ…」

ツクシ「僕は男だよ!番長とかスケバンとか良く分からない事を言う人だなぁ…」

ヒビキ「何じゃ男か。なら存分にどつけるな!ポケモン勝負じゃあ!」チャキッ

ツクシ「って事は挑戦者ダネ!受けて立つよ!このジムでは三対三!行け、神聖なる森の牙!カイロス!」ポーイッ

カイロス「カーイッ!」ポンッ

ヒビキ「カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッ

ツクシ「もしかしてキミってタイプの相性を知らない人?虫タイプに草タイプなんて…」

ヒビキ「タイプだぁ?んなモン、このツボミまるには関係ねぇんじゃ!つるぎのまい!」

ツボミまる「つぼ」シャキーンッ

82 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/28(金) 18:48:29 ID:rfr.0m9I
ツクシ「マダツボミ如きが一回舞っただけでカイロスのパワーを敗れる訳がない!シザークロス!」

カイロス「カイカーイッ!」ジャキィンッ!

ヒビキ「パワーウィップで弾けや!」

ツボミまる「つぼっ」ブオォォォンッ!

バシィィンッ!

カイロス「カイッ!?」

ツクシ「弾かれた!?」

ヒビキ「たたきつけちまいなァ!」

ツボミまる「つぼ」ベシイィィンッ!

カイロス「クァァッ!」ガクッ

ゴロウ「クリーンヒットでやんす!」

ツクシ「成程…その細身で大したパワーダネ…!だったらこれでも喰らえ!ハサミギロチン!」

カイロス「クアァァァァイッ!」ゴオォォォォ…!

ジャキイィィィィンッ!!!

83 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/04/28(金) 19:10:45 ID:rfr.0m9I
ゴロウ「直撃したでやんす…!」

ツクシ「ハサミギロチンは喰らったら一撃必殺…。そのマダツボミは戦闘不能ダ…ネ…?」

ツボミまる「つぼ…」ググッ…

カイロス「カイッ!?」グググッ…

ツクシ「一撃必殺のハサミギロチンを耐えるなんて…まさかあのマダツボミ、カイロスよりレベルが高いの!?」

ヒビキ「沈みやがれェ!たたきつける!」

ツボミまる「つぼ」ブオォォォンンッ!!!

ビシャアァァァァンッ!

カイロス「カ…イロ…」ピクッ…ピクンッ

ゴロウ「まずは一匹目でやんす!」

ツクシ「凄いね、そのマダツボミ!だったら次は森の音速の戦士!ヤンヤンマ!」ポーイッ

ヤンヤンマ「イヤン」ポンッ

84 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/25(木) 23:03:38 ID:BHpGJr5I
ツクシ「ヤンヤンマ!キミのスピードを見せてやれ!アクロバット!」

ヤンヤンマ「ヤンッ!」シュバッ

ヒビキ「ツボミまる!見切ってたたきつけるんじゃ!」

ツボミまる「つぼっ」スッ…ブオォォォンンッ!

ヤンヤンマ「いやぁんっ!」グシャァッ!

ツクシ「ヤンヤンマ!初速じゃああのマダツボミには見切られちゃうか…!距離を取ってぎんいろのかぜ!」

ヤンヤンマ「ヤンヤンヤンヤンッ!」ビュオォォオッ!

ツボミまる「つぼ…」ググッ…

ヒビキ「ツボミまる!パワーウィップで捕えるんじゃ!」

ツボミまる「つぼぼ」シュルルルルゥッ!

ヤンヤンマ「いやぁん!」グッグッグッ…

ヒビキ「もういっちょ叩きつけちまいなァ!」

ぶおぉぉぉぉぉんっ!

ヤンヤンマ「やぁ…!」ゴフッ…

85 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/25(木) 23:16:32 ID:BHpGJr5I
ツクシ「デタラメでだヨ、あのマダツボミ!ふきとばし!」

ヤンヤンマ「ヤァンヤァンヤァンッ!」バッサバッサバッサ!

ツボミまる「つぼ?」ビュオォォォォオ!シュボンッ!

ヒビキ「何じゃ!?」

ゴロウ「ツボミまるがボールに戻ったでヤンス!」

ムドーまる「エアッ!?」ポンッ

ヒビキ「何で勝手にムドーまるが出てくるんじゃ?」

ツクシ「ふきとばしは相手のポケモンを吹き飛ばして強制的に離脱させる技。野生じゃ逃げる時に、バトルでは強制的に交代させる技なんだけど…」

ヒビキ「じゃが出て来たのは飛行タイプを持つ俺のエアームド、ムドーまるじゃった訳だったが、運が悪かったんのぉ」

ツクシ「だけど十分時間は稼がせて貰ったヨ!これからがヤンヤンマの本領発揮サ!

ヒビキ「ぬかせ!ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアァァァ!」ギュルルルゥ!

86 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/05/25(木) 23:27:23 ID:BHpGJr5I
ツクシ「躱してソニックブーム!」

シュバッ!

ヤンヤンマ「ヤンヤンヤ!」ブオォォォ!

ムドーまる「エアァッ!」ガガガッ!

ゴロウ「さっきと動きが全然違うでヤンス!」

ツクシ「ヤンヤンマの特性『かそく』サ!時間が経てば経つほどそのスピードは速くなるのサ!」

ヒビキ「まだまだァ!ドリルくちばしじゃァ!」

ムドーまる「エアァッ!」ギュルルルゥ!

ツクシ「遅いヨ!後ろを取って、アクロバット!」

ヤンヤンマ「ヤァンヤンッ!」シュバッドゴォッ!

ムドーまる「エアァッ!」バキィッ!

ゴロウ「物理技!コレならムドーまるも…!」

ヒビキ「ムドーまる!」

ムドーまる「ムドオォッ!」ゴオォッ!

ツクシ「だぁかぁらぁ…!遅いって言ってんだヨォ!」

87 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 15:46:12 ID:ImR2Hmv.
ヤンヤンマ「ヤンヤンヤァンッ!」シュバシュバシュバババッ!

ムドーまる「エアァッ…!」バキッベキッドゴォッ!

ゴロウ「そんな…!物理攻撃を受けてるのにムドーまるがヤンヤンマのスピードに追い付いてないでやんす!」

ツクシ「何でエアームドのスピード程度でヤンヤンマのスピードを捉えられると思ったか知らないけど、特性『かそく』は止まらないヨ!」

ヒビキ「………」

ツクシ「サア!トドメのソニック…」

ヒビキ「ムドーまぁぁるっ!」

ムドーまる「エアッ!」バキイィィンッ!

キイイイイイイィィィィインッ!!!

ツクシ「一気に加速した!?ヤンヤンマ…!」

ヒビキ「だーかーらー。遅いと言っちょるじゃろうがよォ!はがねのつばさァッ!」

ムドーまる「エアァァァァァッ!」カチーンッザシュッザシュッ!

ヤンヤンマ「い…いやぁん…」ガクッ

ツクシ「エアームドの鎧が砕けて一気に加速した…まさか『くだけるよろい』の特性…!?」

88 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 17:06:49 ID:ImR2Hmv.
ヒビキ「おどれのトンボの『かそく』もエエスピードじゃったが、俺のムドーまるの『くだけるよろい』はスピード弐段階上昇じゃ!」

ツクシ「だけどエアームドはアクロバットを喰らっても特にスピードは上がっている様子じゃなかった…まさか…!」

ヒビキ「おぉう!ムドーまるはトンボのスピードを超えるその瞬間まで耐える様に指示しちょったわ!じゃなきゃ奇襲にならんからのぉ!」

ツクシ「キミ、見た目の割に中々駆け引き上手ダネ…。じゃあ最後の一匹、僕のとっておきを見せてあげるヨ!」チャキッ

ツクシ「舞い降りろ、森を蹂躙するハードボイルドな剣士!ストライク!」ポーイッ

ストライク「ストォ…」ポンッ

ヒビキ「ほぉ…強そうなのが出て来たのぉ…!スピードの出し惜しみもこれまでじゃ!ドリルくちばしじゃぁ!」

ムドーまる「ムドオォッ!」ギュルルルゥ!

キイイイイイイィィィィインッ!!!

ツクシ「往なせストライク!つるぎのまい!」

ストライク「ストォ…!」ジャキィンッ!

ガガガガガガガガッ!

ゴロウ「あの鎌でドリルくちばしが躱されたでやんす!」

ヒビキ「ガッハッハッ!マジか!あの最大スピードのムドーまるのドリルくちばしを見切りよったわ!」

89 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/07(水) 17:23:20 ID:ImR2Hmv.
ツクシ「どうせ今のエアームドのスピードには勝てないんだから向かえ撃たせてもらうヨ!」

ヒビキ「エエ根性じゃ!もう一発カチこめやァ!ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアムドォウ!」ギュルルルルゥ!!!

キイイイイイイィィィィインッ!!!

ツクシ「見切りは任せたよ、ストライク!シザークロス!」

ストライク「ストォ…!」チャキッ…

ズバァッ!

ムドーまる「ム…ドォ……」ガクッ

ツクシ「鎧を砕きすぎたお陰で元々のエアームドの打たれ強さも生かせれなかったようだネ」

ヒビキ「それもそうじゃがおどれのそのストライク…あの見切りと言いつるぎのまいを防御技に使ったりと、他の二匹とは格が違うようじゃのぅ…」シュボンッ

ツクシ「そりゃそうだヨ!僕はね元々虫タイプが大好きだけど、ある人の影響でこのストライクは特別育てる事にしたんだ!」

ヒビキ「ほぉ…。ソイツはさぞかし強かったんじゃのぉ!おどれの態度でよぉ分かるわ!」

ツクシ「まぁネッ!」

ヒビキ「じゃあもっとそのとっておきの強さ、見せてもらうぞ!もう一発カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッ

90 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 19:47:36 ID:d6ZlWeO6
ツクシ「出たネ、やっかいなマダツボミ…!でも僕のストライクなら!突っ込んできりさく!」

ストライク「ストトトト!」シュタタタタッ!ザンッ!

ヒビキ「ツボミまる、見切ってたたきつける!」

ツボミまる「つぼぉ…つぼっ」ササッベシイィィンッ!

ツクシ「剣舞で往なしてシザークロス!」

ストライク「ストォ…ストォラァイクッ!」チャキィンッ…ザシュッ!

ヒビキ「パワーウィップで弾くんじゃ!」

ツボミまる「つっぼぉ」ブオォォンッ!

ストライク「ストォォ…!」ズサァッ…!

ツボミまる「つぼ…」ザシュッ…

ヒビキ「剣圧に押されよったわ…!」

ツクシ「威力は四分の一なのにこのパワー…!」

ゴロウ「何と激しい剣戟でやんす…!」ゴクッ…

91 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 19:58:44 ID:d6ZlWeO6
ヒビキ「次はこっちからじゃぁ!パワーウップであの鎌を捕まえるんじゃ!」

ツボミまる「つぼぼぼっ」シュルルルルゥッ!

ストライク「スト…!」ググッ…

ヒビキ「そんまま引き寄せてたたきつけろォ!」

ツボミまる「つぼぉぉ…つぼっ」ブゥゥゥンッベシイィィンッ!!!

ストライク「ストォ…!」ゴフッ…

ツクシ「負けるなストライク!きりさく!」

ストライク「スゥトォォオオッ!」ブオォォンッ!

ヒビキ「弾け!パワーウィップ!」

ツボミまる「つぼぉっ!」バッシィィンッ!

ツクシ「まだだ!もう一度きりさく!」

ストライク「ストラァァァイックッ!!!」ブオォォォンンッ!

ヒビキ「受け止めるんじゃァァッ!」

ツボミまる「つぼ…」スッ…

ぱっしーーんっ!

92 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/10(土) 20:09:14 ID:d6ZlWeO6
ツクシ「真剣白羽取り…!」

ヒビキ「そのまままきつくでもう一つの得物も押えるんじゃ!」

ツボミまる「つぼぼぼ」シュルルルル…ギチィィ…!

ツクシ「す…ストライクゥウッ!」

ストライク「ストォ…!」キッ…ゲシィッ!

ツボミまる「つぼっ…!」ゴフッ

ヒビキ「ヤクザキックで抜け出しおったわ!じゃがこれで終いじゃあ!パワーウィィップッ!」

ツボミまる「つっぼぉっ…!」

すかっ

ヒビキ「何ィッ!?」

ツクシ「ッ!今だっつばめがえし!」

ストライク「ストラァァァァァ…!」

ザシュッザシュッ!

ツボミまる「つ……つぼ…」ガクッ…

ツクシ「PP切れに助かった…」

93 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 18:47:30 ID:MlThXL4c
ゴロウ「アニキ…」

ヒビキ「んな顔すんなやゴロウ。決める所はキッチリ決めちゃるきのぉ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「マグゥッ!」ポンッ

ツクシ「最後はセオリー通りの炎タイプ…!気を引き締めるヨ、ストライク!」

ストライク「ストォ…!」チャキッ…

ヒビキ「でんこうせっくぁっ!」

シュバッ!

ツクシ「ッ!?」ハッ

ストライク「スッ…!」ヒョイッ

アラシまる「マグッ…!?」

ツクシ「速い…!」

ゴロウ「あのスピードを躱されたでやんす!」

ヒビキ「じゃが態勢は崩した!ひのこじゃぁ!」

アラシまる「マグゥアッ!」ボボボッ!

94 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 19:09:12 ID:MlThXL4c
ツクシ「今こそ特訓の成果だヨ、ストライク!つるぎのまい・回天剣舞!」

ストライク「ストトトトトォォオッ!」ギュルルルゥ!

ぱらっ…ぱらぱらっ…

ゴロウ「炎を全て弾かれたでやんす…!」

ヒビキ「やりおるのぉ!」

ツクシ「つるぎのまいをしながらストライクを中心に大回転しての防御技…。アニメやあのヒトの戦い方を観て考えた技サ!」

ツクシ「そして剣舞を三積したストライクの刃を喰らえ!きりさく!」

ストライク「ストォォオラァァイクッ!」シュタタタタッ!シャキィィインッ!

ヒビキ「躱せ!」

アラシまる「マグゥ…!」サッ

ぶわぁぁっ!

アラシまる「マグゥゥ…!」ズサァァ!

ヒビキ「また剣圧に押された…!さっきの比じゃないのおぉ…!」

ヒビキ(何よりあのパワーの鎌を直接喰らったらアラシまるじゃあ一撃じゃぞ…!)

95 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 19:23:29 ID:MlThXL4c
ツクシ「上手く躱したネ…!でもこれでお終いだヨ!つばめがえし!」

ストライク「ストォ…!」シュタタタタッ!

ヒビキ「必中のつばめがえし…!アラシまる、あなをほる!」

アラシまる「マグゥ!」ホリホリ

ツクシ「あなをほるで躱したネ…。でも地面タイプの技じゃストライクには攻撃出来ない。出て来たところを狙い撃ちダネ」

アラシまる「マグゥ!」ボコォ!

ストライク「ストォ…!」シュタタタタッ!

ヒビキ「もう一回潜れ!」

アラシまる「マグゥ…!」ホリホリ

ツクシ「落ち着いてストライク…。集中して出て来たところを狙うんだ…!」

ストライク「ストォ…」フゥゥ…

アラシまる「マグ…!」ボコッ

ストライク「しぇえぇぇぇぇぇぇぇ!!!」シュタタタタタッ!

アラシまる「マグッ!?」ビクッ

96 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 19:32:09 ID:MlThXL4c
ヒビキ「また潜るんじゃ!」

アラシまる「マグッ…!」ホリホリ

ツクシ「もー!いい加減にしてヨ!ジムが穴だらけになるじゃんかー!」

ヒビキ「穴だらけ…」チラッ

ヒビキ「っ!オモロイ事思いついたわ…!」ククッ

ヒビキ「アラシまる!もっと掘って掘って穴を掘りまくるんじゃ!」

アラシまる「マグゥッ!」ホリホリホリ

ゴロウ「アニキ…何を?」

ぼこっ!ぼこっ!ぼこっ!ぼこぼこぼこっ!

ツクシ「あーもー!いい加減に出て来いよ臆病者ー!」イライラ

ヒビキ「おぉう!言われずともそろそろ出て来ちゃる!アラシまる!地面の中から炎を爆発させるんじゃぁぁ!」

ゴゴゴゴゴゴゴッ…!

ツクシ「な…何…!?」

ゴオオオオオオオォォォォォォォオオッッ!!!

ゴロウ「アラシまるの開けた穴から大量の火柱が!」

97 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 19:40:42 ID:MlThXL4c
ストライク「ストォ…!」ジリジリ…

ツクシ「ストライク!穴の近くから離れるん…逃げ場がない…!火柱の数が多すぎる!」

ゴオオオオオオォォォ……………

ツクシ「火柱が止んだ…。そろそろ出てくる筈…」ホッ

ストライク「ストォ…」チラッ…チラッ……

ツクシ「マグマラシは何処…?」

ヒビキ「今じゃアラシまぁぁぁる!!!」

アラシまる「マグゥゥゥウ!」バビョォォォォォォンッ!

ゴロウ「いつの間にあんな上空にいたでやんすか!?」

ツクシ「さっきの火柱を使って上空に…!」

アラシまる「マグゥゥウ!」ボオォォッ!

ツクシ「炎技が来る…!つるぎのまい・回天剣舞!」

ストライク「ストオォォォオッ!!!」ギュルルルルゥ!!!

98 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 19:49:04 ID:MlThXL4c
ヒビキ「カチこめ!かえんぐるまァァアッ!」

アラシまる「マグゥゥゥア!!!」ボォォグルグルグルンッ!

ドオオォォォンッ!!!

ヒビキ「…!」

ツクシ「ストライク…!」

ゴロウ「あっ…!」

ストライク「す…ストォ……」ガクッ…

アラシまる「マグマアァァッ!」ボオォォ!

ヒビキ「っし!よぉやったぞ、アラシまる!」

ゴロウ「アニキの勝ちでやんす!」ヤッター

ツクシ「最後の一撃…回天の死角の回天の中心を狙ったのか…完敗だよ…」

ヒビキ「いんや、おどれのストライク、かなり強かったぞ!俺のツボミまるを倒したのはそいつが最初じゃきの!」

ゴロウ「それほどのストライクを育てるきっかけになった人も本当に強かったでやんすね。どんな虫使いだったんでやんすか?」

ツクシ「ううん、その人は特別虫使いって訳じゃないんだけど、僕の知る限り最強のハッサム…ストライクの進化系の使いだったヨ」

ツクシ「何せチャンピオンだったヒトだからネ」

99 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 20:00:05 ID:MlThXL4c
ヒビキ「ちゃんぴおん?」

ツクシ「各地方のジムバッジを八つ集めるとポケモンリーグって所に挑戦出来るんだ。ジョウトはカントーと合同だけどネ」

ツクシ「そのポケモンリーグには四天王と呼ばれるジムリーダーの何倍も強いヒト達が居て、そのヒト達を倒してポケモンリーグの頂点に君臨するのがポケモンリーグチャンピオンなんだ」

ヒビキ「ジムリーダーより強い番長…四天王にチャンピオンか…世界はまだまだ広いのぉ!」

ゴロウ「じゃあアニキ…最終的に…」

ヒビキ「おぉう!ジムリーダーを八人ブッ倒し、四天王とやらもチャンピオンとやらもブッ倒し、俺がジョウトの黄金番長になったるわ!」ドォンッ!

ツクシ「番長とか本当に話がよく分からないけど、僕に勝ったからコレをアゲル!インセクトバッジだヨ!」スッ

ヒビキ「おぉう!代紋頂きじゃ!」

インセクトバッジを手に入れた!

ツクシ「次のジムはウバメの森を抜けた先のコガネシティにあるよ」

ヒビキ「おぉう!世話になったのぉ!」

ツクシ「僕もまだまだ研究が足りないナァ…」ハァ…

ツクシ「………僕もそろそろアカネちゃんに頼んでストライクをハッサムに進化させようカナ」

100 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 20:10:51 ID:MlThXL4c
同時刻・ヨシノシティ

こんこんっ

娘「?はーいっ」ガチャッ

?「こんにちわー!わー!久しぶりー!大きくなったねー!」ダキッ

娘「こるにーん!」キャッキャッ

ブルー「どーしたの?お客さん…あっコルにん!」

コルニ「青ちゃん、久しぶり!こっちの生活には慣れた?」

ブルー「うん、オーキド博士以外特に知り合いも居ないし、のどかでマサラタウンにも似てる良い所だよ」

コルニ「………やっぱりマサラには帰ってないの?」

ブルー「うん…。この娘の事、あまり公にしたら世間体的にもマズいもんね…」

ブルー(この娘…レッドくんと私の娘を産んだのは三年前…私も精通をしたばかりの子供の時…今でも子供だけど…)

ブルー(この事実を知っているのは家族やオーキド博士、グリーンくん、ジムリーダーの娘達、そして親友のコルニちゃん…コルにんだけ…)

101 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 20:26:32 ID:MlThXL4c
ブルー(レッドくんがリザードンのライターとライチュウのピッキーと『最期のケジメを付けてくる。ごめんな。』って置手紙を残して居なくなってから、半年後。この娘の妊娠が分かった同時期にレッドくんが最後に行った場所が分かった)

ブルー(シロガネ山…レッドくんは一匹を残して他のポケモン達を知り合いに預けた後にこの山に行ってからの消息が消えたらしい)

ブルー(捜索隊がシロガネ山を探し回ったけど、レッドくんの姿は見つからなかった…)

ブルー(でもシロガネ山の山頂にレッドくんが居た痕跡が見つかった…。ポケモンの亡骸とレッドくんの吹いていた煙管が。)

ブルー(そこにもレッドくんの姿は無かったけど、残された煙管とそのポケモン…白骨化していたけどアレは間違えなくキラ…レッドくんのハッサムだった)

ブルー(キラは立ったまま白骨化していた…まるでそこにある煙管を守るかの様に…)

ブルー(それを見た皆はレッドくんがどうしたのか一瞬で気が付きた…。理解も出来たけど…)

ブルー(生きてて欲しかった…。生きて私と…この娘と一緒に暮らして欲しかったッ…)

コルニ「青ちゃん…?」

ブルー「あっ、ゴメン!立ち話をアレだから入ってゆっくりしててってよ、コルにん!」

102 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/22(木) 20:35:42 ID:MlThXL4c
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ弐個

手持ち伍匹

マグマラシ ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv20                          Lv21 
ひのこ   でんこうせっか             はがねのつばさ  ドリルくちばし
かえんぐるま あなをほる             フェイント     すなかけ       
 
メリープ  ♂ NN デンまる           ミニリュウ  ♂ NN リューまる
Lv18  もちもの デンリュウナイト       Lv5
たいあたり なきごえ               まきつく  でんじは 
ほうでん わたほうし               にらみつける  しんそく

マダツボミ  ♂ NN ツボミまる
Lv28
パワーウィップ たたきつける
まきつく つるぎのまい

103 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 22:34:53 ID:.RXj/3/s
ウバメの森・ゲート手前

?「あの男…一体どこまで行ったんだ…?」キョロキョロ

?「あっ!」

ゴロウ「このゲートを超えたらウバメの森らしいでやんすよ、アニキ!」

ヒビキ「おぉう!日が暮れる前に抜けるぞ、ゴロウ!」

ゴロウ「はいでやんす………って、ああ!」

シルバー「………おい、お前」

ヒビキ「おぉう!シルバー!ここで会ったら何とやらじゃのおぉ!」ズイッ

ゴロウ「コイツが居た事、忘れてたやんす…」

シルバー「ヤドンの井戸に居た、ロケット団…黒づくめの連中を倒したのはお前と言うのは本当か?」

ヒビキ「おぉう!如何にもじゃ!じゃがもうヒトのシマ荒らすような事はさせんきのぉ!」

シルバー「貴様如きがアイツ等をなァ…信じられんな…」

ヒビキ「ホォ…俺の実力が信用ならんちゅーなら、その眼で確かめてみるんじゃな!リベンジじゃ、シルバァ!」チャキッ

シルバー「また返り討ちにしてやる…!」チャキッ

104 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 22:54:38 ID:.RXj/3/s
ヒビキ「今回は5対5で勝負じゃ!カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「りゅー」ポンッ

シルバー「行け、ニューラ!」ポーイッ

ニューラ「ニュラ…」ポンッ

シルバー「Lv5で相性の悪いドラゴンタイプ…やはり雑魚だな」ピッピッ

ゴロウ「アレはポケモン図鑑…!何でアイツが…!?」

ヒビキ「雑魚かどうかは戦わな分からんぞ!しんそく!」

シュバッ!

ニューラ「ニュッ…!?」ゴフッ…

シルバー「何…!?しんそくだと…!」

ヒビキ「どーじゃ!」

シルバー「フンッ…ニューラ、こごえるか…」

「シードラ、りゅうのはどう!」

ドオオォォォンッ!!!

ヒビキ「何じゃ!?」

105 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 23:07:31 ID:.RXj/3/s
?「おい、お前!帽子の男!そのミニリュウ、今しんそくを使ったな?」

ゴロウ「あれ?あの女の人は確か…」

ヒビキ「いつぞやのピチピチスーツの姉ちゃんじゃないか。確かに使ったがそれがどーした?」

イブキ「誰がピチピチスーツだ!私の名はイブキ!そのミニリュウは元々私が孵化させて育てる筈だったポケモンだ!返せ!」バサァッ!

ヒビキ「返せだぁ?何を訳の分からん事を…」

イブキ「30番道路でぶつかったあの時、私とお前のタマゴが入れ替わっていたのだ!お前が本来孵化させる筈だったのはこのトゲピーだ!」ポーイッ

トゲピー「チョッゲプリィィィィィイイイイ!!!」ポンッ

ゴロウ「え、でもあの時先にタマゴを拾ったのってお姉さんの方じゃなかったでやんす化?」

イブキ「そんな事は知らん!早くそのミニリュウを返せ!」

ヒビキ「あ゛ぁ!?タマゴが入れ替わってたとしても、このリューまるは俺が孵したポケモンじゃ!」

シルバー「おい女!バトルの邪魔をすr…」

「フハハハハハハハハハハッ!とぉー!」バサァッ

ひゅうぅうぅぅぅぅぅう…ドオオォォォンッ!!!

シルバー「ぶほぉっ!」グシャァッ

謎のマントメェン「その勝負、この俺が預からせて貰おう!」バサァッ

106 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 23:26:15 ID:.RXj/3/s
ゴロウ「空から何か怪しいマント男が!」

ヒビキ「何じゃ、おどれぁ…いきなり空から登場たぁ派手じゃのぉ。名を名乗れ!」

ワタル「名乗る程の漢では無いが、敢えて名乗らせて貰うとすれば、謎のドラゴン使い・ワタルと言わせて貰おうか」

イブキ「兄者!この男です!この男が兄上のカイリューのタマゴを奪った男です!」ユビサシッ

ヒビキ「あ゛ぁ!何を言うとるんじゃおどれぁ!」

ワタル「イブキ、今までの話は聞いていた。なればここは我らが竜の里の掟に従い、『竜の試練』でミニリュウの真のトレーナーを決めようではないか!」

イブキ「『竜の試練』をここでですか!?」

ヒビキ「何じゃ、それは」

ゴロウ「話が全く読めんでやんす」

イブキ「莫迦め!『竜の試練』とは竜の里・フスベの長老が認めたトレーナーが『竜の奥義』を他の者に授ける為に出題する試練の事だ!」

ワタル「今回の場合、試練の報酬はそのミニリュウだがな」フッ

ヒビキ「勝手に話を進めるなや」

ワタル「そう野暮な事を言うではないぞ、少年。細かい事を気にしていたら良いトレーナーにはなれないぞ」

ゴロウ「無茶苦茶でやんすね」

107 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/23(金) 23:41:44 ID:.RXj/3/s
ヒビキ「付き合ってられんわ」

イブキ「逃げるのか?腰抜けめ」

ヒビキ「ホー、この黄金番長・ヒビキ様を腰抜け呼ばわりとはいい度胸しちょるのぉ、ピチピチスーツ」ピクッ

ヒビキ「上等じゃ!売られたケンカは大人買い!これが俺の流儀じゃ!このケンカ受けて立つ!」ドォンッ!

ゴロウ「上手く乗せられてるでやんすよ、アニキ」

トゲピー「チッッンコォプリイィィィィィィイイズッッッ!!!」

ワタル「いい度胸だぞ少年!では今回のお題を発表する!ここにウバメの森で迷子になったカモネギを探している可哀想な炭職人見習いさんが居られる!」

見習い「ど、どうもです」ペコッ

ワタル「ウバメの森に迷い込んだ彼のカモネギを先に見つけて連れ帰った者をミニリュウの真のトレーナーとして認める!」

ヒビキ「上等じゃ!リューまるは決して渡さんからのぉ!」ギロッ

イブキ「貴様にそのミニリュウは相応しく無い!」ギロッ

ワタル「では俺は見習いさんと一緒に愛しのカイリューで空からジャッジをするとしよう!」バサァ!

108 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 00:07:15 ID:smIKefvA
ウバメの森

イブキ「カモネギを先に見つけるのは私だ。後で吠え顔かくんじゃないぞ」

ヒビキ「おぉう!それはこっちのセリフじゃ!」

ワタル「開始の合図はカイリューのはかいこうせんだ!カイリュー、はかいこうせん!」

カイリュー「でっていうー」ビィィィィィィィィムッ!!!

チュドオオオォォォォォォォォォォォオオンッッッ!!!

ヒビイブ「「うおおぉぉぉぉぉおっっ!!!」ダダダダッ

ゴロウ「ま、待ってくださいでやんすー!」タッタッ

ワタル「フハハハッ!やっぱり子供は元気だな!」

109 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 00:32:00 ID:smIKefvA
――――
――
カモネギ「カモカモ」ペタペタ

ゴロウ「アニキ!カモネギ発見でやんす!」

ヒビキ「っし!待てやカモネギー!」クワッ

カモネギ「カモッ!?」ビクッペタペタペタッ

ヒビキ「待てや、オラァァー!」

イブキ「シードラ、れいとうビーム!」

シードラ「ドゥゥッ!」ビィィムッ!

ヒビキ「なぬうっ!?」ピキピキッ

イブキ「貴様の剣幕でカモネギが怖がっているだろ!私が丁重に捕まえるから大人しくしているがいい!」

ヒビキ「あのアマァ!」

ゴロウ「アニキ!」

ヒビキ「ゴロウ!俺に構わずあの女を追え!」

ゴロウ「了解でやんす!」

ヒビキ「あんのアマァ…!女じゃからって優しくしてりゃあつけあがりよって…!」ギリッ…

110 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 00:39:20 ID:smIKefvA
――――
――
ゴロウ「あのピチピチマントのお姉さんとカモネギ、何処行ったでやんすかね…?」キョロキョロ

ぱあぁぁ…

ゴロウ「何でやんすか、あの光…。祠…?」

どさっ…

?「くっ…」ググッ…

ゴロウ「あっ!人が倒れているでやんす!大丈夫でやんすか?」タッタッ

?「あ、ああ…。すまねぇな…」ポトッ

ゴロウ「あ、煙管落としたでやんすよ」スッ

?「おう、すまねぇな、坊主…」フゥゥ…

ゴロウ「どういたしましてでやんす」

?「………坊主、ココは何処だ?」

ゴロウ「え?ウバメの森でやんすけど…」

?「ウバメ…って事はジョウトか…。やはり…。世話になったな…」ザッ

ゴロウ「………?」

111 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 00:48:04 ID:smIKefvA
――――
――
イブキ「全く…まるでここは迷路だな…」キョロキョロ

がさごそっ

イブキ「カモネギか!」

リューまる「りゅー?」

イブキ「何だ…ミニリュウか…。って何ッ!?」

がさがさっ…どぉんっ!

イブキ「きゃあっ!」ドサッ

ヒビキ「おぉう!女じゃからってもう許さんぞ、おどれぁ!」ガシィッ!

イブキ「くっ…!シードラ!」

ヒビキ「リューまる、でんじは!」

リューまる「りゅーりゅー」バチバチィッ!

シードラ「ドォウッ!?」ビリビリッ

イブキ「き、貴様ァ!」

112 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 00:55:58 ID:smIKefvA
カモネギ「かもっ?」ガサゴソッ

イブキ「あっ!今度こそカモネギ!」ジタバタッ

ヒビキ「うおぉ!さぁせるぅかぁ…!」ギュゥゥ…!

もにゅんっ

イブキ「ひゃあぁっ///き、貴様ァァ!何処を触っているゥゥウ!トゲピー!」ポーイッ

トゲピー「チョッゲプリィィィィィイイイイ!!!」ポンッ

イブキ「ゆびをふる!」

トゲピー「チィィンッポップリイィィィィィィイイズッッッ!!!」チッチッチッ

ひゅうぅうぅぅぅぅぅう…ドドドドドドドドドドドドオォォォンッ!!!

カモネギ「カッカモォォオオオッッッ!!!」ダダダダッー!

見習い「うわあぁぁっ!」ビクッ

ワタル「おぉ!何というさばきのつぶてだ!」

見習い「だ、大丈夫なんでしょうか…?」

ワタル「心配は要らない!これぐらいの試練、あの若い二人なら乗り越えられるであろう!」

見習い「いや、カモネギの方が…」

113 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 01:06:09 ID:smIKefvA
ドオォンッ!ドオォンッ!ドオォォオンンッ!!!

イブキ「お、おのれぇ…///乙女を辱めた罪は重いぞ!」

ヒビキ「ムチャクチャじゃおどれぁ!女の皮を被りよって!おどれみたいな乙女が居てたまるくァ!」

イブキ「もう許さんぞ!まず手始めに貴様から叩き潰してやる!シードラ、りゅうのはどう!」

ヒビキ「もう女じゃからって手加減は無しじゃあぁっ!アラシまる、かえんぐるまぁっ!」

シードラ「ドオゥゥゥウゥッ!」ババババババッ!!!

アラシまる「マァグゥゥアァッッ!」ボォォグルングルンッ!!!

チュドオオォォォォンッッッ!!!

カモネギ「かもっ!かもぉっ!かぁぁぁぁもぉぉぉおっ!!!」ウギャアァァァァ

ゴロウ「アニキ…カモネギ、全速力で逃げてるでやんすよ…」

ヒビイブ「「ウオオオォォォオォッッッ!!!」」

ゴロウ「あ、ダメでやんすね。こりゃ」

114 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 01:13:21 ID:smIKefvA
――――
――
ワタル「………結果としてカモネギは自分で帰って来たので二人とも試練は失敗。不合格だ」

ヒビイブ「「………」」ギロォッ

カモネギ「かもっ」ビクッ

ゴロウ「じゃあリューまるはどうなるんでやんすか?」

ワタル「………見た所、ミニリュウは少年に十分懐いているし、コンビネーションも見事であった」

ワタル「それにイブキもそのトゲピーを上手く使いこなせていた」

ワタル「二人のタマゴが入れ替わった事、レックウ座の俺にはセンチメンタルな運命を感じざるえない」

ヒビキ「レックウ座?何じゃそりゃ」

ゴロウ「そんな12星座ありやしたかねぇ?」

イブキ「莫迦め!竜の里の人間は皆生まれながら、星座はレックウ座なのだ!」

ヒビキ「ああ、自称か」

115 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 01:21:08 ID:smIKefvA
ワタル「と言う訳で、そのミニリュウ、リューまるは少年。キミがそのまま育てると良い」

ヒビキ「ハナから俺のポケモンじゃがのぉ」

ワタル「愉快だな、キミは。気に入ったよ」

ゴロウ「愉快なのはアンタ達でやんす」

ワタル「キミ達とはまたどこかで出会える気がする。それまでサヨナラだ!」バサァッ

カイリュー「でっていうー!」バサァッ

イブキ「………」プイッ

ヒビキ「おい、ピチピチマントスーツ女」

イブキ「………イブキだ」

ヒビキ「俺の方こそヒビキ、ワカバの黄金番長じゃ。覚えとけよ」

イブキ「………貴様こそ覚えとけよ」

ヒビキ「おどれみたいなメチャクチャな女、忘れたくても忘れられるかど阿呆」

イブキ「………ふん」プイッ

116 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/06/24(土) 01:22:39 ID:smIKefvA
ゴロウ「………あれ、何か忘れてるような」








シルバー「………身体中がまだ痛い」ズキズキ

ニューラ「ニュラ…」

117 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/14(金) 17:10:04 ID:6p8AMcYc
コガネシティ郊外

ゾロゾロ…

ゴロウ「あ、アニキィ…」タジ…

ヒビキ「おぉう!何じゃおどれらぁ!見た所俺と同類の臭いがすんのぉ…」クルクルッパシッ

コガネチンピラ1「おーおー、自分らここが誰のシマかわかってるんやろーなぁ?」

コガネチンピラ2「もしかしてお上りさんやないんか?どこのもんや!」

ヒビキ「おぉう!よぉ聞いた!俺は巷で『ワカバの黄金番長』と呼ばれるヒビキ様じゃぁ!」

コガネチンピラ1「ワカバだぁ?ジョウトの片田舎、しかもこんなガキが番長やって?オモロイ事言うやないか」

コガネチンピラ2「だけどジョウトの大都市コガネを出しおいて黄金番長とか金の十手とか気に喰わんなー。シメてやれや、お前等ァ!」ポーイッ

ブーバー「バー!」ポンッ

エレブー「ブー!」ポンッ

ルージュラ「ジュラァ!」ポンッ

ヒビキ「ホォー。少しは腕に自信がありそうじゃのぉ!久々のまともなケンカじゃぁ!カチコむぞ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「メェー!」ポンッ

118 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/14(金) 17:41:08 ID:6p8AMcYc
――――
――
エレブー「エレ…ブゥ…」ピクッ…ピクンッ

コガネチンピラ1「エレブー!何やめっちゃ強いやないか、そのメリープ…」

ヒビキ「おぉう!伊達に長年つるんで暴れて無いきのぉ!」

デンまる「メェー!」ピッカー

ふぉんふぉんふぉんっ……

デンまる「モコォー!」パッパラー!

ゴロウ「デンまるが進化したでやんすー!」

ヒビキ「モココか…。二足歩行になってケンカ向きになったのぉ!」

ピーポーパーポー!

警察「コラー!そこのチンピラどもー!何となく迷惑だから縛につけやー!」

コガネチンピラ1「マズい、サツや!はよ逃げなぁ!」

コガネチンピラ2「自分らもはよ逃げ!あっちをずばーって行ったらコガネに通じる俺等チンピラだけが知る、ヒミツの地下通路があるんや!」

ヒビキ「あ゛ぁん?サツが何ぼのもんじゃ!逃げるは恥だし、漢じゃねぇ!これも俺の流儀じゃ!」クルクルッパシッ

ゴロウ「アニキ!流石に警察沙汰はマズいでやんすよ!ここは逃げるは恥だが、役に立つでやんす!」ズルズルッ

119 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 12:11:24 ID:PdiBUGUU
コガネシティ・地下通路

コガネチンピラ1「これは俺等チンピラしか知らない今は使われてないコガネの外からコガネの中の地下通路に繋がる道や。サツに見つかりそうなる時に重宝しとるんや」

ヒビキ「ったく…。サツ如きにビビリすぎじゃ。それでもチンピラか」

ゴロウ「アニキ、落ち着きやしょうよ。捕まったらジムリーダーにカチこむ事も出来ないでやんすよ」

ヒビキ「そうじゃのぉ…。しかし腹が減ったな。カチコミに前に何か食いに行くか!」グー

ゴロウ「了解でやんす!」

コガネチンピラ2「食い物ならコガネデパートがエエですわ、アニキ!」

コガネチンピラ1「今日の御無礼はどうぞこのはした金ですが、これで堪忍してつかぁさい」スッ

ヒビキ「おぉう!何じゃ物分かりがエエのぉ!有難く頂くわ!」

120 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 12:26:35 ID:PdiBUGUU
コガネデパート

ゴロウ「ふぅ…食いやしたねぇ。しかし流石はジョウトの大都市のデパートでやんすね。色々な物があるでやんす」キョロキョロ

ヒビキ「おぉう!見てみぃ、ゴロウ!マント売り場じゃとよ!こんなダサイもん誰が買うんじゃろォな?」

ワタル「………ふぅむ、ここのマントは種類は多いがしっくり来るものは無いな…。やはりタマムシのデパートの方が俺には似合う」フム…

ゴロウ「………居やしたね、買ってる奴」

ヒビキ「おぉう…」

ワタル「む…おぉ!また会い見えたな少年達!やはりレックウ座生まれの俺にはセンチメンタルな運命を感じざるえないな!」バサァ!

ゴロウ「またと言うか昨日でやんすよね」

ヒビキ「………あのアマは居らんよな」キョロキョロ

ワタル「あの女とはイブキの事だな。彼女ならあの後用事で竜の里・フスベへ帰郷している!」

ゴロウ「どうしたんでやんすか、アニキ?あ…もしかしてアニキ、イブキ姐さんが居なくてショックでやんすかぁ?」ニマニマ

ヒビキ「ち…違うわ!あのアマが居ったらギャーギャー喧しくて面倒じゃろうがぁ!」

ワタル「成程…青春だな!若いとは良いものだな、少年!」

ヒビキ「だーかーらー!違うと言っちょるじゃろぉがぁ!」

121 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 12:38:16 ID:PdiBUGUU
ヒビキ「飯も食ったし、こんな奴に構わずジムリーダーにカチこむぞ!」

ワタル「少年、キミはジムリーダーに挑戦しているトレーナーだったんだな!」

ヒビキ「俺の目的はジョウトの八人のジムリーダーとか言う番長をブッ倒して、ポケモンリーグの四天王やらチャンピオンやらもブッ倒してジョウトの番長になる事じゃからな!」

ワタル「フッ…そうか…」

ゴロウ「?」

ワタル「ここで再開したのも運命。餞別にキミにこの掘り出し物を上げよう」スッ

ヒビキ「何じゃ技マシンか?」

ワタル「只の技マシンではないぞ。今は非売品の昔の技マシンだ。技マシンの店の店長とは古い知り合いで譲り受けたのだ」

ヒビキ「まあ貰えるもんは貰っとくわ」

ワタル「良し!では行くか、いざコガネジムへ!」

ゴロウ「アンタも付いて来るんでやんすか!?」

ワタル「一度少年のバトルを拝んでみたいと思ったのだ」

ヒビキ「ハァ…好きにせぇや…」

122 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 13:02:18 ID:PdiBUGUU
――――
――
ジロジロザワザワ

ゴロウ「ア…アニキィ…。凄く目線を感じるでやんす…」

ヒビキ「十中八九後ろのマント男のせいじゃのぉ…」

ワタル「フッ…噂でもしたかね?」バサァッ

「なーなーアカネちゃ〜ん。一発ヤらさせてーなー」

「うっさいわボケ!アンタもしつこいで!」

ゴロウ「アニキ!女性が暴漢に襲われてるでやんす!」

ヒビキ「おっし来た!女を無理矢理襲う奴は漢にあるまじき奴じゃのぉ!」クルクルッパシッ

ワタル「カイリュー、はかいこうせん!」

チュドオオォォォォンッッッ!!!

「うぎゃああぁぁぁぁぁ!」

カイリュー「でっていうー」

ヒビキ・ゴロウ「「………」」ポカーンッ

ワタル「大丈夫かね、お嬢さん?悪党はこの謎のマントメェン、ワタルが退治した!」バサァッ!

123 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 13:17:39 ID:PdiBUGUU
アカネ「えっと…おおき…に?でもアレ一応マサキっちゅー知り合いなんやけんど…ただの毎度おなじみの戯れみたい…な…」

マサキ「………死ぬかと思たわ」プスー

ワタル「何と…!」バサァッ

ゴロウ「アニキ、先に突っ込まなく良かったでやんすね」

ヒビキ「おぉう…」

アカネ「ちゅーかアンタ…もしかしてワタルはん?あの元・しt…」

ワタル「おっと。それから先の肩書はノーコメントでお願いしたい」シー

ピーポーパーポー!

警察「そこのマント男ー!器物損壊で縛につけやー!」

ワタル「マズいな、それゆけカイリュー!」スタッ

カイリュー「でっていうー!」バサァッ!

ヒビキ「って俺等もかー!」ガシッ

ゴロウ「あばばばばばば!」ガシッ

アカネ「………な、なんやったんや?」

マサキ「………さあ?」

124 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/18(火) 13:36:45 ID:PdiBUGUU
コガネジム

ワタル「さあ着いたぞ、コガネジムだ」スタッ

ゴロウ「死ぬかとおもったでやんす…」

ヒビキ「ちょっと待て……おぼろげぇぇぇええ!」ゲボォォ!

ワタル「ジムの前で吐くとはマナー違反だぞ」

ヒビキ「誰のせいじゃと思っちょるんじゃぁ!」

アカネ「ホンマ、あれ何やったんやろーか…ってアンタらさっきの!トレーナーさんやったんやねー」

ヒビキ「おぉう!さっきのねーちゃんか!おどれがここの番長…ってスケバン?」

アカネ「何言ってるん、この子?」

ヒビキ「………アンタ、本当に女か?」

アカネ「失礼やな!どこをどーすればこのプリティーナイスバディのウチが男に見えるん!?」

ヒビキ「すまん、最近女みたいな男のジムリーダーなり女とも思えんバカ女とあったばっかりじゃったからのぉ」

125 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/28(金) 15:12:36 ID:faaXSf2A
――――
――
アラシまる「マァッグゥ!」ボォォグルグルグルンッ!

ピッピ「ギエェェー!」アチチッ

ワタル「バトルは2対2のシングルバトル…。少年の方が優勢か…」

ヒビキ「フェンシーな見た目じゃからって容赦はせんぞ!もういっちょかえんぐるまじゃぁっ!」

アカネ「渾身の力を振り絞って甘えるんや!」

アラシまる「マグマグマァッ!」ボォォグルグルグルンッ!

ピッピ「うふぇっふぇっふぇっふぇ」スリスリ

ドオオォォォンッ!!!

ピッピ「ギエピィィィィー!」プスップスッ…

アカネ「よーやった、ピッピ。おつかれさん」シュボンッ

ゴロウ「余裕でアニキが一勝でやんす!」

アカネ「やるやん、自分!でもこの子はそう簡単に倒せへんで!ミルタンク!」ポーイッ

ミルタンク「モー!」ポンッ

126 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/28(金) 15:28:38 ID:faaXSf2A
ヒビキ「中々ごっつい牛が出て来たのぅ!ひのこじゃぁ!」

アラシまる「マァッグゥッ!」ボボボッ!

アカネ「ミルタンクに炎技はきかへんで!ころがるや!」

ミルタンク「ミルミルモーモー!」グルグルンッ!

ドオォンッ!

アラシまる「マグァ…!」ズサァァ!

ゴロウ「ひのこが弾かれたでやんす!」

ワタル「あのミルタンクの特性は『あついしぼう』か…。あの豊満な乳房は熱にも強く、寒さにも強い。だがアレはそれだけでは無い」

アカネ「さらにスピードあげるで!ころがるや!」

ヒビキ「そっちがぐるんぐるん回るならこっちもじゃ!かえんぐるまぁっ!」

ミルタンク「ミルミルミルクゥウッ!」グルングルングルンンッ!

アラシまる「マグマグマグゥッ!」ボォォグルグルグルンッ!

ドオオォォォンッ!!!

127 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/28(金) 15:41:04 ID:faaXSf2A
アラシまる「マググゥッ…!」ズサァァ!

ヒビキ「何じゃと!?」

アカネ「ころがるは使えば使うほど技の威力やスピードが上がっていく技や!」

ワタル「しかもかえんぐるまは炎技、対してころがるは岩技。タイプ一致と不一致ではあるが技のタイプの相性が悪すぎるな…」

ゴロウ「アニキ!アラシまるじゃ相性が悪いでやんす!他のポケモンに交代を!」

ヒビキ「ど阿呆!」クワァッ!

ゴロウ「ッ!」

ヒビキ「漢たる者、一度敵と会い見えたら己が倒れるまで逃げるような交代は絶対せん!それが俺の流儀じゃ!」

アラシまる「マグマァアッ!」ボオォォ!

ゴロウ「アニキ…」ジーンッ

ワタル「ほぉ…」

アカネ「そんな意地張っとたら直ぐにやられるで!ころがるや!」

ミルタンク「ミルミルモォォー!!」ギュルンギュルンギュルンッ!

アラシまる「マグゥ…!」グッ…

128 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/07/28(金) 15:53:08 ID:faaXSf2A
ギュルンギュルンギュルンギュルンッ!

ヒビキ「アラシまる、躱して並走するんじゃ!」

アラシまる「マグゥッ!」ササッ

ミルタンク「ミルゥッ!?」

アラシまる「マグマグマグゥッ!」シュタタタタタッ!

アカネ「何やて!?三速ころがるのスピードについて来れてるん!?」

ワタル「しかもころがるを躱した事でころがるのギアはニュートラルに戻る…!」

アカネ「んな事させるか!ミルタンク、ふみつけで無理矢理ころがるのスピードを維持して方向転換や!」

ミルタンク「ミィイルゥッ!」ズンッッ!ギュルルルルゥ!!!

ゴロウ「そんな無茶な!」

ヒビキ「面白いのぉ!じゃったらこっちはでんこうせっか+かえんぐるまじゃぁっ!」

アラシまる「マグマグマグゥッ…マグマァッ!」シュタタタタタッ!ボォォグルグルグルンッ!

ワタル「あくまでも真っ向勝負を捨てないか少年…!」

129 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 13:12:52 ID:4cMWwC0c
ドオオォォォンッ!!!

ミルタンク「ミルミルゥ!」ギュルルンッ!

アラシまる「マ…マグゥ……」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「アラシまる!」

ワタル「やはり三速ころがるをかえんぐるまで迎え撃つのは無理だったか。否、それ以前の問題か…」

ゴロウ「どう言うことでやんすか?」

ワタル「先程の話した技のタイプやころがるの威力もあるが、その前に倒したピッピのあまえるの効果でマグマラシの攻撃を大きく下げられていた」

ワタル「それに流石はジムリーダーだ。攻撃が外れればギアがニュートラルに戻ってしまうと言う弱点をふみつけをブレーキングとして利用する事でカバーしている」

ワタル「恐らく他のジムリーダー達もその様な技や特性を利用した創意工夫で弱点をカバーしていなかったか?」

ゴロウ「そう言えば、ハヤトさんのすなかけとゴッドバードのコンビネーション…。ツクシの回天つるぎのまいの防御戦法も…」

ワタル「これから先のジムリーダーも同等、それ以上の工夫をして来る筈だ。だがそれを己が流儀、魂、根性、愛で乗り越えるトレーナーは俺は大好きだ」

ヒビキ「っし!仕切り治すぞ!カチこめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「モコー!」ポンッ

130 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 13:48:29 ID:4cMWwC0c
アカネ「何や自分もカワイイポケモンおるやん!」

ヒビキ「おぉう!じゃがファンシーな見た目じゃがコイツのド根性を舐めちょったら痛い目見るぞ!」

アカネ「ウチもそこまで油断はせんで!ミルタンク!四速ころがる!」

ミルタンク「ミィィルミルミルミルゥッ!」ギュルルルルンッ!!!

ヒビキ「炎が通らんかった電気はどうじゃ!ほうでん!」

デンまる「モォーコココッ!」バチバチィィイッ!

バチィィインッ!

ヒビキ「電撃も弾きよるか…!」

ドオオォォォンッ!!!

デンまる「モコォォオッ!」ズサァァ!

アカネ「四速まで加速したころがるの回転は炎も電気もどんな攻撃も弾き返すで!」

ゴロウ「そんな…どんな攻撃も弾くじゃあ勝ち目が無いでやんすよぉ!」

ワタル「そう、あの回転をどうにかしなければ、な…」

ヒビキ「回転で攻撃を全て弾く、か…」

131 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 14:32:15 ID:4cMWwC0c
アカネ「アレを耐えたんかいな!せやけど次のころがるは五速や!最高最速のころがるを躱せるもんなら躱してみぃ!」

ミルタンク「ミルミルミルミルゥゥゥウ…!」ギュルルルルルゥゥゥッ!!!

ヒビキ「デンまる!お前のド根性、見せたやれやァ!」

デンまる「モコォ!」グッ!

ミルタンク「ミルミルモォモォー!!!」ギュルルルルルゥゥゥッ!!!

グシャアァァッ!!!

ヒヒキ「………!」

ゴロウ「デンまるがぺしゃんこに…!」

アカネ「………いや、おらへん…!あのモココは何処に行ったんや…!?」

ワタル「っ!あそこだ!」

デンまる「モ…モコォ……!」ググッ…!

ミルタンク「ミルゥッ…!?」ギュルルルルンッ!

アカネ「まさか…!高速で転がってるミルタンクにしがみ付いとるん!?」

ヒビキ「おっしぁ!よぉー捕まえたでデンまる!」

132 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 14:42:57 ID:4cMWwC0c
ヒビキ「そのままかみなりパンチ、連続で喰らわしてやるんじゃぁ!」

デンまる「モォコォッ!モォコォッ!モォロォコォッ!」バチバチィ…ドゴォ!ドゴォ!ドゴォッ!!

ミルタンク「ミルゥッ…!ミルゥッ…!」ゴフッ…!

ヒビキ「回転で攻撃を弾くんなら、デンまるもミルタンクと一緒にぐるぐる回転しよりゃぁ攻撃を当てられるじゃろ!」

ゴロウ「でもあの超回転にしがみ付き続けるのは…!」

アカネ「無茶にも程があるで!転がり続けて引きはがすんや!」

ミルタンク「ミルミルミルゥゥウッ!」ギュルルルルゥ!!!

デンまる「モコォ……!!」グググッ…!

ヒビキ「漢を魅せるんじゃデンまる!雷パンをもっともっとぶち噛ませェ!」

デンまる「モコォッ!モコォッ!モコッコォオッ!!!」バチバチィ…ドゴォッ!ドゴォ!ドゴォオッ!

ミルタンク「ミ……ミルゥゥウ…!」ビリィッ…ズサァァァ!

ワタル「回転が止まった…!」

ヒビキ「トドメのかみなり…パンチィイッ!」

デンまる「モォォ…クォオオッ!!!」バチバチィ…ドゴォオッ!

バチバチバチィイイイッ!!!

133 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 14:51:29 ID:4cMWwC0c
ミルタンク「ミ…ミルゥ……」ピクッ…ピクンッ…

アカネ「ミルタンクゥ!」

ワタル「ミルタンクは戦闘不能。少年、キミの勝利だ。敢えて言わせて貰おう、おめでとう!」

ヒビキ「おぉしっ!流石の根性じゃ、デンまる!」パンッ

デンまる「モコッ!」パンッ

アカネ「ひ…ひどいわぁ…。こんなタコ殴りせんでもぉ…!うわあぁぁぁぁぁんっ!」ビエーンッ

ヒビキ「うおぉっ!いきなり泣き出すなや!ただのケンカ、ポケモンバトルじゃろ!」

ゴロウ「アニキ…」ジト…

ワタル「全く。助成を泣かせるとは罪作りだな、少年!」

ヒビキ「あー。これじゃから女とケンカするのは気が引けるんじゃよなぁ…」

アカネ「うっ…ぐすんっ…。泣いたら忘れる所やったわ。ハイ、ウチに勝った証、レギュラーバッジや」スッ

ヒビキ「おぉう…。何かすまんの、泣かせて」

アカネ「エエよ、これも一応ジムリーダーの仕事やから…。自分らホンマ、エエ根性してたで!」

ヒビキ「おぉう!アリガトよ!」

134 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 15:17:33 ID:4cMWwC0c
アカネ「じゃあ次のジムはエンジュシティやね」

ヒビキ「ほぉー。エンジュシティか、どんな所なんじゃ?」

アカネ「古風で歴史や文化の宝石箱みたいな所や!歴史的文化財とか色々あるで」

ゴロウ「へー。面白そうな所でやんすね」

ヒビキ「歴史的文化財…遺跡…。いかん、イヤな奴を思い出しよった」

ワタル「では出発するとしよう!」バサァッ

ヒビキ「いつまで付いてくる気じゃ、アンタ…」

ワタル「フッ。竜の導きがある限り…か?」

ピーポーパーポー!

ワタル「む、警察か!これ以上キミ達に迷惑もかけられんな。ここでお別れしよう」

ワタル「敢えて言わせて貰おう!また会おう!」バサァッ!

カイリュー「でっていうー」バサァッ!

ヒビキ「…………」

ゴロウ「………嵐みたいな人でやんしたね」

135 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 15:21:27 ID:4cMWwC0c
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ弐個

手持ち伍匹

マグマラシ ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv23                          Lv25 
ひのこ   でんこうせっか             はがねのつばさ  ドリルくちばし
かえんぐるま あなをほる             フェイント     スピードスター       
 
モココ  ♂ NN デンまる           ミニリュウ  ♂ NN リューまる
Lv21  もちもの デンリュウナイト       Lv11
たいあたり かみなりパンチ           まきつく  でんじは 
ほうでん わたほうし               たつまき  しんそく

マダツボミ  ♂ NN ツボミまる
Lv30
パワーウィップ たたきつける
まきつく つるぎのまい

136 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 15:53:15 ID:4cMWwC0c
36番道路

謎の木「……………」ウネウネ

ヒビキ「おい、通れんぞ」ゲシッ

ゴロウ「道を隙間なく塞いでるでやんすね」

ヒビキ「しょうがない燃やすとするかのぅ。ひのこじゃ」ポーイッ

アラシまる「マァグゥッ!」ボボボッ!

謎の木「……………」ウネウネ

ゴロウ「………全く燃えないでやんすね」

ヒビキ「どーしたもんじゃのぉ」

ザッ…

?「………」プクプク…フゥゥ

ヒビキ「ん、誰じゃ?」

ゴロウ「あ、確かウバメの森で倒れてた…」

ヒビキ「ゴロウ、この赤帽子と知り合いか?」

赤帽子「………ああ、あの時の坊主か。あの時は世話になったな」

137 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:01:51 ID:4cMWwC0c
ヒビキ「ほぉー。アンタ、煙管なんて粋なモン持っとるのぉー」クルクルッパシッ

赤帽子「フッ…。お前の十手も中々粋じゃねェか…」フゥゥ

ヒビキ「じゃろ?」ニカッ

赤帽子「………どうやらこの木に通せんぼを喰らっているみてェだな」

ゴロウ「そうなんでやんすよ」

赤帽子「木なんぞ、燃やしてしまえば良い」チャキッ

ヒビキ「じゃけど中々燃えないんじゃよな、この木」

赤帽子「フッ…まあ見てな」ポーイッ

リザードン「グオオォォォォォオッッッ!」ポンッ

ヒビキ「ッ…!」ビリ…ビリッ…

ゴロウ「何て強そうなリザードンでやんす…!」

赤帽子「だいもんじ」

リザードン「グオァァァアァァッッッ!!!」ゴオオォォォッ!!!

ボオオオオォォォォォォォオオオッッッ………

謎の木「ウソオオォォォォォオオオオ!!!」

138 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:11:57 ID:4cMWwC0c
しゅうぅぅぅぅ………

ヒビキ「な…!」

ゴロウ「アラシまるでも燃やせなかったあの大木を一瞬で…!」

ヒビキ(何じゃ…!?何なんじゃあのリザードンのレベルは…!?あの赤帽子の奴…)ブルッ…

赤帽子「これでウバメでの借りは返した事にしておいてくれや」フゥゥ…

ゴロウ「あ、ありがとうでやんすっ!」ペコリッ

ヒビキ「おい、アンタ」クルクルッパシッ

赤帽子「あ゛?」ギロッ

ヒビキ「この世界にゃアンタみたいなレベルのトレーナーがゴロゴロ居るんか?」

赤帽子「………居るさ、とんでもなく強い奴がな」

ヒビキ「………ガハハッ!オモロイのぉ…!じゃったら俺はそいつもブッ倒して、このジョウトの番長になってやるわ!」グッ

赤帽子「フッ…そうかい」ザッ…

赤帽子「………だがそいつはこの世にゃもう居ないがな」ボソッ

ゴロウ「………?」

139 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:18:30 ID:4cMWwC0c
――――
――
ワタル「フゥ…。どうにか罰金だけで待逃れたな…」バサァッ

カイリュー「でっていうー」バサァッ

ワタル「さて次は………むっ。降りるんだカイリュー!」スタッ

ウソッキー「ウ…ウソォ……」シュゥゥ…

ワタル「コイツはウソッキーか。しかもここ最近急激にレベルが上がっている野生のウソッキーか…。推定でもレベル50は超えている…」

ワタル「そんなレベルで岩タイプであるウソッキーを炎技で焼き尽くしている…」

ワタル「余程強い炎ポケモンを使うトレーナーにやられたな。恐らく四天王、いやチャンピオンレベルのトレーナーに…」

140 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:26:54 ID:4cMWwC0c
アルフの遺跡

ゴロウ「アニキ、これ道間違えてないでやんすかね?」

ヒビキ「多分のぉ。恐らくあの木があった分かれ道を西に行かなきゃアカンかったんじゃろぉな」

ゴロウ「しかし…ここ何か凄そうな遺跡でやんすねぇ…」キョロキョロ

「ハァ…このひんやりした感触…ザラザラした肌触り…」

ゴロウ「あ、アニキ!あそこに人がいるでやんすよ!」タッタッ

ヒビキ「おぉー、ホン…ト……じゃ………ソイツに近づくなゴロウォッ!」クワァッ!

ゴロウ「へ?」

コトネ「あーもー!コトネちゃん、もうキミと一生すりすりしていたい!ダメ、すりすりじゃ物足りない!ペロペロしてあげるー!」

ヒビキ「コ…トネ……」ガクブル…

ゴロウ「ア…アニキ…?」

コトネ「あぁんっ余りにも愛おし過ぎて濡れて来ちゃったぁ」ジワァァ

コトネ「アルフの遺跡、たかまるぅー!」

141 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/02(水) 16:40:12 ID:4cMWwC0c
コトネ「アレ…およよ…?アソコに居るのは我が同郷のお友達、ヒビキくんじゃーん!」フリフリッ

ヒビキ「ほら行くぞ、ゴロウ」スタスタ

コトネ「おい、待てよ」ドゴォッ

ヒビキ「ごふっ…!」ガクッ

ゴロウ「アニキー!」

コトネ「無視するなんてヒドイじゃーん!お姉ちゃん悲しいよ」

ゴロウ「ア…アニキ…!誰でやんすか、アニキを一撃で跪かせるこの女傑は…!」

コトネ「キミはヒビキくんの旅のお友達?アタシはコトネ!ワカバタウン出身でヒビキくんの2歳年上の近所のお姉さんってコトね」

ゴロウ「オイラはヒビキアニキの舎弟のゴロウでやんす!」ペコッ

コトネ「あらカワイイ子だね、そこの目が合った瞬間逃げ出そうとする奴より」

ヒビキ「お、おぉう…。久しぶりじゃのぉ…」

コトネ「やっと挨拶したね。久しぶり、ヒビキくん。アタシが旅に出て以来だから約一年ぶりってコトね」

142 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 11:20:26 ID:1MnnfNDg
――――
――
コトネ「………ふーん。武者修行でジムリーダー、四天王、チャンピオンを全員倒してジョウトの番長になる…か」

コトネ「それにしてもジムリーダーが番長って…相変わらずだねー」

ヒビキ「煩いのぉ…」ポリポリ

コトネ「まあ元気そうで何より!お姉さん、嬉しいよ」

ゴロウ「えーと、コトネ、さん?はここで何をやってたんでやんすか?」

ヒビキ「ど阿呆!そんな話を振ったら…」

コトネ「実はね!このアルフの遺跡には謎のポケモン、アンノーンについて色々発見された場所でね!壁画にはアンンーン文字って言う象形文字?って言うんかな、それでねetc…」

ヒビキ「始まった…」ハァ…

ゴロウ「な、何なんでやんすか、この人」

ヒビキ「コイツは変人、大の遺跡マニアじゃ…」

コトネ「それでね…そのアンノーン文字は大体は解読出来たんだけど…この触り心地がすっごくてー!もうこのザラザラ、ひんやり感が堪らないのなんのー!」

コトネ「あー!もう触るだけでも濡れちゃうー!乳首立っちゃうよー♪」スリスリ

ゴロウ「………」

ヒビキ「コイツは遺跡とか歴史とか色々調べ回るって理由で一年前に旅に出たんじゃが…。変わらんのぉ…」

143 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 11:36:26 ID:1MnnfNDg
コトネ「でもアンノーン文字があっても、アンノーン自体が中々見つからなくて…何度も来てみたんだけど…」

「アンノーンが見つかるか分からないけど、面白そうな石碑なら4か所で見つけたわよ」

コトネ「えっ?」

ゴロウ「おー…」

ヒビキ「誰じゃこの美人…」

コトネ「はわぁ…まさかここで会えるとは思わなかったです!天才考古学者のシロナさん!」

シロナ「あら。有名人ね、私」

ヒビキ「俺が今まで見た女の中でも一番に美人じゃのぉ…」

シロナ「嬉しい事言ってくれるわね…。あら…」ジィィ

ヒビキ「おぉう…?」タジ…

シロナ「ふふっ。ごめんなさい、キミのその真っ直ぐで力強い眼が私の大切だった子に似てたから」

コトネ「あの!シロナさんはどうしてここへ!?」

シロナ「私はアンノーンとは別件でここを調べてたんだけど、そこでたまたまアンノーンの出現方法に関わってそうな石碑を見つけたの」

コトネ「ぜひ!その場所を教えてください!」

シロナ「………その前にお客さんみたいね」

144 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 12:03:07 ID:1MnnfNDg
シルバー「………あのマント野郎は居ないようだな」ザッ

ヒビキ「シルバァ!おどれぁここで会ったが何とやらじゃ!俺とバトルしやがれぇい!」チャキッ

コトネ「知り合い?」

ゴロウ「アニキを初めて倒した奴でやんす!アニキのライバルでやんす!」

コトネ「あり?初めて倒したのはアタシの筈なんだけど…まあ良いか!ライバルは良いものだもんね」

シルバー「ヒワダではあのマント野郎と恥ずかしい恰好の女に邪魔されたからな。俺は勝負の邪魔をされるのが一番嫌いだ」チャキッ

ヒビキ「嬉しいのぉ…!今度は三対三で勝負じゃ!カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「リュー!」ポンッ

シルバー「行け、ニューラ!」ポーイッ

ニューラ「ニュラッ!」

シロナ「バトルするのは良いけど、遺跡のモノは壊さないでね」

145 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 12:16:52 ID:1MnnfNDg
ヒビキ「しんそく!」

ミニリュウ「リュー!」シュバッ!

ニューラ「ニュラァッ…!」ズサァッ!

シルバー「ニューラ、うらみだ!」

ニューラ「ニュラァ…」ユラア…

リューまる「みに?」

ヒビキ「何の技か知らんが、もう一度喰らえや!しんそく!」

リューまる「りゅっ」ヨジヨジ…

ヒビキ「何しちょうるんじゃ!」

シルバー「ふんっ…。こごえるかぜ!」

ニューラ「ニャァァ…」ヒュゥゥ…

リューまる「みにぃ…!」ガクブル…

ゴロウ「何がどうなったんでやんすか!?」

シロナ「うらみは相手の技PPを4減らす技よ」

コトネ「しかもしんそくはPPが少ない技。うらみなんて使われたら直ぐに使えなくなるってコトね」

146 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 12:24:29 ID:1MnnfNDg
シルバー「此間のバトルでそのミニリュウがしんそくを覚えている事は知っていたからなァ!だましうち!」

ヒビキ「チィッ!でんじはじゃ!」

ニューラ「ニュゥ…ルァッ!」ヒュンッ…ドゴォッ!

リューまる「りゅっ…!リュリュリュー!」ブワァッ!ビリビリッ!

ニューラ「ニュラァ!」ビリビリッ!

リューまる「りゅ…りゅぅ…」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「よぉやったぞ、リューまる」シュボンッ

コトネ「何とか倒れる前にでんじはを当てられたっコトね…」

シルバー「全く。しんそくが使えなくなっただけでその有様とは…。レベルが低いものだな」

ヒビキ「あ゛ぁん?じゃったらコイツを見て黙らせてやるわ!カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッ

シルバー「マダツボミ、か…。雑魚なお前にはお似合いのポケモンだな!こごえるかぜ!」

ニューラ「ニャァァ…」ヒュゥゥ…

ツボミまる「つぼ?」ガクブル

147 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/06(日) 12:28:51 ID:1MnnfNDg
シルバー「沈めェ!だましうち!」

ニューラ「ニュゥ…ルゥァッ!」ヒュンッ…ドゴォッ!

ツボミまる「つぼ?」キョトンッ

シルバー「何ィッ…!?」

ヒビキ「沈むのはおどれじゃァッ!たたきつける!」

ツボミまる「つぼ」ブオォォォンンッ!

ズドオオォォォォォンッ!!!

ニューラ「ニュ…ニュラァ…」ピクッ…ピクンッ…

シロナ「あのマダツボミ、中々のポテンシャルね」

ゴロウ「多分アニキのポケモンの中でもトップクラスに強いでやんす」

148 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/29(火) 17:01:49 ID:aeOBla3.
シルバー「そのマダツボミ、レベルが高いな………行け、イワーク!」ポーイッ

イワーク「イワアァァクッ!」ポンッ

コトネ「えっ、イワーク?相性最悪なのに?と言うかそんなバカデカいポケモン出して本当に周りの遺跡を壊さないでよね!」

シロナ「しかもマダツボミのレベルが高いと分かっていながらのイワーク…。何か作戦があるのでしょうね」

ヒビキ「おぉう!あのイワークには前に痛い目見らされたからのぉ!油断はせん!つるぎのまい!」

ツボミまる「つぼ」シャキィィインッ!

シルバー「イワーク、ヘビーボンバー!」

イワーク「イワアァァァクッ!」バビョォォォォォォンッ!

ゴロウ「あの巨体が跳んだでやんす!」

ズッドオオォォォォォォォンッ!!!

ツボミまる「つぼぉ…」ググッ…

シルバー「そのままくれてやれ。大地の奥義・じしん」

イワーク「イィィワアァァァァァァァッッッ!!!」ゴゴゴゴゴゴッ!!!

シルバー「魂ィィイイッッッ!!!」

ドガアァァァァァァァァァァァンッッッ!!!

149 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/29(火) 17:09:17 ID:aeOBla3.
シルバー「ふんっ。この程度か」

ヒビキ「ツボミまる!」

コトネ「ちょっ…!この衝撃はヤバいってー!」

シロナ「っ!あの技…!大地の奥義って…あの子は一体…」

ゴロウ「ツボミまるは!?」

ツボミまる「つぼ」ムクッ

シルバー「何ッ!?」

ヒビキ「おぉう!よぉ耐えた!そのままイワークをぶん回せェッ!」

ツボミまる「つぼつぼつぼつぼつぼつぼ」ガシッブンブンブンブンブンブンブンッ!!!

イワーク「イワァァァァァァクッ!?」グルングルングルンンッ!

コトネ「ヒビキくんのアホー!そんなイワークなんてぶん回したら…!」

ツボミまる「つぼー」ブオォォォンンッ!

ドシャアァァァァァァァァァンッッッ!!!

シロナ「あそこは…!コトネちゃんに見せようとしていた石碑の場所…!」ピキッ

コトネ「イヤアアアァァァァァァァッッッ!!!」ガーンッ

150 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/29(火) 17:15:00 ID:aeOBla3.
ぱらっ…ぱらぱらっ…

イワーク「イ…イワァ…!」ググッ…

ゴロウ「まだ倒れてないでやんす!」

ヒビキ「じゃがこれでトドメじゃぁ!パワーウィィィップ!」

ツボミまる「つぼ」ブオォォォンンッ!

シルバー「イワーク、もうお前の役目はここまでだ。だいばくはつ」

イワーク「イワアアァァァックッ!!!」カッ!

ヒビキ「なっ…!」

チュドオオオォォォォォォォォォォォオオンッッッ!!!

シロナ「………」ピキッ

コトネ「」マッシロ

ツボミまる「つ…ぼ……」ガクッ

イワーク「イ…ワァ…」シュゥゥ…

シルバー「良くやった、イワーク」ニヤッ

ヒビキ「シルバー…おどれぇ…!」グッ…

151 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/08/29(火) 18:45:37 ID:aeOBla3.
シルバー「何を怒る?あのままイワークは勝ち目が無かった。ならば自爆をして一体でも潰すのが戦術と言うものだろう」

シルバー「あわよくばヘビーボンバーと大地の奥義のコンボで潰そうと思ってはいたが、無理ならばこの戦術に変えたまでだ」

ゴロウ「じゃあ最初からイワークは捨て駒にするつもりだったでやんすか…?」

シルバー「強くなる、勝つためには何でもするのが俺だ。他人にとやかく言われる筋合いなど無い!行け、アリゲイツ!」ポーイッ

アリゲイツ「ゲェイツッ!」ポンッ

ヒビキ「それがおどれの流儀か、シルバー。じゃったら俺は俺の流儀でおどれをぶっ倒すまでじゃ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「マァグゥッ!」ポンッ

シルバー「相性の悪いポケモンで攻めるのがお前の流儀か?それとも俺みたいに戦術でも?」

ヒビキ「このアラシまるは初めてバトルした時に、ソイツにやられたからのぉ!今度こそリベンジする為じゃ!」

シルバー「幼稚だなァ!みずでっぽう!」

ヒビキ「漢とはそう言うモンじゃろォ!でんこうせっくぁっ!」

アリゲイツ「ゲイッゲイッ!」ブシャァァ!ブシャァァ!

アラシまる「マグッ!マァグゥッ!」シュタタッ!シュバッ!

アリゲイツ「ゲイッ…!」ググッ…

152 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/01(金) 21:05:17 ID:nIQJW.Nk
シルバー「そのまま押さえつけてかみつくだ!」

アリゲイツ「ゲェイツッ!」ガブリンチョッ!

アラシまる「マグゥッ!」ズキィッ

シルバー「そのまま振り回してしまえ!」

ヒビキ「させるかぁっ!アラシまる、嚙み付かれたまんまで構わん!かえんぐるまじゃぁっ!」

アラシまる「マァ…!グウゥゥウッ!!!」ググッ…ボォォグルグルグルンッ!

アリゲイツ「ウゲェッ…!」ジュゥゥ…!

シルバー「良いだろう…!もっと強く嚙み付いてやれ!」

アリゲイツ「ゲェェイ…!」ガブゥゥ…!

アラシまる「マグゥ…!」ガクッ…!

グルングルン…ドオオォォォンッ!!!ガラガラ…!

ゴロウ「アラシまるが崩れて遠心力で二匹とも吹き飛ばされたでやんす!」

コトネ「ウワアァァ!また遺跡がァ!貴重な文化遺産がァッ!」

シロナ「………」ワナワナ…

153 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/01(金) 21:26:55 ID:nIQJW.Nk
ガラガラ…ドォンッ!

アリゲイツ「ゲェーイッ!」

シルバー「まだ奴は瓦礫の中だ…!あまごい!」

アリゲイツ「アリ…」パアァ

ポツッ…ポツポツポツ…ザアァァァァァァァァァ…!

ゴロウ「アニキ!また前と同じパターンでやんす!」

ヒビキ「黙っちょれ、ゴロウ!」

シルバー「瓦礫に埋もれて動けん内に終わらせてやる!みずでっぽう!」

アリゲイツ「アァリゲェェイツッ!」ブッシャァァァァァ!!!

ドオオォォォンッ!!!

シルバー「フッ…」

ヒビキ「何処を見ちょるシルバァ!」

154 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/01(金) 21:37:27 ID:nIQJW.Nk
ゴゴゴ…ボコォッ!

アラシまる「マグゥッ!」ドゴォッ!

アリゲイツ「ウゲェッ…!」ゴフッ…!

シルバー「奇襲…!?すでに穴を掘って地中に潜っていたのか…!」ニィ…!

ヒビキ「もっともっと暴れるぞアラシまる!」クルクルッパシッ

シルバー「アリゲイツ!魂ィィィイ!」グッ

コトネ「テメェーらいい加減にしろォ!!!ハードプラントォォオ!!!」

メガニウム「グァァニュウゥゥゥゥゥゥゥッッッ!!!」シュルルルルルルルッッッ!!!

ボゴォッボゴボゴボゴボゴォ…!ブオオォォォォォォォンッッッ!!!

ヒビシル「「な…!?」」

ドゴオオオォォォォォォッンッ!!!

アラシまる「マ…マグゥ…」ピクッ…ピクンッ…

アリゲイツ「ゲ…ゲイツ…」ピクッ…ピクンッ…

ヒビキ「コ…コト…ネさ…ん?」ビクッ

シルバー「………」ポカーンッ

155 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/01(金) 21:50:20 ID:nIQJW.Nk
コトネ「おどれら、エエ加減にせぇよ、オイ」ポキッポキッ

ゴロウ「どちら様…でやんす…か?コトネさ…ん?」

シロナ「貴方達、遺跡の物は壊さないでって言ったわよね?」ニコッ

シルバー「ッ…!」ゾクッ…!

ヒビキ「お…おぉう…。それは…アレじゃ…。ついバトルに熱く…オイ、シルバーも何か…」

シルバー「………」シュバッ

ヒビキ「おどれェ!逃げるぬァ!」ダッ

コトネ「オラ、逃げるな!壊れた遺跡をちゃんと直せ!」

ヒビキ「野郎…!覚えてろォ…!」ギリィ…

シルバー「あの帽子の女…。あのメガニウムのレベルと言いあの技と言い…とんでもない奴だ…」シュタタッ!

シルバー「………それ以上にあの金髪女の威圧感…。何者だ…?」シュタタタタタッ!

156 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/01(金) 22:00:09 ID:nIQJW.Nk
――――
――
ヒビキ「これじゃからコトネは…」ガサゴソ…

ゴロウ「もう一踏ん張りでやんす、アニキ。オイラも手伝いやすんで」

コトネ「ふぅっ…」

シロナ「ありがとう、コトネちゃん。あれ以上やられたら貴重な文献が失われる所だったわ」

シロナ「でも止める為とは言え、究極技は感心しないわね」

コトネ「いやいや、寧ろアレで済んでマシだと思ってくださいよ。あそこでアタシじゃなくてシロナさんが止めに入ったらもっとヒドイ事になってましたよ?」

シロナ「あら、心外ね」ムスッ

コトネ「天才考古学者で現・シンオウチャンプであろうお方が何を言ってるんですか…」ニヤッ

シロナ「………」クスッ

コトネ「個人的にはここで会ったのも何かの縁ってコトで、シロナさんに弟子入り志願していいですか?」

コトネ「あ、どっちかと言うと考古学的な方で」

シロナ「ごめんなさい、もう二度と弟子は取らない事にしてるの」

コトネ「………あら残念。『もう二度と』ってコトねぇ」

157 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:04:42 ID:tznIIaps
エンジュシティ

ヒビキ「やっと着いたがすっかり暗くなったのぉ」

コトネ「キミらが貴重な遺跡で暴れたりするからでしょ」

ゴロウ「もう遅いでやんすし、ジム戦は明日でやんすね」

コトネ「じゃあポケモンセンターに直行ってコトね」

ヒビキ「………そもそも何でコトネが付いて来ちょるんじゃぁ!あのパツキンねーちゃん付いて行けば良かったじゃろうに!」

コトネ「だってシロナさんに見せて貰える予定だった石碑もキミらが壊したし、アタシもエンジュシティで見たいモノがあるってコト」

ゴロウ「………コトネさん、ちょっと気になったんでやんすけど。シロナさんが言ってた事…『もう二度と弟子は取らない』って。アレって昔は弟子は居たって事でやんすよね?」

コトネ「………ゴロウくんって意外と察しがイイのね。噂だけどシロナさんには昔一人弟子が居たって話があるの」

コトネ「しかもその弟子は三年前のカントーポケモンリーグ本部のチャンピオンだって話なんだ」

ゴロウ「チャ…チャンピオン…!?」

ヒビキ「マジかそれ!?」

158 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:26:44 ID:tznIIaps
ゴロウ「チャンピオンが弟子って…あのシロナさんって何者でやんすか?」

コトネ「気付かなかったの?ジョウトとは別の地方だけど、あの人もポケモンリーグチャンピオンよ?」

ヒビキ「あのねーちゃんが他所のシマの番長…いやスケバンじゃったんか…。確かにただの別嬪なねーちゃんだとは思わなんだが…」

ゴロウ「それで…そのカントーチャンプってどんな人でやんすか?」

コトネ「まあチャンピオンって言ってもたった半年で辞任したらしいけど、ここ最近では若年ながら最強クラスのチャンピオンだったらしいよ?」

コトネ「子供ながら煙管を吹かして赤い帽子を被り、何事も動じない不動の精神を持った、ハードボイルドなチャンピオン…」

コトネ「マサラタウンのレッド」

ヒビキ・ゴロウ「「っ!」」ハッ

コトネ「その着任していた半年間は何人もその人のの操るリザードンやライチュウ、ハッサムなどあの人のポケモンを一匹も下す事は出来なかったって」

ヒビキ「ゴロウ…もしかしてそのレッドってあのバカデカい木を一瞬で焼き尽くしたクソ強いリザードンを使ってた奴じゃなのか?」

ゴロウ「それに多分ツクシが話してたハッサム使いのチャンピオンと同一人物と考えて間違えなさそうでやんすね…」

コトネ「でもチャンピオンを辞任した後、自分の前のチャンピオンにその座を譲ったまま、行方不明。その譲られたチャンピオンもたった三か月で辞任。次の候補だった四天王大将も修行とかで行方不明」

コトネ「その間も四天王が引退したり実家に帰って人材不足だったけど、ここ三年で何とか四天王の数は揃えたみたい」

ゴロウ「ポケモンリーグも何だか大変でやんすねー」

159 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:33:30 ID:tznIIaps
コトネ「でも四天王は揃ったけど、肝心のチャンピオンの席が空席なのよねー」

ヒビキ「何でじゃ?今の四天王で一番強い奴にやらせばエエじゃろう?」

コトネ「さーね?今の四天王がチャンピオンに着く気が無いってのもあるし、その四天王を倒せる程のトレーナーも挑戦に来てないらしいし…」

ヒビキ「………ガハハッ!じゃったら俺がその四天王をブッ倒してポケモンリーグチャンピオン…ジョウトの番長になればエエ事じゃのぉ!」

コトネ「相変わらずだねー。ま、ヒビキくんのそー言うトコ、キライじゃないけど」フフッ

ゴロウ(あり…?もしかしてコトネさんってもしかしてアニキの事…)

コトネ「じゃ、さっさと寝て、明日に備えて英気を養いなさい!」バンバンッ

ヒビキ「おぉうっ!」

160 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:39:15 ID:tznIIaps
――――
――
ヒビキ「がぁぁあ……ぐおぉぉお……」ゲシッ

ゴロウ「イタッ…。もうアニキィ…寝相悪すぎでやんすよー」ムクッ…

ゴロウ「………何だか小便に行きたくなったでやんす…」ブルッ

ギシッ…クチュッ…クチュッ……

ゴロウ「隣の部屋…からでやんすか…?確か隣はコトネさんの部屋…」

アン…アァン…クチュッ……ア……キィ…クゥン……

ゴロウ「もしかして……アニキの名前を呼んでるでやんすか…?」チラッ

ヒビキ「ぐおぉぉお……がぁぁぁああ………」

ゴロウ「………気になるでやんす」

161 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:48:49 ID:tznIIaps
ギィ…

ゴロウ「………」チラッ

コトネ「あぁん…うっ…………キモチ…イィ…///」クチュックチュッ

ゴロウ「コ…コトネさん…っ///ベッドの上でハダカでやんす…!」

コトネ「ちくび…スリスリするぅ…っ///あっ……き……くぅん………///」クチュッ……クチュクチュッ…

ゴロウ「アニキの名前…でやんすか…ね…?もっと耳を澄まして…」

コトネ「あぁ…///あぁぁ…るふのイセキィィイ!イクぅぅぅうん………///」ビクンッビクンッ!

ゴロウ「ずごー!」ガタンッ

コトネ「ッ!?だ…誰…!?」ガタッ

ゴロウ「な…アルフの遺跡って…!何でそうなるでやんすぁー!」

コトネ「ゴ…ゴロウくん…!?」

ゴロウ「てっきりアニキに思いがあるんだと…。まさかのアルフの遺跡って…」ガクッ

162 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/05(火) 23:55:33 ID:tznIIaps
ぐいっ…ぼすんっ

ゴロウ「えっ…///」

コトネ「ゴメンネー。アタシ、遺跡とか寺とか歴史的文化財に発情しちゃう変態なの…///」

ゴロウ「それは初めて会った時から感じてやした…」

コトネ「でもねー。偶には普通の男の子相手でもヤりたい時もあるんだよ…?」

コトネ「こんなふーに…」チュゥ…レロ…

ゴロウ「んっ!?んんんー///」レロォ…

コトネ「ねぇ、ゴロウくん…。もっとスゴい事………シてみる…?」ツー…

ゴロウ「うっ……あっ………///」

ゴロウ(アニキ………アニキより先に大人のオトコになっちゃうかもでやんす…)





ヒビキ「があああぅああぉ……ぐぎょおおぉぉぉ……」ポリポリ…

163 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/07(木) 21:43:49 ID:QABz05rg
チュンチュンチュンッ………

ヒビキ「おぉう!今日も元気にカチコみじゃぁー!」

ゴロウ「そうで…やんす…ね…」ツヤツヤ

コトネ「元気だねー、ヒビキくん」ツヤツヤ

ヒビキ「あ゛?何じゃおどれら。気の所為か二人ともツヤツヤしちょらんか?」

コトネ「えー?気の所為じゃなーい?ねえ、ゴロウくん♪」ギュッ

ゴロウ「コ…コトネのアネゴっ…///」カァー

ヒビキ「何かいつの間にか仲良くなっちょらんか、おどれら?」キョトンッ

ゴロウ「そ…そんな事よりジムに行きやしょう、アニキ!」

ヒビキ「おぉう…?」

164 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/07(木) 22:06:56 ID:QABz05rg
――――
――
ガチャンッ

ヒビキ「はぁー。こー言うときに番長が休みなんじゃぁ…」ガクッ

ゴロウ「まあ古い友人に会ってるんじゃしょうがないでやんすよ」

ヒビキ「と言うかコトネはどこ行ったんじゃ?」

ゴロウ「あそこでやんす」スッ

コトネ「うっひょー!正しく歴史的風習に溢れた町、エンジュシティ!あの大きい塔はスズの塔でアレはぁ…♪」ピョンピョンッ

ヒビキ「うぜぇ…」ゲンナリ

ゴロウ「オイラはカワイイと思うでやんすよ?」

ヒビキ「そうかぁ…?俺はあっちに居る舞妓さんがエエのぉ!かんなりの別嬪さんじゃ!」

舞妓さん「あら、おおきに。嬉しい事言ってくれますなぁ」タユン

ヒビキ「うほぉー。着物の上からも分かるあのでっかい乳!たまらんのぉ、ゴロウ!」

ゴロウ「アニキ、偶には尻も良い物でやんすよ?」

ヒビキ「………ゴロウ、何か雰囲気変わったのぉ」

ゴロウ「そ…そうでやんすか?」

165 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/07(木) 23:00:41 ID:QABz05rg
舞妓さん「お兄さん達、もし宜しかったらウチらの舞、見て行きまへんか?色々サービスしますえ?」

ヒビキ「おぉう!別嬪の舞妓さんに誘われたら断れんのぉ!カチコミも出来んし、行ってみるかゴロウ!」

コトネ「おーい!ゴロウくーん!今からアタシ焼けた塔調べに行くんだけど、一緒に行かなーい?」

ヒビキ「おいコトネェ!今からゴロウは舞妓さんを見に行くんじゃ!邪魔すんな!」クワァッ!

コトネ「邪魔なんかしてないでしょ!それに付いて行くかはゴロウくんが決めるコトじゃん!」クワァッ!

ゴロウ「………アニキ、申し訳ないでやんす」

ゴロウ「今日はアネゴに付いて行きたいでやんす…」グッ

ヒビキ「あ゛…?」ピクッ

コトネ「ホントー!?お姉さんうれしー!」ギュッ

ゴロウ「………///」カァー

ヒビキ「………そうか。おどれがそうしたいならしょうが無いのぉ」

ゴロウ「すいやせん…」

ヒビキ「………漢にはそういう時期もあるもんじゃ」

166 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 12:33:03 ID:rYYm2xkc
焼けた塔

コトネ「うっひょー!焼け焦げた柱!所々空いた穴!なのに肌でも感じる神秘的な感じ!考古学者魂を滾らせるぅー!」

ゴロウ「でも焼けた塔って言う割に道は整備されてるでやんすね」

「それは焼けた塔自体がエンジュの観光名所。観光客が観て入れるようにするためさ」

コトネ「あり?アナタは確かエンジュのジムリーダーのマツバさん?」

マツバ「キミは確か一度ホウオウに事に関して訪ねて来た事があったね。確か名前はコトネちゃん?」

ゴロウ「エンジュのジムリーダー!?でも今日は友達に会う為とかでジムを空けてたんじゃ…」

ミナキ「それはこの私、マツバの心の友!ミナキの事だな!」バサァッ

マツバ「もしかしてジムを訪ねてたのかい?それはすまなかったたね。彼にここの関係者以外立ち入り禁止の所に入る為に度々呼び出される事があるんだ」

ゴロウ「何で立ち入り禁止の所なんかに…?」

コトネ「伝説のポケモン、ですか?」ニヤッ

ミナキ「っ!知っていたか…」

コトネ「この焼けた塔に伝説のポケモン、エンテイ、ライコウ、そしてスイクンが居るって話は割かし有名ですよ?でも同時に観光名所であるこの場所で誰もその三匹を捕まえた者、はっきりと見た者は居ない…」

コトネ「って事は居るとしたら一般公開しているこの一階じゃなくて、さらに地下…関係者以外立ち入り地区に居る可能性が高いってコトね」

マツバ「察しが良いな…」

167 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 12:40:46 ID:rYYm2xkc
ミナキ「確かにこの奥にエンテイ、ライコウ、そして愛しのスイクンが居る…!私も何度か見たが、直ぐに逃げられたぜ…」

コトネ「やっぱりねー。今日のアタシの目的もそーなんですよ。ここで会ったのも縁ってコトで、アタシ等も入れてくれません?」ニヤッ

マツバ「悪いけどそれは…」

ミナキ「そうはさせん!スイクンをそんな野次馬根性で目で犯されるのは気に入らん!」

ゴロウ「友達利用して入り浸ってる人に言われても…」

モゾモゾッ…ポンッ!

コラッタ「コラッ!」タタタッ

ゴロウ「あっ!コラッタ!待つでやんす!」タタッ

マツバ「あっ!そっちは立ち入り禁止…!」

コトネ「あーたいへーん!ゴロウくんとコラッタうを追いかけないと―♪」タッタッ

ミナキ「コラッ!抜け駆けをするなー!」

「ッ!」コソッシュタタタタタッ!

マツバ「………?」

コトネ「………」ニヤァ

168 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 12:49:44 ID:rYYm2xkc
焼けた塔・地下一階

コラッタ「コラッ…」

エンテイ「がお?」

ライコウ「がおがーお」

スイクン「わんっ…わふぅ」

コラッタ「コラッ!コラッタタ!」ピョンッピョンッ

スイクン「わふっ?」ピクッ

ゴロウ「コラッタ!やっと見つけ……た…」

スイクン「……………」ファサァッ…

コトネ「ゴロウくーん!ナーイ…ス……」

コトネ「ふつくしい…」ジュワァァァア…!

ミナキ「何度見てもふつくしい…」ボッキィーンッ!

マツバ「こんな近くでみるのは初めてだな…」

?「ッ………!?」コソッ

169 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 12:57:55 ID:rYYm2xkc
エンテイ「テエエェェェェェイッ!!!」ボオォッシュバッ!

ライコウ「コオォォォォォオウッ!!!」バチバチッシュバッ!

スイクン「………」ジィ…

ゴロウ「えっ?」

スイクン「フォオオォォォォォォッ!!!」ファサァッ…シュバッ!

ミナキ「行ってしまったか…。やはりスイクンは何と勇ましく!何と雄々しく!何と水々しく!何とすばっしこい!だからこそ追い求める価値がある!」ギンギンッ!

マツバ「股間を盛り上げて言っても格好はつかないぞ、ミナキ」

コトネ「………決めた!アタシ、これからはスイクンを追いかける!」ポタッ…ポタッ…

マツバ「女の子に言う事じゃないけど、股下を濡らして言うセリフでもないよね」

ゴロウ「………コラッタ、さっきスイクン達と何か話してなかったでやんすか?」

コラッタ「コラッ!」

170 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 13:04:26 ID:rYYm2xkc
?「………」コソッ

コトネ「………目的は何となく分かるけど、あのタイミングで出てきて捕まえようとしなかったのは賢明な判断ね」

コトネ「今のキミで敵う相手では無いってコトね、シルバーくん」

シルバー「………チッ」シュバッ

コトネ「それはそーと、ゴロウくん!」

ゴロウ「ん?何でやんすか?アネゴ」

コトネ「アタシ、これからスイクンを目的に調査を進めようと思うの!だから明日のヒビキくんのジム戦の後で良いから…」

コトネ「これからはアタシと旅をしない?」

ゴロウ「えっ…?」

171 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 18:41:45 ID:rYYm2xkc
歌舞練場

舞妓はん「………どうも、おおきにぃ」ユラリ…ユラリ…

ヒビキ「おぉう!雅な舞じゃったぞ、コウメちゃん!他の姉妹の娘らも別嬪さんじゃのぉ!」

おじさん「なんや、自分もうその年で女の見る目があるやないか!」バンバンッ

お爺さん「どの娘でもエエから一発ツケこみたいのぉ」

舞妓はん「冗談は顔だけにしておくれやすぅ」

赤帽子「………」スクッ

ヒビキ「………おぉう、アンタか。あの時は世話になったのぉ」

赤帽子「………あの時の坊主の片割れか」

ヒビキ「アンタみたいな人でもこんな所に興味があるんじゃな」

赤帽子「………ああ、良い着物だと思ってな」

ヒビキ「ガッハッハ!着てみたいのか?」

赤帽子「さぁな?」フゥゥ

172 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 18:56:17 ID:rYYm2xkc
ドォンッ!

舞妓はん「何どす!?」ビクッ

ロケット団「何だ何だ?ソープと聞いて来たが、着物の舞妓はんしか居ねーじゃねぇか。もしかしてそう言うプレイ?」

舞妓はん「ここは神聖な歌舞練場。そんな邪な理由で来たんなら、さっさといねい」

ロケット団「あ゛ぁん?舞妓はん無勢が粋がるなよ」チャキッ

舞妓はん「お兄さん、いきったらあかへんで?」チャキッ

ドゴオォンッ!

ロケット団「ぶへしっ!」ズサァッ!

舞妓はん「!」

ヒビキ「おぉう!またおどれらか!ケンカならうぇるかむだがなぁ!時と場所を考えろや、ボケェ!」クルクルッパシッ

赤帽子「ほぉ…」

ロケット団「チィッ!行け、ドガース!」ポーイッ

ドガース「ドガァー」ポンッ

舞妓はん「お兄さん、ウチらの事は気にせんと、いてこまして下さい」

ヒビキ「おぉう!許可貰ったぞ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

173 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/19(火) 19:06:14 ID:rYYm2xkc
――――
――
ロケット団「チィッ…!覚えてろぉ!」ダッ

ヒビキ「もう忘れたわ!」

舞妓はん「お兄さん、かっこよかったわぁ。おおきにぃ」ペコッ

赤帽子「………大した暴れっぷりだな」

ヒビキ「おぉう?アンタが出てくるよりはマシじゃろ?そのボール、隠せてなかったぞ」

赤帽子「ふっ…。凄まじいな、その感覚」チャキッ

コウメ「お兄さん、お兄さん」クイッ

ヒビキ「おぉう?」

コウメ「ホンマは姉さん達には怒られるんやけど、これお礼どす」スッ

ヒビキ「何じゃ、透明じょのぉ、この鈴」チリンッ

コウメ「うち、個人的にお兄さんの事、気に入ってん。カッコ良かったでぇ、ホンマおおきに」チュッ

ヒビキ「お、おぉう…///」テレッ

赤帽子「………あの鈴、まさかな」

174 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/20(水) 00:46:34 ID:JCp52h86
おつ

175 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/20(水) 17:06:49 ID:vg4orcxo
赤帽子「………中々面白い奴だな、お前は」フゥゥ

ヒビキ「アンタも十分キャラ濃いと思うぞ、俺よりのぉ。十代半ばで煙管を吹かして、その肩書でこんな所でフラフラと」

赤帽子「………」ピクッ

赤帽子「………ボクが何処の誰か分かってるみたいな言い草だな」ギロッ

ヒビキ「………」

赤帽子「………」

ヒビキ「………やっぱ知らん」

赤帽子「………何?」

ヒビキ「人間誰しも聞かれたくない事、知られたくない事もあるじゃろ?漢はそんな野暮な事は追究せんもんじゃ」

赤帽子「………そうか」ザッ

ヒビキ「………ま、アンタとはまた何処かで会う気はするがのぉ」

赤帽子「………」フッ

176 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/20(水) 17:17:52 ID:vg4orcxo
――――
――
prrrrrrrr

ロケット団「………えっ!?さっきの歌舞練場が目的の場所っ!?あそこにお目当ての物があったですって!?」

ロケット団「………透明な鈴が…オウ…を呼び出す為に必要不可欠…?虹色の羽だけじゃダメ…」

ロケット団「………そんな、また戻って奪って来いって…俺さっきコテンパンにされたばっかで…」

ロケット団「………そんな滅相な!アポロ様!必ず取ってきますのでしばしお待ちを…!」ガチャッ

グイッドォンッ!

ロケット団「べふぅっ…!誰だ…!?」

赤帽子「さっきの話、詳しく聞かせてもらおうか…?」ググッ…

ロケット団「貴様はさっき歌舞練場に居た…!誰がお前なんかに…!俺は優秀な誇り高きロケット団員だ!易々と情報なんて…」

赤帽子「ほぉ…その度胸試させて貰おうか…」グイッ

ボキッ!

ロケット団「うっ……ウギャアアアァァァァァァァァ!!!骨が…!指の骨がァァァア!!!」

赤帽子「安心しろ…。指なら足を含めたらまだ19本あるぞ」グキッ

ロケット団「ギャアアアァァァァァァァァァァッッッ!!!!」

177 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/20(水) 17:28:04 ID:vg4orcxo
――――
――
ヒビキ「本当に綺麗な鈴じゃのぉ…」チリンチリンッ

コトネ「………じゃあゴロウくん。明日のジム戦の後にさっきの話を聞かせてね?」

ゴロウ「………はいでやんす」

ヒビキ「おぉう!お前等、用事は済んだのか」

コトネ「まーね!お陰様で今後のアタシの目的が決まったよ」

ゴロウ「………」

ヒビキ「………ゴロウ、どうかしたのか?」

ゴロウ「な、何でもないでやんす…」

ヒビキ「………」バンッ

ゴロウ「いたっ」

ヒビキ「ゴロウ。好いた惚れたに漢も女も関係ねぇんじゃ。漢の背中に惚れるのも、女の乳や尻や包容力に惚れるのもおどれの自由じゃ」

ヒビキ「おどれの信じた道を選べや」ニカッ

ゴロウ「アニキ………」

ゴロウ(この人は、こんな粗暴に見えて、人の心を読めるんでやんすかねぇ…)

178 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/29(金) 17:30:49 ID:j7rkonxI
翌日・エンジュジム

マツバ「昨日は留守にして申し訳なかった。俺がエンジュジムのジムリーダー、マツバだ」

ヒビキ「おぉう!気にすんな!ガチでやりあえるんならそれでエエ!」

ゴロウ「………」

コトネ「………じゃ、しっかりと見届けよっか」

マツバ「俺はある伝説のポケモンに認められたくて、常日頃から修行をしている。ジムリーダーとして言うのも何だが、修行の相手になってもらう」ポーイッ

ムウマ「ムゥ〜」ポンッ

マツバ「使用ポケモンは三体だ。さあ、キミのポケモンを見せて貰おうか」

ヒビキ「カチこめ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアァー!」ポンッ

コトネ「ゴースト使いのマツバさん。正直ヒビキくんが苦手な相手だと思うんだよね…」

ゴロウ「どういう事でやんすか…?」

179 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/29(金) 17:42:19 ID:j7rkonxI
マツバ「ムウマ、おにび!」

ムウマ「ムゥ…!」ボボボッ!

ヒビキ「当たるか、そんなモン!ドリルくちばしじゃあっ!」

ムドーまる「エアァァ!」ギュルルルゥ!キィィィンッ!

ムウマ「ムゥッ!」ズガガガッ!

マツバ「速いな…!」

ヒビキ「どんどん行くぞォ!はがねのつばさ!」

ムドーまる「ムドォォオッ!」カチーンッキィィィンッ!

マツバ「あやしいひかり!」

ムウマ「ムゥッ…!」カッ!

ピッカーーー!

ヒビキ「眩ッ…!」

ムドーまる「エ…エアァァァァアッ!!!」ズサアァァァッ!

ゴロウ「ムドーまるが技の途中で急に落下したでやんす!」

180 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/29(金) 17:59:43 ID:j7rkonxI
マツバ「今度は当てるぞ、おにび!」

ムウマ「ムゥッ!」ボボボッ!

ムドーまる「エアァッッ…!」ジュゥゥ…!

ヒビキ「チィッ!立て直すんじゃ、ムドーまる!はがねのつばさ!」

ムドーまる「ムドォッ!ムドォッ!ムドォッ!」ガンッ!ガンッ!ガンッ!

ゴロウ「混乱して自分を攻撃してるでやんす!」

マツバ「今度はたたりめだ!」

ムウマ「ムムムウゥッ…!」ブワァァ……!

ムドーまる「エアアァァ…!」ガクッ…!

ヒビキ「ムドーまる!そんな攻撃、おどれなら耐えられる!ドリルくちばし!」

ムドーまる「ムドォッ…!ムドォッ…!」ガンッガンッガンッ!

パラッ…パラパラ…

コトネ「ん…?」

マツバ「無駄だよ。交代でもさせなければ混乱なんてすぐには解けない」

ヒビキ「俺のムドーまるを甘くみるんじゃないわァ!」

181 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/29(金) 18:07:51 ID:j7rkonxI
ムドーまる「エアッ!」キッ

マツバ「何!?」

ムドーまる「エアアァァァッ!!!」ギュルルルゥ!キイイィィィインッ!!!

ムウマ「ムマァッ…!」ズガガガッ!

マツバ「さっきより速い…!」

ゴロウ「あっ…!自分で攻撃した時に『くだけるよろい』が発動したでやんすね!」

ヒビキ「オラァッ!もう一発じゃぁ!」

ムドーまる「エ…エアアァッ…!」ジュウゥゥゥ…!

ヒビキ「何ッ…!?」

ムドーまる「ム…ムドォ…」ピクッ…ピクンッ

コトネ「火傷の追加効果で体力が切れたってコトね…」

マツバ「だが、こんなに早く混乱が解けるとは…」

ヒビキ「よぉ、頑張ったのぉ、ムドーまる」シュボンッ

182 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 19:08:59 ID:Z0ligDQU
ヒビキ「次じゃ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「マグゥッ!」ポンッ

マツバ「炎タイプ…。おにびを警戒してきたか…。あやしいひかりだ!」

ムウマ「ムマァッ!」カッ!

ヒビキ「遅ェ!あなをほるじゃ!」

アラシまる「マグゥッ!」ホリホリ

マツバ「地中に潜って光から逃れたか…。だが地面技はムウマの特性『ふゆう』で当たらないぞ。出て来たところでシャドーボールで狙い撃つぞ」

ムウマ「ムゥ…!」フワフワ…

ヒビキ「何のォ!」

ボコォッ!

アラシまる「マグゥッ!」シュバッ!

マツバ「速い…!」

ゴロウ「一瞬でムウマの上を取ったでやんす!」

コトネ「地中から出てくる瞬間、でんこうせっかで加速したんだ…。ムウマの攻撃をかわし上を取るだけの移動手段ってだけで直接攻撃する訳でもないからムウマのタイプも特性もガン無視ってコトね」

183 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 19:19:42 ID:Z0ligDQU
ヒビキ「かえんぐるまぁっ!」

アラシまる「マグマグマァッ!」ボォォグルグルグルンッ!

マツバ「ムウマ!」

ムウマ「ムゥッ…!」ビリィッ!

コトネ「っ!」

ドオォォォォォンッ!!!

ムウマ「ム…ムゥ…」ピクッ…ピクンッ

マツバ「よく頑張ったな、ムウマ」

ゴロウ「一体撃破でやんす!」

コトネ「まあ無傷とはいかないけどね」

アラシまる「マグゥ…!」ビリッ…ビリビリ…

ヒビキ「流石は番長じゃのぉ。倒れる前にでんじは喰らわしよったな」ニヤッ

マツバ「さっきのエアームドと言い、マグマラシと言いキミはスピードを活かした奇襲が得意みたいだからね。スピードを封じさせてもらったよ」

ヒビキ「補助技てんこ盛りじゃな。やりにくいのぉ」

マツバ「ゴーストタイプとはそう言うトリッキーな戦いが得意なんだよ」

184 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 19:33:59 ID:Z0ligDQU
マツバ「次はコイツだ!行け、ゴースト!」ポーイッ

ゴースト「ゴーースゴスゴス!」ポンッ

ヒビキ「アラシまる!かんぐるまじゃ!」

アラシまる「マグマグゥッ!」ボォォグルグルグルンッ

マツバ「ゴースト、のろいだ」

ゴースト「ゴスッ…」グサッ…

アラシまる「マグゥッ…!?」ゾクッ…

ゴロウ「自分を攻撃した!?何故でやんすか!?」

コトネ「………」

ヒビキ「構うなァ!」

アラシまる「マグゥアッ!」グルングルンッ!

ゴースト「ゴスゥッ!」ジュゥゥ…!

185 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 19:46:42 ID:Z0ligDQU
ヒビキ「さらにもう一発!」

アラシまる「マグッ…!」ビリィッ…!

ヒビキ「痺れたか…!」

アラシまる「マ…マグゥゥアッ…!」ゾワゾワゾワァ…!

ヒビキ「ッ!?」

マツバ「さっきののろいと言う技は自分の体力を減らすが、相手にも一定時間ごとにそれなりのダメージを与える。火傷よりは強力だがね」

マツバ「ではもう一度喰らうと良い!あやしいひかり!」

ゴースト「ゴスゥッ!」カッ!

アラシまる「マグッ…!」クラァッ…

ゴロウ「アラシまるも混乱したでやんす!」

コトネ「麻痺の呪いに混乱ねぇ…。これは交代させるしか対処は出来ないってコトね」

ゴロウ「交代…?」

コトネ「麻痺はもうどうしようも無いけど、呪いと混乱なら交代で解けるのよ」

アラシまる「マグゥ!マグゥッ!マグゥッ!」ガンッガンッガンッ!

ヒビキ「………」

186 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 19:57:55 ID:Z0ligDQU
ヒビキ「アラシまる、かえんぐるまぁ!」

アラシまる「マ…マグゥッ…!」ビリィッ…ゾワゾワァッ…!

コトネ「………何で交代させないの?状態異常の三重苦を逃れるにはそれしかないのに…」

ゴロウ「………アニキは退かないでやんすよ。それがアニキの流儀だから」

コトネ「ゴロウくん…?」

ゴロウ「アニキは逃げるような交代は絶対にしないでやんす。アラシまる達もそうでやんす」

ゴロウ「それが漢の戦い方だから」

ヒビキ「アラシまる!漢が!呪いなんぞに負けんな!混乱なんぞに心を乱すな!」ニィッ

ヒビキ「かえんぐるまじゃァッ!!!」

アラシまる「マグゥッ…!」キッ!

マツバ「何…!?動けるのか!?」

アラシまる「マグマグマグゥゥアァッッ!!!」ボオォォ!グルングルングルンンッ!

ドオオォォォォォォォォォンッ!!!

187 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/09/30(土) 20:04:45 ID:Z0ligDQU
しゅうぅぅぅぅ………

ゴースト「ゴ…ゴスゥ…」ピクッ…ピクンッ

アラシまる「マ…グゥ………」ゾワァッ…!ドサッ…

コトネ「ゴーストが先に戦闘不能になったけど、アラシまるも呪いの効果で相打ち…」

マツバ「凄いな…。あの三重状態異常を突破するとは…」シュボンッ

ヒビキ「エエ男ぶりじゃったぞ、アラシまる」

デンまる「モコォ…」ポンッ

ゴロウ「アニキ…デンまる…」

アラシまる「マ…マグゥ…」ググッ…

デンまる「モコォッ…!」グッ…!

ヒビキ「おぉうし!一気に勝ち込むぞ、デンまる!」

デンまる「モコォー!」バチバチィッ!

188 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 17:13:12 ID:nteE1eZ2
マツバ「良い意気だ。こちらも、行くぞ!ゲンガー!」ポーイッ

ゲンガー「ゲンガー!」ポンッ

ヒビキ「デンまる、ほうでん!」

マツバ「ゲンガー、ふいうち!」

ゲンガー「ゲンッガー!」フッ…ドゴォッ!

デンまる「モコォッ!」ゴフッ…

ゴロウ「速いでやんす!」

コトネ「ふいうちは相手が攻撃してこようとする時、必ず先制出来る技」

ヒビキ「構うか!そんままヤるんじゃ!」

デンまる「モォコォー!」バチバチィッ!

ゲンガー「ゲェングァァアッ!」ビリビリィ!

ヒビキ「そんままぶち噛ませェ!」

マツバ「もう一度ふいうち!」

ゲンガー「ゲェンッ…!」フッ…

189 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 17:20:55 ID:nteE1eZ2
ヒビキ「わたほうし!」

デンまる「モコォ!」モフモフゥ

ゲンガー「ゲェンッ!?」モフッ

マツバ「補助技か…!」

ヒビキ「オラァッ!そのまま雷パン連打じゃァッ!」

デンまる「モコォッ!モコォッ!モコォオッ!」バチバチッドゴォッ!ドゴォッ!ドゴォウッ!

ゲンガー「ゲンッ!ゲガァッ…!ゲブァッ…!」カハッ…!

コトネ「わたほうしで動きを鈍らせてすぐさまかみらりパンチのラッシュ…。相変わらずの血の気の多い戦い方ね」

マツバ「ゲンガー、影に潜れ!」

ゲンガー「ゲェンッ…」スッ…

デンまる「モコォ!?」

ヒビキ「消えよったじゃと…!?」

マツバ「ゲンガー、あやしいひかり!」

ゲンガー「ゲンガッーゲ!」カッ!

ピッカーーー!

190 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 17:33:30 ID:nteE1eZ2
ゴロウ「また同じ手…!」

デンまる「モコォ…」クラァッ…

マツバ「卑怯と思われてもしょうがない。だがゴーストタイプ使いとしてはこれが俺の戦い方なんだ!シャドーボール!」

ゲンガー「ゲェン…ガァッ!」バシュッ!

デンまる「モコォ!」ドサァッ!

ヒビキ「デンまる、負けんな!ほうでんじゃ!」

デンまる「モコォ…!」ベチッ!

コトネ「混乱して自分を攻撃している…。さぁて、ヒビキくん。どうする…?」

マツバ「畳みかけるぞ、ゲンガー!シャドーボール、連弾!」

ゲンガー「ゲンッ!ゲンッ!ゲガァーッ!」バシュッ!バシュッ!バシュッ!

デンまる「モコォーッ!」ズサアァッ!

ヒビキ「デンまる…!」グッ…

デンまる「モコォ…!モコォ…!」ガァンッ!ガァンッ!

191 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 17:46:35 ID:nteE1eZ2
ヒビキ「………デンまる!漢がそんなちゃっちい光なんぞで心を惑わされるな!漢が心で負ける事なんぞ、あってたまるくぁ!」

デンまる「モコォ…」ググッ…

ヒビキ「苦しいか、デンまる…!じゃったら…!」

ドゴォッ…!

デンまる「モコッ…!?」

コトネ「ッ!?ヒビキくん…!自分を殴って何を…!?」

ヒビキ「おどれらが挫けそうにになったら、俺が叩いたでも立ち上がらせてやる!おどれらの傷ついた分、俺も痛みを分け合っちゃる!それが俺がトレーナーとしての…!アニキの役目じゃ!」

ゴロウ「アニキの…役目…」

ヒビキ「俺は…!おどれら弟分達と一緒にもっと…もっと強くなるんじゃぁあっ!」

デンまる「モコッ…!」ピカーッ!

ふぉんふぉんふぉんっ……

マツバ「この光は…!」

コトネ「進化の光…」

デンまる「デンッリュゥウー!」パッパラー!

192 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 17:52:57 ID:nteE1eZ2
ヒビキ「ガッハッハ!進化しよったな、デンまる!」

コトネ「モココがデンリュウに進化したってコト…」

デンまる「リュゥ…!」キッ

マツバ「進化して混乱も解けた、か…」

ヒビキ「デンまる、かみなり…」

マツバ「ふいうちだ!」

ゲンガー「ゲンッ…グァッ!」フッ…ドゴォッ!

デンまる「デン…リュゥ…!」グッ…

マツバ「微動だに…!」

ヒビキ「パンツィイッ!」

デンまる「デェンデンッ…リュゥウッ!」バチバチィッ!ドゴォオッ!

ゲンガー「ゲガァッ…!」ゴフッ…!

193 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:05:47 ID:nteE1eZ2
マツバ「だったら…!あやしいひかりでもう一度混乱させろ!」

ゲンガー「ゲェンッ…!」カッ!

ヒビキ「………!デンまる!」ピッピッ

デンまる「デェェンッ…!リュウゥゥー!!!」カッッ!!!

ピッカアアァァーーー!!!

ゴロウ「ゲンガーの光をさらに強い光で打ち消したでやんす…!」

コトネ「デンリュウの尻尾の光は宇宙からも見えるくらい強力で、ある港街では灯台の明かりにも使われているの」

ゲンガー「ゲガァー!」クラァッ…

マツバ「ゲンガー…!影に潜って体制を…!いや、光が強すぎて影が無い…!」

デンまる「デェンッ…!」バチバチィ…!

ヒビキ「漢の拳がバチバチ光れ!勝利を掴めと輝き叫んでやがる!ガチでかみなりパンツイィッ!」

デンまる「デェェンッ…!リュウゥゥウウッッッ!!!」バチバチィイイッ!!!

ドゴオォッッッ!!!

ゲンガー「ゲンッ…グアアァァァッッッ!!!」ズサァァァ!

ゴロウ「漢の…拳…!」

194 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:27:19 ID:nteE1eZ2
ゲンガー「ゲン…グハッ……」ピクッ…ピクンッ

マツバ「………何と言う事だ。力技と精神論で俺のゴースト達が倒されるとはね。やはり伝説のポケモンを目指すには姑息な技だけではダメなのかもな…」

ヒビキ「アンタ、自分ではそう言っちょるが、俺ァ別にそれでもエエと思うぞ?」

ヒビキ「人には人のやり方が…流儀があるんじゃ。その戦い方がアンタの流儀なんじゃろ?俺もおどれの流儀で戦った。それでエエじゃろ?」ニシシ

マツバ「………そうか。だったら俺も俺のやり方…流儀を貫いて修行を重ねるよ。伝説のポケモンに認めて貰えるように」

マツバ「これはキミのモノだ。このファントムバッジを受け取ってくれ」スッ

ヒビキ「おぉう!」パシッ

195 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:36:22 ID:nteE1eZ2
――――
――
ゴロウ「アニキ…アネゴ…聞いてほしい事があるでやんす」

コトネ「………あの返事をしてくれるってコトね」

ヒビキ「………」

ゴロウ「申し訳ないでやんす、アニキ!今までお世話になりやした!」

ヒビキ「………そうか」

ゴロウ「………そしてこれからもこの舎弟ゴロウに漢の流儀、ご教授お願いするでやんす!」

ヒビキ「ッ!」

コトネ「………」

196 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:41:21 ID:nteE1eZ2
コトネ「………そっか」

ゴロウ「アネゴ…。オイラ、アネゴの事、例え変態でもショタコンでも…」

コトネ「ごふっ…。ヒドイ言い草…」

ゴロウ「アネゴの事、大好きでやんす!女性として!」

コトネ「………うん///」

ゴロウ「正直、誘ってくれたことは嬉しかったでやんす。だけど、オイラまだ半人前だから…。アニキの教えで立派な漢になれたらその時は…!」

コトネ「分かった。その時は貰いに行くね。ゴロウくんの事。イイよね、ヒビキくん?」

ヒビキ「おぉう、好きにせぇ」

コトネ「ま、ここで別れちゃうけど、旅してたらまたどっかで会えるってコトね。その時は…」チュッ

ゴロウ「………///」

コトネ「またいっぱい可愛がってアゲルから♪」

ヒビキ「ゴロウ、コイツにはホンマに気を付けちょけよ…」

コトネ「黙れ、童貞」ドゴォッ!

197 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:49:53 ID:nteE1eZ2
39番道路

シルバー「………ハァ…ハァ…」ユラ…ユラリ…

ドサッ………

シルバー「ぐ……ぐぅ………」

「………えっ?人が倒れてる?あの!大丈夫ですか!?」ユサユサッ

シルバー「ぐふっ………」

「大変…。喋れない程に弱っているんですね…」

ぐーぎゅるるるぅぅぅぅぅーーー

「……………」

シルバー「……………飯…を…」ガクッ

198 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 18:56:15 ID:nteE1eZ2
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ肆個

手持ち伍匹

マグマラシ ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv31                          Lv29 
ひのこ   でんこうせっか             はがねのつばさ  ドリルくちばし
かえんぐるま あなをほる             フェイント     スピードスター       
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         ミニリュウ  ♂ NN リューまる
Lv30  もちもの デンリュウナイト       Lv20
フラッシュ かみなりパンチ           りゅうのいかり  でんじは 
ほうでん わたほうし               たつまき  しんそく

マダツボミ  ♂ NN ツボミまる
Lv34
パワーウィップ たたきつける
はたきおとす つるぎのまい

199 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 21:45:21 ID:mtw7JVQU
応援してる

前作も、見た方がいいのかな?

200 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 22:32:41 ID:nteE1eZ2
>>199
どうもありがとう。
前作約900レス近くもあって長いけんど、ぜひ見てくだせぇ。

201 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 22:42:55 ID:nteE1eZ2
ヨシノシティ

娘「けほっ…けほっ…」

ブルー「どうしよう…。容体がどんどん悪化してる…」

オーキド「もう食べ物も碌に喉も通さないか…。このままでは…」

ドォンッ!

コルニ「青ちゃん!見つけた!あの薬がある場所が分かった!」

ブルー「コルにん!ホント!?」

コルニ「うん!でも数がかなり限られてて、最悪一個か二個しか現存しないかもって…」

オーキド「それでもかけるべきじゃ。それは何処にある?」

コルニ「タンバシティ…。老舗の薬屋らしいけど…」

オーキド「タンバか…。だが今はアサギの灯台も機能しておらんし、船を出してもこの時期は渦巻島の大渦が発生している筈じゃ」

コルニ「だったら空からいきます!青ちゃん、ライター貸して!」

ブルー「だったら私が…!」

コルニ「青ちゃんはこの娘に付いてあげて。アタシが全速力で取って来るから!行くよ、ライター!」ポーイッ

ライター「グオォォォォォォッ!」ポンッ

202 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 22:48:53 ID:nteE1eZ2
アサギシティ

ゴロウ「おー!何だかコガネとは違う意味で活気のある街でやんすねー」

ヒビキ「港町らしいからのぉ。しかもここにはジムもある!さっそくカチコミじゃぁー!」

ゴロウ「はいでやんす!」

町人「あ、ジムに用があるのかい?残念だけど今はジムリーダーが留守だよ」

ヒビキ「またか!」ズゴッ

町人「そう言ってあげなさんな。ジムリーダーのミカンちゃんは灯台で病気のポケモンを付きっ切りで看病しているんだ」

ゴロウ「何だか訳ありみたいでやんすねぇ」

ヒビキ「じゃあこっちから会いに行ってみるとするかのぉ。あそこの灯台じゃな」

203 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 22:57:18 ID:nteE1eZ2
アサギの灯台

デンリュウ「ぱるるぅ…」ゼェ…ゼェ…

ミカン「アカリちゃん…」

ヒビキ「おぉう!アンタがこの町のスケバンか?」

ミカン「貴方は…?」

ゴロウ「アニキ!このポケモン、デンまると同じデンリュウでやんす!」

アカリ「ぱるるぅ…」グッタリ

ヒビキ「………みたいじゃな」ポーイッ

デンまる「ぱるぅ…」ポンッ

ミカン「この子、何時も海を照らしていてくれたの…。でも突然ぐったりして息も絶え絶えで…」

ヒビキ「じゃからコイツの看病でジムの仕事も出来なかったんじゃな」

ミカン「あ…。もしかしてジムへの挑戦の方ですか?すいません…こんなんじゃジムリーダー失格ですね…」

ヒビキ「自分のシマの奴を守るのも立派な番長の仕事じゃ。そんな事で自分を追い詰めるなや」

ミカン「ありがとうございます…」

204 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:11:34 ID:nteE1eZ2
ゴロウ「どうすればこのデンリュウは元気になるんでやんすか?」

ミカン「タンバシティ…。海の向こうの街なんですが、そこの老舗の薬屋さんにある『秘伝の薬』…。それさえあればポケモンでも人間でも元気になるって聞きました」

ミカン「でも今現存してるのがあっても一個か二個…。新しく調合するにも半年以上はかかるって…」

ヒビキ「………じゃあそれを取ってこればいいんじゃな?」

ミカン「えっ?取ってきてくれるんですが…?でももしかしたらもう無いかもしれないし…今は灯台も機能してなくて船も出せず、この時期は間にある渦巻島の大渦があって…」

ヒビキ「そんなモン、行ってみな分からんじゃろ?船が出なけりゃ、ポケモンを頼りゃあエエんじゃ!」

ゴロウ「止めても無駄でやんすよ?アニキはこー言う事はほっとけない仁義の漢なんでやんす!」

ミカン「あ、ありがとうございます…!」ペコリ

ヒビキ「デンまる、お前はここに残ってこのアカリちゃんに付いてやれや」

デンまる「ぱるるぅ!」

ヒビキ「じゃあ行くぞ、ゴロウ!」

ゴロウ「合点でやんす!」

205 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:15:33 ID:nteE1eZ2
ガチャッ…

シルバー「誰か…来ていたのか…?」

ミカン「シルバーさん!」

シルバー「頼まれていた食料と熱冷ましだ…」ドサッ

ミカン「すいません、態々…」

シルバー「お前には行き倒れていた所を助けてもらった恩がある。これくらい当然だ」

206 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:20:46 ID:nteE1eZ2
数日前・アサギシティ

シルバー「っ…くっ…。っ!」ガバッ

ミカン「あっ、目が覚めました?」

シルバー「お前は…?うっ…」グゥゥギュルルルルゥゥウ…

ミカン「ふふっ。その感じだったら数日何も食べてないみたいですね。病気の子用に作って置いたお粥ですが、どうぞ」コトッ

シルバー「……………うまい」ズズッ…

ミカン「良かった。私、ミカンって言います。もし宜しかったらお名前を伺っても…?」

シルバー「………シルバーだ」

ミカン「まあ。なんて鋼タイプらしいお名前。何だかセンチメンタルな運命を感じますね」

シルバー「………?」

207 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:27:02 ID:nteE1eZ2
オーダイル「オダァ…」

ニューラ「ニュラァ…」

イワーク「イワァ…」

シルバー「お前達…」

ミカン「この子達、貴方が起きるのをずっと寝ずに待ってたんですよ」

シルバー「お前達…。バトルであんな扱いをしていたのにこんな俺を…」

ミカン「ふふっ。ポケモンに愛されてるんですね」

シルバー「俺が…ポケモンに…?」

ミカン「確かにバトルには戦略の為に傷つけてしまう事もあるかもしれません。でもポケモンが何故それでも従ってくれるか分かります?」

ミカン「ポケモン達も貴方の事が大好きなんですよ」ニコッ

シルバー「……………」

208 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:32:50 ID:nteE1eZ2
――――
――
ミカン「そんな話もしましたね…」

デンまる「ぱるぅ!?」

シルバー「………と言うかデンリュウが増えてないか?」

ミカン「あ、さっきジムに挑戦に来られた方がアカリちゃんの為に置いてってくれたんです」

シルバー「………それより、さっきチラっと聞こえて来た話は本当か?タンバシティにある『秘伝の薬』があればデンリュウの病気が治ると」

ミカン「聞こえてたんですか?」

シルバー「何故それを先に言わない!俺に言えば取ってこれただろう!」

ミカン「でもシルバーさんはつい此間まで空腹で寝込んでましたし、病み上がりに無理をさせるのも…。それに渦巻島が…」

シルバー「そんな道理、俺の無理でこじ開ける」ザッ

ミカン「シルバーさん!」

シルバー「何より借りを作ってばかりでは俺の気が収まらん!」

209 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:42:17 ID:nteE1eZ2
同時刻・アサギシティのとある民家

少年「ゲホッ…コホッ…」ゼェ…ゼェ…

母親「どうしましょう…このままではこの子が…!」

ドォン!

父親「今戻った。ユウキはまだ無事か?」

母親「アナタ!今まで何処に行ってたの!?」

父親「情報収集だ。ユウキの病気を治す手立てが見つかった」

母親「っ!本当っ!?」

父親「灯台下暗しと言う事か…。案外近くに希望があった。アサギの海の向こう、タンバシティの『秘伝の薬』だ」

母親「案外近くって言っても…!今灯台が機能してなくて船も出てない状況でタンバへ行くって…!それにこの時期の渦巻島には大渦が…!」

父親「船が無い?ならば私が泳いでいくまでだ!」ダッ!

母親「アナター!」

210 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:51:59 ID:nteE1eZ2
同時刻・アサギシティの港

ゴロウ「アニキ…舟が無いからポケモンを頼るって…。アニキに海越えれるポケモンいたでやんすか?

ヒビキ「俺にはリューまるがおる!図鑑を見るにはなみのりを覚えるらしいぞ!」

リューまる「りゅー!」チョコーンッ

ゴロウ「このリューまるでやんすか…?」ジトォ

ヒビキ「………図鑑じゃミニリュウは2メートルはあるって話なんじゃがなぁ…」

ゴロウ「まだ卵から産まれた子供でやんすからね」

ヒビキ「どうしたもんじゃのぉ…。ん?」

ツンツン頭「Hey!アローラ!そこのビキニのおねーさん?アローラ帰りのエクセレントな俺と一緒に楽しい事しよーZE?」ウネウネ

ビキニのお姉さん「いやーん!一昨日来なさーい♪」パッシーンッ!タユンッ

ツンツン頭「アウチッ!フッ…ナイスボイン…!」グッ

ヒビキ「何じゃ、あのツンツン頭…」

ゴロウ「さあ…。ナンパ、でやんすかね…」

211 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/04(水) 23:59:56 ID:nteE1eZ2
ツンツン頭「ったく。この街じゃ収穫無しか…。じゃあ次はタンバシティでナンパするか…」

ヒビキ「っ…!?タンバシティじゃと!?」

ゴロウ「海を渡れるんでやんすか!?」

ツンツン頭「おっ!?何だお前等?いきなり現れて…」

ヒビキ「おいツンツン頭の兄ちゃん!さっきタンバシティに行くって言ったな!?」

ゴロウ「船が出てないのにどうやって海を渡るんでやんすか!?」

ツンツン頭「船が無い?ノープロブレムだZE!俺にはコイツが居る!」ポーイッ

カメックス「ガァァァアメェェッ!」ポンッ

ヒビキ「ッ!?」ゾクッ…!

ゴロウ「強そうなカメックスでやんすねぇ」

ツンツン頭「だろ?つい此間もコイツで遠くのアローラ地方に渡ったんだZE?凄いだろ?」ウネウネ

ヒビキ「………凄いってレベルじゃんぇのぉ…。アンタ、何者じゃ?」

グリーン「俺か?俺の名はグリーン!マサラの伊達男、そしてトキワのイケメンジムリーダーのグリーン様だZE!」キラーンッ

212 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 22:28:05 ID:BJyawe8w
ゴロウ「ジ、ジムリーダー!?でもトキワって事はジョウトの人じゃないでやんすね」

グリーン「オフオース!俺はカントーのジムリーダーだZE!」

ヒビキ「そうか、ツンツン頭の兄ちゃん」

グリーン「俺、さっき名乗ったよな。結局ツンツン頭なんだな」

ヒビキ「頼む!俺達も一緒にタンバに連れてってくれや!」ガバッ

ゴロウ「アニキが人に頭を下げた!?」

グリーン「………どうやら訳ありみたいだが、俺のマネーはレディーか俺の認めた奴しか乗せない主義なんだYO」

ヒビキ「ダメじゃと言われても俺達にゃ渡らないかん訳があるんじゃ。どうしてもと言うなら、バトルしてでも乗せてもらうぞ!」チャキッ

グリーン「ヘッ…。何だかそのクソ生意気な口ぶりと真っ直ぐな眼を見てると思い出すじゃねェかYO…。三年前、突然居なくなったアイツをYO…」ウネウネ…

ゴロウ「三年前…?」

グリーン「だったらYO!カモンッ!マスキオ!」ポーイッ

マスキオ「ニィドォキィィイングッ!」ポンッ

グリーン「俺を認めさせてみろYO!BADBOY!」

213 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 22:40:38 ID:BJyawe8w
ヒビキ「ニドキング…。話が分かるじゃねぇか、ツンツンの兄ちゃん!カチこめ!アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「マァグゥ!」ポンッ

グリーン「先手はやるZE!BADBOY!」

ヒビキ「おぉう!アラシまる、ひのこじゃ!」

アラシまる「マグゥッ!」ボボボッ!

マスキオ「ニド…」ジュッ…

グリーン「ハッ!ほのおのパンチ!」

マスキオ「ニィ…ドォッ!」ボホボ゙ッ…ドゴォオッ!!!

アラシまる「マグゥウ…!」ゴフッ…!

ゴロウ「炎タイプのアラシまるが炎技で押し負けたでやんす!?」

ヒビキ「あのカメックスもじゃが、そのニドキングもヤバイレベルじゃのぉ!でんこうせっかで回りこめェ!」

アラシまる「マグゥッ!」シュバババッ!ドォンッ!

マスキオ「ニドッ…!」ズキッ…

グリーン「中々速いじゃねェかYO!」

214 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 22:55:05 ID:BJyawe8w
ヒビキ「続けて行くぞ!かえんぐるまじゃ!」

アラシまる「マグゥ…マァッ!」ボォォグルグルグルンッ!

グリーン「マスキオ、回れ!」

マスキオ「ニッドォッ!」グルグルッザシュッ!

アラシまる「マグッ…!」グサッ…ドクドク…!

ゴロウ「何でアラシまるが毒状態に…!?」

ヒビキ「躱された…!と言うかトゲが掠ったのか…!?」

グリーン「回転で衝撃を外に受け流し、尚且つニドキングの『どくのとげ』に触れさせる回数を増やす意味もあるんだZE!そのままにどげり!」

マスキオ「ニッドォ!ニッドォ!」ゲシッゲシッ!

アラシまる「マグゥア!」ズサアァッ!

ヒビキ「スゲェな…!アンタ!あなをほる!」ワクワク

アラシまる「マグマグ…!」ホリホリ…

グリーン「………OBAKAめ」フッ

ゴロウ「えっ…?」

215 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 23:20:30 ID:BJyawe8w
グリーン「マスキオ!じしん!」

マスキオ「ニィィイッドオォォォォオオオッッッ!!!」ドゴォォォッ!!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!

アラシまる「マグゥアアアッッッ!」ドガァッ!!!

グリーン「じしんはな、相手が地中に居てもダメージを当たら得るんだZE!しかもその威力は通常の二倍だZE!」

ゴロウ「アラシまるが…アニキが手も足も出ないなんて…」

ヒビキ「強い…強いのぉ…!多分今まで俺の戦った中で一番強いな、ツンツンの兄ちゃん!」

グリーン「YO!そいつは嬉しい事言ってくれるじゃねェかYO!」

ヒビキ「じゃが俺等もそんあ強い奴と戦えると、こうワクワクするのぉ!なあ、アラシまる!」

アラシまる「マ…マグゥッ!」ボォォオッ!

グリーン「ッ!Oh…!まさかアレを喰らってまだ立ち上がるのか…!」

ヒビキ「まだじゃ!ここで立ち止まらなかったら、俺等はまだまだ強くなるぞ、アラシまる!」

アラシまる「マァグゥゥウウウウッッッ!!!」ピカーッ

ふぉんふぉんふぉんっ……

アラシまる「バックフウゥゥゥゥンッッッ!!!」パッパラー

216 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 23:29:00 ID:BJyawe8w
ゴロウ「アラシまるが…進化したでやんす!」

ヒビキ「バクフーン…!ごっつくなったのぉ、アラシまる!」

アラシまる「バクゥッ!」ボォォオッ!

ヒビキ「じゃあ仕切り直すぞ、ツンツンの兄ちゃん!でんこうせっか!」

アラシまる「バクゥゥッ!」シュンッ…!

グリーン「ッ…!マスキオ、ガードだ!」

マスキオ「ニッドォ…!」グググッ…!

ヒビキ「もう一発!」

アラシまる「バッック…フウゥゥゥゥンッッッ!」ボボボッ…!シュババッ!

ゴロウ「でんこうせっかが燃えたでやんす!」

グリーン「ニトロチャージか…!」

マスキオ「ニ…ニドォオ…!」ジュゥゥ…!

グリーン(コイツ、かなり速いな!確かバクフーンの種族値はリザードンと同じだった筈…。コイツ、素早さのポテンシャルだけなら『アイツのリザードン』より上かもな…!)

217 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 23:35:19 ID:BJyawe8w
アラシまる「バック!バック!バックフーンッ!」ボボボッ…シュバババ!

マスキオ「ニドォ…!」ググッ…!

ゴロウ「速い!速いでやんす!スピードならアラシまるも全然負けてないでやんす!」

アラシまる「バクゥ…!」ドクドク…!

グリーン「ッ!にどげり!」

ヒビキ「あなをほる!」

アラシまる「バクゥゥ…!」ホリホリホリ…!

グリーン「BAKAの一つ覚え…!」

ゴゴゴゴ…!

グリーン「間に合わねぇ…!」

ボコォォッ!

マスキオ「ニドォオッ!」ドガァッ!

218 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 23:44:53 ID:BJyawe8w
ヒビキ「このまま勝ち込むぞ、アラシまる!かえんぐるまぁ!」

アラシまる「バクバクバァァクッ!!!」ボォォグルグルグルンッ!!!

ゴオオォォォッッ!!!

ゴロウ「ニトロチャージで加速したかえんぐるま!このスピードなら!」

グリーン「上等だZE、BADBOY!10万ボルトォオッ!」

マスキオ「ニィドォキィィイングッ!!!」バチバチィイイッ!!!

ドガガガアァァッッ!!!

アラシまる「バクゥアァッ!」ビリビリビリィ!

ヒビキ「アイツ…!アラシまるが突っ込んでいく手前に照準しやがった…!」

グリーン「中々楽しめたZE、BADBOY…!だがこれでジ・エンドだ!」

マスキオ「ニドォ…!」ガシッ!

アラシまる「バクゥ…!」ググッ…

グリーン「大地の奥義、喰らいナアァッ!」

マスキオ「ニィィドオォォオッ!!!」ドゴオォォォッ!!!

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!!

219 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/09(月) 23:52:43 ID:BJyawe8w
――――
――
ヒビキ「………ガッハッハッハ!やっぱり世界は広いのぉ!シルバー以外にもこんなにクソ強い奴がこんなにも居るわ!」

グリーン「凄いな、お前。負けてもそんなに笑えるなんてYO」

ゴロウ「アニキ…でも、どうしやす?タンバに行く方法…」

ヒビキ「どぉしたもんじゃのぉ…」

グリーン「オラ、お前等さっさち支度しろ」ドンッ

ヒビキ「おぉう…?俺は負けたぞ?エエんか?」

グリーン「最初に言ったろ?マネーにはレディーか俺の認めた奴しか乗せないってYO」

グリーン「別にマスキオを倒せとは言って無いZE?」

ヒビキ「おぉ…!恩にきるぞ、ツンツンの兄ちゃん!」

ゴロウ「ありがとうでやんす!」ペコリッ

グリーン「もう、ツンツンにはツッコまねェぞ…」

マスキオ「ニドォ…」

グリーン「お、マスキオ…。お前もこのクソガキを見て、ご主人様を思い出したか?」

グリーン「………俺もだよ」フッ

220 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 18:15:56 ID:LEJCcXEI
41番水道

ゴロウ「………中々狭いでやんすね」ギュゥギュゥ

グリーン「いくら俺のマネーの甲羅がBIGだからって三人なんだから仕方ないだろ」

ヒビキ「それはそうと、ツンツンの兄ちゃん。アンタのニドキング、技のデパートリーが凄かったのぉ。4つの技全部違うタイプの技じゃった」

グリーン「ニドキングってのは種族値自体はそんなに高くないが、技の豊富さが売りなんだZE。でもどんなポケモンでも相性補完はしっかりしないとな」

ヒビキ「相性補完じゃと?」

グリーン「お前のバクフーンだったら炎タイプだから弱点である岩タイプや水タイプに対する決定打が欲しいな。岩にはあなをほるがあるから、電気技が欲しいところだZE」

グリーン「お前のバクフーン、スピードに関しちゃピカイチだからな。勿体ないZE?」

ヒビキ「ほぉー。成程のぉ…」

ザパアァァンッ!ザパアァァァンッ!

ゴロウ「グリーンさん…何だか海が変でやんすよ?」

ビュオオォォォォオオオオ!!!

ヒビキ「風も出てきよった…。コイツは時化るぞ…」

グリーン「………御出ましだな」

221 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 18:30:54 ID:LEJCcXEI
ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

ゴロウ「で…デカいでやんす…!これが噂の渦巻島の大渦…!」

ザアアアァァァァァァァァァァァ…!!!

ヒビキ「空も荒れて来た…。コイツは時化るのぉ…」

ゴロウ「グリーンさん…。この大渦をどうにかして突破する方法があるんでやんすよね…?」

グリーン「ハッ!俺様を誰だと思ってる?伊達にアローラに渡っちゃいないZE!」キラーンッ

ヒビキ「腕輪…?それに何じゃ、その青い水晶は」

グリーン「普通の渦潮なら普通の水タイプのうずしおで打ち消せるが、この大渦にはコイツでこの大渦を打ち消すのSA!」

グリーン「行くZE、マネー!俺達の全…りょ………」

ゴロウ「ど…どうしたんでやんすか…?」

グリーン「………悪ィ。俺等がマネーに乗ってたら死ぬわ」

222 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 18:33:47 ID:LEJCcXEI
ヒビキ「何じゃと!?」

ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

マネー「ガ…ガメェェ…!」グググッ…!

グリーン「ガンバレ、マネー!踏ん張るんだ!」

ゴロウ「ダメでやんす!このままじゃ大渦に呑まれるでやんす!」

ヒビキ「うおおおぉぉぉぉぉ!」

ドッパアアアァァァァァァァァァァァァンンンッッ!!!





?「………………」ギランッ

223 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 18:39:18 ID:LEJCcXEI
同時刻・渦巻島付近

ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

オーダイル「オ…ダァァ!」

シルバー「チィ…!何て大渦だ…!このままでは…!」

バッシャバッシャ!

シルバー「何だ…?この大渦の中に何か居るのか?いや…ポケモンでもこの大渦の中では…!」

父親「噴!覇ァ!勢ィ!中々の渦潮だ…!だがこれくらいなら渡れる…!」バシャバシャ

ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

シルバー「くっ…!変な事に気を取られ過ぎた…!オーダイル!」

オーダイル「オダァ…!」

シルバー「しまっ…!」

ザッパアアアアァァァァァァンンンッッッ!!!

224 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 18:45:57 ID:LEJCcXEI
41番水道・上空

ザアアアァァァァァァァァァァァ…!!!ビュオオォォォォオオオオ!!!

ライター「グオォォ…!」バッサバッサァッ!

コルニ「凄い雨と風…!それに竜巻…!」

ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

コルニ「海の上には大きな渦潮…!コレは空の上でもかなり危ないね…」

コルニ「だったら…!雲の上まで行くよ、ライター!」チャキッ

ライター「グルゥ…!」コクンッ

コルニ「命、爆発!メガシンカァッ!」シャキーンッ

ピッカァァァァァンッ!

ライター「メガッ!グオォォォォォォッッッ!ワァァァァイッッ!!!」パッパラー

ギュオォォォォォォォッッ………ボンッ!

コルニ「うん。やっぱり雲の上なら安心だね」

225 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:03:26 ID:LEJCcXEI
――――
――
ヒビキ「………ん、んん…。ここは…何処じゃ?」ハッ

ゴロウ「アニキ!目が覚めたでやんすね!」

グリーン「恐らく、渦巻島…だろうな…」

ゴロウ「運よく流れ着いたんでやんすね…。死ぬかと思ったでやんす…」ゲンナリ

ヒビキ「おぉう!なんやかんや生きてたな!」

シュタッ

シルバー「………そうか。やはり渦巻島か」

ヒビキ「おどれぁ!シルバァ!何でこんな所に居るんじゃ!」

シルバー「お前達には関係ない」プイッ

ゴロウ「その濡れてる感じから大渦に巻き込まれたんでやんすね」

シルバー「………」

226 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:13:27 ID:LEJCcXEI
「お前達!こんな所で何を…ってお前!」

ヒビキ「あ…!おどれぁ!」

グリーン「おぉ!ムチムチでピチピチスーツのお姉さん!たまんねぇ!」ハナヂー

ゴロウ「イブキ姐さん!何でこんな所に…!」

イブキ「ここはワタル兄様がよく修行で使っていたんだ。今回は特別に兄様の許可を得て時化の前に修行に来ていたんだ」

ヒビキ「こんな辺鄙な所でご苦労な事じゃのぉ」

イブキ「その辺鄙な所に貴様は何をしているかと聞いてるのよ。大方あの時化と大渦に巻き込まれたんだろうがな」

ヒビキ「う…うるさいわ!おどれこそ修行とか言って、ちゃんとポケモン育てちょるのかぁ?」

イブキ「何?貴様こそちゃんとあのミニリュウをちゃんと育てているのか?」

ヒビキ「煩いわ!じゃったらここで勝負すっか?ピッチリスーツ!」ズイッ

イブキ「良いだろう!私はあの後、別にミニリュウのタマゴを兄様から頂いた!」ズイッ

ヒビキ「上等じゃあ!」クワァッ!

グリーン「ナニコレ、痴話喧嘩?」

ゴロウ「やっぱり仲良しでやんすねー」

227 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:25:58 ID:LEJCcXEI
シルバー「おい、ムッチリマント」

イブキ「誰だ、貴様。と言うかムッチリだ!」

シルバー「そいつとは前に二度もバトルを中断させられた。そいつと戦うのは俺が先だ」

イブキ「そんなのは知らん!私もコイツとはちゃんとバトルしてないんだ!だから私が先だ!」

ヒビキ「じゃったら全員まとめてかかってこやぁ!」

ゴロウ「アニキィ!今は急いでるんでやんすよ!ここはこらえて下さいでやんす!」

グリーン「パンツボーイの言う通りだZE。まずはこの島から出る方法を考えようや」

ヒビキ「そうじゃった…」

シルバー「………俺も急ぎの用の途中だった」

グリーン「それでピッチリムチムチちゃん。この島から出る方法はあるか?この島には他に人は?」

イブキ「流石にこの時化と大渦が治まるまで出るのは無理だ。だが人か…そう言えば私以外に…黒い服の連中が…」

ヒビキ「黒い服の…」ピクッ

シルバー「連中だと…?」ピクッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ………!!!

228 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:42:47 ID:LEJCcXEI
ゴロウ「な…何でやんすか!?」この地響きは…!」

グリーン「地響き…?違うZE、こりゃぁ…」

「………………」ギランッ

ヒビキ「デカいな…」

シルバー「そこの滝から出てくるぞ!」

バッシャアアアァァァァァァァァンッッッ!!!

ルギア「ギャアアーーーーースッッッ!!!」

ヒビキ「こ、コイツは…!」ゾクッ

シルバー「銀翼の翼…!」トクンッ

グリーン「オイオイオイ…!本物か…?」

イブキ「海の神…ルギア…!」

ルギア「ルギィァア…!」ギロォ!

ゴロウ「何か…怒ってないでやんすか…?」

229 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:51:35 ID:ToX4kBhA
わかったからsageろや。邪魔でしゃあないわ。

230 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 20:51:55 ID:LEJCcXEI
ルギア「ギャアアアァアァァァァスッッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ドパッアアアァァァアッァァンッッッ!!!

ゴロウ「うわぁー!攻撃して来たでやんす!」

ヒビキ「おぉい!ピッチリスーツ!おどれぁ、修行とかぬかしてコイツを怒らせる事したんじゃねぇのか!?」

イブキ「そんな訳あるか!この島にルギアが居るというのは聞いてたが、兄様に細心の注意を払う様に言われていた!」

グリーン「んな痴話喧嘩はともかく、奴さんはお構いなしだZE?」

シルバー「チィッ…!オーダイル!」ポーイッ

オーダイル「オダァァイッ!」ポンッ

シルバー「れいとうパンチだ!」

オーダイル「オォ…ダァァイッ!」ピキピキ…!

ルギア「ルギィアアッッ!」バァァサッ!バァァァサッ!

ビュオオォォォォオオオオ!!!

オーダイル「オダァァ!」ドオォンッ!

ゴロウ「羽ばたきだけで…!」

グリーン「ルギアの羽ばたき一つで海を荒れさせるらしいからな…!流石は伝説のポケモンだZE!」ピッピッ

231 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 21:07:31 ID:LEJCcXEI
イブキ「向こうに攻撃の意思があるなら、こっちだって!ハクリュー!」ポーイッ

ハクリュー「ハクゥ!」ポンッ

イブキ「りゅうのはどう!」

ハクリュー「ハクゥウ…!」ギュオォォ…!

ルギア「ギャアアアァアァァァァスッッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ドオォォォォォォォォオォンッ!!!

ハクリュー「リュウゥゥッ!」ドガァッ!

イブキ「ハクリュー!」ガバッ

ヒビキ「ッ!イブキッ!」ガバッ!

バッシャアァァァンッ!

ゴロウ「アニキ!姐さん!」

グリーン「オイ、避けろ!もう一発エアロブラストが来るぞ!」

ドッパッアアアァァァアッァァンッッッ!!!

232 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 21:16:58 ID:LEJCcXEI
ゴポポポポ…

ハクリュー「ハクゥ…」グタァ

イブキ「うっぐぅ…!」ギュッ

イブキ(ッ!マズイ…!足がつっ…て…!)ズキンッ

イブキ「がはっ…」ゴポォ…

ヒビキ「………………」スーー

ヒビキ(全く…世話の焼けるのぉ…)

ゴオオォォォォォォォォ!!!

ヒビキ(な…!水の流れが…!)

ぎゅっ…

イブキ「………」グタァ…

ヒビキ(チクショオォ……!)

233 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 21:18:12 ID:LEJCcXEI
アレ、これ書き手の俺がsageる必要あるの?
まあ俺のssが目障りとかそう言う理由ならごめんな。

234 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 23:12:26 ID:ToX4kBhA
sage

235 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 23:34:26 ID:LEJCcXEI
ゴロウ「アニキ達が…上がってこない…!」フルフル…

ルギア「ギャオォォオオッ!!!」ゴオォォッ!!!

グリーン「ドラゴンダイブだ!気を付けろ!」

ゴロウ「ッ!」

シルバー「イワーク!」ポーイッ

ドオォォォンッ!

イワーク「イワァァ…」ドォンッ…!

グリーン「赤髪BOY、無茶すんな!だがよくやったZE!ハイドロポンプ!」

マネー「ガアァァァメェッ!」バッシャアァァァッ!

ルギア「ルギャアァ…!」ググッ…!

グリーン「流石に特防が高いな…」チッ

ゴロウ「あ…ありがとうでやんす…」

シルバー「戦う意思が無かったら邪魔だ」シュボンッ

ゴロウ「そんな事は…!でもアニキ達が…」

シルバー「………お前の信じるアイツはこの程度で死ぬ漢なのか?」

236 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 23:47:50 ID:LEJCcXEI
ゴロウ「えっ…?」

シルバー「まあこの程度でくたばる漢なら一度でもアイツとバトルしたいと思った俺がバカだっただけだがな」フイッ

ゴロウ「アニキは…!この程度なんかでくたばる漢じゃない!アニキは不屈の漢でやんす!」グッ

シルバー「ふっ…。まあ仮にあいつらが戻ってきても、半分も勝機があるか分からんがな」

グリーン「OK。半分もあるんだったら俺は大穴狙いでその半分に勝利の星に賭けるZE!」チャリーンッ

ゴロウ「コイン…?」

シルバー「口からはエアロブラスト。あの大きな銀翼の翼からは暴風クラスのただの羽ばたき。あの巨体からのドラゴンダイブ。どう攻略するつもりだ?」

グリーン「まあ見てな…」パシッ

グリーン「バトルは勝つか負けるか表裏一体!俺が賭けるは勝利の星ィッ!」

グリーン「命、豪熱!メガシンカァッ!」チャリーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

マネー「メガッ!カアァァメエェェェクスッッ!!!」パッパラー

237 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 23:49:12 ID:ToX4kBhA
うっざ

238 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/10(火) 23:59:33 ID:LEJCcXEI
――――
――
ヒビキ「………んっ俺は…生きちょるのか?」

リューまる「りゅー」

ヒビキ「リューまる…。そうか、おどれが助けてくれたんじゃな。有り難うよ」ナデ

イブキ「んっ……」グタァ…

ヒビキ「コイツもちゃんと無事か…」ホッ

ヒビキ「ゴロウの奴らも、ちゃんと無事じゃろうか…。じゃがコイツが起きるまで無闇に動き回れん…」ビチョォ…

ヒビキ「全くさっさと服を乾かさにゃ、二人とも風邪ひくな」ヌギッ

ヒビキ「………」

イブキ「あっ……ん…」ピチッ…ムチッ…

ヒビキ「………あ゛あー!何でコイツはこんなピッチリスーツを着ちょるんじゃ!水で張り付いてさらにピッチリになっちょるじゃろぉが!」

ヒビキ「チィッ…///」ムクッ…

239 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 00:16:34 ID:VND0cwsA
―――――
――
イブキ「んっ……私は…」ムクッ

ヒビキ「………おぉう、起きたか」

イブキ「………?おい、お前。何で後ろ向いているんだ?」

ヒビキ「………エエじゃろ、別に」

イブキ「…そうか?…………ってエエェェェッ!?何で私が裸になっているんだ///」

ヒビキ「しょうがないじゃろ、濡れたままあんなピッチリスーツを着てたら風邪ひくぞ」ファサア…

イブキ「これ、お前の上着じゃ…」

ヒビキ「お前のマント、あの流れでどっか行ったんじゃ。小さいじゃろうがそれで勘弁してくれや」

イブキ「あ…ああ///」

ヒビキ「元のピッチリスーツはアラシまるに乾かしてもらっちょる。乾いたらすぐに来てゴロウ達の元に戻るぞ」

イブキ「そうか…。早く乾かしてくれ…///」キュゥ…

ヒビキ「………///」ギンギン…

240 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 00:27:24 ID:VND0cwsA
ヒビキ「………正直見直した」

イブキ「何がだ?」

ヒビキ「身を挺して手持ちを庇った事じゃ。てっきり凶暴で煩いだけで女じゃと思ちょったわ」

イブキ「誰が凶暴だ!」バッ

ヒビキ「ど阿呆!こっち向くなっ///」

イブキ「ッ///私のポケモンは大事な家族の様なものだ。ドラゴンだろうと、フェアリーだろうと」ポーイッ

トゲチック「チョッゲチイィィィィィイイイイ!!!」ポンッ

リューまる「りゅー?」

イブキ「ふふっ。何だ、お前まだミニリュウを進化させてなかったのか?」フフンッ

ヒビキ「………声だけでも勝ち誇ったようなムカツク顔をしてるのが想像つくのぉ」ムカッ

ヒビキ「もおボチボチ服も乾いたじゃろう。さっさと着替えてゴロウ達のもとに戻るぞ」スッ

イブキ「言われなくても…だ………」

ヒビキ「あ゛ん?」ムキッ…

イブキ(コイツ…子供の癖して割と筋肉が付いてるんだな…)

241 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 14:51:36 ID:62oyOMwE
ワイは期待しとるで
頑張ってな

242 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 23:00:01 ID:VND0cwsA
ゴロウ「グリーンさんのカメックスが…進化した!でも何だか普通の進化とは違う様な…」

シルバー「噂に聞いた事はあるが…それがメガシンカか…。バトル中にだけ起こる進化を超えた進化…」

グリーン「そう、これが俺の最強。メガカメックスだZE!」

マネー「ガァアアメエェェッ!!!」ズンッ

ルギア「ギャアオォォォスッ!!!」ゴオォォッ!!!

グリーン「手甲で受け流せ!」

マネー「ガメメェェエッ!」ガキィインッ!

シルバー「あの巨体でのドラゴンダイブを…!」

グリーン「さぁて…ここで秘策と行きたいが…。上手い事、アイツにエアロブラストを撃たせたいんだが…」

ゴロウ「………その役目、オイラとコラッタに任せてほしいでやんす!」ポーイッ

コラッタ「コラッ!」ポンッ

グリーン「大丈夫か、パンツBOY。無理にやらなくても…」

ゴロウ「オイラだってこの旅でただただアニキの後ろに付いて来た訳じゃないでやんす!オイラだってバトルの修業をしてきたでやんす!」

シルバー「………ならばやってみろ、坊主」

ゴロウ「言われなくてもでやんす!」

243 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 23:25:51 ID:VND0cwsA
ゴロウ「コラッタ、でんこうせっか!」

コラッタ「コラッ!」シュバッ

ルギア「ルギ」ペチッ

コラッタ「コラァッ!」ドサッ

グリーン「オイオイ!相手にされてないZE!」

ゴロウ「だったら…!いかりのまえば!」

コラッタ「コラァッ…タアァッ!」ムキー!ガブリンチョッ!

ルギア「ルギャアァ…!」ヒリヒリ…

シルバー「いかりのまえば…!これならレベル差も関係なく大ダメージを与えられる…!」

ルギア「ルギィイアッ!」ギロォ!

ゴオォォォォッッ!!!

ゴロウ「でんこうせっかで躱すでやんす!」

コラッタ「コラァッ!」シュババッ!

グリーン「的が小さすぎるから技が当たらない!やるじゃねェかYO!」

244 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 23:39:37 ID:VND0cwsA
ルギア「ギャアオオオォォオオオスッ!!!」バァッサバァッサ!

ビュオオォォォォオオオオ!!!

コラッタ「コラァァアッ!」ググッ…

ゴロウ「あの羽ばたき…!これじゃあコラッタが吹き飛ばされる…!」

シルバー「オーダイル!右翼に向かってアクアジェットォ!」

オーダイル「オォォ…!ダアァイッ!」バシャァンッ!シュバァッ!

ルギア「ルギャァアッ…!」バシィンッ!

ゴロウ「ありがとうでやんす!」

シルバー「余所見をするな!エアロブラストが来るぞ!」

ルギア「ギャオォォオッ…!」ギュオォォ…!

グリーン「OK!お二人さんお膳立てアリガトYO!よーく狙えよ、マネー!」

マネー「ガアアァメェェ…!」ギュオォォ…!

グリーン「ハイドロポォォンプ!狙い撃つZEEEE!!!」

マネー「ガアァァァメェガアアァァァァァッッッ!!!」ドヴァアァァァァァァァッッ!!!

245 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/11(水) 23:54:23 ID:VND0cwsA
ドヴァババババババアァァァァッッッ!!!

ルギア「ルギャアァ…!」ガバババ…!

シルバー「そうか…!エアロブラストは言わば『一息の空気弾』。下顎を狙う事で無理矢理口を閉ざす事で、エアロブラストに必要な大量の空気を吸う事も出来ない…!」

ルギア「ギャ…ギャオォ…!」バァサァッ…!

ゴロウ「まだでやんす!あの羽ばたきが!」

グリーン「させねェYO!ハイドロキャノン第二第三砲門、狙い撃つZE!」パチーンッ

マネー「ガアァメガアァァァァッ!!!」ドヴァアァァッ!ドヴァババババァッ!!!

ルギア「ギャオォオッ…!」グググッ…!

グリーン「翼も封じてやったZE!これでエアロブラストもあの羽ばたきもドラゴンダイブも出せねぇだろぉ!」

シルバー「今の内だ!オーダイル、れいとうパンチィッ!」

ゴロウ「コラッタ、ダメおし!」

オーダイル「オォォオ…ダアァァイッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

コラッタ「コォ…ラァッ!」ドオォンッ!

ルギア「ルギャァ…!」

ドオオォォォォォォンッッッ!バッシャアァァァンッ!!!

246 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/12(木) 00:03:57 ID:0.n/HNxk
ゴロウ「やった!ルギアを滝つぼに落としたでやんす!」

シルバー「お前…。最初見た時から思っていたが、相当の魂を持ったトレーナーみたいだな」

シルバー「はっはっは。褒めても何も出ないZE?」

ギランッバッシャアァァァンッ!!!

ルギア「ギャアオオオォォオオオスッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ゴロウ・シルバー「「ッ!」」ハッ

グリーン「マネー!」

マネー「ガメェ…!」ガバッ…!

ドパッアアアァァァアッァァンッッッ!!!

マネー「ガ…ガメェ……」ガクッ…!

グリーン「マネー!大丈夫か!?」

ゴロウ「そんな…!」

ルギア「ギャオオォォォォォォンッッッ!!!」カッ!

シルバー「ルギア…。まだ何をするつも……り…だ……」

ゴロウ「あ…アレは…!?」

247 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/12(木) 00:11:15 ID:0.n/HNxk
ゴオオオオオォォォォォォォォオオオオオオッッッ!!!

ゴロウ「アレは…渦巻島の大渦、それに大竜巻…!」

シルバー「やはり…外のアレはコイツが起こしてたって事か…」チッ

ドガガガガガガガガガガガッッッ!!!

ゴロウ「周りの岩も洞窟も何もかも破壊していくでやんす…!」

グリーン「………おい、赤髪BOY!」ポーイッ

シルバー「………?このリングは?」パシッ

ゴロウ「それは確か外で使おうとしてた…」

グリーン「あの大渦を止める秘策だZE。本当ならマネーに使わせたかったが、さっきのエアロブラストの直撃でもうそんな体力も残って無ェ」

グリーン「だから、お前と…お前のオーダイルに託すZE。そのZリングとミズZを…!」

248 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/12(木) 23:51:51 ID:0.n/HNxk
ゴロウ「Zリング…?」

グリーン「それとその水晶、ZクリスタルのミズZさえあれば、水タイプの大技、Z技が使えるようになるんだ」

シルバー「これさえあれば、あの大渦を止められるんだな…?」

グリーン「YES。保証するZ」

シルバー「………承知した」

グリーン「そしてそのZ技を使うにはこのポーズをしなきゃいかないんだZE!」ユラユラリンッ

シルバー「………そんな恥ずかいポーズがとれるか!」

グリーン「恥を捨てなければ皆ここで死ぬだけだ」キッ

シルバー「………クゥッ!」チッ

――――――ぴちゃんっ

シルバー「ッ見えた!水の一滴!」クワァッ!

シルバー「魂ィィィィイイイイイッッッ!!!」ユラユラリンッ

オーダイル「オォォオダアアァァァァァッッッ!!!」ギュオォォ…!

シルバー「スーパーアクア・トルネェェードォッッ!!!」

ギュルルルルルルゥオオオオオオォォォォォッッッ!!!

249 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/12(木) 23:58:18 ID:0.n/HNxk
ゴロウ「オーダイルが一個の巨大の大渦に!」

グリーン「叩き込め!お前等の全力のZ技!」

シルバー「オオオォォォオッッ!魂ィィイイッ!」

オーダイル「オダアァアァァァッッッ!!!」ギュルルルゥ!

ルギア「ル…ギァァ…!!!」

バッシャアアアァァァァァァァァンッッッ!!!

シルバー「ぜぇ…ぜぇ…」

ゴロウ「大渦が弾け飛んだ!」

グリーン「やったか…?」

ルギア「ギャ…ギャオォォォォオンッ…!」ゼェ…ゼェ…

グリーン「大渦を打ち消し合っただけか…!」

250 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/13(金) 00:19:23 ID:9PN5iBy6
ルギア「ギャオオォォォスッ!!!」ギュオォォ…!

グリーン「チィッ…!アレで倒れないとか…バカげてるZE!」

シルバー「エアロブラストが来る…!」

ゴロウ「………!アニキィ…!」

ドオオォォォンッ!

ヒビキ「呼んだか、ゴロウォ!」

ゴロウ「アニキィ!」

グリーン「来たか…!」

シルバー「…………ふん」ニヤリ

イブキ「ハクリュー!」ポーイッ

ヒビキ「リューまる!」ポーイッ

ヒビイブ「「Wりゅうのはどう!」」

リューまる「リュウゥゥッ!」ギャオォォンッ!

ハクリュー「リュウゥゥゥッ!」ギャオォォンッ!

ドオオォォォンッ!!!

251 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/13(金) 00:26:08 ID:9PN5iBy6
ルギア「ギャオォ…!」

ゴロウ「アニキ…!そうだ、オイラも…!コラッタ!」

コラッタ「コラァッ!」タッタッ

ヒビキ「………!」ニヤリ

グリーン「流石にルギアにも疲れが出てる筈だ!たたみこめ!」

ヒビキ「やるぞ、リューまる!」

リューまる「リュウゥゥッ!」ピッカー

ふぉんふぉんふぉんっ……

リューまる「ハクゥゥッ!」パッパラー

ヒビキ「イブキ!あの天上の下まで吹き飛ばすぞ!」

イブキ「天井…?そうか、分かった!」

ヒビイブ「「Wしんそく!」」

シュバァアッ!!!ドオォォンッ!

ルギア「ルギャアァッ!」グラァッ…

252 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/13(金) 00:30:43 ID:9PN5iBy6
コラッタ「コラコラコラ…!」ガジガジガジ…

シルバー「あのコラッタ、いつの間に天井に…!」

ガラガラガラガラガラッ!

ルギア「ルギィッ!?」

ズドオオォォォォンッッッ!!!

ゴロウ「やったでやんす、コラッタ!」

コラッタ「コラッ!」

グリーン「成程な。コラッタに洞窟の天井を崩させてたのか。そんでデートから帰って来た二人がそこまでブッ飛ばして、瓦礫の下敷きにしたって訳か」

ヒビイブ「「だ…誰がデートじゃッ(だッ)///」」

コラッタ「コラッ…?」ピッカー

ゴロウ「コラッタ…?」

ふぉんふぉんふぉんっ…

ラッタ「ラッタッタ!」パッパラー

ゴロウ「コラッタ…!ラッタに進化したでやんすね!」

ヒビキ「ルギアも倒して大量に経験値が入ったからのぉ」

253 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/16(月) 15:51:00 ID:CTwQU6N.
ぱあぁぁぁ………

ゴロウ「あっ。外の嵐が止んだみたいでやんす!」

イブキ「恐らくあの嵐自体ルギアが起こしていたんだろう。一匹であれ程の嵐を起こすとはさすがは伝説のポケモンね」

グリーン「しかし妙だZE。ルギアってのは確かルギアの羽…『銀色の羽』とある鈴と儀式でしか出現しないって伝説だZE」

ゴロウ「それなのにいきなり現れて襲ってきたでやんすね…。怒ってた感じでやんす。オイラ達が何かしたでやんすかねぇ?」

シルバー「………違うな。あの怒りは俺達人間に対してだった」

ヒビキ「何処ぞのど阿呆が神サマを叩き起こしたか何かしたんじゃろうなぁ。寝起きはそら機嫌悪いに決まってらぁ」

ゴロウ「何だか…かわいそうでやんすね…」

グリーン「気負う必要は無いZE。こりゃあ正当防衛だ」

254 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/16(月) 16:12:55 ID:CTwQU6N.
――――
――
ガラッ…ガラガラッ…

ルギア「ルギァ…ルギァ………」ゼェ…ゼェ…

「………まさかルギアをこれ程痛めつけるとは…」

「流石はシルバーサマってトコかねぇ…?確かあの帽子のガキはここ最近団員を痛めつけてる奴だ」

「それにあの女とツンツン頭はジムリーダーです。特にあのツンツン頭はチャンピオン歴もありあの方の後任のジムリーダーです」

「そいつはおっかねぇ…。何時か邪魔になる前に消すか?」

「そうして下さい、ラムダ」

ラムダ「あいよ」

ルギア「ルギィアァ…!」ギロォ!

「そこまで弱った貴方はもう怖くもありませんよ。潔くこのアポロの手中に収まりなさい」



リザードン「グルゥ…」バァッサバァッサ

赤帽子「………」

255 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/16(月) 16:39:21 ID:CTwQU6N.
――――
――
イブキ「これ以上ルギアを刺激するのも良くないから私も島を出るよ」バサァ

トゲチック「チョッゲチイィィィィィイイイイクッ!!!」パタパタ

ヒビキ「………」

ゴロウ「また何処かで会えると良いでやんすね」

イブキ「そう…だな…」チラッ

ヒビキ「………」フイッ

グリーン「………おい」ツンツン

ヒビキ「………また水に落ちて…風邪引くなよ…」

ヒビキ「………イブキ」

イブキ「………余計なお世話だ」

イブキ「………その…あの時は助けてくれてありがとう…ヒビキ///」バサァッ

グリーン「おーおー」ニマニマ

ゴロウ「そう言えば…シルバーが居ないでやんすね」

ヒビキ「………」

256 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/16(月) 16:46:13 ID:CTwQU6N.
――――
――
オーダイル「オダァ!」バシャァンッ

シルバー「行くぞ」

ヒビキ「おぉう、待てよ。シルバー」

シルバー「………何の用だ」

ヒビキ「一言礼を言っとこうと思ったんじゃ。弟分を助けてくれてありがとうよ」

シルバー「弱い奴を庇ってやっただけだ。勘違いするな」

ヒビキ「素直じゃないのぉ」

シルバー「………コイツをあのツンツン頭に返しておけ」ポーイッ

ヒビキ「お?こりゃツンツンの兄ちゃんが持ってたリングじゃないか。何でおどれが…」

グリーン「そいつはお前にやるよ、赤髪BOY」

ヒビキ「ツンツンの兄ちゃん」

グリーン「ここで会ったのもお前がソレを使いこなせたのも何かの縁だろ。それでもっと強くなってみな」

ヒビキ「じゃとよ」ポーイッ

シルバー「………ふん。俺がさらに強くなっても知らんぞ」パシッ

257 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/17(火) 00:23:12 ID:yRiwjeLE
タンバシティ

マネー「ガメェ」ザッパァンッ

グリーン「OK、マネーお疲れさん。着いたZEガキども。タンバシティだ」

ゴロウ「此処にはジムもあるんでやんすねぇ」

ヒビキ「じゃが今回優先するのは『秘伝の薬』じゃ。残念じゃがな」

グリーン「それじゃあお前等。俺はナンパに走るとするZE。帰りはハクリューに進化したからもう大丈夫だな?」

ヒビキ「おぉう!ツンツンの兄ちゃん、送ってくれてありがとうな!」

ゴロウ「ありがとうございましたでやんす!」ペコリッ

グリーン「おっと、BADBOY!あの赤髪BOYにリングを渡してお前に何も渡さないってのも不公平だな。餞別だ、持っておきな!」ポーイッ

ヒビキ「石…?」

グリーン「所謂進化の石だ。多分お前の手持ちで使えるだろうZE」

ヒビキ「おぉう、何から何までありがとうな!」

グリーン「じゃあまた何時かカントーのジムにも挑戦しに来いよ?また相手してやるからYO!バイビー!」クネクネ

ヒビキ「よぉし!薬屋に直行じゃ!」

258 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/17(火) 00:35:05 ID:yRiwjeLE
ゴロウ「あ!アレが薬屋みたいでやんす!」

ヒビキ「売り切れて無かったらエエがのぉ」

シャーシャーシャー!

コルニ「あーもー!嵐を避ける為に雲の上に上がったのは良いけど、タンバシティの場所が分からなくなるなんて…!薬、売り切れて無きゃ良いけど…」シャーシャー

薬屋「秘伝の薬は後、この一個だけだよー」

ヒビキ・コルニ「「秘伝の薬をくれ(ちょうだい)!」」ドォンッ!

ゴロウ「えっ?」

ヒビキ「メットのねーちゃん、アンタも秘伝の薬が欲しいのか?」

コルニ「そうだけど…キミもそうなの?」

薬屋「困ったねぇ。コレ後一個しか無くて、次を調合するのには半年はかかるんだが…」

どぉんっ!

シルバー「薬屋はココか…?『秘伝の薬』が欲し…い……」

ヒビキ「あ゛」

ゴロウ「あ、シルバーでやんす」

シルバー「何でお前らが…」

259 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/17(火) 00:47:06 ID:yRiwjeLE
ゴロウ「もしかしてシルバーの急用も『秘伝の薬』だったんでやんすか!?」

ヒビキ「シルバァ!おどれもか!」

シルバー「『も』って事はお前等もか…?」

コルニ「………悪いけど、アタシは絶対退く訳にはいかないよ」キッ

シルバー「それは俺にも言えた事だ、女」ギロッ

ヒビキ「シルバーはともかく、普段ならそのねーちゃんには譲ってやりたい所じゃが…俺も引く訳にはいかんでのぉ!」クワァッ!

ドオォォンッッッ!

父親「失礼!タンバの老舗の薬屋とは此処か?訳あって『秘伝の薬』を頂戴したい!」ポタッ…ポタポタ…

ゴロウ「また増えた!と言うか何でそんなにびしょ濡れなんでやんすか?」

父親「ああ…。船も水ポケモンも空を飛べるポケモンも持ち合わせて居なかったので、アサギから泳いできた」

コルニ「泳いでって…あの嵐の中を!?巨大な大渦もあったのに!?」

父親「ああ、あの渦潮か。中々時間が掛かったが、良いトレーニングにはなったな」

シルバー「あの大渦をポケモンも使わず生身で突破したのか…!?」

ヒビキ「何者じゃ、おっさん」

センリ「私の名はセンリ。アサギシティに住む、ただの一般家庭のお父さんだ」カランッコロンッ

260 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 14:50:06 ID:k/DLlObQ
ゴロウ「一つしか無い秘伝の薬が欲しいのは四人も…。これはどうすれば…」

センリ「頼む!この通りだ!私の病気の息子が病で苦しんでいる…!それを治すには秘伝の薬が必要なんだ!」

コルニ「アタシだって…!親友の子d…妹が今にも危ないんだ!ここは譲れない…」

シルバー「………お前達の事情など俺には関係ない。だがそれを必要とするのは俺として同じだ」

ゴロウ「こ…こっちだって!デンry…」

ヒビキ「ゴロウ!」クワァッ!

ゴロウ「アニキ…?」ビクッ

ヒビキ「態々訳を話して同情で渡されても後味が悪いだけじゃ。じゃがあちらさんもこっちも本気でその薬が欲しい事にゃ変わらん」

ヒビキ「………じゃったら漢なら…トレーナーならバトルで決めるのが速いじゃろう!」

コルニ「バトル…うん、そうだね!アタシは賛成だよ!漢じゃなくて女だけど」

センリ「私も異存は無い。寧ろそちらの方が後腐れも無く済む」

シルバー「………俺も構わない」

ヒビキ「じゃあ決まりじゃな!勝った奴が秘伝の薬を頂戴する!」

ゴロウ「じゃあオイラ、バトル出来る所を探してくるでやんす!」

「その必要は無いぞ!」

261 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 14:59:31 ID:k/DLlObQ
薬屋「あ、シジマさん!」

シジマ「珍しく薬屋が賑やかだとは思ったが面白そうな事になってるな!」

ヒビキ「誰じゃこのムサいおっさんは」

コルニ「シジマさん!久しぶりです!」

シジマ「おぉ!シャラの娘っ子か!あの眉毛じじいは息災か?」

コルニ「相変わらずスゴイ眉毛ですよー。シジマさんも相変わらずの髭ですね」

シジマ「挨拶が遅れたな。わしはシジマ!このタンバシティのジムリーダーだ!」

ヒビキ「ジム番長か…!」

シジマ「番長…?まあそんな者だ!大体の話はバカデカい声で全部聞こえっとった!ワシのジムで良ければお前達に貸してやろぉ!!!」

ゴロウ「そっちの声の方がデカいと思うでやんす…」

センリ「忝い」ペコッ

シルバー「さっさと案内しろ」

262 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:07:34 ID:k/DLlObQ
タンバジム

シジマ「じゃあさっきの話の続きだ!まずくじ引きでトーナメント戦を行う!そしてその優勝者が秘伝の薬を手に入れる!」

ヒビキ「おぉう!シンプルで分かりやすいのぉ!シルバァ!上手い事行けば序に勝負の決着も付けれるのぉ!」

シルバー「………ふん」

ゴロウ「じゃあこのクジを引いてくださいでやんす」スッ

ヒビキ「おぉう!お、金色じゃ!」スッ

シルバー「ふん…銀だ」スッ

コルニ「あ、アタシは金だね!」スッ

センリ「私は銀か…」スッ

シジマ「決まりだな!おぉしっ!まずは最初は帽子の坊主とシャラの娘っ子がバトルだ!」

ヒビキ「シルバー!おどれとの決着はまた後じゃな!負けんじゃねぇぞ!」

シルバー「お前がな」

コルニ「コラー!キミが先に戦うのはアタシだよ!」

ヒビキ「おぉう、スマンスマン!自己紹介がまだじゃったな!俺ァ、ヒビキ!ワカバタウンの黄金番長、ヒビキ様じゃ!」クルクルッパシッ

コルニ「アタシはコルニ!カロス地方シャラシティジムのジムリーダー、コルニだよ!」

263 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:20:16 ID:k/DLlObQ
シジマ「バトルは一対一だ!では始めェ!」

コルニ「行くよ!出ておいで、ルカリオのアーロン!」ポーイッ

アーロン「ワオォォォォォオンッッ!」ポンッ

ゴロウ「初めて見るポケモンでやんす!」

ヒビキ「図鑑が反応せん…。何故じゃ?」

コルニ「このルカリオはジョウト地方には居ないポケモンだからだよ」

ヒビキ「成程のぉ!じゃがそんな情報無くても勝ち込むだけじゃ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ポンッ

ヒビキ「アラシまる!ニトロチャァージ!」

アラシまる「バックブゥゥンッ!」ボォォッ!シュバッ!

コルニ「速い…!だったらこっちも!しんそく!」

アーロン「バァァウッ!」シュバッ!

ドオオォンッ!

アーロン「ぶるぅ…!」ザザァ…!

シルバー「しんそくより速いだと…!?」

264 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:28:59 ID:k/DLlObQ
コルニ「だったらこれはどう?はどうだぁんっ!」

アーロン「ばあぁぁうっ!」ゴオォォッ!

ヒビキ「ニトロチャージで接近しながら躱すんじゃ!」

アラシまる「バァクゥゥッ…!」ボォォッ!シュババ…

ドオォォンッ!

アラシまる「バクゥゥウッ…!」ズサァァ!

ゴロウ「躱しきれなかったでやんす!?」

コルニ「はどうだんは絶対必中の技!躱す事なんて出来ないんだよ!しんそくで追撃して!」

アーロン「ばあぁうっ!」シュバッドゴォッ!

アラシまる「バクウゥゥッ…!」ゴフッ…

ヒビキ「捕まえろ!」

ガシッ!

アーロン「わふぅ!?」ググッ…!

ヒビキ「そのままかえんぐるまじゃあぁっ!」

アラシまる「バックバックフウウゥゥンッ!!!」ボォォグルグルグルンッ!

265 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:37:45 ID:k/DLlObQ
ドオォォォンッ!

アーロン「ぎゃんっ…!」ジュゥゥ…!

コルニ「やるね!今更だけどアーロン、ルカリオのタイプは鋼・格闘。炎タイプの技が有効なんだよ」

ヒビキ「ほぉー。そいつはエエ事聞いたわ。このまま勝ち込むぞ!」

コルニ(炎タイプとは言え…あのスピード…。あのアーロンがこんなに手こずるなんて…)

コルニ「ヒビキだっけ?やるじゃん!」

ヒビキ「余裕じゃな、ねーちゃん。やられてんのは自分じゃぞ?」

コルニ「………だってまだ奥の手を出してないんだもん…」チャキッ…

ヒビキ「何…?」ピクッ

シルバー「あの石は…!」

コルニ「キミにも見せてあげるよ!命、爆発ッ!」シャキーンッ

コルニ「メガシンカァッ!」

ピッカァァァァァンッ!

メガルカリオ「メガッワオォォォォォォンッ!!!」パッパラー

266 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:47:29 ID:k/DLlObQ
ゴロウ「アレはグリーンさんのカメックスと同じ…!」

ヒビキ「何じゃ!?あのワンコが進化したのか!?」

ゴロウ「そう言えばアニキが見るのは初めてでやんすね」

コルニ「これが進化を超えた進化。メガシンカ!」ビシッ

センリ「これがメガシンカ…。話には聞いたことはあるが、実物は初めて見るな。成程…一見で分かる。格段に強くなっている」

ヒビキ「メガシンカかギガシンカか知らんが…!かえんぐるまぁ!」

アラシまる「フウゥゥウンンッ!」ボォォグルグルグルンッ!

コルニ「波導で阻んで!」

アーロン「バァウッ!」ブンッ!

ブオォォォォォンッ!!!

アラシまる「バッ…!」ブハァァツ!

シルバー「見えない衝撃波で吹き飛ばされた…!?」

シジマ「あれは波導!ルカリオは生き物が誰にも持っている『気』『生命エネルギー』…所謂波導を自由に操る事の出来るポケモンなのだ!」

267 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 15:58:01 ID:k/DLlObQ
ヒビキ「じゃったら…!あなをほる!」

アラシまる「バクゥッ!」ホリホリ

コルニ「アーロン、波導で探知!」

アーロン「わふぅ…!」ブワァ…

ゴゴゴゴ…!

コルニ「今だ!飛び上がってはどうだん!」

アーロン「ばぁうっ!」シュバッ!ゴオォォッ!!!

ボコォォッ!

アラシ「バァッ…!?バクゥゥウッ!」ズサアァァ!

コルニ「たたみかけるよ!フィールドにれいとうパンチ!」

アーロン「バアァァウッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ドゴォッ!ドゴォッ!ドゴォッ!

ヒビキ「何じゃそりゃあぁっ!?」

ゴロウ「フィールドから無数の氷柱が!」

センリ「氷のエネルギーをフィールドに流し、龍脈から氷柱を出現させたのか…。ポケモンもトレーナーも技の練度が高くなければ不可能な技だ!」

268 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 16:04:34 ID:k/DLlObQ
コルニ「驚くのはまだ早いよ!しんそく!」

アーロン「バァァウッ!」シュンッ

ヒビキ「俺にもしんそくを使えるポケモンが居るから分かる!その直線軌道がのぉ!」

コルニ「それはどうかな?」フッ

タンタンッ…ドゴォッ!

アラシまる「バクゥッ…!?」ゲフッ

ヒビキ「アラシまる!?チィッ…!捕まえろ!」

アラシまる「バクゥッ!」ガバッ

ふっ…

コルニ「こっちだよ!」

アーロン「バァウッ…!」シュンッ…タンッタンッ…ドゴォォッ!

シルバー「あの氷柱を足場に神速移動をしているのか…!」

センリ「変幻自在の超速連続攻撃…!」

ドゴォォッ!ドゴォォッ!ドゴォォッ!

アラシまる「バクゥゥウッ…!」グググッ…!

269 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/18(水) 16:12:22 ID:k/DLlObQ
ヒビキ「まだじゃあぁぁつ!」

ガシッ!

アーロン「ばうっ!?」ググッ…

アラシまる「バクゥッ…!」ググッ…

コルニ「捕まった!?あの超高速連撃を!?」

ヒビキ「漢の意地、見せちゃるわ!爆裂!かみなりパンチィッ!」

アラシまる「バァァクッフゥゥウンッ!」バチバチッ…ドゴォッ!

アーロン「バァウッ…!」ゴフッ…!

ゴロウ「かみなりパンチ!?あっ!ワタルさんから貰った中古の技マシンで…!」

ヒビキ「もう一発じゃあぁっ!」

コルニ「ヤバイ…!」

アラシまる「バァァクゥッ…!」バチバチ…グラァ…

どさっ…

アラシまる「バ…バクゥ……」ピクッ…ピクンッ

シジマ「バクフーン戦闘不能!よってルカリオの勝ちだ!」

270 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/19(木) 22:49:21 ID:ns6oGHv2
ヒビキ「よぉ…頑張ったのぉ、アラシまる」シュボンッ

ゴロウ「アニキ…」

ヒビキ「負けは負けじゃ。潔く諦めるしかあるめぇよぉ。でも楽しかったぞ、メットのねーちゃん」

コルニ「アタシも楽しかったよ。久々に全力を出し切ったって感じ!」

アーロン「ばぁう」ヒュンッ

ヒビキ「お?そいつ元の姿に戻ったのぉ。タダの進化じゃないのか」

コルニ「メガシンカはバトル中だけに起こる現象なんだ」

ヒビキ「不思議なもんじゃのぉ」

コルニ「って言うか、キミもメガシンカ使いじゃないの?その十手の房に付いてるのキーストーンじゃん」

ゴロウ「あ、確かに同じでやんす!確かデンまるの尻尾に付いてるのもそのルカリオやグリーンさんのカメックスが付けてるのに似てるでやんすね」

コルニ「あ、グリーンに会ったんだ。って事はそのデンまる?が付けてるのはメガストーンで間違えないと思うよ」

ヒビキ「ほぉー。メガシンカのぉ…。中々面白いもんじゃのぉ」

271 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/19(木) 22:57:55 ID:ns6oGHv2
シルバー「………チッ」スタスタ

ヒビキ「おぉう、シルバー。悪いのぉ、負けんな言った矢先に俺が負けてしもうたわ」

シルバー「………ふん。おい、おっさん。始めるぞ」チャキッ

センリ「ああ、宜しく頼む」チャキッ

センリ「改めて名乗らせて貰う。私はアサギシティのセンリ。今は特に大それた肩書も無い、しがない中年だがお相手願う!」

シルバー「………シルバーだ」

シジマ「では先程と同じ様に一対一の勝負だ!では始め!」

シルバー「行け、オーダイル!」ポーイッ

オーダイル「オダァァイッ!」ポンッ

センリ「いざ…!ケッキング!」ポーイッ

ケッキング「ケッキン…」ボンッ

ゴロウ「また見た事の無いポケモン…!」

コルニ「ケッキング…。ホウエンのポケモンだけど、普段は寝転がってるって聞いてたけどこのケッキング…」

ケッキング「ケキン…」ズンッ…!

ヒビキ「仁王立ちしちょるのぉ…」

272 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 16:42:18 ID:9b/sBKRM
センリ「すぅ………覇アッ!」ズンッ…!

ケッキング「キングッ…!」ズンッ…!

ビリッ…ビリビリ…!

シルバー「ッ…!」ゾクゾクッ…

ゴロウ「な…何でやんすか…この威圧感は…」

ヒビキ「あのデカい奴…と言うかあのオッサンか…!」

シルバー「ッくっ!アクアジェトォ!」

オーダイル「オォォダァァイッ!」バシャァンッ!シュバァッ!

センリ「ッ右から来る…!ケッキング!」

ケッキング「キング…」グッ…!

ズドオォォンッ!

オーダイル「オダァッ…!?」ググッ…!

ケッキング「キング…」ググッ…!

ヒビキ「片手で止めよった…!」

センリ「一合で分かる…。強いポケモンだと!」

273 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 16:56:52 ID:9b/sBKRM
シルバー「だったら…!れいt…否ァ!下がれ!」ゾワ…!

ドゴオオオォォォッォンッ!!!

オーダイル「オダァ…!」ザザァ…!

ケッキング「ケキィン…」シュゥゥ…!

ゴロウ「な…何が起こったでやんす…!?」

コルニ「あのままれいとうパンチを撃ってたら…その前にあのアームハンマーで潰されてた…!」

センリ「凄まじいな、その直感」

シルバー「………凄まじいな、その剛腕…」タラリ…

ヒビキ「………」ブルッ…

シルバー「次だ!かみくだく!」

オーダイル「オダアァァッイ!」ガブリンチョッ!

ケッキング「………」

ゴロウ「今度は防がなかった…?」

シジマ「ケッキングの特性は『なまけ』だ。一回の行動に対して一定時間何も行動出来ないデメリットしかない特性だ!」

274 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 17:05:10 ID:9b/sBKRM
ケッキング「キング」ズンッ…

ヒビキ「腕を組んで直立不動の癖してなまけてるのか、アレは…?」

シルバー「ならば今の内に畳みかける!連続でれいとうパンチ!」

オーダイル「オォォオ…!ダァイッ!ダァイッ!ダアァイル!」ピキピキ…ドゴォッ!ドゴォッ!ドゴオォッ!

ケッキング「………」ピキピキ…

ゴロウ「凍ったでやんす!」

シルバー「良し…!続けてアクアテェールゥ!」

オーダイル「オダアァァ…!」ギュオォォ…!

センリ「チャンスを逃さぬ良いタイミングだ…!からげんき!」

パキッ…パキパキパキパキッ…!

ケッキング「ケッキイィィィィィイングッッッ!!!」ゴオオオォォォォォッ!!!

ドガアァァァァァァンッッッ!!!

オーダイル「オ…オダアァァッ!」ズサァァァッ!

シルバー「何だと…!?」

ヒビキ「一瞬で氷を砕きおった!?」

275 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 17:15:34 ID:9b/sBKRM
センリ「私は息子の為にも負ける訳にはいかない…!その闘志はケッキングにも熱く伝わる…!冷気などに凍らせるものか!」

シルバー「………『息子』の為…か…」ギリィッ…

ヒビキ「………?」

センリ「だがそれと同時にトレーナーとして全力のキミと戦いたいと思う気持ちもある。だからもっと全力でかかって来るが良い!」カランッ

シルバー「ふん…。確か次は怠けるはずだな…?つるぎのまい!」

オーダイル「オーダアァァイッ!」ジャキィンッ!

コルニ「怠けてる内に力を研ぎ澄ますつもりだね…!」

シルバー「そして…!アクアテェェールッ!」

オーダイル「オォォォ…!ダアァァァイッ!!!」ギュオォォ…ブオォォォンッ!

センリ「受けてたとう…!アァァァム…ハンマアァァァァァッッ!!!」

ケッキング「ウホ・ウホ…キイィィィィインングッッ!!!」ブオォォォンンッ!!!

ドオオォォォォォォンッッッ!!!

276 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 17:22:27 ID:9b/sBKRM
オーダイル「オダアァァァッ!!!」ズサアァァァッ!

ヒビキ「オーダイルが競り負けたじゃと!?」

コルニ「それもつるぎのまいでパワーを上げてたのに!」

センリ「確かにケッキングにはデメリットしかない『なまけ』の特性がある。だがそれを補うほどのパイタリティとパワーがある」

ゴロウ「まさか…!あのシルバーが手も足も出ないなんて!」

シルバー(コイツ…!相当の魂を持っていやがる…!だったら俺も俺の魂を見せるまでだ…!)

シルバー「オーダイル!やるぞォ!」チャキッ

オーダイル「オダアァァァッ!!!」

ゴロウ「アレは…!」

センリ「来るか…!受け止めてみせよう!」

シルバー「魂ィィィィイイイイイッッッ!!!」ユラユラリンッ

オーダイル「オォォォォオオオオッッ!!!」ギュオォォ…!

シルバー「スーパーアクア・トルネェェードォッッ!!!」

277 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/20(金) 17:29:19 ID:9b/sBKRM
しーーーーーーんっ

ヒビキ「あ゛…?」キョトンッ

コルニ「………ん?」キョトンッ

シルバー「………魂ィィィィイイイイイッッッ!!!」ユラユラリンッ♪

しーーーーーーんっ

ゴロウ「ルギアの大渦も止めた技が出ないでやんす…」

シルバー「………ア…アクアジェットォォオッ!」クワァッ!

オーダイル「オ…オダアァァッ!」バシャァンッ!シュバァッ!

センリ「正面だ!カウンター!」

ケッキング「ケッ………筋!」ユラァ…ドゴオォッ!

オーダイル「オ……オゲェ…」ゴフッ…ドサッ…

シジマ「………オーダイル戦闘不能!ケッキングの勝ちだ!」

ヒビキ「シルバーが…負けたじゃと…」

シルバー「………」シュボンッ

278 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/21(土) 18:51:09 ID:rTbUIHW2
センリ「良くやった、ケッキング。キミも良いバトルをどうもありがとう」シュボンッ

シルバー「………ふん」スタスタ

シジマ「どうした!最後まで見ないのか!?」

シルバー「もう秘伝の薬を手に入れる方法を無くした。俺が此処に居る意味もない」

コルニ「他人のバトルを見るのも勉強になると思うけどな」

シルバー「………」ガチャンッ

ゴロウ「行ってしまったでやんすね。シルバーもそんなに秘伝の薬が欲しかったんでやんすね…」

ヒビキ「ゴロウ、あまり人の事情に介入するもんじゃない」

ゴロウ「アニキもどうするでやんす?直ぐにでも別の方法を探すでやんすか?」

ヒビキ「直ぐに、って訳じゃないのぉ。じゃが今俺ァこの二人のバトルを見届けたいってのが本音じゃ」

シジマ「一応初戦とポケモンを変えても良いが、回復も挟んで小休憩とするか?」

コルニ「大丈夫です!いつでもやれるよ!」チャキッ

センリ「私も問題無い」チャキッ

279 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/21(土) 18:59:40 ID:rTbUIHW2
スタスタ………

シルバー(最後、Z技が発動しなかったのは俺の修行不足か…。まだ完全に使いこなせていないと言うのか…)

シルバー(ルギア戦では緊迫した状況割、マグレだったか…。暫時鍛え治す必要があるか…)

シルバー「だがその前に…秘伝の薬をどうするか…。いっそ最後のアレを盗むか?」

シルバー「だが…真剣勝負に負けた矢先でのその行為は俺の魂に反する…。ッ…!」

バサァッ…スタッ…

リザードン「グルゥ…」

赤帽子「ふぅ…」フゥゥ…

シルバー「誰…だ…?ッ!その煙管…!赤い帽子…!そしてリザードン…!」ワナワナ…

シルバー「………お前か…!お前がロッソ…!否…!マサラタウンのレッドかアァァァツ!」クワァッ!

280 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/21(土) 19:11:04 ID:rTbUIHW2
赤帽子「………」ギロォ

シルバー「応えろ…!応えてみせろォ!お前がマサラタウンのレッドくアァァッ!」ポーイッ

オーダイル「オ…ダァ…!」ポンッ

シルバー「アクアジェットォオッ!」

赤帽子「………だいもんじ」

ボオオオォォォォォォォオオッッッ!

オーダイル「オダァ…!」ガクッ…!

シルバー「水をも一瞬で焼き尽くす炎…!間違いない…!お前がアァァァァッ!」

赤帽子「………その血気の良さは良いが、その弱ったオーダイルでボクに挑んでおいて…。笑わせるなよ、坊主」フゥゥ

赤帽子「せめて自分のポケモンの状態ぐらい分かってねぇとなぁ」クルッ…

シルバー「ぬかせ!お前こそ…!俺の父を殺し…その父に成り代わり俺の超えるべき壁となったおと…こ……」

シルバー「お前………!『それ』は…!?」

281 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/21(土) 19:14:16 ID:rTbUIHW2
赤帽子「ああ…。『コレ』か?ボクは要らないからやるよ…」ポーイッ

シルバー「違…ッ!俺が言ってるのはそれじゃなく…って…。コイツは秘伝の薬!」

赤帽子「じゃあな」クルッ…

シルバー「ま…待て!」

ボオオォォォォォォッ!!!

シルバー「………何故アイツがあんなモノを…」

シルバー「………」ポーイッ

フライゴン「フリャア」ポンッ

シルバー「コイツを…アサギの灯台まで届けてくれ」

フライゴン「フリャアッ!」バァサッバァサッ

シルバー「………ポケセンで回復させてやるか」スタスタ

282 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/22(日) 23:09:04 ID:Vs3xvaZc
アサギの灯台

アカリ「ぱるぅ…ぱるぅ…」ゼェ…ゼェ…

デンまる「パルゥ…」

ミカン「アカリちゃん…。頑張って…!きっとシルバーさん達が秘伝の薬を持ってきてくれるから」

ばっさばっさ

フライゴン「ふりゃー」スッ

ミカン「このポケモンは…?もしかしてシルバーさんの?あ、秘伝の薬!持ってきてくれたんですね!」

ミカン「ありがとう…シルバーさん…」キュンッ

ミカン「さ、アカリちゃん…。これ飲んで…」スッ…

アカリ「ぱるぅ…」ゴクンッ

アカリ「ぱ…ぱるるぅんっ!」ピッカー

ミカン「アカリちゃん!良かった…!」

デンまる「ぱるるぅ!」ヤッター

283 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/22(日) 23:12:11 ID:Vs3xvaZc
ミカン「私、もっと元気が出るように何か食べ物持ってくるから、待ってて!」タッタッ

デンまる「ぱるぅ!」

アカリ「ぱ…ぱるるぅ…///」ハァ…ハァ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…?」

アカリ「パルルゥ!」ガバッ

デンまる「ぱ…ぱるぅーー!」

284 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/22(日) 23:19:34 ID:Vs3xvaZc
タンバジム

シジマ「では最後の勝負!ポケモンは初戦と変えても良いが、変わらず一対一の勝負だ!では始め!」

コルニ「やっぱ真打は長年の相棒のアンタだよ!行くよ、ルカリオ!」ポーイッ

ルカリオ「バァウッ!」ポンッ

ゴロウ「あれ?同じルカリオでやんすね」

ヒビキ「じゃがアラシまると戦った奴にはNNが付いてた。って事は最初とは別個体じゃな…」

ヒビキ「別個体とは言え、やはりルカリオ…!ならば…!ヤルキモノ!」ポーイッ

ヤルキモノ「ウッキャアァァ!」ポンッ

コルニ「ヤルキモノ!?」

ゴロウ「センリさんはポケモンを変えて来たでやんすね」

シジマ「だがヤルキモノはケッキングの進化前だぞ!」

コルニ「それは余裕…?それともアタシ、舐められてる?」

センリ「種族値の差が勝敗を分かつ絶対条件ではないさ。ただルカリオ相手ならばケッキングよりヤルキモノの方が良いと思ったのだ」

285 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/22(日) 23:42:26 ID:Vs3xvaZc
コルニ「先手必勝!バレットパンチィ!」

ルカリオ「バァァウッ!」シュンッ…

センリ「っ右脇腹に来るぞ!ブレイククロォ!」

ヤルキモノ「ウキイィヤァッ!」ジャキィンッ!

ガチイィィンッ!

ヒビキ「止めよった…!だがあのおっさん、まさかな…」

コルニ「下がってルカリオ!はどうだん!」

ルカリオ「バァウッ…!わんっ!」シュタッシュタッ…ゴオォォッ!

センリ「直撃コース…!ブレイクローで撃ち落とせ!」

ヤルキモノ「ウキキィィィヤァッ!」スッ…ザシュッ!

センリ「躱せないのなら撃ち落とすのみ!」

コルニ「このおじさん、かなり強い…!だったら全力で行くよ!」チャキッ

コルニ「命、爆発ッ!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

メガルカリオ「メガッワオォォォォォォンッ!!!」パッパラー

286 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 00:07:47 ID:dkAQjcvc
センリ「来たな、メガシンカ…!これとヤりたかった!」

コルニ「波導を極めたメガルカリオ!その神髄を見せてやる!拡散はどうだん!」

ルカリオ「バアァァァァウッ!ハァッ!」ギュオォォォ…!

ズバババババババァッ!

ヤルキモノ「ウキキィア…!」グググッ…!

ゴロウ「弾けたはどうだんの波状攻撃でやんす!」

センリ「成程…!コレは避けられないな!」

コルニ「追撃するよ!ボーンラッシュ!」

ルカリオ「バァウッババウバウバウバァッ!」ジャキィンッ!シュバッ!

ブオォンッブオォンッブオォンブオォンッブオォォンッ!

センリ「………右!左下、右上、右下、上!」クワァッ!

ヤルキモノ「ウゥゥキキャキャキャキャキャキャァッ!」

ガキンッガキンッガキンガキンガキンッガキィィンッ!

ルカリオ「ばぁうっ…!?」

ゴロウ「あの連撃を全て受け止めた…!」

287 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 00:20:30 ID:dkAQjcvc
ヒビキ「あのおっさん、やっぱり…!」

コルニ「ポケモンより先に技に対応している…!」

センリ「ポケモンとトレーナーのコンビネーションと言うのは、互いの信頼も基より、ポケモンの反射速度、トレーナー思考速度で成り立っている」

センリ「だが私は己も限界まで鍛えぬく事で、トレーナーのみで反射と思考を両立させる事が出来る様になったんだ」

シジマ「ワッハッハ!すなわち反射と思考の融合か!そんな事、並の格闘家トレーナーでも出来ないぞ!」

コルニ「やっぱり…!前のバトルでも感じた違和感はそれだったんだ…!それがセンリさんの強さの正体…!」

センリ「キミのルカリオ、スピードを活かした連撃が得意みたいだったからね。ならばそれに対応するなら、なまけで動けなくケッキングよりヤルキモノが打って付けだと思ったんだ」

センリ「今度はこっちから攻めさせてもらう!ブレイククロォ!」

ヤルキモノ「ウゥゥキャアァッ!」ジャキィンッ!

コルニ「でもこっちのルカリオだって波導で相手の動きが読めるんだ!ボーンラッシュで受けて!」

ルカリオ「バアァウッ!」ガチィィンッ!

コルニ「足元がお留守だ!ローキック!」

ヤルキモノ「ウキキィッ!」ゲシッ

ルカリオ「ギャンッ…!」ガクッ

288 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 00:29:53 ID:dkAQjcvc
センリ「かわらわりィッ!」

ヤルキモノ「ウッキキィィイッ!」ブオォォンッ!

ルカリオ「バァウッ…!」ガハッ…!

コルニ「ルカリオ!まだだよ!バレットパンチ!」

ルカリオ「バアァァウッ!」シュンッ…

センリ「速いが見切れない訳では無…い…ッ!?」

すかっ…

ゴロウ「外れたでやんす!?」

ヒビキ「いや、違うぞ!」

キキィィィィイ!

センリ「何…!?外させたのフェイントか…!」

コルニ「ルカリオ、叩きこめ!インファイトオォッ!」

ルカリオ「バウバウバウバウバウバウアァァッ!」

ドガガガガガガガガガガガッッッ!!!

289 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 00:34:15 ID:dkAQjcvc
センリ「ヤルキモノォ!左腕、右脇腹、股間、左頭部、右脛、右肘、水月!」

ヤルキモノ「ウ…ウキィィイイイッ!」グググッ…!

ゴロウ「今度は喰らったでやんす!」

ヒビキ「あのオッサンが見切れても、あのサルがそれに対応しきれちょらんのじゃ!」

ルカリオ「バァウッ…」フゥゥ…

ぎらんっ

ヤルキモノ「ウッキャアァァァァァアッッ!!!」ドガアァァァァッ!!!

ルカリオ「バアァァァウッ…!」ズサアァァァッ!

センリ「きし…かいせい…!」

コルニ「ル…ルカリオォ!」

ルカリオ「きゅうぅ〜ん…」ヒュンッ…ピクッ…ピクンッ

シジマ「ルカリオ、戦闘不能!ヤルキモノの勝ち!よって秘伝の薬争奪戦優勝はアサギシティのセンリだぁ!」

290 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 17:55:05 ID:dkAQjcvc
コルニ「………ありがとう、ルカリオ。良く頑張ったね」ショボンッ

センリ「コルニちゃん、メガシンカ、体感させてもらった。良いバトルをありがとう」スッ

コルニ「こっちも…ありがとうございました!」スッ

ゴロウ「アニキ…最後のあのインファイト…。確かに喰らってやしたよね?」

ヒビキ「全部じゃ…ないのぉ…。あの連撃を全部とはいかんかったじゃろうが、見切ってダメージを最低限に抑えてきしかいせいで跳ね返しおったわ」

シジマ「むぅ…。あれ程のトレーナー…。中々見る事も無い…。ジムリーダーにでもなれば良いのにな!」

薬屋「ではセンリさん、秘伝の薬を…」スッ

センリ「忝い。キミ達も本当に必要だったのだろうが…申し訳ない。頂戴する」

ヒビキ「いぃや。漢に二言は無ェ!勝負に負けたんじゃからしょうがないんじゃ!」

コルニ「そうですよ!アタシらの事は気にせず、息子さんに早く持って行ってあげて!」

センリ「ありがとう…」ペコッ

291 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 18:00:33 ID:dkAQjcvc
――――
――
ヒビキ「今じゃったら俺等を積んできてくれた知り合いがまだタンバにおるじゃろうから、帰り頼んどこうか?」

センリ「いや、大丈夫だ。また泳いで帰るよ。今度はキミともバトルをしてみたい」

ヒビキ「おぉう!俺もじゃ!」

コルニ「また会ったら、アタシもリベンジお願いします!」

センリ「ああ。では然らば!」ザッパァァンッ!

コルニ「じゃあアタシも行くね。親友の子d…妹を助けるために早く別の方法を探さないと!」

ヒビキ「おぉう!また会ったら俺もリベンジさせて貰うぞ、メットのねーちゃん!」

ゴロウ「サヨナラでやんす」

コルニ「じゃーね!」シャーシャー

ゴロウ「………で、アニキ。どうしやす、アカリちゃん」

ヒビキ「取り敢えず、電話でミカンちゃんに頭下げちょかなぁアカンのぉ…」

292 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 18:11:18 ID:dkAQjcvc
プルルルルルッ…

ミカン『もしもし…。あ、ヒビキさん?』

ヒビキ「すまん!ミカンちゃん!秘伝の薬、手に入れれなかった!」

ミカン『すみません!もうそれは大丈夫です!』

アカリ『ぱるるんっ!』ツヤツヤ

デンまる『ぱ…ぱるぅ…』グッタリ…

ゴロウ「どーいう事でやんすか?アカリちゃんが元気になってるでやんす!」

ヒビキ「心なしかグッタリしちょらんか、デンまる?」

ミカン『実はヒビキさんが出た後、知り合いの人が話を聞いてて、持ってきてくれたんです!』

ヒビキ「そ、そうか!まあ、アカリも元気になったみたいでよかったわ!」

ミカン『確かヒビキさん、ジムを回ってるんでしたら、そのままタンバジムに挑戦して貰って大丈夫です?私、ちょっとジム再開の準備があるんで…』

ミカン『あ、それはそうと!アカリちゃんとデンまるくんを一緒にしてたら、何処からかタマゴを持ってきてたんです!ほらコレ!』ヒョイッ

ヒビキ「………デンまる。おどれ、俺より先に失くしたな…」ギロォ

デンまる『ぱ…ぱるるぅ…///』

ゴロウ「あ、アニキ。まだ童貞だったんでやんすね」

293 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 23:34:28 ID:dkAQjcvc
崖っぷちゲート

グリーン「ハァ…ここ格闘家ばっかじゃんかYO…。いや、待てよ。って事はまだ可愛いバトルガールが居る可能性があるな…」

「この先ね、たしか」

グリーン「おっ!後ろ姿でも雰囲気で分かる金髪美女!お姉さーん!俺とお茶しなーい?」

シロナ「あら。もしかしてグリーンくん?」

グリーン「うおっ!シロナお姉様じゃないっすかー!相変わらず別嬪さんなことで」

シロナ「キミも相変わらずみたいね。リーグから話は聞いてるわよ。ジムバトルの成績は良いけど、しょっちゅう色んな地方に行ったり来たりって」

グリーン「耳が痛いけど、お姉様には言われたくないYO」

「シロナさん、待たせてすみません。ってアレ、キミは確か…オーキド博士の…」

グリーン「おっ。そう言う兄ちゃんはホウエンの御曹司の兄ちゃん!」

ダイゴ「ダイゴだよ。三年前タマムシで会って以来だね」

グリーン「あの時はアチャモをありがとうYO!それはそうと、チャンピオン同士がこんな所でデートッスか〜?コレは一大スクープだZE」ニマニマ

シロナ「冗談でも止めてもらえる?誰があの子以外とそんな事するとも?」ニコッ

ダイゴ「はは…。僕達はこの先の47番道路の奥にある埋もれの塔を調査に来たんだ。シロナさんに頼まれてね」

シロナ「埋もれの塔には大昔のホウエンの人々が作ったって言われてるから、その手に詳しいホウエンのダイゴくんに協力をお願いしただけよ」

294 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 23:42:50 ID:dkAQjcvc
グリーン「ほーん…。まあ俺はそー言う事はよく分からねぇけど…」ブルブル…

マスキオ「ニドォ…」ポンッ

シロナ「どうしたの、その子」

グリーン「何かタンバに来てから落ち着かないんだYO。ソワソワしてる感じで」

シロナ「その子もなのね…」ポーイッ

ガブリアス「ガブゥ…」ポンッ

シロナ「この娘もタンバに来てから様子が変なの」

グリーン「コイツはお姉様の相棒の方じゃなくて…『アイツ』のフカヒレか…」

シロナ「これって偶然…?それとも…」

ダイゴ「………?」キョトンッ

295 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 23:50:54 ID:dkAQjcvc
――――
――
コルニ「はぁー。悔しいなぁ…。あそこでバーッって行ってガガガーってやって、それから…」トボトボ…

コルニ「あーもう!考えるのはヤメだ!今は別の薬のアテを探さなきゃ!」ブルブル…

ライター「グルゥ…!」ポンッ

アーロン「バァウ…!」ポンッ

コルニ「どーしたの、アンタ達?いきなり出てきて…」

ライター「グオォッ!」バッサバッサァッ!

コルニ「ちょっとライター!?何処行くの!?」

アーロン「バァウ…」ブオォ…

コルニ「えっ。何…?誰か知っている波導をキャッチしたの…?」

アーロン「わんっ!」シュタッ

コルニ「アーロン!もー!待ちなさいよー!」シャーシャー

296 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/23(月) 23:55:43 ID:dkAQjcvc
ライター「グルゥ…!」

アーロン「ばぁう…!」

コルニ「やっと追いついた!アンタた…ち……」

シュボッ…

赤帽子「………」フゥゥ…

コルニ(あの後ろ姿…あの帽子…あの煙管………!)

コルニ「レ…レッドなの………?」

赤帽子「………久しぶりだな、コルニ」

297 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:06:53 ID:tN3jWqz.
コルニ「レッド…!?本当にレッドなの!?アンタ、生きて…!」

赤帽子「………」フゥゥ…

コルニ「生きてたんだったら…何で…!何で青ちゃんに会いに行かないのよ!それに今はレッドと青ちゃんの娘が居るのに!それに今、その娘が病気で危ないって時に…!」

しゅんっ…

コルニ「っ!」

赤帽子「………」

コルニ(いつの間に後ろに!?アタシが気付かないなんて…!え………?)ギュッ…

赤帽子「手、見てみな」

コルニ「コレって…秘伝の薬…!?何でレッドがコレを!?」

赤帽子「ボクが居る所では沢山あるから気にするな」

コルニ「えっ…?」

赤帽子「その娘に…持っててあげな。ボクは…会えないから…」クルッ…

コルニ「レッ…ド…?『ソレ』って…?」

しゅんっ…

コルニ「………レッド…なの…?」

298 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:28:45 ID:tN3jWqz.
――――
――
ヒビキ「まあ今日は遅いから、カチコミは明日にするかのぉ!」

ゴロウ「はいでやんす」ブルブル…

ラッタ「ラタァッ!」ポンッ

ゴロウ「ラッタ?どうしたでやんすか?」

「フォオオォォォォォォッ!!!」

ヒビキ「何じゃこの声!?」

ゴロウ「この声は…!」

ラッタ「らたっ!」ピクピクッ

しゅたっ………

スイクン「………」ファサァ…

ゴロウ「スイクン…」

299 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:33:52 ID:tN3jWqz.
ラッタ「らった!らたたっ!」ピョンピョンッ

スイクン「わんわんっ」ファサァ…シュバッ!

ゴロウ「行っちゃったでやんす…」

ヒビキ「綺麗なポケモンじゃのぉ…」

「おぉぉぉーーー!待ってェェスイクンちゅわぁぁぁぁんっっっ!」ダダダダダッ

ゴロウ「この声!」

ヒビキ「うげぇ…」

コトネ「かーらーのー!ゴロウくんに抱き付きタックルー!」ガバッ

ゴロウ「コ…コトネのアネゴっ///」カァー

コトネ「もー!赤くなっちゃってこのこのぉ!カワイイ奴めー!」スリスリ

300 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:40:36 ID:tN3jWqz.
ヒビキ「何でこんな所におるんじゃ、変態」

コトネ「今の私の旅の目的、さっきのスイクンなんだ!それで追ってたら逃げられて逃げられて逃げられまくって…」

コトネ「タンバで見かけたら、あのミナキさんが邪魔に入るでしょ?それをさっさとカタして暫時追いかけたってコトね」

コトネ「そしたら目の前に愛しのゴロウくんが居た訳じゃん?だったら飛びつくのは当たり前ってコトね!」スリスリ

ヒビキ「ほぉーん」ジトォ

ゴロウ「あ…アネゴォ…///アニキの前で恥ずかしいでやんすぅ」

コトネ「ゴメンゴメン。ねえ、さっきスイクン、ゴロウくんの所で何かしてなかった?」

ゴロウ「えっと…何かオイラのラッタと会話してたでやんす」

コトネ「ふぅーん…。やっぱりか…」ボソッ

ゴロウ「………?」キョトンッ

301 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:44:36 ID:tN3jWqz.
ヒビキ「おぉう、ゴロウ!今晩はコトネと一緒に居れや」

ゴロウ「アニキ…!良いでやんすか!?」

ヒビキ「流石に俺も男女の仲に入る様な野暮な事はせん」

コトネ「気が利くじゃん、ヒビキくん!」

ゴロウ「ありがとうございやす、アニキ!」

コトネ「そうと決まれば…!」ガシッ

ゴロウ「へっ」ヒョイッ

コトネ「ポケモンセンターでいっぱい可愛がってやるぜ、コンヤニャロー!」ダダダッ

ゴロウ「うわぁぁぁ!」

ヒビキ「………」ボーゼン…

302 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/24(火) 00:49:31 ID:tN3jWqz.
夜・ポケモンセンター

ギシギシアンアンッ…アネゴォ…!イクノ…イッチャウノ…?

ヒビキ「………」モフッ…

ヒビキ「二人水入らずにするのはエエが!何ですぐ隣の部屋何じゃァァ!」ガバッ

ドォンッ!

「うっさいぞ、オラ』

ヒビキ「………」

イブキ『あっ……ん…』ピチッ…ムチッ

ヒビキ「………」ギンギン…

ヒビキ「はぁ………」シュッシュッシュッ…

303 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/25(水) 13:18:31 ID:8QKqUu9o
――――
――
ゴロウ「おはようございやす、アニキ」キリッ

コトネ「おっはよー!ヒビキくん」ツヤツヤ

ヒビキ「お…おぉう…。おはよーさん…」ゲンナリ…

ヒビキ(コイツ等、昨晩何時までヤってたんじゃ…)

コトネ「じゃあアタシはまた直ぐにスイクンちゃんを追いかけるから」

ゴロウ「もう行っちゃうんでやんすか…?」

コトネ「ごめんね…。早く追いかけないとあの変態マントに先を越されちゃうかもだから…」

ヒビキ「おぉう!それじゃあじゃあな!」パァ

コトネ「………」イラッ

ドゴォッ!

ヒビキ「ごふっ!」

ゴロウ「アニキィ!」

コトネ「あ、ごめーん。手が滑ったー」

304 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/10/25(水) 13:45:56 ID:8QKqUu9o
タンバジム

ドババババババッ!

ゴロウ「シジマさーん、ジム戦に来たでやんすよー」

シジマ「むぅぅぅぅう……!」グググッ…

ゴロウ「滝修行で全然気づいてないみたいでやんすね…」

ヒビキ「うおおおぉぉう!シジマのおっさん!カチこみに来たぞおぉぉぉ!」

シジマ「む…?昨日の坊主達ではないか!今度はジム戦かぁ!」

ヒビキ「おおぉう!悪いが昨日の憂さ晴らしにカチコミさせてもらうぞぉ!」

シジマ「元気が良いなぁ!よおぉしっ!ここのバトルは二対二だあぁっ!」チャキッ

ヒビキ「うおぉう!」チャキッ

ゴロウ「二人とも声がデカいでやんす…」

ヒビキ「カチこめ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアァァッ!」ポンッ

シジマ「行くぞ、オゴリザル!」ポーイッ

オゴリザル「ウッキャアッ!」ポンッ

305 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 18:54:14 ID:UPFhiCdY
ヒビキ「先手必勝じゃ!ドリルくちばし!」

ムドーまる「ムドオォオッ!」ギュルルルゥ!

シジマ「かげぶんしん!」

オゴリザル「ウキキィッ!」シュバッシュバババッ!

ゴロウ「オゴリザルが増えたでやんす!」

ムドーまる「エアッ!?」スカッ

ヒビキ「まだじゃ!もう一発行けェ!」

ムドーまる「エアアァッ!」ギュルルルゥ!

すかっ

シジマ「今だ!きあいパンチ!」

オゴリザル「ウッキイィィヤアァァッ!!!」ゴオォ…!ドゴオォォッ!

ドガアァァァンッ!!!

ムドーまる「エアアァッ!」ズサァァッ!

ゴロウ「あのパンチ…!凄い威力でやんす!」

シジマ「きあいパンチは格闘タイプの中でも最大の威力を有するのだぁ!」

306 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 19:08:31 ID:UPFhiCdY
ゴロウ「あの分身…やっかいでやんすね…」

ヒビキ「じゃが今の攻撃で場所は分かった!ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアアァッ!」ギュルルルゥ!

キイイィィインンッ!

シジマ「むっ!スピードが上がっておる!」

オゴリザル「ウキャアァッ!」ガガガッ!

ヒビキ「おっしゃ!」

シジマ「やりおる!攻撃の際に分身を見抜いたか!だったら崖を駆け登れ!」

オゴリザル「ウキッウキャキャッ!」タッタッタッタ

ゴロウ「ジムの中の崖を登って何を…」

シジマ「いわなだれ!」

ゴロゴロゴロゴロォォオッ!!!

ゴロウ「凄い量の岩でやんす!」

ヒビキ「何のォ!はがねのつばさで切り裂いて進むんじゃ!」

ムドーまる「ムドオオォォォッ!」ジャキィンッ!キイイィィンッ!

307 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 19:16:36 ID:UPFhiCdY
すぱぱぱぱぱっ!

シジマ「岩を紙みたいにスパスパと…!だが甘いわ!」

オゴリザル「ウキィ」ヌッ

ゴロウ「いわなだれの岩陰に!」

オゴリザル「ウゥゥキイィイヤァァッ!」ゴオォォ…!ドゴォォンッ!

ムドーまる「エアァァッ!」バキィィンッ!

ヒビキ「ムドーまる!大丈夫か!?」

ムドーまる「エアァ…!」ゼェ…ゼェ…

シジマ「戦闘不能は待逃れたようだが、もう風前の灯だな!そろそろ止めと行こうか!」

オゴリザル「ウキキキイッ!」シュババババッ!

ゴロウ「あの分身をどうにかしないとまともに攻撃が当たらないでやんす…」

ヒビキ「………一か八かじゃ!スピードスター!」

ムドーまる「エアアァァァッ!」ピピピピピッ!

308 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 19:21:11 ID:UPFhiCdY
バシュッバシュッバシュッ!

オゴリザル「ウキィィッ…!」ググッ…

ゴロウ「分身を全部かき消した!」

シジマ「必中の全体攻撃技か!だが威力は申し訳程度!そんな攻撃でワシのオゴリザルは…!」

ムドーまる「エアッ!」ヌッ

オゴリザル「ウキャッ!?」

シジマ「スピードスターの弾幕に紛れてただとぉっ!?」

ヒビキ「さっきの仕返しじゃ!ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアアァァァッ!」ギュルルルゥ!

オゴリザル「ウッキャアァァッ!」ガガガガッ!

シジマ「オゴリザル!」

オゴリザル「ウ…ウキャァ…」ピクッ…ピクンッ…

309 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/23(木) 23:56:26 ID:Z6OW.222
実はオコリザルなんやで
ずっと言おうと思ってたけど

310 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/24(金) 02:13:18 ID:HdmjC5FU
オコリザルの中でも自分に驕りがあったんだろ(震え

311 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/11/25(土) 19:18:16 ID:jo4mFHDE
うわーガチで間違えてたー。
読み返したら色々凡ミス多いわ。

ツクシがハッサムに進化させてもらうのはミカンのつもりがアカネやし、前の話の時系列でグリーんがダイゴに会ったんはタマムシじゃなくてヤマブキだし。
めっさ恥ずかし。

312 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/21(木) 12:36:16 ID:5ZxERjos
ゴロウ「まずはアニキの一体抜きでやんす!」

シジマ「相性有利とは言え、ワシのオコリザルを倒すとはな!大したスピードだ!だが同時にそのエアームドの弱点も見えたわ!」

ヒビキ「弱点じゃと?」ピクッ

シジマ「スピードだけではワシのこのポケモンは倒せんと言うことだ!行け、ニョロボン!」ポーイッ

ニョロボン「ボボンッ」ポンッ

ヒビキ「何が来ようと!たとえ分身でもしようと!俺のムドーまるのスピード、躱せるもんなら躱してみろやぁ!」

ムドーまる「エアァァッ!」キイィィィィンッ!

ニョロボン「ぼんっ」キッ

さっ…

ムドーまる「エアッ!?」

ヒビキ「あのスピードを躱しよった!?」

シジマ「そしてビルドアップ!」

ニョロボン「ニョロォ…!」ムキィッ!

313 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/21(木) 12:48:31 ID:5ZxERjos
ヒビキ「隙だらけじゃ!コイツを躱せるもんなら躱してみろやァ!スピードスター!」

ムドーまる「エアアァァァッ!」ピピピピピッ

シジマ「ニョロボン!」

ニョロボン「ニョロッニョロォッ!」サッサッサッ

ゴロウ「あの弾幕を全部紙一重で躱したでやんす!?」

ヒビキ「じゃったら…!ムドーまる!急上昇ォ!」

ギュオオオォォォォォッッッ!

シジマ「ほぉ!」

ヒビキ「そして急降下ァッ!加速の勢いをつけたドリルくちばし受けてみろやァッ!」

ムドーまる「エアアァァァァッッ!」ギュルルルルゥ!!!

キイイィィィィィィィンッッッ!!!

シジマ「受けて立つぞォ!ニョロボン、たきのぼりだァ!」

ニョロボン「ニョロォォオ…ボォォンッ!」ゴポゴポォ…シュバァッ!

バッシャアアアァァァンッッッ!!!

314 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/21(木) 13:26:36 ID:5ZxERjos
ムドーまる「エ…エアァ…」ピクッ…ピクンッ…

シジマ「お前のエアームドのスピード、申し分は無い。だがそれは元々のエアームドの持ち味である防御を脱ぎ捨てた上でのスピードだ」

シジマ「そして特に問題なのは技の決定力の無さ。要するにパワー不足だな。ワシのニョロボンはお前のスピードによる特攻を『みきり』で躱し、『ビルドアップ』で威力を高めた『たきのぼり』で押し切ったのだ」

ゴロウ「そう言えば確かにムドーまるはスピード重視の戦い方で、パワーファイトはしてなかったでやんす…」

ヒビキ「成程のぉ…。勉強になったわ、オッサン!じゃがパワーや見切りの強さなら俺にもとっておきがおるぞ!カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「つぼ」ポンッウネウネ…

シジマ「動きが読めんな…!だったら攻める!ばくれつパンチ!」

ニョロボン「ニョロォ…ボンッ!」ゴオォォッ!

ツボミまる「つぼぉ」ウネ…

ニョロボン「ニョロッ!?」

ヒビキ「そのままパワーウィップじゃあぁっ!」

ツボミまる「つぅぼっ」ブオオォォンッ!

シジマ「みきり!」

ニョロボン「ニョロッ!」サッ

ヒビキ「流石じゃのぉ!」ニヤリッ

315 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/24(日) 17:16:32 ID:qVwCLEOE
シジマ「たきのぼりだァ!」

ニョロボン「ニョオォ…ロォッ!」ゴポゴポォ…シュバァッ!

ヒビキ「見切って、たたきつける!」

ツボミまる「まだ…つぼみ」サッ…バシィィンッ!

シジマ「みきり!」

ニョロボン「ニョロォ…!」ガシッ

ツボミまる「つぼ…」ググッ…

シジマ「何も躱すだけが『みきり』ではないぞォ!そのままばくれつパンチ!」

ニョロボン「ニョォオ…ロオォッ!」ググッ…ドゴォオッ!

ツボミまる「つ…ぼぉ…!」ゴフッ…

ヒビキ「ツボミまる!」

ツボミまる「つぼ」クラクラ…

ゴロウ「混乱してるでやんす!」

316 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/24(日) 17:30:23 ID:qVwCLEOE
シジマ「今の内にビルドアップだァッ!」

ニョロボン「ニョロォ」ムキムキィ…!

ゴロウ「どんどんムキムキになっていくでやんす!」

シジマ「半減でも威力の高めたばくれつパンチ、受けられるかぁ!?」

ニョロボン「ニョロォ…ボォンッ!」ゴゴゴ…ドゴォオッ!

ヒビキ「ツボミまる!見切ってパワーウィップじゃ!」

ツボミまる「つぼ…つぼぉ」ユラァ…バシイィィンッ!

ゴロウ「当てた!」

シジマ「混乱しながらも攻撃を見切り、自らも草タイプの大技を当てたか!だが…」

ニョロボン「ニョロォ…」ググッ…

シジマ「ビルドアップは攻撃だけでなく防御も鍛える技!効果は抜群でも倒れはせんわァ!たきのぼりィ!」

ニョロボン「ニョロオォッ!」ゴポゴポォ…シュバァッ!

ツボミまる「つぼぉっ…」ズサァァッ!

317 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/24(日) 17:49:33 ID:qVwCLEOE
ツボミまる「つぼ…」クラ…クラ…

ゴロウ「ツボミまるがこんなに苦戦する姿…初めて見たでやんす…」

シジマ「お前達はよく戦った!だがこれで引導を渡してやろう!ばくれつパンチだぁっ!」

ニョロボン「ニョロォ…ボォンッ!」ゴゴゴ…ドゴォッ!

ヒビキ「まだじゃ…!まだ終わってないぞ、ツボミまる!」

ツボミまる「つぼ」ピッカー

ふぉんふぉんふぉんっ……

ツボミまる「どん」パッパラー

ゴロウ「ツボミまるがウツドンに進化したでやんす!」

ヒビキ「おっしゃあっ!つるぎのまい!」

ツボミまる「どん」シャキィィインッ!

318 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/24(日) 18:04:41 ID:qVwCLEOE
バキイィィィンッ!

ニョロボン「ニョロッ!?」

シジマ「弾かれた!?だが足の無くしたその身体…自慢の見切りも使えんぞォ!たきのぼり!」

バッシャアァァァンッ!

ツボミまる「どん…」ズサァッ!

ヒビキ「………何じゃ、ポケットの中からエネルギーを感じる…」ゴソゴソ…

ヒビキ「コイツは…ツンツンの兄ちゃんがくれた石…」スッ

ツボミまる「どん」ツンツン

ヒビキ「お、何じゃツボミまる?」スッ

ツボミまる「どどん」スッ

ゴロウ「えっ?」

ふぉんふぉんふぉんっ…

ツボミまる「キエエェェェェェェェェェェッッッ!」パッパラー

319 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/30(土) 23:34:51 ID:OLBKwaBY
ゴロウ「ツボミまるがまた進化を…!」

シジマ「リーフの石を使った弐段階進化だとぉ!?」

ヒビキ「新技も覚えちょる…!行くぞ、パワーウィップ!」

ツボミまる「キイエェェェェエェェイッ!」シュルルルルゥッ!

ニョロボン「ニョロォッ!?」

ゴロウ「一気に多数のパワーウィップ!?」

シジマ「イヤ…!あの一本だけだ!蔓が増えたように見える程の連続のパワーウィップ!みきりで躱せ!」

ニョロボン「ニョロォ…!」シュッシュッシュッ…

ツボミまる「キエェェェェェエイッ!」シュルルルゥッ!!!

ニョロボン「ニョォッ…!」チィッ…!

シジマ「あの手数…躱しきれんか…!ならばたきのぼりで滝の上まで駆け昇るのだ!」

ニョロボン「ニョオォォッ!」バッシャバッシャッ!

320 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/30(土) 23:46:47 ID:OLBKwaBY
シジマ「二段進化したとしても足を無くして機動力を欠いたウツボットにこの高さまで上がれまい!落下速度を利用してばくれt…」

ヒビキ「甘いぞ、ヒゲのおっさん!」

ツボミまる「キェッェェェェェェッ!」バビョォォォォォォンッ!

ゴロウ「パワーウィップで崖の岩盤を掴んで飛び上がったんでやんすね!」

ヒビキ「ニョロボンを掴んで地面にたたきつけろやァァッ!」

ツボミまる「キエェェェェイッ!」ガシッ…ブオオォォンッ!!!

ニョロボン「ニョロオォォッ!」

ドガアァァァァァァァンッッ!!!

シジマ「まだだ、ニョロボォンッ!ばくれつパンチィッ!」

ニョロボン「ニョロォ…!」ググッ…

ヒビキ「何のォッ!新技でトドメじゃ!リーフブレードォッ!」

ツボミまる「キエエェェェェェェェェェェッッッ!!!」ジャキイィィィンッ!

321 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/30(土) 23:58:14 ID:OLBKwaBY
ザシュッザシュッ!

ニョロボン「ニョ…ロ……」ガクッ…

ツボミまる「ウツボット…」スゥ…

シジマ「………見事ォッ!お前の勝ちだ、帽子の坊主!」

ヒビキ「おっしゃあぁっ!やったぞ、ツボミまる!」

ツボミまる「キエエェェェッ!」

ゴロウ「ウツドンまでは寡黙だったツボミまるがウツボットに進化していきなり雰囲気かわったでやんすね…」

シジマ「坊主!これがワシに勝った証、ショックバッジだ!」スッ

ヒビキ「おぉう!代紋頂きじゃ!」

ゴロウ「じゃあ次は…」

ヒビキ「おぉうっ!アサギに戻って今度こそミカンちゃんにカチコミじゃ!」

322 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/31(日) 00:05:42 ID:uzwlQlUs
アサギシティ・センリ宅

ドォンッ!

センリ「戻ったぞ!ユウキは無事か!?」ポタッ…ポタポタ…

母親「貴方!本当に泳いでタンバまで行ったのね…」

センリ「だがお陰で秘伝の薬を手に入れた。ユウキ、さあ飲むんだ」

ユウキ「んっ…」ゴクンッ…

センリ「どうだ…?」

ユウキ「………うわあぁぁっ!身体が…身体が元気になった!」ムキッ…ムキムキッ…!

母親「良かった…!ユウキ…!」

ユウキ「パピー!俺、元気になったからパピーにポケモンバトルを教えてほしい!このジグザグマと!」

ジグザグマ「くまー」

センリ「良いだろう…。だが修行の時には私の事はパピーではなく師匠と呼べ!」クワァッ!

ユウキ「押忍ッ!師匠!」

センリ「だがポケモンを鍛えるより先にするべき事は己を鍛える事…。さあかかって来い!」グッ!

323 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/31(日) 00:11:10 ID:uzwlQlUs
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ伍個

手持ち伍匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv36                          Lv31 
ニトロチャージ   でんこうせっか        はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           フェイント     スピードスター       
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         ハクリュー  ♂ NN リューまる
Lv30  もちもの デンリュウナイト       Lv30
フラッシュ かみなりパンチ           りゅうのはどう  でんじは 
ほうでん わたほうし               たつまき  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる
Lv38
パワーウィップ たたきつける
リーフブレード つるぎのまい

324 以下、名無しが深夜にお送りします :2017/12/31(日) 01:16:01 ID:vP.Ggp.Q
いいっすね〜

325 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 22:36:52 ID:TnEeegVs
アサギの灯台

ガチャッ

シルバー「………」

ミカン「あっ!シルバーさん!」タッ

シルバー「ああ…」

ギュッ

シルバー「っな///」カァー

ミカン「秘伝の薬を届けてくれてありがとうございます!おかげでアカリちゃんが元気になりました!」

アカリ「ぱるぅっ!」

シルバー「そうか…。そ…それより…少し離れてくれ…///」カァー

ミカン「あっ///すいません…つい…///」テレッ

フライゴン「ふりゃぁ」

シルバー「お前もよく届けてくれた」

ミカン「やっぱりそのポケモンはシルバーさんのだったんですね」

シルバー「正確には俺の親父のだったポケモンだ…」

326 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 22:43:49 ID:TnEeegVs
ミカン「シルバーさんのお父様…。今は何をなさっているんですか?」

シルバー「………死んださ」

ミカン「あっ…。ごめんなさい…」シュンッ

シルバー「構わんさ。親父も因果応報と言う奴だ。だがそれでも俺の憧れでもあり目標であった事は変わりない」

ミカン「そうなんですね…。あっそうだ!アカリちゃんも元気になったからジムの再開の準備をしないと…」

シルバー「俺も手伝う」

ミカン「ありがとうございます!じゃあこの備品を買って来て貰えますか?」

シルバー「ああ」

327 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 23:18:56 ID:TnEeegVs
ヨシノシティ

ドォンッ!

コルニ「青ちゃん!秘伝の薬を手に入れたよ!」

ブルー「コルにん…!ありがとう…!さあ、飲んで…」スッ

娘「ハァ…ハァ…んっ…」ゴクンッ…

オーキド「どうじゃ?」

娘「………わぁっ!げんきになったよー!」ムキッ…ムキムキッ…!

ブルー「良かった…!」ギュゥ…

娘「ママ、いたいよー」

オーキド「よく手に入れたな、この秘伝の薬を。かなり希少の筈じゃろう?」

コルニ「それはタンバで…。青ちゃん…実はタンバで………」チラッ

娘「こるにん、あそぼー」キャッキャッ

ブルー「ん?どしたの?」

コルニ「………ううんっ!何でもない!」

328 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 23:33:31 ID:TnEeegVs
タンバシティ・ポケモンセンター

『もう!いい加減にどこをフラフラしているの!?いい加減にジムに戻りなさい!』

グリーン「アウチッ!分かった、分かったYO、ナナミ姉ちゃん!もう収穫も無いし、ジムに戻るYO」

ナナミ『収穫?また懲りずに女の子漁りしてるの?』

グリーン「俺に対してだけ懲りずにって…。レッドゥも似たような事してたのにYO…」

ナナミ『レッドくんか…。ブルーちゃんも寂しいでしょうね…』

グリーン「言っておくが、俺は信じねえからな。アイツが死んだとかそんなバカな噂…」

ナナミ『分かってわ…。だからあの子が帰って来た時の為に貴方もちゃんとしてなさい』

グリーン「分かってるYO…。じゃあな」ガチャンッ

グリーン「さて…そろそろ帰るか…」

どんっ

グリーン「おっ、悪ィ…………えっ?」

「変わらねェな、緑よぉ…」

グリーン「レ…レッドゥ…!?」

レッド「………」フゥゥ…

329 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 23:40:31 ID:TnEeegVs
グリーン「お…お前ェ!」ドォンッ!

レッド「ッ…てぇなぁ…」

グリーン「これぐらい当然の報いだZE!お前、ロリ巨乳を置いて三年間も連絡無しに何処行ってたんだ!」

レッド「………俺だって顔は見せたかったが、そうもいかない事態になったんだよ…」

グリーン「そうも行かない事態って何だよ」

レッド「詳しくは話せねぇが、積もる話もあるだろう。ここはバーにでも行こうぜ…ごほごほっ」

グリーン「………?OK!だけどお前の奢りだからな、レッドゥ!」

330 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 23:47:21 ID:TnEeegVs
ザザァァ…ザザァァ…

グリーン「おい、レッドゥ。こっちはバーじゃねぇZE?」

レッド「ああ…。それは良いからもっとこっちに来いよ…」

グリーン「ああ…」ジリ…

レッド「………」ニヤリッ

ドガース「ドガー」カッ

チュドオオオォォォォォォォォォォンッッッ!!!

レッド「………クククッ」

グリーン「死んだと思ったか、ニセモノYO!」

ピジョット「ピジョォォ!」バァサッバァサッ

レッド「何を言っているんだ、グリーン?俺だよ俺。レッドだよ。ゲホッ」

グリーン「OBAKAめ。ヘビースモーカーのレッドゥが煙管の煙に咽るか」

レッド「………流石は現・トキワジムジムリーダーで元・チャンピオンだ」ニヤリ

331 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/03(水) 23:55:14 ID:TnEeegVs
レッド「行け、お前等」ポポポポポーイッ

マタドガス「マァタドガー!」

ドガース「「「「ドガー!」」」」」

グリーン「ケンタッキー、ぼうふう!」

ケンタッキー「ピィィジョオオォォォッ!!!」バァサッバァサッ!!!

ビュオオォォォォォォォッッッ!!!

レッド「ハッハッハ!一撃で全滅かぁ!流石だねぇ!」

グリーン「何故俺を狙った?さては俺のファンか」

レッド「ファンでは…ないなぁ。ただ俺等の計画にアンタの存在が邪魔なだけだよ」

ゴゴゴゴ……

グリーン「計画…?まあ、そんなのはお前の捕まえてじっくりと聞かせて…」

バッシャアアアァァァァァァァァンッッッ!!!

グリーン「なっ…何でコイツが…!?」

ドッパッアアアァァァアッァァンッッッ!!!

332 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 16:41:29 ID:2dhq3qrs
アサギシティ

リューまる「はくぅ」

ヒビキ「おぉう!お疲れさん、リューまる!」シュボンッ

ゴロウ「帰りは渦巻島付近の大渦は無かったでやんすねぇ」

デンまる「ぱるるぅ!」タッタッ

ヒビキ「おぉう!デンまる!今戻ったぞ!」

デンまる「ぱるるんっ♪」

ヒビキ「所でおどれ…。俺等が色々大変だった間、イイ事あったみたいじゃのぉ…?」ガシッ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」

ミカン「あ、ヒビキさんにゴロウくん!」

アカリ「ぱるるんっ」

ゴロウ「ミカンさん!本当にアカリちゃん、元気になったみたいでやんすね」

ミカン「お陰様で。すみません、態々海を渡ってタンバに行ってもらったのに…」

ヒビキ「おぉう!気にするな!お陰でタンバジムにも挑戦出来たし、凄いポケモンや強いトレーナー達とバトル出来て、良い修行になったわ!」

333 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 16:49:58 ID:2dhq3qrs
シルバー「買う物はこれで最後か…」ゴソッ…

ミカン「それで…ジム戦の事なんですが…」

シルバー「居た…。おい、買う物はこれで…っ!」サッ

ヒビキ「おぉう!その話をしたかったんじゃ!」

シルバー「何でアイツ等が一緒に…?」コソッ…

ミカン「明日の朝からならジムも再開出来そうです。ヒビキさんとは一番最初にバトルしますね」

ヒビキ「おぉう!ソイツは楽しみじゃ!」

ミカン「因みに私が扱うタイプは………シャキーンッ!鋼タイプです!」バッ

ヒビキ「うおっ!?ビックリした…。そうか鋼タイプか…」

ミカン「一応私、巷では『鉄壁ガードの女の子』って呼ばれてるんですよっ」エヘンッ

ミカン「じゃあ明日は楽しみにしてますね」タッタッ

334 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 16:59:32 ID:2dhq3qrs
ヒビキ「………しかし、『鉄壁ガードの女の子』か…。言うちゃアレじゃが、鉄壁と言うか絶壁じゃな」

ゴロウ「ある意味鉄壁ではあるでやんすね…。あのポーズと服で膨らみが見えないでやんすから…」

ヒビキ「かなりまな板じゃのコレは」

ゴロウ「でも鋼タイプとは良い事聞きやしたね、アニキ。まずは炎タイプのアラシまるは確定でやんす」

ヒビキ「………」

シルバー「………まさかアイツ等がタンバで秘伝の薬を求めてた理由も…」コソッ

シルバー「………だがアイツ等は…全然まな板の凄さを分かっちゃない…!」ギリィ…!

335 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 17:16:01 ID:2dhq3qrs
アサギジム

ミカン「っしょ…」

シルバー「おい、買ったのはこれで良いのか?」ゴトッ

ミカン「シルバーさん!はい、そこでお願いします」

シルバー「………さっき港で会った奴、アイツと明日バトルするのか?」

ミカン「あ、見てたんですね。そうなんです。見た目は怖いんですけど、とっても良い人なんですよ」

シルバー「………仲良さそうに話してたな」ボソッ

ミカン「なっ…仲良さそうだなんて…!私はシルバーさんとの方が…!」

シルバー「っ…///」カァー

ミカン「あっ…///な、何でもないです!」カァー

シルバー「………明日、頑張れよ」

ミカン「…!はい!」

336 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 17:30:49 ID:2dhq3qrs
翌日・アサギジム

ヒビキ「おぉう!ミカンちゃん、カチコミに来たぞー!」

ミカン「お待ちしておりました。灯台での事はありがとうございます。ですがジム戦はジム戦ですよっ」チャキッ

ヒビキ「もちろんじゃ!」チャキッ

シルバー「………」コソッ…

ミカン「私の使うポケモンは昨日も言いましたがとっても硬くて鋭く冷たい鋼タイプ!使用ポケモンは2体です。いきますよ、レアコイル!」ポーイッ

レアコイル「eんヴえんヴぃあpwんc」ポンッ

ヒビキ「俺は…!カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「はくりゅー!」ポンッ

ミカン「えっ、ドラゴンタイプ?」

ヒビキ「おぉう!アサギから出て、渦巻島やタンバでめっちゃ強い奴らと戦ってな!俺の弱さを痛感したんじゃ!」

ヒビキ「ミカンちゃんを舐めちょる訳じゃないがのぉ、俺がもっと強くなる為に敢えて不利なタイプを選ばせてもらったんじゃ!」

ゴロウ「オイラも最初に聞いた時はビックリしたでやんすけど、アニキらしいっちゃアニキらしいでやんす」

シルバー「………ほぉ」

337 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 17:46:48 ID:2dhq3qrs
ミカン「トレーナーとして、良い心掛けですね…。でも容赦はしませんよ!ラスターカノン!」

レアコイル「bヴれfんヴぇmvぺ1!」ビィィィムッ!

ヒビキ「リューまる、りゅうのはどう!」

リューまる「ハクゥリュウゥゥッ!」ギャオォォンッ!

ドオオォォォンッッッ!!!

ヒビキ「しんそく!」

リューまる「ハクッ…リュウゥッ!」シュバッ!

レアコイル「vんでうをccdsp…!」ググッ…!

ミカン「何て速さ…!でもノーマル技は鋼タイプには…!」

ヒビキ「続けざまにりゅうのはどう!」

リューまる「ハクゥウウッ!」ギャオォォンッ!

レアコイル「cvぶあおcdk…!?」ズサァァッ!

ヒビキ「技が効かんって言うなら、スピードとパワーでゴリ押ししてやるらァッ!」

シルバー「………バカだな、アイツ」

338 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 18:00:00 ID:2dhq3qrs
ミカン「ではまずそのスピードから封じます!レアコイル、でんじは!」

レアコイル「vビfsナアッカcヴぇw!」ビリィッ!

リューまる「ハクゥ…!?」ビリッ…ビリビリ…

ヒビキ「チィッ…!りゅうのはどう!」

リューまる「ハクゥゥウッ!」ギャオォォンッ!

ミカン「分裂して回避!そのまま10万ボルト!」

レアコイル「んくでsヴぃwl!んvふぇおなあvvv!」バババッ!バチバチバチィッ!

リューまる「ハクゥゥウッ…!」ビリビリィッ!

レアコイル「ヴえあwpws」ガチャンッ

ヒビキ「ッ!」ハッ

339 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 18:17:51 ID:2dhq3qrs
ミカン「このまま決めますよ、ラスターカノン!」

レアコイル「んvふぇpsmcs!」ビィィィムッ!

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!

ミカン「麻痺しながらそのスピード…!分裂して回避して!」

レアコイル「んヴおsdくぁか」バババッ

ヒビキ「今じゃ!分裂した一体を捕まえろ!」

リューまる「ハクッ!」シュルルッガシッ!

コイル「んヴえfそわ!?」ググッ…!

ミカン「えっ!?」

シルバー「ッ何を…!」

2コイル「んヴpヴぇp@l…!」ジジジ…!

ヒビキ「くっ付いて来る時を狙え!アクアテール!」

リューまる「ハクゥゥウッ!」ギュオォォ…ブオォォォンッ!

ドオオォォォォォォンッッッ!!!

340 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/17(水) 18:24:23 ID:2dhq3qrs
レアコイル「vふぇpさpxpppp………」ピクッ…ピクンッ

シルバー「あのレアコイルは三つのコイルが強い磁力でくっ付いているポケモン。あの分裂回避は一時的な緊急回避。離れても直ぐに強い磁力でも戻ろうとするタイミングを狙って近接攻撃を喰らわしたのか…」

ヒビキ「あのままチマチマ遠距離攻撃を喰らわされたら堪らないからのぉ!」

ミカン「見事です、ヒビキさん。あの一回の分裂でレアコイルの性質を判断して接近戦に持ち込んだんですね」

ゴロウ「アニキ!これだったら相性不利でも勝てるでやんすよ!」

ヒビキ「油断はすんな、ゴロウ。スケバンがこの程度で終わる訳無い…」

ミカン「その期待に応えなきゃですね。行きますよ、私の切り札!ハガネール!」ポーイッ

ハガネール「ハァァァガネェェェイルゥッ!!!」ポンッズシィィイン!

ゴロウ「で…デカいでやんす…!」

シルバー「ハガネール…!イワークの進化系…!」

ミカン「『鉄壁ガードの女の子』の異名…。今こそみせてあげます!」

341 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:37:21 ID:mH.WEGcY
ヒビキ「そっちが『鉄壁』なら俺は『速攻』じゃ!しんそく!」

リューまる「ハクッ!」シュバッ!

ハガネール「ネェイル…」ガキンッ!

ゴロウ「びくともしないでやんす!」

ミカン「麻痺を感じさせないスピード…。特性は『だっぴ』ですか?」

ヒビキ「さあのぉ!続けてアクアテールじゃ!」

リューまる「ハクゥ…リュウゥッ!」ギュオォォ…ブオォォォンッ!

バシャァァァァンッ!

ゴロウ「効果は抜群でや…」

ハガネール「ハガーネェ…」ニヤァ

ミカン「抜群を取ったと言って…簡単に倒れる防御力はしていませんよ!いわなだれ!」

ハガネール「ハァガアネェェェイッ!」ドガガガガガッ!

ドッシャアァァァァァンッ!

342 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/20(土) 23:53:28 ID:mH.WEGcY
シルバー「レアコイル戦で消耗していたハクリュー。今ので潰れたか…?」コソッ

ヒビキ「しんそく!」

ドガアァァッ!シュバババッ!

リューまる「ハクゥッ!」

ミカン「ダメージが少ない!?まさか状態異常になると防御力が上がる『ふしぎなうろこ』!?

シルバー「ならば麻痺した状態は変わらない筈…。アイツ、アレは攻撃の為のしんそくではないな…」

ヒビキ「アクアテール!」

リューまる「ハクウゥ…リュウゥ!」ギュオォォ…ブオォォォンッ!

ミカン「ハガネール、てっぺき!」

ハガネール「ガネェ!」カチィインッ!

ミカン「続けて、いわなだれ!」

ハガネール「ハガアァァネェッ!」ドガガガガガッ!

ヒビキ「何のォ!もう一発アクアテールじゃあ!」

リューまる「ハァ…クウゥッ…!」ドガガッ!ギュオォォ…!

ゴロウ「岩を喰らいながらも攻撃を続けるつもりでやんすか、アニキ!」

343 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/21(日) 00:01:05 ID:Pdd.aLIs
リューまる「…リュウゥゥウッ!」ブオォォォンッ!!!

バシャァァァァンッ!!!

ハガネール「ガネェェ…!」シュウゥゥ…

ミカン「今です!アイアンテール!!!」

ハガネール「ハアァァガネエェェェイッ!!!」キンキンッ!ブオォォォンンッ!!!

ドガアァァァァァァァンッッ!!!

リューまる「ハ…ハクゥ…」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「よく頑張ったのぉ、リューまる」シュボンッ

ゴロウ「でも効果が抜群の技を三回も喰らったのに…あのハガネール、何て防御力でやんす…」

ヒビキ「流石は絶壁…あ、鉄壁ガードの女の子じゃのぉ…」

ミカン「ぜ…絶壁…!?」ガーンッ!

シルバー「………ぶっ潰す」グギィ…!

344 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 13:34:58 ID:1XuPqIfQ
ヒビキ「うおっ!?違うぞ!?さっきのはつい声に出て…ああ…えーと…スマン」

ミカン「もういいです…。自分でも無いのは分かってますから…。それより、ヒビキさん!最後のポケモンを」

ヒビキ「おぉう!カチこめ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアッ!」ポンッ

シルバー「アイツ…性懲りも無くバクフーンを出さんつもりか…。それともエアームドに防御特化のハガネールを突破できる策でも…?」

ヒビキ「ムドーまる、はがねのつばさ!」

ミカン「ハガネール、アイアンテール!」

ムドーまる「エアアァッ!」ジャキィンッ!キイイィィンッ!

ハガネール「ネエェェイルッ!」キンキンッ!ブオォォォンンッ!

ガキイィィィィンッ!!!バリイィィィィンッ!

ミカン「エアームドの鎧が砕けた!?」

ヒビキ「行くぞぉ!ドリルくちばし!」

ムドーまる「エェアァァァッ!」キィィンッ!ギュルルルルゥ!!!

ミカン「速いッ…!ハガネール、てっぺきです!」

ハガネール「ネェェイ…!」カチィインッ!

345 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 13:48:47 ID:1XuPqIfQ
ガガガガガガガガッ!

ムドーまる「エアァァッ…!」ググッ…!

ハガネール「ネェェイル…」ニヤリ

ゴロウ「ハガネールがまた固くなったでやんす!」

シルバー「やはり…。エアームドの技にはハガネールの鋼鉄の防御を突破できる攻撃技を覚えていないか…。終わったな」

ミカン「珍しいですね…。物理技で砕けた鎧にその超スピード…。『くだけるよろい』のエアームドとお見受けしました。でもエアームドは元来ハガネールと同じ鋼タイプの防御特化のポケモンですよ?」

ヒビキ「生憎俺ァ、防御ってのは苦手でのぉ。基本的にゃスピード特化の特攻タイプなんじゃよ」

ミカン「そうですか…。だったら私も攻めに転じます!いわなだれ!」

ハガネール「ガネエェェイッ!」ドガガガガガッ!

ヒビキ「ムドーまる、スピードスターで対抗じゃ!」

ムドーまる「エアァァァッ!」ピピピピピッ

ゴロウ「えっ?」

ガガガガガッ!

ムドーまる「エアァッ…!」ピキッ…ピキピキッ…

シルバー「ふんっ…。ノーマル技のスピードスターでは岩タイプのいわなだれを受けようとはな。精々勢いを弱めただけか…」

346 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 13:57:11 ID:1XuPqIfQ
ヒビキ「構わん、カチこめ!ドリルくちばしじゃあっ!」

ムドーまる「エアアァァァッ!」ギュルルルルゥ!!!キイィィィィンッ!

ミカン「………てっぺき!」

ハガネール「ネェェイ…!」カキンカキーーンッ!

ガキイイィィィィィンッ!

ムドーまる「エアァッ!」ガンッ!

ゴロウ「ハガネールのあまりの防御力に技自体が弾かれてるでやんす!」

ミカン「今です!ほのおのきば!」

ハガネール「ガアァアネェイッ!」ボォォ…ガブリンチョッ!

ムドーまる「エアァァァッ!」ジュゥゥ…!

バリイィィィィィィンッ!!!

ムドーまる「エ…エアァァ…!」ボロッ…ボロボロ…

ハガネール「ハガーネェ…」キンキンッ!

ミカン「どうにか耐えたみたいですね…」

シルバー「だが鎧が全部砕けて防御が最低値まで下がったエアームドに対し逆にてっぺきにより防御が最大値まで上がったハガネール。もう勝負を決めてしまえ」

347 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:03:19 ID:1XuPqIfQ
ゴロウ「アニキ…!」

ヒビキ「心配するなや、ゴロウ!俺とムドーまる、最後の特攻を見せてやるァ!」

ムドーまる「エアアァァァァッ!!!」キイイィィンッ!

ミカン「真向…!これでトドメです!アイアンテール!」

ハガネール「ネエエェェェェイッ!!!」キンキンッ!ブオォォォンッ!!!

ヒビキ「急上昇ォオッ!」

シュバッ!キイイィィィィィィィンッッッ!!!

ミカン「あのスピードのままで方向転換を…!?追尾してもう一度アイアンテール!」」

ヒビキ「勝込めェムドーまる!ガードスワップじゃあっ!」

ムドーまる「エェアァァァッ!!!」ピュルルルルンッ!

ガキイイィィィィィンッ!!!

ハガネール「ガネェッ…!?」ググッ…!

ムドーまる「エアァッ!」カキンッカキーンッ!

ミカン「そんな…!」

ゴロウ「ムドーまるの鎧が元に戻ってるでやんす!」

348 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:14:06 ID:1XuPqIfQ
シルバー「ガードスワップだと…!?まさかアイツ…!」ニヤァッ

ヒビキ「おらぁっ!ドリルくちばしじゃあっ!」

ムドーまる「エアアァッ!!!」ギュルルルルゥ!!!キイィィィィンッ!!!

ミカン「ダメ…!防御を…!」

ドガアァァァァァァァンッッ!!!バリイィィィィィィンッ!!!

ハガネール「ガネエエェェェェッ!!!」ズサアァァァッ!

ゴロウ「ハガネールの鎧が砕けた!?何ででやんす!?」

シルバー「ガードスワップ…。自分と相手の防御と特防の能力変化を入れ替える技…!」

ミカン「と言う事はさっきまでさっきまで防御力が最大値になっていたハガネールと防御力が最低値まで下がっていたエアームドの防御力が入れ替わった…!」

ヒビキ「トドメじゃ!はがねのつばさァッ!」

ムドーまる「エェェアァァァッ!!!」ジャキィンッ!キイイィィンッ!

ミカン「ハガネール、てっぺ…」

ズバアァァァッ!!!

ハガネール「ハ…ガネ………」ズシィィンッ!

ミカン「速すぎる…」

349 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:27:41 ID:1XuPqIfQ
ミカン「ご苦労様、ハガネール。………お見事です。まさかあの状況でガードスワップを使ってくるとは…。もしかして最初から?」シュボンッ

ヒビキ「おぉう!タンバのシジマのおっさんにムドーまるは防御を捨てたスピードはピカイチじゃが技の決定打に欠けるって言われてのぉ!」

ヒビキ「それで思いついたんは下がった防御を敵と入れ替えて技の決定力を補うって戦法じゃ!」

ゴロウ「どうりでおかしいと思ったでやんすよ。タンバジムではいわなだれをはがねのつばさで難なく切り裂いたのに、今回はスピードスターで威力を抑えるだけって」

ミカン「少しでも技の威力を下げて『くだけるよろい』を任意的に発動させるためだったんですね…」

ヒビキ「おぉう!そう言う事じゃの」

ミカン「感服しました。では私に勝った証、スチールバッジです」スッ

ヒビキ「おぉう!代紋頂きじゃ!」

ゴロウ「次はどこの街に行くでやんすか、アニキ?」

ミカン「だったらエンジュシティの東にあるチョウジタウンが良いのでは?」

ヒビキ「おぉう!じゃあ次はそこじゃの!世話になったなミカンちゃん!」

350 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:35:36 ID:1XuPqIfQ
――――
――
ミカン「………はぁ」ペタ

シルバー「………大丈夫か」

ミカン「あ、シルバーさん。見てらしたんですね…。お恥ずかしい所を見せてしまいましたね」

シルバー「いや。お前のハガネール、良いバトルをしていた。俺のイワークもあれぐらい出来れば…」

ミカン「シルバーさんのイワーク…。私のメタルコートでシルバーさんの立派なイワークをハガネールに進化させます…?」

シルバー「………頼む」

ミカン「ふふっ。アサギの灯台に行きましょう…?」ガクッ…

シルバー「………ほら」スッ

ミカン「すいません…。久しぶりにバトルで負けたのがショックで…」

シルバー「………気にするな。………あと俺はお前が絶壁でも気にしない…ぞ?いや寧ろその方が…」

ミカン「………」ニコッ

バッチーーーンッ!

351 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:42:56 ID:1XuPqIfQ
チュンッチュンチュンッ…

シルバー「………」ゴソッ…ガチャッ…

ミカン「………もう行かれるんですか?」

シルバー「ああ…。俺はもっと強くならなければいかぬ。それに俺はもう根無し草だ…」

ミカン「………根無し草じゃないですよ、シルバーさんは」キュッ…

シルバー「えっ…?」

ミカン「帰る場所が無かったら…アサギを…私の居る所を居場所にしませんか…?シルバーさんが良かったらですけど…///」

シルバー「………ふっ」

ぎゅっ…

シルバー「………行ってくる」ギュッ…

ミカン「………ふふっ。もういい加減名前、呼んでくれないんですか?」

シルバー「………行って来る、ミカン」

ミカン「はい。行ってらっしゃい。シルバーさん」ギュッ…

352 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/01/22(月) 14:45:37 ID:1XuPqIfQ
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ陸個

手持ち伍匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv36                          Lv32 
かえんぐるま   ニトロチャージ         はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           スピードスター  ガードスワップ     
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         ハクリュー  ♂ NN リューまる
Lv30  もちもの デンリュウナイト       Lv30
かみなりパンチ フラッシュ          りゅうのはどう  でんじは 
ほうでん   わたほうし            アクアテール  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる
Lv38
パワーウィップ たたきつける
リーフブレード つるぎのまい

353 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 13:35:33 ID:yeVGf4wM
――――
――
シルバー「………アイツ、ジム巡りをしていたのだな」

シルバー「ジムリーダーを八人倒すと進める、ポケモンリーグ。強さを求める俺には打って付けか」

シルバー「ミカンも…親父もジムリーダーだったしな…」フッ

シルバー「………俺もしてみるか、ジム巡り」

シルバー「………だがその前に『アレ』を取ってくるか…」

354 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 13:45:12 ID:yeVGf4wM
エンジュシティ

ゴロウ「流石にアサギシティからチョウジタウンに行くには時間がかかるでやんすね…」ハァ…

ヤミカラス「かーかー」

ヒビキ「ヤミカラスも鳴き始めちゃる…。もう夕方じゃのぉ」

ゴロウ「じゃあ今日はここで泊まりでやんすね。ポケモンセンターに行きやしょう」

ヒビキ「おぉう…」

チリンチリン…

ヒビキ「あ゛…?コイツはぁ…」ゴソゴソ…

ゴロウ「どうかしたでやんすか、アニキ?」

ヒビキ「………悪い、ゴロウ。先にポケセン行っちょってくれや。俺、ちょっとブラブラしてくるわ」

ゴロウ「そうでやんすか…。暗くなる前に帰って下さいでやんすよ?」

ヒビキ「おぉう」フリフリ

355 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 14:02:42 ID:yeVGf4wM
スズの塔

ヒビキ「………俺ァ、何しちょるんじゃろぉな。こんな所で」

チリンチリン…

ヒビキ「この鈴がいきなり鳴り出したら、何故かここに足が進んでおったわ」

チリンチリンチリン

ヒビキ「うおっ!?何じゃ何じゃ!?音が激しくなりよった!?」ビクッ

キラキラキラキラ…

「Shoooooooooooow!」バァッサバァッサ

ヒビキ「………綺麗じゃのぉ」トクンッ

マツバ「………久々だな、ホウオウがスズの塔の近くに帰って来るのは」

ヒビキ「確かアンタはこの町のジム番長だった…」

マツバ「マツバだ。久しぶりだね、ヒビキくん」

356 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 14:33:32 ID:yeVGf4wM
ヒビキ「さっきの鳥、ホウオウって言ったか?綺麗じゃったなあの虹色の羽…」

マツバ「このスズの塔はホウオウの住処…よりどこ拠り所と言うべきか…。普段はジョウトを飛び回っているらしいからね」

マツバ「ここ最近ではあまり姿を見せなかったが、珍しい…」

ヒビキ「ほぉー」

マツバ「ホウオウは心の正しいトレーナーの前にのみ現れると言われる。ヒビキくんは正しいトレーナーのようだね」

ヒビキ「俺が正しい?アホ言うなよ。俺ァ、根っからのワル、喧嘩番長じゃぞ?」

マツバ「上部ではそう繕ってるが心の方はどうかな?」フッ

ヒビキ「………」フイッ

マツバ「あのホウオウの虹色の羽…。あれと対をなす銀色の羽があれば時を捕える事も出来るって言い伝えもあるらしいんだ」

ヒビキ「時、ねぇ。興味はないのぉ。俺ァ、ただあのポケモンが綺麗に思えただけじゃ」クルクルッパシッ

357 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 14:41:40 ID:yeVGf4wM
――――
――
ヒビキ「もうすっかり暗くなったが、せっかくエンジュにおるし、歌舞練場にでも顔出しちょくか!麗しの舞妓さん達も見たいしのぉ!」

「ヒビキはんっ!」

ヒビキ「おぉう!コウメちゃん!今丁度顔出そうと思っちょったんじゃ!って慌ててどうした?」

コウメ「ヒビキはん…此間渡した…透明な鈴…!まだ持っております?」

ヒビキ「おぉう…。コレじゃろ?」チリンッ

コウメ「頼みます!その透明な鈴、何があっても誰にも渡さないでおくれどす!」キュッ

ヒビキ「………どうした、コウメちゃん」

コウメ「………お願いします!」タッタッ

ヒビキ「………」

「………」コソッ

358 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/13(火) 14:43:18 ID:yeVGf4wM
――――
――
ゴロウ「アニキー!遅かったでやんすね」

ヒビキ「おぉう、ちょっとな…」

ゴロウ「?」

ヒビキ「………ま。明日も早いし、もう寝るぞ!」

チリンッ

359 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 22:23:33 ID:UaiZZGuE
チョウジタウン

ゴロウ「ようやくついたでやんすね、チョウジタウン!」

ヒビキ「さっそくカチコミするかのぉ!…お、土産物やがあるぞ!ゴロウ、ちょっと寄ってみようや!」

ゴロウ「無駄遣いはダメでやんすよー」

がらんがらんっ

店員「いらっしゃいませー」

ヒビキ「おぉう!この町の特産の物を売ってくれや!出来れば食い物がイイのぉ」

店員「でしたらこれが絶対おすすめですよ、おいしいしっぽ」

ゴロウ「しっぽって…何だかマニアックな…って!9800円!?こんなの誰が買うんでやんすか!」

店員「見た目はグロテスクですが食べてみれば口の中で解けるような食感、未知の味、栄養満点、この町でしか買えない特産品ですよー?」ニマニマ

ヒビキ「………漢にゃ思いっきりも必要じゃ!二本くれ!」ドォンッ

店員「まいどー」ニマニマ

360 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 22:28:18 ID:UaiZZGuE
ゴロウ「アニキ…買ってくれたのはありがたいでやんすが、これ本当に美味しいんでやんすか…?」ウッ…

ヒビキ「物は試しじゃ。んっ…」パクッ

ヒビキ「………おぉっ!初めての味じゃがこれはこれで癖になるのぉ!食感も最高じゃ!」

ゴロウ「本当でやんすか…?んっ…確かに美味しいのかもしれないけど、これが一本9800円って大袈裟な気がするでやんすね…」

ゴロウ「それにこのしっぽ…。何処かで見たような…」

ヒビキ「細かい事は気にすんな!それよりジムが見えたぞ!」

361 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 22:52:12 ID:UaiZZGuE
チョウジジム

ヒビキ「おぉう!俺ァ、ワカバの黄金番長ヒビキ様じゃ!ジム番長出て来いy…」ドォンッ!

つるっ

ヒビキ「うおぉっ!」コテーンッ

ゴロウ「大丈夫でやんすか、アニキ!?ってこのジム、床が全部氷で出来てるでやんす…」

「ふむ、大丈夫かの。若いの」

ゴロウ「もしかしてお爺さんが…」

ヤナギ「ああ。私がこのジムのジムリーダー、ヤナギだ。挑戦者だね」

ヒビキ「おぉう!俺が挑戦者じゃ!こんな氷、何ぼのもんじゃぁ!そんな事より勝負じゃ、じーさん!」

ヤナギ「ふむ、若いのは元気があって、何より。このジムでは使用ポケモンは…いや、こうしようポイポーイッ

イノムー「イノー!」ポンッ

ジュゴン「ジュゴーンッ!」ポンッ

ゴロウ「一度に二体のポケモン?」

ヤナギ「今回は趣向を凝らしてポケモンを二体使ったダブルバトルでどうだろうか?」

362 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:02:21 ID:UaiZZGuE
ヒビキ「ダブルバトルか…。俺ァ、やった事ないが…面白そうじゃのぉ!受けて立つわ!」

ヤナギ「気に入って貰えて何より。さて…」

ヤナギ「この年寄りを楽しませておくれよ、若いの」ゴォォオ…

ヒビキ「…ッ!この爺さん…!こりゃあ俺も本気でやらないかんみたいじゃな!だったらカチこめ、アラシまる!デンまる!」ポイポーイッ

アラシまる「バックフゥウンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるるんっ!」ポンッ

ゴロウ「アサギジムでは敢えて相性の不利なポケモンを選択したけど今回は有利なポケモン…!」

ヒビキ「そしてまだ行くぞォ!」クルクルッパシッ

ゴロウ「アニキ、それは!」

ヒビキ「喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

363 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:12:13 ID:UaiZZGuE
ゴロウ「メガシンカ!ついにアニキもメガシンカデビューでやんすね!」

ヒビキ「おぉう!デンまる、何かふわふわに戻ったのぉ!」

デンまる「ぱるぅ」モフモフ

ヤナギ「メガシンカ…珍しいな。魅せてくれる」フッ

ヒビキ「行くぞ、じーさん!アラシまる、イノムーにニトロチャージ!デンまるはジュゴンにかみなりパンチじゃ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッ!シュバッ!

つるんっ

アラシまる「バクッ!?」コテッ

ヤナギ「見ての通りフィールドは氷だ。走るのは気を付けると良い」

ヒビキ「デンまる、足元に気を付けろよ!」

デンまる「ぱ…ぱるぅ!」オソルオソル…バチバチィッ…ドゴォッ!

ヤナギ「イノムー、ジュゴンを庇え」

イノムー「イノー」ササッ!

364 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:21:32 ID:UaiZZGuE
デンまる「ぱるぅっ!?」モフッ

ヤナギ「イノムーのタイプは氷・地面タイプ。電気は効かんよ。ジュゴンはあられだ」

ジュゴン「ジュゴオオー!」パァァ…

ぱらっ…ぱらぱらぱらぱら…

アラシまる「バクッ」イテッ

デンまる「パルゥッ…!」ズキッ…!

ヒビキ「何じゃ、その程度!アラシまる!イノムーにかえんぐるま!こんな氷の床なんて溶かして抉れェッ!」

アラシまる「バックバックフウゥウンンッ!」ボォォグルグルグルンッ!

じゅううぅどががががっ!

ヤナギ「受け止めろ、イノムー」

ドオオォォンッ!

イノムー「のむぅっ」モミュンッ

アラシまる「バクゥッ!?」

ゴロウ「そんな!炎技が効いてないでやんす!」

ヤナギ「私のイノムーの特性は『あついしぼう』。炎と氷の技を半減するものだ」

365 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:30:50 ID:UaiZZGuE
ヤナギ「そしてイノムー。バクフーンを吹っ飛ばしてしまえ」

イノムー「いのぉー」ブオォォォンッ!!!

アラシまる「バクァァアッ!」ドガァァッ!

ゴロウ「何てパワーでやんすっ!」

ヒビキ「っデンまる、危ねぇッ!」

デンまる「ぱるっ?」

ドオオォォンッ!

アラシまる「バクゥッ…」ググッ…

デンまる「ぱるぅ…」ググッ…

ヒビキ「チィッ…!こうなったら遠くから攻撃じゃ!デンまる、ほうでん!」

デンまる「ぱぁぁるるるぅうっ!」バチバチバチィッ!

ジュゴン「ジュゴオォッ!」ビリビリィイ!

イノムー「のむっ」ピンピンッ

アラシまる「バクバクバアァァッ!?」ビリビリビリィイッ!

ヒビキ「んなっ!アラシまる!」

366 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:38:40 ID:UaiZZGuE
アラシまる「バクゥ…」シュゥゥ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」タジ…

アラシまる「バクッ!バクバクッ!バカッ!」キッ

デンまる「ぱるぅ!ぱるぱるぅ!」キッ

ゴロウ「あちゃー。ケンカ始めちゃったでやんす…」

ヒビキ「おどれら、何しとんじゃぁっ!」

ヤナギ「ポケモンも人間も仲良くしなければいかんよ。ジュゴン、仲良くふぶきだ」

ジュゴン「ジュゥゥゴオォォォ!」ビュオォォォォオ!!!

アラシまる「バクゥッ…!」ググッ…!

ゴロウ「凄い範囲でやんす!でも炎タイプのアラシまるは大丈夫そうでやんすね…」

デンまる「ぱ……ぱるうぅぅぅ…」ガクッ…ガクガクガクガクッ…

ヒビキ「デンまる!どうしたんじゃ!」

ヤナギ「おや。知らなかったのかな?デンリュウはメガシンカすると電気・ドラゴンタイプとなり、氷が弱点となるのだよ」

ゴロウ「そんな…!メガシンカが仇になるなんて…!」

367 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:48:23 ID:UaiZZGuE
ヒビキ「何て事じゃ…!だけどおどれらはどんな奴らもそのド根性で切り抜けて来たんじゃ!ふぶきの一つや二つ、何のその!」

アラシまる「バクゥアッ!」ゴオォォッ!

デンまる「ぱるぱるぅっ!」バチバチッ

ヤナギ「ほぉ…。まだまだ元気なようだ」

ヒビキ「今度は一体集中攻撃じゃ!ジュゴンに向かってアラシまるはあなをほるで接近!デンまるはもう一発ほうでんじゃ!」

アラシまる「バクゥッ!」ホリホリッ

デンまる「ぱるぱうぱぁっ!」バチバチバチィッ!

ゴロウ「今度はアラシまるは地中に潜ってるから同士討ちはしないでやんす!」

ヤナギ「イノムー、じしん」

イノムー「いのむー」ドゴォッ!

ガガガガガガガガガガガガガッ!!!

ヒビキ「しまっ…!」

デンまる「ぱるぅあっ!」ガクガクガクッ!

アラシまる「バクゥゥ!」ドガァッ!ガクガクガクッ!

ヤナギ「イノムーが居るのに迂闊だな」

368 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/02/28(水) 23:54:47 ID:UaiZZGuE
ヒビキ「じゃがじしんはほうでんと一緒で自分以外のポケモンが攻撃対象の筈じゃ!じーさんのジュゴンだって…!」

ジュゴン「じゅごーん」チョコンッ

イノムー「のむっ」フンスッ

ヤナギ「ジュゴンがどうした、と…?」

ゴロウ「イノムーの上にジュゴン…」

ヤナギ「これがダブルバトルのチームワークと言うものだよ。イノムー、ジュゴン。二重のふぶき」

ビュオオオオオォォォォォォォォォォォオオオオッッッ!!!

ヒビキ「うおぉっ…!アラシまる!デンまる!」ググッ…!

アラシまる「バ…バクゥッ…」ピクッ…ピクンッ…

デンまる「ぱ…ぱるぅぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヤナギ「勝負あったようだな。中々面白かったよ」

ゴロウ「アニキが…負けた…」

ヒビキ「………」

369 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 13:21:30 ID:OiS7TzVQ
次の日の明朝・怒りの湖

ドッパアァァァンッ!!!

ヒビキ「まだまだじゃ!デンまる、かみなりパンチ!アラシまるはかえんぐるま!ツボミまる、リーフブレード!ムドーまる、ドリルくちばし!リューまるはしんそくじゃ!」ゼェ…ゼェ…

デンまる「ぱるぱるぁっ!」バチバチッドゴォッ!

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォグルグルグルンッ!

ツボミまる「キエェェェイッ!」ジャキィンッ!

ムドーまる「エアァァッ!」ギュルルルゥ!

リューまる「ハクゥゥウッ!」シュバッ!

ドッパアアアァァァァァァンッ!!!

ゴロウ「アニキ…。まだ朝の5時でやんすよ…?それに無茶でやんすよ、手持ちのポケモン全員の攻撃を自分で受けるって…」

ヒビキ「いいや、そうはいかん!あのじーさんも強かったが、あのバトルは俺の判断ミスも大きい!こうでもしなきゃ俺の気が済まんのじゃ!」

「ハーハッハッハ!それでそんな無茶な修行か!精が出るな、少年!」

ヒビキ「………この声は」ウゲェ

しゅたっ

ワタル「久しぶりだな、少年!」バサァッ!

370 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 13:29:41 ID:OiS7TzVQ
ゴロウ「ワ、ワタルさん!」

ワタル「今日は俺だけだはないぞ」

イブキ「ひ…久しぶりね…」

ヒビキ「っ!イb…ピッチリスーツ!」トゥンクッ…

イブキ「なっ…///わざわざ言いなおさなくても良いでしょ…良いではないか!」トゥンクッ…

ゴロウ「やっぱり仲良しでやんすね、アニキと姐さん」

ワタル「ふっ。愛だな。俺達も愛では負けてられないぞ、カイリュー!」

カイリュー「でっていうー」

ヒビキ「ったく…。ほんでおどれら何の用じゃ」

ワタル「我々はある不穏な噂を聞きつけ、この怒りの湖に来たのだが…」

「ギャアオオオオォォォォォォオオッ!!!」

ゴロウ「何でやんすか、この声!?」

ワタル「御出ましだな…」フッ

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス「ギャアァァァオッ!」

371 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 13:39:44 ID:OiS7TzVQ
ヒビキ「コイツは…!ギャラドスじゃな…!じゃがこの色は…!」ピッピッ

イブキ「コイツだけではないぞ!」

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス『ギャアアアオッ!ギャアアアオッ!オギャアアァァァッ!』

ゴロウ「こんなに沢山のギャラドス…!どうしてこんなにも…!?」

ワタル「確かにこの湖はギャラドスが暴れて出来た大穴に雨水が溜まって出来た湖とは言われている…。だがこの量は異常だ。それに…」

ギャラドス「ギャアアオッ!」バシャアァァァァァッ!

ヒビキ「うおぉっ!」ササッ

イブキ「ハイドロポンプだ!気を付けろ!」

ワタル「少年!キミは今修行する事を望んでいる!さすれば今こそ第二の『竜の試練』、受けてはみぬか!?」バサァッ!

ヒビキ「何じゃっ!藪から棒に!」

ドッパアァァァンッ!!!

ワタル「む、よく聞こえなかったが、受けるのだな!第二の『竜の試練』、それはこのギャラドス全てを鎮める事だ!」バサァッ!

ヒビキ「聞けや、人の話を!」

372 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 13:56:16 ID:OiS7TzVQ
イブキ「ふんっ!お前、チョウジのジムリーダーに負けたと聞いたぞ?大丈夫?私が良かったら慰m………無様だな!」バサァッ

ヒビキ「何じゃと、オラァ!」

イブキ「お前の事だ。また無茶して無理な特訓でもするかと思って、私が兄上に直談しt………竜の奥義を引き継ぐのは私なんだからなぁ!」

ゴロウ「………」ボーゼン

ワタル「正しく愛だな!では『竜の試練』始め!」

ヒビキ「えぇい!こうなったらやけじゃ!コイツ等全部ブッ倒してレベルアップしてやらァッ!アラシまる、かみなりパンチッ!」

アラシまる「バァック!」バチバチィッ!ドゴォッ!

ギャラドス「ギャアアァァァッ!」ビリビリィッ!

ゴロウ「アニキ!まだ来るでやんす!」

ギャラドス『ギャアアアオッ!』バシャアァァァァァッ!!!

イブキ「ハイドロポンプ一斉射撃ッ!?」

ヒビキ「ツボミまる!」

ツボミまる「ウツボット…」シュバッ

バッシャアアアァァァンッッッ!!!

373 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 14:04:25 ID:OiS7TzVQ
ツボミまる「ウツボット…!」ゼェゼェ…

ヒビキ「ツボミまる!すまん、助かった!」

ゴロウ「でもあのツボミまるが水技でこんなにダメージを?」

ワタル(一見で分かる。あのウツボットが少年のパーティの中で一番レベルが高いと言う事を…。だが大量のギャラドスのハイドロポンプの一斉照射とは言え、草タイプのウツボットにあれ程のダメージ…やはり…)

イブキ「良し!次は私だ!ハクリュー、りゅうのh…」

ヒビキ「ッ!危ねェッ!イブキ!」ガバッ

ギャラドス「ギャアアオォッ!」ブオォォォンンッ!

ドガアァァァンッ!

ヒビキ「無事かッ!?」

イブキ「ああ…///だがこのギャラドスは…」

ギャラドス「ギャアアオ…」ビリビリ…

ゴロウ「アラシまるのかみなりパンチで倒れた筈じゃ…」

ワタル(タイプ不一致とは言え、4倍ダメージのかみなりパンチも耐える野生のギャラドス…。異常だな…)

374 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 14:13:45 ID:OiS7TzVQ
イブキ「今度こそ…!ハクリュー、りゅうのはどう!トゲチックはげんしのちからだ!」

ハクリュー「ハアァァクリュー!」ギャオォォンッ!

トゲチュク「チョッゲチイィィン!」ゴゴゴ…ドガァッ!

ギャラドス「ギャアアアアッ!」ズドオォンッ…

ギャラドス「ギャアアアオォッ!」ザッパアァァンッ!

イブキ「ええいっ!キリが無い!」

ヒビキ「アラシまる、デンまる!Wかみなりパンチィッ!」

アラシまる「バックフンッ!」バチバチッドゴォッ!

デンまる「ぱぁぁるるんっ!」バチバチッドゴォッ!

ギャラドス『ギャアアアァァッ!』ビリビリビリィッ!

ゴロウ「二体倒したでやんす!」

ギャラドス『ギャアアアアアオッ!』ザッパアァァンッ!

ヒビキ「何体おるんじゃコイツ等!」

375 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 14:21:24 ID:OiS7TzVQ
ギャラドス「ギャアアアアアオォォッッ!!!」ゴオォォォォォォッ!!!

イブキ「赤いギャラドス…!はかいこうせんか!」

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

ムドーまる「エ…エアァ…」ガクッ

ヒビキ「すまん、ムドーまる。休んどけ」シュボンッ

イブキ「どいつもこいつもデタラメなレベルだが、あの赤いギャラドスはさらに異常ね。鋼タイプのエアームドをはかいこうせん一撃で…」

ゴロウ「他のギャラドスも倒しても倒しても沸いて出てくるでやんす…。いったいどれだけ倒せば…」

ヒビキ「一発で全員倒せれば…。ッ!デンまるのほうでん…!いや、ほうでんはギャラドス全体を攻撃できるがコイツ等も…。チョウジジムと同じになっちまうのぉ…」

ヒビキ「いや…!アレを使えば行けるか…?デンまる!」クルクルッパシッ

デンまる「ぱるぅぅっ!」コクッ

ヒビキ「喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

376 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 14:31:21 ID:OiS7TzVQ
ワタル「おぉ…!メガシンカ…。使えるようになったのだな、少年!」

ヒビキ「デンまる。今度はミスは無しじゃ…!湖全体にわたほうし!」

デンまる「ぱるるるぅ…」モコモコモコモコ

もこもこもこもこもこもこもこもこ…

ギャラドス『ギャアオ…!』モコモコ

イブキ「凄い…!湖を全部わたほうしで包んだ…」

ゴロウ「すべてのギャラドスの動きも止めたでやんす!」

ヒビキ「これで終いじゃ!綿と湖全てに10万ボルトォオッ!」

デンまる「ぱあぁぁぁるるるるるるるんっっっ!!!」バチバチバチイィィッッッ!!!

ギャラドス『ギャアアアアアアッッッ!!!』

ワタル「成程…。あのわたほうしは相手の動きを止めるだけでなく、電気を通電させる役割もあったか…!しかもほうでんより威力が高く、味方にもダメージを与えない10万ボルトを全部のギャラドスに当てたか!」

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス「ギャアアアアオォォォォオッ!!!」

ゴロウ「まだあの赤いギャラドスだけ倒れてないでやんす!」

377 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/09(金) 14:36:53 ID:OiS7TzVQ
ヒビキ「じゃったら…!リューまる!しんそくじゃ!」

リューまる「ハクゥッ!」

シュバァッ!

ギャラドス「ギャアオォッ…!」グラッ…

ヒビキ「今じゃ!喰らえやァ!ヘビーボール!」ポーイッ

しゅぼんっ

ヒビキ「おぃしゃ!赤いギャラドス、しょっぴいたぞ!」パッパラー

ゴロウ「やったでやんすね、アニキ!」

イブキ「ふんっ!今回は勝ちを譲ってやる。だが私だって何体か倒したんだからな!」

ワタル「だがあの赤いギャラドス、それに他のギャラドスも様子がおかしかった…。それにあの異常なレベル…誰かに人為的にレベルを上げられ、強制的に進化させられたのか…?」

ワタル「そしてここ最近の野生のポケモンのレベルの異常増加…。この二つの事件は無関係とは考えられまい…」

378 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/13(火) 06:27:05 ID:UpnF0yN2
ヒビキ「………」グッ…

ゴロウ「どうかしたでやんすか、アニキ?」

ヒビキ「コイツも他のギャラドス達も苦しんじょった。そう…自分でもどーにも出来んぐらい苦しみながら暴れておった」

イブキ「何かギャラドス達の心が分かるみたいな物言いね…」

ワタル「………少年、キミはどうやら人、ポケモンの心を感じる事に冴えているようだな」

ヒビキ「?よー分からんが、何となくそう思っただけじゃがのぉ」

ワタル「いや、キミの憶測は当たっている。さっきのギャラドス達は全てコイキングかた怪電波により人為的に無理矢理レベルを強制的に上げられ進化したんだ」

ゴロウ「それって…強くなるんだったら良い事なんじゃ…?」

ワタル「あのギャラドス達の苦しむ姿を見てもそう思うか?」

ゴロウ「それは…」

ヒビキ「オイ、誰じゃ!ポケモンを苦しませるようなアホ電波を出している連中は!?」クワァッ!

ワタル「恐らく悪の秘密結社『ロケット団』だろう」

379 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/13(火) 06:34:15 ID:UpnF0yN2
ヒビキ「ッ!アイツ等か…!」

イブキ「兄上の調べによれば、その怪電波が発信されているのはチョウジタウンの土産物屋らしい」

ゴロウ「あ、あのメチャクチャ怪しい土産物屋…」

ワタル「あの土産物屋は恐らくロケット団に乗っ取られたモノ。そこで売られている商品もどんな手で手に入れた物なのか…」

ヒビキ「………」サァー

ゴロウ「あ…アニキ………」サァー

ヒビキ「少年!俺は一足先にその土産物屋へと潜入する!後から付いて来るんだ!」バサァッ!

カイリュー「でっていうー」バァッサバァッサ

イブキ「私も付いて行きます、兄上!」

トゲチック「チョッゲチイィィン!」シュバッ!

ゴロウ「アニキ!オイラ達も!」

ヒビキ「ムドーまる、戦闘不能中じゃ」

ゴロウ「あっ…」

ヒビキ「超速でポケセン行ってから、追いかけるぞ!」ダッ

380 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/13(火) 06:45:21 ID:UpnF0yN2
土産物屋

ヒビキ「おぉう!追いついたぞ!マント共!」ドォンッ!

ワタル「カイリュー、はかいこうせん!」

カイリュー「わーお」ビィィィムッ!

店員「ぐぎゃあぁっ!」

ドガアァァンッ!

ゴロウ「ちょっ!人に向けてはかいこうせんって…」

イブキ「問題ない。兄上のカイリューのはかいこうせんが『わーお』の時はみねうちだ」

ヒビキ「光線に峰なんぞあんのか」

ワタル「ふむ」ガバァッ

店員「うっ…」ロケットダーン

ワタル「やはりロケット団か…」

ゴロウ「じゃあ本物の店員さんは…」

381 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/13(火) 06:52:46 ID:UpnF0yN2
ごろんっ

店員「」

イブキ「ッ!?キャアァッ!」バッ

ゴロウ「人の首…!?」

ワタル「目的の為ならばここまでするのがロケット団だ」

ヒビキ「気に入らん…!気に入らんのぉ!ポケモンも人間の命をなんじゃと思っちょるんじゃ、あいつ等は!」ワナワナ…

ワタル「それを止める為にもここで食い止めなければな!敵のアジトはこの地下だ。俺が先導する!付いて…」ピキーンッ!

イブキ「兄上…?」

ワタル「………すまん、俺はここに残らせてもらう」

382 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/13(火) 07:01:50 ID:UpnF0yN2
ヒビキ「おぉい!そこまで言っておいて、何を言ってるんじゃ、このマント男は!」

ワタル「俺がここに残っていた方が良い、と…。俺の第六感…『ドラゴニックセンス』が告げたのでな…」バサァッ

ゴロウ「ど…どらご…?せんす…?」

ヒビキ「いたいわー」

ワタル「ドラゴンタイプは伊達じゃない!」

ヒビキ「おどれは頭がドラゴンタイプじゃろ」

イブキ「ドラゴッニクセンスが…!分かりました、兄上…」

ワタル「イブキ。お前は俺の代わりに少年達と共に行き、ロケット団の野望をその竜の爪牙で切り裂くのだ!」バサァッ!

イブキ「はい!おい、お前!別に私はお前を助ける為に行くのではないからな!兄上に言われたからサポートするだけなんだからな!」

ヒビキ「あぁん?俺じゃってこんなピッチリムチムチエロマントの助けなんかいるかァッ!」クワァッ!

イブキ「何だとこの意外と筋肉質子供が!」クワァッ!

ゴロウ「いちゃついてないで、さっさと行くでやんすよー」

383 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 00:32:39 ID:qaXk40oA
ロケット団アジト

ゴロウ「ほえー。あんなお土産屋の地下にこんな空間があったなんて…」

ヒビキ「如何にも、悪の組織のアジトって感じじゃのぉー」

イブキ「ふんっ。まさか怖気づいたか?」

ヒビキ「がーはっはっは!むしろ逆にワクワクしちょるわ!」

イブキ「頼もしい事言うわね」プイッ

ゴロウ「二人とも、イチャついて油断しないでくださいでやんすね?」

ヒビイブ「「誰もイチャついてない!」」カァー

ヒビキ「ったく…。お、ペルシアンの銅像じゃ」ポチッ

イブキ「意外とカワイイわね」ポチッ

がこんっ

ゴロウ「あっ…」

ヒビイブ「「なんとぉぉぉぉぉおっっ!?」」ヒューー

ゴロウ「言ってる傍から何してるでやんすかっ!このアホップルはー!」

384 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 00:36:51 ID:qaXk40oA
ゴロウ「アニキー!姐さーーんっ!」

ブーブーブー!

『緊急警報発令!緊急警報発令!』

したっぱ「なんだ!?緊急警報!?」

したっぱ「侵入者だ!」

したっぱ「ヒィィィハァーーー!」

ゴロウ「やばっ」

ラッタ「らたっ」ポンッ

ゴロウ「ラッタ!どうしたでやんすか!?」

ラッタ「ラッタッタッ」タッタッタ

ゴロウ「待つでやんす、ラッター!」タッタッ

385 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 00:48:03 ID:qaXk40oA
イブキ「っ痛…。大丈夫か、ヒビキ…」

ヒビキ「………重い。そして柔らかい…?」ムニィ

イブキ「だ…誰が重いだッ///って柔らかい…?」ムニュゥ…

イブキ「………キャアァァァァッ///」バッ!

ヒビキ「うおぉっ!」

イブキ「き…貴様!いったい何処に顔を埋めているんだッ///」カァー

ヒビキ「不可抗力じゃ!いや…その…何と言うか…悪い///」カァー

イブキ「む…。素直に謝られると調子狂うな…」

イブキ(もう互いに裸を見ちゃってるのに今更じゃないの…?って何言ってるんだ、私は!?)

ヒビキ(ヤバイヤバイヤバイッ///メッチャデカかった!メッチャ柔らかかった!顔全部挟まれたぞ!?と言うか勃ってんのバレてないじゃろうな!?)ボッキーンッ

イブキ「そう言えば、何だか股下に堅い物が触れてたような…?」ジュワァァァ…

386 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 00:57:36 ID:qaXk40oA
ヒビキ「しかし…ゴロウと逸れてしもうたか…」

イブキ「ああ…。あの子一人で大丈夫だろうか…。この際安全な所に逃げててくれていれば良いが…」

ヒビキ「ゴロウは大丈夫じゃ。それにアイツは決して安全圏へ逃げやしねーじゃろうよ」

イブキ「そう言う…」

ザワザワザワ…

したっぱ「いたぞ!侵入者だ!」

したっぱ「神妙にお縄に付け―!」

ヒビキ「ほー。いっぱい集まってきたのぉ」クルクルッパシッ

イブキ「ふんっ。逃げるか?」

ヒビキ「まさか!大暴れしてやるわぁ!」ダッ

387 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 01:05:41 ID:qaXk40oA
ゴロウside

ぴゅるるるんっ

ゴロウ「何かラッタを追いかけて色々ワープしてきたら変な所に出たでやんす…」

ラッタ「らたた」カリカリ

ゴロウ「あ、ラッタ!ダメでやんすよ、勝手に動き回っちゃ…。でもあれだけウロチョロしたのに一度もロケット団と出くわさなかったでやんすね…」

ラッタ「ラッタ!ラタタッ!」カリカリ

ゴロウ「ラッタ…どうしたでやんすか…。ってコレは…!」

マルマイン「マルマァ…」バチバチィッ!

ゴロウ「マルマインが沢山機会に繋がれてる…。何なんでやんすか、コレは…」

マルマイン「マルゥ…」ゼェ…ゼェ…

ゴロウ「それに何だか苦しそう…」

388 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 01:16:18 ID:qaXk40oA
ヒビキside

ドガアァァンッ!

したっぱ「ぐあぁっ!」ズサァッ!

したっぱ「このガキ、くそつえー!」

ヒビキ「ガーハッハッ!何じゃ何じゃ!それでも悪の組織か!そんな程度ではこの喧嘩番長、ヒビキ様を止められると思うなよぉ!」ドゴォッ!バキィッ!

したっぱ「ええい!そんなチンタラせずにポケモンを使えー!」ポーイッ

ズバット「ズバッ!」

イブキ「キングドラ、たつまき!」

キングドラ「グドォォラッ!」ビュオォォォッ!

ズバット「ズバアァッ!?」ピュー

イブキ「おい!そんな考えなしに突っ込んで行ってどうする!それにちょっと派手に暴れすぎやしないかっ!?」

ヒビキ「だいぶ引き付けられた様じゃな…。これでゴロウの方は大丈夫じゃろう…」ボソッ

イブキ(ッ!まさか派手に暴れているのはゴロウの方にしたっぱが向かわないようにするために敢えて…!?コイツ、考えなしの様に見えて意外と…)

イブキ「所で何処に向かっているのか分かっているのか!?」タッタッ

ヒビキ「漢の勘じゃ!」バキィッ!

389 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 01:27:31 ID:qaXk40oA
ボスの部屋

ドガァンッ!

ヒビキ「なんやかんやでそれっぽい所に出たぞ!どうじゃ漢の勘も中々じゃろ?」

イブキ「全くコイツは…」フッ

「よく来たね。歓迎しよう」

ヒビキ「誰じゃ、おっさん」

「人に名を訪ねる時はまず自分から名乗るのがマナーだとは思わないかい?」

ヒビキ「おぉう!悪い悪い!俺はヒビキ!喧嘩番長ヒビキ様じゃ!」

イブキ「む?何時もと口上が違う気が…」

「いつもと違う口上で自分の身内に危害を加えさせない様にしているのかな、ワカバタウンのヒビキくん?それに隣のムチムチレディのフスベジムジムリーダーのイブキちゃん?」

イブキ「大した情報網ね、ロケット団」

ヒビキ「てかおどれジム番長じゃったんか、イブキ!?そんでおどれは誰なんじゃ!」

サカキ「ん、聞きたいかね?私だよ、私!サカキだよ!サカキサマ!ギャーハッハッハッ」デデンッ

ヤミカラス「ニテナイ!ニテナイ!ギャーハッハッハッ!」バッサバッサ

イブキ「あ、どっか飛んで行った」

390 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 01:43:51 ID:qaXk40oA
「そんな俗物な演技でサカキ様を穢さないでもらいたいわね、ラムダ」

ラムダ「うるせっーな、アテナ!」バッ

イブキ「あ、顔が変わった。変装だったのか…」

ヒビキ「と言うか、誰じゃイブキに負けないくらいのムチムチねーちゃんは」

アテナ「私はアテナ。そこの汚らしい男と同じロケット団幹部ですわ」

ラムダ「んで、俺が変装名人、ロケット団の頭脳のラムダサマよ!ギャーハッハッハッ!」

イブキ「ロケット団の幹部が二人…!」

ヒビキ「おどれらか?湖のギャラドス達を毒電波で苦しませてるのは?」

アテナ「やはりそれを知ってここに潜入して来たのね。これだから若い男の子は堪らないわ」ジュルリッ

ラムダ「それはお前の趣味だろ?だが秘密を知られたからにゃ、タダじゃ帰せねぇなぁ。アテナ、ここは組んで…」チャキッ

アテナ「貴方みたいな汚らわしい男と組むのは不本意ですが…」チャキッ

ヒビキ「やっぱそう来なくちゃのぉ!」チャキッ

イブキ「かかって来い!マルチバトルだ!」チャキッ

391 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/19(月) 19:05:36 ID:Py/NZv/A
いいゾ〜コレ

392 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 10:29:47 ID:sLHoOrmE
ゴロウside

マルマイン「マルゥ…」ゼェ…ゼェ…

ゴロウ「どうにかしてマルマイン達を助けてあげたいけど、この扉が全然開かないでやんす…」ドンドンッ

ヤミカラス「ギャーハッハッハッ!」バァッサバァッサ

ゴロウ「へ、ヤミカラス?一体何処から…?」

うぃーんっ

ゴロウ「開いた!でも何で…?いや、考えてる場合ではないでやんすね!」

マルマイン「マルマルゥ…!」バチバチィッ!

ゴロウ「このまま放電してるマルマインに近づくのも危ないでやんすね…。だったら、ゴローン!」ポーイッ

ゴローン「ごろーんっ」ポンッ

ゴロウ「ゴローン、マルマインをこの機械から解放するでやんすよ!」

ゴローン「ごろんごろ」ガシッ

マルマイン「マァルマァ!」バチバチバチィ!

ゴローン「ごろん」ピンピン

ゴロウ「やっぱり地面タイプのゴローンだったらマルマインも大丈夫でやんす!」

393 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 10:33:59 ID:sLHoOrmE
「ん…アイツは…」

ゴロウ「えっ!もしかして追手…?えっ…?」

シルバー「どうしてお前がここにいる?」

ゴロウ「シルバー!どうしてって…こっちのセリフ…でもないでやんすね」

ゴロウ「確かヒダワの井戸でロケット団と一緒に居たでやんすもんね…」ジリ…

シルバー「………見てたのか」

ゴロウ「渦巻島では助けてくれたけど…やっぱりシルバーはロケット団なんでやんすか…?」

シルバー「………」

394 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 10:43:15 ID:sLHoOrmE
ヒビキ達が潜入する数分前

シュタッシュタタタタッ

シルバー「………」ガサゴソッ…

「ふふっ。こっそりアジトに侵入なんておいたが過ぎますわね、シルバー様」

シルバー「………アテナか」

アテナ「お久しぶりです、シルバー様。元気そうで何よりです」

シルバー「お前もな」

アテナ「ランスからシルバー様とヒダワでお会いになったとは聞いてましたが………。やはり戻ってきては貰えないのですか?」

シルバー「ランスから聞いたのなら、知っているだろう?俺は戻らん。今のロケット団はいけ好かない。ここに居ても真の強さは、魂は手に入らん」

アテナ「なら…何故ここにお戻りになられたのですか?」

シルバー「………親父の『アレ』を取りに来た」

アテナ「『アレ』…。そうですわね。シルバー様の手持ちにはあの方のイワークが居ましたものね」

シルバー「何処にある?」

アテナ「こちらですわ、シルバー様」

395 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 10:57:19 ID:sLHoOrmE
アテナ「シルバー様のお探しの物はこの二つの石ですわね?」スッ

シルバー「ああ。キーストーンにハガネールナイト…」フルフルニィィ

アテナ「ふぅ…。シルバー様…どんどんあの方の面影が強くなっていますわね…」シナァ…

シルバー「っ…」ビクンッ

アテナ「幼少の頃からシルバー様の上から下まで…お世話してきた身としては…嬉しい限りです」ピト…

アテナ「さぞ…こちらの方も逞しく…///」サワ…

シルバー「やめろ!」バッ

アテナ「あら…」

シルバー「子供なら誰にでも腰を振るか、変態女が。そもそも今のロケット団がこうなった原因はお前が三年前に子供と油断し、懐柔され『ロッソ』を基地に招きいれたからだろう?」

アテナ「ロッソ…。ああ…彼の声…力強い眼差し…そして肉棒…。今思い出しても興奮が止まりませんわ…」ジュワァァァ

アテナ「それが例えロケット団に潜入するための偽りの愛だとしても…」

シルバー「ふんっ…」

アテナ「ですが…。私…それにランスの、シルバー様に対する想いは嘘偽りのない物です」

アテナ「あの方の真の後継者は『あの男』ではない。貴方様であると…!」

シルバー「………」

396 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 11:02:00 ID:sLHoOrmE
ブーブーブー!

『緊急警報発令!緊急警報発令!』

シルバー「………おい、侵入者だとよ」

アテナ「そうみたいですわね…。では行ってまいります」スッ…

シルバー「………」

アテナ「………何時でも私は貴方が帰って来るのをお待ちしております、シルバー様」

シルバー「………全く。ランスと同じセリフだな」

397 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 11:10:47 ID:sLHoOrmE
――――
――
シルバー「………」

マルマイン「マルマァ…」ゼェ…ゼェ…

ゴローン「ゴロォンッ」ガシッポーイッ

シルバー「成程、そう言う事か…」

シルバー(このシステムを恐らく考案したのはラムダと…アイツだろうな…)

シルバー「やはり気に入らん…!」ギリィッ…!

ゴロウ「や…やるでやんすか!?」グッ…!

シルバー「………」ポーイッ

ハガネール「ハァァガネェェイルッ!」ポンッ

398 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/20(火) 11:14:19 ID:sLHoOrmE
ゴロウ「ハ、ハガネール!ラッタ!」

ラッタ「ラタッ!」ザッ

ハガネール「ハガネエェェ!」ブオォォンッ!

ゴロウ「っ…!」グッ…

マルマイン「マルマァッ!」ガシィッ!

ハガネール「がーね」ポーイッ

ゴロウ「シ、シルバー…?」

ゴロウ「マルマインを発電装置から外すのだろう?早くしろ、まだ残っているぞ」

ゴロウ「っ!分かってるでやんす!」

399 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 10:18:29 ID:WDMlR/7M
ヒビキside

ヒビキ「おぉうらぁっ!ムドーまる、はがねのつばさじゃ!」

ムドーまる「エアァァッ」ジャキィンッ!ザシュッ!

ドガース「ドガアァッ!」ガクッ

ラムダ「チィッ…!もう一発だドガース!」ポーイッ

ドガース「ドッガアァッ!」ポンッ

ヒビキ「コンニャロォ!一体何体居るんじゃドガースはよぉ!これで五体目じゃ!」

イブキ「あの男、一体一体のレベルは高くないけど、人海戦術でジワジワと攻めてくる…。大してこの女は…」チラッ

アテナ「あら。余所見ですこと?アーボック、ダストシュート!」

アーボック「シャアアボッ!」ゲボォォォ!

イブキ「キングドラ、ハイドロポンプ!」

キングドラ「ドゥラァッ!」バッシャァァアアアッ!

ドオオォォォォォォンッッッ!

キングドラ「グドオォッ…!」ズサァァッ!

イブキ「数は少なくても一体一体のレベルが高い…!」

400 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 10:35:27 ID:WDMlR/7M
アテナ「それにしても、あの子…。とっても勇ましいわね…。私より弱いと言っても幹部相手に…ムラムラしますわ…」ジュルリッ

アーボック「シャボォ…!」ギロォ!

ムドーまる「エアァッ!?」ビクッビリビリ…

イブキ「標的を変えた!?」

アテナ「これはマルチバトルわよ?アーボック、エアームドにほのおのきば!」

アーボック「シャアアァァッ!」ボォォ…ガブリンチョッ!

ムドーまる「エアァァッ!」ジリジリ…

アテナ「ねえ、アナタ…ロケット団の推薦入団受けてみない…?今だったら私がイロイロとサービス…してあげるわよ?」シナァ…

イブキ「き…貴様ァ!何を誘惑している!破廉恥なっ///」

アテナ「あら、嫉妬?その子と歳は大分離れてるみたいだけど、可愛い所もあるわね」クスクス

イブキ「黙れ!離れてると言ったって私はまだ10代だ!って私が言いたいのはそんな事じゃなくて…///」アタフタ

ラムダ「離れてるって…お前の方が一回り以上離れてるだろうがよ、ショタコンの変態女が。と言うか、邪魔すんな!」

アテナ「お黙り!貴方がチンタラチンタラしてるからでしょ!」

ヒビキ「悪いが、俺ァ、テメェがワルとは自負しちょるが、人もポケモンも簡単に殺すような奴の仲間にゃ絶対ならん!人もポケモンも命は粗末にしねぇ…これは俺の流儀じゃ!」

401 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 10:49:04 ID:WDMlR/7M
アテナ「そう…残念ね…。アーボック、ほのおのきば!」

アーボック「シャボオォォッ!」ボォォ…ガブリンチョッ!

ヒビキ(へびにらみで麻痺られてるから得意のスピードで躱せん…!)

イブキ「させるか!あまごい!」

キングドラ「グドラアァッ!」パァァ…

ポツッ…ポツポツポツ…ザアァァァァァァァァァ…!

アテナ「雨で炎技が…!」

キングドラ「グドオッ!」シュバッ

アテナ「速い…!特性『すいすい』か…!」

イブキ「喰らえ!ハイドロポンプ!」

ヴァッシャアアアアァァァァァァァァァッ!!!

アーボック「シャボオオォォッ!」ズサァァッ!

ヒビキ「大した威力じゃ!やるのぉ、イブキ!」

イブキ「ふんっ///これくらい当然だ!」

402 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 10:54:51 ID:WDMlR/7M
アーボック「シャボォ…!」ググッ…

イブキ「アレを耐えたか…!」

アテナ「やってくれたわね…!」キッ

ラムダ「テメェら、俺を無視するんじゃねぇ!ドガース、じばくだ!」

ドガース「ドガァァァ!」カッ!

チュドオオオォォォォォォォォォォンッッッ!!!

アーボック「シャボォ…」ピクッ…ピクンッ

キングドラ「グドォ…」ピクッ…ピクンッ

ムドーまる「エアァ…」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「おんどれぇ…味方ごと…!」

アテナ「何してくれてますの、ラムダ!私のポケモンも一体になったじゃない!」

ラムダ「うるせぇ!お前こそチンタラ性癖タダ漏れさせてんじゃねぇよ!」

イブキ「コイツ等、チームワークもへったくれもないな…」

ヒビキ「やっぱりコイツ等のやり方は気に入らん…。味方も自分のポケモンも簡単に犠牲にしやがって…!」ギリィ…

403 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:03:04 ID:WDMlR/7M
イブキ「全くだな!行け、ハクリュー!」ポーイッ

ハクリュー「ハクゥッ!」ポンッ

アテナ「ラフレシア」ポーイッ

ラフレシア「ラフゥッ!」ポンッ

ラムダ「マタドガス!」ポーイッ

マタドガス「マァタドガァスッ!」ポンッ

ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアアオォォォォッ!!!」ポンッ

イブキ「その赤いギャラドスは怒りの湖で捕まえた奴か!」

アテナ「紅いギャラドス…何て美しいのかしら…」

ラムダ「怒りの湖の!そうか!この感じ、俺様のポケモン強化電波で強制進化させた一体か!」

ラムダ「でもあの電波はポケモンを強化させるがその副作用でものスゴーイ身体に負担がかかって、凶暴化するんだよなぁ!最悪ご臨終だ!ギャーハッハッハッ!」

ヒビキ「………もう喋んな」ギロォ…

404 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:11:57 ID:WDMlR/7M
ブオオォォォォォォンッッッ!!!

マタドガス「ドガアァッ!」ズサァァッ!

ラムダ「マタドガス!コイツ、何てリーチだ!」

ヒビキ「ドラゴンテール…。もうおどれにゃポケモンも残ってないみたいじゃな…」

ラムダ「ハハッ…コイツは不味いカナ…?」ピッピッ…ウィィンッ…

アテナ「ラフレシア、ギガドレイン!」

ラフレシア「ラファァ…」ギュォォ…

ギャーまる「ギャオォ…」ガクッ

イブキ「ハクリュー!しんそくだ!」

シュバッ!

ラフレシア「ラファッ!」ズサァッ!

ふっ…

ラフレシア「ラ…」

ズドオオオォォォォォォンッ!!!

405 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:19:22 ID:WDMlR/7M
アテナ「ラフレシア!」

ヒビキ「これでアンタもお終いじゃのぉ、幹部のお姉さん」

アテナ「ふふっ…それだけの力があって…本当に惜しいわ…」

イブキ「これで後はその雑魚男だけだな」

ラムダ「確かに俺のマタドガスじゃそのギャラドスは倒せねぇな…」ウィィィンッ…ガチャンッ

アテナ「ラムダ、何を…?」

ラムダ「この怪電波のデータはこのUSBにコピーした。俺等もやられた以上、このアジトは破棄するしかねぇよ…」チャキッ

イブキ「何をする気だ貴様!」

ラムダ「知れた事!ここのアジトの電力に使っているマルマインを全部遠隔操作で大爆発させてやるのさぁ!」ポチッ

しーんっ

ラムダ「………アレ?」ポチッポチッ

ヒビキ「何も起きんぞ」

406 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:25:48 ID:WDMlR/7M
ラムダ「どーなってやがる!発電室のマルマインどもはどうした!」ピッ

ゴロウ『これでマルマインは最後でやんすね!』

シルバー『そのようだな』

ぷつんっ…うぃぃぃん………

イブキ「アジトの電気が…」

ヒビキ「ゴロウ!やっぱり無事じゃったな!流石は俺の舎弟じゃ!じゃが何でアイツが一緒に…」

アテナ「シルバー様…」

ラムダ「あんのガキィ!いつの間に…!しかもシルバーサマまでご一緒かよ!早くどうにかしねーと…!」ダッ

イブキ「待て!」ダッ

ぶわぁっ

イブキ「うっ…コレは…しびれごな…」ガクッ…ビリビリ…

ラフレシア「ラフゥ…」ゼェ…ゼェ…

アテナ「悪いわね…。これがロケット団のやり方なの」スタスタ

ヒビキ「イブキィッ!」

407 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:33:57 ID:WDMlR/7M
ヒビキ「クソォッ!イブキ、大丈夫か!?」ガバッ

イブキ「バ…バカ…!私の事なんて…捨て置け…!」

ヒビキ「ど阿呆な事、ぬかすな!」

イブキ「早くしないと…ゴロウが…!」

ヒビキ「………」

がしっ

イブキ「っちょっ…///何を…!」

ヒビキ「俺は…ゴロウも…そしてイブキも…見捨てる事は出来ん…」ヒョイッ

イブキ「で…でも…私は重い…んじゃ…///」カァー

ヒビキ「俺を誰じゃと思っちょる?ワカバの黄金番長、ヒビキ様じゃ!並の子供とは鍛え方が違うんじゃ!」ニカッ

イブキ「………莫迦者///」フイッ

ヒビキ(うぎゃああぁぁぁ///背中にデカくて柔らかい物があぁぁぁ///勃ってめっさ走りずれェェ!)

408 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:43:26 ID:WDMlR/7M
ゴロウside

ゴロウ「これでアジト内の電気が止まったし、マルマイン達も苦しまずにすむでやんすね!」

シルバー「お前達が妨害したかった怪電波もこれで止められただろう」

ゴロウ「その…シルバー…。ありがt…」

バチバチバチイィィィッ!!!ういいぃぃぃいんんっ…!

ゴロウ「電気がまた…!でも何で!?マルマイン達は全部外したのに…!」

エレキブル「エェェレキブゥル…」バチバチィッ!

シルバー(マルマイン六体分で賄われるここのアジトの電気を一体のポケモンで…。まさかコイツは…!)

カツーンッカツーンッ…

「アジトの方が気になって見に来てみれば、部外者の侵入者を許した挙句、怪電波も止められるとはとんだ失態ですね、ラムダにアテナは」

「だが面白いお方とも会い見えた。その顔立ち、やはり御父上とよく似ていらっしゃる」

シルバー「アポロ…!」ギリィ…

アポロ「お久しぶりです、シルバー様。我らがロケット団がボス、サカキ様のご子息様」ニコッ

409 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 11:55:54 ID:WDMlR/7M
ゴロウ「シルバーが…!ロケット団のボスの息子…!?」

シルバー「チッ…。コイツが休暇のタイミングで侵入したつもりだったんだがな…」

アポロ「そうですね、いつものこの時間でしたら私は私室でサカキ様グッズを愛でて、サカキ様の魅力を綴ったポエムを愛読してましたが…偶然かな、第六感と言う物が働いたのですよ」

ゴロウ「でも土産物屋にはワタルさんが…!」

アポロ「このアジトの出入り口が一つと考える方が浅ましいですよ、少年」

シルバー「ハガネール!」

ハガネール「ハアァァガネェェイル!」ブオォォンッ!

エレキブル「キブゥゥル!」ガシッ

アポロ「このハガネール、もしやサカキ様からお受け取りになったイワークを進化させましたか…。投げ飛ばしなさい」

エレキブル「エェェレキブゥゥxルッ!」ブオォォォンンッ!

ズドオオオォォォォォォンッ!!!

ゴロウ「あの巨体を難なくも!」

アポロ「例え元はサカキ様のポケモンでも使うのが貴方様では私のポケモンに勝てる訳ないでしょう?」

シルバー「………何時までも俺を舐めるなァァァッ!!!」

410 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 12:05:36 ID:WDMlR/7M
ハガネール「ガアァァァァアァネェェェッ!!!」ズドオォォンッ!

エレキブル「ギブゥ…!」ググッ…!

シルバー「大地の奥義ィ!魂イィィッ!!!」

ハガネール「ハァァガネエエエエェェェイルゥッッ!!!」ガガガガガガッ!!!

エレキブル「ギ…ギブウゥゥゥ…!」ガクガクガクッ!

アポロ「ほぉ…。サカキ様のじしんの応用技、『大地の奥義』をもうここまで…。ですが…」

ボオオオオオォォォォォォッ!!!

ハガネール「ガァネエェェェ…!」ジュワァァァ…!

ヘルガー「ヘルゥ…!」

アポロ「まだまだ最後の爪が甘いですよ」

ラムダ「ア、アポロ…!すまねぇ…お前の留守中に…」タッタッ

アポロ「爪が甘いのは貴方もですね、ラムダ。ですが、マルマインを使っての証拠隠滅は良いアイディアです。そのUSBを」スッ

ラムダ「お、おう…」スッ

アポロ「だが私が証拠隠滅するなら…そうですね、もしポケモンの事故でチョウジの町全部が破壊されたらどうしましょう」ガチャンッピッピッ

ピピピピピピピピピッ…!

411 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 12:12:44 ID:WDMlR/7M
土産物屋

ワタル「………むっ」ピキーンッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…!

『わー!きゃーー!』

ワタル「今回ばかりはイヤなドラゴッニクセンスが当たったようだな!」ダッ

ギャラドス『ギャアアアオオオオオオオォォォッ!!!』

ワタル「アレは怒りの湖のギャラドス!それにあの数は湖に居たギャラドス全部出て来たな…!」

ドガアァァァァンッ!バゴオオオォッォォンッ!!!

ワタル「ギャラドス達はこっちに向かっているのか…!あんな数に暴れられたら町一つ何てすぐに灰塵と帰すぞ!」

ワタル「そんな事、このワタルが許しはせん!それゆけっカイリュー!」バサァッ

カイリュー「でっていうー!」バサァッバサァッ!

412 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 12:22:05 ID:WDMlR/7M
ゴロウ「まさか…!湖のギャラドス達を使って町ごと証拠隠滅するつもりでやんすか!?」

アポロ「木を隠すなら森の中。死体を隠すなら瓦礫の中、と言う訳です」

シルバー「アポロォ、貴様ァァァッ!」ポーイッ

オーダイル「オォダアァアッッ!」ポンッ

シルバー「魂ィィィイイイッッッ!!!」ユラユラリンッ♪

オーダイル「オォォオダアアァァァァァッッッ!!!」ギュオォォ…!

シルバー「スーパーアクア・トルネェェードォッッ!!!」

ギュルルルルルルゥオオオオオオォォォォォッッッ!!!

アポロ「ほぉ…」

ラムダ「コイツはヤベェぜ…!」

バュシャアアアアアァァァァァァァァァンッッッ!!!

ゴロウ「や…やったでやんすか…?」

「ギャアオォォォォォオオスッ!!!」

シルバー「ッ!この雄叫びは…!」トゥンクッ

413 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 12:32:29 ID:WDMlR/7M
ドッパアァァァンッ!!!

オーダイル「オダアァァッ!」ドガァァンッ!

ゴロウ「あの技はエアロブラスト!何で…何で…!」

ルギア「ギャオォォォォスッ!」ドォンッ!

シルバー「何故ルギアをお前が持っている!アポロォッ!」

アポロ「簡単な事ですよ。貴方達が渦巻島でこのルギアをギリギリまで痛めつけてくれたお陰ですよ」

ゴロウ「姐さんが渦巻島で言ってた黒づくめの連中ってロケット団の事だったでやんすか!」

アポロ「お陰様でルギアを手中に収める事が出来ました。感謝感激ですよ、シルバー様」

シルバー「その薄汚い手で美しいソイツの銀翼の翼を穢すなァァッ!」ダッ

ドオオォォンッ!

シルバー「かはっ…!」ゴフッ…

ゴロウ「シルバー!シルバーに何をするでやんすか!シルバーはお前達のボスの子供じゃないんでやんすか!?」

アポロ「そうそう言い忘れていましたが…。私がシルバー様をサカキ様のご子息と言う理由で手を挙げられないとでも…?」

アポロ「アテナやランスはロケット団の後継者はシルバー様が相応しいと言っていますが、私はそうと思わない」

アポロ「そう…ロケット団のボスは過去も!未来も!現在も!どの次元でも!サカキ様お一人しかアリエナイのだからァ!」ニマァァ…

414 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/22(木) 12:41:53 ID:WDMlR/7M
ゴロウ「シルバーを離せ!ラッタ、ひっさつまえば!」

ラッタ「ラッタアァッ!」ダッ

ルギア「ぎゃあお」ペシッ

ラッタ「ラタァッ!」ズサァッ!

アポロ「伝説のポケモンの前でこんな雑魚を…。痴れ者が!」ゲシゲシッ!

ラッタ「ラタァァアッ…!」

ゴロウ「「ゆ…許さんでやんす、このド外道ー!」ダッ

アポロ「キミみたいな少年も相応しくない!」ガシッ

ゴロウ「くっ…!」ガクッ

ツボミまる「キイィィィィイエェェェェッ!!!」ジャキイィインンッ!

ルギア「ギャアァオッ!」バシィッ!

アポロ「誰です?」

ゴロウ「ア…アニキィ!」

ヒビキ「おい…!ゴロウを離せや、このど阿呆共がァッ!」クワァッ!

415 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 12:33:16 ID:3VVj8ayo
アポロ「これはこれは…例の帽子の少年ですか」

ルギア「ギャァオォッ!」

ヒビキ「………今は何でルギアがここに居るのかはどーでもいいがのぉ。おどれら人の舎弟に何手を挙げちょるんじゃ、あ゛ぁ?」

イブキ「だい…じょうぶ…か…ゴロウ…?」ビリビリ…

ゴロウ「イブキの姐さんの方がだいじょばないでやんすよ!」

アポロ「帽子の少年にシルバー様、短パン小僧にフスベの女ジムリーダー…このルギアを撃破した英雄達がこうも勢ぞろいとは…」

アポロ「いや、トキワのジムリーダーが居ませんね…。ふふっ…そうでした、彼は我々が始末したのでしたね」ニタァ

ラムダ「エアロブラストでドカーンってな!ギャーハッハッハッ!」

ヒビキ「トキワのジムリーダーじゃと…?おどれらァッ!ツンツンの兄ちゃんにまで何をしたんじゃぁ!」クワァッ!

416 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 12:42:37 ID:3VVj8ayo
ヨシノシティ

ブルー「ぐ…グリーンくんが…!そんな…!」

コルニ「くっ…誰がこんな…」

ナナミ「でも綺麗な顔、してるでしょ。まるで眠ってるみたい…」スッ…

オーキド「グリーン…お前はワシの自慢の孫じゃった…!安らかにな…」

ブルー「サヨナラ…グリーンくん…!」

グリーン「………いや!死んでねーし!眠ってるみたいじゃなくて本当に寝てただけだし!」ガバッ

グリーン「ッ痛…!ズキッてキター…」

ナナミ「ほら、無理しないで。マサラの人間だからってあんな高さで落ちたら怪我くらいするんだから」

オーキド「その近くにシロナくんとダイゴくんがたまたま居たから助かったんじゃしの」

シロナ「でもビックリしたわ。タンバの海でグリーンくんがぷかーって浮いてるんですもの。でもそれくらいの傷で済むなんて、流石はマサラの人間ね」

ダイゴ「さっきから思ってたんだが、マサラの人間って何なのかな?ビックリ超人?」

417 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 12:49:57 ID:3VVj8ayo
シロナ「でも仮にもカントー最強のジムリーダーであるグリーンくんを倒すだなんて誰にやられたの?」

グリーン「俺は別に負けてねーZE!ただいきなりルギアが海から出てきて不意打ちを喰らったんだ」

オーキド「ルギアじゃとっ!?」

グリーン「………ロリ巨乳、心して聞いてくれよ。俺はあの崖にある奴に呼ばれたんだ」

ブルー「ある奴って…?」ゴクリッ

グリーン「………レッドゥだ」

ブルー・コルニ・シロナ「「「ッッ!?」」」

ブルー「レッドくん…!?本当にレッドくんなのっ!?生きてたのっ!?そうだよね…レッドクンハワタシをオイテイカナイモンネェエ…♪」ケタァ

グリーン「まあ落ち着け。言ってもレッドゥのニセモノ。まあ流石に最初は本人かと思ったけどYO」

コルニ「レッドのニセモノ…?まさか…!でも…!」

シロナ「………?」

418 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/26(月) 12:54:32 ID:3VVj8ayo
オーキド「じゃがよくニセモノだと気付いたな、グリーン」

グリーン「そりゃあな。あのいつも煙管吹かしてやがるレッドゥが自分の紫煙で咽るとかありえねーだろ?」

ブルー「ニセモノ…。そっか…」

シロナ「………」グッ…

コルニ(煙管で咽てた…?でもあのレッドは…?じゃあ本物…?いや、でも…)

グリーン「しかしまぁ…きな臭くなってきたZE…」

419 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:15:49 ID:2RNHRmG6
ロケット団アジト

ヒビキ「おどれぁ…タダじゃすまさんぞ!ツボミまる、パワーウィップ!」

ツボミまる「キエェェェイッ!」シュルルルルゥッ!

ヘルガー「ヘルゥ…!」ガシィッ…!

アポロ「ほぉ…。草タイプの技でヘルガーの動きを止めますか…」

ヒビキ「そんままたたきつけろォッ!」

ツボミまる「キイィィエェェイッ!」ブオォォォンンッ!

ズドオオォォォンッ!

ヒビキ「どうじゃ!」

ボボボボボッ!

ツボミまる「キェ…!?」ジリジリィ…

アポロ「ヘルガーのおにび。しかしさっきのたたきつけるは効きましたよ。ではお返しです。かえんほうしゃ!」

ヘルガー「ヘェェェルグァッ!」ボオォォッ!

420 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:22:02 ID:2RNHRmG6
ヒビキ「ツボミまる!パワーウィップで飛ぶんじゃ!」

ツボミまる「キエエェェンッ!」フォンフォンフォンフォンフォンッ!

ラムダ「蔓をプロペタみたいに回して飛ぶなんて、んなアホな!」

ヒビキ「突っ込んでリーフブレードォッ!」

ツボミまる「キエエェェェェイ!」ジャキイィンンッ!

アポロ「ふいうち」

ヘルガー「ヘルゥッ…」シュンッ…

ドゴオォッ!

ツボミまる「キエェ…!」ゴフッ…

アポロ「かえんほうしゃです」

ヘルガー「ヘルグァァッ!」ボオォォォッ!

ヒビキ「ツボミまる!」

ツボミまる「ウツ…ボット…」ドサッ…

ゴロウ「相性が不利とは言え、アニキのパーティ最強のツボミまるがこんなあっさり…」

421 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:29:47 ID:2RNHRmG6
ヒビキ「カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「ハクゥッ!」ポンッ

ヒビキ「しんそくじゃ!」

シュバッ!

ヘルガー「ヘル…!」ズサァッ!

アポロ「これは中々速い」

ヒビキ「続けてアクアテェール!」

リューまる「ハァァクゥ…!」ギュオォォ…

アポロ「おにび」

ヘルガー「ヘルグァッ!」ボボボッ!

リューまる「ハクゥッ…!」ジリジリ…

ヒビキ「チィッ!しんそく!」

シュバッ!

アポロ「それは先程ので見切りましたよ。ふいうち」

しゅんっ…ドゴォッ!

422 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:34:09 ID:2RNHRmG6
リューまる「ハクゥッ…!」ググッ…!

アポロ「これはこれは…」

イブキ「私たちの…ハクリューの特性は『ふしぎなうろこ』だ…!おにびが…仇になった…な」ビリビリ…

ヒビキ「そう言う事じゃ!アクアテール!」

リューまる「ハクゥゥ…!リュウゥッ!」ギュオォォ…ブオォォンッ!

アポロ「にほんばれ」

ヘルガー「ヘルゥ…!」カッ

ぱあぁぁぁぁぁ…

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘエェェェルグアァァァツ!」ゴオォォォォォォッ!!!

リューまる「ハクゥゥゥ…!」ジリジリジリィ…!

ヒビキ「リューまる!」

リューまる「ハクゥ…」ドサッ

イブキ「そんな……!」

423 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:45:30 ID:2RNHRmG6
ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアァァァオッ!」ポンッ

ヘルガー「ヘル…」ビクッ

シルバー「いかくか…!」

アポロ「赤いギャラドス…。成程、湖の強制進化させた一体ですか」

ヒビキ「コイツ等の怒りを特と受け取れやァッ!ハイドロポンプ!」

ギャーまる「ギャオォォォォォ!」バッシャァァアアアッ!

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘルグアァァァッ!」ゴオォォォォォォッ!!!

ドババババババ!じゅわあぁぁぁ…!

ギャーまる「ギャオォ…!」ググッ…

ゴロウ「押されてる!日照りの所為でやんすか!」

ヒビキ「そのままでエエ!ドラゴンテール!」

ギャーまる「ギャアァァオォッ!」ブオォォォンンッ!

424 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:50:02 ID:2RNHRmG6
しゅんっ…

ヘルガー「ヘェェルグァッ!」ゴシュッ!

ギャーまる「ギャ…ギャアアアァァァアァァッ!!!」ブシュゥゥゥッ

シルバー「ふいうち…!しかも目潰しか…!」

アポロ「眼を狙われては例えいかくで攻撃が下がっていても、痛いでしょう?」

ヒビキ「おんどれェッ!」

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘェェェルグァァァッ!」ゴオォォォォォォッ!!!

ギャーまる「ギャアアァァァァァァッ…!」ジリジリジリィ…!

アポロ「念入りに焼き払いなさい」

ギャーまる「ギャアァァァァツイィイ…!」ズシィィンッ…!

ヒビキ「ギャーまる!」

アポロ「最初の勢いは何処へ行ったのでしょう?他愛もない」

したっぱ「アポロ様!湖のギャラドス達が!」

アポロ「映像を見せなさい」

425 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 09:57:06 ID:2RNHRmG6
怒りの湖

カイリュー「バアァァァウッ!」シュンッ…

シュバッシュバババババッ!

ギャラドス「ギャオォォ…!」ズシィィンッ…!

ワタル「韋駄天の如き、しんそく…!続けて!天候満所に我は有り!かみなりだァッ!」

カイリュー「バァァオォォォォォンッッッ!!!」カッ

ピッシャアアァァァァァァァァァァァンッ!!!

ギャラドス「ギャアァァァァァァァ!!!」プス…プスプス…

ワタル「そして焼き払え!破滅のはかいこうせぇぇぇぇぇんっっ!!!」バサァッ!

カイリュー「ばぁぁぁおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉんっっっ!!!」ビイィィィィィムッ!!!

チュドォォォォォォォォォォォォォォンッッッ!!!

ワタル「許せよ…猛り狂う水龍達よ…」バサァッ…

426 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 10:02:46 ID:2RNHRmG6
――――
――
イブキ「流石は兄上…!」

アポロ「成程…。流石は元とは言え四天王。強化したとは言え、野生では歯が立ちませんか…」

ラムダ「おい!どうすんだ、アポロ!このままじゃアイツ、ここまで来ちまうぜ!」アタフタ

アポロ「そうですね、長くは足止め出来るとは思えませんが…」ピッピッウィィィンッ…

ヒビキ「おい…!あのギャラドス達をどうするつもりじゃ!」

アポロ「仕事はきちんとこなさなければいけませんよ。………そう例え瀕死になろうとも」ニタァ…

427 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 10:08:47 ID:2RNHRmG6
ピピピピピピピピピッ…!

ワタル「何だ…!?また俺の『ドラゴッニクセンス』が反応を…」ピキーンッ

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ワタル「むっ!」シュバッ

ギャラドス『ギャアァァオォ…』

ワタル「莫迦な!ギャラドスは全て戦闘不能にさせた筈…!」

ギャラドス「ギャ…オ………」ウツロウツロ…

ワタル「気を失っても尚、戦わせるのか…!」

バッシャアアアァァァンッッッ!!!

ワタル「………堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ、ロケット団!!!」ワナワナ…!

カイリュー「でっていうー!」

428 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/03/27(火) 10:19:34 ID:2RNHRmG6
ピッ

イブキ「そんな…!瀕死のギャラドスを電波で操って強制的に戦わせるだと…!?」

ゴロウ「何て…何てド外道なんでやんすか!」ワナワナ…

アポロ「これがロケット団のやり方ですよ」

シルバー「アポロォッ!貴様ァッ!」

アポロ「これを理解出来ないのでは、やはりサカキ様の後継者足りえないんですよ、貴方様は」チッ

ヒビキ「………ゴロウ、イブキ…あと序にシルバー。少し待っちょれ。直ぐに勝負を決めてやらァ」クルクルッパシッ

アポロ「出来ますか?この状況で?ただの子供のキミが?」

ヒビキ「タダのじゃねぇ…。下衆野郎にブチ切れた…」ポーイッポーイッ

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるんっ!」ポンッ

ヒビキ「限界突破のォッ!」チャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ヒビキ「ヒビキ様じゃあぁっ!」ドォンッ!

429 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 11:24:48 ID:GcOnzVos
ヒビキ「アラシまる、ニトロチャージ!デンまるは10万ボルトォ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッシュバッ!

アポロ「愚かですね…。ヘルガー喰らい尽くしなさい」

ヘルガー「ヘルガァ…!」ギュォォ…!

シルバー「特性『もらいび』か…!」ググッ…

ヒビキ「それがどぉしたァッ!」

アラシまる「フウゥゥンッ!」ドガァッ!

ヘルガー「ヘルゥ…!」ググッ…!

アポロ「炎を喰われても、そのままの勢いでタックルをかますとは…」

バチバチバチィ!

ヘルガー「ヘルガァッ…!」ビリビリィッ!

アポロ「タックルを喰らった事で10万ボルトの対応に遅れてしまいましたか…」チッ

430 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 11:42:44 ID:GcOnzVos
ヒビキ「まだまだァッ!アラシまる、かみなりパンチィッ!」

アラシまる「バクゥッ!」シュバッ!バチバチィッ!

アポロ「速い…!炎を喰らってもニトロチャージの加速効果はありましたか…!かえんほうしゃ!」

ヘルガー「ヘルグアァァァッ!!!」ゴオォォォォォォッ!!!

アラシまる「バクゥゥ…!」ジリジリィ…!

イブキ「バクフーンが炎で焼かれた…!もらいびと日照りの効果…か…」ビリッ…

アラシまる「デンまる、ぶち噛ませェッ!」

アポロ「させませんよ…。ふいうt…」

ヒビキ「わたほうし!」

デンまる「パルァァツ!」モフモフモフ

アポロ「補助技か…!」

ヒビキ「これで終いじゃ!アラシまる、かみなりパンチィッ!デンまる10万ボルトォッ!」

バチバチバチイィィィッ!!!

アポロ「ふっ…」チャキッ

431 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 11:57:32 ID:GcOnzVos
ゴロウ「やったでやんす!」

シルバー「………いや」

エレキブル「エレェェキブルゥ…!」バチッ…バチバチッ

ゴロウ「あのエレキブルは…!シルバーが倒した筈じゃ…」

アポロ「この怪電波は瀕死になってもポケモンを戦わせる事が出来るのですよ。外のギャラドス達みたいにね」

ヒビキ「おんどれぇ…!」ギリィ

アポロ「ですがこれで二対二。卑怯とは言わせませんよ。ワイルドボルト」

エレキブル「エレェェキブゥゥルゥッ!」シュバッ!バチバチドガァッ!

アラシまる「バクゥゥッ!」ズサァッ!

ゴロウ「速い!さっきはあんなスピードは無かったでやんすよ!」

エレキブル「エレェキブゥ…」バチッ…バチバチッ

シルバー「特性『でんきエンジン』だ…。喰らった電気を両足に纏わせる事で、筋肉を刺激し、脚力を上げやがった…」

432 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:03:48 ID:GcOnzVos
ヒビキ「じゃったら…!アラシまるはエレキブルにニトロチャージ!デンまるはヘルガーに10万ボルトォッ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッ!シュバッ!

デンまる「ぱるぱうぱぁっ!」バチバチバチィッ!

アポロ「エレキブル、ヘルガーを庇いなさい」

エレキブル「レキィッ!」シュバッ!

アラシまる「バクゥッ!?」スカッ

バチバチバチイィィィッ!!!

エレキブル「エレキ…!」バチッ…バチバチ…

ヒビキ「こなくそぉっ!アラシまる、あなをほる!デンまるはりゅうのはどう!」

アポロ「ヘルガーはデンリュウにふいうち」

ヘルガー「ヘルゥッ!」シュンッ…ドゴォッ!

デンまる「パルゥッ…!」ゴフッ

アラシまる「バクゥッ…!」ホリホリッ

アポロ「エレキブルはじしん」

ヒビキ「しまっ…!」

433 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:11:09 ID:GcOnzVos
ガガガガガガガガガガガガガッ!!!

デンまる「パルパァッ!」ガクガクガクッ

ヘルガー「ヘルゥゥ…!」ガクガクガクッ

アラシまる「バクゥゥウッ!」ドガァッ!ガクガクガクッ!

ヒビキ「アラシまる!デンまる!」

アラシまる「バクゥ…」ピクッ…ピクンッ

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」シュンッ…ピクッ…ピクンッ

ヘルガー「ヘルゥ…」ピクッ…ピクンッ

ゴロウ「み…味方事…」

アポロ「さて…ダメ押しです」スッ…

シルバー「ッ!逃げろォッ!」

ルギア「ギャオォォォォスッ!」ギュオォォ…!

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!

ヒビキ「グアァァァァァッ!」ズサァァッ!

ゴロウ「アニキィィイッ!」

434 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:17:07 ID:GcOnzVos
アポロ「所詮、勢いづいても子供は子供ですね」

イブキ「ひ…ヒビキ…!」ビリッ…

ヒビキ「こ…こんにゃろぉ…!」ググッ…ポロッ

ちりんちりんっ…

アポロ「ッ!それは!透明な鈴…!何故それをキミが…!」

ヒビキ「おっと…」スッ

アポロ「それは我々の計画に必要な物…!それを渡しなさい!」

ラムダ「おい、アポロ!外がヤバイ!」

アポロ「今はそれどころでは…!」

ラムダ「ワタルがギャラドス共を止めて、ここに降りてくるぞ!」

アポロ「何ですって!?」ピッ

435 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:24:39 ID:GcOnzVos
――――
――
ギャラドス「………」ピキッ…ピキピキッ…

ワタル「戦闘不能にしても動くのなら、凍らせて動きを封じれれば良い…。良くやったカイリュー」

カイリュー「ばぁぁうっ!」

カイリュー「でっていうー」

ワタル「貴方もご助力感謝します、ヤナギ殿」

ヤナギ「何、チョウジは私の街。何処の誰かは知らないが好きにはさせんよ」

イノムー「のむっ」

カイリュー「さて、行くぞ!愛しき大いなる竜達よ!俺と共に少年達を救い、悪を完膚なきまで滅ぼすのだ!」バサァッ!

436 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:35:32 ID:GcOnzVos
アポロ「成程…。ルギアがこちらにあるとは言え、あの二人を相手するのは無理がありますか…」

アポロ「………」チラッ

アポロ「総員、直ちに必要な物を持って、退散します。このアジトを明け渡します。マルマインもギャラドスも止められた以上、それしかありません」

ラムダ「ま、この怪電波のデータとルギアが居ればどうにかなるかもな」

アポロ「後必要な物はホウオウ…。だがホウオウの召喚するには…」チラッ

ガシッ

ゴロウ「なっ!離せでやんす!」ジタバタッ

ヒビキ「ゴロウ!おんどれぇ…!ゴロウをどうするつもりじゃ!」

アポロ「人質ですよ。そのキミが持っている透明な鈴と交換です。ですがそれは今ではない」

ラムダ「おい、アポロ!どう言う意味…」

アポロ「その時が来るまで大人しくしていなさい」

ヒビキ「何じゃそれは!ゴロウを返せやァッ!」

ゴロウ「アニキイィィィッ!」

ルギア「ギャオオオオォスッ!」カッ

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!

437 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:40:55 ID:GcOnzVos
――――
――
ワタル「無事か、イブキ!少年!ゴロウくん!」タッタッ

イブキ「兄上…!私とヒビキは…だが…」

ヒビキ「………」

ワタル「少年!おい、少年!ゴロウくんが見当たらないがどうした…?」

ヒビキ「………クソォォッ!」ドォンッ!

ワタル「少年…?」

ヒビキ「何がアニキじゃ…。何が『アニキ肌でチャンピオンを目指す』じゃ!スレタイ詐欺にも程がある…!」

ヒビキ「舎弟一人も守れんと…ゴロウ………!」グッ…!

438 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/17(火) 12:44:30 ID:GcOnzVos
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ陸個

手持ち陸匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv38                          Lv34 
かえんぐるま   ニトロチャージ         はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           スピードスター  ガードスワップ     
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         ハクリュー  ♂ NN リューまる
Lv35  もちもの デンリュウナイト       Lv32
かみなりパンチ りゅうのはどう         りゅうのはどう  でんじは 
10万ボルト   わたほうし            アクアテール  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる       ギャラドス  ♂ NN ギャーまる
Lv40                         Lv36
パワーウィップ たたきつける         はかいこうせん ハイドロポンプ
リーフブレード つるぎのまい         ドラゴンテール かみくだく

439 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 07:08:27 ID:/.KXbWks
――――
――
ヒビキ「くっ…ぐっ……はっ」パチッ

イブキ「ヒビキ…!良かった…。ッイヤ私は別に…」

ワタル「目が覚めたか少年」

ヒビキ「俺ァ…一体…」ガシガシ

ワタル「ロケット団のアジトで敵の幹部とルギアにやられた後、気を失ったんだ」

ヒビキ「ロケット団…幹部…ルギア……。っそうじゃ!ゴロウが彼奴等に!早く助けに行かんと!」バッ

イブキ「待て!お前はルギアのエアロブラストを直撃でなくても喰らったんだ!もう少し安静にしないと!」

ヒビキ「るせェ!俺が不甲斐無いばかりにゴロウが誘拐されたんじゃ!アイツは俺の舎弟なんじゃ!」

ワタル「まあまあ、落ち着くんだ」

ヒビキ「これが落ち着けるくぁ!俺は直ぐにでも助けに…!」

ワタル「………」フゥ…

ドゴォッ!

ヒビキ「がふっ…!」ガクッ

ワタル「落ち着けと言っている」

440 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 07:23:01 ID:/.KXbWks
ワタル「今のキミは冷静さに欠けている。普段のキミならば俺の無言の腹パンなんて躱すか反撃出来ただろう」

ヒビキ「あ゛ぁ?」

ワタル「アジトでの事は大体はイブキから聞いた。ロケット団の幹部…アポロと言ったか。その男の話ではキミが持っている何かを手に入れる為にゴロウくんが人質にされたのだろう?」

ワタル「それも『今ではない』と言う事だ」

イブキ「どう言う事でしょうか?兄上」

ワタル「さてな。だが人質である以上、下手な事をしなければゴロウくんが傷つかれる事はあるまい」

ワタル「そして時が来れば奴らからコンタクトがある筈だ」

ヒビキ「その時を黙って待っちょれと言うのか!」

ワタル「黙っては居ないさ。俺の同士に諜報活動に長けている男がいる。その者にロケット団の動向を探らせよう」

ワタル「明け渡されたアジトにはそれと言った有益な情報は既に抜き取られていたしな」

ワタル「そして少年。キミには敵からのコンタクト、俺の同士の諜報を待つ間は時間がある」

ワタル「なればこそ!キミにはこれから『竜の試練』を受けて強くなってもらおう!」バサァッ!

441 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 08:00:54 ID:/.KXbWks
ヒビキ「今そんなしてる間があるくぁっ!俺は今すぐにでもあの野郎をブッ飛ばしてゴロウを助け出す!」

ワタル「キミ程度がロケット団幹部をブッ倒すだと?そいつは傑作だ!」ハハハッ

イブキ「兄上、流石にその言い方は…!」

ヒビキ「何が可笑しい!」クワァッ!

ワタル「ルギアが後ろに構えていたとは言え、実質ヘルガー一匹にパーティを半壊させられたのだろう?」

ヒビキ「ッ…」

ワタル「其即ち、今のキミではそのアポロと言う幹部の足元にも及ばんんだよ!」ビシィッ!

ヒビキ「………」

ワタル「だからこそキミには修行が…俺の『竜の試練』を受けねばならんのだ」スッ

ヒビキ「………やるぞ」キッ

ワタル「良い眼だ。自分の獲物を見据えた獣の眼だな」フッ

ワタル「ならば!燃え上がれ爆炎!猛き焔を宿す紅蓮の竜王!我が呼び声に応え、全てを焼き払え!」バサァッ!

ワタル「降臨せよ、リィザァァードォォン!」ポーイッ

リザードン「グオォォォォッ!」ポンッ

442 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 08:12:07 ID:/.KXbWks
ヒビキ「リザードン…!」

ワタル「『竜の試練』その参…否、その肆!キミのポケモン全てで俺のポケモンを一体でも倒すのだ!」

イブキ「その参ではなく、肆?」

ワタル「渦巻島でのルギアと戦った話はお前から聞かされたからな。五人がかりとは言え、ルギアを倒す力があれば一つ先のステップへ進むのも良かろう!」

ヒビキ「上等じゃ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「バァァクフゥンッ!」ポンッ

ヒビキ「ニトロチャージ!」

アラシまる「バァァクバクッ!」ボォォッ!シュバッ!

リザードン「グオォ…!」ググッ…

ワタル「成程…。やはりスピードのポテンシャルは高いな!ならばこちらはパワーだ!フレアドライブ!」

リザードン「グオオオォォオォッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

アラシまる「バクッ…!」

ゴオオォォォォオッッ!!!

アラシまる「バクウゥッ!」ズサァァッ!

ヒビキ「同じ炎タイプの技なのに何てダメージじゃ!」

443 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 08:20:29 ID:/.KXbWks
イブキ「兄上のリザードンはいじっぱりA極振り…!それに炎タイプの物理大技のフレアドライブだ…!」

ヒビキ「じゃったらあなをほる!」

アラシまる「バクバクゥ!」ホリホリ

ワタル「リザードン相手に地面技のあなをほるとは…。地面から出てくる時を狙うぞ!」

リザードン「グオォッ!」バッサバッサ

ボコォッ!シュバッ!

アラシまる「バァァクッ!」バビョーンッ

リザードン「グオッ!?」ハッ

イブキ「地面から出てきて一瞬で空中のリザードンの頭上に!」

ワタル「良いスピードに良いジャンプ力だ!」

ヒビキ「飛行には電気技じゃ!光って唸れ!かみなりパンチィッ!」

アラシまる「バクバクゥッ!バァフゥッ!」バチバチィッ!ドゴォッ!

バチバチバチイィッ!

444 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/19(木) 08:27:27 ID:/.KXbWks
イブキ「直撃…!」

ワタル「………炎の加速に雷の拳…良い攻撃だ」

リザードン「グルゥ…!」ギロォ!

ヒビキ「なっ…!」

ワタル「だが本当の炎雷の拳とはこう打つのだ!かみなりパンチィッ!」

リザードン「グゥルッゥアァァァッ!」バチバチィッ!ドゴオォッ!

アラシまる「バクバァァッ!」ビリビリビリィッ!

ドオオォォンッ!!!

アラシまる「ば…ばくぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヒビキ「………戻れ、アラシまる」シュボンッ

ワタル「さあ。キミの力はそんなものではないだろう」フッ

ヒビキ「おんどれぇ…!」ギロォ

445 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 12:35:02 ID:FebXCKRE
ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアァァァオォッ!」ポンッ

ワタル「湖で捕まえた紅のギャラドスか!炎タイプに水タイプはセオリー通り…」

ギャーまる「ギャオオオオォッ!」ガオー

リザードン「グルゥゥ…!」ゾワァ…

ワタル「それに特性の『いかく』か…!」

ヒビキ「ハイドロポンプじゃあぁっ!」

ギャーまる「ギャオオォォ!」バシャアァァァァッ!!!

ワタル「遅いぞ、少年!ドロポンを躱しつつ、かみなりパンチ!」

リザードン「グルゥアァァァッ!」バサァッ!バサバッサ!バチバチィッドゴォッ!!

ギャーまる「ギャアァァァッ!」ビリビリィッ!

ヒビキ「まだじゃ!ギャーまる!」

446 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 12:42:19 ID:FebXCKRE
ギャーまる「ギャオッ!」キッ

ブオオォォォォォォンッ!

ワタル「ッリザードン!空中反転して躱せ!」ピキーンッ

リザードン「グルオッ!」バサァッグルンッ!

ギャーまる「ギャオォッ!」バシィンッ!

ヒビキ「しまった!」

ワタル「流石にいかく込みでは4倍ダメージでも耐えられるか…!そしてあのリーチの長さ…俺もギャラドスを使うからよく分かるが良い尻尾だ!」

ヒビキ「逃がすな、ギャーまる!もう一発ドラゴンテール!」

ギャーまる「ギャアァァオォッ!」ブオォォォンンッ!

ワタル「ドラゴン技にはドラゴン技で返すのが礼儀と言うモノ…!喰らえ、竜の猛追!ドラゴンダイブ!」バサァッ!

リザードン「グオオォォォォォオッッ!」ギュオォォォォッ!!!

ドオオォォォォォォンッッッ!!!

ギャーまる「ギャ…ギャオォ…」ズシィィンッ!

ヒビキ「攻撃ではこっちが上じゃのに競り負けたじゃと…!?」

イブキ「それを可能にするのはリザードンとギャラドスのレベル差か…」

447 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 12:52:21 ID:FebXCKRE
ヒビキ「えぇい!次じゃ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアァァッ!」ポンッ

ワタル「鋼には炎技だな!フレアドライブ!」

ヒビキ「スピードスターじゃ!」

リザードン「グオオォォォッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

ムドーまる「エアアアッ!」ピココココココッ

ゴオオォォォォオッッ!!!

ムドーまる「エアァッ…!」ジリジリ…バラバラ…

リザードン「グルゥゥ…!」ズキッ…

イブキ「フレアドライブを耐えた!?」

ワタル「流石の防御力…。それにスピードスターで威力を落とされた上、こちらは攻撃が下がっていてはな」

ヒビキ「じゃがもうダメージは受けられん…!突っ込め、ムドーまる!」

ムドーまる「エアアァァァァッ!」キイィィィィンッ!

ワタル「速い…!『くだけるよろい』か!」

448 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:04:05 ID:FebXCKRE
ヒビキ「喰らえ、ガードスワップ!」

ムドーまる「エアァァァッ!」ピュルルルルンッ

リザードン「グオッ!?」ビクンッ

ワタル「くだけるよろいとガードスワップのコンボ!魅せてくれるな、少年!」

ヒビキ「ドリルくちばしぃ!」

ムドーまる「エアアアッ!」キイィィィィンッ!ギュルルルゥ!

ドゴオォッ!バチバチバチィッ!

ムドーまる「エアッ…」ガクンッ

リザードン「グルゥ…」バチバチッ…

ヒビキ「かみなりパンチのカウンターじゃと…!?」

ワタル「攻撃は最大の防御と言う事だ。どんなにスピードがあっても突っ込んでくるだけのならドンっと迎え撃てば良い。勝負を焦ったな」

イブキ(流石は兄上と言うところか…。ヒビキがどんな策を講じようと冷静に対応している)

イブキ「ヒビキ…」グッ…

449 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:16:31 ID:FebXCKRE
ヒビキ「カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「キエエェェェェイ!」ポンッ

リザードン「グルゥ…」ハァ…ハァ…

ワタル「流石に三連戦はキツイか、リザードン。だが俺はお前を信じているぞ」

ヒビキ「パワーウィップ!」

ツボミまる「キエエェェェェイ!」シュルルルルゥッ!

リザードン「グオォッ!」シュッシュッチッ

ワタル「何という手数!躱しきれんな!一旦空中へ飛ぶんだ!」

リザードン「グルゥッ!」バッサバッサ

ワタル「空中で立て直して攻めなおs…!」

ひゅんひゅんひゅんひゅんひゅんっ!

ツボミまる「キエエエエエエェェイッ!」ビュンビュンビュンッ!

ワタル「何と!蔓を回転させて空を飛ぶとはデタラメだな、そのウツボットは!」

450 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:25:27 ID:FebXCKRE
ヒビキ「たたきつけるんじゃぁ!」

ツボミまる「キイィィイエェェェェイッ!!!」ガシッグルングルングルンッ!ブオオォォンッ!!!

リザードン「グオォッ!」

ドオオォォォォォォンッッッ!!!!

リザードン「グルゥ…!」ガクッ…

ワタル「今のは効いたぞ!だが今ので体制が崩れたな。落ちてくる所を迎えうってやろう!」

ヒビキ「じゃったら!落下を利用してリーフブレードォッ!」

ツボミまる「キエエェェェ!」ジャキイィインンッ!

ワタル「正解だ、少年!もうその体制では落下を利用して攻撃するしかない!フレアドライブだァッ!」

リザードン「グオオォォォォォオッッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

ゴオオォォォォオッッ!!!

ツボミまる「………ウツボット」ガクッ

リザードン「グルゥ…!」ズキンッ

ワタル「正回答ではあったが、相性が悪かったな」

451 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:33:08 ID:FebXCKRE
ヒビキ「じゃが、アンタのリザードン、フレアドライブを使い過ぎて体力が危ないんじゃないのかのぉ?」ニヤッ

ワタル「っ!そこに気付いたか。確かにフレアドライブは大技ではあるがその反動ダメージもまた大きい。あまり長期戦には向かない技だ」

ヒビキ「じゃったらボチボチ潮時じゃのぉ…!カチこめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「ぱるるるんっ!」ポンッ

ヒビキ「そしてもう一丁!」クルクルッパシッ

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ワタル「メガシンカ!ドラゴンタイプになったか…!ならばコチラも!」シャキーンッ!

ワタル「メガッソオォォォォドォッ!」パッパラー

ヒビキ「どっから出した、その剣!と言うか、鍔に付いてんのは…!」

ワタル「左様、キーストーンだ。俺も使えるのだよ、進化を超えた進化を…!」チャキッ

452 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:44:48 ID:FebXCKRE
ワタル「漆黒の翼翻し、燃ゆるは蒼炎、振りかざすは竜王の爪牙…。我が絆を糧に現れ出でよ!」バサァッ

ワタル「黒龍招来、メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

リザードン「メガッ!グオオォォォォォォッ!ウエェェェェェェクシュゥゥッ!」パッパラー!

ヒビキ「リザードンがメガシンカ!?黒くなりよった…」

イブキ「私も初めて見た…。兄上がメガシンカを使うところを…」

ワタル「三年前、修行の旅に出てから探し当てたメガシンカの力、魅せてやろう!ドラゴンダイブ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ヒビキ「ッ!10万ボルトォッ!」

デンまる「ぱぁるるるるんっ!」バチバチバチイィィ!!!

ワタル「効かんわぁっ!」

ドガアアアァァァァァァァンッ!!!

453 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/24(火) 13:53:02 ID:FebXCKRE
デンまる「ぱあぁるぅっ!」ブワァァッ

ヒビキ「躱した筈なのに風圧で吹き飛ばされる…!」

リザードン「グルゥッ…!」ヌッ

デンまる「ぱるっ!?」

ヒビキ・ワタル「「かみなりパンチィッ!」」

バチバチバチイィィィッ!!!

デンまる「ぱるううっ!」ズサァァッ!

ヒビキ「電気技でデンまるが競り負けた!?じゃがこっちはタイプ一致で向こうは攻撃が下がっちょるのに…!」

ワタル「メガリザードンXはリザードンの時より物理攻撃が格段に上昇し、それに加えて特性の『かたいつめ』は直接攻撃の威力を上げるのだ!」

ワタル「そして最大の変化は!ドラゴンダァァイブッ!」バサァッ!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

デンまる「ぱるうぅうううっ!」ドガアァァンッ

ワタル「ドラゴン技の威力の上がりよう…。メガリザードンXは炎・飛行から炎・ドラゴンタイプへと生まれ変わったのだ!」バサァッ!

ヒビキ「それで10万ボルトを喰らってもピンピンしよったんか…!」

454 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/04/30(月) 23:29:07 ID:0zmp1tRA
おつ

455 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/09(水) 23:08:03 ID:rwzfiAP2
デンまる「ぱ…ぱるぅ…!」ググッ…

ヒビキ「デンまる!よー耐えた!」

リザードン「グルゥ…」モフッ

ワタル(耐えた、か…。あの一瞬でわたほうしで威力を殺すとはな…)フッ

ワタル「だが、次で決めさせてもらおう!ドラゴンダイブだ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ヒビキ「デンまる!地面に向かってりゅうのはどう!」

デンまる「ぱあぁるるんっ!」ギャオォォンッ!

ばびょーーーーんっ!

ワタル「なんと!りゅうのはどうの反動で空に!」

デンまる「ぱるぅ!」ガシッ

リザードン「グオォッ!?」

ヒビキ「っしゃあ!捕まえたぞ!」

456 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/09(水) 23:18:03 ID:rwzfiAP2
ワタル「えぇい!振りほどくんだ、リザードン!」

ヒビキ「させるくぁ!10万ボルト10万ボルト10万ボルトォオッ!」

デンまる「ぱるうぅっ!ぱるぅう!ぱるぱるぱぁっ!」バチイィイッ!バチイィイッ!バチバチバチィッ!

リザードン「グオオォォォッ!」ビリビリビリィッ!

ワタル「リザードン!っ!コレは…!」ピキーンッ

ヒビキ「10万ボルトォオッ!そしてりゅうの…!」

ワタル「リザードン、フレアドライブ!デンリュウごと大地に叩きつけろォ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

デンまる「ぱるぅうう!」グググッ…!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!

リザードン「グルゥ…」ゼェ…ゼェ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」ドサッ…ヒュンッ

ヒビキ「デンまる…よーやったわ、おどれは」シュンゥ

ワタル「ふぅ…流石にあの距離でのりゅうのはどうは焦ったぞ。体力の限界の近いリザードンにフレアドライブを使わせるとは…」

イブキ「これでヒビキのポケモンはハクリューのみ…。だが兄上のリザードンも流石に体力の限界…」

457 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/09(水) 23:26:30 ID:rwzfiAP2
ヒビキ「これで俺のポケモンは最後じゃ…だが!カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「りゅー!」ポンッ

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!ドゴオッ!

リューまる「はくぅ…!?」ゴフッ…ビリビリ…

リザードン「グルゥ…!」バチバチッ

ワタル「そのハクリューが元々誰のカイリューのタマゴから産れたか忘れたか?リザードンには殆ど体力の限界。そしてハクリューにはしんそくがある。だからこそしんそくで一気に勝負を決めるつもりだったのだろうが…」

ヒビキ「なめんなぁ!」

しゅるるる…ギチィッ!

リューまる「ハクゥ…!」ギチィッ…!

リザードン「グルゥ…!」ググッ…!

ヒビキ「りゅうのはどう!」

リューまる「ハクゥ…!」ギャオォォ…!

ワタル「リザードン、叩きつけろぉ!」

ドガアァンッ!

458 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/09(水) 23:49:58 ID:rwzfiAP2
リューまる「ハクゥ…!」キッ

リザードン「グルッ!?」

ヒビキ「まだじゃあ!アクアテール!」

ワタル「っかみなりパンチィッ!」

リューまる「ハアァァ…クウゥッ!」ギュオォォ…ブオォォンッ!

リザードン「グオオアァァッ!」バチバチッドゴォッ!

バチバチバチィイッ!

ワタル「俺としたことが…!雷パンで麻痺にしたことで『ふしぎなうろこ』が発動していたか…ッ!」ピキーンッ

ギュオオォォォォオッッ!

リザードン「グオォッ!」バッサバッサ!

ワタル「防御を捨てた嵐の様な疾風怒涛の攻撃の嵐…!それがキミの真のスタイルなのだな、少年!」フルフルニィィ

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!

ワタル「だが懲りないな!分かっているぞ、そのしんそくの直線軌道が…ッ!」ピキーンッ

ワタル「まさか…!後ろか…!」

459 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/09(水) 23:54:38 ID:rwzfiAP2
リザードン「グルッ!」バッ

シュババッ!

リューまる「ハクッ…!」ググッ…!

リザードン「グルァッ…!」ゴフッ…

イブキ「入った…!」

ヒビキ「おっし…!」

リザードン「ぐ…る…」グラァ…

ワタル「…うおおぉぉおっ!リザアァァァァドオォォンッ!!!」バサァッ!

リザードン「ッ!」キッ

ガシッ!

リューまる「ハクゥッ…!」ググッ…

ワタル「ブラストォ………ヴァァァァァァァンッ!!!」

リザードン「グオオオオォォォォォォォッッッ!!!」カッ!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

460 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/10(木) 00:02:22 ID:qoH9.FPY
しゅうぅぅぅぅ………

ヒビキ「リューまる!」

リューまる「ハ………ク…」ドサッ…

ヒビキ「クソッ…!届かなかったんか…!」グッ…

ワタル「否…。キミ達のキンキラリンな黄金の心は俺達に届いたさ」

リザードン「グルゥ…」ドサァ…ヒュンッ

イブキ「相打ち…」

ワタル「これで俺のポケモンを一匹でも倒すというノルマは達成された。これにで『竜の試練』その肆は修了とする!」

ヒビキ「ッ!」

ワタル「これでキミ達はさらに強さへの高みへと近づいた。もっと鍛えれば、ゴロウくんを助け出し、ロケット団を倒すことも出来よう!」

ヒビキ「………よろしく頼む。マント男…いや、ワタルさん」

ワタル「ふっ」バサァッ

461 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/10(木) 00:06:18 ID:qoH9.FPY
ヒビキ「おぉう、イブキ!そう言えば、シルバーの野郎はどうした?目が覚めた時にゃ居らなんだが」

イブキ「アイツなら黙ってどっかへ行ったぞ。一応兄上の竜の試練を受けてみないかと誘ってはみたんだが…」

ヒビキ「………ま、アイツならどーにでもして強くなるじゃろうて。次に会った時が楽しみじゃのぉ!」ニカッ

イブキ「ッ///」ドキーンッ

ワタル「愛だな!だが確かに最初会った時はともかく、今の彼なら真の強さに気付いているだろう」

462 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/10(木) 00:08:11 ID:qoH9.FPY
――――
――
シルバー「………」ザッ

シルバー「覚えて居ろ、アポロ…!俺は必ずお前を…今のロケット団を叩き潰す…!」グッ

シルバー「そして…アイツの所に帰るんだ…!」

463 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 15:35:14 ID:duPX6V/Q
42番道路

スイクン「フォオォォォッ!」シュタタッ

ミナキ「ああっスイクン!何と勇ましく、何と水々しく、何と美しく、何とすばしっこいのだ!」ボッキーンッ

コトネ「ミナキさん、邪魔!」ゲシッ

ミナキ「ふべっ!」ズコーンッ

コトネ「あぁん、愛しのスイクンちゅわぁん!早くその美しい触手で私を愛撫してぇ///」ジュワァァァ…

スイクン「わ…わふぅ…」ウゲェ…

スイクン「ッ!わふっ!?」ピキーンッ

シュバッ!

ミナキ「あぁっ!スイクンがまた逃げるぞ!」

コトネ「………逃げる?と言うより、今のは何かを感じとったってコト…?」

コトネ「ともかく今やるべきは追いかけるってコトね!」シュバッ

464 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 15:45:52 ID:duPX6V/Q
摺鉢山

アポロ「やはりアジトからの抜け道は複数作って正解でしたね。追手もここまでは付いてこないでしょう」

ゴロウ「くっ…」

ラムダ「ほら、さっさと歩け!」

アテナ「あら、その子は?」スタスタ

アポロ「アテナ、今までどこに居たのですか?」

アテナ「………少しね」フイッ

ラムダ「所でよ、アポロ。何でこのガキを連れて来たんだ?あの場であの帽子のガキから透明な鈴を奪えばよかったものを」

アポロ「特定の場所、透明な鈴、そして儀式…それがそろっても我々ではホウオウを呼び出せない可能性がありましたからね…」

ラムダ「ルギアのように叩き起こしてってじゃダメって事か?」

アポロ「その結果、怒り狂うルギアは我々だけでは手に負えなかった。彼らが居なければ今ルギアも手に入らなかった可能性もありますからね…」

アポロ「帽子の彼にはホウオウを呼び出す為に働いてもらわなければなりません」ニマァ

ラムダ「その為の人質って事か…」ククッ

ゴロウ(コイツ等…アニキを利用して何をする気でやんすか…?)

465 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 15:51:42 ID:duPX6V/Q
アテナ「アラ…この子…。結構…いえ、かなりカワイイ顔してますわね…///」ジュルリ…

ラムダ「出た。アテナの性癖」

アテナ「アポロ。人質にしてる間、この子を私に飼わせてくれません?」

アポロ「程々に」

シュタッ…

スイクン「フォウ…」スタッ

アポロ「何…!?」

ラムダ「おい、アレって伝説のスイクンじゃねぇか!?何でこんな所に…?」

コトネ「やっと追いついたってコトね…スイクンちゅわん…」シュタッ

ゴロウ「コトネのアネゴ!?」

コトネ「ゴロウくん!?何でここに!?」

ミナキ「おっ。いったいどう言う状況だ、コレは…!」

466 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 15:59:44 ID:duPX6V/Q
アポロ「何者です、貴方達」ギロッ

ゴロウ「アネゴォ…!」ギチィ…

コトネ「………そう言うコトね、スイクン。教えてくれて、アリガト」チャキッ

コトネ「Mr.ムー!」ポーイッ

Mr.ムー「ムウマージ…」ポンッ

コトネ「くろいまなざし!」

Mr.ムー「ムゥマァジ…!」ギロッ

アポロ「ほー」ビクンッ

コトネ「アンタ達、ロケット団ってコトね?私の愛しのゴロウくんに、何しようとしてんのサ?」ギロッ

ラムダ「コイツ、ヤる気かよ」チャキッ

アテナ「もしかしてこの子の彼女かしら。嫉妬しちゃいますわ…」チャキッ

アポロ「失礼ながら逃走中なので、直ぐに片づけさせてもらいますよ」チャキッ

コトネ「アンタら、私を怒らせない方が良いってコトね…」チャキッ

467 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 16:10:21 ID:duPX6V/Q
怒りの湖・畔

ヒビキ「ふぅ…。今日も結構疲れたのぉ…。水浴びでもするか!」ガサガサ

ばしゃぁんっ…

ヒビキ「えっ…?」

イブキ「ふぅ…」バシャァンッ…

ヒビキ「なっ///イブキ…!?」サッ

イブキ「やはり…汗かいた後の水浴びは良い物ね…」タユンッ…

ヒビキ「アイツ…!いくら人目が少ないからって真っ裸で何しとんじゃぁ///」ボッキーンッ

ヒビキ「………」ムラッ

イブキ「お前もそう思うだろ、ハクリュー?」

ハクリュー「はくっ」スリスリ

イブキ「こらっ。そんな所に顔を埋めるなっ///」ムニィ…

ヒビキ「くぅ…///」シュッ…シュッシュッ…

ワタル「あの女性として魅力的な爆乳に桃尻…鍛え抜かれて引き締まった腹部…。我が従妹ながら良い身体をしているとは思わないかね、少年!」バサァッ

ヒビキ「んなっ!?ワタルさん、アンタ、何しとんじゃぁ!?」バッ

468 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 16:24:18 ID:duPX6V/Q
ワタル「敢えて言わせて貰うとキミに言われたくないかな。だが一旦その荒ぶる竜を納めたまえ」

ヒビキ「わ、悪ィ…」ゴソゴソ…

ワタル「本来なら人の従妹の裸体を覗くキミにお説教と行きたいが、キミ達の場合は愛だから何も言うまい!」

ヒビキ「アンタ、よーどや顔でそんな恥ずかしい事言えるのぉ…」

ワタル「褒めても何もでないぞ」バサァ

ヒビキ「もーエエわ。………なあ、ワタルさん。アンタのその半端ない強さの秘訣っていったいなんなんじゃ?どーにもポケモンとかトレーナーの強さとは別のモノを感じてならん」

ワタル「恥ずかしさのあまりに話題を変えて来たな…。それはズバリ、一つとしかいうまい!」

ワタル「愛だ!」バサァッ!

ヒビキ「………真面目に答える気、あんのか?」ジトォ

ワタル「何、真面目な話だ。確かにポケモンの強さ、トレーナーの強さ、それは確かにバトルでは重要な事だ。だがそれはただの足し算でしかない」

ワタル「だが所謂ポケモンとのコンビネーション、信頼…誰かを想う気持ち…。それは大本で言えば愛だ」

ワタル「それはポケモンバトルに置いても+α…否、×αの力となりうるのだよ」

ヒビキ「愛…のぉ…」ポリポリ…

469 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/11(金) 16:39:23 ID:duPX6V/Q
ワタル「一言に愛と言っても、ポケモンとの愛…友愛…家族愛…そして異性に対する愛…。さまざまな物がある」

ワタル「例えば、キミとのバトル…。本来なら二度目のハクリューの変則詭道のしんそく…アレで勝負は決していたのだ」

ヒビキ「何じゃと…?」

ワタル「だがリザードンは俺の愛の叫びによって、あの攻撃に耐えて反撃に返してくれた…。まさしく『POWER OF LOVE』…」バサァ…

ヒビキ「そー言う事なのかのぉ…」

ワタル「誰かの為に戦う…。誰かを想って戦う…。正直な話、それは誰に対しての愛でも構わないんだ」

ワタル「俺の場合、ドラゴン達への愛…だがな!」

ヒビキ「ホンマ、恥ずかしい人じゃのぉ、アンタは…」フッ

ワタル「ふっ。だがキミの心は既に分かっているだろう?今も誰かの為に戦っている」

ヒビキ「………そーじゃのぉ」

ワタル「その気持ちを忘れぬ限り、キミはまだ強くなれるさ」ポンッ

ヒビキ「おぉう!」

ワタル「おっと愛を語りすぎたら俺もムラムラしてきたぞ。カイリュー!今夜は寝かせないぞ!」ボッキーンッ

ヒビキ「じゃがやっぱアンタの愛はちと重すぎやせんかのぉ…」

470 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/17(木) 21:41:18 ID:fniJvfDo
――――
――
ドガァンッ!

マタドガス「ド…ガァ…」ゴトンッ…

ラフレシア「ラ…フゥ…」ピクッ…ピクンッ

ヘルガー「ヘル…ガッ…」ガクッ…

ラムダ「な…何なんだ、この小娘はよぉ!?」

アテナ「まさか私達ロケット団の最高幹部三人相手で相性も不利なメガニウム一体で…」

アポロ「これはこれは…。少し計算が狂いましたね…」

ゴロウ「アネゴ…!あのアニキを倒したアポロも含めて三人も相手に…」

ミナキ「かなり強いトレーナーなのは戦って分かっていたが…爪を隠していたな、コトネちゃん!」

コトネ「さ、私とアンタ達の力量差は分かったってコトね。ね、Mr.アロマ」

Mr.アロマ「ガーニュゥ!」

アテナ「くっ…」

ラムダ「チッ…」

アポロ「二人とも、下がりなさい」パチーンッ

471 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/17(木) 21:52:49 ID:fniJvfDo
ドオオォォンッ!

ルギア「ギャオォォースッ!」バサァッ!

ミナキ「まさか…!アレはルギア!?スイクンと言い私は伝説のポケモンとはセンチメンタルな運命で結ばれているのか!?」ウットリ

ゴロウ「何アホな事言ってるんでやんすか!あのルギアはロケット団にゲットされたんでやんすよ!」

コトネ「へー。ルギアがねぇ。可哀想に…」

アポロ「これから計画の準備が始めようという時に、こんな所でルギアを出して目立つのはやぶさかでないですが…。仕方ありません」スッ

ルギア「ギャオォォォ…!」ゴォォ…!

ゴロウ「アネゴ、危ない!エアロブラストでやんす!」

しゅるるるるるっ!

ルギア「ギャオッ!?」ググッ…!

Mr.アロマ「ガニュゥウ…!」ググッ…!

コトネ「投げ飛ばせェエッ!」

ぶおぉぉ…ドオオォォォォォォンッッッ!!!

ルギア「ギャオッ…!」カハッ…!

アポロ「ッ!?」

472 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/17(木) 22:04:22 ID:fniJvfDo
ラムダ「おい…見間違えか…?あのルギアを投げ飛ばしたぞ…?」

アテナ「ありえませんわ!ジョウトに伝わる伝説の海の神ですわよ!」

アポロ「そう…ありえません!ドラゴンダイブ!」

コトネ「………」ポーイッ

ルギア「ギャオォォォンッ!」ゴオォォッ!!!

ドゴオォォォォオンンッ!!!

マリルリ「マリィ…!」ググッ…!

アポロ「止めた…!?」

コトネ「Mr.マリ!れいとうパンチ!」

Mr.マリ「マアァァァリイィィイヤァッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ルギア「ギャオォオッ!」カフッ…!

コトネ「はらだいこ…かーらーのーアクアジェットォ!」

Mr.マリ「マアァァァリィィヤァッハァァァーッ!!!」ポンポコリンッバシャァンッ!シュバァッ!

ルギア「ギャアァァッ!」ドガァァッ!

473 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/05/17(木) 22:41:40 ID:fniJvfDo
ラムダ「何でこんな小娘がルギアと互角でヤりあえるんだよ!」

アテナ「互角どころか…ルギアが押されてますわ…!」

アポロ「このルギアは実力者五人相手でも引けを取らない伝説のポケモン…。貴女、何者ですか…?」

コトネ「私はただの駆け出し考古学者のコトネちゃんってコト…。でも良い事教えてアゲル」スッ

Mr.アロマ「ガニュゥッ!」ビィィィムッ!

Mr.ムー「ムマアァッ!」バシュッ!

Mr.マリ「マアァァァリィィエェェェェイ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ルギア「ギャオォ…!ウギャァァッ!」

コトネ「この世界で考古学を追いかける事と言うのは必然的に伝説のポケモンと相対する可能性がある…」

コトネ「だから真の考古学者はそれと拮抗出来る実力を持っててもおかしくないってコトね!ハードプラントォオッ!」

Mr.アロマ「ガアァァァァニュゥゥゥゥッ!!!」シュルルルルルルルッッッ!!!

ボゴォッボゴボゴボゴボゴォ…!ブオオォォォォォォォンッッッ!!!

ルギア「ウギャアァァァァァスッ!」ドガガガァッ!

474 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/03(日) 23:44:33 ID:Ffn/oS26
したっぱ「ルギアが!こうなったら我々も加勢を…!」チャキッ

ミナキ「おーっと、雑魚は美しき私、ミナキが相手だ!」バサァッ!

スリーパー「すりーぱー」ロリコーン

アテナ「くっ…!ルギアでも歯が立たないなんて…!」

アポロ「このままでは…全滅ですね」

ラムダ「オイオイ、アポロ!お前までそんな事言い出したら冗談に聞こえねーぞ!」

アポロ「いえ…冗談ではないですよ…」タラリ…

コトネ「………」ゴゴゴゴ…

アポロ(ようやくルギアに続けてホウオウを手に入れる方法を見つけた矢先に…こんな見ず知らずの小娘などに邪魔立てさせられる訳には…!)

アポロ「こうなれば…ラムダ!携帯怪電波装置をルギアに!」

ラムダ「ハァッ!出来ない事は無いが、この携帯型じゃ、ルギアなんてバケモノ…どんな行動に出るか分からねぇぞ!」

アポロ「ここで全滅するよりはましです!」ピッ

ピピピピピピピピピッ…!

ルギア「ギャ…オギャアァァァァァァーーースッ!!!」ウガー

475 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/03(日) 23:55:18 ID:Ffn/oS26
ミナキ「な…何だぁ!?」

ゴロウ「コレって…怒りの湖のギャラドスと同じ…!」

コトネ「何が来ようと…!」

ルギア「ギャアァァァァァスッ!」ゴオオォォォッ!!!

コトネ「ドラゴンダイブには…れいとうパンチィッ!」

Mr.マリ「マァァルィイエェェェェェイッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ドガアァァァァァンッ!

Mr.マリ「マリィッ…!」ズサァァッ…スタッ

コトネ「競り負けた…!?アクアジェットォッ!」

Mr.マリ「マァァァァルイゼェェェェイ!」バシャァンッ!シュバァッ!

ルギア「ギャアァァオッギャアァァァオッ!」バァァサッバァァサッ!

ゴオオォォォォオッッ!!!

Mr.マリ「グヘェッ!」ブワァッ!

ルギア「ギャオオオオオオォォォッスッ!!!」ギュオォォ…!

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!

476 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/04(月) 00:01:54 ID:MbfSHLfI
Mr.マリ「マ…マリィ…」ピクッ…ピクンッ

ミナキ「あの強いマリルリが…!」

コトネ「こっちは良いから!ミナキさんはゴロウくんを助けて!」

スイクン「ふぉおぉぉっ!」ファサァ

ゴロウ「スイクン!まさかこの私に味方してくれるとは…!感激!」ボッキィーンッ

したっぱ「負けるか、うおー!」

スイクン「フォオオォォゥッ!」バシャアァァァァッ!!!

バッシャァアァァァァァァァンッ!

スイクン「わんっ」ツンツン

ラッタ「らたっ!」ポンッ

ゴロウ「ラッタ!この縄を解いて欲しいでやんす!」

ラッタ「ラタタッ」ガジガジッ

ドガアァァァァァァンッ!!!

ゴロウ「うわぁっ!」

ラッタ「ラタァッ!」

477 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/04(月) 00:25:18 ID:MbfSHLfI
Mr.ムー「ム…ムマァ…」ガクッ…

アポロ「これで我々のくろいまなざしも解けましたね」

コトネ「そうみたいね…。だけどさっきの攻撃でアンタ等のお仲間も何人か消し炭になったけど、イイってコト?」

アポロ「良くはありません。ですが今のルギアは私にも御し難い。指示も出せません」

コトネ「そう言うコトね。さっきの変な機械、ルギアの急激なレベルアップに凶暴化…。全て合点がいった。最低ってコトね」

アポロ「それこそ至高の褒め言葉」

ラムダ「おい、アポロ!くろいまなざしが解けたなら、早くズラかろうぜ!」

アポロ「そうはいかなくなりましたね。この少女、生かして返したら必ず我々の障害と成りうる」

コトネ「私はゴロウくんさえ、無事ならどーでも良いんだけど。Mr.アロマ、ハードプラント」

Mr.アロマ「ガアァァァァニュゥゥゥゥッ!!!」シュルルルルルルルッッッ!!!

ボゴォッボゴボゴボゴボゴォ…!ブオオォォォォォォォンッッッ!!!

コトネ「いい加減、倒れて頂戴」

ルギア「ギャオ」ギュオォォ…!

コトネ「あ」

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!

478 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/04(月) 00:36:14 ID:MbfSHLfI
ゴロウ「うっ…また大きな爆発…」

ラッタ「ラタァ…」

ゴロウ「ラッタ!」ダッ

ガシッ

アテナ「あら、坊や、どこ行くつもりかしら」

ゴロウ「は…離せでやんす!ラッタが!コトネのアネゴも!」

アテナ「残念だけど…あのお嬢ちゃんとは永遠にお別れですわ」

ゴロウ「な…何を言って…ッ!」

コトネ「くっ…あ゛ぁ…!」ポタッ…ポタポタ…

ゴロウ「アネゴォォォォッ!」

コトネ「ご……ごろ……く……がはっ…!」ゲボォッ…

ラムダ「おーおー。若いお嬢ちゃんのどてっ腹に大きな穴が空いちゃってまぁ」

アポロ「あのルギアの最後の攻撃、『偶然にも』メガニウムではなくトレーナーを狙ってしまったようで」

ルギア「ギャ…オ…」ズシィィンッ

アポロ「流石の怪電波で強化したルギアももう立てませんか…。携帯型の怪電波故か、この少女が強すぎた故か…。まあルギアを回収しやすくはなりましたね」シュボンッ

479 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/06/04(月) 00:43:07 ID:MbfSHLfI
ゴロウ「アネゴォ!アネゴォオッ!」バタバタ

コトネ「ご…ろ……お゛げぇ………」ガクッ

アテナ「心配しなくてもいいわ、坊や。これからはあの娘の代わりに私がお世話をしてアゲル」ジュルリ…

ラムダ「ぼちぼち退散するかね」ポリポリ

アポロ「さらばです。強すぎた少女よ。二度と会い見えない事を切に願います」

ゴロウ「アネゴオォォォォオッ!」

どろんっ

コトネ「ご………ろ…く………ん…………」バタンッ…

480 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:05:15 ID:UEZCWW0Y
ミナキ「くっ…気絶してしまっていた…。流石は伝説のルギアだぜ…」ムクッ…

ミナキ「ロケット団は居なくなってしまったか…。コトネちゃんは、ゴロウくんは無事だろうか…」

コトネ「ゲボォオッ……」ドクッ…ドクッ…

ラッタ「ラタァッ!」

ミナキ「ッ!コトネちゃんっ!…何てことだ…!この傷ではもう…!」

ミナキ「スイクン!スイクンならどうにか出来るのではないか!?伝説のポケモンなら…」ハッ

スイクン「………」

ミナキ「いや…。スイクンは水を綺麗にする能力はあれど、傷を治す能力なんて無い…。そんな事、私が一番分かっているではないか…」ガクッ

ラッタ「ラッタァ!ラタタァッ!」

スイクン「………」

コトネ『あぁん、愛しのスイクンちゅわぁん!早くその美しい触手で私を愛撫してぇ///』ジュワァァァ…

スイクン「くぅん…」ゾワァ…

ゴロウ『アネゴオォォォォオッ!』

スイクン「………わふっ」コクンッ

481 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:10:33 ID:UEZCWW0Y
スイクン「フォオオォォゥッ!」ファサァ…

ミナキ「スイクン?何を…」

シュバッシュバッ!

エンテイ「テエエェェェェェイッ!!!」ボオォッシュタッ!

ライコウ「コオォォォォォオウッ!!!」バチバチッシュタッ!

ミナキ「何と言う事だ!エンテイにライコウまで…!」

スイ・エン・ライ「「「がおー!」」」ファサァ…ボォォッ…バチバチ…!

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………

「Shooooooow!!!」

482 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:14:01 ID:UEZCWW0Y
――――
――
ヒビキ「リューまる、りゅうのはどう!」

イブキ「こっちもりゅうのはどうだ!」

ちりんちりんちりんちりんっ…

ワタル「何の音だ…?」

ヒビキ「…またこの鈴か。エンジュでも一度勝手に鳴りよったのぉ」スッ

イブキ「透明で綺麗な鈴ね…」

ワタル「………!」

483 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:21:32 ID:UEZCWW0Y
――――
――
ホウオウ「SHOOOW」パァァ…

スイクン「わっふる」

エンテイ「がおー」

ライコウ「にゃーご」

ミナキ「ホ…ホウオウだと…!?まさかスイクン達が呼び出したとでも言うのか…!?」ボッキィーンッ

スイクン「わふぅ…」

コトネ「が………っぁ………」ピクッ………ピクンッ…

ホウオウ「SHOW」コクンッ

スイクン「わんっ」レッツ

ホウオウ「SHOOOOW!」パァァ…

エンテイ「がおー」ターイム

ボオオオオオォォォォォォッ………

ラッタ「ラタァッ!?」

ミナキ「ホウオウ!?コトネちゃんにトドメを刺すつもりか!?」

484 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:42:54 ID:UEZCWW0Y
ぱあぁぁぁ…

コトネ「………」シュゥゥ…

ミナキ「コトネちゃんの傷が塞がっていく…」

ラッタ「ラッタァ!」

コトネ「………んっ…。え、ウソ、マジ?」ムクリ…

ホウオウ「SHOW」バサァッバサァッ

エンテイ「てーい」シュバッ

ライコウ「こーう」シュバッ

スイクン「フォオオォォゥッ!」ファサァ…シュバッ

コトネ「突然の事過ぎて、何から驚けば良いってコト?伝説のポケモンのオンパレード?」ジュワァァァ…

ミナキ「わ…私もだよ」ボッキィーンッ

485 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 14:50:56 ID:UEZCWW0Y
――――
――
コトネ「そう…ゴロウくんは連れ去られたまんまか…」

ミナキ「すまない…。私が付いていながら…」

コトネ「付いてながらと言えば、あのアホも無事かどうか分からないってコトね」

ミナキ「だがもっと驚く事と言えば、キミのその傷…」

コトネ「確実にどてっ腹に大穴空いてたよ。本気で死ぬところだった」

ミナキ「ホウオウの炎の力か…」

コトネ「確かにホウオウには死んだポケモンを蘇らせたって伝承は残ってるけど…。でも何でホウオウが助けてくれたんだろう…」

ミナキ「何かゴロウくんのラッタがスイクンに頼み込んでホウオウを呼び出したように見えたが…」

コトネ「………やっぱりゴロウくんは私にとってのエンジェルってコトね」

ミナキ「エンジェル?」

コトネ「ゴロウくんがエンジェルみたいにカワイイってコトね」

コトネ「そんじゃ…私もしばらくスイクン探しを中止して、エンジェル様を助ける事にしますか…」グッ…

486 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/04(水) 15:14:11 ID:pjvN5eXE
らいこうかわいい

487 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 10:44:23 ID:oFCBmIww
数週間後・怒りの湖

ワタル「………そうか。そろそろ奴らの動きが活発化してきたか。流石の諜報力。助かるよ、キョウ」

キョウ「ワタル殿。そろそろ潮時ではないのではござらんか?」

ワタル「ああ。そろそろ修行も完成する所…」

『ギャオオオオオオォォォッスッ!』

キョウ「で、ござるか。しからば」シュバッ

ザッ…

ヒビキ「おぉう!待たせたのぉ、ワタルさん!見ての通りじゃ!」

ギャラドス『ギャオォォオッ!』

イブキ「見て下さい、兄上!湖のギャラドス、全てを手懐ける事が出来ました!」

ワタル「善し!これにて竜の試練は全て終了した!後は実戦で試すと良い」

ヒビキ「おぉう!これでもうロケット団なんぞに負けはせんぞぉ!」

ギャラドス『ギャオォォ…』ウルウル

ヒビキ「そんな顔すな!また会いに来ちゃるきのぉ!」

ワタル(………心なしか、前に見た時よりギャラドスの数が減っているような…)

488 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 10:53:51 ID:oFCBmIww
チョウジジム

ドォンッ!

ヤナギ「賑やかな客人が来たようだな」

ヒビキ「じーさん、また勝負を頼むわ」

ヤナギ「ほう…。見ない内に雰囲気が多少変わったか…。おや…」

ワタル「先日は世話になりました、ヤナギ老人」バサァッ

ヤナギ「これは珍しい組み合わせだな」

ワタル「この二週間余り、俺がこの少年に修行をつけていました故」

ヤナギ「成程な…。若いの、バトルの形式はどうする?」

ヒビキ「此間と同じダブルバトルで頼むわ!」

ヤナギ「相分かった。イノムー、ジュゴン」ポイポーイッ

イノムー「のむぅ」ポンッ

ジュゴン「ジュゴォー!」ポンッ

489 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 11:09:00 ID:oFCBmIww
ヒビキ「カチこめ、アラシまる、デンまる!」ポイポーイッ

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるんっ!」ポンッ

イブキ「成程、相性は良いわね」

ヤナギ「だが此間と同じポケモンで良いのかね?」

ヒビキ「おぉう!じーさんにはこいつらで倒さな意味が無いからのぉ!」

ヒビキ「「さらに!喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」クルクルッパシッ

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ワタル「何…?」

ヤナギ「此間学んだはずであろう?デンリュウはメガシンカすると…」

ヒビキ「ドラゴンタイプが追加されて氷に弱くなるってんじゃろ!」

ヤナギ「敢えて…か。ならばお手並み拝見とするか」

490 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/07/16(月) 11:16:46 ID:oFCBmIww
ヒビキ「おぉう!アラシまる、ニトロチャージ!デンまるはジュゴンに10万ボルト!」

ヤナギ「この氷のフィールドでスピード技など…ッ!?」

アラシまる「バックバックバァァクッ!」ボォォッシュバババッ!

ヤナギ「走れている…!イノムー、ジュゴンを庇え」

ヒビキ「させるくぁ!」

アラシまる「バックァァッ!」ドガァッ!

イノムー「のむぅ…」ググッ…!

バチバチバチィイッ!

ジュゴン「ジュゴォォオッ!」ビリビリィッ!

イブキ「何故この氷のフィールドで足を取られずに…?それに今まで以上のスピードを…」

ワタル「ッ!成程、足元を見ろ」

イブキ「バクフーンの走った足元の氷が砕けている?」

アラシまる「バクゥッ!」バチバチッ

ヤナギ「成程。ニトロチャージと同時に両手両足にかみなりパンチを帯びさせる事で床の氷を砕いていたとはな」

ワタル「しかもそれだけでは無いな。かみなりパンチの電気で筋肉を刺激し、何時も以上のスピードを生み出している!」

491 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 14:44:47 ID:HEfZWKWU
ヒビキ「踏ん張りが効くようになったからアラシまるの得意のスピードを十分に生かせれるわ!イノムーにニトロチャージ!」

アラシまる「バュクフンッ!」ボォォッシュバッシュバババッ!

イノムー「のむぅ…!」ググッ…

ヤナギ「スピードは負けるようになったが、パワーはどうかな?げんしのちから」

イノムー「のぉむぅっ!」ゴゴゴ…ドガァッ!

ヒビキ「あなをほるんじゃ!」

アラシまる「バクゥッ!」ホリホリ

ヤナギ「イノムーの前であなをほるか…。またじしんで…っ!」

デンまる「ぱるぅっ!」ヌッ

イブキ「バクフーンの陰にデンリュウが隠れていたのか!」

ヒビキ「ほのおのパンチィッ!」

デンまる「ぱぁぁるぅんっ!」ボォォ…ドゴォッ!

イノムー「のむぅっ!」ズサァァッ!

ヤナギ「ほぉ…!これは効いた」

ヒビキ「特性『かたやぶり』じゃ!これじゃったらそのあついしぼうも関係無ェ!」

492 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 15:00:37 ID:HEfZWKWU
ヒビキ「追撃じゃ!アラシまる!」

ぼこぉっ!

イノムー「のむぅっ!」グラァッ

ワタル「嵐の様な攻め…!少年め、自分のバトルスタイルを十分に発揮しているな!」

ヤナギ「確かに此間とは大分成長したようだ…。だが!ジュゴン、あられ」

ジュゴン「ジュゴォー」パァァ…

ぱらっ…ぱらぱらぱらぱら…

ヤナギ「次はこちらが攻めよう。ジュゴン、なみのり。イノムー、ふぶき」

ジュゴン「ジュッウゴォーーンッ!」バッシャアァァァンッ!

ヒビキ「うおぉっ!デンまる、10万ボルト!アラシまるはかみなりパンチ!」

デンまる「ぱぁぁるるんっ!」バチバチバチィイッ!

アラシまる「バクバクバァッ!」バチバチッ!ドガドガドガァッ!

ヤナギ「無駄だ」

ばっっしゃあぁぁぁぁぁぁんっ!!!ピキピキピキ…!

493 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 15:06:51 ID:HEfZWKWU
ヒビキ「しまった!水が凍って…!」

ヤナギ「さあ、行け。イノムー。否、マンムー!」バツ

ドコドコドコドコ…ドガアァァァァンッ!!!

アラシまる「バクゥゥアァァッ!」ズサァァッ!

デンまる「ぱるぅぅんっ!」ズサァァッ!

マンムー「まんもぉぉぉぉおっ!」パオーンッ

ヒビキ「何じゃ、そいつはぁ!?」

ワタル「イノムーの進化系、マンムー。げんしのちからを覚えていたから、もしかしたらと思ったが、進化のタイミングを計っていたな…!」

ヤナギ「久々にこの私が熱くなるとは思いもしなかったが…。これで終いだ。二重のふぶき!」

マンムー「まんもぉぉおおっ!」

ジュゴン「ジュゴオオォォオォッ!」

ビュオオオオオォォォォォォォォォォォオオオオッッッ!!!

イブキ「あられ+ダブルふぶき!マズいぞ、ヒビキ!」

494 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 15:18:23 ID:HEfZWKWU
ヒビキ「まだじゃ!ここで退いたら漢じゃねェ!勝込め、アラシまる!デンまる!」

アラシまる「バクゥゥッ!」バッ!

デンまる「ぱるぅ!」バッ

ヤナギ「無策で突っ込んで来るか…!」

ワタル「否!アレは!」

アラシまる「バァァクバァァクゥゥウゥウッ!!!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

イブキ「かえんぐるま…いや、フレアドライブか!」

ヤナギ「フレアドライブだったらこの二重のふぶきも突破は出来るだろう…だが、デンリュウはどうす…る…!?」

デンまる「ぱるぱるぱるぅっ!」ダダダダッ!

ヤナギ「バクフーンのフレアドライブを壁にしてだと…!?」

ワタル「フレアドライブでのスリップストリーム!だが鈍足のデンリュウは全力で走らなければ、バクフーンの後ろにはピッタリと付いて行く事は出来ない、だからと言ってバクフーンがスピードを落とし過ぎたら、あの猛吹雪に吹き飛ばされる!」

イブキ「二匹の…いや、二匹とヒビキの信頼関係があってこその技…!」

ワタル「愛だな!」バサァッ!

495 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 15:26:56 ID:HEfZWKWU
ヒビキ「勝込めェェエッ!フレアドライブ!」

アラシまる「バァァクッフゥゥゥンッ!!!」ドガァァッ!

マンムー「まんもぉす!」グラァ…!

ジュゴン「ジュゴォ…!」グラァ…!

ヒビキ「今じゃ!アラシまるはジュゴンにかみなりパンチィ!デンまるはマンムーにほのおのパンチ!反撃の隙を与えるなァッ!」

アラシまる「バクゥッ!バクバクバクバクバァァッ!!!」バチバチッ!ドガドガドガァッ!!!

デンまる「ぱるぅっ!ぱるぱるぱるぱるぱぁっ!!!」ボォォ!ドガドガドガァッ!!!

ジュゴン「ジュゴゴゴゴゴッ…!」ボコボキャドカバコッ!

マンムー「マムムムム…ッ!」ドカバコボキャグチャッバキッ!

ずしぃぃぃぃんっ…!

ジュゴン「じゅごぉ…」ピクッ…ピクンッ…

マンムー「まむぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヤナギ「…ふっ。成長したな、若いの。私の負けだ」

ヒビキ「っしゃぁっ!」グッ

496 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/15(水) 15:35:50 ID:HEfZWKWU
ヤナギ「これが私に勝った証、アイスバッジだ」スッ

ヒビキ「おぉうっ!アリガトな、じーさん!」

ヤナギ「最初に来た時とは違い、見事なコンビネーションだった。最初と言えば、あの時居た短パンの若いのはどうした?」

ヒビキ「ッ!そいつは…」

パチパチパチ

コトネ「チョウジジム、攻略おめでとう。ヒビキくん」

ヒビキ「コトネ!何でおどれが…」

イブキ「な、何だ!ヒビキ、この女は一体誰だ!」ピキッ

コトネ「別に貴女が気にしてる様な関係では無いってコトね、フスベのジムリーダーさん」

コトネ「まあ、取り敢えず…アンタは無事だったのは良かったよ」

ヒビキ「…どういう事じゃ」

コトネ「どういう事はこっちのセリフ。ま、この子を見ればすぐ理解するでしょ」ポーイッ

ラッタ「ラタァ…」ポンッ

ヒビキ「ッ!ゴロウのラッタ…!」

コトネ「こっちも何があったかは教えるから、アンタも全部言いな」

497 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 14:08:09 ID:Po1duZbk
コガネシティ

ミカン「こうやって二人でお出かけも久しぶりですねー」

アカネ「やろー?ウチがコガネのエエとこぎょーさん案内したげるからな!」

ざわ…ざわざわ…

ミカン「………?何だか町の様子がおかしくないですか?」

アカネ「せやな…。妙な胸騒ぎがしてならへんね…」ゾワ…

ドッカァァアァァァァァンッ!!!

ミカン「ッ!?」

アカネ「な、何や一体!?」

498 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 14:22:55 ID:Po1duZbk
――――
――
コトネ「………そう、大体の経緯は分かったわ。ゴロウくんはヒビキくんを誘き出す為の人質。だけどロケット団からのコンタクトが無い限り動きようが無いってコトね」

ワタル「だが無闇に待つのだけより、彼を鍛えながら待つ方が良かったのでな。それに此方は此方で諜報活動は怠ってはいない」

イブキ「だがお前、まさかあのロケット団幹部三人とルギアを相手に一人で戦っていたとは本当なのか…?」

ミナキ「それは本当だぞ!この私の汚れなき瞳でちゃんと括目した!」

ヒビキ「誰じゃ、おどれ。まー、コトネじゃったらホンマにやりかねんがのぉ」

コトネ「でも結局暴走したルギアに負けて、ゴロウくんも助けられなかった。情けないってコトね」

ヒビキ「んな事言ったら、俺の方が不甲斐無いわ。アポロには手も足も出ず、ゴロウは俺の所為で連れ去られて…」

コトネ「………全く、いつまでしょげてんのさ!アンタらしくないってコトね」

ヒビキ「分かっとるわ!じゃから今度こそルギアもアポロもブッ飛ばしてゴロウを助け出す!のぉ。ラッタ!」

ラッタ「ラタァッ!」

499 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 14:31:38 ID:Po1duZbk
シュバッ!

キョウ「ワタル殿!」

ヒビキ「うおぉっ!ビックリしたわ!」

ワタル「キョウ!収穫があったのか?」

キョウ「うむ。かくかくじかじか…」ヒソヒソ

ワタル「そうか…。皆、聞いてくれ。ロケット団が近々コガネで行動を起こすらしい。恐らく、三年前のヤマブキシティでのテロと同等以上の規模のテロになるだろう」

ヒビキ「コガネか…!」

ワタル「故に各々準備は怠らず、コガネに向かい、テロを未然に防ぎ、ゴロウ君を助け出すぞ!」

コトネ「………それ、ちょっと遅いってコトね」

ワタル「何ッ!?」

コトネ「ラジオ聞きなさいよ」ピッ

500 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 15:09:17 ID:Po1duZbk
ザザ…ザザザ…

『あーあーザザ…我々はロケット団! ザザザ…泣く子も黙るロケット団でザザ…ございます』

『組織の立て直しを…ザザ…図って早…三年!…今日この良き日のロケット団の復活をここに宣言する!』

『あーあー…聞いているんダロ…ザザ…あの時のガキ!早く来いよォギャーハッハッハッ!』

ワタル「何と…!もう既にロケット団はテロに動いていたのか!」

キョウ「このキョウ、何たる不覚…!」ガクッ

コトネ「ラジオをジャックしているって事はラジオ塔…やっぱりコガネってコトね…」

ヒビキ「どうやら俺をお呼びのようじゃな…!」チャキッ

ワタル「待て、少年!まずは策を立ててから…!」

ヒビキ「行くぞ、ムドーまる!ラッタも来るんじゃ!ゴロウを取り返す!」シュタッ

ムドーまる「エアァァーッ!」バサァッ!

ラッタ「ラッタ!」ピョンッ

イブキ「待って、ヒビキ!私も…!」

シュバッ!

コトネ「………ふぅ。先を越されたか…」

501 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 15:17:10 ID:Po1duZbk
上空

ムドーまる「エアァァァー!」バァサッバァサッ

ヒビキ「もっとじゃ!もっとスピードを上げ…!」

シュンッ!

ヒビキ「うおぉっ!止まれ、ムドーまる!」

ムドーまる「エアァッ!?」キキィ!

ヒビキ「………おいおい。こんな空の上で飛び出しすんなよな、アンタ」

リザードン「グルゥ…」バァッサバァッサ

赤帽子「………」フゥゥ…

ヒビキ「悪いが、今、アンタに用は無いんじゃ。そこを通してもらうぞ」

赤帽子「………僕にはお前に用がある」ギロッ

ヒビキ「そんな眉間に皺寄せよったら、綺麗な顔が台無しじゃぞ」ギロッ

赤帽子「………エンジュであの舞妓から鈴を貰っていたな」

赤帽子「それを僕に寄越せ」

502 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 15:31:32 ID:Po1duZbk
ヒビキ「あ゛?この鈴をか…?嫌じゃと言ったら?」チリンッ

赤帽子「力尽くで奪うのみ」シュンッ

ヒビキ「ッ!」

ジャキイィィインンッ!

ムドーまる「エアッ…!」バリィンッ!

リザードン「グルッ…!」ジャキンッ!

ヒビキ「ヤるつもりか…!じゃったら!ムドーまる俺に構うな!ギアを上げるぞ、ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアァァッ!」キィィィンッ!ギュルルルゥ!

赤帽子「『くだけるよろい』か…。ドラゴンクローで止めろ」

リザードン「グルゥウアァッ!」ジャキィィン!ガガガガッ!

ムドーまる「エアァ…!」ガガガッ!

ヒビキ「おんどれぇ…!いきなりムドーまるのスピードを見切りやがった…!」

503 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 15:40:10 ID:Po1duZbk
ガシッ!

ヒビキ「んなっ…!」ググッ…

赤帽子「………貰い受けるぞ」ググッ…

ヒビキ「こんな細腕でなんてパワーじゃ…!じゃが、漢としてはアンタに本気で手を出す訳にゃいかんな」グググッ…

ドゴォッ!

ヒビキ「ごふっ…!」チリンッ…

赤帽子「甘いな」ヒョイッ

赤帽子「投げ飛ばせ」

リザードン「グゥルッゥアァァァッ!!!」ブオォォンンッ!

ムドーまる「エアァァッ!」

ヒビキ「うおぉおっっ!」

ひゅうぅぅぅぅぅぅ!

504 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 15:47:31 ID:Po1duZbk
赤帽子「………行くぞ」

キイィィィィィィンッ!!!

赤帽子「ッ!」

ヒビキ「隙有りィイイッ!」バッ

ムドーまる「エアァァァッ!」ジャキンッ!キィィィンッ!

リザードン「グルゥッ!」チッ

赤帽子「ッ…!」パッ

ちりんっ

ヒビキ「取った!」パシッ

赤帽子「………ライター、だいもんじ」

ライター「グオオォォォォォォッ!!!」ゴオオォォォッ!!!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

505 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/16(木) 21:30:16 ID:rIG6GJRA
今日は更新します
無料R18視聴
1.初撮り♪現役保育士のかなえ先生!裸エプロンで臨時保育!3号君にエッチなイタズラから中出しまでキメられちゃいました!【個人撮影】※2
goo.gl/agp2HT

506 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/17(金) 14:40:32 ID:ftD3T5vw
ひゅうぅぅぅぅぅぅーーー

ムドーまる「ム…ムドォ……」シュゥゥ…

ヒビキ「も…戻れ、ムドーまる…」シュボンッ

ちりんっ

ヒビキ「がーはっはっ……。鈴は取り返してやったぞ、ざまぁみろ…」

赤帽子「………自分の心配をしたらどうだ?このまま落ちたら死ぬぞ」フゥゥ…

ヒビキ「やらないかん事があるでのぉ、まだ死ねねぇんじゃよ、俺ぁ」

赤帽子「………行くぞ、ライター」

びゅんっ…

ヒビキ「………俺ぁ、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ!頼むぞ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「ハクゥー!」ポンッ

ふぉんふぉんふぉんっ……

リューまる「でっていうー!」パッパラー!

バサァァッ!

507 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/17(金) 14:45:12 ID:ftD3T5vw
赤帽子「………やはり甘いな」スッ

ちりんっ

赤帽子「ニセモノと本物をすり替えられたことにも気付かねぇなんてな…」フゥゥ…

ライター「グルゥ…」

赤帽子「ああ…分かってる。行くぞ、鈴の塔に」

びゅんっ

508 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/08/20(月) 11:58:26 ID:kbtis73Q
ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ漆個
手持ち陸匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv48                          Lv44 
フレアドライブ   ニトロチャージ         はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           スピードスター  ガードスワップ     
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         カイリュー  ♂ NN リューまる
Lv49  もちもの デンリュウナイト       Lv55
10万ボルト     りゅうのはどう        りゅうのはどう  りゅうせいぐん 
ほのおのパンチ   わたほうし         れいとうパンチ  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる       ギャラドス  ♂ NN ギャーまる
Lv50                         Lv46
パワーウィップ たたきつける         はかいこうせん ハイドロポンプ
リーフブレード つるぎのまい         ドラゴンテール かみくだく

509 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/20(木) 22:49:13 ID:SRdeEQgg
コガネシティ近辺

シルバー「………チッ」コソッ

キイィィィィィィンッ!

ヒビキ「おんどりゃあぁぁっ!このまましんそくでコガネにカチこみじゃぁー!」

リューまる「でっていうー!」キイィィィィンッ!

シルバー「ッ!あのバカ…!止めろ、オーダイル!」

オーダイル「オダァッ!」バッシャァァッ!

ヒビキ「ッ!何じゃ!?」

シルバー「このバカが!ちょっと降りて来い!」

ヒビキ「シルバァッ!何じゃ、おんどれぇ!邪魔すなや!」シュタッ

シルバー「アレを見てみろ」クイッ

ポッポ「ぽっぽー」パタパタ

ヒビキ「何じゃ、野生のポッtポ…」

ポッポ「ぽっぽ…………ポッポァキエェェェェェェェイッ!!!」ウガー

ヒビキ「な、何じゃぁっ!?」

510 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/20(木) 23:02:08 ID:SRdeEQgg
シルバー「今、コガネシティの敷地にはチョウジや怒りの湖で使われた怪電波が飛び回っている。しかも、前のより強力な奴がな」

シルバー「コガネの敷地でポケモンを出したら、野生もトレーナーのポケモンもお構いなしにアレだ」

ポッポ「ポッピャポッポウエェェェェェェイッ!」

ヒビキ「マジか…」

ワタル「ようやく追いついたぞ、少年。赤髪の少年も久方ぶりだな」シュタッ

イブキ「ヒビキ!兄上が無策で行くなと言ったばかりに…」

ヒビキ「イブキ…ワタルさん…」

ワタル「やはり、ロケット団め。罠を張っていたか…。だがこれ位の事なら想定内だ」パチーンッ

マサキ「どもー。久しぶりやねぇ。何かコガネを一時離れてた間にエライ事になってもうたなぁ」ヒョコッ

ヒビキ「誰じゃ」

マサキ「誰やって…まあ、エエわ。取り敢えず天才発明家のワイがこのワタルはんにいきなり頼まれて作ってんが、これや」パッパラー

シルバー「何だ、このブレスレットは」

ワタル「あの怪電波の脅威を考慮して、彼に作って貰った防怪電波装置だ。これがトレーナーが装着する事で手持ちのポケモンは怪電波の影響下には入らない優れものだ」

マサキ「まあいくらのワイでも二日じゃ二つしか作れへんかったけんど」

511 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/20(木) 23:41:28 ID:SRdeEQgg
ワタル「まず我々のするべき事はゴロウくんを初めとした人質になった町の住民の救出。そしてロケット団の計画阻止だ」

ワタル「少年が奴らの指示通り、透明な鈴を渡してゴロウ君を解放する手もあるが、奴らの目的を考えたらその鈴を奴らに渡すのは非常にまずい」

ヒビキ「ロケット団の目的が分かったのか?」

ワタル「正確な目的は不明だが、その鈴で出来る事は唯一つ…ジョウトに伝わる伝説のルギアと対をなすポケモン、ホウオウの召喚だ」

シルバー「ルギアと対をなすだと…」ピクッ

イブキ「単純に考えたらルギアに続けてホウオウも捕まえて、ロケット団の完全復活…か」

ワタル「無論、そんな事をさせる訳にはいかない。だがゴロウくん達の身の安全が最優先…ならばバレずに侵入して人質を救出できれば良いのだが…」

ヒビキ「どーしたもんじゃのぉ…」

「あれ、アニキやないですかー!」

ヒビキ「アニキじゃと…?まさか…!」バッ

コガネチンピラ1「お久しぶりです、アニキ!」

コガネチンピラ2「お久しぶりっす!」

ヒビキ「何じゃ、おどれらか…」

コガネチンピラ1「お、何か訳ありな感じですかい?ワイらで良かったら話してつかぁさい!」

512 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/20(木) 23:46:43 ID:SRdeEQgg
――――
――
コガネチンピラ1「まさかゴロウのアニキがそんな目に…ゆるさねぇ!」

コガネチンピラ2「せやけどワルモンにバレずにコガネに入るなら訳無いんとちゃいます?」

シルバー「何?」

コガネチンピラ1「ほらアニキは一度使ったやないですか、あの地下通路!さっき俺等もそこから出て来たんですわ!」

ヒビキ「あの地下通路か…!すっかり忘れちょったわ!」

ワタル「地下通路…人質救出…戦えるのは二人のみ…。ふむ、思いついたぞ」ポンッ

513 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/23(日) 22:21:58 ID:rHr5pKwY
――――
――
ワタル「………作戦は以上だ。目的は人質の安全確保と怪電波の停止だ。事態は一刻を争う。直ぐに取り掛かるぞ」

ヒビキ「おい、おどれら。無理して付き合う人用は無いんじゃぞ」

コガネチンピラ1「野暮な事言わんで下さいや、アニキ!ワイ等にあの時のケジメ付けさせてくれ!」

コガネチンピラ2「それにワイらもゴロウのアニキを助けたいんや!」

ヒビキ「おぉう…!じゃが無理はすんじゃねぇぞ!」

シルバー「………俺は俺の目的の為に動く。この機械は借りるがな」

ワタル「ああ、構わない」

イブキ「………ヒビキ。武運を祈る」

ヒビキ「おぉう…。イブキもな」

ワタル「では健闘を祈る!総員、フルブラストォ!」バサァッ!

514 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/23(日) 22:39:35 ID:rHr5pKwY
ラジオ塔

アポロ「………もう直ぐです。サカキ様」ウットリ

ランス「ポケモンの動きを封じた以上、警察やジムリーダー…ましてや四天王とかが無闇に手を出してくるとは思いませんが、念のためラジオ塔を中心に町全体に団員を配置しています」

アポロ「ええ、そうして下さい。後はあの帽子の少年が来るのを待つだけですが…大人しく指示に従うかどうか…」

だだだだっ

したっぱ「申し上げます!街郊外の方でチンピラの集団が暴れています!」

ランス「状況も理解できない阿呆共ですか…。さっさと始末なさい」

したっぱ「それが思っていた以上に数が多く…。排除に時間が掛かっています!」

ランス「チッ…。仕方ありませんね…。都心部を巡回している班を応援に行かせなさい」

したっぱ「はっ!」

アポロ「………」

515 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/23(日) 23:57:48 ID:rHr5pKwY
ラジオ塔・別室

ゴロウ「くっ…はぁ……ぐぅぅ…///」ビクッ…ビクンッ…

アテナ「ウフフッ…ホラホラ…。私はまだ満足してませんことよっ・///」ジュプッ…ジュプッ…

ガチャッ

女したっぱ「アテナ様!アポロ様から直ちに配置に付くよう指示が!」

アテナ「あら…。もうそんな時間に…。仕方ありませんわね…」

ゴロウ「はぁ…はぁ…」

アテナ「続きは全てが終わってからですわね、ボウヤ♪」ジュルリ…

ガチャッ

ゴロウ「くっ…!ようやく行ったでやんす…か…。でも…あれくらいのシゴキ、アネゴのに比べたら…」ギンギンッ

女したっぱ「………♪」ジュルリ…

ゴロウ「えっ…?」ゾワ…

516 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 00:10:43 ID:kkHVnwiY
コガネシティ郊外

ブロロロロンッ!ブロロロロォォンッ!

コガネチンプラ1「オラオラ!おどれら、何ヒトのシマ荒らしてくれてんやぁ!」

コガネチンピラ2「そんな数でワイらを捕まえられると思ってんのか、あ゛ぁ?」

コガネチンピラ『ヒャッハァー!!!』ブロロンッ!

したっぱ「お前等、いい加減にしないと、こっちももう容赦はしないぞ!」チャキッ

ぞろぞろ…

したっぱ「応援に来たぞ。早くこのハエ共を排除しろと言うご命令だ」

コガネチンピラ1「うへっ…!マジか…」

こそっ…

キョウ「………ワタル殿。作戦通り、都心部の団員が応援で此方に回って来たでござる」

ワタル『了解した。そろそろチンピラ君達に助太刀し、『彼ら』の攻撃が届くレンジまで団員を誘導してくれ』

キョウ「承知した。『我等』も行動に移るでござる」シュバッ

517 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 00:34:30 ID:kkHVnwiY
ワタル「………よし、ここでキミ達の出番だ。この町の中ではキミ達だけがポケモンで戦う事が出来る」

ワタル「キミ達の最優先任務はゴロウくんを初めとする人質の救出、怪電波の停止だ」

ワタル「それさえ済めば、後は俺がドラゴン軍団を投入できる!」グッ

シルバー「………言っておくが、俺は人質の事なんてどうでも良い。アポロを潰すついでに怪電波は止めてやる」

ヒビキ「おぉう!じゃが俺もゴロウを助けれたら、すぐ行くからのぉ!少しは残しておけよ、シルバァ!」

シルバー「ふん…」

ヒビキ「そう言えば、ワタルさん。コトネはどうしたんじゃ?一緒じゃなかったのか?」

ワタル「彼女は単独行動でゴロウくんを助けると言って、キミが飛び出した後に行ってしまったぞ」

ヒビキ「ほー。ま、アイツならほっといても何とかするじゃろうて。俺等は俺等の仕事をするだけじゃ!」クルクルッパシッ

ワタル「ふっ。その意気だ!」バサァッ

518 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 00:42:04 ID:kkHVnwiY
コガネシティ・都心部

どぉんっ!

ヒビキ「おらぁっ!行くぞ、シルバァッ!」

シルバー「煩い!ラジオ塔近くに行くまで騒ぐ………ッ!」ハッ

ゴロゴロゴロォッ!

ヒビキ「何じゃ!?受け止めろ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「バクゥゥッ!」ポンッ

ドガァァッ!

アラシまる「バクゥッ!?」

ヒビキ「コイツはポケモンのころがる…!岩タイプの技か!」

ミルタンク「ミルゥゥタァァァァイェェェェェイッ!!!」

ヒビキ「ミルタンク…!?」

519 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 00:51:14 ID:kkHVnwiY
シルバー「待ち伏せ…!作戦がバレていたのか……ッ!」ハッ

ブオォォォォォンッ!

シルバー「アイアンテール…!ならば…!受け止めろ、ハガネール!」ポーイッ

ハガネール「ハァガネェェ!」ポンッ

ガキイィィインンッ!

シルバー「ハガネールの防御を甘くみる……な………」

ハガネール「ハァァァァガァネウェェェェイェェェェェアァァァッ!」

ヒビキ「おっ。そっちはハガネール同士か!じゃがこっちのミルタンクもハガネールもどっかで見た事あるのぉ」

シルバー「………まさか、いや…間違えない…!このハガネールは…!」ワナワナ…

520 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 00:58:25 ID:kkHVnwiY
部隊長「おー!アポロ様の指示でラジオ塔近辺の団員を残してたら、本当に出て来たぞ」

シルバー「貴様!このハガネールを何処で手に入れた!応えろォ!」クワァッ!

ヒビキ「シルバー…どうしたんじゃ…?」

部隊長「さーてなぁ?ま、二匹とも元は俺のポケモンでは無いのは確かだがな」

シルバー「ッ!」

ヒビキ「まさかおどれらぁ…ヒトのポケモンも怪電波で操って…!」

部隊長「ホント凄いよな、この怪電波。どんなに強くてトレーナーに懐いていても、一発でコレだもんなぁ!」ニマニマ

シルバー「………戻れ、ハガネール」シュボンッ

シルバー「………焼き払え、ブーバーン!」ポーイッ

ブーバーン「ブバアァァァンッ!」ポンッ

ゴオオォォォォォォォオッッ!!!

521 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/24(月) 01:09:10 ID:kkHVnwiY
ずしいぃぃぃぃんっ…!

ハガネール「ハ…ガネェ……」シュゥゥ…

ミルタンク「ミルゥゥ…」シュゥゥ…

部隊長「な…何だと…!?」

シルバー「………えろ」

部隊長「えっ?」

シルバー「人質に捉えた人間は何処に連れて行った!応えろォオッ!言わなければ、焼くぞォ!」クワァッ!

部隊長「コ…コガネ百貨店の地下…二階…です」

ヒビキ「おっし!そんなに遠くないのぉ!そこにゴロウも居るかもしれん。俺は行くからシルバーは…」

シルバー「………俺が行く」

ヒビキ「あ゛ぁ?」ピクッ

シルバー「俺が人質の救出に行く…!」

522 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/09/28(金) 13:05:59 ID:0cDBUmVc
見てるよ
期待

523 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/07(日) 23:12:04 ID:M0TccOJQ
ヒビキ「どーいう風の吹き回しじゃ?人質なんてどーでもエエと言っちょったおどれが」

シルバー「事情が変わった。俺が人質の救出に向かう」

ヒビキ「………」チラッ

ハガネール「」シュゥゥ…

シルバー「………」クワッ

ヒビキ「………分かった」

シルバー「ッ!意外だな。お前が素直に折れるとは」

ヒビキ「それ以上に折れそーにも無い眼をしちょるぞ、今のおどれ」

シルバー「………」フッ

ヒビキ「じゃが、そっちにゴロウが居ったらゴロウの事を頼むぞ。意外とゴロウはおどれにも懐いちょる」

シルバー「相分かった」

524 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/07(日) 23:18:53 ID:M0TccOJQ
シルバー「………そう言えば、お前は何故この戦いに参加した?正義とかで名誉とかで動く奴でもないだろう」

ヒビキ「おどれが言うか。ただ気に入らん奴をブッ潰す。それ以上に舎弟を奪われたんじゃ。アニキが動かん訳にもいかんじゃろうて」

ヒビキ「………ま、おどれも似たようなモンじゃろ?」ニヤッ

シルバー「………もう行くぞ」フイッ

ヒビキ「ちょい待ち、シルバー。このごたごたが済んだら俺とバトルしてくれや。今度は誰にも邪魔はさせんきのぉ!」

シルバー「………分かった」シュバッ

525 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/07(日) 23:47:35 ID:M0TccOJQ
局長室

prrrrrrprrrrrr

局長「あーあー吾輩である!」ガチャッ

アポロ『ご機嫌用、ラムダ』

局長「あーあーごほんっ。何を言っているのかね、ちみは。吾輩はラジオ塔の局長であーる」

アポロ『おふざけはそこまでにして下さい」

ラムダ「ちっ。固い奴だナー。んで、何の様よ。別にサボってなんか、いないぜー?」

アポロ『お仕事です。帽子の少年が此方に。シルバー様が地下倉庫の方に向かっています』

ラムダ「おっ、来たか。だったら俺が帽子のガキを…」

アポロ『いえ、貴方にはシルバー様の対処をお願いします。私はこちらで計画を進めていますので』

ラムダ「………ランスやアテナを行かせれば良いダロ」

アポロ『彼等ではシルバー様は始末できない。良いですか?『倒す』『排除』ではなく『始末』ですよ」

ラムダ「………チッ。分かったよ」

アポロ『そうそう…。シルバー様は人質の一人、アサギのジムリーダーと懇意の仲とか』

ラムダ「それを使わない手はないわな」ニヤァ

526 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/08(月) 00:29:06 ID:6eQXnAF6
ラジオ塔

どおぉぉぉんっ!

ヒビキ「おんどりゃあぁぁー!カチこみじゃぁー!」クルクルッパシッ

したっぱ「何だ、このガキは!」

したっぱ「コイツ、アポロ様の言っていた例のガキか!強いとは聞いたが、今はポケモンを使えない筈…!捕えろ!」

バシイィィィィインンッ!

ツボミまる「ウツボット…」

ヒビキ「ポケモンが…何じゃって?オラアァァッ!」クワァッ!

ランス「貴方達は下がりなさい」

女したっぱ「キャーッ!ランスさーん!」

ヒビキ「おぉう!どっかで見た面じゃのぉ!無駄に男前でのぉ!」

ランス「キミが此処に来たという事は大人しく鈴を渡す気になったのですか?」

ヒビキ「残念じゃがコイツは約束で渡せんでのぉ…。じゃが人質もゴロウも奪い返すんで夜露死苦!」チリンッ

ランス「何故この町の中でポケモンを使えるのか、そして人質を助け出せれる自信が何処から来るのか疑問ですが…」チャキッ

ヒビキ「かかって来いやぁぁっ!」

527 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/08(月) 00:37:44 ID:6eQXnAF6
コガネシティ郊外

したっぱ「これだけ集まれなポケモンも使えないチンピラなんて物の数では無い!」

したっぱ「かかれー!」

コガネチンピラ1「後は頼んだでー!四天王の人達ー!」

どろんっ!ドガァッ!バキィッ!メキャッ!

したっぱ「うぎゃあっ!」

キョウ「いざ、共に参ろうぞ!シバ殿!」

シバ「うむ。例えポケモンが使えずとも…我らの体術があれば…!ウーハー!」ドガァッ!

したっぱ「まさか…!コイツ等ポケモンリーグ本部の四天王か!」

したっぱ「ポケモンだ!ポケモンを使えー!」ポーイッ

アーボ「アボー!」ポンッ

ドガース「ドガァー!」ポンッ

ゴルバット「ゴルバッツ!」ポンッ

ひゅぅぅぅうううう…バシャアアァァァァァァァァンッ!!!

528 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/08(月) 00:47:09 ID:6eQXnAF6
したっぱ「ポケモンの水攻撃!?でもこの町ではポケモンは怪電波で我らの支配下になる筈…!」

キョウ「町の中…ではな」ニヤッ

グリーン「真打登場だZE!」ウネウネ

シバ「久方ぶりだな、グリーン」

グリーン「おー、マッチョメン!相変わらずのマッスルだZE!」

キョウ「他の者達は?」

グリーン「ロリ巨乳とコルニは町の反対側でイツキとカリンお姉様と一緒だZE」

したっぱ「まさか…!町の外からの狙撃!?一体どれだけの距離から!?」

グリーン「育て屋辺り…いや、ウバメの森の出口くらいか?もう一発狙い撃ちだZE、マネー!」

ひゅぅぅぅうううう…バッシャァアァァァァァァァンッ!!!

529 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/10(水) 21:18:35 ID:VPZxYykQ
地下倉庫

ガチャァンッ!

町人「だ、誰っ!?」

シルバー「早く出ろ。向こうでピッチリスーツを着た変態マント女が居るからそこに行け」

町人「お、おおきに!この恩は忘れへんで」タッタッ

シルバー「………」キョロキョロ

アカネ「アンタは…確か此間ジムに挑戦に来てた子やんか!助けてくれておおきにな!」

シルバー「おい、ここにミカン…アサギのジムリーダーは居なかったか?」

アカネ「せや、ミカンちゃん!大変やねん、ミカンちゃんがさっき変な紫色の頭したロケット団員に奥に連れて行かれてん!」

シルバー「何ッ!?チィッ、お前はちゃんと自分の街の人間を安全な所に避難させろ!倉庫の出口でピッチリマント女が町の外への隠し通路に案内してくれる!」

アカネ「イブキさんもおるん?分かった!でもアンタはどうすん?」

シルバー「俺はミカンを助けに行く」

アカネ「そっか…。アンタがミカンちゃんの…。しっかり彼女助けに行きよー!」

シルバー「かっ…かの…っ///煩い!」ダッ

530 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/10/10(水) 21:34:33 ID:VPZxYykQ
――――
――
シルバー「ハァッ…ハァッ…何処に居る…」キョロキョロ

ミカン「……うっ」

シルバー「ッミカン!大丈夫か?大事は…」

ミカン「シルバ……さん…」タユンッ

シルバー「ッ!その胸は…!フンッ…浅はかだな、ラムダ…。まな板の素晴らしさも理解できず、そんな変装を…」バッ

シルバー「………すんっ。いや、待て…。この柑橘のような香りは…。間違いなくミカンの香り…!だがその胸は一体…」

ミカン「シルバ……さん……逃げ……」

ぷしゅぅぅぅぅぅう………!

シルバー「くっ!?胸からガス…!ぐっ…!」ビリッ…

ラムダ「………てっきりあのまま引っ掛からないと思ったら、まさか香りで引っ掛かってくれるとは思わなかったゼ…」コソッ

シルバー「ラムダァ…!」ギリィッ…

ラムダ「安心して下さいよォ、シルバーサマ。そいつはまだタダの神経ガスだゼ」

シルバー「貴様ァ…!胸パッドを入れる為にミカンの服の中に手を突っ込んだのかァァアッ!」クワァッ!

531 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 17:52:55 ID:Pr2qAnk6
ラジオ塔

ツボミまる「ウツボット…」チャキーンッ…

クロバット「ク…クロォ…」ピクッ…ピクンッ

ランス「ふぅぅ…」

したっぱ「相性の不利なウツボット一体でランス様のポケモンを全て倒すなんて!」

ヒビキ「今の俺等をこんな程度で止められる訳ないじゃろうがよぉ!」クルクルッパシッ

ランス「………所詮私を倒したところでロケット団の怒りを強めただけですよ」

ヒビキ「ど阿呆。おどれらの怒りより俺の怒りの方が断然上じゃ」

ランス「………尋ねますが、もしや今コガネにシルバー様が居らっしゃるのでは?」

ヒビキ「シルバー『様』?まあ、アイツなら地下倉庫に向かったがの」

ランス「地下倉庫…!そう言えば先程ラムダが…。マズい…!」ダッ

ヒビキ「………俺、今マズい事教えてしもうたか…?まあシルバーなら大丈夫じゃろうて」

ヒビキ「今はこの怪電波を止めてゴロウを助け出し、アポロをブッ倒すんじゃ!」ダッ

532 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 18:10:48 ID:Pr2qAnk6
――――
――
ヒビキ「クソッ!この塔、デカすぎじゃろうが!何処を探せばエエんじゃ!」ドガァッ!

ラッタ「ラタァッ!」ピクピクッ

ヒビキ「おぉう!もしかしてゴロウの場所が分かったのか!」

ラッタ「ラッタッタ!」タッタッ

ヒビキ「おぉう!この部屋じゃな!」ドガァッ!

ドガァンッ!

コトネ「あはぁんっ///どぉー?偶には束縛された状態でヤるのも興奮するでしょぉ?」ズチュッズチュンッ

ゴロウ「アネゴォ…///もうオイラ…ダメでやんす…///」ビクンビクンッ

コトネ「さっきまであの女相手にガマンしてたのに、今じゃこんなに喘いじゃって…♪やっぱりあんなオバサンより私の方がイイってコトね」

ヒビキ「何さらしとんじゃぁ、おどれらぁぁあ!!!」クワァッ!

ゴロウ「ア…アニキィ!」

コトネ「あ、ヒビキくん。遅かったじゃない」

ヒビキ「オイ…。一からちゃんと説明しろや」

533 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 18:23:44 ID:Pr2qAnk6
ヒビキ「…………俺等と別行動してたコトネがロケット団員の変装をして、あの幹部のねーちゃんの部下になって、ゴロウを助ける機会を窺っちょった訳か?」

ゴロウ「オイラも最初はビックリしたでやんす…」

コトネ「あんな変装も分からないなんて結構オトボケ集団ってコトね、ロケット団も」

ヒビキ「それは分かったが、何でこんな所でこんな状況でヤってんじゃ」

コトネ「そりゃあ間近でゴロウくんが他の女に犯されるの見せられたら溜まっちゃってしょうがないってコトね」

ゴロウ「面目ないでやんす、アニキ…」

ヒビキ「ま、目的の一つのゴロウを助ける事は出来たしエエが…。後は怪電波を止めて…」

コトネ「あー、その怪電波だけどね。キミじゃ止めるの無理だわ」

ヒビキ「あ゛ぁ、何でじゃ?」

コトネ「ヒビキくん、パソコン詳しくないでしょ」

ヒビキ「テレビ電話ぐらいなら使えるぞ」

コトネ「プログラミングとかは?」

ヒビキ「そりゃ、無理じゃな」

コトネ「だから怪電波の方は私がどうにかするから、ヒビキくんはアポロを倒す事に専念しな」

ヒビキ「おぉう、任せた」

534 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 18:40:09 ID:Pr2qAnk6
ヒビキ「じゃがこの怪電波の中じゃ、お前もポケモンは使えんぞ。大丈夫なのか?」

コトネ「囮役は得意でしょ?」

ヒビキ「そー言う事か…。任せい」ニヤッ

ゴロウ「アネゴ…」

コトネ「そんな顔しないの。さっさと終わらせてまた続きをしよ?」

ヒビキ「………ゴロウ、先ずは俺がお前を外に逃がす。後は地下通路に居るイブキに…」

ゴロウ「アニキ…それなんでやんすが…。オイラ、しばらく人質のふりをしとくでやんす」

ヒビキ「あ゛ぁ!?何言っちょるんじゃ!何故におんしをまた危険な目に合わせないかん!俺はゴロウを助ける為に…!」

ゴロウ「既にアニキ達に迷惑をかけてる事は分かっているでやんす!でももうアニキ達に助けられるばかりじゃ嫌なんでやんす!」

ヒビキ「………他の雑兵共ならともかく、おどれの力であのアポロと真正面でヤるつもりか?」ギロォッ

ゴロウ「アポロ相手に真正面で太刀打ち出来ると思うほど、オイラもバカじゃないでやんす。でも捕えていた人質がいきなり襲ってきたら、アポロだって…」

ヒビキ「どういう事じゃ?」

コトネ「実がヒビキくんがここに現れる前にゴロウくんをアポロの基に連れて行く手筈だったの。確かに有効な手かもしれない…」

ヒビキ「コトネ…おどれまで…!」

535 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 18:56:01 ID:Pr2qAnk6
コトネ「話したと思うけど、私は一度アポロ達やルギアと戦って圧倒してたの。途中まではね」

ヒビキ「携帯型怪電波装置か…」

コトネ「仮に私が怪電波を止めるのが間に合ってもアイツはそれでポケモンを無理矢理強化させる可能性もあるってコトね」

コトネ「いくらヒビキくんが修行で強くなったとしても、それを使われたら堪らないでしょ?」

ゴロウ「もし使って来ようとしたら、人質のフリをしたオイラが後ろからアポロから装置を奪うでやんす!」

ヒビキ「じゃが…!」

ゴロウ「我儘だって事は分かっるでやんす!捕まったのはオイラの失態…でもオイラだってもう自分のケツは自分で拭くでやんす!」

ヒビキ「ゴロウ…」

ゴロウ「………」クワッ

ヒビキ「………はぁ、一日でその眼を二度も見せられるとはのぉ…。ちぃーとも折れそーにも無い眼をしちょる」

ゴロウ「アニキ…!」

ヒビキ「弟分弟分と言って甘やかしちょったが、その生意気さ、誰に似たんじゃろうのぉ」ニカッ

ゴロウ「誰でやんすかねぇ」ニカッ

536 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/24(土) 19:01:52 ID:Pr2qAnk6
コトネ「じゃあ簡単に緩めれるように縛っておくね。でも無茶はしないでよ…?」

ゴロウ「アネゴ…アネゴも気を付けて…」

ヒビキ「ラッタはまだ俺が預かって置く。返したい所じゃが、俺の手持ちに居ないと怪電波でやられちまうきのぉ」

ラッタ「ラタァ…!」ギュゥ…

ゴロウ「ラッタ…。せっかく会えたのにゴメンでやんす。でも絶対戻ってくるでやんす!」

ラッタ「ラタァッ!」

ヒビキ「………ゴロウ、もう行くきのぉ。必ずまた迎えに来る」

ゴロウ「アニキ…!待ってるでやんす…!」

537 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/27(火) 18:37:20 ID:qUArBLN.
地下倉庫

シルバー「ぐぅぅ……!フライゴン、ドラゴンクロー!」ビリッ…

フライゴン「フゥリャアァァッ!」ジャキィィンッ!

ザシュッ!

マタドガス「ドガアァッ!」ゴトッ…

ラムダ「チィッ!神経ガスを喰らってもコレかよ!次のマタドガスも行けェッ!」ポーイッ

マタドガス「マタドガァッ!」ポンッ

シルバー「バトルの腕では幹部でも下の貴様に遅れなど…とるものかァ!」

ラムダ「あらそう。だったらこうだ」ポチッ

ごろごろっ

マタドガス『まーたまたドガァースッ!』プシュゥゥ

ラムダ「こいつらは手持ちとは別だが、自動に毒ガスを吐くようになってんだ。アンタがここに来るのは分かってたからな、罠を仕掛けさせてもらったゼ」ニヤァッ

シルバー「ばくおんぱァッ!」

ドバババババババババァアアアアッ!!!

538 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/27(火) 18:51:36 ID:qUArBLN.
ラムダ「んなぁっ!?」キーンッ

マタドガス「ド…ドガァ…」

ごとっ…ごとごとごとっ…

シルバー「ハァ…ハァ……どうした…?小細工はもうお終いか…?」ビリッ…ビリビリ…

ラムダ「チィッ…。流石にこれはマズいかもな…」タラリ…

ラムダ(だったら精神的に揺さぶりをかけてやろうか…)チラッ

ラムダ「それにしても、シルバーサマよぉ。俺ァ知ってるんだゼ?アンタがガキの時からアテナに毎晩毎晩抱かれてた事をよぉ」

シルバー「ッ…」

ラムダ「まあ性格はアレだがあんなナイスバディを抱けるなんて羨ましい事だが、皮肉な事にアンタはそれが原因で巨乳嫌いになっちまったんだよナァ」

シルバー「黙れ…!」ギロォッ…

ラムダ「だからそこの貧乳の嬢ちゃんに惹かれたんダロォ?そんな理由で愛されるなんてお嬢ちゃんが哀れでなんねぇや。ギャーハッハッハッ!」

シルバー「否ァァッ!俺はそんな理由でミカンに惹かれた訳ではないッ!」クワァッ!

シルバー「俺はミカンの……かはっ!」ドクンッ

ラムダ「ほーら、そんな感情的になるから俺の第二の罠に気付かねぇんだよ…」ニヤァッ…

シルバー「な…に……?」ガクッ…

539 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/11/27(火) 19:13:50 ID:qUArBLN.
ラムダ「俺が倒れたマタドガスどもをボールに戻さずに居た事に気付いてたか…?」

マタドガス「ド…ドガァ…」モク…モクモク…

シルバー「これは…透明の毒ガスか…!」ゼェ…ゼェ…

フライゴン「ふ…ふりゃぁ……」ガクンッ…

ラムダ「コイツ等には戦闘不能後も毒ガスを出し続ける様になってんだよ。しかも今までの毒ガス…そう三年前にカントーで使った毒ガスとは比べ物にならねぇゼ?」カポッ

ラムダ「この毒ガスはな…即効性は無い遅延性でな…。だが吸えば吸うほど徐々に徐々に身体の体細胞を破壊して最終的には地獄の苦しみを味わいながらご臨終だ!」シュコーシュコー

ミカン「ごほっ…ごほごほっ…」

ラムダ「この地下じゃ毒ガスが直ぐに蔓延するゾー?早くどうにかしなきゃ自分も愛しの彼女も地獄の苦しみを味わう事になるゼェ?」ニマァ

ミカン「ごほっ……シ…ルバー……さん……」ガクッ

シルバー「ッ…!ラムダァァアッ!貴様ァァァアッ!」チャキッ

540 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 22:20:58 ID:oQsFZQL.
ラジオ塔・展望台

ドオォンッ!

ヒビキ「おんどらぁっ!アポロはどこじゃあぁっ!」

アポロ「………おやおや、ついにここまで来ましたか。中々優秀みたいですね」

ヒビキ「おぉう!チョウジではしてやられたが、今度はそうはいかんぞ!」

アポロ「ふっ。まさかと思いますが、人質の事は忘れていませんよね」パチンッ

ウィィーンッ

ゴロウ「ア…アニキ……」コクンッ…

ヒビキ「ゴロウッ!………おどれら、ゴロウに手ェ出すんじゃねぇぞ!」コクンッ

アポロ「ならば約束通り、透明な鈴を持ってきているのでしょうね」

ヒビキ「これじゃろ?」チリンッ

アポロ「如何にも」ニヤッ

541 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 22:39:07 ID:oQsFZQL.
ヒビキ「その前に聞かせろや。話には聞いたがコイツはホウオウっちゅー伝説のポケモンを呼び出す為の道具らしいのぉ」

ヒビキ「おどれら、本当にそれだけが目的か?ホウオウが欲しけりゃ、ルギアみたいに無理矢理捕まえればよかろうに」ギロッ

アポロ「………キミはこのラジオ塔に上がって来るまでに我々、ロケット団と言う巨大な悪に立ち向かった。さぞ見上げた正義の心でしょう」

ヒビキ「俺ァ、テメェが正義じゃと思った事は一度もありはせん。寧ろワルじゃと思っとる」

アポロ「キミ自身がそう思っていても、彼のポケモンはどう見るでしょうね」

ヒビキ「どう言う意味じゃ?」

アポロ「元々このラジオ塔は木造の塔でしてね。昔はこの塔もホウオウの拠り所の一つだったそうです」

アポロ「ならば条件させ整えば、この塔にもホウオウが現れると言うもの…。必要なのは透明な鈴を持った正しいトレーナー…そして降臨の儀式…!」パチーンッ

ウイィーンッ

コウメ「ヒビキはん…!」

ヒビキ「ッ!コウメちゃん!他の舞妓の娘らも…!」

アテナ「大人しくしててね、ボウヤ」

アポロ「ホウオウを呼び出す儀式は代々エンジュの舞妓達によって受け継がれてきた…。今は彼女たちが降臨の舞を受け継いでいるのですよ」

アポロ「そして現れたホウオウを捕まえ、虹色の羽を手に入れるのです!」

542 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 22:57:16 ID:oQsFZQL.
ゴロウ「虹色の羽…?」

ヒビキ「おぉう、まさか珍しい羽をコレクションしたい為にこんなバカげた騒動を起こした訳じゃねぇだろうな」

アポロ「勿論、続きがありますよ。ホウオウの虹色の羽…ルギアの銀色の羽から作られる時を捉えるモンスターボール…それを使いウバメの森の祠に現れる、時渡りポケモンを捕まえるのが真の目的…」

ゴロウ「ウバメの森の祠って…オイラ、見た事あるかも…」

アポロ「その時渡りポケモンを使い、三年前のトキワジムに遡り…我らのボス、サカキ様をお助けする!」

アポロ「そして、捕まえたホウオウ、ルギアをサカキ様に献上し、このラジオ塔の電波からロケット団の真の復活を全世界に宣言するのです!」グッッ!

アポロ「さあ、正しきトレーナーよ!その正しき心で鈴を鳴らし、そしてエンジュの舞妓達よ!その雅な舞でホウオウを呼び出すのです!」

ヒビキ「………ギャーギャーギャーギャー何を言ってんのか、よー分からんぞ、おどれ」

アポロ「キミみたいな子供に理解出来る訳ないでしょうね…。それより早くホウオウを!」

ヒビキ「いや、じゃからどー呼ぶんじゃこれで」チリンッ

コウメ「………違う、ヒビキはん」

ヒビキ「えっ?どした、コウメちゃん」

コウメ「ヒビキはん!それ透明な鈴とちゃう!ただのガラスの鈴どす!」

543 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 23:05:31 ID:oQsFZQL.
コガネシティ・北部

フシギバナ「バァナァ…」モワワーン

したっぱ「うへぇ…イイ香り…」ウットリ…

カリン「やるじゃないかい、元・チャンプ」

イツキ「あまいかおりでコガネの敷地外に誘導すれば怪電波の影響もないしね」

ブルー「でもこれくらいじゃ、まだコガネの中央に居るロケット団や操られたポケモン達に届いてないですよ」

コルニ「青ちゃん、謙遜しすぎだって…。えっ何!?」ブルブルッポンッ

ブルー「私のボールも…!どうしたの、ライター、ピッキー!」ブルブルッポンポンッ

ライター「グルゥ…」

ピッキー「ルア゛ァァイ…」

アーロン「ばぁう…」

ブルー「この子達…全員レッドくんの…」

コルニ「この感じ…前にも…」

「SHOOOOOOW!!!」

544 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 23:22:31 ID:oQsFZQL.
――――
――
アポロ「透明な鈴がニセモノ…?まさか騙して…!」ギリィッ

ヒビキ「待てや!俺にも何が何だか……あっ」

赤帽子『貰い受けるぞ…』チリンッ

ヒビキ「あん時か…!」

ゴロウ「でも待つでやんす…!向こうの上空に!」

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………

ホウオウ「SHOOOOOW!」バァッサバァッサ

ヒビキ「ホウオウじゃ!」

コウメ「何で…。透明な鈴も無いし儀式もしてないのに…」

アポロ「まあ何はともあれ、ホウオウは出現した…。さあ怪電波の餌食に!」

ヒビキ「マズい!まだコトネが怪電波を止めてないからホウオウもロケット団に操られて…!」

ホウオウ「SHOW!勝!少々!」バァッサバァッサ

ゴロウ「………正気で、やんすよね…?」

アポロ「………流石は伝説のポケモンって所ですか…。ならば力づくでも!」パッチーンッ

545 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 23:38:51 ID:oQsFZQL.
コガネシティ・中心

ハガネール「ハアァァァァガネェウエェェェェェイッ!!!」

ミルタンク「ミィィルタンクウエェエェェイッ!!!」

イブキ「さっきまで倒れていたポケモン達が…!怪電波の影響か!」

アカネ「待ってや!アレ、ウチのミルタンクやんか!」

ホウオウ「SHOOOW!」

ワタル「むっ…!アレはホウオウ!まさか呼び出されてしまったのか…!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…!

ルギア「ギャアァァァァァスッ!!!」ドオォォンッ!

ギャラドス『ギャオォォオッ!!!』

イブキ「ルギア…!それにあのギャラドスはもしかして怒りの湖の…!ロケット団め、ホウオウを捕まえる為に数匹捕えてたのか…!」

ワタル「えぇい…!怪電波がまだ止まっていない状況で…!潜入組よ、早く止めてくれ!」

546 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/05(水) 23:48:42 ID:oQsFZQL.
地下倉庫

ドガアァァァァァァンッ!!!

ハガネール「メガッ!ハガネェェェェイル!!!」

シルバー「お前がアァァァァァッ!!!」

ラムダ「うわわわぁぁっ!」ズサァッ!

ラムダ「イテテ…!コイツ、マジギレかよ…!んっ?」ガガガッ…

したっぱ『ラムダ様、現在コガネシティ上空に作戦通りホウオウが現れました!今、アポロ様が対応しております!』

ラムダ「チッ…!アポロのヤロォ…!やっぱりホウオウを横取りされない様に俺様をこっちに寄越しやがったな…!」

ラムダ「折角俺様が怪電波を使ってホウオウとルギアを操り、ロケット団のボスになってやろうと思ったのによぉ!」

ブオォォォォォンッ!!!

ラムダ「どわあぁっ!ってその前にこの王子様をっどうにかっ…しねぇと…!」シュコーシュコー

ラムダ(ま、どーせこの毒ガスの中じゃもう長くはねぇだろうがな…)ニマァ

547 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/06(木) 00:00:10 ID:72CAF03s
――――
――
アポロ「さあ、ギャラドス達よ、ハイドロポンプ!」

ギャラドス「ギャアァァォオォォォッ!!!」バッシャアァァァンッ!

ホウオウ「SHOW……」パァァ…

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………しゅうぅぅぅぅ………

ヒビキ「にほんばれじゃ…!ハイドロポンプの威力が弱まった…!」

ホウオウ「SHOW!」ビイィィィィィムッ!!!

ギュオオォォォォォォォォオオオッ!!!

ギャラドス「ギャッ…!」

チュドオォォォォォォォォォンッ!!!

ゴロウ「何て威力でやんす…!」

ヒビキ「じゃがアレは…にほんばれでのタメ無しでソーラービームって…」

アポロ「野生のホウオウがそのような戦法を…?」

アテナ「………」

548 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/06(木) 00:10:47 ID:72CAF03s
アポロ「いや…それよりも…!ギャラドスが一撃でやられてもルギアさえいれば…!」

アテナ「………ねえアポロ。もし作戦が成功し、セレビィを捕え、サカキ様を救い出す事が出来たなら…『彼』も三年前から救い出してくれるのよね…?」

アポロ「………それは出来ない。奴はサカキ様を殺した漢です…!」ギリィッ

アテナ「………そう。残念だわ」

チャキッ

アポロ「………何のつもりです、アテナ」

ヒビキ「どー言う状況じゃ、コレは…」

ゴロウ「アニキ…!ホウオウの背中に!」

ヒビキ「ッ!アイツは…!」

アポロ「やはり…。トレーナーが付いてましたか…。何者です?」

ヒビキ「………やっぱ、アンタか。あん時はよくもまあやってくれたのぉ。あの一瞬でニセモンの鈴と入れ替えるなんざ」

ヒビキ「おんどれぇ…何が目的じゃ!マサラタウンのレッドォッ!」クワァッ!

赤帽子「………」フゥゥ…

549 以下、名無しが深夜にお送りします :2018/12/06(木) 08:22:08 ID:dRiutF9g
ホウオウはラッパーだった...?


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

踏み出せば何かが変わる - 三浦 大輔


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板