したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

男「ロリババアに囲まれた生活」

314 以下、名無しが深夜にお送りします :2016/08/13(土) 00:39:16 ID:TqUgJPi6

銀「(……蛇神の子孫と、いつの間にか、そこまで関係が発展していたのか。……このままいくと、安産守りの準備も必要じゃろうか。……しかし、男もついにそういう年頃になったのか。……あの娘はほとんど人間である上、儂らとの縁もあるんじゃから、喜ばしいことじゃ……喜ばしい……喜ばしい……ううむ……喜ばしいはずなんじゃ……)」モヤモヤ…


きつね「(……妾が初めに手を出すのは男の為にやめておいたが、もう少しでそうした配慮も必要なくなるか……なに、手解きしておけば、二人のためになるだろう……少し愉しんでも罰はあるまい)」クスッ…


ねこまた「(にゃー、もう少しで遠慮する必要もなくなるにゃー。他の三人への義理を立てるために、男ちゃんの初めてをやすやすと渡すのは口惜しいケド、すぐにお姉ちゃんのことしか目に入らないようにしてあげるにゃー、男ちゃん楽しみに待ってるにゃ)」ニャフ-


座敷童「(……あの娘が男くんの伴侶になるのでしょうか…………祝福するべきですよね……人外の私では……男くんと寄り添うことは……できませんから……しかし……やはり……)」グッ


雪女「(……な、なんか緊張感が漂ってるわね)」

男「今日もきゅうりの漬け物が美味しい。さすが銀ばあちゃんときつねばあちゃん」シャクシャクッ

雪女「アンタはだいたい泰然自若としてるわね……」

男「そんなことないよ! いつだって雪さんの可愛さにドギマギしてるよ!」

雪女「なんなのよ!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

小林さんちのメイドラゴン : 1 (アクションコミックス) - クール教信者


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa