したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が950を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

(-_-)オカルトとサイエンスのようです(@∀@-)

1 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:13:38 ID:/M11gwtI0
(-_-)「今日こそ…今日こそはガッツリ言わせてもらうぞ…」

(-@∀@)「………ハァ」

(-@∀@)「何回言ったって結論は同じだ。諦めろ」

(-_-)「いいや、諦めないね。」

(-_-)「だってこの世には…」





(#-_-)「幽霊が居るんだからなぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

(#-@∀@)「居るわけないだろハァァァァゲ!!」

从 ゚∀从(また始まった…)



(-_-)オカルトとサイエンスのようです(@∀@-)

第一体目:トイレの花子さん

2 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:14:35 ID:/M11gwtI0
(#-_-)「何回言わせたら分かるんだ!幽霊は居るの!妖怪も都市伝説も存在するんだよ!!」

(#-@∀@)「そのセリフそっくりそのまま返してもらおうじゃないか!この世に幽霊も妖怪も存在しない!」

(#-_-)「居る!居るったら居る!」

(#-@∀@)「…大体君は!毎日毎日部室に着ては同じ事をペラペラと…オカルト部ってのはそんなに暇なのかい!?」

(#-_-)「そんなもんお前が言える筋合いじゃないだろ!?手に持ってるのはなんだ!?」

(-@∀@)「カルメ焼き」

(-_-)

(-@∀@)


(#-_-)σ
「やっぱ暇じゃねぇかあああああ!!」

(#-@∀@)「暇じゃありませええええん!!」

3 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:15:39 ID:/M11gwtI0
(#-_-)「なんだよカルメ焼きって…完璧におやつタイムじゃん!一個よこせ!」

(-@∀@)「おやつタイムじゃないし。実験タイムだし」

从 ゚∀从つ○
「あ、食べたいならどうぞ」

(-_-)「わーいハイン君やっさしーアサピーきらーい」

(-@∀@)「僕もお前きらーい早く視界から失せろー」

(#-_-)「アサピーモグモグファッモグモグク!もモグモグげろモグモグ」

(-@∀@)「食べるか罵倒するかどっちかにしてくれない?」

4 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:17:41 ID:/M11gwtI0
(-@∀@)「てなわけで一刻も早く視界から消えて欲しいから高岡、追い出してくれないか」

从 ゚∀从「うっす」

(#-_-)「テメェ…後輩をこき使うとは悪い先輩だなぁ!」

(-@∀@)

(#-_-)「シカトするなコラ!」

(((从 ゚∀从「はいはい関係者以外は立ち入り禁止ですよ」

((((#-_-)「クッソ…覚えとけよな!また明日も来てやるんだから!」

バタン


(-@∀@)「………」

(-@∀@)「ホント暇だよなぁ…アイツ」

5 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:18:58 ID:/M11gwtI0
(-@∀@)ハァー…

(-@∀@) (ついカッとしてしまった…まぁアイツが悪いし)

(-@∀@) (しっかしアイツ追い出す時に高岡パシッたのは悪いな。後でなんか奢ろう)

(-_-)「ねぇねぇこの実験道具の正式名称ってなんて言うの?」

(-@∀@)「あーこれは駒込ピペット言って…」


(-_-)  (@∀@-)



(;-@∀@)「どわっぱあああ!!何でお前居るんだ!?」

(-_-)「はっはっは明日来ると思ったか?」

(゚_゚)「今来ましたあああ!」

(;-@∀@)「ムカつく!めっちゃムカつくこいつ!」

(;-@∀@)「…ったく。とことんしつこい奴だな…高岡は?」

(-_-)「ボンタンアメ一個で交渉成立してくれた」

(-@∀@)「あの野郎」

6 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:20:00 ID:/M11gwtI0
从*゚∀从 ガラッ

从*゚∀从「あ、ヒッキーさんボンタンアメあざーっす!」

(-_-)「カルメ焼きくれたお返し」

从*゚∀从「アサピーさん!ヒッキーさんからボンタンアメ貰ったんスよ!いい人!」

(-@∀@)「ソウダネヨカッタネー」

从;゚∀从「棒読み!」



(-@∀@)「…で、また幽霊居る居ないの言い合いをするのかい?一気に熱が冷めたんだが」

(-_-)「いいや、またここで同じ討論をしたって結果は同じさ。流石に学習はしてるよ」

(-@∀@)「その学習がおせぇんだよ」

(-_-)「うっさい。…そこで僕は考えたんだ」

7 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:20:59 ID:/M11gwtI0
(-_-)「トイレの花子さんを呼び出して存在を証明してやる!」カァァァァァ

(;-@∀@)「は…」

(;-@∀@)「はぁ!?何言ってるんだお前は!?」

(-_-)「だーかーらートイレの花子さんを呼び出して幽霊の存在を認めさせやるの」

(;-@∀@)「ちょ…ま…呆れて何も言えないんだが…」



(;-@∀@)「一旦落ち着こう。化にも花子さんを呼び出そうとするぞ?」

(-_-)「何か問題が?」

(;-@∀@)「トイレの花子さんと言えば女子トイレ三番目の個室だ。これはオカルト否定派の僕でも分かる」

(-@∀@)「それでここに居る三人は全員男だ」

(;-@∀@)「いくら僕に幽霊の存在を認めさせたいとはいえ女子トイレに入った時点で変態確定だぞ」

(-_-)



(-_-)「盲点だった…」

(;-@∀@)「やっぱお前バカだよ!大バカ野郎だよ!」

(;-_-)「う、うるへー!」

8 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:22:09 ID:/M11gwtI0
(;-@∀@)「何を言い出すと思えばくだらない事考えやがって…」

(;-_-)「だって悔しいもん…ここで引き下がると負け確定だもん…」

从;゚∀从ノ「あ、あのー…」

(-@∀@)「どうした。トイレの話聞いたからトイレ行きたくなったのか?」

从;゚∀从「い、いや…そうじゃないんですけど…」

从;゚∀从「今行けなかったら夜忍び込んで確認すればいいんじゃないんスかね?」

(;-_-)「!」

(;-_-)「それだ!夜忍び込めばバレないし出てくる確率が高い!」

(*-_-)「っしゃオラ!それなら今日の午後九時に正門集合だ!」

(;-@∀@)「正気か!?」

(*-_-)「当たり前だろ!来なかったらお前が女子更衣室覗いたって噂流すからな!」

(*-_-)ノシ「じゃあな科学部共!首洗って待ってろ!」

ガチャ バタン


(-@∀@)「…余計な事言ってくれたね」

从;゚∀从「すいません…」

9 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:23:13 ID:/M11gwtI0
――
―――――


(*-_-)「わーい夜の校舎だ!暗い!寒い!お化けさん出てこーい!」

(-@∀@)「騒ぐなアホ。先生に見つかるだろ」

从 ゚∀从「正直幽霊より怖いからなぁ…」

(-@∀@)「んで?花子さんって何階に居るの?」

从;゚∀从「まさか全部の階の女子トイレ調べるわけじゃないっすよねぇ!?」

(-_-)「んー…三階のトイレが有名だからそこに居るんじゃない?」

从 ゚∀从「なんだか曖昧っスね…」

(-@∀@)「ならさっさと行くぞ」

(*-_-)「なーにー?意外とノリ気なのー?」

(#-@∀@)「ふざけるな!僕は早く家に帰りたいだけだ!」

(*-_-)「またまたー」

(#-@∀@)「ぶっ飛ばすぞ」

10 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:24:13 ID:/M11gwtI0
―校舎三階女子トイレ

从;*゚∀从「うう…着いた…けどちょっと恥ずかしいな…」

(-_-)「僕たちには未知の世界だからね」

(-@∀@)「そう?僕案外平気なんだけど」

从;゚∀从「えっ」

(-_-)「きゃーアサピーの変態!エッチスケッチワンタッチ!」

(-@∀@)「お前らも同罪だよ」



从;゚∀从「あー…えっと、花子さんの呼び出し方は?」

(-_-)「三番目のドアを三階ノックして『花子さん遊びましょ』って言えば出る、はず」

(-_-)「じゃあ後はよろしくねアサピー」

(;-@∀@)「僕がやるのかよ!」

(-_-)「そりゃあオカルト否定派の奴にやらせないと面白くないでしょ」

(;-@∀@)「ぐっ…」

11 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:25:14 ID:/M11gwtI0
(;-@∀@)ハァー


(;-@∀@)「しょうがない…一発ぶちかましてくるよ」

从;゚∀从「無茶はしないでくださいね!」

(-@∀@)「なるべくそうするよ」




(-@∀@) │ドア
「さてとやりますかね。やりたくもないけど」


(-@∀@)o│ドア
「えっと…はーなこさん遊びま…」コンコンコンコン

(-@∀@)┌┛そ:;.;三
「しょ!」ドンッ


从;゚∀从「ちょっと!何ドア蹴飛ばしてるんですか!」

(;-_-)「思ったより足癖が悪いんだね…彼」

(-@∀@)「やっぱり、もぬけの殻だね」

(;-_-)「そんなことない!まだワンチャン、ワンチャンあるから!」



              「はぁーい♪」

12 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:27:30 ID:/M11gwtI0
o川*゚ー゚)つ-@-@ バッ
「だーれだっ」
     (;・∀・)そ
     「なんだ!?」


o川*^ー^)o「んふふー」



从;゚∀从「あれって…花子さんですかね…?」

(;-_-)「間違えなく花子さんだね…おかっぱじゃないけど」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんを呼んだのはお兄さん達?」

(-_-)「どちらかというとドア蹴っ飛ばしたお兄さんかな」

o川*^ー^)o「そっかー」



o川*゚ー゚)oツカツカ (・∀・;)

o川*゚ー゚)o「おい人の住処のドア壊してんじゃねぇぞクズ」



(;-_-)从;゚∀从 (花子さんめっちゃ口悪――っ!)

13 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:28:30 ID:/M11gwtI0
( ・∀・)「は?それより眼鏡返してくれないかクソガキ」

o川*゚ー゚)o「クソガキ?少なくともアンタより年上なんだからそれなりの態度をとったらどうなの?」

( ・∀・)「はぁー?ちびっこに目上の態度とるとかー?無理に決まってんだろ」

o川*゚ー゚)o「それでも私の方が年上ですけどぉ??」

( ・∀・)「うっわこいつうっざ。ヒッキーよりうっざ。つかお前花子さんなんだからちゃんとおっかぱにしろよ」

o川*゚ー゚)o「可愛いキューちゃんがおかっぱなんてする訳ないでしょ?」

( ・∀・)「鼻毛伸びちまえ」



从 ゚∀从「何というか…相性最悪ですねあの二人」

(-_-)「そうだね…高校生と幼女が張り合う姿なんてオカルトよりもオカルトだよ」

14 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:29:56 ID:/M11gwtI0
(;-_-)そ
「…って本題はそこじゃない!」


(*-_-)「花子さんが現れた!これで証明出来るぞ!」

(*-_-)「なんせ本物の花子さんが今!目の前に!居r
o川*゚ー゚)o「あのさ」

o川*゚ー゚)o「その花子ってのやめてくんない?もう昔の名前は捨てたの。キュートって呼んで」

(-_-)「あ…すいません…」

o川*゚ー゚)o「ふん」

15 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:30:44 ID:/M11gwtI0
(-@∀@)「…チッ」

(*-_-)「ざまぁみやがれボケナス!これで証明できただろ!後眼鏡返して貰ったんだな」

(*-_-)「おまけにこの時間帯に小学生の女の子が忍び込んだとは思わないし透けてるし!」

(*-_-)「さぁー認めろ!謝罪と幽霊存在を要求するニダ!」

(;-@∀@)「お前そんなキャラじゃないだろ!…分かったよ」

(;-@∀@)「ゆ、幽霊は居る…」

16 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:32:04 ID:/M11gwtI0













(#-@∀@)「とでも言うと思ったかこのオカルトオタクが!!」

(;-_-)そ「なんだと!?」

(#-@∀@)「こんな生意気ちびっこ相手に!コケにされたんだぞ!不名誉だ!」

(#-_-)「…どこまでも往生際が悪いな!!やっぱお前なんか嫌いだ!」

(#-@∀@)「僕もお前が嫌いだ!!」

o川#゚ー゚)o「ちょっとぉ!そんなことよりドア蹴飛ばした事謝りなさいよ!」


从 ゚∀从「………」

从;゚∀从(帰りたい…)


おわり

17 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:37:33 ID:BkbTNguc0

ハインが男・・・・・・だと・・・・・・

18 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:42:45 ID:D87RsPCo0
一体目って事は続きがあるんだな


19 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 20:57:52 ID:knQ7t/yU0
ハインも何気に汎用性高いよなぁ乙

20 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:28:33 ID:Pg3NIvoo0

乙、支援。

http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_1905.jpg

21 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:40:57 ID:D87RsPCo0
高速支援絵すげぇや

22 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 21:43:36 ID:/M11gwtI0
>>20 支援絵ありがとうございます!ヒェェめっちゃ可愛いです保存しました

23 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:04:46 ID:yKHQGwK.0
アサピーの眼鏡がでかいのは仕様なのか

24 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:14:43 ID:/M11gwtI0
>>23
今気づきました完璧ミスです。次回から修正します

25 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:39:12 ID:aSLDe1.M0
おつおつ
スレタイみてゴーストかな?と思ったら全然違った

26 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:44:12 ID:FHeuVJX20

2話目をどうするかが気になるな

>>25
言われてみれば確かに
http://i.imgur.com/hQtBqXP.jpg

27 名も無きAAのようです :2016/01/04(月) 23:45:48 ID:IJgB7nvc0
個人的にあまり見ないようなキャラの組み合わせだから楽しみ
支援

http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_1906.png

28 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:06:20 ID:/m.3UZr60
>>27
支援絵ありがとうございます!漫画がイメージ通りで笑ってしまったwww

29 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:12:19 ID:/m.3UZr60
二話目投下します

30 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:13:19 ID:/m.3UZr60
川д川「ヒッキーくーん、居る?」ガラガラ

川д川「あれ…誰も居ない…」

川д川「散らかってるなぁ…全く、手芸部だってのに他の部活の片付けしなきゃならないの…もう」

川;д川「なんか変な壺あるし…どっから拾ってきたのよこんなデカイの」


(-_-)オカルトとサイエンスのようです(@∀@-)

第二体目:口裂け女


川д川「まぁヒッキー君の行く場所なら検討がつくわね…」

31 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:14:24 ID:/m.3UZr60
(-@∀@)「おい」

(-_-)「何でござんしょ」

(-@∀@)「昨日見に行ったトイレの花子さんが居るんだけど」

o川*゚ー゚)o「やっほー」

(-_-)「どうしてでしょうねぇ…」

(-@∀@)「元凶!言いだしっぺ!」


(#-@∀@)「ていうかなんでまたお前がここに居るんだ!!」

(-_-)「オカルトあるところにヒッキーは必ず居るんだよおおおお!!」

(#-@∀@)「量産型か!!バルサンで焚かれちまえ!」

(#-_-)「ゴキブリと一緒にすんな!」

32 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:15:42 ID:/m.3UZr60
(-@∀@)「なんでトイレの花子さんが科学部に住み着くんだよ…住処に帰ってくれよ…」

o川#゚ー゚)o「花子じゃなくてキュート!」

(-@∀@)「ああごめんねハナコ」

o川#゚ー゚)o「カタカナ表記にすればいいってもんじゃないの!アンタわざとでしょ!」

(-_-) (思ったけど経った一日で慣れすぎじゃね?)

33 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:16:35 ID:/m.3UZr60
(;-_-)「ていうかなんで科学部に居るの?どうせならオカルト部に来てよ」

(-@∀@)「ほらほらオカルト野郎から勧誘がきてるよ」

o川*゚ー゚)o「やだ。キューちゃんここがいい」

(-@∀@)「僕は部室を保育所にしたくないんだけどな」

o川#゚ー゚)o「ハァ!?キューちゃんガキじゃなくてエロス漂う大人だから!」

o川#゚ー゚)o「どぅーゆーあふたーみー!?キュートisエロス!」

(-@∀@)「No」

o川#゚ー゚)o「むがー!」

(-_-)「君達めっちゃ仲良しじゃない?ねぇ?」

34 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:18:01 ID:/m.3UZr60
(;-_-)「もういいや…そういえばハイン君は?」

(-@∀@)「なんでも小テストの時間に居眠りしたらしく放課後補修だって連絡来た」

(;-_-)「放課後…って今か。哀れなりハイン君…」

(-@∀@)「原因はお前なんだけどな」



―その頃のハイン

(;´・_ゝ・`)「小テスト中に居眠りするなんて…おまけに爆睡だったじゃないか」

从 ;∀从Ф
「うぇ…ぐす…居眠りしてごべんなさい…」

(;´・_ゝ・`)「泣くな泣くな。小テスト終わらせたら帰っていいから」

从 ;∀从Ф
「はい…もう俺一生寝ないようにします…うう…」

(;´・_ゝ・`)「夜はちゃんと寝なさい。次からは気をつけろよ?」

从 ;∀从Ф
「うっす…」

35 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:18:58 ID:/m.3UZr60
(-_-)「あ、そうだ花…いやキュートさん。自己紹介してもらえる?後ついでに写真も…」

o川*゚ー゚)o「うんいいよ。最初に写真撮ってもらった方が手っ取り早く終わると思う」

(-_-)「おっけーじゃあ早速」

(-_-)ノ{◎}
「インスタントカメラ〜」パッパラパパパー

(-@∀@)「古っ…よく見つけたなそんなの」

(-_-)「案外あるものだよ?それじゃあパシャー」


{◎}ジジジ…

(-_-)「出てきた出てきた。案外ハッキリ写るものだね」

(-@∀@)「これで心霊写真なんて言っても誰が信じるんだい?それで写真なんかどうするのさ」

(-_-)「それは後で話す。それじゃあ自己紹介いってみようか」

o川*゚ー゚)o「はーい」

36 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:20:16 ID:/m.3UZr60
o川*゚ー゚)o「素直キュート…まぁ旧名は花子だけど今はキュートよ」

o川*゚ー゚)o「身長148cm、好きな色は勿論赤!」

(-@∀@)「体重は?」

o川*゚ー゚)o「殺すぞ」

(;-_-)「ケンカしないの!」

o川*゚ー゚)o「数分前のアンタ達が言えたことじゃないわよそれ」



o川*゚ー゚)o「ゴホン…私がこうなったのはは1950年代くらいかな。もう昔の事はあまり覚えてないわ」

(-_-)「1950年…トイレの花子さんの話が出来た頃だね」

o川*゚ー゚)o「地方によっては正体は大きなトカゲだとか噂されてるけど失礼しちゃうわ」

o川*゚ー゚)o「ん…こんな所かしらね」

(-_-)「十分だよ。ありがとう」

37 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:21:18 ID:/m.3UZr60
( -_-)Ф カリカリカリカリ

(-@∀@)「相変わらず字書くの早いな」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんのプロフィールと写真をノートに載せてどうするの?」

(-_-)+「ふっふっふ…よくぞ聞いてくれたぞ」

(*-_-)「最終兵器としてこのノーt川д川「あ、居た」ガラッ



(´-_-)

川;д川そ「え…なんか邪魔しちゃったかな…」

(-_-)「いや…いいよ…」

川д川「探したんだよヒッキー君。借りてた小説返したく…」

o川*゚ー゚)o川д 川
     「て…」


そ川д゚;川「ぺぺぺぺっ!?」

o川;゚ー゚)oそ
「うぎゃあ!!」

38 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:22:28 ID:/m.3UZr60
川д゚;川「びっくりしたびっくりした!なんで科学部に幽霊居るの!?」

o川;゚ー゚)o「びっくりしたぁ…」

川;д川「今まで居なかったのに…アサピー君何かした?」

(-@∀@)「ドア蹴っ飛ばした」

川д川「…おばか」ペシッ

(;-@∀@)「いてっ」


(*-_-)9m「いつもは温厚な貞子さんに怒られてやんのwwwww」

o川*゚∀゚)o「ざwwwまwwwぁwww」

凸(@∀@-#)「お前ら後で電柱ぶつかってしまえ」

川;д川(幽霊相手でも仲良くできないのかなこの人)

39 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:23:40 ID:/m.3UZr60
川д川「じゃあ私は部活があるから…」

(-_-)ノシ「ばいばーい」


o川*゚ー゚)o「あのお姉ちゃん霊感強いのね」

(-_-)「へ、そうなの?」

o川*゚ー゚)o「こっち側としてわかるものよ?今は実体化してるけど、零感なのはあの片目の男の子だけ」

(-_-)「へー…あ、それでやっと本題に入れるんだけど」

(-_-)「この分からずやを説得する為に僕はある方法を見つけました」

(-_-)「題して『都市伝説記録ノート』!」

(-@∀@)「ネーミングセンスねぇな」

(#-_-)「うっせ瓶底眼鏡!お前の為に企画したんだかんな!半分は僕の自己満足だけど」

(-@∀@)「わーいありがとう、ちっとも嬉しくない☆」

40 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:24:26 ID:/m.3UZr60
(-@∀@)「ちょっと待て」

(-_-)「ん?」

(-@∀@)「その口ぶりからするとまた新たな都市伝説引っ張ってきて巻き込むつもりじゃないだろうな」

(-_-)「もちろんそのつもりだけど?」

(#-@∀@)「テメェゴラァァァ!!」

(-_-)「次のターゲットは口裂け女だよ」

(#-@∀@)「ふざけんなボケ!」

(#-@∀@)「大体口裂け女なんてこの町に…」

o川*゚ー゚)o「呼べるけど」


( -_-) (@∀@-)

41 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:25:15 ID:/m.3UZr60
o川*゚ー゚)o「むしろ友達だけど?」


( -Д-)  (@Д@-)


(*-_-)「すっげぇぇぇぇ!!マジパネェえぇぇ!!」

(;-ノ∀@)「最悪だ…」

o川*゚ー゚)o「幽霊ネットワークで知り合ったの。もうこの町に居るんじゃない?」

(;-@∀@)「そもそも幽霊ネットワークってなんだよ!」

o川*゚ー゚)o「え…そんなのも知らないの…?ダッサ(笑)」

(#-@皿@)ギリギリギリ…

(*-_-)「キュートさん!口裂け女の居場所とか分からない!?」

o川*゚ー゚)o「ちょっとまってて…」

42 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:26:13 ID:/m.3UZr60
~~~~~o川*゚ー゚)o~~~~~
   ピピピピピ

(*-_-)wktk

(-@∀@) (なんかツインテの部分から変な電波出てる…怖…)



―o川*゚ー゚)o―√―
「分かったわ!ちょうどこの街の○○番地の三丁目!」ピキーン

と(*-_-)「ちょうどこの近くだ!行くぞ!」グイッ

(#-@∀@)
「ざっけんなカス!」


o川*゚ー゚)o「いってらー」

43 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:27:17 ID:/m.3UZr60
―三丁目


(;-_-)「ゼェゼェ…つ、着いた…」

(;-@∀@)「自分の体力を考えろ貧弱…」

(;-_-)「鏡見ろモヤシ…」

('[ ]`*川「ワタシ、キレイ?」

(#-@∀@)「は?モヤシはモヤシでも高級モヤシだから。安物モヤシとは違うから」

('[ ]`*川「ワタシ、キレイ?」

(#-_-)「なにそれケンカ売ってる?」

(#-@∀@)「売ってますけど?」

('[ ]`*川「…ワタシ、キレイ?」

(#-_-)「それなら買ってやんよおおおおお!!」

(#-@∀@)「今なら半額セール中ですううううう!!」

('[ ]`*川「…ワタシ…キ、レイ?」

(#-_-)キシャァァァァァ

(#-@∀@)ファァァァァック

('[ ]`*川

(;[ ];*川「ケンカ…ヤメテ…」

44 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:28:34 ID:/m.3UZr60
(#-@∀@)「なんかさっきからキレイキレイ聞こえるけど石鹸の宣伝か何か!?」

(#-_-)「僕ん家普通の固形石鹸なんでお断り…」


(-@∀@)-_-) クスンクスン(;、;*川

(;-@∀@);-_-)
((口裂け女居た――!!))


(;、;*川「せっかく…ワタシキレイって聞いてるのに…ケンカしてて全然聞いてくれないし…マスクも取ったのに反応もなし…」グスングスン

(;-@∀@)「オイどうするんだよめっちゃ泣いてるぞ…」ヒソヒソ

(;-_-)「ど、どうしよう…」ヒソヒソ

(;、;*川「私だけ仲間はずれなの…?」グスッ

(;-@∀@) (こいつめんどくせぇな…)

(;-_-)「えぇい、ここで会ったが数分前!対処は一つ!」

(;-_-)「ポマード!ポマード!」

(;Д;*川「うわあああああん!!」

(#;-@∀@)「さらに泣かせてどうするんだ!!口デカっ!めっちゃ裂けてる!怖い!」

45 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:29:44 ID:/m.3UZr60
〜〜オカルト部ヒッキー事情説明中〜〜



('、`*川「なんだ。貴方達キュートの知り合いなの」

(-_-)「まぁそんなとこです」

Ъ(-_-)「あの大豆が幽霊全然信じてくれなくて…」

(-@∀@)「誰が畑の肉じゃコラ」

('、`*;川「え…幽霊信じてないの?ダサ…」

(#-@∀@)イラッ

46 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:30:41 ID:/m.3UZr60
(#-@∀@)「帰るぞヒッキー!」

(-_-)「幽霊にまでバカにされて…プププwww」

(@∀@-#)三「よーし学校まで競争な!ドーン!」ダダダダ

(;-_-)「ちょ、待てよ!」




('、`*川(久々に男子高校生見たわ…ここら辺おっさんしか居ないんだもの)

('、`*川

('、`*川(あの子達についていこーっと)

47 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:31:51 ID:/m.3UZr60
――
――――


从 ゚∀从(やっと終わった…)

从 ゚∀从(予定の時間より遅くなっちゃった…アサピーさん怒ってないかなぁ)

从 ゚∀从 ガラッ



('、`*川「細い首…素敵…」ウットリ

(ii∩∀∩)グスン


o川*゚∀゚)o「ウケるんですけどwwwwwヒッキー写メって写メwwwww」

(*-_-)「言われなくてもwwww撮りますよこんなのwwwwオカルト否定派が好かれてやんのwwww」パシャパシャ


从;゚∀从「!?」


おわり

48 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 17:36:18 ID:/m.3UZr60
二話投下終了、三話はまた近いうちに

49 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 18:17:42 ID:/V7eOb..0
おつ!

アサピー好かれてるww

50 名も無きAAのようです :2016/01/05(火) 19:01:17 ID:p8Kb1gr60
貞子霊感あるのに手芸部とはもったいない…!
口裂け女も可愛いし、支援!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray] - 高橋丈夫

魔王:「だから、もう一度云う。
   『この我のものとなれ、勇者よ』
    私が望む未だ見ぬ物を探すために
    私の瞳、私の明かり、私の剣となって欲しい」

勇者:「断る」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa