したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

('A`)ドクオは凄腕ハンターのようです

1 名も無きAAのようです :2015/11/22(日) 17:30:33 ID:z4hc9iRU0

('A`)

ウツタ・ドクオは、間違いなく最強のハンターであった。


数々の大魔法を使いこなし、剣捌きも並のものでは目で追うすらかなわないだろう。


頭脳も明晰で、体術も国一番と言われる。最近は錬金術に手を出し始めた。


所属する王国からは何度も表彰され、確か先月も国の危機を救った。


それでも尚、国の依頼のみを受ける正式な騎士ではなく、誰からの依頼も分け隔てなく受ける一般ハンターとして生きることを決めた謙虚さもあった。


彼は、今日も魔物と戦う。

144 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 18:00:17 ID:Otd0tVQY0
>>122-124
どの気持ちもわかる

>>136
ドクオをトラックに突っ込ませろ

145 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:10:55 ID:kGOiR2..0

8.賢者の石


(;'A`)

凄腕ハンターと呼ばれるウツタ・ドクオは、驚いていた。
彼は最近、錬金術に凝っていた。

普通の魔法とは違う仕組み、違う力のそれが面白くて、色々と練成しては楽しんでいた。


ふとした思いつきで、賢者の石を作ってしまうまでは。


(;'A`)「どうしよう…どうしよう…」

本物である。
これに触れた金属は、皆黄金に変わる。
焦りすぎてちょっと落としてしまった時に、ベルトのバックルが黄金に変わったので本物である。

握って少し念じると、石から液体が出てくる。
おそらくこれを飲むと不老不死になれるが、怖いので流しに捨てた。
タレ眉のホムンクルスのお方に怒られそうな気がした。

146 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:11:45 ID:kGOiR2..0

(;'A`)

さらに、目の前。


ノハ;゚⊿゚)

(;-@∀@)


目撃者がいるのである。
二人も。

(;-@∀@)「え…ちょっと、貸して」

(;'A`)「あ、う、うん…」

賢者の石を受け取ると、アサピーはズボンのチャックにそれを押し当てた。
彼の股間がまばゆく輝きはじめた。

(;'A`)「あの…いちおう凄いものだから、股間とかはちょっと…まずいかな、って」

(;-@∀@)「失礼…手近な金属がこれしかなくて…」

147 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:12:36 ID:kGOiR2..0

ノハ;゚⊿゚)「それって、売ったら高いんですか?」

(;'A`)「バカ高い…っていうか値段もつけられないとは思うけど…色んな国から刺客が沢山来ると思う…」

ノハ;゚⊿゚)「まずいっすね…」

売れない理由は、それだ。
賢者の石は、未だどこの国でも製造に成功していない。
また、製法も確立されていない。

売れば、そのルートを嗅ぎ付けられることは確実だった。

(;'A`)「ほぼ運でできたものだから捕まっても製法とか教えらんないし再現もできないし…」

ノハ;゚⊿゚)「なるほど」


(-@∀@)「しかし、上手く使いたいところだね」

(;'A`)「…えっ使うの?」

(-@∀@)「おかねほしい」

(;'A`)「あっ正直…」

148 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:13:59 ID:kGOiR2..0

ノハ;゚⊿゚)「なんとか、こう、国とかにバレずに…」

(;'A`)「第一、どこが賢者の石買える大金持ってるの」

ノハ;゚⊿゚)「…」

ノハ;゚⊿゚)「国?」

(;'A`)「いやいや」

(-@∀@)「石自体を売ることは考えなくていいんじゃない?」

ノハ;゚⊿゚)「でも…賢者の石ですよ?」

(;'A`)「だからでしょ」

突然、ヒートの動きが止まった。
何かに気づいたようだ。
おずおずと、話し出した。

ノハ;゚⊿゚)「…、ちょっといいですか」

(;'A`)「どうぞ」



ノハ;゚⊿゚)「今、すっごい犯罪のプラン練ってるっぽくてちょっとかっこいいです、私達」

(;'A`)「限りなく近いからね、その例え」

149 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:14:44 ID:kGOiR2..0

(-@∀@)「まあ、聞きたまえよ。君達」

今度はアサピーが話し出す。
メガネを指で押し上げ、インテリらしさを醸し出している。
ちょっとだけ期待できそうな気がした。

(-@∀@)「石自体は、確保しとけばいいんだよ。金を売ればいい」

(-@∀@)「鉄のものを手に入れて、金にする。それだけでいいんだ」

(-@∀@)「実家の蔵から遺産が見つかりまして、とか言えば自然だし、そこまで詮索されないだろう」

(-@∀@)「あとは、以下無限ループ。石さえあれば、ね」

(;'A`)「えっ待って…なんでそんな冷静になっちゃってんの…」

(-@∀@)「じゃ、スプーン借りるよ」

(;'A`)「自分ちのでやって!」

(-@∀@)「大丈夫大丈夫、倍にして返すよ」

(;'A`)「ダメな台詞!」

150 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:15:39 ID:kGOiR2..0

ドクオの制止もむなしく、アサピーは行ってしまった。
ドクオ家の金属食器を、根こそぎ金に換えて。

ノハ;゚⊿゚)「成功するんですかね…」

(;'A`)「…わからない」

ドクオが立ち上がったところ、ヒートが不思議そうな顔をした。
ドクオの股間を凝視している。

ノハ;゚⊿゚)「………?」

(*'A`)「あ、何…?」

ノハ;゚⊿゚)「……ご主人様、ベルト…?」

見ると、普段と同じベルト。
なんの変哲もない。

('A`)「…なんの変哲もない?」

ノハ;゚⊿゚)「一回、金に変わりましたよね?」

('A`)

('A`)「あれ?」

151 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:16:54 ID:kGOiR2..0

(;'A`)「あ、じゃあ、もしかして…」

(;'A`)「一定時間で元に戻る?」

ノハ;゚⊿゚)「はい」

(;'A`)「やっぱり賢者の石としては不完全だったのかも…」

ノハ;゚⊿゚)「じゃ、石からでてきたあの水は…」

(;'A`)「不老不死には、なれないのかな…多分…」

二人の間に、沈黙が流れた。

ノパ⊿゚)「…夜ご飯、作りますね」

(;'A`)「あ、うん…。今木の皿と木のスプーンしかないから、それで食べられるもので」

ノパ⊿゚)「頑張ります!」

152 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:17:42 ID:q2ey3gsw0
一瞬でも金に出来るって普通にすごくね……?

153 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:17:48 ID:kGOiR2..0





アサピーが詐欺の罪で起訴されたのは、また別の話である。






.

154 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:18:38 ID:kGOiR2..0
二日に一回とか言いながら毎日できてるけど、そろそろペース落ちるんじゃないかと思う今日この頃

155 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:19:26 ID:5KjnEdSw0
おつおつ
VIPで紹介されてたよ

156 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:21:14 ID:kGOiR2..0
>>155
現在進行形でスレ見てます
わりと恐れ多いです

157 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:29:10 ID:fwuRfEm60
アサピーェ…

158 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 22:43:25 ID:QNNG5Hro0
ペース早いけど無理せずな
面白いから嬉しいけど

159 名も無きAAのようです :2015/11/27(金) 23:54:23 ID:2Zf9XGlM0
唯一の友人がwww

160 名も無きAAのようです :2015/11/28(土) 00:29:16 ID:T3gM12uE0
アサピー…

161 名も無きAAのようです :2015/11/28(土) 15:48:31 ID:H0x3s8hk0
友人のアサピーが前科持ちに...

162 名も無きAAのようです :2015/11/28(土) 23:15:12 ID:xWGPSmkg0
タレマユのホムンクルスというとホムンクルスは生きるようですの主人公かな

163 名も無きAAのようです :2015/11/28(土) 23:20:18 ID:RQgebicI0
なんかワロタ

164 名も無きAAのようです :2015/11/29(日) 13:12:07 ID:Mgx5Qz7I0
股間のチャックを金にしたまま外出したのかアサピーは

165 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:05:48 ID:mBvYQh/U0

9.グール


(;'A`)

凄腕ハンターウツタ・ドクオは、対応に困っていた。

それは何故か。

本日の目標はグール。
何故か大量発生しているので、巣ごと殲滅して欲しいとのことだった。

しかし、思っていた以上に数が多い。
さらに言うと、その場所は貴重な草木の茂る森であった為、範囲魔法の使用は躊躇われた。

一匹一匹倒しても時間がかかる。
彼は、最近会得した召喚魔法を使うことにしたのだった。
味方が増えれば、時間は半分で済む。
そう思ってのことだった。

結果。

(´・_ゝ・`)「あっ、どうも…あ痛、いたた…」

グールの群れの目の前に、スーツ姿の頭髪の薄い男性が現れたためだ。

166 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:06:41 ID:mBvYQh/U0

(;'A`)「…どうも…」

なにを隠そう、彼には早く帰らねばならない理由があった。
荷物が届くのだ。
それも、ただの荷物ではない。
まさに待ち望んでいたものが届くのだ。

『魔物っ娘フィギュアver.2・火竜モデル』。

一種類ずつリリースされていたこのシリーズにも、ついに火竜に順番が回ってきたのだ。

以前の火竜っ娘と同じと侮るなかれ。
これまでの面影もしっかりと残しつつ、より可愛く、より美しく、より溌剌と。
精密に、鮮やかに、活き活きとしたそれは、今にも元気に動き出しそうだ。
少しだけ見えるパンツはご愛嬌。

今回は、服装面に大きな変化が加えられた。
火竜の持つ、燃え上がるような独特な赤。
以前までは、服装にもその赤がふんだんにあしらわれていた。
民族衣装的な方向性こそ変わらないものの、それを今回は大幅に抑え、あえて地味ともいえる彩色の服装となっている。
しかし、それによって髪色の鮮やかな赤が、そしてその活動的な外見が、とてもよく映えるのだ。
服装単体でもよく見れば、石のアクセサリーなどが追加されており、ただ地味にした訳ではないことが分かる。

手に持つ武器は牙を模した槍から、正統派とも言える大剣へと変わった。
これはアンケートにより決まったことだが、次いで多かった槍派の要望にも答え、槍に装備を変更させることも可能となっている。
ちなみにドクオは大剣に一票を投じた。
やはり正統派、火属性パワー型が好みであることはもちろん、槍はむしろヘルウルフっ娘に持たせるべきだと思っていた。
そちらがアンケートによりクロー装備となってしまったことだけは、残念至極の極みであった。

ともかく、ファンの間では賛否両論あるこれらの変化を、ドクオはいたく気に入っていた。

167 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:08:05 ID:mBvYQh/U0

届くはずのこれを、ヒートに見られる訳にはいかなかった。
未だヒートは、彼のフィギュア趣味を知らない。
彼の言いつけを守り、部屋に入っていなければ、だが。
包装はされているだろうが、万が一ということもあった。

(;'A`)「えっと…し、召喚…」

(´^_ゝ^`)「えーと、初めての呼び出しでして、不備があったらすみませんね。いたたた」

グールに噛み付かれながら男性が答える。
予想と違いすぎて戸惑う。

(;'A`)「えっと、お名前は」

(´^_ゝ^`)「あ、真名はちょっと…悪魔デミタスとでも呼んで頂けたら…」

(;'A`)「あ、はい」

(´^_ゝ^`)「いやあ、若い人がとっつきやすいかなってね。タスあたりが、ほら」

(;'A`)

(´^_ゝ^`)「デミたそ〜、みたいな」

(;'A`)

(´^_ゝ^`)「デミたそ〜」

(;'A`)

(´^_ゝ^`)

168 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:08:50 ID:mBvYQh/U0

(;'A`)「悪魔って、あの、もっとイメージ的に…」

(´・_ゝ・`)「ああ、召喚斡旋所では黒の服装が規定されてますよ」

(;'A`)「あ、スーツ…はい…」

(;'A`)「いやいや、あの、戦ったり、とか」

(´^_ゝ^`)「いや〜〜〜…初めてですけど、やってみましょうか。えいっ」

言うなり悪魔デミタスは、裾に噛み付いていたグールを殴りつける。
鈍い音がした。

グールに変化はない。
元気に噛み付いている。

(´^_ゝ^`)「あ〜…ダメですねぇ…」

(;'A`)「こう…腕を振るだけで何故か敵が吹っ飛んだり、とか…悪魔ですよね?」

(´^_ゝ^`)「いやあ…ちょっと…」

169 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:10:16 ID:mBvYQh/U0

(;´^_ゝ^`)「戦闘に関してはちょっと…娘の方ができるぐらいですから」

(;'A`)「娘さん呼べないんですか」

(;´^_ゝ^`)ゞ「いやあ〜〜〜…最近ちょっと…反抗期で…」

(;'A`)「あ、はい…すんません…じゃあ、魔法とかも…」

(´^_ゝ^`)「苦手ですねぇ…」

(;'A`)「はあ…」

(;'A`)「……?」

ハズレを引いたかもしれない、と半ば落胆しているドクオは何かに気づいた。
先ほどから、グールがドクオの方に来ていない。
デミタス相手に唸ったり噛み付いたりしているだけだ。

(;'A`)「…?」

(´・_ゝ・`)「どうしました?」

(;'A`)「あ、ちょっと…そこにいてもらえますか」

ドクオは魔法の準備をする。
試したいことがあった。

170 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:10:57 ID:UvrfCCdo0
フィギュアの描写に気合入りまくってて草

171 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:11:13 ID:mBvYQh/U0

(;'A`)「『デコイドール』」

敵の気を引く分身を作り出す。
見向きもしない。

(;'A`)「『プロボーク』」

敵を挑発し、怒りを自分に向けさせる呪文。
効果がない。

(;'A`)「とうっ」

グールに軽く斬りつける。
一瞬怯むが、なぜかまたデミタスを襲い始めた。

(;'A`)「…」

(;´・_ゝ・`)「あいたたた」

(;'A`)「…おぉ…」

ほぼ確実であった。
この悪魔デミタス、やたらめったら『ヘイトが高い』。

魔物が、デミタスしか襲わないのだ。
ドクオは、この悪魔が少しだけ哀れになった。

しかし、それなら話は早い。
無抵抗の敵を切り刻むだけで終わるのだ。

172 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:12:53 ID:mBvYQh/U0

―――二時間後。
全ての魔物を掃討し終えた。
本当に、ドクオには見向きもしなかった。

(;'A`)「お疲れ様です…」

(´・_ゝ・`)「あ、お疲れ様です」

デミタスには、何故か怪我一つない。
そこは悪魔と言うべきか。

(;'A`)「あ、じゃあもう結構ですんで…」

(´・_ゝ・`)「ああ、分かりました。それと、言い忘れてたんですけど」

(;'A`)「はい」

(´・_ゝ・`)「悪魔の契約上、これからは召喚時は必ず私が出ますので」

(;'A`)

(;'A`)「えっ」

(´・_ゝ・`)「あ、給料とかはこっちの魔界で出ますんで大丈夫ですよ」

(;'A`)「あ、はい」

(;'A`)「え、じゃあ、攻撃とかは」

(´・_ゝ・`)「いや〜…」

(;'A`)「あ、そっすか…」

173 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:13:50 ID:2d3nt.To0
ただの案山子ですな

174 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:14:52 ID:mBvYQh/U0






(´・_・`)「ちゃーす、ハンコかサインお願いしゃ…大丈夫ですか」


(; A )「ゼェ…ハァ…だ、ゴホッ…大丈夫です……ハァ……グフッ…」






.

175 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:15:33 ID:mBvYQh/U0
正直2レス目が全てと言っても過言ではない

176 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:16:29 ID:UvrfCCdo0
乙です、この空気感ほんとすき
そして配達員がショーンで草

177 名も無きAAのようです :2015/11/30(月) 23:21:32 ID:GhFAGUCs0
支援絵が待ち遠しい(フィギュアの)

178 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 00:17:47 ID:jPuzvenU0
>>173案山子て…言い得て妙だね

179 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 00:30:06 ID:PHvvU.wE0
なんだこの>>166の濃密な文章

180 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 00:50:49 ID:23dcWIM20
暗にイラスト描けって絵師を脅してるのか

181 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 01:38:37 ID:uFzc9vfw0
デミたそwwwww

182 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 07:50:11 ID:GZEdfcLc0
やっぱりデミタスは禿げてるのかな

183 名も無きAAのようです :2015/12/01(火) 09:11:01 ID:gFx6XDm20
よく読んでみ

184 名も無きAAのようです :2015/12/02(水) 00:27:04 ID:C85w8TFcO
毛がないから怪我ないのかな

185 名も無きAAのようです :2015/12/02(水) 00:29:59 ID:77t1bygE0
>>184
お前天才かよ

186 名も無きAAのようです :2015/12/02(水) 00:40:21 ID:XSTWUQP20
毛がなくて安全は謎かけの定番なんだよなあ

187 名も無きAAのようです :2015/12/02(水) 09:30:57 ID:P3e1g4n.0
けがなくてよかったね

188 名も無きAAのようです :2015/12/04(金) 12:03:46 ID:E9Be87SMO
反抗期で薄毛デミタスの娘ってもうハインしか思い浮かばないな

189 名も無きAAのようです :2015/12/27(日) 21:59:24 ID:huIQ9J3A0
やっぱり完結しなかったな

190 名も無きAAのようです :2016/01/15(金) 00:15:37 ID:RJjhvlPk0
描写を踏みにじってしまった
反省はしていない

http://i.imgur.com/Hf6FLHg.jpg

191 名も無きAAのようです :2016/02/19(金) 09:12:51 ID:wgilHP1s0
復活しないかなぁ

192 名も無きAAのようです :2018/04/15(日) 00:35:10 ID:Xfq2WKnQ0
ふと読みたくなったので掘り返し

193 名も無きAAのようです :2018/04/27(金) 20:29:01 ID:1D2d731s0
やっぱおもしれーわ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray] - 水島努

ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ! ドゥーチェ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa