したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

( ・∀・)たちは多趣味を謳歌するようです

1 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:32:35 ID:WpPzIf8g0
 この話は「( ・∀・)たちは「」を謳歌するようです 」シリーズ外伝作品です。
 連作ハウツーモノであり、本編を読まなくても楽しめるよう、本編に微塵も関係のない内容を書いております。
 そのため別スレで運行することとしました。2スレ消費ごめんなさい。許して。

 というのも、本編の登場人物たちは様々な分野の知識・趣味を持つため、その説明が非常に長くなってしまいます。
 また、その性質上、やはりその趣味や知識を持つ人が楽しめる部分もできてしまいます。
 そこで各分野のハウツーを行い、趣味の布教と知識の共有をすれば、本編がより楽しめるかも?
 という発想により執筆されました。

 ごゆるりとお楽しみ下さい。

2 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:33:22 ID:WpPzIf8g0
使われていない貸事務所のプレハブを格安で借り、友人たちと断熱・区画分け施工して住居へと変えた奇妙な住まい。
 その一室で二人の男女が屯していた。
 女の方は背もたれに埋まるようにして漫画を読み、男は何やら木工工作をしている。

 やがて、男は組んだ木枠に100均のバーベキューネットをネジ止めし終えると、タイラップの仮止めを確認し、網を手にとった。
 それから、唯一何も貼られていない木枠の1面に網をタッカーで仮止めし、余った部分をナイフで切り落としていく。
 そうやって慣れた手つきで工作を進める男を、漫画を読むのを止めた女が、じっと見つめていた。

lw´‐ _‐ノv「そういえばモララーさん」

(;・∀・)「ハイなんでしょう!? 身に覚えが多すぎてどれのことだかわかりません!」

lw´‐ _‐ノv「……。まあ、それは後々問い詰めるとして」

(;・∀・)「あ、墓穴掘った」

 女、素直シュールの目線の先は、男、モララーの手へと向いていた。
 正確にはその手に握られた、スパイダルコ社製のデリカ4。
 同社の看板モデルであり、実用ナイフとして高く支持されている名作モデルへと向いている。

lw´‐ _‐ノv「この前、つーちゃんにナイフあげたんだってね」

( ・∀・)「ん? ああ、アレね。元々貰い物でさ、使わないからってくれたんだ」

lw´‐ _‐ノv「貰い物を人にあげてよかったの?」

( ・∀・)「高いナイフだし俺の趣味じゃないから返そうとしたら、じゃあ使う奴に渡してくれって言われてね」

lw´‐ _‐ノv「なるほど」

3 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:34:54 ID:WpPzIf8g0
 しばらく会話が途切れる。モララーはまた工作作業に戻っていた。
 プツプツと、網をナイフで切る音だけが部屋に響く。
 少女は、一息、大きな胸を更に大きく膨らませて覚悟を決め、続きを絞りだす。

lw*‐ _‐ノv「じゃあ、私にもナイフ下さい。ズルい」

( ・∀・)「え、いいけど、どした? 今まで興味なかったろ?」

lw´‐ _‐ノv「いいからくれ」

(*・∀・)「あれ? もしかして嫉妬? 嫉妬してるの!? ねえ!?」

lw´‐ _‐ノv「うっせうっせ」

(*・∀・)「いやー可愛いなー! ナデナデしてやろうかこのっ!」

lw#‐ _‐ノv「だぁあ! くっつくな! 暑い!! 蒸し殺すぞ!」

( ・∀・)「つっても、ナイフか。1本くらいならあげてもいいけど、どういうのが欲しいんだ?」

lw´‐ _‐ノv「その辺も全くド素人なので、一緒に教えて下さい」

( ・∀・)「なるほど。まず最初に断っておくと、俺は実用ナイフクラスタだ」

lw´‐ _‐ノv「というと?」

( ・∀・)「ナイフってのは多用途な使い道がある、鉛筆削り、ハサミと言った文房具、調理からガチな登山・ダイビングのお供」

lw´‐ _‐ノv「まあ、人類の文明は刃物と火を発明から始まったと言われますね」

( ・∀・)「そう。文明を作るくらい万能だが、今や便利だが用途の狭い専用の道具に排他されてつつある」

lw´‐ _‐ノv「確かに、武器ってイメージがあるしね」

( ・∀・)「うむ。その刃物の魅力をコレクションするタイプと実用するタイプがいて、俺は後者ってわけ」

4 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:37:42 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「あと、実用重視だから、高価なカスタムナイフやハンドメイドナイフは持ってない」

lw´‐ _‐ノv「ああ、確かに柄とか樹脂製が多いですね」

( ・∀・)「うむ、基本的に俺が使うのはファクトリーナイフ。つまり、工場生産ナイフだな」

lw´‐ _‐ノv「他にもあるんですか?」

( ・∀・)「鍛冶屋が手作業で作るナイフ、つまりハンドメイドナイフ」

lw´‐ _‐ノv「カスタムってのは?」

( ・∀・)「ハンドメイドかつ1点物ナイフ。オーダーメイドだったりして、量産しない特別なナイフのこと」

lw´‐ _‐ノv「そこまでする意味とは一体……」

( ・∀・)「ナイフは単純だからこそ、細部のバリエーションが多い。故に、ピンポイントでコレが欲しいってのは難しいんだ」

lw´‐ _‐ノv「それを叶えるのがオーダーメイドってことか」

( ・∀・)「単純に所有欲ってのもかなり強いけどな」

lw´‐ _‐ノv「ナイフコレクターは結構多そうですからね」

( ・∀・)「で、俺はその中でファクトリーナイフの実用性重視な奴が好きってこと。それ基準の偏った知識になるよ」

lw´‐ _‐ノv「なるほど、偏見混じりってことね。良かろう話し給え」

(;・∀・)「教えてもらう側なのになんで偉そうなんだ……」

5 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:38:32 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「じゃあ、それじゃあナイフの基礎知識と自分に合ったナイフの選び方について解説しよう」

lw´‐ _‐ノv「はい」

( ・∀・)「の前に、これから、ある言葉を禁止にする」

lw´‐ _‐ノv「というと?」

( ・∀・)「このスレでは、カッターでいいじゃん、は全て禁止だ」

lw;‐ _‐ノv「は?」




( ・∀・)たちは多趣味を謳歌するようです  -独断と偏見のナイフ編-




.

6 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:39:52 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「というのもだなぁ。ナイフでできることの大半はカッターでできる」

lw´‐ _‐ノv「あー、でも優れてる点とかあるんでしょう?」

( ・∀・)「ないこともない、が、カッターで出来ないことは包丁や電工ナイフなどの特定用途特化を除くと限りなく少ない」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、カッターでいいじゃん」

( ・∀・)「しかも、カッターの方が優れている点も多いんだな」

lw´‐ _‐ノv「例えば?」

( ・∀・)「後々細かい話はするけど、カッターの利点は安く替え刃ができることに尽きる」

lw´‐ _‐ノv「?」

( ・∀・)「まず、切れ味だが、これは刀身の薄さ、砥ぎ、刃角に依存する。ナイフは全面的に勝てない」

lw´‐ _‐ノv「刃は薄い方がいいんです?」

( ・∀・)「例えば、かぼちゃを切るとしよう。切ったことがある人ならよくわかるはずだ」

lw´‐ _‐ノv「切るのは硬くて大変?」

( ・∀・)「刀身をある程度食い込ませると、分厚い刀身の場合、切った部分が左右から挟み込むよな?」

lw´‐ _‐ノv「あ、なるほど。薄い刃なら挟み込む力が少ない、と?」

( ・∀・)「そいうこと。3mmのナイフなら、ナイフの背でかぼちゃを3mm押し開きつつ切ることになるんだ」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、刃物は薄い方がいいんだ」

( ・∀・)「ところが当然薄いと折れやすいから、ナイフにはそんな薄い刃を使えないんだな」

lw´‐ _‐ノv「カッターは折って使うし、替え刃も安いから負けますね」

7 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:41:24 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「砥ぎも細かい説明は後でするけど、よっぽど粗悪な鋼材じゃなきゃ同じように研げば切れ味は同じなんだ」

lw´‐ _‐ノv「物理学って残酷ね」

( ・∀・)「そもそもカッターは一定レベルの砥ぎが保証されてて、鈍ったら折って交換すれば砥ぎ終わる」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、高い包丁は100均の安い包丁と同じ切れ味ってこと?」

( ・∀・)「いや、色々と違うが、研げば最初の切れ味は同じだよ。高い鋼材は硬いから刃持ちがいい事が多い」

lw´‐ _‐ノv「カッターには刃持ちとか関係ないですね、その場で折ればいいから」

( ・∀・)「まあ、カッター以上に細かい番手で研げば切れ味も勝る。そういう切れ味が必要な場面もある」

lw´‐ _‐ノv「お、なら、そうやって研げばナイフも?」

( ・∀・)「でもやっぱりカッターでいい」

lw´‐ _‐ノv「そうきたか」

( ・∀・)「特専黒刃って替え刃があってな。刃先をより鋭角にして、刃持ちが悪いがいい切れ味なんだ。この切れ味で大抵足りる」

lw´‐ _‐ノv「鋭角にするとどうなるんです?」

( ・∀・)「三角木馬で想像するんだ。30度の三角木馬と60度の三角木馬、どちらの攻めがよりハードか」

lw´‐ _‐ノv「30度とかやべえ、色々裂けちゃう!」

( ・∀・)「でも、すり減るのは早くなるわけ。激しく逝ったらすぐ折れる」

lw´‐ _‐ノv「なるほど、ナイフは刃こぼれしたらまずいけど、カッターは折ればいいですからね」

8 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:42:54 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「まあ、ナイフがカッターに勝てる部分もあるんだよ?」

lw´‐ _‐ノv「というと?」

( ・∀・)「例えば、刃先でこじる使い方は、カッターだと折れるだろ?」

lw´‐ _‐ノv「あ、確かに。でもそれって……」

( ・∀・)「こじることって滅多にないな、せいぜい軟骨剥がす時とか?」

lw´‐ _‐ノv「包丁でいい!」

( ・∀・)「そ。あとはかなり力がある人は、硬いものを力ずくで切るとカッターの刃が砕けることがある」

lw´‐ _‐ノv「あ、つまり……」

( ・∀・)「うむ。普通に使っててまず、カッターを砕かない女性のシューには必要ないな!」

lw´‐ _‐ノv「わかったよ! カッターでいいなんて私言わないよ!」

( ・∀・)「だが、そんなカッターにナイフが全面的に勝てる部分はある。それはロマンだ!」

lw´‐ _‐ノv「あー、万年筆的な?」

( ・∀・)「うむ。万年筆も書き味とか色々利点はあるが、書くだけならたいていの場合ボールペンでいい。利便性ならまず負ける」

lw´‐ _‐ノv「確かに」

( ・∀・)「それでも万年筆を使うのは、そこにロマンがあるからだ! かっこいいからだ!」

lw´‐ _‐ノv「今、全国の万年筆クラスタを敵に回した気がします」

9 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:45:54 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「まあ、そんな感じで。ようやく簡単な知識の部分に入ろう。基本ナイフの話だが、包丁などにも通用する部分もあるよ」

lw´‐ _‐ノv「はい」

( ・∀・)「ナイフは大まかに、シースとフォールディングがある」

lw´‐ _‐ノv「しーす? ふぉーるでぃんぐ?」

( ・∀・)「鞘に入れるのはシースナイフ、折りたたみがフォールディングナイフ」

lw´‐ _‐ノv「ああ、バタフライナイフのことか」

( ・∀・)「あれはかなり変則的なフォールディングだな。カッターも多分フォールディング扱いだ」

lw´‐ _‐ノv「へー、全然折りたたんでないのにね」

( ・∀・)「飛び出しナイフはフォールディング扱いだからな」

lw´‐ _‐ノv「なるへそ」

( ・∀・)「ついでに各部の名称はこんな感じ。上がシース、下がフォールディングナイフだな」

http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_1723.jpg

lw´‐ _‐ノv「無駄な準備のよさ!」

( ・∀・)「ちなみに作者の手書きだ!」

10 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:48:11 ID:WpPzIf8g0
 
http://knifeshop.jp/pic-labo/HT359-1.jpg
http://knifeshop.jp/pic-labo/HT359-2.jpg

服部刃物 ハンティングナイフ ココボロウッドモデル
http://knifeshop.jp/SHOP/HT-359.html

( ・∀・)「さて、シースナイフの実物はこんな感じ。利点はとにかく、構造が単純で頑丈だし、片手ですぐ取り出せる」

lw´‐ _‐ノv「そりゃあまあ、そうでしょうね」

( ・∀・)「特にこのモデルはフルタング。刃の鋼材を延長して柄の芯材にし、両側を2枚のハンドル材で留めている。これはかなり強固だ」

lw´‐ _‐ノv「ああ、包丁とかこんな感じですよね」

( ・∀・)「そうだね。シースの構造は他にもあるけど、折りたたみナイフよりはたいてい強固だ。安いナロータングくらいかな弱いの」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「他にも刃を収納する溝がないからゴミが溜まらないし、汚れすぎてもメンテしてバラす必要もない、小型から大型まで色々ある」

lw´‐ _‐ノv「欠点がなさそうですね」

( ・∀・)「いや、欠点は折りたためないことだ。長いから邪魔になるし、腰の鞘から出したら安全装置がない」

lw´‐ _‐ノv「あ、なるほど」

( ・∀・)「裏返すと、折りたたみの利点はただ折りたためることだけだ。でもだからこそ携帯性が高い」

lw´‐ _‐ノv「あれ? そういえば、シースが片手で出せるって、モラさんはいつも折りたたみナイフを片手でスパって出しますよね」

( ・∀・)「その辺は、ナイフメーカーの説明で解説しよう。とりあえず、シースは頑丈ですぐ出せるとだけ覚えてくれ」

11 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:51:12 ID:WpPzIf8g0
 
http://knifeshop.jp/pic-labo/BU-110BRSCB-01.jpg
http://knifeshop.jp/pic-labo/BU-110BRSCB-02.jpg

BUCK フォールディングハンター#110 伝統モデル
http://knifeshop.jp/SHOP/BU110BRSCB.html


( ・∀・)「逆にフォールディングはこんな感じ。モデルはバックの名作。フォールディングハンター#110だ」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ。利点と欠点はさっき言いましたね」

( ・∀・)「うむ。携帯性が利点で、脆弱性が高い=信頼性が低い。だが、本当にそうだろうか?」

lw´‐ _‐ノv「貴様っ! 何か隠しているのか!?」

( ・∀・)「ぶっちゃけ、シースほど頑丈性が必要な場面って少なくね?」

lw´‐ _‐ノv「ああ、確かに」

( ・∀・)「さっき言ったように脆いカッターで十分なんだ、日常シーンではまずシースじゃないとダメってことはない」

lw´‐ _‐ノv「まあ、ナイフ的に見たらカッターは一番脆弱ですからね」

( ・∀・)「強いていうと枝を叩き切る時だけど、そういう時だけシースか鉈で、普段はフォールディングでいいと俺は考えてる」

lw´‐ _‐ノv「そうなると、携帯性で勝るフォールディングは強い、と?」

( ・∀・)「うん。他の欠点にフォールディングは小型から中型ナイフしかないけど、普段使いは大きい必要ないし」

lw´‐ _‐ノv「強いていえばメンテ性ってわけですが、私もそれくらいなら出来るし」

( ・∀・)「いや、バラすのはホント難しいんだが、そもそもバラしてメンテってよっぽどだから、まず無いよ」

12 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:53:58 ID:WpPzIf8g0
 
( ・∀・)「つーわけで、次。ナイフの形状に行こうか。まずはシースの場合、タングかな」

lw´‐ _‐ノv「さっき出てきたね、えっと直訳で舌?」

( ・∀・)「日本刀で言うと茎。刀身鋼材の柄部分を指す。広義的にはハンドル材とどうやって固定するかだ」

lw´‐ _‐ノv「さっきのシースナイフや包丁がフルタングでしたね」

( ・∀・)「うむ。一番頑丈で基本的な奴。ただしその分重たい」

lw´‐ _‐ノv「そら柄の半分くらい金属だから当たり前でんがな」

(;・∀・)「お前唐突にナニ人だ。で、これの重量を改善したのがハーフタング。フルの下半分を削ったタイプ」

lw´‐ _‐ノv「参考画像は?」

( ・∀・)「ない。ってのも今は極一部しか作ってないと思う。手間がかかるんだ」

lw´‐ _‐ノv「あ、ハンドル材ときっちり合わせるのが大変なのね」

( ・∀・)「ピッタリ合わせないと意味が無いからな。ちなみに半分と言っても斜めに切り落とす感じで後端が細めなことが多い」

lw´‐ _‐ノv「強度的には落ちそうですね」

( ・∀・)「モノによるけど、高度な技術があって、内部の構造がきちんとしてれば殆ど落ちない、らしい」

lw´‐ _‐ノv「他には?」

( ・∀・)「テーパードタング。これも手間がかかるから画像はない」

lw´‐ _‐ノv「ほう」

( ・∀・)「フルタングの下を削ったのがハーフだけど、テーパードはサイドを徐々に細くしてる」

lw´‐ _‐ノv「ああ、左右均等に削るのは手間が掛かりそうだ」

( ・∀・)「うん、だからハンドメイドナイフでしか見ない。鋼材も節約できないし」

13 名も無きAAのようです :2015/06/25(木) 23:58:38 ID:WpPzIf8g0
  
( ・∀・)「フルタングの下だけでなく上も削って左右からハンドル材で挟んだのがコンシールドタング」

lw´‐ _‐ノv「それ、軽いだろうけど強度的にかなり不安そう」

( ・∀・)「でも利点は大きいよ。接続口の部分をきっちり密閉すれば、柄の金属が外気に触れない」

lw´‐ _‐ノv「ん? 密閉に何の意味があんの?」

( ・∀・)「例えばダイビングや鹿を解体するなどで、柄と刃材の間に塩や血が隙間に入り込んで錆びることがある」

lw´‐ _‐ノv「あ、密閉するとメンテナンスフリーになるのか」

( ・∀・)「逆に言うと分解できないので、信頼できるメーカーじゃないとタングの太さが不明で不安」

lw´‐ _‐ノv「なるへそ」

( ・∀・)「ちなみに日本刀はコンシールドタングだ」

lw´‐ _‐ノv「ほう。なんでなの?」

( ・∀・)「日本刀はナイフよりも幅が広く、コンシールドでも十分に強度を保てる」

lw´‐ _‐ノv「で、血を浴びるから密閉?」

( ・∀・)「だけじゃないぞ。日本刀は分解しやすいことも考慮してあるし、鮫皮というエイの皮を糸で巻きつけ補助にしている」

lw´‐ _‐ノv「あの白いつぶつぶ、エイの革だったんだ」

( ・∀・)「鮫革は乾くと硬くなる性質があり、それを糸で締め付けるため、柄が折れた時に千切れないよう支える補助になってるんだよ」

lw´‐ _‐ノv「想像以上に合理的な柄だった! 日本人凝ってるな!」

14 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:00:40 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「最後にナロータングは、コンシールドをちくわ型のハンドル材に差し込んで、樹脂などを流しこんで固めた奴」

lw´‐ _‐ノv「棒ヤスリとかそんな感じだよね」

( ・∀・)「そそ。コンシールドより密閉度が上だが固定は樹脂で固めただけだし、やはり中が見えない」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ買わないほうが無難?」

( ・∀・)「いや、後端部分をバットキャップって金属の柄頭で固定してるタイプならソレはおk」

lw´‐ _‐ノv「? 説明を申し立てる」

( ・∀・)「簡単に言うと、ハンドル材に挿して、反対側に飛び出たタングをボルト止めした構造。これなら確実」

lw´‐ _‐ノv「なるほど。さっき言ってた安いナロータングが脆いってのは、単に突き刺しただけってことね」

( ・∀・)「うむ。ランドールって超高級ハンドメイドナイフメーカーはナロータング主体なくらいだよ」

lw´‐ _‐ノv「もちろんバットキャップ?」

( ・∀・)「当然。バットキャップなしだと、大抵のフォールディングより脆い」

lw´‐ _‐ノv「まあ、そうなると刺してるだけですからね」

15 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:01:57 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「他のはタングというか、刃の鋼材がそのまま柄になってるタイプもあるけど、特殊なので除く」

lw´‐ _‐ノv「それはナニタングなの?」

( ・∀・)「ハンドル材で挟んでないフルタングじゃないかな。主にダイビング用で見るな。コンシールドよりサビに強い」

lw´‐ _‐ノv「まあ、塩が入り込む隙間もないからね」

( ・∀・)「ぶっちゃけ、H1以外の鋼材はステンレスでも錆びるからなぁ」

lw´‐ _‐ノv「H1? 塩水は凄いからねえ」

( ・∀・)「H1はあとで説明しよう。次はポイント。切っ先の形状だな」

lw´‐ _‐ノv「ほうほう」

( ・∀・)「代表的なのは、ドロップ、リーフ、クリップ、シープフット、スピア、タントー」

lw´‐ _‐ノv「なにがなにやら」

( ・∀・)「ただなぁ。これは刃の形状とかぶってる部分が多くてな」

lw´‐ _‐ノv「ん?」

( ・∀・)「分かりやすいのは、そうだな……」

http://knifeshop.jp/pic-labo/CT646-1.jpg
http://knifeshop.jp/SHOP/CT646-1.html

( ・∀・)「コルトの安物だけど、カランビットというナイフだ。東南アジア出身の戦闘用ナイフ」

lw´‐ _‐ノv「なんか変な形」

16 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:03:34 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「元はククリナイフといって、こんな鉈があって、この付け根側の鎌状になってるのが戦闘で有用らしくてな」

http://knifeshop.jp/pic-labo/SW-BH-01.jpg
http://knifeshop.jp/SHOP/SW-BH-01.html

lw´‐ _‐ノv「ほー、全然似つかないけども」

( ・∀・)「この鎌状の部分だけを抽出して小型化したのがカランビットだ」

lw´‐ _‐ノv「輪っかはどこから来たの?」

( ・∀・)「手から離れないようにと、ナイフ戦闘術って順手と逆手で有効な場面が違うから、素早くターン出来るようにだな」

lw´‐ _‐ノv「ほむほむ。それで?」

( ・∀・)「タントーって切っ先があるんだが、形状はこんなの」

http://knifeshop.jp/pic-labo/SOGKU2011-1.jpg
http://knifeshop.jp/SHOP/SOG-KU2011.html

lw´‐ _‐ノv「あ、漫画でよく見るやつだ!」

( ・∀・)「元は日本の短刀を元に作られたからタントーっていうらしい。戦闘用ナイフの切っ先」

lw´‐ _‐ノv「ほうほう」

( ・∀・)「戦闘用ナイフの是非はさておき、カランビットはナイフの種類。タントーは切っ先の種類なんだよ」

lw´‐ _‐ノv「? どこからがどう違うのかイマイチ……」

( ・∀・)「具体的に言うとタントーブレードのカランビットがあるんだ」

lw;‐ _‐ノv「む、無理やりすぎませんか?」

( ・∀・)「だろ? 俺もそう思う。そんな感じで結構曖昧なので、とりあえず触れない。実物見れば名前なんか知らなくていいし」

17 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:08:09 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「悩むなら、最初のナイフは、ユーティリティ、ケーパー、リーフ、クリップ、ドロップ、のどれか選べばいいと思う」

lw´‐ _‐ノv「ちなみに、さっきの各部名称画像は、上がククリ、下がクリップを意識したそうですよ」

( ・∀・)「逆にナイフによく見る、エッジが直線で構成されたタイプは使いにくいからやめとけ」

lw´‐ _‐ノv「そうなの?」

( ・∀・)「曲線だと、カッター板などで刃を立てた状態から、寝かすだけで切れるからね」

lw´‐ _‐ノv「カッターにない利点だ!」

( ・∀・)「しかし、この戦闘用ナイフってのがまたアレでな」

lw´‐ _‐ノv「? 何がアレなんですか?」

( ・∀・)「戦闘用のナイフってのは存在するんだ。ただ、ナイフメーカーが出す戦闘用ナイフが実態を伴っていないというか……」

lw´‐ _‐ノv「?」

( ・∀・)「まず、戦闘用の刃物って人気があるんだよ。特に日本とかアメリカとか」

lw´‐ _‐ノv「まあ、世間一般ではナイフといえば武器ですからね」

( ・∀・)「ナイフメーカーも売りたいから戦闘用のナイフを作るんだよ」

lw´‐ _‐ノv「それは当たり前でしょうね、人気があるんだから」

( ・∀・)「で、ナイフメーカーとしては、兵士が戦場で使うことを想定し、戦闘上有用なナイフ、という建前があるんだよ」

18 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:14:15 ID:keUPLOh20
 
lw´‐ _‐ノv「建前?」

( ・∀・)「建前。タクティカルナイフは軍や警察に正式採用されるようなガチなのから、絶対に戦場では使えないだろうクソナイフまである」

lw´‐ _‐ノv「えっ戦闘用なのに戦場では使えないの!?」

( ・∀・)「見た目かっこいいと売れるからね。だから、絶対に武器にしたくはないカランビットとか、使い道がホントにないのもある」

lw´‐ _‐ノv「ダメじゃん」

( ・∀・)「タントーとかはそんなのが多い。しかし、ちゃんとガチで戦闘設計してるのや、パクリ元がガチだったりする」

lw´‐ _‐ノv「ああ、戦場では使えなくても、馬鹿に持たせると危ないのね」

( ・∀・)「そういうのって、大抵知識のないDQNかヲタが護身用って言って持つもんだからさ」

lw´‐ _‐ノv「おおう、ある種の厨二病か」

( ・∀・)「実用ナイフとして優れてるのもあるから、一概にクソとも言えないのがまた厄介だな」

lw´‐ _‐ノv「モララーさんのいう実用って、日用品ってことですよね?」

( ・∀・)「うん。日用品として優れてる戦闘用ナイフモドキ」

lw´‐ _‐ノv「もはやなにがなんだか」

19 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:14:56 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「さて、形状の話に戻して、フォールディングナイフなら、個人的に好みが最も別れるだろう部分はロック機構だな」

lw´‐ _‐ノv「ロック機構というと?」

( ・∀・)「畳んだナイフを開いたとして、それをどう固定するかだ」

lw´‐ _‐ノv「というといっぱいあるんですか?」

( ・∀・)「まあね。代表的なのは肥後守、バックロック、ライナー(フレーム)ロック」

lw´‐ _‐ノv「肥後守?」

( ・∀・)「和式ナイフなんだが、ロック機構がない。代わりに背に突起があって、オープンすると柄と水平になるからそこを握りこむ」

lw´‐ _‐ノv「?」

( ・∀・)「はい写真」

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/92/Higonokami_kanekoma_regular_A02.JPG

lw´‐ _‐ノv「わあ、単純」

20 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:15:36 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「これはこれで収集家がいるほど人気の有るジャンルなんだよね」

lw´‐ _‐ノv「ロック機構がない分安そうですしね」

( ・∀・)「高い鋼材使ってるいい奴もあるけど、同じ鋼材使ってるナイフと比較しても安い」

lw´‐ _‐ノv「他はどんな感じです?」

( ・∀・)「バックロックはさっきのフォールディングハンター#110が原初となるロック機構」

lw´‐ _‐ノv「これはどんな構造のロック?」

( ・∀・)「構造を詳しくいうと多分混乱するけど、いい?」

lw´‐ _‐ノv「簡単にお願いします」

( ・∀・)「構造を無視して使い方で言えば、ナイフを開こうとすると閉じる方向にテンションがかかってる」

lw´‐ _‐ノv「つまり、ちょっと力を込めないと開かない?」

( ・∀・)「うん。だから、不意に開かない。で開くと動かなくなり、ハンドルの背にあるバーを押し込むとロックが外れる」

lw´‐ _‐ノv「で、バーを抑えながら刀身を閉じる。と」

( ・∀・)「そうそう」

21 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:16:43 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「厳密に構造を言うと、ハンドルの背側にシーソーみたいに真ん中をピン止めしたバーが仕込んである」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「バーの先端側には突起があって、刃には突起と同じ凹みがあるから、ナイフを開くとそこと噛み合う」

lw´‐ _‐ノv「で、動かない? いや、シーソー倒せば動くでしょ」

( ・∀・)「バーの反対側は、バネが上に持ち上げてるから刃がロックされるんだ」

lw´‐ _‐ノv「なるほど。で、ハンドルのロッキングバーを、バネごと押し返すと外れる仕組みか」

( ・∀・)「そんな感じ。刀身からシーソーを固定するバネには力が伝わらないし、柄に金属バーが入るから強固かつシンプルで非常に信頼性が高い」

lw´‐ _‐ノv「欠点は?」

( ・∀・)「精度が低かったり組み立てが下手だと、衝撃で勝手に開く事がある」

lw´‐ _‐ノv「あっぶねえ!」

( ・∀・)「よほど酷いナイフだけだけどな。あとバーがハンドルの後端にくる構造上、しまう時は基本両手になる」

lw´‐ _‐ノv「それ、欠点なの?」

( ・∀・)「そもそもカッターは片手で出せて、仕舞えるし、次のライナーロックも片手操作が基本だ」

22 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:18:02 ID:keUPLOh20
 
lw´‐ _‐ノv「ライナーってのはどんななん?」

( ・∀・)「刀身の形と同じ切り込みがライナーにあって、内部のバネで内側にテンションが掛かってるんだ」

lw´‐ _‐ノv「?」

( ・∀・)「ナイフを開くと、刀身柄側形状とライナーの切れ込みの形が同じだから、内側にライナーが飛び出てくる」

lw´‐ _‐ノv「あー。それで刀身が内側に戻ろうとしてもライナーが引っかかるのか?」

( ・∀・)「そう。ライナーを外側に戻しつつ畳むと閉じれる」

lw´‐ _‐ノv「利点は?」

( ・∀・)「片手で開閉操作が余裕。刀身にはサムスタッドという突起があって、それを親指で弾いて開けるのも多い」

lw´‐ _‐ノv「しまう時も当然片手で出来そうだしね」

( ・∀・)「あとは安価というのもポイント高い。逆に欠点も多い。ただひとつに集約するなら信頼性の低さといえる」

lw´‐ _‐ノv「と、いうと? 確かに構造上弱そうだけども」

( ・∀・)「まずライナー、つまりハンドル材の補強が内側に曲がるわけだから、強度が大幅に犠牲になる」

lw´‐ _‐ノv「そりゃそうだ」

( ・∀・)「ハンドル材によっては、ライナーが一部なくなるのでそこが撓む。また、軽く開く関係で、構造次第では勝手に開きやすい」

lw´‐ _‐ノv「刃物使ってる時に一部撓むのは怖いですね」

( ・∀・)「安価だと樹脂は多いしな。更にもし撓む場合、握力が極端に強いとロックが突然解除されることが稀にある」

lw;‐ _‐ノv「うげ」

( ・∀・)「なので俺は嫌いだ! 逆に片手操作性の高さから好きな奴も多い。好みばかりは使ってみるしかないけどな」

23 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:18:43 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あとはメーカー独自の機構も結構ある。これは俺好みが多いな」

lw´‐ _‐ノv「ほほう」

( ・∀・)「とはいえ、メーカーの違いにも関係するし一々やってくのは面倒なので、触れない」

lw´‐ _‐ノv「はい」

( ・∀・)「次はハンドル材の違いについてだ。主に人工素材系と天然素材系がある」

lw´‐ _‐ノv「人工素材は樹脂ですよね? 天然素材は?」

( ・∀・)「大きく分けて、木・角・骨・貝・革、変わったものでは化石の牙やマッコウクジラの歯、べっ甲なんかも使われるな」

lw´‐ _‐ノv「革? 巻くんですか?」

( ・∀・)「いや、積み革といってワッシャーにした革を何枚も接着剤を塗りつつ積み重ねて固める」

lw´‐ _‐ノv「ハンドル材全部が革なのか」

( ・∀・)「使い込めば味も出るし、接着剤で適度に固く、革特有の滑りにくさもあるが、強度は低いし水濡れに弱く不衛生だな」

lw´‐ _‐ノv「まあ、カビそうですしね」

( ・∀・)「多くて人気も高いのは当然木だな。傷がつきやすいのが欠点だが、アイアンウッドなどの硬い木を使うため、強度はかなり高い」

24 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:19:35 ID:C4k1uWoA0
恐いカップルだなあ

25 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:20:04 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「木で多いのはココボロ、ウォールナット、黒檀、紫檀、アイアンウッド、花梨のコブ」

lw´‐ _‐ノv「こぶ?」

( ・∀・)「花梨の根にできるコブ。渦巻いたべっ甲のような木目で非常に硬く人気があるが希少だ。あとはデザートアイアンウッドも見る」

lw´‐ _‐ノv「なにそれ強そう」

( ・∀・)「砂漠で立ち枯れた木が50年から数百年掛けて炭化したもの。経年変化、特に曲がりや反りが少なく、非常に硬い」

lw´‐ _‐ノv「ああ、既に変化し終わった木なのね。貝ってのは?」

( ・∀・)「内側の真珠層を貼り付けたものだ。白蝶貝や黒蝶貝。偶にアワビの仲間が使われる。キラキラして綺麗だぞ」

lw´‐ _‐ノv「脆そう」

( ・∀・)「ぶっちゃけ脆いな。大抵小さいポケットナイフやネックレスナイフなどの強度が不要なナイフに使われる」

lw´‐ _‐ノv「角ってのはなに?」

( ・∀・)「鹿の角かな。他の角は稀にしか見ない。角じゃないけど、牛のスネ骨を加工したものも似た感じになる」

lw´‐ _‐ノv「おおーかっこよさそう」

( ・∀・)「鹿の角はナイフに最適な天然素材の一つだ。ただ、表面の溝に汚れがたまるのと、長時間水に付けるとふやける」

lw´‐ _‐ノv「まあ、木と鹿角以外の天然素材は正直飾り要素が強そうですね」

( ・∀・)「木よりも手には馴染む物も多いんだけどね」

26 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:22:38 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「人工素材は主にマイカルタ、ザイテル、G10、メタルかな」

lw´‐ _‐ノv「マイケル田?」

( ・∀・)「何それ苗字?」

lw´‐ _‐ノv「マイケル田中のアダ名じゃね?」

( ・∀・)「誰だよマイケル田中……。マイカルタはキャンパスなどの母材をフェノール樹脂で積層加熱成形したもの」

lw´‐ _‐ノv「フェノール樹脂って合板をくっつけてる奴だっけ?」

( ・∀・)「そうそれ。基本は麻のキャンパスだけど、それ以外にもリネンや紙、木なんかを母材としてるタイプもある」

lw´‐ _‐ノv「ほうほう」

( ・∀・)「特徴はキャンパスの粗さからくるグリップ性の良さと、フェノール樹脂の強度。積層特有の木目のような模様も人気がある」

lw´‐ _‐ノv「母材が入った樹脂ってかなり強度高いよね」

( ・∀・)「うむ。樹脂といえど、相当な強度があると考えていい。欠点はそこそこの重さと、加熱成形なので高熱で溶ける」

lw´‐ _‐ノv「普通に使ってて高熱が出ることなんてあるの?」

( ・∀・)「ダンボール切ってる時に擦ってテープ剥がそうとしたりして、摩擦熱で溶けることが稀に」

lw´‐ _‐ノv「それは擦る方が悪いのでは?」

( ・∀・)「ハイその通りです。でも梱包開けるのに高いナイフなんて使わないからいいの」

27 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:25:25 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「ザイテルは織り込んだガラス繊維をナイロン樹脂で固めたもの。デュポンの商標が一般化したもので、正式名称はFRN」

lw´‐ _‐ノv「なんか、ちゃちいというか、おもちゃみたい」

( ・∀・)「玩具のプラスチックってナイロン樹脂だからね。でもガラス繊維が入ると非常に強度が増す」

lw´‐ _‐ノv「でも撓むよ?」

( ・∀・)「それが衝撃強度も摩擦強度も上がってるんだなぁ。非常に軽いし、適度な摩擦があり、薄くても強いから一つの究極体と言える」

lw´‐ _‐ノv「すげー」

( ・∀・)「最大の欠点にして弱点は、ロマンぢからが残念すぎることだ」

lw´‐ _‐ノv「ああ、ナイフがカッターに勝つ唯一の部分が……」

( ・∀・)「ぶっちゃけ玩具のプラスチックと見た目が大差ないからね。それが有利に働くこともある」

lw´‐ _‐ノv「そんなことあるの?」

( ・∀・)「実用性が高い割にチャチいから、一般人に恐怖心を与えにくい」

lw´‐ _‐ノv「あ、キャンプとかで持ってても、カッターや包丁の延長みたいに見えるのか!」

( ・∀・)「そう、デザインによってはなんか業務用のカッターのすごい奴に見える!」

lw´‐ _‐ノv「ナイフに関してやたらと厳しい世の中で、これはでかい!」

( ・∀・)「業務用もクソもないし、ナイフもカッターも危険度は同じだけどな。無理解の壁を超えやすいんだ」

28 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:26:29 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あとG10。織り込んだガラス繊維をエポキシ樹脂で高圧成形したもの。これも賛否両論あるけど俺は好きだ」

lw´‐ _‐ノv「……あ! これは見たことあるぞ。たぶんプリント基板だ」

( ・∀・)「うむ。紙を母材にしたペーパーマイカルタやG10は、元々電子基板用の素材なのだ」

lw´‐ _‐ノv「色が黒いから一瞬わかんなかったぜ」

( ・∀・)「プリント基板は緑が多いからね。ちなみに、軍人が装備用で好むナイフは、大半がこれだったりする」

lw´‐ _‐ノv「ほー、なんで?」

( ・∀・)「前2つと違って、熱に強いし、ダントツの強度と摩耗耐性。かつ、極寒地でも冷たくならない。そしてグリップもいい」

lw´‐ _‐ノv「なるほど、信頼性の高さか」

( ・∀・)「欠点は前2つよりかなり重いこと。グリップが重いと重心が手元寄りになる」

lw´‐ _‐ノv「手元じゃ何が悪いんです?」

( ・∀・)「重心は後で説明するが、操作性が向上する」

lw´‐ _‐ノv「いいことじゃないですか」

( ・∀・)「代わりに、叩きつける時威力が下がる」

lw´‐ _‐ノv「ああ」

( ・∀・)「この辺は好みだが、細かい作業用でもナイフ全体の重量も増すから注意が必要だ」

lw´‐ _‐ノv「なるほど」

29 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:28:16 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あと、樹脂では比較的高価なのと、強度と引き換えにほとんど曲がらないほど硬く、馴染みにくい欠点もあるな」

lw´‐ _‐ノv「高価といえど、寿命が長いから取り返せるんじゃね?」

( ・∀・)「いや、強度や摩耗耐性が数百年レベルで高いといえど、ザイテルだって数十年は保つし、どうみても過剰」

lw´‐ _‐ノv「ちなみに、モラさんがG10が好きな理由は?」

( ・∀・)「俺は手が乾燥気味で滑りやすいんだが、G10は俺の手にベストなグリップ性だから」

lw´‐ _‐ノv「すげえ個人的理由だった」

( ・∀・)「柄の好みはそんなもんだ。あとはメタル系だが、所謂金属の柄だな。総じて摩擦性が悪いが強度が高い」

lw´‐ _‐ノv「重そう」

( ・∀・)「航空アルミやチタンも多いよ」

lw´‐ _‐ノv「おお、それなら軽いね!」

( ・∀・)「欠点は、高価かつ硬いから手に馴染まず、極寒地ではチタン以外冷たい」

lw´‐ _‐ノv「チタン冷たくないの?」

( ・∀・)「限度があるが、チタンは熱伝導性が異常なまでに低いから冷たく感じないよ。滑るから嫌いだけど」

lw´‐ _‐ノv「まあ、滑りそうですよね。かなり」

( ・∀・)「この手のナイフはグリップ性改善のため、握りやすい形状や滑り止めなど工夫されてるのも多いね」

30 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:30:07 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「次は刀体の長さについて」

lw´‐ _‐ノv「長いのは極端に言えば鉈?」

( ・∀・)「今回そういうのは除いて、小さい作業用ナイフを中心に扱うので、長くても12cmくらいかな」

lw´‐ _‐ノv「12cmって結構長いけども。ってか銃刀法は大丈夫なの?」

( ・∀・)「大いに問題がある。が、その辺は後で触れる。とりあえず、フォールディングで8cm。シースで6cm以上だとちょっと面倒と覚えてくれ」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「この長さ、地味に重要だ。何故なら日本人の手で使いやすい作業用ナイフの長さはだいたい8cmから6cmと言われる」

lw´‐ _‐ノv「あ、シースだとアウトなんだ」

( ・∀・)「そういうこと! フォールディングが好きな理由の一つはここにある」

lw´‐ _‐ノv「ちなみに長さはどう関係するの?」

( ・∀・)「この程度の長さだと短いほど操作性が上がり、指先の延長のように扱える」

lw´‐ _‐ノv「指との距離が短くなるから?」

( ・∀・)「そそ。原始、ナイフは本来歯や爪でやることをもっと硬い物で代用するために産まれた」

lw´‐ _‐ノv「つまり、その役目を最も果たせるナイフが短いナイフってことか」

( ・∀・)「そんだけ短いと普通は柄も短くなって握りにくいから、握りやすい長さから逆算して6cmが限度ってわけ」

31 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:31:37 ID:keUPLOh20
 
lw´‐ _‐ノv「逆に長いとどうなるの?」

( ・∀・)「菜箸が近いかなー。あれって使ってみると奇妙な力強さがあるでしょ?」

lw´‐ _‐ノv「普通の箸より長いから感覚が伝わりにくいけど、梃子の原理で力が伝わりやすい感じ?」

( ・∀・)「そそ、8cmじゃそこまでの感覚はないけど、力が掛かりやすいし、一度に長い距離切れる」

lw´‐ _‐ノv「刃の長さがそのまま一引きの長さになるからね」

( ・∀・)「ちなみに職人さんが使う柳刃包丁は30cm以上あるけど、それは長い距離を切る必要があるからなんだよ」

lw´‐ _‐ノv「ん? なんでそんな必要が?」

( ・∀・)「刺身は切断面が綺麗なほど舌触りがいい。刃が往復して切断面を歪にしないため、一回で切れるよう長い包丁を使うんだ」

lw´‐ _‐ノv「ああ! ハサミで紙切るとき、2回に分けて切ると、どうしても歪んじゃうあれか」

( ・∀・)「長いナイフも同じで往復回数を減らし、切断面を綺麗にする効果が期待できる」

lw´‐ _‐ノv「でも2cmでそんなに変わるの?」

( ・∀・)「めっちゃ変わる。5cmくらいで握りやすいナイフとか使うとホントに指先で切ってるみたいな感覚が味わえる」

lw´‐ _‐ノv「ほほー」

( ・∀・)「ちなみにこれには重心も影響してるんだけど、その点はあとで説明しよう」

32 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:32:18 ID:keUPLOh20
 
lw´‐ _‐ノv「でも長いと折れやすそうですね」

( ・∀・)「だから、長いほど刀身は厚く、幅広になる傾向がある」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、重たくなる?」

( ・∀・)「当然ね。更に長いほど刃の厚みが増える」

lw´‐ _‐ノv「ああーじゃあ、さっきのカッターの説明みたいに、切ったモノに挟み込まれるんだ」

( ・∀・)「そこでそれを改善するのがグラインドなんだが、これも一応説明しようかな」

lw´‐ _‐ノv「電子回路における信号の帰還経路?」

( ・∀・)「それはグラウンド。分かりづらいボケだな」

lw´‐ _‐ノv「えっ、じゃあ騎乗位の腰振りが良かった?」

( ・∀・)「グラインドだけど違う。ナイフのグラインドってのは刀身を断面図で見た時の側面処理のこと」

lw´‐ _‐ノv「どういうこと?」

33 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:33:09 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「一般的なフラットグラインドは、ナイフの断面はV字だな」

lw´‐ _‐ノv「明らかに断面がV字じゃない奴もあるけど、おおむねV字ですね」

( ・∀・)「対して、ホローグラインドはそれを内側にえぐってγ字になっている」

lw´‐ _‐ノv「ああー、なんとなくわかった。どう違うの? 軽量化?」

( ・∀・)「もあるし、ナイフは薄いほど食い込むが強度が落ちる。ホローは先端側を薄くして食い込みを改善しつつ、強度を保つ方法だ」

lw´‐ _‐ノv「なるほどー」

( ・∀・)「とはいえ、薄刃ほどじゃないが強度は大幅に下がるよ」

lw´‐ _‐ノv「まあ、刃側は薄刃になってるわけですからね。刃こぼれし易いでしょうね」

( ・∀・)「食い込みは抜群だけど、荒い使い道をするなら危ない。形状的に無理があるしね」

34 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:33:57 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「逆にV字を膨らませてハマグリ状にしてるのがコンベックスグラインド」

lw´‐ _‐ノv「これも逆? 繊細な使い方はできないけど、荒い使い方ができる」

( ・∀・)「うん。そんな感じ。機械強度が大幅に増すけど、魚とか捌こうとしたら狙った通りに刃が進まなくなる」

lw´‐ _‐ノv「叩きつけるような使い方ってことですか」

( ・∀・)「西洋の剣や鉈に多いね。重量を使う使い方、枝とか木を切るならこれがいい」

lw´‐ _‐ノv「鉈というのはなんとなく納得」

( ・∀・)「刃先の切れ味を使う引き切りにはあまり向いてない、刃先が鈍角になるし、食い込むと刀身が邪魔をする」

lw´‐ _‐ノv「まあ、言われなくてもイメージはできるよ」

( ・∀・)「あと、これはグラインドじゃないけど、ハマグリ刃といって刃先だけをコンベックスグラインドにする高度な砥ぎがある」

lw´‐ _‐ノv「ほほう? 何の意味が?」

( ・∀・)「付け根から刃先まで同じ形にするのはフラットに砥ぐより難しいし、3段階に分けて砥ぐので大変だが、刃持ちと強度、食い込みを飛躍的に上げる」

lw´‐ _‐ノv「んん? 鈍角だから切れ味低下しそうじゃね?」

( ・∀・)「刃先だけだから段差がなくなり食い込みは改善される。そして、ハマグリでも刃付けがしっかりしてば新品カッターより切れる」

lw´‐ _‐ノv「ああ、そっか、なるほど」

35 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:35:44 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「丁寧に砥いだ場合、たいてい切れ味過剰だが、それを鈍角にして和らげるのもハマグリの特徴だ」

lw´‐ _‐ノv「まあ確かに、触れただけで浅く切れるような刃物早々必要ないですね」

( ・∀・)「あと、曲率によっては刃先が鈍角過ぎて切れ味が落ちるけど、緩やかな曲線にすればあまり低下しないよ」

lw´‐ _‐ノv「その辺でも調整できるのか。ちなみに普通の砥ぎはなんて言うんです?」

( ・∀・)「カミソリ刃。純粋な切れ味重視ならこっちだね。刺身を角立てて綺麗に切るとか、髭を綺麗に剃るとか」

lw´‐ _‐ノv「ナイフの仕事じゃねえ」

( ・∀・)「ちなみに俺は、野菜や肉を切る包丁もハマグリで砥ぐ。カミソリに砥ぐのは魚用くらいだ。ナイフは片面ハマグリ」

lw´‐ _‐ノv「でも、難しいんでしょう?」

( ・∀・)「まあ趣味だし。手間がかかっても練習かねてるから問題なし。で、グラインドに戻るが」

lw´‐ _‐ノv「盛大な回り道でしたね」

( ・∀・)「基本的にフラットか、ゆるいホローがいい。極端な用途の専用ナイフは、なんでも1本でやりたい入門時には不要だ!」

lw´‐ _‐ノv「あ、はい」

36 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:36:43 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あと、これは最初はあまり考えなくていいけど、重心と重量」

lw´‐ _‐ノv「重量は、軽い方がよさそう」

( ・∀・)「そうでもないんだな。重量があると当然チョッピング力が増す」

lw´‐ _‐ノv「チョッピング?」

( ・∀・)「さっきの重量と遠心力を利用した叩きつける切り方。チョップするみたいに腕の遠心力で叩きつける」

lw´‐ _‐ノv「ほうほう」

( ・∀・)「重心も関係してくる。刃先重心の方が遠心力が大きくかかる」

lw´‐ _‐ノv「でもそんな使い方あんまりしなそう」

( ・∀・)「そうなんだよねー。枝を切って進むとかならともかく、インドアじゃほとんど使わない」

lw´‐ _‐ノv「逆に手元重心の利点は?」

( ・∀・)「操作性に関わってくる。手のひらの中心に近いほど重量を感じず、扱いが楽になり、繊細に動かすことができる」

lw´‐ _‐ノv「また梃子の原理だ!」

( ・∀・)「短いナイフが使いやすいのと同じ理由だね。あと、手の外に重心がある場合、緩く握ると手からずり落ちようとする」

lw´‐ _‐ノv「ああ、そりゃそうだ」

( ・∀・)「まあ、重心は写真みて判断するしかないので、これはすぐわかるとは限らんがね」

37 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:37:40 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「ただ、問題が一つある。刀体はほとんどが鋼なので厚みくらいしか変える点がない。だが食い込みと強度にも影響してしまう」

lw´‐ _‐ノv「ということはハンドル側で調整するの?」

( ・∀・)「例えばライナーの有無や肉抜きで変わるが、鋼の刀体と釣り合おうとするため、重量そのものが大きく変わる」

lw´‐ _‐ノv「軽くすると強度が落ちるし、重くすると全体的な重量が思いっきり増えると」

( ・∀・)「うむ。ポケットに入れる場合、あんまり重いと布が疲労して破けることもある。厚みが増えると携帯性も悪いしな」

lw´‐ _‐ノv「つまり、デザインの幅も少ない小型ナイフは手元重心にするか強度を捨てるかの二択ってこと?」

( ・∀・)「そうなんだよ。色んな要素が複雑に絡むし、しかも個人で最適なバランスに好みがある」

lw´‐ _‐ノv「通販で買う場合、重心はわからないからなあ」

( ・∀・)「最終的には実物を手に取って使って行く内にわかっていく。だから最初はあまり気にするな」

lw´‐ _‐ノv「ちなみにモララーさんの好みは?」

( ・∀・)「俺はハンドル重めの手元重心が好きだ。人より力があるから重くて構わないし、剛性の高いハンドルが好きなんだ」

lw´‐ _‐ノv「単なる重量級萌えでは?」

( ・∀・)「そうともいう」

38 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:38:29 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「最後に鋼材の違いだが、これはややこしいぞ」

lw´‐ _‐ノv「産業で」

( ・∀・)「簡単に言うと、硬度、靱性、耐蝕性、耐摩耗性、粘り、加工性がそれぞれ互いに影響しあってる」

lw#‐ _‐ノv「長い!」

(;・∀・)「一行なんだけど!?」

lw´‐ _‐ノv「なんとなく、硬度が高いと切れ味よさそう」

( ・∀・)「硬度だけが高いと折れたり刃毀れしたり、最悪砕けるよ」

lw;‐ _‐ノv「えっ、硬いのに?」

( ・∀・)「硬度ってのは潰れにくさ、引っ掻き耐性、削りにくさに分けられるが、どれもほとんど比例してる」

lw´‐ _‐ノv「つまり、潰れにくいのは傷つきにくいわけね?」

( ・∀・)「うむ。例えば、引っ掻き硬度が最高として知られるダイヤだが、ハンマーで叩くと簡単に砕ける」

lw*‐ _‐ノv「そうなの? やってみようぜ」

( ・∀・)「良いけどダイヤは自分で買えよ?」

lw#‐ _‐ノv「やだよ。なんで砕くためにダイヤ買う必要があるんだ! ワガママ言わないで自分で買いなさい!」

(;・∀・)「さっきから理不尽だな!」

39 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:39:58 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「簡単に言うと、ダイヤは硬度が最高レベルに高いが、靱性、衝撃耐性はそんなに高くないんだ」

lw´‐ _‐ノv「靱性?」

( ・∀・)「イメージしやすいのはガラスやコンクリかな。硬くて脆く、殴れば砕ける」

lw´‐ _‐ノv「ああなるほど、ガラスにひっかき傷をつけるのは大変だ」

( ・∀・)「逆に硬度が低くて靱性が高いのはゴムやバネだね。力が加わった時、弾力で力を逃がす」

lw´‐ _‐ノv「ゴムのハンマーは靭性が高いから使えるのね」

( ・∀・)「そういうこと。鉄の場合、基本的には炭素の量が多いほど硬度が高くなる。だが、その分靱性が下がるんだ」

lw´‐ _‐ノv「ほほう」

( ・∀・)「二つの物質をすり合わせると、硬度が低い方が傷つく。つまり、ある程度、硬度が高くないと刃物として成立しない」

lw´‐ _‐ノv「対象より柔らかい刃物は、切る前に擦り減っちゃうわけですね」

( ・∀・)「だが、靭性が低いと刃こぼれしやすくなる。これを刃物に向いた硬度と靭性のバランス、炭素量に調整した鉄が鋼だ」

lw´‐ _‐ノv「錬成!」

( ・∀・)「あれのオートメイルは靱性重視の低炭素鉄だろうけど、どっから炭素集めてんだろうな?」

lw´‐ _‐ノv「空気中の二酸化炭素。だけじゃ絶対足りないのは事実です」

40 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:40:01 ID:dfKGoGAA0
シューさんの夜のグラインドについて詳しくお願いします

41 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:41:17 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「だが、炭素鋼にはもう一つ欠点がある。それは炭素が多い鋼は錆びやすいことだ」

lw´‐ _‐ノv「耐蝕性が低いと?」

( ・∀・)「そうなる。水がついてたら自然乾燥する前に錆びるくらいだな。つまり、硬度が高いほど錆びと衝撃に弱い」

lw´‐ _‐ノv「刃物としては致命的ですね」

( ・∀・)「また、耐摩耗性も硬度が高いほど高くなりやすいな。硬いから削れない」

lw´‐ _‐ノv「そりゃそうだ」

( ・∀・)「分かりにくいのは次の粘りだが、イメージしやすいのは粘土かな」

lw´‐ _‐ノv「粘土?」

( ・∀・)「粘りのある粘土は引っ張っても千切れず伸びる。粘らないと千切れる」

lw´‐ _‐ノv「それがどう鉄に当てはまるんです?」

( ・∀・)「金属は可塑性。つまり、硬くて人力では中々変形できないが、粘土みたいに変形する素材だ」

lw´‐ _‐ノv「ああ、金箔とか潰した金ですからね」

( ・∀・)「そう、それが粘るってことは、靭性も上がるし、いざ曲がった時の割れにくさなど、総合的な強度が高くなる」

lw´‐ _‐ノv「折れるか曲がるかってことかー」

( ・∀・)「粘る鉄は当然靭性が凄まじく向上する反面、砥ぐ時に悪い影響を与えるが、あとで触れよう」

42 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:42:17 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「さて、鋼材の要素は一長一短、何かを優先すると他の何かが犠牲になる。それらのバランス違いが鋼材の違いだ」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「ところが、これらが最も影響を受けるのは、切れ味じゃない。砥ぎやすさと刃持ちの良さだ」

lw´‐ _‐ノv「硬いと砥ぎにくい、のはそういえば当たり前だ」

( ・∀・)「うん。硬いほど削るのに時間がかかるし、その間一定の角度を保ち続けるのは疲れるし難しい」

lw´‐ _‐ノv「じゃあ、柔らかい方がいいわけか」

( ・∀・)「いや、柔らかく靱性が高いと、今度は削れやすいから刃先がダメになるまでが速い」

lw´‐ _‐ノv「すぐ砥がなきゃいけなくなるのか、それもめんどいな」

( ・∀・)「ただ、切れ味を追及して極端に刃先を薄く削る場合、靱性が高くないといけないから、この点では柔らかい方が有利だ」

lw´‐ _‐ノv「ほー。意外。硬い方が切れ味はいいのかと」

( ・∀・)「いや、そこまで薄い刃はすぐ削れるから砥いだ直後だけ。そんな繊細な切れ味が要求されるのは、刃角の鋭い剃刀くらいだろうね」

lw´‐ _‐ノv「ああ、じゃあ、やっぱり硬い方が切れ味で見れば良さげなのね」

( ・∀・)「鋭角を維持しやすいしな。また、基本的に硬いと加工や鋼材の製造が難しくなる」

lw´‐ _‐ノv「ああ、硬度が高くて靭性が低い、つまりガラスを削って成形するようなもんですからね」

( ・∀・)「うむ。あと、炭素が増えるほど加工時の温度調整がシビアになっていくので、硬い鋼材は高価な傾向があるんだな」

43 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:43:21 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「それにさっき言ったように錆びやすさは炭素のせいだ。硬いほど炭素が多いから錆びやすいことになる」

lw´‐ _‐ノv「つまり、手入れも大変になると。ステンレスじゃダメなんですかね?」

( ・∀・)「もちろん、ステンレスもあるよ。ステンレスってどんな鋼材だかわかる?」

lw´‐ _‐ノv「錆びない鉄」

( ・∀・)「違う、クロムを13%以上含む鉄主体の広義の合金。クロムが混ざると耐蝕性があがって粘りと硬度が出る」

lw´‐ _‐ノv「そう言うってことは、錆びないわけじゃないの?」

( ・∀・)「アルミと同じでクロムは酸化被膜を形成する。錆びたクロムが薄い透明な膜となって、酸素を防ぐから内部は錆びない」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「しかも、鉄主体だから炭素の影響も受ける」

lw´‐ _‐ノv「つまり、炭素を増やせば鋼みたいになる?」

( ・∀・)「そう、それがハイカーボンステンレス。ステンレス鋼だ」

lw´‐ _‐ノv「錆びない鋼!」

( ・∀・)「じゃ、ないんだよな。炭素鋼よりは遥かに錆びないが、炭素の影響で濡れっぱなしとかなら錆びる」

lw´‐ _‐ノv「ダメじゃん」

( ・∀・)「しかも、クロムは炭素と結びついて炭化物を形成する。これは少量なら切れ味を向上させるが、巨大化すると脆くなる」

lw´‐ _‐ノv「む? じゃあ、炭素はあんまり増やせない?」

( ・∀・)「クロムが硬いから炭素の割には硬いが、炭素鋼には硬度で圧倒的に劣る。それに炭化物が増えると酸化膜が減る」

44 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:44:44 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「他にもクロムには粘りが出る効果があって、一長一短な面がある」

lw´‐ _‐ノv「ん? いいんじゃないの? 強度があがるんじゃなかったっけ?」

( ・∀・)「いや、粘りすぎるんだ」

lw´‐ _‐ノv「ほう?」

( ・∀・)「なので、砥ぐ時に粘るからバリがなかなか取れないし、靭性が高すぎて砥ぐ力から逃げるので、時間がかかる」

lw´‐ _‐ノv「ああ、粘りすぎる粘土を力いっぱいこねてるような感じか」

( ・∀・)「そうそう、そんな感じ。しかも、硬度が低いからすぐ砥ぎが必要になってくる」

lw´‐ _‐ノv「ダメじゃん」

( ・∀・)「まあ、錆びないのは魅力的だし。時間かければ砥げるからな。後は研削力の高い砥石を使えば差は結構縮まる」

lw´‐ _‐ノv「要は使いようか」

( ・∀・)「使いようと言えば、世間一般にステンレス包丁は切れ味が悪いと言われる」

lw´‐ _‐ノv「だからハガネの包丁がいいって聞きますね」

( ・∀・)「これは間違いだ。切れ味はほぼ形状に依存する。ステンレスだろうがハガネだろうが、同じ形なら同じように切れる」

lw´‐ _‐ノv「それは時間を掛けて研がないから?」

( ・∀・)「それもあるし、一定の角度で砥ぎ続けるのは時間がかかるほど難しい。それに粘るので、そもそも同じ形にするのが難しい」

lw´‐ _‐ノv「刃先の状態なんてナノ単位だし、目に見えないから」

( ・∀・)「うん。本人は砥いだつもりでも、実際には全然砥げてないか失敗ってことが起こりやすい。これがステンレスが切れないカラクリだ」

45 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:46:32 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あとは、安物のステンレス包丁やナイフには製造工程の問題があってだなぁ」

lw´‐ _‐ノv「なんか違うの?」

( ・∀・)「基本的にステンレスは鍛造しても効果が薄いし、焼き入れの仕方が違うから板から打ち抜いて刃先を削って作る」

lw´‐ _‐ノv「ふむふむ」

( ・∀・)「その刃の付け方が、回転砥石、つまり、ベルトサンダーで削るだけなんだが、安物だとここに時間が掛けられない」

lw´‐ _‐ノv「ああ、綺麗な刃にする時間がないのか」

( ・∀・)「うむ。刃というより斜めに削ってるだけ。そのまま使うと普通切れない。だから、安物包丁は使う前に自分で砥ぐべきなんだ」

lw´‐ _‐ノv「それ以前に、そもそも、包丁を砥がない人は多そうですね」

( ・∀・)「うん。だから、最初から砥げてない包丁を砥がないで使って、安物は切れ味が悪いって言ってる人が多い」

lw´‐ _‐ノv「ああ……」

( ・∀・)「ま、100均包丁を限界まで砥ぎあげて使っても、それはそれでクソだったわけだがな」

lw´‐ _‐ノv「えっさっきの話、砥げば使えるって話じゃないんですか?」

( ・∀・)「いや、グラインダーの摩擦熱で焼きなまされてるのか刃持ちが悪すぎて、切れ味持つのがホント最初の一瞬だけだった」

lw´‐ _‐ノv「流石に100円クオリティだったか」

( ・∀・)「まあ、100円でそれなりに切れるんだから十分凄いけどな」

46 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:48:05 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あと、製造工程といえば、最終的な硬度は炭素だけでは決まらない」

lw´‐ _‐ノv「少し出てきた焼き入れとか焼き戻しですね」

( ・∀・)「うむ。詳しく書くと複雑なので省くけど、灼熱した鋼はその冷やし方で硬度が思いっきり変化する。炭素が多いほどこの性質は強くなる」

lw´‐ _‐ノv「柔らかくして変形して形が決まったら、最後に硬くする、と」

( ・∀・)「厳密には更に柔らかく戻すけど、そんな感じ」

lw´‐ _‐ノv「戻しちゃうの?」

( ・∀・)「硬すぎるから戻して靭性を強化しバランスを取るんだ」

lw´‐ _‐ノv「ほー」

( ・∀・)「で、炭素が0.3%以下だと硬度が変化しなくなる。だから鋼は0.3%〜2%の炭素を含有する鉄と定められている」

lw´‐ _‐ノv「なるほどー」

( ・∀・)「だから、厳密には炭素の量だけで硬度は確定しないんだ」

lw´‐ _‐ノv「というと、やろうと思えば柔らかい鋼材で硬い刃物も作れるの?」

( ・∀・)「柔らかさを戻す行程を抜けばそうなるけど、品質が安定しないし、すごく折れやすい」

lw´‐ _‐ノv「やはり炭素の調整になるわけね」

( ・∀・)「逆にある程度高炭素だと、鋳鉄とほぼ同レベル、炭素が多すぎて切削出来ない鉄と同等の硬度を得られる」

lw´‐ _‐ノv「ほう。鋳鉄っていうとマンホールの蓋とかですか」

( ・∀・)「そう、あとは南部鉄器だね。とはいえ、そんな硬度はプロ用の刺身包丁とかじゃないとまず見ない」

47 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:49:06 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あと、他に特殊鋼やセミステンレスって呼ばれる鋼もある」

lw´‐ _‐ノv「呼び方的にステンレスと鋼の中間かな?」

( ・∀・)「うむ。ステンレスはクロムが13%以上含まれる鉄主体の合金で、それ以下がセミステンレス」

lw´‐ _‐ノv「いいとこ取りですか」

( ・∀・)「んー少量すぎて耐蝕性が上がらず、ほぼ炭素鋼みたいなのから、逆にほぼステンレスまである」

lw´‐ _‐ノv「そんな少量で意味があるのだろうか?」

( ・∀・)「耐蝕性じゃなくて粘りを強くするため。ステンレスもだけど、特殊鋼はモリブデンやバナジウムなど色んな金属で性質を変えてるんだ」

lw´‐ _‐ノv「あら意外。鋼って鉄だけだと思ってた」

( ・∀・)「そもそも、鉄の原材料にはリンや硫黄なんかも混ざる、その時点で合金だ。それらは脆くなるから極力除くけどな」

lw´‐ _‐ノv「混ざっていいものばかりじゃないのね」

( ・∀・)「それら金属の色んな性質が多数影響しあって、鋼材の性格が変わるんだよ。とはいえ、基本は硬度だけどね」

lw´‐ _‐ノv「なるほどー」

( ・∀・)「個人的には、最初のナイフは柔らかめのセミステンレスがオススメだ。砥ぎやすいし、安価だから使い倒せる」

lw´‐ _‐ノv「砥ぎが簡単だからか」

( ・∀・)「といいつつ、俺の最初のナイフはVG-10。比較的硬めのステンレス鋼だったので、最終的には好みだけどな」

48 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:50:14 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「あと、これは製造方法だけど、粉末治金鋼ってのもある。基本高価な素材だけどな」

lw´‐ _‐ノv「ふんまつ?」

( ・∀・)「粉状の原料をよく撹拌して、型に入れてから融解温度より低温で焼き固める、陶器みたいな鋼材」

lw´‐ _‐ノv「なんか脆そう」

( ・∀・)「確かにナノレベルの気泡ができるから、機械強度は若干落ちるな」

lw´‐ _‐ノv「なのに高価なんですか?」

( ・∀・)「それを補う圧倒的なアドバンテージがある。例えば、さっき言った高クロムと高炭素は両立しない話があるな」

lw´‐ _‐ノv「巨大な化合物ができて、それが邪魔になるんですよね?」

( ・∀・)「そうだ。要は溶けると鉄より先にクロムが炭素を掴まえてしまう。しかし、粉末状態で混ぜるなら!」

lw´‐ _‐ノv「おお! 鉄が捕まえる!」

( ・∀・)「それにより、クロムの粘りや靭性、耐蝕性と炭素鋼の硬度を両立している鋼材、ZDP-189なんてのもある!」

lw´‐ _‐ノv「しかも、元が粉末なら加工も容易そうですね」

( ・∀・)「実際容易らしい。なんと、ZDPは炭素の量も鋳鉄レベルの3%。事実上の鋳造だから出来る荒業だ」

lw´‐ _‐ノv「それ最強なのでは?」

( ・∀・)「まあ、耐蝕性も炭素でかなり下がってるし、粘りによる靭性強化には限界があって落としたら割れる程度に脆いけどな」

lw´‐ _‐ノv「ああー」

( ・∀・)「ちなみに割れなくてもZDP-189は個人的に嫌いだ。粘りと超硬度のせいでくっそ砥ぎづらい! 粉末治金は好きだけどな」

49 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:52:18 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「とりあえず、代表的な鋼材は触れておきたいが、多いからなぁ。炭素鋼だと白紙かSK-5だな」

lw´‐ _‐ノv「紙?」

( ・∀・)「日立金属が砂鉄から作った高品質鋼で、農具用の黄紙、セミステンレス鋼の青紙シリーズと共に、包み紙の色で呼ばれる愛称だよ」

lw´‐ _‐ノv「ほむほむ」

( ・∀・)「黄紙2号から不純物を除いた高純度な炭素鋼が白紙2号。そこにタングステンやクロムを加えて粘りを強化したのが青紙2号」

lw´‐ _‐ノv「2号ってのは?」

( ・∀・)「炭素量のランク。数字が少ない方が炭素が多い。青紙には1号の上のスーパーがある」

lw´‐ _‐ノv「白紙と青紙どちらがいいんですかね?」

( ・∀・)「青紙はクロムが0.5%も入ってないからほぼ炭素鋼とはいえ、クロムが入るので硬度がちょっと下がる」

lw´‐ _‐ノv「あ、やっぱり」

( ・∀・)「その上粘るので砥ぎに時間がかかる」

50 名も無きAAのようです :2015/06/26(金) 00:53:08 ID:keUPLOh20
 
( ・∀・)「頻繁に砥ぐ本職の刺身包丁なら白紙1号を選ぶだろうね」

lw´‐ _‐ノv「まあでも、一般家庭ならそんなに砥がないよね?」

( ・∀・)「うん。家庭では青の方が錆にも多少強いし強度もいい。ただどっちも炭素がかなり多いんだよな」

lw´‐ _‐ノv「なにか、問題があるんですか?」

( ・∀・)「炭素量が高いほど、鍛造の温度管理が難しく、特に1号やスーパーは職人の腕が要求される、らしい。だから高い」

lw´‐ _‐ノv「らしい?」

( ・∀・)「鍛造はハンマーで叩くこと。凄いナイフが作れるが、ハンドメイドナイフでしか作れない。俺は持ってない」

lw´‐ _‐ノv「ああ、なるほどね」

( ・∀・)「あとは炭素鋼だとアメリカ規格の1095とか、スウェーデンのASSAB K-120だが、覚える必要はあまりない」

lw´‐ _‐ノv「錆びるから?」

( ・∀・)「いや、他の金属を混ぜてない純粋な炭素鋼は単に純度と炭素量の違い、どれもほとんど同じなんだ」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

パイニャン - 青山裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa