したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

( ´_ゝ`)流石な悪の幹部のようです

1 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 01:52:22 ID:DfYy46CgO
街の地下奥深くって、何があるか知ってるか?地下鉄?ああ、そうだね。普通はそうだよね。でも違う。
じゃあヒントをあげよう。暗闇に包まれた空間。
地下鉄?うん、いや地下鉄じゃない。違うって言ったじゃん。いやだから地下鉄はもう良いんだよ!

正解は、悪の組織の秘密基地と言う奴だ。テレビの見すぎ?いや本当の事なんだって、アニメじゃないんだって。不思議な気持ちなんだって。信じて。信じる奴がジャスティスって言うじゃん。俺は悪側だけど。

2 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 01:53:34 ID:DfYy46CgO



「では、大幹部候補生弟者参謀」

(´<_` )「はっ!」

「お前にアメリカ支部への配属を命じる!」

(´<_` )「ははぁっ!有り難き幸せ!」

(´<_` )

弟者がニヤリとこちらに微笑んだ。次は俺の番だ。弟者がアメリカなんだから俺は…うん。ドイツだな。ドイツ。

「兄者少佐!」

( ´_ゝ`)「はっ!」

総統の声が基地に響く。俺の番だ。ドイツ来い。とりあえずドイツじゃなくても良いから外国来い。

「お前には…」

俺には俺には?wktkが止まらない。

「西東京支部を担当してもらおう!」

えっ?

3 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 01:54:52 ID:DfYy46CgO


( ´_ゝ`)「ははあっ!」

まあ、地方じゃないあたり良いと思おう。東京だもの。首都だもの。

4 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 01:56:15 ID:DfYy46CgO



喫煙所で俺達兄弟は煙草を吸いながら話していた。悪の組織にも喫煙所あるんです。

(´<_` )「これが日本で吸う最後の煙草か…」

( ´_ゝ`)「おいおい、出発は明後日だろ?」

(´<_` )「おっと、そうだったな」

(´<_` )「アメリカか、楽しみだな…ま、二 人 一 緒 に 行けないのが残念だが」


煙草を吸いながら呟く弟者。こいつ。わざとだ。絶対わざとだ。わざとに決まってる。

(´<_` )「ま、兄者も東京で頑張れよ」

(#´_ゝ`)「ああ頑張るとも、お前もアメリカで頑張れよ…!」

必死に苛立つ気持ちを抑える。しかし拳は既にグーを形作っていた。

5 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 01:58:26 ID:DfYy46CgO
(´<_` )「じゃ、俺荷造りしてくるから、またな」

( ´_ゝ`)「おう」

どうして俺と弟者、ここまで差がついたのだろう。慢心、環境の違い。環境は違わないか。

(#´_ゝ`)「shine……」

俺は強く灰皿に煙草を押し付けた。

6 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:03:45 ID:DfYy46CgO
五年前。季節は秋。夏休みも終わり学生は学校に行かなくてはならない季節。

しかし、俺達はまだ夏休みだ。何故か?

ニートは年中夏休みなのだから。



今日もエロ画像を追いかけブラクラを踏む毎日。どう考えても駄目人間です本当にありがとうございました。

( ´_ゝ`)「OKブラクラゲット」

俺はイケメンニート兄者。自宅警備員。
もうすぐ魔法使いになれる年。

(´<_` )「流石だな兄者」

この不細工が弟者、双子の弟である。


こんな感じに毎日は過ぎていく。

退屈だし、つまらないが、変えようとも思わない。変える力もない。

7 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:07:39 ID:DfYy46CgO
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「あんたらパソコンなんかやってないでいい加減に仕事就きな!!」

(´<_`;)「ひぃ…」

( ´_ゝ`)「またそれかよ……」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「あぁ!?今なんつった兄者!」

(;´_ゝ`)「ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「あんたら、後一週間でいい加減仕事就かないと追い出すからね!!」

(´<_`;)「は、はーい」

今出ていったのが母者。人類最強の生物だと思う。

8 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:10:57 ID:DfYy46CgO
(´<_` )「ふむふむ…」

母者の持ってきたチラシを読み漁る弟者。こいつはどうやら追い出されるより仕事に就く方を選んだようである。なんという奴。自宅警備員の風上にも置けない男め。

(´<_` )「お、兄者、見てみろ」

( ´_ゝ`)「何だよ、ろくに高校も行ってない俺達を雇ってくれる店なんてある訳ねえだろ…」

そう言いつつ目を通す。

9 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:18:05 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「悪の組織…世界征服…?」

(´<_` )「時給も良い、住み込み三食おやつ付き、学歴も心配ないそうだ、良いこと尽くめだぞ」

( ´_ゝ`)「OK弟者、時に落ち着け、こんな良い条件の企業はだいたいブラック企業だ」

(´<_` )「しかし他のチラシとは破格の扱いだぞ」

( ´_ゝ`)「お前本気で働く気か?」

(´<_` )「もちろん。働かないって選択肢を選んで見ろ、今度こそ殺されるぞ」

確かに、母者が本気を出せば世界が崩壊する。

( ´_ゝ`)「しかしなあ…悪の組織だぞ?絶対アブナイ所だって」

(´<_` )「行ってみなきゃ分からんだろう!」

こいつの熱意が分からない。


と言う訳で、面接を受け、普通に採用された。

10 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:21:02 ID:DfYy46CgO
採用された後、これまたトントン拍子に話が進み、俺達は手術室の前に居た。

(=゚ω゚)ノ「とりあえずここで改造手術を受けるょぅ」

(´<_` )「とうとう俺も人間を超越する訳だ」

( ´_ゝ`)「俺は人間を止めるぞー!母者ァー!」

11 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:27:00 ID:DfYy46CgO
目が覚めると、俺は暗い闇の中に立っていた。

( ´_ゝ`)

改造手術は終わったのか?

そうだ、手術が終わったなら身体も変わってるはず、肌は深い緑色で、爪がものっそい伸びてて…

( ´_ゝ`)
  ∩ ∩

あれれ?肌も肌色、手も普通のおててだよ?あれれぇ〜おかしいぞ〜?

(´<_` )

いつの間にか俺の隣に弟者が立っていた。肌は銀色、右腕にはガトリング砲が装着されている。あれれ?何で?

俺は見るからに普通の人間なのに…不公平だよなぁ?

12 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:32:18 ID:DfYy46CgO
「目覚めたな、諸君」

何処からか声が聞こえて来る

(´<_` )「だっ、誰だ!」

(=゚д゚)「無礼者!総統に向かってその口の聞き方は何だ!」

あれは…間違いない、面接官のぃょぅさんだ。
黄色の毛皮に身を包んでどう見ても顔は虎だけどあれはぃょぅさんだ。

(´<_`;)「もっ、申し訳ありません!」

やーいやーい、怒られてやんの。

「君たちにはこれからこの悪の組織で働いてもらう」

「怪人ガトリング男!」

(´<_` )「ははぁっ!」
跪く弟者。
「怪人ブラクラ男!」

( ´_ゝ`)「ははぁっ!」

思わず跪く俺。

( ´_ゝ`)「…えっ?」

ブラクラ男って、何?

13 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:38:04 ID:DfYy46CgO
(=゚ω゚)ノ「うん、無事手術は成功したょぅ、これから君たちは世界征服の為に働いてもらうょぅ」

( ´_ゝ`)「あの、ちょっと待って下さい、ぃょぅさん」

そう、何かおかしいのだ。

(=゚ω゚)ノ「何だょぅ?」

(#´_ゝ`)「ブラクラ男って何ですか!!?」

何だブラクラ男って。

(=゚ω゚)ノ「君の怪人としての名前だょぅ」

(##´_ゝ`)「いやいやいや、何でブラクラがモチーフなんですか!?」

(=゚ω゚)ノ「いや、つい…」

(##´_ゝ`)「ついって何ですかついって!聞いた事ないですよブラクラモチーフの怪人って!!見た目も普通の人間だし!」

(´<_` )「wwwwwww」

おいこら、笑うんじゃない。他人事だと思って…

14 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:40:43 ID:DfYy46CgO
(#´_ゝ`)「今すぐ謝罪と賠償と再改造を要求するニダ!!」

(=゚д゚)「やかましいッ!鬱陶しいぞ!」

(;´_ゝ`)「す、すいません…」

怪人になっても、脳改造されても、ヘタレはヘタレのままだった。

15 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:49:38 ID:DfYy46CgO
(=゚ω゚)ノ「今から君たちには怪人養成所に行ってもらうょぅ」

(´<_` )「怪人養成所?」

なんだそりゃ。

(=゚ω゚)ノ「人間を超越したと言っても君たちはまだまだ赤子だょぅ、怪人養成所で訓練を重ねる事で真の怪人となるんだょぅ」

( ´_ゝ`)「フーン…」

(=^ω^)ノ「まあ言ってみれば学校のようなもんだょぅwww」

( ´_ゝ`)

学校…勉強、嫌いなんだけどな…

(=゚ω゚)ノ「それと、君たちには特殊能力があるょぅ」

(´<_`*)「特殊能力!?」

特殊能力。その言葉にはかなり厨二心をくすぐられる。しかし俺ブラクラ男だしなぁ、ろくな能力が無い気がする。

(=゚ω゚)ノ「例えば弟者君は胸からミサイルが発射出来たり、跪から火炎放射だって出来るし、腕にはガトリング砲があるょぅ。まあ特殊能力ってより、武装だけど」

弟者兵器。ただの銀色ガトリング男かと思いきやたっぷりフルアーマーだ。

16 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 02:53:30 ID:DfYy46CgO
(=゚ω゚)ノ「で、兄者君の能力だけど…」


ハイハイどうせろくな能力じゃないんでしょ。分かってますよそのくらい。


(=゚ω゚)ノ「華麗にブラクラを踏む能力と、無限にノートパソコンを生成する能力だょぅ」

( ´_ゝ`)

もう呆れて物も言えない。なんだ華麗にブラクラ踏む能力って。改造した奴頭おかしいだろ。
でもノートパソコンが生成される能力は良いかも知れない。

17 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:02:10 ID:DfYy46CgO
(=゚ω゚)ノ「で、今から怪人養成所に行く訳だけど…」

ぃょぅさんの姿が怪人虎男(仮)に姿を変える。

(=゚д゚)「怪人養成所での生活は苦しく、辛い。ここまで来たら君たちに逃げ場所は無い」

(=゚д゚)「それに組織の秘密を知った者は生かしておく訳にはいかん」

(=゚д゚)「ここで逃げたら君たちは裏切り者と見なされ容赦なく処刑される」

(=゚д゚)「遊び半分で来られちゃ困るょぅ」

(=゚д゚)「君たちが遊び半分でここに来たのならここで容赦なく君たちを殺す」

ぃょぅさん…虎男の目付きはさっきまでの優しい目付きじゃない、獣だ。怖い。ちびりそう。

(=゚д゚)「君たちに覚悟はあるか?」

(´<_` )「あります!」

(;´_ゝ`)「も、もちろんです!」

(=゚ω゚)ノ「良いょぅ、では怪人養成所に連れてくょぅ」


ヤバい、帰りたい、妹者、父者、姉者。

(´<_`*)「楽しみだぜ…」

ところでなんでこいつはこんなノリノリなんだろう。

18 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:07:19 ID:DfYy46CgO

で、色々あって、養成所を2年で卒業。

ぃょぅさんによると、2年で卒業は早い方らしい。つまり既に俺は天才の素質を遺憾無く発揮してた訳だ。

そして、色々あって幹部に登り詰め大幹部候補生に。エリート街道まっしぐら。世界に流石兄者の名を轟かせ…る事も無く、東京で働く訳だ。ちくしょう。

空を見上げると、弟者がほくそ笑んでる気がした。

腹が立ったので電柱を折った。

19 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:11:26 ID:DfYy46CgO
で、俺は東京支部にやって来たのだが……


( ´_ゝ`)「民家、だよなぁ…」

どうみてもただの家です、本当にありがとうございました。

表札にはばっちり「悪の組織 東京支部」と書かれている。

( ´_ゝ`)「どこのフロシャイムだよ…」

俺の不安を表す様に、空は暗く曇っていた。

20 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:13:58 ID:gazjqr4U0
なんつー高待遇
俺も応募したい

21 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:18:08 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)σ

インターホンを押すと、ピンポーンとありきたりな音が鳴る。

しかし、相手が出てくる気配は無い。

( ´_ゝ`)「留守か……?」


ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、四回押してみる。

すると、勢いよく戸を開けて、どんぶりが目の前に投げつけられてきた。避ける暇もなく、頭に直撃する。

(# ゚ω゚)「しつこいお!神は死んだお!新聞は毎日をネットで見てますお!」

(  _ゝ )「」

22 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:22:49 ID:DfYy46CgO
(;^ω^)「も、申し訳ございませんお!まさか本部の幹部の方とは思わず…」

俺に高速で頭を下げまくる小太りの白い怪人。謝罪もいいけど先に手当てしろよ。

(メメ_ゝ`)「そのわりには素晴らしい笑顔じゃないか」

(;^ω^)「昔からこういう顔つきなんですお…」

そうなんだ、シラネ。

23 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:31:09 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「えっと、今日から東京支部に配属された幹部の兄者少佐だ、よろしく頼む」

怪人達は白まんじうを除いて無反応。こいつら何かを思い出すんだが、何だっけ?

( ´_ゝ`)「んじゃ、早速街を破壊しに出掛けようか」

「「「うーい……」」」

(##´_ゝ`)

思い出した。どこぞのヤンキー漫画だ。
俺が配属されるまではどんな無法地帯だったのだろう。煙草吸いながらグダグダ過ごし、給料泥棒を働いてたに違い無い。

( ´_ゝ`)「よし、予定変更、お前ら訓練しに出かけるぞ」

( ・∀・)「ああん?俺達に指図するんじゃねぇよ新参が」

(##´_ゝ`)

こいつ腹立つ。ぶっちぎり腹立つ。

( ^ω^)「み、皆この人幹部なんですお?もっと毅然とした態度で…」

( ゚∀゚)「うるせえよブーン男!飯買って来い、早く!」

(;^ω^)「おーん……」

なるほど、こいつはパシリか。てかブーン男てお前。組織ネーミングセンス無さすぎだろ。俺もブラクラ男だけど。

24 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:35:04 ID:DfYy46CgO
ワイワイガヤガヤ

( ´_ゝ`)

全然話聞かねえ。こいつら全員やり直せよ高校から。

( ´_ゝ`)「ブーン男とか言ったな、お前外に出ろ」

( ^ω^)「お?」

( ´_ゝ`)「唐揚げ君、赤な」

( ^ω^)「わ、わかりましたお…」

うん。こいつは普通っぽいしな。


(##´_ゝ`)「さーてお前ら、説教代わりに俺の技を食らって貰おうか…!」

25 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:38:32 ID:DfYy46CgO
何故、ブラクラを華麗に踏む能力と、パソ子を生成する能力しかない俺が、幹部まで登り詰めたか。

一つは、パソ子を鈍器に使う事。

もう一つは、パソ子からビームを発射する事。

そしてもう一つ、相手の精神をボロクソにする事。悪口とかじゃあない。敵に圧倒的な恐怖を与えるのだ。

26 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:49:00 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「食らうがいい…!マインドクラッシャーを…!」

精神的ブラクラって言葉を知ってるだろうか。まあ検索してはいけない言葉とか検索してみれば分かる。

とりあえず八頭身モナーの憂鬱とかググってみろ、後で。

要するにだ。俺は敵に精神的ダメージを与える事が出来る。

部屋に紫色のオーラが充満し、怪人達を包み込む。

( ;∀;)「わぁぁぁぁ!!」

(;゚∀゚)「た、助けてくれええっ!」

グロテスクな表現、残虐な表現を含む画像、映像、肉体の切断や内臓、流血、スカトロ、暴行、ホラーなどの類のドギツイ物が彼らの脳内に流れている。こうやって敵が脅えのたうち回る姿を見ると何か興奮するあたり、俺の性格もかなり捻れたようだ。

( ´_ゝ`)「よーし、俺に絶対服従し素直に命令聞くなら技解いちゃうぞー」

(;゚Д゚)「わ、分かった!分かったから!」

\(;^o^)/「助けて下さいいい!!」

何だ、こいつら可愛いじゃないか。これレベル1だぞ。

27 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:52:28 ID:DfYy46CgO
( ^ω^)「た、只今帰って来ましたおー!」

( ´_ゝ`)「はいおかえりー」

(;^ω^)「!?」

内藤ホライゾン、怪人ブーン男は驚愕した。

なぜなら、この基地にいる怪人全員が、無残に倒れているからだ。

( ^ω^)「な、何したんですかお…」

( ´_ゝ`)「秘密」

冷ややかに呟く兄者。

(;^ω^)

ブーンは得体の知れぬ恐怖を感じていた。

28 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 03:58:15 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「やっぱ唐揚げ君は赤だよなー」

( ^ω^)「ブーンはチーズが好きですお」

( ´_ゝ`)「そうなの」

どうでもいい。

\(゚o゚)/「オワタ…」

(  ∀ )「カーチャンタスケテカーチャンタスケテカーチャンタスケテ…」

彼らにはレベル50とか結構酷い事をしたが、まあ態度があれだし。それに俺は悪だもの、これくらい非情にならないと。うん。仕方ない仕方ない。

あとブーン男が異常に脅えてるのは何なんだ。マイクラかけて無いぞ。

しかし配属初日でこれとは…

(;´_ゝ`)「流石だな、俺」

少々やりすぎたかな。

29 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 04:02:55 ID:DfYy46CgO

一方その頃、弟者は

(´<_` )「飛行機が墜落した…」

(´<_` )「ここは何処だ…」

(´<_` )「地図が全く理解不能だ…」

(´<_` )「…迷ったか」

(´<_` )「まあ本部に連絡入れれば迎えに来てくれるだろう」

(´<_` )「眠ろっと」

30 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 04:08:06 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「あー…じゃあだいたい皆回復したね」

( ´_ゝ`)「じゃ、その辺ランニングしてこい」

( ´_ゝ`)「帰って来なかったら街全体にマイクラぶっぱなすからな」

(;・∀・)「サーッ!イエッサー!」

(#´_ゝ`)「行ってこい!」

(,,゚Д゚)「サーッ!イエッサー!」

( ^ω^)「ブーーーーーーーン!!」


( ´_ゝ`)「ふぃ……寝よっと」

流石兄者改め怪人ブラクラ男改め兄者少佐28歳、これからやっていけるのだろうか。

(  _ゝ )「…zzz」

まあそんな事は今兄者にとってはどうでも良かった。

31 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 04:22:58 ID:DfYy46CgO



    つ づ く

32 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 04:58:40 ID:i9Q9vFI20
乙!面白い

33 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:06:16 ID:DfYy46CgO

〜これまでのおはなし〜
第一話「流石な世界征服の序章」

流石兄者は元気いっぱいな女の子。

ある日食パンを加えながら全力疾走していた兄者はテロ組織「悪の組織」と政府軍の抗争に巻き込まれてしまう。

このままでは遅刻しちゃう!その時兄者は謎の小さな妖精「内藤」に出会った。

内藤と契約する事で兄者は「まほうしょうじょデストロイ☆あにじゃ」に大変身!
兄者はマジカル☆モーニングスターで破壊の限りを尽くし、なんとか遅刻する前に学校に着いたのだった。

34 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:07:19 ID:DfYy46CgO


悪の組織(仮)東京支部に着任して2日、とりあえず同じ釜の飯を食う事でなんとか他の怪人達と仲良くなれた。恐怖政治とか言わない。

仲良くなれたは良いっちゃあ良いが、どうもこいつらはポンコツばかりらしい。

( ´_ゝ`)「はい、お前らまずは自己紹介と自分の能力を言おうか。はい始め」

( ゚∀゚)「怪人おっぱい男です、能力は相手の乳を揉む事で確実に相手を昇天させる事が出来ます」

( ´_ゝ`)「うん、全然役に立たないね」

最初改造された時にも思ったが本部の科学者は本気で頭おかしいと思う。何だよおっぱい男って。

35 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:08:47 ID:DfYy46CgO

(;゚∀゚)「ちょ、何でなんすか!?めっちゃ役に立つじゃないですか!相手が女の場合敵無しですよ!?」

やたら騒ぐ怪人おっぱい男。うるさい。

( ´_ゝ`)「で?男には効くのか?」

( ゚∀゚)「男の乳は触りたく無いです(キリッ」

( ´_ゝ`)「だから役に立たないの」

何がキリッだよ、そこ格好つける所じゃねえ。

36 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:10:27 ID:DfYy46CgO


( ・∀・)「毛根怪人モララーです、能力は髪の毛が無限に伸びます」

( ´_ゝ`)「地味だな…」

( ・∀・)「いや、かなりインパクトあると思うんですが」

( ´_ゝ`)「そりゃインパクトはあるけど実戦で役に立つか?」

(;・∀・)「役に立つかと言われれば…あまり役に立たない部類かと…」

( ´_ゝ`)「だよねー」

髪が伸びるとかそこら辺の日本人形でもやれるからな。

37 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:11:38 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「一人一人言わせるとキリ無いからまとめてみるぞ」


( ゚∀゚)おっぱい怪人おっぱい男/ジョルジュ長岡

乳を揉む事で相手を昇天させる能力

( ・∀・)毛根怪人モララー

髪が柱のように伸びる能力。だからどうしたというのだろう

\(^o^)/終末怪人オワタ男

恨みでパワーアップするが身体がかなり貧弱

( ^ω^)超速怪人ブーン男/内藤ホライゾン
速く走れる能力

(,,゚Д゚)筋肉怪人ギコ

鋼の筋肉を持つ、それだけ

38 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:13:43 ID:DfYy46CgO



( ´_ゝ`)「クズだなお前ら」

心の底から見下した様な表情で言い放つ兄者。

( ^ω^)「そ、そんなバッサリ言わなくても…もっと言い方ってものが」

( ´_ゝ`)「本当ダメな能力しかない」

ブーン男を無視し、追い討ちをかける兄者。

( ^ω^)「いや、だから言い方が…」

( ´_ゝ`)「正気に戻って考えてみろお前ら、クソ使えない能力ばっかりだぞ」

( ´_ゝ`)「ギコよ」

(,,゚Д゚)「何すか…」

( ´_ゝ`)「お前とかがその役に立たない能力の筆頭なんだよ、ただ筋肉凄いついてるだけじゃん」

(,,゚Д゚)「いや、でもスタープラチナだって終盤までただ殴るだけのスタンドだったし…」

( ´_ゝ`)「今ジョジョの話はしてない、いいね?」

(,,゚Д゚)「はあ…」

39 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 06:20:15 ID:DfYy46CgO


( ´_ゝ`)「お前らこれで世界征服出来ると本当に思ってるのか?」

( ^ω^)「お、思ってますお!」

\(^o^)/「確信してます!」

( ゚∀゚)o彡゜「世界!征服!!」

( ´_ゝ`)「言わせてもらうよ、無理」

冷ややかな顔で呟く兄者。

( ^ω^)「またそんなバッサリ言わなくても…」

( ´_ゝ`)「とりあえずオワタは身体鍛えろ、おっぱい男は男の乳も触れる様に修行する事、ギコ唐揚げ君買って来い、以上」

(;゚Д゚)「俺だけ能力の欠点と関係無い気が…」

( ´_ゝ`)「だまらっしゃい、幹部に逆らうのか?」

(,,゚Д゚)「……分かりましたよ」

(#´_ゝ`)「返事はサーッ、イエッサーだ筋肉!!」

(,,゚Д゚)「サーッ、イエッサー!」

( ^ω^)(ギコにだけ無駄に厳しい気がするお…)

はたして兄者は本当に怪人達と仲良くなれているのだろうか?そんな態度だと部下がついて来ないぞ兄者!
戦え兄者!頑張れ怪人達!世界を征服するその日まで!!

    つ づ く

40 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:15:54 ID:DfYy46CgO
〜これまでのおはなし〜

第二話「流石な怪人達の能力」

おやつに竹の子の里を食べていた兄者はなぜかきのこ派と竹の子派の論争に巻き込まれてしまう。

ただの言い争いが戦争へ発展していく中黙々とポッキーをかじり続ける兄者。

そして神を名乗る謎の男、内藤はきのこ派竹の子派両陣営に超能力を与えたのだった!

超能力を使い激化していくきのこ派竹の子派の戦い!

そしてダースを食べる兄者。

ついにきのこ派竹の子派の争いに死者が出てしまった。

争いを止めるため立ち上がったコアラのマーチ派!

ただ1人パイの実を貪り続ける兄者。

果たして自らの誇りを懸けた譲れない戦いの勝者は!?

戦いを静観する内藤の真意は!?

そして兄者はついにオレオに手を付けてしまうのか!?

41 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:17:21 ID:DfYy46CgO


( ´_ゝ`)「そういやこの街にヒーローって居るのか?」

( ^ω^)「ヒーロー?」

何それ?と言いたげな表情のブーン男。
なんか腹立つ。

( ´_ゝ`)「俺が普通の怪人だった頃はいつも邪魔しに来たがな」

( ^ω^)「居ませんお、でもいつ現れるか分かりませんお」

(;^ω^)「ヒーロー相手とか寒気がしますお…ブーンはまだ死にたくないですお」

( ´_ゝ`)「お前は早くその気弱な性格直そうな」

42 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:18:04 ID:DfYy46CgO

( ´_ゝ`)「んじゃ町内会の廃品回収ボランティア手伝ったらちょっと公園で遊具でも破壊するか」

( ^ω^)「悪事にしては小さすぎやしませんかお?」

43 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:18:53 ID:DfYy46CgO


〜公園〜

(*´_ゝ`)「よーしお前らー!今日は俺達西東京支部の初悪事だー!」

( ・∀・)「おーう!!」

(*´_ゝ`)「張り切って遊具を破壊するぞー!」

\(^o^)/「おー!!」

(*´_ゝ`)「遊べなくて泣き叫ぶ子供の姿を想像しながらやるとなお良し!」

( ^ω^)(いい性格してるおね…)

44 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:19:38 ID:DfYy46CgO
(*´_ゝ`)「よっしゃ行くぞーーー!!」

「待てぅぇーーーい!!」

公園に凛々しい声が響き渡る。

( ´_ゝ`)「むっ、誰だ!」

( ^ω^)(ウェイ?)

45 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:20:25 ID:DfYy46CgO
(`・ω・´)「凛々しい眉毛は正義の印!シャキンレッド!」

シャキンレッドの背後で赤い爆発が起こる。

(´・_ゝ・`)「垂れた眉毛も正義の印!デミタスブルー!」

デミタスブルーの背後で青い爆発が起こる。

('A`)「病んだ表情は鬱の印…ドクオグリーン」

ドクオの背後で小さな緑色の爆発が起こる。

( ´∀`)「眩しい笑顔は勇気の証、モナーイエロー」

モナーの背後で黄色の爆発が以下略

(´・ω・`)「垂れた眉毛は正義の印、ショボンピンク」

ショボンの背後で以下略

(`・ω・´)「我ら!」

「AA戦隊、アスキーレンジャー!!」

46 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:21:21 ID:DfYy46CgO
(;´_ゝ`)「おいちょっと待て、俺達も流石に突っ込みたいぞ」

(#゚∀゚)「なんでピンクが男なんだよおおお!!」

(;^ω^)「グリーンがちょっと心配になってくるお!」

(;゚Д゚)「垂れた眉毛被ってるぞ!?」

(;・∀・)「1人だけ「証」が居たよ!?」

\(^o^)/「アワワワワ…ヒーローが来た、俺オワタ」

47 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:23:23 ID:DfYy46CgO
(;`・ω・´)「ええい、うるさいぞ黙れ黙れ悪の組織!アスキーレンジャーが相手してやる!」

(;´・_ゝ・`)「それに怪人を5人もつれてくるとかずるいぞ!普通1人だろ!卑怯者!」

(;゚∀゚)「いやてめえらの都合とか知らねえよ!!」

(;・∀・)「毎回5人で1人をリンチしてる奴らに卑怯とか言われたく無いよ!」

('A`)「戦うの…マンドクセ」

( ´∀`)「カレー食べたいモナ」

(´・ω・`)「ここで背後からレッドを撃てば当然ニューリーダーはこの僕、ショボン様さ!」

48 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:24:21 ID:DfYy46CgO
(;`・ω・´)「お前ら真面目にやれ!我らアスキーレンジャーの初戦闘なんだぞ!!」

(;´_ゝ`)「苦労してるみたいだな…」ボソボソ

(;^ω^)「リーダーも大変だおね…」ボソボソ

(;´_ゝ`)「流石だよな…」ボソボソ

49 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:25:25 ID:DfYy46CgO
(;`・ω・´)「アスキーバズーカ、行くぞ!!」

説明しなくてはなるまい、アスキーバズーカとは、アスキーレンジャー全員の思考がピッタリ合わさる事で発動する必殺武器だ!並みの怪人はあっけなく爆発してしまうぞ!ピッタリ合わさらなければ何も起こらないぞ!

( ゚∀゚)「何ぃーーー!?」

\(^o^)/「アワワワワ…これは完全にオワタ」

50 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:26:04 ID:DfYy46CgO

(;`・ω・´)「良いか!?「敵を倒せ」と念じるんだ!!行くぞ!」

(`・ω・´)(敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ…)

(´・_ゝ・`)(敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ…)

('A`)(帰りたい…)
( ´∀`)(カレー食べたいモナ)

(´・ω・`)(ニューリーダー、ニューリーダー、ニューリーダー!)

(;`・ω・´)「お前らぁーー!!」

51 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:33:57 ID:DfYy46CgO
(;´_ゝ`)「いかん、あまりのgdgdっぷりに忘れていた!行けい筋肉怪人ギコ、毛根怪人モララー、アスキーレンジャーを倒すのだ!」

(,,゚Д゚)「うおおおおおおお!!」

( ・∀・)「髪触手!」

あ、溜めてる最中とかそういう時に攻撃するの、ナシなんで。

(;´_ゝ`)「誰だよ!?そして何だよナシって!?構うなやっちまえギコ、モララー!」

だからナシですって 。


その瞬間、ギコとモララーに雷が!

(;゚Д゚)「あばばばばばば」

(;・∀・)「あばばばばばば」

みたいな事になりますんで、くれぐれもルール違反は…

(;´_ゝ`)「悪側に不利過ぎるだろそのルール!!」

52 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:36:17 ID:DfYy46CgO
(;`・ω・´)「何か知らんがチャンス!もう一度心を一つにするぞ!!行くぞ!」

(`・ω・´)(敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ敵を倒せ…)

(´・_ゝ・`)(帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい…)

('A`)(帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい帰りたい…)
( ´∀`)(帰りたいモナ、あったかハイムが待ってるモナー)

(´・ω・`)(帰りたい!帰りたい!帰りたい!帰りたい!)

(;`・ω・´)「お前らぁーー!!」

53 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:38:07 ID:DfYy46CgO
(;´_ゝ`)「あのー、何か…俺達も帰って良い?」

(;^ω^)(兄者少佐が引いている…!)

( ゚∀゚)「感染した…」

(;`・ω・´)「ちょっと待って!!本当すぐやっつけるから!」

(;´_ゝ`)「いや…何かもう…良いわ、俺達の負けで」

(;`・ω・´)「mjd?」

(;´_ゝ`)「mjmj」

(*`・ω・´)「うおおおお!やったぞー!!初勝利だー!」

(;゚Д゚)「喜ぶなよ……」

54 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:39:12 ID:DfYy46CgO
(;^ω^)「良いんですかお?」

(;´_ゝ`)「gdgdってのは最強の敵だ、カオスになって話が纏まらなくなるんだよ…」

(;^ω^)「そんな理由ですかお…」

55 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:40:27 ID:DfYy46CgO

突如兄者達の前に現れた正義のヒーロー、アスキーレンジャー!gdgdすぎるぞアスキーレンジャー!流石すぎるぞアスキーレンジャー!

こんなんで地球の平和は大丈夫か!?
てかもっと派手な悪事をしろよ兄者!
頑張れ兄者!戦え怪人達!行け、アスキーレンジャー!

    つ づ く

56 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:44:20 ID:U4rWQ.qs0
支援
基本雑魚しかいなくてワロタwwwこれは期待してるwwwww

57 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:51:27 ID:BLE0YaGI0
面白かった、乙

58 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 09:54:14 ID:9B.cnHAU0
兄者なにげにチートやんww

59 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 13:05:08 ID:JRa0wRv60
無限にノートパソコン生成できたら金には困らなさそう

60 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 13:35:05 ID:gazjqr4U0
もう兄者一人で何とかなりそうじゃねーかww

61 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:36:42 ID:DfYy46CgO
〜これまでのおはなし〜

第三話「流石だよなアスキーレンジャー」

あにじゃたちがこうえんでたわむれているとAAせんたいアスキーレンジャーがいやがらせをしてきたよ。

アスキーレンジャーのあまりのグダグダっぷりにあにじゃたちはさくせんをちゅうししててったいをよぎなくされてしまったんだ

アスキーレンジャーのアスキーバズーカはすごいいりょくだけどふはつだったんだ

ライバルがしゅつげんしてせかいせいふくがむずかしくなったぞ、がんばれあにじゃ!

<10がつごうにつづくよ>

62 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:38:48 ID:DfYy46CgO



〜公園〜

今日も公園には、いつもの六人の怪しい人影があった!

悪の組織(仮)西東京支部の面々である!

( ´_ゝ`)「まず昨日この公園に設置したこの鋼の壁を見てくれ、こいつをどう思う?」

(,,゚Д゚)「凄く…」

( ゚∀゚)「硬そうです…」

( ^ω^)「黒光りしてこんにゃくみたいだお…」

( ´ω`)「おなかすいて来たお…」

63 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:39:58 ID:DfYy46CgO

( ´_ゝ`)「こいつは本部から取り寄せた訓練用カッチリウム合金の壁だ」

( ・∀・)「名前まで硬そうですね…」

説明しなくてはなるまい。カッチリウム合金とは宇宙で5番目に硬い金属である!

\(^o^)/「5番目なんだ…」

( ´_ゝ`)「5番目だからと言って侮ってはならんぞ諸君、俺でさえこいつを壊すのに6ヶ月かかった」

兄者レベルの怪人でも6ヶ月。その大変さが伝わってくる。
むしろ俺達じゃ無理なんじゃないか?とさえ考えた怪人も居た。

64 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:40:40 ID:DfYy46CgO


( ´_ゝ`)「じゃあ個人トレーニングの結果を発表してみてくれ。まずはおっぱい男」

( ゚∀゚)「申し訳ありません少佐、自分は男の乳を揉む事はまだ無理そうです」

( ´_ゝ`)「うむ、仕方がない。俺だってお断りだ」

65 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:41:39 ID:DfYy46CgO

( ´_ゝ`)「次、オワタ男」

\(^o^)/「少佐!一週間前の自分は蚊が止まっただけでティウンするほどの紙耐久でしたが!」

( ´_ゝ`)「うんうん…」

\(^o^)/「今では手で触れられたらティウンする程の超耐久力にレベルアップしました!」

( ´_ゝ`)「すまん、俺にはちっともお前が進歩したようには思えん」

\(;^o^)/「なんですと!?」

66 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:42:40 ID:DfYy46CgO


( ´_ゝ`)「てか蚊が肌に止まっただけでティウンする体質ってお前今までどうやって生きて来たんだ?」

( ^ω^)「オワタには残機システムが搭載されていて残機さえあれば何度でも復活出来るんですお。言わば不死身の肉体ですお」

( ´_ゝ`)「そういやこいつがキノコめっさ食ってるとこ俺見たわ…アレ残機補充してたのか」

( ´_ゝ`)「死ぬってどんな感じ?」

\(^o^)/「慣れると飽きて来ますよ」

( ´_ゝ`)「悟ってるんだなお前…」

67 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:43:42 ID:DfYy46CgO

( ´_ゝ`)「んじゃ、そろそろ壁壊す作業に移るか」

「待ていッ!」

公園に凛々しい声が響き渡る。
このパターンは…

(;´_ゝ`)「アスキーレンジャーか!」

奴らまた我々の邪魔をする気か…!

「アスキーレンジャー?何だそれは?」

その時である!声の主が姿を表したのだ!

68 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:44:45 ID:DfYy46CgO

从 ゚∀从「我々はハインリッヒ帝国!そして私は帝王ハインリッヒ高岡!ハーッハッハッハッハッハインリィッヒ!」

(-@∀@)「いつ聞いてもその笑い声には無理があると思います…あ、研究員のアサピーです」

( <●><●>)「同じく研究員のワカッテマスです」

69 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:46:43 ID:DfYy46CgO

(;´_ゝ`)「は、ハインリッヒ帝国だとぅ…!そのまんまじゃないか…!」

( ・∀・)「帝国のわりには人少ないな」

( ゚∀゚)o彡゜「ナイスおっぱい…ナイスおっぱいだ!おっぱい!おっぱい!」

从;゚∀从「ちょっ、何だよ!?」

( ^ω^)「もし彼女の姓が田中だったら田中帝国になるおね」

从;゚∀从「そこ!イメージの壊れるような発言しない!」

\(^o^)/「まあ世の中には加藤機関とかもあるからねー」

(-@∀@)「あるんですか?」

( <●><●>)「マンガですけどね」

从 ゚∀从「あるのか…」

70 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:47:58 ID:DfYy46CgO

从 ゚∀从「そんな事より悪の組織(仮)!この公園は我々ハインリッヒ帝国の実験場だ、とっとと出てけ!」

( ´_ゝ`)「嫌だ、と言ったら?」

从 ゚∀从「力づくだ!行け、メカハイン1号!」

|::━◎┥ウィーン

( ´_ゝ`)

( ^ω^)

( ・∀・)

( ゚∀゚)

\(^o^)/

(,,゚Д゚)

71 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:48:46 ID:DfYy46CgO
「「「「「「湯飲みじゃねえか!?」」」」」」

72 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:49:49 ID:DfYy46CgO



説明しよう!目の前で動き回るメカハイン1号とやらはどう見ても手と足の生えた湯飲みだった!

从#゚∀从「なっ…この私のメカハイン1号を湯飲みだと…?許さねえぞ!」

( <●><●>)(まあ私達から見ても)

(-@∀@)(湯飲みにしか見えません…)

73 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:50:47 ID:DfYy46CgO
( ´_ゝ`)「筋肉怪人ギコ!奴を潰してやれ!缶蹴りのように!」

(,,゚Д゚)「おう!」

(,,゚Д゚)「このっ!くそっ!動き回るな!」

|::━◎┥ウィーン

( ´_ゝ`)「何か…地味だな…」

( ^ω^)「確かに公園で怪人が缶を踏みつけようとして苦戦してるだけですから絵面的には凄い地味ですお」

74 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:51:52 ID:DfYy46CgO
从 ゚∀从「ハーッハッハッハッハッハインリィィッッッヒ!追いかけるだけじゃメカハインは倒せんぞ?喰らえ、メカハインビィーム!」

メカハインの目から強力な光線が発射される!

(,,゚Д゚)「あばばばばばば」

(,, Д )「」

75 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:53:48 ID:DfYy46CgO
( ゚∀゚)「ギコさぁぁぁぁん!」

( ´_ゝ`)「ぅゎゅのみっょぃ」

\(^o^)/「これは完全にオワタ!」

从 ゚∀从「ハーッハッハッハッハッハインリrrrrrrrッヒ!次はどいつが私のメカハインの餌食にされたいんだ!?」

( ・∀・)「なんで今無駄に巻き舌に…」

76 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:55:09 ID:DfYy46CgO
(;-@∀@)「あの…ハイン様…大変言いにくいのですが…」

( <●><●>)「メカハイン1号はビームを放つと一定時間動けません」

从 ゚∀从「あっ」

77 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 18:55:55 ID:DfYy46CgO
(# ´_ゝ`)「缶を踏めぇぇぇぇぇ!!」

(# ゚∀゚)「うおおおおおおお!!」

(;^ω^)「缶ッ!踏ーんだ!だお!」ゲシゲシ

从;゚∀从「やめろー!私の娘がぁー!」

(;-@∀@)「あれ娘だったんですか!?」

( ´_ゝ`)「婦女暴行はいけないな、うん、俺やーめた」

( ^ω^)「いや、メカに性別とかありませんお!?」ゲシゲシ

78 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 19:00:42 ID:DfYy46CgO


説明しよう!

夕方!日が沈む時間帯である!夕焼けこやけの音楽が鳴り響く時間帯なのだ!


( ´_ゝ`)「君達との勝負は大変素晴らしいものであった」

( ´_ゝ`)「これからも良きライバルとして戦って行こう、帝王ハインリッヒ」

从 ゚∀从「次はパワーアップしたメカハイン2号で息子の仇を取ってやるぞ兄者」

(-@∀@)(あれ、娘じゃなかったっけ?)

( ´_ゝ`)「ンフフフフ」

从 ゚∀从「あはははは」

(;^ω^)「いや、あんたらいつの間に仲良くなったんだお…?」

( ´_ゝ`)「それは夕日マジックと言う奴さ」

(,,メメД゚)「何だよそれ…」

( ・∀・)「アレだ、河川敷で殴りあって友情築き上げる漫画的なアレ」

( ´_ゝ`)「そう、それ」

( ^ω^)「なるほど、納得です…お?」

79 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 19:02:53 ID:DfYy46CgO



悪の組織(仮)の前に現れた新たな悪の組織「ハインリッヒ帝国」!たった三人なのに帝国とはどういう事だろう!

というかお前も戦えよ兄者!悪事をしろよ兄者!今の所敵増やしてるだけだぞ!?

頑張れ兄者!戦え、怪人達!行け、出番の無かったアスキーレンジャー!!

80 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 20:09:49 ID:M4KCh8QU0

最近良い現行が増えてて嬉しいわ
これとか、名作の予感がする

81 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 20:11:41 ID:U4rWQ.qs0
夕日マジックならしかたないな

82 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 20:13:22 ID:QpZHOXGw0


83 名も無きAAのようです :2014/09/07(日) 20:16:21 ID:ttV3CfdU0


84 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 00:27:09 ID:/wm.MxOs0
公園に夕日か…ヤンキー青春ものっぽくなってきたな
胸が熱いぜ

85 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:27:47 ID:C1.VH.zoO
〜これまでのおはなし〜
第四話「流石なもう一つの組織」

今日も食パン加えてマジカル☆モーニングスターで破壊の限りを尽くす兄者は元気いっぱいモテカワガール(笑)

今日もモーニングスターを振り回して登校していたら謎のイケメンとぶつかってしまった!モーニングスターが直撃し瀕死の重傷を負ったイケメンにとどめの一撃を喰らわせた兄者は謎のイケメンに一目惚れ。

遅刻してきたウワサの転校生は今朝のイケメン、ハインリッヒ高岡だった!

嬉しくてハインリッヒに腹パンをぶちこむ兄者。

そしてハインリッヒを追う謎の怪人ギコ!愛する人を守るために兄者は魔法少女デストロイ☆兄者に大変身。

激しい戦闘の末ギコを撲殺した兄者。

しかし、ハインリッヒはまさかの女の子だった!
このまま兄者は禁断の愛に突き進んでしまうのか!?

そして内藤はハインリッヒに言い放った!

( ^ω^)「ブーンと契約して、魔法少女になってお!」

86 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:29:06 ID:C1.VH.zoO

(悪の組織(仮)西東京支部…?)

(怪しい、これは怪しい)

( ><)「絶対に怪しいんです…」

彼は若内ビロード、悪の組織に回覧板を届けに来た善良な一般市民だ。

( ><)σ

ピンポーン、ピンポーン、インターホンを二回鳴らすと少々ありきたりな音が聞こえて来る。

しかし、返事は無い。

ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン、今度は四回。

(#゚_ゝ゚)「しつこい!!神は死んだ!!浄水器などいらん!!」

目の前に高速で飛び込んで来たどんぶりを、怪人でもないビロードが避けられるはずが無かった。

87 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:30:55 ID:C1.VH.zoO
(;´_ゝ`)「いやー、本当に申し訳ない!」

(;><)「い、いえ、仕方ないですよ、押し売りとか勧誘とかで気が立ってたなら僕もきっとそうするんです」

ビロードは怖かった。早く帰りたかった。とにかく帰りたかった。何故ならば!

( ^ω^)「とりあえず手当てしますお」

真っ白い謎の饅頭男!

(,,゚Д゚)「18250、18251、18252っ…」

高速で腹筋を繰り返す真っ赤な肌の筋肉男!

( ・∀・)「髪触手!」

髪の毛でティッシュを取る横着な男!

( ゚∀゚)「…」

快楽天を読みふける黄色の肌の爪の長い男!

\(^o^)/「152、153、150…4!」

腹筋を続ける白まんじう2号!

( ´_ゝ`)「いや本当申し訳ない」

ひたすら謝る軍服の男!

ビロードで無くても分かる、彼らが人間では無い事が!ビロードで無くても分かる、この空間が異様な事が!

(=゚ω゚)ノ

君じゃない!

88 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:33:14 ID:C1.VH.zoO



( ´_ゝ`)「いきなりどんぶりぶつける様な失礼なマネをしてそのまま帰すのは私のプライドが許しません、もう少しゆ っ く り してって下さい」

( ><)(ひいいいいい殺されるんですうううう!)

89 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:39:37 ID:C1.VH.zoO
( ^ω^)「兄者少佐、そろそろ悪事でもしに行きませんかお?」

( ´_ゝ`)「そうだな、じゃあその辺の小学校や老人ホームの花壇を荒らしに行くか」

(;><)「さらっと言うんじゃねえ!あと、悪事小さいな!」

( ´_ゝ`)

( ^ω^)

( ・∀・)

( ゚∀゚)

(,,゚Д゚)

\(^o^)/

(;><)(しまったあああ!つい心の声がああああ!殺されるんですううううう!!)

90 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:43:16 ID:C1.VH.zoO
(,,゚Д゚)「それもそうだな」

( ^ω^)「ちょっと雰囲気が和やか過ぎたおね」

( ´_ゝ`)「じゃあ今日は街でパーッと派手に破壊活動するか」

(;><)(僕の一言のせいで大変な事に!)

91 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:51:10 ID:C1.VH.zoO


( ´_ゝ`)「それでは諸君、作戦の準備を開始するぞ」ゴゴゴゴゴゴ

( ´_ゝ`)「徹底的に街を破壊しろ、そして我ら悪の組織(仮)の力を世界に見せつけるのだ!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

( ^ω^)「血が騒ぎますお…!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

(,,゚Д゚)「破壊なら俺は大得意だぜ…」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

( ・∀・)「全ては我ら悪の組織(仮)の為に!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

\(^o^)/「世界は終末に近づくのDEATH!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

( ゚∀゚)o彡゜「おっぱい!おっぱい!」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


(;><)(わざとらしいんです…あと最後変なの混じってたんです…)

92 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 02:53:47 ID:C1.VH.zoO
「待てぅぇぇぇぇーーーい!!」

( ´_ゝ`)「む、その特徴的な声は!」

(;゚∀゚)「アスキーレンジャー!」

(;><)「何なんですか!?」

93 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:01:07 ID:C1.VH.zoO
あ!やせいのヒーローがクローゼットからとびだしてきた!

(`・ω・´)「はぁ…はぁ…はぁ…そうとも、アスキーレンジャーだ…」

かなり疲れた様子でとびだしてきた!


(;><)「なんでクローゼットに!?」

(;´_ゝ`)「お前ら暑かっただろうに……」

(;^ω^)「いつから居たんだお!?」

('A`)「朝から……」
(,,゚Д゚)「そりゃ朝からずっと今までぎゅうぎゅう詰めにされてたらそれは疲れるわな」

(;´・_ゝ・`)「はぁ…はぁ…大丈夫だ、貴様らの悪事を止めるためなら…はぁ…これくらい…うおえっ…」

(;・∀・)「大丈夫じゃなーーい!!」

94 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:06:11 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「そもそもなんでお前ら俺達の秘密基地を知ってるんだ!」

(;><)「いや堂々と表札に書いてあるんです!」

(´・ω・`)「前回は逃げられたけど今回は何処へも逃げられ無いよ!」

(´・ω・`)9m「なぜならここは君たちの家なんだからね!!」

( ゚∀゚)「いや当たり前だろ」

(´・ω・`)「えっ…」

95 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:13:46 ID:C1.VH.zoO
(;`・ω・´)「なんかもう良いや、疲れた…帰ろうよ皆」

( ゚∀゚)「お前ら本当すぐ帰りたがるな!」

(´・ω・`)「なんで!?今僕これ以上ないほどやる気なんだよ!?」

(`・ω・´)「帰りたい奴、手ぇ挙げ」

(`・ω・´)ノ

(´・_ゝ・`)ノ

('A`)ノ

( ´∀`)ノ

≡≡≡≡(`・ω・´)「よし、帰ろう!」

(;´・ω・`)「ええっ!?ちょっと待ってよ!みんな!」

96 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:16:58 ID:C1.VH.zoO
( ゚∀゚)「帰って行きましたね…」

( ´_ゝ`)「アイツら結局何しに来たんだ?」

(;^ω^)「いつも通りのgdgdっぷりだったお…」

(;><)(ママ、この街おかしいんです…実家に帰りたいんです…)

97 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:20:47 ID:C1.VH.zoO
あまりのgdgdっぷりに破壊活動のやる気を無くした兄者達。

結果オーライは言えお前ら本当にやる気あるのかアスキーレンジャー!?
地球の平和が心配だぞ!?
そしてビロードは実家に帰ってしまうのか!?
!?を使いすぎじゃないか!?
頑張れ兄者、戦え怪人達、もっとやる気出せよアスキーレンジャー!!

98 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 03:32:49 ID:C1.VH.zoO
「現在、沖縄は謎の怪物達により壊滅状態に陥り…」

( ´_ゝ`)「すげーなー…」

( ^ω^)「沖縄支部とかあるんですかお?」

( ´_ゝ`)「あるよ、たまにちんこすー送ってくれるし」

「ご覧下さい、沖縄は氷の世界と化しております」

(;´_ゝ`)「でも氷の能力持ちの怪人とか居たかな…?」

( ゚∀゚)「さあ?」

「地球はどうなってしまうのでしょう、それでは次のニュースです…」

( ´_ゝ`)「…」



川 ゚ -゚)「つまらない」

「まあそう言うなよ」

川 ゚ -゚)「ヒーローが居なかった、敵と戦え無かった」

「お前の今回の任務は都市の制圧、仕方ないだろ」

川 ゚ -゚)「あいつらが羨ましい」

「そうそう、二人とも沖縄の悪の組織を全滅させたそうだ。しかし名前が悪の組織ってシンプルな組織もそうそういないだろうな」

川 ゚ -゚)「私はそっちに行きたかった」

「また今度な」

川 ゚ -゚)「約束だぞ」

「ああ、次は大阪…こちらはヒーローの数は少ないな…その次は東京だ、ヒーローの数も多い」

川 ゚ -゚)「分かった」

「ハハハ、次の活躍に期待させてもらう、では後で迎えにいくよ…」

川 ゚ -゚)「了解」

    つ づ く

99 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 07:22:28 ID:xYXxrpGg0


続きが気になるな

100 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 07:29:40 ID:mhzAv/DU0

シリアスに徐々に向かって行くのか
ワクワク過ぎる 絶対書き切ってほしい
支援絵でも書きたいくらいだけど書けない

101 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:06:26 ID:C1.VH.zoO
〜これまでのおはなし〜

第五話「流石な一般市民と悪の組織とgdgdヒーロー」

完全公開!兄者のひみつポスター!

(アナログテレビマガジン テレビさん はげしい幼稚園 10月号付録)

・軍服

兄者が幹部に昇格した時にぃょぅさんがくれた軍服だ!デザインはナチスっぽいぞ!

・パソ子

右腕から生成できるノートパソコンだ!ビームも放てるすぐれもの!
かなりの確率でブラクラを踏むぞ!

寿命はわりと短いぞ!

・腕

鋼の腕だ!カッチリウム合金の壁も一撃で粉砕するぞ!

・脚
ひと飛び85mまでジャンプし、強烈な兄者キックを放つぞ!

・マインドクラッシャー

相手の精神をズタボロにする兄者の最終兵器だ!

かなり体力を使うので連発は出来ないぞ!レベルが上がれば上がるほど送り込まれる映像のキツさがアップするぞ!

兄者は最大レベル450まで使えるがレベルが高ければ高いほど体力の消費が激しいぞ!

範囲は自由自在だが範囲が広い分体力の消費が上乗せされてしまう!
かなりのチート技だ!

102 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:08:11 ID:C1.VH.zoO


( ´_ゝ`)「今度は大阪が炎上か…」

( ^ω^)「各支部が一斉に決起、攻撃して日本政府に宣戦布告する作戦……とかですかお?」

( ´_ゝ`)「いや、俺にそんな連絡来てないしな…」

(;´_ゝ`)「もしかして俺ハブられてる!?左遷!?」

よく考えればそうだ。東京なんて重要な所にたった怪人5人なんて島流し先以外の何物でも無い。

そもそも「西」東京支部だもの。でも東京支部なんて無かったけどな…

そんな事を考えていると、通信がかかって来た。

103 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:09:23 ID:C1.VH.zoO

( ´_ゝ`)「はい、こちら悪の組織(仮)西東京支部…」

(=゚ω゚)ノ「ぃょぅ、久しぶりだな兄者」

( ´_ゝ`)「ぃょぅさん!」

懐かしい優しげな声、この声を聞くのは何年ぶりだろう。

(=゚ω゚)ノ「兄者、今日はお前に伝えたい事g」

(#´_ゝ`)「それより俺は左遷されたんですか!?俺は何か失敗しましたか!?ええ!?」

(=゚ω゚)ノ「おK、お前時に落ち着くょぅ」

104 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:10:41 ID:C1.VH.zoO

(=゚ω゚)ノ「で、ここ最近の事件についてだが」

(#´_ゝ`)「そうですよ!なんで俺に連絡が来ないんですか!俺だけハブるとか酷いですよ!」

(=゚ω゚)ノ「だから落ち着け。この事件を起こしたのは我々悪の組織(仮)では無いんだょぅ」

(;´_ゝ`)「な、なんだってー!」

105 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:11:55 ID:C1.VH.zoO
(=゚ω゚)ノ「この事件を起こした組織は誰かは本部も掴めてなぃょぅ」

(=゚ω゚)ノ「しかし、奴等は確実に東京に向かっているょぅ」

(;´_ゝ`)「ちょっと待って下さい!うちの怪人はたった5人ですよ!?」

(=゚ω゚)ノ「誰も相手をしろとは言って無いょぅ」

( ´_ゝ`)「え?」

(=゚ω゚)ノ「逃げるんだょぅ」

( ´_ゝ`)「はぁ……」

(=゚ω゚)ノ「それともう一つ、弟者がアメリカに行ったきり行方不明なんだょぅ」

( ´_ゝ`)「そう かんけいないね」

(=;゚ω゚)ノ「お前それでも兄貴かょぅ…」

106 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:13:23 ID:C1.VH.zoO


俺達以外の組織?あのハインリッヒ帝国(笑)は…無いな。三人だけの組織だもん。

( ・∀・)「ぃょぅ将軍は、何と?」

( ´_ゝ`)「かくかくしかじか四角いムーヴ」

( ^ω^)「把握ですお」

(`・ω・´)「話は聞かせて貰った!」

(;´_ゝ`)「アスキーレンジャー!また唐突だな!」

( ゚∀゚)「性懲りも無くクローゼットから…!」

(#゚Д゚)「お前らの登場の仕方はそれしかねえのかよ!?」

(#´・ω・`)「そもそもこの家に隠れる場所が少ないのがいけないんだよ!」

知るかそんなもん!隠れなければ良いだろ!

107 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:14:58 ID:C1.VH.zoO
('A`)「眠い…」

( ・∀・)「君は本当やる気ないよね…」

(#゚Д゚)「俺達の基地馬鹿にするとただじゃ済まさねえぞゴルァ!」

(#´・ω・`)「基地?これが基地ぃ〜?ただの民家じゃないか!」

(`・ω・´)「お茶は頂けるかな?」

(;´・_ゝ・`)「何くつろいでるんですか!?」

( ^ω^)「今出しますおー」

( ´_ゝ`)

ああ、もう駄目だ。こいつら早速gdgdオーラを充満させてやがる。相手にする方が面倒だ。しばらく無心でいよう。

( ´∀`)「腹減ったモナ」

知るか!

108 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:16:23 ID:C1.VH.zoO



【+  】ゞ゚)「もうすぐ東京に着くよ、素直クール」

棺桶死オサムがクーに明るく声をかける。

川 ゚ -゚)「そうか」

しかしクーは淡白な返事を返すのみであった。

【+  】ゞ゚)「相変わらず冷たいよね、君は」

川 ゚ -゚)「何の用だ」

クーは小さな溜め息をつき迷惑そうに呟いた。

【+  】ゞ゚)「いや、仲間同士コミュニケーションを取るのは当然だろう?」

川 ゚ -゚)「必要ない、私は1人でやるだけだ」

【+  】ゞ゚)「そうかい」

苦笑いをするオサム。

109 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:17:45 ID:C1.VH.zoO


( ゚∋゚)

静かに佇む赤服の男。鶏の鶏冠のようなヘアースタイルをしている。

【+  】ゞ゚)「まったくもう、みんな静かなんだから……」

オサムは1人溜め息をついた。

110 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:19:04 ID:C1.VH.zoO

アスキーレンジャーは帰って行った。てか追い出した。

あいつらが居るとまるで話が進まないからだ。

( ´_ゝ`)「第一回チキチキ俺達どうしましょか徹底討論会ー!」

「……………」

そりゃあそうだ。こんな時にふざけてられない。当たり前だ。

(;^ω^)「わ、わー!」パチパチ

お前は健気な奴だよ本当に。

111 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:20:47 ID:C1.VH.zoO


テーマは「基地に残る」か「避難する」か、どちらを選ぶかだ。

この選択が今後の俺達を左右すると言っても過言では無い。


( ´_ゝ`)「俺は残ろうと思う、大阪や沖縄を壊滅させる様な奴等に勝てる訳が無い、でも自分の任務は最後まで果たしたい。この基地を置いて逃げたくは無いんだ」


\(^o^)/「僕は逃げたいです、恐くて仕方ないです…」

(#゚Д゚)「オワタ!!」

怒鳴るギコ。こいつは残る気だ。残る気だからこそ逃げようとするオワタが許せないのだろう。

( ´_ゝ`)「やめろギコ、良いんだ、仕方ないさ」

そう、仕方ないのだ。凄まじい脅威を前にすれば、誰でも怖くなる。誰だって逃げたくなる。仕方ないのだ。

112 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:21:58 ID:C1.VH.zoO
( ・∀・)「僕は残ります」

( ゚∀゚)「俺もです!」

(;^ω^)「ブーンは…死にたく無いですお…」

(;^ω^)「それにブーンはただ速く走れるしか能の無い怪人ですお、お世辞にも戦闘に役に立つとは思えませんし足手まといになるだけですお…」

113 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:23:06 ID:C1.VH.zoO
( ゚ω゚)「…でも!みんなを置いて逃げるような根性無しじゃあ無いですお!!」

こいつ、ただの気弱な白まんじゅうかと思ったら充分たくましく成長してるじゃないか。

オワタは…まあ、うん。仕方ない。ブーン以上に足手まといだ。訓練を重ねたとは言え一発のパンチでティウンしちゃうのだから。無理強いはしない。

114 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:24:21 ID:C1.VH.zoO

\(^o^)/「………」
\(#^o^)/「…僕も残ります!残らせて下さい!!」

おい、ちょっと待て。

115 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:25:05 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「良いのかオワタ?酷い事言うようだけどお前ブーン以上に足手まといだぞ?本当に残りたいのか?怖くないのか?」

\(#^o^)/「怖いです…でも一人になるのはもっと怖いし、嫌です!」

(,,゚Д゚)「オワタ…」

覚悟は決まった。

後は、全員死力を尽くすだけ。

116 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:26:13 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「兄者少佐だ!本部のぃょぅ将軍に繋げ!」

(=゚ω゚)ノ「代わりました、ぃょぅだょぅ」

( ´_ゝ`)「ぃょぅさん…いや、ぃょぅ将軍!」

(=゚ω゚)ノ「兄者か、何の用だょぅ?」

(#´_ゝ`)「俺達西東京支部は、残らせていただきます!」

117 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:27:02 ID:C1.VH.zoO
(=;゚ω゚)ノ「…正気かょぅ!?バカな事言わずに避難するんだょぅ!」

(#´_ゝ`)「俺達は最後の最後まで残らせていただきます、他の組織に世界征服を出し抜かれるなんて許せません!」

(=゚ω゚)ノ「…分かったょぅ、今向かってる回収用の飛行機は帰還するよう命令して置くょぅ」

(=゚д゚)「ただし、全員生き残るように、これは命令だ」

(#´_ゝ`)「サーッ!イエッサー!」

(=゚д゚)「…健闘を祈る」

通信を切ると同時に俺達は地獄への第一歩を踏み出した。

118 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:28:00 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「さあて、後戻りは出来んぞ諸君、ここから先は本格的な実戦だ」

(;^ω^)「サーッ!」

(#・∀・)「イエッサー!」

(#゚∀゚)「出動だぁぁぁあ!」

(,,゚Д゚)「おぉぉぉぉぉう!!」

俺の台詞取るんじゃ無いよ、おっぱい男の癖に!

119 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:28:50 ID:C1.VH.zoO
一方、アスキーレンジャーも出発しようとしていた。

('A`)「東京の危機とかマンドクセ…」

( ´∀`)「腹いっぱい食べたしいつでもいけるモナ!」

(`・ω・´)「行くぞ!俺達がこの街を守るんだ!」

(´・_ゝ・`)「よし…!深呼吸…」

(´・ω・`)(ここで活躍して手柄をあげればニューリーダーはもちろんこの僕、ショボン様さ!)

いつになく真面目な兄者達とは違い、いつものムードで。

120 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 11:30:36 ID:C1.VH.zoO
そして、奴等もすでに東京に降り立っていたのだった。

【+  】ゞ゚)「よーし、じゃあ行くよ!」

( ゚∋゚)「…」

「お前ら、ヒーロー倒すのもいいけど街の制圧も怠るなよ?」

川 ゚ -゚)「了解」

【+  】ゞ゚)「なあ、もうちょっとテンション上げて行こうよ…」

東京には、暗雲が渦巻いていた。

続く。

121 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 13:28:47 ID:V1gOhOhg0

兄者のスペック高くてワロタwwwさすが幹部だwwwww
マインドクラッシャーが自分にもダメージきてるじゃねーかww

122 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 16:40:12 ID:Jw8C1Lr20

続きがきになーる

123 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:01:08 ID:C1.VH.zoO
〜これまでのお話〜

第六話「新たな脅威と流石な決意」


沖縄、大阪が謎の怪人達に襲撃され、壊滅してしまった。

悪の組織(仮)本部の大幹部ぃょぅ将軍は新たな脅威の存在を兄者達とアスキーレンジャーに告げる。

避難を勧めるぃょぅ。しかし兄者達は自分達の意思で東京に残る事を選ぶ。

そして、いつになく真面目に出発する兄者達悪の組織(仮)西東京支部の面々。

わりといつも通りのアスキーレンジャー。

そして、「脅威」は迫り来る。

124 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:02:38 ID:C1.VH.zoO



( ´_ゝ`)「ここからは別々に行動する」

(;^ω^)「そんな!?無理ですお!」

( ´_ゝ`)「俺についてくるな」

(,,゚Д゚)「ですが兄者少佐!」

( ´_ゝ`)「分かっている、お前達の実力では死に急ぐだけだという事も」

( ゚∀゚)「……」

( ´_ゝ`)「だがお前らについて来られても俺にとってはお荷物になるだけだ」

( ・∀・)「…」

(# ゚_ゝ゚)「とっとと失せろ!」

(;^ω^)「サー!イエッサー!」

125 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:04:14 ID:C1.VH.zoO


兄者の元から去る怪人達。


兄者は1人、右腕からノートパソコンを
生成、レーダーを使用する。

いる。

1人、2人、3人…

兄者は一番近い反応の元へ向かった。

126 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:05:04 ID:C1.VH.zoO


一方、怪人達は!

(,,゚Д゚)「お前は…!」

( ゚∋゚)「…人間では無い…?怪人、怪人は…倒しても構わない」

「脅威」の1人、クックル。人間の姿から半分生身、半分機械の鳥人へと姿を変え、ギコ達に近づいて来る。

一瞬。ほんの数秒の僅かな時間。ギコの身体が吹っ飛んで行き、地面に叩きつけられる。

127 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:05:54 ID:C1.VH.zoO
(;^ω^)(あ…ありのまま今起こった事を話すお!)
(,,゚Д゚)(『敵が来たので身構えてたら何かいつの間にか身体が吹っ飛んでいた』)
( ・∀・)(な…何を言ってるか分からないと思うけど…)
( ゚∀゚)(俺も何があったのか分からなかった…)
\(^o^)/(頭がどうにかなりそうだった…)

あまりの衝撃にここにいるクックルを除く全員がポルナレフ状態になっていた。

128 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:06:57 ID:C1.VH.zoO
今、何が起こったのか!それは彼の言うチャチな物だった!
そう、超スピードである!

神速とも言える速度でギコの目の前に接近したクックルはギコを殴り飛ばした。あまりの速さに怪人達の目には捉えられ無かったのだ!

129 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:07:39 ID:C1.VH.zoO
(;^ω^)「ま、まさに怪物だお…」

(#゚Д゚)「パワーなら…負けるかぁぁぁっ!」

立ち上がり、クックルに突っ込んでいくギコ。

( ゚∋゚)「遅い」

ギコの拳も、クックルの目には止まって見える。片方の手でギコの拳を受け止め、もう片方の手でギコに腹パンをぶちこむ。

(,, Д )「ぐあぁっ!!」

130 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:08:19 ID:C1.VH.zoO
( ゚∀゚)「男の乳を触るのは気が引けるが…」

( ゚∀゚)「おおおおおっっっぱあああああああい!」

クックルの胸に飛び込むおっぱい男ジョルジュ!

( ゚∋゚)「……」

(  ∀ )「ぐへぁっ!」

しかし、サッカーボールのように蹴り飛ばされてしまう。

131 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:09:00 ID:C1.VH.zoO
( ・∀・)「毛根奥義…毛柱ッ!!」

モララーの髪の毛が天高く柱を形作る。

( ・∀・)「毛柱をぶつけてやる!」

頭を勢い良く倒すモララー、硬い毛の柱がクックルの頭上へ倒れてくる。

( ゚∋゚)「くだらん技だ」

柱を片手で受け止め両手で掴み、それを軽々と振り上げた。宙に浮くモララーの身体。それを砲丸投げのように振り回し、勢いをつけて投げ飛ばす。

モララーの身体が叩きつけられ、衝撃がクレーターを作り上げる。

132 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:09:59 ID:C1.VH.zoO

(;゚∀゚)(強い…!強すぎる…!)

\(;^o^)/「アワワワワワワ…」
怪人達は感じた。「圧倒的な恐怖」を。

(;・∀・)(僕達は…ここで死んでしまう…)

(;^ω^)(誰か助けてくれお…)

怪人達は感じた。「絶望」を。


一方兄者は、もう1つの「脅威」と相対していた!

133 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:11:25 ID:C1.VH.zoO

( ´_ゝ`)「どんなのかと思ったら…なかなか可愛い子じゃないか」

そう、姿は完全にか弱い女の子、しかし、彼女こそが2番目の脅威、クーである!

川 ゚ -゚)「そう笑ってられるのも今の内だぞ?」

川 ゚ -゚)「ところでお前は何だ?ヒーローでは無い、人間でもない、怪人か?」

( ´_ゝ`)「俺を知らんか…」

134 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:12:44 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「俺は兄者少佐、またの名を怪人ブラクラ男、君を倒す男の名前だ、よく覚えておけ」

川 ゚ -゚)「怪人か…ならば来い」

( ´_ゝ`)「女だからって容赦はしない、最初からクライマックスで行かせて貰う」

135 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:13:45 ID:C1.VH.zoO
(#´_ゝ`)「マインドクラッシャー!レベル23!」

兄者から放出される紫のオーラがクーを包み込む!

川 ゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「…何だ、これは?」

(;´_ゝ`)「へえ、少なくともあのグズどもよりはたくましい精神力してる訳だ…!」

そう、マインドクラッシャーは強い精神力を持つ者には効果が薄いのだ!

136 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:14:43 ID:C1.VH.zoO
川 ゚ -゚)「ただ映像を脳内に送り込むだけか?」

(;´_ゝ`)「くそっ、ならこれでどうだっ!」

(#´_ゝ`)「レベル……230!」

再び紫のオーラがクーを包み込む!

川;゚ -゚)「うぐっ…これは…!」

137 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:15:43 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「…普通の人間なら完全に死亡、怪人やヒーローなら精神崩壊するレベルだ、これなら流石のお前もひとたまりも…」

川 ゚ -゚)「ぐぅぅっ…」

川 ゚ -゚)「くっ…技はそれだけか?」

(;´_ゝ`)「ははは、かなり驚いたよ、本気出したのに普通に耐えるんだもの」

川 ゚ -゚)「なら、次は私の番だ…!」

138 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:16:55 ID:C1.VH.zoO
川 ゚ -゚)「私は『完璧・改造人間(パーフェクトサイボーグ)』素直クール。貴様を倒す者の名だ。よく覚えておけ…!」

川#゚ -゚)「『氷弾(アイスバレット)』ッ!」

氷の礫が兄者に向かって凄まじいスピードで飛んでくる。

(;´_ゝ`)「くっ…!」

とっさにノートパソコンを生成し、盾に使う事で防いだ兄者!

そして、兄者は感じていた!

139 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:18:21 ID:C1.VH.zoO
(;´_ゝ`)(こいつはくせえッー!厨二病のにおいがプンプンするぜッーーーーッ!!特に技名とかパーフェクトサイボーグ(笑)とかなァーーーーッ)

圧倒的な厨二病を。

140 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:22:08 ID:C1.VH.zoO
( ´_ゝ`)「俺さ、なるべく女は殴りたくないんだ」

( ´_ゝ`)「だから精神攻撃で穏便に済ましたい」

川 ゚ -゚)「それがどうした?」

( ´_ゝ`)「格闘はあんまり好きじゃあないけどさ…」

( ´_ゝ`)「こっちも本気でやらせてもらう」

川 ゚ -゚)「…面白い」

141 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:23:22 ID:C1.VH.zoO
一方そのころ、アスキーレンジャーは!


(;`・ω・´)「もうお前らいい加減真面目にやれよ!!実戦なんだぞ実戦!!」

(;´Д`)「は…腹が減った…モナ……」

('A`)「マンドクセ…」

(´;ω;`)「オーラが並みの怪人とは違うよおおお怖いよおおおお」

(;´・_ゝ・`)「みんなとにかく心を合わせるんだ!」

【+  】;ゞ゚)(くっ、隙だらけに見えて隙が無い!gdgdしてるだけかと思ったらかなりの強敵!先に攻撃を仕掛けたら間違いなくやられる…!)

gdgdしてました。

142 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:24:34 ID:C1.VH.zoO

一方、怪人達は!

( ゚ω゚)「うおおおお!ブーンソニックタックル!」

全速力でクックルに突っ込むブーン!

( ゚∋゚)「体当たりか」

クックルはブーンを片手で受け止め、突き飛ばす!

( ゚ω゚)「うわぁぁぁぁぁっ!」

吹っ飛ぶブーンの身体!

143 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:25:28 ID:C1.VH.zoO
( ゚∋゚)「さて、次はお前だな」

\(;^o^)/「ひいいいいい!」

(  ∀ )

(  ∀ )

(  ω )

(,, Д )

そう、怪人達は全員倒れ、残るはオワタのみなのだ。

144 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:26:11 ID:C1.VH.zoO
\(;^o^)/「た…、助けて…誰か助けてーーーーっ!!」

( ゚∋゚)「無駄だ」

徐々にオワタに近づくクックル。

(;゚∋゚)「ぬおおっ!?」

その時、何かがクックルを跳ね飛ばした!

(;゚∋゚)「誰だ………!?」

145 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:28:04 ID:C1.VH.zoO
「やれやれ、助けを求める声を追っかけてみれば怪人の叫び声とはよ」

「でも相手の方もどう見ても怪人だな」

「まあ弱い方に味方するのがヒーローの勤めってもんだ」

(・∀ ・)「仮面つけてないけど仮面サイクラーマタンキ参上、助太刀するぜ、白饅頭」


続く。

146 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:41:31 ID:AG9gZiw20
乙 面白くなってきやがったぜ

147 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:43:10 ID:o1t9HQEQ0
ワクテカしてくるぜ

148 名も無きAAのようです :2014/09/08(月) 18:57:32 ID:MXN//PsY0


149 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 00:23:34 ID:rGdihsZM0
無駄に暑い展開だ

150 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 00:46:53 ID:uJRijO0w0
ワクワクする

151 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 18:51:03 ID:0rtx2fJ20
全裸でまってる

152 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 19:59:38 ID:uZOkeRVMO
〜これまでのお話〜

第七話「流石な戦士達vs完璧改造兵士」

未知なる脅威との戦いに出発した兄者と西東京支部の怪人達。
そしてアスキーレンジャー。

兄者は1人、単独行動。怪人達は街中で完璧改造兵士の一人、クックルと出逢う。

クックルの圧倒的な力になすすべも無くやられる怪人達、そしてただ一人完璧改造兵士の一人クーと戦う兄者。

兄者はクーの圧倒的な厨二臭溢れる言動に震え上がる。

アスキーレンジャーは改造兵士の一人オサムとgdgdしてました。

最後の一人オワタに迫るクックル。助けを求めるオワタの悲痛な叫びに答えてか仮面サイクラーマタンキと名乗る男が颯爽と現れ、自転車でクックルを轢くのだった!

153 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:01:18 ID:uZOkeRVMO


( ゚∋゚)「くっ…わざわざ自分から死にに来るとはな」

(・∀ ・)「知ってるか?「ヒーローは死なない」んだぜ」

不敵な笑みを浮かべるまたんき。

(・∀ ・)「んじゃ、いくぜ」

154 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:02:35 ID:uZOkeRVMO
( ゚∋゚)「…!」

クックルは超スピードで接近。その鉄拳をぶちこむ。

(・∀ ・)「おー痛え…でも、それだけだな」

\(;^o^)/

あり得ない。クックルのパンチを受けても彼は飄々としているのだ。

155 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:04:15 ID:uZOkeRVMO
(・∀ ・)「じゃ、たっぷりお返しが必要だな」

(・∀ ・#)「サイクラー、パアアアンチ!」

強烈なカウンターをクックルの顔面にぶちこむまたんき。

( ゚∋゚)「ぬうっ…」

(・∀ ・)「まだまだ!」

蹴りを浴びせ、吹っ飛んだクックルに腹パンをぶちこみ、もう一度蹴りを浴びせる。

( ゚∋゚)「……」

しかし、クックルはまだ立っていた、これほどのダメージを与えても。

156 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:05:08 ID:uZOkeRVMO
(・∀ ・)「しぶといな…」

( ゚∋゚)「…!」

再び超スピードで間合いを詰めるクックル。またんきの顔面に渾身の一撃を浴びせる。

(・∀ ・#)「……!」

157 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:06:20 ID:uZOkeRVMO
ただ無言で、全力で、殴りあうだけ。そんな攻防が長く続いた。

(;゚∋゚)「……」

(・∀ ・;)「痛ててて…でも、痛いって事は…まだ生きてる!」

立ち上がるまたんき。傷だらけで、口からは血が滴っている。それは、クックルも同じだった。

しかし、またんきはクックルの本気の一撃を、何度も、何度も何度も何度も何度も食らっても、まだ立っているのだ。

(;゚∋゚)「化け物か……!」

(・∀ ・;)「冗談言うなよなー、化け物は…」

(・∀ ・#)「そっちも同じだろっ!!」
大きく腕を振りかぶり、右ストレートを食らわせる。
クックルはその一撃を正面からまともに受けてしまう。

(;゚∋゚)「うぐぁっ!」

血を吐くクックル。

158 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:07:50 ID:uZOkeRVMO
(・∀ ・)「ほら、立てよ」

\(;^o^)/

まさに脅威、まさに規格外。彼はオワタ達よりはるか上の世界にいる。こんなヒーローを相手にする?

無茶苦茶だ。

しかし、その無茶苦茶な恐ろしい強さがまた、頼もしくもあった。

159 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:09:01 ID:uZOkeRVMO
仮面サイクラーとクックルの戦闘は、すでに4時間が経過していた!


(;゚∋゚)

クックルの身体は限界に近づいていた。

しかし、それはまたんきも同じ。

しかし、またんきは笑っている。傷だらけで、ボロボロで、腕が使い物にならなくなっているにも関わらず、へらへらと笑っているのだ。

(・∀ ・)「そんなもんじゃねえだろ?」

負けない。負けたくない。

負けることは許されない。

悔しい。

( ;∋;)

クックルの目にはいつの間にか、涙が流れていた。

(・∀ ・)

またんきはそれを哀れむ様に見つめる。

160 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:10:37 ID:uZOkeRVMO
( ;∋;)「うぁぁぁぁぁぁぁーっ!!」

涙を流し、向かって来るクックル。

しかし、クックルの拳は空振りだった。

(・∀ ・)「良いか、泣いて、喚いて、怒って、それでなんとかなると思うなよ」

空高くジャンプするまたんき。

( ;∋;)「!」

(・∀ ・)「そいつは…」

(・∀ ・#)「ヒーローの特権なんだよぉぉぉ!!」

(・∀ ・#)「サイクラー、キイイイイック!」

またんきの脚が、クックルの胸を突き破る。

苦悶の表情と、悔し涙を浮かべクックルは倒れ、そして、二度と動かなくなった。

161 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:11:58 ID:uZOkeRVMO
(・∀ ・)

身体中が悲鳴をあげているにも関わらず、まだまたんきは笑っていた。

(・∀ ・)「ほら、もう奴は倒したぞ」


\(;^o^)/「あ、あなたは…」

(,,メメД゚)「一体何者なんだ…?」

(・∀ ・)「ただの、正義のヒーローさ」

(・∀ ・)「次会った時お前ら倒そうかと思ったけど…まあいいや、弱そうだし」

身体はもう動けないと弱音を吐く。しかしそんな物を華麗に無視し、またんきは自転車にまたがり次の戦場へ走って行った。

162 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:13:49 ID:uZOkeRVMO



「弱そうだし」

(,,メメД゚)

ギコの胸には、その言葉が深く残っていた。

強くなりたい。

もっと、誰よりも。

163 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:15:08 ID:uZOkeRVMO



同じ頃、兄者もまた、決着を着けようとしていた!

川#゚ -゚)「『連続氷弾(アイスマシンガン)』ッ!」

( ´_ゝ`)「雹の連射か」

164 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:15:47 ID:uZOkeRVMO
( ´_ゝ`)

兄者は攻撃を避けようともせず、防御しようともしない。軍服を脱ぎ捨て、ただ、クーに向かって歩いてゆく。

川;゚ -゚)「なら、こいつで…」

川#゚ -゚)「『氷柱氷弾』!」

氷のナイフが、兄者の胸に、脚に、腕に突き刺さる。

それでも兄者は向かって来る。

川;゚ -゚)「くそっ、近寄るな!」

クーは恐れていた、本気を出した兄者の力を!

165 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:16:37 ID:uZOkeRVMO
川;゚ -゚)「貴様は一体何なんだ!ただの怪人でも無い、ヒーローでも無い、なのに何故そこまでの力がある!?」

( ´_ゝ`)「当たり前だ、それは、俺が…」

166 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:17:25 ID:uZOkeRVMO
( ´_ゝ`)「『流石な悪の幹部だから』だよ」

川;゚ -゚)「!」

167 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:18:15 ID:uZOkeRVMO
とうとう兄者はクーの目の前に迫っていた。

( ´_ゝ`)「安心しろ、顔面は狙わない」


クーの腹部を殴りつける兄者。

凄まじい衝撃に倒れてしまうクー。

( ´_ゝ`)「お前に腕を凍らされたおかげだ、ただのパンチじゃお前は倒せない」

168 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:19:53 ID:uZOkeRVMO



川;゚ -゚)

( ´_ゝ`)「自分が何故負けたか分かるか?」

それは、

川;゚ -゚)「私が弱かったからだ、そしてお前は強かった、それだけの事」

( ´_ゝ`)「違うな」

違う…?どういう事だ?訳がわからない

169 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:20:48 ID:uZOkeRVMO
( ´_ゝ`)「それが自分で分からないようではお前は俺には勝てない」

川;゚ -゚)「……」

(*´_ゝ`)(決まった…流石だな、俺!)


( ´_ゝ`)「では、部下達が待っているのでな、去らば」

もう用は無い、と言うように兄者は去っていった。

何故?なぜ?ナゼ?

何故私は負けた?

170 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:22:18 ID:uZOkeRVMO
静寂を引き裂く様に通信が入った。

「クー!今すぐB25ポイントに置いてある飛行艇に戻れ!」

川 - )「何だ」

「クックルが死んだ、予想外だ。今回は撤退するぞ、オサムももう戻っている!」

そんな事は今どうでもいい。

171 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:23:12 ID:uZOkeRVMO

〜機内〜

【+  】;ゞ゚)「な、何だよあのヒーローは…ただgdgdしてるだけだと思ったら何処にあんな力を…それにクックルも死んだ…東京…何て恐ろしい街…!」

傷だらけで、頭を抱え怯えるオサム。

こいつも恐怖を経験したのだろう。


あの怪人の言っていた言葉…

あれがどうも気になる。

( ´_ゝ`)『自分が何故負けたか分かるか?』

( ´_ゝ`)『それが自分で分からないようではお前は俺には勝てない』

何故だ?あいつは何を言いたかったんだ?
気になる。気になる。気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる気になる。

【+  】;ゞ゚)「クー!?ちょ、何してんの!」

気がつけば私は、機内から飛び降りて、空を舞っていた。

172 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:25:39 ID:uZOkeRVMO
〜悪の組織(仮)西東京支部〜

兄者達は、鍋を食べようとしていた!

( ´_ゝ`)「では、我々、悪の組織(仮)の勝利を祝って…」

从 ゚∀从「いただきまーす!」

( <●><●>)「ハムッ!ハフハフ!ハフッ!」

( ´_ゝ`)「おいお前ら待て」

173 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:27:35 ID:uZOkeRVMO
(;^ω^)「なんで当然の様にいるんだお!?」

(-@∀@)「鍋は人数多い方が良いですよ」

(#・∀・)「だいたい君たち今回何もしてなかったじゃないか!僕らかなり大変な目にあってたんだぞ!」

从#゚∀从「俺達だってあいつらに対抗するために研究所でメカハイン2号を必死に作ってたんだよ!!」

(#゚Д゚)「どうせいつもの湯飲みロボだろうがよ!!」

从#゚∀从「ムキーッ!貴様らまたしても私の叔父を侮辱する気か!表出ろ!」

(;-@∀@)「いや、娘でしょう!?」

(;゚∀゚)「あっお前肉いっぱい取んなよデカ目!」

( <●><●>)「鍋とは戦場、先に肉を掴んだ者が勝利するのです」

\(^o^)/「春菊うめぇ」

( ´_ゝ`)

もう全てがめんどくさくなったので、俺は考えるのをやめた。

( ´_ゝ`)「豆腐うめぇな…」

174 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:30:02 ID:uZOkeRVMO



川 ゚ -゚)「邪魔するぞ」

唐突に現れたのは改造兵士素直クール!このままでは怪人達の危険が危ない、頭痛が痛い!

(;^ω^)「だ、誰だお!」

(;´_ゝ`)「素直クール…どうしてここが…」

175 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:30:49 ID:uZOkeRVMO
川 ゚ -゚)「兄者とか言ったな、さっきの言葉の意味を教えてもらおう」

(;´_ゝ`)「えっ、意味?意味ね…」

( ´_ゝ`)(やっべ何も考えてない)

(;´_ゝ`)「じ、自分の力で理解するまでは意味は教えん!」

川#゚ -゚)「理解出来ないからここに来ているんだ!教えてもらうまで私はここを動かないぞ!」

( ´_ゝ`)(えぇ〜〜〜〜〜地味に迷惑〜〜〜)

176 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:32:37 ID:uZOkeRVMO

そして数日後!数日後である!二回言うほど大事な事では無い!

( ><)σ「兄者さーん、回覧板持って来たんですー」

( ><)(あんまりインターホン押しすぎるとまたどんぶり食らっちゃうんです)

( ><)「出て来ないんです…」

177 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:33:37 ID:uZOkeRVMO
( ><)(戸を確認するんです)

( ><)(あれ、兄者さん開けっ放しなんです…)ガラガラ

( >(◇≡≡「兄者さーん、今日も今日とて回覧板持って来たんでぐへぁっ!?」

説明しなくてはなるまい、クーの氷弾がビロードの顔面に直撃したのだ!

178 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:34:30 ID:uZOkeRVMO
川 ゚ -゚)「侵入者を発見、迎撃する」ビシビシビシッ

(;><)「背中めっちゃ痛いんです!やめてください!」

うずくまるビロード!

川 ゚ -゚)「迎撃する」ビシビシビシッ

容赦なく攻撃を浴びせるクー!

(# ´_ゝ`)つ<゚- ゚ 川 ウワナニヲスルヤメロ

179 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:35:20 ID:uZOkeRVMO
(;´_ゝ`)「すいません!本当すいません!」

( ^ω^)「手当てしますおー」

(;><)「だ、大丈夫なんです…」

(;><)(もう今後絶対この家行かないんです…)

180 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:36:14 ID:uZOkeRVMO
オマエモアヤマルンダヨ (# ´_ゝ`)つ<゚- ゚ 川 ワカッタワカッタ

川 ゚ -゚)「正直スマンカッタ」

(# ´_ゝ`)「『ごめんなさい』な」ゴゴゴゴゴゴ

川;゚ -゚)

川 ゚ -゚)「ごめんなさい…」

(*><)(よく見りゃ意外と可愛いんです)

181 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:37:11 ID:uZOkeRVMO
( ><)「えっと、この子は?」

( ´_ゝ`)「新入りです」

( ><)「へー……」

(*><)(これから毎日通うんです)

182 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:41:35 ID:uZOkeRVMO
「ぃょぅ将軍!兄者少佐が奴らを撃退したとの事です!」

(=゚ω゚)ノ「そうかょぅ」

(=゚ω゚)ノ「心配はいらなかったみたいだょぅ」

(=゚ω゚)ノ「流石だな、兄者…」

「それと奴らの組織の一人を仲間に引き入れたので許可して欲しいと!」

(=;゚ω゚)ノ「なにいっ!?」

183 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:42:44 ID:uZOkeRVMO


「クックルが死んだそうだ」

ノパ⊿゚)「ふーん、まあ私にはどうでも良いけどね」

ノパ⊿゚)「それにあいつスピードとパワーしか能のないクズだし」

「と、火力バカが申しております」

ノパ⊿゚)「うるせぇ!」

184 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:46:53 ID:uZOkeRVMO
「ははは、冗談だよ…なぜかクーも居ない、あいつ発信器破壊しやがった」

ノパ⊿゚)「ふーん、つまり、脱走って事?」

「ああ、作戦は失敗したからな、帰るのが嫌になったんだろう」

ノパ⊿゚)「よっしゃ、やっと合法的にあいつをぶっ殺せるって訳か!」

「まあそうだな」

ノパ⊿゚)「前からアイツ嫌いだったんだよ!」

ノパ⊿゚)「でも最高責任者のお前が処刑されないのは変だよな」

「俺という有能な人材を処刑するほど本部は馬鹿じゃないさ」


「そうそう、お前にオサムを処分して貰おう、任務失敗は死だからな」

ノパ⊿゚)「おKおK、じゃあいっちょウォーミングアップと行くか!」


続く。

185 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:52:59 ID:uZOkeRVMO
流石な登場人物達


( ´_ゝ`)流石兄者/ブラクラ男/兄者少佐

流石な悪の幹部。
以前は自宅警備員のエースだった。
相手の精神をボロクソに破壊するマインドクラッシャーが必殺技。

高い格闘能力と精神攻撃とか言うかなりのチートっぷり。
もうお前一人で良いよとみんなが思ってると思う。流石だよな。

川 ゚ -゚)完璧改造兵士No.003素直クール/凍鬼怪人クー

謎の組織の一人。兄者の言葉の答えを求めて西東京支部へお邪魔した。
ぶっちゃけ組織に戻っても処刑されるのでそのまま西東京支部の一員に。
ぃょぅ将軍から「凍鬼怪人」の名を頂いた。
( ^ω^)超速怪人ブーン男

パシリから怪我人の手当てまでなんでもござれな常識人。

能力は速く走れるだけ。

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい怪人おっぱい男/ジョルジュ長岡

相手の乳を揉み昇天させる能力を持つ怪人。しかしなんか使い所がアレ。女でやっても男でやっても作風がアレになるためあまり活躍しない。もっと普通の能力にすれば良かった。

( ・∀・)毛根怪人モララー

髪を自在に伸ばす能力を持つ怪人。

髪をポルナレフのような状態にして敵に叩きつける「毛柱落とし」が必殺技。

\(^o^)/終末怪人オワタ男

負の感情でパワーアップする怪人。

豆腐のように脆い。

(,,゚Д゚)筋肉怪人ギコ

凄まじい筋肉を持つ怪人。基本力押し。クックルとの戦闘の後、高みを目指して特訓中。脳味噌までも筋肉である。

186 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 20:58:17 ID:uZOkeRVMO
(`・ω・´)シャキンレッド

アスキーレンジャーのリーダー。リーダーとしては色々とアレ。アレはアレです。

(´・_ゝ・`)デミタスブルー

アスキーレンジャーで一番まともな人。まとも故に影が薄い。兄者に似ている。

('A`)ドクオグリーン
やたらすぐ帰りたがる、何もかもマンドクサがるなどアスキーレンジャーで一番駄目な人。やる気が無い。

( ´∀`)モナーイエロー

腹が減って力がでない典型的なイエロー。

(´・ω・`)ショボンピンク

野心丸出しのニューリーダー病。

从 ゚∀从帝王ハインリッヒ

ハインリッヒ帝国の帝王。女王では無いのか?との声もあるが良いんだよ、細けえ事ぁ。天才的頭脳を持ち様々なメカを繰り出す。

(-@∀@)アサピー

ハインリッヒ帝国のツッコミ役。
( <●><●>)ワカッテマス

何を考えてるか分からないハインリッヒ帝国の研究員。

(・∀ ・)仮面サイクラーマタンキ

異様なタフさと凄まじいパワーを持つヒーロー。もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな。ママチャリで走り去る姿はなんとも格好悪い。

187 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:07:28 ID:uZOkeRVMO
(´<_` )流石弟者/弟者参謀/ガトリング男

兄者の弟。元ニート。現在世界のどこかにいる。多分。

(=゚ω゚)ノぃょぅ将軍/怪人虎男

本部の大幹部。クーに凍鬼怪人の名を授けた。

( ゚∋゚)完璧改造兵士No.005クックル

超スピードとパワーを誇る完璧改造兵士。実は涙脆い一面があるとかないとか。最初の犠牲者。

【+  】ゞ゚)完璧改造兵士No.004棺桶死オサム

結局能力が分からないまま処刑された残念な人。やたら深読みしすぎて思考が暴走する。

ノパ⊿゚)完璧改造兵士No.002素直ヒート

炎を操る能力とかいうありきたりな何か。大阪炎上させたのはこの人。
クーが嫌い。

188 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:10:43 ID:uZOkeRVMO
( ^ω^)「シリアス編も一応終わったので少しだけでしゃばらせて頂きますお、俺ですお」

( ^ω^)「シリアス編もたった三話、日数にして2日で終わってしまいましたおね」

( ^ω^)「『第1部 はんとむぶらっど』も残す所後2話ですお」

( ^ω^)「やっぱ戦闘描写って難しいですお」

( ^ω^)「最初からシリアスなバトル物書ける人を尊敬しますお」

( ^ω^)「腹パン率たけぇお…」

( ^ω^)「吹っ飛ぶ、吹っ飛んだとか使い過ぎですおね…自分もまだまだ色々未熟ですお」

( ^ω^)「皆様沢山の乙や暖かい意見有り難う御座いますお」

( ^ω^)「質問やご意見、感想でもあればどうぞお願いしますお」

( ^ω^)「次回から多分いつもの調子に戻りますが思い出したようにシリアスになる事もありますお、続きをお楽しみにしてて下さいお、あと多分結構遅くなりますお」

( ^ω^)ノシ「今後ともよろしくお願いしますおー」

( ^ω^)「本編もネタ切れだけど前回のあらすじがもっとネタ切れだったり」

189 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:14:06 ID:510QMgVc0


190 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:21:58 ID:FCsXTHYc0

はんとむぶらっどの次はしぇんとうちょりゅーか

191 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:26:01 ID:eVcVK1xE0
いいね

192 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:44:32 ID:6vIBHhwI0

シリアスでもゆったり読めて好き

193 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 21:47:35 ID:yinuF3uE0
おっつおっつ
完走がんばれ

194 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 22:57:21 ID:yjaxZRNs0
シリアス編だったのか……

195 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 23:00:40 ID:HpPfyyR.0

たいあもんとはくたけらい
まで頼む

196 名も無きAAのようです :2014/09/09(火) 23:17:34 ID:0rtx2fJ20
すげぇ楽しみ

197 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 08:27:01 ID:XzAUiLmo0

オサムがいつの間にか死んでる……

198 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:28:38 ID:MX1Z5wt6O
〜これまでのおはなし〜

第八話「流石な悪の幹部」

( ^_ゝ^)「3分間ww待ってやるww」

(`^ω^´)(´^_ゝ^`)「バロスwwwww」

( ^_ゝ^)「うはww目がwww目がwwwwうぇwwww」

( ゚∀゚)「やーい、お前ん家、悪の組織ーっ!」

从#゚∀从「カアアアアアアアアアアンタアアアアアアアアア!!」

(;゚∀゚)「嫌あああああああああああああああああああああああああああ!!」

从 ゚∀从「ウィンオオオオオルライッラアアアビュゥゥゥゥゥゥ!!」

( ゚∀゚)「フゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥアァァァァァァ!!」


(;'∀`)「どれ、私の小さな魔女を見せておくれ」ハァハァハァハァ

川 ゚ -゚)「もしもし警察ですか?」

( <●><●>)「奴はとんでもない物を盗んで行きました」

ノパ⊿゚)「…?」

( <●><●>)「貴女のパンツです」

ノパ⊿゚)「よっしゃルパン殺しに行く」

(#´Д`)「黙れ小僧!!お前にサンが救えるか!!」

( ^ω^)「わからぬ…だが、共に生きる事は出来る!」

(#´Д`)「踊れ小僧!!お前にサンバが踊れるか!!」

♪   /⌒ヽ
   ( ^ω^)))
 (( ( つ ヽ、   ♪
   〉 と/  )))
  (__/^(_)

「わからぬ…だが、踊る事は出来る!」

(#´Д`)「!?」

199 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:30:15 ID:MX1Z5wt6O
兄者達は、謎の組織の一員クーを仲間にする事で、謎の組織の情報を掴んだ!

…わけでは無かった!

せいぜい名前くらいである!

200 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:31:22 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「では今週の悪事会議を始める、議長の兄者少佐だ」

\ワアアアアアアア!!/

( ´_ゝ`)「まずは新メンバーの紹介をしようと思う」

201 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:32:02 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「完璧改造兵士No.003素直クール改め凍鬼怪人クー」

川 ゚ -゚)「よろしく頼む」

( ´_ゝ`)「彼女には訓練教官をやって貰う、新入りだからといって失礼な態度を取らないように」

\ワアアアアアアア!!/

202 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:33:21 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「そして戦術アドバイザー、若内ビロードさん」

\ワアアアアアアア!!/

(;><)(訳の分からない内に訳の分からない役職になってるんです!)

( ><)「あの、兄者さん」

( ´_ゝ`)「何か?」

(;><)「何で僕なんですか?」

( ´_ゝ`)「そりゃあ俺達の悪事を「小さい」と言ってのけるビロードさんですもの」

203 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:34:27 ID:MX1Z5wt6O


〜第五話より回想〜

(;><)『さらっと言うんじゃねえ!あと、悪事小さいな!』

(;><)『小さいな!』

(;><)『小さいな!』

(;><)『小さいな!』


〜回想終わり〜

204 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:35:39 ID:MX1Z5wt6O
(;><)「わざわざエコー掛けなくても良いんです!」

(;><)(四話前の自分を呪うんです…)

( ´_ゝ`)「それじゃ、新メンバーはこの二人だからみんな、仲良くするように」

\ワアアアアアアア!!/

(;><)(ああなんかもう後戻り出来ない領域に…)

205 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:36:46 ID:MX1Z5wt6O


( ´_ゝ`)「では早速本題に移るぞ諸君」ゴゴゴゴゴゴゴ

( ´_ゝ`)「ではビロード、良い悪事を考えるのだ、1分で」ゴゴゴゴゴゴゴ

(;><)「無茶振りなんです…」

206 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:38:41 ID:MX1Z5wt6O

(;><)「うーん……」

(;><)「け、警察署とかに爆弾仕掛けるとか?」

( ´_ゝ`)「なにそれこわい」

( ゚∀゚)「流石の俺もそれは引くわ」

( ^ω^)「ビロードさんそんな危険思想持ちだったんですかお…」

(;><)「いや、わりと悪者なら普通の事なんです…」

(;´_ゝ`)「ふ、普通だと…!?」

(;・∀・)「流石戦術アドバイザー…」

( ><)(あんたらが根本的に色々とおかしいだけなんです)

207 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:40:03 ID:MX1Z5wt6O

〜その辺の電柱の影〜

( ´_ゝ`)「よし…ではギコ!作戦を開始するのだー!」

(,,゚Д゚)「サー、イエッサー!」

208 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:40:39 ID:MX1Z5wt6O
〜交番〜

(,,゚Д゚)「あのー、落とし物を拾ったので届けに来たんですが…」

( l v l)「ほうほう、預からせて頂きます」

(,,゚Д゚)「では私はこれで」

( l v l)「あっ、ちょ待っ…」

( l v l)「何であの人あんなに肌が赤かったんだろう……奇病かな?」

( l v l)「箱か…」

209 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:41:25 ID:MX1Z5wt6O


(,,゚Д゚)b

( ´_ゝ`)b


\ナカミハナンダr…ホアアアアアアアア!!/

210 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:42:01 ID:MX1Z5wt6O
〜西東京支部〜

( ´_ゝ`)「ふっふっふ」ゴゴゴゴゴゴゴ

( ^ω^)「くっくっくっ…」ゴゴゴゴゴゴゴ

( ・∀・)「ひっひっひっひ…」ゴゴゴゴゴゴゴ

( ゚∀゚)o彡゜「おっぱい!おっぱい!」ゴゴゴゴゴゴゴ

\(^o^)/「オワッタッタッタタタ!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

(,,゚Д゚)「やってやったぜ」ゴゴゴゴゴゴゴ

川 ゚ -゚)「流石だよな私達」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

( ><)「いやお前らちょっと待て」

211 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:43:12 ID:MX1Z5wt6O

( ´_ゝ`)「何か?」

(# ><)「何か?じゃないよ!だから小さいんだよ!!」

(;・∀・)「どこがですか!」

(;´_ゝ`)「交番をドギツイ香水の香りで満たすなんて立派な悪事じゃないですか!」

(;><)「なんで小さな交番なんだよ!警察署とかに届けろよ!」

(# ><)「あと爆発したらドギツイ香水の香りを振り撒く爆弾ってなんだよ!威力小さいし消臭されたらおしまいだよ!せめて催涙ガスとかにしろよ!」

\(^o^)/「いや、充分大きい悪事かと…」

212 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:44:10 ID:MX1Z5wt6O

川 ゚ -゚)「あなた…服に香水の香りがするわよ」

(;´_ゝ`)「き、気のせいだよ、妻…」

川 ゚ -゚)「いえ、かなりキツイ匂いがするわ」

(;´_ゝ`)「いや、だからこれは爆弾で!」

川 ゚ -゚)「嘘つくならもっとリアリティのある嘘つきなさい、浮気してたんでしょ?」

(;´_ゝ`)「ひいいいいい!」

(;´_ゝ`)「…みたいな感じでダメージを与えられますよ!?」

(# ><)「個人の家庭にダメージ与えただけで世界征服ができるかー!!」

川 ゚ -゚)「もっともだな…」

213 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:45:08 ID:MX1Z5wt6O

(# ´_ゝ`)「でも言い出しっぺはビロードさんじゃないですか!」

(# ><)「なんで逆ギレ!?てかあなた達のやり方が小さいんです!!」

(# ´_ゝ`)「なら見せて貰おうじゃないか!あなたのやり方を!」

(#><)「やってやりますよ!ええやって見せますとも!」

214 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:45:46 ID:MX1Z5wt6O
( ><)「うーん……」

(* ><)「ピーン!閃いた!閃いたんです!」

( ・∀・)(表現が古いな)

( ><)「老人を痛め付けたりするんです」

( ´_ゝ`)

川 ゚ -゚)

( ^ω^)

( ゚∀゚)

(,,゚Д゚)

( ・∀・)

\(^o^)/

215 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:46:41 ID:MX1Z5wt6O



(# ´_ゝ`)「こっ……この鬼畜がぁぁーーー!!」

(# ^ω^)「見損なったお!」

(;・∀・)「まさに外道!」

( ゚∀゚)o彡゜「外道!外道!」

川#゚ -゚)「悪魔め………!」

(;><)「いや、何で怒られなきゃいけないんですか!?」

(;><)「悪の組織なんだからそれくらい当然でしょう!?」

(,,゚Д゚)「こいつ開き直りやがった!」

( ´_ゝ`)(やっぱ素質あるなこの人)

216 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:47:57 ID:MX1Z5wt6O
〜再びその辺の電柱の影〜

( ´_ゝ`)「よし、ビロードよ、今回は言い出しっぺのお前が行くのだ」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

(;><)「そのゴゴゴゴってのわざとらしくて腹立つんです…」

(;><)(やっべどうしよう)

( ><)(老人虐待とか僕の良心と両親が許さないんです)

(# ><)「覚悟を…決めるんです!」

217 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:49:12 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「おっ、ちょうどよく老人が通りかかったぞ!」

川 ゚ -゚)「腕の見せ所だな」

(゚A゚* )(電柱に隠れて何やってんやろこの人達…関わらんとこ)

218 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:50:37 ID:MX1Z5wt6O
(# ><)「おぅおぅおぅおぅそこのお爺ちゃんよぅ」

(´ー`)「あぁい?」

(# ><)「金を出すんです、金!」

(´ー`)「んぁい?」

(# ><)「金を出せって言ってるんです!」

(´ー`)「わしゃ耳が遠くってなあ…」

(;><)「そうなんですか…」

219 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:51:33 ID:MX1Z5wt6O
(;><)「いや、そうじゃなくて金を出すんです!」

(´ー`)「何だって?あの、聞こえなかったのでもう一度お願いします」

( ><)「わざとやってるんですか?」

( ´_ゝ`)「流石だな見知らぬ老人…」

川 ゚ -゚)「ああ、流石だな」

220 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:52:46 ID:MX1Z5wt6O
新たに加わった戦術アドバイザー、ビロード!しかしこの男意外とノリノリである。

あと兄者もっとしっかりしろよ!シリアス編で見せたかっこよさはどうした!?
頑張れ兄者、戦え怪人達、そしてこの締めも久々だぞアスキーレンジャー!!

    つ づ く

221 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 09:56:27 ID:6WEm3Z/w0
クーまでノリノリwww

222 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 11:17:45 ID:68YEwLKQ0

早くも馴染むくー

223 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:48:54 ID:MX1Z5wt6O
〜これまでのおはなし〜

go over time and space……

落ちこぼれの怪人達と、

一人の男が出逢った。

『新しい時』を刻むために―――

( ´_ゝ`)流石な悪の幹部のようです

\アッーーーーー/

beyond the future

ride on the future

live on my dream

live on my soul

\ウーーウーーウーウーウーー/

224 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:49:44 ID:MX1Z5wt6O


住宅街って、何があるか知ってるか?地下鉄?いや、なんでだよ。住宅街だって言ったじゃん。
じゃあヒントをあげよう。「ヒーロー物に欠かせない物」
地下鉄?うん、いや地下鉄じゃない。だからなんで地下鉄なんだよ。お前地下鉄好きだな。

225 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:51:52 ID:MX1Z5wt6O
正解は、悪の組織の秘密基地と言う奴だ。ふざけるな?ふざけてなんかおりませんよ。
そりゃあ住宅街に悪の組織の基地が普通にあったら驚くだろうし信じられないだろうし、イマイチピンと来ないだろう。俺もそうだ。

テレビの見すぎ?いや本当の事なんだって、アニメじゃないんだって。現実なんだって、不思議な気持ちなんだって。信じて。信じる奴がジャスティスって言うじゃん。俺は悪側だけど。

226 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:52:48 ID:MX1Z5wt6O
第十話「流石な総集編のようです第1部」

227 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:53:33 ID:MX1Z5wt6O
―さて、今日の「悪の幹部」は

今までの戦いを振り返ってみよう―

228 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:54:09 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「OKブラクラゲット」

(´<_` )「流石だな」

今日もだらだら過ごす自宅警備員のエース流石兄者。毎日は退屈だし、つまらないが、変えようとも思わない。変える力もない。そんな言い訳で現実から目を背けていた。
しかし、そんな兄者の生活も最大の危機を迎えていた!

229 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:54:56 ID:MX1Z5wt6O
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「あんた達就職しないと追い出すから」

(;´_ゝ`)「えええええええええ〜〜」

(´<_` )「うそーーん………」

仕方なく就職活動を開始した兄者とその弟、弟者!

ここから彼の人生は大きく変わってゆくのだった!

230 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:56:07 ID:MX1Z5wt6O
(=゚ω゚)ノ「自己紹介をどうぞ」

( ´_ゝ`)「ググれ」

(=゚ω゚)ノ「では当社を志望した動機を教えていただけますか?」

( ´_ゝ`)「ググれ」

(=゚ω゚)ノ「特技は?」

( ´_ゝ`)「ググれ」

(=゚ω゚)ノ「学生時代、どんなことに打ち込んでいましたか?友人は何人くらいいましたか?」

( ´_ゝ`)「帰宅に打ち込んでいました、脳内に5人くらいいました」

(=゚ω゚)ノ「最後に一言」

( ´_ゝ`)「びっくりするほどユートピア」

231 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:57:27 ID:MX1Z5wt6O
そして兄者と弟者は見事悪の組織(仮)に採用され改造手術を受けるのだった!

( ´_ゝ`)「うわー!くそっ、やめろー!」

「あ、止めて欲しいんですか?」

( ´_ゝ`)「いや、雰囲気出るかなって…」

232 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 18:58:14 ID:MX1Z5wt6O
そして兄者と弟者は人間を超越し、異形の怪人として覚醒した!

「目覚めよ、怪人ブラクラ男よ!」

( ´_ゝ`)「ちょっと待てブラクラ男ってなんぞ」

運命は廻り始める。

この男、兄者を中心として。

( ´_ゝ`)「えっ、スルーですか?」

233 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:00:00 ID:MX1Z5wt6O
かくして怪人となった兄者と弟者は怪人養成所に送られるのであった!

怪人養成所の日々は、辛く、苦しい物だった!

(;´_ゝ`)「靴に画鋲が!」

(;´_ゝ`)「PCに画鋲が!」

(;´_ゝ`)「画鋲がああああああ!!」


そして色々あって弟者と兄者は2年で養成所を卒業した!

234 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:01:01 ID:MX1Z5wt6O
悪の怪人として大活躍し幹部へ大出世する兄者と弟者。

(゚<_゚ )「おぉぉぉぉぉぉれの体ゥはァァァァアアアアアアアアーー!!!!!我ァァアアが悪の組織(仮)の最高知能の結晶でありィィィ!!誇りであるゥゥゥゥゥゥウウウウウウウウウ!!!!!つまりッ!すべての怪人を超えたのだァアアアアアアアアアアアア!!」

235 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:01:57 ID:MX1Z5wt6O
大幹部候補生となった兄者、弟者。弟者はアメリカ支部へ、兄者は西東京支部へ配属されるのだった!


(´<_` *)「じゃ、アメリカ行ってくっからwww」

( ´_ゝ`)「行って来い、そして殉職しろ」

(´<_` *)「感動の別れだぞ?泣けよwwww」

( ´_ゝ`)「誰が泣くか、むしろ清々するわ」

(´<_` )「…行って来る」

( ´_ゝ`)「行って来い、アベンジャーズにリンチされてしまえ」

236 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:03:24 ID:MX1Z5wt6O
そして兄者は西東京支部へ向かうのだった!

たどり着いたそこはヤンキー怪人が蔓延る無法地帯!

兄者は慈愛の心で怪人達を更正させるのだった!

(,,;Д;)「少佐、俺達が間違ってました!」

( ;∀;)「俺達少佐の考えてる事にも気付かずに…」

( ;_ゝ;)「良いんだ…もう、良いんだ!」

( ´_ゝ`)9m「さあみんな、あの夕日に向かって競争だ!」

( ゚∀゚)「おーう!」

237 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:05:07 ID:MX1Z5wt6O
かくして兄者と怪人達は一つとなり、世界征服にむけて走り出すのだった!

今日も元気に公園を蹂躙する怪人達!

(# ´_ゝ`)「潰せ!壊せ!破壊しろ!」

( ・∀・)「おりゃー!」

しかし、彼らの前に颯爽と立ちはだかった五つの影!

「待てぅぇぇぇぇーーーい!!」

その正体は!

238 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:06:39 ID:MX1Z5wt6O
(1´゚ω゚`)「このショボン様さ!」

(2´゚ω゚`)「このショボン様さ!」

(3´゚ω゚`)「このショボン様さ!」

(4´゚ω゚`)「このショボン様さ!」

(5´^ω^`)「このショボン様さ!」

その名もAA戦隊アスキーレンジャー!

239 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:07:49 ID:MX1Z5wt6O

アスキーレンジャーは必殺のgdgdオーラで兄者達を追い払い公園の平和を守るのだった!

( ;ω;)「おーん、やられてしまったおー」キラーン☆

(;´_ゝ`)「おのれ覚えていろアスキーレンジャー!」キラーン☆

(`・ω・´)「この街の平和は我々が守る!」

(´・_ゝ・`)「貴様ら悪の組織がこの地を踏み荒らすことは、我々が許さん!」

(#'A`)「熱い心に不可能はない!」

240 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:09:23 ID:MX1Z5wt6O
新たな敵、アスキーレンジャーの出現、そして兄者達の前にさらに新たな敵が現れる!

悪魔の科学者、帝王ハインリッヒ率いるハインリッヒ帝国(総勢3名)である!

今ここに、二つの悪の組織が、火花を散らしていた!

241 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:10:21 ID:MX1Z5wt6O
〜戦闘シーン〜

从 ゚∀从「まあ1つ、お茶でもいかがですか?」

从 ゚∀从つ|::━◎┥
( ´_ゝ`)「あ、頂きます」

( ´_ゝ`)ズズー
つ|::━◎┥と

( ´_ゝ`)・,”;ブフォッ

从 ゚∀从「かかったな阿呆が!」

242 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:11:12 ID:MX1Z5wt6O
〜戦闘シーンその2〜

从 ゚∀从「小林!」

( ´_ゝ`)「佐々木!」

从 ゚∀从「ダウト!」

( ´_ゝ`)「流石だな…その通り、俺のカードはダイヤの9!」

243 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:11:47 ID:MX1Z5wt6O
戦いを終え友情を確かめ合った二つの組織!

( ´_ゝ`)「それは夕日マジックと言う奴さ」

244 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:12:25 ID:MX1Z5wt6O
そして、兄者達の秘密を知った一人の一般市民、若内ビロード。

(;><)『さらっと言うんじゃねえ!あと、悪事小さいな!』

(;><)『小さいな!』

(;><)『小さいな!』

(;><)『小さいな!』

後にこの一言が、彼を地獄へ誘うと知らず、彼は突っ込みまくるのだった。

245 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:13:16 ID:MX1Z5wt6O
突如、沖縄、大阪が謎の怪人達に襲撃され、壊滅してしまった。

悪の組織(仮)本部の大幹部ぃょぅ将軍は新たな脅威の存在を兄者達に告げる。

ぃょぅ将軍に避難を勧められるも、兄者達はそれを拒否し、謎の組織に立ち向かうのだった。

246 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:14:00 ID:MX1Z5wt6O
一人単独行動する兄者、一方怪人達は謎の組織の一人、クックルと対峙する。

(,,゚Д゚)

( ゚∋゚)

(,,゚Д゚)

( ゚∋゚)

(,,゚Д゚)「なんか言えよ!!」

247 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:15:07 ID:MX1Z5wt6O
圧倒的なクックルのパワーに怪人達は全滅してしまう。

しかし颯爽とクックルを跳ね飛ばした謎の影!それは…

248 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:16:26 ID:MX1Z5wt6O
(´^ω^`)9m「このショボン様さ!」

(#・∀ ・)つ)ω・`)


(´;ω;`)

そう、ご存知仮面サイクラーマタンキである!

249 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:17:20 ID:MX1Z5wt6O
驚異のタフさと攻めでクックルを終始圧倒し続けたまたんき!

(・∀ ・#)「王手!」

(・∀ ・#)「ツモ!」

(・∀ ・#)「チェックメイトおおお!」

ギコは彼の姿に強くなる事を誓うのだった。

250 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:18:19 ID:MX1Z5wt6O
一方兄者は全力で謎の組織の一人クーをぶちのめし、クーに一言言い残し去るのだった。

( ´_ゝ`)「スペースダイナミック紙ずもう」

川 ゚ -゚)「……?」

その一言はクーの心に大きな謎を残す。

251 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:19:03 ID:MX1Z5wt6O
兄者の言葉の答えを求めて西東京支部へお邪魔したクー。

川 ゚ -゚)「教えてくれ!スペース☆ダイナミック☆紙ずもうとは何だ!?」

( ´_ゝ`)「…知らん」

252 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:19:57 ID:MX1Z5wt6O
戻る場所の無いクーはそのまま西東京支部の一員に。

次に兄者はお隣さんの若内ビロードを華麗に拉致。
戦術アドバイザーとして無理矢理加入させ、西東京支部の戦力を拡大させて行くのだった。

253 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:20:45 ID:MX1Z5wt6O
川 ゚ -゚)(奴らはいずれまた仕掛けて来る…)

川 ゚ -゚)(その時は、私も戦わなくてはならない)

ノパ⊿゚)(クー、楽しみだぜ、お前の悲鳴が聴けるのがさぁ!)

それぞれの思惑が交錯する中―

254 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:21:41 ID:MX1Z5wt6O
(´<_` )(……なんか飢えて死にそうだ)

(,,゚Д゚)(あんな奴らに負けないくらい、俺は強くなりたい…!)

( ゚∀゚)o彡゜(おっぱい!おっぱい!)

( ><)(なんで僕がこんな目に…)

静かに物語は動き続ける。

255 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:24:21 ID:MX1Z5wt6O
从 ゚∀从(次のメカハインは……)

从 ゚∀从(そうだ、サイボーグ戦士にしよう)

(=゚ω゚)ノ(謎の組織…完璧改造兵士か…)

(=゚ω゚)ノ(西東京支部には頑張って貰わねばな)

「東京…クックルを倒し、オサムを追い返した者のいる街…やはり一筋縄ではいかんか」

「なかなか面白いじゃないか」


50年近くの歳月も過ぎないし世代も交代しないが―

256 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:25:10 ID:MX1Z5wt6O
ξ゚⊿゚)ξ「はあ!?このメンバーであの「脅威」を撃退したの!?」

「は、はい、確かに兄者少佐の報告では…」

ξ゚⊿゚)ξ「でもこのメンバー基本使い物にならない能力ばかりのクズよ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「分かった!兄者の所行くから飛行艇出して!!今すぐ!!」

一つの戦いが終わり、新たな戦いが始まる、そう、例えるなら―

257 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:26:04 ID:MX1Z5wt6O
( ´_ゝ`)「ブーン男ー、腹減った、メシー!」

( ^ω^)「今作ってますおー」

第1部完、そして第2部の幕開けである―



第1部【はんとむぶらっど】完

258 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:27:03 ID:MX1Z5wt6O
流石な第1部目次のようなもの

第1部 はんとむぶらっど

第一話「流石な世界征服の序章」>>1から

第二話「流石な怪人達の能力」>>33から


第三話「流石だよなアスキーレンジャー」>>40から


第四話「流石なもう一つの組織」>>61から


第五話「流石な一般市民と悪の組織とgdgdヒーロー」>>85から
第六話「新たな脅威と流石な決意」>>101から

第七話「流石な戦士達vs完璧改造兵士」>>123から

第八話「流石な悪の幹部」>>152から

第九話「流石な戦術アドバイザー」>>198から

第十話「流石な総集編のようです第1部」>>223から

259 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 19:37:04 ID:MX1Z5wt6O
( ^ω^)「第1部も完結しましたので申し訳ありませんがまた少しだけでしゃばらせて頂きますお、俺ですお」

( ^ω^)「始めて読む方はこの総集編でだいたいの内容は掴めましたおね?」

( ^ω^)「1部10話とかそんな感じですお」

( ^ω^)「4部、た゛いあもんと゛はくた゛けらいまでで40話ですおね」

( ^ω^)「気が遠くなりますお」

( ´_ゝ`)「悪の幹部リオンまでやろうと思うんだけど」

( ^ω^)「そういう途方も無い事は先に2部の構成考えてからお願いしますお」

( ^ω^)ノシ「今後ともよろしくですおー」

260 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 22:56:00 ID:KI/pILw20
乙乙大好きだ期待

261 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 23:29:05 ID:a5xw9Is.0

楽しいわ

262 名も無きAAのようです :2014/09/10(水) 23:32:52 ID:dnZlwjes0
乙でした。今一番楽しい現行ですよ僕は

263 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 07:02:12 ID:D1HnUD2wO
ω・)乙

264 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 11:59:01 ID:SvWUk8QgO
〜これまでのおはなし〜
第十話「流石な総集編のようです第1部」

うんこしたくなった兄者はトイレを探して全力疾走。
やっと公衆便所にたどり着いた兄者。
しかし、謎の巨大ロボ同士の戦闘で公衆便所は兄者の目の前で踏み潰されてしまう。

限界が近づく兄者の前に、倒れた青いロボの中から一人の少女が現れる。

川;゚ -゚)「頼む!これに乗って戦ってくれ!」

仕方なくロボに搭乗した兄者は苦戦の末、なんとか相手のロボを倒す。

川 ゚ -゚)「やはり君はこのロボに乗る資格があるようだ」

しかし、緊張から解放され気の抜けた兄者はコックピットで漏らしてしまうのだった!

(;´_ゝ`)「こ…」

(;´_ゝ`)「これが戦いか…!」

265 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:01:39 ID:SvWUk8QgO

〜西東京支部〜

今日も兄者達は和やかに過ごしていた!

\(^o^)/「大分耐久力が上がった気がする」

川 ゚ -゚)「煎餅うめぇ」

266 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:03:01 ID:SvWUk8QgO
(=゚ω゚)ノ「兄者、例の組織の名は『ダークサイド』とか言うらしいょぅ」

( ´_ゝ`)「適当に考えたような厨二臭い名前ですね」

(=゚ω゚)ノ「そうだょぅ。組織に付ける名前はもっと考えて付けるべきだょぅ」

( ´_ゝ`)「ですよねー、悪の組織(仮)とかあり得ないですよねー」

(=゚ω゚)ノ「うむ」

お前らが言うな!

267 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:04:03 ID:SvWUk8QgO
〜総統の間〜

「なんかワシ堂々と悪口言われてる気がする」

「気のせいですよ総統、総統に悪口言えるような奴なんかいません」

「そうかな」

「ええ、もし居るならその顔を見てみたいものですよ」

「ワシ、なんだか心配」

268 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:04:59 ID:SvWUk8QgO
〜再び西東京支部〜


( ´_ゝ`)「で、現地で調達した戦術アドバイザーの件ですが」

(=゚ω゚)ノ「改造かょぅ?」

( ´_ゝ`)「まあまだ生身の人間ですし」

( ´_ゝ`)「さっさと改造しちゃいましょう」

269 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:05:39 ID:SvWUk8QgO
〜若内家〜

( ><)「なんか寒気が…」

( ><)

( ><)「嫌な予感するんです」

270 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:06:20 ID:SvWUk8QgO
〜また西東京支部〜

(=゚ω゚)ノ「まあその辺はツンちゃんがやってくれるょぅ」

(;´_ゝ`)「あの人が!?なんで!?あの人科学者でも何でもないのに!」

(=゚ω゚)ノ「確か兄者、お前の所に用があるとかで、ついでにその戦術アドバイザーを迎えに行ってもらうょぅ」

(;´_ゝ`)「確かに家の怪人は使えないグズどもですけど!まだツンさんの訓練は早」

(=゚ω゚)ノ「そこまで僕が面倒見切れるかょぅ、切るょぅ」

ツー、ツー、ツー…と受話器が静かに音を立てた。

(# ´_ゝ`)「あの野郎」ガチャン!!

兄者は八つ当たりのように乱暴に受話器を戻した。

271 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:07:07 ID:SvWUk8QgO
ピンポーン、と少々ありきたりな音と共に、また誰かが訪問して来た!

( ´_ゝ`)(もう来たの?早くね?)

( ^ω^)「今出ますおー」

272 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:07:45 ID:SvWUk8QgO


髪の毛は肩までかかる金色の巻き毛、痛みは見当たらない。
人形のような小さな身体。
そして、パッチリとした目、透き通った肌。
見てくれは完璧にょぅι゛ょ。

273 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:08:24 ID:SvWUk8QgO
( ^ω^)「お…?何の用ですかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「超速怪人ブーン男…能力は速く走れる能力…クズ1号ね」

(;^ω^)「いきなり失礼ですおね」

ξ゚⊿゚)ξ「兄者ー!」

ずかずかと基地に上がりこむ謎のょぅι゛ょ。

(;^ω^)「ちょ、勝手に…」

( ^ω^)「え?兄者少佐知ってるんですかお?」

ブーンは理解した!この幼女は組織の関係者である事を!

274 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:09:25 ID:SvWUk8QgO
ξ゚⊿゚)ξ「兄者ー!邪魔するわよー!」

( ゚∀゚)o彡゜「幼女!おっぱい!…は無い…」

(;´_ゝ`)「ひいいいいいいいい」

( ・∀・)「何奴!?」

(,,゚Д゚)「くせ者じゃあああああ」

\(^o^)/「であえであえー!」

ξ゚⊿゚)ξ「誰がくせ者よ」

( ・∀・)「ノリ悪ーい」

( ゚∀゚)「そこは成敗っ!…って言うとこだよなー」

川 ゚ -゚)(こいつら分かっていないのか…?)

川 ゚ -゚)(あの幼女…兄者の何倍も力がある)

275 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:10:25 ID:SvWUk8QgO


ξ゚⊿゚)ξ「へー、やっぱり活躍してないんだ、このクズ達は」

(;^ω^)「そんなクズクズ言われるとへこみますお…」

ξ゚⊿゚)ξ「なんで報告書に嘘書いたの?」

(;´_ゝ`)「だって敵に返り討ちにあって全滅してヒーローに助けられたとか書いたら絶対ツンさんこっち来るじゃないですk」

ξ#゚⊿゚)ξ「口答えはいいのよ!!」

(;´_ゝ`)「はいぃ!申し訳ありません、サー!」

276 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:11:33 ID:SvWUk8QgO
怪人達の目には情けなく映っているだろう。
流石な悪の幹部が、幼女に怒鳴られているのだから。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、こいつら連れてくから」

( ・∀・)?

(;´_ゝ`)「ちょ、無理です!今のこいつらで耐えられる訳が」

ξ゚⊿゚)ξ「駄目ー、拒否権は無いー」

277 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:12:27 ID:SvWUk8QgO
ξ゚⊿゚)ξ「あんた達、立ちなさい」

川 ゚ -゚)スクッ

ξ゚⊿゚)ξ「あんたは良いわ、充分強いし」

(;´_ゝ`)「どうか!どうか今回だけはご勘弁を!」

ξ゚⊿゚)ξ「いーやーだー」

その言動はまさにわがままな子供の様。

278 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:14:30 ID:SvWUk8QgO
ξ#゚⊿゚)ξ「文句があるならあんたも連れてくわよ?前より倍のメニューにしてあげる」

ニヤリと悪意たっぷりに微笑むツン。

( ´_ゝ`)「是非是非このクズどもを持ってって下さい、サー」

兄者は即答した。
死にに行くよりは素直に従った方が良いからだ。

279 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:15:41 ID:SvWUk8QgO

さて、若内家は!

( ><)「ラ王うまいんです」

( ><)「味噌味こそ神」

その時である!

若内家に押し掛けて来る謎の黒服!

(;><)「何なんですかいきなり!」

黒服がビロードを取り押さえる!

(;><)「な、何をするんですか!離すんです!」

280 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:17:06 ID:SvWUk8QgO
ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、こいつら預かるから」

( ´_ゝ`)ノシ

(;><)「やっぱりあなた達絡みだったんですね!」
黒服に連れて来られるビロード。

(;^ω^)「いや、僕らもよく分かりませんお」

そう、怪人達にとっては突然の事なのだ!

281 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:17:47 ID:SvWUk8QgO
こうして怪人達はツンに連れていかれるのだった!

( ^ω^)「此処は…?」

( ゚∀゚)「何なんだよ全く…」

ξ゚⊿゚)ξ「整列!!」

(,,゚Д゚)「あ?」

ξ#゚⊿゚)ξ「態度がなっとらんぞ態度が!!」

\(;^o^)/「ひぃっ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「それと、口からクソを垂れる前と後にsirを付けろ!分かったかウジムシ共!」

(;・∀・)「サ、サー!イエッサー!」

282 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:18:28 ID:SvWUk8QgO
そして、第2部の幕は上がる―

ビロードを待ち受ける運命とは!

ツンの思惑とは一体何か!?

怪人達はどうなってしまうのか!

頑張れ兄者、戦え怪人達、最近出番が無いぞアスキーレンジャー!!

283 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:19:07 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「最大の危機だ、クー」

川 ゚ -゚)「どうした?」

( ´_ゝ`)「ブーン男がいないせいで飯を作る者がいない」

川 ゚ -゚)「それは…大変な事態だな」

( ´_ゝ`)「お前料理出来る?」

川 ゚ -゚)「生まれてからずっと施設で過ごして来た私にどうしろと」

( ´_ゝ`)「だよねー…」

( ´_ゝ`)「外食するかね」

    つ づ く

284 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:25:37 ID:kpgx7dGQ0


ブーン男 飯炊きとして有能ならもうそれでいいじゃねーか・・・

285 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 12:27:18 ID:1bNzTVOw0
ブーンが家事上手なちょび髭のおっさんになって帰ってくる可能性

286 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 13:21:53 ID:D1HnUD2wO
ω・)乙。ブーン有能ww

287 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 18:55:26 ID:SvWUk8QgO
〜これまでのおはなし〜

第十一話「流石潮流」

『きのこの山』『たけのこの里』どちらも同じ明治が製造、販売しているお菓子である。
しかし2つの派閥は非常に仲が悪く争いも絶えなかった。

おやつに竹の子の里を食べていた兄者はなぜかきのこ派と竹の子派の論争に巻き込まれてしまう。
神を名乗る謎の男、内藤の力により全校生徒は厨二能力を手に入れ、きのこ派とたけのこ派の戦争が勃発する。

兄者はおにぎりせんべいが全国的お菓子では無い事を内藤に知らされ驚愕するのだった。

288 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 18:56:24 ID:SvWUk8QgO



地獄島、そこは悪の組織(仮)が所有する怪人の幹部昇進試験や幹部達の訓練に使われる、地図に描かれていない島。

かつて兄者が文字通り地獄を見た場所である―

289 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 18:57:49 ID:SvWUk8QgO
ブーン達、西東京支部の怪人達はそこでツンにしごかれていた!

ξ#゚⊿゚)ξ「じっくりかわいがってやる! 泣いたり笑ったり出来なくしてやる!さっさと立て!」

(;^ω^)「サーイエッサー!」

ξ#゚⊿゚)ξ「ふざけるな!大声を出せ!!玉落としたか!?」

\(;^o^)/「サーッ!イエッサァァァァッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「このクズどもめ!トロトロと走るんじゃないっ」

(# ・∀・)「サーッ!イエッサー!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「まったく、なんたるザマだ!貴様らは最低のうじ虫だっ!ダニだっ!ゴミクズの王だ!この宇宙でもっとも劣った生き物だっ!悔しかったら走れ!」

(# ゚Д゚)「サー!イエッサーッ!!」

290 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 18:58:37 ID:SvWUk8QgO
ξ#゚⊿゚)ξ「勝利を掴みたいなら前を見ろ!乳を掴みたいならママンの子宮に今すぐ帰るんだな!」

( ゚∀゚)「サーッ!イエッサー!」

ξ#゚⊿゚)ξ「貴様らは人間ではない、殺戮の為のマシーンだ!殺せないヤツに存在する価値は無いっ!!」

(,,゚Д゚)「死ねッ!正義のヒーローめ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「もっと悪意と憎しみを込めて!!」

(,,゚Д゚)「サーッ!イエッサー!!!!」


こんな調子で3週間が過ぎていた―

291 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 18:59:38 ID:SvWUk8QgO

そして西東京支部は!

川 ゚ -゚)「腹が減った」

( ´_ゝ`)「外食する金が無い」

川 ゚ -゚)「飯を作るブーンも居ない」

( ´_ゝ`)「どうしよう…」

川 ゚ -゚)「どうしよう…」

本格的にまずい状況となっていた!

292 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:00:58 ID:SvWUk8QgO
それもそのはず、西東京支部はブーン男を中心に回っていたからだ!
炊事、洗濯、買い物、掃除!
全ての家事はブーンがやっていたのだ。
つまり、ブーンの居なくなった西東京支部は、大人帝国や3分ポッキリ大進撃の時のひろしとみさえ的状態、つまりだらしなくなってるのである。

293 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:01:53 ID:SvWUk8QgO
見よ、この惨状を!読んだまま放り出してある新聞や雑誌、食べ終わったコンビニ弁当やカップめん、ジュースの空き缶、空になったペットボトル、吸い殻で一杯になった灰皿、台所に高く積まれる使用済みの食器、ゴミ箱に向かって放り投げたけど命中しなかったゴミ!その他いろいろなゴミ!
要するに散らかっているのだ。

294 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:02:43 ID:SvWUk8QgO

まさにゴミ屋敷!まさに掃き溜め!まさにゴミの宮殿!
こうも汚れているとゴミ溜めの中に兄者とクーがいるのかいっそ兄者がゴミなのかわからなくなって来る!

( ´_ゝ`)「今回お前辛辣だな」

295 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:03:46 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「財布も外食しすぎで痩せ細ってしまった」

( ´_ゝ`)「いっそ組織の活動資金使っちまうか?」

(;´_ゝ`)「止めとこ」

( ´_ゝ`)「家に残ってる限られた食材でどれだけ腹を満たすか…」

296 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:04:29 ID:SvWUk8QgO

川 ゚ -゚)「テケテンテンテンテンテン♪」

( ´_ゝ`)「テケテンテンテンテンテン♪」

( ´_ゝ`)「テケテンテンテンテンテンテンテッテッテ♪」

川 ゚ -゚)「テテテッテッテ♪」

( ´_ゝ`)「テテテッテッテ♪」

川 ゚ -゚)「テテテッテッテッテ、テテテテテン♪」

( ´_ゝ`)「テテテッテッテ、テテテッテッテ♪テテッテッテッテテテテテテン♪」

( ´_ゝ`)流石な3分クッキングのようです川 ゚ -゚)

297 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:05:41 ID:SvWUk8QgO

( ´_ゝ`)「皆様、流石な3分クッキングのお時間です」

( ´_ゝ`)「抱かれたいいい男ランキングNo.2、セクシー兄者と」

川 ゚ -゚)「一度も笑った事の無い女、ハードボイルドクーがお送りします」

298 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:06:45 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「料理苦手なアナタも簡単に作れるレシピを紹介〜」

川 ゚ -゚)「材料はこちら」

ツナフレーク

白米

299 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:07:33 ID:SvWUk8QgO

( ´_ゝ`)「まずはツナフレークを1つ開けよう」

( ´_ゝ`)「そしてドンブリに盛られた白米に全部ぶっかけよう」

川 ゚ -゚)「油を充分に切ってからだとあっさりした味になって良いぞ」

( ´_ゝ`)「全体に味がつくように混ぜ混ぜ〜」

川 ゚ -゚)「そしてこれが2時間煮込んだものです」

( ´_ゝ`)「煮込むんじゃない」

300 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:08:23 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「まあとにかく混ぜたら完成だ!」

〜ツナフレーク丼〜

( ´_ゝ`)「口に運ぶと海の味が広がってウママァー」

301 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:09:46 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「まだ終わりじゃないんだっぜ」

( ´_ゝ`)「さてさて取り出したるは」

川 ゚ -゚)「マヨネーズですね」

( ´_ゝ`)「ご飯とツナとマヨはコンビニのおにぎりにも有る流石な組み合わせなんだっぜ」

( ´_ゝ`)「ツナ丼にマヨネーズをぶっかける、くどいくらいでも控えめでも良し」

( ´_ゝ`)「醤油はお好みで」

( ´_ゝ`)b「海苔で巻くもよし」

302 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:10:16 ID:SvWUk8QgO

( ´_ゝ`)「いざ食べると犬の餌を喰ってる気分」

川 ゚ -゚)「貧乏くさい」

( ´_ゝ`)「贅沢は敵なんだっぜ」

303 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:11:46 ID:SvWUk8QgO

( ´_ゝ`)「お次は卵かけご飯」

川 ゚ -゚)「基本の材料」

あつあつご飯

生卵

醤油

( ´_ゝ`)「卵に醤油を混ぜるポピュラーなあいつ」

( ´_ゝ`)「朝ごはんも昼飯もおやつも夕飯もこなす流石なあいつ」

304 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:12:21 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「卵かけご飯にふりかけをかける」

川 ゚ -゚)「海苔の風味とのりたまの甘みが濃厚な卵と混ざり合ってウマー」

( ´_ゝ`)「なめたけぶっかけてもウマー」

305 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:13:05 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)つ占「お次はこの醤油を別の調味料に変えてアレンジレンジ」

306 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:13:46 ID:SvWUk8QgO
川 ゚ -゚)「まずはポン酢」

( ´_ゝ`)「ウママァー」

( ´_ゝ`)「納豆のタレでウマー」

( ´_ゝ`)「秋刀魚の蒲焼きの缶詰めの汁…まあ普通」

( ´_ゝ`)「塩。うす塩味がついてウマァー」

( ´_ゝ`)「塩コショウもなかなか」

( ´_ゝ`)「ちょっと贅沢うなぎのタレ」

( ´_ゝ`)「でも僕はオリーブオイル」

( ´_ゝ`)「ラー油に唐辛子ちょっと混ぜて辛めの味付けとかもアリ」

( ´_ゝ`)「でもやっぱり定番な醤油でウマー」

( ´_ゝ`)「トッピングにかつおぶしや刻み海苔ぶっかけ頂くぜ」

307 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:14:59 ID:SvWUk8QgO
川 ゚ -゚)「調味料を変えるだけで味が広がりますね」

( ´_ゝ`)「いろいろ試してくれよなー」

川 ゚ -゚)「やっぱり貧乏くさい」

( ´_ゝ`)「贅沢は敵なんだっぜ」

308 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:16:53 ID:SvWUk8QgO
( ´_ゝ`)「( ´_ゝ`)流石な3分クッキングのようです川 ゚ -゚)、いかがだったでしょう」

川 ゚ -゚)「普通に美味いので機会があれば試して下さいね」

( ´_ゝ`)ノシ「ではまた来週」

川 ゚ -゚)「多分次回は無い」

309 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:17:45 ID:SvWUk8QgO



そんなこんなでクーと兄者は腹を満たすのだった!


一方、地獄島では!

310 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:18:29 ID:SvWUk8QgO
ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、最後の仕上げよ」

( ^ω^)「この地図は何ですかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「オリエンテーリングみたいな物よ、それぞれ地図に示された場所に行って「宝玉」を持ってきて貰うわ」

( ゚∀゚)「宝玉?」

ξ゚⊿゚)ξ「まあ見つけてからのお楽しみよ」

ξ゚⊿゚)ξ「ボケッと突っ立って無いでさっさと走る!」

\(^o^)/「サーッ!イエッサー!」


こうしてツンからの最後の試練が開始された!

311 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:19:14 ID:SvWUk8QgO
もちろん行く手にはツンの様々な罠が仕掛けられていた!

( ・∀・)トコトコ

( ・∀・)カチッ

( ・∀・)「やっべ地雷だ」

\(^o^)/「早くもオワタ!」

312 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:20:02 ID:SvWUk8QgO
崖を登る者も居れば―

( ゚∀゚)「おっぱいと勝利をこの手に掴むまで…」

( ゚∀゚)「俺の勇気は死なn」

(;゚∀゚)「ほあああああああああああ!!」

( ゚∀゚)「何度落ちても這い上がる…」

( ゚∀゚)「絶対に諦めn…」

(;゚∀゚)「うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜」

313 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:20:36 ID:SvWUk8QgO
森を行く者も居る―


\(^o^)/「暗いよー怖いよー」

( ・∀・)「大丈夫大丈夫」

314 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:21:24 ID:SvWUk8QgO
山を登り、遺跡を歩く者も―

( ^ω^)「後ろから鉄球が!」

(,,゚Д゚)「えらく古典的!」

315 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:22:17 ID:SvWUk8QgO
そんなこんなで宝玉を手に入れた怪人達―

( ・∀・)「なんか光が広がって…」

(,,゚Д゚)「うおっまぶしっ」

気がつくと怪人達は謎の空間に立っていた!

(,,゚Д゚)「何この真っ赤な空間!目に優しく無い!」

\(;^o^)/「なんか暗いよー怖いよー」

( ^ω^)「青空だお…」

( ゚∀゚)「何だ、此処は?」

316 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:22:53 ID:SvWUk8QgO
『お前か?また力を求めて来た怪人は』

(,,゚Д゚)「誰だ!」

( ^ω^)「…なんか声がしたお」

(;・∀・)「うぇっ!?」

317 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:23:43 ID:SvWUk8QgO
ミ,,゚Д゚彡「俺は獄炎怪人フサギコ、組織を作り上げた「始まりの男」と共に「戦い続けた」者。死した今は魂だけの存在となりこの炎の宝玉の中に居る」

(,,゚Д゚)「フサ…ギコ…?」

ミ,,゚Д゚彡「君の求めている物は…力かハハハ!単純で良い!」

( ^^ω)「僕は烈風怪人マルタスニムは瀬川、「始まりの男」を「支え続けた」男ホマ」

( ^ω^)「特徴的な語尾ですおね」

( ^^ω)「君もなかなかホマ」

( ^^ω)「君の求めている物は…「速さと強さ」かホマ」

( ^ω^)「ですお、あの怪物に負けないくらいのスピードとパワーが欲しいんですお」

( ・∀  ∀・)「僕は暗雲怪人モララー、「始まりの男」の側に「居続けた」男」

( ・∀・)「奇遇ですね、僕もモララーです」

(*゚∀゚)「あたしは雷鳴怪人つー、「始まりの男」と共に「走り続けた」女」

( ゚∀゚)「なかなかの乳ですね、揉ませてくれます?」

(*゚∀゚)「話聞け」

/^o^\「私はフッジサーン、「始まりの男」を「追い続けた」男」

/^o^\「君は足手まといにならない強い力が欲しい…か、分かるよ、私もずっと足手まといだった」

\(^o^)/「あなたは……」

318 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:24:58 ID:SvWUk8QgO
ミ,,゚Д゚彡「我らの力が欲しいなら、自らの願いを叶えたいなら」

( ^^ω)「喜んでくれてやるし、叶えてやるホマ」

( ・∀  ∀・)「ただし、それには「試練」に立ち向かって貰わなければならない、自らの心の壁を乗り越える力、それが無ければ力は渡せない」

(*゚∀゚)「まあ、並みの怪人じゃ到底無理だし試練を乗り越えた者も数えるしかいないけど」

/^o^\「やれるものならやってみろ」

ミ#゚Д゚彡「貴様らにその力があるのなら、ここで我々にそれを見せてみろ!!」

(#゚Д゚)

(#゚ω゚)

(#・∀・)

(# ゚∀゚)

\(#^o^)/

「「「「「やあああああああってやるぜっっ!!」」」」」


続く。

319 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:30:54 ID:nQc.rWSo0
wktkがとまらない

320 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 19:38:40 ID:SvWUk8QgO
>>317
フッジサーンのあたりを修正


ミ,,゚Д゚彡「俺は獄炎怪人フサギコ、組織を作り上げた「始まりの男」と共に「戦い続けた」者。死した今は魂だけの存在となりこの炎の宝玉の中に居る」

(,,゚Д゚)「フサ…ギコ…?」

ミ,,゚Д゚彡「君の求めている物は…力かハハハ!単純で良い!」

( ^^ω)「僕は烈風怪人マルタスニムは瀬川、「始まりの男」を「支え続けた」男ホマ」

( ^ω^)「特徴的な語尾ですおね」

( ^^ω)「君もなかなかホマ」

( ^^ω)「君の求めている物は…「速さと強さ」かホマ」

( ^ω^)「ですお、あの怪物に負けないくらいのスピードとパワーが欲しいんですお」

( ・∀  ∀・)「僕は暗雲怪人モララー、「始まりの男」の側に「居続けた」男」

( ・∀・)「奇遇ですね、僕もモララーです」

(*゚∀゚)「あたしは雷鳴怪人つー、「始まりの男」と共に「走り続けた」女」

( ゚∀゚)「なかなかの乳ですね、揉ませてくれます?」

(*゚∀゚)「話聞け」

/^o^\「私は暗闇怪人フッジサーン、「始まりの男」を「追い続けた」男」

/^o^\「君は足手まといにならない強い力が欲しい…か、分かるよ、私もずっと足手まといだった」

\(^o^)/「あなたは……」

321 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 20:00:32 ID:eIIYIpEE0
ギャグパートかと思ったら暑い展開だったでござる

322 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 20:30:15 ID:pE9cOuxU0
期待するのよー

323 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 20:42:48 ID:sZhjCNMs0
おにぎりせんべい全国的じゃないのか…

324 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 21:41:49 ID:pZa1l/8E0
乙乙
ラー油卵かけご飯+ザーサイ、これ最強

325 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 22:08:44 ID:lwTffEmE0
>>287
>兄者はおにぎりせんべいが全国的お菓子では無い事を内藤に知らされ驚愕するのだった。



え?





え?

326 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 22:19:45 ID:1//4n9kM0

卵とご飯とツナあるならツナチャーハンが作れるな

327 名も無きAAのようです :2014/09/11(木) 23:03:42 ID:X0eT3JHw0
オワタガンガレ

328 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 01:30:56 ID:0pYUmI260
癖になる面白さ

329 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 05:21:15 ID:vdfg27LUO
ω・)乙。わくわくするような展開がよいね

330 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:52:58 ID:EnsL9m26O
〜これまでのおはなし〜

第十二話「地獄島と流石な試練/流石な3分クッキングのようです」

(´・ω・`)「となると当然ニューリーダーはこのショボン様」

(´・ω・`)┏「命拾いしたな兄者!だが貴様もこのミサイル攻撃でお陀仏かもな!(ビームを発射しながら)」

(´゚ω゚`)┏「うるせぇ!人をコケにしやがるのもいい加減にしろォ!」

(´゚ω゚`)「ふん…ざまぁみやがれ、おいアスキーレンジャー共、ニューリーダーはこの俺だ!この俺に従うか!」

(;´・ω・`)「シャキンレッド…お前は死んだ、死んだはずじゃなかったのか…」
(;´゚ω゚`)「何をボケッとつっ立ってるんだよ、何とかしてくれ!ニューリーダーの命令だ、シャキンレッドを殺してしまえ!」

(´;ω;`)「よくも他のヒーローの前で恥かかせやがって…。みんなもみんなだ…俺を無視しやがって…」

(;´・ω・`)「お願いです、撃たないで下さい!俺が、俺が悪かった…」

(´・ω・`)9m「やったぜベイビー☆」

(#´゚ω゚`)「この俺がクビで引退?許せねぇぇぇぇ!!!」
(*´・ω・`)9m「流石の凍鬼怪人クーもこれで永遠にGOOD☆NIGHT!HAHAHAHAHA!」

(´・ω・`)「ホントに冷たいんだからもぉ…」

(;´・ω・`)「この俺もなんです、俺も騙されたんですよ!だからこうして一緒にいるでしょうが!」
(´・ω・`)「はい…あの、どうも…ありがとうございます…」
(´;ω;`)「ゆ、許してェ!お願い!」

m9(´・ω・`)9m「時代は老いぼれでない、新しいリーダーを必要としているのです!」
(´^ω^`)「ねぇ、ご気分はいかがですかな?シャキンレッド様(笑)」

(*´^ω^`)「あんたまで捨てなきゃならんとは…いやはや心が痛むねぇ(笑)」

331 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:54:12 ID:EnsL9m26O


さて、今日の「悪の幹部」は、正義のヒーロー達の集う場所、ヒーロー協会から物語を始めよう―

332 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:55:58 ID:EnsL9m26O


(`・ω・´)「あ、またんきさん、おはようございます」

(・∀ ・)「おう」

そう、当然だがアスキーレンジャーや仮面サイクラーもこの組織に属しているのだ!

(・∀ ・)y-「二人だけで会うのは久しぶりだな」

(`・ω・´)y-「あんまり二人きりで会う機会無いですもんね」

ヒーローの彼らも一皮剥ければプライベートなのだ!煙草だって吸うし酒も飲むぞ!

333 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:56:40 ID:EnsL9m26O
(・∀ ・)「凄いじゃないか、アスキーバズーカ発動できたんだって?」

(;`・ω・´)「苦労しましたけどね……」

(;`・ω・´)「特に帰りたがる奴とマイペースな奴と邪念まみれの奴のせいで」

('A`)←帰りたがる奴
( ´∀`)←マイペースな奴

(´・ω・`)←邪念まみれの奴

(・∀ ・;)「ヒーローが邪念まみれってどうなのさ?」

334 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:57:40 ID:EnsL9m26O

(・∀ ・)「本当、リーダーって苦労するよなー」

(-∀ -)「やっぱ俺ぁ一人でやってて良かったぜ」

(`・ω・´)「五人で戦うのも楽しいもんですよ」

(・∀ ・)「じゃあなんだかんだで現状には満足してるわけだ」

(`・ω・´)「ええ、またんきさん六人目として加入しません?」

(・∀ ・)「俺はパスだ、勧誘なら他をあたれ」

335 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 18:59:03 ID:EnsL9m26O
(`・ω・´)「でもまたんきさんも凄いじゃないですか、改造兵士倒したんでしょう?」

(・∀ ・)「媚び売ったって入らないものは入らないー」

(`・ω・´)「感想とかあります?できれば参考に…」

(・∀ ・)「戦いに感想もクソもねぇよ」

(・∀ ・)「強いて言うなら…」

336 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:00:32 ID:EnsL9m26O
(・∀ ・)「筋は良いが力がこもってない…とかそんなん」

(`・ω・´)?

(-∀ -)「分かんねえかなー」

(・∀ ・)「あいつの拳は戦いを強制されてる拳だ」

(・∀ ・)「そんな奴に俺は倒せない」

(`・ω・´)「やっべまったくわかんねえ何いってだこいつ…俺に分かるように説明しろや脳筋が(肉体派のまたんきさんらしい意見ですね)」

(・∀ ・)「言葉と心の声が逆だぞー」

337 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:01:24 ID:EnsL9m26O
(・∀ ・)「ところで他の奴らは?」

(`・ω・´)「バズーカ使うとかなり疲れるみたいで…まだ寝てます」

(・∀ ・)「やっぱ武器に頼る奴は駄目だなー」

338 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:02:48 ID:EnsL9m26O
(`・ω・´)「最近困りますよねー、悪の組織が増えてますしお寿司」

(・∀ ・)「だなー」
(・∀ ・)「でもなんであの怪人達は同じ悪同士で戦ってたんだろうなー」

(`・ω・´)「さあ…」

(`・ω・´)「そうだ、また飯たかりに行こ」

(・∀ ・)?

(`・ω・´)「いや、こっちの話です」

339 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:04:18 ID:EnsL9m26O
その頃、ヒーロー協会の上層部には!

暗闇の中にやたら思わせぶりな7つの板が設置されていた!


|01|「ダークサイド…改造兵士か」

|02|「『始まりの男』の負の遺産」

|03|「奴もやっかいなものを作り出してくれたものだ」

|04|「奴らの戦力は世界を支配するには充分」

|05|「我々の支部のヒーロー達も全滅させられた」

|06|「最後まで戦うか、諦めるか」

|07|「ヒーローなら使い捨てるほどある」

|01|「世界の秩序は守らなくてはならない」

|01|「我らの信じる正義のために」

340 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:06:04 ID:EnsL9m26O

一方、西東京支部は―

( ´_ゝ`)「いかん、餓死してまう」

川 ゚ -゚)「ドロップうめぇ」

( ´_ゝ`)




(;´_ゝ`)「せっっこぉぉぉ!それおはじきやないかぁぁ!!」


絶対絶命の危機に陥っていた!

341 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:07:15 ID:EnsL9m26O


( ゚∋゚)

(・∀ ・)

(,,゚Д゚)「!」

ミ,,゚Д゚彡「君が恐れている者だ」

(#゚Д゚)「違う!俺は恐れてなんか!」

ミ,,゚Д゚彡「私は君の全てを知り尽くしている、無論君の心もだ」

ミ,,゚Д゚彡「この空間で強がりや嘘は無駄だ、と思って頂こう」

(,,゚Д゚)

ミ,,゚Д゚彡「さあ、こいつらを倒し試練を乗り越えてみろ」

(,,゚Д゚)「面白え…」

(,,゚Д゚)「受けて立つ!」

342 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:08:28 ID:EnsL9m26O

「東京をもう一度攻める、良いな?」

ノパ⊿゚)「やっとかよ、遅え!」

「こちらにもいろいろ大人の事情ってのがね、あるわけよ」

「お前はニュッと一緒に出てもらう」

ノパ⊿゚)「私一人で充分だって!」

「そうもいかないの、本部も東京は危険って判断したそうだ」

「あと二人くらい出しても良いがこっちはもうひとつ重要な作戦があるんでな、今回は二人だけで頼む」

ノパ⊿゚)「…分かったよ」

「よーし、良い子だ」

343 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:09:51 ID:EnsL9m26O
川 ゚ -゚)「高いところから…卵を投げて…水泳大会…距離を競う…」

(;´_ゝ`)「クーが空腹のあまり意味不明な事を!」


( ´_ゝ`)


( ´_ゝ`)「巻き舌宇宙で有名な紫ミミズの剥製はハラキリ岩の上で音叉が生まばたきするといいらしいぞ、要ハサミだ。61…」

(;´_ゝ`)「…ハッ!?」

続く。

344 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:17:05 ID:EnsL9m26O
( ´_ゝ`)「ハァイ♪抱かれたい男ランキングNo.2セクシー兄者なんだっぜ」

从 ゚∀从「幼い頃は神童と呼ばれ今は奇人と呼ばれる天才ハインリッヒ様だぜー」

ξ゚⊿゚)ξ「第2部重要キャラかと思ったらなぜか空気、幼女鬼教官ツンよ」

(´・ω・`)「ニューリーダーショボンでーす」

( ´_ゝ`)「みんなの質問に答えちゃうんだっぜ」

川 ゚ -゚)「お前の語尾は何なんだ」

( ´_ゝ`)「セクシー兄者だからな」

川;゚ -゚)「…」

川 ゚ -゚)「セクシー兄者なら、まあ、仕方ないな」

345 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 19:52:34 ID:/uRniLJ60
おっつおっつ
おもろい

346 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 20:08:01 ID:xx2h5Yx60
ギコしか出てないなオワタに期待させてもらうぜ
だっぜだっぜ

347 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 21:09:18 ID:jPrk3Mo60
ショボンがひどいことになってる

348 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 21:12:12 ID:cytuFjKk0
おれはいのるぜ

349 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 22:42:05 ID:PPzjs1c20
つづきがきになる

350 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 22:47:48 ID:cRTCJdH.O

らりるれろ!らりるれろ!

351 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 23:08:01 ID:Yy1ErNm20
ほあああといいニューリーダーといい作者はTF好きなのか?wwwwww

352 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 23:08:24 ID:EQypEWWE0
さくしゃさんのすりーさいずをおしえてください

ぼくは4さいです

353 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 23:14:04 ID:EnsL9m26O
>>346

ギコの恐れている者はクックルとまたんき=またんきとクックルの戦いを見ていたのはオワタも同じ

要するにギコとオワタの試練は同じ内容=オワタの部分カット

ギコは堂々と受けて立ちましたがオワタは恐怖のあまり失禁しました

>>347

(´・ω・`)「歴史的ニューリーダー病患者の名言って電波を受信したよ」

>>348

( ´_ゝ`)
   人

354 名も無きAAのようです :2014/09/12(金) 23:31:02 ID:EnsL9m26O
>>351

初代ネタばっかり使ってるけど本当は2010とVとzとカーロボが好きです てか初代のネタっぷりが異常なのでパロディしやすい 悪の幹部の半分は様々な名作のパロディでお送りしております バファリンと同じだね!

俺の頭の中の半分はやらしさでできています

兄者が中枢部をやられて爆発したりとか着ぐるみみたいな偽物とかイモビライザーとか精神病院にぶちこまれる兄者とか書きたかったけどもうそれはブーン系じゃなくてただのTFになるのでボツ

(´・_ゝ・`)「貴様ら悪の組織がこの地を踏み荒らすことは、我々が許さん!」

(#'A`)「熱い心に不可能はない!」
↑総集編のこいつらとか本当にもうね

ショボンなんか本当ニューリーダーらしさに溢れてます。顔がなんとなく。

>>352

バスト 129.3cm

ウエスト 129.3cm

ヒップ 129.3cm

ドラえもんって呼んでくれよな!

今のは全て嘘です 貴様ぁ、個人情報だぞ!?ドクオ以上ブーン未満かな

355 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 00:25:40 ID:9DevY9ic0
面白い
過去作品とかある?

356 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:29:56 ID:HW91Ujv6O
〜これまでのおはなし〜

第十三話「流石な戦いの予感」

〜六人の兄者〜

( ´_ゝ`)兄者少佐/怪人ブラクラ男
「( ´_ゝ`)流石な悪の幹部のようです」の兄者。
自宅警備員のエースから流石な悪の幹部に華麗に転身。
精神攻撃を得意とする。

( ´_ゝ`)流石兄者/魔法少女デストロイ☆あにじゃ
「( ´_ゝ`)まほうしょうじょデストロイ☆あにじゃのようです」の兄者。
謎の男内藤と出逢った事で破壊の本能と快感に目覚める。
マジカル☆モーニングスターで敵を徹底的に撲殺する。

( ´_ゝ`)流石兄者
「( ´_ゝ`)兄者のきのこたけのこ戦争のようです」の兄者。
おやつを学校に持って来たせいで学校に戦争を巻き起こした全ての元凶。
体のありとあらゆる所にお菓子を隠している。

( ^_ゝ^)ロサスガ・パロ・ウル・アニジャ
「天空の城アニジャ」の兄者。笑顔で3分間待ってくれる人。たまに5分間待つ。

( ´_ゝ`)アニジャ・サスガ
「( ´_ゝ`)トイレと便意と巨大ロボのようです」の兄者。毎回トイレを求めて走る。そして毎回漏らす。なぜか謎の少女クーと出逢い巨大ロボを動かす事に。そしてコックピットで漏らす。

( ´_ゝ`)セクシー兄者

抱かれたいいい男ランキングNo.2。語尾はだっぜ。リアルでもたまによく使うんだっぜ。だっぜだっぜ。

357 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:31:32 ID:HW91Ujv6O
怪人達が地獄島につれてかれて1ヶ月―

西東京支部の兄者達は―


川 ゚ -゚)「私は前世でアメリカシロヒトリだったんだ。あの頃は楽しかった…君の前世はなんだ?」

( ゚_ゝ゚)「殺せ!ぶっ潰せ!破壊しろ!引き裂け!殴れ!踏みつぶせぇぇ!!」

ついに発狂寸前に…いや、もう発狂に追い込まれていた!

しかし!望みは!希望は!まだあった!

358 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:32:21 ID:HW91Ujv6O
川д川「あのー、家のお母さんが煮物作りすぎたらしくて…お裾分けに…」

( ゚_ゝ゚)「ガルルルルルルルル…」

川;д川「獣!?」

359 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:33:31 ID:HW91Ujv6O
(* ´_ゝ`)「うめえ!うめえ!」

川 ゚ -゚)「まさに天のお恵み」

(* ´_ゝ`)「ありがたや…ありがたや…」

川 ゚ -゚)「カーミーサーマー」

川;д川(なんか煮物届けに来ただけで神にされとる!)

川 ゚ -゚)「イノチノオンジン、カンシャエイエンニ」

川;д川(緑エイリアンすげえ似とる!)

( ´_ゝ`)「まるで長い夢を見ていたようだ…」

川;д川(なんかもう悟り開いてる!)

しかし、和やかで平穏な日々は、突然、やたら唐突に崩れ去る物である!

360 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:34:48 ID:HW91Ujv6O
「臨時ニュースです」

「只今東京が大炎上しております」

「市民の皆様はとりあえず避難を」

川;д川「うぇっ!?また唐突だな!?」

361 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:35:37 ID:HW91Ujv6O
( ´_ゝ`)「……クー?」

川 ゚ -゚)「おそらく奴らだ」

川;д川「何訳のわからない事を!避難しますよ!」

( ´_ゝ`)「助けてくれた人に借りを返さないのは少々アレだな」

静かに立ち上がる兄者。

川 ゚ ー゚)「前から思ってたが悪の組織が平和を守って良いのだろうか」

小さな笑みを浮かべるクー。

川;д川「悪の組織!?」

362 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:37:20 ID:HW91Ujv6O
( ´_ゝ`)「多分大丈夫だろう、世界征服に邪魔な組織の排除とかそういう名目で」

( ´_ゝ`)「それに俺達は…行かなくてはならない」

川 ゚ -゚)「そうだな」

(# ´_ゝ`)「行くぞ!悪の組織だって平和を守れるんだ!」

川 ゚ -゚)「アァァァァァァァァイ!」

( ´_ゝ`)「キャアアアアアアアアアン!!」

⊂二二( ´_ゝ`)二二⊃⊂二二川 ゚ -゚)二二⊃「フラアアアアアアアアアイ!!」

勢いよく基地から飛び出す兄者とクー!

川;д川「ちょ、えっ!?えっ!?」

363 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:39:16 ID:HW91Ujv6O

そして、ハインリッヒ帝国では!

暗い空間にそびえ立つ巨大な円柱形のロボ!
それは、湯飲み!

从 ゚∀从「ふぅ…やっとかんせーい!メカハイィィィィィィン…3ごぉぉぉぉぉう!」

|3:━◎┥

そう、これこそハインリッヒ帝国脅威のテクノロジーの産物メカハイン3号なのだ!

364 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:40:09 ID:HW91Ujv6O
( <○><○>)「…あ?大きな星がついたり消えたりしている…あはは!…あぁ、大きい!彗星かなぁ?いや、違う。違うな。彗星はもっとこう…バァーッ!!って動くもんな!…暑っ苦しいなぁ、ここ…うーん…出られないのかな?…おーい、出して下さいよぉ!ねえ!」

一人虚ろな目で呟くワカッテマス。かなり疲れているようだ。

(;-@∀@)「ワカッテマスさぁぁぁぁぁぁぁん!!」

从 ゚∀从「これでついに我々も活躍できるという訳だ!ハーーーッハッハッハッハッハインリッ…」

从;゚Д从「ゴフッ!ゲホッ!!オッファ!」

むせるハインリッヒ!

(;-@∀@)「むせてるじゃないですか!その無理のある高笑いやめたらいいのに!」

从 ゚∀从「とにかくもう奴らは来てるんだ!出撃だ!乗り込め!」

365 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:41:12 ID:HW91Ujv6O

一方、街は炎に包まれていた!

( ^ν^)「キレーだなー」

( ^ν^)「もっと燃やせよーもっとー」

邪悪な笑みを浮かべながら子供のようにはしゃぐニュッ。

ノハ;゚⊿゚)「私もいろんな奴見てきたけどさー…」

ノハ;゚⊿゚)「お前が一番ぶっ壊れてると思う」

額に冷や汗を浮かべ呟くヒート。ヒートの目から見てもニュッは異常だ。

( ^ν^)「この世に狂ってない人間なんて居ないよ」

ノハ;゚⊿゚)「へーへー、哲学的ですねー」

やっぱりこいつはどこかネジが外れている。やっぱり一人でやる方が良かった。組むにしてももっとまともな人間って物をだな…

366 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:42:06 ID:HW91Ujv6O
いや、こいつの言うようにこの世にまともな人間なんて数えるほどしか居ないのだろう。

目の前に、この世で一番腹立つ奴と、一番まともじゃない奴らが居るのだから。

(;`・ω・´)「兄者貴様、一人の所を狙うなど卑怯だぞ!」

川 ゚ -゚)「お前らの事情なんてどうでもいい」

( ´_ゝ`)「そうそう、家の馬鹿どもが世話になりましたね」

(・∀ ・)「へえ、あいつらの上司かー」

(・∀ ・)「…で?あの赤男はどうした?」

( ´_ゝ`)「おかげさまでね、楽しく激しく訓練中ですよ」

(・∀ ・)「そうかー」

367 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:43:33 ID:HW91Ujv6O


〜地獄島〜

ξ゚⊿゚)ξ「様子見に来たはいいけどさー」

ξ゚⊿゚)ξ「一週間も寝てるとかどうよ?」

(;-ω-)「おーん、おーん…」ジタバタ

ξ;゚⊿゚)ξ「なんかうなされてるし…」

ξ゚⊿゚)ξ「やっぱこいつらじゃ無理があったかな」

368 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:44:21 ID:HW91Ujv6O
〜精神世界〜

(;^ω^)「おおおおおお!!」

( ^^ω)「ミサイル発射ホマー」

(# ^^ω)「ほらほら走れホマー!!」

(;^ω^)「ツンさんとやってる事が同じだおー!!」

(;^ω^)「はぁ…ゴールだお…」

( ^^ω)「タイム…1.8秒」

(# ^^ω)「遅いホマァァァァァァア!!」

(;^ω^)「ひいいいいいいいいい」

369 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:45:52 ID:HW91Ujv6O
( ・∀  ∀・)「……まだ答えは見えないかい?」

( ・∀・)「…あのー、試練ってこんなんなんですか?」

( ・∀  ∀・)「僕はみんなと違って野蛮じゃないからね」

( ・∀  ∀・)つ日「まあ茶でも飲みながらゆっくりと答えを考えといてくれたまえ」

( ・∀・)「あ、茶とかあるんですね」

( ・∀  ∀・)「あるよーあるアルヨー」

370 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:46:41 ID:HW91Ujv6O
/^o^\「もう死ぬのも125回目だ、そろそろ諦めてはどうかな?」

/^o^\「まあここで死ぬなんてありえないんだけども」

\(^o^)/「……僕は諦めませんよ」

/^o^\「ほう?」

\(^o^)/「僕はみんなに認めてもらえるくらい強くならなきゃいけないんです」

/^o^\「…そうかい、なら第126ラウンド、始めるか」

371 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:48:20 ID:HW91Ujv6O
(*゚∀゚)「あんた…やる気無いでしょ?」

( ゚∀゚)「あ、分かります?」

(*゚∀゚)「攻撃からしてやる気無いものねー」

( ゚∀゚)「そりゃあやる気も湧きませんよ」

( ゚∀゚)「ツンさんに持ってきた雑誌全て没収されましたもん」

(*゚∀゚)「知らねーよ」

( ゚∀゚)「あー、なんかやる気が出るようなイベント無いかなー」

( ゚∀゚)「やーるー気ーがー!!出るよーなイベントは無いかなー!!」

(*゚∀゚)「…何が言いたい?」

( ゚∀゚)「勝ったらつーさんの乳揉ませてくれるとか素敵イベント無いかなー」

(*゚∀゚)「あんたは人間のクズだな」

( ゚∀゚)「フヒヒwww」

372 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:51:23 ID:HW91Ujv6O



( ´_ゝ`)「それより敵さん、かなりお待たせしてるみたいですよ」

(・∀ ・)「じゃ、今日の所は仲良く協力って事で」

( ´_ゝ`)「HAHAHAHAHAHAHAHAHA」

(・∀ ・)「HAHAHAHAHAHAHAHAHA」

( ^ν^)「どうでもいいけどさっさとしなよー」

(・∀ ・)「おKおK、じゃあ始めるか」

(・∀ ・)「正義と」
( ´_ゝ`)「悪の」

(・∀ ・)( ´_ゝ`)「最強タッグだ」

続く。

373 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 11:55:17 ID:HW91Ujv6O
( ´_ゝ`)「質問があれば」

(・∀ ・)「いつでもドゾー」

374 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:01:45 ID:tDHflSjc0
兄者さんに彼女いるんですか!?
いないなら付き合ってください!

375 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:10:49 ID:fx8v8Ii.0
カレーは甘口派ですか!?

376 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:17:27 ID:ieJ5m1RA0
ブランコと扇風機、どっちを食べたいですか!?

377 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:22:57 ID:HW91Ujv6O
>>355

それは早くても4部終了後にでも。

過去作のためにも何ヵ月間が空いてもこいつだけは完結させます

ネタ切れだけど

あと毎日更新じゃなくなった時は多分俺が展開を必死に考えてる時か忙しい時です

>>374

( ´_ゝ`)「自宅警備員のエースにいるわけないだろ…常考…」

( ´_ゝ`)b「俺と付き合うともれなく悪の組織で働く権利をプレゼンツ。ついでに改ぞ…ゲフッ!ゴホッ!グホォッ!」

( ´_ゝ`)「あたしと付き合うと」

( ^ω^)「魔法少女になれますお!」

( ´_ゝ`)「……俺の恋人…カラムーチョなんだ…すまない」

( ^_ゝ^)「制服さんの悪い癖だ…事を急ぐと元も子もなくしますよ、閣下」

( ´_ゝ`)「君は物好きだね、こんな糞まみれの男を」

( ´_ゝ`)「俺も罪作りな男だっぜ」

>>375

(・∀ ・)「辛口」

( ´_ゝ`)「辛口だよな俺ら」

>>376

(・∀ ・;)「えっなにそれ、こわい」

( ´_ゝ`)「扇風機とか羽埃まみれだしな」

378 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:28:10 ID:tDHflSjc0
やった!
俺も怪人になれるんですね!

379 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 12:42:28 ID:xtUBCokM0
乙!
最早悪の組織とは一体…

380 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 13:55:19 ID:KZ96A8P60
兄者の彼女になったら改造で魔女っ子になれますか!?
ちなみにキモオタです☆

381 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 15:01:18 ID:zhmNda/20

なんか安心して読めていいな、この作品
ブランコと扇風機ww

382 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 16:33:28 ID:HW91Ujv6O
>>378

(・∀ ・)「男みたいなんだけど」

(;´_ゝ`)「俺っ娘だよ、うん、多分」

(・∀ ・)「ksmsな匂いが」

(;´_ゝ`)「あーあー聞こえなーい!!聞ーこーえーなーい!!」

(・∀ ・)「必死だな」

>>379

平和守ってますがあくまでも動機は自分達以外の組織に世界征服されるのが嫌だからです

>>380

( ´_ゝ`)「君達が流石って事はよく理解したよ」

383 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:38:29 ID:HW91Ujv6O
〜これまでのおはなし〜

第十四話「流石な出発」

「悪の幹部」は楽しい時を粉砕する企業、HUNSAIとご覧のスポンサーの提供でお送りします。

384 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:39:10 ID:HW91Ujv6O
「身体が燃えている」って表現に、君はどちらの意味を思い浮かべるだろうか。

感情が高ぶってる事の表現かな?

それとも普通に身体が燃えている事?

俺は後者。なぜなら、

(;´_ゝ`)「あぁぁぁっあっつい!熱い!熱い!あぁぁぁ!」

今まさに俺の身体が燃えているからです。
震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!おおおおおっ!

385 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:39:53 ID:HW91Ujv6O

つまり、俺は改造兵士素直ヒートとやらの能力で今ウェルダンにされております。こんがりあつあつジューシー流石焼き。

(;`・ω・´)「兄者!軍服を脱ぎ捨てろ!」

(;´_ゝ`)「やだよ!見せ場でも無いのに軍服脱ぐのやだよ!」

(・∀ ・#)「じゃあ、そこで火だるまになるか!?あぁ!?」

(;´_ゝ`)「それも嫌!決めた、脱ぐ!」

386 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:41:12 ID:HW91Ujv6O
素直ヒートの手のひらから放たれる炎で俺達は奴らに近づく事も出来ない。

(`・ω・´)←五人揃わないと力が出ない、能力も無い

川 ゚ -゚)←氷属性

(・∀ ・)←基本殴る蹴る、しかし近づけない

( ´_ゝ`)←精神攻撃と殴る蹴る。クーにも効かなかったし望み薄。

要するに俺は詰んだ。オヤーツ(笑)

387 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:42:05 ID:HW91Ujv6O
そこで問題だ!

この近づけない状態でどうやって奴らを倒すか?

3択――― 一つだけ選びなさい。

答え1.ハンサムの兄者は突如反撃のアイデアが閃く

答え2.怪人達が来て助けてくれる

答え3.勝てない。現実は非情である。

俺がマルをつけたいのは答え1だが期待は出来な…

…ん?んん!?んんんん〜〜〜〜ッ!?

出来るッ!期待出来るぞッ!

388 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:42:58 ID:HW91Ujv6O

(;´_ゝ`)「クー!「氷」の能力を応用して「水」に出来ないか!?」

川 ゚ -゚)「…分からん」

( ´_ゝ`)

詰んだ。詰みましたよ、ええ。やっぱり期待出来ない。

389 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:43:50 ID:HW91Ujv6O
怪人達は多分戻るのにあと1ヶ月はかかる。ツンさんのしごきにそう簡単に帰って来れる筈が無い!

じゃあどうするか!?どうしよう!?
答えは3か!?現実は非情なのか!?

390 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:44:44 ID:HW91Ujv6O
ノハ#゚⊿゚)「とっとと焼け死ねぇぇ!」

(・∀ ・;)「くそっ…」

炎はまたんきが盾となり防いでくれてるが、限界が近いのかもしれない!

そうだ!やっぱり答え1だ!

( ´_ゝ`)「クー、私にいい考えがある!」

391 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:45:26 ID:HW91Ujv6O
( ´_ゝ`)「『炎を凍らせる』事は出来るか?」

川 ゚ -゚)

やはり無理があるか!?
アニメで見たような事は出来ないのか!?

川 ゚ -゚)「出来なくもない」

(;´_ゝ`)「マジでか!?」

でぇぇぇぇきたぁぁぁぁぁぁぁ!やったぜwkwkさん!出来たよ!思わず俺は手のひらを太陽に!神よ!救いは残されてた!ミミズだーって!オケラだーって!アメンボだーって!

392 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:46:26 ID:HW91Ujv6O
川 ゚ -゚)「しかし、力を溜めるのに時間がかかる」

( ´_ゝ`)

はい詰んだー。もう限界だっつーのにまだ耐えろってかよフゥゥゥゥゥ! みんなみんな死んで行くんだ友達なーんだ!

もう駄目だ、とばかりにいつの間にか俺の身体は綺麗な土下座を形作っていた!

人は恐怖のどん底に叩き落とされると自分の状況をハイテンションで脳内で実況するらしいぜフゥゥゥゥゥ!

393 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:47:15 ID:RgSGI1dg0
兄者落ち着けwww支援

394 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:47:46 ID:HW91Ujv6O
川 - )

集中を始めるクー!

無理だ、間に合わない!先に俺達がやられる!

(・∀ ・;)「兄者!シャキン!来い!」

何ですか。もう負け犬ムードの俺達に何が残されてると。

(・∀ ・)「あの炎を突き抜けるんだ!」

( ´_ゝ`)

(`・ω・´)

はい?

395 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:49:29 ID:HW91Ujv6O
(;´_ゝ`)「狂ったか、仮面サイクラーまたんき!」

(・∀ ・;)「映画でガラス突き抜けるシーンあるだろ!?あれみたいに!」

アホか。遊びでやってるんじゃ無いんだぞ、生きるか死ぬかなんだぞ。

(;`・ω・´)「自殺行為です!止めましょうよ!」

(・∀ ・#)「やってみなきゃ分からんだろうが!!」

ノパ⊿゚)「何をごちゃごちゃと…さっさと死ねっての!」

仕方がない、それしか方法が無いのなら。

396 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:50:40 ID:HW91Ujv6O
(・∀ ・)「良いか、3、2、1で突っ込むぞ!」

(・∀ ・#)「3!」

(`・ω・´;)「2、2!」

(# ´_ゝ`)「1!」

(・∀ ・#)「go!」

炎の先のヒートに向かって突き進む俺達。しかし熱い!肌が溶けるような熱さ!
こんなのを耐えてたまたんきって一体!

(;´_ゝ`)「ぐぎぎぎぎ…」

歯を食いしばり、一歩一歩前へ進んで行く!

397 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:51:24 ID:HW91Ujv6O
ノパ⊿゚)「!」

敵さんも気づいたかなんかさらに熱くなってる気がする!

(・∀ ・;)「ぬううううう……」

(`・ω・´;)「これ以上は無理です!」

(・∀ ・)「まだだ!なんとかなる!」

何とかって何だよ!

(;´_ゝ`)「保証は!?」

(・∀ ・)「どこにも無いけど!」

(`・ω・´;)「そりゃそうじゃ!」

398 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:53:01 ID:HW91Ujv6O
(・∀ ・#)「でえええいっ!」

ノハ#゚⊿゚)「ぐっ!」

炎の中を突っ切りまたんきの鉄拳がヒートに直撃した!

倒れるヒート!

399 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:53:46 ID:HW91Ujv6O
(・∀ ・#)「今だ!あの敵をぉぉ!!袋叩きにするぅぅぅ!!」

すかさず向かって行くまたんき!

ノハ#゚⊿゚)「私はクーさえ殺せれば良いんだ!私の邪魔をすんじゃねえよおおお!!」

火柱が上がり、またんきを焼き尽くす。目の前一直線だけじゃなくて上方向からにも対応出来るようだ。まさに死角無し。

400 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:54:22 ID:HW91Ujv6O
待てよ…この違和感は何だ?

そうだ!あのニュッとかいう奴!あいつがいない!

あいつどこ行った!?

(;´_ゝ`)「クー、後ろだ!」

川;゚ -゚)「!?」

「遅いんだよね〜」

スライム状の液体が人の形になっていく!

401 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:56:41 ID:HW91Ujv6O

( ^ν^)「やあ」

現れたニュッ、さっきと変わらずへらへら笑っている!

( ^ν^)「君達普通に僕の事忘れてたでしょ」

( ^ν^)「コレ、見える?」

クーの首筋にはナイフが突き付けられている!

(;´_ゝ`)「……!」

( ^ν^)「このままだとクーちゃんの首が切れたり血が吹き出したりしちゃったりするんだな!」

(;´_ゝ`)「止めろ!!」

( ^ν^)「無理だね〜、ちょっと我慢出来ないかな〜」

川;゚ -゚)

(;´_ゝ`)「クー!!」

その時である!

凄まじい轟音が響き渡る!

402 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 20:58:44 ID:HW91Ujv6O
http://m.youtube.com/watch?v=MxKhhMdbU5I&amp;itct=CDsQpDAYACITCKnL5MuR3sACFZ0XWAodVDEAvFIb44Ks44Oz44OQ44K544K_44O844Oe44O844OB&amp;gl=JP&amp;client=mv-google&amp;hl=ja


从 ゚∀从「デンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドンデンドン」

( <●><●>)「デッデデーデッデデーデデデデーデッデデーデーデーデデーデデーデー」

(;-@∀@)「それ僕も歌わないといけないんですか?」

403 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 21:01:06 ID:ZQI.O/2I0
一瞬でもシリアスを感じたおれがバカだった

404 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 21:02:34 ID:HW91Ujv6O
( ^ν^)「いててて…おい!僕の邪魔をするなよ!首切り損なったじゃないか!」

(・∀ ・)「ロボット…」

川 ゚ -゚)「何アレ」

( ´_ゝ`)

俺はただ、見上げるしかでき無かった。

从 ゚∀从「待たせたな兄者!これこそ新作できたてほやほやメカハイン3号なりぃぃぃぃ!!ハーッハッハッハインリィィィィィィッヒ!!」

(;-@∀@)「やっぱそれするんですね!」

405 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 21:05:05 ID:HW91Ujv6O
ノハ;゚⊿゚)「な、何だよあんたら!何だよそれ!反則だろ!」

( <●><●>)「反則もルールも破りますよ、悪ですもの」

(;^ν^)「なんなんだよお前ら!」

从 ゚∀从「我らを知らぬなら教えてやる!」

(-@∀@)「聞いて驚け!」

( <●><●>)「見て逃げ出せ!」

从 ゚∀从「我らハインリッヒ帝国!ハーッハッハッハインリrrrrrrrrrrrrッヒ!」
(;^ν^)「巻き舌!?」

406 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 21:06:42 ID:HW91Ujv6O
|3━◎┥



( ´_ゝ`)「やっぱ……」

( ´_ゝ`)「湯飲みだ……」


続く。

407 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 21:07:37 ID:HW91Ujv6O
「悪の幹部」は楽しい時を粉砕する企業、HUNSAIと、ご覧のスポンサーの提供でお送りしました。

408 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 22:31:21 ID:FhCiwpTo0

ガンバスター並みのサイズの湯飲みか

409 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 23:07:36 ID:A4IuNq3.0
やべえよ現行の中で一番面白いわ
続きが気になる

410 名も無きAAのようです :2014/09/13(土) 23:21:27 ID:ieJ5m1RA0
じゃあ逆にふすまと学校どっちが食べたいんですか!?

411 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 09:08:56 ID:/r23CTbM0

毎日投下でこのクオリティ
無理せずがんばってくれさい

412 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:17:21 ID:CLE/Mj1IO
〜ボセラゼンゴザラギ〜

ザギジュグゴパ「ガグガビゲンドグバギギ」

「ガギキョグダググ」ドリゲゾザダダパギギガ ガビジャダヂパ バギゾグゼギギンジドシ『グバゴジドド』ンボグゲビビヂバヅブボドロゼビズ ザギブゲン

ゴボドビ ガンダグダダララヂドドロビ

ザギンシジジデギボブン ガギギンレバ

レバザギンガンゴググゴボグガダゾガサパグ

ゴボグガダパジャザシ『ジュボリ』デガダダ

( ´_ゝ`)「ここではリントの言葉で話せ」

413 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:18:27 ID:CLE/Mj1IO
〜これまでのおはなし〜

第十五話「流石に戦闘開始」

「最強タッグ」と見栄を張ったは良いが
兄者達は改造兵士の一人『素直ヒート』の攻撃に近づく事も出来ず大苦戦。

その時ガンバスターマーチと共にハインリッヒ帝国の最新メカ、メカハイン3号がその姿を現す。
その姿はやはり『湯飲み』であった。

414 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:19:54 ID:CLE/Mj1IO
〜地獄島〜

〜精神世界〜

どこまでも広がる青空と平原。

そこに力無く倒れている白まんじゅう。


( ´ω`)「足が…動かないお…」

( ^^ω)「やれやれホマ」

( ^^ω)「君はここで諦めるホマ?」

( ´ω`)「諦めたくは無いけど…」

( ^^ω)「ぶっちゃけ君他の怪人達の中でもかなり簡単なほうホマよ?」

( ´ω`)「そりゃあ走るだけだけど」

( ^ω^)「0,2秒とか無理ですお」

( ^^ω)「一つ教えてやるホマ」

( ^^ω)「お前に足りないものは、それは!情熱、思想、理念、頭脳、気品、優雅さ、勤勉さ!そしてなによりもォォォオオオオッ!!」

( ^ω^)「速さが足りないとか言わせませんお」

( ^^ω)ショボーン

415 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:21:05 ID:CLE/Mj1IO
―何も出来なかった。

吹き飛ばされ、叩きつけられ、傷つく仲間達を、ただ見ているだけだった。

そんな自分に嫌気がさす。

もっと僕が強ければ、もっと僕に力があれば―――

もう嫌なんだ、目の前でただ見ているだけなのは。
もう嫌なんだ、自分の、大事な物を守れないのは。

力が欲しい。何が何でも。足手まといになるのは嫌なんだ。

416 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:22:49 ID:CLE/Mj1IO
(・∀ ・)

( ゚∋゚)

向かって来る、二人の刺客。

一人は自分を殺しに来た者、一人は自分を助けに来た者。
今も鮮明に映る、自分の常識を超えた二人の戦い。
その二人を相手にするなんて、無理ゲーなんてもんじゃない。

残機は無限、傷は自然に空間が癒してくれる。

後は、心の問題だ。

417 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:23:53 ID:CLE/Mj1IO


―この空間では心は奴に読まれている、少しでも諦めたりしたら、弱音を吐いたりしたらそれで終わりだ。

不安に押し潰されそうになりながらも、前を向き、しっかり敵を睨み付ける。

\(#^o^)/

( ゚∋゚)

降り下ろされる拳を避け…られない!

たちまち僕の身体が光となり、消えていく。

418 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:25:29 ID:CLE/Mj1IO
目覚めると、また、暗闇の中。少々見飽きたとまで思う。

/^o^\「128536……君の死んだ回数だ」

/^o^\「…もう、止めにしないか?」

\(^o^)/「嫌です」
即答した。

/^o^\「……負けたよ、君には」

419 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:28:27 ID:CLE/Mj1IO


お茶を床に置き、暗雲怪人モララーは毛根怪人モララーに訊ねる。

( ・∀  ∀・)「時間だ、答えを聞こう」

( ・∀・)「正直答えは今は僕もまだ分からない」

( ・∀・)「答えを見つけるために僕は、僕らは戦い続け無くちゃならない」

( ・∀・)「それが僕の結論」

( ・∀  ∀・)「……」

( ・∀  ∀・)「いい答えだ」

( ・∀  ∀・)「そもそも力なんて漠然とした物に答えなんて無いんだ」

( ・∀・)「つまり正解は無い、と」

( ・∀  ∀・)「その通りだ。意地悪な問題だろう?」

420 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:30:57 ID:CLE/Mj1IO
(*゚∀゚)「くっ!」

傷ついたつーの身体。

(# ゚∀゚)「おっぱいを前にした男を舐めるなよ…!」

そう、この傷は全てジョルジュが付けた物なのだ。

(*;゚∀゚)「何だろう…シリアスに驚いた方が良いのか呆れたら良いのか分からん…ッ!」

421 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:31:46 ID:CLE/Mj1IO
血のように赤い空間。傷だらけで横たわる男と、それを見下ろす男が居た。

422 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:32:21 ID:CLE/Mj1IO
ミメメ-Д-彡「……やれやれだな」

ミメメ-Д-彡「肉体は既に死んでいるのに、血を流し、痛みを感じるとはこれいかに」

(,, Д )「―戦士として、怪人として、そして一人の男として、大切な物を教えてもらった」

ミ,,-Д-彡「…何だ?」

(,,゚Д゚)「「勇気」と「誇り」の意思だ」

ミ,,゚Д゚彡「…」

ミ,,-Д-彡「そうか…」

423 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:33:10 ID:CLE/Mj1IO
( ФωФ)『お前は『勇気』を知らん』

( ФωФ)『勇気を持たぬ限りお前は強くなれないのである』

ミ#゚Д゚彡『何をッ!』

( ФωФ)『そして、その拳には強い意思が無い』

ミ,, Д 彡『があっ!』

( ФωФ)『ついてくるのである、少年よ』

( ФωФ)『ワシがしっかりと教えてやる』

424 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:34:01 ID:CLE/Mj1IO


ミ,,-Д-彡「私は、教える側になれただろうか」

ミ,,-Д-彡「しっかり、伝えきれただろうか」

(,,゚Д゚)( ФωФ)「「問題無い」」

ミ,,-Д-彡「そうか…なら、私も嬉しい」

425 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:35:51 ID:CLE/Mj1IO



ミ,,-Д-彡「死ぬならあんなあっけない死に方では無く、こんな戦いの中で死にたかったと今なら思う」

(,,゚Д゚)「フサギコ…」

ミ,,゚Д゚彡「行け、そして道を切り開くのだ、ギコ」

ミ,,゚Д゚彡「炎の意思はお前に託す」

426 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:36:40 ID:CLE/Mj1IO
(,,-Д-)

(,,゚Д゚)

目が覚め、起き上がると、腕には赤い宝玉が握られていた。

俺の腕の中で熱く熱を放ちながら、輝いている。

427 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:37:38 ID:CLE/Mj1IO
( ^ω^)「お………足がなんか凄く痛い気がするお…」

のそりと起き上がるブーン。

( ^ω^)「ギコ、試練はクリアしたのかお?」

(,,゚Д゚)「ああ、しっかり託してもらった」

(,,゚Д゚)「…炎の意思を」

428 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:38:14 ID:CLE/Mj1IO


ξ#゚⊿゚)ξ「遅いぞ貴様ら!」

(;^ω^)「サーッ!イエッサー!」

ξ#゚⊿゚)ξ「とっとと東京に戻るぞ!奴等が仕掛けて来た!」

(;゚∀゚)「サーッ!イエッサー!」

(,,゚Д゚)(待ってろよ…!絶対この俺が叩き潰してやる!)

( ゚∀゚)(おっぱい触れないまま強制的に戻されてしまった)

( ´ω`)(おなか空いたお…)

429 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:38:50 ID:CLE/Mj1IO
〜東京〜

从;゚∀从「大変だ!メカハインが中枢部をやられた!」

(;-@∀@)「きっと爆発してしまうよ!」

(;<●><●>)「みんな下がれ!早く!湯飲みが爆発するー!」

|3━◎┥ホォォォォォワァァァァァァァァァ!!

ノハ;゚⊿゚)「キィィェァァァァァァァシャァァァァァァベッタァァァァァァァァ」

(;´_ゝ`)「馬鹿め…お笑い担当が…でしゃばるからだっ…!」

川 ゚ -゚)「なんかもうグダグダだな」

( `・ω・´)←地味に周りがgdgdになる能力発動中

続く。

430 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 17:39:52 ID:CLE/Mj1IO
すいません今回短めですなんかすいません

>>410

逆にって何だよ。何をどう逆にするんだよ!?

とりあえず学校は食い尽くせないのでふすまで良いです。別に食べないけど。

431 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 18:03:05 ID:QhRRD/ms0

よく考えるんだ学校を食べる場合女子生徒や女教師が付いてくるんだぞ

432 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 19:01:38 ID:/r23CTbM0
>>430

ふすまを遠くから見てみろよ…ワッフルに見えてきただろ?

433 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 19:14:34 ID:gnlQ3NPU0
早いし面白いし最高だわ

434 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 19:27:10 ID:priT0gvo0
回りがgdgdになる能力って恐ろしいんだな…

435 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 19:52:43 ID:QyYY.g.s0
ドヅ
キョブボ ゲリゴゴ
ドギラガグ ドガギ ギド クウガ
ビデボドガ ヂヅガ ブビ ボドギ ガビ
ゴゴ ルド ベリバ ヅバ

436 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 19:58:26 ID:CLE/Mj1IO
>>433

わりと急ぎながらやってたので誤字あるかも

>>435

リントの言葉で話せ

ごめんわりと解読不能

437 名も無きAAのようです :2014/09/14(日) 20:11:01 ID:pefgC6FM0
>要するに俺は詰んだ。オヤーツ(笑)

くそw笑ってしまったwww
これからの展開も楽しみすぎる

438 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 00:14:48 ID:CFwOB2QMO
オヤーツ(笑)

439 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 06:35:29 ID:NRrklkGI0
オツーヤ(悼)

440 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 06:59:28 ID:AkuMR5rk0
>>436
ごめん適当。変換ソフトなんて使ってない
続き楽しみにしてるで

441 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 11:04:40 ID:5C9HxotMO
( ^ ω ^ )
こいつを本編に登場させてやってください><

442 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 11:23:26 ID:OaBaZ/NQO
>>441

登場させる気はないです。

( ^ω^)これで質問コーナーは終わり!

( ^ω^)なんかもうカオスな質問しか無かったNE!

443 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 17:19:09 ID:gr/mtB2Q0
そろそろ投下の時間かな?

444 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 17:58:28 ID:yhb7tZ/U0
>>443
そういう事言わずにゆっくり待とうぜ

445 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:16:10 ID:CFwOB2QMO
ω・)意外にも正統派なストーリー展開にわろた

446 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:45:04 ID:OaBaZ/NQO
〜これまでのおはなし〜

第十六話「さらば流石な地獄島」

(´・_ゝ・`)「何をしている ドクオ モナー!ボルテッカだ!!」

( ´∀`)「ボルテッカだと!?」

('A`;)「気は確かかデミタス 我々は「悪の幹部」お得意の引き延ばし回でバズーカ撃って寝てる設定があった筈ではないか、それに第一もう終盤ではないか!gdgdが加速すれば我々もただでは済まぬぞ!」

(#´・_ゝ・`)「バカ!わからんのか!?」

(#´・_ゝ・`)「我々はただでさえ空気化の進むアスキーレンジャーの中でも一番空気だ!バトルに参加する以外で存在感を表せるものか!」

(#´・_ゝ・`)「空気化なんざボルテッカでぶち壊してやる!!」

(#'A`)(# ´∀`)「正義のヒーローを舐めるなよ!!」

447 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:46:42 ID:OaBaZ/NQO

目の前に映る景色は真っ赤な炎だけ。

(;-@∀@)「ひいいいいいいいい」

从;゚∀从「まだだ!まだ終わらんよ!2号がある!」

( <●><●>)「2号は廃棄したじゃないですか」

何しに来たかわからん馬鹿どものおかげでまた荷物が増えてしまった。
まあ湯飲み3号の残骸を盾にする事で状況は変わったかもしれない。

448 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:47:31 ID:OaBaZ/NQO
( ^ν^)「後ろがお留守だよー」

(・∀ ・;)「がッ!」

ニュッのナイフがまたんきの背中を貫く。
奴は何処からでも現れ、そして消える。一方的に敵をなぶり殺しにする力。

下種め。

449 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:48:17 ID:OaBaZ/NQO

(・∀ ・;)「糞が…!」

( ´_ゝ`)

立っているのは俺達二人。ズッコケ三人組は戦力外なので除外。

( ´_ゝ`)「まだ、やれるよな?」

(・∀ ・;)「当たり前だ…!」

嘘つくな。

身体中火傷と切り傷だらけの癖に。
お前のタフさは分かったよ、だから無理すんな。

450 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:49:45 ID:OaBaZ/NQO
ノハ#゚⊿゚)「しつこいんだよ!!」

ますます強くなるヒートの炎。
湯飲み3号の装甲が溶けていく。

流石に限界か…?

(;´_ゝ`)「死に場所、ここかもな」

(・∀ ・)「クズどもの上司はヘタレクズか、救いようの無い」
嘲笑するまたんき。
痩せ我慢、空元気。
本当は自分も逃げたい癖に。ばっちり顔に出てるんだよ。

451 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:50:39 ID:OaBaZ/NQO
ノハ#゚⊿゚)「消し炭にしてやるよ!」

ヒートの手には炎の球体が握られている。球体がどんどん大きくなっていく。

( ´_ゝ`)「ここまでだな」

もう、諦めるしか無い。

(・∀ ・#)「情けない…!」

しかし、またんきもまた心の底では諦めかけていた。

結局あいつらとは会えなかったか…

いや、それで良かったのかもしれない。

あいつらをここで無駄死にさせるよりは。

ノハ#゚⊿゚)「『爆熱超火球(バーニングプラズマ)』ッ!」

巨大な火球が、こちらに向かって行く。

嗚呼、我が人生も儚い物であった。
嫁も貰わずこんな所で死ぬとは。いや、魔法使いになる前に死ねて良かったかもな。

452 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:51:33 ID:OaBaZ/NQO
最後に妹者をprprしたかったな…
姉者とか元気にOLやってんだろね。それに比べて俺の仕事は。褒められたもんじゃないな…
あのセクシーダイナマイツに飛び付いて殴られたのも今では懐かしい。

453 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:52:38 ID:OaBaZ/NQO
怯えてたあの母者の顔も懐かしい。
なんだかんだ言ってぃょぅさんやあいつらと出逢えたのはあんたのおかげだ。今は感謝してるよ。
それに、俺達を追い出そうとしたのもあんたなりの優しさなんだな。あのままじゃ一生自宅警備員の落ちなし山なし無職で無色な生活のままだったしな。

454 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:53:50 ID:OaBaZ/NQO
弟者とかあいつ結局どこ行った。なんか最後まで喧嘩したままだったな。まあ俺は悪くない。あいつが嫌味が過ぎるからいけないんだ。
別にドイツとか外国じゃなかったけどなんだかんだ幸せだったよ俺。やーいやーい。ホームシックになってしまえ。

なんか忘れてる気がするけどまあいいや。なんかハゲが見えるけど知らん。

455 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:55:17 ID:OaBaZ/NQO
正直最初はええ…って感じだったよ。お前らの態度に腹が立ったよ。
マイクラぶっぱなしちゃったよ。ごめん。

ブーン男。お前は本当健気で頼りになる奴だよ。
買い物に行かせたり掃除させたりパシリに使ったりした思い出しかないけど。
あとお前初対面で俺にどんぶりぶつけたよな。許さん。唐揚げ君はチーズ派なのも許せん。赤だろ。帰って来たらとっちめてやる。まあそれも今となってはもう無理かもしれないけど。

456 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:56:58 ID:OaBaZ/NQO
モララー。

お前はなんだかんだ真面目でまともな奴だったな。
( ・∀・)「ああん?俺達に指図するんじゃねぇよ新参が」
見ろよ、これお前の最初の台詞なんだぜ。それが僕とか言っちゃってさ。

ジョルジュ。

正直お前とは一番仲良かったかな。
もう30近いのにまるで中学生の如くエロ話に花咲かせちゃったよ俺。

オワタ。

お前は本当使い物にならないクズの中のクズだった。
でも、怖いのに覚悟決めてここに残ったお前は正直格好良かったよ。

クー。

なんだかんだお前早く馴染んだよな。
結構ノリの良い良い子だったな。お前とヒートとか言うのに何があったかは知らん。でもこれだけは言える。

守れなくてごめん。

ギコ。

なんか最初辛く当たってすまんね。
お前の成長が楽しみだよ俺は。
リーダーシップもあるしな。

457 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:58:49 ID:OaBaZ/NQO
やっべ俺走馬灯見てる!?
いかん!死ねん!このままでは死ねん!
起きろ!起きろ俺!オツーヤ(悼)はまだ早いぞ!!

やばいやばいやばい。宇宙がやばい。本気で俺死にかけてる!なんか全裸の天使見える!フランダースの天使が見える!
パトラッシュゥゥゥゥウ!!

458 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 18:59:37 ID:OaBaZ/NQO
http://m.youtube.com/watch?v=4G86eJq4APU&amp;itct=CDgQpDAYASITCLiYhJfu4sACFYEMWAodlDMAPlIV44K044Km44Op44Kk44K444Oj44O8&amp;hl=ja&amp;gl=JP&amp;client=mv-google

( ∴)

目の前に迫る異形の怪人。

辺り一面血の海。
怯え、泣く少年が一人。

(;∀ ;)

( ∴)「次はお前だけだな、餓鬼」

( ∴)「さあ、ママンの所に連れてってあげるよぉ〜」

( ФωФ)「待つのである」

身体中に傷を負った、屈強な男。忘れもしない、あの男。

459 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:00:46 ID:OaBaZ/NQO
( ФωФ)「街は制圧した筈である、無駄な殺しはよせ」

(;∴)「ぎぃぃぃぃやぁぁぁぁぁ」

怪物の腕を捻る男。

(# ФωФ)「その上!力の無い子供を襲うなど!恥ずかしいとは思わんのか!?」

(;∴)「があぁぁぁぁぁぁ!!」

男は怪物の腕を引きちぎる。

(;∀ ;)

俺は泣きながら見ているしか無かった。

460 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:02:56 ID:OaBaZ/NQO
いつの間にか、怪物は居なくなってて、それで、目の前にはあの男が優しく微笑んでいた。

( ФωФ)「大丈夫であるか?」

(・∀ ・)「うん、おじさん…だれ?」

(;ФωФ)「おっ、おじさ…っ」

( ^^ω)「自分の年を考えるホマよ」

もう一人、男がひょっこりと現れた。

( ФωФ)「…まあ、そうであるな」

苦笑いを浮かべる男。

461 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:04:02 ID:OaBaZ/NQO
( ФωФ)「…名など無い、『正義のヒーロー』で良いのである」

(・∀ ・)「せいぎの…ヒーロー…?」

( ^^ω)「お前がそれを名乗るのは色々問題があるホマ」

( ФωФ)「かもしれんな」

また苦笑すると、男は顔を近づけ、優しく頭を撫でながら告げる。

( ФωФ)「強くなれよ、少年」

( ФωФ)「お前の瞳には強い意思がある」

そう言い残すと、男二人は去っていった。

462 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:05:44 ID:OaBaZ/NQO
―そうだ。
こんな所で負けちゃあの男に笑われる。
あの人のような、『正義のヒーロー』になるために。

それに俺には、誰かを守る力がある。
誰かを守れないまま死ぬのは嫌だ。

こんな所で、こんな所で死ねるか…!

463 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:06:41 ID:OaBaZ/NQO


あれ?俺…死んでない?生きてる?

ξ゚⊿゚)ξ「ギリギリセーフ…ってとこかしら?」

( ^ω^)「兄者少佐!只今西東京支部怪人軍団、帰還しましたお!!」

(;゚∀゚)「クーさん!大丈夫ですか!?」ムニュ

川 ゚ -゚)「ああ、なんとかな」

川 ゚ -゚)「それと乳を触るな」

(##)∀゚)「この痛みすら懐かしい」

(# ・∀・)「少佐やクーさんをここまで痛めつけやがって…!」

(,,゚Д゚)「潰される覚悟出来てんだろうなぁ…!」

\(^o^)/「後は我々に任せて下さい!」

( ´_ゝ`)「ハハハ…」

タイミング良すぎだよお前ら。

464 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:07:51 ID:OaBaZ/NQO
ノハ#゚⊿゚)「次から次へと鬱陶しい奴らだ!」

(;^ν^)「これって、ピンチかな?」

ノハ#゚⊿゚)「どんなに来ようと同じ事ッ!!」

ヒートの手から火炎が放射される。あれじゃいくらあいつらでもおしまいだ!

465 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:09:04 ID:OaBaZ/NQO
( ^ω^)「我が名は超速怪人ブーン男」
( ^ω^)( ^^ω)「「我が身に宿すは『烈風』の能力」」

( ^ω^)「…だお」

( ^^ω)「…ホマ」

竜巻で炎がかき消される。

466 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:10:15 ID:OaBaZ/NQO
( ・∀・)「僕は毛根怪人モララー」

( ・∀・)( ・∀  ∀・)「司りしは『暗雲』の能力」

暗い雲が広がりヒートを包み込む。

( ・∀・)「やあ」

( ・∀・)「やあ」

( ・∀・)「やあ」

( ・∀・)「やあ」

ノパ⊿゚)「!?」

4人のモララーが現れた!

( ・∀・)「数の暴力だー」

( ・∀・)「わー」

そう!モララーの能力は幻!4人のモララーの幻がヒートを袋叩きにする!

ノパ⊿゚)「ぐっ…!」

( ・∀・)「ワーイ」

( ・∀・)「ワーイワーイ」

さらに小さいモララーが!ひっかく!噛みつく!ヒートに群がる!

(  ・∀・ )「やー」

巨大なモララーがヒートを握り潰す!

ノハ;゚⊿゚)「うわぁぁぁぁぁぁっ!!」

まるで人形で遊ぶ子供のように、振り回す!

( ゚∀゚)(*゚∀゚)「雷でドーン!!」

\(^o^)//^o^\「とどめに重火器でズガガガガッ!!」

ノパ⊿゚)「ぐああああああああ」

( ´_ゝ`)

もう全部こいつらだけでいいんじゃないかな。

467 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:11:16 ID:OaBaZ/NQO

身体中を炎が包んでいる。
熱い、戦士の魂の炎が。
そして、俺の心の炎が。
これが、フサギコが遺した炎の力。

(;^ν^)「何故だ!?何故貴様等は戦う!?正義のヒーローでも無い貴様等が何故我々に敵対する!?」

愚問だ。

468 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:12:17 ID:OaBaZ/NQO
(,,゚Д゚)「目の前に邪魔な物があるなら叩き潰す」

(,,゚Д゚)「それが俺達のやり方だ」

拳が、炎を纏い、ニュッの胸を貫く。

( ^ν^)「はは…何ソレ…」

469 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:12:55 ID:OaBaZ/NQO
(,,゚Д゚)

俺は、勝った。

あの怪物の仲間に。

(,,゚Д゚)「なあ、俺、強くなれたか?」

ミ,,-Д-彡「私に言わせればまだまだヒヨッコだ」

(,,゚Д゚)「へーへー、そうですか」

ミ#゚Д゚彡「ムキーッ!そのリアクション腹立つ!」

470 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:14:23 ID:OaBaZ/NQO
(,,゚Д゚)

見下ろす先には身体中に焼け跡と切り傷を付けボロ雑巾の様に情けなく佇むヒーロー。

(メメ∀ ・)「やるじゃねえか…赤男…」

(,,゚Д゚)「ギコだ、覚えとけ」

(メメ∀ ・)「覚えとくよ、赤男…」

(#゚Д゚)

正直とどめの一撃食らわせたくなったが弱った奴をぶち殺すのは気が乗らないのでやめた。

(,,゚Д゚)「俺は優しいからもう一度教えてやる」

(,,゚Д゚)「ギコ」だ、「ギコ」。大事な事だから二回言ったぞ」

(メメ∀ ・)「何度も言わなくても分かるよ、赤男」ヘラヘラ

やっぱ殺す。

471 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:15:47 ID:OaBaZ/NQO
ヒートを追い詰めた怪人達!

\(#^o^)/「もうあんたは逃げられないよ!」

( ゚ω゚)「これで終わりにしてやるお!!」

ノパ⊿゚)「ちぃっ…」

飛来する飛行艇!

「はい、そこまでー」

新たな影が兄者達の前に降り立った!

472 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:17:18 ID:OaBaZ/NQO
(;´_ゝ`)「何者だ!?」

「はじめまして…になるかな?」

ノパ⊿゚)「エクスト!」

<_フ;゚ー゚)フ「おいおい…先に言ったら謎の人物ムードがさぁ…なんていうかさぁ…」

(;゚∀゚)「なんか早くもgdgd!」

473 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:18:48 ID:OaBaZ/NQO
<_プー゚)フ「俺の名は」

川 ゚ -゚)「エクストプラズマン、改造兵士の保護者だ」

<_フ;゚ー゚)フ「だからなんで俺が大事な話してる時に乱入するの?」

<_プー゚)フ「今日は顔見せと大事なヒートを迎えに来ただけなんだがね」

474 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:19:21 ID:OaBaZ/NQO
<_プー゚)フ「今後更にお近づきになる予定なんでお見知り置きを…」

<_プー゚)フ「特に、そこのヒーロー君にはね」

(;`・ω・´)「!?どういう意味だ!?」

<_プー゚)フ「それは自分の目で確かめな」

<_プー゚)フ「じゃ、まーたねー」

飛行艇に乗り込むエクストとヒート。俺達は去ってゆく飛行艇をただ見上げるしかなかった。

475 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:21:04 ID:OaBaZ/NQO

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、私はそこのクズどもをしっかり成長させたし帰るわ」

( ´_ゝ`)「サー!イエッサー!」

ξ゚⊿゚)ξ「報告書にはしっかり私の事を書いておくように」

( ´_ゝ`)「了解しました、サー」

( ^ω^)「教官!自分に提案がありますお!」

ξ゚⊿゚)ξ「言ってみなさい」

( ^ω^)「せっかく来て頂いたのだからお礼に教官には夕飯をご馳走しますお!」

ξ゚⊿゚)ξ「…良いわね」

(;´_ゝ`)「ブーン、それより家に食材が何一つ無いんだけど」

( ^ω^)「それなら買ってきますお!」

( ´_ゝ`)「本当?お願い」

ξ;゚⊿゚)ξ「あんた…部下をパシリに使うわけ?」

( ´_ゝ`)「勘違いしないで下さい、あいつが生粋のパシリなだけです」

ξ゚⊿゚)ξ「ふーん」

( ´_ゝ`)(…とりあえず、この和やかな空気が続くと良いんだがなあ…)

( ´_ゝ`)(やっぱ無理なんだろうな)

続く。

476 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:22:46 ID:gr/mtB2Q0
>>429の元ネタをたまたま見つけてしまった…
ttp://www44.atwiki.jp/mustnotsearch/pages/929.html

477 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 19:25:11 ID:OaBaZ/NQO
( ^ω^)「こんばんはですお」

( ^ω^)「えー、ジャンルについてですが」

( ^ω^)「ジャンルはほのぼのではありませんお」

( ^ω^)「ヒーローものでもない」

( ^ω^)「だって主人公悪者だもんNE!」

( ^ω^)「でも世の中にはダークヒーローってのもあるそうですおね」

( ^ω^)ノシ「ともかく、未熟ですがこれからもよろしくお願いいたしますお」

478 名も無きAAのようです :2014/09/15(月) 22:31:45 ID:b2mbikTQ0
結局ジャンルはなんなんだよ!乙

479 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 13:03:59 ID:EHvFbwVk0
ボルテッカはテッカマンから?

480 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:33:14 ID:LRSbUXcEO
〜これまでのおはなし〜

第十七話「流石な怪人達」

戦闘

怪人達帰還

エクスト現る

481 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:34:03 ID:LRSbUXcEO

暑くもあり涼しくもある秋の気だるい昼下がり。
今日は俺一人で悪事をしていたんだ。

482 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:34:35 ID:LRSbUXcEO
(*´_ゝ`)「ンヌwwww本部から届いたこの毒ガス装置で警察署を混乱の渦に陥れてやるぜデュフフwwwwwヒュヒww」

<ヽ`∀´>「あのー…君、ちょっといいニダ?」

( ゚_ゝ゚)

<ヽ`∀´>ニダッ?

( ´_ゝ`)「あの…えっと…その…」




( ´_ゝ`)「怪しい人じゃないんです……」

そして次の瞬間!
俺、猛ダッシュ!

<#`Д´>「嘘つけニダこの野郎ーーー!!」

警察官も猛ダッシュ!

483 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:35:10 ID:LRSbUXcEO
―まあ、結論から言うと捕まったよ。捕まったよ、ええ。ぅゎけぃさっはゃぃ。
そんで署に連れて行かれて質問責め。
俺が何したって言うんだよ、警察署の前でグフグフ言ってただけじゃない。

484 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:36:08 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「まず、お名前をどうぞニダ」

ここは秘技、「ニホンゴワッカーリマセーンの一点張り」で切り抜けよう。うん、そうしよう。

( ´_ゝ`)「ニホンゴワッカーリマセーンHAHAHAHA」
<ヽ`∀´>「What is your name?」

( ´_ゝ`)「兄者少佐と申します」

英語話しやがったよこいつ。見るからにチョン面の癖に。しかもかなりネイティブだよ。ワッチャネイムじゃなくてWhat is your nameだよ。

485 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:37:19 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「兄者…少佐…と」

<;`∀´>「少佐!?」

(;´_ゝ`)「ああいや、その流石兄者でいいです、流石兄者」

<ヽ`∀´>「ふーん…変わった名前ニダねー。年齢は?」

( ´_ゝ`)「28です」

<ヽ`∀´>「28っと。意外と若く見えるもんニダね…それで、ご職業は?」

( ´_ゝ`)「えっ」

やっべどうしよう世界征服を企む悪の組織とか言ったら確実にタイーホされる。

486 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:38:41 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「ご職業は?」

( ´_ゝ`)「自宅警備員です…」

間違った事は言って無い。自宅警備員の経験もあるし今も悪事する自宅警備員みたいなもんだし。

<ヽ`∀´>「無職と」

まあそうだけども。

<ヽ`∀´>「28で無職とか」

いいじゃんよ別に。全国の28なのに無職の方々に謝れ。

487 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:39:25 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「で、本題に入るニダよ」

( ´_ゝ`)「それよりカツ丼マダー?」

<#`∀´>「そんなのは定食屋にでも行って食えニダ!」

( ´_ゝ`)「じゃ遠慮無く」

<#`∀´>「待つニダー!!」

なんだよもう。帰りたいよ俺。

488 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:40:08 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「で?あなたは何をしようとしてたニダ?毒ガスとか聞こえたけど」

(;´_ゝ`)「いやあ〜、そんな事言ったかなぁ〜〜〜?聞き間違えじゃあないんですかぁぁ〜〜?」

<ヽ`∀´>つ自<カチッ

<ヽ`∀´>つ自<ンヌwwww本部から届いたこの毒ガス装置で警察署を混乱の渦に陥れてやるぜデュフフwwwwwヒュヒww

<ヽ`∀´>「何か言うことは?」

( ´_ゝ`)「なんかほんとすいませんでした」

なんで録音してんの?おかしくね?

489 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:41:04 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「で?あなたは何をしていたニダ?」

まずい…ッ!

(#´_ゝ`)「そんなことより!人に名前を聞く時には!先に自分の名前を言わなければならないと親に教わらなかったのかァ――ッ」

<ヽ`∀´>「ウリはニダーニダ」

なんとかして話をそらさなければッ!

( ´_ゝ`)「いい名前ですね、どんな意味が?」

<ヽ`∀´>「ウリの名前の事は今はどうでもいいニダ」

( ´_ゝ`)

手強いっ…!

話をそらす事が出来ない…っ!

490 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:41:54 ID:LRSbUXcEO
( ´_ゝ`)「それより今日はいいお天気ですね、暖かくて」

<#`∀´>「ウリの質問に答えるニダ、ウリはお前が何をしていたのかを聞いてるニダ!!」

( ´_ゝ`)「ど…毒…」

<ヽ`∀´>「毒ぅ?」

( ´_ゝ`)「おもちゃで遊んでました」

<ヽ`∀´>「…わかったニダ。そのおもちゃとやらを見せて貰えるニダ?」

(;´_ゝ`)「いやぁ〜それはちょっと無理かなぁ〜〜〜」

491 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:44:12 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「その鞄の中ニダね!見せるニダ!」

(;´_ゝ`)「ちょっやめて下さいよ何やってんすか人の私物に」ググググ

<;`∀´>「なんでそんなに必死になるニダ?やっぱり怪しいものでも入ってるニダか!?」ググググ

(;´_ゝ`)「ちょっ本当やめてくれません?怪しいものなんか何も無いんで」ググググ

<;`∀´>「そんな必死になるのが怪しいニダよ…!」ググググ

(;´_ゝ`)「本当やめてくんない?」ググググ

<;`∀´>「ちょっとだけ!ちょっとだけでいいニダ!」ググググ

(;´_ゝ`)「あんたはスケベ親父かよ!」ググググ

必死に鞄の奪い合いをするおっさん二人。第三者からしたらさぞかし変な絵面だろう。

492 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:44:54 ID:LRSbUXcEO
結論から言うと鞄取られました。

<ヽ`∀´>「なんかの装置みたいだけど、これは何ニダ?」

( ´_ゝ`)「え…えーと…」

( ´_ゝ`)「こけしです…」

<#`∀´>「こんな形のこけしがあってたまるかニダー!!」

こけし(仮)をぶん投げるニダーのおっさん。

(;´_ゝ`)「ちょっ!そんな乱暴な扱い方したら危ないですよニダっさん!」

<#`∀´>「急に馴れ馴れしいニダよ!」

493 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:45:36 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「…てかやっぱり危ないものニダか!?」

(;´_ゝ`)「いや、そうじゃないです危なく無いです!でも危ないんです!」

<#`∀´>「どっちニダー!!」

494 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:46:23 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「なんか「毒ガス」って書いてあるボタンがあるけど、これは何ニダ?」

( ´_ゝ`)「こけしですって!」

<#`∀´>「だからこれのどこがこけしニダ!!」

(#´_ゝ`)「なんかよくわからないあたりがこけしっぽいじゃないですか!!」

<#`∀´>「じゃあこのボタンは何ニダー!!」

(;´_ゝ`)「アッー!やめろ!押すな!」

<ヽ`∀´>σ「いいや!限界だ押すね!今ニダッ!」

ヤバい!毒ガスがここで噴射されたらニダっさんも俺も…

495 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:47:35 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>σカチッカチッ

あれ?何も起こらない?何で?そうだ!ニダっさんが投げたから壊れたんだ!不幸中の幸い!使い方違う気もするけど!

(*´_ゝ`)「ほぉ〜らぁ〜ほらほらぁ〜なんにもないじゃあないですかァ〜ッ」

(*´_ゝ`)「ただのおもちゃでしょぉ〜〜〜〜〜んんんん♪グフッ!グフフフッ!」

<;`∀´>「くっ…まあ良いニダ」

こいつ自分がやった事に気づいてねえ!フゥゥゥゥ俺は無実だー!

496 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:48:21 ID:LRSbUXcEO
<ヽ`∀´>「…まあ今日は厳重注意という事で勘弁しとくニダ、あんまりおかしな言動や行動は取らないようにするニダよ」

(*´_ゝ`)「はぁ〜い♪わかってますよんニダっさぁ〜ん(はぁと」

<ヽ`∀´>「なんかウザいし気持ち悪いニダー…」

( `ハ´)「ほら!抵抗せずに来るアルよ!」

「何をする!やめろぉー!!」

<ヽ`∀´>「お、シナーさんニダー」

( ´_ゝ`)「誰だよ」

497 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 19:50:08 ID:LRSbUXcEO
<_フ;゚ー゚)フ「くそっ何しやがる!離せぇ!」

( `ハ´)「さっさと歩けアル下着泥棒!」

<_プー゚)フ「あっ」

( ´_ゝ`)「あっ」

<_フ;゚ー゚)フ「ああああ悪の組織(仮)の兄者少佐ぁー!」

(;´_ゝ`)「えーっとダークなんたらのエク…エク…エクスタシー笹本ぉー!!」

<_フ#゚皿゚)フ「エクストプラズマンだこの野郎!!」

<ヽ`∀´>「知り合いニダか?」

( `ハ´)「いいからとっとと歩くアル!!」

<_フ;゚ー゚)フ「はーなーせー!!」

( ´_ゝ`)「下着泥棒…」

つづく。

498 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 20:27:56 ID:BvKtkcbc0
下着泥棒…

499 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 20:51:31 ID:I.YVvHqA0

二人共ヘコ過ぎワロタwwww

話変わるけど、毎日投下でこの面白さを作り出せるファイトと筆の早さは本当に尊敬するよ

500 名も無きAAのようです :2014/09/16(火) 21:14:32 ID:Fh5eD.EM0

アレか?この国はリーダーどもが全員ヘボくないといけない法律でもあんのか?

501 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 00:50:47 ID:IoU3fUSU0
乙乙、ようやく追いついたぜ
エクスタシー笹本wwwwwww

502 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:54:13 ID:zzvhZA5EO
〜これまでのおはなし〜


兄者逮捕

兄者釈放

エクストリームなんとかマン下着泥棒

<_フ#゚皿゚)フ「エクストプラズマンだこの野郎!!」

503 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:54:54 ID:zzvhZA5EO
「君と繋いだあの手のぬくもりを忘れない」

〜やたら暗い空間〜

「目覚めよ」

( ><)

「目覚めるのだ」

( ><)「うん…?」

「怪人―」

「わかんないんです男よ!!」

(;><)「モチーフがわかんないんです!」

504 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:55:28 ID:zzvhZA5EO
(;><)「ていうか怪人!?僕人間やめたんですか!?」

「いえーす、特殊能力もしっかり装備されとるぜよ」

(;><)「ぜよ!?」

「うん、じゃあ能力の説明に入るのである」

「やたら「なんで?」「どうして?」を連発して人をイラつかせるクソガキがいるであろう?」

( ><)「ああ…よくいますねー」

「まあ、つまりそういう事である」

(;><)「いやよくわかんないんです!」

「そう、それがお前の能力なのである」

( ><)「だからわかんないんです!」

505 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:56:43 ID:zzvhZA5EO
〜西東京支部〜

( ´_ゝ`)「…なーんか忘れてる気がするんだがなー」

( ゚∀゚)「俺もっす」

( ・∀・)「なんだっけ」

( ^ω^)「もやもやしますおね」

川 ゚ -゚)「ここ最近気になって夜も眠れんのだ」

( ´_ゝ`)「なんか俺のせいって感じはあるけどなぜか思い出せない」

\(^o^)/「確か…隣の…」

(,,゚Д゚)「そう、隣のってとこまでは出かかってるんだが…」

506 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:57:19 ID:zzvhZA5EO
( ´_ゝ`)

( ゚∀゚)

(,,゚Д゚)

( ^ω^)

( ・∀・)

\(^o^)/

川 ゚ -゚)

「トトロ…?」

507 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:57:59 ID:zzvhZA5EO
( ´_ゝ`)「トトロか?」

( ^ω^)「怪物くんですお」

(,,゚Д゚)「突撃となりの晩御飯」

( ・∀・)「柏木さんじゃないか?」

( ゚∀゚)「関くんの可能性も捨てきれない」

川 ゚ -゚)「山田くんだろJK」

\(^o^)/「…なにげさん?」

508 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:58:39 ID:zzvhZA5EO
( ><)「あのー、お久しぶりなんですー」

( ><)「若内なんです」

( ´_ゝ`)

川 ゚ -゚)

\(^o^)/

( ・∀・)

( ^ω^)

(,,゚Д゚)

( ゚∀゚)

「トトロだぁぁぁぁーっ!!」


( ゚∀゚)「トトロ!あなたトトロっていうのね!」

( ><)「いや、若内なんです」

(;´_ゝ`)「池に浮いてたスリッパの持ち主はきちんと探せよぉぉ!メイじゃなかったけど絶対誰か沈んどるってぇぇ!」

(;><)「なんで開口一番トトロの話なんですか!?よくわかんないんです!!」

509 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:59:12 ID:zzvhZA5EO
「あなたと繋いだあの手は臭かった」

(;´・_ゝ・`)「大変だシャキンレッド!幼稚園バスが怪人達に襲われてる!」

(`・ω・´)「ようしそれは悪の組織(仮)の仕業だな!アスキーレンジャー出動!!」

( ´Д`)「腹が減って仕方が無いモナよー」

(`・ω・´)「それはおそらく悪の組織(仮)の仕業だな!アスキーレンジャー出動!!」

('A`)「彼女が出来ない、いまだに童貞…ウツダシノウ」

(`・ω・´)「それは悪の組織(仮)の仕業に違いない!」

(´・ω・`)「僕がニューリーダーになれないのも」

(`・ω・´)「悪の組織(仮)の仕業だ!」

(・∀ ・)「俺が今回苦戦してばっかなのも」

(`・ω・´)「ああ、悪の組織(仮)の仕業だ!」

从 ゚∀从「なんか俺達が出オチのまま終わったのも」

(`・ω・´)「悪の組織(仮)の仕業」

ノパ⊿゚)「私が急にボカスカやられたのも」

(`・ω・´)「悪の組織(仮)の仕業」

川 ゚ -゚)「私とヒートが仲悪い割には一度もまともに戦わなかったのも」

(`・ω・´)「悪の組織(仮)の仕業」

(`・ω・´)「まったく…最低な奴らだ!!」

( ´_ゝ`)「殴っていい?いいよなこれ許されるよな?」

510 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 19:59:55 ID:zzvhZA5EO
「お前の前世なんてセロハンテープとかそんなもんだろ」


( ^ω^)オッオッ

二二二二( ^^ω)スィーッ

( ・∀・)スタスタ

≡≡≡≡≡( ・∀  ∀・)ニュルーー


( ゚∀゚)「うほっ!ほぉぉう!ほっほぉ…ほおおおお!際どい!」ハァハァハァハァ

(*゚∀゚)つ□ ヒョイッ

( ゚∀゚)「アッー!何をするー!」

(*゚∀゚)「正直お前に力与えて良かったのか疑問に思う」

511 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:00:45 ID:zzvhZA5EO
ミ,,゚Д゚彡 ヒュルー

ミ,,゚Д゚彡「ブーンさんや、飯はまだかね?」

( ^ω^)「もうすぐ作りますお」

ミ,,゚Д゚彡「そうか…」ヒューーー

(,,゚Д゚)「23563…23564…23565…」

ミ,,ーДー彡「お前は一日中そんな事してて飽きんのか?ん?」

(,,゚Д゚)「うるせぇよ!23566…」

ミ,,ーДー彡「人生損しとるのう」

512 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:01:12 ID:zzvhZA5EO
( ´_ゝ`)「ちょっと待て、いつからうちは幽霊屋敷になった」

( ^^ω)「幽霊って言い方はないホマ」

( ・∀  ∀・)「精霊だよな」

( ´_ゝ`)「精霊はうちの食費を圧迫しません」

ミ#゚Д゚彡「精霊が飯食って何が悪い!!」

(#´_ゝ`)「悪いんだよ!!死んでる癖にモリモリ食いやがって!」

ミ#゚Д゚彡「よっしゃお前呪い殺す、不思議な力で呪い殺す」

(#´_ゝ`)「やっぱ悪霊じゃないかああああ!」

ミ#゚Д゚彡「にゃにいー!?貴様、力を渡した恩を忘れおって!悪霊呼ばわりとはけしからん!」

(#´_ゝ`)「お前からは何一つ教わっちゃいねえし教わる事もねえよ!そこの富士額からは教わったが!あとお前いつからそんな爺臭くなった!?」

\(^o^)/「you?」

/^o^\「yes」

川 ゚ -゚)「私にもなんか欲しいな…」

(*゚∀゚)「じゃあこの変態と代わってくれる?」

( ゚∀゚)「失礼な!仮に変態だとしても変態と言う名の紳士ですよ!」

513 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:02:39 ID:zzvhZA5EO
「飯を作れと言ったらなんでお前は産業廃棄物を作るのか」



从;゚∀从「あー」

(-@∀@)「どうかしました?」

从 ゚∀从「いや、メカハイン4号がな、どうもうまくいかん」

(-@∀@)「ああ、人型の」

从 ゚∀从「なぜか途中でおかしくなる」

(*-@∀@)「まあ天才に失敗はつきものですよww気にしない気にしないwww」

从#゚∀从「うるせえんだよこの瓶底メガネが!」

(-@∀@)「すいません本当もう失礼な事言いません」

514 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:03:31 ID:zzvhZA5EO
(-@∀@)「で?どうおかしくなるんですか?」

从 ゚∀从「……デスクトップになる」

(-@∀@)

(-@∀@)「作ってるの、人型ですよね?」

从 ゚∀从「うん、間違い無く人型だ」

(-@∀@)「なんでそうなるんですか?」

从 ゚∀从「知らん」

515 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:04:13 ID:zzvhZA5EO
(-@∀@)「冗談ですよね?科学者ジョークですよね?」

从 ゚∀从「じゃあ見てみるか?」

从 ゚∀从「1、素体を作ります」テキパキ

(-@∀@)「はい」

从 ゚∀从「2、武器を搭載します」ガシャン
(-@∀@)「はい」

从 ゚∀从「3、装甲を貼り付けます」

(-@∀@)「はい」

从 ゚∀从「4、デスクトップになってました」

(;-@∀@)「なんでだよ!?」

从 ゚∀从「不思議だろ?」

(;-@∀@)「不思議ってレベルじゃないですって!」

516 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:05:27 ID:zzvhZA5EO
「ニダーの憂鬱」



<ヽ`∀´>「さあ!とっとと来るニダ!」

(;´_ゝ`)「勘弁してくれよニダっさん!あんたと俺の仲じゃないか!」

<ヽ`∀´>「もう言い逃れはできんニダよ!」

(;´_ゝ`)「今日もおもちゃで遊んでただけですよぉ!」

<ヽ`∀´>「うるさいニダ!来るニダー!!」

(;´_ゝ`)「ちょっ引きずらないで!」

517 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:06:37 ID:zzvhZA5EO


<ヽ`Д´>「うー…」

<ヽ`Д´>「なぜかうまいこと証拠が掴めず逃げられてしまうニダー…」

( `ハ´)「またお前は懲りもせず!」

<_フ;゚ー゚)フ「やーめーろーよー!!はーなーせーよー!!」

<ヽ`Д´>「はぁ…」

<ヽ`∀´>「話はじっくり取調室で聞かせてもらうニダよ!」

<_フ;゚ー゚)フ「やーめーろー!!」

518 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:07:43 ID:zzvhZA5EO
「弟者の奇妙な冒険」

(´<_` )「いかんな…」

(´<_` )「なぜかサウジアラビアまで来てしまった」

(´<_` )「サウジアラビア支部ってあったっけ?」

(´<_` )「…ま、寝ればなんとかなるなる」

つづく。

519 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:22:12 ID:PZ3c01Hg0
ちょww弟者www
大陸飛び越えてなにやってんの

520 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 20:53:37 ID:PCC9udUYO
どうやったらサウジアラビアにwww

521 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 21:23:31 ID:iaDRy1hoO
>>1あなた疲れてるのよ

522 名も無きAAのようです :2014/09/17(水) 21:50:30 ID:fjkgqhx60
きてた

523 名も無きAAのようです :2014/09/23(火) 15:09:17 ID:VZZmy79o0
追いついた
支援

524 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 00:25:31 ID:FYlhzoYM0
すごいパタッと止まったな

525 名も無きAAのようです :2014/09/24(水) 07:24:50 ID:9YpR5C9M0
忙しいんだろ
そう急かしてやるなよ

526 名も無きAAのようです :2014/10/05(日) 23:07:39 ID:.fMjO4RUO
ω・)マダカナー

527 名も無きAAのようです :2014/10/06(月) 03:33:39 ID:wZtLIf.A0
まぁ物凄いスピードで更新してたからな
ゆっくり待ってるぜ

528 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 22:54:11 ID:TGs/yYps0
好きなキャラ詰め込ませてもらったよ支援。
弟者のこれからが気になる。
http://boonpict.run.buttobi.net/up/log/boonpic2_1562.png

構図は好きな某ご当地ヒーローポスターのパロ。
擬人化というか怪人描けないんでAA体でごめんよ。

529 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 23:35:48 ID:YU10tfWM0
ツンかわいい!

530 名も無きAAのようです :2014/10/13(月) 23:58:07 ID:.e/nCZAc0
イバライガーかな

531 名も無きAAのようです :2014/10/14(火) 00:52:12 ID:IZ.UgSNA0
>>528
感動したww

532 名も無きAAのようです :2014/10/20(月) 23:33:10 ID:DCB7IRU20
まってるよーー

533 名も無きAAのようです :2014/12/02(火) 22:04:01 ID:GWaJ0E4A0
書き溜めてるのかな?
まあいずれにしても気長に待ってるヨ

534 名も無きAAのようです :2014/12/30(火) 01:43:07 ID:2YjJaDbU0
更新ないな…もう書かないのだろうか…

535 名も無きAAのようです :2015/01/01(木) 21:48:46 ID:Xx9jT3Bw0
きっと改造手術受けてる最中なんだよ

536 名も無きAAのようです :2015/02/20(金) 12:19:04 ID:zPvovhHIO
では1の怪人名でも考えるか

537 名も無きAAのようです :2015/02/20(金) 12:41:10 ID:9bW6X4Aw0
(*´σЗ`)σいいね!

538 名も無きAAのようです :2015/07/14(火) 01:34:02 ID:wSnSmVy.0
ちんこすー

539 名も無きAAのようです :2015/11/09(月) 06:30:17 ID:430o/1HI0
まさか1は改造されてしまったのか?
支援

540 名も無きAAのようです :2017/03/07(火) 20:58:27 ID:dKvJ5Ix60
>>377
読み返してたらこんなん書いてあったけど普通に失踪したなぁ残念だ


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターホワイト2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa