したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

( ^ω^)銀河連合兵器開発局宙用艦船開発課のようです

1 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:35:03 ID:hMc9EMLo0
小説板2の『(-@∀@)銀河連合兵器開発局戦闘航空機開発課のようです』と同じ世界観・時間軸で進みます。
地の文少なめを目指した習作なので分かりにくい所もあるかもしれないのでご了承ください。

2 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:36:07 ID:hMc9EMLo0
( ^ω^)「おや、ギコ長官。何か用ですかお?と言っても、理由は明白ですおね」

アポなしで突然やってきた銀連防衛省長官のギコに驚きつつ、ブーンは彼にお辞儀をする。

(,,゚Д゚)「ああ、件の中型巡航空母はどうなっている?」

( ^ω^)「ご志望のとおり、双発機を載せられて、なおかつバレンシア級に追従できる速力も確保してますお」

(,,゚Д゚)「そうか、そのままよろしく頼む」

(,,゚Д゚)「……」

( ^ω^)「…あの?」

僅かな気まずい沈黙。

(,,゚Д゚)「ちょっと見て欲しいものがある。時間はあるか?」

( ^ω^)「ええ…まあ」

ギコは懐から乱暴に折りたたんだ資料を取り出した。
『新型戦闘機案 銀連兵器開発局 戦闘航空機開発課』と書かれている

( ^ω^)(アサピーが言ってた新型戦闘機かお)

同期としてここに入り、別部署を取り仕切っている学生時代からの親友の事を思い浮かべる。

( ^ω^)「別部署の新兵器の資料が、何か…?」

(,,゚Д゚)「これをバレンシア級に載せられるだけ載せたとして、今お前が作っている新造艦とどちらが安くなる?」

3 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:37:15 ID:hMc9EMLo0
( ^ω^)「……バレンシア級に詰めるのは18機ですからお。ふむ…わずかながらこの新型機の方が安いかと思いますお」

(,,゚Д゚)「そうか」

( ^ω^)「面白い機構の戦闘機ですおね。内燃イオンブラスト式スラスター…ふぅん」

( ^ω^)(アイツらしい奇抜な発想だお。僕には真似できない才能だおね)

(,,゚Д゚)「艦船開発課からみて、この新機構はどう思う?」

( ^ω^)「イオンブースターは本来航宙船舶用に開発された低出力・省燃費のエンジンですお。
      その後の技術の革新によってイオン励起を用いたイオンブラストスラスターが開発されるまでは、高い出力の求められる戦闘艦に使用することなどは到底ありえ」

(,,゚Д゚)「イオンブースターの説明が聞きたいんじゃない、この機構がどうかと聞いているんだ」

(;^ω^)「し、失礼しましたお…。
     まあ、大気圏内で使用できるとはいえ、所詮は戦闘機に搭載可能なサイズのイオンブースター。出力が不足するのではないかと私は思いますお」

(,,゚Д゚)「…なるほどな、しかしシミュレーションではこれまでのMFFシリーズに負けぬ機動力を持つと」

( ^ω^)「MFFシリーズは元々速度が高いわけじゃないですお。速度と旋回能力は紙一重。
      むしろ、偏向スラスターや翼端制御スラスターの性能が、宇宙空間での格闘能力に直結しますお」

(,,゚Д゚)「確かに…その通りだな」

( ^ω^)「そうそう、制御スラスターといえば…」

(,,゚Д゚)「ああ、また後でな」

ギコはすい、と踵を返し去っていく。

4 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:38:29 ID:hMc9EMLo0
( ^ω^)「…行ってしまわれた」

( ^ω^)「G-ディフューザーシステム開発で進展があったのになあ…まあ、あとで報告すればいいおね、まだ実用化には程遠いし」

( ^ω^)「えっと…それから進捗があったのは…」

ブーンはそのままペラペラと手元の資料をめくる。
  _
( ゚∀゚)「うっすブーン部長。鹵獲した敵駆逐艦の搬入が終わったぜ」

その時、後ろの扉から部下のジョルジュが入ってくる。

( ^ω^)「わかったお、今行くお」
  _
( ゚∀゚)「うっす」

( ^ω^)「んと…41センチ陽電子砲の増産計画、これは工廠の仕事だろうお
      次は…帝国新型艦の情報。空母ねぇ…噂の新型戦闘機を出すために新しく作ったってとこなのかお…?
      相変わらず贅沢な兵器開発だお…でも、それをあっさりやってのけるのが帝国の圧倒的工業力と資源力…全く恐ろしい相手だお…
      はい次…レンフィールド級改修案ね。これは前から聞いてるお」
  _
(;゚∀゚)「部長、はよしてください」

( ^ω^)「おっ、わかったお」
  _
(;゚∀゚)「資料に目を落としながら言っても説得力皆無っすよ!」

( ^ω^)「はいはい」

5 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:39:47 ID:JQJb2I.UO
スレタイから決めてました!僕に支援させてください!


なんというドストライク!

6 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:44:46 ID:hMc9EMLo0
( ^ω^)「小型核融合ブースターかお」
  _
( ゚∀゚)「まあ当たり前だよな。小さいとは言え艦艇だ、長い航続距離も高い出力も必要だろ」

川 ゚ -゚)「この細径にまで落とし込んだ核融合ブースターだ。なかな興味深い代物だよ」
  _
( ゚∀゚)「そういやそうだな、あいつらでっかいのばっか作ってるからこういうのは苦手かと思いきや…」

( ^ω^)「帝国の技術力、侮りがたしだお」

川 ゚ -゚)「姿勢制御スラスターに関しても他の帝国艦に比べて特殊だな、サイズに対して数が多い
     これは、この艦が機動力重視の電撃戦用だからだろうな」

( ^ω^)「前と後ろにタンデムが四方づつ、計16基かお」

川 ゚ -゚)「使用されているものは我が軍の主力戦闘機Ft-109の制御スラスターと似ているな…おそらく鹵獲、解剖して模倣したんだろう」
  _
( ゚∀゚)「向こうもこっちからコピる事があるんだな、しかし何もわざわざ航空機のを真似せんでも良かろうに」

( ^ω^)「やっぱちっこいのは苦手なんじゃねえかお」

川 ゚ -゚)「一番気になったのは装甲だな、このサイズとしては異常なほど分厚い」

( ^ω^)「大艦巨砲主義の帝国らしいおね…」

川 ゚ -゚)「正直言って、重量に対して制御スラスターの出力が貧弱そのものだ」
  _
( ゚∀゚)「前線からの情報じゃあ、まっすぐ突っ込んでくるんだってよ。視界の広けた宇宙の海でな」

( ^ω^)「人間魚雷かお」

川 ゚ -゚)「核融合ブースターに自爆装置が付いてるしその意見も捨てきれんな」

(;^ω^)「えっ、マジで?」

7 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:46:24 ID:hMc9EMLo0
  _
( ゚∀゚)「そのおかげで今日まで鹵獲できなかったんだよ。捕まえようとしても自爆しちまう」

( ^ω^)「…帝国軍人のその帝国への忠誠心はどっから湧いてるんだお」
  _
( ゚∀゚)「知らねーよ。なんか噂じゃ捕まえた捕虜はみんな同じ顔をしてたとかも聞くし、クローンでもやってんじゃねえの」

川 ゚ -゚)「ヒトクローンか、倫理もクソもないな」
  _
( ゚∀゚)「根拠のねえ噂だけどな。正確なことは捕虜を拘束してるとこに聞いてくれ、俺は知らん」

( ^ω^)「生物面は全くわからんし興味もないお」

川 ゚ -゚)「奇遇だな、私もだ」
  _
( ゚∀゚)「まったくこのメカニックオタクどもが…」

( ^ω^)「まあこの小型核融合ブースターは連合側の技術でもコピーできるか調べるとして…」

川 ゚ -゚)「他に目新しいものはないな…主砲は普通の陽電子ビームだ。20センチ程度じゃこっちの主力艦にはカスリ傷程度しか付けられん」
  _
( ゚∀゚)「敵さんもあんまり撃ってこねえみたいだし、効かないのは分かってんじゃねえの?」

( ^ω^)「何のためにつけたんだお…」
  _
( ゚∀゚)「航空機がコイツで数機撃墜されてるとか」

川 ゚ -゚)「対空砲替わりか?リチャージの遅い陽電子砲で?」

( ^ω^)「そもそも高射砲ついてるお…マジで主砲要らないんじゃね?」

8 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:47:21 ID:hMc9EMLo0
( ・∀・)「あー、ブーン君。ちょっといいかな」

そこへ現れたのは、同じ宙用艦船開発課のモララーだ。
ブーンより幾ばくか年下の彼だが、立場はブーンと同等である。彼もまた天才的頭脳を持っているのだ。アサピーのように

( ^ω^)「はいお。じゃあこの調子で解剖と考察を頼むお」

川 ゚ -゚)「了解。では明日にはレポートを提出するとしよう」
  _
( ゚∀゚)「じゃ、俺も新しい搬入作業に戻りますかね」

二人に別れを告げ21番ドックを後にするブーンとモララー。

( ^ω^)「新型空母の事かお?」

( ・∀・)「いや、レンフィールド級の改修案についてだ」

( ^ω^)「あれに手をつけるのはまだ先だお?期限もまだ決まってないのに…」

( ・∀・)「ここで話すのもなんだし、デッキに行こうか」

( ^ω^)「お…」

普段は飄々としているモララーから、なにやら焦りを感じ、ブーンはわずかな不安が頭をよぎった。



( ^ω^)銀河連合兵器開発局宙用艦船開発課のようです
                          つづく

9 名も無きAAのようです :2013/09/05(木) 21:55:30 ID:JQJb2I.UO
んあああああ気になるよおおおう!!

乙です!!

10 名も無きAAのようです :2013/09/06(金) 18:04:01 ID:iDfSud8Q0
なるほど

11 人妻 :2017/04/04(火) 13:02:15 ID:hqi8NjeA0
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻・熟女中出しSEX体験談
人妻 男性無料出会い系サイト&掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/

地域別|セフレ募集出会い
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/

エロ写メ
http://aeruyo.2-d.jp/free/adult/1/

人妻書き込み一覧
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/sex/hitozemzdeai/

セフレ募集書き込み一覧
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/000/


逆サポート掲示板で逆サポ出会い
http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/

人妻逆援助交際掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/

熟女出会い系サイト
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds08/000/

テレクラdeツーショット・テレフォンセックス
http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/005/

人妻から高齢熟女まで出会い掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/

熟女,人妻,主婦,不倫,セフレ専門出会いサイト 人妻専門出会い
‎高齢者・中高年 · ‎厳選の人妻出会い · ‎30代以上 · ‎中年・熟女
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻・熟女中出しSEX体験談
人妻(若妻熟女)と出会い系サイトでセフレになり不倫浮気セックスする方法
出会い系で知り合った20代の人妻と昼間に会ってきた時のガチ体験談
人妻出会い掲示板 人妻出会い系サイト 人妻出会い系サイト セフレ人妻出会い


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターホワイト2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa