したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

( ゚∀゚)ジョルジュはスタンド使いのようです。

1 ◆N91v81g8eE :2013/04/30(火) 16:26:09 ID:lYpVEdIM0
(  ω )「ねえ、ジョジョ」

  _
(  ∀ )「そのあだ名やめろっての。なんだ?」


(  ω )「どうしてキミは、そんなに『人助け』が好きなんだお?」

  _
(  ∀ )「どうしてって言われてもなぁ……お前、肉は好きか?」


(  ω )「肉? もちろん好きだお!」

  _
(  ∀ )「それはなんでだ?」


(; ω )「なんでって……そんなの、好きだから好きなんだお」

  _
(  ∀ )「だろ? 一緒なんだよ。
     オレはオレがそうしたいから、お節介でも大きなお世話でも」

  _
(  ∀ )「オレの中にある、揺るぎない『心の正義』を全うして生きていたいんだ」

264 名も無きAAのようです :2016/07/24(日) 22:44:08 ID://.tibrg0
きてるー!

265 ◆N91v81g8eE :2016/07/24(日) 22:44:10 ID:tmMWZ58E0
ああ、更新しなくては。書かなくては、と思い続けて2年近く経ってしまっていました。

少しずつでも時間を作って、最後までやりきりたいです。

266 名も無きAAのようです :2016/07/24(日) 22:44:35 ID:RM.dcgDo0

待ちわびてたぞ

267 スタンドパラメータ ◆N91v81g8eE :2016/07/24(日) 22:49:19 ID:tmMWZ58E0
スタンド名  スターホワイト
            
使用者  川 ゚ -゚) 空条  素直[くうじょう しろな](七天柱) 

スタンド像 爪゚ー゚)

破壊力 B スピード B 射程距離 B 持続力 B 精密機動性 B 成長性 B


氷を生み出し、操るスタンド
温度を低下させて凍らせる、のではなく凍らせて温度を奪うので
炎系のスタンドとは相性が悪い。

自身の手は常に厚手の手袋やインナーを身につけており、ないと寒さで自身にもダメージを負う。
ある程度体温調整は出来るので、春夏秋冬常に同じ服装でいられるのが、ひそかに気に入っている。

スタンドの能力より、本体とスタンドを同時に扱えることが真の強みでもあるが
意識を両方に向けないといけないので、集中が削がれると途端に崩れる。

268 名も無きAAのようです :2016/07/24(日) 22:54:29 ID://.tibrg0
おつー!

269 名も無きAAのようです :2016/07/25(月) 01:00:49 ID:Fy4RIQFo0
やはり面白い

270 名も無きAAのようです :2016/09/30(金) 08:28:16 ID:WXzULkH60
書いてもほぼ何の反応もないんだからそりゃやる気もなくなるよな

271 名も無きAAのようです :2016/09/30(金) 10:37:55 ID:a2ZYRRoA0
めちゃめちゃ面白いんだけどな

272 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:51:08 ID:dmdlaOJ.0
九話 「長岡ジョルジュ」という人間







川 ゚ -゚)「……」じぃ〜〜〜〜〜

  _
( ゚∀゚)

  _
(;゚∀゚)


  _
(;-∀-) =3



                        ミ
それでも、空条 素直(くうじょう しろな)は、凝視続けた。

同じクラス、同じ授業を受けるクラスメートの長岡ジョルジュが
例えその、名前や能力と裏腹な熱い視線に気づき、呆れ面をしようと構いなく。


ただ、彼女は知りたかったのだ。


長岡ジョルジュが、一体どんな人間なのかを。

273 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:52:04 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)(身長は178cm 体重は72kg。見た目はやせ気味の体形。
     分厚い筋肉というより、引き締まった肉体(ボディ)の持ち主……)


川 ゚ -゚)(運動神経は良く、かつては色々な部活に引っ張りだこで、性格も明るく人気者……。
     頭も悪いわけではなく、良好と言える方……家族は父母のみの一人息子。
     最近、日曜日になると朝早くから父親に釣りへ誘われ睡眠妨害されるのが、小さな悩み……)


川 ゚ -゚)「……ふむ」


パタン、と空条は小さな手帳を閉じた。
そこには、彼女が自分なりの情報網を使って得た、ジョルジュの「人間性」が書きしたためられている。


なぜ、彼女がそこまでして彼を知りたいのか。
それには、数日前に受けた「情け」に理由があった。



――――――

――――

――

274 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:52:57 ID:dmdlaOJ.0
川 - )「…………う」



川 ゚ -゚)「……!」
   ハッ!





目を開くと、そこは木製建造物の屋根裏だった。
ところどころ、湿気によって変色している梁が見える。


川 ゚ -゚)「……」


ゆっくりと起き上がる。
額は、じんわりと汗でぬれていた。
普段からスタンドで体温調節を行っているので、夏季であろうと空条は厚着をしている。

しかし、それは先ほどまで出来ていなかった。
胸の奥に、ズンとくる重たい鈍さのある痛みが残っている。

その原因は、きっと波紋とやらの力だろう。

得体のしれないものが、身体に残っているのは気色が悪い。
重たい頭で考えるが、それはきっと仕方のないこと……。


自分は、負けたのだから。

275 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:53:50 ID:dmdlaOJ.0

ぼんやりとする直前までの記憶が鮮明になる。


  _
( ゚∀゚) ・∀・)つ


目の前にまで近づいていた、ジョルジュのスタンド。
拳は、睫毛すら削り取れるほどのスピードで放たれていた。


だが……けれども。


彼は『攻撃をしなかった』のだ。
直前でラッシュを止め、そして波紋使いに決着を委ねた。


川 ゚ -゚)
   ギリッ

手に握りしめたまま気絶していたペンを、空条は力任せに折った。

その心にあるのは、彼への憎悪。

何故、あの瞬間に攻撃を止めたのか。
余裕の表れだったのか、女は殴らないという甘さなのか。

理由はなんであろうと、空条にとってそれは屈辱以外の何物でもない。


ポケットに忍ばせていた携帯電話に『ボス』から送られた『短い文』を読むと、彼女は立ち上がった。

276 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:55:00 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)(……許せん)

・ ・ ・ ・
解雇通告を受けて、彼女はもう戦う理由も関わる道理もなくなっていた。
長岡ジョルジュとはただのクラスメートとして、後は過ごすだけでよかった。

けれども、空条はそんなのでは『心』が納得できなかったのだ。



――

――――

――――――




  _
( ゚∀゚)「……」

川 ゚ -゚)「……」

  _
( ゚∀゚)「あのなー、空条サンよぉ〜〜〜……」

川 ゚ -゚)「なんだ」
  _
( ゚∀゚)「一応聞きたいんだが、お前はオレの『敵』なんだよな?」

277 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:55:44 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)「ついこの前まではな」
  _
( ゚∀゚)「そんじゃあ、さらに質問を重ねさせてもらうけどよぉ〜〜……」
  _
(;゚∀゚)「なんで、まるで『仲良し』みてぇに、こうして昼飯を共にしてるんだよ?」


それはとある昼下がりだった。

ジョルジュは、いつものように離れの運動場で昼食を展開しようとしていた。
誰とも関わらないように、一人でひっそりと昼休みを過ごす絶好の場所。

今日は、その『いつも』ではなかった。

同じ学校に通い、同じクラスで同じ授業を受ける、同級生が目の前にいる。


相手は、ほんのちょっと前に激しい戦闘を繰り広げた相手。

空条 素直という名の女生徒は、ジョルジュの前で自作の可愛らしいサイズをした
手製と思われる弁当箱を広げつつあった。


川 ゚ -゚)「質問の意味がわからないな。別に、私はキミと仲良しになった覚えはない」
  _
(;゚∀゚)「ものの例えだろーがよ! そーじゃなくって!」

川 ゚ -゚)=3「まどろっこしいなキミは。いったい、何がそんな疑問なのだ。おかしな奴め」
  _
(;゚∀゚)「えぇ〜〜〜〜!? それ、お前が言うのォ〜〜〜〜!?」

278 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:56:26 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)「……まぁ、冗談はさておき。疑問内容は、大方わかってはいるがな」
  _
( ゚∀゚)「え?」(というか冗談なのか、今の)

川 ゚ -゚)「『敵意があるはずなのに、なぜ攻撃を仕掛けてこないのか』」

  _
( ゚∀゚)「おっ?」

川 ゚ -゚)「『七天柱ではないなら、どうして付きまとうのか』」

  _
( ゚∀゚)「……」

川 ゚ -゚)「『思っていることが、どうしてそこまでわかるのか』」
  _
( ゚∀゚)(ホントだぜ)

川 - --)「『遠くで、同じく昼食を過ごそうとしているヒート先輩は、なぜ近づいてこないのか』」

  _
(;゚∀゚)「えっ?」






木の陰]パ⊿゚) そ


木の陰]パ⊿゚)


木の陰]⊿゚)))
   スス……

279 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:57:25 ID:dmdlaOJ.0
  _
(;゚∀゚)「ちょっとちょっとちょっと、せんぱいぃ〜〜〜〜〜!?」



  _
(;゚∀゚) ピロン♪

  _
(;゚∀゚)「え? LINEの通知……」



ノパ⊿゚)【ま、仲良くどうぞ】

  _
(;゚∀゚)「おいおいおいおいおいぃ〜〜〜〜〜!?
     何を勘違いしてくれちゃってんの、この人ぉーーーー!?」


川 ゚ -゚)「そして、何より」


川 ゚ -゚)「『あんたは、『呟影団』の『ボス』を、どこまで知っているんだ』」


  _
( ゚∀゚)「!」

川 ゚ -゚)「そう思っているのだろう」

280 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:58:05 ID:dmdlaOJ.0



  _
( ゚∀゚)「……」



ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ



川 ゚ -゚)「……」

281 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 20:58:56 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚) =3
  _
( ゚∀゚)「え?」

にらみ合うお互いだったが、空条の溜息によってその雰囲気は崩される。

川 ゚ -゚)「何を聞いても無駄だよ。残念ながら、私はその疑問に答えられない」

  _
( ゚∀゚)「はぁ〜〜〜〜? そんなわけねーだろう」
  _
( ゚∀゚)「そこら辺のチンピラを捕まえて、質問してるわけじゃあねーんだぜ?
     あんたらの『ボス』が選び、信頼を置いている幹部が『七天柱』なんだろ?
     だったら、知らぬ存ぜぬで通るわきゃあねーよなぁ?
     まさか、顔も知りません。とか言いだすんじゃあねーだろーな?」

川 ゚ -゚)「そう、質問の嵐をふきかけなさんな」

にじり寄りながら、吐息すら聞こえそうな距離でジョルジュは質問をする。
対する空条は、何も動じないように、手製のサラダを箸で一つまみしながら、淡々と答える


川 ゚ -゚)「知らぬ存ぜぬわけでもないよ。ただ、全容を知らされていないのも、確かだ」


川 ゚ -゚)「私は『ボス』のスタンド像は知っているが、スタンド能力までわからない」

282 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:00:05 ID:dmdlaOJ.0
  _
( ゚∀゚)「どーいうことよ?」

川 ゚ -゚)「そのままの意味だ。わからないんだ」
  _
( ゚∀゚)「わからないって……会ったことあるんだろ?」

川 ゚ -゚)「もちろんだ。だが、幼い頃の、時期も地名も明確でない風景が脳裏にあるように
     忘れた……いや、まるで『奪われた』かのように、記憶が曖昧なんだ。つい最近のことなのにな」
  _
( ゚∀゚)「それが『スタンド能力』か? 負けた相手の記憶を無くすとか……」

川 ゚ -゚)「わからないよ。とはいえ、戦ったような記憶はある。
     そんなちゃちな能力で『スターホワイト』が負けるとは思えない。
     きっと、別の団員の能力かなにかだろう。」

  _
( ゚∀゚)「なるほどなぁ……。管理できてんのかできてないのか、よくわかんねぇな」


川 ゚ -゚)「……そもそも、の話をしよう」


川 ゚ -゚)「呟影団は、ご存じのとおり『悪』を重ねる集団だ。
     秩序がないことが秩序とされている無法者の集まり……。
     その中心にいるのが『ボス』。そして、それを支える『七天柱』なわけだが……」

川 ゚ -゚)「呟影団に入団する条件を、聞いたことは?」
  _
( ゚∀゚)「いや、ねえよ。興味もない」

283 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:00:52 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)「だろうな。とはいえ、難しいものでもないし、確定的なものでもない」


川 ゚ -゚)「単純に『ボス』が気に入ったかどうか。それだけなんだ」

  _
( ゚∀゚)「なんだそりゃ。そんなので、よく成り立つもんだ。
     ませた小学生だって、損得勘定で動くこともあんだぜ。
     そんな不安定な信頼関係程度で、なんだって『団』なんてものになるんだよ」

川 ゚ -゚)「不安定なんかじゃあないんだ。そこには『絶対』がある」
  _
( ゚∀゚)「それは?」

川 ゚ -゚)「『恐怖』だよ」

  _
( ゚∀゚)「……。」

川 ゚ -゚)「誰だって、人間であるならば感情があるだろう。
     けれど、『ボス』は違う。感情より、もっと深い部分……『本能』を掴む」


川 ゚ -゚)「車に轢かれかけた子供が、排気音を無意識に恐れてしまうように。
     『究極の恐怖』が、我々団員を制圧し、統制し、秩序を構築しているんだ。
     そして、その『恐怖』を生み出す根源こそが、『ボス』のもつ『圧倒的な力量』なのだよ」
  _
( ゚∀゚)(……そーいや、モナーも似たようなこと言ってたな)

284 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:01:37 ID:dmdlaOJ.0
  _
( ゚∀゚)「けどよ、ちょっと待てよ。じゃあ、空条。
     おめーは、『団』を離れて大丈夫なのかよ。
    『ボス』とやらは、少なくとも幹部のおめーに対し思うことあるんじゃあねーのかよ?」

川 ゚ -゚)「『圧倒的な力量』を持つと言ったろう。
     ボスが欲しいのは、『強者』なんだ。『敗者』は『弱者』。必要ないらしい。
     解雇通告も、携帯電話に『お疲れ様』と書かれただけだ」
  _
( ゚∀゚)(……『恐怖』を植え付ける際に、屈服させたはずだろう。
     結局、『弱者』が必要ないというより……『見損なった』から、捨てられた。
     っていう方が正しいのか、これは)
  _
( ゚∀゚)「しっかし、まあ聞けば聞くほど、ふわぁ〜〜っとした集団だなぁ。オイ。
     入るのは楽だし、抜けても後腐れもない。そんなもんでいいのかねぇ」

川 ゚ -゚)「団を抜けることが、デメリットなしなわけではないよ。
     元々、仲間だったものが、ある日を境に『部外者』になるんだ。
     団員は団員内で結ばれているが、一度肩書きを失えば他人……。
     あとは、呟影団の見境なさを考えれば、わかるんじゃあないか?」

  _
( ゚∀゚)「……なるほどな」

川 ゚ -゚)「それより、私からも聞きたいことがある。凄く単純な質問なのだが……」

川 ゚ -゚)「どうしてキミは『ヒーロー』に憧れているんだ?」
  _
( ゚∀゚)「あぁ? なんだよ、急に」

285 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:02:46 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)「気になるんだ。だって、そうだろう。
      『ヒーロー』なんて、小さい頃に憧れて忘れる刹那的な感情だ。
      現実的には不可能だって、気づいた時点で目指すのをやめるはずだろう」

川 ゚ -゚)「それでも、キミは目指している。他人の願いを、無垢ともいえる感情だけで
      『スタンド』が、もし無くても、きっとキミは同じことをしているだろう」

川 ゚ -゚)「それは何故なんだ?」

  _
( ゚∀゚)「……」

  _
( ゚∀゚)「質問を質問で返す0点満点なことを言うけどよぉ……空条」

  _
( ゚∀゚)「逆に、お前はなんで呟影団に入ってたんだ?」

  _
( ゚∀゚)「教室の隅で、おとなしく毎日空を眺めながら、当たり前のように日常を過ごす。
     お昼のお手製弁当を誰に自慢することなく、極端に友達づきあいもしない。
     クラスに一人はいる、無害な優等生みてーなお前が……なんでだ?」

川 ゚ -゚)「…………別に、答えは簡単だよ」

川 ゚ -゚)「怖かったんだ」


川 ゚ -゚)「朧気な記憶になってしまっているが……ボスは確かに、とても凶悪だった。
      そんな人間と知り合い、そして不幸にも認められた。
      だから、従っていたんだ。悪いことは悪いこと……頭ではわかっていてもな」

286 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:03:57 ID:dmdlaOJ.0
  _
( ゚∀゚)「そーかい」

川  - )「正直に言えば……だが。大きな集団に守られていることに、安心感を覚えていたのも事実だ。
      私は、言うように優等生のような生活をしていたが……不満がなかったわけでもない。
      不器用が故に、思い通りに進められなかったこともある。
      世間的には悪行だが……少しばかり、胸の蟠りが剥がれていく思いがあったよ」

  _
( ゚∀゚)「……」

川 ゚ -゚)=3「こんなに話させたんだ。そろそろ答えを聞かせてくれてもいいんじゃあないか?」

  _
( -∀゚)「……いや、話さない」

川 ゚ -゚)「は?」

  _
( ゚∀゚)「オレぁよ、言うように正義のヒーローに憧れているぜ。
     そんでもって、お前はまだ『敵』だ。
     敵となれ合うようなヒーローなんて、居ねえだろ」

川;゚ -゚)「しかし!」

ジョルジュは空条の声を無視するように、すっかり空になった弁当箱をしまい、立ち上がる。
躊躇なく振り向くと、聞こえるように背中越しに言った。

  _
( ゚∀゚)「オレにとっては、お前は『悪の心』があんだよ。
     だから……『敵』だ」

川 ゚ -゚)「……」

287 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:04:51 ID:dmdlaOJ.0

まだ食べかけの弁当箱を膝に乗せたまま、空条は静かに……さざ波のように怒った。

川#゚ -゚)(……何を勝手に決めつけているんだ、あの男は!)

凍り付いた箸を握りしめて破壊しつつ、空条は誓った。


徹底的に、付け回してやろう……と!



――――――

――――

――



(=゚ω゚)「え? ヒーローを目指している理由?
     そんなの知らないよぅ」



(*゚∀゚)「お節介は会ったときから、そうだったぜ」



ξ゚⊿゚)ξ「人助けが趣味みたいなもん、ってみんな言ってるわ」


(*’e’)=3「きみ、可愛いね。LINEやってる? 一年生? 何組?」

288 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:05:50 ID:dmdlaOJ.0
一通り、知っている人間に当たってみたが確信は得られなかった。
別に、そこまでこだわる理由でもない気はする。
戦って、負けた相手のことをよく知る必要なんてない。
もう呟影団と関係も今はない。一般的に見れば、敵にはなっていないはずだ。

それでも、私が『悪』という烙印を押されたことだけが、どうにも気になった。

質問をした長岡の知り合いは、一部を除いてみんなして怪訝な顔をしていた。
『呟影団に喧嘩を売ったバカ野郎』というレッテルが貼られていたからだ。

それもそうだろう。
悪の集団に、挑むような一般人なんて、そういるまい。

当事者であった私が言うのもアレではあるが、本当に大馬鹿だと思う。


みんな、自分の身が可愛いのだ。

それは当たり前だろう。

誰だって、死にたくない。
痛い思いなんてしたくない。
辛いことなんて、したくない。

楽できる方法があるなら、実践したい。

それは『当然の願い』だろう。


だから、みんなして怪訝な顔をしていたんだ。

『あいつに関わると、自分も害を被るかもしれない』

そう思って。

289 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:06:36 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)(果たして、『悪』とやらの定義はなんなのだろうな)

悪と戦ってくれるはずの人を、まるで悪者扱いするなんて。
おかしなものだ。


――――。


川 ゚ -゚)《なあ、長岡くん》

  _
(;-∀-)「……」

川 ゚ -゚)《キミはキミが守ろうとしている人たちから、守られていないじゃあないか。
     七天柱を二人も除団させておいて、その仕打ちはあんまりだと思わないか?》

  _
(;゚∀-)(あのなぁ〜〜〜〜〜〜空条よぉ〜〜〜〜〜)


川 ゚ -゚)《それでいいのか、キミの正義は。何が目的なんだ、その信念は何処から来ているんだ》

  _
(;゚∀゚)・∀・)《授業中にスタンド使って話しかけてくんじゃあねーよ!!!》

英語の授業の時間だった。
ジョルジュは、大声で叫んでいる。もちろんだが、口は動かしては居ない。
そんなことをすれば、先生に当てられてしまい翻訳をお願いされてしまうことだろう。

ゆえに、スタンドを通して会話しているのだ。
スタンドの声や音は、スタンド使い(波紋使いも含む)にしか聞こえることはない。
授業に集中できない、という不利な点を除いたら絶好の会話方法であろう。

290 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:07:24 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)爪゚ー゚)《おやおや。そういうキミこそ、話しているじゃあないか》

無表情なスターホワイトが、ジョルジュの前の椅子に腰をかけて語りかけてくる。
前席の男子生徒はもちろんスタンド使いではない。せいぜい、何か背中にわずかな重みを感じる程度だろう。
  _
(;゚∀゚)・∀・)《オメーが静かにしねーからだろーがよぉ〜〜〜〜!!》

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)《別にうるさくはしていないじゃないか。
         先生にも生徒にだって聞こえてはおるまい》
  _
(;゚∀゚)・∀・)《そういう問題じゃねーよ! お前が話しかけてくるから、全然集中できねえじゃねーか!》


<゚Д゚=>「はい長岡、ここ訳してみて」

ジョルジュの妙にそわそわする動きが気になったのだろうか。
予想通りの結末が訪れる。
  _
(;゚∀゚)・∀・)《ほれみろ! 当てられちまっただろ!! どうしてくれんだよ!!
        まったく聞いてないから、どこかもわからねーだろ!!》

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)《28ページの三行目、ファニー君の会話の部分だよ》
  _
(;゚∀゚)・∀・)《え?》

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)《訳は『いともたやすく行われるえげつない行為》だ》
  _
(;゚∀゚)「えと……いともたやすく行われるえげつない行為、です」

<゚Д゚=>「うん。オッケー。なんだ、ちゃんと聞いてたんだな」
  _
(;゚∀゚)・∀・)(げぇ〜〜〜! マジであってんじゃんよぉ〜〜〜〜
        流石はスタンドと両立させて戦えるヤツだぜ……恐れ入る……)

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)《どうだ。感謝の気持ちがあるなら、この前の質問の答えを……》
  _
(;゚∀゚)・∀・)《頼むから、授業くらいは普通に受けさせてくれよぉ〜〜〜〜!!》

291 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:08:13 ID:dmdlaOJ.0
出来るだけ無表情に、ジョルジュは空条と会話をする。

そんな彼を見つめる少女が一人。
ツン(本名 津井出 麗)である。


ξ゚⊿゚)ξ(……)

ξ゚⊿゚)ξ(ジョルジュのヤツ、何一人で焦ってんだろ?)


ξ゚⊿゚)ξ(それにしても……)


ξ゚⊿゚)ξ(なんか今日は変に耳鳴りがするわね……。
      声みたいなのが聞こえるし……。疲れているのかしら)



時同じく、三年生の教室ではヒートが幽波紋(スタンド)の揺らぎを感じ取っていた。


ノハ;゚⊿゚)(……ん? なんか遠くで、えらい響く声がすんな……スタンド能力か?)



――――

――



292 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:09:02 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚) スタスタ
  _
( ゚∀゚) スタスタ

  _
( ゚∀゚) ピタッ

川 ゚ -゚) ピタッ
  _
(;-∀-)「……」

川 ゚ -゚)「……」
  _
(;゚∀゚)「あのなぁ、空条」

川 ゚ -゚)「なんだ」
  _
(;゚∀゚)「オレ、今なにしようとしてるか、わかってる?」

川 ゚ -゚)「ああ、もちろんだ」
  _
(;゚∀゚)「じゃあ、言ってみろよ!!」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚) =3

川 ゚ -゚)「キミはこれから、ちょいと用事が入ったせいで、どうしても下校時刻と同時に
     帰宅を強いられてしまった、我がクラスの図書委員(ξ゚⊿゚)ξ)の代わりに
     図書室へ行き、部活動でもなんでもない、交代要員として呼び出される義務すら
     ないというのに、何故か、わざわざ、図書委員活動に勤しんでいる。
     ちなみに、今は返本作業中だ。」

293 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:10:32 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)「……これでいいか?」
  _
(;゚∀゚)「わかってんなら、さっさと帰れよな、オメーはよ!!
     関係ねえじゃあねーか!!」

川 ゚ -゚)「ある」
  _
(;゚∀゚)「あぁ!?」

川 ゚ -゚) じぃっ……




  _
( ゚∀゚)「……!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

川 ゚ -゚)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

294 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:11:39 ID:dmdlaOJ.0

川 ゚ -゚)「何度も言うが……気になるのだ。知りたいんだ。キミの行動理念を。
     私はただ『納得』したいだけ……。長岡ジョルジュという人間が
     どういうものなのか……。それを知りたい……それだけだ」

  _
( ゚∀゚)「……」

  _
( -∀-)=3

  _
( ゚∀゚)「あのなぁ、空条。
     オメーは多分賢いんだろうから、色々考えちまうんだろうけど……」



うんざりだ。

それを、ジェスチャー混じりにジョルジュが話しかけたその時だった。

  _
( ゚∀゚)「……?」

手を見ると、そこには丸い穴と赤い液体が噴き出ていた。

なんだ、これは……?

そう思う間が、出来きないほど一瞬。

それはまさに瞬く間の出来事。

長岡ジョルジュの掌は、まるで弾丸にでも撃ち抜かれたように抉りこまれていたのだ。

295 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:13:25 ID:dmdlaOJ.0
  _
(;゚∀゚)「な……ッ!!」

  _
(;゚∀゚)「なにィーーーーー!!??」


川 ゚ -゚)「……『スタンド攻撃』……!?」

溢れ出る血液を、少しでも抑えるべく強く傷口を握りしめる。
脂汗を流しながら、ジョルジュは周りを見渡した。

他の人は、誰一人としていないその空間……。
ジョルジュと空条素直を除いては、他の気配を感じられない……。
普段は勉強にだって使うであろう図書室には、無人の机と大量の本が詰まった棚が並んでいる。
ただ、それだけ。

・ ・ ・ ・ ・
それなのに……!

  _
(;゚∀゚)(『撃たれた』……!!)

ジョルジュはそう確信した。
材質まではわからない。だがしかし、それはどうみても弾丸の跡。

一瞬だけ、ジョルジュの脳裏に拳を交えたことのある、銃のスタンド使いが浮かんだ。

  _
(;゚∀゚)(だが……ちげぇ! これは違う……明らかに何かが……!)

直感でだが、わかっていた。
スタンドによる弾ではない……それは、決定的に『物理的な』傷。

296 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:14:23 ID:dmdlaOJ.0
川 ゚ -゚)爪゚ー゚)(……しかし……何故だ……?)

空条も既に戦闘態勢に入っていた。
スタンド『スターホワイト』を出して、辺りを見回していたのだ。

その時に、既に気づいていた。

もし、もしもだが……ジョルジュの直感通りに、銃で撃たれたとするなら……
  _
(;゚∀゚)・∀・)(『弾』があるはずだ……だが……)

ないのだ。
キャッチ・ザ・ハンドを出したジョルジュも、同様に目を凝らしている。
けれど、どこにもない。

返ってくるのは静寂だけ。
荒い息と、緊張で激しく高鳴る鼓動。そればかりが自分を支配する。

  _
(;゚∀゚)・∀・)「……おい、空条」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「なんだ」
  _
(;゚∀゚)・∀・)「オレの後ろに来い」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「…………? なぜ?」
  _
(;゚∀゚)・∀・)「そこに居たら、オメーが見えねぇじゃあねーか」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「?? だから、何故そんなことをする必要がある?」

297 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:15:19 ID:dmdlaOJ.0
  _
(;゚∀゚)・∀・)「当たりめーだろ! 見えなきゃ、攻撃された場合どうすんだ!」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「…………まさか」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「まさか……だが……もしかして、長岡。
         キミは『私を守るつもり』でいる気か……?」
  _
(;゚∀゚)・∀・)「……さっきから、そう言っている」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「…………。」

  _
(;゚∀゚)・∀・)「!!」

空条が沈黙に入った。
ジョルジュの言葉について、考え込んでいたのだろう。視線が戦いに集中していない。

それは、本当に突然現れるように出てきた。

今度はスタンド越しに銀色の弾。
性質はわからない。実物なのか、スタンドエネルギーのものか。

わからない……が。

ジョルジュは躊躇わなかった。

298 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:16:13 ID:dmdlaOJ.0
  _
(;゚∀゚)・∀・)『モラァッ!!』

速度だけならば負けはしない。
自分ではなく、空条に向けて飛んできた弾丸を、キャッチ・ザ・ハンドの拳が叩き落とす!

キィン、と甲高い音が鳴ると、それは若干の慣性を持ったまま地面へ転がっていった。

  _
(;゚∀゚)・∀・)(やっぱスタンドじゃあねえ……これは実物だ……)

感触と目視でわかった。
コロコロと転がる、鉛玉。人にぶつけるにしては、怪我で済むか不安なレベルの質量。

危険な物体を、あからさまな敵意を持って放ってきた。

  _
(;゚∀゚)・∀・)「……ゆるせねぇなぁ……オイ」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「そこだ」
  _
(;゚∀゚)・∀・)「は?」

怒りに拳を震わせていると、何か合点のいった空条が声をかける。

299 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:17:15 ID:dmdlaOJ.0
  _
(;゚∀゚)・∀・)「見つけたのか、スタンド……」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「そういう意味ではない」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「そこが、不明な点なんだ」

考え込むように組んでいた腕を解き、空条はジョルジュを指さしながら続ける。

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「キミの『行動理念』……それがわからない。
          私を『敵』だとみなしておきながら、攻撃対象とわかるや否や
          『守ろう』とする……更に、敵への『怒り』すら沸いている」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「なぜなんだ? 普通の人間なら、あるべき『精神的支柱』が
          キミの場合、さっぱりわからない……。キミの言う『ヒーロー』とはなんなんだ?」

  _
(;゚∀゚)・∀・)「……」


川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「……」

  _
(;-∀-)・∀・) =3

300 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:18:26 ID:dmdlaOJ.0
ジョルジュは空条の目を見た。
引き下がらない。質問に答える、それが果たされるまで決してあきらめない。
意志の強さを感じた。重みを感じた。納得できないなら、動く気すらおきない。
そんな目をされると、ジョルジュも諦めて口を開かざるをえなかったのだった。

  _
( ゚∀゚)・∀・)「なんか勘違いしてるかもしんねぇけどよぉ、空条……」

  _
( ゚∀゚)・∀・)「別に、そんなカッコつけた『信念』とか『精神的支柱』? とか
        そんなもん、ねーよ」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「は?」
  _
( ゚∀゚)・∀・)「オレは……単に『気に入らねぇ』って思ったから、そうしてるだけだ
         広い目で見れば『呟影団』となんら変わりはしねぇよ
         思ったように動いて、思ったように考えてる……ただそれだけ」

  _
( ゚∀゚)・∀・)「けど、その中で一つだけ。結局は主観になるが、それでも一つだけ。
         オレは譲らないものを持っているつもりだ」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「……それは?」

  _
( ゚∀゚)・∀・)「『誰かの為になる正しい行いをする』ってことさ」

301 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:19:47 ID:dmdlaOJ.0

  _
( ゚∀゚)・∀・)「オレが生まれ、そして育ったこの場所で……力を振りかざして
         好き勝手する奴がいる……。『悪』がいる。
        そんなものをゆるせねぇ、ってオレの心が叫んでる」


  _
( -∀-)・∀・)「幸いなことに、オレにはスタンドっつう力がある……。
         『誰かの為に振るえる力』がある。だったらよぉ……」



  _
( ゚∀゚)・∀・)「オレが『誰かを守りたい』って思うのは、フツーなんじゃあねえのかよ」




川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「……!」


  _
( -∀-)・∀・)「んでもって、今の状況でいうなら……オメーは決して『敵』じゃあない。
          それだけだ」




川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「………………」

302 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:21:06 ID:dmdlaOJ.0
空条は確信した。
ただ、その言葉を聞いただけでわかったのだ。

長岡ジョルジュは……『底抜けのバカ』なんだと。

ある意味考えなしと言っても過言ではない。
無鉄砲さ、お節介、自らを犠牲にしてでも突き動かす。

それは全うな理由じゃあないか。

川  ー ) フッ


爪゚ー゚) スッ……

  _
(;゚∀゚)・∀・)「どぉあ!?」


凍結した! 一瞬で!!

何を思ったのか、空条はスターホワイトの凍結能力で辺りを『氷付かせた』のだ!

  _
(;゚∀゚)・∀・)「何すんだよいきなり! あぶねぇじゃあねーか!!」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「危ないのはキミの方だ。振り向いてみるといい」
  _
(;゚∀゚)・∀・)「あぁ!?」

303 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:22:13 ID:dmdlaOJ.0
言われたとおりに振りかえると、空中に無数の氷の塊が見えた。
中に包まれているのは、先ほど床に転がった弾丸と同じもの……。

そう、話し込んでいる間でも弾丸は打ち込まれていた。
そして、それを残らず『凍らせて』いたのだ、空条は。

  _
(;゚∀゚)・∀・)「…………」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「キミのことはよくわかった。
         ただ、今一つ納得いかないこともある」

  _
( ゚∀゚)・∀・)「あ?」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「私を『悪』とみなしたことだ」
  _
( ゚∀゚)・∀・)「……それについては、撤回するつもりはねぇぜ。
         小さくても弱くても、増長されて他人に迷惑をかけた。
        心の中の『悪』がお前にはあるんだろ」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「……そうだな。その通りだ……」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「だから」

  _
(;゚∀゚)・∀・)「!」

304 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:23:09 ID:dmdlaOJ.0
本棚から、氷の塊が無数に飛んできた。
自分に向かってくるので、迎撃しようとジョルジュは少し考えるが
すぐに回避行動を起こす。


川 ゚ -゚)爪゚ー゚)つ て パシィッ

その先に、空条がいるからだ。
氷は彼女の能力によるもの……攻撃ではない……。
だから、躱した。

  _
( ゚∀゚)・∀・)「……それは……」

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「キミは知らないだろうが、実は私は図書館の常連でね。
          本棚にある著書は、ほぼ頭の中に入っているんだ。
          その中で、違和感のある数冊……それを取り出したまでさ」

気温差で白く煙を吐く数冊の『本』。
スターホワイトの手にそれは握られ、氷に固められていた。

川 ゚ -゚)爪゚ー゚)「これが『スタンド』の正体だ。
          よく見てみると良い。全部、同じタイトルをしている……。
          どうやら、これを介して弾丸をどこからか打ち込んでいたのだろう」

305 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:24:07 ID:dmdlaOJ.0
  _
( ゚∀゚)・∀・)「……………………ん?」




  _
( ゚∀゚)・∀・)「それがスタンド?」



  _
( ゚∀゚)・∀・)「ってことは…………もしかして」





  _
(;゚∀゚)・∀・)「もう『倒した』ってことかぁ〜〜〜〜〜〜!?」

306 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:24:57 ID:dmdlaOJ.0
あまりのあっさりさに、ジョルジュが声をあげる。
そんなことも気にしないという風に、空条は凍った本を投げ捨てた。

そして、驚いているジョルジュに詰め寄る。
吐息すら聞こえそうなほどの距離で、力強く目を見つめた。

  _
(;゚∀゚)「……?」

川 ゚ -゚)「……私は『悪』じゃない」

川 ゚ -゚)「キミに、それを必ず認めさせる」


凍ったスタンド以外の氷を解除すると、空条はそのまま図書室から出て行った。


  _
( ゚∀゚)=3「……なんなんだ、あいつ」

307 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:25:40 ID:dmdlaOJ.0
スタンド名『マンハッタン・ラプソディー』

手に持った本を元に複製を作り、その間を自由に行き来できるスタンド。
条件が整えば強力だが、今回は相手が悪かった。
スターホワイトに氷漬けにされ再起不能(リタイア)。



  /└────────┬┐
. <   To Be Continued... | |
  \┌────────┴┘

308 ◆N91v81g8eE :2017/02/13(月) 21:26:39 ID:dmdlaOJ.0
なんやかんや、色々とありまして投下が遅れてしまいました。すみません。
そこまで長いお話にするつもりもないので、頑張っていきたいと思います。

309 名も無きAAのようです :2017/02/13(月) 21:27:16 ID:Kh1GW1zI0
おつ

310 名も無きAAのようです :2017/02/13(月) 22:06:07 ID:fp6Zb0KI0
おつ
校内かその辺探せば氷漬けでぶっ倒れてる奴がいるのかな

311 名も無きAAのようです :2017/02/14(火) 14:23:53 ID:LKmMgWtk0
おつ

312 名も無きAAのようです :2017/02/15(水) 01:14:21 ID:OcEMRhKE0
楽しみに待ってた

313 名も無きAAのようです :2017/02/19(日) 21:35:41 ID:9jv330J60
おつ!
続き来たか待ってたんだからね!


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターブラック2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa