したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

( ´_ゝ`)によく似た糞野郎と友人達のようです

1 ◆T/D40qQ./Q :2013/04/23(火) 02:29:13 ID:JHeAhQN.0



まとめサイト様
Boon Roman
tp://boonmtmt.sakura.ne.jp/matome/sakuhin/kusoyarou.html

2 ◆T/D40qQ./Q :2013/04/23(火) 02:32:03 ID:JHeAhQN.0


 _____________________
 |XHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXHXH
 |H| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/7\ 
 |:|:|    ノノノノ         <X>=-、ヘ/>      〈 /  |
 |H|   (  ゚∋゚)        {三}((ノ、ツ))}∧__■   ∨ /__
 |:|:| / >‐ 、-ヽ    た {ニ}ゞd;゚⊿゚) 糞野郎■     | |_
 |H| /丶ノ、_ ノ ._ )、   似  リiヽ__ンiっ _■:■.■      | .-、_)=[二フ
 |:|:|〈、〈Y ,ーiー〈ト 〉  く   シー、_/■ ■■;,■■  ,-、| |   ∠二\
 |H| \_ξヾ__∧m/  よ   ノ''''''''''''''' ■■ ■■   ((Ji 、ヽ     | |
 |:|:|   ( #´_ゝ) ←に   /       ■   |\      ̄ `´    //
 |H|  o^i⌒cノ l          _____|  \   __ i7_   `
 |:|:|__^⌒_ ___     \     `ヽ  ヽ (__  ) !」
 |XHX ◆T/D40qQ./Q XH     ヽ        ヽ  / /  <二 ̄7
  ̄ ̄  ̄               _〉        i  (  (     / /
                     ///)        |  \_)   /Λ\
                    〈〈〈 V^)     _ノ       〈__/ ヽ__〉
                     ヽ  〈 r'⌒ヽく        
                      〉  |/   i ヽ        
前スレ                 /   |     /  \
tp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1356720917
前々スレ
tp://www7.atpages.jp/~mesimarja/boon/exec/dat2html.php?dat=1323298988

3 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:32:51 ID:JHeAhQN.0
スレを跨いでしまったので34の最初から色々修正して投下

4 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:33:31 ID:JHeAhQN.0

34.人間行動学の算術はぐれ


何故か、鬱田がピクミンのようについてくる。

あれだけ言ってた割に、木偶になったゴミをすぐ見捨てるとは。
一体何をしたいのか、何を考えてるのかわかんねぇな。


( ´_ゝ`)「なーにー? 黙ってついてきて」

('A`;)「いやそのあの」

( ´_ゝ`)「用件言えよ」

('A`;)「……ごめん」

( ´_ゝ`)「謝るくらいなら最初から言うなよ」

('A`;)「でも……」

( ´_ゝ`)「あーもーウザってー」

5 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:34:37 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「鬱田は結局、何がしたいワケ? 仲裁役でもやりたいの?
      誰かと誰かの仲を取り持ちたいの? 殴られてみたいの?」

('A`;)「俺は……」

( ´_ゝ`)「高校の時に、お前みたいな仲裁役買って出る女子がいたけどさあ。
      碌に相手の言い分も聞かないで、手前で勝手に状況を判断して、
      悪くない奴にも『まず謝れ』って謝罪強要してぶち切れられてたぞ」

('A`)「そ、そういうのじゃ」

( ´_ゝ`)「同じようなモンだろが。俺はあいつに謝る事なんて何一つないし、
      仲良くしないといけない義理も道理も義務もない。強制すんな」

('A`;)「待って、話を」

( ´_ゝ`)「聞かない。聞いても苛立つだけだもーん」

鬱田を無視して診察に行こうとすると、先回りして塞がれた。
廊下が広いから、腕を広げても余裕で横から抜けれるが。

あんまり眉間を動かさない奴なのに、変に皺を寄せているからか、
今まで見てきた中で、これ以上ないくらい顔面が酷くなっている。

顔が醜い者は外を歩いてはならない法律があるあの州では、
確実に警官がすっ飛んでくるレベルだ。ヘイ、ブサイクメーン!

6 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:35:32 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「で、どうしたい?」

('A`;)「う……と、取りあえず、殴っても蹴ってもいいよ。
    まず落ち着いて。そしたら俺の話聞いてくれる?」

( ´_ゝ`)「ん? 痛めつけていいの?」

('A`;)「死なない範囲で」

( ´_ゝ`)「そうか、じゃ遠慮なく」

いきたいところだけど、普通に蹴ったら死にそうだ。
死なさず殺さず、いい感じに悶絶させるくらいの力でやりたい。

当たり前だ。誰が話なんざ聞くかヴォケ。寝言は気絶してから言えや。
これを小中高の頃にもやってたんなら、そら確実に嫌われるわ。


( ´_ゝ`)「殴られるのと蹴られるの、どっちがいい?」

('A`)「えっ?」

小首を傾げて鬱田を見ると、腕を広げたまま突っ立っている。
なんだろう。どてっ腹に蹴り入れろって意志表示?

7 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:37:19 ID:JHeAhQN.0

感覚を掴む為に、少し床を爪先で蹴る。……これくらいか。

流石に、鉄板入りの踵で蹴ったら駄目だろうな。
入れるなら爪先から。狙いは胃で行くとしよう。

ちょっとビビらせる為に、後ろに足を振り上げる。

途端に、体を震わせて目を見開く。守るも糞もねぇ。
虐められてたと聞く割に、攻撃動作に慣れてない。

肉体的じゃなく、精神的ないじめをやられてたのか?
ま、今は関係ないな。都合良く周囲に人もいないし、やれる。


( ´_ゝ`)「じゃ、行っくよー……んっ!?」

トリガラのどてっ腹目掛けて蹴ろうとしたところ、
横から割って入って来た足に攻撃を止められた。

舌打ちを漏らし、そちらを見ると。


( ´_ゝ`)    (^ω^ )

わお、内藤じゃん。

8 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:38:51 ID:JHeAhQN.0

この程度のダメージなんざ無効だろうに、大袈裟に痛がって、
その場で片足を抱えてジャンプし続ける内藤。転がしたろか。


(^ω^ )「あぁん痛ぁいんだおっお〜う!」

( ´_ゝ`)「嘘こけ」

(^ω^ )「うん、僕は痛くないけど。鬱田にやったら大惨事だお?」

( ´_ゝ`)「マジ? これでも加減したんだけどなあ」

(^ω^ )「って言うかぁ。さっきの兄者さんってば、んもう!
      ガチな不良にしか見えなかったお! 僕怖いおっ!」

( ´_ゝ`)「キャラブレ過ぎてキモいぞ内藤」

('A`;)「……」

( ^ω^)「おっとっと、僕は決して鬱田の事を助けた訳じゃあないお。
      そこんとこ、勘違いしちゃいや〜んお。僕だって殴りたいお。
      朝早くにクソ垂れるようなメール送りつけてきやがってお」

( ´_ゝ`)「何かしたの?」

ロ(^ω^ )「うっふん兄者見てくれお。このメールマジふざけてんんんn

( ´_ゝ`)ロ「落ち着けよ。発狂してるアヒャとか俺みたいになってんぞ」

鬱田に向き直って拳を鳴らす内藤を放っといて、渡された携帯を見る。
メール画面には、嫌がらせとしか思えない朝4時の着信。内容は……。

9 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:40:22 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「うっわぁ」

こら、内藤だってブチ切れるわ。

プライバシーもあるので詳しくは書かないが、内藤は両親との仲が良くない。
良くないどころじゃない。内藤曰く『奴らは親と言う生き物ではない』との事。

小学校の卒業式に出席しないのは、仕事優先として当然の摂理。
夫婦喧嘩の元は、自分の親権の押し付け合い。
どちらも子とは認識せず、物心ついてから家族で同居した経験皆無。
内藤は、中学校からずっとマンションで一人暮らし。
成人して絶縁を言い渡された翌日に、津波が全てを持ってってくれた。

うむ、嫌うどころか殺されてもおかしくはない糞親。
放任主義なんてもんじゃない。立派な虐待だ。

そんなのに向かって『家族と仲良くしたほうがいい』と勘違いした羅列が、
メールの件名を埋めている。しかも、本文1万字以上使ってるとかアホか。

色々な意味で、読む気も失せる。

今は両親と言う大元の原因であった膿を海に流して落ち着いたが、
それでも他人に触れられたくないトラウマに変わりはないだろう。

俺も糞親父と言う膿の海から出てストレスを減らせたが、
仲良くしろなんて暴言は聞きたくないし、言われたくない。

10 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:41:03 ID:JHeAhQN.0

幼少期から狂ったようにやらされた習い事の数々も、
人から見れば目をかけてやってると思われるんだろう。

俺は、折角の休日を潰されて散々だったがな。

窓の外から糞野郎の声を聞きながら、俺だけ勉強勉強。
恨みたくもなるさ。我が母も含めて、家族全員、な。

「俺よりも、成績が常に下から一桁の弟者をなんとかしなくては……」
と日常的に呟いていた癖に、勉学は俺を優先させるという頓珍漢。

殴られまくっても意地になって本を開かなくなった俺に飽きたのか、
高校受験辺りから放置され、とても楽だった。逆に、やる気も出た。

その頃には、糞野郎が勉強から逃げ回っていたみたいだが、俺は知らん。
むしろ親に「やっとかよ」としか言えなかった。糞野郎には「ザマミロカス」だ。

世間的に見て教育したほうがいい子供を見極めれたのはいいんだが……。
最下位を取得した輝く赤丸の数字を見て、ようやく目覚めたんだから遅いわ。

親から強制されて役に立った習い事なんて、それこそピアノぐらいしかない。
楽譜が読めるから、音楽の授業が楽、MIDIで遊ぶのが楽になった。そんだけ。

……これはまた、別の話で。


( ´_ゝ`)「ほい、内藤」

(^ω^# )「あぁん!?」

( ´_ゝ`)「俺にキレるなよ」

(^ω^# )「御尤もだお!」

11 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:42:24 ID:JHeAhQN.0

( #^ω^)「うっがー! 怒りが収まらないお! ムッカつくお!
      ボッコボコにしたいのを抑えてるんだお!?」

( ´_ゝ`)「あ、内藤が近くでブチ切れてるから、
      段々頭が冷えてきたかもしれない」

( ^ω^)「じゃあ僕もなんとか落ち着くお……」

( ´_ゝ`)「切り替え早いな」

それでも、肩で息をしている内藤。
鬱田も隙見て逃げりゃいいのに、まだ目の前にいる。


( ^ω^)「兄者の蹴り止めなきゃよかったぁあんおぉん。
      あんの糞親この手でぶっ殺せなかった後悔が、
      今ここに来て邪魔してるんおおおぐおおお!」

( ´_ゝ`)「精神科行けよ」

( ^ω^)「僕もとうとうキチガイの仲間入りかお……」

( ´_ゝ`)「古い人間だと、そっち系の認識の奴が多いけどさあ。
      今の世の中は、ストレスマッハな奴が行くとこだからな?」

( ^ω^)「でも僕には兄者とアヒャの間に割り込む筋肉なんてないお……」

12 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:44:13 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「殴ったら正気に戻るかい? 内藤さんよぉ」

(^ω^ )「やだ兄者さんったら」

( ´_ゝ`)「お前も用件さっさと言えよ……俺はこれから診察だ」

(^ω^ )「そうだったのかお。じゃあふざけてる時間はないおね」

( ´_ゝ`)「ふざけてたんかい」

(^ω^ )「蹴ったらそこでお終いになって、何も言えなくなるお?
      向こうが正論気取りで正義ぶって向かって来るなら、
      こっちもそれなりの言葉で迎えてやったらいいんだお」

( ´_ゝ`)「つまり?」

(^ω^ )「僕らも、言葉で毒男のトラウマを抉る」

('A`)「えっ……」

( ´_ゝ`)「本人の目の前でこんな話するのって、良いんか?」

(^ω^ )「問題ないお。僕は弟者の病室がある階のトイレで、
      毒男を親関係のトラウマでメタメタにしてやるとするお。、
      診察終わったら兄者も来るといいお。貸し出してやるお」

( ´_ゝ`)「物扱いか」

けどまあ、割とスッキリする提案なので乗る。
鬱田を庇う気持ちなんて、両生類の糞程もない。

13 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:45:04 ID:JHeAhQN.0

簡単に揚げれる足を揃えて突っかかって来るアホなんてさあ。
いじってナンボ、からかってナンボ、虐めてナンボだろ。

『虐められる方に問題がある』ってのは、
まさに鬱田のようなパターンを言うんだろう。

本人の口から小中高と虐められてきたと聞いたし、
俺はこのネタで揺さぶってやろう。自業自得だ。


( ´_ゝ`)「俺は行くわ、後でな」

( ^ω^)「何の診察だお?」

( ´_ゝ`)「泌尿器科」

( ^ω^)「性病かお……」

( ´_ゝ`)「なるかボケ。勃起障害だ」

( ^ω^)「それもそれでどうかと思うお。原因は何だお?」

( ´_ゝ`)「ストレス」

( ^ω^)「……頑張れお」

14 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:45:47 ID:JHeAhQN.0

内藤から心ないエールを受け取り、診察室へ向かう。


実は、EDを治す気はあまりない。

EDにより併発する前立腺関係のアレコレは勘弁してもらいたいが、
常時賢者モードとはまた違う、この状態を維持していきたいのだ。

これを患った全ての人が、俺のような状態になる訳ではないらしい。

他の患者曰く、頭で興奮はするが、股間にまでそれが届かないと。
背筋を走り抜けて股間にクる刺激が、首の辺りで止められる、と。
そんな言葉を頂いた。為になる知識ではないが、無いよりマシだ。

俺の場合は興奮も糞もなく、性欲自体が根こそぎ刈り取られているので、
そういった一般的な”強制性欲我慢病”のEDとはまたちょっと違うらしい。

悟りを開いてしまうと、虚脱感を伴う境地へ至れるが、この状態は違う。
ふっとエッチな物体が視界を掠めてしまっても、無反応でいられるのだ。

いや、無反応とはまた違うな。興奮しないでいられる。
猫やプリンやムカデを見ても、純粋な気持ちで愛でられる。

目撃してしまうと、脇目も振らずに突進してしまうのは変わらないが、
そこにあるのは眩しいくらいに健全で純朴な好意だ。独占したい。

15 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:46:40 ID:JHeAhQN.0

腹パンを見ても、嗜虐的な感情に任せて笑うだけだ。興奮はしない。
どうやら、リョナに対する感情は、性欲から生まれるものではないらしい。

多分、支配欲とか征服欲とか、その辺りではないだろうか?
専門家ではないので、詳しく説明する事は出来ない。


あと、エロ広告に対しての嫌悪感が、かなり強まった。
えっちなものを求めていない時に目に飛び込むと、苛立つ。

2chだの何だの、アングラな香りがする場所ではそんな広告が付き物だ。
携帯はあまり弄らないタイプだが、これで更に遠くなったと言える。

ついったも然り。取りあえず、下ネタを吐けば笑いを貰えると思ってるような、
皆から嫌われる下品な中年オヤジが多過ぎて遠退いた。引くわ、普通に。

パケット代もタダじゃないから、節約出来ていいんだけどね。
落ち着いたら、定額サービスもネットも解約してしまおう。

ついでに、好きなキャラの擬人化をうっかり見てしまうと、怒りが湧き、
目元が痙攣する回数も増えた。これはまた、別の機会に説明しよう。

16 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:47:57 ID:JHeAhQN.0

今回の議題は、何故俺に金的が効かなかったのか? である。

男としての致命的な弱点がカバーされたのは、とてつもなく良い。
しかし、普通なら痛みを感じる所が全くの無痛とは、心配しかない。

何かとても重大な病気を併発してしまったのではないか。
糞野郎の一撃で玉々の神経をやられてしまったのではないか。

疑問と不安は尽きない。


俺は医者に相談する事にした。

日記の誓約を破ってしまうのも知らずに。











〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

17 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:49:31 ID:JHeAhQN.0














          ヒギァ       はーい
            ラメェ      痛くないですよー
                 ∧○
             ○| ̄|_/|
              ̄ ̄ ̄ ̄|_





.

18 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:50:39 ID:JHeAhQN.0




























゚ | ・  | .+o    |o *   o。 |  *。| |*o ゚|+ | ・゚   
*o o |○+・|  o |* |o○+ |  |i * + ゚ o |○。|
・+     ・  l ・*゚ |+   |゚ |i   | + i o ○ |!   |
o。!  |!o゚  +| * ゚| | 。*゚  l ・ |  *  |o  ゚。・| ゚  | +
 *o゚|!    |。  + |  *|。 | ・ o *o  *l゚ +゚| ゚ |

19 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:51:22 ID:JHeAhQN.0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜













( つ_ゝ;)「ふぐぐぅ」

失敗した。強制はないと思ったのに、これじゃ準強姦だ。

部屋を出ようとしたら、ドアの前で看護師が立ち塞がるとか。
そのまま別の部屋の診察台に連れてかれて……ふぉおおお。

最初は、普通に質問に答えてくれてると思ったのにぃいいいい。

金的がノーダメージなのも心因性のものじゃないか言ってたから、
てっきりいつもの精神科の診察へ回されると思ったら、思ったら、
ケツ穴に手を突っ込まれてドライされるとかないです恥死する。

しかも、イケメンなのが妙に悔し、い?

20 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:52:40 ID:JHeAhQN.0

んんっ? 違うな。

別に顔が整ってるのはいいんだ。
いいんだが、何と言えばいいのか。

汚いオッサンにどうこうされたかった訳じゃない。
脂ぎった、見るからに不潔な人間は勘弁だ。

そう。俺のケツを本格的に弄ったのが、年食ってる人なら良かった。
おじさんやおばさんレベルの人だったら、治療されてる気にもなる。

若いとかないよお。同年代は流石にないと思う悔しいでも感じちゃう。
流石は数々の尻をその手にかけた歴戦の勇者。格が違うぜ。

嫌悪感と拒絶による鳥肌乱舞で、時間はやたら掛かったけどね。
何の時間だって? オーガズムのだよ言わせんな恥ずかしい。

アナルセックスではケツの中全体を満遍なく開発するとの事。

今回は前立腺だけだ。なのでノーカン。
俺のシマじゃこれノーカンだから。

21 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:53:35 ID:JHeAhQN.0

ノーカン。のーかん。脳……姦?

そんな漢字に簡単に変換される自分の思考回路が嫌だ。
どうせなら、あのイケメンの灰色の味噌を掻き混ぜてやりたい。

上着を脱がされ、半袖で台にうつ伏せにされた屈辱は忘れない。
ケツだけ上げて待機する時点で、俺の心はボドボドだ。

指を突っ込まれた瞬間、強烈な吐き気が襲ってきたのも、
慣れない奴ならではと言うし、ここは一応我慢できる。

しかし、俺が生理的嫌悪感から鳥肌を大量生産した時、
「凄いねぇ〜」とほざきながら俺の腕を 撫 で や が っ た。

ケツに入れてないほうの手で撫でるのは常識だから除外するとして、
ないわ。これはマジでない。この鳥肌の原因はさあ、お前だから。

凄いじゃねぇよ。俺の腕を撫でるくらいならさっさとやれよ。
過去のトラウマと恐怖と不安でチキン肌になったんだよ。

つーか、医者から聞いてねぇのか。
俺は人に気持ち悪く触られるのが大嫌いなんだよ!

涙ぐらいちょちょ切れるわ。部屋のスミスと仲良くなりたい。
担当の精神科医に訴えてやる。あの医者の顔は二度と見たくない。

そんなこんなで、三度目の正直は絶対に起こさないよう決意。
この事は、絶対に日記に書こう。忘れてはいけない。絶対に。

22 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:54:45 ID:JHeAhQN.0

(;´_ゝ`)「へっふぅ」

今日は感情面で大いに疲れた。
内藤には悪いが、病室で日記をまとめてから寝てしまおう。

それに、尻が落ち着かない。

自分でやった時は不注意による事故で激痛に悶えて死にかけたが、
今回は医療者なだけあって、広げられた穴以外にあまり痛みはない。

痛みがないのが逆に気になるのと、イかされた事実で、混乱する。
頭の中が落ち着かない。先程からテンションが上下運動しまくりです。

自分がどんな行動を起こすのか、自分でも判らない。
斜め上方向にアクロバット錐揉み飛行の上に着地どころじゃない。
地球の反対側からマントル抜けて岩盤削って真下から来そうだ。

落ち着けよ? 落ち着けよ俺。よーしイイ子、良い子だ。

そうだ。部屋にはプレゼントで貰ったぬいぐるみがある。
来たばかりで少し早めの仕事だが、癒させてもらおう。


アッパラパーな考えを脳内で展開していたら、病室到着。

さあ横になろう、とベッド下から布団を引っ張り出したら、
先に布団と一体化したアヒャが、ごろんと発掘された。

23 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:55:45 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「なにゆえ」

(  -∀-) スピピピ

( ´_ゝ`)「起きろ」

(  -∀-) クピピピ

( ´_ゝ`)「起きろコラ」

( ;-∀-)゙ ンゴッピィ

( ´_ゝ`)「殺すぞテメェ」

仕方ないな。こういうのは、強硬手段に出るしかない。

自分の肘の具合を確かめる。布団で衝撃は緩和されそうだが、いいか。
肘を横に突き出した姿勢で重力に体を任せ、アヒャの腹にエルボードロップ。


( ;゚д゚ )「プゴッホォ!?」

豚のような悲鳴が上がる。

24 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:56:59 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「そこ邪魔、スタンダップリーズ」

( ;゚∀゚ )「おほぉふ、すまん。寝ちまってた……」

( ´_ゝ`)「何でここで寝ようと思ったんだ」

汚れ布団には包まりたくない。

耳の先から足の先まで観察して、汚れているか確認する内に、
そう言えばこいつもイケメンだったと気付いた。気付いてしまった。
さっきのヘヴルン状態が、脳裏を華麗なムーンウォークで過ぎる。

あっれぇ? 今なら俺イケんじゃね? あんまり抵抗がない。

利益をくれれば、対価で体を明け渡していいかもと揺れるが、
その後の詳しい男同士の、アヒャとの性交を想像しようとすると、
同性に対する当然の嫌悪感と吐き気で強制ストッパーがかかる。

なぁんか俺、さっきやられた事でどっかの枷が壊れてますしぃ。

今の心中ならイケるかもしんない。
確かめてみる? 確かめてみちゃう。


(  ゚∀゚ )「また不眠が続いてたんだけど、何でかここで睡魔が」

三(*´_ゝ`)「うっひょーい!」

( ;゚∀゚ )「ワッツ!?」

25 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:57:54 ID:JHeAhQN.0

立ち上がりかけの不安定な姿勢のアヒャを布団に押し倒す。
勢いのまま馬乗りになり、右手を拝借。ケツまで持ってく。

うん、まだ大丈夫。大丈夫?
全然大丈夫じゃなかった。

アヒャの手が勝手に動いて俺の尻アナルを狙った瞬間、
寒気がケツから背中を駆け上がって、鳥肌の軌跡を残す。


(*´_ゝ`)「はーい無理でしたー!」

( ;゚∀゚ )「!?」

アヒャの手を本人の顔面へ向かって投げ、病室から走り去る。
背後から何か聞こえるが知らん。俺は今から聞こえない猿だ。

うひょぉお後の事なんかなんも知らねぇ! 知ったこっちゃねぇ!

人通りのない廊下を笑いながら走っていたら、内藤を発見。
テンションが急激に下がったので、徒歩へ移行して接近する。

26 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 02:58:37 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「よっ、内藤」

( ;^ω^)「こ、怖いからやめてくれお」

( ´_ゝ`)「何を?」

( ^ω^)「笑い声あげながら走ってた奴と目が合った瞬間、
      いきなり真顔になって自分のほうに歩いて来るとか」

( ´_ゝ`)「へー」

( ^ω^)「さっきの兄者だお」

( ´_ゝ`)「フーン」

( ^ω^)「怖かったお」

( ´_ゝ`)「すまん」

( ^ω^)「兄者じゃなかったら逃げてるお」

( ´_ゝ`)「すまん」

27 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:00:25 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「そういや内藤、よくこんなトコ通ったな」

( ^ω^)「偶々って怖いおね。僕は裏田がデイケア通い始めたから、
      煽り……揶揄しに行こうと思って、ここを通っただけだお」

( ´_ゝ`)「どっちも意味変わんねぇぞ。裏田は、ケア受けるほうで?」

( ^ω^)「兄者と同じ障害持ってるの発覚したんだってお」

( ´_ゝ`)「へー」

( ^ω^)「反応薄いおね」

( ´_ゝ`)「何を期待してんだ」

( ^ω^)「『同じ障害』で、もっと何かあるかと」

( ´_ゝ`)「こんなもんだよ。後でこれ日記にして、
      ショック受ける事が出来たら驚いとく」

( ^ω^)「変な奴だお。裏田も変ってか、ムカつく奴だったけどお」

( ´_ゝ`)「あんまり話してないからわかんね」

28 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:01:41 ID:JHeAhQN.0

( ^ω^)「うーん。演劇とか脚本とか、創作関係かお?
      僕はTRPGのほうでよく関わってたんだお」

( ´_ゝ`)「ジムの知り合いかと思った」

( ^ω^)「違ぇお。んで裏田、シナリオ運びが凄く上手いんだお。
      ダイスの邪神様に見染められても感動オチ繋げたり、
      ファンブりまくってもハッピーエンドに辿り着かせたり」

( ´_ゝ`)「いいKPじゃないか」

( ^ω^)「PLの心情も読んでくれるから凄い満足できるんだお。
      だから、居る時は大体TRPGのKP任されてたんだお」

( ´_ゝ`)「だろうな」

自分の作ったNPCを出して一人で会話を進める吟遊KPや、
俺のNPCTUEEEEEEEEEEしたい糞KPとは比べ物にならない。

サークルに一人は欲しい……っつーか、十数人は欲しいな。


( ^ω^)「ただ創作は上手くても、現実は滅茶糞だったんだおー」

( ´_ゝ`)「そうなのか?」

29 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:02:33 ID:JHeAhQN.0

( ^ω^)「卓の上だとPLの心情は汲み取れるのに、
      リアルな対人で発生する話は糞なんだお」

( ´_ゝ`)「よくいるだろ。他の事は凄く出来るのに、
      対人コミュニケーションが壊滅的な奴は」

( ^ω^)「よくいても困るお」

( ´_ゝ`)「そう?」

( ^ω^)「自分の興味がある物ゴリ押しで、人の話は聞かないわ、
      きつく注意した事も聞かないわ、マイペース崩さないわ」

( ´_ゝ`)「俺じゃん」

( ^ω^)「兄者のほうが興味ある物とダラけ優先な分まだマシだお」

( ´_ゝ`)「昔の俺知ってても?」

( ^ω^)「ノンストップで好きな事をマシンガンみたく喋まくったり、
      周りが言うの抑えてる言葉を躊躇いもなく言い放ったり、
      何回も同じ間違い繰り返しても人の忠告聞かなかったり」

( ´_ゝ`)「俺ね」

( ^ω^)「……僕も言っててそう思ったお。丸っきり昔の兄者だおね。
      魂の双子と言うよりは、裏田と兄者が同じ障害だからかお?」

( ´_ゝ`)「知らんよ」

30 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:03:29 ID:JHeAhQN.0

( ^ω^)「お前らって、生きにくい脳味噌してんおねー」

( ´_ゝ`)「内藤と俺とで交換する?」

( ^ω^)「はい話のレール戻りまーすお」

( ´_ゝ`)「おう」

( ^ω^)「こっちに帰って来てから裏田に彼女ができてたんだけど、
      『ついていけない』言われて逃げられたみたいなんだお」

( ´_ゝ`)「俺だって逃がす時に言わせる言葉は大体それだぞ」

( ^ω^)「はいスルー」

( ´_ゝ`)「おう」

( ^ω^)「去り際に残した書き置きに病院で診て貰えってのがあって、
      裏田ってば素直に色々と調べてもらったみたいなんだお」

( ´_ゝ`)「いいじゃん」

( ;^ω^)「別れ際の病院に診て貰えって、普通は挑発だお。
      ここで素直に従って病院に行く奴なんてのは……」

( ´_ゝ`)「俺だな」

31 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:04:36 ID:JHeAhQN.0

( ^ω^)「……あーなんかもういいお」

( ´_ゝ`)「要は、訓練受けにデイケア来たんだろ?」

( ^ω^)「うんお」

( ´_ゝ`)「良いじゃないか。自覚して、なんとかしようと努力してんだ。
      何でお前が煽りに行くんだ? 裏田に恨みでもあるのか?」

( ^ω^)「ネタ集め」

( ´_ゝ`)「成程」

( ^ω^)「兄者は何でここに? 診察は終わったのかお」

( ´_ゝ`)「俺か?」

( ^ω^)「おっお」

( ´_ゝ`)「俺は……」

( ^ω^)「……」

32 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:05:59 ID:JHeAhQN.0







( ´_ゝ`)「……いっひ」

( ;^ω^)「?」


(*´_ゝ`)「ヒヒっひゃははははwwwwwwww」

;^ω^)三「!?」


(*´_ゝ`)「アヒャからwwww聞いてwwwwwww」

;^ω^) 「お、おお」


(*´_ゝ`)「じゃあな内藤wwwwwwwwブブーンwwwwwww」


         __― __ _-  _ _
;^ω)     ニ _ ー ̄− _ =二_ - (*´_ゝ`)

33 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:07:08 ID:JHeAhQN.0

人類が皆無な通路を、飛行機みたいに両翼を広げて疾走。

「廊下は走っちゃいけません」の教えが頭から抜けていた俺は、
曲がり角で子供のような何者かとぶつかって、派手に転倒した。

後頭部に攻撃してきた床でのた打ち回りつつ相手を観察すると、
どうやら斉藤のようだ。こちらも俺と同じく床で転げ回っている。


(;・ ∀・)「ぐおー! チョー痛いんですけどおおお!」

(;´_ゝ`)「斉藤かテメェ! 廊下は走るなよ!」

( ・ ∀・)「兄者もな!」

( ´_ゝ`)「おうよ!」

痛みで正気に戻ったのはいいが、盛大に打ったのでまだ痛い。
お互いにorzの姿勢で頭を向き合い、なんとか会話する。


( ´_ゝ`)「斉藤はこんなとこで何やってんの?」

( ・ ∀・)「俺は……なんか、友達だと思ってた女の子に告白されて、
      最近落ち着かないからカウンセリング受けにここ来た」

( ´_ゝ`)「マジかよ」

34 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:08:13 ID:JHeAhQN.0

( ・ ∀・)「嫌な子じゃないんだよー。でも、そんな目で見られてたなんて、
      ちっとも思わなかったぜ。ずっと前から思ってたとか言われても、
      そんなん考えた事も無かったし、意識した事すらなかったよ」

( ´_ゝ`)「普通は同性の友人をそんな目で見ないだろうさ。
      斉藤もその格好になってから、面倒臭そうだな」


( ・ ∀・)「兄者はどうした」

( ´_ゝ`)「俺は……なんか、自分で煽っちまったホモから」


(;・ ∀・)「は?」

( ´_ゝ`)「逃げて来た」


( ・ ∀・)「……」

( ´_ゝ`)「……」


(*・ ∀・三・∀ ・*)「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

(*´_ゝ`)「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

35 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:09:31 ID:JHeAhQN.0

斉藤の飛ぶ話には慣れているので、一々突っ込まない。


( ・ ∀・)「そういや母さんが最近気持ち悪いポエムにハマってるんだ!
      ここは兄者もキモいロミオメール送って、機嫌取ってくれ!」

( ´_ゝ`)「ロミオか」

ポエムなんて、すぐには思い付かないぜ。
ここは適当な百人一首から引用させてもらおう。

そうやって斉藤の携帯でメールを代打ちしていたら、
なんとアナグラムを発見してしまった。これは行ける!


( ´_ゝ`)「斉藤! これどうだ!?」

( ・ ∀・)「んん!?」

( ´_ゝ`)「このまま送信しようと思う」

( ・ ∀・)「”いつ見きとてか”……恋しかるらむ」

( ´_ゝ`)「”いつか君とて”」

( ・ ∀・)「……」

( ´_ゝ`)「……」

36 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:10:21 ID:JHeAhQN.0

(*・ ∀・)「ウェエェーイ!!」

(*´_ゝ`)「イッエェーイ!!」

俺を叩こうとしてきたので、その手を平手で迎撃。         /
結果的にハイタッチになり、俺のテンションが再上昇。    /  _i___ _ _
                                     /   _|_____ /
そのまま俺に纏わりついてくる斉藤を抱え上げ肩車して、/   _|______/
近くにあった非常階段をひたすら爆笑しながら駆け上がる。_|______/
                                 /  _|______/
                                ||  __|_______||
( ´_ゝ`) ハッ                              ||__|________||
                                ||| ______ ____||
封鎖されている屋上の扉の前で、ようやく正気に返った。

だが、俺の首筋に股間を押し当てている斉藤は、まだ発狂中。
軽度の男性恐怖症だってのに、ノリのまま肩車しちまった。

ハイテンションで宇宙語を操りつつ、俺の頭をべしべし叩き続ける斉藤に、
今起きている現実に気付いてくれるなよと願いつつ、ゆっくり床に降ろす。


(*・ ∀・)「@wq+/dz,l:fbijdfs]fyjvrte?!!!」

( ´_ゝ`)「おい太陽系第三惑星地球人」

(*・ ∀・)「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国!」

37 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:11:10 ID:JHeAhQN.0

まだ向こう側からの帰郷は不可能のようだ。
適当に相槌を打ちながら、階段を降りる。


( ´_ゝ`)「秋津島?」

(*・ ∀・)「NO! 師木島!」

( ´_ゝ`)「敷島」

(*・ ∀・)「大八洲国!」

( ´_ゝ`)「磯輪上秀真国か」

(*・ ∀・)「YES! 日出処」

( ´_ゝ`)「瑞穂」

( ・ ∀・)「大和」

( ´_ゝ`)「日本」

( ・ ∀・)「沈没」


('A`;)「な、何してるの二人とも」

38 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:12:47 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「あ? 鬱田って、内藤にトイレで制裁されて、
      とっくの昔に帰ってるんじゃなかったの?」

( ・ ∀・)「肉体言語?」

( ´_ゝ`)「はい斉藤が喋ると面倒臭くなるから黙ろう」

( ・ ∀・)「もっ」

('A`)「斉藤?」

( ・ ∀・)「そうだぞ!」

( ´_ゝ`)「話掛けやがって……」

('A`;)「ごめんなさい」

( ・ ∀・)「見ない内にまた痩せたな! その内ダシも出なくなるぞ!」

('A`)「え、あ? 斉藤と俺って話した事あったっけ……」

( ´_ゝ`)「あるぞ。お前から話掛けてたじゃん。
      学科唯一の女子だから頑張るって」

('A`)「……えっ?」

39 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:14:45 ID:JHeAhQN.0

(*・ ∀・)「途中で女の子っぽい服着るのやめたから、
      鬱田が判らなくなるのも無理ないなー!」

('A`)「え、えっ? 誰? 女子?」

(*・ ∀・)「フフーン」

('A`)「だって胸、ない……」

( ・ ∀・)

鬱田は俺達とベクトルの違う、救いようのないバカだわ。
今からコミュ力を高めるには、どこに押し込めたらいいんだろうな。

セクハラ加害者の更生プログラムでも勧めてみるか?


(#・ ∀・)「このセクハラ野郎!」

(゚A゚;)「ピッ!?」

(#・ ∀・)「このハゲ紫! 紫芋! 芋野郎! 野郎は死ね!」

(゚A゚;)「はっ、ははははい!」

- ニ 三 (#・ ∀・)「バーカ! チービ! 死ーね! トイレの邪教崇拝者!」

40 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:16:15 ID:JHeAhQN.0

                                  \

     「お前のカーチャンダメンズウォーカー!」- ニ 三 (・ ∀・#)

                                 /




('A`)「……」

( ´_ゝ`)「……」



('A`)「俺、あいつ女に見えなかっ」

( ´_ゝ`)「お前が悪い」


('A`)「いやでもパッと見」( ´_ゝ`)「お前が悪い」


(;'A`)「その( ´_ゝ`)「どう言い訳してもお前が悪いから」

41 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:17:38 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「女性と相対して、いきなり胸について言及。アホか。
      訴えられても仕方ないセクハラ行為の否を認めろ」

('A`)「セクハラになるの?」

( ´_ゝ`)「なるぞ。何だと思ってんだこのクズ」

コミュ障どころの話じゃねぇ。こんなんゴミ障だ。処分しろ。
こいつこそが広汎性発達障害なんじゃねぇのか? 重度の。

待てよ。流石にこれは、早計と言うよりも同じ障害者に失礼か。

数年前、引き篭もりに発達障害者がどれだけいるか調べた結果、
全体の半数にも満たない、四分の一って数字が出たからなあ。

コミュ障はコミュ障だ。それ以上でもそれ以下でもない。
犯罪者に転落する危険性は、一般人より高いけどな。


('A`)「本当に判らなかったんだ」

( ´_ゝ`)「判らなかったとしても、何で胸の指摘なんだよ」

('A`;)「……ごめん」

42 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:18:32 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)「お前はお前が痴漢で捕まったとしても擁護なんてしねぇし、
      セクハラで女から訴えられたら『いつかやると思ってました』
      とマスゴミに向かって言ってやるからな。忘れんなよ鬱田」

('A`;)「そ、そんなぁ」

だって、そこで鬱田を擁護したら、逆に俺が世間様に疑われますし?
ここは徹底的に叩いてやるのが、自分の身と鬱田の為だろう。

こいつの女性関係、いや、対人関係に対する学習能力の無さは、
折り紙付きどころか憑きモノがいそうな感じだからな。Tさん呼べ。


('A`;)「思い出せなくて悪いんだけど、斉藤って誰なの?
    一緒の学科でも全員の顔は覚えてなくて……」

( ´_ゝ`)「俺だって全員は覚えてねぇよ。つか、マジで忘れたのか?
      内藤が俺の嫁候補調べてリストアップした時あったじゃん」

('A`)「あ、うん」

( ´_ゝ`)「その、再従兄弟の斉藤」

('A`)「顔どんなんだったっけ」

43 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:19:40 ID:JHeAhQN.0

( ´_ゝ`)ロ「はい写メ」

          ┌          ┐
          |v从・∀・*ノ!リ人|
          └          ┘

('A`)「ぇ」



( ´_ゝ`)「从・∀・ノ!リ人<なのじゃ!」

('A`)「ぇ?」



( ´_ゝ`)「从・∀・ノ!リ人<スパデラのデータまた消えた」

('A`)「ぇっ」



( ´_ゝ`)「从・∀・ノ!リ人<男共が初っ端からメルアド聞いてきてウザい」

44 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:20:26 ID:JHeAhQN.0

(゚A゚;)「从・∀・ノ!リ人←!!??」


( ´_ゝ`)「从・∀・ノ!リ人<学科で女が自分一人だけとかワロタ」


(゚A゚;)「( ・ ∀・)←??????」


( ´_ゝ`)「( ・ ∀・)<女の格好すると色々メンドくなる事が判った。
             今日からこれで行くぜ! 男装デビューだ!」



                从人从人从人从
(゚A゚;)「从・∀・ノ!リ人 → <ミッシングリンク> →( ・ ∀・)」
                  WYWYWYWYW



               /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
( ´_ゝ`)「从・∀・ノ!リ人→|(・∀・ )→( ・∀・)|→( ・ ∀・)」
               \ ______ /

45 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:21:11 ID:JHeAhQN.0

(゚A゚)「み、耳はどっから……?」

                髪の毛バリカンしたら耳出た
        〃'´⌒` ヽ    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
       〈((リノ )))i iヽ    ∧__∧       ∧__∧
( ´_ゝ`)「 从・∀・ノ!リ人 → (・∀・ ) → ( ・ ∀・)」


(゚A゚)

( ´_ゝ`)「ちなみに、親に言われても元に戻る気はないようだぜ。
      二年間ずっと、家族にも友人にも誰にも言えないくらいの、
      自分でも何で医者に伝えなかったのか判らないぐらいの、
      ふっかいトラウマあるみたいだから。下手につつくなよ?」

(゚A゚)

( ´_ゝ`)「wwwwwww」


(゚A。)

(*´_ゝ`)「wwwwwwwwwwww」


(゚A )...。

( *゚_ゝ゚)「wwwwwwwwwwwwwwww」

46 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:22:27 ID:JHeAhQN.0

三(#・ ∀・)「うおー! 兄者ー!」

(゚く_゚; )彡「背後からだとっ!?」

( ・ ∀・)「この階一周してきた」

ミ( ´_ゝ`)「マジかよスゲーな」

( ・ ∀・)「こんな奴ほっとこーぜ!」

( ´_ゝ`)「そうだな」

( ・ ∀・)「紫色はどっかの国でエロい色らしいし」

( ´_ゝ`)「何の話に飛んだ?」

( ・ ∀・)「さっきの話と言い、こいつもきっと危ない奴だ!」

( ´_ゝ`)「飛んでなかった」





(゚A ) 。

47 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:23:20 ID:JHeAhQN.0

鬱田が置き物と化していたので、放置する。

俺はさっきまで何をやらかそうとしていたのか、
どこへ行こうとしてたのか忘れてしまったので、
用も思い出せない俺は斉藤の後に着いて行く。

昨日から両親が共に出張で、家には誰もいないと言う。
作り置きの飯も消費したし、家政夫として一時的に雇用したい、と。

俺は、素直にその家へ雇われる事にした。どうせ一日だけだ。


( ・ ∀・)「着替えはずっと前に泊まってった時に忘れたのがあるから、
      その辺は心配しなくていいぞ! なかったら父さんの借りろ!」

( ´_ゝ`)「おー」

親のいない家に男一人、生物学上女一人でいいのか、
と突っ込みを入れる紳士諸兄らもいるかもしれない。

が、心配は杞憂だ。

斉藤は、妹か弟にしか思えないからな。
そんな存在に、一体どう欲情しろと。

俺がこうやって、今の状況を客観的に把握出来たのも、
貰ったノートに日記として書き起こして、ようやくだ。

日常に溶け込んだ違和感は、文字にしないと気付けない。

48 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:24:15 ID:JHeAhQN.0

( ・ ∀・)「オムライスうめー」

( ´_ゝ`)「そうか」

( ・ ∀・)「兄者」

( ´_ゝ`)「ん?」

( ・ ∀・)「結婚しよう」


( ´_ゝ`)「不束者ですが、よろしく」

(*・ ∀・)「ふひゃひゃ!」





34.糸吉

49 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:24:58 ID:JHeAhQN.0
今日はここまで

50 名も無きAAのようです :2013/04/23(火) 03:39:25 ID:AtHCeNnEO

またんきかわいい


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa