したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

ξ゚⊿゚)ξはおとぎ話の世界に迷い込むようです

1 名も無きAAのようです :2011/10/31(月) 23:53:07 ID:NJXJ3OMIO
〜あるところに 到底可愛らしいとは言えないそれはそれはツンデレな女の子が居ました〜

ξ゚⊿゚)ξ「うぃっ…く」

〜なんともまぁ、惨めな姿ですねツン〜

ξ-⊿-)ξ「おとこなんてぇ…ほしの数ほろいるんらからぁぁ」

〜振られた彼女は酒に溺れているようです〜

ξ;⊿;)ξ「おとこなんてぇ…おとこなんてぇ………うわーーーん」

〜泣かない泣かない〜

〜さて、そんなこんなで突然ですが、彼女にはおとぎ話の世界に行っていただきます〜

〜私も空想の世界に、3次元の物体なんか入れたくないんだけどもね〜

ξ-⊿-)ξ「むにゃ……むにゃむにゃ……」

〜こら!女の子がそんなゴミ袋の中に埋もれないの!〜

〜……こほん。では、これから私達の世界を彼女に助けていただきます〜

〜皆様方、飽きずに彼女の物語を見守っていただけると、幸いです〜

〜それでは…――――



ξ゚⊿゚)ξはおとぎ話の世界に迷い込むようです

2 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/01(火) 00:09:11 ID:2Nha7oxMO
私ね!お姫様になるのが夢!

それでねそれでね、白馬の王子様がね、私にキスをしてくれるの!

だからあなたは私の―――

ξ゚⊿゚)ξハッ

目を覚ますと眩しい光がいきなり差し込んできたので、少し頭がくらっとした。
時計を見ると、お昼近く。
携帯電話には7件の着信と、5件の留守番電話。

ξ゚⊿゚)ξ「やっちまった…」

酔っ払いとは不思議なものである。
いくら酔いつぶれても、家にはちゃんと帰れてしまう。
「はぁ…」と深くため息をつくと、頭が少しぴきっとした。
二日酔いである。

ξ-⊿-)ξ「…もう一度寝るか」

ベッドにこてんっと横になると、外の世界も横になった。

もう私と一緒に横になってくれるあの人はもう居ない。

ξ゚⊿゚)ξ「ふんっ。あんな男、どうでもいいんだから」

(,,゚Д゚)「あぁ!忙しい忙しい!」

ξ゚⊿゚)ξ「」

ξ;゚⊿゚)ξ「きゃああああああ」

3 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/01(火) 00:33:46 ID:2Nha7oxMO
凄まじい叫び声と共に、ベッドから落ちてしまった。

ξ;゚⊿゚)ξ「いたたたたたいやいやいやいやいや」

(,,゚Д゚)「あぁ!このままじゃ遅刻だ!」

そこには、時計をちらちら見ながらそわそわしているうさみみ少年が居た。
それにしてもよく出来たうさみみに髭、ぽわっとした尻尾だ。

ξ;゚⊿゚)ξ「不法侵入者ーー!!!」

(,,゚Д゚)「失礼な!僕はそんな野蛮なものではない!」

ξ;゚⊿゚)ξ「あ、ごめんなさい…」

(,,゚Д゚)「僕はね、不思議の国でも有名なうさぎなんだ!女王様に選ばれし有権者たる者〜」
(,,゚Д゚)「…はっ!こんな下等生物と話してる暇などない!」

(,,゚Д゚)「あー!忙しい忙しい!」

そう言いながらうさみみ少年はキョロキョロ辺りを見渡して、外に飛び出して行った。

ξ#゚⊿゚)ξ「ちょ、誰が下等生物よ!うさぎなんぞに馬鹿にされたくないわ!」

ツンは近くにあったコロコロを手に、うさみみ少年のあとを追ってしまった。

平日の昼間なのに、誰も街を歩いていない。

無。
音もない、無の世界。
いつもならたくさんの車の音、人々が色々話している声、商店街に流れる音楽が聞こえてくるはずなのに、それさえも聞こえてこない。
だがそんなことも気にせず、ツンは必死にうさみみ少年を追いかけた。

上下花柄のパジャマにスリッパで、ツンは不思議の国へと迷い込んでいってしまうのであった――…

4 名も無きAAのようです :2011/11/01(火) 00:40:05 ID:2Nha7oxMO
続きはまた明日。
誰か見てくれてるのかな…
おやすみなさい。

5 名も無きAAのようです :2011/11/01(火) 00:55:57 ID:zmfG4P5sO

投下量できればで良いから
もっと多くしてほしいな

6 名も無きAAのようです :2011/11/01(火) 11:02:33 ID:F2wlWuJA0
乙乙

7 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/01(火) 23:58:45 ID:2Nha7oxMO
(,,゚Д゚)「忙しい、忙しい!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっと、待ちなさいよ…っ!」ハァハァ

何分走っただろうか。
寝起きのツンは、うさみみ少年を追いかけている最中に"なぜそこまでして追いかけなければいけないのか"という衝動に駆られたが、ここまで来たからには引き下がれないだろ、もう少し頑張れと、そう自分に言いきかせていた。

その時だった。

目の前でうさみみ少年が木の根元にぽっかりあいた大きな穴に入り込んでしまったのだ。

ξ゚⊿゚)ξ「えっ…?」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

ξ;゚⊿゚)ξ「なになに!?どうなってるの!?」

辺りを見渡すと、全く見覚えのない景色、音がしない街、そして自分がパジャマ姿で右手にはコロコロ装備だったということに初めて気付いた。

そして目の前にある大きな穴。

ξ゚⊿゚)ξ「…夢だねこりゃ。帰るか」

くるっと後ろを向き、頭をぽりぽり掻きながら歩き出した時だった。

「僕を覚えているかい?」

ξ゚⊿゚)ξ「えっ?」

どこからともなく声が聞こえた。
昔聞いたことがある声。
でも、思い出せない。

すると突然、穴の中からゴオォォォと音が鳴り響き、勢いよくツンを吸い込んでいった。


ξ;゚⊿゚)ξ「ひっ!!!」


深い深い、穴の中へ――…

8 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 01:18:00 ID:ZxKVboqgO
目が覚めるとそこは小さな部屋の中だった。

ξ#-⊿-)ξ「いたたた…っ!どうなってるのよ…これ!」

周りを見渡しても、うさみみ少年はもう居ない。
部屋の壁には不思議な模様の絵が飾られていたり、誰も居ないのに暖炉に火がついてあったり、そして机の上には2つのケーキが置いてあった。

ξ゚⊿゚)ξ「あ!…美味しそうなケーキ」

そういえばツンは朝から何も食べていない。

キョロキョロ周りを見回して誰も居ないのを再確認し、2つあるうちの右側に置かれていたチョコレートケーキであろうものをひょいっと口に運んだ。

ξ゚⊿゚)ξ「ん…?…何も味がしない…」

( ゚∀゚)「ヒャッヒャ、ようこそお嬢さん」

ξ;゚⊿゚)ξ「ヒィィ!誰か居たのね!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!あまりにも美味しそうなケーキだったからつい!でもあんまり美味しくなかったわよ」

ξ゚⊿゚)ξ「…あれ?」

「イヒヒヒヒヒ」と不気味ににやにや笑っているその"物体"は人間というよりも猫と例えた方が良さそうな容姿をしていた。
大きな耳に、大きなふさふさの尻尾。
そして頬には長い髭が生えていた。
呆気に取られているツンの顔を見ながら、その猫はもう一度「ヒャッヒャ」と笑った。

9 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 01:37:14 ID:ZxKVboqgO
( ゚∀゚)「俺はジョルジュ。おまえの名前はもう知ってるぜツン」

( ゚∀゚)「イヒヒヒ、まぁそんなに驚くなよ、この耳は遠くの声まで聞こえる自慢の耳。この髭は敏感に何かを感じとることが出来る自慢の耳。この尻尾は世界一ふわふわの自慢の尻尾だ」

( ゚∀゚)「俺はおまえがこのキチガイ世界に来ることはわかってたぜ。イヒヒヒ、天の女神様は俺達に味方してくれたようだな。ヒャッヒャ」

そう言いながら彼は乗っていたシャンデリアに尻尾を巻き付けて、ぶらんぶらんとぶら下がり始め、体を上下に揺らしながら不気味に笑った。

ξ゚⊿゚)ξ(…あれ、シャンデリアがあんなに小さく…)

そこで気付いた。
ツンの体が小さくなっていることに。

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ、なんでこんなに小さくなってるの」アタフタ

( ゚∀゚)「イヒヒヒ、そこのケーキをつまみ食いするからさ。でもそんなに心配することはないぜ。左側のケーキを食べると大きくなれるからな。」

ξ゚⊿゚)ξ「…変な設定ね」

( ゚∀゚)「ヒャッヒャ」

そしてジョルジュは、すぅーっと姿を眩ませた。

10 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 01:50:12 ID:ZxKVboqgO
ξ;゚⊿゚)ξ「ちょっと!どこ行ったの!?まだあなたに聞きたいことは山ほどあるのよ!出てきなさい!」

「まぁそんなに叫ぶなよ。君は選ばれし勇者ということさ。誇りに思いたまえ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「違うの、私はただ単にうさぎを追いかけただけなの!早く家に帰って寝直したいんだけど!」

「そいつぁ厄介だな。この世界では時間など無い。一生同じことの繰り返しさ。だからおまえの大好きな昼寝も出来やしないぜヒャッヒャ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「絶対嫌!なんとかして!」

「ほら、体が小さくなったおかげで左側にある小さな扉に入ることが出来るようになっただろう?そこに入れば、楽しい楽しい狂ったお茶会が行われているぜ。一生終わることのない、永遠の地獄だ」

ξ゚⊿゚)ξ「お茶会…?」

「自分の意思をちゃんと持つことだ。何があっても、正しいことは正しいと言うんだぞ、じゃあな」

ξ;゚⊿゚)ξ「ま…待って!」

ヒャッヒャ と不気味な笑いを残し、ジョルジュは完全に消えてしまった。

11 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 02:06:06 ID:ZxKVboqgO
そしてジョルジュが言っていた小さな扉に手を伸ばし、そ〜っと扉を開けてみた。

すると楽しそうな音楽と共に、誰かが話している声が聞こえた。

| ^o^ |「ぼくのおちゃはなまぬるいぞ」

| ^o^ |「ばかいってんじゃない!なんてったってぼくはしあわせなんだから」

| ^o^ |「きみにねずみのきもちがわかるっていうのかい」

| ^o^ |「あぁ!おそろしいおそろしい!」

賑やかだが、全く話が噛み合っていない。

ξ;゚⊿゚)ξ(怖いんだけど…)

大きな長方形のテーブルの上には、たくさんのティーカップとたくさんのお菓子が並べられていたが、そこに座っていたのは話の噛み合わない2人と帽子をかぶった男性の計3人だった。

ξ゚⊿゚)ξ「…す、すみません…お聞きしたいことがあるんですが…」

('A`)「俺達はお茶会真っ最中さ。楽しい楽しいお茶会。ずっとこんな暮らしを歩めて幸せ!」

ξ゚⊿゚)ξ(ダメだ、こいつも話がかみ合わないパターンだ)

12 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 02:15:41 ID:ZxKVboqgO
だがツンはめげませんでした。

ξ゚⊿゚)ξ「帰り道を探しているんですが…」

('A`)「なんだって!いいよいいよ、お茶でも飲んで行かないかい?」

ξ゚⊿゚)ξ「」

('A`)「良いお茶が入ったんだ、少し酸っぱいレモンを入れて、そこに水銀を入れるんだよ」

ツンは聞かなかったことにしました。

ξ゚⊿゚)ξ「ところで帰り道を…」

| ^o^ |「うみゃいうみゃーい!!!」

| ^o^ |「いっひっひっ、たまらんたまらん!!」

('∀`)「うひっうひひっ」

ξ゚⊿゚)ξ「」

| ^o^ |「あうんっあうんっ」

| ^o^ |「んあっんあんあっいくいく〜!」

('∀`)「けけけけっ」

ξ゚⊿゚)ξ「か」

| ^o^ |「びくんびくん」

| ^o^ |「あっあっきもちい〜〜」

('∀`)「ぴゃーっ!!」

我慢の限界でした。

13 第1話〜不思議の国のツン〜 :2011/11/03(木) 02:34:14 ID:ZxKVboqgO
ガシャァァアアン!!

ξ#゚⊿゚)ξ「人の話を聞けキチガイ共ォォオオオ!」

と叫びながら、ツンは両手でテーブルを叩きつけた。

| ^o^ |「」
| ^o^ |「」
('A`)「」

少し間があいたと思えば、3人は一斉に身震いし始め

('A`;)「おっおっおまえも俺達を捕まえに来たのか」

| ^o^ |「くるな」

| ^o^ |「うわぁぁぁ」

と独り言を呟き始め、帽子男以外の物体達はテーブルの周りを走り出した。

ξ;゚⊿゚)ξ「えっ、えぇっ」

('A`;)「もう無理だ、戻りたくないんだ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「え…?何に戻るんですか…?」

その時だった。
遠く向こうから、馬に乗った重そうな鎧を着た男が3人こっちに向かってきたかと思えば、お茶会をしていた3人の首もとを掴んで引きずりまわし、今来た方向へ戻っていった。

| ^o^ |「いやあああああ」ズルズル

('A`;)「まだ、まだ終わりたくないぃぃ」ズルズル

| ^-^ |「…」ズルズル

ξ;゚⊿゚)ξ「…」

そして楽しい楽しいお茶会は幕を閉じ、そこにポツンとツンだけが取り残された。

14 名も無きAAのようです :2011/11/03(木) 02:35:49 ID:ZxKVboqgO
読んでくれた方々、ありがとうございました。
1話途中ですが、おやすみなさい。

15 名も無きAAのようです :2011/11/04(金) 07:54:07 ID:v1Uv5OPYO
できれば一話ずつ投下してほしいなー

16 名も無きAAのようです :2012/06/23(土) 12:46:42 ID:JokdA34U0
発掘
面白そうなのに帰って来ないのかな

17 名も無きAAのようです :2017/04/14(金) 11:35:34 ID:tRAn3.Ro0
生意気なギャルビッチとヤリたい!黒ギャル人妻出会い
【人妻出会い】】不倫、浮気、セフレ希望のエッチな人妻出会い
【人妻出会い】人妻セフレ掲示板で人妻のセフレをさがそう
人妻出会い系サイト :人妻出会い掲示板
逆援助交際掲示板で逆サポ出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds12/00/
熟女出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
人妻出会い http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
割り切り http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
不倫出会い http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
高齢熟女・おばさんの掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds07/0001/
募集掲示板
http://galscom.eek.jp/aeruyo/zds05/0001/
人妻掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds06/0001/
逆援助掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/zds15/00/
キャバ嬢掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0013/
地域別 掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0015/
メアド交換 掲示板
http://aeruyo.2-d.jp/sefuredeai/0014/
無料チャット http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove05/LiveChat/
テレクラ http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/005/
ツーショット http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/003/
テレフォンセックス http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01terehonsekkusu01/002/
無料!!人妻ライブチャット http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/2syotto01/001/
エッチな人妻との不倫 http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/deai00sex/002/
セフレ募集掲示板 http://aeruyo.2-d.jp/adaruto/deai03/deai00sex/004/
即えっち http://hisasi.sakura.ne.jp/aeruyo/adaruto/deai03/lovelove06/05/
人妻出会い系サイト セフレ不倫若妻・熟女中出しSEX体験談
【人妻出会い】セックス 人妻生はめ画像ライン無料人妻掲示板
出会い系で知り合った20代の人妻と昼間に会ってきた時のガチ体験談
人妻出会い掲示板 人妻出会い系サイト


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ヒューマノイドスリーピングバッグ Andy 人型寝袋 [最低使用温度 5度] DS-01

部屋着としてそのまま眠りにつく事も可能。

キャンプで、フェスで、
有事の際にも着たまま動ける

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa