したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる |

難易度表ルール議論

26 13 :2015/03/10(火) 05:32:25
>>20 さん
ご意見ありがとうございます。

>何かしらの根拠が有って主張する体をとるのであれば、管理者を含む他の読者が
>検証できる証拠を求めます。

まずこちらについて。
検証出来る証拠が無いのは認めざるを得ないものの、根拠が無いのはそちらの立場も同様です。
「推薦理由の殆どは抽象的『ではない』」証拠はないですよね。

証拠が無いことを理由に、こちらの意見が劣っている等と思われているならば心外です。
互いに根拠の無い土俵で議論する以上、対等な意見として扱って頂きたいです。
私は、これを「不採用票に理由を求めないこと」への対抗理由とするのに納得は出来ません。


>単に「好きな作品を皆の目に触れさせたい」というだけならば、難易度表よりも適した媒体が既に
>有る(例:Dancing★Onigiri紹介bot(@DanOni_bot))のであって、難易度表に推薦するならば、
>何か別の動機が有って良いからです。

採用したいことに単純ではない動機があるケースが存在するのはその通りですが、不採用にもそれと同程度の動機があるとは考えられませんか?
例えば、「曲の長さが丁度良く、階段譜面の練習に最適」に対し、
「曲が長く、譜面もずっと同じパターンが続き飽きやすい」という意見もあります。
どちらも同じ程度の理由付けによって採用・不採用の根拠としている意見として考えられます。
しかし、ここで問題なのは、そのような理由を考える人がどの程度いるかということです。
理由付けによってどちらに票を入れるか決定したい人も入れば、単に譜面の好みで投票したい人もいるとは思いませんか?
採用側はそのような意見を考えずとも票を投じられ、不採用側は理由を書かないと票すら投じられないのは、
皆が理由付けを行っている訳ではないと思われる現状、
理由付けを行っていない不採用票を投じた人はもちろん、理由を付けて不採用票を投じた人でさえ損をすることになってしまいます。
これはユーザーの声を聴くという観点において深刻な問題ではありませんか?



対称性をもたせていくことに同意していただけたことには感謝致します。
また、不採用票に理由を求めることも、>>20さんが仰るように今後ガイドラインを設けていけるならば文句は言いません。
「いくらかの非対称性はやむを得ない」ことについても概ね同意です。(不採用票に理由を求めない場合も、完全な対称性は持てないので)

しかしガイドラインの作成が可能かどうかが、大いに疑問です。

現在、ダンおにの人口は減少傾向に有ります。
サイト一覧の更新頻度・各サイトのアクセス数を見れば、そのデータはすぐに集まることでしょう。
ガイドラインの作成には、作成するための長い期間、及びその議論に参加する人が必要です。
また、作成後もそのガイドラインを満たすかどうか判別する能力・時間のある人材が必要なことを考えても、
今そのような負荷の高いプランを選択することは、長期的に見れば見るほど危険ではないでしょうか。

ガイドラインにより非対称性を解消することが難しい今のダンおに界隈においては、
運営として最も負荷の低い、ユーザーに任せられるところは任せる形、すなわち、
「採用票も不採用票も、理由の有無に関わらず受け付ける」形が、
長期的に最低限の対称性をもたせることに繋がると思います。

以上に加えて、前半や前回の>>13の書き込みでも申し上げた、
「採用票も不採用票も、同程度の動機である」という考えのもと、
これが一番辻褄の合うシステムだと私は考えています。

単に「理由付きの不採用票のみ認められる」というシステムのみが残る未来が、
私が最も望まない結末です。


私としてはアンケートに踏み切る前の議論が足りないとは思っていますが、それはさておき、
これから投票するという方には、
「自分が不採用票に理由を書く立場になったときにどう感じるか」
「どういうシステムなら、全ての票を平等に扱えるか」
をよく考えて投票してほしいと思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

にょたいかっ。 4 - 龍炎狼牙

女の身体になってしまったっ!!!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa