したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

【第一例会】ろうなむ卓

474 ろうなむ :2017/02/03(金) 20:50:50
セッション14概要

ジョーゲンフィストの地下にてコナ・ワイズ含む4体との敵と遭遇する。
PCと交渉しようとするコナ・ワイズを無視し(イニシアチブ的な意味で)PCに襲いかかる他3体。
3体(コナ・ワイズのお目付け役)を倒し、コナ・ワイズと友好的に交渉する。

コナ・ワイズ
モクムリアンが率いている部族の元長の妻。
モクムリアンの行為には反対しており、部族からは一定の支持がある。
モクムリアンを倒してくれたらこのパーティ(戦争準備)を解散させられる案を持っている。
モクムリアンはこの先の図書館に居る。

コナ・ワイズと別れ、図書館を訪れる一行。
図書館の構造は角が極端に減らされた構造であった。
また、呪文を行使して分かったが、図書館全体にディメンジョナル・ロックと似たような呪文がかけられていた。

大釜のある部屋に待ち構えるヘッドレス・ロードとゾンビ、ジャイアント(ヒル)(3)。
追加でハウンド・オヴ・ティンダロス(2)とスキャンデリグ(フォージフィーンド)(2)、ストーン・ゴーレムが襲ってきた。
その戦闘の最中、スキャンデリグ(フォージフィーンド)の攻撃によりストーリアローブ・オヴ・ジ・アークマギ(グリフォンの毛)を破壊する。
スキャンデリグ(フォージフィーンド)が悪いんですすいまえん。(よくやった!)

先に進むと、受付台にパスワードを記入してくださいと書かれた巻物が置かれた鏡の装飾のある扉の前に出た。
扉の前で呪文(ディテクト・イーヴル)を行使してしまった為に罠が起動し、シャイニング・チャイルド(2)との戦闘になる。
追加でスキャンデリグ(フォージフィーンド)(2)とモクムリアンが奇襲してきた。
モクムリアンは戦闘の途中で逃げ出したが、PC達は追いかけ倒す。
モクムリアンを倒すと、彼の体から禍々しいオーラと他者の口調で喋りかけられる。

「これからは英雄の時代だ。
私がシン=シャラストの軍隊を目覚めさせる時、カルゾグの名が再び恐怖と畏敬の念で話される時、虫けらどもは私によって、間もなく台地の上で叩き潰され喘ぎ苦しむようになるだろう。
私にとって都合の良いことに、お前たちがシェードロンの印がつけられた者共を生贄に捧げてくれたお陰で復活の時は近い。
お前たちの褒美を考えておくから受取に来ると良い。」

そう一方的に宣言してその他者は消えていった。
シルストップにて演説の映像が流れていた人物と同一人物だと判断し、彼こそがルーンロード・カルゾグであり、復活の時が近いことがわかる。
モクムリアンの書斎机には地図があり、サンドポイントのすぐ向こうに印が付けられメモが記入されていた。
「裏切り者シャリアサが隠したルーンフォージの鍵はどこか。ヘルファイア・フルーム廃墟、基礎結石にて見つかるだろう。」

戦いは終わり、約束通りコナ・ワイズの働きかけによりこの辺りに集結していたジャイアントは解散するであろう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


Player's Handbook (D&D Core Rulebook) / Wizards of the Coast



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa