したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

二つ名ダンゲロス2 設定パートスレ

1 やまいち :2010/08/14(土) 21:07:10
設定パートの投稿はこちら!

設定パートから参加される方は以下のテンプレを使って表明お願いします!

★★参加表明
災厄罪悪(ダークネスパニッシュ)のよしめ

2 やまいち :2010/08/14(土) 22:28:43
○枯々 朮 「絶滅撃発(エクストリームスパイク)」
23時まで

3 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/14(土) 22:31:52
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】

【特殊能力】


テンプレはこんな感じ?

4 切断贄 :2010/08/14(土) 22:32:09
(↓テンプレ)-----
【本名】
【二つ名】
【キャラクター説明】
【特殊能力】
(↑テンプレ)-----

5 巨神殺し(レギンレイヴ)のヌガー :2010/08/14(土) 22:35:14
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
10代にわたって受け継がれてきたボロボロの制服を身にまとった女子高生
実家が超貧乏で世のあらゆるものに強い妬みを持っている。
体一つで金を稼ぐプロスポーツの世界で身を立てようと、唯一の財産である身長の高さを資本にバレー部に入部したが、そのハングリー精神で1年にして大活躍するオケラを目の敵にする先輩方から陰湿ないじめや、見に覚えの無い悪評を撒き散らされ、退部処分を言い渡される。

【特殊能力】
エクストリームスパイクはオケラの最終奥義。これを打つと半径10キロ全てが焦土になる

6 梅ヅラ :2010/08/14(土) 22:36:57
★★参加表明
心臓散華(ミッドナイトプレジャー)の梅ヅラ

初心者ですが参加させてください よろしくお願いいたします

7 ベルデルが倒せなかったゆとりのぽこぺん :2010/08/14(土) 22:44:14
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
枯々朮のとる戦術はソウルフルにして場外乱闘ナイズである。
それはまさに旧来の魔人には無いエクストリームスパイクを暗に秘めているのだ。
バクマンとめだかボックスの伝えるメッセージも絶滅撃発。
これに気付けるかどうかがこれからのジャンプ読者に必要な資質といえよう。
【特殊能力】
エクストリームスパイク:ジャンプ漫画に維新の風を吹き込むが旧読者には理解できない。

8 狂音幻覚(ノイジーカーニバル)のかがみ :2010/08/14(土) 22:48:22
参加すんぜ。

【本名】枯々 朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
第二次大戦中にホロコーストを行った魔人アドルフ・アイヒマンの死霊を己に憑依させる
ことで、彼の「効率的民族浄化能力」を手に入れた女子高生。
アイヒマンに生命力を奪われ続けているため、見た目はセーラー服を着た老婆であるが、
多数の命を奪うことにより、一時的に実年齢同様の見た目を取り戻すことができる。
幼少児に家族を殺し、己を陵辱した一党を根絶やしにすべく、彼らの情報を求め続けている。
彼らを特定すべき七つの情報のうち、既に四つまでを手にしているが……。

【特殊能力】『ホロコースト・パーティション』
ある特定の生物種を絶滅させる大規模破壊能力。
また、枯々は特定の生物種に対し、条件追加することでその生物種を「別種と区別」し、
分割した後の生物種のみを選択的に絶滅させることができる。
例えば「人類」を「アーリア人」「ユダヤ人」などで分割し(パーティション)、
特定の狙った生物種のみを殺害する(ホロコースト)。
細かく条件設定することにより、地球人類のうち目の前のただ一人だけを殺害することも
可能だが、本人の気付かぬうちに地球の裏側で誰かが死んでいるかも知れない。

9 貫通結社のロケット商会 :2010/08/14(土) 22:48:50
枯々 朮 「絶滅撃発(エクストリームスパイク)」

【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
日本唯一にして最後の放牧者。
無数の羊と牧羊犬をつれて、日本全土をさまよう真紅の衣装をまとった少年。
《機関》からは最強の術者の一角と目されており、ゆえに孤独。
俗人の争いには無関心を貫いているが、彼の永遠の《夜の牧場》を侵犯する者には容赦しない。

長野県の軽井沢は彼と魔王マスター・ウェイブとの決戦で焦土と化したが、
その際、天界への扉を《穿孔(ディストレーション・アウト)》してしまったために、
現在の軽井沢は天国と化している。

【特殊能力】
能力名:絶滅撃発(エクストリームスパイク)。
彼が使役する羊と牧羊犬、そして移動する大牧場は彼の能力の産物である。
あらゆる環境を牧場に変容させるため、《世界設定》に対する攻撃能力であると考えられている。
彼が通過した後には、ただ新緑に萌える牧場が残るのみである。
効果時間は一カ月。
核ミサイルによる攻撃であれ、彼の能力に影響されたが最後、羊か牧羊犬、もしくは牧草となってしまう。

10 魍魎たる軍勢、そして(レギオン)の臣 :2010/08/14(土) 22:51:04
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】 至上なる一撃であった。
それは、まるで吸血鬼の臓腑を抉る銀の大釘であるかのように放たれた。
「貴方を、愛しています――」
彼女は、言の葉に願いを込めて。
――笑みを得る。
その女は、彼によって至福の時を迎えた。

真実は、表裏一体である。

【特殊能力】愛、そして終焉たる刹那(marriage ring)
彼女が対象を愛する時にのみ発動し、思考する間もなく殲滅する一撃。
理想の「幸福」こそが彼女を凶行に誘う。
その行為こそが、彼女にとってヒトツになるということなのだから。

11 災厄罪悪(ダークネスパニッシュ)のよしめ :2010/08/14(土) 22:53:18
【本名】枯々朮(こがらし おけら)
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【能力名】燃える闘拳(バーニンナッコー)
【キャラクター・能力説明】
枯々朮という漢を一言であらわすならば、燃える男である。バリバリのリーゼントに赤い長ランをなびかせて、蔓延る悪を燃やす拳である。
朮(おけら)とは、厄除けの花である。大晦日には、おけらの根を燃やして篝火を炊き、一年の無病息災を祈る。
枯々朮の運命、そして能力とは、朮の花そのものである。彼の運命、そして能力とは自らを燃やし慈愛の炎をまとった拳で悪を祓うことである。
木枯らしのように戦場を駆け、悪意ある者を拳にまとった煉獄の炎で殴りつけ、清める。悪は消し飛び、残るのは自らの焼け焦げた己の肉体のみである。
たとえ灰燼と消えるとも、枯々朮は相手を祓うため、拳一つで殴り続ける。

12 混濁煉獄(ガトリングキャノン)の今日知ろう :2010/08/14(土) 22:53:43
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】

何処にでもいるようなごく普通の独身女性(28)。貧乳。
普段はOLとして働いているが、彼女には裏の顔があった。

コードネーム:エクストリームスパイク。悪を絶ち!滅し!撃ち!正義を発する木枯し・・・!


そう・・・魔法少女である。


枯々家は代々魔法少女の家系であり、影から希望崎の平和と秩序を守っている。
朮は、その23代目。28歳にして由緒正しき魔法少女なのである。

エクストリームスパイクに変身する条件は、以下の3つ

・枯々家の血を引いていること
・胸のサイズがAカップ以下であること
・処女であること

これらを満たしているのが、現在枯々家に朮しかいないため
28歳の誕生日を迎えた今でも、現役魔法少女として頑張っている。


最近、親類が妙に優しく接してくれるのが、逆に辛い。

【特殊能力】

『エクストリームフラッシュ☆コガラシ』

枯々家に伝わる家宝「蠢動(ダークネス)」を高く掲げて特殊能力名を
高らかに叫ぶことで、魔法少女エクストリームスパイクに変身する。

変身時はマッハ5で空を飛び、目から買い光線を放つ

また変身していられる時間は、最大4分で
変身後3分過ぎると、徐々に衣装がほつれていき、1分後に全裸になり変身が解ける。

13 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/14(土) 22:55:27
【本名】 枯々 朮
【二つ名】 絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
依頼者のもとに冷たい風と共に現る集団専門の暗殺者の少女。目にかかるぐらいの長髪の黒髪が特徴的。
朮は能力特性からつけられたコードネームである。
それがヤクザや公権力であってもどんな集団でも壊滅させることから絶滅撃発の二つ名で呼ばれる。
幼少のころから孤独だった彼女はリア充を憎み、仲良し集団というものを憎んでいた。
その感情から目覚めたのが彼女の能力である絶滅撃発である。
そのため暗殺対象がリア充と思われる集団であれば彼女の周りの負のオーラが増幅されて見えるという

「みんな…死ねばいいのに…」

【特殊能力】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
集団の中にある負の感情(それは例えば妬み恨み等)を増幅し、集団の中に諍いを生みだす能力
彼女が行うのは負の感情の増幅のみであり、それ以上は何をするわけでもない。
最初はつまらない争いだったはずの争いはいつしか大きくなりその流れは止まらなくなっていく。
彼女の能力の標的になった集団はそれがどれほど仲が良くとも殺し合い壊滅していくのである。

14 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/14(土) 22:56:26
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
くたびれた背広を着た、神経質そうな顔立ちの痩せ型の男。
ヤクザ、マフィア等の裏組織と長期契約を結び、
報酬として庇護を得る代わりに敵対組織の抹殺任務を果たす『専属始末屋』。
銃器の扱いや暗殺術全般に関してはプロフェッショナルだが、
生まれつき『鋭利さ』を持つ物体に異常な恐怖症を抱く先端恐怖症であるため、
裏社会に生きる人間としては珍しく、一切のナイフ術を習得していない。
その任務達成率の高さとは裏腹に、本質は非常に警戒心が強く、臆病。
故に自分の特殊な『手口』を知った人間は、どこまでも追い詰めて始末する。

【特殊能力】
主に、対象の存在する密室等に対して行使される、暗殺用能力。
能力を発動すると同時に、チョーク、箒の柄、ボールペン等、
半径17m以内に存在する無生物の『先端』を木が枯れるのように削り、徐々に散らしていく。
時間と共に、削り取られた無生物は枯れ枝のように先端が『鋭利』になっていくため、
その中で行動、格闘等を試みるだけで負傷の危険性は増していく。

だが、枯々朮の能力の真骨頂はこの先にある。
能力発動後、本体が『指を鳴らす』事で、射程内に作り出された(または元々存在していた)
『鋭利な先端』は、ロケットのように高速かつ無差別に発射される。
本体の先端を恐怖する精神性故に生まれた、
確実な『恐怖』を持って対象に死を与える能力、『絶滅撃発(エクストリームスパイク)』。

15 詐欺賽目(フェイクダイス)のしお :2010/08/14(土) 22:56:40

【本名】枯々 朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
触れるもの全てを枯渇させる「掌」を持つ少女。
そのため常に特殊な手袋をしている。
その能力ゆえに過去に町一つを滅ぼしてしまったためEFB指定されており、
スズハラ機関など各組織の監視を受けている。
普段は読書好きなもの静かな少女だが、両手の手袋を外すと凶悪な人格が開放される。

「私に…近づかないでください」

【特殊能力】『枯渇焦天掌』
両手の『枯渇』の力を全開放し、大地もろとも半径10km程の物を
生物、無生物に限らず死滅させる。
宙に浮いたものには効果がない

16 凶星(ペナルティ)のとりせつ :2010/08/14(土) 22:58:29
【本名】枯々朮(こがらし おけら)
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
枯々朮は流れの医者である。
元々は、それなりの規模の病院の跡取り息子だったのだが、生来の博打好きが災いし、跡を継ぐ前に、喰潰してしまった。

【特殊能力】
特殊能力名:絶滅撃発
効果内容:即死+α
効果範囲・対象:同マス1人
効果時間:瞬間

どちらかの掛け金が無くなるまで、延々と博打をし続ける。(互いに決めた回数ダイスを振り合い勝負とか)
1回負ける毎に、1つずつカウンターが溜まっていき、最終的に賭けるものが無くなった方は、カウンターが弾ける。
その威力は、溜まっているカウンター数が高ければ高いほど物理的な破壊力も大きくなる。
この能力に巻き込まれる形で、掛け金にされた一族全員が死亡するという事があり、それ以後この能力は絶滅撃発(エクストリームスパイク)と呼ばれるようになった。

17 黒猫禁忌(スティッキーダークネス)のイトー :2010/08/14(土) 22:59:46
【本名】枯々朮

【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
精霊憑きの少女。八つの冬から秋の精霊に呪われている。
彼女に近づく者、彼女が触れる者は例外なく、緩やかに生気を失ってゆき、いずれはからからに乾涸び崩れ去る。
おなじく「秋の精霊」に憑かれた――ただし彼女とは真反対に、「愛される」という方向性で――青年、楸田明彦だけは、その効力の範疇にない。

【特殊能力】
絶滅撃発(エクストリームスパイク)
初めての発動は、「呪い」の症状で母が生き地獄に晒されていたとき、その苦しみを見るに見かねて。
簡単に言えば「安楽死」させる能力。彼女の感情に応じて自動発動。
かけらの苦痛もなく「すべて」を一瞬にして無に帰す。
が、その消去はあまりに完全すぎたため、そのとき彼女のなかからは母親に関する記憶の大部分、また母親の痕跡(周囲の人々の思い出や、愛用の品など)も同時に失われてしまった。
それ以来、彼女はみずからの能力の発動をなによりも恐れている。

18 流体少女(クワイエットシャッフル) の ぽぽ :2010/08/14(土) 23:00:36
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】&【特殊能力】
「絶滅撃発(エクストリームスパイク)」

彼はそう呼ばれている
しかし彼自身の能力は
派手な爆発やエネルギーなどを出す訳ではない

綺麗に整った顔
轢きしまった体
作りの良いスーツ
だが非常に影の薄い男

何時から居たの?全然気が付かなかった

彼に肩を叩かれた人はこう言うだろう
昔から知っている知り合いであるが良く思い出せない

ただ名前は枯々 朮ということだけ

それでも彼は不吉の象徴である
魔人に仕掛けられたトリガー
それが枯々 朮という魔人の能力

街中の雑踏で
学校の中で
そして人影のない夜道で

何気なくすれ違った相手が枯々 朮である
そして ポン と肩を叩き
「やあ久しぶりだね」と声をかける

そこで彼の存在は終わる
引き金が引かれればその人生は終わる
その存在は消え去るのだ
誰も彼の事は覚えてはいない
彼が居た事すら覚えていない

彼に気が付いた人はこう言うだろう

何時から居たの?全然気が付かなかった


彼に気が付いた人は彼に肩を叩かれた人であり
彼も新しい枯々 朮の一人なのだから


少しずつそして急速に町から人影が消え
町の人がすべて消えた所で
枯々 朮達は一つに集まり

一人の枯々 朮として
また次の街へと旅立っていくのだ

静かなる絶滅
しかし爆発的に広がり終わる
それが「絶滅撃発(エクストリームスパイク)」である

19 絶滅劇場(ホワイトライオット) の DT :2010/08/14(土) 23:00:37
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
眼光鋭い長身の偉丈夫。尊大な態度を崩すことない。
真夏だろうが重厚なるコートをを年中着こんでいる。
最前線に身を置きながらも、自らの能力を明かそうとしない。
「既に使っている、貴様らで暴いて見せればよいであろう」とは本人の談。

【特殊能力】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
この世のものとも思えない、恐慌の極みを現出する能力。
その幻影は発動時の状態で大きく姿を変じるが、そのどれもが"滅び"を想起させるものではある。
イメージ例:"業火""傾国""波浪""木亥"等
その圧倒的迫力を創生するのに力を使いきるため、そのまま実世界に送り出す事が出来ず、
他者の能力発現に乗じねばならない。
無論この幻影は発動者の能力と思われる。
また、発動者自身も、自分の能力認識と異なる性情が顕現するため、自らの暴走か他者の支配かともとれず
混乱のままに心を穿たれる。本人はむしろこちらの用途での使用を好んでいる。

20 強襲迅雷(グレネイドヴェロシティ)の立川 :2010/08/14(土) 23:00:54
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
他人との接触を極度に恐れる少女。能力に目覚める前は、友達と良く笑う普通の少女だった。
しかし、能力『絶滅撃発(エクストリームスパイク)』に目覚めた時、彼女の世界は一変した。
彼女の通った跡――――そこには廃墟しか残らなかった。
能力で友人を傷つけてから、枯々朮は他人との接触を恐れ、一人で居る事を選択し続けた。
ちなみに妹キャラ。

「そばに……来ないで下さい……」



【特殊能力】
『絶滅撃発(エクストリームスパイク)』
枯々朮の感情が高ぶった時に自動発動。
枯々朮の周囲に、大きさ:バレーボール玉くらい、質量:5〜10㎏の光玉が4つ現れる。
光玉は空中に浮いており、枯々朮を保護するかのように旋回している。
光玉は枯々朮の意思とは無関係に動き、『動くモノ』を自動で追い、動きを止めるまで追い続ける。
なお、『動くモノ』を追い続けている間、標的を最短距離で追うため、途中の障害物を破壊しつくす。
この能力は、枯々朮の精神が落ち着くまで消えることは無い。

21 感染瘴気(グロテスクゲーム)のたびびと :2010/08/14(土) 23:01:26
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
枯々朮は一人だが、独りではない――
さながら、小さな白い花の集合である朮のように。
それは無数の少女の集合体の総称である。
少女たちはどこにでも現れ、どこへとなく消えていく。
全員が白いワンピース、白い帽子、無表情で人形のような顔。
見ると幸せになるとも、有り金がすべてなくなるとも言われている。
都市伝説のような存在である。

ちなみに少女同士は猛烈に愛し合っており、毎日乱交してる。

【特殊能力】"枯れるまで、あなたを"
精根尽き果てるまで愛し合って自分を絶滅させる。

22 瞬殺無銘の豆 :2010/08/14(土) 23:01:28
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
自分の名前の由来が虫だと勘違いし、両親と妹を虐殺した過去を持つ。
すでに妹の顔は覚えていないが、街で少女を見かけるたび
妹が生きていたなら、あんな感じだったかも知れない―
そう考えて、胸に穴があき、風が体の中を吹き抜けるような
虚無感を感じる。

いまこの街で、少女誘拐が頻発しているのは、何故だろうか。

【特殊能力】
I lost−
彼が誰かを愛した時、かつて愛した誰かを誰かに重ね合わせた時、
その世界は消滅し、その誰かがいない世界へと跳躍する。
彼の主観は、消滅した世界を自覚していない。

23 武装劇場(ヴァーミリオンキャノン)の鬼無瀬 空観 :2010/08/14(土) 23:01:57
【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】

 希望崎学園のバレー部の歴史を作り、終わらせた男。
 彼の入学により弱小だった希望崎学園バレー部は全国区レベルに達し、彼の起こした事件によって希望崎学園バレー部はその歴史をとじた。
 元は人間だが恵まれた才能と熱い気持ちを持ち、周りの仲間を感化し彼が入学してからバレー部はどんどん実力を伸ばしていった。
 そして、3年最後の試合。地区大会決勝でライバル校を撃破し念願の全国大会に出場する。
 が、設備・選手の整った全国トップクラスのチームには手も足も出ない。
 みるみるつけられていく点差を前に、彼の脳裏に移ったのは今までの思い出――積み重ねてきた練習・ライバルとの死闘・そしてともに歩んだ――
 膨れ上がった彼の思いは膨大な中二力という形で爆発し、試合中に魔人として覚醒。
 半ば事故のような形で発動してしまった能力はルールにのっとり反則として扱われ、希望崎学園は敗退となった。
 負けたくないという思いで目覚めた力の所為で、彼らは敗北したのだ。
 最後まで判定を受け入れず、コートからも離れようとしなかった彼の抵抗により試合場は半壊。
 最終的に自衛隊の出動により自体は収束した。
 以後、現場はEFB能力者覚醒事例としてそのまま保存され、人も立ち寄らずただ木枯らしの吹きぬける廃墟となっている。 

【特殊能力】
「絶滅撃発」
 装填、撃鉄を起こし、引き金を引き、撃発というプロセスをのっとって発動される願望実現化能力。
 イメージを込め(装填し)
 覚悟を固め(撃鉄を起こし)
 行動を起こすことで(引き金を引くことで)
 望み通りの結果を導く(撃発する)
 という能力。
 ただし、バレー中に目覚めた能力であるせいで「撃ちこむ」というイメージが強く、攻撃的な結果になることが多いようだ。

24 極限傀儡(ノイローゼ)の米ット :2010/08/14(土) 23:02:39
二つ名:絶滅撃発(エクストリームスパイク)

キャラクター説明:
日々喧嘩に明け暮れているバンカラスタイルの高校生。2メートルを越す巨体と人並み外れた怪力の持ち主で、喧嘩ではいまだ誰にも負けたことがない。
絶滅撃発(エクストリームスパイク)の二つ名で関東地方の不良たちに恐れられているが、弱気を助け強気を挫く熱血漢である。
実は超能力者集団「ESイレブン」の一人で悪の超能力者集団「我闇(がやみ)」から日本を人知れず守る任務に就いている。

特殊能力:メリケンキネシス
自分の体温を0.1℃下げるのと引き換えに、黄金のメリケンサックを創り出す能力。
能力を暴走させることで絶対零度のタックルと降り注ぐ3101個のメリケンサックによる挟み撃ちを行う「アブソリュート・ゼロ」が奥の手。
「その3101個のメリケンサックが!お前と俺の墓標だ!」(決め台詞)

25 ふきゅう :2010/08/14(土) 23:10:09
【本名】枯々 朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
校内にいる殴り屋。
ボロボロな学生服姿の男。その外見は命を傷つける厳しい冬の烈風を思わせる。
自らの身体を武器とするその戦闘スタイル……「叩きつける」という現象を極限まで追求した姿から「エクストリームスパイク」の二つ名で呼ばれる。
幼いころに転校生の猛威を目にした彼は、それと同等の水準まで自らをもっていくために常に戦いの中に身を投じている。
現在の彼は、自らの能力をもってすれば転校生を貫くことすら可能だという自負を得るところまで到達した。


【特殊能力】
「ブレイクビート」
両手の手首から先の強度を瞬間的に強化する。
能力使用中は、彼の両手は一切の変質を受けず、拳銃の弾丸はおろか、いかなる過酷な環境におかれても傷つけられることはない。
ただし効果は数秒であり、盾として使うには少しこころもとない。
彼は自らの魔人の身体能力を活かし、いくら全力で叩きつけても反動を受けない武器として自らの能力を利用する。
拳の形よりも、手のひらを開いて攻撃面積を増やして叩きつけることのほうが多い。

26 雷帝計画(サイレントリミット)のアスハル :2010/08/14(土) 23:10:17
★★参加表明
雷帝計画(サイレントリミット)のアスハル

たとえラジオが聞けなくても、こちらに参加したいです。

【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
 生物は、遺伝子にその脅威を刻むという説がある。
 あらゆる世界の神話に龍がいるのは白亜紀に哺乳類に刻まれた恐竜の姿を模しているのだと。
 人が昆虫や蛇を恐れるのは、かつて樹上で暮らしていたヒトにとっての最大の敵がそれらだったからだ、と。
 枯々朮は、何らかの事情で「ケラ」の脅威を遺伝子に刻まれた魔人の一人である。
 それに加えて魔人の攻撃性が含まれた結果、
 その能力は、ケラを倒すためだけに――過剰なまでに――特化している


【特殊能力】
 肘から先が、ケラの爪のような形の甲冑で覆われている。
 この甲冑が触れた場所は、ケラがどれほど努力しても生存不可能な領域を作りだす。
 しかしケラは水陸空全てに対応できる数少ない生き物である。
 すなわちこの『ケラの両手(エクストリームスパイク)』は、水を破壊し土を破壊し空を破壊する――物体を完全に消滅させ、その場に巨大な真空を作りだす。

 この力を恐れた彼女の両親は、彼女の名を『朮』という花の名で縛ることで、その力を封印する。
 普段の少女は、ごく普通の手をした、花のように笑う女子校生である。
 しかし、封印の歌を詠いその力が解放された時、彼女はあらゆるものを破壊し、真空を自在に使いこなす化け物となる。


『恋しけば 袖も振らむを 武蔵野の うけらが花の 色に出なゆめ』
――封印の歌。万葉集より、詠み人知らず

27 やまいち :2010/08/14(土) 23:10:29

【本名】枯々朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
いつも釘バット(スパイクロッド)を持ち歩いている女の子。
自分に自信を持てず内気な性格な一方で、愛する男の子の幸せを第一に考えるとても健気な子。
愛する人が歩むべき理想の人生を設定し、それを邪魔する物、人を彼の為に物理的に排除する。
ただ、あまりに理想が高いため最終的に愛すべき人自体も「思い描くレール」から外れるため、彼自身も含め全員を滅してしまう。

【特殊能力】
『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブ』
想い人を影から見守る能力
愛する人に対する愛のための行為が他の人から観測できなくなる。
もっとも、彼女は常に誰かを愛し、常に誰かの為に行動しているため、基本的に、常に彼女は観測されない。

28 終焉雷帝(アナザーカタストロフィ)のソリ :2010/08/14(土) 23:10:44
【本名】枯々朮(こがらし おけら)
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)

【キャラクター説明】
地球の歴史において一定期間ごとに現れ、老いた種を一掃し、次代のための『種の空席』を作る役割を持つ『使者』。
その時代で最も繁栄している生物に形で世に現れ、現代ではある人間に(母胎にいるときから)寄生し発生した。
寄生された人間は基本的な外見は普通の人間と変わらないが、首筋にオケラに似た小さな白い花が生える。
そして能力説明で後述されるこの『使者』は木枯らしの如く生物繁栄の『秋』に出現し、
それらを一掃して『冬』、そして新たな生物の隆盛し始める『春』へと導く、
その性質から、その存在を知る者には名を『枯々朮』と呼ばれた。

【特殊能力】『絶滅撃発(エクストリームスパイク)』
約2000〜3000万年周期で起こる。すなわち効果発揮までの遅延時間制約が2000〜3000万年。
前回の発動よりしばらくの間は地球内核に潜伏し、内核のエネルギーを蓄えているが、
発動の二十年程度前になると地上に出現、人間の妊婦に空気中から胞子で寄生し、その胎児に宿った形で出産される。
胎児に寄生するのは上の『花』の部分で、『根』の部分は内核部分に留まったまま、
『花』にエネルギーの貯蓄状況を逐次伝達する。
そして発動の時が来ると、寄生主の意志を奪って『花』が『根』に信号を出し、『根』が能力を発動、
能力によって全地球規模の地磁気変動・地殻変動・気象変動、自信・火山の噴火などを引き起こす。
そして、その時点で地球上に繁栄していた生物たちも、この超広範囲の変動ではもはやなすすべがないであろう。
全地球規模の災害が起こる前兆として、花の『信号』によって地球規模の『木枯らし』が吹き荒れる。

29 切断贄 :2010/08/14(土) 23:11:01
【本名】枯々 朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
男か女か……

【特殊能力】
流れかー

30 切断贄 :2010/08/14(土) 23:48:01
【本名】枯々 朮
【二つ名】絶滅撃発(エクストリームスパイク)
【キャラクター説明】
綺麗な花の名前である朮の名前を貰った少女
しかし、虫の螻蛄と音が同じため苛められている

【特殊能力】
苛められ続けたため、螻蛄に対して憎しみとも、共に苛められるという不思議な連帯感などの、複雑な感情を持った
その感情が更に屈折して、螻蛄を操る力を持った

無数の、無量の、無限の螻蛄の群れが移動する様は、恐ろしい流れとなる
流れを誰も止めることはできない
流れの通った後に、生き残っているモノもいない

31 ふきゅう :2010/08/15(日) 00:21:02
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】

【特殊能力】

32 やまいち :2010/08/15(日) 00:23:10
0時50分まで

33 やまいち :2010/08/15(日) 00:27:48
すいません、55分までで。

34 ベルデルを倒せなかったゆとりのぽこぺん :2010/08/15(日) 00:37:42
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
「よく来たな・・・『ハウリングサン』」
「僕は『ハウリングサン』なんかじゃない!」
やっとここまで来れたんだ。僕は目の前のスペースガーディアンに
これまで言いたかった全ての思いをぶちまけた。
「僕はお前の言うハウリングさんじゃあ無い!僕の名は・・・、枯々朮だ!」
「ちょっと待てマジで誰だおいお前は」
【特殊能力】
圧殺炎球(ハウリングサン)
宇宙全てを飲み込む巨大な恒星となり銀河を滅ぼすらしい。
この能力のせいでスペースアーディアンになった星火すぴかは
替え玉を立て宇宙の反対側でじっくりと能力を完成させる事にした。

35 流体少女(クワイエットシャッフル) の ぽぽ :2010/08/15(日) 00:37:47
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
燃えろ 燃えろ 燃えちまえッ!!
極大質量!!極滅熱量!!
瞬間焼却!!炎上灰塵!!
全てをハイにしてやるぜッ!!

俺の言葉(ソウル)が俺の音楽(ミュージック)が俺の鼓動(ビート)が俺の情熱(パッション)が
オメーラの心を燃やし押しつぶすぜッ!!
暴力(ロック)!!爆発(ロック)!!破壊(ロック)!!麻薬(ロック)!!性交(ロック)!!

ロックバンドVIRGOヴァルゴの女性ボーカル 星火 すぴか
ロックスター
その歌声は人々の心を揺さぶり押しつぶすと言われる
イシュタルはおとめ座ののモデルとなった女神
スピカはおとめ座の星である

【特殊能力】「イシュタルの歌声」
人々の心に火を灯し燃やしつくし押しつぶす
歌声を聴いた者は凄まじい熱狂の果てに気絶する
場合によっては死亡する事もある

36 貫通結社のロケット商会 :2010/08/15(日) 00:38:20
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
影の第五天宮《エンペドクレス》に住まい、オートマータたちにかしずかれて暮らしていた少女。
天宮の守護者たちの女王にして大天狗、上島アリアの最高傑作であり、
その体内には28の守護聖人の《霊格(レガリア)》が祈りとともに籠められている。
天宮《エンペドクレス》を守護するために生きてきたが、
大学生の犯罪チームに誘拐され、現在はベルギーで生活している。

一般常識にきわめて疎く、外見は大天狗であった上島アリアの趣味により烏天狗であり、
ガーゴイルとよく勘違いされる。
その出自から占星術もたしなむが、「星は占うより壊すもの」という認識からあまり得意ではない。
ちなみに家事はまったくできない。

《保有スキル》
遠距離砲撃:17 占星術:5 ルーン魔術:2 家事:−2

【特殊能力】
特殊能力名:圧殺炎球(ハウリングサン)。
惑星を媒介にする能力。
対象となった惑星の核に能力を展開(アンカー)することで、
その密度、温度、物質構成などを自在に変化させる。

圧倒的な能力のように思えるが、近くの星の喪失が地球や自分にもたらす影響を考えると、
まったく実用的ではない。主に交渉用である。

37 致死方程式(メカニカルコラプション)の刃 :2010/08/15(日) 00:38:39
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
 その膝まで届く長い髪は喪服を連想させる烏の濡れ羽色をしている。
 鋭利な刃物を思わせる猛禽の双眸に魔よけとして目尻に虹色の縞瑪瑙にも見える赤土化粧を施している。
 整った鼻筋に同性すらも蠱惑する桜色に輝くぽってりとした唇から小悪魔と呼ばれる。
 上肢は上腕から前腕まではもちろん指先に至るまで筋肉の流れが滑らかであり乳児のように小さな手は幼い彼女の童顔と相まって魅力的である。
 早熟な乳房はささやかながらも確かに膨らみがあり走れば本人が自覚する程度の重みがある。
 臀部から脚にかけては人魚に見紛うほどであり圧殺炎球の由来にもなった小麦色に焼けた健康的な肌は木目細かく張りがある。
 全体的に均整のとれた体型だが奇抜と表現するのが適切な化粧や服装から外見で年齢を判断することは極めて困難であると言わざるを得ない。
 成績は中の下だが体育が得意である。
 彼女には物事を単純に考えたがる大人にも子供や女の子の括りでは捉え切れない特徴がいくつもある。
 その中のひとつが兄依存症である。
 彼女はそれは重度であり兄が女の人と恋仲になるのが嫌で兄には是非とも男性と付き合って欲しいと思っている。
 本人はそのことに気づいておらずまた周囲は彼女がそれを自覚すると深く傷つくと分かっているためあえて教えていない。
 それゆえに彼女は今日も兄の前で照れることもなく元気に話すことができる。
 あらゆる悩みも彼女にとっては兄との間の話題となりその意味において彼女の喜びの元になりうる。
 彼女が他人から兄依存症を指摘されてもそのことを最初に相談するのは恐らく兄であろう。
 彼女の兄は妹思いであり身内贔屓を除いても容姿も性格も成績もよくできた非常に優秀さで母親からは兄に才能を取られたと皮肉られることもある。
 彼女からすれば自分で何かができるよりも頼りがいのある兄が何もかもをしてくれる方が嬉しいためむしろ喜ばしいことである。
 また兄も妹には他人を羨んだり憎んだりしないという学校の成績以上に大切なものを持っていると思っているため特に問題だとは考えていない。
【特殊能力】
 いわゆる特殊能力というもの程の能力はない。
 強いて言うなら兄と今の関係を続けられるよう周りに理解させる人間関係を本人の自覚なく構築したその性格が能力と言えるかもしれない。

38 雷帝計画(サイレントリミット)のアスハル :2010/08/15(日) 00:38:46
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
 国に使える代々続く陰陽術、召喚士の家系、星火家における禁忌の仔。
 生まれつき契約してしまった対象と、その極端すぎる召喚能力の為、表向きにはいないことにされている。

【特殊能力】
契約の行使:召吼星(ハウリングサン)

* 地球からの距離:約260光年[2][3]
* スペクトル型:B1 III-IV+B2 V
* 視線速度:1 km/秒
* 固有運動:53度/年
* 見かけの明るさ:シリウスAの0.108倍
* 実視等級:0.98等
* 絶対等級:-3.55等
* 光度:2.5×104太陽光度
* 直径:太陽の約6倍(諸説あり)

以上の特徴を持つ星『おとめ座のスピカ』の一部を、指定位置に『召喚』する。
彼女の力では、呼べるのはせいぜい一須臾(しゅゆ。一兆分の一秒)のみ。だがそれだけで、星の持つ熱と質量は、星一つを滅ぼすレベルの威力となる。
彼女はスピカと契約している為、彼女だけは被害を負わない。
制御すればもっと一部だけを呼び出せるようになるかもしれないが、失敗のリスクが高すぎる為、彼女は禁忌の仔として幽閉されている。
それでも殺されないのは、核に似た抑止力としての運用が考えられている為。

39 ベルデルを倒せなかったゆとりのぽこぺん :2010/08/15(日) 00:39:15
訂正。
スペースガーディアンになった×
いずれスペースガーディアンに追われると考え、対策を考えた○

40 感染瘴気(グロテスクゲーム)のたびびと :2010/08/15(日) 00:39:19
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
「恒星」というもの――
半ば永続的に、夜空でひときわ輝き続けるもの……
まるでひとつの星のような、そんな生命の火をその眼にともした少女。
強い意志をそなえ、正しいと思うことを常に実行する。いつも、まっすぐに立っている。
容姿は長身で長い髪をなびかせ、細身で脚が長い。
完璧、という言葉が似合いすぎる少女。

そのあまりの人格的輝きに、周囲の人が強制的に劣等感を感じさせられてしまうさまから、
「圧殺炎球」と呼ばれている。
彼女は絶対的に正しくて美しいけれど、友達はいない。
彼女を照らしてくれるのは、誰をも平等に照らす、夜空の星だけ――
だから彼女自身も、星を愛している。

愛しすぎて、流星群の日は一晩中オナニーしてた。


【特殊能力】「スターライト・ファイアーボール」
太陽のように熱い自慰にふける。

41 極限傀儡(ノイローゼ)の米ット :2010/08/15(日) 00:40:57
【キャラクター名】星花すぴか
【二つ名】圧殺火球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
星花すぴかは、14歳の男の子。右利き。
彼には双子の妹がいたのだが、産まれた瞬間に死に別れてしまっている。
本来は双子として産まれて来るはずであった彼に対して、
天文学者の両親は二連星である乙女座のスピカにちなんで「すぴか」という名前を付けた。

実は彼の体には彼自身の魂だけでなく妹の「スピカ」の魂も存在しており、14歳で魔人に目覚めた時から「すぴか」は「スピカ」と心の中で会話が出来るようになった。
表に出す人格を切り替えることもでき、「スピカ」が表に出たときは体も女性のものに変化する。

星花の一族は代々火を操る能力を持ち、「すぴか」は右の掌から聖なる炎を、「スピカ」は左の掌から暗黒の炎を放つことが出来る。
「すぴか」と「スピカ」が魂融合(コンフージョン)して両の掌から同時に火を放つ「圧殺火球」を最大の必殺技としている。
「圧殺火球」を使う時には、体が一つだけのハズの「すぴか」と「スピカ」が「同時に」叫びながら火を出すため、「ハウリングサン」の二つ名で呼ばれている。

【特殊能力】「魂融合(コンフージョン)」
「すぴか」と「スピカ」の魂を同調・融合させ、同時に表の人格として出る能力。兄妹両方の能力を同時に使うことができるようになる。

42 絶滅劇場(ホワイトライオット) の DT :2010/08/15(日) 00:41:02
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
高い所が大好きな少女。
木登りもお気に入りであるが、別段器用ではないのでよく落下する。
見えてしまう可能性が高いにもかかわらず、わざわざミニスカートを履いているのは能力の発動を助ける意図がある。
宇宙飛行士の兄を溺愛しており、高い所に向かいたがるのも彼に少しでも近づきたい心理の現れである。

【特殊能力】圧殺炎球(ハウリングサン)

対象より高い所の物体を水平方向にのみ操る能力。鉛直方向は重力に頼る。
相手の頭上に物を落とす使い方が主であるが、彼女の細腕で持ち上げられる程度のものしか動かせない。
圧殺による即死を逃れても、圧し潰された中で、上天に輝く炎球が相手の抵抗力を徐々に奪うという、二連の攻撃。
太陽がじり、じりと身を灼く音のみが相手に響く。

43 魍魎たる軍勢、そして(レギオン)の臣 :2010/08/15(日) 00:42:03
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】彼女以外に生き残りがいない程の大規模なトンネル内玉突き事故により聴覚を失った少女。
その事故の際に魔人に覚醒した。
常に会話用のノート(Yes/Noを指してもらったり、相手の伝えたいことを書いてもらう)を持ち歩いている。
この手帳は彼女の誕生日に兄がプレゼントしたもので、彼女の大切な宝物である。
兄に兄妹以上の好意を持つ、正統派の妹キャラ。
聴覚を失って以降、自分の声量を調節することができなくなった為、叫ぶようにしか話せなくなった。
よって普段は言葉を発することに極度の忌避感を覚えている。
心から信頼している兄にのみ、その声を聞かせることができるようだが……?
【特殊能力】 圧殺炎球(ハウリングサン)
交通事故で炎上したバスの乗客たちが、その最期の苦しみを彼女の声に宿らせた。
彼女の叫びに宿った灼熱の記憶が無数の炎球の壁となって発現する。
叫び続ければ声は枯れ、発生する炎球も減少する。
彼女の精神状態によっては、能力を抑えることもできる。

44 黒猫禁忌(スティッキーダークネス)のイトー :2010/08/15(日) 00:42:45
【本名】星火 すぴか

【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
とある神殿の誰も寄りつかないような回廊の奥深くに設けられた牢獄「星火」、
ならびにそれそのものに付与された疑似人格のことを指す。

半透明の幽体状ではあるものの、人の姿を取ることも可能。
十代前半の、性に未分化な少女とも少年とも見える。
外見はほぼ固定的(に、見える)が、髪の色はちょくちょく変わる。曰く「気分で」。

「星火」ではなく「すぴか」のほうで呼ばれることを好む。
名前をくれたのは、およそ百五十年ほどまえに収監されていた思想犯の女性。
以来、「番人」としての枠を超えて、個人としての人格を徐々に形成し始めている。
神殿上層部には、それを危険視する向きも多々。

【特殊能力】
圧殺炎球(ハウリングサン)
牢獄「星火」の、刑具としての一面。

45 強襲迅雷(グレネイドヴェロシティ)の立川 :2010/08/15(日) 00:45:14
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
どこにでも居るごく普通の女の子。(高校1年生。肩くらいまで伸びた黒髪)
でも、彼女には誰にも言えない秘密があった。
そう―――――彼女は、お兄ちゃん(高校3年)に恋をしていたのだ。
学校でも、家でも、道端でも、隙あらばお兄ちゃんに抱きついては、兄を驚かせている。
休日は、嫌がるお兄ちゃんを無理やり連れ出して街へ出かける。
見知らぬ人に、カップルと間違われるのが嬉しくてしょうがないらしい。
ちなみに本人は秘密のつもりだが、お兄ちゃんLOVEな事に周りはみんな気づいている。
何処でも抱きついてくる妹に、お兄ちゃんも最初は困惑していた。
しかし、「こいつ……、こんなに大人びた身体だっけ?」と、ドギマギする場面もしばしば。
猛烈アプローチをしかけてくる妹と理性の狭間で揺れる、悩める18歳。
頑張れ、お兄ちゃん!!

「お兄ちゃん、大好き〜♪」ムギュッ
「わっ!!バッ……!!急に抱きつくなよ!!」


【特殊能力】
『圧殺炎球(ハウリングサン)』
すぴかの熱い想いにより発動した能力。
感情が高ぶった時のみ発動。抱きついた相手+自分の体温がぐんぐん上昇する。
抱きつきから逃れるまで、体温は上昇し続ける。
途中で2人が死亡しても、抱きついている間は体温は上昇し続ける。
じりじりと高まっていく2人の体温。
それは、まるで共鳴する二つの太陽だった。
最終的には、体温が上昇し続け燃え尽きる。

なお、この能力で誰かを殺害したことは無い。
ただし、兄に抱きつく際、体温はじょじょに上がってきている。
この熱さは、能力によるものか、妹の情熱によるものなのか。

「お兄ちゃん、大好き〜♪」ムギュッ

46 混濁煉獄(ガトリングキャノン)の今日知ろう :2010/08/15(日) 00:47:22
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)


【キャラクター説明】
政府によって管理されている研究所『Spica』で作られた少年生物兵器。貧乳。
当初は自我を持たない、純粋な殺戮マシーンであったが、担当研究者の破枷ナノ(はかせ なの)
と触れ合ううちに自我が生まれ心を持つようになった。

徐々にナノと心を通わせていくうちに、自身も普通の人間になりたいと強く望み
とある、星々が綺麗に輝く晩、すぴかはナノと共に研究所から逃げ出し行方をくらます。

その後、二人の行方を知るものはいない。

「ナノさん・・・・僕、僕は・・・「ニンゲン」に、なりたい・・・ッ!」


破枷 ナノ:

『Spica』の女性研究員(28)。貧乳。

生態No.23「星火」の担当であったが、徐々に彼に情が芽生え彼と共に研究所から逃亡する。
情報工作が得意で、政府に自分たちの居場所がばれぬように、情報操作を行っている。

「大丈夫、大丈夫よ。キミはきっと、人間になれるよ・・・・!
 

 (うひょおう!苦悩する美少年生物兵器萌え〜!!!)」


【特殊能力】

体内に内臓されている核融合炉を、最大出力で稼動させ、超身体能力を発揮させる。

特殊能力発動中は、体が紅蓮のように赤く燃え上がり、さながら太陽のようになる。
その怪力により敵を押し潰し焼き尽くす、ド直球ストライクな単純(シンプル)な能力。

シンプルゆえに、その暴力は、強大である。

47 魍魎たる軍勢、そして(レギオン)の臣 :2010/08/15(日) 00:47:56
スイマセン、書き直している途中で投稿してしまいました

【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】バス通学中、彼女以外に生き残りがいない程の大規模なトンネル内玉突き事故の後遺症より聴覚を失った少女。
その事故の際に魔人に覚醒した。
常に会話用のノート(Yes/Noを指してもらったり、相手の伝えたいことを書いてもらう)を持ち歩いている。
この手帳は彼女の誕生日に兄がプレゼントしたもので、彼女の大切な宝物である。
兄に兄妹以上の好意を持つ、正統派の妹キャラ。
聴覚を失って以降、自分の声量を調節することができなくなった為、叫ぶようにしか話せなくなった。
よって普段は言葉を発することに極度の忌避感を覚えている。
心から信頼している兄にのみ、その声を聞かせることができるようだが……?
【特殊能力】 圧殺炎球(ハウリングサン)
交通事故で炎上したバスの乗客たちが、その最期の苦しみを彼女の声に宿らせた。
彼女の叫びに宿った灼熱の記憶が無数の炎球の壁となって発現する。
叫び続ければ声は枯れ、発生する炎球も減少する。
彼女の精神状態によっては、能力を抑えることもできる。

48 災厄罪悪(ダークネスパニッシュ)のよしめ :2010/08/15(日) 00:48:31
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】『星火すぴか』
lylics:darkness punishment
アタシ 星火すぴか
ぴっかぴかの 17才
恋するオ☆ト☆メ

愛する Myダーリンとは
エンキョリな☆の☆だ

寂しいけど 切ないけど
そんな締め付けられそな
苦しいキモチも
ダイゴミ DA☆YO☆NE

会いたいほど Ahイタイホド
私のハート燃え上がる
死んじゃいそなほど 切なくて
押しつぶされそになるけど
好きなキモチ 止められない
輝く オ☆ト☆メ

【特殊能力】『恋の打ち上げ花火count☆down!』
lylics:darkness punishment
燃え上がっちゃった愛は 誰に止められない
恋焦がれるハートは どうにも止められない
苦しいの 切ないの
今すぐ爆発しそう!
みんなが 逃げ出すけれど
3ターンなんか待てない!
せいぜい 待てて2ターンね
Daring☆に 会わせて!
声を聞かせて!

声を聞かせてくれたら、
爆発威力も半分になるわ!
死人は出ないKA☆MO☆NE!

会わせてくれたら、天に昇るわ!
昇天するわ!
二人で天に昇ってエデンの園で幸せに暮らすわ!
ポイントあげるわ!

でも、でもでも
会えなかったら
もし、もしもし
声が聞けなかったら
みんな死んじゃうの♪

HELL! HELL! LET'S HELL!
DEATH! DEATH! LET'S DEATH!
NIGHTMARE! NIGHTMARE!
WOOOOOOOOOO!!
DESTROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOY!!!!!

悪魔の国から悪魔の国から
死者の太陽昇るわ!
何がクニだよ!!!
KUNNI KUNNI KUNNI KUNNI...

49 詐欺賽目(フェイクダイス)のしお :2010/08/15(日) 00:49:57
【本名】星火 すぴか

【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
星の意思を具現化した存在、もしくは星そのもの。
数千年に一度人の姿で地上に現れる高密度エネルギー体。

【能力】ハウリングサン
すべてを無に
すべてを有に

星の生命をリセットする能力

擬似太陽を創り出し、共鳴−そして、多重世界の創世。

50 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 00:51:03
【本名】星火すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
連続放火事件がニュースを賑わす暗い世相の中で、彗星のように現れた若手アイドル。
多くの観客を魅了する抜群の歌唱力に加え、清楚なルックスと健気な仕事への姿勢には、
新人ながらも既に熱狂的なファンも多く、新曲は常にヒットチャートのトップを独占している。
ステージでの姿とその外の姿にも裏表はなく、普段はやや恥じらいがちなごく普通の少女だが、
実は歌やファンへの感謝の気持ちの他にも、心の奥底に誰にも明かせない深い『衝動』を抱えている。
それは、圧倒的な『放火衝動』。星火すぴかの煌びやかなアイドルとしての姿と共に
メディアを騒がせている連続放火魔とは、他ならぬ星火すぴか自身である。

【特殊能力】
本体の肉声か、それがマイクやハンドメガホン等で増幅された『歌』によって発動する能力。
歌の音波に触れたものに、固有振動数に関わらず常に『共振(ハウリング)』を起こす性質を付与する。
彼女の歌の届く範囲にいたものは全て、歌が続く限り周囲からの『音』に対して振動を続け、
その振動は自身や周囲の発する歌、叫び、あるいは悲鳴すらも巻き込んで、さらに増幅される。
最終的には共振する消えない『音』の凄まじい振動が熱を生じ、自然発火現象を起こして焼け落ちる。

本体一人の歌では精々放火事件の『火種』を作る程度しかできない能力ではあるが、
観客が多ければ多いほど、そして彼らの『熱狂』の音が大きいほど莫大な力を生む能力である。
彼女はいつかこの能力を使って、ドームを満員の観客ごと巨大な火球と化して爆殺したいと夢見ている。
また、本体は熱による二次被害を含め、この能力の影響を受けない事も彼女は確認している。
音圧と爆炎の地獄『圧殺炎球(ハウリングサン)』から生還可能なのは、歌い手である本体、星火すぴかただ一人である。

51 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/15(日) 00:51:18
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
学園内でも姉妹仲がいいことで知らてれる星火姉妹の妹。星火家は平安から天文博士の家系であり姉妹はどちらも巫女服を身につけている。
姉すばるがロングヘアーであるのと対照的にショートカットにしている。無口。
すばるを何よりも愛しており、彼女を傷つけられると(それが精神的なものであれ、物理的なものであれ)怒り狂いそれが何者であろうと皆殺しにする。
それゆえ学園内では彼女の姉であるすばるを傷つけることはタブー視されている。
それを除けば姉に忠実な小柄なかわいらしい少女である。

「姉様………傷つける人………許せない……」

【特殊能力】 圧殺炎球(ハウリングサン)
星を模した巨大な炎球を作りだし、不協和音とともにそこから放たれる熱で周囲の人間を焼き尽くす能力。
ハウリングサンとはその不協和音に由来する。と一般の学園生徒には思われているが実はそうではない。
熱の能力は彼女の姉すばるのものであり炎球そのものにはそのような能力はない。
圧殺炎球の正体はそこから放たれる音声を実体化し、人体を地面に押さえつけるものであり、時間がたつにつれて、対象の身体は圧殺されていく。

52 極限傀儡(ノイローゼ)の米ット :2010/08/15(日) 00:51:57
>>41
×コンフージョン
○コンフュージョン

53 拡散立体のぺんさん :2010/08/15(日) 00:53:10
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】『星火すぴか』
星に恋をしてしまった少女。
人間であるその身では星たちの一生をみとることができないことを知り、
星の誕生と終焉を再現するの力を手に入れた。
貧乳

『ハウリングサン』
マッチ棒の先程度の“火種”を作り出す能力。
彼女の作りだした火種は周りの熱、運動、その他のあらゆるエネルギーを内側にため込んで光を増していく。
いわば、ほぼ絶対の防御能力である。
しかし、エネルギーは消えたのではなく、あくまでもため込まれているのである。
それに気づかずに攻撃を続け、内包するエネルギーが限界に達したとき、
火種は周りの者を巻き込みながら収縮をはじめ、最終的には超極小のブラックホールとなって消滅する。
もちろん、すぴか本人もブラックホールができた際に巻き込まれて死ぬ。

54 武装劇場(ヴァーミリオンキャノン)の鬼無瀬 空観 :2010/08/15(日) 00:53:54
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】

 原始、女性は太陽であったと言われている。
 だが、現在の女性は月、いや、星と言われることも多い。他人の光でしか輝くことしかできず、またそれに拘泥する女性の何と多いことか。
 そんな女性の弱体化、脇役化の中発生した女性の祖先帰りがすぴかである。
 強靭な精神、強靭な肉体、そしてそれを支える軽水炉のごときエネルギーをもつたる女性。
 己の生まれた意味を完全に理解しており、太陽たる女性の復権を心から望んでいる。
 そのため、他人の光を受けて輝く女性の生き方を嫌悪しており、ぶりっこ・ビッチ・フェミニスト・妹・年下の姉など根絶するべきと考えている。
 まるで媚びるようなひらがなの名前は、これを見て自分を軟弱な女性と判断するような輩をあぶりだすためのトラップである。 

 今の自分には満足しておらず、真の女性たるには内に秘めた太陽すら御しきれるべきだと考えている。

【特殊能力】

「圧殺炎球」
 命を小規模な太陽とみなすことで太陽との共振現象を起こし、自らの能力を増幅させる能力。
 太陽の膨大なエネルギーを取り込むことが出来るため、他者の干渉による死をほぼ完全に回避することができる。
 だが、太陽と相互に干渉しあうため加速度的に生命力が増していき、最終的には内部からエネルギーに耐えきれず崩壊することになる。
 この制御の難しさから自嘲的に「圧殺炎球」と名づけられている。

55 嗜骨隔離(スパイラルチェーンソー)のスカーレット :2010/08/15(日) 00:53:55
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
日々、星空を見上げながら絵を描く少女。
すぴかは一つ一つの星に対して、その星が持つ「命」を読み取り、
様々な自分のイメージで書き残している。

(その姿は実際の星座とは関係なく、むしろメルヘンチックなすぴかの
妄想も加わった、極端にデフォルメされた動物や美男美女だったりする)

すぴかは生まれながらにして、太陽神からの祝福を受け
恒星の輝きに照らされた場所であれば、
無尽蔵に星のエネルギーを借りることができる。
まさに天に選ばれし者と言える力を持つ。

本来ならばすぴかの力が最大限に発揮されるのは地球を照らす
太陽神に見守られた昼間なのだが、
彼女自身が大きな力よりも、夜、小さくとも無限に、わずかながら降り注がれる
星の輝きの方を好むため、太陽の力を借りる能力は逢えて封印されている。

【特殊能力】

「終わらない星舞踏(エンドレス・スターヒート)」

すぴかが持つ星々の絵には、全て彼女自身の祈りによって、
熱き命が吹き込まれている。
すぴかの号令と同時に、描かれた数々の星の絵は、
灼熱の化身として、炎のシルエットを纏って実体化。
命を持った星たちは様々な雄叫びを上げながら、
自らの敵を包み込む。

例え一つ一つが小さな星の命でも、無数に集まって降り注ぐことで、
偉大な太陽をも越える光を放つ、そんな彼女の想いが詰まった能力である。

56 凶星(ペナルティ)のとりせつ :2010/08/15(日) 00:53:59
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
本体はとある骨董店に置かれているタロットカードのうちの『太陽』。
それが、人の姿になり自分達を使いこなせる主を探して旅立ち、苦難の末に発見した最初の候補


まだ、中学生ながらその実力には目を見張るものがあり、その力の補助を受けたカードの威力は絶大の一言。
軽い気持ちで友達に披露したところ、圧殺炎球(ハウリングサン)の二つ名を付けられ、軽く距離をとられている。

ちなみに、同じく旅立った『魔術師』『星』『戦車』『運命の輪』などとは、連絡が取れず。
留守番をしていたカード達が置かれていた骨董店は火事で消失しており、他のカード達は行方不明になっている。

【特殊能力】
特殊能力名:圧殺炎球(ハウリングサン)
効果内容:体力4点ダメージ
効果範囲・対象:周囲2マス・全員
効果時間:瞬間
敵味方問わず

制約:1日2回まで

1m大の火球を作り出し、力一杯投げつける。
立ち上る巨大な火柱だけではなく、1km以上離れていても伝わる衝撃波がその威力を物語っている。
主の補助が受けられるため、単独で使用するのとは違い、行動不能になる事も無く、現在1日2回までの使用が可能である。
主の年齢を考えればその力はまだまだ伸び代があり、未だその手には無いカード達の事も含めるとその実力は未だ未知数である。

57 やまいち :2010/08/15(日) 00:54:11
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明・特殊能力】
「星火燎原」とは星がきらめくほどの小さな炎でさえも放っておくと勢力が増して大きな影響を与えるという意味である。
その四字熟語を体現するかのように星火一族は炎使いではありながら炎を応用して使う能力者が多い。

すぴかはいくつもの炎球を操り、その炎によって起こる気流・爆発などを用い大きな風を起こす『The Wind and the Sun』という名の能力を持つ。
炎自体は消さずにいればどんどん成長していき、起こる風も比例して大きくなっていく。
彼女の最強の技が炎風圧により相手を押しつぶすものなため『圧殺炎球(ハウリングサン)』と呼ばれるようになった。

58 架空分析者(インビジブルサン)のふきゅう :2010/08/15(日) 00:54:58
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
中学1年生の夏休みのときにすぴかは能力に目覚めた。
夏祭りで不良にからまれていたすぴかを助けてくれたのは彼女より同世代か、せいぜいひとつ上くらいの少女だった。
ただ一人で、炎を纏った拳のみで明らかに年上と思われる5〜6人の不良を吹き飛ばした少女。
その少女は炎堂朱音と名乗った。
すぴかはその日、夏祭りの間を彼女と一緒に過ごした。その後は彼女とは会っていない。
すぴかに目覚めた能力は、その夜の記憶を風化させないために生まれたものである。

【特殊能力】
「メモリアルスターマイン」
炎堂朱音と会った夜に夜空に上がっていた花火を再現し、放つ。
彼女と過ごした夏祭りを忘れないように。
そして彼女に再会したとき、自らの能力を――炎堂朱音と同じ火を操る能力を――見てもらうために。
強くなった自分の力を見てもらうために。

そう、強さである。
彼女の能力は夜空に花火を打ち上げるだけにとどまらない。
自由な方向に向けて放つことができる。
その強大な火力からすぴかには「圧殺炎球」という二つ名がついた。
火力が高いため、自らも巻き込むような近距離では使うことはできない。

59 拡散立体のぺんさん :2010/08/15(日) 00:55:04
あ、おれの能力名はそのまま二つ名でお願いします。

60 瞬殺無銘の豆 :2010/08/15(日) 00:55:37
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
母胎の中で死んだ体に、再び命を宿す御呪い(おまじない)。
外法を以て産まれた男児は軽蔑を以てハウリングサン(大間違いな息子)と呼ばれ、
外法を以て産まれた女児は生きたまま焼かれて死ぬ。
焼かれて消えた命は乙女座の一部となり、スピカは一層輝きを増す。
すぴかの性別がどちらであるか、それは言うまでもない。

【特殊能力】
業火の呪い
本来母胎で潰れ、あるいは炎に焼かれ死すはずだった命を
この世に縛り付けるため、自分の代わりに年に一度、産まれたばかりの子供を焼き殺さねばならない。
焼かれた子供は彼女の代わりにスピカの輝きとなる。
(効果:延命)

61 終焉雷帝(アナザーカタストロフィ)のソリ :2010/08/15(日) 00:56:06
【本名】星火すぴか(せいか すぴか)
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)

【キャラクター説明】
日光が目に入ると目が激しく痛み、身体に浴びると身体にひどい火傷が現れるという、
日光過敏症に似た症状に生まれつき悩まされている少女。
しかし実際には、それは通常の病気などとは異なり、彼女の持つ能力によるものである。
日中は日光を遮断した部屋から一歩も出ず、夜にしか外に出られないという吸血鬼のような生活を送っている。
彼女は目を閉じた状態でも、常にその瞼の裏にはひとつの輝点が見える。その星のように見える
輝きを彼女は「スピカ」と名付け、心の拠としていた。
彼女の感情が高ぶるときなどにその輝点は輝きを増す。

【特殊能力】『圧殺炎球(ハウリングサン)』
彼女の内に宿る『太陽』は彼女の感情の高ぶりに共鳴しその熱を増幅、
彼女の能力内(意識内)でだんだんと肥大化していく。そしてある閾値を越えたとき、
その炎球は表へと現れる。彼女のいる場に突然恒星が出現したかのような、
この圧倒的熱量により、彼女は勿論その場にいる人や物は全て消し炭になる。
瞼の裏に見えていた輝点はこの能力の原点であり、彼女が生きて熱を貯めていくごとにその点は
大きくなっていった。
また太陽に当たると痛みを感じるのは、彼女の生存本能が自分の能力に対する危険を
本能的に察知していたためであった。

62 切断贄 :2010/08/15(日) 00:57:52
【本名】星火 すぴか
【二つ名】圧殺炎球(ハウリングサン)
【キャラクター説明】
双子の兄。いつも、妹と一緒に行動をしている
妹を傷つけるものには容赦をしない

【特殊能力】
『アルファグラビディ』
彼の能力は、超質量の炎球を相手に叩きつけるものと思われているが、本当の彼自身の能力は、唯の質量の操作
妹のポリマの能力『ベータフレア』によって生み出された、炎球の質量を増大し、相手にぶつける
しかし、一部の人以外は、炎球を生み出す事まですぴかのん能力だと思っているため、妹の能力は知られていない
妹の能力と、共振することによって能力を高めているので、その能力内容を知っている人にはハウリングして生み出される太陽『ハウリングサン』と呼ばれている

63 混濁煉獄(ガトリングキャノン)の今日知ろう :2010/08/15(日) 06:30:41
「俺の理想の妹」を考えてたら、夜が明けていたでござる。しにたい。


【妹名】義肢岸 暗々

【二つ名】凶劇(アウトブレイク)

【キャラクター説明】
義肢岸 暗々の遺体を元に作られた戦闘用人造人間(フランケンシュタイン)。貧乳。

7回目の起動実験の際に暴走し、研究施設を全壊させてしまう。
一人取り残された暗々は、フラフラと町を彷徨い歩き、狂死 狼(くるじに おおかみ)
という一人の男性と出会う。

壊れた回路がそうさせたのか・・・、はたまた生前の記憶が残されていたのか・・・。
暗々は、その男を兄と誤認し、慕うようになる。

「兄サマ・・・・ずっト、ズっと、会いタカった・・・ッ!!」



義肢岸 暗々(生前):

10歳の時に、交通事故で両親と大好きな兄と、自身の左腕と右足を失い。
以降、施設で暮らしていた。

可愛らしい大きなリボンに、長く美しいポニーテール、真白い肌。痩せ細った体。
隈のできた虚ろな瞳、痛々しい義肢。孤独を好み、ほとんど口もきかない。

生きながらに死んでいる様な、そんな少女だった。

元々病弱だった彼女は、14歳という若さで息を引き取った。
身寄りの無かった彼女の遺体は、系列の研究機関に送られたという・・・。


「兄様のいない、世界なんて・・・・・・・・・・。」


tp://blog-imgs-36.fc2.com/p/i/g/pigyarou/20100815062233c06.png

【特殊能力】『アウトブレイク』

感情を爆発させ、理性的に暴走する。

暴走時は出力が200%を超え、通常時は使用が制限される内蔵火器を
フルに扱うことができる。中でも、右眼内に収納された、素粒子砲の威力は
絶大で、射程範囲内にある兄以外の物体を、全てなぎ払う。



発動条件は「兄が傷つけられたとき」

64 黒猫禁忌(スティッキーダークネス)のイトー :2010/08/15(日) 06:48:20
姉設定

【姉名】小手毬紅子(こでまり べにこ)
【二つ名】恍惚贄(デコイ)

【キャラクター説明】
あらゆる方面において高い能力を示す、秀才型のハイスペック人間。
本人も、自身の優秀さを正しく理解・把握している。
だからといって嫌味ったらしいだとか性格が破綻しているいうこともなく、
そのあたりも含めて選良然とした、まごうかたなきリア充。

【特殊能力】
『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブ』
ストレスが飽和状態を迎えた瞬間、周囲1kmのありかたを巨大迷路へと組みかえる。
解除条件は迷路のどこかにいる紅子の手を握り、「みーつけた!」と宣言すること。

本人が恋人に望む絶対条件が「そのとき、かならず私を見付けてくれるひと」だが、
現時点、それに当て嵌まるのは彼女の弟のみである。

65 黒猫禁忌(スティッキーダークネス)のイトー :2010/08/15(日) 06:49:35
妹設定
かるくss調になりましたごめんなさいorz

【妹名】小鳥遊 小鳥(たかなし ことり)
【二つ名】追憶無銘(ブルータルビースト)

【キャラクター説明】
白い髪に赤い瞳の、色素のない少女。
現実で出会った覚えはいちどもないが、夢の中ではよく一緒に過ごしている。
そして名前を呼ぼうとした瞬間、いつも決まって目が覚める。
目が覚めてから彼女の名を口にしようとしても、靄がかかったように思い出せない。
夢の内容は、とても平凡。
一緒に散歩していたり、スーパーで買い物したり、ガラス張りのエレベータのなかから二人で地上を眺めていたり。
恋人という距離感……ではない、ようにはおもう。手は繋ぐけれど、それくらい。

お盆のお墓参りで墓の掃除をしているとき、側面に彫られた名前がいやに目に付いた。
いちばん新しい名前――「小鳥」。じぶんの誕生日とおなじ日付だった。

勢い込んで両親に尋ねたところ、一瞬くちごもって、目を見合わせて、それから答えてくれた。
うまれてこられなかった、双子の妹がいたのだという。
アルビノで、とても身体が弱い子だったのだと。

【特殊能力】
『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブ』
その日の夜――当然、夢の中で――今日こそは彼女の名を呼ぼうとしたとき、口を塞がれた。キスされていた。

……………………

なんでも、彼女の名前を呼んでしまえば、もう「連れていかれる」しかないのだそうだ。
彼女は妹自身、霊魂や未練それそのものではなく、「なんとなくそんなようなものの集合体(=追憶無銘)」の現出のひとつ、なのだそうである。

要は「女子高生」じゃなくて「女子校生」だったりするのと理屈的にはおなじですな。

66 魍魎たる軍勢、そして(レギオン)の臣 :2010/08/15(日) 11:37:31
【妹名】運川 至(さだめがわ いたる)
【二つ名】世界変革の時、そこに(ラストアライブズ)
【キャラクター説明】退魔の家系である運川家より生まれた少女。
世界そのものに「至る」為に、世界のどんな性質も愛するように育てられた。
彼女にとっては、ヒト、モノ、環境破壊や戦争、自然災害など世界のありとあらゆる事象が愛すべき「世界」である。
能力行使の為に世界と同調するのに最も相応しい肉体を維持するように、初潮を迎える直前から成長していない。
常に聖人君子の様に振る舞うが、幼き頃から一般人として育った兄に対してのみ何かと嫌悪感を表す。
それは世界のすべてを愛する彼女が唯一一般的な感情を見せる人物であり、彼女にとって兄は愛すべき「世界」には含まれない。
人間らしい感情をほとんど失った彼女が、唯一つ執着するモノであった。
いつしかその執着は、彼女の世界と兄に対する価値観を逆転させた。
世界のすべてを愛するはずの少女は、兄を愛してしまったが為に、世界を嫌悪する。
愛する兄に関係の無い世界を、愛する理由など無いのだから。
「兄さん――貴方なんか、キライ……」
【特殊能力】D・D L・L・L(すべてを深く愛するが故に)
世界に同調することで、彼女が観測できる事象の強化や抑制をする。
そよ風を暴風にすることもできれば、豪雨を小雨にすることもできる。
過ぎた干渉は世界の修正力によって能力を抑えられるので、あくまで今起こっている事象に干渉する能力でしかない。
本来ならば魔を祓う際に味方の有利な状況を作り出す為の力だった。
しかし彼女の変質により、世界を破壊することに特化した能力に変化した。
すべての事象の結果を、破壊へと繋げるように干渉する。
そのような能力の使用用途は想定していない肉体の為、彼女の体は能力行使の度に崩壊していく。

67 貫通結社のロケット商会 :2010/08/15(日) 11:41:19
★理想の妹作成委員会★

【妹名】初宮・N・エリカ

【二つ名】凍結憎悪(フリージングビースト)

【キャラクター説明】
ドイツを拠点とする初宮グループの令嬢であり、kiriさんの義理の妹。

箱入りで育ったうえにプライドが高く、世間のほぼありとあらゆる事象に拒絶反応を示す。
徹底した帝王学をはじめとした英才教育を施されており、大学も卒業済み。
なお真性のブラコンで、根治は不可能と診断されているが、
兄であるkiriさんの前では素直になれずつい邪険な言動をとってしまう。

「お兄様、もっとしっかりなさってください!」

だが、その本当の姿は初宮グループをぶっ潰してのしあがった、二刀流の剣客。
素早い攻撃を得意とし、ドイツの歓楽街を仕切っている実力者。
自分と同じ、坊主頭の舎弟集団を率いている。
闇の世界では恐れられているが、義理堅く、町のために尽力しているため、
町の人間たちに、人気があり愛されている。

かつてこの街は、代々初宮グループが仕切っていたが、
大名と癒着し、勝手に税関と称して商人たちから上納金を巻き上げたり、
人身売買をやっていたりして、すこぶる評判が悪かった。
そこへ流浪の剣客、エリカが奇襲攻撃をかけ、初宮グループの社長を追放して、新たなボスとなったのである。
多くを語らない寡黙な少女だが、内には熱いものを秘めている。

tp://www.ntv.co.jp/exile/sengoku/character/atsushi.html

【特殊能力】
能力名:凍結憎悪(フリージングビースト)。
13人の《放浪者(ビースト)》を召喚し、舞うような動きで敵を攻撃する。
13種の太刀筋を見切ることは困難であり、
相手はなすすべもなく彫像のように立ったまま切り刻まれる。

68 詐欺賽目(フェイクダイス)のしお :2010/08/15(日) 12:25:13
【妹名】東雲綾(しののめ・あや)
【二つ名】有限災厄(ビューティフルワールド)

【キャラクター説明】
黒髪の長髪にぱっちりとした大きな目が特徴の快活な少女。当然貧乳。
5年前に起きた魔人能力の暴走事件により家族をなくし、
現在は孤児院「それいゆ園」に預けられている。
実はその事件というのは彼女自身が起こしたものであるが、周囲の人間や彼女自身には知らされていない。
事件で亡くしてしまった実兄の面影を持つ少年のことを「お兄ちゃん」と呼び慕っており
本物の兄弟、いやそれ以上に仲が良い関係となっている。
しかし、それが新たな災厄−彼女の望む【ビューティフルワールド】−の幕開けであることを、誰も知らない。

「お兄ちゃん、どこにも…行かないでねっ!」

【特殊能力】『この美しき世界のために(リミテッドディザスター)』
「対象」と自分の間の空間を一時的に圧縮し、「対象」のみを自分の周囲に呼び寄せる。
空間圧縮に巻き込まれたものは異空間に取り込まれ、次元の狭間に吹き飛ばされる。
「対象」に対しての愛情が大きいほど空間圧縮の規模は大きくなる。
「対象」が自分の目の届かない場所にいて、さらに「対象」の位置をある程度特定できなければ使用できない。

彼女自身が「兄と離れたくない」という気持ちから無意識に生み出した能力。

69 致死方程式(メカニカルコラプション)の刃 :2010/08/15(日) 15:54:39
【姉名】若草 芽吹(わかくさ めぶく)
【妹名】若草 萌(わかくさ もゆる)
【二つ名】萌芽姉妹
【キャラクター説明】
 私若草萌には姉がいる。
 姉は人からよく美しいと言われる。
 私から見ても姉は美しい。
 その美しさは譬え様が無い。
 もちろん個々の特徴を細い太い軽い重いと一つ一つ説明することは出来なくもない。
 だが宇宙船の螺子が如何に精緻な機械を用いどれ程高度な技術を使ったか説明しても宇宙船そのものの良し悪しが伝えられない。
 万の言葉を費やしても姉の全貌を語るには足りない。
 却って寧ろ逆に遠退いて往くだろう。
 姉の美しさは鏡にも映しきれないのだ。
 全ての女性は姉の出来損ないである。
 神仏化生の類ですら姉に劣る。
 だから私は姉が羨ましい。
 もし願いが叶うなら姉の容貌が欲しい。
 それは他の女性もそうだろう。
 姉は羨望の的だ。
 だが姉は自分が美しいと言われる事が嫌いだ。
 姉に言わせれば美しいとは本来物や風景に対して言うものだそうだ。
 人が人に対し美しいというのは錯誤だと言う。
 そして人に美しいと言わせる行為はそれ以上に酷い間違いなのだと姉は述べる。
 他人から美しいと思われたいその心が醜悪で汚らしいのだそうだ。
 姉が口にする事は無いが恐らく私も穢れた卑しい者なのだろう。
 私は世の男性によく思われたいと思っている。
 そして出来る事を敢えて失敗したり人の目に映る所で可愛く振る舞ったりしている。
 姉は可愛いと言われる事も嫌いだ。
 可愛いは可哀そうに通じる。
 つまり弱者に対する憐みだ。
 無垢は無知であり即ち可愛いとは莫迦という事だ。
 故に軟弱そうに演じる行為は己が如何に劣悪であるか吹聴するに等しい愚か者のする事だと言う。
 私はさもしく浅ましい陋劣な女なのだ。
 そんな私は姉と姉妹だ。
 同じ両親から生まれた。
 高貴な貴族の血が流れている。
 だが私は姉には在る何かが欠けている。
 一つ二つではなく無数に不足している。
 両親は私を姉の様に育って欲しいと思い萌と名付けた。
 だが所詮私は姉の模造品だ。
 本物には程遠い。
 いや模造品と言う事すら失礼に当たる。
 姉は誰かが真似が出来る様な者では無い。
 唯一無二の者なのだ。
 私はときどき自分はなんなのだろうと思う事がある。
 姉が天使か何かならこんなに心を悩ます事も無いのかもしれない。
 あるいは私が男の劣情を呼び起こす為に作られた妄想の産物だったら割り切れるのかもしれない。
 だが姉も私も人間だ。
 同じ時代を生きるただの人間だ。
 如何に美しさを嫌いそれから離れるために無骨な鎧兜に身を纏おうとも姉のその所作から美しさが滲み出る。
 私が遣ろうと思っても出来ないことをいともたやすく遣って退ける。
 それでも同じ人間なのだ。
 私は何度も絶望した。
 姉は諦めが悪く愚直でいつ如何なる時も常に必ず信念を貫き通す。
 私のように折れたり曲がったりする事が全然全く欠片も無い。
 心根の奥底から綺麗な人なのだ。
 絶望せざるを得ない。
 仕方が無いと言う言葉に逃げ出したくなる。
 でも同じ人間なのだ。
【特殊能力】
 姉は万能だ。
 全能と言ってもいい。
 おおよそ思いつく全ての事は姉にとって容易であると言い切れる。
 無論姉がそれをするかどうかは別の問題だ。
 しかし姉がそれをしたいと思いまたする必要があるときは世界中の誰よりも完璧にそれを遣り遂げる。
 尤も姉に言わせればまだまだ浅学菲才で努力が足りないそうだ。
 私は姉を見習いたいと思うが同時に無理だとも思う。
 故に姉から遠く引き離される。
 私は所詮便利に使われる器用貧乏に過ぎないのだ。

70 巨神殺し(レギンレイヴ)のヌガー :2010/08/15(日) 16:27:35
kiriさんに届け

【名前】藤崎さくら
【二つ名】禁断物語(アシッドレクイエム)

22歳。身長152cm。貧乳

外では人見知りで大人しいキャラだが家では一転して強気に
家族内では兄が率先してバカなことを言ったり話題を振る役割だが
そのたびに母と結託して「バカちゃう?」「また兄がつまらんこと言う」と冷たくあしらう
でも兄がちょっとへこんだりすると、二人になったときに心配そうな顔で「怒った?」と聞いてくる。

お祭りの時などはしゃいで行きたがるが、知らない人が大勢いるところが苦手なので
兄の後ろにぴったりくっついてくる。

機嫌がいいときはよく自作の鼻唄を歌う。

コーエーの戦国シリーズに興味シンシンだが、自分はゲームが苦手なので新作のCMを見るたびに
「お兄ちゃん買うの?」と何気なくを装っているつもりでわざとらしく振ってくる。
しかたなくあまり興味ないが毎回買うことになる兄。
ゲームをするときは自分の部屋でなくわざわざリビングでやる兄。
ソファに張り付いて食い入るように見る妹。

一緒に出かけるとゲーセンのUFOキャッチャーを取ってとねだってくる。

怖がりの癖に心霊特番が好きで、いつもキャーキャーいいながらみているが
親がお風呂や用事で急に出て行って独りになると怖くなって部屋まで兄を呼びにくる。

71 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 16:43:34
【妹名】霧海せつか(むかい せつか)
【二つ名】静寂の手(スラッシュサイレンス)

【キャラクター説明】
背中ほどまである長い黒髪が特徴の、可憐な美少女。もちろんお兄ちゃん(kiriさん)が大好き。
幼いながらもスタイルが良く、服越しに現れてしまう体のラインが最近気になり始めている。
恥ずかしがり屋の上無口なので感情表現こそ分かりにくいが、実の兄kiriさんにはよくなついており、
家族(特にお兄ちゃん)や友達を大切にする、芯の強い心優しい少女である。
同時に、戦闘中でも無関係の人は傷つけない等、決して筋の通らない事はしない気高さも垣間見える。
内気ながら好奇心が強いためか、人が集まっている所には興味を示してこっそり顔を出す無邪気な一面があり、
趣味は木登りで、木から木へと軽々と飛び移って遊ぶなど、身体能力も非常に高いといえる。
それでも内面は年相応の女の子であり、怪我を手当てする時などは思わず泣き出してしまう事もある。
極端な恥ずかしがり屋のため、常に仮面を被っているちょっと変わった子ではあるが、
大好きなkiriさんの前でだけは密かなコンプレックスである素顔をさらけ出す。
「お兄ちゃんになら……いいよ///」

【特殊能力】
彼女の能力は、かつて存在した『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブ』と同種の能力と推測される。
何故ならば、霧海せつかの姿は彼女が愛するkiriさんを含め、誰にも光学的に認識できないのである。
お兄ちゃんを見守りたい、でも恥ずかしい……恐らくはそんな彼女の精神が能力に影響しているのであろう。
しかし、うっかり川に落ちてしまった時などは能力が解除され、服が濡れて透けた姿が露になってしまうなど、
実のところなかなかにサービス精神に溢れた、融通の利く能力だったりするのである。
もちろん、kiriさんの妹である彼女自身は戦闘を好まない平和的な性格なのだが、
相手を戦うに足る戦士として認めた時だけは、嫌々ながらもこの能力を戦闘に使うこともある。
戦闘時には、姿を消して樹上から奇襲を仕掛け、右腕から生えた鉤爪状の刃物で対象を切り刻む。
遠距離では左肩に装備したショルダー・プラズマキャノンや、ネット・ランチャーも強力な武器だ。
彼女にとって、戦闘とは誇りある戦士の儀式。敗北を認めれば左腕の自爆装置で潔く死を選び取るだろう。
霧海せつかは静寂と共に近づき、そして彼女が通り過ぎた後にもまた、静寂だけが残る。
そう、それが米軍特殊部隊だろうとロサンゼルス市警だろうと、果てはエイリアンだろうと――
彼女の二つ名『静寂の手(スラッシュサイレンス)』とは、あるいはこれに由来する名前なのかもしれない。
「狩リノ時間ダ……」

72 瞬殺無銘の豆 :2010/08/15(日) 17:52:06
名前とキャラ設定がリンクしてるのはリアリティ無い気がした

【妹名】笹木 囁(ささぎ ささや)
【二つ名】月光斬鬼(ヒステリックタンバリン)

【キャラクター説明】
気にするほどでもないけど、人より少し大きな瞳がコンプレックスの14歳。
学校があまり好きじゃないので、週に2〜3回しか行かないけど、
特に成績や交友関係に問題があるわけではない。
しいて言えば、男の子の友達が一人もいないことぐらい。
学校を休んだ日はどっぷりインターネット。
HNは「月光斬鬼(ヒステリックタンバリン)」。

―この大きな黒い瞳は夜空の白銀の月と対をなす漆黒の月で
宵闇に百鬼を従える殲滅者の証。手にした装飾鎌はその歪んだ輝きが
そう見えることから、タンバリンと呼ばれている。

中二病を10年近くこじらせている兄に軽く引いているが、本人も素養抜群。
見え見えのクールとホットのメリハリで構ってくる兄に対し、それなりの
社交性で、傷つかないように取り繕って相手をしてあげる。
となりの部屋で、ぶつぶつキモチワルイひとりごと(ハウリングさんって誰?)
が聞こえてくるけど、あの人、大丈夫かしら。

【特殊能力】
ふつうの人間なので、当然特殊能力なんてないのだけど、
くじ運が微妙に良かったりする。
彼女の中二妄想の大半はこのくじ運から広がったものである。

73 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/15(日) 19:11:28
とりあえず、姉出します。あとで妹も投稿するよ

【姉名】調 律(しらべ りつ)
【二つ名】絶命葬列(エレクトリカルテンペスト)

【キャラクター説明】
調律師兼音楽家のお姉さん(28)。貧乳。黒髪長髪で黒いカチューシャを身につけスーツにアンダーリムの眼鏡をかけている。
調律師の一族調家の長女であり、世界に7人しかいない完全なる調律師(ペルフェット)の一人。
最初反発していたが音楽家マンチーニ作曲の『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブ』の演奏に感動し、音楽の道を進むことを決めた。
彼女に調律された楽器はたとえそれが壊れかけたものであっても、まるで新しい命を与えられたかのように美しい音色を奏でる。
また、音楽家としても一流の腕を持ち、奏でる演奏により蘇った死者すら眠りに就かせることから絶命葬列の二つ名で呼ばれる。
そんな音楽に関しては完璧でみんなの憧れ的であある彼女であるが、日常生活では何もないところで豪快にこけるなどドジっ娘の一面も存在している。
弟には甘い。

【特殊能力】完全調律(ジャストチューン)
音楽の演奏により何かに歪められた存在を調律し、それが本来あるべき姿に戻す能力。
音楽がそこに届くならば対象が音楽を聴ける必要はない。
なお、ここでいう歪みとは必ずしも負の減少だけでなく、身体強化能力などの使用者にプラスになっていると思われるものも含まれる。

74 ぽぽ :2010/08/15(日) 19:49:01
【妹名】桐生 美夜(きりゅう みや)
【二つ名】最後の宴(ラストワルツ)

【キャラクター説明】
kiriさんの108の煩悩が具現化した妹「桐生108妹星」
108人がそれぞれkiriさんの煩悩の現れである

その中でも上位であるAランクに位置する桐生8妹衆が一人
(ちなみに108妹星にはAAランクの「シス天王」やBランク「十二妹将」などもいる)

Aランク妹ながら他の姉妹も一目置く
最後の宴(ラストワルツ)の桐生 美桜(きりゅう みや)の特性はただ一つ
「病弱な妹」設定である

あらゆる不治の病に冒された彼女の姿は儚くそして美しい
病弱の身の上でありながら兄の成績を心配し
「今日は体の調子が良いの」と手料理を作る

兄の話を良く聴き一言一言に目を輝かせ小さく笑う

兄であるkiriはこの子を守ろうと心に誓ったのだ

【特殊能力】『イモ―タルシスター』
不死身の妹
とりあえず死なない

75 ベルデルが倒せなかったゆとりのぽこぺん :2010/08/15(日) 20:08:42
【妹名】あやの
【二つ名】平面旋律(メロディックサーフィス)

【キャラ説明】
47歳・167㎝90キロ禿げ頭の男性。男の下着専門で盗みコレクションする泥棒であり
ターゲットの好みの幼女に化けて侵入し獲物を奪う。今回はターゲットをお兄ちゃんと呼ぶ
11歳の記憶喪失の少女に扮し、『一人でお留守番タイム』が来るのを虎視眈眈と狙っている。
変装に使う特殊メイクには限界があり連続5時間以上日光に当たり続けると
皮が裂けてしまう。

【特殊能力】宇宙絶対誘惑心理(ハラホロヒレハレ)
無限に続く並行世界の扉から可能性を検索し、並行世界で起こりえた事象を引き寄せる力。
自分の頭上に金ダライを落とし、目を回してぶっ倒れる。
その時、スカートがめくれ上がってパンツが丸見えであり、その状態のまま寝言でゴハンをねだる。

76 感染瘴気(グロテスクゲーム)のたびびと :2010/08/15(日) 20:56:54
【妹名】紅咲櫻花(べにさき おうか)
【二つ名】音速幾何(コズミックエコー)

【キャラ説明】
お兄ちゃんの愛を一身にうけて育った素直な子。
おとなしい性格で、言葉を発することはほとんどない。
うつむきがちに、いつもお兄ちゃんの後ろで服のソデをつかんでいる。
お兄ちゃんもたまにはトイレとかお風呂とか行きたいので手を離してもらおうとすると、
ぶんぶんと手や首を振って無言で抵抗する。
これで泣き出したりするとやっかいで、彼女は「音」を「形」に変換する能力者。
泣き声が無数の針に姿を変えて、壁を貫いたりする。
なので家の壁にはヒビやら穴やらで不可思議な模様があるのであった。
お兄ちゃんが帰ってくると音速で定位置に戻る。
ショートカットで貧乳、常に巫女服を身につけている猿。人間で言うと28歳。

【特殊能力】"あなたと結ばれたくて"
「音」を「形」に変換する。
愛を声に乗せれば、たちまち兄の望む理想の妹に変身できちゃう。
体型、服装、髪型もしっぽの長さも思いのまま。でも猿。

77 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/15(日) 21:00:10
【妹名】桑折桜雪(こおり おうせ)
【二つ名】微塵迅雷(アサルトゴースト)

【キャラクター説明】
二人の人間の精神を一つの身体に内包した少女。
人格が入れ替わることにより姿形すら変わるが、周囲からは二重人格と認識されている。
母に与えられた桜雪の名を分け合いそれぞれ桜(さくら)と雪(ゆき)と名乗っている。
二人は仲は良いが、兄に関してはお互いをライバル視している。

・桑折雪
本来の桑折桜雪の名が与えられるはずだった少女。
ショートカットで無口。小柄で細身の今にも目の前から消えてしまいそうな儚げな少女。
学園で非公式に集計された「護ってあげたくなる女の子ランキング」一位。
文学部に所属しており、いつも図書室の片隅で本を読んでいる。
人付き合いが苦手で自宅に見知らぬ人がいるといつも兄の後ろに隠れていた。
兄には兄弟以上の感情を持っているが、その恋心は表に出さず内に秘めている。
それゆえに自分の感情を素直に表に出す桜をうらやましいと思っている。
幼いころ兄にもらった雪の結晶をあしらったペンダントを今も大事に持っている。

「手……握って……ほしいなって………だめ……かな………?」

・桑折桜
桑折桜雪の中にいるもう一つの魂。その正体は生まれる前に桜雪の中に溶けて消えてしまった双子の姉。
日本人形のような長い黒髪と着物で歩く姿は見る者をひきつけて離さないぐらい優雅で美しい。
投扇興・其扇流の名手でありその名を広く知られている。
雪と比べて積極的で兄にも積極的にアプローチをしている。嫉妬深い。
兄の行動を発信器で監視しており、携帯で常に兄の行動を記した日記をつけている。
兄に何かが起こると電光石火の早業で現れ”塵掃除”を行うため、微塵迅雷と呼ばれる。

「悪い虫は排除しなくてはいけませんね」

【特殊能力】
・亡霊兵士(アサルトゴースト)
桜の能力。
櫻が美しいのはその木の下には死体が埋まっているから、そんな話を聞いたことがありませんか。
そんな桜の木の下に埋められた死体から亡霊を呼び出しそれを操作、稲妻のように敵に突撃させる能力。
なお、その亡霊は彼女自身が埋めた兄についた悪い虫の死体のものである。
当然周囲に櫻や死体がなければ使用することができない。

・舞い散る雪(パウダースノー)
雪の能力。
彼女の周囲3kmに粉雪が降り始める。
それはいつしか数m先も見渡せないぐらい激しさを増し、対象となった者はたとえそれが町の中であろうと遭難し、
雪が晴れた時、その場には元から誰もいなかったかのように消えてしまう。但し彼女の兄だけは巻き込まれたとしても帰ってくる。
雪の心が深い悲しみ・絶望に襲われ耐えられなくなったときに自動的に発動するパッシブ能力。

78 電磁矛盾 :2010/08/15(日) 21:11:44
霧咲さくら

二つ名 遍在する摂理【エクストリームプロトコル】



物静かで引っ込み思案ながら、掃除や片付けなど目立たないところで家族に貢献する心優しい娘。
兄のことが大好きなkiriさんの実の妹。幼少時からkiriさんにべったりで、よくkiriにやってもらった「おやすみのちゅ〜」が今でも忘れられずにいる。夢は「お兄ちゃんのお嫁さん」である。
クリスマスパーティでは父や母の目の前でkiriさんの膝の上に座ったり抱きつくなどしていた。
家族の前でだけは、その安心感から大胆になってしまうのである。
休日は神社で巫女のバイトをやっている。その神社で「お兄ちゃんと何時までも一緒にいられますように」
と絵馬に願掛けをしているが、恥ずかしいので、その事はお兄ちゃんにもナイショ☆
幼い頃は腕白で、よく木登りしては降りられなくなりお兄ちゃんに助けてもらっていた。

身長151cm体重41㎏ 貧乳 ツインテール

兄が大好きな完璧な妹。その完璧さ故に人が彼女の存在を遍在する摂理【エクストリームプロトコル】と呼ぶのにそう時間はかからなかった。

【特殊能力】

『ディープ・ディープ ラブ・ラブ・ラブcount☆down!』

世界に偏在する人間としての理想の在り方を集積,解析し
その理想の中から彼女が実行可能である行動、思考が直感的に脳裏に閃く。
即ち理想的な妹しての最適行動の情報が常に彼女に流れこんでくるのである。
ただし、それを実行するのは強制的なものでなくあくまで彼女の意志で行う。
彼女はあくまでも自分の意志でお兄ちゃんを愛しているので、最適行動と自分の意思が食い違ったら
自分の意思を優先する。彼女にとっては困った時のアドバイス的な能力。
この能力と誰よりも強いお兄ちゃん愛により彼女は完璧なる妹として振舞うことが可能。

79 立川 :2010/08/15(日) 21:12:09
R.I.S(理想の妹制作委員会)

【妹名】糸魚川 さくら(いといがわ さくら)
【二つ名】流体結界(ポータブルシャッフル)

【キャラクター説明】
黒髪、ショートカットの女子高生。
特徴は、吸い込まれるような大きな瞳と、前髪から右半分だけ出ているおでこ。
声も顔つきも身長も、何処か幼さを残している。もちろん胸も貧乳。
幼い頃は木登りが得意な活発な女の子だったが、思春期を迎え、おてんばな自分が恥ずかしくなった。
それ以来、無口で恥ずかしがりやな子になってしまい、人に頼まれると嫌と言えない性格になってしまった。
現在も、友達の「一緒にやろーよ〜」という頼みを断れず、巫女さんのアルバイトをしている。
なお、彼女の見た目は勿論、恥ずかしくなるとすぐ真っ赤になってしまったり、困ってしまうと途端にオロオロしてしまったりするまるで小動物のような仕草から、
男子に対する人気は高い。
校内ランキング『守ってあげたくなる女の子』不動の一位を獲得している。(本人はそんな事は全く知らないが)
趣味はオセロ。
お兄ちゃんとオセロをしている時が最高に楽しい。
その大きな瞳をより一層大きくし、至福の時間を楽しむのだ。
ちなみに現在の悩みは「胸が小さい」こと。
この間、お兄ちゃんに相談しようとした時は、顔から火が出て死ぬかと思った。(結局出来なかったけど)
「お……お兄ちゃ/// あの、その、ム、ムネ、ムネ、ムネ、ムネ////」
「ん?ねるねるねるね?」
「な……、何でもない////」

【特殊能力】
『流体結界(ポータブルシャッフル)』
・自分の居る部屋と、手に持ったミニチュア(おもちゃ)の部屋を入れ替える。ミニチュアの部屋が自分の部屋になり、自分の部屋はミニチュアになる。
・部屋の中にある物体も、部屋の状態に併せて大きさが変化する。

「ムネを大きくする!!」
彼女は決心していた。
――――男は皆、大きい胸が好きである――――
今だけは、その事を教えてくれた友人に感謝したい。
彼女の部屋には、数々の豊胸グッズが置かれている。
……この姿だけは誰にも見られたくない。
その流体思念は、彼女の部屋を取り巻く結界のようであった。
だが、その結界を易々と破り侵入してくる者が居る。
そう、kiriお兄ちゃんだ。
「ご飯だよー?」
「ひゃっふん!!」
ミニチュアの部屋と自分の部屋が瞬時に入れ替わる。
豊胸グッズは、ミニチュアの部屋と共に小さくなった。
「? どうしたの?」
「な、何でもないの////」


【アピールポイント】
貧乳よりも、”貧乳を気にしている状態”が良いのだと思います。

80 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 21:16:21
せっかくなのでkiriさんのために理想の猿も作ってみました! 見てください!

【猿名】さくらちゃん(16)
【二つ名】月蝕電波(アンノウンワルツ)

【キャラクター説明】
染色体の数が『47本』だというッ!(人間は46 チンパンジーは48)
口元の上顎骨部の出っぱりが低く、顔面に体毛がない。膝をまっすぐに伸ばし、直立して歩行できる――
彼女の名は、さくらちゃん(16)。兄であるkiriさんが大好きで、kiriさんにだけなついている。
髪の毛はショートカットで、もちろん巫女服を着ている(服を着せない事は『人権侵害』なので)。
生まれつき無口で、話す事はあまり得意ではない。趣味は木登り。
飛行機に乗る時はもちろん『ファーストクラス』、ホテルは『スイートルーム』。
彼女へのサービスを拒否するならば、それは『人種差別をする会社である』と見做されるからだ。
この物語は――――事実をもとに構成されている。

【特殊能力】
『なにも無いもの』を売る事ができる。いわば実業家に対する『虚業家』――である。
最終的には、それを見ている人間の方を逆に『見せもの』と化してしまう恐ろしい能力。
彼女は人だったのか? それとも猿だったのか? 結局のところは分からない。
ただひとつ確かなのは、彼女の存在が時代に生み出した、忘れられない衝撃……
『月蝕電波(アンノウンワルツ)』を踊らされた人々の、『虚』と『実』の狭間の『熱況』のみである。

※さくらちゃんは2003年現在、パリの富豪のもとでいまだ健在である。

81 立川 :2010/08/15(日) 21:26:33
R.A.S(理想の姉制作委員会)

【妹名】島原亜子(しまばら あこ)
【二つ名】増殖電波(ダンシングインフェルノ)

【キャラクター説明】
腰まで伸びた亜麻色の髪。
白く透き通る肌。
凛々しくも、何処か親しみやすい表情。
文武両道、質実剛健、一言で表すならば”天才”
それが島原亜子である。
テコンドー部部長を務める彼女。
その華麗かつ優雅な足技から、「アジアのパピヨン」「亜麻色の髪の乙女」等と呼ばれ、
男子はおろか女子からの人気も高い。
告白されたのは数知れず。
だが、他のどんな男にも興味は無い。
そう―――――彼女は、弟大好きだったのだ。
弟が!!ピンチならば!!何処にでも!!駆けつける!!
最近では、姉に会いたいがために、わざわざ弟を傷つける輩も現れる始末だ。
だが、彼女はそんな事は気にしない。
弟がピンチになれば、何度でも助け出す。
それこそが姉たる役目だと思っているのだ。
なお、弟も(最初は嫌がっていたが)最近は、姉に守られる生活も悪くないかな、と思って来ている。
「フッフッフ、弟君、ピンチのようだな!!」
「お姉ちゃん!!何故ここに!?」
「愚問だな……」

「姉は!!」
「弟を!!」
「守るために生まれてきたのだ!!」


【特殊能力】
『増殖電波(ダンシングインフェルノ)』
・アホ毛。
・”弟が危険だ!!”という電波を察知すると、アホ毛がくるくる回り出す。
・その姿は、まるでアホ毛が踊っているかのよう。
・アホ毛の動きにより、弟の状態がある程度分かる


【アピールポイント】
姉好きの人は、姉に思いっきり守られたいのかな、と思って

82 似姿同一(シンクロニシティ)のDT :2010/08/15(日) 21:31:03
【妹名】柔田クリス(やわだ くりす)
【二つ名】忘却博覧会(エンドレスミラージュ)

【キャラ説明】
本名柔田クリスチーネ。洋風の名前ではあるが純日本人である。
小学生にして天才漫画家。代表作は「虹のヴァイオレット」「愛のピアニッシモ」など。
学校等ではよくいじめられており、その度に兄が相手を半殺しにしている。
本当はいじめの原因はその兄のせいなのだが、そんなことを言えば敬愛する兄を傷つけるかもしれない、
と思って強く言えないでいる。

【特殊能力】忘却博覧会(エンドレスミラージュ)
自らの理想の姿を描き入れることにより発動する能力。
彼女と、彼女を取り巻く世界のイメージがその理想で固定化される。
その世界の中では歳も取ることがない。
はたしてその世界は存在するのか、彼女の兄、ひいては彼女自身でさえ、本当に存在するのか。
誰が観察できるというのだろう?

83 立川 :2010/08/15(日) 21:37:58
R.M.S(理想の眼鏡制作委員会)

【眼鏡名】芽空 美依夢(めから びいむ)

【キャラクター説明】
ドジっ娘。
ショートカットで活発な女の子。貧乳。
ちょっとお姉さんぶりたいお年頃。
おっちょこちょいで朝が弱い。
登校時に、パンをくわえながら出かける事もしばしば。
そんなフラグ全開な行動を良く行っている。
曲がり角で転校生とぶつかった時……そこにフラグは立たないだろう。
フラグどころでは無い惨劇が巻き起こるのだから……

「眼鏡は顔の一部です……。絶対に、外しちゃダメだよ!!」


【特殊能力】
『パリミキ!!』
・パッシブ能力。目からビームを垂れ流している。
・目をつぶっている時、眼鏡をかけている時以外は、ビームを垂れ流している。
・ちなみに、泣くといつもよりちょっとビームの量が増える


【アピールポイント】
眼鏡は顔の一部です。本当の私、デビュー

84 やまいち :2010/08/15(日) 21:38:13
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】

【特殊能力】

85 やまいち :2010/08/15(日) 21:39:06
締め切り 22時20分

86 致死方程式(メカニカルコラプション)の刃 :2010/08/15(日) 21:50:31
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
【キャラクター説明】
 白磁や大理石と並べても遜色の無い白い肌を持つ美しい童女。
 平民からの成り上がりで貴族の称号を得た武人でありその技能は士官の中でも冠絶している。
 その黄金の長髪は太陽に照らされた輝く麦畑に似ている。
 小型犬の様に大きな黒い瞳はその奥に強い意志を秘めている。
 幼く見目麗しい姿と貴族の血統では無い事から周囲から有形無形の圧力を掛けられている。
 その中でも常に自信に満ち溢れた笑みを絶やさずそしてその自負心に見合った実力を備えている。
 逆境を前にすればより一層雄々しく立つその姿は部下にすればこれ以上無い心強さである。
 彼女は兵站の重要性を深く理解しており他の将校の様に輜重兵を見下したりはしない。
 そんな彼女の唯一の弱点は夜尿症である。
 同世代の女児には特段珍しいものでは無いが彼女は立場が立場なだけに格好の不祥事と生り得る。
 無論前線の兵卒に取っては自尊心ばかりで役に立たない貴族よりも彼女の方が頼もしい為この醜聞を隠す事には非常に協力的である。
 消息筋によればこの病気すら彼女が仲間と連帯感を持つ為の策略であるらしいが真実か否かは定かでは無い。
【特殊能力】
 弓や槍はもちろん馬術から演説に至るまで傑出しており特に計略が卓越している。
 地の利を活かし一兵卒も乱れる事無く行われる波状攻撃から彼女の采幣は畏怖と畏敬の念を込め地裂秩序と呼ばれている。
 その異名は遠く月まで届くと言われている。

87 立川 :2010/08/15(日) 21:51:15
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
暗殺集団、”systers”の一員。
長い黒髪を後ろで縛り、地味目のレザースーツに身を包む。
生まれつき華奢な身体つきだが、彼女の暗殺方法には関係無い。
なお、彼女の本名を知るものは組織でも限られており、
コードネーム:”your murder”を名乗る。
それは、彼女が暗殺をする際、必ず「私は貴方を殺す者です……」と宣言するところからついたコードネームだ。

”your murder”。その言葉を聞いて、生きている者は存在しない。


なお、組織内では、面倒くさいので”ヤマダ”と呼ばれている。



【特殊能力】
『地裂秩序(マシンガンタンゴ)』
・割れ目(床、壁、コーヒーカップ等)に、自分の声を仕込む
・あらかじめ、割れ目に声を仕込むことにより、割れ目から自由に仕込んだ声を発することが出来る
・仕込んだ声声の大きさ、質も操作することも可能。
・声は24時間保存される

88 凶星(ペナルティ)のとりせつ :2010/08/15(日) 21:57:12
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
日本人とイタリア人の間に生まれたハーフ。
黒髪に外人っぽい顔立ちで青い瞳。

【特殊能力】
特殊能力名:地裂秩序(マシンガンタンゴ)
神前で、巫女姿で神を相手役に見立てて情熱的にタンゴを踊る。
元々は、神楽舞を踊り捧げる舞台で、隠れてタンゴの練習をしていたのだが以外にも神様の方から食いついてきた。
島そのものとも言える守り神が高いテンションで踊り出すため、島全体に振動が走り島を中心に地震が起こる。
ちなみに、他の土地でも使用可能かどうかは、その土地の神の好みしだいである。

89 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 21:58:09

【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
名門お嬢様学校、私立星架学園最強の能力者集団、【学園七不思議】の一人。
【学園七不思議】序列の六、『舞倒壊の手帖(Un carnet de bal)』の神子。
難関私立として名高い星架学園に、トップの成績で入学した一年生の才女。
三つ編みに眼鏡といった大人しそうな外見とは裏腹の傲慢な自信家であり、
事あるごとに自分を『神童』『天才』と自称する、ある意味で幼い性格。
実際、文武共に優秀な優等生ではあるが、身長が低い事だけは少し気にしている。
序列の四、『大失踪』の叉夜は入学前からの憧れの人で、彼女にだけは従順で素直。
【学園七不思議】の中では唯一の一年生で、存在しない序列の七を除けば最下位だが、
生意気な口を叩きながらも結果は出しているので、周囲からはよく可愛がられている。

【特殊能力】
晴天の旧部室棟で豪雨が打つような家鳴りが響く、学園怪談『プレハブ小屋の天気雨』。
掌が接した床や壁から、マシンガンのような一定リズムの『家鳴り』を広範囲に伝達する能力。
ただし『家鳴り』の衝撃が及ぶのは、あくまで建造物の壁、床、天井の内部のみ。
それ以外の人間や物体に直接干渉する事はできない。要は超大出力のラップ音である。
しかし、『家鳴り』を叩き込まれた構造物に及ぼす振動衝撃及び負荷は凄まじく、射程も自在なため、
構造上の支柱を把握していれば、それを内からの衝撃で破壊し一気に倒壊させる事すら可能。
神子自身は、理論的にはありとあらゆる建造物を破壊できる能力だと豪語している。
無論、そんな使い方ではほぼ確実に神子本体も巻き込まれてしまう上、
直接戦闘を挑むには不利な能力でもあるため、普段は激しい振動で相手を転倒させたり、
自在な位置から響く凄まじい轟音を利用してハッタリを仕掛けたりといった利用法が主となる。
だが、出力的に考えても決して弱い能力ではなく、彼女自身も未だ成長過程にあるため、
『地の秩序』を破壊する『地裂秩序(マシンガンタンゴ)』の発展性はまだまだ大きいといえる。

90 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 21:58:25
実は始まってから考えるの面倒くさいので、6点の名前の設定全部考えたんですよね。

【本名】夜叉神叉夜
【二つ名】亡霊暴動(マニックパーティー)

【キャラクター説明】
名門お嬢様学校、私立星架学園最強の能力者集団、【学園七不思議】の一人。
【学園七不思議】序列の四、『大失踪(The Great Missing)』の叉夜。
黒のセーラー服をきっちりと着こなした二年生で、長く美しい黒髪の文学少女。
顔立ちは整っているものの、長い前髪の中から覗く三白眼の放つ刺々しい雰囲気のため、
周囲に人を寄せ付けない高嶺の花。彼女自身も、読書のための静かな環境と孤独を好んでいる。
彼女の望む平穏とは裏腹に、周囲には騒動が絶えないため毎日のようにイライラしているのだが、
なんだかんだと愚痴を言いながらも、頼まれたら嫌とは言えない世話焼き体質。
特に、物怖じせずに絡んでくる序列の三、『昼下がりの焼死』の夏にはほとほと困り果てている。
【学園七不思議】の中では孤立しがちに見えるが、他メンバーからの信頼はひそかに厚い。

【特殊能力】
何も無いはずの角部屋の教室の隣から人が騒ぐ声がする、学園怪談『角部屋の騒ぎ』。
本体がある程度区切られた部屋の中に居る時にのみ、発動できる能力。
『騒音』を発している『別の部屋』を、最初から亡霊だったかのように、この世から消し去る。
『騒音』の基準は叉夜の認識次第だが、継続して3分以上『音』が続いている事が最低条件。
能力規模は大きく、最大では講堂程の大きさの対象まで、中の人間ごと消失させる事が可能。
一度に対象に取れる部屋は一つだが、解除すれば、部屋は中身ごとこの世に戻ってくる。
こと屋内戦でさえあれば、姿すら見せずに敵の脅威を一時的に取り除く事もできる強力な能力であり、
味方を一時消失させて安全を確保する、解除により部屋を時間差で出現させる等、多彩な応用が可能。
しかし夜叉神叉夜の基本戦術は、能力によって別世界に『誘拐』した人間を人質とした、
【学園七不思議】最強とも言われる知性と精神力による交渉術である。
『亡霊暴動(マニックパーティー)』とは、この能力で消失した亡霊達の事を指すだけでなく、
『存在しない人質』という矛盾と未知の能力に翻弄される、残った敵の混乱をも意味するのだ。



【本名】夏州夏
【二つ名】火炎立体(フレイミングキューブ)

【キャラクター説明】
名門お嬢様学校、私立星架学園最強の能力者集団、【学園七不思議】の一人。
【学園七不思議】序列の三、『昼下がりの焼死(Burn in the Afternoon)』の夏。
三年生。モデルのような長身と大人びた顔立ちとは裏腹の、雛百合学園随一の遊び人。
人当たりが良く社交的で、特に美少女に対しては口より先に手が出てしまうタイプ。
生徒会に属していながら素行不良の常習犯で、出席日数は常にギリギリである。
性質上、戦闘で能力を見せる機会は殆ど無いのだが、その代わりに無敵の格闘センスを誇り、
どの格闘技のセオリーにもない動きと、長い手足からの強烈な打撃を駆使し、生身で戦う。
異性からも同性からモテるが、彼女の方から美少女に言い寄る場合の方がずっと多い。
最近は序列の六、『舞倒壊の手帖』の神子をからかって遊ぶのが日課と化しつつある。

【特殊能力】
中庭の焼却炉に閉じ込められたまま焼き殺された生徒の噂、学園怪談『焼却炉の少女』。
能力もそのまま、『一人分』の密閉空間を『焼却炉』と化して中の人間を焼き殺す能力である。
ほぼ拷問専用の能力であり、主に用いられるのは掃除用具のロッカーや、業務用ゴミ袋等。
『焼却炉』に変わった密閉空間は外見上の変化はなく、熱も煙も発さないが、
囚われた対象にとっては紛れも無く本物であり、火傷や煙による苦痛もリアルに感じられる。
この事から分かるように、これは単に『焼却炉』というイメージを叩きつける能力であるため、
実際に『焼け死んで』しまうより先に対象を助け出せば、一切の外傷は残らない。
が、殺す心配なく何度でも苦痛を与えられるため、拷問用としては逆に有利な特性といえる。
『焼け死ぬ』まで閉じ込め続ければ対象は完全に灰と化すため、死体の始末にも有用な能力。
しかし、この『火炎立体(フレイミングキューブ)』よりもむしろ敵対者に恐れられるのは、
普段と全く変わらない明るい口調で淡々と拷問を執行できる、本体夏州夏の精神性である。

91 詐欺賽目(フェイクダイス)のしお :2010/08/15(日) 21:59:11
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
大地のRHYTHMをその身に受けて
溢れるマグマのPASSIONに魂乗せて
今日も彼女はDANCING

MACHINEGUNのように激しく
アツいTANGOを踊ろうぜ
そうさ彼女はDANCERさ

長身のBODYに褐色の肌
SOUL☆HAIRのドレッドでキマリ
そんな彼女はKAGOSHIMA・MIKO

【特殊能力】熱き鼓動の果て
踊る。
スゲー踊る。
もう一心不乱に踊る。

レゲエとタンゴの区別とか全然ついてないけどとにかく踊る。

激しすぎて地割れが起こる。

92 ベルデルが倒せなかったゆとりのぽこぺん :2010/08/15(日) 22:04:34
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
エロマンガ島霊子と対をなす魔人女神2強の一角。霊子撃破後、女神の洞窟の奥に行くと会う事が出来る。
コズミック・ナイトとの戦いに協力し、自己の命を犠牲にし世界を救う選択をした霊子とは違い、
最後まで地球人類とコズミック・ナイトとの戦いに介入せず洞窟の奥で食っちゃ寝生活している。
霊子と同じ衣装・髪型で顔も似通っているが双子というわけではないらしい。
元々は男だったが霊子と一緒に暮らしている内に洞窟内のチャクラで女体化出来るように
なったという裏設定がある。。
コズミック・ナイト撃破後に話しかければ正体を現し、勝負を受けてくれるが今までの常識が
全く通用しない強さなので十分に戦力を揃え挑むべし。

【特殊能力】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
エロマンガ島霊子の能力・蒼穹再起(エレメンタルサイクル)によって味方に付与される
強化バステを全て自分に移し替える能力。複数人分のバステを自分に移し替えた場合効果は重複し、
さらに能力発動成功時は発動後の休みはキャンセルされ3回行動が可能になる。

93 ぽぽ :2010/08/15(日) 22:08:02
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
元々は考古学研究サークルに所属する
ちょっと暗い感じの女の子だった

夏休みの合宿で神子島の遺跡調査に訪れた際
地震によって落盤が起き遺跡の中に閉じ込められてしまう

誰もが彼女は死んだと思っていたが
一月後に何事も無かったように生還した

しかし帰ってきた彼女は以前の彼女には無い輝きを持ち
地に封じられた古の神の末裔として覚醒していた

現在は高校生活を送りながら
地の龍の力を用い世界の闇の秩序を切り裂き殺す
黄泉送りとして暗躍している

見た目は普通にセーラー服姿の女子高生
【特殊能力】「八卦奈落龍穴(ロストフォーチュン)」
神子島の地の神に祈りを捧げ
他者の定めたルールを打ち消す神秘なる舞
彼女の周囲にいる者達は全ての能力を失い凡人となりはてる
「地の神に祈り捧げ奉る
人の世の秩序は無きものと心得たる也

天を名乗る不遜なる者どもに告げる
我等は地の民の神
彼の国は地の神の民の者なり也

汝らの定めたる愚かな秩序は潰える
我は神の子
聖地神子島の巫女なり

地を持って汝らの理を絶つ

凡庸なる者どもよ
我を畏れよ」

94 似姿同一(シンクロニシティ)のDT :2010/08/15(日) 22:09:56
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
日本海上に浮かぶ小さな島、神子島(旧名:加護島)の八十八代目当主。
代々姓に島の名前を冠し、名に神の一字を戴く。彼女は歴代二人目の女性当主である。
彼女が存命の限り、島には安寧が続く。彼女の一族の崩御した時、大いなる災いが振りかかると
信じられており、実際十二年前、彼女の母神奈が亡くなった時も、島は大津波に襲われている。
つまり彼女を死なせぬよう、島中の人間が彼女を護るように働いてくれるので、
最近は少々増長し始めている。

【特殊能力】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
天災のエネルギーを留め、吐き出す能力。
地震を蓄えた場合、止め処なく流れる地震(なし)の飛礫が振りかかることになる。
基本的に神子島家の人間は代々この能力を継ぎ、島に振りかかる災害を生涯に渡り押し籠めている。
術者が斃れると能力が解除されてしまう。
火山も無く、台風もあまり通らぬこの島では、天災といえば地震(と、それに伴う津波)一択なので、
地震を止める能力とばかり思われている。

95 貫通結社のロケット商会 :2010/08/15(日) 22:12:06
【妹名】神子島神子

【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
◆---PERSON---◆
《関東最低》の称号をほしいままにする魔術師。
生体改造に特化した魔術体系、《八十空道(パラサイト)》の現行継承者だが、
近隣のホームレスのアル中から『いいちこ族長』と呼ばれるほどの人間のクズ。

普段は酒を飲んで暴れているが、バチカン神聖騎士団の第七の《織君主(ロード)》、
フリードリヒ・アーミティッジとは婚約しているらしく、
結婚費用と称して金をせびってはやっぱり酒を飲んで暴れている。

◆---SKILL---◆
《生体改造:竜化》、《奇蹟(Cランク)》、《霊体抵抗》、《うわばみ》

◆---ATTRIBUTE---◆
自分の体を頻繁に生体改造の実験台にしており、もはや原型をとどめていない。
霊視力を備える人間でなければ、一週間前の彼女と現在の彼女を見分けることもできないと思われる。
脳にもかなり加工をくわえているため、性格も常に流動する。
かつてバチカン騎士団に所属していたのは黒歴史である。

◆---CONNECTION---◆
《いいちこ族》、《バチカン神聖騎士団》

【特殊能力】
能力名:地裂秩序(マシンガンタンゴ)。
生体強化魔術の一種の到達点。大地に流れる龍脈をサーバーとし、
対象者を《真竜(アルヴ・ドラッケン)》に変化させる。
ただし供給元の大地に接触していないとならないため、翼があっても空は飛べない。
その破壊力はかつて福島県を滅ぼし、新潟県境の《無限城塞》にすら亀裂を与えた。

96 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/15(日) 22:13:57
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
太古から神の舞い降りると言われる島神子島の巫女集団<<六星巫女>>(ゼクスシュテルンミッテル)の長。かつて島に誕生した神の子の再来と呼ばれている。
すでに30を超えているが成長が止まっており外観は黒髪の幼女そのものである。
そのため正体を知らない人間からは子供扱いされることもあるが、そのような輩には<<六星巫女>>の能力により天罰を下す。
島に昔から伝わる踊りにコンチネンタル・タンゴを組み合わせた独特の舞により島の地脈の安定ひいては外部の外敵から島の平和を護っていることから島の外部の人間からは地裂秩序の二つ名で呼ばれる。なお、独特の舞は地裂秩序の舞と呼ばれている。

【特殊能力】光の翼(リヒトフリューゲル)
島の動物を神に生贄にささげ、地裂秩序の舞を踊りきることによって背中から光の翼を出し、空中を飛行する。
その神々しさにたとえそれが神子島神子を殺害に着た刺客であっても、彼女の前に平伏し<<六星巫女>>の信者となる。

97 極限傀儡(ノイローゼ)の米ット :2010/08/15(日) 22:14:12
【本名】神子島神子(かごしまみこ)
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
長く艶やかな黒髪が似合う女子高生。希望崎学園茶道部部長。
小さい頃から茶道を嗜んでおり、礼儀正しく禅の精神も備える才女だが、茶をいれるのが下手という致命的な欠点を持っている。

茶をいれる時の轟音から「マシンガンタンゴ」、茶をいれた後の茶室の惨状から「地裂秩序」と陰では呼ばれているが、能力が能力なので神子自身は自分が茶をいれるのが下手だということに気付いていない。

【特殊能力】ティーセレモニーヒプノーシス
神子のいれた茶を飲んで「結構なお手前で」と言った者は3時間だけ神子の『味方』になる。

98 黒猫禁忌(スティッキーダークネス)のイトー :2010/08/15(日) 22:19:48
【本名】神子島神子(かごしま みこ)
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
南海の褐色少女。黒瞳黒肌黒髪に、極彩色の衣装や刺青がよく映える。

代々「神子島」を治めてきた巫女の家系の当代。祖先は人魚であったとの伝説を持つ。
さすがに最近では以前程の影響力は薄れてきつつあるものの、
今現在も神権政治色は濃く残っている。

崇められたり拝まれたりといった育てられ方をしてきたわりには趣味嗜好はわりと普通に女の子。
都会の高校に進学したいなぁとか色んなことやってみたいなあとも本人は思っているのだが、
「巫女」は島にとって座敷童的な存在として認知されており、「島外に出たい」とかはとても言いだせるような雰囲気ではない。

そんなふうに将来のことを考えるとときに落ち込んでしまうときもあるものの、総じて明るく前向きな年相応の可愛らしい少女。

【特殊能力】
地裂秩序(マシンガンタンゴ)
「神子島」の正体は、時の権力者が人魚を無理やり地上に留めておくためにつくりだした、呪術装置。
現在の巫女の家系は、その二人の子孫。
「人魚」は足を得たかわりに歌声を損ない、その時点で寵は失われ「神子島」は忘れられた島となった。

99 感染瘴気(グロテスクゲーム)のたびびと :2010/08/15(日) 22:19:50
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
「善悪」と「秩序」を司る、「裁定の神」の娘。
とある島で、父を祀る神社を守っている。
父を心から尊敬しており、粛として規範通りに暮らしている。
未成年なのでタバコ酒は論外として、校則のスカートの丈に至るまで破ったことはない。
当然、風紀委員。
落ち着いたたたずまいで、とにかく上品なので男女問わず人気は高い。

しかし、彼女には裏の顔がある。
彼女は、規則を破る者、規範を乱す者を絶対に許さない――


【特殊能力】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
神子が、対象が規範を乱したと認めた瞬間に自動発動。
大地が裂け、対象の違反した規則の刻まれた、巨大な碑文が突き出してきて叩き潰す。
すべてが終わった後、彼女は見たこともないような冷めた眼で周囲を見渡し――

こっそりその石碑でオナニーする(規則にしか欲情できない)。

100 やまいち :2010/08/15(日) 22:20:28
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
地と武の神を奉る神社の巫女。
代々伝わる舞踏武術『母地父天』を引き継いでいる。
薙刀を用い、踊りながら大地を砕き、撃ちつけることで、破片を弾丸のように浴びせるのだ。
しかし心やさしい彼女は敬うべき大地を砕くことに心を痛めており、能力に目覚めた。

【特殊能力】
『母の回帰』
自分の破壊した大地の時を戻し、原状復帰することができる。
戦闘中にも用いることで飛ばした破片を戻すなど、トリッキーな攻撃をすることもできる。
傍からみると美しい踊りにみえる。

101 混濁煉獄(ガトリングキャノン)の今日知ろう :2010/08/15(日) 22:20:28
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
希望崎に住む、ごく普通の女子中学生。非常におっとりした性格。

表向きは、神子島家の長女だが、実際は魔界46区を治める魔王と
天空都市を統べる天使王との間に生まれた隠し子である。

魔王と天使王の恋愛は禁断なので、神界に気づかれぬよう
生まれた子を人間界に送り、人間として育てさせた。

姿形は人間そのものなので、神子自信はその事に気づいていない。

能力発動時は、肌が黒く硬質化し醜く捩れた角が生え、背中には6枚の天使の羽が生える。
が、神子は、そういうもんなんだ、と特に気にしていない。


言うまでも無いが、貧乳である。



【特殊能力】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
秩序を破壊する能力。能力発動したが最後、世の秩序は破壊され世紀末が訪れる。

が、神子自信はその能力を自覚しておらず、使いこなすこともできない。
ただ変身できるだけの能力だと勘違いしてる。

「見て見て〜!ほら!天使の羽〜!かわいいでしょ〜!」

102 瞬殺無銘の豆 :2010/08/15(日) 22:22:16
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
数千年前の断層から発見されたサンプルから複製された人工生命体。
人ととてもよく似ているが、明らかに人ではない何か。
サンプルの採取された島の霊的な背景から、神のように崇められている。
しかし、神が人の世に安定と秩序をもたらした事例など、歴史に無い。
地の裂け目から現れた神もまた然りである。

【特殊能力】
死/死
神は存在するだけで人を争わせるものである。
人の世の秩序は銃弾の飛び交う争いの中にこそある。
4(死)に4(死)を重ねる狂熱のタンゴ。

103 架空分析者(インビジブルサン)のふきゅう :2010/08/15(日) 22:22:49
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
神子島家は由緒正しい地主の家系だが、上に兄が2人、姉が1人いるため後継ぎの問題などとはまるで無縁。
その認識が早くにあったからだろう。いち早く能力に目覚め、積極的にそれを活用するようになった。
高校卒業後はすぐに家を飛び出して就職。
しかしながら、その企業は裏で非合法の仕事内容を請け負う組織「アンダージアース」と繋がっており、神子もその中で下っ端として働き出す。
しかし、自らの生き方に対する覚悟はまだ固まっておらず、精神的には揺れ動いている。


【特殊能力】
「地裂秩序」
半径5メートル以内の地面から拳大の土球を無数に浮かび上がらせて使役する。
土球は防御にも攻撃にも適正はいまひとつであるため、周囲からはこれからの研鑽が期待されている。

しかし、神子は能力の応用方法をさらに隠しており、創り出した土球を練り合わせてさらに大きな物体を作ることができる。
偽装や罠を作ることに適しているのだが、あからさまに犯罪の片棒を担がされる覚悟がまだできていないために秘匿しているのであった。

104 災厄罪悪(ダークネスパニッシュ)のよしめ :2010/08/15(日) 22:23:17
【本名】神子島神子(かごしまみこ)
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)
【キャラクター説明】
血に塗れたこの手が夜空を漆黒に染上げるとき
切り裂かれた記憶が神々の住まう混沌となるだろう
崩れ行く心に漆黒の羽根を生やして
それが痛みならあたたかな殺戮で応えよう
それが愛ならば雷は綻びのままに全てを裁くだろう
狂おしい混沌は夜空を駆け抜けて
【特殊能力】
けれど曖昧な感傷は時として人を闇雲に引き裂くだけである

105 終焉雷帝(アナザーカタストロフィ)のソリ :2010/08/15(日) 22:28:36
【本名】神子島神子(かごしま みこ)
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
神子島は人口500人余りの小さな島であり、この島一帯を取り仕切っているのが神子島家、
その現当主の神子島神子である。この家では家督は代々女性が継ぐこととなっている。
当主となる前は溌剌とした少女であったが、自らの運命を覚悟して受け入れ当主となった。
神子島神子という名はいわゆる『名跡(みょうせき)』であり、代々の正当後継者が
家督を継ぐ際に、それまでの名とは別に「神子島神子」という名を襲名する。
そしてその際行われる『襲名の儀』によって「跡継ぎとしてふさわしい心構えを持たせ品格を習得させる」
というのが神子島家側の公式な説明だが、どの回であっても、その儀を経た後の
「神子島神子」の変貌ぶりは、その言葉だけで到底説明できるようなものではないという。
代々の党首たちは、襲名前は当然それぞれが十人十色の個性を持っていたのだが、
襲名の儀の後には皆同じようなパーソナリティへと変貌を遂げる。
曰く――その目には光がなく、その顔には色がなく、その言葉には自我がない、と。
そうしていつの時代も「神子島神子」は存在し、粛々とこの地の秩序を守り続けているのである。

【特殊能力】填魂舞踏(マシンガンタンゴ)
当主「神子島神子」に、襲名の儀によって代々受け継がれてきた能力。
当主に選ばれる血筋は、この能力に必要な固有の中二力を持つ。しかし能力発動のための必要条件
は持っていても、常人の精神ではこの能力を制御することはできない。
従って儀においては、まず制御の邪魔となる彼女の『心』を除去し、『代わりの心(擬似魂魄)』を
入れることで、この能力の制御を行うのである。
彼らは代々地裂秩序(システマティックケイオス)と呼ばれる存在を封じることにその生涯を費やす。
地裂秩序の活動が活発になったときには、この能力により舞を捧げ、自分自身の擬似魂魄を
媒介にして、無数の杭弾のような形状で撃ちこむことにより、一時的に活動を封じる。
そして擬似魂魄が抜けた身体には、一族の者が新たに魂魄を入れ直し、そして彼女は
宿敵の次の活動開始まで、また秩序を守り続けることになる。
擬似魂魄を入れ直したときには、以前の魂魄のときの記憶はなくなっており、そのため彼女は
定期的に『心』をリセットされる。しかしその僅かな残滓のようなものが心の奥底に
残っていることはあり、何かの拍子に(以前の記憶で大切にしていた人・ものに出会ったときなど)
それを思い出すことはできないまでも、微かに感じることになる。

106 切断贄 :2010/08/15(日) 22:39:40
【本名】神子島神子
【二つ名】地裂秩序(マシンガンタンゴ)

【キャラクター説明】
喋る事が大好きな女性
喋ることができれば、話題はなんでもいいので、話題を探すために色々な噂話を集めている
しかし、噂だけでは足りないので、妄想で色々な事を考えて、話したりもする

【特殊能力】
『順序秩序(フェイクトーク)』
自分の妄想を語る際、それをより真実として語るために順序立てて語る
順序立てて語るだけでなく、相手に語った内容を見せることで、リアルに感じさせる
最近では色々な妄想をし続けた結果、世界の終わりを考えるようになった
地が裂け、天が割れる様を順序立てて語ることで、相手にその様子を見せる
その様子があまりにりあるで、その妄想を聞いた相手は発狂する

107 黒龍百景(ファイナルパンツァー)の鳩子 :2010/08/15(日) 23:07:18
kiriさんの理想の妹

【妹名】霧咲 六奈(きりさきりくな)
【二つ名】心臓摂理(ブラッディサンデー)

【キャラクター説明】
tp://0006.x0.to/imouto.jpg
霧咲家六女。
次女、三女、四女、五女は殺した。


【特殊能力】
『心臓摂理(ブラッディサンデー)』
自らの血液で週刊サンデーを真紅に染めると『摂理』と呼ばれる運命の因果律が歪み
お兄ちゃんを好きな女の心臓とリア充が爆発するという呪詛。
お兄ちゃんはリア充じゃない(自己申告)ので大丈夫。

108 鋭角空虚(ソリッドイグジット)の珪素 :2010/08/15(日) 23:29:52
(適当だけどこんなのでいいのかなー)

【本名】落水堕落
【二つ名】電磁定理(ラジカルファントム)

【キャラクター説明】
名門お嬢様学校、私立星架学園最強の能力者集団、【学園七不思議】の一人。
【学園七不思議】序列の二、『ロシュフォールの恋火たち(Les Demoiselles de Rochefort)』の堕落。
ポニーテールに結った髪と、ロングスカートが特徴的な【学園七不思議】の三年生。
穏やかで誰に対しても優しい人当たりの良さから、星架学園内での人気を、夏州夏と二分する。
近所でも評判の綺麗なお姉さんで、学園外にもファンクラブが存在するほど。かなりの巨乳。
能力が戦闘向きな代わり、本体は至って穏健派。その点では、夏州夏とは正反対と言える。
夏と共に【学園七不思議】のまとめ役を担っているが、現状では組織の維持が三年生任せなので、
自分が卒業した後の事については、他のメンバーの誰よりも心を砕いている。

【特殊能力】
空襲で焼け死んだ人々の魂が無数の人魂となって校庭を彷徨う、学園怪談『空襲日の人魂』。
能力を発動すると、本体を中心として、徐々に帯電した薄い霧が立ち込め始める。
この霧の中で物体がひとたび『動く』と、その動きに反応して霧の中に誘導電流が発生し、
膨大な電力が人魂のような『球電』の形を成して対象をふらふらと追いかけ始める。
『球電』の大きさは物体の動きの速さに依存するが、威力はサイズに関わらず非常に高温。
周囲に動く物体が多ければ多いほど強力な攻撃力を発揮できる能力であるが、
『球電』は何かに衝突すると熱量を発して即座に消滅するため、ほぼ屋外戦専門の能力。
その点では、屋内戦で力を発揮する叉夜や神子の能力を補う能力性質といえる。
また、射程内では完全に無差別に作用する能力なので、単独で戦闘を行う事が多い。
彼女の作り出す『電磁定理(ラジカルファントム)』の中では、敵は歩を進める事すら叶わない。

109 強襲迅雷(グレネイドヴェロシティ)の立川 :2010/08/15(日) 23:33:57
せっかく書いたから投稿したい。

R.S.S(理想の猿制作委員会)

【猿名】さくら(♀)

【キャラクター説明】
日光に居るお猿さん。木登り大好き。
無口でお客さんにあまり懐かないが、飼育員さんにはべったり。
現在、イベントの一環として巫女服を着させられている。
結構気に入っているみたいだ。

【特殊能力】
『TORA TORA TORA』
・半径7.2㌔以内の猿を集合させる
・集合した猿たちは、各々好き勝手に行動するが、ある特定の条件を満たすことにより、命令を聞かせることが出来る
・条件:能力発動前に、ノミ取りしてあげる


R.I.S(理想の妹制作委員会)
【妹名】南込 さくら(なんこみ さくら)
【二つ名】『ハースニール』
【キャラクター説明】
「あ゙あっでるっ…!! たまみるくでるっ!! でっでるうっこくまろみるくぅ!!
 おしりほられて変態みるくがきちゃうのおぉっ!!!!!」
「み…乳汁(ミルク)がッ!!! いっいっぱい…いっぱい射乳(で)ちゃいますうっ!!」
「いもうといだいすぎてバンザイしちゃうぅっ
 バンザイっ、ばんじゃいっばんじゃい゙っぱゃんに゙ゃんじゃんじゃいぃぃっ!!」

【特殊能力】
『ハースニール』
「だっだめですのぉっ!! 妹のッ…妹のほじっちゃあっ…はっはへえっ!!
ひっ、妹のぁ!! いじってぇにいさまぁ! にいさまほじほじしてぇっ!!
でっでるっ!! どんどんのぼってっ、飲んでいただく特濃ミルクが到着いたしましたのぉっ!!
妹のっ! 妹の特製みるくのんでですのぉ!!!!
あへええっ、いいいいいいっ! いいよおおおっ!!
トロトロがぴゅーーーーーっって! ぴゅぅううってでちゃうよおおおっ!!」

110 流体少女(クワイエットシャッフル) の ぽぽ :2010/08/15(日) 23:46:10
R.S.S(理想の猿制作委員会)

【猿名】チェリー(♀)

【キャラクター説明】
アメリカからやってきたグラマラス金髪モンキー
キングコングの末裔
派ではパフォーマンスが人気
ハイレグビキニ装備

【特殊能力】
『HANSEI』
芸を披露した後、観客に向かって
超高圧的な態度で非難する
とても怒っているように見えるが
「うきー」としか聞こえないので何を言っているのかは不明だが
とっても可愛い
なんだか謝りたくなって反省してしまい
バナナを持っている者は差し出してしまう
誓約 バナナを食べる(芸を披露したんだからバナナをよこせと怒っているからバナナを食べると落ち着く)

111 虚構奇術師(モノクロームサプライズ)のルフトライテル :2010/08/15(日) 23:49:53
前に本戦に出そうと思って作ったキャラ出しとく

【眼鏡名】有銘かがみ

【キャラクター説明】
実家は眼鏡屋。眼鏡をこよなく愛し、眼鏡のために生きる少女。
宗教団体「眼鏡教」を主催しており、主神である眼鏡神に全てをささげている。
彼女を眼鏡をかけた人間は愛を注ぐべき存在である。
コンタクトレンズは邪道と考えており、彼女にとってこの世から抹消すべき悪魔の存在である。

【特殊能力】眼鏡愛(グレイトフルラブ)
洗脳能力。彼女の言葉を聞いたものは眼鏡への愛に目覚める。
相手の精神がとち狂ってるほど効果は高いが、精神がまっとうだからといってきかないわけではない。
なお、コンクタトをつけてる人間は自分の過ちに気付き気が狂って死ぬ。

112 架空分析者(インビジブルサン)のふきゅう :2010/08/16(月) 00:03:07
【妹名】真白さくら
【二つ名】鏡像因果(スパイラルゴースト)
【キャラクター説明】
兄が帰宅すると、真白さくらはいつも寝転がっている。
女子高の制服を着替えようともせずにくつろぐその姿は、しどけないというよりはいぎたないという残念な感じである。
常識は持ち合わせているものの、それはあくまで対外的な箇所で発揮されるにとどまる。
外にいるときは凡庸で、物事に対し一歩引いた姿勢を取るが、家では弁舌が立つ。
ただし、両親を言い負かすことはできないので、口論で勝てる相手は兄ただ一人。
見た目は十人並みだが、スタイルはそれなりに良い。
ケータイ小説を読むのが趣味だが、携帯電話のプランが定額ではないため、PCのブラウザを利用して読んでいる。
最近ブックマークしていたドリーム小説のページを兄に発見されたため、流れるようなチョップを決めた。


【特殊能力】
「切り替わり」
外にいるときと家の中にいるときで別人のような性格を演じる。
どちらが本当ということもなく、両方で真白さくらという人間なのである。

113 名無し :2011/02/27(日) 18:49:32
ちょww糞ビッチの飛び出すおっぱい3D写真がだだ漏れしてるww
tp://twero.oops.jp


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ポケットモンスターブラック2 - 任天堂


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa