したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

935 ワイト :2012/11/14(水) 04:41:22 ID:9porlFj.0
――――
テスト当日

 キ〜ンコ〜ンカ〜ンコ〜ン〜〜……ガララッ
ザワザワ……ザワ

「よし、お前ら〜前から言っていた通り今日は、テストだ。そして、今日のテストは
 期末の評価に関わるものだからな! 心して受けるように。では、配っていくぞ〜」
「うわ〜、そういえばテストか……なぁ、あれやった?」「いや、俺もなんもやってないな……」
「俺、全然やってないわ〜、対策してないわ……、昨日実質1時間しか寝てないわ〜。」

生徒達の言葉が飛び交う中、ラピスとラズルは、2人とも少し余裕の表情を見せていた。

「ラピス大丈夫か?昨日やった通りやれば、2人共いけるさ。」
「そうね……頑張るわよ。……ラズル、昨日は…あ、(ありがとう)」
「……? ちょっと聞き取れなかったけど、いまなん――」「そこ!もう、テストは始まったぞ!」
「ああっ!すみません。今すぐ取り掛かります。」「(……あははっ…ラズル、ごめん許してね)」
「(チッ、面白くねぇ……!いつも、ラズルラズルって、ラズルのどこが……俺の方が……クソッ)」

――――
テスト終了後

「無事テスト終わったなぁ、ラピス。次の時間でテスト返ってくるし、楽しみだな。」
「そうね。それより……さっきからあなたに、後ろの角の席からずっと、誰か見てるわよ。」
「――えっ?」

 さっと、後ろを振り向くと、目が合ってしまった。――うわっ、よりによってアイツかぁ。どうしようか……
そんな反応するのには、理由があった。それは、僕と同じ職業「剣士」を目指す、1人の生徒だったからだ。

――ガタッ
「――おいっ! お前いま、俺と目が合って下向いただろ! ちょっと待てよ。」
「うわ〜、ラズルがまたアイツに因縁付けられてるぞ……」「いつものことだし、心配いらないだろ……?」

 ザワザワ……ザワ
アイツと呼ばれる生徒が、椅子から立ち上がって、僕の方に真っ直ぐ近付いて来た。

「なんだよ、「ナシアス」。たまたま、目が合っただけだよ。」
「あ〜ん?それが、ガン飛ばしたやつが言う言葉かぁ?テストが終わって、もう余裕ってかぁ?」
 やたら挑発的に、僕に因縁をつけてくるアイツの名前は、「ナシアス」。なぜか、僕には喧嘩腰だ。

「ああ、そうだよ。もう後期のテストが終わったんだしね。これで後は、ナシアスが静かになればいいな。」
「ん〜だとぉ? 今日のラズル君は、ラピスがいるからってちょっと調子に乗りすぎたな、そうだ! 「修練場」まで来い!」
「おいおい、やばくね?おい、誰か先生……」「いや、お前呼べよ。俺トイレ行って来るわ。」

 ああ……しまった。そうじゃないとも言い切れないが、挑発に対してちょっと乗りすぎてしまったかな。
修練場と言うところは、剣士を目指す生徒達が、文字通り修練しに身体を鍛えるのに打ってつけの場所だ。
現実で言えば、小・中学校にある体育館のようなもので、そこにある道具や用具が剣士の用品と言うこと。

「ね、ねぇ? 大丈夫よね? ナシアスもふざけてやってるのよ。あまり無茶しないようにして、頑張って。」
「はは、そうだね。無茶しないように、頑張ってって。なんだか、とても難しいけど努力してくるよ。」
 少し事情が発展したせいか、オロオロして戸惑っているラピスを見ていると、なぜか少し気分が楽になった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

30日間マクドナルド生活―自分の体で実験してみました - マツモト ケイジ

この本に一緒に書かれている「30日間 避難訓練生活」はマジで秀逸。


ドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」の真偽を確かめた命知らずの日本人の記録!!
ファストフードの危険性についてはこちら

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa