したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

933 ワイト :2012/11/14(水) 04:38:22 ID:9porlFj.0
――――
???
 
 此処は、数々の冒険者が拠点にし、日々活動を続ける中心街。そう、古都ブルンネンシュティグ。
今でこそ、昔のような活気は失われつつあるが、今でも、ある程度の冒険者達が行き交う街で有名だ。
活気が失われた原因の1つに、此処より西に遠く離れた街、オアシス都市アリアンが主に影響している。

 オアシス都市アリアンとは、オアシスと名の付く通り、街の中心に湖とも呼べる程の豊富な水で潤った街。
生活源にもなるその水に、自然と一般の人々が集まり、また冒険者も商売を目的に訪れるにもなり、都市にまで発展した。
そして、古都ブルネンシュティグには、大々的に宣伝出来るポイント……つまり、アピール出来る何かがない。
少し前までは、「RED STONE」と呼ばれる赤い石の噂が冒険者の意欲を掻き立てた。それの情報源で賑わったのだが……

 「RED STONE」とは、入手出来れば、願いが叶うだとか、巨万の富を得るだとか、不老不死になれる等々
噂が噂を誇張し、そんな赤い石を巡り合って冒険者達が競い合った時代があったが……今は、「終わった」
何故かと言えば、その「RED STONE」が「悪魔」と呼ばれる、地下に身を潜め、普段は表立った行動をしない
「人間」ではない、その存在が先に手に入れたと言う噂が流れた為だ。それも、仕方がなかったと言える。

 元々「RED STONE」の所有、管理をしていた「天使」と言う「悪魔」とは対立関係にある立場の「誰か」が
何を思ったのか、「天使」の住まう天上界から、その「RED STONE」を「人間」の住まう地上界に投げ落としたのだ。
その「誰か」とは、数ある天使の中でも最高位の地位に立つ、かつて「戦神の天使」の肩書きで知られた
「アズラエル」の所業とも、後に各界で噂され始めたのだが、それはまた別のお話である。

そして、今新たに冒険者として名乗りを上げる1人の少年の、「RED STONE」を巡る旅に出る物語の始まり、始まり……

――――
ある場所

「ねぇねぇ、それ何読んでたの?」
っ!――パタン。

今読んでいた「RED STONEの起源とその先」と「古都ブルネンシュティグとオアシス都市アリアンの歴史」
についての本を勢いよく閉じて、声を掛けられた先に目線を移す。

「え〜、別に読んでたっていいじゃない。どれどれ?」
 目線を移すと白いローブに身を包み、肩まであるかと思う銀色の髪の頭上にティアラのような冠を付けた……
いや、乗せた?少女が、微笑みながら僕が先程まで読書していた本に触ろうと、目の前に立っていた。

「あっ……なんだ、「ラピス」か。いたんなら、普通に声掛けてくれよな。誰かと思ったよ……」
「あら、失礼ね。幼馴染みの声が他の誰かに聞こえたの? っていうか、またこの本古いわねぇ。こういうの好きなの?」
 薄々誰かは察しは付いていたが、それでもやっぱり第一声は、挨拶から入ってくれるとありがたいと思う僕であった。

「何よ〜、ねぇ、聞いてる?」
 反応がなかったのか、再度返事の催促を促して来たラピスに慌てて相槌を打つ。

「ああ、うん。聞いてるよ。ごめんごめん、ちょっと考えごとしてたんだ。」
「ホントに? ……まぁいいわ。それより、明日テストに出るところ教えなさいよ。」
「ええ? それが目的だったのか〜?」
「いいじゃない。こんな図書館まで来るぐらいなんだから、勉強もしてたんでしょ。」

 間違ってはいなかったけど、図書館まで来て勉強や読書をするのは、1人で集中したいためであって……
「なに、ブツブツ言ってるの……、それじゃ今すぐ私と勉強しましょう。特にテストに出るところね!」
「仕方ないなぁ、そろそろ読書も止めにするところだったし、テスト勉強といきますか。」

そうして、僕が座っていた横の椅子にラピスが腰掛けて、2人のテスト勉強が始まった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

巡音ルカ Tony ver. (PVC製塗装済み完成品)


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa