したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

907 名無しさん :2011/02/03(木) 05:39:03 ID:m7KgF2xA0
夜中にふと書きたくなったので…(´・ω・`)
ううう駄文ごめんなさい。
バレンタインネタです。甘くはないです。



-----------------------------------------------



ざく、ざく、ざく。

リトルウィッチが手際良く包丁を動かすたび、白い清潔なまな板の上でチョコレートは細かくなる。

ざく、ざく、

チョコレートを刻む作業に夢中になっていたリトルウィッチは、ふと顔をあげて窓辺を見た。
二羽の小鳥が戯れている。番だろうか?彼女は眩しそうに目を細め、再びまな板の上に視線を落とした。

すっかり細かくなったチョコレートを包丁の刃に乗せてアルミのボウルに入れ、
脇にやってからリトルウィッチは湯の様子を見た。小鍋の底から泡が浮かび始めている。そろそろ良いだろう。
リトルウィッチが指を差すと鍋の底の火が消える。彼女は鍋つかみを装備すると小鍋をまな板の上に移動し、
先ほどのボウルをその中へゆっくり、浅く沈めた。


日差しの暖かな午後だった。眠気を誘うように、時間はゆったりと流れる。
まどろむような時間の停滞。だが、ひとたび外に出れば冷たい北風に体の熱を奪われるだろう。
リトルウィッチの瞳もまた、冷たく暗い色に翳っていた。
端正な顔を僅かに青ざめさせ、まるで機械のように、溶け始めたチョコレートをかき混ぜる。

そんな彼女が時折顔を挙げては見ているものがある。
調味料の棚にひっそりと置かれた、小さな瓶だ。
中には怪しげな色の液体が入っている。それは惚れ薬だった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

思春期 - 谷 郁雄

淡く、切なく、儚い写真詩集
エッチな気持ちとピュアな気持ちの狭間で悩む男子
日々大人へと変わっていく心とからだに戸惑う女子
私たちが忘れてしまった、儚く残酷なー思春期
女子高生の写真と、詩で織りなすエロティシズムの世界

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa