したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

888 ドワーフ :2010/06/21(月) 21:20:33 ID:HW/cTXWU0
 正午にはまだ早いくらいに王宮跡に着いた。かつて隆盛を極めた姿は見る影もない瓦礫の山。キリウスはその姿を今の自分と重ね合わせた。
「早かったわね」
 あの悪魔、アスティマが倒れた柱に腰かけて彼を待っていた。
「次の契約者とやらを、ここで待てばいいのか」
「いいえ、あなたがこの時間にここに来ることはすでに決まってたもの。待つ必要はないわ。でも、ここから少し移動するわよ」
 そう言って悪魔は広大な王宮跡の奥のほうへと歩き出した。
 キリウスはベルトを見下ろした。すでに彼の意思とは関係なく、彼の運命すらも操作されている。
 だが彼は怖気づいたりはしなかった。前を行く悪魔の後姿を睨み付けると、後について歩き出した。
 中庭を抜け階段を上り、今なお崩れずに残っている外郭の上に案内された。そこで外郭の淵に立つ人物とキリウスは対面した。
「どういうことだ?」
 目の前にいる人物に信じられないという様子でキリウスは言った。しかし、気づくとつい先ほどまでそこに居た悪魔の姿はなくなっていた。
「あなた…どうしてここに…」
「それは私の台詞だ。どうしてお前が…」
「近寄らないで!」
 歩み寄ろうとしたキリウスは制止された。目の前に居たのは彼の妻だった。ベルトは次の契約者に事もあろうにルメーユを選んだのだ。
「何をしているんだ。そこは危ないぞ。すぐに下がるんだ」
 下から見上げるとそびえる様な王宮の外郭は、かなりの高さがあった。転落すれば失命の危険があった。
「あなたは…、私を責めてらっしゃるですわ」
「何だって?」
「あの日…、あの子を失ったあの日から、あなたは私を見てはくれなくなった…。私さえしっかりしていればあの子は死なずに済んだかもしれない…」
「違う…」
 違うんだ。何ということだ。あのとき誰よりも娘のそばに居たのは妻だったというのに。娘の死の瞬間を目撃していたというのに。誰よりも悲しんで

辛い思いをしていたのは彼女だったというのに。私は自分の負い目のことばかり考えていた。支えてやらなければならなかったのに…歪んだ運命のせい

ばかりではなく、私は本当に夫として失格だ。
「あの子に、謝りに行かなくては…」
「待て。待ってくれ。ジネットを殺したのは君じゃない。私なんだ」
 妻が振り返ってキリウスのほうを見た。妻は泣いていたのか、涙で頬を濡らしていた。そしてそれを隠しもしない。
 なぜ、なぜ君なんだ。君にどんな欲望があるというのだ。今このままここで私が死ねば、今度は君がこの呪われた悪夢のような運命を背負うことにな

る。
「君は悪くない。私のせいなのだ。欲望にまかせて悪魔どもに躍らせされた私が…」
「一体何をおっしゃっているのですか!?私を気遣ってそんなことを仰るのですか。やめて下さい。あなたは悪くない。私が、私があの子を…」
「落ち着くんだ!早まってはいけない」
 妻はひどく興奮しているようだった。ひょっとすると、このまま飛び降りてしまうかもしれない。
「落ち着くんだ。君は何も悪くない。本当に娘に謝りに行くべきなのは、裁かれるべきは、私なのだ」
 そう言ってキリウスは外郭の、妻とは反対側の淵に立った。妻の立つ外側同様、こちらも落ちれば命はないだろう。
「あなた…?」
 妻が目を見開いて、キリウスを見ていた。
 キリウスは目を閉じた。もとより死ぬ覚悟でここに来ていたが、このままここで死ぬわけにもいかない。妻が神の修正の対象となっても、妻を悪魔ど

もの玩具にさせるわけにはいかない。自身が地獄に落ちてもかまわない、神の慈悲が彼女の命まで奪わないことを信じたい。
 妻が自分に気を取られているこの短い時間の中でキリウスは考えた。妻を悪魔たちの手から守る方法を。
 奴らの契約のルールには弱点がある。それは選ばれた人間が望みを口にしなければ契約が成立しないことだ。しかし、もしここで妻に全てを話そうと

すれば、ベルトは彼女をあそこから飛び降りさせて殺すに違いない。もはやキリウスに残された手段は一つだった。それは、賭けだった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

無邪気の楽園 1 - 雨蘭

学園七不思議のプールから小学校時代にタイムスリップ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa