したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

884 ドワーフ :2010/06/21(月) 21:13:28 ID:HW/cTXWU0
「ようやく見つけたぞ。ペテン師め!」
 人気のない裏通り、その人物はいた。
「あら、久しぶりの挨拶にしてはあんまりね」
 それは占い師のような姿をした女。口元をベールで覆っているため顔ははっきりとは分からないが、声からするとかなり若いようだ。
「娘が死んだ」
「あらまぁ、それはご愁傷さま」
「何をぬけぬけと、貴様が殺したんだろう!」
「人聞きの悪いことをおっしゃらないでくださる?あなたのお子さんが亡くなるのは、とっくに決まってたことですのよ」
「何だと?」
「さっき、私のことをペテン師と仰りましたけど、私は何一つ騙した覚えはなくってよ」
「馬鹿な。望む運命を与えてくれると言っただろう!なのになんだこれは、私はこんなことを望んだ覚えはない!」
「そう。でも、無期限とは言わなかったわ」
「貴様……何故教えてくれなかった!?」
「聞かれなかったからですわ」
 そう言って女はにこりと目元で笑みを浮かべた。
「このっ…!」
「あら、馬鹿な気は起こさないほうがいいわよ。それより、これからもっと重要なことを教えてあげるわ」
「今更何を…」
「補足説明ってところかしら。あなたがどうして今のような運命を得られたのかを説明してあげるのよ」
「そんな事を知って何になる」
「あら、奥さんがどうなってもいいのかしら」
「まさか妻にまで…!」
「だから私は何もしないわ。でも、しっかり聞いておかないと彼女も…」
「ぐ、早く…」
「ん?」
「早く言え!」
 女はくすくすと笑いながら、説明を始めた。
「私があげたそのベルト、それは持ち主の望むままに運命を変えることが出来るベルト…」
「そんなことはもう知ってる」
「でも、正確には変えるんじゃないの、歪めるのよ。あなた自身の運命を、あなたの周囲の運命も」
「どういうことだ?」
「修正が始まったのよ」
「修正?」
「そう、この世のあらゆる物事は予め神が定めた運命によって支配されている。生まれてから死ぬまで、現れてから消えるまで、誰と出会うのか、どん

なことが起きるのか、何を選択するのか。全て決まっているの。それが運命」
 女は話を続けた。
「そのベルトはあなたの運命を歪ませた。そしてあなたの奥さんの運命も歪ませた。その結果どうなったのか、あなたと奥さんの間で本来であれば生ま

れるはずの無い子供が生まれた」
「…………」
「さっき言ったわよね。無期限じゃないって。つまり、ベルトの力が弱まって歪んだ運命を維持できなくなってきたのよ。そして、神の力によって運命

は本来あるべき形に向かって修正され始めたのよ」
「それは、つまり…」
「あなたの娘さんは最初から死ぬ運命にあったってことね。あら、運命から外れてたのにこんな言い方はおかしいかしら」
「よくも、よくも!」
 突然キリウスは女の襟首に掴みかかると力いっぱいに捻りあげた。しかし女は彼の腕を掴むと、その細腕からは信じられない力で彼の腕を握り締めて

その手をほどいた。
「ああっ……ぐああああ」
 締められた腕を押さえてキリウスは堪らずうずくまった。
「もう、何なのよ急に。あなたのお子さんは神に殺されたのよ。私たちを恨むのは筋違いよ」
「あの子は、ジネットは…何のために生まれてきた。死ぬためにか。違う…あんな、むごい…」
 嗚咽を漏らし始めたキリウスを見下ろして、女はやれやれという風にため息をついた。
「そんなに痛かったの?ごめんなさいね。私たちあなたのこと気に入ってるからあまり乱暴なことはしたくなかったんだけど」
 キリウスは身を起こすと、涙で腫れた目で女の顔を見上げた。
「わたし、たち?他に誰か居るのか?」
「ずっと居るじゃない。そこに」
 女はキリウスの腹を指差した。いや、彼の腰に巻かれているベルトを指差していた。
「馬鹿な…いや、しかし神の運命を歪める……」
 女はにやにやと笑みを浮かべていた。手の内に気づかない愚か者に、ようやく全てを伝えるときが来た。
「お前は…何者だ?」
 女はフードをめくり、ベールを外すと、その美しくも恐ろしい本性を現した。紅く長い髪が溢れるようにフードの中からこぼれ、頭には一対の黒光り

する角。たったそれだけの特徴で、子供でも何者なのか分かる。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ボンレスベルト


これであなたもハムの人。

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa