したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

869 ワイト :2010/01/15(金) 03:44:37 ID:cq0SkP4k0
前々五冊目>>754>>857>>906>>933>>934>>940>>969>>970>>998
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
→前六冊目>>27>>83>>84>>134>>154>>162>>163>>191>>216
>>267>>285>>306>>308>>309>>895>>901>>975
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
→現七冊目>>426>>452>>794→現続編
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

>「てめぇ、稀に出没する希少種の「サキュバス」かよ……!」

「それで? サキュバスになったから、どうしたってんだ?
(――第二形態と言うべきか?まずは、様子見だ……!)」

「あははっ! 見せて上げるわ? 実力の差ってやつをねっ!」
 傷口を庇いながら、身構えるラータを相手に、取るべき行動は勿論――

――その傷口を狙った攻撃。

――ビュッッ!
刹那にサキュバスの鉤爪が、ラータの傷を目掛け、突く形で襲い掛かる!

「クッソ、野郎っ!」
――ガシィイイッッ! グッグググッッ……!
鋭利に尖る鉤爪の尖端の刃先を掴み、それ以上の進出を防ぐ!

「時間の問題、ねっ! このまま、押し込んであげるっ! 
 ……いえ、すぐにでも!」
押し込もうとする、逆手の鉤爪でラータを切り裂かんと振り上げ!

「ぐっ! こ、の、っぁああっ!」
無理矢理、傷口を庇う手を振り解き、鉤爪を掴み続けたまま
 振り解いた手を固く握り締め、力を入れる!

「(ま、さか! 相打ち狙いなの!? ふふ、返り討ちよ!)」

 グッオッ! ――ブァアッ!
――拳と鉤爪が、交錯する!

「ギッ、ィイァァアアアッッ!」

――ドッ、ゴォ!
垂直から振り下ろす鉤爪より、平行線で放つ拳が、僅かに上回った!
 拳の放たれた先は、振り下ろす鉤爪を持つ腕を狙った反撃!

「あ、くっ……! や、やってくれるじゃない……」
押し込もうとする鉤爪も、反射的に後退せざるを得なくなる。
 同時に距離を置くために、サキュバスは上空に飛行した。

「ハハハッ! どうだァ……? 腕ぇ折れたろ? 
 ――それで、片腕は使えねぇな!」
「ど、どうかしら……? それよりも貴方、血を流しすぎているわねぇ……」

「それが、どうした? 俺は追撃の手を緩めない……! これで何回目、だっ!」
――ギュ、ッッオッ! サキュバス目掛け、ラータが飛ぶ!

 だらしなく垂れ下がる片腕の鉤爪が、機能不能になったためか
サキュバスは、自身に追い打ちを掛ける為、跳躍したラータに対して

――自然と守りに徹する。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
久し振りの投稿で、すでに私のことを忘れている方々が、九割を占めると思います。
皆さん、明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。

新年を迎え、いかがお過ごしでしょうか?私は相変わらず、多忙の身ですが……
この小説、何を書いていたのか……私自身忘れてしまって、今回はぐだぐだになりました。
次はいつになるか分りませんが、いつか投稿していく予定。それでは、失礼します。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

聖闘士聖衣神話EX ペガサス星矢 (新生青銅聖衣) - バンダイ

小宇宙と書いて"コスモ"と読むっ!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa