したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

863 白猫 :2009/11/03(火) 00:09:29 ID:qlUN4Kp20
前作 Puppet―歌姫と絡繰人形―
関係あるかもしれないもの >>649




私が初めて槍を手に取ったのが、10歳の頃。
傭兵業で生計を立てていた私の家は、可も無く不可も無く。どこにでもある中流家庭だった。
時に金持ちの護衛として雇われ、時に政府の軍務に就き、時に魔物を屠って金を得る。
そんな両親の姿を見て育った私が、同じように傭兵の道を進むことに何の不満も疑問も抱かなかった。
レールの敷かれた道路を歩く。「英雄」になれるとは思わないし、なろうとも思わない。
ただ父と母、育ててくれた両親に恩返しが出来ればそれでいい。
幼いながらも、周りで戦などに巻き込まれて死んでいく者たちの子を見てきた自分が出した目標だった。


武器を用いた訓練は、傭兵術においては基礎訓練の次に基本的となる訓練だ。
私は無我夢中で槍を振り回した。朝から晩まで、その次の朝が来ても。
父に止められても続け、過労で倒れることもあった。それでも私は槍を振り続けた。
私はほとほと負けず嫌いだ。このときを思い出すたびに、私はそれを実感する。


雪のように美しい少女と出逢ったのは、白と黒以外の色をすべて神様が抜き取ってしまったかのような、淡い雪の朝だった。
剣を持って、雪の絨毯を舞う。剣が弧を描く度に、空気が、空が声を上げる。共鳴する。
隣町の子だということは一目で分かった。小さな町である自分の故郷に住む子供など、空で全員、ミドルネームまで含めて呼ぶことができる。
私は思わず声を上げていた。綺麗、と。何を考える暇もなく、口から出た言葉がそれだった。
私の言葉に気付いた少女は、雪のような相貌をあっという間に向日葵のような笑顔に変え、駆け寄ってきた。
レティア、という名の隣町の少女は、私の初めての親友となった。


それ以来、私とレティアは朝と夜の二度、雪のちらつく平原で必ず一緒にいた。
別に当時の私に友人がいなかったわけではない。「そういう時代」だったのだ。
いつ町が襲われてもおかしくない。昨日友だった酒飲み仲間に、明日は刺されるかもしれない。
他国へ亡命する者も多くいた。が、私は知っていた。絶対に逃げ切ることはできないと。
確かにゴドムへ逃げ延びれば、世に名高き[最終貴族]カナリア=ヴァリオルドの庇護を受けることが出来るだろう。
だが、「常雪の山」である山脈を越えゴドムへ逃げることなどできるわけがない。あの山は死の山なのだ。
年間の平均気温は氷点下六十度を下回る。世界で最も過酷な山だ。
麓にある私の故郷がある高原ですら過酷な環境だというのに、よりによって山を越えるなどと。
……閑話休題。
毎日のように顔を合わせて、一緒に武器を振るっていた私たちは、いつしか思うようになっていた。
「一体どちらの方が強いのか」と。


連敗が込んでいた。
現在十一勝十七敗、四連敗中。
レティアは彼女得意の氷結魔法に何かコツを見出したのだろう。それまで互角程度だった私たちの力関係が急激に崩れた。
私の放つ雷撃は全て彼女の周囲を舞う結晶に阻まれ、彼女の繰り出す冷風は否応も無く私の体力を奪うのだ。
反則だと思った。周辺には彼女の武器である雪が五万とあり、レティアは私よりもずっと暖房の魔法が上手かった。
だが、すぐに私はその考えを打ち捨てた。有利だとか、不利だとか、そんなものは関係ない。
結果として勝ってしまえばいいのだ。彼女の雪も、寒さも、何もかも吹き飛ばして勝ってしまえばいい。
私の密かな決意は、六度目にして怒声に変わった父の食事の声で最後まで成されることはなかった。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

思春期 - 谷 郁雄

淡く、切なく、儚い写真詩集
エッチな気持ちとピュアな気持ちの狭間で悩む男子
日々大人へと変わっていく心とからだに戸惑う女子
私たちが忘れてしまった、儚く残酷なー思春期
女子高生の写真と、詩で織りなすエロティシズムの世界

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa