したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

855 rball :2009/10/24(土) 17:12:55 ID:Kv0ctwdE0
「・・・・・・」
セレスは無表情のまま無言で痛みに耐えている。
そしてヴィングは『コールド』していて動きが鈍っているセレスに向かって魔法を唱え始めた。
ちなみにもう『トルネードシールド』は解けている。
「さぁてフェインさん。」
「はい。」
「『アレ』は一体どういうことなんでしょうかねェ。」
「『アレ』はですね・・・・・・」

「そろそろとどめにしましょうかね。ランサーさん」
そうヴィングは言った。
「・・・・・・」
無反応のセレス。
「『隕石よ飛来せよ、そして完膚無きまでに全てを葬り去れ!メテオシャワー!』」
ヒューッと何か風切るような音がして
数瞬後
隕石の着地と共に爆音と光にセレスは包まれた。

「ま、物理系の攻撃だったお陰で助かったってところかしらね。」

四方八方から発せられたその言葉。
ヴィングはそれを理解できない。
そして徐に自分の体をーーー四方八方から槍で貫かれたその体を見て
「あぁ・・・見事だ・・・」
納得したようにそう呟いて
分身が消え、本物のセレスが槍を抜いたと同時に前に倒れた。

「ゲェェエムセットォッ! 勝者ぁ、ランサー セレス!」

歓声。
ヴィングの元へはビショップが駆け寄る。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

マケン姫っ!フルカラー《極!!》

肌色率K点越えで解禁!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa