したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

794 ワイト :2009/07/05(日) 00:15:08 ID:u21hJAvY0
前回 RS小説7冊目>>426⇒続編

ガシィイッ!主人は、ラータの振上げ打下す、その動作を見上げると
ほぼ無意識に自らの首元に掌を向、得物を受止める――

一瞬、唖然の表情を浮べたラータは、その掌を払除け、間合を取る。
一方、主人は無意識に行動に実行した掌に、動揺の顔色を窺る。


――勿論、ラータはその一瞬を見逃すはずはない。即座に獲物を投擲する。

キィインッ!カンッ!カラララッ……!
弾いた……?主人は腕をタイミング良く振上げ、獲物を地に叩落した。


――グッ……!アッッ!!
疾走感に酔痴れる程のスピードを活用する、ラータは既に間合を詰め、主人の目前に駆ける。

ヒュアッ!――ブシュッ!
得物は身体を切裂いた先に鮮血は迸った。


――ラータの身体から……!

「がはっ!……ッ!アッ!く、くそ!てめぇ……まだそんな手段を……ッ!」

主人の手先に鋭利に輝く刃物?……それは、鈎爪の形状を形取る。その鈎爪は
戦闘以前、いや主人の変身後、掌に獲物を振下した直後……?いや、無確認だ。
更にその鈎爪は、主人の手先に真直ぐ、生殖する様に伸出する。


「チッ!仕方ねぇ……!それ相応の代償は、てめぇに返還してやるよ!!」

ラータは得物を自身周辺の空中に、相当数量を投擲する。
――投擲した得物は、守護する様にラータ自身の周辺を旋回する。


「……?」
主人は当然、認識不足にある。ラータの不可解行動に眉を顰めた。

「……気付いた瞬間にゃ、即座に命乞いする羽目になるぜ……?」
――発言後、ラータは両手に指の合間を縫って、得物を携帯する。


「カルテット……ッ!スローイングッッ!!」

――ブァッ!ババババッ!バババッ!バババババッッ!!


ラータは、両手に携帯する得物を投擲した!!同時に先程
ラータ自身の周辺に旋回する、得物は投擲した合図に主人を襲撃する!!


――ッツガガガガガガッガッッ!!キイィッッィン――!

主人の見下した地面に、無数の得物はカラカラ……と虚しく音を立、落下した。
主人を守護したのは、主人の鈎爪……相次いで、両翼……!?
両翼は、主人を覆い尽くす様にラータの得物を遮ったのだ。


ラータは、鈎爪以上に驚愕の顔色を示した。それは、何れの状況にも、無確認のこと。
更に手先の鈎爪同様に、その両翼は主人の背中に生殖する様に伸出する。


「ぁぁぁっ!ああああああっ!!」
――主人は突然、大音量の咆哮を上げた。同時に前原型の形状
変身後の形状を変化……第三段階の形態に主人は豹変?進化を遂げた。


ラータは、流血する傷口に応急手当を施し態勢を整え
進化の余韻に浸る主人を前に、冷静に状況改善に専念する。

シュウウウゥゥッ……!
――出現する……!主人の姿――!?


「あああぁぁ……!ううぅん……」

「ハハハッ!手先両手の鈎爪、背中にある両翼……その姿……!
驚いたぜ……!てめぇ、稀に出没する「サキュバス」かよ……!」


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

こびとづかんフィギュア リトルハナガシラ - べネリック

いやぁさ、植木鉢の裏に結構居るもんだよね!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa