したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

754 しー :2009/05/22(金) 21:15:37 ID:WNynU.oA0

「きゃ・・・」
ミルティはポータルから吐き出され、尻もちをついた。続いて隣にベリーが落ちる。ミルティは少しベリーを撫でてやり、
辺りを見回した。海の上を、船が進んでいる。空には、数匹のカモメが飛んでいて、のどかな雰囲気である。
ミルティは立ち上がり、ある方向へ歩き出した。しばらく歩くと、小さい墓場が見えてきた。
「懐かしい・・・」
思わず口に出してしまう。小走りで近づくと、墓の前にひざまずいて祈りを捧げている人がいた。金髪で、鎧を
着けた女の人・・・ランサーのようだ。ランサーは祈りをやめて振り向いた。
「あなたも、お参り・・・?」
「いえ、その、あっ、ここでシーフが死んだことってありませんか?」
ミルティが尋ねると、ランサーの顔が青ざめた。
「そ、そんな・・・ダインのことを聞いてはダメ・・・!」
「ダイン?」
「えぇ・・・数年前死んでしまったシーフよ」
もしダインがシャドーの生前の名であるとすれば、ここで間違いない。ミルティはふとシャドーが天使ニフに見せた、あの不可解な
能力を思い出した。
「そのダインって、スキルを使わなくてもCPを吸収できたとか・・・ありませんか?」
ランサーは驚いたようにミルティを見、やや警戒した目になって身構えた。
「あなた・・・ダインの何なの?」
「私は・・・」
言いかけて、少し言葉が詰まった。シャドーは自分に憑いていた霊だ。しかし今はいない。シャドーの何だ、と聞かれても、
うまく答えを探すことができない。
それでもミルティは、つたない言葉で説明した。
「えっと・・・私は、ずっと、その幽霊と一緒にいたの。でも、今はいなくて、ここに探しにきたの」
ランサーの目に光が宿った。その直後、ミルティはランサーに肩をつかまれていた。
「本当なの?ダインはいるの・・・?」
「いえ、今は、私から離れてしまったから、いるかどうかは・・・」
ランサーは手を離し、ため息をついた。そして、ぽつりと言った。
「あなたになら話してあげる。ダインのこと」

                        -*-


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

刑務所なう。 - 堀江 貴文

     ミミ ヽヽヽヽヽヽリリノノノノノノノ
    ミ               彡
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、,、,,、,、,、,、、 彡
     l  i''"            i彡
    .| 」  /          |
    ,r-/     ● (__人_) ●  |  オリンパス事件どうなの?
    l                  | 
    丶_              ノ
   /~~    ´~ ̄(⌒)(⌒) ヽ
  /          ヽ`ニニ'ノ  ノ

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa