したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が900を超えています。 1000を超えると投稿できなくなるよ。

【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 七冊目【SS】

1 ルイーダ★ :2008/05/03(土) 01:08:47 ID:???0
【重要】以下の項目を読み、しっかり頭に入れておきましょう。
※このスレッドはsage進行です。
※下げ方:E-mail欄に半角英数で「sage」と入れて本文を書き込む。
※上げる際には時間帯等を考慮のこと。むやみに上げるのは荒れの原因となります。
※激しくSな鞭叩きは厳禁!
※煽り・荒らしはもの凄い勢いで放置!
※煽り・荒らしを放置できない人は同類!
※職人さんたちを直接的に急かすような書き込みはなるべく控えること。
※どうしてもageなければならないようなときには、時間帯などを考えてageること。
※sageの方法が分からない初心者の方は↓へ。
http://jbbs.livedoor.jp/game/19634/storage/1117795323.html#562


【職人の皆さんへ】
※当スレはあくまで赤石好きの作者・読者が楽しむ場です。
 「自分の下手な文章なんか……」と躊躇している方もどしどし投稿してください。
 ここでは技術よりも「書きたい!」という気持ちを尊重します。
※短編/長編/ジャンルは問いません。改編やRS内で本当に起こったネタ話なども可。
※マジなエロ・グロは自重のこと。そっち系は別スレをご利用ください。(過去ログ参照)


【読者の皆さんへ】
※激しくSな鞭叩きは厳禁です。
※煽りや荒らしは徹底放置のこと。反応した時点で同類と見なされます。
※職人さんたちを直接的に急かすような書き込みはなるべく控えること。


【過去のスレッド】
一冊目 【ノベール】REDSTONE小説うpスレッド【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/game/19634/storage/1117795323.html

二冊目 【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 二冊目【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/game/19634/storage/1127802779.html

三冊目 【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 三冊目【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/game/19634/storage/1139745351.html

四冊目 【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 四冊目【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/19634/1170256068/

五冊目【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 五冊目【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/19634/1182873433/

六冊目【ノベール】RED STONE 小説upスレッド 六冊目【SS】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/19634/1200393277/

【小説まとめサイト】
RED STONE 小説upスレッド まとめ
ttp://www27.atwiki.jp/rsnovel/

417 ドワーフ :2008/09/02(火) 23:32:21 ID:AepyIIHk0
マルチェドと血まみれ男

 ひと気のない街道を異様な出で立ちの二人の人物が並んで歩いている。一人は真っ赤な血に染まった服を着た、
荷物を何一つ持たない手ぶらの男。もう一人は暑い日差しにも関わらず全身を長いコートで覆い、顔までも鉄の兜
で隠している小柄な人物。この二人の人物の不気味さはその外見もさることながら、その和気藹々とした雰囲気だ
ろう。
「いやあ、助かったよ。君が通りがかっていなかったら今頃どうなっていたことか」
「いえ、何も大したことはしていませんから」
 小さいコートの何者かは謙遜したように首を振った。
「俺はジェスターっていうんだ」
「マルチェドです」
 ジェスターは手を差し出したが、苦い顔ですぐに引っ込めた。ジェスターの手は真っ赤な血でべっとりと汚れて
いて、とても握手に適した状態ではなかったからだ。マルチェドのコートにも既にジェスターのものと思われる血
が付着している。
「後で洗わなきゃな」
「どこか水のあるところを知ってるんですか?」
 ジェスターは街道の先の方を指差した。真っ赤な手はまるでペンキ塗りの標識のようだ。
「この先を脇に逸れてしばらく行ったところに村があるんだ。かなり小さいけどね。そこで水が手に入るし、君に
お礼も出来るだろう」
「お礼なんて、そんな」
 マルチェドは遠慮するようにそう言ったが、ジェスターはどうしても彼をそこに連れて行きたいらしい。
「君は俺の命の恩人だ。恩を返さずに『はい、さよなら』じゃあ俺の気が治まらない。それにその村は俺の生まれ
故郷なんだ。大したことは出来ないかもしれないが、実家で持て成させてくれ」
 両手を広げて熱心に説得しようとするジェスターに、マルチェドは少し俯き加減に答えた。
「分かりました。でも、僕はあなたの命の恩人なんかではないです」
 承諾したマルチェドに、ジェスターは笑みを浮かべた。
「そいつは良かった。それにしても、君はどこまでも謙虚な人なんだな」
「そういう訳では…」
 何か言いたそうなマルチェドに、ジェスターは苦笑した。

418 ドワーフ :2008/09/02(火) 23:37:00 ID:AepyIIHk0
 日は傾き始めていたが、遠くの景色はまだ暑さに揺れていて、蜃気楼でも見えそうなほどだった。遠くの木陰で
野犬が小さくうずくまっている。
 血が乾いてジェスターの服をパリパリに固めてしまっている。ジェスターは腹に固くへばり付く布を引き剥がし
た。そしてため息混じりにつぶやいた。
「不恰好だけど、もうしばらくこのままで居るしかないな」
 乾いた血が黒く変色し、ジェスターの姿をより不気味に見せていた。
「荷物、全部盗られちゃいましたね」
「ああ、鞄ごと持ってかれてしまった」
 同情するように言ったマルチェドに、ジェスターは少し落ち込んだ様子で答えた。
「まあいいさ。金は惜しいが、他は必要なくなるものばかりだったし」
 ジェスターが諦めたようにそう言うと、マルチェドは気になったのか彼に尋ねた。
「どうしてですか?」
「冒険をやめようと思ってたんだ」
「冒険者だったんですか」
 マルチェドが意外そうに言うと、ジェスターはハハハっと笑った。
「行商人か何かだと思ったかい?野盗にやられて剣も盗られるようじゃ、それも無理ないか」
「すいません」
 謝るマルチェドにジェスターは手を振った。
「いいんだよ。あそこは賊が出るって昔から知ってたのに、油断した俺が悪いんだから」
 ジェスターは笑いながらそう言うと、マルチェドの姿をじろじろと眺めた。冒険者ならマルチェドがどういう存
在か知っているだろう。
「君も冒険者だね。街で君に似た人たちを見た事があるよ」
「ええ、最近増えてきましたね」
「うん、こう言っては何だけど、実は気味が悪くてずっと敬遠してたんだ。でもこうして話してみると意外といい
人だったんだね。勿体無いな。こんな事ならもっと早く君のような人と知り合っておけば良かった」
 マルチェドは自分の胸に手をやって俯いた。何か考えているのだろうか、ジェスターはマルチェドの気分を害し
たと思い慌てた。
「ああ、ごめん。気を悪くしたかい」
「あ、いえ、そういう訳ではないんです。ただ、懐かしい人のことを思い出したんです」
 マルチェドの言葉に安心したのか、ジェスターは今度はにやりと笑った。
「初恋の人とか?」
「あはは、まあ、そんなところです」
 ジェスターは驚いたようだったが、すぐに元の笑顔に戻った。
「君のような人との出会いがあると、冒険をやめてしまうのが惜しくなるな」
「どうしてやめるんですか」
 ジェスターは顎に手をやった。考える時の癖なのだろうか。

419 ドワーフ :2008/09/02(火) 23:38:30 ID:AepyIIHk0
「理由は色々だな。月並みなことを言えば、夢を追ってばかりも居られなくなったてところか。楽しい事ばかりじ
ゃないし、モンスターを相手に命のやり取りをするのにも疲れたし、お宝って奴はロクに見つからなかったし。ま
あ、今までずっと我侭を通してきたんだ。そろそろ真っ当な生き方をしなくっちゃな」
「そうですか」
 マルチェドはまた俯いた。ジェスターのような人はそう珍しくない。
「もしレッドストーンが見つかったら訪ねてくれよ。自分の追いかけていたものを一目でも拝んでみたい」
「え?ええ…」
 マルチェドは暗い調子で答えた。だが、ジェスターはマルチェドの様子に気づかずに話を先に進めた。どうやら
一度感情が傾くと止まらなくなるらしい。
「本当は帰るかどうか迷っていたんだ。弟や妹に苦労を押し付けて、勝手に家を飛び出してしまったからね。今更
どんな顔して帰ればいいか分からなくて、このまま街で何か職に就こうかとも考えた。そうやって悩みながら過ご
しているときに、弟とばったり会っちゃってね。あいつ商人に買われてて、随分と修行したらしくって、新しく立
てる店を任されるほどになってた。今まで何をしてたんだって散々責められたよ。当然だよな。馬鹿野郎だの、ろ
くでなしだの、言うだけ言った挙句、妹が結婚するから早く帰れって言うんだ。驚いたよ、本当に。家を出た時は
こんなに小さかったのに、それが結婚するっていうんだから。でもさ、それなら尚更帰れないじゃないか。おめで
たい席に俺みたいなのが居ちゃ駄目だよ。そしたら弟の奴、俺みたいな自分勝手なろくでなしでも、肉親が祝って
やれなくてどうすんだって言うんだ。それに、妹はずっと俺の事を心配してたって。おかげで、ようやく帰る決心
がついたんだ」
「…………」
 マルチェドは黙ったままだった。
「他人の結婚式はちょっと肩身が狭いかもしれないが、出来れば君にも居て欲しい。俺一人じゃ心細いんだ。きっ
と知り合いはもうほとんど居ないだろうから。あ、それほど大きな式じゃないよ。近所の親戚が集まってやる、小
ぢんまりとしたものらしい」
「…………」
 ジェスターは黙ったままのマルチェドの様子を不審に思ったようで、心配そうに尋ねた。
「気分が悪いのかい?」
「いえ、そうじゃないんです…」
「じゃあ、やっぱり、他人の結婚式に出るのは嫌なのかい?」
「いえ…」
 ジェスターは首を傾げた。すると、マルチェドは腕を前に出して遠くを指差した。
「あの…、あそこに見えるのがジェスターさんの村ですか?」
 マルチェドが指差した先には、いかにも農村という風情の、木柵に囲まれた家々が小さく見えていた。
「ああ、そうだ。やっと着いた」
「止まってください」
 嬉しそうに早足に歩き出そうとするジェスターを、マルチェドは立ち止まって呼び止めた。
「どうしてだい?ほら、すぐそこだよ」
「ここまでです」
「何が?もしかして、寄っていってくれないのかい?」
 マルチェドは首を左右に振った。
「いいえ、あなたがここまでなんです」
「何を言ってるんだい?」
 ジェスターにはマルチェドが突然言い出したことの意味が全く分からなかった。
「気づきませんか?そのおびただしい出血の跡。僕一人の治療でどうにかなるように見えますか?それにあの暑い
日差しにも関わらず汗一つかいていないという事も」
「何を…」
「あなたは、とっくに死んでるんです」

420 ドワーフ :2008/09/02(火) 23:40:38 ID:AepyIIHk0
 日は西の山の上に静かに乗り、もう間もなく空を朱に染める事を告げていた。
「ははは、何を言ってるんだ。俺はこうして生きてるじゃないか。死体が歩いたり喋ったりする訳ないだろ」
「ごめんなさい。僕のせいなんです」
 マルチェドは謝った。
「何で謝るんだよ。さっきから君はおかしいよ。黙り込んだり、話し始めたかと思えば人を死人扱いするし」
「混乱するのも無理ないと思います。ですが受け入れてください。あなたは死んでるんです。僕がさ迷っていたあ
なたの魂を見つけ、再び近くにあったあなたの肉体に戻した」
 ジェスターは唖然としていた。俄かには信じられない事実だろう。ジェスターはハッとすると、服を捲り上げ、
身体に幾重にも巻きつけられている包帯を乱暴にほどき始めた。
「僕があなたを見つけたとき、あなたは既に殺されていた。即死状態で、ビショップが居たとしてもどうにもなら
ない状態だった」
 話しているマルチェドの目の前で、ジェスターは包帯を全て取り払った。その下から覗いたのは、胸の辺りを鋭
利な刃物で何度も貫いたような、無残な傷跡だった。
 自分の胸を見下ろして、ジェスターは足に力を失ったのか、そのままその場で座り込んでしまった。
「俺は、死んだのか」
「はい」
 沈黙。二人の人物が、黙祷を捧げるように俯いたまま黙っていた。
「…何が目的だ?」
 顔を伏せたまま、ジェスターは問いかけた。
「何か目的があるんだろう。でなければ、ここまで来て止まれなんて言えるはずがない!」
 ジェスターは顔を上げて、マルチェドに向かって怒鳴るように声を張り上げた。
「目的なんてないです」
「嘘をつけ、なら何故俺を蘇らせた。何故俺をここで止めるんだ。何で、放っておいてくれなかったんだ」
 責めるようにまくし立てるジェスターに、マルチェドは俯いて答えた。
「僕はただ、帰りたいと泣いている魂を見つけて、それで…」
「なら、行かせてくれ。せめて、妹に会わせてくれ」
 懇願するジェスターにマルチェドは首を振った。
「それが駄目なんです」
「なぜ!?」
 ジェスターの声は怒気をはらんでいたが、その目は死んだ魚のように黒かった。
「あなたはそれでいいかもしれない。でも、あなたの家族にとってそれが良いことだとは僕には思えない」
 マルチェドは顔を上げて、ジェスターを説得し始めた。
「あなたはきっとこう考えている。妹さんに会って、話して、そして去ろうと」
「それの何がいけないんだ」
「何処に居るのか、生きているのかどうかすら分からない。きっと生きていると信じても、不安は消えない。そん
な苦しみよりも『そこに居る』という悲しみが生きている人には重要なんです。話したりすれば、その苦しみと悲
しみが余計に増すだけです」
 ジェスターは頭を両手で抱えると、首を左右に振った。
「死体に、道案内をさせた訳か」
「…………」
「俺に君のような力があったとして、果たして同じ事が出来ただろうか」
「…………」
「君は…、いや…」
 ジェスターは何か言いかけると、立ち上がった。
「それで、これから俺をどうするんだ」
「僕があの村まで行って、村の人にあなたを運んで貰います。僕にあなたの身体を担ぐのは無理ですから」
「そうか」
 そう言って、ジェスターはふと気づいたように言った。
「でも、それだと君は…」
「いいんです。慣れてますから」
 ジェスターはマルチェドの目を見た。その兜の奥に輝く光を。
「すまない」
「謝るのは僕の方です。あなたにまた辛い思いをさせようとしている」
 ジェスターは目を下に落とすと、ぽつりと呟いた。
「…怖いな」
「空を見てください」
 ジェスターはマルチェドに言われるままに天を仰いだ。日は西に沈み始め、朱に染まった空がゆっくりと夜の帳
を下ろし始めた。帳には、薄っすらと星の瞬きが見えている。
「死んだ人の魂は天に昇って星になるそうです。あなたも、あそこに行くんですよ」
「そうか。案外、レッドストーンはあそこにあるのかも知れないな」
 強がるように、ジェスターは笑って答えた。
「かも知れませんね」
 マルチェドも一緒に空を見上げ、そう答えた。
「死んだ後も冒険か、嬉しいやら悲しいやら」
「見つけたら教えてくださいね」
「はは、どうやって」
 ジェスターはマルチェドの目の前に近づくと、しゃがんで目線を同じ高さに合わせた。
「君とは生きている間に知り合いたかった。嘘じゃない」
「僕もです」

 一つの魂が天に昇る。拭いきれなかった心残りのためか、重々しくゆっくりと、しかし着実に夜空を目指してい
た。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

まおゆう魔王勇者 (1) (初回生産限定特典:朗読劇「昼の部」優先購入応募券/橙乃ままれ先生書き下ろし短編小説付き) [Blu-ray] - 高橋丈夫

魔王:「だから、もう一度云う。
   『この我のものとなれ、勇者よ』
    私が望む未だ見ぬ物を探すために
    私の瞳、私の明かり、私の剣となって欲しい」

勇者:「断る」

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa