したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

羽娘がいるからちょっと来て見たら?

1 代理 ◆Ul0WcMmt2k :2006/08/08(火) 18:57:48 ID:/i4UGyBA
どうぞ

601 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/17(土) 20:51:25 ID:OVKeGQEU
*音開始

 爆音をバックに、七頭のペンギンと追従する一人が倉庫から飛び出した。
 無印と矢印ペンギン一号二号を先頭に、眼鏡と眉毛が皇女をエスコートしつつ走り抜ける。
 後詰めのリボンと髭が後方を確認しつつ走る様は少々危なげな様子があり、つまずく様子が時折うかがえた。
 走り抜ける先はミュトイの街並みと反対、向かう先を無印は手羽で指し、駆け抜ける皇女を見守るように全ペンギンが背後に向き直る。
 余裕の少ない皇女に背後を伺う余裕はなく、走る先に見える物に疑問を持ちつつも従い走った。癖の付けられてしまった風切り羽根では飛行は危うく、慣れぬ二足走行に辟易しつつ。
 向かう先には、
「鯨……?」
 海岸に悠然と浮かぶシルエットは鯨でしかない。皇女は疑問を持ちつつも走り続けた。

 追っ手を迎え撃つ無印ペンギンが、手羽を振り上げ、
「くけー」
 勢いよくそれを振り下ろし後続してくる敵性集団を指さす。
『くけ!』
 矢印ペンギン一号二号が同時にラッパを取り出し、奏でるメロディは突撃ラッパ。
「くけぇー!」
 眉毛ペンギンが手羽で器用に、どこから取り出したのかアサルトライフルを両手で保持する。無印の指す場所へ過たずその銃口を向け、無駄のない動きで集団を捉えていた。
「くけっ」
 リボンが眉毛に並び、銃口を向ける。少々ふらつきはあるが、足を止めるには問題のない程度のぶれだと見られた。
「きゅー!」
 眼鏡が手羽を振れば、その両手羽に輝きが見えた。ナイフのような、仕込まれた武器だ。
「ぐわーぐわー」
 アヒルのような声で鳴く髭ペンギンも両手羽の刃を見せ、
「くけー!」
 鉄パイプを握る無印が突撃を開始した。
 全軍突撃の行軍は短足のばた足で、頼りなくも確実に進んでゆく。

 鉄パイプが華麗に舞い、相手の足を止めれば矢印一号二号が揃って手羽の突きを無数に入れた。
 間抜けな外見とは裏腹に凶悪な仕込み手羽を振り回す眼鏡と髭は、主に相手の手を狙い、武器を取り落とさせることに執心する。
 訓練の行き届いた動きではあるが、大きなペンギンの体を銃撃せんとする者は少なからずおり、それらを優先して狙撃するのは眉毛の仕事だった。やや遅れ、足下を擦過した弾丸を放つのはリボンの役目で、それは足止めのためであることは明白だ。

602 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/17(土) 20:51:55 ID:OVKeGQEU
 一方、鯨の前にて。
「皇子……!」
「アナスタシア!」
 感動のシーンとでも言うべき雰囲気があり、それに従ってか二人は静かな抱擁を交わした。
「ああ……いいなぁー」
「しーっ。覗いてるのばれちゃうでしょ」
 いつみと幸子が鯨の上からそれを覗く。
「信じてました……」
「ああ、君を救うために協力を頼んでいたんだよ」
「あのペンギンさん達ですね」
「ペンギン……?」
 疑問符が浮かび、さておくという形でニコラスが息を吸う。
「さ、安全なところへ行こう」
「はい!」
 皇女の手を自然に取り、鯨へ向かって走り出す。
「こっちですよー!」
 幸子が手を振り、鯨の影に隠れた。
「はやくぅー」
 急かす意識のない様な、いつみの声があり、彼女も鯨の影へと消えていく。
「それじゃ、そろそろ活動モードに変えますね」
 幸子の声らしき物だけが聞こえた。
「皇子……」
「大丈夫だよ」
 腰に手を添え、力感をかすかに加えた。
 それだけで皇女は存在を感じる。大事な力も。
 故に彼女は走る。愛する者の信じた鯨へと。
「僕を信じていてくれるかい?」
「勿論です……!」
 羨ましい、とは鯨の影に隠れた独り者、いつみの独り言だ。
 聞こえていた幸子だけがかすかに微笑み、
「いっちゃんならいつかいい人出来るってば」
 既婚者の余裕をかすかににおわせた。

 海岸ではペンギンが下手くそな逃走を行っていた。
 敗色濃厚だった様子はない。それでも、逃走には理由があると判断した集団は、ハンティングの気分を覚えつつ、それらを追いかける。
 下手くそな逃走はあからさまで、どのペンギンも足取りが悪い。明らかに着ぐるみの選択ミスだと思われた。現にリボンと髭のペンギンは良く転がりつつ、逃走している。
 鯨より二メートル、そこへペンギンが逃げ込んだ。
 先頭を往く眼鏡ペンギンが振り返り、立ち止まる。
 その位置にたどり着いたペンギンから同様の行動を始め、ようやく追いついたリボンと髭が振り返り。
「くけけー」
 再び無印を中心に、左右三匹ずつが並んだ。
 手羽先と体重のかかりで稚拙なポーズを取れば、再び追っ手に襲いかかる。
「意味が解らない!」
 無線機に話すつもりだったのだろう。奇妙な相手に翻弄された集団の、ある一名の声は鯨にいる四名にすら聞こえるほど怒気を纏った大声だ。

603 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/17(土) 20:52:51 ID:OVKeGQEU
 無印のパイプはまるで剣のように舞い、体の関節を過たず狙う打撃を繰り返していた。
 矢印一号二号は互いの位置を交換しつつかけずり回り、挙動の予測ができずに困惑する相手から『手羽先フリッカー』とラベルの貼られた手羽の餌食となる。
 先ほどまで冷静な射撃をしていた眉毛は乱射の色を濃くし、リボンが必死にフォローへ回っているようで、何度かライフルを落としかけていた。
 眼鏡は突撃から切れ味鋭い手羽を振り回し、武器を保持する手や、風切り羽根を重点的に切り裂いていく。
 髭の手羽は乱雑で、集団を見つければそこへ飛び込み、鋭い手羽を広げ、まるでヘリコプターのように回転を続けていた。
「ふざけてる……!」
 集団の一人が放った言葉に、ペンギンの中味を担う一部も同意せざるを得ない状況だ。
 辛うじて施設に残る者が応援にたどり着く集団は五分に持ち込んではいるが、いつ崩れてもおかしくない、それもこのような怪しいペンギンたちによってという事が余計に歯がゆい。そんな様子がありありとうかがえる。

 応援がたどり着く頃を見計らったのか、無印がパイプを空に掲げ振る。
「くけけけー」
 鯨が動いた。
 否、背中から割れた。
「全く……人の船を使いおって……!」
 船底で行動をする中年が愚痴を漏らし。
「懲役分きちんと働かないとだめですよぉ?」
 いつみの声に文句は消えず、しかし活動がある。
「なんだと!」
 同様の叫びを上げた集団の一員、男は見た。
 割れた鯨より見えるそれは、船のマストであり。
「さー、頑張ってね! 偽装船鯖味噌丸!」
 舵を取る幸子の声がした。
 完全に姿を見せた船は上空へ数発、花火のように弾頭を打ち上げた。

 上空で弾頭が破裂すれば、大粒の何かが雨の如く落下していく。
「ぬいぐるみ……?」
 見上げたアナスタシアの頭にも一つ、それが当たった。
「かわいーっ!」
 抱きしめたそれは、ペンギンのぬいぐるみで。
 それが雨の如く上空から落下してくる。
 追いかけるように、大砲の一斉砲撃が上空に二度、三度と行われていく。
「アナスタシア……それは去年の科学博で使われたマスコットだよ」
「あ……そういえば」
 余り物が雨の如く、それとも火山弾の如くか。船上の四名にはペンギンのカーテンが見える。
「くけー」
 カーテンは量を増せば、まるで雪崩のようであり。
 無印は爆発の破片であろう板きれを構え、それを投げれば雪崩れに乗った。
 雪崩れに乗った板きれは、投げた無印の支配を逃げられない。短足の弱点を補うかのように、上へ乗り、ペンギンの波を無印は滑っていく。すれ違う相手から唖然とし、そして置きみやげのパイプが襲いかかる。
 他のペンギンも雪崩れに逆らいつつ、獲物を探していく。雪崩れに飲まれた集団は逃走を諦め、応戦することを選択したようだった。

604 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/17(土) 20:53:32 ID:OVKeGQEU
 乱戦は集団とぬいぐるみをはね飛ばし、異様な空間へと変貌していた。
「くきゅー!」
 ぬいぐるみを投げつけられ、フリッカーで襲われ。ゴム弾が強襲していく。
 気を抜けば手の甲を切られ、武器を奪われる者も少なくない。
 ペンギンの方も着ぐるみにいくつか傷は見えるが動きは正確で、ろくな戦果を得ていないことも戦意を削ぐ大きな理由となりつつある。

 無印が踊る。急造サーフボードで相手を踏み、なぎ倒しつつ。
 矢印が暴れる。鏡写しのように二匹同時行動を取りつつ。
 眉毛が落ち着く。手持ちの弾丸を全て使い切り、ようやく。
 眼鏡が走り抜ける。拘束用の強力な粘着テープを消費しつつ。
 リボンがへたりこむ。眉毛の腕前をフォローする羽目になった為に。
 髭が地より浮き上がる。調子に乗って回転を続けていたためだ。

 悪趣味な惨状の中、波乗り無印がぬいぐるみの波から跳ねた。
「くけー」
 緊張感のない声に、鉄パイプを持ち、それでも器用に縦回転を見せ。
 遊んでいた。
 考えようのないアクロバットを戦闘中に行う。
 否、それが勝利のパフォーマンスであろうか。
 あっけにとられる集団は次々に拘束され、それを余裕の元に見られるのは船上の四名だけであった。
 着地だけは失敗したようで、下敷きになった髭ペンギンを砂浜より引き抜く事に四匹がかりで十分を要したことだけはしくじりだったのだろう。
 現にしばらく、加害者の無印はふてくされた様子を見せていたのだから。

*音ここまで
OSTER project 様
ぴよRUSH
ttp://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a017591
余談:色とか
ウルトラマリンブルー(056,077,152:#384D98)、ウイニングブルー(054,100,162:#3664A2)、オーシャンブルー(057,069,179:#3945B3)、コバルトグリーンブルー(068,086,161:#4456A1)コバルトターコイズブルー(042,070,135:#2A4687)、コバルトブルーヒュー(056,068,170:#3844AA)、サファイアブルー(049,086,164:#3156A4)

本日はここまで! 後3〜4日後にまた会いましょう

605 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/18(日) 04:54:17 ID:Tu/xsxS2
誤字すんません、つっこみはレスってくだせorz

606 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:42:07 ID:ZCW0nFd6
14.黒の二人
 ――闇は何でも隠してくれる。不幸も、幸いも。
    もっとも、見えなくしてくれるだけで存在あるのだが。

 隣国の民が活躍し、皇女の安全を確保した。そのような報道は光の速さと言うべき広がりを見せ、ミュトイ全体が彼女らを認め始める動きが始まった。
 そう、『彼女』は判断している。
 映りの悪いテレビは時折ざらついた音と映像を返しつつも、明るい声をしたレポーターが繰り返し類似した内容を伝える様子が映っていた。隣国の客人に対しての肯定を重ね塗りしているかのような言葉は、何度となく繰り返されるざらつきで荒れようとも、その情報を毛羽立たせた物にはさせないといった、否定的に思えば聞き飽きた感覚がある。
「洗脳みたいだな」
 ノイズ混じりの映像を横目で見た彼女は、黒い髪を一つにまとめ、ブーツの重奏で視点を高く。辛うじて見えた天井の輪郭が、立ち上がった本人に改めて部屋の狭さを伝えているようだった。
「そろそろ行こう。兄」
「ああ」
 闇の中、ノイズ混じりの光は彼女と、簡潔な言葉だけを返す兄と呼ばれた男の輪郭を露わにし、また時折闇に紛れさせた。
 その光を振り払うのは、男の前へと突き出された手であり。
「行くぞ」
 光を光で重ね塗りした、ドアの向こうは空だ。そして、ドアを出る二人と同じく、黒に身を包む人影が二十か三十か、ドアの開放と共に発せられた声に応じ、準備を終えた者達が居る。ドアの開放と共に発せられた声に一同はそこを見つめ、一息の、現れた二人の瞳が光に慣れるまでの間を持ってうなずきを示す。
「ああ、もうすぐ我等の時間だ」
 兄と呼ばれた男のつぶやきは、事件の一段落を語るかのような、夕焼けの始まる西の空へと吸い込まれていく。
「夜でもなく、昼でもなく。文字通りの日陰者、か」
 女のつぶやきに誰ともなく苦笑を乗せた息を漏らし、西を見据える彼女の隣、男は並び。
「皮肉な話だが、肯定しておく」
 次第に濃くなってゆく巨大な影を見つめた。
「我々だけで折れぬ大木だが、削ることは出来る」
 大木と称されたアトラスは、空を赤く染めつつ沈む夕日すらも切り取っていた。
 暗闇の寒さをかすかに帯び始めた外気に包まれる一団の顔には、眼鏡はない。
「流しの傭兵稼業もたまにはいい仕事にありつけるものだな」
「はいはい。兄は臭いな」
「うるさいぞ」
 日常会話でスタートする先頭の二人は、十二分と言った速度を翼に乗せ始める。

607 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:44:43 ID:ZCW0nFd6
15.百五十五のもたらす意義。
 ――十分だろうか。足りないのだろうか。
    そんな疑問を受けてそれは生まれた。全ての結論は後ほど。

 ざわめくミュトイの市街は、隣国の者が行った偉業に沸く。朝一番のニュースとして報道されたその影響は、夕刻を迎えても終わることがない。作戦処理も同様に調査及び事後処理に移り、完了の合図を告げぬままだ。
 緊張の糸を切ることなく、警戒を怠ることなく、その流れに隣国の者達は乗っていく。ざわめく市民と冷静な作戦担当者のコントラストは、日差しのようで。濃厚な影を落とす街並みと、きらびやかな街灯の始まり、そして斜陽は赤々と燃えている。
 アトラス屋上に待機したドリスとスヴァンも変わらずその場に存在し、必要な情報を整理し、散らばった一同にそれを伝える役割を続けている。
「要人に関しまして、共通点とは言えないことかもしれませんが……」
 ヘッドセットに言葉を告げるのはドリスで、隣に立つスヴァンは職員より受け取る資料を整理し、ピックアップを行う。作業をしつつドリスの通信内容を耳にするスヴァンは、資料へと注ぐべき意識を奪われる感覚を覚えている。
――本当に的確。
 改めて思う。補佐役の支える物は円滑な執務だと。短く、明確に告げられる情報はまるで、雑談をしているかのような思考時間をさほど挟まぬ言葉の羅列であり、整理された言葉には理知があった。そろえた資料を斜め読みしていた彼女はさらに耳をそばだてている。それはドリスの手腕を改めて理解する行動だ。
「我が国とノルストリガルズ、双方との交流を推進する思想を持つ方々です」
 ですが、と告げる。結論からの否定にスヴァンは疑問詞を持った。
「狙いが分かりやすすぎます。本来の目的を遂行するための隠れ蓑ではと予想します」
「流石です」
 思わず口にした言葉にドリスは目を細め、苦笑を一つ。
「経験ですよ」
 そういうものですか、と言おうとした。軽く開いた口が『す』の発音を始めている。
「嘘吐きほど出来た言い訳をする。ですね」
 スヴァンへの言葉を告げればヘッドセットのマイクを正し。
「各員、警戒を」
 短い応答は鋭さがあり、しかし電波はそれをざらついた物に劣化させている。
 心地よいざらつきだとスヴァンは思う。機嫌の悪い猫のような、逆立った気配を感じる。
「あー、手遅れ」
 ざらついた声はスヴァンの物に似通った声で、彼女のような冷静さはないが代わりに余裕を交えたその声は、聞き慣れたテンポをやや早く。
「こら! 報告なさい! 黒いの!」
 会話に割り込んだスヴァンの声に数秒、息づかいの混じる無音があった。
「黒って言うな! 地下に隠してあった風イカダを逃がした! こっちはこっちで後続と交戦中!」
 争いの様子は無線機にも伝わる。銃弾といくつかの声が遠慮がちな描写を彩っていた。
「各員、風イカダに警戒を。フェルミッテ上等兵、私は封鎖依頼に出ます。通信を代わって頂けます?」
「了解!」
 飛び立ち、内部への入り口までの短い距離をゆくドリスを確認したスヴァンは無線機を引き継ぐ。
「風イカダの形状は?」
 返答の終わりを語る前に言葉は来た。
「わかんね! 新型だと思う! スピネンじゃ見ない形だ! あたしくらいの速度がでてたから補助推進器でも付いてるんじゃないかってくらいだ!」
 かすかな整理を行い、次の質問を紡ぐ。それを発する前に、
「ヘルメス型でしょうかぁ。先週ロールアウトされた新型ですよぉ。最高時速は百五十五kmですぅ」
 声の主は電波の内でも眠気を伝えられる者だ。何故か疲労を感じ、ため息一つ。改めて無線機に取り付けられたコンソールを見れば図面が送られてきている。
「データはこの通りですよー」
 眠気とは裏腹の迅速な対応にため息を感嘆の色に切り替えた。
「感謝します。ネメス主任。しかし新型とは……。シヴィル、相手の方角を教えて」
「西と南西だ! 国外狙いっぽい!」
「二機いたの?」
「言わなかったっけ?」
「言ってない!」
 緊急事態に何をしているのかと自嘲し、改めて情報を待つ。
 風の強くなった屋上は、ざわめきを示しているかのようで、陽の傾きには不安が乗っていた。

608 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:45:15 ID:ZCW0nFd6
 通信を入れたシヴィルの担当する区域は、押されているわけではない。彼女一人でも十分であったとも言えた。それに加え猛者である教導隊よりフレア、グートルード、孝美が参加したそこは、圧倒的に有利であり。それでも、
「ええいっ! 先に進ませろー!」
 槍の穂先、それを頼りに飛行を続けようとも、増援とおぼしき黒ずくめの集団はまとわりついた。勝てぬ相手ではない。負ける相手でもない。しかし、面倒だと思うほどに腕のある集団だった。
「邪魔だって言っても……通してくれるわけないかっ!」
 孝美のぼやきと共に両手の拳銃が弾丸を吐き尽くす。行き着く先には黒ずくめは存在しようとも風イカダには届かない。射手が認める速度を持つシヴィル並のそれは、黒い肉癖にも守られ、尻に備え付けられた推進器へ悠然と火を灯す。
「やば……!」
 全てを失い、ただただ衝鉄の乾いた音が響く拳銃の向く先、二機の風イカダは最高速度への加速を開始する。

 悔しさに歯がみする通信が届き、電波に乗せられた焦燥感と、同じく歯がみの行為が伝わってゆく。
 黒ずくめは追い払われた、そういった伝達も歯がみの原因となっている。
 あれほどの手練れが揃った区域において、死者はとにかく無力化し拘束できた者が居ない。手加減の許されぬ、そのような集団であることが良く分かった。
「二、三人異常に強い奴が居た! 気抜くなよ!」
「ちょっと! 手練れの貴女が強いですって? 過大評価も良い所じゃないの!」
「何くってかかってんのさ、白いの。強い奴は強いよ。そりゃあたしも認める」
 通信機越しの喧嘩があり、その裏側とも言える音声は状況の説明が冷静に伝えられていた。複数の通信を聞き取る技能のあるドリスが行う仕事は的確で、それを信頼する隊員は騒がしい喧嘩を物ともせず、伝えるべき言葉を紡いでゆく。
「こちら南西担当ユニー班、ドミナ! 護衛は剥がしたんだけど……逃げられちゃった! 被害はないけどラプさんお願いっ!」
「フレトリア曹長、そちらに風イカダが向かいます。ルート変更は無し、ミュトイのレーダーに引っかかりました。今後はバイザーを通して確認を。残り護衛は牽引者を含め四名前後と予想されます」
「了解……!」
 緊張に力のはいるラプンツェルの、絞り出すような応答がある。ドリスの眼鏡に映る光点が、連絡で伝わる彼女の持ち場へとゆっくりと近づいてゆく様に、とても縮図とは思えない速度であると彼女は予測した。
「推定到達――十分後、四時二十五分です」
 冷徹な執行猶予にうろたえもなく、封鎖状況と照らし合わされた予測ルートを改める。地域担当をしているラプンツェルとアンジェラ――あくまで補佐役の彼女に期待は出来ない、ドリスの判断はそうだった――が待つその位置へ、最後の砦となる検問所近くまで、可能な限り曲がり角を要求する封鎖だ。
「西担当海野班、小鶴。風イカダ停止成功。交戦中」
「了解です。――戦況は?」
 安堵の一息は相手が発する言葉の合間に吐く。つとめて緊張を見せぬよう、頭を解しながらも酸素を与え続けた。
――ああ、蜂蜜パン、私も食べたかったな。
 不足した糖分を思い浮かべ、
「厳しい。疲れる」
 甘い味の想像をしたそれと、驚きの息を吸い込んだ。甘ったるい舌の感覚はどこかへ飛び、苦い物がこみ上げてきそうな錯覚に陥る。それでも驚きを消し――それが彼女の、司令塔の務めであったから――短く了解とだけ告げた。
「隊長、エリアデータを更新します。海野班の援護を」
「了解、なかなか厄介な相手ね」
「全く」
「って、こらぁ! ちゃんと火を消しなさいショーティ!」
「くわえ煙草でいいじゃない。仕事の後は一服に決まってるんだから」
「まだ終わってなーい!」
 吸い込んだ苦々しい空気が、まるで無線機越しに伝わってきたかのような紫煙の感覚と共にため息として吐き出された。横ではスヴァンの言い争いがまだ続き、改めてため息を吐く。

609 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:45:50 ID:ZCW0nFd6
 白い指がナイフとアサルトライフルを掴んでいた。それは誰の指ともつかぬほど白く、そしてしっかりと獲物を掴む指だった。
 その指の持ち主、ラプンツェルは緊張によって体を使った呼吸を行っている。純白を通り越した指は彼女が込めた力の分だけ血流の赤みを無かったことにしている。
「フレトリア軍曹、聞こえるか。法務官テティスだ」
「は、はいっ!」
 ありもしない、そのような何かを凝視していたラプンツェルが夢から覚めたかのごとく跳ね、改めてヘッドセットを直す。
「何度呼んでも反応しないからな。もう突破されたかと思った」
「ご、ごめんなさいっ!」
 気にするな、と軽い声が当たった。耳障りの良い、キャリアには似つかわしくなく、外見に似合った、そのような可愛らしいと判断できる声だ。それは平坦な音程を持ち、そこがキャリアに似合っているとも彼女は思う。
「検問封鎖は完了した。あまり戦力にはならんだろうが、気休めにはなる。軍曹が全力の結果を出せればこちらで止めよう」
「解りました、お願いします」
 おいおい、とは少々抑揚のある声で、これがプライベートの音程なのかと場違いな思いがあった。舌に感じるぴりぴりした感覚が、アドレナリンの過剰分泌による冴えであるかのようにラプンツェルを突き刺している。
「最後の砦なんだ。軍曹が止めるくらいの覚悟でやってくれ」
「そう、でした……!」
 改めて眉根をつめ、道を見る。後ろへはまだ長く、検問までの距離にして十二分。そして、前からくる風イカダに対してもあと三分は猶予がある。
 少しばかりの余裕と、更に強まる使命感を乗せた瞳に、戸惑うアンジェラが映った。生まれて初めてだと思われる拳銃の扱い、それをどうしようか、発砲するのだろうかと思案しているかのような様子だった。
 年上のアンジェラではある。しかし、ラプンツェルのような戦闘訓練は全くしてはおらず、初めて殺す、そういった道具を手にしたときのような戸惑いに、過去の親近感を見た。
「アンジェラさんはあんまり無理しないでください。こう見えても私、頑張れますから!」
 なんとなく、似合わないとか、正しくない言葉だとか、そういった思考があった。
 それでもアンジェラの表情は解れ、間違いは少なかった発言だと思う。
「私も頑張りますよ。ラプンツェルさん一人に責任を負わせません!」
 己の胸を叩き、快活な笑みを見せる。強く釣り上げた眉と見せた白い歯が、彼、あるいは彼女が両性であった事を思い出させるような、二十の娘にしてはお転婆というような、男にしては可愛らしいというような笑顔だとラプンツェルは思う。
「よし、おしゃべりはそこまでだ」
 苦笑混じりに伝わるテティスの声は、二人の会話が無線を通して伝わった事を感じさせた。少々の赤面と苦笑がアンジェラとラプンツェルの間に生まれた。
「残り一分。頼む」
「「了解!」」
 眉根を詰めた瞳が二人分、後僅かでここへ現れるべきまだ見ぬ標的を見つめていた

610 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:46:22 ID:ZCW0nFd6
 この国、ミュトイで最も高き所、アトラスの屋上では、驚愕の風が吹き荒れていた。
「どういう事ですか!」
 声を荒げるのはスヴァンで、敬語の対象は無線機の先にある。
「少し見えたのよ!」
 戦闘は未だ終わらず、それでも足止めできているのは彼女らの実力か、シヴィルと教導隊の面々が加わった戦場で、状況を伝えるのはティアだ。
 ドリスとスヴァンが立つ屋上は、ただでさえ強い風が荒々しく、まるで伝えられた言葉に対してこの国がうろたえているかのような錯覚がある。その強風の中、立つ二人にも風は容赦なく吹きつけ、羽根を気まぐれに揺らし、彼女たちの本能なのか、力を逃がすかのように時折大きく開いた。
「きっとそうだわ、風イカダは三台ある!」
 ひときわ強い風が吹く。二人の翼は今にも飛び出しそうな、そんな主人に従わない角度を持っていた。
「上等兵。阻止お願いします」
「私……ですか?」
 真っ直ぐ、そして強い視線はドリスの物で、だが表情は夕日の始まりによって影となっている。
「今追いつける余裕があるのは貴女だけです」
「しかし……」
「かーっこ悪いなぁ白いの! あたしに肩を並べる速度を持ってるのはあんただろ!」
 通信に割り込むのは片割れとも言うべきシヴィルで。スヴァンは軽く息を呑んだ。
「だけど……今は装備が……!」
 非常時に備え、彼女は装備を用意してある。いつでも飛び立てる状況で通信役を行っていた。装備の懸念は一つ、槍に取り付けられた斧。それは高い比重を持つノルストリガルズ特産の材料で。
「ハンデで最速、格好いいじゃん?」
 笑いの吐息を通信機に吐く。
「いいの? 最速貰うわよ」
「やってみ?」
 どちらかとなく、微笑の音声があった。
「予測コースはそこの真下を通るはず。発見位置からして間違いないわ」
「了解です」
「サポートはお任せを」
 ドリスにうなずき、しかしスヴァンはひとつ、と告げる。
「簡単で構いません、速度計測をお願いします」
「流石ですね。負けず劣らずです」
「一緒はやめてください」
 冷静な空気が戻れば、強風が制されていく。
「速度を出すには十分な条件ですね」
「ええ……」
 そう言うと、獲物と目標のため、スヴァンの足はアトラスの縁へと向かう。
 出立を見守るドリスの瞳に、白翼が夕日に後押しされ、黄金に輝く様が映る。
――輝く翼に奇跡の速度を、なんてね。
 少しばかり少女趣味な事を思い、改めてノイズ混じりの通信機に耳をそばだてた。
「発見しましたよ。出発カウント――七分前です」
 ソフィアの通信に眠気を刺激されつつ、それをドリスは発声する。
「待ち遠しいとは思います。もう少しお待ちを、ね?」
 爪先を虚空に揺らすスヴァンに、外出の待てない子供を重ね合わせていた。
 唯一あったであろう大人の余裕は、風に押されぬよう閉じた翼にある。

611 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:46:59 ID:ZCW0nFd6
 比較的楽な流れ、そう二人は思っていた。
 ラプンツェルとアンジェラの前に現れた風イカダ、その乗組員の一人にアンジェラの初弾が偶然にも一人を捉え、残り二人。相手のバランスを崩したことを確信したラプンツェルがもう一人を落とし、拘束は出来ぬまでも倒すことに成功している。
 だが、風イカダを牽引する二名とは一向に進展を見せぬ戦いがあった。
 明らかに腕前の違うそれらに、ラプンツェルのライフルが切断され、アンジェラの拳銃は弾切れを待つまでもなくはじき落とされた。
 戦闘によって速度を落とすものの、ヘルメス型風イカダの推進器は優秀なようで、ラプンツェルらがこの国へ物資を輸送した風イカダほどには速度を維持している。検問まではわずかな距離、十五分もこの速度を維持してしまえばそこへ着くであろうと思われた。故に、
「これ以上は……行かせない!」
 改めて口にした決意を胸に、ラプンツェルはナイフを振るう。対する相手は二名。アンジェラは武器を落とし頼りにならず、そして頼りにしたくない。彼女は一般市民に括るべきだと思っている。
 風イカダを牽引しつつ、それでもこの二人は応戦してきた。逃走を選ばないだけの腕がある。何より銃器を失ったのだから、片手での応戦が片手間に見えてしまうほどで、ラプンツェルは己の未熟さを知ったような錯覚に焦り、そしてナイフにそれを乗せた。
「ラプンツェルさ……んっ! 今は駄目……!」
 手の痺れにうめきつつ、アンジェラの声が飛び。それでようやくラプンツェルのナイフが止まる。止まったことで見られた物に戦慄し、アンジェラへの感謝が生まれ。そして己の浅さを肌で感じ取った。
 鼻先に突きつけられた、切れ味の良いナイフがラプンツェルの前であざ笑うかのように鈍く夕日を照り返した。ライフルの次はお前か、といわんばかりに輝くそれは、切れ味を主張してやまない。相手の追撃、それをナイフの延長、肘を曲げる動作で察知したラプンツェルは、速度の中とんぼ返りを打つ。常に前進し続ける風イカダに、体制を整えれば距離が空く。それでもラプンツェルは諦めない。
「……もう少し。……来た!」
 追いすがりの加速をしつつ、手すきになった左手が新たに取り出したスイッチを押す。
 ラプンツェルお得意の罠が爆風の壁を風イカダに見せていく。
「すごい! タイミングばっちりです!」
「えっ……?」
 アンジェラの声にラプンツェルは反応できないでいた。
 焦りの色を乗せた彼女の視線は一カ所を見つめている。
 それは、爆風で乱れる風イカダ。速度を落とし、それでも前を目指す姿に、人影を認めていた。日頃慣れた行為、そこにある翼はまだ、生体、そして無機物共に健在であった。
「いけない!」
 二人の声が重なる。焦りの色も、息づかいも、向かう先も。
 速度だけはラプンツェルに一日の長がある。

612 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:49:45 ID:ZCW0nFd6
16.二人の思う場所
 ――こいつにだけは負けたくない。こいつにだけは勝たれてもいい。
    微妙な感情。
     二人はライバルだからしょうがない。それでいいじゃないか。

 即時の通信がドリスの耳に聞こえ。見えぬラインで繋がれたスヴァンの無線機にもそれは伝わる。フォローに回らんとするラプンツェルの報告を聞き、爪先にためらいのネジ利が生まれた。風に戯れんとした彼女の体を、遊ばないのかとばかりに見えぬ風の腕が横へと彼女を揺らす。
 足のためらいと、上半身への誘い。進行方向を向くべき頭はドリスを見つめ。
「……」
 無言の視線がスヴァンをアトラスから落とす。
「……後押し、感謝します」
 プライベートの通信で言葉を伝えれば。
「いい速度を」
 高空、薄れた空気に寝そべるスヴァンが目を閉じ、微笑む。横から溢れる金色の光を余所に。
「目視完了。距離算出。カウント十より」
 開いた翼は風に乗り、緩やかな重力を顕す。風防代わりのバイザーに、下へと誘う風が溜まり、舞っていく。透明素材のそれに、残り五カウントの表示がある。
 スヴァンの瞳はまだ開かず。血流の上がり、小金に照らされた彼女の視覚は、紅の世界と風の歌だけだ。

「おい、白」
 体を動かし、力感を必要とする傍ら、そんな雰囲気の声が無線機にある。短い言葉の中、震えをかすかに、語るという行為よりも放つ事に近い、そんな抑揚の声。
「何よ」
 コンマ数秒、戦いのテンションに晒された時間においては長く、日常ではかすかに一拍弱の沈黙から、呼ばれた娘は返答する。口を開くだけで小さな乱気流が生まれ、体感とは桁違いの誘惑が、己を地へ向けていることに改めて気づいた。
「二百秒で解決しろ」
 無線機はハイテンポの発音でそれを伝え、終わりの怒号は誰かの名前に混じっていた。
「なんで?」
 スヴァンの声に声には焦りも疑問も無く、眠りに就く前の穏やかな調べ。
「ざっと計算した。百九十五秒であたしとやりあった時の記録だ」
「そう。今から?」
「今から」
 目を閉じ、緩やかに。眠りを妨げる目覚まし時計を止めるかのような、少々雑で、力感よりも瞬発の動きがスヴァンにある。腕に付けられた時計、そこにある小さなボタンを幾つか押すと、表示は時刻から零の行列に変わる。
「セットした」
「ああ」
 穏やかな声がさらにトーンを下げ、呼吸を落としていく。

613 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:51:39 ID:ZCW0nFd6
*音開始
00:00
「寝てんのか?」
「そうね、夢を見ているかもしれない」
 平坦な呼吸までが余さず、シヴィルの無線機に届く。それを聞いたシヴィルが笑みの呼吸を見せ、そうしてから一息を発する。スヴァンの体は翼より受ける風でゆったりとした回転力を持っている。ビル風に煽られながら、翼がその問題児をあやしていた。
「寝てる間にこっちゃ大忙しだ! さっさと起きて仕事しろい」
「そうね。あと――」
 言葉を告げる前に、ドリスの無線が入る。
「フェルミッテ上等兵、現在位置の直下を風イカダが通過するまであと三十五秒です」
「了解――あと、十秒だけ寝かせてくれる?」
「は、あたしと逆だな」
「やっぱり、ね」
「あたしは寝起きが良いんだ」
「寝付きは?」
「最高だぜ?」
「私は最悪ね」
「はっ……。良いからおきなよ」
――残り二、一。
 ざらついた音色をしたカウントが開始間際を告げ、スヴァンの翼が背に帆を立てた。
「そうね」
 翼端は背後を指さし、あぶれた力が全身を震わせ。
「おはよう……!」
 寝起きの合図は、翼端が眼前にまで行き着く力強い羽ばたき。
 寝起きの行動はベッドより勢いを付けるような大きく振り上げられる足。
 開いた瞳が金色をした板の行列を見る。ビルが反射する黄昏の視線を。
 空に寝そべるスヴァンの体が、起き『下がった』。
 目覚めの意志は欲求一つを頭に満載した。
 下へ。下へ。下へ。
「重力よ、今ばかりは私を自由になさい!」
 カウントマイナスを計上するドリスにまでも、意志の言葉が伝わる。

614 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:52:24 ID:ZCW0nFd6
00:17
 一転、スヴァンの体中の血流が暴走を始め、鼓動が耳にすら聞こえてくる。金色の板より、視線は灰色の太線を見つめ、それは次第に巨大化していく。アスファルト色の接近が次第に高まるのは、時間と共に欲求を増す重力と、閉じられた翼による物で。
 翼の閉じを少しずつ行ったため、加速に乱れがある。風圧に負けぬよう、ゆっくりと翼を閉じ、体を通り抜ける風によって、瞳に映るアスファルトの横線は急激に回転した。
 体のラインが浮き彫りになった、スヴァンはそう感じている。衣類は風の逃亡を邪魔し、逃げそびれた者から体をなぞり、押さえつけられていく。ようやくの逃亡を終えれば、活動のための余裕を持った裁断が再び風を捉え、余った布地をはためかせる。その震動は重力にも迫害され、非難の声を布地に伝えれば、スヴァンの神経にも軽快なアラートメッセージとして伝えられた。
 金色の板、その行列が縞模様の柱としてスヴァンに認識される頃、彼女は己の得物、矛槍の石突きを視線の先に、斧を風の行き着く先へ向け、一体化を試みながらも、掴むのは石突きに近い箇所だけで。
「記録、抜いちゃうから」
「なんだよ。随分と軽い物言いじゃん?」
「黒、たまには見習ってあげるわ。今、とても楽しい」
 無線の声に、風の歌声を伴奏として、そう言った。
「ああ、そうかい」
 スヴァンは返答はせず、体を縮める。視線の先、今まさに通り過ぎようとする風イカダに向け、
「最高よ!」
 声と共に、柄に力感が及ぶ。
00:36
 眼前に風イカダ、そしてアスファルトの細部が見える。そんな近距離で、
「まず一人!」
 腹側から頭上を通り、そして背後へ、長い槍が超重の斧を加えたまま回転される。
 上下逆さの切り上げから、重みを味方に視線を風イカダの乗員と同じく。
 横目に見れば、羽根を折られた人影一つ、風イカダよりこぼれる。
 下方への誘惑はまだ終わらず、それでも前へ、散々閉じられた翼が広がり、ようやくの仕事を歓喜するかのように力強く風をうち倒す。上空へと暴れるハルバードを上半身が腕を先頭においかけ、それを重力への別れ言葉とした。
 やや伏し目がちになるスヴァンの視線に、風イカダの右カーブ動作が見て取れた。
00:41
 えびぞりのまま、慣性は曲がり角までスヴァンを導いていく。加速により左へスライドをしつつ右へカーブをする風イカダはかすかに前、槍では届かぬもどかしい距離にいた。
 スヴァンはカーブの動作に入らず、主人の下を離れようとする斧を叱咤するかのように左上方へ誘導し、そして右下方へ振り下ろす。
 縦一回転を歪ませ、再び翼が閑職に追いやられ。
 行き着く先は風イカダとほぼ同じく。黒い口を開ける穴、巨大なビルがまたいでいるが故に生まれたトンネルへ、二つの影が突撃する。

615 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:52:56 ID:ZCW0nFd6
00:46
 圧縮された空気に風圧を感じ、スヴァンがトンネルへと完全に飲み込まれた。
 距離感と速度感を失わせる暗闇に、確実なスピードメーターは彼女を包む布地がはためき、ポニーテールが揺れる頻度だけになった。少しずつ慣れていく瞳が、距離を変えない白い点、追うべき物体を見つめ、速度だけを落とさずに、ハルバードの重心移動だけで平行を守ろうと動く。
 足一つをかすかに動かすだけで、かつて自由であった風と翼が暴れ、大きく視線を揺らす。翼での舵を諦め、白い翼は先端を通常より後ろへと移動させる。
 袖のはためきが定格のリズムとなり、ポニーテールが乱れる。暴れる毛先がゴムの束縛を必要以上に嫌っていた。
 日常感覚の解らぬ空間で、その暴れすらも感じたことのない事態であり、それだけの速度が出ていると確信した彼女は、姿勢制御を二の次に、目標へと向かう。
01:04
 視線の左右端を、光点が幾つも走っていた。内部にあつらえた照明はオレンジ色で、速さのせいか、光がスヴァンの瞳へ食らいつこうと尾を引く形が幾つも見て取れる。
 もう一つ、光点が増える。
 さらに一つ。
 視線の先が光る度、スヴァンの足は動く。内部照明から浮き出た光子が横にも糸を引き、スヴァンへのラブコールが瞳に溢れていった。
 それでも、直進を諦める。中央の光点、銃弾を避けねばならない。
 銃弾を避ける度、逃げ遅れた空気が彼女に押しつけられ、そして砕かれる。
 彼女が感じる体の重心、それが平素より細くなっていく事にも気づいていた。
 かすかに横へと体を振るだけで、体が容易に回転し、ポニーテールの形を崩す。
 針のような重心と同じくして、集中力も鋭さを増し、風は頬になまくら刀で斬りつける。
 今、自分が何処を飛んでいるのか、どれだけ速いのか、姿勢を乱す度に認識すら振り落とされていった。
 だがスヴァンはためらわず、全身のブレーキを消し、前へ前へ。

616 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:53:38 ID:ZCW0nFd6
01:22
 向かう空気の境を貫けば、背後、足にまとわりつく空気の渦が肥大した。
 かすかな空気密度の変化に姿勢を乱しながらも、前への意志を改める。
 不意に視線が光で溢れ、左右の光子発生具が消滅した。
 代理で登場したコンクリートの柱、ビル群がスヴァンの飛行状態を暗黒地帯より明確に訴えていた。
――トンネルを抜けた。
 思うことすらもどかしく感じるほどの速度、それを思う。
 己を明確に実感したスヴァンの心が、体を離れバイザーにまで進む。体が前へ行く前に、意欲が心を吹き飛ばす。
――これだけ速いのも久しぶり!
 心地よさがバイザーより前に心を動かし。
――落ちたら大変ね。
 危惧が背筋から来る背筋の寒気と、理性がバイザーに意識を取り戻させる。

617 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:54:27 ID:ZCW0nFd6
01:26
 己の最速を実感しつつ、空気の境目を貫く。
 再び突入したトンネルは、ビルへ空けた物と違い、左右を小窓がひしめいていた。足先に感じる、自由な空気の押しやられた感覚に、圧迫感を感じつつ、押しつぶされる感情は前へ前へと、それだけを叫んでいた。
 差し込む黄昏が半分だけのスピードメーターとなり、明るいチューブで白色の目標が加速を見せた。
――それはこっちも同じ事。
 分かりやすい周囲を味方に心と体を一体化させ、翼が血流を早めていく。
 先ほどまで冷えていた背筋が熱い熱を帯び、ハルバードを握る両手の指先を白色に力感が彼女の体積を上げ、体感する衣類のはためきがかすかに減る。
 そして、出口が見えた。
 張りつめた神経は針を諦め、毛先の細さに。
 速度の中、ラブコールを送り損ねる光子に従い、視線すら針の如く。
 ストップウォッチが丁度百秒を示す頃、遠慮のない黄昏の光と風の壁が感じられ、
01:40
 スヴァンは外へ。
 持ちあげた翼が最高の空気を持ち、うち下ろせば己を弾丸とした姿が黄昏の金色と重なる。
 スヴァンには見えぬ後光は、対象が見つめていた。定まらぬ銃弾に、スヴァンもそれを確信し、さらに前へ。うろたえの動作が見えるほどに肉薄すれば、ハルバードの穂先を行き先として、ロールと真横へのスライドを行い、風を切り裂きながら遠隔のチークタイムを楽しむ。
 時間が流れる。空気の壁と同じくそれも、スヴァンにとっては粘性を持ち、自分だけが別世界の住人のように舞う。かつて、ストラマによって過剰な色彩を放ったあの争いを思い出し、それよりも純粋な極彩色の世界が見て取れた。
 黒ずくめの男が放つ銃弾の鋼色は熱と光で赤と白、黒のナンセンスな物体として己に襲いかかり、黒の男も同様に強く金色に塗り潰されている。
 風イカダを牽引する黒が必死の動作で翼をかちあげ、速度を求める様が見て取れた。新型の風イカダが生み出す補助推進装置の青炎は一層その身を伸ばし、それが美しいと思えた。恐怖も緊張もない、素直な感想だ。
 同様に風と遊ばれる彼らの衣類が、ぴったりとしつつも余白をこすりつけられ、かすかに白線を引いている。きっと、自分の白い翼は同じだけの従者を先端に従えているのだろうと思いながら、それを弄ぶようにロールで彼らの銃弾をかわしていく。
 都合良く流れるコンクリートの灰色が、汚れでアンバランスな黄昏を染め、二者の影をカーブに導いている。
 故に風イカダは体を傾け、男達が足でそれを押さえつけつつも、左へ曲がる。
 スヴァンはナンセンスなコンクリートを前に、体をよじり、
0158
――色彩を勉強なさい!
 呼吸で精一杯の口を使わず、叫んだ。
 美しく伸びる足でコンクリートの壁を蹴り、己をバネとする前に左へ頭を持ち出す。
 バネの動作と同時に、大上段からハルバードを振り下ろし、風イカダの尻尾を傷つけた。
 反動で揺れる風イカダと、姿勢を正す黒の男達を見て、何故か微笑みが生まれたのはスヴァンの意志ではない。
 振り下ろしたハルバードを振り上げるのももどかしく、体中で回転し、風イカダの上方を回り、追い抜いていく。
 羽ばたきを行えぬ行為に、ふたたび風イカダの鼻先がスヴァンに追いつき、銃器を構える男達が彼女に照準を合わせた。
 刹那、丸まった白色のスヴァンが広がり、弾け。彼女は高速で後ろへと引きずられていく。
 加速せぬスヴァンが視線から消えた。そう、男達は確認し。
 広がったスヴァンのロールはハルバードを右手に捉えたままのミキサーとして風イカダをえぐり、上に乗る護衛をはね飛ばす。
 回る光景すらスヴァンには遅く、衣類が張り付く皺一つまで感じられた。そのはためきだけが彼女の鼓動に従いテンポを速め、主の体へとその身を打ち付けていく。
 ハルバードの切っ先に休符が生まれた。風イカダに斧部を食らいつかせ、スヴァンの回転を止め、一時的に風イカダと同化する。回転の慣性がハルバードより伝わり、目標である風イカダ、その右脇腹に食らいついた刃先をそのままに、体が翼の一部であるかのように右横へと開いた。

618 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:55:09 ID:ZCW0nFd6
02:17
 開ききった体が、上空を向く。空はオレンジを中心に、西を黄金に、東を紺とし、揺れる髪が金色の曲線を幾つも彩る。
――美しい。
 張りつめた空気も、男達の鋭い視線も無視し、スヴァンの顔は空を見る。
 照準が向けられた。視認せずともわかる。
 空を抱きかかえるように開いた体がハルバードと別れを告げれば素早く翼が動き、再び独楽の如く回転。腰に据え付けられたナイフを伴に、二人残った護衛の内一人の足を掴み、それを軸に回転のカウンターをかける。すぐさまバランスを崩した被害者が、速度と風に飲まれ消えていくのを確認せず手を離し、改めて地へうつぶせとなるような姿勢でナイフを突き刺し、それを手がかりに風イカダへの絆とした。
 最後の護衛がスヴァンを狙い。牽引係の二人も拳銃を抜き、背後の彼女を射抜く構えに入ったことは解っている。
 だが、気にも留める事がない。必要がない。
02:26
 上がり続ける胸のタコメーターが全ての時間を止めていく。男達の銃口を気にせず、緩やかなダンスを舞うが如く、優雅な動きで彼女は進む。
 文字通り、風イカダの上へと『舞い上がった』。
 スヴァンは笑みを浮かべる。平坦な表情にかすかな笑みを。そして、
「……!」
 遅く感じる銃弾を縫い、ずれてしまった髪をまとめるゴムだけを被害に、間を抜ける彼女の表情は口角にまで達した薄い笑みがあり。男達には覗いた犬歯が酷く鋭く見えた。
 一瞬それに見とれた。男達はそう思う。
 一瞬それに戦慄した。男達はそうも思う。
 それから目を離せぬ。男達はそう覚悟した。
 女の表情に時間を止められた男達の前、支配者だけが舞いの行動を速め、体感する時間を長く変化させていく。
02:35
 体が不自由だ。スヴァンはそう思う。
 対応しきれない。男達は彼女を評す。
 死をもたらすには十二分である感覚差の中、スヴァンは低速と認識した己を加速する。
 全てをモノクロームに見せる瞳が色彩を放棄するほどに速く。足がハルバードを蹴飛ばし、突き刺さりの仕事を放棄するように訴えかける。
 浮いた相棒が重みを手へ移し、その上へと伸び上がる重みに従いそれを切り上げに使う。護衛の銃器が切断され、振り上げを完了し、取り残された石突でのど笛を押し込む。
 それでハルバードは落ち着き、主の繊細な手に重みを預けて甘えの表情を取る。
 甘えた子供を、母親は抱きかかえ、横の構えを取る。
 牽引係の二人には、吹き飛び、高速の別れを見せた最後の護衛だけがはっきりと見えていた。

619 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:55:41 ID:ZCW0nFd6
0254
 金色、それを男達は見る。
 風に遊ばれ、主に引きずられ。自由になった金髪は美しく舞った。
 不覚にも視線をそこへとどめた二人が、腹部に強烈な衝撃を得る。横に薙がれたハルバードの様子と、背中の白翼を見せた女がおり、彼らは痛みで死を覚悟した。
 見つけなければ。そう、男達が思う。相手の動きを、チャンスを。助かるのならなんだっていい。避けねば殺される。生命の危機は心にそれを訴え、彼らからも色彩を奪い、速度を重視する行為に出た。
 先ほどよりも遅く、女の動きが見て取れる。
 必死に引き金を引いた。
 横になった体が、かつて女の体であった筈の空気を打ち抜き、髪の毛一本すら銃弾から逃げる様を見る。
「速度に銃弾は、難しいのよ?」
 重い言葉だった。それは、教訓としてだけではなく、体感速度の上がる彼らに粘ついた音声として伝わったからでもある。
 スヴァンは腕から逃げようとするハルバードを、その尻をもって左手で抑え、柄の中程を右手でホールドした。掴む行為ではなく、挟むような、奇妙な構えでそれを持つと、重厚長大と思われた得物が指に従い回転を見せる。
 両手を用いそれの加速を早め、暴れる先端が足場、風イカダを抉り、彼らが牽引のために腰へ固定していたワイヤーすらも切り裂き。
 その回転が男達へ向かう前に止まったことだけを最後に、男達はこちらへと襲い来る巨大な長物を確かに見つめ、腹で受け止める事だけが精一杯だった。
 吹き飛ばされ、開放される。死は無いだろうが大けがだと思い、先ほどまで抗っていた、背後へ向く風の誘惑に従い、吹き飛ばされながらも、視線だけが相手を見つめる。
――投げた癖に、畜生。
 華麗に斧をキャッチするスヴァンを見て、何故か苦笑が漏れた。
「こちらフェルミッテ。任務を終える」
 通信の声は淡々と、
「うわぁあああああああっ!」
 叫びは力強く、鏡の相手に負けぬほど荒々しく。
 上下逆さに持たれたハルバードが風イカダを両断した。
03:12
 一人だけ、風と自由になったスヴァンは減速をしない。
 自然と減っていく服のはためきに、くすぐったさを覚えながら、頭皮に伝わる金髪のダンスを心地よく思い。
「黒、聞いてる?」
「あー? 忙しいんだよこっちは!」
「速いって最高ね」
「また抜いてやる」
03:23、言葉に従いストップウォッチを見れば、そうあった。
 二百三秒。停止を忘れていたその表示は、増加の一途を見せていた。先ほどまでにはとうてい遅く、今には速すぎる、そんな流れを視覚的に感じる。
 悪くない時間、としか言いようが無く。
 永遠のライバルであろう相手に並び、ともすればそれ以上の数字だったと思えば不思議な達成感があった。
「待ってるわ」
 流れる風の海に身を任せ、加速する前に行っていた表情へ戻り。
「良い夢ね……」
 そっと目をつぶった。

620 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/02/21(水) 22:56:31 ID:ZCW0nFd6
*音ここまで
Clean Tears ( 勝史 )様
MAX POWER
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a003738

今日は短めですが、ちょっとこの辺で。
うーん……2月中に終わるんだろうか……。
とりあえず、はやさ。それが命ッ!

621 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 19:58:02 ID:2jGvrMh6
17.千年分の文を持ち
 ――伝わっているの? 伝わってないの?
    それとも、見てくれてもいないの? ねぇ。

 法務庁と技術庁の中点、アトラスを取り巻く円周上の道路。そのうち最外周をとりまく住宅区では、一線で活躍したスピネンの精鋭達を筆頭に拮抗した争いがあった。人数にしては相手と半数以下で、今までにも似たような状況ならば指の足りぬほどにあった。過去全てが被害を余り出さぬほどに十分な戦果を見せていた彼女らと戦う倍数の敵。数では余裕であったはずの戦場はそれでも、拮抗した状況のまま変化を見せなかった。
「こいつら……上手い……!」
 どちらの陣営からもそのような声が漏れた。
 小数ながらも単体戦闘力で勝り、それを突破に用いる三国側と、人数を武器にした的確なフォローと交代を繰り返す襲撃側の流れは停滞したままだ。風イカダの停止、そこからの進展は全くと言っていいほど存在しない。
「あー、もぉっ!」
 エルヤの苛立ちを乗せられた斧は、集団の入れ替わりを狙い、それは容易に果たされた。右から左へ鋭く走る銀の線が一人、二人、三人を仕留めんと動き。三人目に食らいつくタイミングで肉を混ぜ込んだ、やや硬質の感触をエルヤへと伝えることを止めた斧が、鋭く耳障りな音色と反作用を与える。黒の集団、その隙間より。短い刀剣が分厚く重い斧に食らいついていた。
 エルヤの動きは斧を引き戻しつつも振り抜く動き、刃を受け止めた相手を押し込み、再びの攻撃を行うための動作だ。
 だが、食らいついた刃はその位置を変えず。
「――っ!」
「お相手願う……!」
 短刀を持った主、黒髪に隻眼、黒のインバネスに身を包んだ女が追従していた。
 斧を引くエルヤの動きと、追従する黒の動きが重なり、集団から一歩ぬきんでた二人の間に、静かな時間がかすかに生まれた。

622 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 19:58:34 ID:2jGvrMh6
*音開始
 対峙する黒翼の女とエルヤは、改めて距離を取る。周囲の喧噪と争いの中、誰にも邪魔されず優しい風に吹かれた二人。静かで、美しく、ゆるやかな時の中、視線と肌にある風だけがかすかな変動だ。
「ヤール。そして、ヴァルキリヤ」
 黒の女は小さく言葉を紡ぐ。喧噪と銃声にまみれた街路で、その声はエルヤにだけ届き。
「……」
「私は、ノルストリガルズの住人だった」
「……それが何故?」
「彼女に誘われたからさ」
「彼女?」
 疑問詞への返答は黒の女、その背後より現れる。
 視覚的な風だった。
 無色透明が青い線へ、そして青き塊となり、そして小柄な少女へ。
「今、私の居る国にはストラマ以外の神が居る。彼女の名はメヒ。彼女を信じて私はここにいる――」
 エルヤが唇を歯へ巻き込むことも構わず、食いしばりの表情に苦さを乗せた。
「ウートガルザ……」
 かつて、彼女の父親も、恋人も、そう称した存在に殺された。その言葉は人名ではなく、
「ああ、化外さ。私は――」
 化外、主の及ばぬ存在。その言葉を黒は飲み込む。そして、空気を溜めた肺が言葉を乗せる行為の準備をしていたことも、エルヤには解る。

「ウートガルザ・ライラ……! ヤール・エルヤに勝負を申し込む!」
「自ら化外を名乗るかッ!」
 エルヤの言葉をきっかけに空が開けた。
 その道は、誰にも見え。ただ二人にだけ、そのために存在した道。
 その道を、メヒと呼ばれた青の娘が先導していく。
 美しい空の青を纏った娘が、黄昏の紅に美しく映えた。
 二人は舞う。選ばれた道を。
 ただただ、空へ向けて。
 己の戦場へ。ストラマの空を別の神が切り開き、そこへ昇り行く。
 異なる神により二人の化外となった、たった一つ決められた異世界のライン。青い空の色をした亀裂が生まれ、メヒは歌う。ノルストリガルズの母国語で、意味のない文字の羅列。
 まるで神聖なスペルのようだ。耳にした誰もが思い、一時でも夕暮れに存在した青空へ目を留める。
「エルヤ様……」
 切なさを乗せた瞳が射抜く先は、昼と夕暮れの混ざる奇妙な空。
 この世界とずれた場所へ飛び立つ化外達に解らぬ瞳は、夕暮れのように寂しげだった。

623 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 19:59:22 ID:2jGvrMh6
 メヒは歌う。意味を為さない歌詞を。
――全ては私が決めること。
 言葉の意味は解らず。乗せられた意志だけが強く、強く。
 歌声に呼応する舞いが、エルヤとライラにあった。
 斧を打ち鳴らし、拳に握り込まれた短刀が翻る。
「解るだろう……ヤール! 彼女はノルストリガルズの昔だって捨てちゃいない!」
 意味を持たぬ母国語の歌にエルヤは耳を貸さず、鍔迫り合いの相手へと肩を押し込み。
「だからと言って――ストラマを見捨てろというのかッ!」
 共通語のやりとりをする間、体を反らせた勢いを使い、ライラがエルヤの側面へと回る。
――命はそこへ、私が見つめる。
「大事な……メヒの言葉を無視するような奴は――要らないんだよッ!」
「言葉だったらどこにでも通じるだろう! ストラマはそう願った! だから伝わる!」
 横薙ぎの斧をライラが受け止め。しかしそれを支点とし、エルヤは再びライラと正対する。
「知っているのか……ヤール! たくさんこの世にばらまかれたUFOを……! ストラマにやろうと思って送ったそれが……なんで人の手に渡った! あいつはメヒを無視したんだぞ!」
「そんなの……ストラマに聞かなきゃ解らないだろうッ! ボクには――ウートガルザは許したくない存在、それだけなんだッ!」
――翼は私が頼んだ物。信じてそれを風に乗せて。
 メヒの歌は続き、二人の舞は乱れずに進む。
 互いの胴払いが交差し、されど二人の傷はまだ増えず、ただただ位置を変えただけの双方が、影を共有するのには一秒も要しない。
 故に、
「言葉は後で聞く!」
「それがヤールのする事なのかよッ!」
 一つの呼吸すら許さず、打ち鳴らされた金属が互いに高らかな響きを持つ。
――日差しは私がなる。だから見つめないで、その右目を。
「隣国では――右目こそが日差しを示すと」
 遠く、アンジェラが記憶を紡ぐ。
「この程度――痛くはない! 私の意志だ!」
 眼帯の奥、失われた右目すらエルヤを貫き、鍔迫り合いの二人は熱のある視線で互いを貫く。

624 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 19:59:57 ID:2jGvrMh6
 メヒは歌う。
――もっと早く。ストラマは迷っている。
「神なんか要らないって……ストラマはそう歌ってたんだぞッ! 重荷を乗せたのは誰でもないんだッ!」
「勝手に神になって、勝手に捨てるのかあいつはッ!」
 エルヤの膝蹴りが短刀を握る拳に入れば、それは浮いた。対し、ライラの手はそれを握る動きを殴打の速度に高め、空を殴れば体が回った。
 翼での目隠しと後ろ回し蹴りで短刀を取り戻し、振り回された踵を斧に乗せ、エルヤの斧と同じく回転運動で姿勢を取り戻す。
――私なら、できるよ。
「思い上がりを……!」
「望んでないなら壊すまでだろうが!」
 エルヤの斧が縦方向へ大きく振り下ろされ、ライラの短刀がそれに合わせられる。瞬時に逃げた力がライラを斧の向く先へと彼女の体を回し、力を逃がすべくミニチュアの街へ頭を向けたまま加速した。羽ばたく黒の翼が、下がったエルヤの頭を囲い、刹那、視界を奪う。
「ストラマ――君の声はどこにあるんだい! メヒに――なんか言ってやりなよっ……!」
 先陣を切るライラを追い、エルヤはつぶやく。かつて、眠りから覚めた相手の名を。ストラマが誰よりも早く言葉を交わしたエルヤの声が、風に解れていく。

 舞を守るように、メヒは先を往く。
――破滅がまっているの。
「いいや――ストラマはあと千年待つッ! そう言っていたはずだ!」
「それが真実かもわからんだろうにッ!」
 上下逆さ、重力と推力で市街地へと『昇っていく』二人が、同時に得物を振り下ろす。
 回転の動きは方向転換と牽制になり、アスファルトへの到着を待たずして、それぞれの背面を目指した。
――私が守る。信じてくれた人を。
「ストラマ以外の存在を知らぬ者がのうのうと生き延びれば意味はない!」
「それは選民思想だよ……ッ!」
 空中でトリプルアクセルを決め、エルヤの姿勢は正しく空に立つ。三半規管の慣性に歪む視線の中、ライラは背後の長い物体を左手に持っていた。
「メヒ――力を借りる!」
 言うが早いが、漆黒の板きれが振り回された。それは炎を纏い、鋼鉄の身は蛇の如くしなりを覚え、燃え盛る鞭としてライラの手へ収まった。
「ウァージェイトの蛇よ!」
 軽い挙動から、鋼の鞭がライラの羽根先へ向かい、刹那の呼吸を置いてエルヤへ向かう。
 紅さは無く、ほぼ白色の蛇が空気を焦がしていく。

625 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:00:28 ID:2jGvrMh6
 白き火焔がエルヤを襲い、熱されて膨張した空気は柔らかさを肌に伝え、彼女の肌に危険信号と刺激的な甘い香りを鼻に残す。
「――っ!」
 蛇を名付けられた炎は文字通り舌を伸ばした。
――か ぜ。
 はずだった。
「ストラマの……声!」
「……なんだって……! メヒッ! 私に力を……もう、昔を捨てたんだ! 戻らされるなんて勘弁なんだよッ!」
 局地的な風の押し合いが、小さなつむじ風として現れていく。
 東より来るストラマの風と、西から来るメヒの風、二つが混じり合い、塵を巻き込み、汚れた竜巻は結ばれ、そして散っていった。
――誰も、居なくならないで。
 遠く響く、悲しげな声。ストラマの歌声。
――さあ、全てを見つめている。認めて、覚えて、記す。
 凛とした、それでいて柔らかで甘い幼げなメヒの声。
「わがままを言うか――神の分際でッ!」
 ライラが再び蛇を振り上げ、エルヤへと振り下ろす。風に乱れた蛇はそれでも、彼女の叫び通りに遠く、鋭く獲物を狙う。
「ストラマはなんでもできる……ただの娘でいいんだよぉッ!」
 エルヤは待ちかまえない。蛇に向かって踏み込み、熱の空気を翼で抱いた。羽毛の根元にじっとりとした水気を感じ、それを無視して蛇の直上を飛ぶ。毛先の熱さに強く羽ばたき、かすかな軽量感にいくらか炎に持って行かれた事を自覚しつつ、ライラへの視線をそのまま、斧を前に飛びかかる。
――世界に停滞なんか、要らない。
 向かい風の中、メヒの声を聞きながらエルヤの加速は終わらない。
「メヒ……君の望んでるのは……ボクらにとって崩壊なんだって……解ってるの!」
「上が変わるくらいでごちゃごちゃと!」
 蛇にうねりが加えられ、エルヤの突撃を阻む。エルヤも動きを変え、うねりの飛行を翼によってもたらす。伸びた蛇と長柄の斧が時折触れ、高速のチークタイムはエルヤを置き去りに鋼の歓喜を放っていた。
「ストラマは上に立つことなんか望んでないッ!」
 炎と鋼のチークタイムに、エルヤの力が加わる。間延びした獣声のような打音は蛇と斧が強打した音であり、その反動はエルヤを平行に横へと押し出す。
――争いでも平和でも、なんでもいい。変化を。ここままでは……嫌なの。
 メヒの声に再び歯を食いしばる。剥き出しになった犬歯が鋭さを増したような錯覚をライラは思い、生まれた国の血が戦の歓喜を覚えさせる。力を余すエルヤの口内が鉄の鰺で満たされ、生臭さを感じる前に濃厚な甘い熱を噛みしめ。
「だったら……人を使わずストラマと歌えばいいだろうッ!」
 限界まで開かれた瞳と口が、メヒとライラを貫き、生臭さの元凶は放られ、アスファルトへの着地を終える前に主の衣服がそれをぬぐい取る。
「無視してきたのはストラマだろうがッ!」
 エルヤからは左、ライラからは右への斬撃は斧で、そこへ割り込む刺突はライラの短刀で。相手を変えたチークは再び、先ほどとは異なる軽やかな声が響く。
――誰にも、決められる。私には、解らない。
 勝敗を占うような歌声はメヒの声として、意味のない単語と意味のある真意が響いた。
「流石だよヤール……」
「ライラ……君は……君はっ!」
 視線と上ずった声が交換された。
――まだ、千年の夜明けにも満たないから。
 時間も、空気も、炎すら、風だって。
 全ての停滞は二人のあふれ出した脳内麻薬の仕業か、あるいは。
――私は飛ぶ。私の夜明けを探すため。
 メヒの歌声だけが時間を正しく刻んでいるのか、歌声が早いのか。
 それすらも、誰にも解らない。

626 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:01:02 ID:2jGvrMh6
 エルヤの羽毛、その一枚が道路へと、音もなく。
 合図になった事すらそれには解らなかっただろう。
――ストラマが行く先に、私は居ない。
「何故言い切れるッ!」
 ライラの動きを察し、エルヤの足が反発力へと変わるべきエネルギーを溜める。舞った羽毛は伏し、そしてメヒは歌う。
――私の友に炎を与えます。
 歌声通り、ライラは炎を使い。
「神の代理人になったつもりか……!」
「拝借しただけ――イスデスとウァージェイトの炎を!」
 炎の蛇はエルヤの頭上より舞い降り、先端は大蛇のような牙を持っていた。持ち主の手すら炎に包み、炎蛇の尾は犬の頭をした炎が噛みつき、主と蛇を繋いでいる。
――このまま世界は壊れるから。
 歌声の前触れであるかのように、かつてエルヤの立っていたアスファルトに炎蛇が食いつき、タールへの先祖帰りを励起しつつ噛み砕いていく。
――居なくなった人と出会わせるから。だから乗り越えて。待っている。
「ボクは……ッ!」
 ライラの頭上、蛇を避け、左翼端に痺れるほどの熱を感じながらも、エルヤは飛ぶ。
「忘れても、捨ててもないんだ! 失った人を大事にするから……そんな会い方はッ!」
 右頭上に重みを持ち、その象徴であった斧を横一文字、大蛇の腹目がけて振り回す。炎は手応えを残さず、乱れた熱風だけがエルヤの両手、握られた指に感じる物で。
「よわっちくて、誰も守りきれないで……!」
 左目に痛みを感じる。砕け散った熱が、光が。エルヤを見えぬ痛みに包み込む。
 だが、動きは止まらない。
 左目よりも、胸が痛む。心の痛みが、メヒと己の過去が与える痛みが。
 彼女を突き動かす。

 エルヤの振るった斧が彼女の背後にまで回り。彼女はそれに従い回転を行う。背後の動きを溜めに、そのまま右から左、再びの一文字をライラに喰らわせるために。
 距離を、速度を、感情を。全てを込めた一撃を振るうために、彼女の翼は落下を助長する。最速で、最高の力を確信した。避けられる距離でも時間的猶予もない。翼の助長がその確信を強め、
――あなたに力を、信じてる。
 メヒの歌が炎をライラに再び呼び起こし。
「っく!」
 翼に感じる赤熱を信じ、エルヤはライラへの一撃を諦め上空へ逃げる。
 あれだけの熱を浴びながらも、背筋に感じる寒さは確かな物で。素早く下方を見つめれば、エルヤの存在していた位置は炎蛇が骨をも溶かすほどの包容を空に行っている。
――私が有るうちに。
――この小さな青空を作れるうちに。
「祖国と――主に見捨てられた我々が……そんな簡単に終わると思うのか! ヤールッ!」
「……だよ」
 燃え盛る炎が白色を増し、空気が弾ける音が響く。
「父さんもラクェルも……守りきれなかったんだよ……! だから……もう、もう二度と……!」
 翼を閉じたエルヤが上空を落ちる。
 それは、ライラの頭上で。
 炎の源の直上で。
――新しい何かを。世界を変えて。
「誰も失わせるものか――――ッ!」
 斧よりも、己よりも。
 エルヤの叫びが真っ先に、炎とライラを貫く。

627 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:01:50 ID:2jGvrMh6
――私は世界を変えたい。
 飛びかかるような姿勢、これより攻撃を行うには不利な姿勢であった。
 落下の先頭は斧であり、その先触れである声は未だ枯れることなく。
――誰かが変えなければ。
 あえて心を隠した、そんな瞳がエルヤを射抜く。
 歌声とともに伝えられる瞳、メヒの瞳にはエルヤに対して疑問と悲しみと、哀れみがあった。
――怖いの? 懐かしいの?
 ライラより舞い上がる炎が、まず前髪の毛先を逸らした。己より紅き物に触れ、赤毛は熱から逃げ、そして耐え切れぬ物から白色の光を放つ炎によって影の役割を担っていく。だが、主の落下は終わらず、翼は風を掴むことをせず、風を切り裂くのは斧と終わりかけの声のみ。
――変えることが出来るのは、今だけなのに。
「千年目の更新をしたのに……もう変えることはない……! いや……いま変わってるだろうッ!」
 きっと、信じている。
 エルヤの鋭い視線が射抜くメヒの顔。歌を続けながらも表情を変えず、だが。
 瞳孔がかすかに開いたと、何かが届いたと思い。落下を信じて続ける。
「今度こそ……今度こそ……みんなで手を繋いで……誰も無くならないように!」

――先を見るのが怖い。本当はそう。
 メヒのためらいではない。ストラマの弱音、本音。
「見ていなよストラマ……ボク達が……友達のボク達が……先を見せてあげるから!」
 落下の視線は強く、突き出した右手に斧は槍の如く。
――だから、ためらうのね。
 メヒの冷たい歌声が響いた。
 エルヤの翼が開き、風を掴み、速度はかすかな衰えを見せた。
――また間違えて、繰り返すの。
「違う! 今度こそ……今度こそッ!」
 蹴り飛ばすような羽ばたき、重力に力を添え、エルヤの声をメヒとライラに貫かせるための助力。
――私は、新しい千年をやりたいから。
「そうだ! もう、だれも傷つかない千年を……私の瞳を糧に……メヒ!」
 ライラが左腕を振り上げ、炎蛇はエルヤを飲み込まんと鎌首をもたげ。
「今を失わせるような真似を……させるもんかッ!」
――消えるわけにはいかない。
「ボクもストラマも……メヒだって失いたくないんだぞッ!」
「なら何故ストラマは……!」
 疑問の回答の代わり、歯ぎしりはエルヤの物で。

628 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:02:20 ID:2jGvrMh6
「そんなのボクや君に解るわけがないだろ!」
 斧が、開いた腕に従い外へ弾けた。切り裂くはずの斧は、その腹を広げた形で外を向き、エルヤの軌道を乱しながらも風を煽り、炎を乱す。
「ヤールッ!」「ウートガルザぁッ!」
 叫びが影が、重なる。重なる影は広がり、上下の役割を入れ替え。
『私は確かに、世界を、時を守ってる』
 ストラマの歌声。
 ライラが地を踏みしめ、右手の短刀を突き出し跳躍。ライラの先端がエルヤの頬を掠め。
――私は全てを取り戻し、やりなおしたい。
 メヒの歌声。
「フレースヴェルグッ!」
 名前を呼び、最早手斧とは言えぬ形状の振り乱された髪のような異形の手斧がエルヤの左手から放たれた。軌道は過ちの形状に従い、ライラの横を掠め、インバネスを切り裂く。
――護るべき人だけを、選ぶ。
 ライラの跳躍に、空中を蹴るような加速が一つ。獣の頭をした炎にまみれる左手は拳を握り、牙を剥く獣の口からそれを覗かせ、エルヤへの打ち付けを試み。
 エルヤは体を丸め、畳まれた膝でライラの左頬を狙う。
『手を取り合えるために、私は動く』
 重力がエルヤを助け、ライラへの一歩を叶えた。素早く顔を逸らすライラに被害は、
「届けぇ――ッ!」
 突き出した左腕、炎に包まれぬ肘関節に膝が入り。交差の合間にライラの刃がエルヤの肩口に紅い線を生む。
『毎日を、平穏を護るために』
 強引な姿勢制御でようやくの着地を果たしたエルヤは、膝を折り曲げたまま上空を見つめる。それは、交差したライラを一瞬だけ見つめ、その後は他の箇所を見つめており。
――全て、私が見て、見通して、考えるよ。
 上空、姿勢を整えずにライラの飛行は続く。
 未だに対空を続ける手斧、フレースヴェルグが分離した。伝説の通りに、フレースヴェルグの額に存在するヴェズルフォルニルがライラへ向け飛び立ち、しかしメヒの見通しによって回避が完了する。
『秩序は、私達ではなく、みんな、友達で決めるの』
 与えられた秩序はその場限りの手伝いで、それはエルヤの手に重要な手斧を取り戻す手助けになる。素早く腰へと取り戻した二つの手斧を収めると、エルヤはライラに向け跳躍した。
――要らない人は、本当に要らない。私はもう忘れられたくない。
 飛び去るライラの左腕、それが炎の尾を引き、尾は数秒の猶予も与えずに蛇の顎へ。エルヤの跳躍と同時にアスファルトを噛み砕き、上昇するエルヤが切り裂いた空気を飲み込みながら追いすがる。
――Pasila!『Pasila!』
 歌にも、意味にもない。
 ただの言葉が重なった。

629 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:02:50 ID:2jGvrMh6
 声を境に、二つの影は空中で重なってゆく。
 影は一つに。
 打ち鳴らす音は三つ。息づかい、翼のはためき、重なる武器。
「不覚だ……」
「ああ……不覚だね……」
 ライラの刃が二度翻る。エルヤの斧が一つ重なり、もう一つは風に乗せた。
「やはり血だな……戦に心が躍る! 楽しんで……上を目指す!」
「それはボクも同じ事!」
 同時に放たれた蹴りが、互いの足裏を包むソールへ食らいつく。
 かすかに一メートル、だが近接行動を要する、タイミングを重視される距離だ。
 ライラが近づけば、斧は振るわれた。速度を落とし振り抜きを待ち、突撃すれば斧の柄で受け止められる。
 エルヤが斧を振り上げ近づけば、それよりも速い刃がのど元を狙う。狙いより先に、不十分な前動作から得物を振り下ろせば、体を横に反らしたライラが肉薄する。
 左手に宿る獣の炎を行使すれば、エルヤは離れ、風を乱した。
 乱れた熱風の中、己を焦がすか焦がさないかの境目を貫き、ライラへと肉薄する。そうなれば再び無機質な得物同士の交錯音が響くだけに留まり。
 伝家の宝刀、古来よりの手斧を投げれば、メヒがそれを読み歌声の道しるべを出し。役目を終えた手斧が手元に戻るよう、ストラマが支える。

630 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:03:24 ID:2jGvrMh6
――大事な物を掴むため。『手を伸ばすの』
 歌が、二人の歌が重なり。
 合唱の中、刃は重ねられ、そして離れ。影は一つになったかと思えば二つに、時折一つの影は伸び、あるいは三つの影となっては二つへ戻り、そして一つの影へと再び融和する。
『私の心を支えてくれる友達が居て欲しくて。憧れてた。みんなで進みたい』
 歌声に過たず、二つの影が何度目かも解らぬ交差を行う。今までとは異なり、交差の音色は金属の軽妙な調べではなく、互いの拳がこすれる、硬質ではあったが肉の重みを持った響きだった。肉薄とリズムの符号が、各々の得物を振り回す動作すら重なり、生まれたたそれに、奏者らは顔をしかめ、交差を諦める動きに入る。
――信じた光は消えると思う。だからそうなる前にあがくの、動くの。
「ウートガルザ・ライラぁっ!」
 叫び、斧を扱っていた手、その握り拳がライラの頬を掠め。
「ヤール・エルヤッ!」
 振り抜いた拳、体を前傾したエルヤの頭目がけ、己の額を打ち付ける。
 遅れ、ライラが振るう炎の拳と、エルヤの振るう手斧が踊り。
――少なくとも永遠なんか、無い。
「誰が永遠なんか望んだんだよぉっ!」
 炎の猛獣がエルヤに食いつかんとする動きを避け、手斧を振り回し、互いの牙が肩口をねらい澄ます。
「ストラマによる停滞が永遠ではないと思っているのか……ヤールよぉッ!」
「歩みを停滞と思うのは……逃げた君の視点だろうがぁ……っ!」
 ライラの開いた体、頬を掠めたエルヤの腕がそれを払い、衣服は炎をかすかに纏う。右袖を炎に失った腕は、熱さに顔をしかめた主と異なり、全力の振り回しを敢行する。ライラの体が背中側へ乱れ、炎の拳は空を咬む。
『だけど、世界を、みんなを信じている』
 離れていくライラの体、最後に残る右腕に残された短刀を、己を突き飛ばした腕を目指し、振り下ろす。
 金属音が一つ。ダンスの相手が違うとばかりに振り回されたエルヤの右手が斧を示し、ライラは翼で上下逆さの姿勢を護りながら、十分な距離を取る。
 突き放された二人の距離は少しずつ、慣性によって離れていき、その合間にも互いの視線は重なり、動きは次を求めて留まることを知らない。
『私はみんなを幸せにしたいだけ』
 エルヤの両手がポールアクスを握りしめ、胴払いを狙うべく、水平に左から左後ろにまで溜を持ち。
 ライラの右手、握り込まれた短刀の柄尻を、炎の獣が食いつけば、彼女にかすかな傷を与えながらも、短刀を炎の剣へと変えていく。
――そのために。『私達は空を求める』
「混信の一撃――」
「とくと知れッ!」
 メヒと、ストラマと。そしてエルヤとライラと。
 四人の声が重なり、集約した一点へ目がけ、思い思いの力が奔る。

631 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/03(土) 20:04:04 ID:2jGvrMh6
「うわあああああああッ!」
「おおおおおおおおおッ!」
 短刀を前に、斧を真後ろに、二人は飛び立ち、風を蹴飛ばす。
 腰にまで引く短刀は、光と炎と、ため込んだ力を充足させ。
 先端を背後に置きつつ柄を引き抜くように力を溜められた斧は、スピードを集約させ。
 全てが重なりあう瞬間、短刀は後押しを感謝したように、見えぬほど速く前へと突き出され、斧は奔れぬフラストレーションを発散させるかの如く右から左へ大きく弧を描いた。
 交差。
 風が二人の停止を示し、遅れ、黒と赤の長髪が重力に従い、両者の着地完了を示した。
 炎は糸を引いたままゆっくりと収まり、斧はエルヤの左前方で停止したまま動かない。
「……血が騒ぐ」
「……鼓動が終わらない」
 短い言葉に熱は無く、平坦な沈黙が双方を彩っていた。

*音終わり
木村真紀
Beyond the Bounds~Theme from”ANUBIS”
http://www.last.fm/music/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E7%9C%9F%E7%B4%80/_/Beyond+The+Bounds+(Full+Version)
参考 http://www.youtube.com/watch?v=K_B1x8E_mJc

うーん、発言がテラトミノ 今日は書きつつ上げつつで行きます

632 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 15:58:29 ID:tJCfqFFo
18.二重の思い、二重の重い
 ――背に腹は代えられない、っていいますからね。
    必要なときに規律を破るからこそ人なんです。
                    ……きっと。

 残る一機の風イカダを追うラプンツェルとアンジェラは、目標との距離を伸ばさず、しかし縮められず。過剰な羽ばたきに息が上がり、二人の通信にはマイクにかぶせられたスポンジを克明に記すような息づかいがある。
「追いつかなきゃ……!」
「ラプンツェルさん! 無理なさらず!」
『うむ。こちらで少しばかりの足止めは出来るはずだ。腕は劣ると思うが……』
 アンジェラの言葉に、目的地、最終防衛戦の検問で待ち受けるテティスの通信が入り、誰にも見えぬとも構わぬと言った様子で、背後のアンジェラにも分かる頭を振る様子があった。
「駄目ですっ! 私には責任があります……!」
「誰もラプンツェルさんを責めませんよ! お手伝いして貰っているのはこちらなんですから……!」
 先攻するラプンツェルの表情はアンジェラには解らない。ただひたすら前を向いている、そこに彼女の意志を見ることだけはできた。
「全力を出しきってません……私の周りに暇がある限り、それを潰してこそ全力ですッ!」
「は……はぁ……」
 ざらつく苦笑、無線機越しの声が幾つもそれを作る。
『拡大解釈、しすぎ』
「え……えっと……!」
 かつて、人生を暇つぶしとのたまった声がある。
『でも、それでいい。ラプンツェル』
「は、はいっ!」
 やりとりに小さい笑みがこぼれた。ラプンツェルのそれよりも、アンジェラの笑みが先であったことは、本人しか知らぬ事だ。
『相手にだけは余裕を見せるように』
「解りました!」
「ラプンツェルさん……私はこれ以上速度は出せません……すいませんけど……」
「はい、任されます!」
 即答に唖然とした。
「あ、あのっ! よわよわですけどお手伝いが出来なくて……一人でなんて……」
「私の危険は二の次です」
 アンジェラにようやく向けられた視線は、大人しい瞳と麗しい口元ではなく。つり上がった眉に闘志があり、同じく上がった口角には強い意志と、頼りがいのありそうな笑みがある。
「私が動いて誰か一人でも良い方向に行くならって。だから軍部に居るんですから!」
――ああ、やっぱりこの人は……一生懸命な人。
 冷たい風を切り裂いていた筈なのに、顔が熱く感じられた。
 熱い頬は血流のもたらした物。勢いを持ち主を熱くさせた血流は行き場を無くし、頭そして体中に。暴れるような衝動に左手がポケットをまさぐり、携帯電話を取り出させた。なめらかなアクリルに反射する街並みを鬱陶しく思いつつ、操作はメールを素早く紡ぐ。
――使います。
 返信は素早く。
――装備、訓練共に不十分であり、許可は出来ない。
――不許可。時期には不適当である。
 否定の言葉は二通、肯定の言葉は一つすら無い。
 携帯電話を握りしめ、沸騰した頭が計算を紡ぐ。
――ちょっとだけ甘い物が。
 雑念を振り払い、前へ。かすかに甘い感覚を呼び起こされる後ろ姿を見つめた。

633 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 17:25:20 ID:tJCfqFFo
*音開始
「だけど、今しか! 今やらなきゃ……! 折角差し出された手があるのに、掴まないなんて嫌です!」
 言葉とメール送信は同時だった。溢れた血潮が理性のダムを破壊し、立場を洗い流す。ただ一つのため、そして。
「ラプンツェルさんの無事一つで……誰かが幸せになると思っています!」
 叫び。
『全く強情だ。優しい気持ちが溢れた、頑固な娘だよ。erytheis』
 誰かのかすれた声が響く。

 アンジェラの翼は飛行をやめ、体は起きあがる。アスファルトに触れ始める革靴が乾いた咆哮を長々と上げ、先行するラプンツェルは小さくなっていった。慌てず、騒がず。仁王立ちになった彼女はクラウチングスタートの姿勢へと。
「我が距離を掠め取れ、ハルピュイアイ!」
 主の名を受け翼が広がる。
 それは足から。
 それは鋼の。
 ハルピュイアイ――掠める女は主の距離を奪うために己を広げる。
「古人曰く――賽は投げられた!」
 右足の踏み込みから左足が蹴り上がり、頭は前へと空を掻く。
 蹴り上げた左足に追従すべく、右足に追従する鋼の翼が炎を吐いた。空を踏み台にした右足をきっかけに左足を踏み出せば、そちらの鋼も炎の色を持ち。
 アンジェラが空を舞う。
 ラプンツェルより、風イカダより。
 誰よりも早い、頭に昇った血流が紡ぐ、熱い思考に従った速度で、彼女は往く。
 視界は狭まり、風は目を襲う。
――装備が足りないから!
 己へ苛立った。いつかこんな時が来ると思っていたのに用意がない。訓練も不十分だったと思い。
「でも――役立たずで終わりたくない!」
 主の声が、足の推力に繋がった。先攻した人影が急速に近づき、目の前を一杯にするまでの接近となる。

「ラプンツェルさん!」
 背後から名前の主を抱き留め、腰をしっかりと掴む。
「え……アンジェラ……さんっ……?」
「今は何も聞かないで下さい。風イカダを!」
 視線を上げるラプンツェルの瞳には、己を見ず、目標を貫く強い視線が映り。
「はいっ! 運動はお任せしました!」
「頼まれなくても……」
 体を遠慮がちに地へと近づける。銃弾を避けるべく、そしてより地に近いラプンツェルを護りながら。
「貴女の望む場所まで、超特急ですっ!」
 加速は止まらず、遠ざかっていた風イカダの拡大も順調に。
「回避指示、お願いします! 戦闘経験がありません!」
「了解っ!」
 抱えられた姿勢のまま、ラプンツェルの右手は銃の狙いを定め、視線すら送らぬ左手は制服のポケットをまさぐり爆薬を探る。

634 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 17:25:54 ID:tJCfqFFo
「左に回り込んで!」
 指示を出した彼女の視線が大きくぶれた。大きく回る軌道はそれでも、獲物との距離を必要以上に空けない、それほどまでに。
「は……速い……!」
「調整不可能です、ごめんなさい!」
 ラプンツェルの肌に、鈍い感触が二つ。類似の感触は記憶に多い。防弾チョッキ越しに受けた銃弾のようでもあり、少々規模は違うが爆破をバリケード越しに確認したときにも似ていた。そして最も類似したのは。
――暗殺行の時に、無力化したとき。
 腕を、翼を失わせる行為を思い出し、最も感触の近い背筋を寒くさせた。不安に視線をやれば。
「アンジェラさん……まさか!」
「終わってから心配して下さいっ!」
 視線を風イカダに移す。
 力感を失ったアンジェラの背より生えた翼から。

「ただの脱臼ですよ……!」
 絞り出すような声に付随し、ラプンツェルを抱える両手も絞られる。離さない。
「痛くても……まだ、飛ぶんですね……」
 安全のために離すことより、己の身を省みず飛ぶことを選んだアンジェラに思いを重ね、ラプンツェルが代わって翼を広げる。
「だめ……ですっ! 貴女まで……!」
「いいから……! ここまで頑張ったアンジェラさんのために、私は応えます!」
「っ……!」
 アンジェラが歯を食いしばる。悔しさで、申し訳なさで。
 二人の重ねた意志のため、それが最も強い理由で。
「再加速します!」
 言葉の通り、頭を取るべく迂回する軌道が、蹴飛ばされたかのような直線軌道で風イカダを狙う。

「痛くないですか?!」
 抱きしめた相手を気遣いつつも、風に目を細め、しかし獲物への視線は逸らさず。ただ広げる事を役目とした翼の負担を体に感じ、軌道を修正していく。
「問題ありません! 苦痛には慣れてます!」
 答えを告げ、銃撃を始める。言葉に重ならぬように発した事を気遣いと思い、風イカダの真上、そこを貫くような軌道に回避を取り入れ、行動で返礼した。
 銃弾が牽引者を牽制し、真上を取れば小型の爆薬が投下され。すれ違いを完了する前にアンジェラが姿勢を制御すれば、再びの爆撃位置を右側から縫う形となる。
「後少し……!」
「私達……きっと、責任を果たせます!」
 役目を終えた銃器を空に捨て、ナイフを取り出す。
「もう少し無茶することになりそうですね……!」
「ごめんなさい……」
「いえ、私……」
 風イカダに高さを合わせ、背後を貫き前方を位置取りしたアンジェラの視線は、目標からラプンツェルへ移り、笑みを一つ、彼女の後頭部に向ける。
「貴女の事……一番お手伝いしたい人だって想ってます!」
 視線を再び獲物へ。吐いた思いはハルピュイアイが燃料とし、空を蹴る。最後の護衛目がけ、速く、速く。

635 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 17:26:25 ID:tJCfqFFo
「見えたっ!」
 牽制の銃弾が二人を襲い、その隙間は縫うことが出来ない。
 故に横へスライドした。かすかなスライドがラプンツェルの翼に負担を与え、意識を集中せぬ足は何度も上方から何かをぶつけられる。
――アンジェラさんの足。
 認識する間にも姿勢制御は行われ、主に従わなくなったアンジェラの翼が風に弄ばれる。
「いきます! 出力最大!」
 主も、ラプンツェルも、翼のことはさておいた。それより、責務を果たす事が二人の望みであったから。
 やや左から、景色の奔流に慣れた瞳がゆっくりとした位置取りを確認した。ラプンツェルのナイフがアンジェラより前へ出たことを確認し、即座に脚部の翼に意志を伝える。
「――――――っ!」
 重みがあった。一瞬の間を持って荷重は取り除かれ、狙った相手は自分たちより遠くへはね飛ばされたことを確認する。
「まだまだ!」
 アンジェラの足が地を向き、炎がアスファルトを貫き、空気を蹴飛ばせばコンパクトな宙返りへと。
 飛行姿勢への復帰を行い、上下逆さまの二人が風イカダの直上を再び支配する。
「右っ!」
「逆さまだから……フォークを持つ方!」
 素早く左の牽引者へと狙いを定め、スライドから直進へ。
「そ、そっちじゃないですっ!」
「ごめんなさい左利きです――っ!」
 左右の違いは決定的で、右側の牽引者は銃器の準備を終え、左は準備を終えていない。
「狙われちゃう!」
 うろたえすらも加速に、ハルピュイアイが主を蹴飛ばす。
 必要以上に。
 純粋な最高速度をもって。
 生体弾丸に跳ね飛ばされた牽引者が、準備を完了しなかった銃器と共に風イカダから振り落とされた事は、衝撃を感じた二人が最も知っている。実際にはそれを確かめる余裕すらなく。
「ぐぐぐぐぐ……速すぎ!」
「結果オーライです……次……げほっ!」
 飛行に慣れた二人ですら苦しい速度を、主の極端な命令によって与えられた速度が二人を包む。
 過剰な加速をした二人が、検問をいち早く突破した。
『何やってるんだ……』
 テティスの呆れ声は、何故か速度への疑問をさておく。

 呼吸を整え、二人の判断力が収まるだけの減速を行えば、国境間近まで飛び去っていた。
「軌道修正しなきゃ……!」
 大回りの軌道では風イカダのタッチダウンは間近となる。
「なら……コンパクト!」
「きゃ……!」
 ラプンツェルを抱きしめ、足を縮め、胎児のような姿勢で空中を回る。国境に足を向け、炎がその景色を陽炎で歪ませた。
「いけぇ――――ッ!」
 先ほどの暴走を再び。とっさにラプンツェルが口を閉じ、対してアンジェラは声を上げた。奇妙な形の飛行機雲が、国境をからかうかのようなラインを引く。
 ドップラー効果がアンジェラの声を歪め、国境の警官隊が空を見る。

636 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 17:27:11 ID:tJCfqFFo
「最後です……今度こそ!」
「はいっ!」
 初速だけを頼りに、風イカダのタッチダウンに間に合う、そんな加速だった。
 向き合う先、最後の牽引者は待ちかまえていたのであろう、銃撃で二人を出迎え。それも大回りの軌道で回避する。
「なんで……大回りなんですかー!」
「ごめんな……さいっ……!」
 背後へ回る二人を、牽引者の銃弾は許さず、狙いを近づけていく。放たれた弾丸は街並みへ突き刺さり、ガラスを跳ね上げ。
「貴女を傷つけたくない……から!」
「信じて下さい! 私も信じてます!」
「……!」
 円軌道が直線軌道に変わる。アンジェラの両足が踊り、前を向く視線は軌道によって地を見つめ、下方へ向く顔に風イカダがあった。
「ラプンツェルさんっ!」
「お願いしますっ!」
 アンジェラが手を離し、ラプンツェルが風に舞う。
 落下よりも横滑りの慣性が強く、風イカダにたどり着く前に最後の相手へ姿勢を固めた左肩が突き刺さり。ラプンツェルは姿勢制御ももどかしく、上下逆さでナイフを突き立て、銃器を切断、そうしてから相手との接点である肩に重心をずらした。
「お疲れさまですっ!」
 頽れる牽引者と折り重なるように崩れるラプンツェルの足を、軌道を改めたアンジェラが掴み、空へ投げ上げ、風に踊ったその体を抱えた。
「……果たせましたね……」
「アンジェラさん。ありがとうございました……」
「いえ……」
 緩やかな減速を行う中、流れゆく街並みに目を細め。それにしても、と風に消えるほど小さく、苦しげに紡ぐ。
「ちょっと……頑張りすぎました」
 脱臼の痛みに顔を歪めつつ、精一杯の笑顔でラプンツェルに応えた。

*音ここまで
Clean Tears ( 勝史 )様
Steely wings
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a003738

637 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/04(日) 22:03:19 ID:tJCfqFFo
19.休符一つ
 ――あれは、何のため。
    推測することが私の仕事であり、楽しみでもあるのです。

 ライラとエルヤの停止は、たった数秒に数えられる物。
 あくまで時計上での話だ。彼女たちには己の体が着地を完了するまで、長く長く、それは一時間以上にも感じられる時間で、研ぎ澄まされた神経は踊る毛先はおろか、相手の乱す空気すら察知するほどに過敏であった。引き延ばされた時間の中、己の体重移動を感知しつつ、エルヤは一つの事実に気づく。気づけば、鋭く細められた瞳が、視線を失った。
 醒めた。
 現実の時間を取り戻したのは、醒めたエルヤだけではなく、同じく事実に気づくライラも同等で。
――終わったぞ、ライラ。
「了解」
 無線機にやりとり一つ、そうしてから先ほどまで行っていた舞いのパートナーに視線を向ける。殺気も闘志も無ければ構えもなく、二人はただ立つ。
「役目は終えた。私達はそろそろ引く」
「目的は?」
「宣戦布告さ。やりがいの無い相手ならば、今日中に潰していた」
 エルヤは苦笑し、溶けたアスファルトを見つめた。先ほどまでの争いが評価に樽と知り、何故か面白いと思った。
「それはいい評価と取っておくよ」
 笑みはライラにも伝播し。改めてインバネスでそれをぬぐうように口元を覆った。
「来週の今日、全力で襲撃させていただく。十九時だ」
「解った、伝えておく」
 それと、と横を見た。
「ごめんね、ストラマ」
『ううん』
 歌声の否定一つ。
 左手を血に染め、右手を焦がしたストラマは苦痛の表情さえ無く。
「いいんだよ。ボクは少なくとも殺し合いはしない」
「甘い事を言う」
「とか言うけどね。互いに傷を受けなかったのは彼女のお陰じゃないか」
「私の弱さ、か。背負うのはメヒの魂で十分なのに……」
『全部私の友達……』
――うそばっかり。
 否定の歌声にため息が出た。それはエルヤだけでなくストラマも、そしてライラも。
 ライラはため息を推力に、背中を向けインバネスをはためかせ。
「今日はこれまで、一同撤収だ!」
 飛び立つ。空に寝そべる姿は薄く、スレンダーな体は翻る黒い布地に隠されてしまっている。長い黒髪は風に遊び、インバネスの一部のようだった。
「君は……染めているの?」
「ああ……」
 最後のやりとりは短く、追従する集団を追いかける者は居なかった。ストラマに毒気を抜かれた。そう思う者は少なくない。
「ちぇ……」
 シヴィルの不満を乗せた風が、一団の去る様を見送っている。

638 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 00:31:47 ID:TFlfCwF6
 時間を置いたアトラス内部は斜陽から逃れ、自然の暗闇を窓ガラスから通し、天井より降り注ぐ人工の光と争いを見せ始めている。
「うへー……」
 疲れ、半目で脱力した歩行を見せるエルヤの隣では、苦笑したナンナがねぎらいの言葉を定期的にかけていた。
「口約束だしねー」
 流石のシヴィルも楽天的に物事を捉えず、しかし質問攻めに会ったエルヤには同乗していた。
「ドリさんのおかげ、っすね……」
「まーね……」
 時間を少し遡る。
 再び会議室にて、ニコラスを初めとしたミュトイの面々と、スピネン、ノルストリガルズの大使が一堂に会し、ライラの残した言葉について、そしてストラマについてをエルヤに問うていた。
「……そんなもんだよ。ボクが聞いたのはそれだけ」
 受け答えに疲れたエルヤは、プライベートの口調でそう締めた。困惑のうなりは誰の元にもあり、だが、この場で活躍すべきドリスは気丈で。
「以上でよろしいでしょう。他に調べられることはありません。……皇子?」
「なんでしょう、少佐」
「宜しければ、襲撃予定時刻まで時間をいただけますか? 地の利を得るべく、我々に街を歩くことを許可していただきたいのです」
「解りました」
「半休状態でよろしいですか? 旅先ですし、休まらぬ状況は次回に響きます」
「……お上手ですね」
 ニコラスの苦笑にも笑みを崩さず、ドリスは表情をそのままに。
「この国を好きになって頂けますように」
「ありがとうございます」
 一礼の後、後ろに控える面々を見つめ、小さくブイサイン。
「姉さん、やるぅ」
 小さく言葉を紡いだドミナに、夕子が笑う。
「ひとまず、本日はこの辺にいたしましょう。休憩を願います」
 隊長の威厳を護るべくか、ティアの言葉があった。
「はい。お疲れさまでした。本当に助かりました……」
「有難う御座います」
 アナスタシアがニコラスに続き、恭しく礼を行い。
「無事で良かったです」
 誰ともなく、そんな言葉がある。
「それでは、お開きに」
 ニコラスの言葉を始まりに、三々五々の解散となった。

 ある一室にて。
「や……いやーっ! 許してぇー……」
「うふふ。大人しくなさって? 軍曹、さぁ……」
 アンジェラの懇願と夕子の楽しげな声があった。
「はい……ごめんなさい、アンジェラさん……よいしょ!」
「ぅう――――っ!」
 食いしばった歯から苦悶が生まれ、うつぶせの手だけが必死に空を掴んで震える。
「これで応急処置は完了ですわ。検査も早くて、やりやすい所ですわね……うふふ」
 満面の笑みが白衣の夕子にあり、力尽きたと言った様子の顔がそれを見つめていた。
「は、はあ……技術国ですから……たたた……」
「処置は終わりましたけど、安静になさってくださいませ。軍曹、あとはお任せ致しますわ」
「はい。了解です」
 目配せの後、治療という任務と楽しみを兼ねた物を追えた白衣が部屋を去り、取り残されたのはラプンツェルと息も絶え絶えのアンジェラのみ。
「あの……先ほどの……」
「あ……えっと……ごめんなさい。まだ言えません……」
「解りました」
 気まずい空気があった。
「……すぐに、お話しできるときが来ると思います」
「はい」
 即答に頭を上げるのは何度目か、そんな事を思ったアンジェラの行為はそのままで。
「ごめん……なさい」
 申し訳ないと頭を下げ、視線を下に向けた。向けるだけ下に向けたい視線はうつぶせの状態ではベッドが邪魔をし、敷き布団のかすかなへこみは顎が作る。
「内緒にしていたことを、無理に使ったんでしょう?」
「え……?」
 また浮き上がった頭を見つめ、ラプンツェルが笑う。その笑みをアンジェラが認めれば赤面し、首元に押し込まれた枕に口元を埋め。
「解っちゃいますよ」
「凄い人、ですね」
「いいえ?」
 ラプンツェルが目を閉じる。
――相手にだけは余裕を見せる、でしたね。
 はしたなくも鼻息が少し漏れた。笑みの息だ。
「隠し事って、自分以外には良く分かるものですから」
「あはは……」
「えへ」
 アンジェラの苦笑に、思わず笑みがこぼれた。
――余裕はまだまだ、かな……。
 成長はまだ完了を見せず、進歩は終わらない。ポジティブに考えればそう言うことで。
 今のラプンツェルにはそう思うことが出来る。
 故に、遠慮無く笑みを見せた。

639 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 01:10:22 ID:TFlfCwF6
 早速、といった様子で街並みを楽しむ娘達が居る。周囲からすれば観光客にも思え、一瞥すれば活躍を見せた存在であったことを思い出し、瞳に焼き付ける行為があった。
「あー……あれ可愛いなぁ……」
 遊び相手を見つけた子犬、そんな様子で街並みのウインドウに張り付くのはユニーとドミナ、そしてセリエで。
「いいないいなー……大人っぽく見えるかなー」
「あ、そうすればいいんだ……ふむふむ」
 三者三様の楽しみ方に、保護者役となってしまった二人が笑う。
「服だけじゃ駄目なんですけどね」
 ドリスが苦笑し、隣を見れば。
「スノトラさん?」
「……はっ? な、何でしょうか」
 我に返ったスノトラは、夢から覚めたかのように視線を戻す。
「お洒落、好きですか?」
「え、ええ。大好きですよ」
 二人のやりとりに、三匹の子犬が振り返り。
「その格好、可愛いですねー」
「ふわっとしてる感じ……」
「可愛いお姉さんなコーディネイトですね」
「え? あ。そ、そうですか?」
 白い顔を薄紅に染め、防寒具で着ぶくれた体が揺れる。口元にやったミトンは意識しての事だ。
「わ、私って暑がりで寒がりで……困っちゃいます」
「あははー。この国ってお洒落でいいですよね!」
 セリエが笑い、スノトラも同じく笑みで返す。
「街並みの記憶は私がしておくから、楽しんでいいからね? ドミー」
「うんー! ありがとう、姉さん! でもー……」
 満面の笑みから視線をずらし、ユニーを見れば言葉はつながり。
「私も軍曹も頑張りますし、少佐も楽しんでくださいね?」
「うふふ。お言葉に甘えます」
 はしゃぐ様を、ガラス越しに鼻血女が見ていたことは、別の話。

「うーん……いいわね、スノトラさんも……」
「いい加減やめなさいって」
「もう慣れましたよ、あたしゃ……」
 鼻血のティアと、それをたしなめるショーティに、ため息混じりの声はベリルの物だ。落ち着いたカフェで、三人はそれぞれに異なる物を吐き出している。
 ティアは鼻血を、ショーティは煙草の煙、ベリルはコーヒーの香りを。
 一つが途切れた。
「煙草……」
「いい加減やめなさいってば」
 立場が逆転した。
「まったく……良いコンビだこって」
 冷静に判断するベリルは、先ほど立ち寄った骨董品屋で見つけた年代物のオルゴールを分解し、修復にいそしんでいた。軽く向けた彼女の視線が、奥に存在するカウンターへ向かうショーティを見つめており。
「煙草、これだけ?」
「ああ。あんまり煙草は扱ってないのよ」
 どんな相手にも媚びない、そんな等身大の対応をする女将に機を悪くもせず、紙幣を一枚渡し。
「はい」
「何これ?」
 アルミの包装を施された煙草が、彼女の前に置かれる。先ほど見せたパッケージの上より、強固に密着したアルミがそれを開封することを拒んでいるかのように巻かれていた。
「貴女ね、さっきから吸い過ぎよ? 体のためにも今日はやめなさい」
「……しっかりした店だわ」
「ここじゃ、どこでもそうよ」
「心の栄養がぁー……」
 思わずカウンターにへたりこんだショーティを、二人分の視線が珍しい、と無言の語りを見せる。

640 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 02:16:06 ID:TFlfCwF6
 闇夜が始まる。翼を持った人々にとって、眼鏡無しでは活動できない時間だ。
 あてがわれた私室へ眼鏡を取りに行ったラプンツェルが、アンジェラの休む部屋へ戻れば書き置きだけがあり、彼女の姿はない。
「……?」
 残された文面通り、彼女は階段を探す。

「戦場とはまだまだ私達には相容れぬ場所だ。勉強になる」
「それはそれは。私達で宜しければご教授致しますの」
 テティスの感想に言葉一つ、白衣を脱がぬ夕子が茶をすする。
「戦という物は覚悟が物を言う。解るかね?」
「ん」
 エリクに対する短いうなずき、そして一服。真理は至ってマイペースであった。
 四人のくつろぐ部屋は静寂の合間に会話を持つ、穏やかな部屋だ。静寂を乱すことは簡単で。ノックの音一つで会話は収まる。
「あのさ、教導隊どうした?」
 顔を覗かせたシヴィルは、軽い黙礼を果たしてからそう問うた。
「通達があると、一旦国に戻りましたわ」
「あ、おっけー。邪魔したね」
 言うが早いが、覗かせた顔を素早く引っ込め。
「……?」
「簡潔であるな」
「いつものこと」
 そう言い、真理は再び湯飲みを煽る。
「蜂蜜パンならまだあるぞ」
 無限大のバッグなのかと思わせるほど、パンは良く出た。

 顔を引っ込めたシヴィルは、背後に待つ三人を見つめ、意地の悪い笑みを見せた。
「孝美は居ないみたいだ」
「羽根のばそっか」
「一安心……」
「失礼な物言い……」
 スヴァンの言葉は、エルヤもナンナもまとめて評し、呆れの色だけを残す。
「まーま、白いのだって大変だろー?」
「そ……それは否定しないけど」
「よーし、記憶したっ!」
「こ、こらっ!」
 似たもの同士のやりとりを笑い、エルヤがナンナを誘導する。
「屋上にでもいこっか。夜の街を一望とか、ロマンチックだし」
「まあ……エルヤ様ったら……」
 腕を抱き、ナンナがしなだれかかる様に苦笑しつつ。
「おいおーい、あたしらは蚊帳の外かい」
「邪魔するよりいいのではなくて?」
「あはは、折角だしお話しようよ。ナンナは後で……ね」
「え、エルヤ様ーっ!」
 騒ぎ立てつつ、階段を上る。屋上への道は良く分かっていた。
 だが、「こんなもの」があるとは聞いていない。
「もしもーし?」
「おーい?」
「何処でも良いの……?」
「ある意味才能ですね……」
 四人の見つめる先には屋上へと出るドアがあり。
「くー……」
 ドアを塞ぐように眠る存在があった。彼女たちが眠る姿を見慣れてしまった。そんな眠り姫が一人。
「あのさー! ソフィア! あたしら屋上に行きたいんだけど!」
 ご丁寧にライオン抱き枕を使い、あからさまに塞ぐ形で眠る彼女は、またぐことも出来ぬ障害であった。ドアは引く形で、引けばドアはソフィアに当たる。
「むにゅー。今日はここで仮眠するんですぅー……」
「……にしても、すっごいの……」
 エルヤの視線は思わず、といった様子で床に潰れるふくよかな胸を見る。
「えーるーやーさーまー!」
「いたたたた!」
 頬をつねり、いくらわめき立ててもソフィアは完全に目覚めなかった。それどころか、騒音から逃げるべくなのかは解らぬ事ではあるが、体を丸める様は重みを増す岩のようでもあり。
「しょうがないわね。部屋で休みましょう」
「だな……。行くぞー、エルヤ、ナンナ」
「そうですね」
「そ……痛い……痛いってばナンナーっ!」
 同じだけの騒がしさで、四人が階段を引き返す。
「ふにゅ……がんばるんですよぉー……」
 寝言が誰かに向けて発せられた。

641 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 02:16:41 ID:TFlfCwF6
次回音パートからっす。
今日はここらへんでー!

642 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 20:52:01 ID:TFlfCwF6
 屋上にて。すでに輪郭のぼやけた外郭は闇との親和を始め、その外壁は居住空間としての役割よりも景色を選んだかのように空となじむ。鋭く明確な輪郭は、近寄れば再び生まれ、夜空を切り取る刃物として役割を果たすのであろうが、距離があれば景色としての任務だけを持つ。
「あれ……?」
 疑問符を闇に溶かす、それはラプンツェルの所行。
 呼び出した相手を捜し、眼鏡の補助を得た瞳で周囲を見舞わず。
「アンジェラさん?」
「ここです」
「え……?」
 舞い降りる黒。闇の中でも映える、つややかな黒。それを纏う人影がゆっくりとラプンツェルの視界に入る。
 シルクハットに燕尾服、どこかのパーティにでも出かけそうな衣装のアンジェラが帽子を右手に持ち、芝居がかった礼をする。
「不祥私、ラプンツェルさんにお礼がしとうございます」
「え……? お礼なんてされることは……それより羽根!」
「もう大丈夫ですよ。お礼は……私の思い切りを後押ししてくれた事、です」
 冬の風と言うには、少々柔らかい。肌に当たる温度はさほど冷気を持たず、それでいて通り過ぎた後に触れればよく冷えた肌がある。寒い空気を予備知識にしてしまいそうな季節に、暖かな己の肌という認識が逆転現象を錯覚のように与え、その錯覚は風と己の融和を感じさせた。
 そんな事を思いながら、ラプンツェルは相づちもせずに、風に舞うアンジェラのネクタイを見つめる。面接の癖か、相手の視線から僅かばかり下を見てしまう、そんな癖。
「今日のことで決めました。私はもっとあなた方にお手伝いをすると」
「それは……良いことですか? 無理は駄目ですよ?」
「無理じゃないですよ。えっと、ですから。お礼を一つ」
「……?」
 再びシルクハットを被り、左手のステッキを回し、空へ。再びアンジェラの手元に戻れば華になる。
「手品……」
「ええ。とっておきの」
 懐から懐中時計を取り出し、ラプンツェルにそれを見せ。時計は六時を回ろうとしている。
「ミュトイだからできる。素敵なマジックをお見せします」
 秒針が動き、直上まで後数秒。

643 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:31:32 ID:TFlfCwF6
*音開始
 秒針が真上に向かえば。軽い音がした。
「ショータイム……」
 静かに告げ、前へ、ラプンツェルへと差し出した指は、先ほど鳴らした動きの完了を見せている。手袋の上からでも華麗に響く音色はスイッチのようで。
「わ……」
 アトラスを始点に、放射状にライトアップが伝わっていく。円形に配置された都市ならでは、といった様子で、彼女たちを下から人工の星が幾つも照らす。
 初めは白だった。黄色、赤、青、三原色が追いかけ、それらを混ぜた色が追いかけるように溢れた。
 色彩のカクテルは次第に色を一つにしていく。遠方から見えるの光は、波長のいこ雷図された一つの光、その塊だ。塊はその色を暖かなオレンジの混ざる白色に定め、星々となった強い灯りすら飲み込んで、全てを二人に伝え。
 溢れる照明に目を釘付けにされたラプンツェルの横、アンジェラは満足げにうなずく。直立した姿勢が紳士を思わせ、そうして遠慮がちな咳払いがあり。
「空を……」
 アンジェラが誘う、上空の視線。
「あぁ……」
 光と闇を分断され、夜空をちりばめる星はそれでも己を主張する。
「宝石箱のマジックです」
「綺麗……」
 見入るラプンツェルの瞳が輝く、そうアンジェラは思い。
 映った星や夜景より、自然と内から輝く星を横目で見つめる。

「素敵ですよね。人の力で下の星が生まれて……上の星も負けじと先輩の威厳を護ってるんです」
 笑みを漏らし、ラプンツェルの視線は空からアンジェラへ。
「詩人ですね」
 笑みと視線、言葉に気づき、アンジェラの慌てと赤面は同時で。
「あ、っと……その。一応国文科ですから」
「お上手」
 顔の横、重ねられた両手がある。アンジェラに合わせるかのようなラプンツェルの芝居がかった動き。
「あ……あはー」
 着飾り、芝居じみた先ほどまでの空気が崩れ、普通のアンジェラとして照れた。
「あれ……?」
 光が増える。下よりの光はざわめきを交え。昼と夜の境目から大人しくなった人の流れを復活させていく。
「ミュトイの夜は自由です。早くから光を使い、境目を仕事の終わりとして定めました」
 ラプンツェルはアトラスの縁まで歩み、そこで活動の熱を感じる。
「聞こえてきそう……」
 楽しげな喧噪や、話し声。それが収斂され、しかし上空に立つ彼女らにはぼやけた、騒がしいというニュアンスだけが伝わり。
「ミュトイの夜、といえば苦痛よりの開放、一夜のアバンチュールなんて、そんな比喩もあったりしたんですよ」
「なんか解る気がします」
「さて……」
 改めて芝居じみた動きがアンジェラにあり、片膝を付いて恭しくラプンツェルに左手を差し出す。
「空の旅は如何ですか?」
「あ、あの……」
「どうしました?」
「礼儀作法とか知らないんです……」
 申し訳なさそうに手を組み、うなだれる頭と視線の先へそれをやる。
「あはは。私もかじったきりです」
 ラプンツェルの組んだ手を、アンジェラの手袋に包まれた手が支え。
「行きましょう」
「羽根は……」
「大丈夫ですっ!」
 左手を掴めばすぐに、助走に入った。
「素敵な場所にお連れします」
 二人の体が空に舞い。
「いきますよー!」
 夕刻、スヴァンがそうしたように地を目がけ、落下に近い急降下が始まる。

644 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:32:03 ID:TFlfCwF6
「わああああ……」
 どこが地面なのか解らぬ恐怖、それよりも感嘆の声が口を付いて出た。腹側には光のパネルが幾つも流れ、背中側には溢れる喧噪と熱気が翼に伝わり、真下を向く視線には、近づく人工の宝石箱が近づいていく。
「そろそろ起きあがってくださいね」
「はいっ」
 空に寝そべる形、それに移れば上下の夜空が二人を迎え。そして下方の光に飲み込まれ。
「市街飛行といきましょう」
 街灯に彩られる街並み、そこを行く人々の頭上で腹這いの二人が屋根を避け、隙間を踊り。まるでダンスのようだと感じたラプンツェルは、相手がそうさせている物かもしれないと思う。
 上空よりの来客に、一瞬人々は驚き、それでも慣れがあるのかにぎやかさは少しずつ確実に戻っていく。
「……今の軍曹?」
「かもね」
「お相手ゲット、すかねぇ?」
「「また先を越されるの!」」
 カフェでは新たな騒ぎが一つ。
 夜空を舞う二人には関係のない事だ。

 屋根を渡り、夜風に踊り、二人はミュトイの光に遊ぶ。
「あははっ……!」
「どうですか。もっともっと……お見せします!」
 落下の勢いを利用した飛行は速く、再びそこから空へと舞い上がり。目指す先には光の環があった。
「あれって……」
「はい、ビルの間にある通り抜け口です。牽引機のお陰であんな構造なんですけど、夜中でも大丈夫なようにライトアップされてるんです」
 説明の間にリングを通り抜け、アンジェラの誘導する手は上空を誘う。
「ここからのが見やすいですから」
「……?」
 疑問の答えが出ぬ間に屋上へたどり着き。二人は屋上に降り立つ。
 喧噪より離れた屋上は、アトラスのそこよりも静寂があり、灯りも少なかった。
「文化庁だから遠慮無しです」
 軽い笑みから、手を繋がぬ右手が前から横へ、緩やかに動く。

645 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:32:35 ID:TFlfCwF6
「……あ」
「フォルトゥナは運命を定める環ですけど……」
 円弧が解る。三重のリングはその輪郭を小さな光の集合でおおよその形状を示し、赤の点滅が瞳に残像を与え、形状を露わにした。
「夜は天使の環なんですよ」
「綺麗ですね……」
「私達で護りたい物……なんですね」
 改めて意志を口にしたアンジェラが微笑みかける相手は、その意志を固めるきっかけになった娘だ。
「頑張ります!」
 光を映し、そして自ずから輝く瞳をアンジェラに向け、意志の光を彼女に見せる。対してアンジェラは満面の笑みを浮かべ。
「頑張りやさん。ラプンツェルさんはテレビでも今でも、そう思います」
 気恥ずかしそうに瞳を伏せ、笑みの表情がかすかにあった。
「私、いっぱい助けて貰ったんです」
「恩返しがしたい、ですか?」
「いえ……」
 改めて天使の環に包まれた宝石箱を眺め、両手を広げた。自然と翼がそれを追い、暖かな風が彼女を包む。
「私もそんな人になりたいんです。誰かを殺すんじゃなくて……誰かを助けて、ううん……」
 アンジェラは何も言わず、無言こそが的確と思いそれを実行するのみで。ラプンツェルの揺れる栗毛を見つめ、目を細める。

 両手を空に、翼を風に。ラプンツェルは意志の現れを空へと。
「幸せにしてみたいんです!」
「私は、貴女のおかげで頑張れて、すごくすっきりしました」
 みんなもそうですよ、と告げ。アンジェラは隣にラプンツェルを置く位置へと歩み。
「貴女の一生懸命は、とっても元気を貰えます!」
「えへへ……嬉しいなぁ……」
 つま先立ちでラプンツェルがアンジェラの姿を認め、そのまま方向転換は回転へ。
「みんな凄く強くて、色々……。私って才能無いのかなって思ってたんです……」
 ネガティヴな発言を風に流しながらも、彼女のソロダンスはくるりくるりと留まることが無く。浮き上がりながら文化庁の縁を回り。
「追いつこうって、見習おうって、頑張って良かった……」
「ええ。文化庁に来たときも、メモを頑張って……嬉しそうで……」
「お勉強とか大好きですから。えへへ……」
 回転が止まり、彼女は一つ跳ねた。一瞬だけ広がった翼が閉じ、同時に手は後ろで組まれ、顔は笑みでアンジェラを迎え。
「私は幸せですよ。貴女とお話しできて……」
「も……もぉっ。からかっても何も出ませんよ!」
 いつものからかわれ癖が反論をつむぎ、それでも高揚した感情が彼女の頬を膨らませるサービスを込め。
「本音ですってばー……っと」
「どうしました?」
「そろそろ……! こっちへ!」
 慌てるアンジェラがラプンツェルの手を掴み、再び空へと己を踊らせる。

646 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:33:39 ID:TFlfCwF6
 手を引かれるがまま、夜風に体を踊らせるラプンツェルは、引かれる手の方へ体を運び、風に負けぬだけの声量で疑問を放つ。
「ど、どこへ?」
「良いところです!」
 落下、そして滑空。アトラスから飛び立った事を再び行う。しかし、勝手が多少違った。文化庁の周りは穏やかで、喧噪も灯りも少なく。アンジェラの誘導だけが頼りだった。
 ようやく降り立った場所は暗闇の多い公園のようで、静寂の隙間から小さな喧噪は遠くからの物だ。
「ここで少々お待ち下さい」
 暗闇に遠慮がちな光を交えたそこには、踊る月が寝そべっていた。
「ここって……」
 案内された、文化庁の前、そこにあった池だと確信し、改めて疑問を持つ。そして、期待を一つ。
「本日のフィナーレです。さぁ、お嬢さん? 拍手の準備は宜しいですか?」
 道化の真似事を交え、池を背にアンジェラがおどけた。
 対して観客であるラプンツェルが笑い、芝居に乗ってやろうと思い立ち。
「手品師さん、期待してますよ」
 小首を傾げ、逆光の相手へ輝くような――文字通り輝く――笑顔を見せた。
「宜しいですね。では、フォー、スリー、ツー、ワン……」
 左手が指折りを始め、右手はシルクハットの鍔を持つ。
 あと一秒がもどかしく、楽しみに。じらすような秒読みに感じられるほど時の流れは濃密に変わっていく。

647 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:34:12 ID:TFlfCwF6
 左手の指は全て収まり、拳となった。同時、シルクハットを空に遊ばせる。
「はいっ!」
 主の元より飛び立ったシルクハットよりも、何よりも高い白が地よりわき上がり、空を目指す。
「わ……」
 高らかに上がる噴水、それを確認できたのは周囲から突き刺さる光の柱、サーチライトによる物で。その水源より色とりどりのライトが水柱を美しく彩る。
「ふふっ。私のとっておきです!」
 自由落下したシルクハットを頭に湛え、傾いたままのそれを正さず、両手を広げアンジェラは微笑んだ。
 微笑んだ、と解るのは逆光のせいで視覚のおかげではなく、あくまで声色から推測する事だ。
「綺麗……」
「大好きなんです。私……水と光が……独り占めしてたんですよ!」
 嬉しそうな声色は上ずり、その声色に当てられたのか、声の主は少しずつ浮き上がる。
「ああ……ラプンツェルさんに見せられて良かった!」
 痛めた羽根はどこへやら、黒い人影が水柱の周りを螺旋状に飛び上がる。
 上昇からこぼれた水滴までもが彩られ、宝石の雨のようだ。そうラプンツェルが思い。

 たまらず、ラプンツェルも飛び上がる。
「素敵な物をありがとうございます!」
「いいえ、見せたかった物です!」
 水柱を間に置き、二人の手を繋がぬダンスが笑い声に彩られ。
「ラプンツェルさん……私、今幸せなんですよ」
「私も……!」
 色づいた光が霧に押し込められ、虹色となる。水柱はそれに応えるかのように色彩の光を交えつつ、一時の飛行を楽しみ。
 水は彼女たちにも当たり、濡れた髪が体温を奪う。それでも二人には内からわき起こる熱量があり、冷えた事など些末な事実で、発熱は終わることがない。

「あの……あのっ!」
「どうしました?」
「大好き……です。ずっとテレビで見て……いつも想ってました……」
「……」
「あ、えっと、えっと……! 困らせてるわけじゃなくて……! 大ファンです!」
「嬉しいです……よ……」
「私……貴女が一番……お手伝いしたい人です!」
「はい……」
 ラプンツェルの瞳の中、ゆっくりと動くアンジェラと。地へ戻らんとする水滴が虹色に染まる様が焼き付けられ。
 頬の紅さは何に映っているか、それは誰にも解らぬ事で。
「私のこと、好きなのかな……」
 つぶやいても、答えは無く。細い声は水音がかき消すだけだ。

*音ここまで
Clean Tears ( 勝史 )様
Cosmic Display
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a003738

648 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/05(月) 23:36:28 ID:TFlfCwF6
×いこ雷図
○イコライズ
これは特に酷い誤字ですねorz

649 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/06(火) 02:53:41 ID:0.ocYtk2
「だーかーらぁ……エルヤ様は私だけを見ていれば……うぅっ」
 酒の勢いに任せ、ナンナがシヴィルにしなだれかかった。酒気を帯びぬシヴィルは戸惑いつつも苦笑いの反応のみを見せ。
「はいはい、だからって真理の刑とはね……」
「いいえ。それはいけないことよ中尉! 愛という物は淀みなく一人に対して……」
「酔ってるし……」
 白い肌を薄桃に染め、シヴィルに食ってかかるスヴァンは明かな酩酊の様相を見せていた。
「あー……あたしも飲むかな……」
 左右から酒気に挟まれ、中央のシヴィルからはため息が漏れる。
「うー……はずかし……」
 小鶴の刑を受けたエルヤがおずおずと部屋へ入り込み。
「ぶふっ! 何それ!」
「な……ナンナからの指示……」
 バニースタイルのエルヤが申し訳なさそうな様子を表情に乗せ、すでに疲労困憊と言った様子をシヴィルと分かち合うべく彼女の眼前に座る。
「ぶらっくばにー……ぶらっくばにー!」
「黒なの! 白にしなさいよー!」
「二人とも落ち着け……はぁー……」
「はぁぁ……」
 騒ぎ立てる者二人、うなだれる者二人。それが一室の喧噪を埋めている。くたびれる側の二人は額をつき合わせ、騒ぐ二人が左右を彩り。
「聞いて下さいよースヴァンさん! エルヤ様って小さい頃から可愛らしくて……ほらー!」
 何故か涙で顔を溢れさせつつ懐をまさぐり、ナンナの手が写真を突き出す。
「こ……これあったんだ……」
「……可愛いじゃん」
「これはいいですね……教育したくなります。うふふふ……」
「白いの怖……」
 十歳くらいだろうか、小さな少女が自信満々に仁王立ちをする姿、それが写真の内容だ。加えるならば、アザラシの頭らしき物を被り、広がった皮はマントのように長い髪と背中を包みつつ、あぶれた丈が地を這いずっている。
「エルヤ様が初めて飛んだ日の写真なんですよ! 可愛いですよね中尉! ね!」
「う……うん。とりあえず落ち着こうよ?」
「飲んでらっしゃらないから……」
「ちょ……ちょっとま……むぐぐぐぐ!」
 しばらくの抵抗があった。
 現在では酒瓶が口に刺さったまま停止している。
「エルヤ様もー!」
「飲みましょうヤール!」
「ちょ、ちょっとスヴァンさんまでー! むぐぐぐぐ!」
 酒宴はまだまだ続く。

 数時間後、他の物は就寝し、ただ一つ騒がしい部屋がある。
「ナンナがねー……もーベッドで離さないんだよー。けらけら」
 酒気にまみれるエルヤが楽しげに笑い。
「ほほー? じゃー……」
 同じく、アルコールに流されたシヴィルがナンナを見やり、そのすわった瞳は楽しげな目尻を持っている。
「あーまーえーさーせーろー!」
「……エルヤ様って最近浮気っぽくてもー!」
 包容を返した。
「な、なんだとー! こりゃー! なーんーなー!」
 反対側からエルヤが張り付き。
「これも愛よねぇ……」
 酒瓶を煽り、スヴァンがうなずく。
 朝焼けを目にしたのは誰でもなく。見つめられぬ朝焼けは無情にも昇っていく。

650 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2007/03/07(水) 23:36:44 ID:TVHhKElM
20.百を超えさせないで
 ――自分ではなんとかできない自分の事。
    寿命が縮まっても感じていたいのは、やっぱり。

「というわけで、本日のミーティングは終了。各員は地域把握と待機に別れてね」
 あれから三日。全く同じ言葉は三度目で終わる朝のミーティングは通過儀礼だけの、ほぼ意味を為さぬ集会に近い。
「本当になんもないな……。暇だし」
「今の内に何かしときゃいいんすけどね、調査くらいしかできねっす」
 愚痴るシヴィルに、倦怠の色を乗せるベリル、二人の言葉は誰もたしなめる者がおらず、ただ日常の言葉として一同の耳を通り抜け、無言の通過は肯定を示す暗黙の了解となる。
 暫定対策本部となった会議室、そこより流れ出る人波の中、動かぬ長机には三人の人影。
「んー……?」
 手をひらひらと遊ばせるセリエの表情は疑問を彩り、隣の存在を伺う。
「今日も雨、多分」
 短く、的確に告げる真理の言葉は天気予報ではなく、珍しい事態になっているこの三日を指している。
「でも、降らないんですよねー。こっちが普通だったりして」
 疑問の表情を悪戯っぽい笑みに変化させ、セリエの手のひらは踊り続けた。
「はー……」
「そろそろ起こして。任務いく」
「りょーかいっ。ラプちゃーん? 朝ですよー!」
「え? あ……ごめんなさいっ!」
 気を取り直し、ラプンツェルが椅子より立ち上がる。集中できぬ事態は珍しいことではなく。
「今日も白紙ー? ちょっと休んだら?」
「す、すいませんっ! 頑張ります! やれます!」
「准尉。曹長のお相手。実地調査行く」
「はーい。任されましたっ!」
 無表情、真理がラプンツェルに与えるのは普段と変わらぬ雰囲気のそれだ。
「曹長には休息を命じる。ですね」
 三人の背後、穏やかなままのドリスが居る。彼女は平坦な日々に休息を与えること、それに誰の問題も無い事を思い、責任者を通すまでもなく指令を与えた。
「さっすがドリス少佐! 話が分かるぅ!」
「うふふ。加えてラファール准尉、お二人で書類整理をして頂けます? 私は都市の見取り図を暗記しますので」
「はーいっ!」
 うろたえ、しかし声も出せずに慌てるラプンツェルを余所に、周囲は動く。
「少尉はどうしますかー?」
「ん、見回りで良い」
「えー。ラプちゃんと仲良しだし、良いと思うんですけどね」
「すいません……」
 見限られた、そのような恐れを抱き、ラプンツェルの謝罪。
「ん。大丈夫。軍曹は一人でも立ち直れる子。二人も手助け、要らない」
 言うなり会議室を出る。
 迷わなきゃ迷路じゃない。そんな言葉を残し。
「うーん……信頼ですねぇ。意味解ります?」
「いえ……」
 書類整理係の二人が揃って右へ首を捻る。

 書類整理。普段の軍部で行う作業ならば、すべてドリスが済ませてしまうこと。それは膨大で、ほぼ半日を費やしす毎日を二人は記憶している。それが今日の書類整理は一人で行っても三時間もかからない分量だ。停滞は書面として、平積みされた紙束として、目に見える形で現れている。そのような分量を二人でこなせば。
「あっさり終わっちゃいましたねぇ……」
「まあ、いいんじゃないですかー?」
 いつも通りの伸び。デスクワークに手を抜いて過ごす定時においても、実務を終え、今日の千切り記録を達成したときにも行われるセリエの伸び。両手を頭上で組み、羽根は左右でバランスを取る、おきまりのポーズだ。
「あの……」
 勢いよく開かれた翼に困り顔を見せながら苦笑する。勢いよく伸びた翼がラプンツェルの眼前まであり、それは整理したばかりの書類を幾枚か一時の飛行を与えている。
「あ、ごめーん」
 小さなはためきを繰り返す翼が、下から上へ風を送り、遊覧飛行の紙片を弄ぶ。哀れな旅行者を空で掴み、ラプンツェルは吐息を一つ。吐き出した吐息と一緒に紙の山へ遭難者を帰すと、改めてため息を吐く。先ほどまで浮き上がっていた軽やかな旅行者も飛び立てぬ、上から下の風は、湿っぽく、そして重い。
「恋煩い?」
 いつもの直線思考だ。
「え? え? や、やですよー! なんで任務中に!」
 反応だけは異例だった。
「ははーん」
 直線軌道すら回避できぬラプンツェルの瞳に、意地の悪い笑みが映る。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa