したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

羽娘がいるからちょっと来て見たら?

1 代理 ◆Ul0WcMmt2k :2006/08/08(火) 18:57:48 ID:/i4UGyBA
どうぞ

389 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/23(水) 22:13:55 ID:N3KHMAJA
>>388
「う、うん。……うっかりしてました」
(袖からちょろっとでた指で頬かりかりしてたり)
「……うーん、さすが」

390 隣りの名無しさん :2006/08/23(水) 22:27:39 ID:pNs85L6.
>>389
さすがですね……。


夕子さん、ユニさん、どうぞヽ(≧∀≦)ノ♪

391 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/23(水) 22:31:23 ID:N3KHMAJA
>>390
大分混乱してね?w

「そろそろキャラを入れていこうか。練習しておけ」
「うん……。がんばる、の」
(よゆーのゆこ、しーコンビでした)
「練習第一ですね。ボロがでませんように」
「頑張るわ」
(それなりな、おだやかベル子と、クールなユニ子です)
「が、がんばるぞー!」
(なんていうか、セリエ? なラプ子さんでした)

392 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/24(木) 00:10:56 ID:.Xi6HEIM
今日はだれもいないので、俺は落ちるけど、色々受付中

393 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/24(木) 20:53:08 ID:.Xi6HEIM
受付ちゅー

って誰もおらんかね

394 隣りの名無しさん :2006/08/24(木) 21:10:40 ID:HUEZEmRI
お、おお。ユニさんかっこいいです (*ノ∀`)
ベリルさんも様になってるっスよ!

ラプさんも、がんばってくださいっスヽ(≧∀≦)ノ

395 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/24(木) 21:25:36 ID:.Xi6HEIM
>>394
「長い髪は肩に当たる……」
「そんな恰好してっから……。まあ変装だし我慢しましょうや」
「ううう……なんかどんどん間違った方向に……」
「にひひ、頑張れ」




「さて、打ち合わせしてきますわね」

「へーい」
「練習させておく」
「じゃ、ラプ子さん、仕上げ行こうか?」

「が……がががががんばりますっ!」
(おや、ゆこさんだけ居なくなりました)

396 隣りの名無しさん :2006/08/24(木) 21:43:05 ID:HUEZEmRI
>>395
ユニさん、夕子さんはどちらに行かれたのですか?

397 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/24(木) 21:46:06 ID:.Xi6HEIM
>>396
「打ち合わせだ」
「向こうに凝り性がいてねー。あたしらが在学組で、あっちがOB担当だからなんだってさ」
「あたしらは完全初対面ってわけ」
「中尉だけは研究助手っていう割り当てらしいですよ」

398 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/25(金) 01:47:23 ID:w0WfiMR.
明日VIPでやるわ
んでは撤退

399 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/25(金) 20:53:50 ID:w0WfiMR.
かつどうちゅ
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1156505297/

これで止まったらもう諦めるわ

400 隣りの名無しさん :2006/08/25(金) 21:07:13 ID:A1uATxZk
>>399
(  ゚д゚ )……




( ゚д゚ )

401 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/26(土) 22:25:46 ID:GpAl83ok
落  ち  た

402 隣りの名無しさん :2006/08/26(土) 22:31:04 ID:bO6k4F0g
orz

403 隣りの名無しさん :2006/08/26(土) 23:38:19 ID:phba4RSU
姉さんが消えちゃう最後まで……抱かせてよ……(´;ω;`)

404 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:00:54 ID:W7Ssoff.
*「アイマイ」

朝のオフィスは、定期的な行事で始まった。
「はよーっす」
「おはよう」
「はー……」
「おはようございますー」
「はよーん」
「はー……」
行事の開始は断続的に発せられるため息が合図。
「やれやれ、またか」
「慣れた」
真理の辛辣な意見も、全員が賛同してしまう。
そんな、行事。

行事の中心――机に突っ伏したセリエ――に近づく影一つ。
「セリエさー。今度は誰よ?」
「はー……」
「おーうい?」
シヴィルが彼女をつつこうとも、羽根の一つも動かさず。
ひたすら、ただひたすらため息を吐く事が仕事のように。
「……。ユニ子」
「……?」
手招きで呼ばれたユニーへ、耳打ちする。
「重傷だわ」
「むぅ……」
いつもの行事とは違った、深刻な状態だった。

405 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:02:15 ID:W7Ssoff.
昼休み――。
「今回は酷いですねぇ……」
「いつもみたいに、愚痴吐きすらしないしなぁ……」
供え物のような、セリエに出された食事を片付け、ラプンツェルとベリルが言葉を交わす。
会話をしつつ、当番である食器洗浄を行い。
大量に泡を吐き出すラプンツェルの手元と、手際よく光沢を食器に与えるベリルの手が並び。
「洗剤使いすぎ」
「ううう……」
しっかし、と続けつつ、ラプンツェルにあてがわれた仕事にベリルは手を付ける。
自分の仕事をすでに終えたその手は、淀みなく作業を続けたまま口も止まらない。
「あれだけほれっぽいってのも才能かねー」
「う……うーん」
家事には慣れている彼女でも、色恋は慣れていない。
それは隣で、家事にあまり慣れぬ娘も同様で。
「「んー」」
首を捻った二人の前、過剰な泡がいくつか空に舞う。

406 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:02:56 ID:W7Ssoff.
夕刻も近くなった。定時間際で。
「明日はたのしー、おやすみだー」
「それはいいんだけど……」
姉妹が揃って視線を向けた。
突っ伏したまま動かない人影を見つめ、
「これじゃ、あまり気が晴れないわね」
「ねー……」
ごめんねと姉妹のデスクに声がかかる。
「代理してもらっちゃって……」
「いいんですよ」
「たいちょーが謝る事じゃないですよー」
三人が書類を片付けていく。
「若いっていいわねぇ……」
隊長がため息を、例のオブジェと化したセリエに向けて吐き。
「どんな人だったんだろ」
「こら、ドミー。詮索しちゃだめよ」
だって、と続き。書類を一枚仕上げた彼女は、それを完了領域と設定したデスクの領地へ置いた。
左右の完了領域ほどの高さはない。
それでも手を早めず、口だけが優先的に動き。
「そこまで好きになれるって、ちょっと羨ましいなーって」
苦笑二つ、そしてオブジェを見つめる視線が増えた。
少しばかり遅れ、含んだ笑みが向かいから。
夕子の苦笑だった。

407 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:06:06 ID:W7Ssoff.
夕暮れもそろそろ終わる、夜の始まり。
オフィスには一人。
一体。
突っ伏したセリエのすることといえば、ため息だけで。
そこにひとつ、衣擦れが響く。
セリエにタオルがかぶせられた。
「風邪、ひかれますわよ?」
「ゆーこさん……」
夕子はそのままセリエの隣へ椅子を引き寄せ、腰掛けた。
ようやく顔をわずかに上げたセリエの頭をタオルごと撫で。
「よしよし。今回は大変でしたのね」
少しばかり平坦な、柔らかい声を紡いだ。
「ええ」
要約の笑顔は苦笑で、泣き笑いを混ぜたような表情だった。
「少し、気晴らし致しましょうか?」
対する夕子が浮かべる満面の笑みに、セリエは小首を傾げた。
「こんな良い夜は、外に出るのもよろしいですわ」
灯り一つ付けないオフィスの外、月明かりと星が夜空を彩る。
突っ伏し、潰れたセリエの髪が月明かりに揺れた。
いつもの髪型になるには、もうしばらく時間のかかるであろう癖がついたまま。

408 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:06:40 ID:W7Ssoff.
夜もざわめく、繁華街。
週末の力を得た街は、暗闇を物ともせず。
人々は眼鏡を着用して街並みを歩く。
「どこいくんですか?」
いつも通りのセリエではある。
沈んだ声以外は。
「私のお気に入り、ですわ」
夕子の導くまま、一軒のパブに入る。
室内は明るく、二人は慣れた動作で眼鏡を外した。
「いらっしゃい……お、海野さん」
「良い晩ですわね」
「夕子さん来たかー」
何人もの声がかかり、
「常連なんですね」
ええ、と軽い相づちがあり。
「同僚の……」
誘い水になったのは、夕子の視線と手で。
それはセリエを示していて。
「え、えっと。セリエです」
「よろしく。それはそうと……」
カウンターに立つ、マスターらしき男が紅茶を二人分用意し、それに誘われるがまま席につく。
「元気無いね」
「解っちゃいますかぁ……」
店内のざわめきと活気、柔らかく立ち上る香りに目を細め。
わずかに張りった声でセリエは苦笑した。

409 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:07:29 ID:W7Ssoff.
ひとしきり、紅茶を飲み。
休み休み、言葉を吐き。
徒然に、ざわめきを耳にし。
常に、店の柔らかな空気を吸った。
ようやく、行事らしい――ややへこんだだけの――表情となったセリエは、カップを煽って、底を見た。
「恋愛って難しいですね」
最後まで暖かな液体を飲み干し、ため息と暖まった空気を吐き出し、セリエが口を開いた。
一息置けば、カップは持ち上がり、マスターが新たに液体を注ぐ。
どうも、と声を返し、会話は続く。
「好きになれることは、素敵ですわね」
「中尉だって、好きな人は……あ」
手のひら一つ、夕子の止める手。
「気になさらないでね? 羨ましいんですのよ」
「羨ましい?」
「好きでいることを、自由に表に――良いことですわ」
「……ですね」
自由に出せるセリエが申し訳なく思い。
焦点の合わぬ瞳で、自由に出せぬ夕子が昔を思いだしていた。

410 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:08:02 ID:W7Ssoff.
沈黙はわずかに、夕子がそれを乱し。
「合間、ですから」
「合間?」
夕子は一息、紅茶のカップに口を付け。
「戻ってきても、来なくても。今は秘めている時期なのですわ」
「中尉は強いですね」
「いいえ? 弱いから決断ができませんのよ」
「思い切りが無いんですよ、私って」
素直な笑みを、夕子に向けた。セリエの笑顔は柔らかい。
「似てますね」
「違いますわ」
即答され、沈黙が再び。
夕子が席を立ったからだ。
パブの奥にある、それは簡素なステージ。楽器がなければただの段差として扱われそうな、簡易な物だ。
彼女はステージに上がり、そこにある椅子へ腰掛け。
「お付き合い下さいませ」
声を店内にかける夕子は、店に備え付けられたアコーディオンを準備している。
数人の客が席を立ち、店内のざわめきが少しずつ収まっていた。
席を立った者はめいめいに楽器を持ち、それを調整する。
ステージに立った一同が目配せし、うなずき一つで、全員の胸に指揮棒が踊った。
曲が始まり、そこで雑音は完全に消え、すべてが楽器と息づかいで染められる。
暖かな店内の空気に、音の色彩が乗った。
練習を繰り返していたのか、淀みなく、連携は十二分の演奏。
わずか数分の一曲だが、拍手で締められた。

411 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:10:28 ID:W7Ssoff.
演奏が終わり、セリエがステージの前に立ち、拍手を送る。
「練習してたんですね」
「うふふ」
そうそう、と前置きした彼女と演奏者達は、演奏をやめてもその場を離れず。
「まだ、歌い手がいませんの。よろしかったら歌ってくださいません?」
「え……?」
ようやく、暗い表情が解けた。
ただし、疑問の表情に。

「あー。あ……」
ん、と小さくうなずく、ステージに立つセリエは、思いつく限りに言葉を巡らせた。
メロディはおおよそ残っている。
多分、歌える。
歌詞は無い。リアルタイムで作る。
アイドル志望の力は、作詞に注がれている。
だから、
だから、
「ぶっつけですけど、いきます」
ざわめきは一つ、そこからの沈黙。
そして、再び。
一人を追加したメンバーの演奏が始まる。

412 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:11:48 ID:W7Ssoff.
(曲ここから)
前奏は、やさしく、夕子のアコーディオンがリードだ。
来るべき、歌う場所を待ち、セリエは軽く足を踊らせた。
椅子に腰掛け、足をばたつかせ。不安を蹴飛ばすように。
無邪気な行為に見えるそれは、天使のようでもあり。
足を一つ、大きく蹴ると同時に、大きく息を吸い。
歌い出した。

「澄み渡る――」
失恋で打ちひしがれた心を、吹き飛ばしたく思う。
秘めた心の同僚を側に置き、自分なりの慰めを歌おうと思った。
平穏な心を空に。
昔の、痛みだけを忘れるために。
星を、思い出に語る。
家族の面影や、ふられた男達が星として。
――全部、結局は。
やる気と応援の力になったのは、思い出と面影で。
――支えられてるんだぁ。
アコーディオンが追いかけてきた。
支えるように、包むように。
暗い結果を持つセリエが歌い。
暗いかもしれない結果を待つ夕子が演奏する。
――思い出を、ね。
星を見つめ、それでも朝が来る。
見守った星は消えず、朝も楽しめるから。
それを、セリエは歌う。
自分のため、夕子のため。
――誰かのため!

413 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:14:01 ID:W7Ssoff.
挿絵は、伯爵の絵より。
これを燃料に、歌はまだ続く。
http://imbbs5.net4u.org/sr3_bbss/22645tonainu/135_1.jpg

414 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:19:09 ID:W7Ssoff.
喝采も、店の喧噪も、全て眠った。
即興の演奏は十二分の手応えと、反応に包まれ。
あれほど飲み干した紅茶の代金はサービスになった。
二人で帰る、帰り道。
眠り始めた街は静かで、足音と一つの旋律が周囲を包んでいた。
「ららら……」
ハミングを、先ほどの曲を続けるのはセリエで、その後ろから夕子が付いてくる。
「曹長?」
「らら……はい?」
「星に、お願いしましたわね?」
いつもの、元気というにふさわしい足取りでセリエは一回転、夕子の方へ向き、明るく笑う。
「思い出とか、気持ちとかを。わかっちゃいますよね」
「ありがとうございます」
目端、涙が一筋。そして、彼女はしゃがみこむ。
「ちゅ……中尉っ」
慌ててかけより、彼女をなでさする。
夕方とは真逆だと、セリエは思う。
「少し……折れそうだったものですから……」
「私だって、折れません」
だから、と一言。
歌に乗せた思いの対象を見上げた。
満天の、輝くそれは。
思い出を乗せるにふさわしい。

415 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:24:29 ID:W7Ssoff.
「朝まで」
二人はそれを決め、空を見上げ続ける。
涼やかな風が羽根を揺らし、月と星が二人を照らし。

「見守られてます」
「見てくれているのですね」

輝く星に、両手を捧げ。
セリエは歌を繋いだ。

――時が全てのこと許す限り この空いつまでも見上げていたい♪

「思いつきで歌ったんですよ」
「でも、素敵でしたわ」

「中尉と私、やっぱ似てますよー」
「そうですか?」
セリエはメロディのハミングを続けたまま、空を見上げた瞳をつぶり。
目では見えぬ、思い出を撫でた。
「辛いから、忘れられないし忘れたくないから、大事だから」
――強くなったんです!
セリエはそこで言葉を飲み、いつものような、元気を現したジャンプで、空に体を預けた。

416 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:26:41 ID:W7Ssoff.
「朝でも、夜でも。思い出の星は消えません」
「気持ちの星も、ですわね」

「いーぐざくとりー!」
「うふふっ」
二人の支える物は暗い。
それでも、その中で明るく輝く物が、
今、二人の視線と指の先に、

燦然と輝く。

*終わり
♪J.e.t. 様
あいまい
http://www.muzie.co.jp/cgi-bin/artist.cgi?id=a000495

これ読んで、もしよかったら
声をください
続ける気力にして、やってみます

417 隣りの名無しさん :2006/08/30(水) 02:28:33 ID:xc/F.KPI
……俺もそういうのがあればいいなぁ(´・ω・`)
セリエさんと中尉がうらやましいよ。・゚(ノД`)゚・。

418 隣りの名無しさん :2006/08/30(水) 02:38:32 ID:6l6mqvwA
>辛いから、忘れられないし忘れたくないから、大事だから
良いなぁ……これ。俺も強くなりたいよ。・゚・(ノД`)・゚・。

ところで、曲がセリエさんのためにあるような感じが物凄くするんですがw

419 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 02:50:43 ID:W7Ssoff.
>>417
「私達の根っこは一緒なのですわね」
「まけるもんか! ですよ!」
「それが溢れているのが曹長ですのね」
「にゃはは、いぐざくとりーぃ!」

>>418
「黙って叩かれるのはもうお終いなのです!」
「自分を強く持つための、何かですの」

*ええ、実はセリエ ポジの候補Aでしたwww

420 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:11:56 ID:W7Ssoff.
*短編『ささやか、せつじつ』

ラプンツェル・フレトリアという女が居る。
彼女の過去を、少しだけ話す。
それは、大事なことで。
それは、言いにくいことで。
それは、嬉しいことだ。

彼女がまだ、軍部に入る前の事だ。
彼女は、悲しい過去を持つ者の一人だった。
親に、物として育てられ。
未だに重荷を背負って、
その重荷を積み重ねていた時代の事。

421 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:13:42 ID:W7Ssoff.
彼女は夢枕で苛まれていた。
目標で、
恐怖の対象で、
疎ましく、
羨ましい、
そんな相手の出る夢だ。
この夢はあの日から、いつまでも。
ある日を境にするまで、幾度も見る夢。
今夜の夢は、いつも通りの、そんな悪夢で、悪くない夢で。
どうしようもなく、苦しい夢だ。

422 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:14:15 ID:W7Ssoff.
(いっきょくめ ここから)
長い道を、どこともしれぬ道を歩く。
その先に居る存在は、彼女を知っている。
彼女もそれを、知っている。
固く閉ざされた扉一つ。
その向こうから、剣気が溢れていた。
切り裂かれても、断たれても、それは当然だろうと思うほどの、鋭い剣気だった。
近寄ることを、彼女は求める。
殺されても良い。
自由になれる。
そして、変われる。
いつも、そう思った。

彼女は、籠の中にとらわれた鳥だと、己を自嘲する。
苦笑一つ、それがこの夢の終わり。
汗ばんだ体と、気だるい眠気、そして倦怠感と共に、今日が始まる。
この切ない朝を、毎日のように恨み、そして体を動かすことは、他人の意志だ。
自分の動かす、他人のための体。
自由のために、誰かを数えた。
1,2,3。
仕事を終えた彼女の顔は、人形のように。
地下道を歩く彼女は、操り人形と言うにふさわしい。

忌まわしき昨日を忘れ、明日のスケジュールなど見たくもない。
同様の今日だけが、命の賭けられる時間だ。
先のことは、何も考えられない生活だったと思う。

423 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:14:47 ID:W7Ssoff.
自由になりたい。
自由は遠かった。
そのための生活は、血塗られたと言って良いだろう。
そしてある日。
再びそいつに出会った。
無表情に小柄な体。軍属の娘は一人で彼女の前に立った。
前と同じで、簡単に負けた。
銃器も、ナイフも、重火器も。
たった一刀の刃にて、死の直前、手を止められた。
「経験の差」
それだけを告げ、軍属の娘は立ち去り。
いつまでも、死を与えられるそいつに憧れた。
勝てないことの悔しさはない。

三度の出会いは、敗北で始まる。
彼女は無敗の暗殺者であったが、こいつにだけは勝てぬ。
それが不思議で、心地よく。

424 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:15:32 ID:W7Ssoff.
自由は、また与えられないのだ。
殺さず。
敗北だけをそいつは与える。
今日はわずかに違い、そいつは口を開いた。
「何故、続けるの」
短い言葉に、彼女は応える。
「一日三人、それで自由が貰えるから……」
「そう」
立ち去り、階段を歩くそいつは、また彼女を殺さない。
平然と、
苦もなく、
彼女に死を与えられる剣技は、美しい舞になって。
それだけが頭に残る。
私を殺して欲しい。
彼女の願いは、いつも叶わない。
頭に残る美しさだけが、いつまでも胸を締め付け、いつもの夢を続けさせる。
(いっきょくめ ここまで オーノキヨフミ 平凡 http://www.jvcmusic.co.jp/speedstar/-/Discography/A018189/VICL-35678.html

425 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:16:41 ID:W7Ssoff.
幾度の夢を見ただろう。
幾度の朝を迎えただろう。
何度、殺してくれと思ったか。
何度、自由になりたいと思ったか。
もう、数えることを止めた。
数えてもきりがない。
手を赤く染めた回数より多いことだけは、確かだ。

これ以上、この手を赤く染めない方法がある。
望みを叶えてくれる、そんな方法がある。
そして、自由になれる。
それを強く思った彼女は。
操り人形の糸を、かすかにほころばせた。

426 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:17:36 ID:W7Ssoff.
(にきょくめ ここから)
願うことを叶えたくて、言葉だけ持って走る。
遠く、どこかへ、知らぬ場へ。
暗殺者は迷える子羊に。それでいい。
空を飛びながら、あの美しい剣技を想う。
それだけで何か不思議なあこがれが胸を焦がした。
忘れた呼吸をして、翼へと力を伝え。
彼女は飛ぶ。
何処へとも知らず、あいつを探すため。
夢で何度も感じた、忘れえぬ気配を求め、ようやくそいつを見つけた。
偶然なのか必然なのかは解らぬが、思い出した再びの呼吸に苦笑した。
出会えた安堵でも、叶えられそうな喜びよりも、
なにより、死にたいと思っていたはずなのに、呼吸を愛おしいと思ったことに苦笑した。

「あなたにお願いがあります」
「暗殺者に、叶えられる事なんて、ない」
「殺してください。自由になりたいの」
そいつの背中はようやく動き、彼女へ向いた。静かに閉じた目が彼女を見ていない。
「お馬鹿。殺すわけない。強くなりなさい」
「強く?!」
彼女は嫌悪している。
強くなる術は、手を赤く染め、それを数えることだけだったから。
「誰よりも殺して、誰よりも強くなれっていうんですか!?」
「お馬鹿」
そいつは、目を閉じたまま短く再びの言葉を吐く。
今思えば、開けた瞳を見たことがない。
完敗の相手は、数段も上だ。
今更、そう思う。

427 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:18:14 ID:W7Ssoff.
「人生暇つぶし。暇はまだ終わってない」
意味の解らない、どうでも良い言葉がそいつから出てきた。
その、どうでも良い言葉が、どうしてこんなに、こんなに。
彼女に笑みを与えるのだろう。
「名前」
「ラプンツェル……プルートゥ」
「死神は今日死んだの。この、小鶴真理が殺した」
初めて見た物、それは瞳。まっすぐな、そいつの、真理の瞳。
瞳に見入った彼女は、不意に肩へ痛みを得た。
彼女を殺す一撃。
肩への、峰打ち。
「さ、来て」
誘われるがまま、真理の導く先へ。
死にたがりの望みは叶えられず、彼女は痛みに、
何故か微笑んだ。

428 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:18:44 ID:W7Ssoff.
歩く。
飛ばなかった。
会話を、一方的に。
「親に、良いように扱われました」
「ん。もう死んだ」
「人をいっぱい……殺しました」
「軍人だから、当然」
「え?」
「ラプンツェル」
「はい……」
「ラプンツェル・フレトリア」
「?」
「今日から、そう」
「はい……」
「今日から、でも」
「でも?」
「歳」
「16です」
「16年前から、ラプンツェル・フレトリア」
「……はい」

429 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:19:17 ID:W7Ssoff.
「死にたがり。死んだ」
「……」
「生きろ」
強く、突き刺さる言葉だった。
「……」
「これは、贖罪」
「……はい」
「目的」
「……?」
「生きる目的を探すまで、生きろ」
「……」
突き刺さるのは、明かな励ましで。
彼女にとって、一番解らぬ事で。
でも、新鮮で。
だから、受け入れてみたくなった。

430 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:19:48 ID:W7Ssoff.
そして、半年――。
「ここで待機」
「はいっ!」
何かを思いだし、生み出したのはラプンツェルで。
教導隊での活動は、生産的な攻撃を生んでいる。
そこに喜びを受け、教官候補の真理は、いつでも彼女を支えていた。
放任された支援だが、十二分に暖かく感じて。
死者が出ることに、友人の死者が出ることに苦しく思う。
時折とは言え、それはやるせないことで。
あの、苦悩の日々には無い、苦しみだ。

友が散り、新しく友が入り。
命のやりとりは苦悩で。
それを守ることに、守れる可能性があることに、彼女は幸いを感じる。
苦悩と背中合わせの幸いが、彼女の出来ることに、鮮やかな色彩を持たせていた。
もう、あの願いは忘れている。
殺して欲しいと。
ふと、一人の夜に彼女はそれを思い出し。
生き延びる、ふがいない自分をあざけり。
生きている自分を、嬉しく思った。

431 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:20:26 ID:W7Ssoff.
ごめんね。

あの、苦悩で関わった命と、自分の命に謝罪して。
彼女は命を背負う。
これから生まれ、これから守れる可能性のある、命を。

432 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:20:59 ID:W7Ssoff.
明日を嬉しく思う。
明日が来ることを嬉しい、と思えるようになった。
まだ、自分の過去や、生い立ちを恨むことはある。
それでも今、この小隊に配属され。
笑っている。
嬉しいと思う。
喜ばしい感情を持っている。
自分の過去を殺した無表情な剣士に、感謝の言葉で描けるほどの思いがある。

あれから、同じ小隊に入ってきた剣士と二人きりになったときの話だ。
「ありがとうございます。今……毎日幸せです」
「昔が不幸だから」
「え?」
「だから、今を幸せに思えばいい」
「ええ……」
星を見る。
あのまっすぐな瞳に映る星は、何より美しいと彼女は思う。
自分を救ってくれた瞳は、いつまでも自分を照らしているようで。
明日も生きている剣士を、そしてそこに宿る星が、
彼女の命の灯火のように、明日も照らしていると確信して。
やっと、柔らかく自然な笑みが出た。
(にきょくめ おわり RADWIMPS 閉じた光 http://www.radwimps.jp/discography.html

433 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:21:55 ID:W7Ssoff.
「という、いきさつ」
「……ちょ、ちょっと待て。真理さんが教導隊蹴った理由がどこにもねっすよ!」
いつもの、平和なオフィスの昼休み。
真理が教導隊を蹴った話をしていたはずだ。
当の本人と、助演女優は、柔らかく笑う。
「まだ入りたてなのに、私を無理に入隊させちゃったからなんですよ」
「教導隊、向いてないし」
いいえ、とラプンツェルは首を振り。
「私にとって、最高の教導でした」
「ラプ子も変わった人生送ってんだな」
「えへへ。恥ずかしいですね」
「申し訳ないと思っているだけ、成長したのよ」
「贖罪も断罪も終わってるから」
「いえ」
まっすぐな瞳を、愛すべき同僚達に向け。
それを歪めた。
弓なりに、微笑みの形。
「救える命がある限り。終わりません」
静かな決意が、確かな決意に。
「手伝い、する」
微笑みは、真理にも映り、
そして、移り。
「頑張ります」
いつもの努力家が、さらに強い意志を持つ。
*終わり

434 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:23:18 ID:W7Ssoff.
これを契機に、最後の勝負を、VIPでしてみる。
期待されようがされまいが、最後の勝負がしたくなったのです。
納得行かない終わりかもしれないが、つき合ってくれたら幸い。

だので、一番大事な部分を短編にして、意欲にさせて貰いますよ。

最後に、
ぶるみゃー、
らっこ君、

良い曲だね。
ありがとう。

435 隣りの名無しさん :2006/08/30(水) 22:27:59 ID:6l6mqvwA
うひーww
真理さん、こういう感じに絡んでくるのかーwwwww

教導隊の真理さんもちょっと見たかったかもですが、
暗殺者なラプさんも……(*ノ∀`)

436 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 22:34:52 ID:W7Ssoff.
>>435
「あの頃は……あはは……」
「あれは、もう死んだし」
「ですね……」

437 隣りの名無しさん :2006/08/30(水) 23:43:25 ID:GZvN8BfU
バイトから帰ってきてみたら投下が……(´・ω・`)

やばい、真理さんに惚れそうだ……w

438 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/30(水) 23:55:50 ID:W7Ssoff.
>>437
「ぶい」
「カメラ目線っ?!」

439 隣りの名無しさん :2006/08/31(木) 02:50:31 ID:M0aRsUZc
今更真理さんの魅力に気付いたのか!ふっ、遅いな…!
ここで平凡くると思わなかったwwwww
続きもwktkしてます(`・ω・´)

440 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/31(木) 20:50:39 ID:4tAwoyn.
>>439
なんかぴったりいっちゃったのよねw
輝く星>自由
とか
平凡な数>日常で殺す数
なんてなw


さーて、どうしよかな。
様子見せんと……タイミングむずw

441 隣りの名無しさん :2006/08/31(木) 21:25:42 ID:4Fj9GoSk
なるほどー、あくまで平凡は「自分にとって」って事か…うまいもんですなぁ。
ぼくにはとてもできない
そして再開wktk

442 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/31(木) 23:33:03 ID:4tAwoyn.
>>441
明日やりまーす!

誰かの平凡は誰かのじゃない。
ってことは、二人にとって大事なことなのさ。
望んで訓練した真理と、望まれぬ訓練をしたラプ子。
望んだ結果を昇華したかったラプ子と、新しい望みを作りたかった真理、
二人はステレオタイプで似たもの同士なのですフフフ

平凡が、それぞれの当然で
閉じた光に感情爆発を頼んでみたのだ!
持ってきた声は殺して、で
忘れてしまって生きている。
良いこと、良い方向に。
すっからかんのころんのすってんころりんちょんのぽんて適当に改名とかなw(ぱぱー

443 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/08/31(木) 23:34:29 ID:4tAwoyn.
なんか怪文書になってるorz
誰かの平凡は自分の平凡じゃない
に改訂

んで、つまり
常識も日常も、他人には異質なもんなんですよ、ってね
過去の癖が強い二人にはぴったりだーって事で組んでみた!

444 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/01(金) 20:22:52 ID:eJj8AVEk
http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1157108755/

最終戦争になるかなーって感じで

開始

445 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/01(金) 22:13:06 ID:eJj8AVEk
あれ? 急展開?

446 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/02(土) 02:35:29 ID:Zp/hdOjM
今日のチャットより さすがに情報が偏るのはあれなので
じろ > あ、でも伯爵ー 基本ノーブラって言う世界観なのよ……w
じろ > まあ、勝負下着にブラはありますがね
じろ > ああ、不思議な文化だw
じろ > ブラの類は、隠すのもそうですが あくまで服の一部なので勝負用だったりする!
)じろ > 形状維持のために常時着用はないのです
じろ > 胸筋背筋は、羽根のお陰で十二分にあるから不要なのよー

447 隣りの名無しさん :2006/09/02(土) 08:40:46 ID:gXpzf2qg
昨日の羽根スレdat下さいorz
寝過ごしました。

448 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/02(土) 20:37:29 ID:Zp/hdOjM
>>447
俺かちゅ使いだからdat共用出来ないんだよねorz

449 隣りの名無しさん :2006/09/02(土) 20:46:54 ID:gX4Y3BKk
俺ギコナビ使いですorz

450 隣りの名無しさん :2006/09/02(土) 20:49:32 ID:IM/9pS46
まかせろー

451 隣りの名無しさん :2006/09/02(土) 20:52:17 ID:IM/9pS46
ttp://wktk.vip2ch.com/upload.cgi?mode=dl&file=11186
pass: hane

どぞ。俺が持っているのはここまで

452 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/02(土) 20:58:40 ID:Zp/hdOjM
俺の手持ちは175までー

http://ex16.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1157198073/
開始ッ!

453 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/14(木) 20:42:33 ID:5hKc9Sno
ある夏の日でございました。それはそれは、暑い日の事でございます――。
「暑いですねー」
「暑いねー」
いつもと変わらぬ、セリエとドリーのやりとりでした。
窓際でなま暖かい風を受ける二人の奥、オフィスでは――。
「あぢー……」
「はー……」
白黒姉妹(強制)が同時に垂れていまして。
ええ――。
「……いい加減やめなさいな」
「これが……これが撮らずにいられますか!」
激写でした。
「ふんふんふん、っと。完了っす」
「お疲れさま」
こちらでは、何かむやみやたら改造された扇風機を囲んでいました。
「あらー?」
「まとめてみたんですけど」
編み上げてアップになったユニーがいました。
「うーん、これならもう少し落ち着いたリップの方が良いわね」
化粧大好き、ドリーさんと、
「逃がさんっ!」
「いい加減になさい……」
だが激写。
そんな緩やかな時間でした。
「はいはい、お疲れさまですわ」
「お昼ですよー」
オフィスに持ち込まれましたのは、巨大なざるでした。
「おっそばー!」
――ということです。

454 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/14(木) 20:43:06 ID:5hKc9Sno
「うふふふ」
「んふふふふ」
ひときわ幸せそうに蕎麦をたぐるのは、制作者の二人、夕子とラプ子でした。
周囲が唖然とする勢いで、かつ平和な笑顔で。
つるつる、ずるずると。
時折ずぞぞ、と。
「は……はっやー……」
顔は動かず、手の動きだけが的確で、
「蕎麦食いマシン」
ですねー。

さて、その蕎麦も終わりに近寄りまして。
最後をたぐるのは二人でして。
「うふふふふ……ずるずる」
「んふー……つるつる」
相変わらずの状態でして。
「おーい……?」
「映画であったねぇ……」
蕎麦大好きの二人がたぐる一本の蕎麦。
はい、一本でした。
「同じのくわえてるよ?」
「うふふふふ」「んふー……」
聞こえてないようで。
「あ」
ちゅぅ。
ええ、激写ですけど。
「うふふ」「んふー」
「吸いあってる……」
たった一本にかけられた勝負(?)は、それが切れるまで続いたそうで。

455 隣りの名無しさん :2006/09/14(木) 20:46:14 ID:A4izs.q.
吸っとるwwwwwwwwwwwww

456 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/14(木) 20:48:59 ID:5hKc9Sno
ノイズの方は活発なのになぁorz

>>455
ちゅるちゅるとなフフフフフフフ

457 隣りの名無しさん :2006/09/14(木) 20:58:19 ID:j/qTSgCc
ああ、未来永劫切れることなかれ二人の絆もとい蕎麦と百合の花 (*´Д`)ハァハァ

458 隣りの名無しさん :2006/09/14(木) 21:03:43 ID:j/qTSgCc
そして私は、白黒コンビとユニさん&大佐にも同じことを要求するであります(`・ω・´)b

459 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/14(木) 21:54:36 ID:5hKc9Sno
>>457
別に百合ってわけじゃないさーw

>>458
おまwwwwwwwwwwwww

それだけで誰か解る発言だなwwwwwwww

460 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:03:21 ID:0p5tK0/Y
「ねこー、ねこー、どこいくのー」
「いくのー」

夕暮れ、定時後の軍部でありました。
塀の上を一本橋する、セリエとドミーの二人が追うのは台詞の通りで、
「にゃー」
ぶち猫でした。
仕事を終えた面々は、彼女らを残して一息入れていました。今日の仕事はもうお終いですし。
「うーん、いいわあ」
一名を除きまして――。
「給料の殆どがフィルムに消えるわけね」
一番長くつき合った人の発言は重いです。
重みを示すため息も超重量と言ったところでした。

461 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:04:07 ID:0p5tK0/Y
もう一人、ため息の発生源が居ました。ユニーです。
「猫いいなー……」
こちらのため息は軽く。
「猫はちょっと」
隣で苦笑したのは夕子でした。
彼女は手荷物を改め、両手に抱えていまして。
「あれ? 大尉、それどうするんですか?」
ユニーが振り返りますと、私物で一杯の両手が伺えました。
ええ、と相づちを打ちまして、
「今日で引っ越しますの」
「近場ですか?」
「勤務に支障のない程度には」
軽く告げた彼女は、私物を運んでいきます。
グラウンドに用意された、個人用の風イカダは彼女の物であるようです。
引っ越しの時はこういう個人用を購入或いはレンタルする物だったりします。
知られざる羽根生活の一端でした。
さておきまして――。
「なんだってゆーこちゃんは引っ越すんだろうねー」
シヴィルのもっともな意見に、いつもの鏡面さんもうなずいたのです。
「職場へ最も近く、安上がりで十分以上の部屋があるわけだものね」
「理由はとにかく……」
飛べば10分、といった所の引っ越し先に関する資料をモニターに映したドリーが顔を上げまして、
「海野大尉の食事が無くなるのは惜しいですね」
その意見にも、全員がうなずいたのでした。

462 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:04:37 ID:0p5tK0/Y
当の本人のおらぬ夕食後でした。
引っ越され蕎麦なる不毛な汁蕎麦は、すでに調理器具共々片づけを完了し、各々自由に過ごす時間においての事です。
「男ですよ! そーですよー!」
ゴシップ好きの本領発揮といったセリエのテンションは最高潮です。
残念(?)ながら、否定材料が全く――。
「婚約者を待つって言ってるじゃないっすか」
ありました。
「んー……なんだろう」
ドミーの声に、全員が首を捻り。
「何かあったのでしょうか……」
食後の珈琲作成へ心血を注ぐといった状態を、先ほどまで維持していたラプンツェルが落ち着き、言います。
「何かといやぁ……」
うろんげな視線を天井に、そしてため息一つ。
それから彼女――シヴィルは席を立ったのでした。

463 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:05:39 ID:0p5tK0/Y
「あーもしもし、あたしー」
電話をかけているのは、席を立ったシヴィルでして。
「ゆーこちゃんになんかあった? ここ一〜二週間くらいで」
「無いの? 雨ふるわけだわ」
「へいへい。悪い悪い。んじゃ、問題解ったからー。はいはい……」
それを最後に電話を切ったシヴィルは――。
「孝美じゃないのかぁ」
とまあ、失礼なのか妥当なのか解らぬ疑念を晴らしていました。

464 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:06:17 ID:0p5tK0/Y
――翌朝は休日でした(それを見越しての引っ越しなんですけどね)。
「よし、ここは思い切ろう!」
全員の意見をまとめ、シヴィルが立ち上がりました。
「ゆーこちゃんとこに電話する!」
流石切り込み隊長、
「……ベル子が」
「んな?!」
……次期候補。
「おおー!」
「頑張ってー!」
「さりげなく聞くのよ?」
よもや、後ろ盾はせり出す壁だったとは。
――ベリルに壁無し、でした。

465 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:06:47 ID:0p5tK0/Y
「あー……もしもし。クーデルカっす」
ベリルの声と同時、合図がありまして。
小さなスピーカーから夕子の声が。
「はいはい? どうなさいました?」
言葉を必死に選ぶベリルの後ろ、固唾を呑む第三者が数名。
ええ、しらばっくれモードと聞き耳が同時に発動していますね。
「……少し気になったんで、電話させて貰ったんすけど……」
「はい?」
「どうして引っ越したんすかー? ゆこさんの夕飯、大好きだったすからー……」
「あら……それは申し訳ありません……。実は――」
「実は?」

466 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 00:07:24 ID:0p5tK0/Y
「わんこちゃんが飼いたくなってしまいまして!」
「――はい?」
「もぉ……であったばかりですのにこの子ったら可愛くてもーっ!」
「ゆ……ゆこさん?」
「はい、たろちゃーん。ご挨拶なさい?」
「きゅうん?」
「きゃー可愛いっ可愛いっ!」
「ゆこさんって……犬好きなんすね……」
「もー大好き大好きっ! あ……こらあ、たろちゃん! それはめーですわ! ……っと、すいません……この辺りで失礼させていただきますわ」
「あ、電話すんませんー。犬と仲良くしてくださいっす」
「はい、ではまた明日……」

通話終了の音が響きまして、一同が微妙な表情をしていました。
「なるほどねー……」
「たいちょーたいちょー」
「? 何?」
「鼻血」
「え!? え!?」
平日は変わらぬ物ですね。

おしまい。

467 隣りの名無しさん :2006/09/20(水) 00:26:47 ID:nqjpc5lc
もしや、今までは犬飼えない物件だったのかwwww
というより大統領はどうなんだwwwwwwwww

GJw

468 隣りの名無しさん :2006/09/20(水) 00:42:18 ID:oo5obD3w
もう……タマリマセン。
犬に……なりたいです。

469 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/20(水) 01:38:30 ID:0p5tK0/Y
>>467
プライベートルームは基本ペット禁止ね
大統領にはやまれぬ事情が……
個人持ちはダメなのよねー

>>468
ふふふ……ふっふっふ……
「わんこちゃんは大好きですのー!」
「……隊長、鼻血」
「はっ?!」

470 隣りの名無しさん :2006/09/21(木) 16:48:11 ID:lfxBgxao
じゃあ、きつねはー?(´・ω・)

471 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/09/21(木) 22:57:55 ID:wKQsnTPE
>>470
「……うーん」
「なつかない子は嫌いなんでしょうか……」
「そうじゃないですけど飼育が……」

472 隣りの名無しさん :2006/09/22(金) 01:10:15 ID:EvX2nZbs
緑のたぬきはー?

473 隣りの名無しさん :2006/09/22(金) 01:11:50 ID:sPUHZ7.s
緑のたぬきは、なな&リベッカにプレゼントしましょう

474 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:52:27 ID:Ggvnncms
>>472
「なんですか、それは?」


>>473
「「しらなーい」」

「「まねすんなー!」」


さて、久々の大きめ投下
サイドストーリー第一話です

475 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:53:27 ID:Ggvnncms
時は少し違い、場所はかなり違う。
いつもの物語とは違う、隣国のお話――。
たった一人で歌を叫んだ、ある人物のお話。
そのお話は、重要な。
大事な転機を担った話で。
この国ではそれを、
生まれたてのサーガと申します。

476 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:54:08 ID:Ggvnncms
ここは、隣国でも特に辺鄙な場所だった。
山がちで気温は低く、山脈の一角は万年雪。そんな場所。
大机で虚空を見つめるのは一人の娘で。
二十を過ぎた彼女は、平坦な視線で視線を泳がせていた。
どこかへと向ける視線は現在を見ていない。
過去を見ている。
過去視ではなく、ただの回顧、そういうことだ。
「Jarl?……ヤール! Undskyld.(失礼します)」
現在より来る声はおぼろげに、そして少しずつ明確に。
「あ……、何か?」
ようやく彼女は現在に戻り、視線を一人の娘へと向けた。
意識をようやく集中させた彼女専属のhouse karl(侍従)であり、huskarl(近衛兵)である娘に。
「エルヤ様……。いかに私のようなハスカールが居る時でも、それはヤールとしてどうかと……」
「ごめん、気を付けるよナンナ」
言われたとおり、彼女はヤールだ。
領主であり、騎士である。
伯爵位を与えられている。――例えその領地が辺境であろうとも、狭くとも。
若くしてヤールになった彼女へは十二分の評価があった。
「昔を……思い出されていたのですか?」
「内容は言わないよ」
無言、軽くうなずくのはナンナで。
「で、何?」
ため息一つ。それは苦労とも、心配とも――切なく、とも取れる複雑な物だ。
「いけませんよ、私以外にそんな軽くしては……。仮にも……」
「わーかってるって……」
外見も立場も下だが、ナンナは遠慮を見せず意見を続ける。
「いかにお父上の崩御とは言いましても、実力では折り紙付きなのですから……舐められないように……!」
「そういうプレッシャーは要らないよ……。ボクが上がり症って解ってんの?」
「ほらー! そうやってすぐボクって言う!」
「いいじゃないかよう! 二人っきりだぞ!」
今度はナンナが黙った。赤面を付随して。
「……エルヤ様。まだお昼です」
「いやいやいや、ごめん。……続けてくれる?」
「は、はいっ!」
ようやくの雰囲気を取り戻した一室――執務室――をナンナは動き、大机へと書類を置く。

477 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:54:45 ID:Ggvnncms
「反乱軍鎮圧への支援要請は午後三時とありますが」
ふむ、と一声。判断はそこで終わる。
「ヘルシール二人分、それでいいや」
「かしこまりました」
ヘルシール、戦場において指揮官の役割を担う者である。
ヤールは陣頭へはあまり顔を出さぬ存在で、必要あらば一騎打ち、あるいは総合指揮を担う程度だ。
「エルヤ様はどうなさいます?」
「開幕だけやる。あとは任せた」
「了解しました。では後ほど……」
一礼、そしてナンナは執務室を静かに立ち去ろうとする。
「ナンナ」
「……はい?」
「ごめん」
「忘れられないんですね。大丈夫ですよ。……気にしてません」
「そう言うことにしとく」
「はい」
挨拶をしつつ、ナンナは後ろ手でドアを開け、音もなく立ち去る。

478 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:56:02 ID:Ggvnncms
「はー……」
ナンナの雰囲気が消え、エルヤはため息一つ、机に突いた右肘を杖に頭を支えた。
手首にはリングが二つ、そして革紐が一つ。
二つのリングは君主より賜った物だ。この国では君主の配下にヤール、そしてその下の領民となる。
君主より、信頼の証としてリングを送ることは文化として残る物であり、名誉と実力を示す物。
この歳で二つのリングは異例だった。何せ殆どのヤールが一つのリングで人生を終える。
まだ続く人生の中、初期に二つを賜った彼女の実力は、それが物語る。
「落ち着かないなぁ……」
左手で革紐を撫で、昔を思い出す。
アザラシの皮で出来た紐だ。他国でもそうだが、十になるまで飛行は勧められていない。
それを七つの頃、己一人でしとめたアザラシよりなめした物で。
元は綺麗に切り開いた皮だった。
父に憧れ、それを被っていた事もある。
平民出の父は、己の腕一つでヤールに上りつめた。
単純なる一兵卒より、熊皮を纏った、狂戦士に連なる存在ウルフサルクへ、そしてヘルシールと。
熊皮に憧れたアザラシ娘は、ここまで成長した。
文句は多い。問題も多い、それでも実力溢れる若きヤールだ。
「ま……なるようになるよね、父さん」
今は無き、内乱で命を落とした父を思う。

479 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:56:33 ID:Ggvnncms
午後三時、隣の領地にて。エルヤは二個小隊を率いていた。
彼女も装備を調え、その赤毛の長い髪は、山猫をなめした革帽子が包んでいる。
「さ、準備はいい?」
男達が無言でうなずく。それに満足して視線を真後ろにまでやれば、そこにはビルがあり。
「まさか立てこもるとは……」
ナンナが一言。それは驚愕ではある。
別の意味で。
「好都合、っと!」
エルヤの一息、それによって物体が投擲される。
幅広の物体が空を切り裂き、窓硝子の向こう、内乱を起こす反乱兵の一人目がけ。
弾丸よりも巨大で、人が飛ぶ程の速度を持つそれは手斧だ。
この地域では製鉄技術に遅れがあった。
叩けば曲がり、踏めば戻る、そのような剣ばかりで、兵は斧を愛用するようになった、その名残でもある。
製鉄技術の向上した今でもそれは守られており、エルヤを始め全ての兵が槍あるいは斧を持つ。
手斧は確実にガラスを割り、反乱兵の頭へ食い込む。
「行け!」
エルヤの声と共に、配下の兵がビルへ殺到した。
斧を投げる。銃弾よりも速度は出ない。だが、機先を奪う心理効果では十二分の意味を見せていた。
エルヤはもう、戦闘態勢を取らない。
「エルヤがいるぞ! Himinglaeva(天の輝き)のエルヤだ! もうおしまいだ……逃げろ!」
斧が名刺となり、相手が浮き足立っているからだ。
空のある所でならば上空より襲いかかるそれを確認し、反乱軍は乱れていく。
「お疲れさまです」
誰よりも彼女を理解している(少なくとも彼女の領地では)ナンナがねぎらいの声をかけた。

480 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:57:04 ID:Ggvnncms
鎮圧終了を理解したのは午後四時。たった一時間の任務であった。
「被害は硝子窓を始め物損のみ。保証は要りません」
「そ。……じゃあ帰るぞ!」
鋭い視線はエルヤがヤールである時間の現れ。
「ったく……仲間内で争ってる場合じゃないのに……」
「全くです。他国へと視線を移すべきなのですが……。そういえば、鷲尾様よりメールが来ていました」
「解った。また厄介事かな」
「ヤール、疑念を抱く者もおります、何かと音便に……」
「解ってるよ。さ、今日の仕事は終わりだ。もうだらける」
「全くぅ……。そういう事をすぐに申されますから、移り気可変欲とラクェル様に言われて……」
「ナンナ」
「もー……もっとしっかりしてくれませんと、私も……」
「ナンナ・ライノッ!」
鋭い声がある。咎めることを第一に、相手の気遣いは全く感じられない遮る声だ。
「あ……申し訳ありません」
ナンナを見つめるエルヤの視線、それは再びヤールの鋭い視線で、
「もう、そんな事はないから。……じゃ、穴埋めね? 文字通り」
途端に笑った。
「そういう言い方はどうかと思いますーっ!」
抗議と赤面は、他の者には伝わらないニュアンスがある。

481 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/02(月) 22:57:59 ID:Ggvnncms
一糸まとわぬ姿、うつぶせで布団にくるまるのはエルヤで。
「まさか二度とはー……」
疲れた様子のナンナを隣に置く。
「今日はそういう気分だったんだもん」
文句を返すエルヤは、鋭さの欠片もない言葉を返す。
「ところで……鷲尾様からのメールは何と……」
「おさそい」
「ちょ、ちょっと! まさかOKとかしてないでしょうね?!」
「あの人、好みじゃないから」
「はぁー……。エルヤ様? 二度呼びましたよ、ラクェル様の事」
「……ごめん」
「いいですよ……代わりでも」
「……」
今はない。そう、帰ってこないラクェルを思い出す。
「忘れる努力はするよ……」
「忘れられる方では無いでしょう? ……昨日より一回減ったからいいです」
「ん……」
そこでつぶれた。頭まで布団を被り、何も言わない。
「いつか、私だけを見てくれるって思ってますよ」
「……ん」
数分の後、返事は布団の中から小さく響く。

*というわけで第一部終わり 今回は隣国から、北欧(デーン、ヴァイキング)風の文化です

482 隣りの名無しさん :2006/10/02(月) 23:03:21 ID:UfFOOrMM
おーwwwwwwww

っていうか、大佐、割と顔が広いな(;´∀`)

483 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 00:01:18 ID:wALjVcpI
>>482
色々あってね
詳しく言うとアレだけど、大統領が送られてきたのはこの国からなのさ

さて第二部

484 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 00:01:58 ID:wALjVcpI
「戦いは楽でいいなぁ」
エルヤの何気ない一言は、一人の獲物を追いかける移動と共にある。
略奪者の集団を系譜の根幹に持ち、そして現在は戦士の家系、そんな国家では戦いが全てだ。
――相手が同郷じゃなきゃいいんだけどね。
不安定な国家ではなかったはずだ。
傭兵として、あるいは協力して、己の力を振るう国であったはずなのに。
「なんで……!」
長柄の斧を相手の頭上へ振り上げ、瞬間的に下ろした。
遠慮はない。
父を手に掛けた相手が同郷だと、反乱兵だと思うだけで、それだけで遠慮は消える。
今日は戦いたい、それだけの気分だったはずだ。
それでも、今では嫌な感情を感じている。
「エルヤ様ー!」
「ナンナ……」
無数の木、それがある森の中で立ちつくすエルヤへと、ナンナが飛び寄ってきた。
木立を縫う飛行は、この国では必須の技術だ。もう一つ、寒さに耐えること。
「終わりました」
「ん……」
無言、それを伴い、横へと着地したナンナを抱き寄せる。
「内乱は辛いよ……」
「早く、終わると良いですね……」
ナンナの手が彼女の髪をすく。
「父さんも……ラクェルも帰ってこない……」
ナンナは、胸に顔を埋めるエルヤには見えない表情を曇らせた。
色々な感情がある。
哀れみや、嫉妬や。平穏ではない感情で溢れていた。

485 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 00:02:28 ID:wALjVcpI
「エルヤ様」
ある兵卒の声だ。彼の言葉は執務室であり。
「何かあったか?」
「そろそろ、お気をつけて。……周囲の領が懐柔されそうだと、風の噂ですぜ」
「……解った。もしそうなれば」
「死ぬのが解って戦わないなぞ、この国の流儀じゃありやせん」
戦で死ぬ事、それこそが栄誉であった。この国ではそうだ。
戦士の国、その前の略奪集団。いつだって、戦いと共にある。
「違う。落ち延びろ」
「馬鹿な! 何を言いますか!」
「私は……」
そこで下を向いた。
色々な物が去来した。
「もう……仲間内で殺し合っているのはたくさんだ……!」
「だが……!」
言葉の代わりに音を出す。大机を拳で打ち付けた。彼女の拳は机に押しつけられたまま。
「父も……ラクェルも……! 理不尽に死んでいった! これ以上お前達に……!」
「らしくねぇ……! ヴァルキリヤとまで言われたエルヤ様が弱気ってのは……!」
「守ってきた土地だが……取り返せば済む! だが……人は帰ってこない!」
言葉は終わらない。
息継ぎの代わりに涙が溢れた。
「必ず取り戻す……だから……守ることを意識して死なせはせんからな……!」
「わかりやした。――奪還にはお付き合いさせて貰いますぜ」
「ああ……。尻の一つでも並んで叩こうか」
「何処の映画ですかい。エルヤ様がやったら俺らが釣られますわ」
「はは……。すまん」
「なぁに。俺らの認めるのはあんたです」
「ああ……」
「では、失礼を」
言ってからしばらく、その兵卒は立ち去らない。
ただ一つ、うなずきを。信頼を乗せた物を見せてから立ち去る。

486 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 00:03:01 ID:wALjVcpI
「エルヤ様?」
それは、領地の森でのことだ。
「ナンナ。もう、一旦引こう?」
判断を決めたのは、あの兵卒との会話から数日後だ。
「エルヤ様。一人で残るとか……駄目ですよ?」
「解ってる……それより、あいつらの目的は」
「今に納得していない、それでしょう」
つまり、君主を倒すこと。結論は簡単で。
戦士の国では間違った行動ではなく。
「……他の国が、すこし羨ましいね」
「クーデターはどこでもありますよ」
「今は争っている場合じゃないのに……。鷲尾さんから来たメール、変なことが書いてあったよ」
「は……何と?」
「良く分からない端末が出てきたって。ちょっと上の方で緊張してるんだ」
「上? うちの国ですか?」
「もう一つも……」
「テクノロジーなんて……あんまり欲しくないです」
「上は欲しいんだろうね。ボクらの気も知らないで」
風は冷たい。まだ八月ではある。
「ええ……」
季節はずれの、
「雪、か……八月に降るなんて早いな……」
「全部埋められたら……いいんですけど」
「辛い思い出が埋まってくれたら……」
空を見つめ、エルヤはつぶやく。
「埋めたいです……」
抱きつくナンナに暖かさを覚え。
「ナンナ……苦労を掛けるね」
「いいです」
愛情の数だけ抱きしめて、雪は二人の頭に積もる。

*第二部ここらへん うーんまったりペースな

487 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 01:45:38 ID:wALjVcpI
雪は続き。
例年より二ヶ月弱早い雪は、この地をいつもの姿へ変えていく。
「また……ここを使う季節か……」
エルヤのつぶやきにナンナが苦笑した。
「少し早いですけどね」
彼女らが座る椅子、その周囲には喧噪がある。
喧噪の源はエルヤ配下の兵卒らで、それぞれ模擬戦を繰り広げていた。
高さ三メートル、床面積は十かけ四十メートルの長方形くらいだろうか、それはとても広い平屋だった。
寝食、そして訓練をも内部で行われる、ヤール所持の越冬小屋、ロングハウス内である。
雪の中、鈍り、飢える配下を、それが終わるときまで戦力として維持するための建物だ。
確かに暖房器具や居住施設に問題はない。だが、戦士の国では鍛錬を怠らない事を良しとする。
「今日でしばらくはお別れだ。もうまもなく、反乱軍がここへ来る」
下へ向け、大声でエルヤは叫ぶ。
意志の声は強く、迷いはない。
「我々は一時、この土地を離れる」
ざわめきはあった。それでもエルヤの言葉を遮る者は居ない。
それだけの信頼がある。無論実力も。
「攻め込みが一番人員を割くだろう。占領後、他へ人員を割いたときに奪還を行う」
一息、
「いいか?」
周囲を見回し、エルヤは続ける。
「私は父を失った。そして愛しい人を失った」
そこで、ナンナの肩を抱く。
「ここにも愛しい人が居る。そして……」
肩を抱く力が増し、羽根がわずかに開いた。
「信頼できる者がこれだけいる……!」
まだ、言葉は止まらない。
「失いたくない! この地もだ! だから……最終的に負けぬ為、失わぬ為、一時の喪失を我慢する!」
杯を上げれば、全員がそれに従った。

488 二郎剤 ◆h4drqLskp. :2006/10/03(火) 01:46:25 ID:wALjVcpI
「誰も失われぬよう、取り戻すことを良しとする! 我等の自由は、我等の地が無くなったことで失われない」
だから、と次ぐ言葉は、いつまでも続くようで。
「解ってくれるか……?」
誰もが無言でうなずいた。
肩を抱かぬ彼女の手は、ナンナが握る。
「では――失い、取り戻すことから始めよう!」
杯を高らかに、一息あり
「Javel!」「ヤヴェル!」
それは、了解の返答。
「さあ、準備だ。隙があれば一撃くれてやれ。ただし、殺すな」
応答は、再び続く。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa