したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【ミ】『忘れじの瑕、コメットテイル』

1 『幸せ兎』 :2019/03/08(金) 22:34:41

覚えていて悲しんでいるよりも、忘れて微笑んでいるほうがいい。

                     クリスティナ・ロセッティ


   ≪  ザザ――――z__________________ .....  ≫

   
     「…………」
                       
                    「キミも、そう思う?」

        「いいや」

    「おれは――――悲しくっても、覚えてたいよ」

                       「……この景色を。
                         いくつになっても。」

  「はは。理由なんて。だって、生まれ故郷だぜ。この――――」

                           ≪ザザ  ――――― ≫
 
                                       ≪    プツン≫

―――――――――――――――――――――――――――――

★ここは『薬師丸』がGMのミッションを行うスレです。

☆過去スレ(星見板)
【ミ】『ハッピー・ハッピー・コメットテイル』 
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1455891211/

【ミ】『コメットテイル幸福奇譚』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1482053460/

【ミ】『コメットテイル、禍福の星巡り』
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7023/1511075107/

★過去スレ(黄金板)
【ミ】『黄金色ハッピーテール』 
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/netgame/9003/1427557344/

【ミ】『黄金色ハッピーテール』 #2
ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/netgame/9003/1439137290/

45 『サヨナラ_エレジィ・タウン』 :2019/03/22(金) 01:09:57
>>40(小石川)

彼が扱う『刃』は、料理人の手に収まり、
他人を喜ばせるための食を作り出すもの。
小石川の忍ばせる、己を刻み慰む『刃』とは真逆とも言える。

――――もっとも、隠している瑕くらい誰にでもあるものだ。
ことさら、それを暴いて責め立てようとする者はいないだろうが。

「外、この道路をこの方向なら…………『西の方』かしら?」

天雨はそのように言いながら、小石川側の窓に視線を向ける。

挨拶をした相手である城井は後ろに座るサラリーマン風とも会話しているようだし、
距離も天雨を挟む形でやや遠い。小石川の話し相手としては彼女が一番手頃だろうか。

あるいは、後ろや斜め後ろ――――互いに話している様子の⑤と⑥の女性たちもいる。

>>41(黒峰)

      ササイアイ
「アタシ、『笹井愛』だから。名前。
 ま、そこまで言うなら『仲のいい相手』になってあげるわ」

そこまで言っただろうか?
まあともかく、さっそく『知り合い』を作れたようだ。

「不思議とゆーか、タブン冗談なんだろうけど〜〜〜
 だって旅行に『刃物』持ち込んでるヤツとかいたらドン引きでしょ」

        「『サスペンス』じゃあないんだから」

手荷物検査などは、受けていないが……まあ、そんな心配はないはずだ。

>>42(宗海)

「そーいうキレイな物をつくる単純作業、
 ハマる人はとことんハマるんでしょうね。
 ワタシも子供の頃ひたすら『綺麗な泥団子』を、
 作ろうとしたような記憶がありますし――――」

「『禅』かは分からないけれど、
 『精神統一』にはなりそうですしね」

         パチパチパチ……

拍手を程々のタイミングで切り上げて、
美形の青年――――

「ワタシも、あんまり人前で自己紹介とかは得意じゃあないので」

       「こっそりお返しします」

「『刈崎 柊』です。『稲刈り』の刈に、山偏の方の崎。
 『シュウ』は『柊(ヒイラギ)』――――どうぞ、よろしく」

――――『刈崎』は、宗海の雑談に、共感を示す様子で返した。

46 『サヨナラ_エレジィ・タウン』 :2019/03/22(金) 01:10:41
>>43(ヨロズ)

性格は――――今はまだ分からないが、見た目は千差万別。
印象一つとっても、城井のようにジャージ姿で来た者や、
先の喪服やロリータなど『コスプレ』めいた衣装の者、
横の男女のように一般的な『春服』でコーディネートする者、
よくは見えないが、最後尾の男二人のように明らかにガラが悪い者。

「えっ? あ〜〜〜、えっと、しようと思ったんですケド。
 今の人の自己紹介、包丁とかインパクトすごめだったんで、
 そのあとにしても、ちょっとかすんじゃうんじゃないかな〜ってぇ」

「ほら、あたしって地味めだし、暗めだから〜っ」

やや大ぶりな身振り手振りを交えつつ、ベレー帽の少女はそう返してきた。

  「シャロはこういうヤツだから、ほっといていいすよ」

             「ロッちゃんひど〜い!」

横からそのような口を出してきた三つ編みの『ロッちゃん』や、
お菓子を飲みこみつつこちらを見ている銀髪の『ホーちゃん』より、
服装という意味では『オシャレ』だし、声色や振る舞いも『明るい』。

「そういうあなたはしないんですか? 『自己紹介』」

するかしないかはともかく――――その頃添乗員は別の客の方へ近づいていた。

>>44(城井)

「――城井さん、私は『小石川文子』という者です」

「どうぞ、よろしくお願いしますね……」

③に座る喪服の女性も、②の女性――――

「失礼、私としたことが申し遅れましたわ。
 『天雨 智理』です、以後お見知りおきを」

         ペコ

ロリータ服の『天雨』に続いて、挨拶を寄越してきた。人間関係の流れが良い。
ただ、天雨はともかく小石川は2席離れているのでやや『遠い』。
彼女と会話を交わすなら、やはり間にいる天雨も絡んでくる事になるだろう。
喪服とロリータ・・・車酔いしそうなほど『濃い』絵面だが、物腰が丁寧なのは救いか。

「お互い、勢いだけで上手く行くとも限らない、というところですね――――」

補足にそう返すサラリーマン風の視線は、自分ではなく『⑦』の青年に向かう添乗員を見ていた。

>全体

    「 では〜〜〜〜 」
                「 自己紹介どうぞッ 」

添乗員がマイクを向けたのは⑦に座る、『ポンチョ』を羽織る青年だ。
ワンレンボブの髪に、⑧とは毛色が違うがそれなりに整った顔立ち。
高校生か大学生か・・・城井と同年代か、少し上と言った所だろうか。

「は〜い。『緑里 主水(みどり もんど)』でェーーーーーーーす。
 『私立清月学園』大学部1年生、去年までは高等部で『テニス部』してましたケド、
 今は特にサークルとかやってなくって、バイトしてあちこち旅したりしてまーーす」

   「趣味は『旅』」
               「あとーっ……『恋愛』とかっ?」

                     ヘラッ

「実は先週、付き合ってた子と別れたばっかで〜。
 傷心旅行ってカンジの意味もあるんでー、
 目いっぱい楽しんでいい気分で帰りたいなーって。
 そーいうわけで、特に女性陣の皆さん、よろしくお願いしまーーーす」

           ヘラッ

ヘラヘラした軽い笑みには気負いや逸りは感じられず、
こうした人前でしゃべる事にも慣れているのが伺える。

      「 はぁ〜〜いッ、ありがとうございました〜〜〜ッ 」

             パチパチパチパチ……

内容が内容ではあるが、二度目だからかどこか事務的に拍手が起こった。
 
 「 緑里主水クンでした〜 」  

        「 よく旅行をされるみたいですがっ
           今回は『ミステリーツアー』ですので〜 」

            「 きっと今までにない体験が出来ると思いまぁ〜す! よ! 」

彼の視線が向く先はやはり女性――――⑱に座る茶髪ロングヘアの少女や、
宗海、②の天雨、あとは⑥の笹井など、10代後半〜20代前半の、歳の近い女性陣だ。

そうこうしているうちに――――バスは知らない町並みを抜けて、高速道路に入ろうとしていた。
添乗員は引き続き自己紹介を求めているが、雰囲気からしてやるとしてもあと一人といったところだろう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板