したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

【ミ】『Victim島』

192 夢見ヶ崎明日美『ドクター・ブラインド』 :2019/03/22(金) 14:58:00
>>190

元々この世界にいなかった存在というのは目に付きやすい。
ついさっき自分たちも呼び止められた。
この『異人』というのが『例のヤツら』なのは間違いないだろう。

「それはメンヨウな……。
 いえ、もしや『ソレ』は『アレ』では……??
 ヤッさん――ついに『テガカリ』をえられたかもしれませんわ」

《コレにのっかったほうがよさそうだよね??
 『アドリブ』でやってみるから、もしミスったらフォローよろしく!!》

ヤッさんに呼びかけつつ視線を送る。
この『チャンス』を逃す手はない。
できるだけ深刻な表情を浮かべて話を始める。

「スズリさま――ワレワレはゆえあって、その『イジン』をおってタビをつづけていたモノ。
 その『イジンたち』が、ワレらのおうモノやもしれません。
 どうか、ワレワレを『ジュウシャ』としてドウコウさせてはいただけませぬか??」

「ワレらはスズリさまのようなヨロイやブキをたずさえてはおりません。
 ですが、みずからのミをまもるスベはココロエております。
 コレでも、ながらくタビをつづけているミでございますので」

「『イコクじん』であるワレワレがいるとしれば、
 『イオンこくおう』もスズリさまをムシするワケにはまいりますまい。
 かならずやキョーミをもつハズでございます。
 おそらくは、『ダイジン』となった『イジンたち』も……」

『ウルトラなんたら』は、夢の外から来たヤツらだ。
同じような人間が現れたと知れば、それを確かめるために姿を現すハズ。
その場で『やっちまうかどうか』は、またその時に決めよう。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら



掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板