したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |
レス数が1スレッドの最大レス数(1000件)を超えています。 残念ながら投稿することができません。

ワンピース専用ネタバレスレッド Part014

158 ◆Y2W9XcQKa6 :2017/05/24(水) 12:12:10 ID:qhc/Wnzk
第866話 NATURAL BORN DESTROYER

当時5歳だったリンリンは普通の人間の両親から生まれた子供だったが身長が5メートルを超えていた
その体格と無邪気な性格からか故郷の地にて多数の損害を出しエルバフの地に単身島流しされる

エルバフとカルメルの説明
100年前世界を震撼させた巨兵海賊団だったがある日二人の船長が行方をくらまし伝説となる
トップを失い油断した残党が海軍に捕まり処刑されそうになったところに一人の若きシスターが現れる
彼女の名はシスター・カルメル。今処刑を行えば巨人族の怒りを買い人間は報復されると説くカルメル
カルメルはやがて聖母(マザー)と呼ばれ種族や身分を問わない行く当てのない子供達を保護する「羊の家」という施設を開く

羊の家に迎えられるリンリン
その無邪気さから手長族の子の手を引き千切ろうとしたり魚人族のヒレを千切ろうとする
カルメルはそんなリンリンの行いを一切咎めず、また他の子供達にもリンリンと仲良くする様に説得した
10年後、巨人族からも受け入れられたリンリンは村の広場にて巨人族の女の子と仲良く遊んでいた
同じ広場では子供のハイルディンが鍛錬に明け暮れている
そんなハイルディンを温かく見守る二人の巨人がいた
元巨兵海賊団船長にして世界最高齢の戦士、滝ひげのヨルル(344才)と山ひげのヤルル(345才)

エルバフでは冬至祭までの12日間、断食を行い太陽に感謝をするという風習があった
断食を始める前にはセムラという甘くておいしいお菓子を食べて栄養をたくさん取ることになっている
巨人の村にてセムラを食べたリンリンはその味の虜になってしまいセムラをドカ食いする

そして始まる断食、6日目まで耐えたリンリンだったが7日目にして食いわずらいを発症、巨人の村を壊滅させる
ヨルルはリンリンを子供の姿を借りた悪神だと断罪、カルメルの必死の説得も聞かず処刑を執り行おうとする

次週へ






掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa