したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる |

クリスタ「私ってなんでユミルにすかれているの?」

1 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:01:19 ID:olKr/VjU0
ユミル「え?」
クリスタ「いや、だからさ。なんで私の好きな人にもてなくて、女の子のユミルに好かれるのかな?って」
ユミル「いや。それは私たちが愛し合っている・・・・・てクリスタ私以外に好きなやついるのか!」
クリスタ「え いやそれはその・・・・」
ユミル「だれだ!教えろ!そいつをぶっ殺す」
クリスタ「ちょっと!ころしちゃだめでしょ!その人はいい人だし優しいし、笑顔が素敵だし、同じ金髪だし。」
ユミル「なに!金髪。ライナーか?あのホモゴリラぶっとばしてやる!」
クリスタ「ちょっと!ちがうし、ころさないで!」
ユミル「じゃあ、だれだよ!」
クリスタ「それは・・・」

2 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:11:58 ID:Jgfi1wRQ0
ーいっぽう男子寮ー
アルミン「ねぇエレン。」
エレン「なんだ?」
アルミン「なんでさ、へんな男子や女子にもてられて、僕の好きなとに好かれないの?」
エレン「自分で考えてみろ。アルミンには、正しい答えを導く力が・・・え!アルミン好きな人いるのか!」
アルミン「そりゃぁいるよ。その人は笑顔が可愛いし、優しいし馬術が得意だし、顔も可愛いし!まさに天使だよ!」
エレン「そうかがんばれよ!それより・・・・好きな人って誰だ?」
アルミン「それは・・・エレンになら教えてもいいか!」
アルミン「それは・・・」

3 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:15:08 ID:4muEJyfI0
クリスタ「アルミン!!!」


アルミン「クリスタ!!!」



ユミル「はぁ!あんな弱そうで非力なやつのことが!」
エレン「クリスタかぁ。いいんじゃないか。」
ユミル「絶対だめだ!」
エレン「応援するぞ!がんばれ!」

4 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:19:33 ID:z2SaL.Zk0
クリスタ「アルミン!!!」


アルミン「クリスタ!!!」



ユミル「はぁ!あんな弱そうで非力なやつのことが!」

エレン「クリスタかぁ。いいんじゃないか。」

ユミル「絶対だめだ!」

エレン「応援するぞ!がんばれ!」

クリスタ「どうして?」

ユミル「あんな奴にクリスタのこと守れると思ってんのか!」

クリスタ「ひどいよ!ユミルなんてもう嫌い!」

ユミル「クリスタ!悪かった。まってくれ〜〜〜〜〜」

5 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:30:04 ID:6h5QdSls0
エレン「ではこれより、アルクリ作戦をたてる!」

アルミン「なんかキャラ変わってるね。」

エレン「そこはssの力で。」

アルミン「うん。わかった。でなにすんの?」

エレン「まず、クリスタといっしょに飯を食べることだ。」

アルミン「でも・・・ユミルが」

エレン「心配するな。秘密兵器を用意した」

ミカサ「ユミルは私がなんとかする。」

アルミン「わぁ。いつのまに! てゆうか、ここ男子寮だよ!」

ミカサ「そこもssの力で。」

アルミン「わかったよ。 でも話す話題が・・・」

エレン「そこは俺がなんとかしてやるぜ!」

アルミン「なんかエレンがたくましくみえる」

エレン「では、明日に備えて寝よう」

アルミン「うん。そうしよう!」

6 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:34:49 ID:y8nDAU5M0
ー次の日ー

アルミン「おはよう」

エレン「おはよう。じゃぁ食堂いくか。」

アルミン「うん。でも緊張するな」

エレン「大丈夫。さぁ行こう」

―食堂ー

エレン「クリスタ一緒に食べようぜ。」

クリスタ「うん。いいよ」

7 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:44:33 ID:n7hsz9ag0
アルミン「僕も一緒だけどいいかな?」

クリスタ「ぜんぜんいいよ。むしろうれしい。」

アルミン「え?」

クリスタ「なんでもないよ。さぁ食べよう」

クリスタ(アルミンと食べれるなんてラッキ〜〜)

アルミン「クリスタここ座って」

クリスタ「うん。ありがとう!」

8 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:49:04 ID:n7hsz9ag0
エレン「でさぁここがこうでさぁ」

アルクリ「あはははは」

アルミン「僕もこうでさぁ」

クリスタ「本当に! 面白い」

アルミン「なんとか話せてる。いい感じだ!」

エレン「じゃぁ訓練行くか!」

アルクリ「うん!」

9 進撃の名無し :2014/03/16(日) 00:51:18 ID:n7hsz9ag0
いい感じだね

10 進撃の名無し :2014/03/16(日) 00:51:52 ID:n7hsz9ag0
いい感じだね

11 進撃の名無し :2014/03/16(日) 00:52:22 ID:n7hsz9ag0
いい感じだね

12 アルクリ神 :2014/03/16(日) 00:54:37 ID:n7hsz9ag0
ユミル「きぃぃぃ ミカサのじゃまがなければ」

ミカサ「ごめんなさいユミル。でもこれで、二人とも幸せになれる。」

ユミル「ちぇ。 クリスタが幸せになればいっか。」

ミカサ「ありがとうユミル。」  

ユミル「勘違いすんな。私はクリスタのためにやってんだ」

13 進撃の名無し :2014/03/16(日) 11:19:30 ID:ao67GZA60
厨房か?ユミルがきぃぃぃなんて言うか?

14 進撃の名無し :2014/03/16(日) 12:33:00 ID:owK1XKM60
>>9-11
何だ、これ?
自画自賛?

15 進撃の名無し :2014/03/16(日) 13:13:04 ID:e48aTpAU0
自演ワロタ

16 進撃の名無し :2014/03/16(日) 18:35:46 ID:8Bw7IIGQ0
キャラクターが崩壊してるね
SSの力借りすぎだろ

17 アルクリ神 :2014/03/18(火) 21:21:38 ID:yb98Wbsg0
ー夕食ー

アルミン「エレン、今日も疲れたね。」

エレン「ああ、そうだな。」

アルミン「またクリスタと食べられたらいいのだけどなー」

クリスタ「よんだ?」

18 アルクリ神 :2014/03/18(火) 21:23:59 ID:yb98Wbsg0
あの9−11は僕の友達がふざけてかいたものです。すいません。

19 アルクリ神 :2014/03/24(月) 16:21:29 ID:e8YjQxY60
アルミン「うわぁクリスタ! あのまた一緒にご飯食べない?」

クリスタ「うん!もちろん」

アルミン(やった!またクリスタと食べれるなんてついてる! クリスタ僕のことが好きだったりして)

クリスタ(またアルミンと食べれるなんてラッキー♪)

20 アルクリ神 :2014/03/24(月) 16:27:14 ID:e8YjQxY60
アルミン「でさぁあれがあれでー」

クリスタほんとにー可笑しい」 クスクス

ベルトルト「あの二人なんか仲良くなっていい感じだね。天使が2人いるみたい」

ライナー「そんな俺のクリスタがーーー」

アルミン「じゃあまた明日」

クリスタ「うんまた明日。明日も一緒に食べようね」

21 進撃の名無し :2014/03/24(月) 21:54:42 ID:DJWPVQLk0
可愛いな
期待

22 進撃の名無し :2014/03/26(水) 16:05:24 ID:X8387BEc0
期待

23 アルクリ神 :2014/03/29(土) 22:35:58 ID:lTq76yx.0
ー男子寮ー

アルミン「はぁ楽しかった。また食べたいな」

エレン「なあアルミン」

アルミン「なに?」

エレン「明日告白しろ」

24 アルクリ神 :2014/03/29(土) 22:43:10 ID:lTq76yx.0
アルミン「え!なんでそんないきなり」

エレン「俺が見るかぎりクリスタもアルミンのこと好きだと思うぞ」

アルミン「え本当?でも自信がない」

エレン「自信をもて!お前ならいける」

25 アルクリ神 :2014/03/29(土) 22:48:24 ID:Co3daSSc0
アルミン「うんわかったがんばるよ」

エレン「ああ。応援しているぞ!」

ー女子寮ー

クリスタ「今日は楽しかった。」

ユミル「クリスタ、明日告白しろ。」

クリスタ「え!なんで急に」

ユミル「あいつもクリスタの事好きだぞ」

26 アルクリ神 :2014/04/02(水) 19:34:23 ID:.rYk/NTg0
クリスタ「ええ!そんなわけないじゃん。からかわないで!」

ユミル「いやこれは本当だ。お前なら大丈夫だ」

クリスタ「うんわかった。ユミルがそこまでゆうなら明日告白するよ」

ユミル「さすが私のクリスタ。物わかりがいいな」

27 アルクリ神 :2014/04/02(水) 19:38:58 ID:.rYk/NTg0
ー次の日ー

アルミン「ねえクリスタ」

クリスタ「なに?」

アルミン「今日も一緒に食べない?」

クリスタ「うんいいよ」(これは告白のチャンス)

アルミン「じゃああそこで食べよう」

クリスタ「うん」

28 和紙ZOY :2017/06/19(月) 21:32:28 ID:jTn.aaR20
期待期待期待 
はよ
文句言うなら見んな


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

思春期 - 谷 郁雄

淡く、切なく、儚い写真詩集
エッチな気持ちとピュアな気持ちの狭間で悩む男子
日々大人へと変わっていく心とからだに戸惑う女子
私たちが忘れてしまった、儚く残酷なー思春期
女子高生の写真と、詩で織りなすエロティシズムの世界

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa