したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | メール まとめる | |

アニ「お洒落に目覚めた」

104 進撃の名無し :2016/11/12(土) 09:03:52 ID:sQ5m1WBY0


食堂


クリスタ「あっ、ユミル!エレン来たよ!」

ユミル「ミカサ付きじゃねーか…」


アルミン「ふっ2人とも遅かったじゃん!」キリキリ

エレン「ちょっとな…」

ミカサ「…」しょんぼり

アルミン(なんか2人ともテンション低いな…)

ユミル「うぉい!エレン!」エレンの胸ぐらを掴む

エレン「Σな、なんだよっ?!」

ユミル「お前、アニとすれ違わなかったか?」ギロ

エレン「…」

ユミル「すれ違ったんだな?」

クリスタ「アニとなんかあったの?!」

ミカサ「…」

アルミン「みっ皆、あっちで話そうよ!他の人もいるわけだし」

ユミル「…」エレンの胸ぐらを離す

アルミン「さっ、行こいこ」



サシャ「あ、パァンが2つ余ってるじゃないですか〜〜!」

サシャ「いただきまーす♪」


コニー「おい、なんか訳分かんねーんだけどこれは俺が馬鹿だからじゃねーよな?」

ライナー「ああ…俺も分からん」

ベルトルト「エレンのやつ絶対アニに何かしたんだ」ゴォォォォォ

ジャン「Σげっ…」思わず逃げる

ベルトルト「許さん!待てエレン!」ドカッ

ジャン「いっ…」ドタッ

ライナー「お、おいベルトルト待てよ!」バタバタ


ジャン「」気絶


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!(2) (ガンガンコミックスONLINE) - 谷川 ニコ

「高校に行けば自然とモテると思っていた。」

そんなふうに考えていた時期が私にもありました。

当然、夏休みだって、ぼっちです。。?

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


read.cgi 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa