したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

週刊少年ジャンプ以外の漫画雑誌総合スレ5

147 Q5 :2018/01/10(水) 22:42:47 ID:gVk8kjHE
・月刊アフタヌーン2月号(簡単な感想)後半戦
●ブラックボックス
ボクシング漫画。コーチの親父は刑務所で弟は死んだのかな。逆「明日のジョー」?。とにかく、敵も味方もボロボロな漫画ですね。
●ライフ2ギバーテイカー
妹を殺した犯人を捕まえようとする警官主人公のサスペンス漫画。敵も然る者引っ掻くもの、なかなか尻尾を掴ませようとしないですね。上司も然る者。
●一日三食絶対食べたい(読み切り)
氷河期に突入した世界で、貧窮に喘ぐ主人公たちの命がけでシュールなお仕事賛歌コメディ。「宝石の国」に通じるシュールな笑いと前向きなアットホームさを兼ねたような内容でした。もう少し設定を煮詰めるともっと面白くなりそうな感じです。
●月に吠えらんねえ
有名や作家や詩人の作品傾向を擬人化して、近代文学の歴史を物語に例え作者のメッセージを加えた様な難解な漫画です。はっきり言って某「第三世界の長井」よりは分かりやすそうですが、やっぱりほとんど分かりませんw白秋と朔太郎って師弟なのか。とにかく反戦メッセージを感じる。
●バギーウィップ
テニス漫画。真ん中に集める作戦かあ。しかし、この実力だと予選突破は出来なさそう。
●金の羊
高校になって故郷にも追ってきた主人公、旧友はすっかり性格が変わっていって・・青春トラブル漫画。意外な展開!この先どうなる??よし南極にいこうぜw
●シンギュラリティは雲をつかむ
変形ロボみたいな飛行機を使いこなす主人公の戦争漫画。説明不足な感は否めないが、市(風の谷?)を軍からうまく取り戻したって事だね。しかしピンチは続くって所か。
●ぼくは愛を証明しようと思う
恋愛指南によりモテ男となったが、調子に乗りすぎて恋愛で会社をクビになった主人公の物語。テレビドラマ化おめでとう。果たして傷心旅行中のアバンチュールはうまくいくのか。
●ダレカノセカイ
クリエイターと呼ばれる超能力者たちの戦いを描いたSFアクション。いまいち、戦いの状況がわかりにくい。構図が悪いのか、コマとコマのつながりがよく分からない。もう少し流れるように戦いを描いてくれると嬉しい。でも絵は細かくて綺麗です。要するに敵のもう一人のクリエーターの怒りによって、主人公は作られた別世界に閉じ込められたって事かな。
●少女回路(最終回)
ほぼ同じ顔の少女しか出ない、シュールでほんわかとした笑いのサイレント4コマ漫画。癒やしとして最高だったのに、終わるの残念至極w
●魃鬼
少女を生け贄にする因習がある村に引っ越してきた主人公のサスペンスホラー。この村狂ってるよーw村の神の儀式ためなら殺人も日常茶飯事。主人公の母が村に反旗を揚げた?
●恋の罪
スウェーデンの中世(?)を舞台にした主人公と婚約者を引き裂こうとする陰謀を巡る愛憎劇。父親の弱みを突く作戦ですか。愛情に飢えた女主人と暇をもてあます貴族の戯れの恋ですね。ドロドロな体関係w
●ソフトメタルヴァンパイア
吸血鬼の弱点である銀を操るの能力の主人公の化学式アクション漫画。絵も綺麗だし戦いも見やすく分かりやすく迫力があって面白いのに、掲載が後ろの方だ。化学式はいやな勉強を思い出すから学生に敬遠されるのかなwしかし、頭で考えるだけで化学合成や分解反応を起こせるなんて、実験器具がいらなくて科学者が欲しい能力ですね。
●もう、しませんから
漫画界関係のレポート漫画。今回は「ブルーピリオド」の作者のインタビュー。藝大って入るのも難しいけど、入っても毎日が創造に苦労しそう。卒業後の就職口とか安定してるのかな。

次号、「それでも町は廻ってる」(ヤンキンアワーズ)の作者の新連載がちょっと楽しみです。あと、「甘々と稲妻」(Gアフタヌーン)や「終わりのセラフ」(ジャンプSQ・月マガ・ラノベ文庫)って講談社漫画だったのか。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

裸にいっぴん - 青山 裕企


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa