したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

ニセコイ談義場

289 感想下記 :2018/04/14(土) 22:52:24 ID:3ILS2jFg
・映画化にあたり
さて映画化にあたりかつてニセコイ感想を書いていた自分も映画がどんなになるか大胆に予想してみたいと思う。
まず映画化されるなら1巻からスタートし6巻の学園祭編までの話の中から重要なイベントをピックアップしてやるべきと考える。
上げられるイベントとしては
・千棘転校
・偽の恋人スタート
・千棘と倉庫に二人っきり
・小野寺告白、野球ボール事件
・つぐみ登場
・林間学校
・千棘誕生会、昔に出会ったことあるかも疑惑
・マリー爆誕
・海旅行→キムチ
・伝説のロミジュリ

このあたりがキーイベントとして6巻までに配置されています。
使える時間としては斉木楠雄のΨ難の映画が97分ということなのでこのあたりに収めようとするのではないかと予想。
作品の方針としてどう書くかにもよりますが一番無難なのが

「もともと中学時代から知り合いだった女の子のことがカワイイと思いながらも
新たに出現した転校生と偽恋契約をしているうちにそっちの子との仲がどんどん良くなっていくお話」

というシンプルな話にもっていくのが妥当なのではないかと思います。
うん、字面にしてみると小野寺サイドからすれば本当ひどい話だな!
これ!やっぱり二股じゃないか…(呆れ)

時間的な制約や内容をわかりやすくシンプルにすることを念頭におけば
つぐみ、マリーはリストラですね(無慈悲)
流石に小野寺さんと千棘ちゃんの話を掘らないといけないところに追加の二人の話をやるのは物理的に困難が予想されます。
春ちゃんと結姉さん、ムリムリそこまで話つめれないー
この時点でニセコイの魅力のマルチヒロインシステムが崩壊しそうなのでもう破滅が見えてきそうな感じです。
その上でイベント整理
・千棘転校
・偽の恋人スタート
・千棘と倉庫に二人っきり
・小野寺告白、野球ボール事件
・林間学校
・千棘誕生会、昔に出会ったことあるかも疑惑
・海旅行→キムチ
・伝説のロミジュリ
ちょっとすっきりしました。
イベントとして鍵関係の話が必要になりそうなのでこのあたりの話を軸に組み立てるのかなと思います。
さらにさらにヒロインをリストラすることで話をスマートにすることも可能

禁断の小野寺さんリストラ方式

こうした場合は以下のイベントの流れになります

・千棘転校
・偽の恋人スタート
・千棘と倉庫に二人っきり
・林間学校、千棘昔仲良かった男の子を思い出す
・千棘誕生会、昔に出会ったことあるかも疑惑
・海旅行、本当の恋人だったらどうかな?→塩対応にブチ切れ事件
・伝説のロミジュリ

おお、すごいすっきりしたなー(棒)
小野寺さんをヌメロンコードの力で主人公の楽と同級生の友達で転校してきた千棘ちゃんと仲の良い女こという設定に書き換え
その上で二人の恋愛をサポートするようなキャラとして運用すればこのような話にもっていくことも可能である
結果そのほうが小野寺さんにとっても幸せだし、小野寺さんは小野寺さんでいい人を見つけてくればいいよ(錯乱)

しかし果たしてそれはニセコイなのか…
マルチヒロインをどこまで残すか、あえて潰すか
その塩梅が映画化でのポイントになりそうな気がします

ただ全く違った作品に書き換えられてもまあニセコイだし…原作終盤のほうがア(ry
その一言で済みそうな空気もこの作品の魅力だと思っています
どんな作品になったとしても闇鍋的な味は堪能できそうなので作品の完成を待ちわびたいと思います。


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 ?夏? - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa