したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

映画感想スレ(3)

1 真ナルト信者 :2015/08/11(火) 15:59:21 ID:???
洋邦実写アニメまとめて語りましょう

682 感想下記 :2017/12/23(土) 17:59:54 ID:3ILS2jFg
スターウォーズエピ8
ネタバレ注意
この感想は個人的なスターウォーズエピ8に対する感想がつらつらと書かれています。バンバンネタバレもあるので注意を。




まずは悪かった点からスタート

①気がついたら共和国が滅んでいた
いやいやいやいやいやいやいやいや
前作のファーストオーダーは一勢力であって共和国を潰せるほどの力じゃなかったのではと記憶していたのですが…

あれか?前作でファーストオーダーの秘密兵器が炸裂したから共和国が滅んだのか?
というか共和国の残党は?残った軍事力は?
それまでファーストオーダーと小競り合いしていて共和国は弱っていたのか?

なんとも前作のファーストオーダーのポッと出感からの共和国が出落ちで滅んで残りはレジスタンスだけなんだよなぁ…というスタートは違和感バリバリでした。

②ほうれんそうのできないガバガバれじすたんす
あのさぁ…作戦があるなら皆に周知させようぜ。
いやホルド提督の逃げの一手は確かに辛い作戦だけどちゃんと作戦方針を皆に伝えたら従うはずやぞ。というかリスクの高すぎるポーの案はやっておいてそれが失敗した上での次善策にするとか全然ありだと思うんですけど(殺意)。

ポーの案が成功したらクルーザーでジャンプし逃げる
ポーの案が失敗したら輸送船で予定の星に逃げる

ちゃんと話しあえばこれぐらいの作戦は小学生にでも立てれるんだよなぁ
結局話し合わなかったせいで必要のない内ゲバが発生
しかも内ゲバ発生後にホルド作戦の全容を知ったポー
「この作戦いけるやん!」

オイィィ!?(錯乱)
いやまぁ娯楽作品なのでこんな細かい点突っ込んで見なくてもいいんですけど、いいんですけど、いいんですけど

③裏目に出る作戦、作品バランスの悪さ
個人的な好みになりますが作品としてのマイナスとプラスの悪さが目立つ印象です。

例えばDJというハッキングのできる有能が仲間になって途中で裏切るのですが、裏切ったあとエピ5のランド=カルリシアンみたいに再度こっち側についてくれるんじゃないかって皆期待すると思うんですよ(強要)
世の中金だけど気の合うやつと一緒にやるのも楽しいんやで!みたいな流れで(妄想)

だから2足歩行マシンがフィン達を助けたのはDJがハッキングしてくれたおかげや!
DJは帝国軍をさらに裏切るんや!みたいな流れになると思ったんですよ。

残念BB-8ちゃんでした!
その後DJの行方を知る者は誰もいなかった…

なんというかマイナスイベントがその後のプラスイベントの布石になるみたいなものが無いんですよね

帝国の船に侵入してもは結局はれじすたんすの作戦ばらしにしかならなかったし
フィンが特攻をしかけて豚ロースが邪ま…じゃなくて助けるのも、結局負傷兵が一人増えただけだし、防御壁破られるし、豚ロースがご満悦な演説を始めて罰ゲーム的なトンカツキスが炸裂するし

いやまあみんなの心意気がわかるのですがなんというか主人公陣営がおこなった行動が全然好転する方向に転ばないのは流石にどうかと思う。
まだ鉄血のオルガのほうが意味あることしてるぞ(止まらない感)

このあたりをもってバランスの悪い作品と言わざるをえない

後半に続きます。

683 感想下記 :2017/12/23(土) 18:02:29 ID:3ILS2jFg
スターウォーズエピ8
この感想は個人的なスターウォーズエピ8に対する感想がつらつらと書かれています。バンバンネタバレもあるので注意を。
後半編スタート




④主人公補正が強い
作戦があれな分、主人公補正は強いという追撃のクソコンテンツ
特攻作戦で船に爆発がおきました!
周りの敵はやられて自分達は無事!←まま、許したる
レイはいつの間にかミレニアム・ファルコンに乗ってました←まま、許したる
特攻に失敗したフィンと豚ロースが基地に帰還しました←ファ!?

いやさぁどう考えても敵陣のど真ん中で墜落してますよね。
負傷兵がいますよね。
救出するのは難しいですよね。
救出できるほどの戦力もいませんよね。

何故無事に帰ってこれるんだ!?
見ていた時はさほど気にしなかったが落ち着いて考えればむちゃくちゃにもほどがある

いやまぁ主人公補正で帰れました!キー人物なので無事でした!
でいいんだけどさ!いいんだけどさ!こんなチープなことやらんほうがええよ!
と流石に少しは言いたい。
その一方でアクバー提督サクっと殺しやがって絶対に許さない、絶対にだ!(とばっちり)

主人公補正が強すぎる作品は反感を買う、ニセコイという作品がそれを証明してくれている。次のやつもこれに近い。

⑤私がレジスタンス提督レイア・オーガナである!!
物語の序盤にレイアのクルーザーが攻撃される
→宇宙に放り出されるレイア
→そこからいきなりの宇宙遊泳
→重症ながらも生還
→物語後半でピンピンしてる

ふぉーすのちからってすげー(棒)

いやまあいいんだけど、フォースのちからでどうにかなる世界だからいいんだけど
流石に宇宙遊泳しはじめた時は霊体になったんじゃないかと思っていました(素)
でも生きている
ああ、あれだレイアがあと10人いたらファーストオーダーは敗北するとかいうあれだ

その前のカイロ=レンの葛藤とかが良かった分なんともいえない気分になりました。
まあ豚ロースの帰還に比べればフォースで説明できる分許容範囲内なんですがなんといもいえないピンボケセンスを感じざるをえない

⑥スノークとはなんだったのか?
ファーストオーダー総司令スノーク!
見た目は悪そうなETをしたこの男、ダークサイドのフォースはすごく強いぞ!
カイロ=レンの心も読み取るぞ!
→慢心したのかカイロ=レンの心を読み違え敗北

いやこいつの出自とか正体とかカイロ=レンとの出会いとか全然わからないんですけど
いきなりザクっとやるのは意外性あってよかったけど流石にもう少し補正しても…

もしかしたらドン=サウザント様みたいにやられたふりをして最後の最後でかっこいい姿になって再臨するかもしれないし!
いやそうだきっとそうだよ!俺はその可能性に花京院の魂を賭ける!

そう言いたくなるぐらいの消化不良はありました

⑦せんそうびじねす
なんとファーストオーダーとレジスタンスの戦いの裏で富を搾取する存在がいるんやぞ
→で?(威圧)

いやそういう存在がいる世界観だっていうのはいいんですけど、じゃあそいつらが一体この物語でどういう役割をしているのか全然見えてこない。
真の敵として武器商人を今後出す予定があるんですか?戦うの?

話題にのぼるもその後は放置という

あれだArc-Vシンクロ次元編にも通じる自分は世の中の仕組みのおかしさはわかっているんだよー!でも具体的な提案は何一つできないよー!
というクリエイターとしての浅さみたいなやつだ。
カジノで暴れたから満足やみたいな発言もなんともいえないこのシンクロ次元臭

調理できない素材を厨房に持ってくるという愚かさ
ここらへんも作品としてのピンボケ具合が本当に強い


総じて作品全体にあふれるなんともいえないグダグダ、ピンポゲがあふれた作品だと思います。まあ良い点もあるので悪い作品ではないとは思います。
ただ決していい作品と手放しに褒めれる作品ではないことは間違いないと個人的に思います。

684 感想下記 :2017/12/23(土) 18:20:04 ID:3ILS2jFg
スターウォーズエピ8
ネタバレ注意
この感想は個人的なスターウォーズエピ8に対する感想がつらつらと書かれています。バンバンネタバレもあるので注意を。





良かった点を次に


①カイロ=レンがかっこよかった(こなみ)
前作ではクソ雑魚ナメクジだったレン君が大活躍
ヘルメット無し、まだまだ弱気なマインドがのぞかれる中奮闘していました
彼のやり方がいいか悪いかは別として彼自身のがんばりは評価してあげたいなぁと思いました。

作品としてのピークがスノークを倒してカイロ=レン無双したとこだったのでそのままカイロ=レンがかっこよく総司令になり、レジスタンスをぶっ潰して終わりでも良かったです(極論)。

しかしやはり僕らのカイロ=レン、そんなかっこいい役に収まるわけはなく突如現れたルークに一斉射撃の命令。
「いやいやここは即一騎打ちだろ、そんな一斉射撃なんて小物がすることやぞ」と優しく声をかけたくなるぐらいカイロ=レンの小物っぷりが炸裂してご満悦でした。

②ルークのクズっぷりがよかった(こなみ)
ルークもすごく小物クズでよかったです。
人間間違いをおこすもんなんやというのを感じさせます。
あれだけジェダイを最後にしたかったのに結局はジェダイに愛着を感じるというところもなんともいえない哀愁が漂っていました。

③次回への引きがよかった
ラストは馬小屋に生まれた新しい希望、まさに啓示的である
次回で終わるのだがこの少年がどう物語に関わるのかというワクワク感は本当によかったです。
色々文句垂れたいところもありますが次はどうなるか気になったという意味では良かったです。

良い点としてはこのあたりですね
割とキリスト教の色が強いなーと思いました

685 那覇 :2017/12/23(土) 22:34:50 ID:ZCeDuKfA
スターウォーズエピソード8
結論からいうと大満足でした。
他の方も言ってる通り良い意味で予想を裏切る展開が多く退屈しませんでした。カイロレンがかっこいいしルークも活躍するし新作のキャラと昔のキャラ両方ともいいバランスでスポットが当たっていてとても素晴らしい作品でした。

>感想下記さん
DJは再登場して味方になりそうな気もします。
最後に出てきた少年は深い意味ないんじゃないかな。あの少年が大きくなって戦える頃にはレイもかなり年取っちゃうし。
武器商人の件は一応暴れて痛い目に合わせてるし叩く所でもないと思います。あの世界で大手を振って歩いていけるのは帝国軍に与するしかないという象徴のような存在でしたね。あれがあるからこそ援軍が全然こない展開が不自然に感じないしあそこは必要だと思います。

敵を倒すことよりも味方を助けることが大事というテーマが最初から最後まで通してあって筋が通った映画でしたね。

686 わんのねこ :2017/12/26(火) 17:11:42 ID:ohZQK3cc
・仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL
清清しいお祭り映画。仮面ライダーが力を合わせて超悪い大槻ケンヂをぶっ倒すぞ。

神と御成の存在感が強すぎる、のでライダーはドラマに徹することができる。
先輩ライダーの格を維持しつつ、エグゼイドとビルド、クローズが
ちゃんと映画の主役になっている。ナイスなバランスですよ。

・未来のミライ
山下高明は?西田達三は?ちょっとちょっと、そこ大事よ!
「バケモノの子」はちょっと気取りすぎた感があるので、
今回はもっと細田守の人間性が滲みでたフィルムであることを期待しますよ。

687 みる子 :2017/12/31(日) 17:19:17 ID:2ahjW22U
・今年の劇場映画いろいろ+α
BEST映画は『ローガン』。アクションもドラマもガツンときました。

5位までを選ぶなら、
マイティーソー・バトルロイヤル
スターウォーズ/最後のジェダイ
スパイダーマン・ホームカミング
ジャスティスリーグ
ほぼ横並びでこの四つ。

次点:ガーディアンズ2、ブレラン2049等
ガーディアンズは終盤でボロ泣きしましたが、リミックスの邦題通り若干の焼き直し感も。
ブレランは往年のファンの方の考察を聞いてようやく補完できた気がします。

去年枠:シン・ゴジラ、ガルパン
両作共に劇場に行っときゃよかったなと。年始に『君の名は。』放送するそうなので、そちらにも期待。

シリアス枠:沈黙、ダンケルク
エンタメと並べるのと違和感が凄いので除外しましたが、どちらも傑作。

劇場で観たどれもが面白かったので、今年は特に当たり年だったかもしれません。
年の瀬に長々と失礼いたしました。皆様良いお年をお迎えください。

688 わんのねこ :2017/12/31(日) 22:08:37 ID:p8zxVyx6
・スターウォーズepisode8最後のジェダイ

皆さんお待ちかね!
ついにハン・ソロを倒したカイロ・レン。
ですが、怒りに燃えるレイは、銀河とジェダイの未来を賭け、
最大最後のジェダイファイトをスノークに挑みます。
SWエピソード8『さらば師匠!スカイウォーカー、黄昏に死す』
にレディー!ゴー!!

面白かったです。レイがたまに室伏に見えたけど、
無骨さと戦士としての美しさを備えている証左なんだろうさ。
アニメ以外の映画を観たのはこれが今年最初だわ。
2時間半はけっこうきつい。

689 ガフ :2018/01/03(水) 18:07:58 ID:7Cfbvfg6
〇アイアンマン
冒頭のインタビュアーで即堕ち2コマを見ている気分に

〇アイアンマン2
公聴会はどっちもどっち過ぎて片方を応援しづらい

電撃鞭オジサン、トニーを殺したいならもっとまともな武器を使うべきでは
生身ほぼむき出しとか銃で攻撃されたらどうするんだ

トニー・スタークはビデオメッセージで父親に愛されていたと知る&命の危機を脱したのに
イヴァンが父親から受け取ったものと言えば極貧生活とスターク一族への逆恨み…ひどい格差だ

別れた妻がクソの役にも立たなかったのも残念

〇アイアンマン3
ホームセンターで装備揃えて敵地に突撃するのホームカミングでも見たな
意図的にかぶせたんだろうけど

690 みる子 :2018/01/05(金) 12:29:37 ID:2ahjW22U
・キングスマン ゴールデンサークル
新年1発目の劇場鑑賞。しかし期待値を上げすぎたかな。前作と比べると… な感じ。
キレのある立ち回りは相変わらずですが、あの殺戮教会を超えるものはなかったです。

前作では安易に色恋にしないのがクールだったけど、やはりヒロインはランスロットことロキシーにしとくべきだったかも。
敵役もサミュエルやガゼル(ソフィア・ブテラ)ほどの華はなく突き抜けきれていない印象でした。残酷趣味も火加減間違えてる気がする。
テキーラを演じたチャム公にも今回は珍しく期待してたんですけどねー。もうちょっとがんばろ?

ただそれでも、前作に絡ませてくるシーンでは何度か目頭が熱くなりました。この辺りの演出は流石。
全体的に粗い印象でしたが、この作品世界が好きなので何とかまた続編やってほしいですね。

・君の名は。 地上波放送
テレビアニメOPのような演出に始まり、2人が入れ替わりに気付いたタイミングでメインテーマが流れる。
冒頭約30分でのクライマックスが掴みとして最高だったと思います。作画も超リッチで大ヒットする理由も頷けますね。

以降の展開も残り時間で上手いこと纏めていたのではないかと。記憶が薄れる設定だけはフワフワしてましたが。
エピローグはバタフライエフェクトみたいな? とりあえずテッシーとさやちんが幸せそうでよかったです。
あとZ回のCMが紛らわしかった(笑)

・トラック野郎 一番星北に帰る
年末にやってたものを録画で。シリーズ見るのは初めてですが、面白かったです。
どうしようもなく下品かつ低俗なんだけど、昭和ならではの勢いと熱さがありました。サクッと楽しめる感じ。
今のエンタメ邦画もこれくらい適当なノリとスピード感でいいんじゃないかなー とか思ってみたり。

691 deku :2018/01/12(金) 21:15:38 ID:1eG/u0mE
・牙狼 神ノ牙
テレビシリーズでもキレがあったけどやはり劇場版はレベルが違うモノを見せてくれた
ひたすら格好良くて大満足
テレビでは押されてたジンガに今作では逆に押してて成長も見れて嬉しい
ボルシティ組が揃って戦ってるのを見れて感無量
流牙の叫びとともに駆けつけるシーンはシリーズ象徴と言っていいシーン
ただその分ラスボス戦で活躍が無いのは残念な点でもある
たいしたエピソードもないアグリにスポットがあたってよかった
1人だけ扱い辛い獲物で頑張ってたし
これで終わりって感じでも無かったし(というかまだ轟天すら呼んでない)今後にも期待
ジンガはバージルを思い出すラストだ

しかしマジで復活するのかと思ってビビった
相変わらずいい尻とおっぱい

・仮面ライダー平成ファイナル
一作だけ別の映画やってるOOO、OOOファンとしてはみれて良かった
ライダー集合はあったけど生身の方でも集合が見たかったな
役者の都合が露骨に見えたのが残念だったけど一つの区切りを終えてラストだった

・マックススティール
つまらないの教科書が出来そうなくらいつまらないの羅列っぷり
ショボいアクションはともかくいる意味の無いヒロインにしょうもないバディトーク
無駄な変身に思わせぶりなくせに予想通りの展開と普通につまらないという感想以外出てこない

・アサシンクリード
オリジンの評判が良さそうなので復帰を兼ねて視聴
映画なためか現代編と過去編の割合を逆転した構成になってる
過去編の人がアクションするだけになってたのはアサシンのドラマも魅力な原作なだけに残念かな
その分アクションはゲームよりもスムーズで見応えバッチリ…なのにスタイシッシュパントマイムアニムスアクションで台無し
馬鹿か!? これで通したやつ全員クビにして欲しいレベルなんだけど!
未公開シーンでは本編に影も形もない少女がいたり結末が変わってたり紆余曲折があったのは伺えるけどアニムスの改悪は許されない

692 シャアダム :2018/01/19(金) 17:49:15 ID:gVk8kjHE
◆パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales=死人に口なし)2017年アメリカ

主人公によって幽霊にされたスペイン海軍が、自分たちの呪いを解くため、復讐のため主人公とポセイドンの槍を付け狙う。一方主人公側も青年に頼まれ且つ成り行きで、青年の父で主人公のかつてのライバルの呪いを解くために、ポセイドンの槍を見つけようとする冒険ファンタジー。

一応話題作や有名タイトルは見る主義なんで、その流れでこの作品を見たが、やっぱりいつものドタバタギャグ映画でした。感動するシーンも思うところもなく、こういうギャグアクションは子供には受けるだろうなあ追いかけられる(その辺はさすがディズニー)って、醒めた目で見てました。
よって、あまり言及する所はないのですが、気になった点がありました。幽霊サメと幽霊海賊に追いかけられるシーンで、何故サメは主人公を襲わないで陸まで主人公の小舟を引っ張って、偶然にも助ける行動をしたのだろうか?その辺が都合が良すぎるというか、もう少し何とかならなかったのかなあって感じ。
もう一つ言えば、銀行強盗で追いかけられるシーンで、千鳥足のスピードでいったん引っ張られる銀行の建物に追い越されながら、何故かその建物に追いついて、上に飛び乗るところ、時間的にも無理があるだろう、ギャグとしても都合良すぎない?ってまあ突っ込めばまだ他にあるのですが、そういうシーンを見るたびに冷めていく自分がいました。

何も考えないで、映像を感覚で楽しめばいいんだよって言う意見もありますが、何も知らない頃の子供じゃないので無理ですwギャグにも納得がいくまたは有無を言わせない笑いパワーのあるギャグと白けるギャグっていろいろありますが、なんか笑えないギャグが多い映画だなって感じました。
最後のパパ海賊も死ぬ必要性があったか?そんなおざなりなお涙ちょうだいシーンでは子供でもだませないのでは?って疑問でした。

いあや、お金がかかっていてCG(特撮)は凄かったです。あと、最初の銀行強盗シーンは「ルパン」のファンが作ったのですかね、ルパン的な強盗計画の適当さ緩さを感じました。

子供向け映画に大人があれこれ言うのは無粋だとは思ってます。その辺はすみません。

693 レト :2018/01/19(金) 19:39:02 ID:hElrqMRI
出演者も認めてますけど、ジョニー・デップの好演があったからこそ大ヒットしたシリーズですからね。
良くも悪くもディズニー映画の域を出ないと思います。
もっともこのシリーズでスター俳優の仲間入りをしたのがジョニーにとって良かったのかは疑問ですが。

694 ビックリバコ :2018/01/19(金) 21:15:57 ID:2Xu5fDAQ
ジョニー・デップの映画だとチャーリーとチョコレート工場は皮肉に溢れていて好きでしたね。

695 唯野 :2018/01/20(土) 18:07:30 ID:OFPHbLeQ
●スター・ウォーズ 最後のジェダイ
過去ログ読むと感想下記さんのが一番自分の感想に近いかな……。

いやシリーズで一番ダメ。特に前半が寒すぎる。中盤から後半にかけてはよかったが……。
キャラの大半に魅力を感じない。でもホルド中将は良かった。美しく年を取るってこういう人だな……BBA結婚してくれ。でも作戦は教えろ。
テーマがとっちらかっててストーリーに太い背骨が無い。中途半端にEP5をなぞろうとしていたのがよくないのか?
戦闘シーンも、悪くは無いが今時のSF映画で特筆すべき見せ場は無かったなあ。
あと老ルークの顔アップにし過ぎ。映像が鮮明になった分、顔の出来物とかが目立ってしょうがない。
とってつけたようなキスシーンはマジでいい加減にしろ
スノークとファズマはまさかこれで終わりじゃないよね?
EP1以降は全て映画館で見てるけど、EP9は前評判がよほど良くないと行く気にならないなコレ……

696 シャアダム :2018/01/21(日) 10:33:58 ID:gVk8kjHE
◆ワイルド・スピード ICE BREAKワイルドスピード(原題:The Fate of the Furious / Fast & Furious 8=荒れ狂う運命/速さと激しさ8)

おなじみ、危険なカースタントで有名なアクション&犯罪サスペンス映画。まあ、ストーリーが多少ドタバタギャグが入っていて「パイレーツオブカリビアン」的なてきとーでハチャメチャな面もあるが、迫力あるカーアクション&バトルアクションの前ではどうでも良くなるくらいの過激なパワーを持った映画です。
結構、犯罪やエロがエグイ面もあるので、こちらは青年向け、大人向け映画と言ってもいいでしょうか。

まず、目に飛び込んで来るのは映像の綺麗さ、そして出てくる女性のエロさ華やかさ、出てくる男どもの悪そうな厳つさですかw出だしから、狂ったような陽気さや犯罪の臭いがプンプンw最初のカーレースバトルで、ニトロターボ乗せた全速の車より交通整理してるバイクの方が速いじゃんwって思いました。まあいいか。

今回もミッションは犯罪組織に家族を人質に取られ敵となった主人公(ディーゼル)と犯罪組織を相手に、もう一人の主人公(ザ・ロック)といつものカーチーム+α(ステイサム)が電磁パルス砲や核ミサイル発射解除装置などの争奪戦を繰り広げる。いってみれば、破天荒な犯罪チームの007的な映画かなあ。
主人公は年取ったなあって感じはするものの、筋肉もりもりで体鍛えて頑張ってるなあ、ヒロインは相変わらずあんまり可愛くなくて、目つき悪いなあ、「ブラックラグーン」のレヴィっぽくて、本当に犯罪やってそうwそして今回は主人公よりも活躍するザ・ロックやステイサムが主人公っぽい。特にステイサムが出てきてからは「あれ、これステイサム主演の映画でいいじゃんw」って思うくらい主人公を食ってますね。
ただステイサム役の「デッカード」は強いけどマザコン(家族が大事)でした(まあそこがいい)wあと、ザロックは「バキ」のオリバですね。鋼のような筋肉とパワーは鋼鉄をへこませる、銃も効かなそう。二人は良いコンビで、掛け合い漫才でニヤニヤします。
それから、人質に取られているエレナって、この映画シリーズが長くてどんな人か忘れてしまって、主人公は浮気者だなあ、二股野郎は外国じゃちょい悪強い男のデフォなのかなとか思ったけど、今の恋人レティは死んだと思われていて、その間にエレナと仲良くなったのかって納得。

2時間以上もある映画だけど、アクションが半端なく、迫力があって、都合良すぎる辻褄の合わないシーンもあるけど、そんなのを吹き飛ばすき飛ばすぱわーがあるえいがで、大変楽しかったです。
また、禿げ男3人組が活躍する映画でもありますw禿げは強い男の象徴ですね、この映画のおかげでwこのシリーズにジェイソンステイサムを起用したのは大正解だと思います。

最後に、カートラッセルも出てたんですね、若者に混じってノリノリですねw。強い禿げ男と言えば、ブルースウィリス。彼も出演して欲しいなあw

697 修都 ◆7VC/HIVqJE :2018/01/21(日) 20:07:16 ID:6LiIbOJg
・阿知賀編実写版
舞台挨拶つきの回を見てきましたが、安定の原作再現クオリティ。
色々と削られた部分があるのはしょうがないですすが、それでもファンならニヤリとするシーンを色々と取り上げてくれていて満足。
越谷女子まで再現度が高いのはさすがとしか言いようがない。
玄さんが最後にあがるシーンは普通に感動した。阿知賀編先鋒戦の盛り上がりはやっぱり半端ない

698 修都 ◆7VC/HIVqJE :2018/01/21(日) 20:07:50 ID:6LiIbOJg
・阿知賀編実写版
舞台挨拶つきの回を見てきましたが、安定の原作再現クオリティ。
色々と削られた部分があるのはしょうがないですすが、それでもファンならニヤリとするシーンを色々と取り上げてくれていて満足。
越谷女子まで再現度が高いのはさすがとしか言いようがない。
玄さんが最後にあがるシーンは普通に感動した。阿知賀編先鋒戦の盛り上がりはやっぱり半端ない

699 :2018/01/21(日) 23:07:27 ID:9l3tT7Dw
劇場版マジンガーZインフィニティ
良い感じにまとまった良作でしたが、4DXはなれるまでに時間がかかりますね
座席が揺れるのはともかく、耳元に風が出るのはどうなのでしょうか

作品としてはマジンガーのエンタメとしてよくできてると思います
機怪獣出まくり、マジンガーZ活躍、大人になった甲児くんもよく描かれてます

700 ヒロ筋肉痛 :2018/01/21(日) 23:54:33 ID:UEJRkgZU
>>699 徹さん
4DX(MX4D)は二回目以降の鑑賞で行くものだと思ってます。

マッドマックス:怒りのデスロードやガルパンは4DXでの鑑賞が最高でしたが、
ほぼずっと席揺れっぱなしなので初見の人は集中できないだろうなぁと。
ガルパンなんて演出用の煙出しすぎてスクリーン隠れちゃうくらいでしたし。

701 :2018/01/22(月) 01:04:01 ID:9l3tT7Dw
>>700 ヒロ筋肉痛さん
4DXしかやってる劇場がなかったのです
ガルパン劇場版みたとこの4DXは控え目でよかったのですが、今回のとこはアトラクションに乗ってる気分でした

劇場によって設定も違うようなので評判集めておくべきですねぇ

702 ギア :2018/01/22(月) 01:28:22 ID:/5GN7poQ
・キングスマン2
面白いっちゃ面白いかったけど、前回を超えられてないかなー
まぁでも、次作があればやっぱり観に行くと思います。

・マジンガーz インフィニティ
思い入れがないと響きにくい作品ですかね
とりあえずロボットパートと人間パートの絵の動き具合の差が激し過ぎるような……笑

・あぶない刑事 リターンズ &フォーエバー
あぶ刑事はほぼ初見だったんですが、問答無用で楽しませてもらいましたw
でもこれは21世紀でやったらダメなノリだと思うなーw

まぁでも1〜3は普通に観てみたくなりました。

・ゾンビランド
ゾンビ系で一番好きな作品、世紀末なのにこれをギャグに出来るのはアメリカンならではなんだろうか

703 シャアダム :2018/01/22(月) 07:28:46 ID:gVk8kjHE
◆メッセージ(原題:Arrival=到着・出生・新生児)2016年アメリカ

宇宙人の巨大宇宙船が地球の12カ所に飛来。言語学者の主人公は宇宙人とコミュニケーションを取ろうと、言語解読を試みるが、他の国(主に中国)では宇宙人を排除しようと動き出していた。SF映画。

最初の宇宙人飛来にはホラーパニック映画の様相を呈していてどきどきワクワクしましたが、中盤、ちょっともたついて眠りそうになりましたwでも終盤アッと言うどんでん返しに、目が覚めました。そんな映画でした。
また、シャマラン監督のワンアイデア(実は主人公が死者でした〜とか)を諄く二時間に延ばしたような映画かなとか、途中思いましたね。しかし、そうか、最初の赤ちゃんや娘の映像は、そういう事だったのかって、分かってからこの映画の自分の中で評価は上がりました。
結構単純に見えて考えると複雑な映画です。ネタバレでこれ以上言えませんが。

しかし、未来の地球の危機とは何でしょうかね。来たるべき対話に備えて地球統一が必要なのは、ガンダムooのソレビですが、この映画は来たるべき危機の備えて、その役目を宇宙人がやってくれたのは何故?色々な疑問が残りますね。
あと、正解するカド(アニメ)の元ネタっぽい。凄く似てる、宇宙人はあんな美形じゃなくて不気味でしたけど。凄く面白くはなかったけど、それなりに考えさせられて楽しめる映画でした。娘さんが罹った新しい病気の蔓延が危機なのかなあ。

704 シャアダム :2018/01/23(火) 05:58:00 ID:gVk8kjHE
◆ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(原題:The Mummy=ミイラ)2017年アメリカ

ダーク・ユニバース第一弾。ユニバーサル映画のリメイクシリーズらしい。この他にも、「ドラキュラ」「フランケンシュタイン」「半漁人」「ウルフマン」とかもリメイクされるらしい。
色々なヒーローのクロスオーバーに影響されて、色々な怪人・怪物・魔人のクロスオーバーでも目論んでいるのだろうかw

さてこの映画の内容は、かかなくても分かると思うが、セト神の加護を得たミイラ女が、現代によみがえり人間達に復讐しようとする物語で、ミイラ女が復活させようとしているセト神(この映画では悪魔)の生け贄として、軍人の主人公が狙われる。しかしそこへ第3の勢力のジギル博士(二重人格)のオカルト研究私設軍隊が介入してきてちょっとだけ複雑な話となるのがこの映画の肝。
なんだろうなあ、どことなく「ジョジョの奇妙な冒険第二部」や「ハンナプトラ」に似てるなあって感じながら観ました。で、「ハンナプトラ」も同じ映画のリメイクだったんですね(そりゃ似てるわ)w

さて感想ですが、トムクルーズやラッセルクロウが出てる映画にしては、B級ホラーで全体的にしょぼいなあ。いやあ、お金はそれなりにかかっていそうで、CGアクションなどもなかなか凄いんだけど、小さく纏まっていてスケールが小さい感じ。題材が使い古されたミイラの復活だから、意外性も少ないしありふれているストーリーだからかもしれないけど。
ただ何遍も繰り返して観たいとは思わないかな。人の生き血や精気を吸うごとに段々力や美貌を取り戻すところは、まさに某ディオ様ですね。終わり方が、超能力を得た主人公がこれからも事件に挑みそうな所はやっぱり、ジャスティスリーグとかアベンジャーズみたいになるんじゃないかと思いました。

凄く面白かったわけではないけど、それなりに楽しい映画で、お暇な時にどうぞって感じですか。

705 BXY :2018/01/23(火) 15:58:16 ID:CXjat0tg
なにも映画を見る人たち皆が皆、お金や時間をもて余している人ばかりではないですよ
シャアダムさんにとって映画なんてものは所詮その程度でしかないかもしれませんが、
なかにはその映画を見るために、計画を立てて、貴重なお金と時間を割く馬鹿もいるってことも知っていただけるとありがたいです
シャアダムさんの書き込みを読ませていただくと、ご自分の印象や感想や考えなどと、客観的な事実や現実がごちゃ混ぜになってないか気になります

706 ヒロ筋肉痛 :2018/01/23(火) 16:38:00 ID:UEJRkgZU
>>704 シャアダムさん
ダーク・ユニバースは1作目のザ・マミーで打ち切り濃厚、
やるとしても仕切り直しの可能性が高いです。
プロデューサーの離脱からその後予定していた作品は現状で全て製作が止まっています。

まぁ、ザ・マミーがあの出来じゃ仕方ないですね……。

>>705 BXYさん
計画を立てて、貴重なお金と時間を割いた結果つまらない映画を見るのも、
映画鑑賞の醍醐味ですよ……!

707 シャアダム :2018/01/23(火) 20:18:38 ID:gVk8kjHE
>>705
BXYさん

自分はプロの文章家じゃないですから、気に入らないなら、下手な文章しか書けない馬鹿の戯れ言と思ってれば良いんじゃないでしょうか。
空いた時間に即興で書いてるので、校正とか熟慮とかしてないし、整合性は無いと思います。その程度の低レベルな感想ですよ。こういう一視聴者の感想や意見もあるのだなって事で納得して欲しいです。

今度、BXYさんの感想の見本を見せてくださいね。

708 シャアダム :2018/01/23(火) 20:18:39 ID:gVk8kjHE
>>705
BXYさん

自分はプロの文章家じゃないですから、気に入らないなら、下手な文章しか書けない馬鹿の戯れ言と思ってれば良いんじゃないでしょうか。
空いた時間に即興で書いてるので、校正とか熟慮とかしてないし、整合性は無いと思います。その程度の低レベルな感想ですよ。こういう一視聴者の感想や意見もあるのだなって事で納得して欲しいです。

今度、BXYさんの感想の見本を見せてくださいね。

709 シャアダム :2018/01/23(火) 20:22:18 ID:gVk8kjHE
あれ?何故か二回書き込まれてる?
連投になってしまってすみません。(これも連投ですねw)

710 レト :2018/01/23(火) 21:14:34 ID:hElrqMRI
>>706 ヒロ筋肉痛さん
シリーズものは当たればデカいですからね。
形を変えてまたやるでしょう。
ターミネーターシリーズが何度もリブートしたように。

711 BXY :2018/01/23(火) 21:26:46 ID:281qhnjk
下手な文章しか書けない馬鹿の戯れ言と思ってれば良いんじゃないでしょうかとおっしゃるなら、そんな馬鹿に見本なんか見せてさし上げる訳がないですやん…
なに開き直ってんだこの人は…

712 BXY :2018/01/23(火) 21:43:24 ID:281qhnjk
あ、そうか
馬鹿にマジレスしてしまった
気に入らないのは確かですが、こちらがどう思うかまで指図されたくないです

713 シャアダム :2018/01/24(水) 04:39:35 ID:gVk8kjHE
◆ダンケルク(2017年アメリカ)

第二次世界大戦初期のダンケルクの戦いの撤退戦を描いた映画。
最初バリバリの戦争映画のかと思ったが、「ポセイドンアドベンチャー」みたいな船からの脱出のようなダンケルクからの脱出のようなパニック映画っぽい感じで、演出が新しいなあって感心しました。
それだけではなく、ダンケルク埠頭での一週間、民間船での一日、戦闘機スピットファイヤーでの一時間を時間差で交互に見せるという構成に、多視点のパズルが上手く填まっていく快感を覚えた。おかげで、一地方の脱出戦が飽きずに約二時間楽しんで見れました。

しかし、30万人も脱出したとは思わなかった、そこはちょっと映像不足かなあ。あとここまで連合軍が追い詰められた説明とか有ったら良いのに、とおもったけど、説明をあえてせず淡々と話が進んでいく静かで激しい印象的な物語がこの映画のいい所なのかもしれない。
まるで、いい音楽と相まって片田舎の海岸の風景画を鑑賞してるかのような映像でした。

この映画は自分の中では結構評価が良いです。ただ、イギリスについてから、もう一つ何かがあって欲しかった気もする。脱出の成功してから15分ぐらい余韻に浸るためのエピローグが続くのがちょっと長いかなあ。
あと、あのヨットで味方の兵士に殺された青年が不憫だなあ、戦争の狂気状態では仕方が無い事とはいえ。あと、何とか生き残ろうと、何とか脱出しようと必死なところは、「大脱走」のあれこれ脱走を考える主人公を思い出した。

第一次・第二次世界大戦を最初から分かりやすく描いた映画・ドラマって無いかなあ?そういうのがあったら是非観てみたい。っそう思わせてくれた映画でした。

714 通りすがり :2018/01/24(水) 07:32:29 ID:v2fTP52Y
完全な書捨ての感想置場なんだから
プロの評論家はお金貰ってよいしょしてる立場なんだろうけど、
否定意見批判ボロクソだろうが完全な主観視点でしかないものに
いちいち目くじら立てて噛み付く方がナンセンスである。と、しか思えませんね…

ともすれば皮肉めいた感想が、ある種プライド高い方の逆鱗に触れやすいのはいちいち配慮してられないでしょう。

715 BXY :2018/01/24(水) 07:48:26 ID:3wBn6eYk
完全な書捨ての感想置場なんだったらそれこそ何に噛み付こうと勝手でしょ

716 BXY :2018/01/24(水) 09:07:21 ID:3wBn6eYk
>>714 通りすがりさん
いちいち目くじら立てて噛み付いてるのはそちらも同じかと

717 通りすがり :2018/01/24(水) 10:14:48 ID:v2fTP52Y
んーつまりロクに管理も自治もされてないところだから何を書こうが勝手って事ですか
そういう意見も一理ありますよね、主にスラム街だとか旧2ちゃんねるのノリとかで
一応は個人サイトの掲示板交流なのだから、その辺は各々節度を持って(直接他人とやり取りする時は敬意を持って)事に当たるべきかと。

戻って言えば、>>704の感想に特に作品を蔑視する狙いは感じられませんでした。
むしろ評価すべきポイントは確り批評された印象でしたので、個人的な意見を申し上げると粗探しするような点は見受けられないですね…

718 BXY :2018/01/24(水) 23:33:50 ID:b9c4wCkk
なんか拗れそうな人だなぁ… 友達います?
あなたの見解なんざ求めちゃいないし、知ったこっちゃないです
妙な邪魔が入りましたが、シャアダムさんもスルーしてますし、もう蒸し返さないでもらえます?
お大事に

あ、それとヒロ筋肉痛さんありがとうございました
あなたいったい何年筋肉痛なんですか…!

かしこ

719 シャアダム :2018/01/25(木) 01:53:51 ID:gVk8kjHE
>>717
通りすがりさん。

ああ言えばこう言う、自分はなにも悪くない、自分がいつも正しいんだって人には
何を言っても無駄ですから、話につきあうだけで胸くそ悪くなりますので、スルーしましょう。

たぶん自分が友達いなくて寂しいのでしょう、かまって欲しくて噛みついてるだけだと思いますよ。
他人に言った暴言は、その瞬間から自分に跳ね返ってくるというのにねえ。
自分以外の人に対してもあまりにも酷いのでつい、書き込みましたが。自分もスルーしますので。

720 シャアダム :2018/01/25(木) 03:44:58 ID:gVk8kjHE
◆ライフ(2017年アメリカ)

ライフって題名から生命万歳!生命賛歌みたいな、感動物語かと思ったが、新しい形の「エイリアン」やんけw
つまり、グロいホラー、スプラッタSFムービーでした。ストーリーがストレートな古典でなんか懐かしいです。

感想としてはラスト以外はそれなりに面白かったです。ラストのスプラッタムービー落ちはねえ、ジェイソンを倒したと思ったら、まだ生きてましたみたい(ちょっと違うけど)な、後味がすっきりしなくてええ!?こんな落ちで良いの?疑問を感じました。
日本人代表・真田広之さんが結構活躍する部分は同じ日本人として応援したくなりましたが、あの展開はロシア人に迷惑かけてごめん!っても思いましたねwもっともっと活躍して最後まで生き延びて欲しかったなー。

今回の問題児は黒人の科学者ですね。あそこでもっと気をつけていれば・・この自分の欲望に負けた、間抜け野郎って思いました。
敵も一つ一つの細胞に目、筋肉、脳が有って、合体できて、宇宙でも活動できて、パワーも万力で締め上げるほどの力。こりゃ人間生身じゃ勝てませんわ。こんなの一欠片でも体内に入ったら(いや肌にとりついたら)そこで増殖して終わりじゃん。
本家本元「エイリアン」より退治しにくいですね。

CGや特撮は凄いです。あと、主役の人は「ナイトミュージアム」の人だと思ったら違ってました、なんか似てるなあw

一人でどきどきして観るもよし、みんなでワイワイ騒いで観るもよし、そんな映画でした。
続編は作ろうと思えば作れる(地球が今度はクリオネっぽい「カルビン」さんに襲われる)けど題名がなんか青春物語みたいな「ライフ」じゃ、なんか笑らけてきますw

721 :2018/01/26(金) 11:22:14 ID:qZBjcYxw
もともとシャアダムさんの書いた事が胸くそ悪くて絡まれたんじゃないんですかね
相手にしてるのもシャアダムさんの方ですし

722 わんのねこ :2018/01/30(火) 23:35:31 ID:qCaetZxQ
・マジンガーZ infinity
満足できる東映まんが祭り。バランスがいい。
偉大な勇者が、技を叫び機械の獣をけちらす序盤で大満足。

小難しいようで構造自体はシンプル。つまり、
キャラクタと世界の提示、一時敗退、ドラマと準備を整え、
再戦、ピンチからの大逆転勝利。

723 ヒロ筋肉痛 :2018/02/03(土) 00:18:43 ID:UEJRkgZU
下がってるので一旦age

■デトロイト
ドキュメンタリー物としては面白かったけど、映画としてはまとまりがない感じで残念。
ホラー映画見てるかのような緊張感が良かった。

■スリー・ビルボード
滅茶苦茶面白かった。
何書いてもネタバレになりそうで感想書きづらい映画。二転三転四転する展開が凄い。
キャラクターも凄く魅力的だし、先の読めない展開で緊張感もたっぷり。
それでいてストーリー自体はシンプルというバランス感覚が秀逸。

724 ガフ :2018/02/04(日) 14:12:48 ID:hq2syz..
〇貞子vs伽椰子
主人公の友人の夏美がクズ過ぎて、こんなのを助けようと命を懸ける主人公は聖女なのではなかろうかと思えてならない

タイトルになっているニ大怨霊の対決シーンは尺が少ないし内容も微妙

物語の最後に二体の怨霊が融合したけれど、元々一体でも手に負えない存在だったのでさらに強化されても逆に脅威に感じないというか
人類への悪影響は間違いなく夏美の愚行>>>>>>>>>>>>>>二体の融合

〇変態仮面
誰からも忌み嫌われる力を正義のために使う孤高のヒーロー…といえなくもないのかもしれない

〇変態仮面 アブノーマル・クライシス
使用済みパンツを吸収する敵に対して未使用のパンツでも変身できるように特訓する、と意外と納得できる理論を展開してるのがバカ映画のくせに!と腹立つ

主人公と彼女が変態だとか、付き合っている相手を危険にさらすだとか、プライベートが確保できないとかでもめているが、
こっちとしてはパンツ泥棒だと疑ったことを謝罪もしない女や、実の母親とSMプレイに興じる男とは付き合わない方がいいだろうとしか思えない

前作の偽変態仮面と今作の師匠は役者同じ?なのかな
紛らわしいのでやめてほしい

変態仮面の縄技や移動手段がスパイダーマンぽいなーとは感じていたが、
今回の敵は多脚のロボットアームで、ドクター・オクトパスがモデルなのだろうか

725 シャアダム :2018/02/08(木) 19:56:06 ID:gVk8kjHE
◆図書館戦争(日本・2013年作品)

簡単に書けば、悪書と思われる書籍を排除しようとするメディア良化隊と不当な排除を阻止して書籍を守ろうとする図書隊との抗争を描いた映画。
悪く言えば思想を持った暴力組織の同士の抗争みたいな感じ。ただし、図書館隊の方は専守防衛(自分からは仕掛けない、図書館内でしか武器の使用はしない)で日本自衛隊みたいな感じである。
そういう、ある種のディストピアな世界で、好きな本を守ってくれた図書館隊員(王子様)にあこがれて、自分も図書館隊に入った主人公の成長物語。

さて、感想ですがまず設定に感情移入できなかった。どうしても、良化法(検閲して悪書を規制する法)は良いとして、武器を使ってかつ殺人を犯してまでも本を駆除する組織が公然と横行していて、警察も自衛隊も政府も民衆もするーという世界がもう駄目・・。さらに、図書隊まで作って対抗するのは良いが、こちらも自衛隊みたいな訓練、武器や訓練場まで作って良化隊に対抗するためだけに軍隊を組織している。もう駄目、設定に入っていけない。
これが、異世界でそういう異常な世界だってなら仕方が無いが、昭和の日本の延長にあるって言うから、何故暴力検閲を取り締まらない?暴力沙汰を見逃す?なぜ、こんな法律を作った?)何故この法律を受け入れたままで、戦争みたいな者を初めて、本のために人が死んだりするのに、民衆はこの法律を廃止しようとしないのか?って観てる間ずっと引っかかって、せっかくの凄い戦闘シーンも、ラブコメも、格闘シーンも、成長ドラマも、友情も、みんな空虚な物に見えて仕方が無かった。
アニメならまだ架空の異常なそういう世界なんだなあって、思えたかもしれないけど、実写版と言うことが追い打ちをかけた感じ。結局この世界に、のめりこめなかったなあ。

でも、戦闘シーンは迫力あったし、格闘シーンは本場中国のカンフー映画にも劣らない素晴らしい動き、普通にテロを防止する特別組織の映画だった良いのにってもったいないなあって思いました。あと、中世の戦いかよ、まず大将同士が戦い開始の宣言の宣言をしてと時間指定をしてと時間指定戦争始めるってw
自分にとって、設定は駄目、ストーリーはまあまあ(ちょっと臭いw)、アクションシーンは素晴らしい、そんな映画でした。
でも人気がある作品らしいから、みんなはこの設定を受け入れてるンだろうなあ、と思うと自分は頭が固いのかなあとも思うけどね。

主人公や上官の行動を観てるとアルジェボルンの主人公を思い出してしまう(これは内緒だよw)。こっちは叩かれなかったのだろうか。

あと、栗山千明さんは特別出演って書いてあったけど、結構メインで活躍してるよね。特別出演(ちょい役の意味かと思ったが)とは何だろう?って思いました。ちなみにアニメの方は観てません。

726 シャアダム :2018/02/10(土) 08:40:27 ID:gVk8kjHE
◆図書館戦争-THE LAST MISSION-(日本・2015年作品)

内容は日常茶飯事となった良化隊と図書隊の銃器&暴力による抗争のさなか、主人公が焚書に協力したとの疑いをかけられる。一方、手塚光隊員の兄、手塚慧によりある謀略がめぐらされていた。
罠に掛かった図書隊は圧倒的な物量の良化隊の攻撃を受けて水戸図書館内へと退却。図書館内には自由の象徴である『図書館法規要覧』が保管されており、これを死守するために徹底抗戦を開始する。

二作目となるとこの半ディストピアな世界にも自分が大分慣れて、無茶な設定をまあ許せるようになりました。良化隊のバックには法務省がいたんですね。それで、この世界の国民は無関心すぎて、私たちの世界では成立しないはずのメディア良化法が成立してしまう。映像・ゲームなども規制対象ですが、特に書籍の規制が厳しく、暴力検閲や焚書に対抗するために図書隊が作られた。
武器で戦争じみた抗争も政府公認なので、刑事も自衛隊も止めに来ないというわけですか(フムフム)。そういう世界と言うことを納得してから観る映画なのでした。

と言うことで感想ですが、やっぱりたかが本のために、人が死ぬなんておかしいよ。外敵とか内政とかもっと命をかける問題があるだろうに・・この日本は本のために戦争(内戦だよね)する余裕があるくらいに平和なのか。良化隊も武器を使って攻撃とか人殺しとかやってるのに、政府や警察が見て見ぬふりとか完全におかしい世界ですね。図書隊も本が燃やされるのが嫌だからといって、武器や暴力で自衛隊みたいな軍隊を作って対抗するとかいう考え方もおかしい。ってやっぱり思っちゃいましたw

しかし、そういう点を無視してみたら、疑似戦争アクション映画としては楽しめました。特に水戸図書館での攻防戦は、第一次世界大戦の西部戦線の映画を観てるかのような迫力でした。どんどん増える敵に対して、後退しつつも、ゲリラ戦や狙撃を駆使して戦線を守る図書隊、完全に戦争映画ですねwこれどうやって図書隊は撃退するのだろうって思っていたら、後半は「リアル鬼ごっこ」的な追跡逃亡戦。その辺はまあまあ面白かったです。
ただ、主人公はせっかく王子様が先に行け!って身を犠牲にしてるのに棒立ち、戦闘中にラブロマンスはやめろって言いたくなりました。まあ、そういう部分(ロマンス)も盛り込んでいかないと女性の共感は得られないから、仕方が無い気はしますけどね。自分は必死さリアルさが薄れるから嫌だけど。あと、銃を構えてから撃つまでに邪魔が入って、助かるってのも不自然で気になりました。あれだけの戦闘をして死者がいないってのもなんだかなあ(いたのかもしれないけどそういうシーンはなかった)。
敵も味方も、人殺しになりたくないので、手足や防具ばかり狙ってるのかなwあと、手榴弾(音や光で制圧するやつ)は禁止なのかな。敵は火薬で爆破していたが。

前にも書いたけど、戦闘シーンが気合いが入っていて凄いので、テロ暴力組織に対して正義の味方設定でこういう戦闘アクションする映画だったらなあ(「亡国のイージス」とかにこういう戦闘シーンを使って欲しいかな)。なんかもったいないなあって気分です。さいご、この悪法がメディア報道により国民の手によって廃止されるENDだったらすっきりしたのに、まだ続編を作れるようなENDかあ。あと、主人公たちが「鋼の錬金術師」の凸凹コンビにみえたし、熱血ヒロイン(主人公)がゴツい、デカい・・でも妙な味があって嫌いじゃないです。

727 もにゃら :2018/02/10(土) 20:17:10 ID:OC.uUlQ.
図書館戦争は予告編の派手な銃撃戦に引かれて見に行ったら客の大半が女性で面食らった覚えがありますね

俳優さんが女性人気が高い方なだけじゃなく、原作からして女性人気が高いと知って2度びっくり

マンガ版はLaLa掲載ですよ!

728 シャアダム :2018/02/12(月) 23:09:58 ID:gVk8kjHE
◆タニタの社員食堂(2013年・日本)

新商品の体脂肪計の評判が良くないタニタ(会社名)。打開案として副社長・幸之助は自分と脂肪率の高い社員4人を集めてダイエット企画(ネットなどに挙げる)を提案する。
その際、昔なじみの栄養士を雇ってダイエットメニューを作ってもらうことにした。果たしてダイエットは成功するのか?)会社の命運は?って話です。

まあ、実話をベースに面白おかしくアレンジしてあるので、成功せず、会社が傾くって事は無いだろうってのは予想できるのだから、あとは、どれだけお笑い部分が楽しめるのか、どれだけダイエットがリアルに描かれるのかって事に注目して観る感じでした。
まず、出てくる俳優がイケメン・美女じゃないし、そこまで有名でない俳優って所がいいね!キムタク辺りが出てたら、こののほほんとした味は出てなかっただろうなあ。唯一の美女が優香って所も明るくて親しみやすくて良かった(まあ、他にも妖しげな美女はいたけどw)。
あと、太ってる特殊メイクが凄かった。最初特殊メイクって分らなかったからね。そして痩せて行くにつれて、特殊メイクも痩せメイクになっていく所も細かくていい。
そして、びしっと決めるところは決めるちょい悪の社長の「草刈正雄(真田丸の親父役)」と、専務の「酒向芳」渋いしいかにもやり手って感じ、で配役が良かった。あとは、社員食堂の賄いの二人もツンデレ具合が良かったね。あと不思議な双子のメガネ社員がなんか、良いアクセントになって多と思う。

肝心のストーリーは適度に笑いとシリアスな部分がちりばめられていてバランス良かったし、たまに人生のきっつい名言も飛び出して、耳に痛かったけど深さを感じさせてくれたのも良かった。
ただ、ダイエットと失恋に所為で自殺未遂はねー、フィクションだとしたらやり過ぎなような、普通なら会社クビになるか責められて自主退社だよねー・・あと、ダイエットの挫折して企画倒れになった時のヒロインの説得&副社長の立ち直りが都合良すぎる気もしたかなあ。

まあその部分をにぞけば、最初から最後まで笑える楽しく爽やかな映画でした。社長の愛人はお金なのか本当の恋なのかその辺は気になったけどw

729 ななしさん :2018/02/13(火) 01:08:16 ID:Zkv6mCSA
ハガレン実写版グロかったけど面白かったです。
原作と少し違いますね。

730 わんのねこ :2018/02/21(水) 21:12:04 ID:wgnrDO6M
・バーブバリ 王の凱旋
インド映画 / インド風ファンタジー / アクション

偉大な王バーブバリの映画。最上級の娯楽映画であり21世紀の神話。
美しきデーヴァセーナ姫との出会い、国母シヴァガミとの不和、
従兄バラーラーデーヴァとの確執、武人カッタッパの裏切り、
子バーブバリの復讐と戴冠。

2018年最高の映画と断言していいのではないか。
観ない人は人生を損している!といってもいいのではないか。
冒頭の、挿入歌とともにバーフバリ王が現れた瞬間から心奪われて、
最初から最後まで多幸感に打ちのめされるようでした。

イチャイチャ弓矢、エクストリーム城内突撃と派手なアクションも見所ですが、
母と妻、法と義の間の葛藤、兄弟の確執、王・英雄の在り方、と
時代に左右されない骨太で普遍的なドラマも素晴らしいです。

731 ガフ :2018/02/21(水) 22:53:14 ID:jm25q2IQ
〇グレイテスト・ショーマン
主人公のバーナム役が10代前半、10代後半、ヒュー・ジャックマンの3人しかいないので作中の時間経過が分かりにくい
主人公は一体何歳で結婚したんだ…?

主人公は沈没した船の権利書を担保に銀行から金を借りるような奴なので、
結婚以降に起こるトラブルはたいてい自業自得なのだけれど、オペラ歌手の件だけは完全な流れ弾でちょっと笑ってしまった
あの人は主人公の何がそんなによかったんだ…?

新聞で下品と叩かれれば、新聞を持参した人は半額とキャンペーンをうち
住民に出て行けとデモを起こされれば、撃って出て乱闘騒ぎを起こしと
フリークショーを扱っている割に登場人物のメンタルが鋼なのであんまりジメジメしていないのはいい所か


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

ふともも写真館 制服写真部 - ゆりあ


この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa