したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | まとめる | |

3989 首創環境

1 管理人★ :2016/08/07(日) 07:10:18 ID:???0
どうぞ

175 :2017/12/20(水) 22:11:38 ID:klNZHtZw0
証券会社共も、息を殺して静かになって何一つ、出さない
でも、きっちり、5日線の上に株価はいる

50億hk$まで後、0.005・・0.005が長いな

176 :2017/12/22(金) 22:31:35 ID:klNZHtZw0
と言っている間に、50億hk$を超えた・・・0.355なら50億hk$なんだ

5日線の上にいるし、マネーフローを見ていると新規資金の流入が高いし、
連日、大手の資金流入が80%を超えていて環境関連に、連日金が向かっている

材料とは、関係なしに固形廃棄物関連全体に資金が流入している

www.capitalenv.net/press/market/2017-12-08/798.html
我国生活垃圾年产量超过四亿吨 环卫市场大幕开启

2018年は、日4億t市場の幕開けてタイトル

環境 企業 査察で日本語で検索して見たら、今の中国が大変な事に
なっているのが、理解できると思う

第4期の環境Gメンの査察が、終わった見たいだが、この2016年から製造業の40%が
一時操業停止に追い込まれる事態になっているそうだ

天然ガス関連企業の株価が、跳ね上がっているのは天然ガスが
不足しているため価格が高騰している

VWの中国サプライヤーが、創業停止に追い込まれそうな事態になっている
環境基準をクリアー出来ないから、基準をクリアー出来るまで操業停止にする
と脅しっている

その煽りでVWの中国での生産が、停止に追い込まれそうな事態になっている・・

GDPより環境優先の姿勢を、政府がより強く打ち出している

経済が停滞しても良いから、環境問題を優先しろで色んな、
分野で操業停止命令がでて、部材が高騰している

外資いじめでなく、操業停止に追い込まれているのは国内企業が殆ど

第4期が終わって全土を調査したが、これで終わりとは誰も思っていない
第5期は、更にハードルが上がって厳しい措置になる

中小企業の廃業が相次ぎ淘汰の時代に入った

玖龍紙業の、どこかの工場が操業停止になっていてダンボール不足が深刻になっている
16hk$まで株価が上がって、さがっているのは操業停止処分が原因

玖龍紙業ですら、環境基準をクリアー出来ない為、一部工業が操業停止に追い込まれている

大手に、集中するを材料に玖龍紙業の株価が跳ね上がったが、

おいおい その大手が操業停止てか・・

中国製造業は大変な事に、成っている

環境関連は関係ないとは成らない
ゴミ発電所は2次公害が深刻化している

集めたゴミから、水分が流れ出しダイオキシンが流れだし2次公害を生んでいる

作った発電所も、何時か査察対象となり操業停止になる事態が起こる

国が、キチントした基準を策定しろと声が上がっている
現状は、地方政府が承認の権限を持っている
国では、手が回らないから地方政府に委譲したのに・・・

それなら、国家モデルを皆が優先したら問題は解決する
自分達の省の企業を優先して低技術の企業に取らせるから、
こんな事態に陥っている

長い先には、国家モデルが優先され、上位5社程度にシェア集中するようになるんだろな
初期段階は、群雄割拠となるが時間と共に上位にシェアが集中していくのは、
どの産業でも、同じ構造だ

2017年6月末時点で、246社が建設した発電所が稼働している
それが、5社程度でシェア80%に集約されるようになる

その期間は、恐ろしい程長い・・

南昌冷泉プロジェクトに10省が参加しているが、国家モデルを甘く見ない方が良い

首創環境のファンダメンタルは、日々高まっている
それには、後30年は必要だろうが

南昌冷泉式ゴミ発電所 
www.capitalenv.net/press/info/2017-12-18/849.html
長ったらしい、新聞記者の査察時の記事・・・

これは、鳴物入りのプロジェクトで、国家モデルに指定されている

首創環境、浙江省寧波市の生ごみ処理事業を落札
DZHフィナンシャルリサーチ(2016/05/19)が簡単に、流してハイ終わりにしているが
このプロジェクトは、IMF融資による建設で国家モデルに指定されている

首創環境は、2つの国家モデルを有している

177 :2017/12/23(土) 18:18:58 ID:klNZHtZw0
南昌プロジェクトの全容

正式進入了「72+24」的試驗階段
意味不明な、72+24 の数字 

これを、実現するのが中国华融との全面戦略協定

余りに長い、壮大な話になっている 
過去の米国の業界の、隆興と比較してもどんなに早くても20年は先の話になる

72+24で、20〜30年の超ロング成長になる可能性もある?て言うか
これを、遣るなら2030年まで連続成長は続く

でななければ、72+24何てできるわけがない

絵に描いた餅になるのか、計画経済だから実現するのか?
考えても仕方がない

羽近平政権が、次の10年も続けば、今の環境政策を継続するから
実現する可能性はあると思う

経済動向は関係ない
人がいる限り72+24は実現可能

時間軸だけの問題で、20年で実現するのか?40年で実現するのかで
年の成長率は、決まる

今の、流れは各省が競って投資を行っているし、
羽近平が、競って各省に投資させる様に持って行っている

首創環境 思っているより遥かに、スケールが大きかった
もう、首創集団の都市化投資の一環とは言えない 

「国策」

178 :2017/12/24(日) 15:55:28 ID:klNZHtZw0
ん〜 今まで、人に聞かれたらこんなの買うなと言い続けたが、
少し位なら、良いんでない

72+24が正式にスタートしているので、
時間は掛かるが、長い間には増えて行くよ

将来的にゴミ発電所が、100基建設される
安信国際の事業別売り上げ予想では、
焼却事業 45〜50% 生ごみ 20% 危険廃棄物 20% その他 5〜10%

ゴミ発電が100基をベースにすると、他がどれ位かてもの見えて来る
生ごみは、13次5で2400t予想が出ている

危険廃棄物は、四川省眉山市の眉山プロジェクトが2020年には稼働見込み
昨日、四川省が発表した

良いんで無いかな

179 通りすがり :2017/12/24(日) 19:28:52 ID:Nmkr6yEg0
?さん、いつも「研究すごいな!!」と思いながら書き込みを読んでます。
少し前にここを手放して、光大緑色環保を買いました。
いつも?さんの考察を「なるほど!」「どうやって研究してんの?」等と思いつつ参考にさせてもらってます。
週明け、クリスマス休暇が終わったら少額ですが再度参入させてもらうおうかと思います。
自分の考察を惜しげもなく書き込まれる?さんに大感謝!!!
今後とも、よろしくお願いします。

180 :2017/12/24(日) 21:03:00 ID:klNZHtZw0
自分でも、やっとこの銘柄に自信が持て始めました

72+24 72市 + 24県て意味です

南昌プロジェクトに参加している11省の内、72市 + 24県が
この方式での建設を計画しています

機関投資家になったつもりで、考えてみましたが、安い内に大量に買い込み
値上がりと共に、利益確定して売る方法を取るだろうなと思います

72+24 15年位、時間が掛かると思いますが、その為の資金を支えるのが、
中国华融との全面戦略協定だと思います

今の動きは、72+24計画が現実化する見通しがたったので、
安い内に大量仕込みに動いているのではないか?と思います

最近は空売りも減り、売り玉も少なくなり、上を追うしか玉集めが
出来なくなっています。あまり上に追い過ぎると、利益確定売りが
厚くなり上は、抑えられると思います

予測ですが、初配当を出し、初配当を材料に値を飛ばした場合、
株価は、0.8以上まで飛ばす可能性はありますが、その後は材料分は
売り込まれ、上げがスタートした0.32〜0.8の上げ幅、0.5分の半値戻しが
テクニカル的には、教科書となります

目先は、0.5辺りが居心地の良い株価ではないかと思います

2018年は、ゴミ発電所は4つが稼働すると思われますので、
2018年決算の伸び率は、結構高い物になるのと、
受注数も、2017年が5つでしたが、8つ位まで増えるのではないか?と思います

息の長い材料となると考えています

181 :2017/12/25(月) 21:49:19 ID:klNZHtZw0
72+24を考える
徽商资源再生公司与首创环境控股公司签署战略合作协议
徽商资源再生公司は、金属再生や廃自動車処理等の個体廃棄物処理企業
そこと、戦略協定を結んだのが、先月

南昌第二発電所建設の内容が、昨日南昌市の新聞に出ていたが、
今の、埋め立て地を2018年末を最後に使用を辞めて、その後地に
ゴミ発電所+金属再生+医療廃棄物処理をセットにした総合環境施設を建設する

先月、南昌市が提案を受け付けていたが、その期間は1週間・・早や・・
公示がでて1週間で、誰が提案できるんだ^^;;無理でしょ

出来レースの筈 
埋め立てを廃止してそれを再利用して総合環境施設を建設する事で
注目を集めている

首創環境が、正式に受注したて公告は出ていないから、わからない

この、総合環境処理を含めて、南昌プロジェクトなのかも知れない
72+24は、ゴミ発電所だけでなく、金属再生+医療廃棄物処理+廃家電+ゴミ収集
を含んでいるのかも知れない

安信国際は、将来の事業を
焼却事業 45〜50% 生ごみ 20% 危険廃棄物 20% その他 5〜10%
と予想している

危険廃棄物何て、まだ3つしか受注していない・・
今のペースでは20%無理でしょ
でも、総合環境施設を建設してしまえば、可能だよな・・

総合環境施設 南陽市でも計画されている 山東省のプロジェクトでも
翼南地区でも、重慶市でも提案されている

南昌第二発電所 来年早々に、誰が受注したか公示が出ると思う
2018年大注目の、案件です

以前読んだ記事だと、首創環境は、総合環境施設を建設中なんだと思っていたら
今、受注しているプロジェクトの中に、1つも無い><

まだ、受注もしていない内容だったwwwww
恐らく、南昌第二発電所をさしているのだろうと考える

これを、受注したら全国で2例しかない総合環境施設になる

182 :2017/12/26(火) 22:13:38 ID:klNZHtZw0
山西省晋中市生活垃圾焚烧发电项目和餐厨垃圾处理项目
建设周期(规划)2017年01月至2018年01月

2017年決算に入るのか?2018年決算になるのか微妙
今の、業界の流れは建設期間は短くなっているから

四川省の危険廃棄物 7市で2020年に稼働させると正式に発表された
7市の中に、眉山市危険廃棄物プロジェクトも含まれている
2016年受注で、2020年までに稼働

遅くても、2018年までには6つが完成するのは間違いない
6つの内、何個が2017年決算に入いるのかがわからない

2017年が1つなら、2018年決算でPOSITIVE PROFIT ALERT
2017年に3つ入っていれば、2019年決算はPOSITIVE PROFIT ALERT
2019年は、広東省恵生市の1600tが完成する

どっちにして、2020年までに主要施設の8つが完成する

2017年完成分は、1年後から商業稼働にはいる
2018年は、建設利益でPOSITIVE PROFIT ALERTになりそう
2019年は、稼働利益+建設利益でPOSITIVE PROFIT ALERT

2020年まで、毎年 POSITIVE PROFIT ALERTでも不思議でない・・

それを、言ったら2022年もPOSITIVE PROFIT ALERTの可能性が高い
2017年前半の受注分が、2018年後半から建設がスタートして
2021年に稼働期に入り + 2017年後半受注分が、2021年に建設利益を上げる

2017年受注分が、建設準備の為、機材の入札が始まっている

市から受注 →首創環境 → 機材を入札 → 機材企業が受注
発電所の機器は、首創環境が公示して入札を行うシステム
機器の公示が、10月にでたから建設は始まる

普通は、ゴミ発電を請け負う企業 + 建設企業 が連合を組んで入札する
ゴミ発電を請け負う企業 + 建設企業 どちらも、北京国資企業の組合わせとか
ゴミ発電を請け負う企業 + 建設企業(首創集団と繋がりのある企業とか)

この流れでいけば、縦のラインが出来て余所者が受注する事は無いよ
中国縦割り社会の構造その物・・・

市場が大きいから、誰もが恩恵を受ける・・・・絶対にあり得ない

権益は、縦に繋がって行くが、横に広がる事は絶対にない気がする
逆に、言えば筋に乗っている奴は、何処まで行ける社会構造なんだろうね

だから、戦略協定を繰り返して自分達の影響力を広げるでないかな?

徽商资源再生公司との戦略協定によって、安寧省への進出の足掛かりが出来た
2015年に、シンセンの同業者と戦略協定を結んでいる

戦略協定を繰り返し結ぶことで、企業は活動範囲を横に広げていくんだよ・・

厳しいね中国、縦割り社会 コネ社会だけど

183 :2017/12/27(水) 22:28:28 ID:klNZHtZw0
河南商丘市生活垃圾焚烧发电项目正式开工
2017年1月20日受注のプロジェクトが正式に着工に今日、入った
1期投資分が6億 2期投資分が3億

2019年は、広東省恵生市の1600tと河南商丘市の1200tが完成するから2800t増える
両方とも、商業稼働は2020年だから2019年は建設利益が、がっぽりの9億位かな?

近日、南阳市生活垃圾焚烧发电厂项目环境影响评价第一次公示
河南省南陽市のゴミ発電所が公示される

前回は、光大国際に負けているが今回は、行けるだろう
南陽市には、環境だけで首創集団が20億の投資契約をむすんでいる
まだ、2億6千万しか投資していない
拡張を含めても、3億だから、残り17億ある

これは、首創環境が受注しないと計算が合わない
第1期が1500t 第2期が750t 合計2250tのでかい

契約期間は、30年(内建設期間2年を含む)
第1期投資額 74981.39万元 第2期が4億位になるのか?
合計 11億

ゴミ収集が3億 + 11億 = 14億
残りの6億は、家電廃棄物と生ゴミ処理と医療廃棄物処理 でないかな?

第1期分の稼働は、2021年だな

南陽市と首創集団が結んだ戦略協定は、2016-2020年までに100億の投資で
環境が20億 水利が40億・・・後は、忘れた

2021年の大幅増収増益のネタが出て来た
2019年稼働分がフル稼働に入って + ゴミ発電所の建設利益が乗って来る

2018年の受注は、中々クオリティーの高い物がチラホラある

1月 4月 6月 7月の首創環境の公告に注目です
2018年受注分は、2022年稼働になり2022年の決算だから、
忘れた頃に、BS/PLに載って来る

2018年は、8つ位受注出来るんでないか?

184 :2017/12/28(木) 22:13:10 ID:klNZHtZw0
ん〜 後、1日なんだが、何なんだ?あの売りは・・
0.355が丁度、50億hk$なのだが、資金流入は、10日連続で買い越しなのに
0.36まで上がると、鬼の様に売り浴びせやがる

クソたれが 

明日、0.355で終わるとハンセン小型株指数に採用される条件をクリアー出来る
それを、見越した買いが入っているのに潰すわけでもなく、0.36に売りを並べる
売る気なら、ハンセン小型株指数に採用されてから売る方が利が乗るだろうに

今、あれだけ売り板に晒す意味が分からん

明日、17時に0.355なら50億hk$だ
年末最終日の最終までもつれる

明日の、17時まで目が離せない

185 通りすがり :2017/12/28(木) 22:29:28 ID:oHWACxqc0
>明日、0.355で終わるとハンセン小型株指数に採用される条件をクリアー出来る

ハンセン小型株指数の採用条件は、過去十二か月の平均株価なので
今回は無理ですね。全人代で環境関連が盛り上がりそうなので残念ですが・・・

186 :2017/12/29(金) 17:44:14 ID:klNZHtZw0
平均ですか・・無理ですねww

昨日から、2018年度中に完成予定が4つ確認できました
今日の公告ですが、
固形廃棄物300t これは、国が指定の最低t数
厨芥廃棄物処理 台所ゴミ 50t
腐敗性廃棄物処理 9t
漏洩処理(廃油) 120t

固形廃棄物+生ごみ+危険廃棄物の3つがセットになっています
計画は、北京市延庆区环境卫生服务が行ったのをPPPに切り替えて
首創環境が買い取ったて形になっています

PPP期間が30年と長いのと、北京市、複合型てのが、
如何にも首創環境らしいと思います

北京市延庆区ですが、人口31万人で固形廃棄物が300tは多いですが、
5〜6区をカバーするのだと思います

全土の県と区ですが、3922?だったかな、あるそうです
県と区が5〜10集まって市になっているようです
全土の市が660市です

この規模が今後、爆発的に増えると思います

固形廃棄物が300tまで小さくなると、採算の取れない企業が増えます
単独で、固形廃棄物300tを建設したと話題になっていました

主流は、600〜1200tですから、小さいです・・・
色んな物を組み合わせて、複合で建設しないと採算割れになりますね

投資額は、1億5千万RBM位になるのかな?
まだ、第一候補人の段階ですから、正式ではありませんが、
100%第一候補人が受注していますから実質の受注と同じです

正式受注ではないので、総投資額はまだ発表されていません

187 ワクワク君 :2017/12/30(土) 13:26:19 ID:ZbgCGBW20
0.355HK$=50.75億 ってことで、来月は空売りもできるってことでしょうか...

ならばマイナススタートかなぁ
?さんの1/10も持っていないけれど(笑)

188 :2017/12/30(土) 16:14:53 ID:klNZHtZw0
わくわく君さん
50.75億は、ハンセン小型株指数と言う指数があります
そのハンセン小型株指数に採用されると、シンセン/上海からの直通で
本土の人が買える対象となります

ハンセン小型株指数に採用される最低条件が、時価総額50億hk$となっています
自分は、時価総額が12月末時点で時価総額が50億hk$であれば、指数採用の最低
条件をクリアーと思っていましたが、どうも、通りすがりさんの指摘で、
平均で時価総額が50億hk$以上となっているようです

今回は、平均で50億hk$には無理だなと・・言う所です

quote.eastmoney.com/center/list.html#mk0146_12
これが、現時点で本土から買える銘柄です
この入れ替えは、12月末の時価総額で検討され、3月1日から取引可能となります
見ていると、何で、お前が直通対象なんだと言う銘柄も多数含まれています^^;;

本当に精査されているのか?と言いたいのもありますが・・・

189 :2017/12/30(土) 16:37:46 ID:klNZHtZw0
空売りに付いて私が教えて貰った事を、書いておきます

首創環境の空売りは11月から始まっています
参考にどうぞ空売り履歴です
hk.eastmoney.com/sellshort.html?code=03989

ちなみに、チャートが右肩上がりでないと空売りは成立しません

空売りのルールとして、買い板の先頭に向かって売りをブツケル事は出来ません
売り板の先頭から、1つ上にしか空売りは出せません
つまり、誰かが買い上がらないと空売りは成立しません

板が強く、チャートが右肩上がりの時でないと空売りは成立しないと言う事です
悪材料で暴落する時の売りは、空売りではなく現物売りです
現物売りと 空売りは考え方が全く違う売りです

現物売りは、買値は関係ない 
損しようがどうしようが、とにかく売るを目的にしています 
もう、二度とこいつは買わないからポジ0で良いと判断した時に現物売りをします

www.aastocks.com/en/stocks/analysis/moneyflow.aspx?symbol=03989
空売りの成立だけを見るのでなく、此処の資金流入とセットで見てください

空売りの成立が幾らで、Major InverstorsのTotal Outflowが何株だから
現物の売りが幾らあったと見てください

例えば、昨日の空売りは、604000で、
www.aastocks.com/en/stocks/analysis/moneyflow.aspx?symbol=03989
のMajor InverstorsのTotal Outflowが8,640,000だから、
800万株が現物売りで、現物買いのMajor InverstorsのTotal Inflowを見ると、
6,516,000だから、実質150万株程売り越されたなと見ます

空売りは、利益確定の為に、空売りを行います

利益確定の空売りとは、買値が0.3  空売りが0.35 で買い数と空売り数が
同数であれば、株価が上がっても下がっても0.05の利益は確定して利益額は変動しません

大手投資家は、現物を買うと 空売りも同時も行います
場に応じて買いと売りを調整して利益を上げて行きます

大手投資家の買いだけでなく、必ず空売りを入れて利益確定を行います

右肩上がりのチャートで空売りされるのは、良い事だと思ってください
利益確定が出来れば、更に新規の資金を投入して資金を回転させていきます

最悪は、右肩下がりのチャートの現物売りで二度と帰ってこない売りです
戻ってこないのだから、売値が幾らだろうが関係ありません
ひたすら、売る事が目的です。だから、暴落します

売りには、2種類あると覚えておいて下さい
今の売りは、現物売りなのか?空売りなのか?
それを、正確に知れば売られても怖くありません

右肩上がりで、空売りが増えたら皆、偉い儲けているんだな〜うらやましいな
と考えてください

何故、今売られているのか?理由がわからない時は、空売りと資金流入を
チェックして日頃よりも現物売りが多い場合は、警戒しましょう

自分が、知らないだけで市場は知っている事なので、
一体、何が起こっているのか全くわからない?が
金の流れに付いて行けば、危うからずや

暴落前に必ず前兆は、起こっています
市場の突然の暴落は、気にしなくても良いです
これは、誰も避けようがない

市場全体の暴落は、先がわからないから売られるのであって、
その悪材料の先がハッキリ見えてくれば、悪材料とは言いません
その場合は、買い戻されます

by新参物氏から教えです

新参物のオッサン 簡単に、言うなよ 
実践するのは大変だよwww

売りの2種類の違いを、把握するのは良い事だと思います

190 ワクワク君 :2017/12/30(土) 17:01:38 ID:ZbgCGBW20
>>188 ?さん

いつも楽しく拝見させていただいております。
どこかの記事?で非常に記憶が曖昧なのですが、50億超えると、ショート(カラ売り)が出来る云々と書かれていたような気がします。
当月末での評価で次月分が該当するそうですが、当然日本では無理ですし、
HSBCのメニューにもありませんので私はショートできませんが(笑)
今のレンジ(0.2中盤〜0.3中盤)で約2年きていますので、上昇気流にのればおもしろそうです。
?さんのストーリーからかなり長く楽しめそうです。
吉利なんぞもあっという間に跳ねましたが、いやいやどうして結構長く待たされました。

191 :2017/12/31(日) 15:14:01 ID:klNZHtZw0
ワクワク君 さん 私の思いです

〇2016年/2017中間年決算書を疑う事
首創環境を考える上で、一番大切な事だと思います
2016年/2017中間年決算書 アンなの、どうでも良いですよ
何、一つ今後3年年間の将来像があの中には、ありません

唯一、稼働/建設中が22 この一文でしか将来像何てわかりません

具体的に上げると、
建設中が16です
2016年決算書での、稼働は5つ この時点で、3倍の施設が隠れています

セグメント 売り電力 無い・・・あるわけが、まだ発電所が真面に動いていない
黒竜省のバイオ発電所を3つ作る計画がありますが、総発電量が8億kwで計画されています

1kwの売り電が、0.75RBMなので、8億kwだと6億RBMの売り上げになります
今、13の発電所を受注して、自分が調べた分だと2022年には13が稼働します
これだけで、将来の総発電量は30億kw程度になります

これだけで売り上げ 22.5億RBMがプラスされます

補助金  ゴミ処理 1t 約65RBM 埋め立て 約60RBM ゴミ収集 約60RBM
これも、殆どあのセグメントの中にはありません

本当に、この企業 今まで何も、遣っていない

江西省で、生ごみからバイオガス生産を行います
来年には稼働するが、今の決算書には何も書かれていない

北京環境集団のセグメントに、バイオガスの売り上げがあり、同規模が稼働します
先行企業のセグメントからどれ位なんだを引っ張って来て考える以外、方法が無い

笑ってしまう位、無意味な2016年決算書www

証券会社も2017年業績予想 出せない
2017年に稼働するのか?2018年稼働するのか?そこが、ハッキリしない
工期の3〜4カ月の違いの為、年度がどっちなのか正確に予想するのが難しい

わかっているのは、工事は、始まっているからアバウト2年で建設されから、
これ位の施設が2020年までに稼働するだろう

恐らく、27〜32が2020年末には稼働していると考えています
今、見えている稼働が5つしかない wwwwwww

2018年は、株価は噴くと考えています
嫌、どの証券会社もそう思っていると思います

著名なアナリストでも何時、噴くかわからないとはっきり書いています
2017年決算で初配当を出せば、それが切っ掛けになりやすいです
あがって、それっきり降りてこないかもしれません

配当を出さなくても、2017年決算発表が切っ掛けてなると思います

2018年決算でまともな決算となり、将来像が掴み易くなると思います
BCG NZの権益49%の買収も、2017年度なのか2018年度なのかも公告が出ていない
から、どっちとも取れる状態

間違いないのは、2020年決算まで押し伸ばせば全てが綺麗に収まっているw

今の粗利が29%ですが、こんな低いわけがない
35〜36%の粗利になると思います

2016年決算書の最終利益率も、低すぎる・・
総売り上げに対して、10%しか最終利益が無い

まともに、稼働したら総売り上げにたいして、最終利益が20%程度になると思います

2016年決算書/2017年中間決算の中身は、白紙同然です
何も、遣っていないwwwwwww

16の建設中の施設は、2017年度中に3は稼働しました
後、2つのゴミ発電所が、微妙で2018年度になりそうです

2つが2018年完成の場合
2018年度は、3つの発電所+生ごみ処理1+建築物処理場1 
5つの主要施設が完成すると見ています

黒竜省のバイオ発電所の3つ以外のプロジェクトは、建設期に入ったか
建設前の、機器の入札を行っています

黒竜省が、全省の中で環境投資が一番低い省ですが、10月頃に環境投資に関する
条文を発表し、ゴミ発電所の建設をスタートさせたのでそう遠くない先には、
始まると思います

今の、手持ち受注の42プロジェクトは、全部 建設期/建設準備期間に入った
考えています

2017年は、環境5カ年計画の初年度でした
2022年が、5カ年計画の最終年度です

これからの、3年間で新規プロジェクトを15〜20は獲得すると考えています
14次5も、このペースで受注していきます

2025年まで、減益になる年度は何一つ見当たりませ
8年連続増収増益と考えています

192 :2018/01/02(火) 21:25:26 ID:klNZHtZw0
おめでとうす

年明け1発目 出来高増えるだろうなと思っていたが、3300万株まで増えた

www.aastocks.com/en/stocks/analysis/moneyflow.aspx?symbol=03989
売り買い交錯で、僅かに買いが勝った状態
どうしても、0.36が大混戦になっている

そりゃ、成る 
BCGNZの権益49%が2017年決算に入らない場合の業績予想だと
此処が、PRE30倍を超えた価格帯になる
誰も、わからない状態だから売り買い大交錯している

但し、出来高が増えたのとBCGNZの権益買収は無関係

2017年の完成施設 3 2018年予想 6〜11 
2018年予想 6〜11・・どこまでが、2018年度中に完成するの?
過去の受注公告を、洗い出していくと6は、2018年度中の完成になる

証券会社の予想には、自分が把握できないのが3つ挙がっている
更に、ゴミ収集+埋め立て+運搬は、建設期間が1年稼働するから、
通常施設より早い

しかも、こいつ公告を出さないで何時の間にか建設されていたりする
過去のゴミ発電所だけのプロジェクトに、後で追加される形で増えている
会社はこの事を公告を出さない

目に見えない物が、追加されて行ってるから、2018年Maxで12が完成するかも知れない

将来の業績予想が、上に振れている
2018年は、新規資金流入が増えて今後も出来高は、増えて行くと考える

www.hkexnews.hk/listedco/listconews/SEHK/2017/1228/LTN201712281151.pdf
この内容は、良いよな 如何にも首創環境らしい提案だと思う

今までは、1施設の大型化を競ってきたが、段々と小型小口多種に変わって行く
この中に書かれているが、首創環境の提案が一番優れていたと書かれている

県や区と言われる物が、3922ある
県や区の人口は、30〜80万位が多いのかな?

今の施設は、1つの事しかできないのに600〜800万人を対象としている
中には、2000万人位を対象にしている

この提案の北京市の区は、30万人で5種の処理を提案している
一つ一つの規模は、へ?て言う位小さいがこれを全部作ると、
6億程度の投資になると思う

ゴミ発電所 300t これは、国が定めている最低t数
12月にカンベストンバイロが、買収したプロジェクトは3500t・・1/10以下の規模
生ごみ 9t 普通が400t・・全てが、超スモール
 
現状の大型施設の問題は、1つの事しかできない
家庭用ゴミにも、2種ある 紙ごみ等の燃やせるゴミ 生ごみ等の燃やせないゴミ
2種は、別々の施設が必要になる

今のゴミ発電所は、燃やせるゴミを対象にしている
家庭用のゴミだけでも、1つの施設でなく2つの施設が必要になる
1施設の大型化だけでは、問題は解決しない

危険廃棄物は、42種に分類されている
一番多いのは、廃油 家庭から出る廃油 工場から出る廃油 
廃油にも種類があり処理方法はそれぞれ、違う

2018年は、医療廃棄物と家電廃棄物がクローズUPされる
家電廃棄物は、電池の処理 こいつは、液漏れするから厄介
医療廃棄物は、わざわざ他国(日本や米)から輸入して処理していたのを、
今年春から全面輸入禁止となる

医療廃棄物は、処理していたと言うより単純に埋め立てをしていただけ^^;;
先進国が処理に困っていた物を、引き取り埋めていた

医療廃棄物をキチンと処理しろと言うと、施設がないからこれを今から一生懸命建設する
今まで、輸入していたのは何なんだ・・

単品大型施設より小口多品種処理場が、今後必要になる

啓迪桑徳(精華大学系の環境企業) 
12月の受注を見ていると、ゴミステーションに人を配置して
ゴミを分別して出す事を指導する事業を3つ受注している

日本では、考えられない事業が公共事業として成立する
2020年までに、92市まで拡大するとしている

精華大学だから、頭が良いw 
www.naito-sec.co.jp/chinap/price_index.aspx?stockcode=000826
株価は、33RBMだからその辺のボロ企業とは違うwww
直通対象だから日本からも買えるが2008年からは、10倍になっている

本土で、固形廃棄物企業と言えば啓迪桑徳が代表企業

今までのような1種大規模施設て流れは、今後変わって行くと思う
本当に、問題を解決するには何が必要なのか?
それを、提案できるのは誰なのか?

2018年、どうなる事やら

◇環境保護税法(2018年1月1日より施行)
汚染物質を排出する企業が環境保護税を直接納税する。
税額は汚染物質1キログラム当たり1.2-12元、廃棄物は1トン当たり5-1000元

193 ワクワク君 :2018/01/02(火) 23:21:41 ID:ZbgCGBW20
?さん
SBI証券に上がっていたトムソン・ロイターの予想あげておきます。
あてにできるものなのか...

(予想)売上高
2017年 2018年
4,072,194,800 5,353,031,100
(成長率)
-% 31.45%
経常利益
374,476,200 711,780,900
(成長率)
-% 90.07%
(利益率)
9.19% 13.29%
当期純利益
43,848,000 161,258,200

194 ワクワク君 :2018/01/02(火) 23:42:21 ID:ZbgCGBW20
単位はHK$です

195 :2018/01/03(水) 14:31:22 ID:klNZHtZw0
ありがとうです 助かります

当期利益の所が?ですね 9.19% 13.29%であれば、
2017年 366,497,532 2018年 711,417,833ではないでしょうか?

366,497,532は、BCGNZの49%を買収完了後の数字で、
2017年に買収が完了しない場合は、1億引いた数字が当期最終利益になります
2017年買収が完了した場合、366,497,532になると考えます

建設面では、2017年に、3つ完成稼働していますから2016年と比較して大幅増です
2018年上半期に完成の2つのゴミ発電所の建設利益が2017年度に建設利益として載ってきます
ので、更に2017年の売り上げを2016年比で押し上げます

2つの要因で、売り上げは大幅増になります

2018年当期利益711,417,833は、自分では利益が6億RBM以上でEPS0.04〜0.05の間かなと
思っていましたので、皆、同じ位で考えているんだなで安心しましたwww

2018年の数字がえ?て位あがるから本当か?で自分でもわからない状態でした
ロイターが、同じような数字で言っているのなら、皆、2018年を同じ様に
考えていると思います

各市や各県のHPを読んでも建設完了時期が、2018年度中になっているから
皆、同じ様に考えているとおもいます

皆、市や県人民政府のHPに書かれている事を見るから答えは、
同じにしかならないのですが、ロイターが同じ様に言ってくれると
正直、安心します^^;;


良いですね、SBI マネックスは1年分しか記載していません
PRE予想が、31.7倍で2017年利益予想額と比較したらEPSが合いません
PRE31.7倍て何?となるとBCGNZの49%を含まない利益だとPRE30倍になります

BCGNZの買収分の1億が、2017/18かわからない><
2017/18年の延べの数字は、一緒になります

(利益率)  9.19%  13.29% 
此処に、絶対注目です。今後、これはもっと上がって行きます
2017年稼働分が、フルになるのは2020年
2018年稼働分が、フルになるのは2021年

2年で10施設が稼働するので、年々利益率は上がって行きます
稼働数が増えれば増える程に、20%前後になると考えています

売上高
2017年 2018年
4,072,194,800 5,353,031,100
2017年に2つ発電所が稼働しましたので、2018年には売電が大きく増えます
2018年には発電所が3〜5完成しますから、2019年の売電は、更に大きくなります

2019年の売り上げは、65〜70億で考えています

株価的には、2017年決算にたいしてPRE30倍ですから動き辛いですよね
決算発表後は、2018年決算に向けて買い上がっても良いと思います

業界平均PRE18倍なので、EPS0.045 X PRE18 = 0.81になります
此奴は、平均PREが23〜30倍の間を行ったり来たりなので、
1.035〜1.2まで上がって良いのかな何て、考えています

2019年が2018年以上に伸びるので、年内に2018年の業績は折り込むと思うのですが

196 :2018/01/03(水) 17:45:52 ID:klNZHtZw0
ワクワク君さんへ

すいません、195 勘違いしていました
経常利益 374,476,200  マネックスでも利益を374,476,200 で表示しています

当期純利益 43,848,000
これは、2016年のOwners of the Company(当期利益) ですね

2017年中間(hk$にしています)
当期利益   91,088,182
少数持ち分  73,774,128
トータル   164,862,311


2017年決算予想は、
当期利益   180,184.800   これは、大雑把な本土系証券の予想
少数持ち分  194,291,400
トータル   374,476,200
EPS      0.012

こうなると思います

少数持ち分   194,291,400 に BCGNZの持ち分 49%が含まれ
殆どが、BCGNZです

BCGNZの完全買収が完了すると、少数持ち分の内、1億7千万が
当期利益に乗って来ると考えます

BCGNZの少数持ち分を引くと、2000万RBM位しか少数持ち分はないと思います
このBCGNZの少数持ち分が、計算と最終利益見通しをややこしくしています

2018年、BCGNZの少数持ち分がスッキリしたら
2018年 売上    5,353,031,100
    経常利益   711,780,900 (2018年は、この内90%が利益になります)
    当期利益   640,602,810  
    利益率    13.29%
    EPS      0.044

BCGNZの49%分が、2017に入ろうが、2018年に入ろうが、 
ロイター予想では2018年は、POSITIVE PROFIT ALERT ですね
ロイター予想は、正しいと思います
2018年の完成数は、8〜11ですので順当な、成長だと思います

EPS 0.012は、完全に株価に折り込まれていますwww
少数持ち分  194,291,400が、2017年決算に入るか?入らないか?
市場の関心は、これしかないですねwww

2018年の決算を2017年決算発表前に、取りに行く事は出来ないし

現状は、手詰まり><

197 :2018/01/03(水) 18:13:09 ID:klNZHtZw0
今日、面白い事が書かれていた
BCGNZは、元々TNPて企業のNZ事業を買収した
中国の企業のゴミ発電所では、燃やしてもダイオキシンが残るそうだ
中国企業では、焼却後のダイオキシン除去の技術が無い

外資系企業を買収した所は、この技術を買収しているから焼却後にダイオキシン除去が出来ている
今まで作った古いゴミ発電所は幾ら潰しても影響がないと、言っている人がいる
むしろ、早く潰して建て替えろと言っている^^;;

中国国有企業に足らない部分を補う為に、TNPは首創集団への売却を決めたが中国国有企業に足らない部分て、
ダイオキシン除去の技術かもしれない

買収で首創環境は成長すると言われている・・・技術面での評価が高い
これを、評価するのは証券会社でない。E20等の専門組織が評価している
証券会社でないから、企業の業績を評価しているわけでない技術力を
評価して成長すると言っている

本当の、ファンダメンタルの部分でこれを、知るには中文を読むしかない
決算書にも、書いていないwwwww 日本語も無い 英文も無い
証券会社が出す評価は、技術面の評価なんて書いていない

外資を買収した企業て、光大国際/北控水務/首創集団・・後、誰?
現在 247社がゴミ発電所を建設しているが淘汰される日は近いと思う

一般企業を締上げているのに、この分野だけが無傷何てあるわけがない
15年の契約を、8年位で打ち切って新規移転させる等・・

ゴミ発電所は、アメリカを抜いて世界1位だけど、役に立たない物を数作って
世界1位だから・・・今後、大きな問題に発展していきそう

広東省恵生市のゴミ発電所移転プロジェクトで、今新しいのを建設中だが
稼働してまだ10年位しかたっていないのに新しいのが出来たら廃止になる
10年前のゴミ発電所では、ダメなのだろう・・・1年前のでもダメと言っている

ダイオキシンまで除去できる技術を持った企業が少ないが結論
ダイオキシンを除去しないまま、燃やして埋め立てするから土壌汚染の2次災害になっている

危険廃棄物処理も、10大企業のシェア10%しかない
残りの90%は、家内制工業・・・10大企業のシェアを80%まで上げろと言う
キチンと、処理できる企業が少ない^^;;

シェアを集中させて、家内制工業で遣っている所を潰せて話
2020年までに、凄い数を建設するが処理数は2017-20年は、横這いになって増えない

家内制工業から、シェアを奪う事を目的としている
キチンとした環境企業を取り巻く環境は、めちゃくそ明るいぞwww

証券会社の評価評論なんて、読んでも何もわからない

huanbao.bjx.com.cn/gfcl/
此処を読めば、中国の環境関連の事は全部、出ている
此処が、一番信頼できるサイトだ

もう、頭が跳んでるw

198 :2018/01/04(木) 16:37:43 ID:klNZHtZw0
あ〜あ 消えちゃった
内容は、余りに長すぎて書いている途中に消えてしまった^^;;

huanbao.bjx.com.cn/news/20180103/871601.shtml
1月2日国家住建部网站发布了
《住房城乡建设部关于加快推进部分重点城市生活垃圾分类工作的通知》
建设部から、羽近平の署名と共にTOPDWで各省の環境部に通達されて
1月2日から、施行されている

光大でも光大緑色環保でも東環でもカンベストエンバイロでも首創環境でも
どこでも良いからPFの中に1つ位、入れて置いた方が良いと思うw

省レベルの都市・農村住宅(環境衛生)の管轄部門は、建設省の要求事項を厳格に遵守し、
毎月5日前に地方自治体廃棄物の分類の進捗状況を提出する

地方政府には、任せてられん 建設部が直接管理するて・・・マジか

重点都市 46市
北京、天津、上海、重庆、石家庄、邯郸、太原、呼和浩特、沈阳、大连、长春、哈尔滨、南京、苏州、杭州、
宁波、合肥、铜陵、福州、厦门、南昌、宜春、郑州、济南、泰安、青岛、武汉、宜昌、长沙、广州、深圳、
南宁、海口、成都、广元、德阳、贵阳、昆明、拉萨、日喀则、西安、咸阳、兰州、西宁、银川、乌鲁木齐市

2020年までに、46市がゴミ分類が出来る様になって、2035年には残りの全市が対象になる
全土で、ゴミの分類をやれと・・・

46市に付いては、以下の事もスピードUPしろとなっている

1.ゴミ発電所/ゴミ分別施設/ゴミ収集施設/生ごみ処理施設/危険廃棄物施設
家庭ごみ分類施設の建設をスピードUP

2.生ごみに付いて
生ゴミリサイクル率を35%以上にしろ
バイオガスやバイオオイルにしたり肥料に転換する

3.学校の授業で、ゴミの授業を取り入れろ^^;;

4.既存の施設で基準を満たしいない物はUPGを急げ

環境5カ年計画 全てが、TOPダウンでスタートしました

首創環境みたいに、2017年決算に対してPRE30も行っている所は上がらないが
それ以外の所は、まだPRE30倍に届いていないから上げ余地あるよ

199 :2018/01/06(土) 00:49:42 ID:klNZHtZw0
テクニカル的に、もう一度 下がりますwww

0.325で止まらないと、0.281の250日線まで行きそう><
1月でこの調子だから、2月はもっと売り圧力が強くなって下がるw

決算発表して、全ての材料を吐き出すまでこりゃ無理だ

思い切り天井を打って、チャートはひん曲がって売り圧力に、
徐々に押し切られている

首創環境だけでなく、環境関連全部が売りに負けている
環境5カ年計画がスタートしたから、業界全体が材料出尽くしで
利益確定に押されている

でも3月の全人代から決算発表で、利益確定も終わると思う
環境5カ年計画の実績が、2018年から数字なって出て来るから
2018年の業績にむかって、株主総入れ替え

ジーとして動かないで春が来るのを待っている様な、
株主はここで全員退場すると思う

此奴らが、退場しないと流動性が悪くなるだけだw

>>198の生ゴミリサイクル率を35%以上にしろ
バイオ発電所2017年度版が状況が発表された
328の内、157が建設中で171が計画中になっている

無茶苦茶な数だね・・

2014年に黒竜省伊春市と4〜5基のバイオ発電所建設の戦略協定を結んでいるが
一行に前に進まないから、調べてみたが

北京首创集团已于3月9日正式批准对伊春双丰局生物质热电联产项目的投资。
2016年3月9日に首創集団は正式に伊春市のランドマークプロジェクトに
バイオ発電所建設を組み込んだとある

結局、首創集団が投資を決定するまで首創環境は単独では何もできない・・・><

4つのバイオ発電所建設計画が、動きだすのは13次5中には動きだす見たい
稼働は、2024年まで掛かるwww のんびりと、待ちましょう 

計画中の171に付いても、既にどの市/県が何処の企業と組むのかは、
全部決定済の様で、ペンペン草も生えない位、ガンジガラメになっている

戦略協定の元に・・・啓迪桑徳が、一番幅広く戦略協定を結んでいる見たい

地方政府は、計画を作成して承認するしか出来ない
現場は、金集めから建設業者決定から納入業者まで企業が100%仕切っている><

中国のインフラが、いかに難しいか身に染みて良くわかった^^;;
インフラ(プロジェクト)とは、大手企業による単独独占開発の事だった

200 :2018/01/06(土) 16:01:38 ID:klNZHtZw0
この企業の事が、やっとわかり掛けて来た・・
これだけ、毎日調べてまだわからないのか?・・頭が悪すぎるぞ 俺

首創集団 正式名称は、北京首都创业集团有限公司 都市総合投資企業
都市総合投資企業て事が理解できていないんだよ><

都市開発部門
道路整備.病院建設.学校建設.不動産開発.ショッピングモール運営.京津鉄道等

環境部門
上下水道/ゴミ収集/ゴミ発電/生ごみ処理/医療廃棄物/廃油処理/金属再生/廃家電処理/廃自動車
ゴミ分別/埋め立て地/土壌回復を行う

都市開発を行えば、人が増えるので環境開発も同時に行いましょうて事

投資            首創集団
病院/学校/道路       首創集団
不動産開発         北京置業 
ショッピングモール     キャピタルグランド
上下水道          首創
固形廃棄物         首創環境

この6つで役割分担をしている
計画作成/政府との交渉/金集めをするのは、首創集団
首創集団が投資を決定しないと、何も前に進まないシステムになっている

首創環境は、都市開発の一環事業であって単独では何も出来ない

光大国際等の他の環境関連企業とは、似ても似つかない構造になっている
他の企業は、発電所や危険廃棄物処理場を建設/運営する為だけに存在している
受注/運営だけに全力を挙げて取り組めば良い

業界は、受注量と稼働比率は50対50が普通
首創環境は、受注量と稼働比率が75対25になっている

稼働が遅れるのは、都市発展と足並みをそろえて投資が進んで行くから><
その代わりに、都市発展と共に色んな施設が後追いで次々と追加されていく

この企業の投資構造がわかって来た^^;;

受注量と稼働比率が75対25になっているもう一つの原因
TNPからの技術を含めての買収が完了するのを2012-14年末まで待っていた
その技術をもとに、建設する為にその間に投資を進められなかった

そのかいあって、ゴミ発電所では南昌市発電所でデモが出来たし、
寧波市では、IMF投資による生ごみ処理プロジェクトを受注した
第1期分が2018年中には稼働に入るが、IMFが投資したプロジェクトに
生ごみ処理施設で参加出来たは、デモンストレーションとしては良い効果が出た

この寧波プロジェクトは、16社が参加してそれぞれのパートを建設して
生ごみ処理施設は、首創環境が建設運営する

南昌プロジェクト/寧波プロジェクトもTNPからの技術許与を受けて、
ドイツのステージア製を使っているから、両社から技術供与を
受けているから信頼度が高い

この2つの国家指定モデルは首創集団が、72+24と戦略協定を結んでいる
市/県に対してのデモンストレーション!!

ドイツ製品を使って、国家指定モデルになっているから安心感しろて
首創環境の施設は、TNPとドイツのステージアと戦略協定を結んで
技術供与を受けている。

今までのような、都市投資に連動して環境投資を進める悠長な事はいてられない
スピードUPのお達しが、全土に出ている

都市化と切り離して、首創環境の投資を優先せざる得ない
その為に、中国华融との全面戦略協定が生きて来る

201 通りすがり :2018/01/06(土) 20:52:09 ID:/NIazAJg0
?さんいつもありがとうございます。
大先輩投資家?さんの考察を参考にここの投資してます(自分、まだまだ勉強が足りませんので)
10月頃、?さんの書き込みを見て、ここを購入しました。
で、暴落時に痛たたたと投稿したところ「光大緑色環保」を紹介いただき、ここを売却して購入。
その後、クリスマス明けに違う金で0.355でここを再購入!
しかし、上記199の?さんの書き込みを参考に、来週一旦離れようかなと。
で、暴落後、2月後半に復活しようかなと思ってます。
?さん、いつもお世話になってます。
研究、考察を惜しげもなく書き込んでくれる?さんに大感謝!
という感謝の書き込みでした。
PS.売った金で平高電気買おうかなとか思ってます。

202 :2018/01/06(土) 23:44:41 ID:klNZHtZw0
江西省石城县城乡垃圾一体化综合处理项目 2016年7月11日受注分

2017年末完成
石城市ゴミ収集/埋立地の取得/埋立地の浸出水処理施設の改善

2018年末完成となっているが、2018年上半期に入るのでは?
家庭の廃棄物焼却発電プロジェクト 1日400t

2018年 稼働の発電所が3つ目が確定した

首创环境杭州市萧山区餐厨废弃物资源化利用项目
生ごみ処理400tが1つ2017年度に完成している
年間30,000トンのバイオディーゼルを生産
2018年度には、バイオディーゼル売り上げが上がる

総投資額が10億RBM高い〜 
江西省石城县 県で人口30万人

400tの癖に、粉砕機や浸出水処理施設等内容は盛り沢山・・・
石城市ゴミ収集/埋立地が入るから10億・・

10億あったら、1500tのゴミ発電所が出来る

規模 ≠ 稼ぐ力  目から鱗ですw

何かな。。建設のスピードが上がっている・・
建設期間は、2年と言われているのが1年半まで短縮されているでないかな?
2018/19年の業績は、更に上に振れているでないかな?

2018年に、シャカリキで受注しないと21年に建設する物が無くなる^^;;
16の建設中は、2019年に全部完成する

2期工事分が、前倒しになるのかな・・

光大国際の建設数は、凄い数になっているだろうな 
3年で稼働数が倍以上になっているでないか?

雄安新地区のテスト地区で、首創集団が建設―運営の第1陣企業に選ばれた
何を建設するのからないが、上下水道と危険廃棄物処理を真っ先に建設する
と思うこの辺りで、新規受注していないと・・手持ち受注が無くなるww

203 :2018/01/07(日) 18:18:50 ID:klNZHtZw0
通りすがり さん 
平高行くのは良いが、一度、出たら戻ってこれなくなると思うよ
テクニカルとしては、2月に向かって指数がDWトレンドに向かうから
連動して、下がって行くが0.355以下だと、シャカリキになって
買い向かっている奴いる

玉集めをしている状態での下げだから
下げる期間は短く 上げに向かうと足が早いから取り残されますよ^^;;

運よく、0.3を割れる場面があれば、逆に買いのチャンスだと思いますよ
これからの3年は、平高よりもこっちの方が比較できない位の成長率になる

理由は、単純明快
●今までは、投資で金が出て行くばかり → 今後、稼働して金が入って来るばかり

1つの施設に、年1億投資して今まで金が入らなかった 
施設が完成しました 投資額0 で逆に利益を計上する

●1施設で、完成時の稼働率は、60% 2年目 80% 3年目 100%
完成稼働後、3年間は稼働率は上がり続ける
これに、補助金が上乗せされて、更に売り電が入って・・

★「補助金も売り電も稼働しないと、発生しない」!!
今までのどん底から全てが、プラスに転換している

何処が建設に入った、何処が完成したと書き続けているのはそう言う事です
完成する度に、プラス材料になる

今の様に、収益率が低い時だから1つの完成が%を大きく押し上げる

5年間、何もしてない 0からのスタートだから、
何をやっても、大大大プラス材料にしかならない

この3年間の収益構造は、平高とは比較にならない

建設/稼働すれば、業績が飛躍的に伸びる
そんなことは世界中、皆知っている話ですw

せっかく、安い所で買ったわけだし
自ら、その権利を放棄するには、早すぎませんかね?

俺は、もっと買いたいが、金が無い><

だから、回転させるチャンスがあればもっと増やせる
クソ― 何とか、何らんのか?を模索しているだけ

幾ら何でも、この価格では回転出来ない
置いていかれたら、今までの苦労が1発で終わってしまう><

絶対に、此処で下がるて所でないと売れない
色々考えてみるが2020年までは、チャンスはなさそう

2020年まで、誰が考えても大増益にしかならい

次から次へと建設が始まり
もう、止まらないwwwww

個人的な、考えですので ・・自己判断でお願いします

204 通りすがり :2018/01/07(日) 18:57:31 ID:/NIazAJg0
?さん、アドバイス大感謝です。
このままホールドします。
もう少し資金があるので下がれば買い増す予定です。
いつもありがとうございます。

205 :2018/01/07(日) 20:27:50 ID:klNZHtZw0
通りすがり さんの為に補助金システムの説明
         ゴミ収集    ゴミ発電   埋め立て
1年目 都市部   30RBM      65RBM    60RBM
    農村部  30RBM 

1年目は、都市部で1日10tのゴミを集めてください 1日の補助金は、300RBM
    10tのゴミを燃やすと、65 x 10 = 650RBMの補助金
    10tのゴミを埋め立てたら、 60 x 10 = 600RBMの補助金

    合計  1日 1550RBMの補助金を出します

    唯し、農村部のゴミは1t集めたら30RBM補助金を出します

 1日 都市部で10t集めました 農村部で10t集めました
 ゴミ収集で、20t集めたから600RBMになります
 集めたゴミを燃やしました  20t燃やすから 1300RBMの補助金になる
 20tを埋め立てました  20t埋め立てると  1200RBMの補助金になる

 1日で、3100RBMの補助金になる

 頑張って農村部のゴミを10t集め、量が増えたのでトータルで
 補助金が2倍に増えました

2年目 
    ゴミ収集 
都市部  20t
農村部  1t65RBMの補助金

    2年目は、都市部で20t集めてください 1日40RBMの補助金を出します

 ゴミを集めるノルマは増えて行くが補助金の金額は上がる
 集める量が、増えるから燃やす量も増えて行く 
 集める量が、増えるから埋め立てる量も増えて行く

ゴミ取集は最終、5年まで上がり続ける

 ゴミを集める量が増えると、それだけ燃やす量が増えるから
 1日で発電する発電量も増えて行く

 1kwが、0.65RBMで地方自治体や国家電網は、100%買い取らないといけない
 だから補助金に、売り電がプラスされていく

 ゴミを頑張って集めれば集める程に雪ダルマ式に増えて行く
 
 これが、ゴミビジネス

危険廃棄物だと、1t処理すると350RBMの補助金が貰える
1日10t処理すると、3500RBMになる

一番、補助金が多いのは危険廃棄物

だから、ゴミを燃やすだけより、トータルでシステム化すればゴミ取集は目茶苦茶美味しい
首創環境は、1県ならトータルでシステム制御できる
この、トータルシステムを持っているのは首創環境だけ

発電所の処理量は、小さい発電所しかないがトータルで考えると、
自分で、ゴミを集めて来るからゴミ収集車を増やせば全体の効率が
凄く良くなる

ゴミを燃やせる量を、一生懸命に各社競っている
ゴミを大量に燃やせるシステムがあっても、自分で集めて来ないから
効率が悪いのが今の、状況になっている

集めて来たゴミを人力で分別する為、凄い効率が悪い為、
ゴミ取集の補助金は高くなっている

ゴミ分別機てのがあるから建設時にシステムに組み込めば、
更に効率が上がる

トータルで、全てを1社が請け負うシステムが他社にはない

 以上が、補助金システム から考える首創環境の強み
 稼働数が増えれば、増える程に他社よりも収益率の差は出て来る

206 比較 :2018/01/08(月) 09:42:33 ID:RwNG1rVA0
光大国際と比べてどっちが有望?

207 :2018/01/08(月) 18:16:58 ID:klNZHtZw0
長くなり過ぎて、消えたので・・・手短に
>>光大国際と比べてどっちが有望?
1.最強企業は、光大国際です 
2.目先3年の株価上昇率は、圧倒的に首創環境です

この2社を比較するのは無理が多すぎます
光大国際と比較するなら、光大緑色環保と比較しないといけません

考えないといけないのは、3社の中でゴミ発電がどれ位のウェートをしめているのか?
光大国際は、殆どがゴミ発電でウェートで高すぎ

ゴミ発電は、2025年を境に建設数は激減すると考えています
今の3社の主力のゴミ発電の建設が、2025年以降激減すれば、
当然3社共に受注数は減るので成長率は大鈍化します。

光大国際があれだけの受注をしているのは、素直にスゲーなと思いますが、
色んな、要因はありますが今の利益率を維持するのは、無理だと考えます
風電と同じ道を、進んでいる
同じ事をしているのだから、先行の風電がどうなったか?を考えれば答えはでます
利益率は、下がる

次に考えないといけないのは、2025年以降で業界全体の建設数が減った後で、どうなの?

ポストゴミ発電は、生ごみと危険廃棄物です

光大国際と光大緑色環保のチャート比較をされた方が、市場がどう受け止めているか
答えは、既に出ていると思います。自分も、あの反応が正しいと考えます

首創環境との比較は、余りに違い過ぎて不可能ですので、
単純に目先3年の株価上昇率で、比較するなら首創環境だと自分は考えます

208 通りすがり :2018/01/08(月) 20:24:31 ID:/NIazAJg0
?さん、補助金の説明ありがとうございます。
首創環境めちゃくちゃ有望じゃないッスか。
他の株売って買い増そうと思います。
紹介いただいた光大緑色環保もかなり有望と考えてます。
このままホールド予定です。
?さんの書き込みいつも楽しみにしてます。

209 :2018/01/09(火) 23:38:11 ID:klNZHtZw0
まあ、個人的な、主観も多く入るので・・・

入口が見えたら、出口も一緒に見えてしまう事もあります
出口を、克服できるかどうか?不透明感が漂っています

建設省からの通達で、一体化 (ゴミ取集+ゴミ発電+埋め立て)をセットする
様にと通達が出ました。今のまま突き進めば、ゴミ発電バブルは崩壊し
竹の子の様に増えた企業が、窮地に陥るのは、誰の目にも明らかです
それを、止めれるかどうか?業界が、一度踏みとどまれるのか?

そんな事が出来たら、過剰産業何て過去に発生していません

2016年スタートで、10年で500位建設されると言われていたのが、
2017年末には、1000位の計画がぶちあがっています
2倍のペースで建設したら、寿命は半分になります
2018年末には、更に計画は増えていると考えています

その結果が、どうなるのか?風電の後追いしかありません
そのきっかけは、電力価格の買い取り価格を引き下げる

当初は、風電の買い取り価格は0.7RBMが今では、0.55RBMに下がっています
受注の為に、売電が0.7で計算してギリギリが、0.55に下げられたら赤字に
しかなりません

今、ゴミ発電所はこの状況に向かって突き進んでいます

特に酷いのが、一般入札 地方政府が受注してくれる企業を入札で決めます
無茶苦茶な数の、企業が参加しますwwwww

コネが必要ないから業界平均の補助金が60RBMなのに、目論見で補助金が30RBM位あれば
出来ると、中には15RBMでも出来ると豪語する奴もいる始末・・・

60RBMでも、評論では世界的に安いと言われているのに・・・狂っている

最初から、これて無理だろう・・・新聞は、こぞって書き上げています
それで、標準以下の設備しかない発電所が稼働する問題が起こります

標準以下の設備しかない発電所は、早く標準にするようにと
通達がでたが、自分の思いは追加の金を誰が負担するの?

通常は、発電所を6億で建設すると後で、建設利益として3億6千万が補助金で
支払われる。企業の負担は4割ですが、標準に満たないプランを提出したのは
企業なので、自分が政府側なら、企業が負担しろと詰まります

さも出来る様にプランを出しておいて、こっちに差額を負担しろ?
そんな話があるかと、成りません?
その金額で、予算を組んだのに追加予算を誰に提出できるのか??

大体、そんな豪語する奴に限って金が無い
金がないから、安い価格で出して受注するの悪循環

そんな、政府側の担当者は今の状況ではもう終わりでしょ・・・
既に、ゴミ発電所は、出口も見え始めた時期に差し掛かっています

プロジェクトで、キチンと戦略協定を結び価格も他社と比べても高いが、
キチンとした計画で遣っている所が、安定すると思います

ゴミ発電+生ごみ+ゴミ収集+危険廃棄物+医療廃棄物と広くやっている企業は、
ゴミ発電のバブルが崩壊しても、他のセグメントが伸びればゴミ発電の減収を
吸収できます

此奴、ダメだろうなと思っても、そのまま押し切るかもしれないから
100%とは、言い切りません・・そりゃ、その時にならないとわからない

バブルが崩壊したら、利益率は下がりますので・・・どうなる事やら

バブル崩壊は、まだまだ先の話なので、今計画しているのをどこかの企業に
受注させて建設するまでは毎年、業界は増収で行きます

唯、ある日突然に梯子を外されるだけです

政府は、計画しているのを前倒しで作れと言っていますので、
バブル崩壊までは、ひたすら増収増益で走り続けますので、
ここ数年の話ではありませんが、出口は何時かは来ます

1000も計画して、2-3年で出来訳が無い
誰が、建設/運営するの割り振りも完了していない段階なので
まだまだ、終わりません

出る水の量を、キュウと絞られた時に、崩壊が始まります
入口に入った途端に、出口が見えちゃったですww

ちなみに、買収したBCGNZの収益構造は、ゴミ収集が75% 発電所が25%
発電所よりも、ゴミ取集の方が圧倒的にウェートが高い
100年も続いた企業だから、どうすれば利益を上げられるかを知っている

中国のアンポンタン企業とは、レベルが違う

210 :2018/01/10(水) 23:41:32 ID:klNZHtZw0
首創集団 戦略協定 
首創環境から受注公告が出ていない分

2015年 
河北省保定市 固废治理、村镇环境建设等 (ゴミ発電一体化)
河南省鹤壁市 城市固废业务  (都市固形廃棄物)
貴州省贵阳市 建立综合环境治理PPP投资经济 
(統合環境マネジメントPPP投資の確立)
天津市北区  固废处理、城市垃圾收 (固形廃棄物処理、都市廃棄物収集)
首創集団が、天津市北区に力を入れている
広東省掲陽市 環境汚染管理?金属再生もか?
河南省鄭州市 垃圾处理一体化 (ゴミ発電+埋め立て+収集)
河北省承徳市 当時の首創環境の役員 曹国宪が戦略調印に在籍している
       内容は、ハッキリしないが曹国宪が在籍しているから何か、あるよ
河南省新郷市 环境治理带动多领域
      (150億RBMの投資 20億RBMは行く)
2016年
山西省洪洞県 洪洞县各项城市综合环境PPP项目 
(都市統合環境PPPプロジェクト まだ詰まりきっていない)
山西省晋城市 小城镇综合环境治理、固废处理 
(小規模町総合環境管理、固形廃棄物処理)
山西省安泽県 埋め立ては、決定している

2017年
北京市石景山区 (まだ何処までか決まっていないが、グリーンエネルギー)
甘粛省      固废处理 省と結んでいるから範囲は広いがまだ
         最終まで詰め切れていない
2018年
山東省東営市   环境治理等项目(良くわからないが、環境調査だろうな)
青島市      环境治理等项目
四川省      生态环保综合治理的长期目标 長期的な環境総合的管理
         (総合環境関連を目標にしている見たい)

調べている内に、河南省南陽市の
南阳南水北调汇水区乡镇垃圾污水处理一体化项目 が 
”获评全国“2017民生示范工程”の選ばれた

2017年度全国優秀??工程 優秀プロジェクトに選ばれた
2020年までの首創環境の成長の原動力になるプロジェクト
2024年の第2期まで投資が続く

一体化の鑑 
(ゴミ発電+埋め立て+ゴミ取集+道路清掃+下水道清掃+危険廃棄物+家電廃棄物処理+医療品廃棄物+生ごみ)
埋め立て+ゴミ取集+道路清掃+下水道清掃が、2017年に稼働
ゴミ発電所の第1期分が、2020年までの稼働で3基が建設に入った

国指定モデルになると思う・・”获评全国“2017民生示范工程”のだから 
国指定モデルになると、建設利益の戻りが多い見たい 
通常60%→90%位まで補助されるようだ

一施設内で、これだのセグメントを建設しているプロジェクトはない
都市部〜農村部まで、全部網羅している

まだ受注に至っていない戦略協定分が、何時か受注となって表に出て来る
2020年までに、投資を完了させるが3つ位あったから今年の受注になるんだろ

調べた分が16あるし、お上からの通達だからこれが、
将来、前倒しになって来る 
まだまだ、行けるぞwwww

211 :2018/01/12(金) 00:06:09 ID:klNZHtZw0
baijiahao.baidu.com/s?id=1589112209192566140&wfr=spider&for=pc
先日の北京市の入札は、1月8日に正式が首創環境が受注したそうだ
このプロジェクトの補助金は、1日287RBMになる見通し

チンケナな中国企業が作れば、1日補助金が30RBMしかならないが、
キチンと良い物を作れば287RBMも補助金が貰える

E20も、新しい時代の幕開けだと評価している

この公告を見た時、大量1品種時代から小口多品種時代に変わると書いたが、
中国環境研究所のE20も同じ事を書いている

このプロジェクト提案は誰が、見ても良い 
毎日 色んな企業の受注内容を見ていると素人でもわかる位、凄い

30万の小さな地域に、目一杯のセグメントを盛り込んでいる
提案書の出来が良いから建設部のHPに2週間限定で公開された
と書いているが、此処まで1社でセグメントは中国の企業は多くない

東環もセグメントが多いが1種大型投資に専念している
危険廃棄物ならそれだけで、他社が作らない様な大型な施設

首創環境とは、路線が違う

東環とも、似ても似つかない別路線を歩んでいる

大は、南陽プロジェクト
小は、北京市延慶區小張家口垃圾綜合處理工程PPPプロジェクト

小さな規模でも、大型ゴミ発電所の5倍位の補助金が貰えるて所が、
今回のプロジェクトの味噌だし、人口が600〜1000万都市ばかりか?

全土で、3922の県と区がある 小さい方が圧倒的に多い^^;;

E20の担当者も、延庆小张家口项目は重要な参考値になると締めくくっている
ゴミ発電バブル崩壊も、首創環境には全く関係ない話

但し、規模が小さいから処理できる能力は低い為、1tの補助金が多くても
トータル金額では、追いつかない

これで、5000万RBMの年間利益が出ると見込んでいる
6億の投資で、60%の建設利益
内容が良いから建設利益の%は増えるかも知れない

60%で、実質2億4千なら5年で元が取れる
この規模を、50位作れば良い^^;;

何もしていない5年間は、面白い
ゴミ発電所を南昌市に、初めて作って国指定モデル
蘇州の、家電廃棄物/廃自動車企業を首創集団が買収後、資産注入
南陽市で、ゴミ収集だけの30年契約のPPPを受注
南陽市で、土壌改善プロジェクト
宁波市で、IMFが世界で初めて投資した生ごみ処理プロジェクトの生ごみを受注
1年間違えていた・・・2019年末に稼働
山東省で、危険廃棄物処理と埋め立てプロジェクト受注 2019年末に稼働
北京市の危険廃棄物運搬企業を買収
北京市 薫村でゴミ分別処理施設受注 2017年稼働
四川省眉山市 危険廃棄物プロジェクト受注 2020年稼働
先日の安寧省の金属再生企業との合弁

全てのセグメントを、単発でそれぞれの地域でバラバラで遣って来た
空白の5年間は、自分が出来るセグメント拡大をひたすらやっていた

後は、この中のどれとドレを組み合わせて政府に提案する?

18/19/20と、今までの技術取得とプロジェクトの蓄積が開花します

これからの首創環境の受注は、上記セグメントを組み合わせた複合受注になる
から補助金は、多くなる

ゴミ発電所単発での受注は今後、無いと思う

明日は、大阪にお姉さまのコンサートに行きますので、
日曜までいませんwww

テクニカル的には、何時下がっておかしくない状況になっているので
もう一度、下振れすると思います。。。しゃあない

ファンダメンタルがしっかりしているから、下がっても株主の入れ替えなので
大勢に影響は、全くござんせん

もっと早く、下がると思ったが、落ちそうで落ちないが続いている
落ちそうになると、大手の買いがバグと入る展開が続いている

0.355でピターと止まっている・・・2017年業績予想の丁度PRE30倍

2017年決算発表するまでは、目先材料は出尽くしですので・・
決算発表後は、2018年業績に向かって新規の買いがしぶとく
入ると思います

2018年決算しか、もう楽しみが無い・・・><
全てが、期待よりも1年遅れている

全てが幾ら何でも、これ以上遅れる事は無いだろ

212 一皿300円 :2018/01/12(金) 01:17:04 ID:23T2408Q0
?さんこんばんわ。コンサートかな。

韓経:「韓日のスマートシティ建設、中国に遅れ取る」

というのを見てスマートシティを500か所作ろとしているとか
ICTを利用して道路・電力・水・環境などのインフラ施設と都市の各種サービスが
連結される高効率・環境都市がどうたらこうたら。

というので?さんの書き込みにピンときました。
小規模で多品種の環境事業はスマートシティの為で
そしてそれは北京市の都市計画の一部ってことなのかなと考えています。
何というんでしょう都市の生態系の丸ごと管理という発想です。
その為には環境も丸ごとサポートする会社が必要。前者が首創集団で後者が首創環境になるのかな。

中国のスマートシティ化は本気のように思えますのでこの銘柄もそれに乗っかって
大きくなるのかなと漠然と考えています。
自分だけでは環境銘柄がぼやーといいなとは考えてもピンポイントでこの銘柄を買うことは
まずなかったと思います。
もちろん自己責任ですがいつも良い情報を有難うございます。
コンサート楽しんできてください。

213 さんきゅーはちきゅー :2018/01/13(土) 15:32:11 ID:Kjnp4G960
好業績予告。最低150%増とあるから2.5倍以上。1.2億ドル前後かな?

214 :2018/01/14(日) 23:01:40 ID:klNZHtZw0
少数株主を差し引いて、1.5億RBM〜1億8千万RBMが本土系証券会社から出ています
少数株主を含んで、3億7千万hk$がロイター予想ですが、

昨年のProfit for the year attributable to(単位RBM)
Owners of the Company + Non-controlling interests  
133,661の150%以上は、3億3千万RBMです

Owners of the Company + Non-controlling interests が
ロイター予想は3億7千万hk$→4億hk$に増えました

中間での、少数持ち分は全体の44%でこの比率をそのまま適用すると、
3億3千の内、1億5千が少数持ち分で残りが、1億8千万RBMになるのですが・・

1億8千万RBMは、安信国際が研究報告の中で予想しています
計算上では、1億8千万RBMて形になります

1億8千万RBMは、2億1千8百万hk$です

ロイター予想は、Owners of the Company + Non-controlling interests が
3億7千万hk$で株価0.355でPRE30倍予想ですから、EPS0.011となります

逆算するとOwners of the Company は、1億7千予想です
しかし、トータルが3千万hk$増えているので、2億1千8百万hk$は
安信国際の評論とロイター予想と突き合わせても一致する数字だと思います

最終 当期利益 2億1千8百万hk$ EPS0.015hk$
今のPREが2017年決算に対して、PRE30倍予想なので、
ロイター目標株価 0.42hk$は妥当だと考えます

2017年は、国内で前半に2つ完成して稼働しました
9月頃に、貴州の発電所が平均よりも2ヶ月短く稼働しましたので
2ヶ月分の差が、ロイターと本土証券会社の見通しの違いとなったのかな?
NZは、最終的に5%程度しか伸びていないと思います

中間は、120%以上と言って160%でしたので、現時点での150%以上は、
本土系証券会社のコンセプト通りだが蓋を開けてみないと、わかりません。
更に上に行っているかも知れません・・・・

本土証券は2018年を少数持ち分を引いて3億4千万RBMと予想しています
少数持ち分が、1億8千万RBM 合計5億2百万RBMなので6億3千万hk$ですが、

ロイターは、7億6千万hk$を予想しており、国内の伸び率を本土系証券よりも
かなり強気で予想しています

2018年決算に対して、自分としては、あれが出来てこれが出来て、8つ位が完成するから
7億7千hk$は、妥当だと思っていたら、色々読んでいると完成が2019年が4つも出て来た^^;;

ロイター予想が正しいのであれば今年、4つの完成で2018年は倍になるの?
2019年が2つと考えていたのが、逆に主要が4つに増えます・・・

高安 ゴミ発電所 瑞金 ゴミ発電所 恵生市 ゴミ発電所移転
瑞金は、総投資6億で60%の権益が、総投資が10億に増えているし、
恵生市 ゴミ発電所移転も、6億の予定が9億に増えている・・・

当初のプランから、何かをプラスαしているようです
恐らく、北京市のゴミ分別機が3億6千万RBMなので、この2つにゴミ分別機が
+αされているのかも知れません

1月2日の通達で、建設部からゴミ分別機を付けろと出ているので、
受注当時よりもプランが+αされていると考えます

2015年の受注ですから、あれから3年たっていますので・・・
当初のプラン通りに行っていないと思います

河南省 キイ県のバイオマスも建設期に入ったし
河南省南陽市の3県の第1期も建設期に入ったのを確認しました
1年が造成で、2年で上物の建設の3年で稼働と考えています

ロイター予想と本土証券予想を付け合わせて、安全パイで考えても
2018年も、100%増以上でPOSITIVE PROFIT ALERT だと考えます

今回の、150%以上は市場の想定より上の成長率で行っていると考えます

最終、胸算用は180%位でないのかよ・・・何て思ったり

中間も、あそこまで増えるて誰も書いた奴はいませんでした
もっと、下で予想されていました^^;;

何も、問題が起こらなければ2022年の株価は面白いと思いますww

215 :2018/01/15(月) 22:13:44 ID:klNZHtZw0
目先材料出尽くしで、クソ程売り込んできた^^;;
まあ、良いけど業績は隠しようがない

新しい首創集団の戦略協定を見つけた
戦略協定を結ぶのは良いが、最終投資が何年までと区切れよ><
河南省南陽市の場合は、2015年に協定を結んで2020年までに投資する事が
決まっている。それなら、最終完成が何時てのもわかるが・・・

县政府繋がりで検索していたら、山西省との戦略協定が出ていた
普中市に243億RBMの投資を決定しているが、しっかり普中市で
大型物件を受注している

太原市990億RBMてのあり、ゴミ発電所一体化建設と記載されているから
将来、此処も受注するだろな

山東省广饶县と、今月 一体化を含む戦略協定を結んでいる

これで、戦略協定を結んで未受注が18になった・・・

首創環境が、受注したプロジェクトを全部調べてみたが、
受注する前に、先日の北京市の受注以外 
全部、先に首創集団が戦略協定を結んでいる

先日の北京市の受注は、本当に特殊なケースで提案内容で受注している
それ以外は、首創集団が先に、ゴミ発電所建設を含んだ戦略協定を
結んでいる

首創集団が、戦略協定で先に決めている後を、出来レースの癖に
入札て形を取っているだけ・・・最初から決まっている^^;;

それが、何時できるかわからないだけの問題

戦略協定を結んで、5年までに建設がスタートするのが多い見たい
2015年に、15位結んでいるから毎年、5つのペースで公告が出ると思う

仕組みがわかると、アホ見たいにガチガチだとわかる様になる
これで、成長しないわけがない・・・

配当再投資は、子供の名義で買うwww
何時出来るのか、わからないだけで何時かは出来る

インフラは、企業の投資によって支えられてる
政府が金を出しているわけじゃない

企業が金を集めて投資して、そして回収している・・・
参入障害と言うより、金を持っている奴が、
何処までも受注する仕組みになっている

金が無い奴は、受注出来ない様になっている

首創環境が受注したらその設備投資に向けて機械企業が又、入札を行う
建築企業+首創環境が、セットになって受注する・・

上から下まで、全て系列が決まっている

216 :2018/01/16(火) 22:52:29 ID:klNZHtZw0
POSITIVE PROFIT ALERT - FURTHER INFORMATION
今日の公告が、150%要因を端的に説明している

1、建設利益が大幅に増えた 
 → 16も建設期に入っているから、そんな物これから更に増える
2、南昌市のゴミ発電が、想定以上に好調だった
 →稼働2年目だから、60%の稼働率が昨年10月に商業稼働になっているのだから
  80%に上がっている
3、コストの削減、効率の改善による経営
 →昨年1年間の企業努力の結果

2、南昌の発電所は、今年でフル稼働にはいるから更に20%増になって
 2018年の業績も押し上げるのと、
 
 これが、ポイント 予想以上のゴミが集まったから 業績を押し上げた
 ゴミが集まる量が増えれば増える程、業績を押し上げる
 
 ゴミ集めを他社に渡さないで、自社で頑張って集めればそれだけ、
 業績を押し上げる事が出来る

 南昌の場合は、一体化ではないからゴミ取集は他社が遣っている・・残念
 
 14発電所を受注しているが、ゴミ取集が無いのが5つ

 南昌市の新聞記事によると、能力的にまだまだ余裕があり早く、農村部
 からのゴミ収集をスタートさせなければならないと書かれている
 まだまだ、能力的に南昌の発電所は数字を伸ばす事は可能

1、建設利益 調べたが、100tの生ごみ処理施設で建設費の60%が補助金で返って来る
 建設利益は、公共事業の場合だけ発生する物らしい

 総投資額が、6億でも3億6千万が補助金が返って来るから
 建設が進むほどに金が良く回るようになる
 
 親会社の首創のHPによると、100tの生ごみ施設で年1000万の利益が毎年出るとかいている
 先日の北京の小都市向けが、年5000万だそうだがこれを、10作れば5億の利益が上がる・・

 建設費が増えるて事は、完成品がそれだけ増える
 新規で稼働すればそこから3年間、毎年20%利益は増え続ける
 南昌の様に、想定以上のゴミを集めれば業績は更に上がる

 コストの削減、効率の改善
 何が、言いたいんだ・・・BCGNZを一本化しましたと受け止めるのか?
 単純に、コスト削減を推し進めましたなのか?わからん

 この部分だけは、煙に巻く><

 国内が大きく伸びましたと言いたい見たいだが、
 そんな物、一々言わなくてもわかっているから

 一体何が、起きているかはチャンと理解している^^;;
 
 決算を発表したら、真っ先にセグメントの「建設利益」を見に行け
 次は、Business Review and Prospectsを読んで2017年の投資額が、
 幾らなんだを探せ・・・
 
 大事なのは、2017年のEPSでない
 建設利益と投資額が幾らになんだ〜 投資額が13億以上なら、
 19年もPOSITIVE PROFIT ALERT だよ

 19年がPOSITIVE PROFIT ALERT なら一気にEPSは、0.1に乗るかも知れない??
 
世界中、この2点に注目している
本当に利益を生むのは、建設利益ではないが建設利益が増えると稼働が近い
投資が増えないと、建設も始まらない

EPSは後で良い 2年後に、EPSは付いてくる

217 :2018/01/17(水) 22:23:06 ID:klNZHtZw0
那么近日公司公布2017年至少增长1.5倍净利润的盈喜,算是基本敲定了公司现在具有可观的盈利增长性。
今回の、POSITIVE PROFIT ALERT によって利益成長が最終確認されたと出ている

今頃、それ?言うか? 

另外还有危废处理业务和一体化项目
危険廃棄部一体化プロジェクトを持っている・・やっと、言うか?
何処も、危険廃棄部一体化プロジェクトはやっていないよ 
首創環境だけだよ

危険廃棄部を処理して、埋め立てをするのが
危険廃棄部一体化プロジェクト

危険廃棄部を処理だけはある

这消息无疑意味着公司现有的业务模式,已经具备稳定的盈利性,并且从公司未来的项目规划来看,未来盈利增长仍有可期待性。
このニュースは間違いなく、同社の既存ビジネスモデルがすでに安定した収益性を有していることを意味し、将来のプロジェクト計画から、
将来の収益成長はまだ期待される

当たり前でないか・・・受注したものは、何時かは完成する
そんなのは、わかりきった話でないか・・・

(文/江松华) この親父誰だ?と思ったら、AASTOKの記者だった

POSITIVE PROFIT ALERT - FURTHER INFORMATION
150%以上の増益の内容が書かれているが、あれ、矛盾がある

1、安信国際が、2017年の業績を1億5千〜1億8千と予想したのが5月
この時点で、南昌でゴミが予想以上に回収できているを予想出来たのか?

2、貴州の発電所が、業界平均より2ヶ月早く稼働したが2ヶ月早く
 稼働する事が、5月の時点で予想して業績予想に反映したのか?

3、販売管理費の圧縮を5月に予想できたのか?中間発表で初めて分かった
  話で、5月に予想何て出来る訳が無い

150%は、最初から予想されていた数字であって途中の上振れ材料を
見越した数字とは思えない

最終150%でなく、170%〜190%でないかと思う・・・自分の考えだから

最初から、2億1千万hk$は中間発表時に想像できる数字だった
国内が1億 NZが1億1千 トータル2億1千は想定範囲内だった
中間前には、証券会社から研究報告が色々出たが中間発表後、
何処からも出ていない

金を払わない奴に、此処から先は誰もおしえてはくれない><

上振れ材料がでているから、2億4千〜2億7千まで振れているのではないか?

2016年の少数持ち分が、 約9千万
2015年の少数持ち分まで、戻っても1億4千(150%UP)
実際には2017年中間で、125%しか戻っていない・・

2016年の少数持ち分を含めての利益は、133,661千 
2017年は、少数持ち分を含めての利益は3億3千万(150%UP 此処は確定している)

3億3千万の内、少数持ち分が幾らなの?だけの問題
2015年の業績まで、少数持ち分が戻ったとしても2億1千万RBMある

実際、少数持ち分は2015年まで戻るプラス要因が無い
全体の、3億3千が更に上に振れて3億7千とか出ていたら
実際の数字は、更に上に振れている可能性が高い

2017年は、18/19/20に向けて成長路線に入ったかどうかの、
確認年度にしか過ぎない

まだ、3つしか完成していないのだから大した影響はない
今、19が建設期に入っている中で、僅か3つが完成稼働・・・
大した影響はない

メインの南陽市の3基の発電所の完成には、後3年は掛かる
第一期南陽プロジェクトが完成して初めて大成長路線だと
確認できる

第2期南陽プロジェクトが始まる頃には、パイが大きくなっているから
EPSに与える影響は、大きくないと考える

218 :2018/01/18(木) 23:22:32 ID:klNZHtZw0
POSITIVE PROFIT ALERT を発表した・・・決算も見えた
BCGNZの権益49%の注入は、この決算ではやらないがハッキリした

全ての材料が、出そろいました・・・後は、売られるだけwwwww 

2017年の全ての材料が出尽くしたので仕方ありません

250日線まで、売り込まれるかも知れないな・・・
決算発表前に、0.3割れもあるかも

今更、2017年決算何てどうでも良い

2017年決算は、18〜20年がどれ位成長出来るの?を確かめる決算

これが、最後の0.3割れになると思う

市場では、建設中は光大国際も同じだがファンダメンタルに折り込まれない
稼働して、決算書に載るまで材料にならない

何でだろうね???規模が小さいから参加者が少ないんだろね

2022年まで、市場はGARA30%なんだけど
普通にやっていれば、それだけでGARA30%なんだけどね

業界に金が流れ込むまでに、時間が掛かるんだろが・・・
大型企業が無いから、業界に流れる金も少ないから時間もかかるよな

219 :2018/01/19(金) 22:02:29 ID:klNZHtZw0
首創環境て会社は、矛盾だらけ・・・一体何なんだて位、矛盾している

晋中市餐厨废弃物处理PPP项目 第1期60t 第2期40tの合計100t
6000万RBMの投資で、今年から第1期の60tがテスト運用に入る

驚くけど、6000万RBMの投資で、税引き前利益 1000万RBM 税引き後利益 750万RBM
で試算されて、晋中市人民政府のHPに掲載されている

2017年中間での、総投資額は37億RBM 国内売り上げ 4億6千万RBM 利益1800万RBM
37億も投資しているのに、中間とは言え5億しか売り上げが無い・・

殆ど稼働しないで、ひたすら建設中


晋中市餐厨废弃物处理PPP项目て、単体で6000万RBMの投資
山西省が初めての生ごみ処理の為にテストで建設した奴

こんな、豆見たいな小さな奴でも750万RBM利益を上げるのに・・

400tクラスなら、バイオガス/バイオオイルを生産してそれを売るから
更に、利益率は上がる

国内売り上げ 4億9千万RBM 利益1800万RBM・・・4%しか利益が無い><
2017年通期は、国内利益は1億になる見通し

2017年の国内売り上げは、見ものです
目の前に、見えている数字は本当に矛盾だらけ

これだけ、利益が大きく伸びるのは南昌が80%稼働したから
売電が上がって国内の売り上げを大きく押し上げた

南昌だけで、此処まで利益を押し上げたのが面白い

今見えている数字は、嘘の数字しか見せない・・・困った物だなww

220 :2018/01/20(土) 18:22:27 ID:klNZHtZw0
2018年ロイター予想の経常利益 582,686万RBM と教えて貰ったが、
自分が計算したら、4億3〜4億7千の間にしかならない・・・
何が違うのかと考えたら

此処から、税金25%を引くと437014万RBM ピッタリでないか
本土系証券会社が見ても、現状ではロイター予想でもこれしかならない><

プラスαが出るとしたら、建設期間の短縮 
計画が、前倒しで建設期に入る

この2点でないかな・・

国内
中間での売り上げ 4億9千万RBM 利益1800万RBM・・・4%
最終では、10〜11億RBM 利益約1億1千万RBM・・・・10%に跳ね上がる

矛盾が少し、解消される

2018年は、10%→12%程度まで上がるから、4億7千でないかな
EPS0.039hk$

今の株価は、2018年決算にたいして8.9倍しかないwww

ふざけんな!この5年間の平均PRE100倍の癖に><

财经滚动新闻 の江松华
垃圾焚烧发展机遇或已来临
廃棄物焼却施設が来ている

市场疑虑消除的首创环境
市場の疑心を首創環境が払しょくする

会上到什么高度?
その高さはどれ位?

江松华は、今回のPOSITIVE PROFIT ALERT で市場の成長性を
問いかけるタイトルを付けてやがる

専門サイトが、市場性のファンダ分析をした結果を証券業界が注目するまでに
時間のずれが1年位あるのでないかな?

江松华が、纏めた文は良いんだけどそこに、資料として添付されている
内容は、6カ月前にE20が発表した内容を言葉を変えて書いているだけ

E20の研究報告を元にして、研究報告を書いている
中国の環境関連の正式な市場研究部門は、北京市のE20だよ

此処の調査員は、北京国資企業の研究員と北京大学から寄せ集めている
E20の研究報告を読んでいれば、間違いないのだろな

この業界は、総合的には北京市が断トツで牛耳っている
個別の企業だと、光大国際や浙江環境等が業界では1.2位とでかいが、
それ以外の総数で見れば、北京市には敵わない

各証券会社が、研究報告を出それから、株価に折り込まれるまでの
時間は、1年で日本に出て来るのに、更に2〜3年掛かる

今、書いている事は、3年後に日本語でサーチナ辺りが、
この業界は良いんですと書いてくれると思う

アナリスト達が、地道に調べているのと同じスピードになっていると思う
相手は、プロだから膨大な情報量の中から調べるのとはレベルが違うが、
見ている所は、同じ所を見ているんだろうなと思う

だから株価が、全然追いついてこない
株価は、3年前の材料をいまだに追いかけている

材料から、いい加減離れてファンダメンタルに移行しろよ><

市場は、固形廃棄物市場に対してまだ、疑心暗鬼だから
逆に、皆が自信を持って良いんだ良いんだと叫び出したら怖い^^::

221 :2018/01/21(日) 16:31:12 ID:klNZHtZw0
2018年を4億3〜4億7千 自分もロイターも本土も同じ位の数値で考えているが
どう考えても、4億3〜4億7千は今の建設中が16あるから矛盾している
訳がわからない><

2016年国内 -9000万RBM 2017年国内 11000万RBM  +22000万RBM
2018年予想 4億3〜4億7千 2018年国内 21000万RBM +10000万RBM

へ?・・何で、昨年2億伸びるのが今年は、1億しか伸びないの?

湖西省高安のゴミ発電所 2017年4月16日に起工式を行っている
高安人民政府のHPでは、2018年4月17日完全完成と出ている

上物は、1年で建設している

2017年中間発表時で、16が建設中になる
2017年度中に、5つ完成しても残り11は、遅くても2019年上期には完成稼働しないといけない
貴州のゴミ発電所は、起工式から10カ月で完成稼働している

11あれば、2018年度中に5つ位完成するだろう幾ら何でも・・・
それなのに、国内が+1億なの?

2017年度中に完成したのを確認できたのは、3つしかない
更に、南陽市のゴミ取集は、全部が完成したのか?一部が完成したのかわからない

2億投資して、ゴミ収集の為の拠点が5と埋め立て地が24ある
本当に、全部が完成稼働しているのか?

2016年末の埋立地は、5つしかないのに24の埋立地を管理する・・
それで、この数字なのか?と矛盾もある

既存の埋め立て地を引き継いだとなっているから、工事が不要なのだろうが
5つの基地は、全部稼働したのか? 嫌、わからない
人民日報で、埋立地を掘り返して埋立地を改修したから匂わなくなったの記事は、出ている

ゴミ収集車を12台+道路清掃車1台+下水の泥吸い上げ車1台を、
首創環境が10月に入札で調達した記事は出ている

南陽市のゴミ収集PPP 30年契約に関する手掛かりは、これだけしかない
一部稼働なのか?フル稼働なのか?さっぱりわからないwww

财经滚动新闻 の江松华ではないが、わからないが正解の気がする
ロイターの予想は、こいつが出したのだろうと予想が付く奴が1社いるが

この野郎は、2017年の業績予想すら外しているから、充てにならない
後は、誰も2018年予想を具体的な数字を出していない

売上 2017年 40億 2018年 50億 
これは、当たっていると思うが、
利益率の予想が、全然違うのでないかな?

完成時期に左右される、建設利益の見込みが全然違うとおもう
各プロジェクトの建設周期を確認すると、多くが2017年6月〜2018年になっている

多くは、2018年度中に完成するのもが多いと思われる
2018年業績予想は、2017年中間発表前に出された予想で2017年中間の
増益を折り込んでいない状態での業績予想の可能性が高い

ロイター予想は、こいつの業績予想がそのまま採用されていると思われる

後は、誰も業績予想を出した本土系証券はない
研究報告はでているが、その中では具体的な数字は発表されていない
研究者の独自の調査によるものと記載されている

半年前には、建設時期が記載されていない物が多く完成時期が不明瞭な物が
多かった為、業績予想が大きく外れたと言っても仕方が無い

恐らく、受注日から通常で計算してこれ位の時期に建設が始まるから
これ位が、2018年に完成するから2018年はこれ位だろうで予想を出している

222 :2018/01/21(日) 16:35:18 ID:klNZHtZw0
今の、全体の流れは違う 平均よりも3カ月程度建設期間が短かくなっている
建設のスタート時期も、前倒しになってきている

建設周期を予想するには、不可能

建設において、地方政府が供給するのは造成した土地だけ
造成が予定より早くなれば、全体の工期は早くなる
造成が遅れると、全体の工期は遅くなる

建設業者も、運営企業も入札で決定してから、まだ議会で揉んで、
最終的に、人民政府のHPに建設が決定しましたと掲載される

正確に、予想するのは、不可能

受注パターン
パターン1(難しい)
1.計画段階で、此処に作りるので案を提出してください(2週間で提出)
2.一番良い案を提案した業者を指名

パターン2(価格競争)
1.行政側が、設計図を描いてこれを作ってくれる企業を招集する
2.入札によって、落札企業を最終決定する

パターン3(これが、一番良い)
1.戦略協定によって、誰が作るか決まっているが、建前として入札て形をとる

契約的には、建設期間2年を含むか?建設期間2年を含まないか?で年数契約を行う

PPP 30年契約 建設期間2年を含む 建設期間2年を含まない 
の2パターンがあるが、違いが良くわからない

受注すると、契約金で総投資額の30%程度の金を支払わないといけない
何年も、議会で揉まれたらそれだけ長く、金を凍結され金が回らなくなる><

投資のパターン
1年目 6億投資 2年目 完成(南昌ゴミ発電所)
1年目 3000万RBM 2年目 3000万RBM 3年目 3億で完成 普通
酷い奴(広東省恵生市 ゴミ発電所移転プロジェクト 総額10億RBM)
1年目 3000万RBM 2年目  500万RBM 3年目 1億RBM 4年目 3000万RBM 一体何時完成するんだ^^;;

早い奴もいれば、遅い奴も入り乱れてその合計が、決算書の年間投資額になる

财经滚动新闻 の江松华の「一体、どこまで伸びるの?」の表現が正しいと思う
計算上は、誰もが同じ位の数字を予想すると思われるが、そこに、矛盾が出て来る・・・

クソアナが、自分の足で現場に行って何時完成なのか全部確認して来い><
机の上で、予想するのは不可能

4億3〜4億7千だと、2018年が18%しか伸びない事になる
アホか、南昌の発電所だけでも、理論上20%伸びる
2017年に稼働した奴は、一切稼働率が上がらないし、2018年の建設利益は0になる

16も建設中なのに、何で建設利益が0になるんだ 
こんな、バカな事があるか><

結論、中間決算発表まで業績予想は、不可能
今、出ている予想は矛盾点が多く「こんな低い訳ないだろうが」と疑うしかない

でなけば、全力1点買い何てしていない^^;;

223 :2018/01/21(日) 17:22:12 ID:klNZHtZw0
LINEを3600円で買ったのを3650円で売って、首創環境に乗り換えた
LINEの株価を見たら5000円になっている ふ〜ん

中国H株ブル2倍も一時のめり込んで6980円買いが、17890円になっている
やっぱり此処には、大負けこいている25000円まで行くのかな?

こいつも10000円で全部売って、首創環境につぎ込んだ
ん〜でも、気分的には面白くないよ

これ位まで行くのかな?と思いながら全売りしているが、
現実を見ると、気分は悪い^^;;

でも、中国H株ブル2倍では、老後は過ごせない 
無配だし何時もテクニカルで勝負しないといけないから休む暇がない
2倍で上がれば、4倍で下がる

楽天のブル4.3倍も買っていたが、これも売って首創環境に入れ込んだ
5500円が、いまでは16381円だってよwww

指数タイプは、どれも3倍になっている><指数は、本当に自分の手に負えない
指数タイプは、FXと同じだから難しすぎて手に負えない

見ないといけない所が、個別企業のファンダと違う所になるから面倒くさい

暇になったら、中国H株のETFは1日の値動きが激しいから少額で遣れば
小遣い稼ぎには良いと思う
ベアがあるからブル+ベアの組み合わせが出来る

対象が、ハンセン指数だから取り組み易いか?
少額であれば、レバ2倍だから怪我も少ない

個別銘柄であれば、個別と比較してみる
LINEの買い値から36%で、首創環境の買い平均から37%だからいい勝負になってしまった><
LINE 如きに負けるなよ 本当に・・いい加減ならいいw

中国株辞めようと思って、LINEが上場から即、急落したから全力で買ったけど、
LINEよりも首創環境の方が圧倒的に儲かると思ったから、又、LINEを全部売って
首創環境を全力買いした

LINEと首創環境を比較して、首創環境を全力買いだと言うバカは絶対にいない

新参者氏からの教えを元に、こんな事を遣っている 
本当に、あのオッサン、どんな教え方やねん
絶対に誰も、付いてこない

ど素人に、教えるレベルの話ではないよ
何もわからない時だからから、成程そう言う物かとメモ書きで残している

PRE30倍は、高いのでしょうか?と質問したら、割高?割安? それて、造語ですか?
何も知らない時だから、成程と素直に聞き入れられた

お陰で、あれから意味を理解して

LINEを全売りして赤字企業のPRE100倍を、1点買い出来るようになった
我ながら本当に、成長したものだ・・・本当にそう思うw

化け物を相手に売り買いするんだから、素人が餌にされるのは当然だ

224 :2018/01/22(月) 21:12:26 ID:klNZHtZw0
www.aastocks.com/en/stocks/analysis/moneyflow.aspx?symbol=03989
0.38に10月から板に晒している奴が、年明けには0.36に下げて今度は、
0.35に400万0.355に400万に分けて、晒している

POSITIVE PROFIT ALERT の発表翌日に、これに向かっていった奴がいたが、
あえなく撃沈された・・・今日の、資金流入を見ると売り越しは42万株しかない

0.38の時からこいつに提灯を付けて売り手は売っている
此奴が、売り手の親玉なんだけどあれをこなすまで時間掛かる
ぶん投げれば良いのに、投げる事も無くチャートを崩す事に専念している

250日線は、0.285だから此処までは覚悟がいると思っている

決算まで、後2ヶ月あるから2月末まで本当に、業績は良いのか?
と疑いたくなる動きになるが、心配していない

大手が、仕込む時に使う手法で場の反対反対に付く投資法
新参物氏に教えて貰った

場が強くなると、売り板を厚くして場が弱くなると買い板を厚くする
キチンとファンダ分析が出来てないと出来ない

現実、Retail Inverstors 小口共は、慌てふためいて連日売り越している^^;;
暫く、フェイクが続くが資金が流失していない限り場は崩れない

決算が近くなる程に、POSITIVE PROFIT ALERTが意識されるから
POSITIVE PROFIT ALERTを発表すると同時に、材料出尽くしで下に
振れるは、珍しい動きでないし下に振れた後は、きっちりと上がっている

9月21日に危険廃棄物条例が出た日に、首創環境と東環が大きく上げたが、
読んでいると、東環も翼南地区に出て来るそうだ ふ〜ん・・

東環なら、しゃあないな と 皆、諦める
同じ国有企業の光大国際なら、シャカリキなって抵抗するが、
東環と、争うのは損損 

東環は、めちゃ優遇されている><
東環と争うバカはいない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)


■ したらば のおすすめアイテム ■

東方求聞口授 ~ Symposium of Post-mysticism. - ZUN

。『東方風神録』以降のキャラクター解説に重点を置いたもので、
ZUN氏自らが執筆することもあって単なる紹介にとどまらない内容ですぞっ

※カバーイラスト:匡吉

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa