したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |
レス数が900を超えています。1000を超えると投稿できなくなるよ。

3989 首創環境

916 ? :2019/10/27(日) 20:56:06 ID:klNZHtZw0
先進国TOP企業の事業ウェートは、川下が60〜70% 川上が40〜30%
光大国際は、川上が100%

こんなアンバランスなビジネスモデルには、どう考えても乗っていけない・

・国泰安君は、目先は良いがフフンと失笑している
・海外も、ゴミ分別するのに何故、次々と発電所を建設するのか?
・日本からは、中国は発電所の技術開発に力を入れているから、この分野と
 この分野は手が入っていないから進出できるのでないか?

中国以外の国は、違うんで無いの?と言っているのに、
前ばかり見て走って、横は全く見えていないのでないか?

そんな企業に、50年先を託して金を預けたくない

どう考えても、重と軽を組み合わせているのは首創集団だけだ
今の中国では、認められないビジネスモデル

www1.hkexnews.hk/listedco/listconews/sehk/2019/0823/ltn20190823711.pdf
P13 事業別売上
Waste collection services 2018年中間と2019年中間では、殆ど伸びていない
受注していた分は、全て完成稼働したから数字が伸びない

代わりに
Operation services under service concession arrangements  が伸びている
貴州と高安プロジェクトが商業稼働に入ったから伸びている

2017年は、
Operation services under service concession arrangements よりも
Waste collection servicesが、一番構成比が高かった

軽と重の構成比が暫く逆転が続くが、Waste collection services関連の
受注も増えているから目立たないが、数字は上がり続けていく

一体化(都市部と農村部)で都市部と農村部のゴミ収集が増えると、
Waste collection servicesは、此処から増えて行く

誰が、農村部にゴミを集めに行くんだ?首創環境 お前が自分で取りに行け
一体化(都市部と農村部)は、農村部に取りに行かないと成立しない

郷村政策に軸足を置いているから、Waste collection servicesは伸び続けていく
河南省のゴミ収集車製造企業と合同でゴミ収集車の開発を行っている
軽産業を蔑ろにする、ビジネスモデルが超長期で維持するとは思えないが、

今の平均買値を超えてまで、上値を追う必要もない

一体化(都市部と農村部)は、簡単に進まないからクソ時間が掛かる
何もない所に、計画から始めるから時間的に割に合わない

2019年決算で配当を出した場合、PRE7なら株価は0.21 
それが、株価0.25以上になるなら再投資しないで他のを買った方が良い

2019年で0.01配当をだすなら、2020年は0.02/2021年は0.03出す
0.25以下なら、7年位で配当で唯株になると考えている

配当だけで唯株になる権利を、放棄してまで再投資する価値はない

中国のビジネスモデルは、おかしいから先でどうなるかわからないから
適当な所で、買うのを止めた方が良いと考える


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

飼育少女(1) (モーニング KC) - 仲川 麻子

KENZEN! マジ、KENZEN!

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板