したらばTOP ■掲示板に戻る■ 全部 1-100 最新50 | |

3989 首創環境

555 ? :2018/11/04(日) 22:04:11 ID:klNZHtZw0
中国経済の現状 2018年8月 李 智雄 mitubishi UFJ Morgan
URLが極端に長いから、貼らない 
良い事が書いてある 検索して見たら良いよ

P7の「中国製造2025」の主要目標と現在の表 
工業用廃棄物処理 2020/2025の伸び率は、注目だよな

P8の固定資産投資推移のグラフ 
あのインフラの落ち込み地方政府の負債を抑える為に、
全体のインフラを止めている

P10の固定資産投資(製造業区分け)  
廃棄物資源および廃棄物プロセス(0.9%)  2018年伸び率 50%で第1位
50%伸びても、全体では0.9%しかない><
それでも中国は、廃棄物資源および廃棄物プロセスの固定資産投資を増やしている

右に目一杯振っている奴を、左に向かせない行けないが、
固定資産投資は年々急降下しているのだから、全体の予算は増える訳が無い

固定資産投資全体の総額は、大きく減っている中で誰が増えて誰が減っているのか?
それは、羽近平の意思

農村部の、緑を守り次の世代に引き継ぐが農村政策の根幹

一帯一路と双璧の、環境が全体の0.9%しかないて・・・低すぎる
2025年位には固定資産投資の3〜5%程度までは、必要でないの?
それが、2020年までに1000憶市場になるて予測に繋がっている
2025年には、2000億市場と予測されている

P27は、更に良い事が書いてある 
習近平政権の長期化から考える・・・良いタイトルだ
投資 胡錦涛時代よりも、羽近平政権時の方が環境の投資額が増えている
都市化率 胡錦涛第2期では、52.6%が習近平第1期では、58.5%に増えている
都市化率が上がれば、上がる程、都市部のゴミも比例して増え続けている

P32の国有企業優遇のグラフ 羽近平就任時より、国有企業改革をやり遂げ目標を掲げている
国有企業が、経済を引っ張って行かないで誰が、引っ張ると激を飛ばしている

羽近平は、民間よりも国有企業に力を入れる

「羽近平が、TOPに座り続ける限り環境への投資と国有企業への優遇は無くならい」
国有企業の環境関連で、全国区で展開し更に財務部のPPP受注ウェートの高い
企業で、製造業よりも、BOT(運営企業)で、更に全国区でなければならない

全ての条件が揃うのは香港では「光大と光大緑大と首創環境と北控水務」しかいない
羽近平政権が長期化すればするほど、4社は政策の恩恵で成長し続ける土壌があると考える

予測は、簡単に裏切られるからなwwwwww

jp.investing.com/economic-calendar/chinese-fixed-asset-investment-460
固定資産投資の伸び率が、鈍化と共にGDPの伸び率も鈍化している
1999年レベルまで、鈍化している

元安も固定資産投資の伸び率が鈍化する程に元安に向かっているし、
上海指数も、右肩下がりに向かっている
2015年の上げは、固定資産投資が伸びるが期待材料だったが、
肩透かしに合ったか暴落した

中国には、固定資産投資しか頼る物はない


新着レスの表示


名前: E-mail(省略可)

※書き込む際の注意事項はこちら

■ したらば のおすすめアイテム ■

装甲騎兵ボトムズ ウドのコーヒー マグカップ - コスパ(COSPA)

むせる

この欄のアイテムは掲示板管理メニューから自由に変更可能です。


掲示板管理者へ連絡 無料レンタル掲示板 powered by Seesaa